;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル デリヘル               *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene 電話機の横にデリヘルのビラが置いてあるのに気が付く
[私]は部屋の電話機の横に小さなビラが置いてあるのに気が付いた。
デリヘルのビラらしい。
end
scene デリヘル嬢として連れて来られたのに気が付く
[私]はこの男にデリヘル嬢として呼ばれて連れてこられたらしいと気が付いた。
どうやら[私]が昨日付き合った男というのもデリヘルの客だったらしい。
さっきの男が車に乗ってからずっと[私]の体を触り続けていたのも[私]に逃げる気を起こさせないためだったんだ。
確かに男に可愛がってもらえると期待していればラブホテルに連れてこられても逃げる女はいないだろう。
end
scene 男にはかなわないと諦める
目の前の男が[私]の手を掴むとベッドに引き寄せようとした。
いくらなんでもたった今あったばかりの男に犯されるなんてどう考えてもあり得ない。
[私]はなんでこんなことになるのか訳が分からなくなった。
[私]は男の手をなんとか振りほどこうとしたが男の力にはかなわない。
すぐにベッドに押し倒されてしまった。
「金はもうちゃんと払ってあるんだからな、楽しませてもらうよ」と男が[私]の耳元で囁いてきた。
{電話機の横にデリヘルのビラが置いてあるのに気が付く}
{デリヘル嬢として連れて来られたのに気が付く}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
end
scene 男は私をベッドに座らせると液晶テレビをつけた
男は[私]をベッドに座らせると、ベッドの横にある大きな液晶テレビを操作した。
end
scene 画面には女の子がフェラチオしている場面が映る
[液晶テレビの画面]には女子高生らしい女の子が[フェラチオ]をしている場面が映し出された。
end
scene 女はフェラチオをするのが初めてらしく男に指図されながら舌を使っている
女の子は[フェラチオ]が初めてらしくて、男に指図されながら言われたとおりに舌を使ったり、喉の奥まで入れたりを繰り返している。
end
scene 自分も裏ビデオと同じ目に遭わされると期待する
[私]は今これから自分が裏ビデオで見たのと同じ目に遭わされるに違いないと気が付いて体が震えてきた。
今の[私]は女の体をしている。
男に可愛がってもらえば、きっと女の喜びってやつを味わう事になるはず。
[私]は男だから女の喜びがどんなものかは分からない。
だけどビデオを見ている限りでは、男にはとても体験できないくらいに気持ちがいいらしい。
今すぐその女の喜びを体験することになると思うと、[私]は不安と期待でまじりあった気持ちで胸が苦しくなった。
いつまでもトイレにいる訳にはいかない。
[私]は勇気をだして、男の待っているベッドに歩み寄った。
足が震えてとても歩けないが、一歩づつでもなんとか足を動かした。
[私]がベッドに腰を掛けると、男はすぐに私をベッドに押し倒してきた。
end
select ラブホテルでデリヘルの客にレイプされる場合
諦めて男に体をゆだねる
指マンで責められて自分から求める
end
scene 諦めて男に体をゆだねる
[私]は諦めるしかないと思って男に体をゆだねた。
{正常位のレイプ}
end
scene 男性性器を入れて下さいと男におねだりをする
「おい、[男性性器の愛称]入れて欲しいんだろう、入れて欲しいとちゃんと言わないと入れてやらないぞ」と男が勝ち誇ったような口振りで[私]に言い放った。
[私]はもうとても我慢できなくて「-
{オチンチンを入れてと言わされる台詞}
」と男におねだりをした。
end
scene 指マンで責められて自分から求める
{男の指が私の女性性器の奥に差し入れられる}
{指マンされて気持ちよくてたまらない}
{男性性器を入れてほしくてたまらなくなる}
{男性性器を入れて下さいと男におねだりをする}
{正常位のレイプ}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客にレイプ
{男にはかなわないと諦める}
{よっぽどいい思いをした意味が分かる}
{変態セックスの相手をしたに違いないと気が付く}
こんな大きな体の男に[私]が力でかなうはずもない。
{ラブホテルでデリヘルの客にレイプされる場合}
end
scene 男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる
男は太い縄を取り出すと[私]を[ベッド]の上に仰向けに寝かせたまま、両方の膝が肩に着く位置で縛り付けた。
end
scene 男が恥ずかしい格好の私の下着をひっぱり上げる
男が[私]の[下着]を膝の上までひっぱると[私]の[女性性器の愛称]が男の目の前で丸見えになった。
[私]はなんで男がそんなことをするのか理由は分からなかったがいいなりになるしかなかった。
end
scene 男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる
男は携帯を取り出すと「用意ができたぜ」と誰かに連絡している。
そのままの格好でしばらく時間が過ぎた。
[私]はいったいこれから何が起こるのか不安で胸が苦しくなった。
[部屋]のドアがいきなり開くと、男が数人[部屋]に入ってきた。
「この女か、廻されたいってのは」と男の声が聞こえて、[私]は飛んでもないことになりそうだと寒気がした。
end
scene ラブホテルでデリヘルの客に輪姦
{男にはかなわないと諦める}
{男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる}
{男が恥ずかしい格好の私の下着をひっぱり上げる}
{男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる}
{よっぽどいい思いをした意味が分かる}
{輪姦}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる
{男は私をベッドに座らせると液晶テレビをつけた}
{画面には女の子がフェラチオしている場面が映る}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{女はフェラチオをするのが初めてらしく男に指図されながら舌を使っている}
{画面に映っているセーラー服が私と同じだと気が付く}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる}
{裏ビデオの女が服を脱いで下着姿になる}
{裏ビデオの女の下着が私と似ているのに気が付く}
{男が女の下着を脱がそうとすると女が抵抗する}
{裏ビデオで女がレイプされるのを見る}
{下着が濡れてトイレに行く}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{トイレで裏ビデオの女が自分だと気が付く}
{自分も裏ビデオと同じ目に遭わされると期待する}
{正常位のレイプ}
end
scene 液晶テレビのスピーカーから声が聞こえる
液晶テレビのスピーカーから「-
end
scene 女の声がトイレまで聞こえて来る
」と女が大声で叫ぶ声がトイレまで聞こえてきた。
end
select トイレにアダルトビデオの音声が聞こえて来る場合
男性性器が入っている台詞が聞こえて来る
男性性器を入れてと言わされる台詞が聞こえて来る
end
scene 男性性器が入っている台詞が聞こえて来る
{液晶テレビのスピーカーから声が聞こえる}
{男性性器が入ってる台詞}
{女の声がトイレまで聞こえて来る}
end
scene 男性性器を入れてと言わされる台詞が聞こえて来る
{液晶テレビのスピーカーから声が聞こえる}
{オチンチンを入れてと言わされる台詞}
{女の声がトイレまで聞こえて来る}
end
scene ラブホテルで裏ビデオを見せられる
{男は私をベッドに座らせると液晶テレビをつけた}
{画面には女の子がフェラチオしている場面が映る}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{女はフェラチオをするのが初めてらしく男に指図されながら舌を使っている}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる}
{裏ビデオの女が服を脱いで下着姿になる}
{男が女の下着を脱がそうとすると女が抵抗する}
男は女の股間に顔を寄せると舌を使って舐め始めた。
[クンニリングス]をやってるらしい。
女は体を捩りながら「-
{弱い喘ぎ声}
」と微かに喘ぎ声を漏らし始めた。
男は女に[フェラチオ]をやってもらうと気持ちいいが女も男に[クンニリングス]をやってもらうととっても気持ちがいいと話に聞いたことがある。
[クンニリングス]をやっている男の顔を見て、裏ビデオに写っているのは今[私]の横に座っている男らしいと気が付いた。
end
scene トイレで裏ビデオの声が聞こえて期待する
{下着が濡れてトイレに行く}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{トイレにアダルトビデオの音声が聞こえて来る場合}
{自分も裏ビデオと同じ目に遭わされると期待する}
{正常位のレイプ}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客に裏ビデオを見せられる
{ラブホテルで裏ビデオを見せられる}
どうやらこのビデオは男がデリヘル女を呼んだときに撮影したらしい。
なんで男がこんなビデオを[私]に見せてるのか理由は分からないが、自分のテクニックを自慢したいらしい。
[私]は自分がこの男に[クンニリングス]をされているような気分になって体が熱くなった。
{トイレで裏ビデオの声が聞こえて期待する}
end
scene 男の後についてラブホテルの部屋にはいる
男が先に部屋の奥に歩き出したので、[私]は男の後に続いた。
大きなベッドが部屋の中央に置いてあって周囲には大きな鏡が備え付けてある。
end
scene デリヘル嬢として連れてこられたのに気が付く
{電話機の横にデリヘルのビラが置いてあるのに気が付く}
{デリヘル嬢として連れて来られたのに気が付く}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
{よっぽどいい思いをした意味が分かる}
{変態セックスの相手をしたに違いないと気が付く}
end
scene ラブホテルの部屋で裸になる
{自分の体を確かめながら服を脱ぐ}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{服を脱いで自分の体を見る}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客にフェラチオ
{男の後についてラブホテルの部屋にはいる}
{デリヘル嬢として連れてこられたのに気が付く}
{ラブホテルの部屋で裸になる}
{男に口でやってもらおうかと求められる}
{口でやるという言葉の意味が分からない}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{他人の勃起した男性性器を目の前にして戸惑う}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
{フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める}
{フェラチオする行為}
end
select お仕置きされてオナニーした場合
お仕置きされてオナニーしたあとフェラチオを要求される
end
scene お仕置きされてオナニーしたあとフェラチオを要求される
{男に口でやってもらおうかと求められる}
{口でやるという言葉の意味が分からない}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{他人の勃起した男性性器を目の前にして戸惑う}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
{フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める}
それに[フェラチオ]を断ればきっと男はまた[私]にお仕置きをすると言い出すに違いない。
さっきはお尻を叩かれたけど、痛いのはやっぱりいやだ。
それに他にもお仕置きと称して何をされるか分からない。
お仕置きをされるのがいやなら男の言うなりになるしかない。
{フェラチオする行為}
end
scene 気の早い男だと思ったけど逆らえない
随分と気の早い男だと思ったけど、下手に逆らうわけにはいかない。
end
scene 男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める
[私]はすぐに男が体を重ねてくるとばかり思って、覚悟を決めた。
end
scene オナニーを要求される
男は私の足元に腰を掛けると「おい今すぐ[オナニー]してみせろ」と言い出した。
「見ていて本気で男が興奮してくるような[オナニー]をするんだ」と男に言われて[私]は戸惑った。
[私]は元々男だから男の[オナニー]の仕方ならしってるけど、女の[オナニー]なんてやったことがない。
[オナニー]をしろと言われてもやり方が分からない。
「おい、[オナニー]をしないならお仕置きだ、お仕置きと[オナニー]とどっちがいいんだ」と男が訳の分からないことを言い出した。
男の言うお仕置きが何の事なのか分からない。
「どうするんだ、はっきりしろ」と男が私を大きな声で怒鳴りつけてきた。
end
scene オナニーを要求されて断る
「[オナニー]はしたことないので出来ません」と[私]が仕方なく返事をすると「じゃあ、お仕置きだ」と男はまた大きな声で怒鳴った。
end
scene オナニーを要求され断るとお仕置き
{オナニーを要求される}
{オナニーを要求されて断る}
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男はお仕置きのあと煙草を吸い始める}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{お仕置をするとオナニーをしたくなると気が付く}
{お仕置きされてオナニーした場合}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客にオナニーを要求される
{男の後についてラブホテルの部屋にはいる}
{デリヘル嬢として連れてこられたのに気が付く}
{ラブホテルの部屋で裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
デリヘル女を呼んだら男がすることは決まっている。
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{オナニーを要求され断るとお仕置き}
end
select ラブホテルでデリヘルの客に紹介された場合
ラブホテルにプラネタリウムがある
ラブホテルにジャグジーバスがある
ラブホテルの天井が鏡になってる
ラブホテルでデリヘルの客にレイプ
ラブホテルでデリヘルの客に輪姦
ラブホテルでデリヘルの客にフェラチオ
ラブホテルでデリヘルの客にオナニーを要求される
ラブホテルでデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる
ラブホテルでデリヘルの客に裏ビデオを見せられる
ラブホテルでデリヘルの客にレズプレーを要求される
ラブホテルでデリヘルの客にレズ調教プレー
ラブホテルでデリヘルの客に体を嘗め回される
ラブホテルでデリヘルの客に性感マッサージを受ける
end
scene 待ち合わせた男に車でラブホテルに連れ込まれる
車が動き出すと-
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
大通りをしばらく走った後車は小道に入ってラブホテルの前に着いた。
男に促されて車を降りると男の手はすぐに[私]のお尻を[下の表着]の下から撫で始めた。
ラブホテルに男と一緒に入ればすることは決まってる。
[私]は一瞬逃げ出そうかと迷ったが、逃げても行く場所がない。
[私]が急に女になったのはこの男と関係があるはず。
とりあえず昨日男と何をしたのかを確かめたほうがいいと思った。
男とエレベータに乗っている間も男の手が[私]のお尻を撫で続けた。
[私]は早く男と部屋にはいって、[女性性器の愛称]を撫でてもらいたくて気持ちがはやった。
部屋の前に来ると男が部屋のドアをノックした。
[私]はそれを見てなんか変だと思った。
部屋にはもう誰かがいるらしい。
ドアが内側から開くと全裸の男が目の前に立っていた。
男は体つきががっしりとしていて、まるでプロレスラーみたいに筋肉が盛り上がっている。
男の股間の[男性性器の愛称]は大きく膨れ上がってまっすぐ上を向いていた。
[私]は自分の[男性性器の愛称]以外は、勃起した[男性性器の愛称]を見るのが初めてだ。
[私]の[男性性器の愛称]とはあまりに違う男の[男性性器の愛称]を目の前にしてただ驚くだけだった。
[私]を部屋まで案内してきた男は私の背中を押して部屋の中に入れるとすぐにドアを閉めた。
{ラブホテルでデリヘルの客に紹介された場合}
end
test 女体化してデリヘル事務所から逃げようとして輪姦
{&+逃げ出そうとして輪姦される}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてレイプ}
end
test 女体化して裏ビデオの撮影で輪姦
{&+裏ビデオの撮影で輪姦される}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとして裏ビデオを撮影される}
end
test 女体化して裏ビデオの撮影でオナニーのあとフェラチオ
{&+裏ビデオの撮影でオナニーのあとフェラチオさせられる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとして裏ビデオを撮影される}
end
test 女体化してデリヘル事務所から逃げようとして裏ビデオを撮影される
{&+逃げ出そうとして裏ビデオを撮影される}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてレイプ}
end
test 女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてレイプ
{&+デリヘル事務所から逃げようとしてレイプ}
{女体化してデリヘル事務所に連れ込まれる}
end
test デリヘル事務所でお仕置のあとフェラチオ
{&+お仕置きをされたあとフェラチオをさせられる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
end
test デリヘル事務所でお仕置のあと男に優しくされる
{&+お仕置きをされたあと男に優しくされる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
end
test 女体化してデリヘル事務所でお尻を叩いてお仕置き
{&+デリヘル事務所でお尻を叩いてお仕置きされる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
end
test 女体化してデリヘル事務所で縛られてお仕置き
{&+デリヘル事務所で縛られてお仕置きされる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
end
test 女体化してデリヘル事務所で縛られて他の女の見せしめにされる
{&+デリヘル事務所で縛られて他の女の見せしめにされる}
{女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
end
test 女体化してデリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き
{&+デリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き}
{女体化してデリヘル事務所に連れ込まれる}
end
test 女体化してデリヘル事務所に連れ込まれる
{&+待ち合わせた男にデリヘル事務所に連れ込まれる}
{女体化してデリヘルの仕事を紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に体をゆだねる
{&+諦めて男に体をゆだねる}
{女体化してデリヘルの客にレイプ}
end
test 女体化してデリヘルの客に指マンされる
{&+指マンで責められて自分から求める}
{女体化してデリヘルの客にレイプ}
end
test 女体化してデリヘルの客にレイプ
{&+ラブホテルでデリヘルの客にレイプ}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客とプラネタリウム
{&+ラブホテルにプラネタリウムがある}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客とジャグジーバス
{&+ラブホテルにジャグジーバスがある}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客と天井が鏡
{&+ラブホテルの天井が鏡になってる}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に輪姦
{&+ラブホテルでデリヘルの客に輪姦}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客にフェラチオ
{&+ラブホテルでデリヘルの客にフェラチオ}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客にオナニーを要求される
{&+ラブホテルでデリヘルの客にオナニーを要求される}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる
{&+ラブホテルでデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化して男性性器が入ってる台詞が聞こえる
{&+男性性器が入っている台詞が聞こえて来る}
{女体化してデリヘルの客に裏ビデオを見せられる}
end
test 女体化して男性性器を入れてと言わされる台詞が聞こえる
{&+男性性器を入れてと言わされる台詞が聞こえて来る}
{女体化してデリヘルの客に裏ビデオを見せられる}
end
test 女体化してデリヘルの客に裏ビデオを見せられる
{&+ラブホテルでデリヘルの客に裏ビデオを見せられる}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に女子高生とレズプレー
{&+男が女子高生を部屋に呼んでレズプレー}
{女体化してデリヘルの客にレズプレーを要求される}
end
test 女体化してデリヘルの客に派手な中年女とレズプレー
{&+男が派手な中年女を部屋に呼んでレズプレー}
{女体化してデリヘルの客にレズプレーを要求される}
end
test 女体化してデリヘルの客にレズプレーを要求される
{&+ラブホテルでデリヘルの客にレズプレーを要求される}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客にレズ調教プレーで女が抱き着いてくる
{&+お仕置きが終わると女が抱き着いてくる}
{女体化してデリヘルの客にレズ調教プレー}
end
test 女体化してデリヘルの客にレズ調教プレーで私がお仕置きされる
{&+お仕置きを止めようとして私がお仕置きされる}
{女体化してデリヘルの客にレズ調教プレー}
end
test 女体化してデリヘルの客にレズ調教プレー
{&+ラブホテルでデリヘルの客にレズ調教プレー}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に体を嘗め回される
{&+ラブホテルでデリヘルの客に体を嘗め回される}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に性感マッサージを受ける
{&+ラブホテルでデリヘルの客に性感マッサージを受ける}
{女体化してデリヘルの客に紹介される}
end
test 女体化してデリヘルの客に紹介される
{&+待ち合わせた男に車でラブホテルに連れ込まれる}
{女体化してデリヘルの仕事を紹介される}
end
scene 車が迎えに来て男と連れ出される
男は「昨日はそんなに良かったのか。よっぽどいい思いをしたんだな。初めてだったんだろう」と言って笑うと携帯を取り出した。
私は昨日が初めての経験と聞いてもしかしたら初体験かもしれないと思った。
「昨日の女だ。手配頼む」と誰かと話をしたあと[私]に「迎えの車がすぐ来るから外で待つんだ」と命じてきた。
私は先に席を立つとトレーの後片付けをした。
いつもは自分の分しか片づけないけど、今は女の子なので気を利かせて男の分まで片づけた。
end
scene 迎えに来た車に乗る
{場所の表示}
の前でしばらく待つと、高級な外車らしい車が止まった。
{連れ込む方法は運転手付きの車の設定}
運転しているのは若い男の子で、見た目はかなりカッコいい。
男が車の後ろの席のドアを開けてくれたので、私は奥の席に座った。
end
scene デリヘルの客は変態だと覚悟を決める
デリヘルというのは電話でラブホテルに風俗女を呼べるシステムで普通の男性が利用するような遊びではない。
よっぽど素人の女が大好きで、変態セックスをしたい男でもない限りデリヘル女など呼んだりしない。
女子高生を相手にするような男はとてもまともな男なんかじゃない。
うっかりそんな男の相手をしたらどんな目に遭わされるのかわかったもんじゃない。
end
scene よっぽどいい思いをした意味が分かる
[私]はさっき男に「よっぽどいい思いをしたんだな」と言われた意味がやっと分かった。
end
scene 変態セックスの相手をしたに違いないと気が付く
よっぽどとんでもない変態セックスの相手をさせられたに違いない。
end
select 待ち合わせの男にデリヘルの仕事を紹介される場合
待ち合わせた男にデリヘル事務所に連れ込まれる
待ち合わせた男に車でラブホテルに連れ込まれる
end
scene 車でデリヘル事務所に連れ込まれる
車はすぐに走り出すと、大通りを過ぎて都心の交差点に入った。
少し先の裏道で車が曲がると、小さなビルの前で車が止まった。
end
scene デリヘル事務所に連れ込まれる
エレベータでビルの三階に上がると、事務所らしい部屋に案内された。
玄関には女子高生の履くローヒールが一杯置いてあって、の傘立てには木刀が何本も置いてあってなんだか変だ。
靴を脱いで奥の部屋に通されると頭の禿げあがった男か私を待っていた。
end
scene デリヘル店のビラを見つける
部屋の中を見まわすとテーブルの上には名刺くらいの大きさのビラが山のように積まれていて「デリヘル[デリヘル店名]」と書いてあるのが見えた。
どうやらここはデリヘルの元締めの事務所らしい。
end
scene 部屋から逃げ出そうとして捕まる
[私]はこんな所にはいられないと思って急いで部屋をでると玄関に急いだ。
靴を履き直そうとしたとき、[私]は男に腕を掴まれた。
男に腕を捩じられて痛くてとても動けない。
男は[私]の腕を捩じりあげたまま、別の部屋に連れ込んだ。
end
scene デリヘル店だと気が付く
{デリヘル店の設定}
{デリヘル店のビラを見つける}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
end
scene 変態セックスの相手をしたと気が付く
{よっぽどいい思いをした意味が分かる}
{変態セックスの相手をしたに違いないと気が付く}
end
scene 待ち合わせた男にデリヘル事務所に連れ込まれる
{車でデリヘル事務所に連れ込まれる}
{デリヘル事務所に連れ込まれる}
「昨日の客よりももっと上客を紹介してやるぜ」と男が言うと携帯を取り上げてどこかに掛けている。
「いますぐ大丈夫ですぜ旦那。まだ女子高生で[フェラチオ]も上手で、たっぷり可愛がってやって下さい」と男が携帯で話すのをきいて私はとんでもない所につれてこられたと気が付いた。
{デリヘル事務所に連れ込まれた場合}
end
select デリヘル事務所に連れ込まれた場合
デリヘル事務所から逃げようとしてレイプ
デリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き
end
scene 部屋には車を運転していた男と他に数人の男がいる
部屋には数人の男が居て、さっき[私]の乗った車を運転していた男も一緒だった。
end
scene 部屋には男達が数人いる
部屋には数人の男達がいてすぐに私を取り囲んだ。
end
select 部屋から逃げ出そうとして輪姦される場合
逃げ出そうとして輪姦される
逃げ出そうとして裏ビデオを撮影される
end
scene 逃げ出そうとして輪姦される
「おいたっぷり可愛がってやれ」と男が吐き捨てるように言うと男達は[私]に飛びかかってきた。
{輪姦}
end
scene 部屋から逃げ出そうとして輪姦
{<連れ込む方法==運転手付きの車>部屋には車を運転していた男と他に数人の男がいる;部屋には男達が数人いる}
「おい、逃げようとするなんてとんでもない女だ。自分から客を取りたいっていいだしたのを忘れたのか」と男が[私]を怒鳴りつけてきた。
[私]が黙っていると男はすぐに[私]を床に押し倒してきた。
{部屋から逃げ出そうとして輪姦される場合}
end
scene デリヘル事務所から逃げようとしてレイプ
{デリヘル店だと気が付く}
{変態セックスの相手をしたと気が付く}
{部屋から逃げ出そうとして捕まる}
{部屋から逃げ出そうとして輪姦}
end
select デリヘル事務所で逃げようとしてお仕置きをされた場合
お仕置きをされたあとフェラチオをさせられる
お仕置きをされたあと男に優しくされる
<連れ込む方法==運転手付きの車>お仕置きをされたあと運転手に優しくされる
end
select デリヘル事務所で逃げようとしてお見せしめに仕置きをされた場合
見せしめにお仕置きをされたあとフェラチオをさせられる
end
scene 見せしめにお仕置きのあとオナニーが止められなくなる
{女性性器の愛称がびしょ濡れになって触るのが止められない}
「この子ったら[オナニー]してるわよ。お仕置きされて[オナニー]するなんて本当に変態ね」と女の子が言うのが聞こえて-
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene 見せしめにお仕置きをされたあとフェラチオをさせられる
{見せしめにお仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
[私]は自分の体がどうなってるのか女の子達に見てもらった方がいいと思って、足を大きく広げた。
急に[私]の[男性性器の愛称]がおっきくなってるのを女の子達に見られてる気がして[私]は体が熱くなった。
[私]はもしかしたら男の体に戻ったのかと思って手で[男性性器の愛称]を握りしめようとしたが手は宙を掴むだけだった。
{お仕置きの後にフェラチオを要求される}
{口でやるという言葉の意味が分からない}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{他人の男性性器を目の前にして戸惑う}
「なにカマトトぶってるのよ、大好きなんでしょう。さっさとやりなさいよ」と女の子の声が聞こえた。
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
{フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める}
「もっと口を大きく開けるのよ。何やってるのよ」と怒鳴りつける女の子の声が私の耳に響いてきた。
{フェラチオする行為}
end
scene お仕置きの後にフェラチオを要求される
「おい、俺の言うことは何でも聞くってのは本当なんだな」と男の声が聞こえて私は我に返った。
男はずっと[私]が[オナニー]をしているのを見ていたらしい。
私は急に恥ずかしくなって体中が熱くなった。
私はすぐに返事をしないとまた男に怒られると思って「はい、何でもします。約束します」と男に答えた。
「じゃあ、まず口でやってもらおうか」と男が言うとズボンを膝まで降ろした。
end
scene お仕置きをされたあとフェラチオをさせられる
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{口でやるという言葉の意味が分からない}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{他人の男性性器を目の前にして戸惑う}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
{フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める}
{フェラチオする行為}
end
scene 誰かが私の体を拭いているのに気が付く
しばらくして体の震えが落ち着いてきたとき[私]は誰かが私の体を拭いている感触に気が付いて目を開けた。
end
scene 私を連れてきた男に優しくされる
{男の名前の設定}
私をこの事務所に連れてきてくれた[男]が-
end
scene 車の運転手に優しくされる
{男の名前の設定}
さっき私を送ってきた車を運転していた[男]が-
end
scene 男に優しくされてレイプ
濡れたタオルで[私]の体を拭いてくれているのが分かった。
タオルは温めてあるらしくて[女性性器の愛称]に押し付けられると気持ちがいい。
[男]はタオルで[私]の体を拭きながら話しかけてきた。
「ここにいる男の人たちはみな見た目は怖そうに見えるけど、みんなとっても優しいんだ。困ったことが在れば何でも相談にもってもらえるんだよ。それに客を取るのは最初は誰でも不安だけど、お客さんはみんな遊びなれているからね。とっても楽しいんだよ」と[私]に言って聞かせるように[男]が話を続けた。
[男]の喋り方はとっても落ち着いていて声を聴いているだけで[私]の心は安らかになった。
[私]は[男]が[私]を大事にしてくれるんだと思って嬉しくなった。
[私]は[男]にだったら何でも話せると思って「私の[女性性器の愛称]変じゃないですか」と聞いてみた。
{男が私の足元に座り込んで触れてきた}
「可愛い[女性性器の愛称]してるじゃないか。ビラビラも大きいし。[クリトリス]も大きめだ。この[女性性器の愛称]だったらお客さんがとっても喜ぶぜ」と[男]にいわれて私は嬉しくなった。
中の締まり具合も見させてもらうよと[男]が言うと-
{男の指が私の膣に入ってくる}
「私[男]が大好きなんです。本当です」と[私]は自分の気持ちが押さえられなくて[男]におねだりをした。
[男]はすぐに私の意図に気が付いたらしくて、ズボンを脱ぎ始めた。
[男]が私の上に体を重ねてきたとき、[私]は足を思い切り大きく開いて[男]に抱き着いた。
{正常位のレイプ}
end
scene お仕置きをされたあと男に優しくされる
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{誰かが私の体を拭いているのに気が付く}
{私を連れてきた男に優しくされる}
{男に優しくされてレイプ}
end
scene お仕置きをされたあと運転手に優しくされる
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{誰かが私の体を拭いているのに気が付く}
{車の運転手に優しくされる}
{男に優しくされてレイプ}
end
select デリヘル事務所でお仕置きをされる場合
デリヘル事務所でお尻を叩いてお仕置きされる
デリヘル事務所で縛られてお仕置きされる
デリヘル事務所で縛られて他の女の見せしめにされる
end
scene デリヘル事務所でお尻を叩いてお仕置きされる
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{お仕置きされたくなかったら言うことを聞けと脅される}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{デリヘル事務所で逃げようとしてお仕置きをされた場合}
end
scene デリヘル事務所から逃げようとしてお仕置き
{デリヘル店だと気が付く}
{変態セックスの相手をしたと気が付く}
{部屋から逃げ出そうとして捕まる}
「お前は黙って客を取ってればいいんだ。逃げだそうなんてしたらお仕置きだ。分かってるんだろうな」と男が[私]を怒鳴りつけてきた。
{デリヘル事務所でお仕置きをされる場合}
end
;****************************************
;* 女体化してデリヘル *
;****************************************
title 女体化してデリヘルの仕事を紹介される
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{章番号}
{メールで男と待ち合わせをする}
{車が迎えに来て男と連れ出される}
{迎えに来た車に乗る}
{章番号}
{待ち合わせの男にデリヘルの仕事を紹介される場合}
end
scene 部屋に女が来る
ケータリングでも頼んだのかと思ったが、部屋に来たのは[相手の女の服装]を着た[女の種類]だ。
どうやらさっきから電話で話をしていたのはこの女らしい。
女は[私]の顔を見て嬉しそうな顔をしている。
自分の交際している男性が他の女と一緒にいて喜ぶなんて、どうなってるのか意味が分からない。
end
scene 女が抱き着いてキスしてくる
女は[私]のすぐ横に座るといきなり私に抱き着いて唇を寄せてきた。
[私]はどうしたらいいのか分からずに女にされるままになるしかなかった。
そのまま女は私をベッドに押し倒すと、体を重ねてきた。
end
scene 女がキスしながら舌を入れてくる
女の舌が[私]の唇の間から入ってくると、私の歯茎を舐め舐め始めた。
甘ったるい女の匂いが私の鼻をつくと[私]は眩暈がしてきた。
この女レズらしい。
end
scene 自分が女の子になったような気がする
自分が女の子になったような気がする。
[私]は今女体化して女の体なんだから、女の子になったような気がするのは当たり前だと自分でもすぐに気が付いた。
end
scene 女とキスするのは初めだ
[私]は女とキスしたことなんかないが、女に舌を入られらたりするのは何だか変な気分だ。
{自分が女の子になったような気がする}
女同士だとお互いにどうすれば気持ちよくなれるかよく知っているからキスをしていても女同士のほうが気持がいい。
end
scene 舌を入れてキスをすると女が抱き着いてくる
[私]は女にキスをするチャンスなど滅多にないと思って相手の女の舌に自分の舌を絡ませた。
女が体を捩って抱きついてくるのが分かって、[私]は女同士もなかなかいいもんだと思って相手の女の真似をして舌を使った。
女の胸が[私]の胸に押し付けられてきたので、[私]は自分の胸を相手の女の胸に押し付けた。
女は体を捩って気持ちよさそうにしながら、私の体に抱き着いてきた。
end
scene 男一人と女二人で3P
不意に男が私と女が抱き合っている足元にしゃがみ込むと、私の両足首をもって左右に広げた。
男は体を半分起こした姿勢のまま腰を押し付けてきた。
[私]は男がなにをしようとしているのか気が付いて女を押しのけようとした。
だが女は[私]が女の胸を揉もうとしていると思ったらしくて、体を少しずらしただけだ。
女が両方の手で私の胸を揉み始めた時、私の[女性性器の愛称]に[男根の表現]が押し付けられてきた。
男がしようとしているのは飛んでもない変態プレーだ。
{正常位のレイプ}
end
select 目の前で女がお仕置きをされた場合
お仕置きが終わると女が抱き着いてくる
お仕置きを止めようとして私がお仕置きされる
end
scene 男に命令されて女が私に抱き着いてくる
「おい、やるんだ」とまた男が女に命令をしたのを聞いて、[私]はこれから何が起きるのか不安になった。
{女が抱き着いてキスしてくる}
{女がキスしながら舌を入れてくる}
この女は男にお仕置きをされていやいやキスをしてるのかとも思ったが、どうやらそうでもないらしい。
[私]には女がお仕置きをして欲しくてわざと男に逆らったとしか思えなかった。
{女とキスするのは初めだ}
{舌を入れてキスをすると女が抱き着いてくる}
{男一人と女二人で3P}
end
scene お仕置きが終わると女が抱き着いてくる
[私]はただ男が女のお尻を叩き続けるのを黙って見て居るしかなかった。
男が50発女の尻を叩き終わるとようやくお仕置きが終わった。
{男に命令されて女が私に抱き着いてくる}
end
scene お仕置きを止めようとして私がお仕置きされる
男は女の反応を確かめながら、お尻を叩く勢いを強くしていくのが見ていても分かった。
強く叩いたり弱く叩いたりを繰り返して女の反応を楽しんでいるんだ。
男が思い切り強く女のお尻を叩き続けると「-
{死んじゃうと絶叫する声}
」と女が大声をだした。
[私]はとても見ていられなくて「もうやめてください。本当に死んじゃいます」と男の手にすがりついた。
男は[私]の方に向き直ると「代わりにお前がお仕置きだ」と言って私の腕をつかんだ。
[私]は慌てて逃げようとしたが、男はすぐに[私]の腕を捩じりあげると女のすぐ横に四つん這いにさせた。
「覚悟はできているんだろうな」と男が[私]を怒鳴りつけてきたが覚悟なんて出来てる訳がない。
男が最初から[私]をお仕置きするつもりで、女を[私]の前でお仕置きしたらしいと気が付いたがもうどうにもならない。
男はすぐに[私]のお尻をとんでもない強さで叩き始めた。
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
私が仰向けになって休んでいると男が女に「おいやるんだ」と命令した。
女はすぐに私に抱き着くと唇を重ねてきた。
{女がキスしながら舌を入れてくる}
{女とキスするのは初めだ}
{舌を入れてキスをすると女が抱き着いてくる}
{男一人と女二人で3P}
end
select 男が部屋に女を呼んだ場合
男が女子高生を部屋に呼んでレズプレー
男が派手な中年女を部屋に呼んでレズプレー
end
scene 男が女子高生を部屋に呼んでレズプレー
{相手が女子高生の設定}
{部屋に女が来る}
{女が抱き着いてキスしてくる}
女子高生の女の子にはレズが多いとか聞いたことがあるけど、実際に女同士で何をするのかは[私]には想像がつかなかった。
女同士で特別に仲がいいのは別に普通だと思ったけど、女同士でキスもするらしい。
{女とキスするのは初めだ}
{舌を入れてキスをすると女が抱き着いてくる}
{男一人と女二人で3P}
end
scene 男が派手な中年女を部屋に呼んでレズプレー
{相手が派手な中年女の設定}
{部屋に女が来る}
女は化粧が濃くて若作りをしてるが歳は[私]のおかんぐらいに見える。
「可愛い娘じゃないの」と女は[私]を見て呟いた。
[私]は褒められてもちっとも嬉しくはなかった。
{女が抱き着いてキスしてくる}
{女がキスしながら舌を入れてくる}
女子高生で特別に仲がいいカップルがいると聞いたことがあるが、親子みたいに歳が離れている年下の女が好みのレズ女もいるらしい。
{女とキスするのは初めだ}
{舌を入れてキスをすると女が抱き着いてくる}
{男一人と女二人で3P}
end
scene 男が携帯で女と話を始める
男は携帯を取り出して誰かと話を始めた。
どうやら相手は女らしい。
目の前に私がいながら他の女と携帯で話をするなんていったいどうゆうつもりなんだろうと私はちょっと腹が立った。
男は随分長い時間携帯で話をした後、やっと携帯をしまった。
end
scene ラブホテルでデリヘルの客にレズプレーを要求される
[私]は男に何をこれから何をされるんだろうと思って不安な気持ちでベッドの端に座った。
{電話機の横にデリヘルのビラが置いてあるのに気が付く}
{デリヘル嬢として連れて来られたのに気が付く}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
{男が携帯で女と話を始める}
[私]は男がすぐに[私]を可愛がってくれるものとばかり思っていたが、男は適当に世間話をするだけだ。
デリヘル女を読んでおいて世間話をするという男の神経は訳が分からない。
しばらくお喋りが続いた後ドアをノックする音がした。
{男が部屋に女を呼んだ場合}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客にレズ調教プレー
部屋に入ると奥のベッドにセーラー服を着た女子高生が座っている。
女は不安そうな表情で、顔が引きつって見える。
{電話機の横にデリヘルのビラが置いてあるのに気が付く}
{デリヘル嬢として連れて来られたのに気が付く}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
「おい、やるんだ、分かってるな」と男が女に声を掛けた。
いったい男が女になにをやらせるつもりなのか私にはすぐには分からなかった。
「だめ、できません」と女が答えると「やらないならお仕置きだぞ」と男が女を怒鳴りつけた。
「許してください、お仕置きだけは堪忍して」と女が必死で男にお願いをしている。
「一言でも逆らったら、お仕置きだ。分かってるはずだ」と男が言うと女をベッドの上に四つん這いの姿勢にさせた。
男は女のセーラー服のスカートを捲りあげるとお尻をぴしゃりと勢いよく手の平で叩きつけた。
女はよっぽど痛いらしくて声も出せずに顔を歪めた。
いくらなんでも女子高生のお尻を叩くなんてやることが酷すぎる。
[私]は男を止めようかと思ったが、うっかりしたことをすれば今度は[私]がお仕置きをされるだけだ。
女を置いて逃げようかとも思ったがドアの外には[私]を連れてきた男がまだ居るかもしれない。
{目の前で女がお仕置きをされた場合}
end
scene 男にキスをされる
男はすぐに私にキスをしてきた。
男の口臭は酒と煙草のまじりあった匂いがして、[私]は思わず顔を背けそうになった。
だが男の機嫌を損なうと、どんな目に遭わされるのかわかったもんじゃない。
[私]は気分が悪くなって眩暈がしてくるのを必死で堪えた。
男の舌か私の口の中で動きはじめると、[私]は体中が熱くなって変な気分になった。
[私]は女の子とキスしたことはないが、まさか男とキスすることになるなんて今まで考えたこともなかった。
実際に男とキスしてみると-
{自分が女の子になったような気がする}
end
scene キスのあとに乳首を舐められる
男はしばらくキスを続けた後に体を起こすと、今度は私の乳首を吸い始めた。
[私]の乳首は、男だったときは小さな干しブドウくらいの大きさで指で触っても何も感じなかった。
いまは、サクランボくらいの大きさで、男に吸われるとまるで[男性性器の愛称]の先を吸われてる見たいに気持ちがいい。
end
scene 男に脇腹から脇の下を舐められる
しばらく男にされるままになっていると、男は俺の脇腹から脇の下にかけてのラインを舐め始めた。
どうやらこの男、女の体を舐めるのが好きらしい。
[私]がまだ男の体だったら、舐められたって別に気持ちがいいはずはないが、今は女の体だ。
男の舌がべったりと動くたびに、体中が変な気分になって頭がおかしくなってくる。
男はいつまでも[私]の脇腹から脇の下のラインを繰り返し舐め続けている。
end
scene 男に足の指を舐められる
こんなことを続けていて何が面白いんだろうとと思ってると、男は体を起こして今度は[私]の足元にしゃがみ込んだ。
なにをするつもりなんだろうと思って男の顔を確かめると男は私の右足の足首を掴んで私の足の指を舐め始めた。
足の指は靴下を履いているとはいえ綺麗とはいえない。
一日靴を履いていれば匂いもしてくる。
その汚れた足を丁寧に舌で嘗め回すなんて、何を考えているのかさっぱり分からない。
[私]は男がよっぽどの変態男だと思ったが、足の指を舐めるられるくらいなら別にどうということはない。
男がしたいならさせておけばいいと思って、[私]は男がやりやすいようにと体の力を抜いてされるままになっていた。
end
scene 男にふくらはぎを舐められる
男は私の両足の指を唾でびしょ濡れになるくらいに嘗め回すと今度はふくらはぎを舐めてきた。
足の指だったら、舐められてもそこそこ気持ちいいがふくらはぎを舐められても何も感じない。
どうしてそんな所を男が舐めるのか[私]は不思議な気がした。
男は舐める場所を変えながら何度も繰り返し同じ場所を舐めて来る。
同じ場所でも舐められるたびに感じ方が違うのに[私]は気が付いた。
最初舐められた時は何も感じなかった所でも何度も繰り返し舐められるとくすぐったいような感触が次第に強くなっていくのだ。
男は繰り返し同じ手順で[私]のふくらはぎを舐めながら毎回すこしだけ舐める場所を変えてきた。
[私]は今度はどこを舐められるんだろうと思うと、舐められるのがだんだんと楽しくなった。
end
scene 男に太腿の内側を舐められる
男は次第に舐める場所を移動させながら、[私]の太腿の内側を舐め始めた。
ふくらはぎを舐められていた時はくすぐったいだけだったが、太腿の内側は感じ方が全然違う。
舌先が触れただけで、太腿の筋肉がどうしたことか微かに震えて来るのだ。
[私]は自分の体の反応に戸惑いを覚えた。
[私]の体が女の体だから、男とは違う反応をするのだろうか。
それとも男の舐め方が上手なので体が反応するのかどっちだか分からない。
end
scene 男に女性性器の愛称を舐められそうになる
男が次第に太腿の内側を[女性性器の愛称]に近くまで舐め始めたので私はドキッとした。
この男は私の指やふくらはぎや太腿を舐めるだけじゃなくて最後には[女性性器の愛称]を舐めるつもりらしい。
いくらなんでも[女性性器の愛称]を舐めるなんて、よっぽどのド変態のすることだ。
だけど女か[男性性器の愛称]を舐めるなんてのは、アダルトビデオでは普通にやってることだ。
男が[女性性器の愛称]を舐めるなんてのは、ちょっと遊んでる男だったら普通のことかもしれないと思いなおした。
男の唇が[私]の[女性性器の愛称]近くまで来たとき、[私]はすぐにでも[女性性器の愛称]を舐めて貰えると思って期待と不安がまじりあった気持ちで身構えた。
だが男は[私]の[女性性器の愛称]から唇を遠ざけるとまた太股の内側を舐め始めた。
[私]はどうしてすぐに男が[私]の[女性性器の愛称]を舐めてくれないんだろうと思ってちょっと腹立たしい気分になった。
男の唇はまた少しづつ[私]の[女性性器の愛称]近くまで動いてくると、また離れて行った。
[私]は男がわざと[私]を焦らしているんだと気が付いていたたまれない気分になった。
[私]は男が舐めやすいようにと足を左右にいっぱいに広げて、腰を前に突き出した。
男の唇がやっと[私]の[女性性器の愛称]に触れてきたとき、[私]は嬉しくて涙が出そうになった。
end
scene 男にクリトリスを舐められる
男の舌がなめくじのように動くと[私]はまるで自分の[男性性器の愛称]が大きくなったような感触を感じた。
もしかして[私]の体が男にもどって[男性性器の愛称]が大きくなったのではと一瞬思って、視線を男の口元に向けたが[男性性器の愛称]らしい物は目に入らない。
男がさっきから舐め続けているのは[私]の[クリトリス]らしいと私は気が付いた。
女の[クリトリス]は男の[男性性器の愛称]と同じで、刺激を与えると大きくなって気持ち良くなくと本で読んだことがある。
だけど[私]が自分で[オナニー]するときに[男性性器の愛称]をこすってもこんなに気持ちよくはならない。
[男性性器の愛称]とくらべても豆粒くらいの大きさしかないのにこんなに気持ちがいいなんて女の体はいったいどうなってるのか訳がわからない。
end
scene 男に小陰唇を舐められる
男の舌先が今度は[私]の[小陰唇]を舐め始めた。
[クリトリス]とは違う感触が[小陰唇]に襲い掛かると[私]はもうとても我慢出来なくなった。
「だめ、もう許して」と思わず男にむかって懇願したが、もちろん舐められるが嫌で言ったわけではない。
end
scene 男に部屋で体を嘗め回される
{男にキスをされる}
{キスのあとに乳首を舐められる}
{男に脇腹から脇の下を舐められる}
{男に足の指を舐められる}
{男にふくらはぎを舐められる}
{男に太腿の内側を舐められる}
{男に女性性器の愛称を舐められそうになる}
{男にクリトリスを舐められる}
{男に小陰唇を舐められる}
[私]が背中を仰け反らせて体中を震わせると、男は体を起こして腰の位置を変えると座りなおした。
[私]は男が[男性性器の愛称]を入れてくるつもりらしいと気が付いて期待で胸が一杯になった。
{正常位のレイプ}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客に体を嘗め回される
{男の後についてラブホテルの部屋にはいる}
{デリヘル嬢として連れてこられたのに気が付く}
{ラブホテルの部屋で裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
デリヘル女を呼んだら男がすることは決まっている。
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{男に部屋で体を嘗め回される}
end
scene 男にマッサージをしてもらう
男は[私]の枕もとにしゃがみ込むと、[私]の肩を揉み始めた。
まるで本職のマッサージ師のような手つきで肩の筋肉を揉みほぐすと、次は首筋を揉んでくれた。
[私]は男が何のつもりで私の体をマッサージするのか意図が分からないが、気持ちいいのでされるままになっていた。
肩と首筋を揉み終わると、男は[私]の足元に座る位置を変えて足の裏を揉み始めた。
足裏マッサージと言うのは、話には聞いたことがあるが、実際にやってもらうと随分と気持ちいい。
足の指を一本ずつ丁寧にマッサージすると、男にうつ伏せになるように指示された。
男に言われた通りうつ伏せになると、男は私のふくらはぎを揉み始めた。
男の少しづつ揉む場所を変えながら、私の太腿の内側を揉むとまた座る位置を変えて今度は私の腰に指先を押し当ててきた。
男はまるで本職のマーサージ師みたいな手つきで私の腰の凝っているところを揉み解してくれる。
マッサージのツボをよく心得ているらしくて、気持ちよくてついウトウトと眠くなってきた。
end
scene 男にお尻をマッサージされる
男の手が腰からだんだんと下に降りると、私のお尻を手の平で包み込むようにして揉み始めた。
私はマッサージにしてはなんだか変だと気が付いた。
マッサージでお尻を揉むなんて聞いたことがない。
男が女のお尻を触るなんてのは、電車の中の痴漢がやる事だ。
[私]はなんだか痴漢にお尻を触られているような気分になって、胸がドキドキしてきた。
男は指先を震わせるように動かしながら、[私]のお尻の肉をほぐすように握りしめてきた。
[私]はなんだか自分の[男性性器の愛称]が大きくなったような気分がしてきたが、うつ伏せに寝ていれば[男性性器の愛称]が大きくなればすぐ分かるはず。
[私]はもしかして男の体にもどってるかもしれないと期待して、下腹部を[ベッド]に押し付けてみたが[男性性器の愛称]の感触はなくてがっかりした。
end
scene 男に性感マッサージを受ける
{男にマッサージをしてもらう}
{男にお尻をマッサージされる}
しばらくマッサージが続いたあと男に指示されて[私]は仰向けに姿勢を変えた。
男の手が私の脇腹を何度も繰り返し揉むと、おへその少ししたを指で押さえつけてきた。
お腹がへこむほど男の指がつよく[私]のお腹を押すと、体の奥が熱くなって変な感触がある。
「ここは、不感症によく聞くツボでね。陰交と言ってね。子宮に直接効くツボなんだ。ここを刺激すると男の[男性性器の愛称]が欲しくなるんだよ」と男が薄ら笑いを浮かべて教えてくれた。
[私]には女の不感症と言うのかどうゆうことか分からないのでどう返事をしていいのか分からなかった。
男は「女の不感症に効くツボは他にも有るんだ。試してみたいだろう」と言い出した。
私は男に逆らうわけにはいかないと思って「そうですね」とあいまいに返事をした。
{男の指が私の女性性器の奥に差し入れられる}
男が言う不感症のツボというのは[女性性器の愛称]の中にあるらしいと気が付いたが今更断れない。
{指マンされて気持ちよくてたまらない}
{男性性器を入れてほしくてたまらなくなる}
{男性性器を入れて下さいと男におねだりをする}
男が[私]にマッサージをしてくれたのは、最初から[私]にこの言葉を言わせたかったからだと気が付いたがいまさらどうにもならなかった。
{正常位のレイプ}
end
scene ラブホテルでデリヘルの客に性感マッサージを受ける
{男の後についてラブホテルの部屋にはいる}
{デリヘル嬢として連れてこられたのに気が付く}
{ラブホテルの部屋で裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
デリヘル女を呼んだら男がすることは決まっている。
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{男に性感マッサージを受ける}
end
scene お仕置きされたくなかったら言うことを聞けと脅される
「お仕置きされたくなかったら、言われたことは何でもするんだ。それが嫌なら何度でもお仕置きだ」と男が私をまた怒鳴りつけてきた。
「何でもします、本当です。もう止めて」[私]は必死で男にお願いをした。
「今更何を言いやがる。お仕置きはな、一度始めたら最後までやるんだ」と男が怒鳴ると[私]のお尻を叩き続けた。
end
scene 男に縄で縛られる
男は太い縄を取り出すと[私]の体を縛り始めた。
[私]は怖くて体が震えてとても男には逆らえなかった。
男の手つきは随分と手慣れていて、すぐに[私]の体は見事なくらい綺麗に縛り上げられた。
end
scene 縛られて天井から吊るされる
男は[私]を縛り終わると、縄の先を天井の滑車から降りている鎖につないだ。
滑車についた鎖をひっぱると私の体は両足がかろうじて床に着く高さで釣り上げられた。
私はこの後何をされるのか怖くて何も考えられなかった。
end
scene 男が戸棚から鞭を取り出す
男は戸棚の奥から長い鞭らしいものを取り出して、私のすぐ目の前に差し出した。
鞭の先は細くなっていて、男が鞭をしならせるたびに私の顔のすぐ近くで空気を引き裂くするどい音が聞こえた。
「逃げ出そうなんてしたら、鞭で五十回叩く。それがこの店の決まりだ。どこに逃げてもかならず探し出して、お仕置きするからな」と男に言われて[私]はとんでもない事になったと後悔したがもう逃げられない。
end
scene 男が鞭で私のお尻を叩いてお仕置きをする
男が鞭を振り上げて私のお尻を叩きつけると私は痛くて声もでなかった。
end
scene 見せしめにするために女の子を部屋に連れて来る
男は一旦部屋を出ると、女子高生の制服を着た女の子達を大勢つれて部屋に戻ってきた。
「おい、お前ら、よく見ておけよ。一言でも逆らったらこうしてお仕置きを受けるんだ」と男が女の子達に言うのが聞こえた。
どうやら男は私を見せしめのために店で働いている女の子達に見せるつもりらしい。
end
scene 女の子達にもお尻を叩かれる
男が数回私のお尻を鞭で叩いた後「おい、お前らも叩くんだ」と言って鞭を女の子達に渡した。
女の子達はどうすれば良いのか知ってるらしくて「てめえ逆らうんじゃねえぞ」と大きな声をだしては私のお尻を鞭でかわるがわる叩きつけてきた。
女の子達は思い切り力を込めて叩いてるつもりらしいが、所詮は女の腕力はたかが知れている。
たいして痛くもないので[私]はこんなお仕置きだったら全然平気だと高をくくっていた。
一通り女の子達が[私]のお尻を鞭で叩き終わると男が鞭を持ってまた私を叩き始めた。
男の力はさすがに強くて私は眩暈がして気が遠くなった。
end
scene お仕置きされて感じてきて女の子達に馬鹿にされる
「この女馬鹿じゃないの、お尻叩かれて感じちゃってるわよ。本当に変態よね」と女の子の一人が言うのが聞こえた。
「本当に馬鹿よね。こんなど変態の女はここで働かなかったら行く場所ないわよね」と別の女の子が言うのが聞こえて、[私]は自分が普通の女の体ではないらしいと気が付いた。
お尻を叩かれて気持ちよくなるなんて、よっぽどの変態女に違いない。
もともと[私]は男なんだから、女の体になんかに成ったりしても普通の女の体になるはずがない。
とんでもないド変態の女になるのは当たり前のような気がした。
「ここで働かせてもらって感謝することね」と女の子の声が聞こえて[私]は確かにその通りだと思った。
end
scene 男が私を床に降ろすと縄を解いた
男が滑車の鎖を緩めると、私の体はゆっくりと下に降ろされて床に横になった。
男は手慣れた手つきで私を縛った縄を外した。
end
scene デリヘル事務所で縛られてお仕置きされる
{お仕置とは何かと聞いて怒鳴り返される}
{男に縄で縛られる}
{縛られて天井から吊るされる}
{男が戸棚から鞭を取り出す}
{男が鞭で私のお尻を叩いてお仕置きをする}
{お仕置きされて感じてくる}
{お仕置きされたくなかったら言うことを聞けと脅される}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男が私を床に降ろすと縄を解いた}
{デリヘル事務所で逃げようとしてお仕置きをされた場合}
end
scene デリヘル事務所で縛られて他の女の見せしめにされる
{お仕置とは何かと聞いて怒鳴り返される}
{男に縄で縛られる}
{縛られて天井から吊るされる}
{男が戸棚から鞭を取り出す}
{見せしめにするために女の子を部屋に連れて来る}
{男が鞭で私のお尻を叩いてお仕置きをする}
{女の子達にもお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{お仕置きされて感じてきて女の子達に馬鹿にされる}
{お仕置きされたくなかったら言うことを聞けと脅される}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男が私を床に降ろすと縄を解いた}
{デリヘル事務所で逃げようとしてお見せしめに仕置きをされた場合}
end
select 逃げ出そうとして裏ビデオを撮影される場合
裏ビデオの撮影で輪姦される
裏ビデオの撮影でオナニーのあとフェラチオさせられる
end
scene 裏ビデオの撮影で輪姦される
男達は[私]の手足をしっかりと掴むと足首が肩に着くまで持ち上げた。
[私]は恥ずかしい格好で身動きができなくなった。
{輪姦}
end
scene 男のオナニーならしたことがあるが女のオナニーはやったことがない
[私]は元々男だから男のする[オナニー]はしたことがあるけど、女の[オナニー]なんてやったことがない。
end
scene 裏ビデオの撮影でオナニーのあとフェラチオさせられる
「じゃあ、そこに座るんだ」と男に言われて私はビデオカメラの前のソファーに座った。
「これから俺が聞く事になんでも答えるんだ分かったな」と男に言われて[私]は仕方なく「はい」と答えて頷いた。
{面接で彼氏がいるか聞かれる}
{寂しい時にしていることがあるだろうと聞かれる}
「ちゃんと答えるんだ。気持ちいいことをいつもやってるんだろう」と男に言われて[私]は[オナニー]の事を言ってるらしいと気が付いた。
{オナニーが好きでないと出来ない仕事だと言われる}
「いますぐカメラの前で[オナニー]してもらおうか。それが出来なければ痛い目に遭うことになるんだぜ」と男に脅されて[私]は困ってしまった。
{男のオナニーならしたことがあるが女のオナニーはやったことがない}
やれと言われてもどうやっていいのか分からない。
裏ビデオで女が[オナニー]する場面を見たことがあにはあるけど、指をどう使ってるなんか見てても分からない。
だけどうっかり「できません」と言って断ったりしたらどんな目に遭わされるのか分かったもんじゃない。
[私]は仕方なく[下の表着]を捲りあげて指先を[女性性器の愛称]に押し当てた。
{女性性器の愛称がびしょ濡れになっているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
女の体と言うのはちょっとエッチな話をしただけでもすぐ興奮して本人の意思とは関係なく勝手に反応してしまうらしい。
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
「おい、気持ちよくなったら男の[男性性器の愛称]が欲しくなるだろう」と男が声を掛けてきた。
[私]は[オナニー]だけで裏ビデを撮影が済むはずはないと思って不安な気持ちになった。
女が[オナニー]をした後にやる事と言えば裏ビデオではだいたい相場が決まってる
「[男性性器の愛称]をしゃぶりたければ、しゃぶらせてやってもいいんだぜ」と男に言われて[私]はやっぱりと思った。
ここまで来て断れれるはずはないと覚悟を決めた。
男がズボンを脱ぐと私のすぐ目の前に立った。
{他人の男性性器を目の前にして戸惑う}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
{フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める}
{フェラチオする行為}
end
scene 逃げ出そうとして裏ビデオを撮影される
男達が[私]の周りを取り囲むと、明るい光が私の顔に向けられてきた。
光の方向を確かめると、大きな照明ランプの横でビデオカメラらしい大きなレンズが[私]に向けられている。
かなり大型のビデオカメラでプロが使うような本格的なカメラらしい。
「おい、裏ビデオって知ってるだろう。客を取るのが嫌だなんてぬかしやがったら、お前の学校にこの裏ビデオを送ってやるからな。それがいやなら素直に言うことを聞くんだな」と男に言われて[私]は自分の立場に気が付いた。
とても男達には逆らえそうない。
裏ビデオなんか撮られたら大変なことになると思ったが、もうどうにもならない。
{逃げ出そうとして裏ビデオを撮影される場合}
end