;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル 神待ちサイト             *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene プロのダンサーの踊りが見られる店に誘われる
「[私の愛称]。踊りを見るのは好きかな」と男に聞かれて私は一瞬戸惑った。
男が言う「踊り」というのは日本舞踊の事なのか、それとも夏祭りの盆踊りの事なのかよくわからない。
[私]は「そうですね」と適当に返事をした。
「プロのダンサーの踊りが見られる店があるんだ、一度見ておいた方がいいよ」と男に言われてどうやらダンサーの居る飲み屋らしいとなんとなく気が付いた。
私が「はい」と答えると、男は私をつれて[場所]から出た。
end
scene ストリップ劇場に案内される
{ストリップ劇場の場所設定}
裏道をしばらく進むとけばけばしいネオンが輝いているのが見えた。
大きな看板にはダンサーの女性がポーズを取っている写真が一杯張り付けてある。
どうやらストリップ劇場らしい。
end
scene 場内に聞いたことのある曲が流れる
コントが終わると場内に聞いたことがある曲が流れ始めた。
end
scene ストリップ劇場に流れる曲は有名な曲
[ストリップ劇場で流れる曲の特徴]は[ストリップ劇場で流れる歌手の特徴][ストリップ劇場で流れる歌手の名前]の[ストリップ劇場で流れる曲の種別]の「[ストリップ劇場で流れる曲]」だ。
end
scene 女の子達がダンスを始める
女の子達は[ストリップ劇場で流れる曲]の曲に合わせて[ダンス]を踊り始めた。
それほど上手ではないが見ていて楽しめるくらいには踊れている。
ここはストリップ劇場なので、[ダンス]を見て喜ぶ客などあまりいない。
end
scene 客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる
「はやく脱げー」と場内から声がかかると、-
{相手の女の一人}
が花道の中央に進んだ。
思わせぶりに踊ながら[コスプレの衣装]を脱ぐと、下は可愛らしい下着姿だ。
下着姿でダンスをしばらく踊った後、下着も脱いでまる裸になった。
end
scene アンダーヘアは手入れをしてある
股間の黒い茂みは手入れをしてあるらしくて、かなり小さい。
end
select ストリップショーの出し物が手品の場合
ストリップショーの出し物はオナニー
ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ
ストリップショーの出し物は外人相手の生板
end
select ストリップショーの出し物が花魁の場合
ストリップショーの出し物はオナニー
ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ
ストリップショーの出し物は外人相手の生板
end
select ストリップショーの出し物がアイドル歌手の物真似の場合
ストリップショーの出し物はオナニー
ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ
ストリップショーの出し物は外人相手の生板
end
scene 踊り子さんが外人の男と話をする
会場の観客の中から誰かが英語で踊り子さんに声を掛けるのが聞こえた。
何を言ってるのかはわからないが踊り子さんが英語で答えると、二人の会話がしばらく続いた。
ストリップ劇場の踊り子さんなんてのは頭が悪くて英語なんて全然できないと思ってたけど、随分と上手な英語をしゃべるので[私]はびっくりして聞いていた。
end
scene 外人の男がステージをよじ登る
会話が終わったと思ったら外人の男性がステージをよじ登って踊り子さんの前に立った。
どこの国の男かは判らないが随分と大柄で体格がいい。
服装からして観光客らしい。
どうやらこの店は外国人観光客の観光名所にもなっているらしい。
end
scene 外人の男がズボンを膝まで降ろす
男がズボンを膝まで降ろすと[男性性器の愛称]が照明にくっきりと照らし出された。
[私]は他の男の[男性性器の愛称]などあまり見たことがない。
外人の[男性性器の愛称]を見るのはこれが初めてだ。
噂には聞いていたけどあまりの大きさにただ驚くしかない。
長さも太さも[私]の[男性性器の愛称]より桁違いに大きい。
その上先端の形も傘が大きく開いたような格好で見て居てるだけで気味が悪くなる。
end
scene ストリップ劇場でこんなことまでするのかと思って驚愕する
[私]はストリップ劇場ではこんなことまでするのかと思うと驚愕するしかなかった。
end
scene ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ
{踊り子さんが外人の男と話をする}
{外人の男がステージをよじ登る}
{外人の男がズボンを膝まで降ろす}
踊り子さんはしゃがんで外人の前に膝を付くと、舌をつかって[男性性器の愛称]を舐め始めた。
{ストリップ劇場でこんなことまでするのかと思って驚愕する}
end
scene ストリップショーの出し物は外人相手の生板
{踊り子さんが外人の男と話をする}
{外人の男がステージをよじ登る}
{外人の男がズボンを膝まで降ろす}
外人の男が舞台の上に仰向けに横になると、踊り子さんがまたがるようにして腰をかがめた。
踊り子さんが手を添えてゆっくりと腰を下ろすと、外人の男性の[男性性器の愛称]が踊り子さんの[女性性器の愛称]に吸い込まれるようにして入っていくのが見えた。
踊り子さんはしばらく体の動きを止めた後、覚悟を決めたかのような表情でゆっくりと腰を上下に動かし始めた。
よっぽど気持ちがいいのか、今にも泣き出しそうな顔で繰り返し背筋を仰け反らせている。
外人の男が踊り子さんの腰の動きに合わせて下から腰を突き上げるとなんとも怪しげな声をだしはじめた。
男でも気持がいいときには声をだすらしい。
{ストリップ劇場でこんなことまでするのかと思って驚愕する}
end
scene ストリップショーの出し物はオナニー
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene ストリップショーで男にお尻を触られる
不意に[私]のお尻に変な感触があるのに気が付いた。
隣にいる男の手が[私]のお尻を触っているらしい。
ストリップショーを見ていれば普通の男だったら変な気持ちになるのは仕方がない。
男が[私]のお尻を触りたくなる気分になるのも当たり前だ。
私はしかたがないと思って、男にされるままになっていた。
end
scene 男とストリップ劇場に入る
[私]はまだ未成年だからストリップ劇場になんか来たことはない。
それにストリップ劇場というのがどうゆうショーを見せる所かもよく知らない。
以前テレビの深夜番組でストリップショーの紹介をちらっと見たことがあるだけだ。
[私]は男だからストリップショーには多少の興味がある。
だけど今は女の体だ。
女がストリップショーを見にストリップ劇場に入るなんてどう考えても変だ。
それに[上の表着]を着ていて女子高生だとすぐわかる。
未成年が中に入れて貰えるはずはない。
男が切符を二枚買うと、受付を通ろうとした。
[私]はきっと受付で何か言われると思ったが、すんなりと中に入れた。
女が入るときは未成年でも構わないらしい。
防音のドアを開けて劇場の中に入ると、正面に舞台があって花道が伸びている。
花道の両脇に観客の男性が沢山いるが、会場はそれほど広くはないので多くても50人くらいだろうか。
end
select ストリップショーの出し物
ストリップショーの出し物は花魁
ストリップショーの出し物は女芸人の物真似
ストリップショーの出し物はウェディングドレス
ストリップショーの出し物はチアガール
ストリップショーの出し物はアイドルグループ
ストリップショーの出し物はアイドル歌手の物真似
ストリップショーの出し物は手品
ストリップショーの出し物は女子高生のカンフーショー
end
scene ストリップショーの出し物は花魁
{相手の女は一人の設定}
コントが終わると琴の音色の音楽が鳴って次の踊りが始まった。
舞台の裾から和服を着た踊り子さんが足を絡げるような変な歩き方で出てきた。
見た感じは花魁の格好らしくて、かんざしが沢山髪にさしてある。
踊り子さんは日本舞踊風の身振りで手足を動かしながら、帯を解き始めた。
くるくると回りながら帯が床に全部落ちると、和服の前を大きく開けて下に着た長襦袢が見えた。
踊り子さんはすぐには和服を脱がずにヘンテコな踊りを続けて間合いを取っている。
客席から「はやく脱げー」と男の声が聞こえて踊り子さんはやっと和服を脱ぎ始めた。
少しづつ焦らすように間合いを取りながら一枚ずつ服を脱いでいくと、最後には腰巻一枚になった。
胸はかなり大きめで、踊り子さんの踊りに合わせて上下に揺れてるのが見ていてかなり色っぽい。
腰巻を脱ぐと下には[下着]を着けていなくて丸裸だ。
和服の下には[下着]を履かないが本式の和服の着付けだと聞いたことがあるが本当だったみたいだ。
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーの出し物が花魁の場合}
end
scene ストリップショーの出し物は女芸人の物真似
{相手の女は一人の設定}
コントが終わると軽快な音楽が鳴り始めた。
音楽に合わせて舞台に登場したのは黒いリクルートスーツ姿の女性だった。
すぐ後ろから背の高い若い男の子が二人ついてきた。
[私]は人気のお笑い女芸人の物真似らしいと気が付いた。
バックで流れる曲も女芸人のコントでいつも使われている曲だ。
まず最初にいつもの女芸人のコントをやってみせると最後の落ちは「女に生まれて幸せ」という決まり文句だ。
だがここはストリップ劇場だ。
女芸人のコントの物真似を見に来ている客などいない。
「はやく脱げー」と客席から声がかかると、女は踊りながら服を脱ぎ始めた。
最初にリクルートスーツの上着を脱ぐと、変な格好で踊りながら白いブラウスも脱いだ。
下に着けたブラジャーは紫色でかなり色っぽい。
次にリクルートスーツの黒いタイトスカートを脱ぐと下着だけの姿になった。
順番にブラジャーと[下着]を脱ぐと丸裸だ。
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene ストリップショーの出し物はウェディングドレス
{相手の女は一人の設定}
コントが終わると場内にオルガンの曲が流れ始めた。
ストリップ劇場にオルガン曲は似合わないと思って聞いていると結婚行進曲らしいと気が付いた。
ステージの横からウエディングドレスを着た新婦とタキシードみたいな格好の新郎が手をつないて出てきた。
二人は社交ダンスみたいにくるくると回りながらダンスをはじめた。
ウエディングドレスの裾が広がって、下につたけペチコートのレース模様が照明の下で浮き上がって見えた。
女は花道の中央まで進むと、ウエディングドレスを脱ぎ始めた。
一人で脱ぐのは無理なので、新郎が手伝って脱がしている。
ウエディングドレスの下のペチコートも脱ぐと、その下は白いブライダル下着だ。
レースの模様がいっぱいついて、お姫様みたいな格好だ。
ストッキングも白で、白いガーターベルトで釣っている。
[私]はブライダル下着など見たこともないので、女の子が憧れる気も分かるような気がした。
女は順番にブライダル下着を脱ぐと丸裸になった。
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene ストリップショーの出し物はチアガール
{相手の複数の女の人数の設定}
{ストリップ劇場で流れる曲はもってけセーラー服の設定}
{ストリップ劇場でチアダンスをする設定}
{ストリップ劇場でチアガールのコスプレをする設定}
{場内に聞いたことのある曲が流れる}
[ストリップ劇場で流れる曲の特徴]は「[ストリップ劇場で流れる曲]」だ。
[ストリップ劇場で流れる曲の種別]の「[ストリップ劇場で流れる曲]」をストリップ劇場で流すなんてどうゆうことだろうと思ってみていると、ステージにチアガールの衣装を着た女の子達が並んだ。
両手に色とりどりのボンボンを持って大きく振り回してる。
まるで甲子園の応援席のチアガールみたいだ。
どうやらチアガールのショーが始まるらしい。
{女の子達がダンスを始める}
{客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる}
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene ストリップショーの出し物はアイドルグループ
{相手の複数の女の人数の設定}
{ストリップ劇場で流れる曲はアイドルグループの曲の設定}
{ストリップ劇場でアイドルグループのコスプレをする設定}
{場内に聞いたことのある曲が流れる}
{ストリップ劇場に流れる曲は有名な曲}
「[ストリップ劇場で流れる曲]」をストリップ劇場で流すなんてどうゆうことだろうと思ってみていると、ステージに[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]の衣装を着た女の子達が並んだ。
{女の子達がダンスを始める}
{客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる}
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene ストリップショーの出し物はアイドル歌手の物真似
{相手の女は一人の設定}
{ストリップ劇場でアイドル歌手のコスプレをする設定}
{ストリップ劇場で流れる曲はアイドル歌手の曲の設定}
{場内に聞いたことのある曲が流れる}
{ストリップ劇場に流れる曲は有名な曲}
舞台にはいかにも[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]風の衣装を着た女の子がマイクを持って登場した。
髪形もお化粧もみるからに[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]風だ。
伴奏に合わせて女の子が歌い始めたが[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]の物真似だ。
歌いながら歌振りのダンスもしていて見ていて[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]そっくりだ。
だがここはストリップ劇場だ、いくら上手くても[ストリップ劇場で流れる歌手の名前]を見て喜ぶ客など居るわけがない。
{客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる}
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーの出し物がアイドル歌手の物真似の場合}
end
scene ストリップショーの出し物は手品
{相手の女は一人の設定}
{ストリップ劇場で有名な手品師のコスプレをする設定}
コントが終わると舞台には銀ラメのバニーガールみたいな衣装を着た女性が登場した。
踊りながら手にしたステッキをくるりと振り回すと、一瞬にして花束に変わった。
どうやら有名な手品師のプリンセステンコーの物真似らしい。
女は踊を続けながら簡単な手品をいつくか披露したが場内は拍手さえない。
ストリップ劇場に手品を見に来る客など居るはずがないのだ。
{客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる}
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーの出し物が手品の場合}
end
scene ストリップショーの出し物は女子高生のカンフーショー
{相手の女は一人の設定}
{ストリップ劇場で女子高生のコスプレをする設定}
コントが終わると舞台には[コスプレの衣装]を着た[コスプレの種別]らしい女の子が登場した。
ストリップ劇場の舞台に[コスプレの種別]がでるわけはないので[コスプレの種別]のコスプレらしい。
音楽に合わせて女が変な格好で踊りを始めた。
一応はプロのダンサーらしいが、ストリップ劇場で踊るのはプロのダンサーといっても素人に毛が生えたようなもの。
いかにも場末のストリップショーといった踊りがしばらく続くと、舞台に男が二人よじ登った。
二人とも体格がよくかなり大柄な男性で、舞台を見て興奮してしまったらしい。
男がいきなり女に抱き着こうとすると、女は巧みに身をかわして逃げた。
男が女に殴りかかるのを見てこれは危ないと思ったとき、女はすばやい動きで男の顔面を蹴り上げた。
男が蹴りをよけようとして体をそらせると、女は今度は別の足で男のお腹を蹴りつけた。
随分と慣れた動きを見て、[私]はこれは最初からショーの趣向らしいと気が付いた。
女の子はもともと空手の使い手で、舞台に男達が上ったのもやらせだったらしい。
男達は何度蹴られても立ち上がって、女の子に抱き着こうとしたがその度に女の子に蹴られて最後には舞台の上で動けなくなった。
いくら女の子の空手の技が凄くても、ストリップ劇場にくるような客はそんなものを見に来たわけではない。
{客席から早く脱げとの声がかかり女の子がまる裸になる}
{アンダーヘアは手入れをしてある}
{ストリップショーで男にお尻を触られる}
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene 神待ちサイトの男とストリップショーを見る
{プロのダンサーの踊りが見られる店に誘われる}
{章番号}
{ストリップ劇場に案内される}
{男とストリップ劇場に入る}
ちょうど踊りが終わって、幕間にはいったらしくてお笑い芸人らしい二人がコントをしている。
客はお笑い芸人のコントなど見る気もないらしくて「はやく止めろ」と怒鳴る声も聞こえる。
{ストリップショーの出し物}
しばらくして舞台の照明が一旦消えた。
ストリップショーはまだ続くらしいが男に促されて私はストリップ劇場を後にした。
{章番号}
{ストリップ劇場でストリップショーを見た後の場合}
end
select ストリップ劇場でストリップショーを見た後の場合
神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルに入る
神待ちサイトの男と映画を見た後に公園に行く
end
scene 映画館で痴漢プレーのあとラブホテルに連れこまれる
「これから二人でゆっくり出来る所に連れてってやるぜ、その方が[私の愛称]もいいだろう」と男が私の耳元で囁いた。
男が[私]をどんな場所に連れ込むつもりなのか大体の見当は付いた。
[場所]をでてしばらく歩くとラブホテルの前に着た。
end
scene センター街で神待ちサイトの男と映画館に入る
「ところで[私の愛称]、映画は好きかな」と男が聞いてきた。
[私]は適当に答えればいいと思って「はい、好きですけど」と答えた。
「ちょうどよかったこの近くの映画館で、いい映画をやってるから見に行かないか」と男が[私]を誘った。
[私]は別に映画を見たいとは思わなかったけど、男に誘われたら断らない方がいいと思った。
{章番号}
[場所]を出て、センター街をしばらく歩いた後裏道に入ると小さな映画館が見えた。
{映画館の場所設定}
{男と映画館に入る}
{映画館で映画を見る場合}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
[私]は男が最初から私にエッチなことをするために映画館に誘ったのだと気が付いたがいまさら男に逆らう訳にもいかなかった。
映画が終わったらしくてスクリーンにはもう何も映っていない。
場内に明かりがつくと、男はやっと[私]から手を離してくれた。
{センター街の映画館で単独痴漢プレーをした場合}
end
select センター街の映画館で単独痴漢プレーをした場合
神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルに入る
神待ちサイトの男と映画を見た後に公園に行く
end
scene 神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルに入る
{映画館で痴漢プレーのあとラブホテルに連れこまれる}
{神待ちサイトの男とラブホテルに入る場合}
end
scene 神待ちサイトの男と映画を見た後に公園に行く
{神待ちサイトの男に公園のトイレに連れ込まれる}
end
select 神待ちサイトの男に公園のトイレに連れ込まれる
男に公園のトイレに連れ込まれて輪姦
男に公園のトイレに連れ込まれてバイブを入れられアナルレイプ
end
scene 白黒ショーに誘われる
「ところで[私の愛称]、白黒ってしってるかな」と男に聞かれた。
[私]は昔の白黒の映画の事だと思って「見たことはあります」と答えた。
「この近くで面白い白黒ショーをやってる所があるんだけど、一緒に見ないか」と男に言われて私はなんでもいいやと思って「はい、面白そうですね」と適当に答えた。
end
scene 料理を食べ終わって店をでる
[料理]を食べ終わると[場所]をでて、[私]は男と一緒に歩き始めた。
end
scene 看板の出ていない旅館に案内される
センター街の端までくると商店街は途中で途切れて少し先にラブホテルらしい建物が見えた。
ラブホテルに連れ込まれるのはいやだなと思っていると、男はラブホテルを通り過ぎて先に進んでいく。
看板の出ていない建物の入り口までくると「ここて白黒ショーが見られるんだよ」と男が言った。
{旅館の場所設定}
見た感じは普通の旅館のような建物で、玄関もあるが旅館らしい看板は見当たらない。
男が建物の玄関で呼び鈴を押すと、鎧戸が開いて中に入った。
end
scene 旅館の個室に案内される
玄関先で靴を脱いで廊下を先に進むと、襖の奥の小部屋に案内された。
すでに客らしい姿が何人かいて、カップルで座っている客もいる。
男性はみなかなり高齢で、女の方は若い女性や女子高生らしい姿も見えた。
部屋の正面にはスクリーンが用意されて、やっぱり白黒の映画を見る会らしいと思ったがそれにしてもこんな所で白黒映画の鑑賞会を開くなんて腑に落ちない。
スクリーンの前に布団が敷いてあるのもなんだか変だ。
end
scene 旅館の個室で裏ビデオを見る
しばらく待つと予定の時間になったらしくて、部屋の電気が消されると正面のスクリーンに画像が映し出された。
てっきり白黒の古い八ミリ映画てもやるのかと思っていたが、スクリーンに映ったのはカラーで映画ではなくビデオらしい。
{ビデオプロジェクターの設定}
{白黒ショーの女の設定}
{画面には女の子がフェラチオしている場面が映る}
スクリーンに映し出された[男性性器の愛称]はモザイクがなくてどうやら裏ビデオらしい。
男が面白いショーと言っていたのはこの裏ビデオのことだったらしい。
裏ビデオなんてのはインターネットでいくらでも見られるので、ここに集まった男性がみな高齢なのはそのせいらしい。
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{裏ビデオで女が自分から誘ってレイプされるのを見る}
裏ビデオはそこで終わりらしくて、スクリーンの明かりが消えると部屋が明るくなった。
end
select 白黒ショーを見た場合
ショーを見てやめて下さいと言って男にレイプ
白黒ショーのあと個室に案内されてレイプ
白黒ショーのあと個室に案内されて輪姦
end
scene ショーを見てやめて下さいと言って男にレイプ
[私]は行くらなんでもこんなやり方で女を脅してこんなショーに出させるなんてとても許せなかった。
[私]は立ち上がって「止めて下さい」と大声をだした。
男は[私]に気が付くと「お前が一番生意気なんだ。懲らしめてやるぜ。二度と俺に逆らえないようにしてやる」と大声で私を怒鳴りつけてきた。
[私]はこれは不味いことになりそうだと気が付いて部屋から出ようとしたが、すぐに男に手をつかまれた。
男はすぐに私を-
{相手の女}
の横に押し倒してきた。
{正常位のレイプ}
end
scene 白黒ショーで中田氏を見る
一通り[フェラチオ]が終わると今度は女が布団の上に横になると、男が体を重ねた。
[私]のすぐ目の前で[男性性器の愛称]が[女性性器の愛称]の奥深くまで繰り返し打ち込まれるのを見ていると凄い迫力だ。
[私]はインターネットのアダルトサイトでなら裏ビデを何度か見たことがあるけど、実際に実物を目の前にして見るのとは全然違う。
まるで自分の[女性性器の愛称]に男の[男性性器の愛称]がぶち込まれてるような気分だ。
女が「-
{喘ぎ声}
」と大きな声を出すのを聞いて、[私]は体が小刻みに震えてきて止まらなくなった。
男の腰が繰り返し女を責めつけると、急に動きが止まった。
なんどか絞り出すような男の腰の動きが続いた後に男が体を離した。
[女性性器の愛称]からは白い液体が溢れるのがはっきりと見えた。
いくらなんでも客が見ているショーで中田氏するなんてとても信じられない。
[私]は男だから中田氏すれば男の方は気持ちいいんだと分かるが、中田氏された女がどんな気持ちなのか想像もつかない。
end
scene 白黒ショーのあと個室に案内される
ショーが終わった後も[私]は腰が抜けたようになってしばらく動けなかった。
気が付いたとき部屋には[私]と男と二人だけで、ショーに出ていた男と女も他の客も誰もいない。
部屋の襖が開いて仲居さんらしい和服姿の女が入ってくると「ご案内します」と声を掛けてきた。
男が[私]の脇の下に手を入れて立たせると、[私]は男に体を支えられて仲居さんについていった。
長い廊下を歩いた先の襖を開けると、小さい和室の中央に布団が二組敷いてある。
どうやら他のカップルもみなそれぞれ個室に案内されたらしい。
[私]はその時になってようやくこの白黒ショーの仕組みが分かってきた。
ショーを見た後はカップルが個室で朝まで過ごすことになっているらしい。
end
scene 白黒ショーのあと個室に案内されてレイプ
{白黒ショーで中田氏を見る}
{白黒ショーのあと個室に案内される}
さっきの白黒ショーの女と同じ体験をこれから自分がすることになると思うと、[私]は期待で胸が一杯になった。
[私]は男だから女の悦びがどんなものなのか体験したことはない。
白黒ショーを見ている限りでは、男にはとても体験できないようなすばらしい悦びらしい。
これから自分の体に起きる事を想像すると、女の体になって本当によかったと思えてきた。
男は私を布団の上に寝かせるとすぐに体を重ねてきた。
{正常位のレイプ}
end
scene 白黒ショーのあと個室に案内されて輪姦
{白黒ショーで中田氏を見る}
男は真っ赤なロープを取り出すと、女を縛り付けて恥ずかしい格好をさせた。
まだ白黒ショーの続きがあるらしい。
「お客さん、ご自由にどうぞ。好きなだけぶち込んで下さい」と男が客席に声を掛けた。
いったい何が始まるんだろうと思っていると、数人の客が立ち上がり縛られている女の前に立つとズボンを脱ぎ始めた。
最初の客が女の体の上にのしかかるとすぐに腰を上下に動かし始めた。
女の呻き声が部屋に響き渡ると次の男がすぐに女に体を重ねた。
[私]は自分の目の前で起きていることがとても信じられなかった。
{白黒ショーのあと個室に案内される}
{自分の体を確かめながら服を脱ぐ}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{服を脱いで自分の体を見る}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる}
男はさっきの白黒ショーと同じことをやってみたいらしい。
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
男が不意に部屋から出て行ってしまったので私はあれっと思った。
トイレにでも行ったのかと思ってしばらく待っていたが男が帰ってくる気配はない。
[私]はもしかしてさっきの白黒ショーみたいに輪姦されるのではと不安な気持ちになった。
こんな格好で縛られていたら、輪姦されてもとてもとても逆らえない。
そう思っただけで[私]は体が震えてきた。
男達が繰り返し私の[女性性器の愛称]に[男性性器の愛称]をぶち込んでくるのを想像するともう震えが止まらない。
[私]は体中が寒気がして気が遠くなった。
しばらくして半分眠りかけたとき、[ドア]が開いて男が数人入ってきた。
やっぱり[私]は輪姦されるんだと思ったとき、また体中が震えだした。
{輪姦}
end
select 白黒ショーの女の設定
相手が女子高生の設定
end
scene 白黒ショーが始まる
[私]はショーはこれで終わりだと思ったが、照明の向きが変だ。
客がいる席から、正面の布団の上を照らし出すように上と下から照明が当てられている。
まるで布団が舞台の上のように照らされていてなんだか変な雰囲気だ。
横の襖があくと[相手の女の服装]を着た-
{相手の女}
が和服を着た男にひっぱりだされて布団の上に座らせられた。
{相手の女}
はたった今裏ビデオに写っていた女らしくて、男も裏ビデオに写っていた男だとすぐ判った。
どうやらさっきの裏ビデオはショーの前振りらしくてこれからが本番のショーが始まるらしい。
「おい、お前は何でも俺の言うとおりにするんだ。分かってるな今すぐ尺八をしろ」と男が大げさな口調で女を怒鳴りつけた。
尺八というのは[フェラチオ]の昔の言い方らしい。
女が首を振って断ると男は「おい、俺に逆らったらこのビデオを[ビデオを送る場所]に送ってやるからな、それでいいんだな」と言い出した。
どうやら女はさっきのビデオで男に脅されているらしい。
女はさすがにそれは困ると思ったのか「許して下さいお願いします。何でもします」と言って男の股間に口を寄せた。
end
scene 神待ちサイトの男と白黒ショーを見る
{白黒ショーに誘われる}
{章番号}
{料理を食べ終わって店をでる}
{看板の出ていない旅館に案内される}
{旅館の個室に案内される}
{旅館の個室で裏ビデオを見る}
{白黒ショーが始まる}
{白黒ショーを見た場合}
end
test 神待ちサイトの男とラブホテルで身体検査
{&+神待ちサイトの男にラブホテルで身体検査される}
{神待ちサイトの男とラブホテル}
end
test 神待ちサイトの男とラブホテルでオナニー
{&+神待ちサイトの男にラブホテルでオナニーを要求される}
{神待ちサイトの男とラブホテル}
end
test 神待ちサイトの男とラブホテルで裏ビデオ
{&+神待ちサイトの男にラブホテルで裏ビデオを見せられる}
{神待ちサイトの男とラブホテル}
end
test 神待ちサイトの男にラブホテルでお仕置き
{&+神待ちサイトの男にラブホテルでお仕置きされて感じてくる}
{神待ちサイトの男とラブホテル}
end
test 神待ちサイトの男にラブホテルで輪姦
{&+神待ちサイトの男とラブホテルで客に縛られて輪姦される}
{神待ちサイトの男とラブホテル}
end
test 神待ちサイトの男とラブホテル
{&+神待ちサイトの男とラブホテルに入る}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 白黒ショーを見て止めて下さいと言って男にレイプ
{&+ショーを見てやめて下さいと言って男にレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男と白黒ショー}
end
test 白黒ショーを見て個室に案内されてレイプ
{&+白黒ショーのあと個室に案内されてレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男と白黒ショー}
end
test 白黒ショーを見て個室に案内されて輪姦
{&+白黒ショーのあと個室に案内されて輪姦}
{センター街で神待ちサイトの男と白黒ショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と白黒ショー
{&+神待ちサイトの男と白黒ショーを見る}
{センター街で神待ちサイトの男}
end
test センター街で神待ちサイトの男と花魁のオナニーショー
{&+ストリップショーの出し物はオナニー}
{センター街で神待ちサイトの男と花魁のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と花魁の外人相手のフェラチオショー
{&+ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ}
{センター街で神待ちサイトの男と花魁のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と花魁の外人相手の生板ショー
{&+ストリップショーの出し物は外人相手の生板}
{センター街で神待ちサイトの男と花魁のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と花魁のストリップショー
{&+ストリップショーの出し物は花魁}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と女芸人の物真似のストリップショー
{&+ストリップショーの出し物は女芸人の物真似}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とウェディングドレスのストリップショー
{&+ストリップショーの出し物はウェディングドレス}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とチアガールのストリップショー
{&+ストリップショーの出し物はチアガール}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とアイドルグループのストリップショー
{&+ストリップショーの出し物はアイドルグループ}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とアイドル歌手の物真似のストリップショー
{&+ストリップショーの出し物はアイドル歌手の物真似}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と手品のオナニーショー
{&+ストリップショーの出し物はオナニー}
{センター街で神待ちサイトの男と手品のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と手品の外人相手のフェラチオショー
{&+ストリップショーの出し物は外人相手のフェラチオ}
{センター街で神待ちサイトの男と手品のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と手品の外人相手の生板ショー
{&+ストリップショーの出し物は外人相手の生板}
{センター街で神待ちサイトの男と手品のストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と手品のストリップショー
{&+ストリップショーの出し物は手品}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と女子高生のカンフーショー
{&+ストリップショーの出し物は女子高生のカンフーショー}
{センター街で神待ちサイトの男とストリップショー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とストリップショー
{&+神待ちサイトの男とストリップショーを見る}
{センター街で神待ちサイトの男}
end
test センター街で神待ちサイトの男とハプニングバーで喧嘩が始まる
{&+喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男とハプニングバー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とハプニングバーでストリップ
{&+女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男とハプニングバー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とハプニングバーでレズカップル
{&+女子高生のレズカップルがいてレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男とハプニングバー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とハプニングバーでお仕置き
{&+神待ちサイトの男に下着を脱げと命令されてお仕置き}
{センター街で神待ちサイトの男とハプニングバー}
end
test センター街で神待ちサイトの男とハプニングバー
{&+神待ちサイトの男とハプニングバーに行く}
{センター街で神待ちサイトの男}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になりビデオを見てオナニーし逃げ出して部屋に戻る
{&+ラブホテルの玄関で思い直して部屋に戻るとき隣の部屋の女と出くわす}
{センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になりビデオを見てオナニー}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になりビデオを見てオナニー
{&+隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ}
{センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になりビデオに映る}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になりビデオに映る
{&+男がビデオをつけると隣の部屋のベッドが映る}
{センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になる}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルで他の女と一緒になる
{&+ラブホテルで他の女と一緒になる}
{センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテル
{&+神待ちサイトの男と映画を見た後にラブホテルに入る}
{センター街で神待ちサイトの男と映画館}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画を見た後に公園
{&+神待ちサイトの男と映画を見た後に公園に行く}
{センター街で神待ちサイトの男と映画館}
end
test センター街で神待ちサイトの男と映画館
{&+センター街で神待ちサイトの男と映画館に入る}
{センター街で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男にデリヘル事務所で身体検査
{&+神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ身体検査}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所}
end
test 神待ちサイトの男にデリヘル事務所でお仕置き
{&+神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれお仕置き}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所}
end
test 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ逃げようとする
{&+神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ逃げようとしてレイプ}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所}
end
test 神待ちサイトの男にデリヘル事務所
{&+神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と焼肉屋に入る
{&+焼肉屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と焼き鳥屋に入る
{&+焼き鳥屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と居酒屋に入る
{&+居酒屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と寿司屋に入る
{&+寿司屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と中華料理屋に入る
{&+中華料理屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男とお好み焼き屋に入る
{&+お好み焼き屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 神待ちサイトの男と韓国料理屋に入る
{&+韓国料理屋で男と食事をする}
{駅前で神待ちサイトの男}
end
test 駅前で神待ちサイトの男
{&+駅前で神待ちサイトの男と出会う}
{神待ちサイト}
end
test センター街で神待ちサイトの男にデリヘル事務所
{&+センター街で神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる}
{センター街で神待ちサイトの男}
end
test センター街で神待ちサイトの男
{&+センター街で神待ちサイトの男と出会う}
{神待ちサイト}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで裏ビデオ
{&+神待ちサイトの男にラブホテルで裏ビデオを見せられる}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルでお仕置き
{&+神待ちサイトの男にラブホテルでお仕置きされて感じてくる}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルでプラネタリウム
{&+神待ちサイトの男とラブホテルでプラネタリウムがある}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルでジャグジーバス
{&+神待ちサイトの男とラブホテルにジャグジーバスがある}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで天井が鏡
{&+神待ちサイトの男とラブホテルの天井が鏡になってる}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで体を嘗め回される
{&+神待ちサイトの男に体を嘗め回される}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで性感マッサージを受ける
{&+神待ちサイトの男に性感マッサージを受ける}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルでレズプレーを要求される
{&+神待ちサイトの男にレズプレーを要求される}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで他の女と一緒になる
{&+ラブホテルで他の女と一緒になる}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る
{&+ラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパされてラブホテル
{&+神待ちサイトの男とラブホテルに入る}
{センター街で神待ちサイトの男にナンパ}
end
test センター街で神待ちサイトの男にナンパ
{&+センター街で神待ちサイトの男にナンパされる}
{神待ちサイト}
end
scene 行く当てがなくて思案する
[私]はもう家には戻れないと思ったけど行く場所の当てはない。
財布を調べたが、金は小銭が少しあるだけでホテルになんかとても泊まれない
end
scene 神待ちサイトに書き込みをしてみる
どうしようかと思案しているとき、いつかテレビ番組で「神待ちサイト」というのを紹介していたのを思い出した。
家出したい女の子が、家出先を見つけるためのサイトだ。
家出した女の子を泊めてくれる男性を「神」と呼ぶらしい。
[私]は携帯をだして「神待ちサイト」のキーワードで検索してみた。
「神待ちサイト」らしい掲示板はすぐに沢山見つかった。
どこの掲示板も家出したい女の子の書き込みが沢山書いてある。
[私]は他の書き込みの真似をして「今夜泊めてくれる場所を探してます、女子高生です」と書き込んでみた。
もしかしてすぐに返事の書き込みがあるかと思ってドキドキしながら掲示板を見ていたが、それらしい書き込みはない
end。
scene 神待ちサイトに返事が書き込まれる
しばらく携帯を見続けたが、全然反応らしきものはない。
やっぱりそんなに簡単には神は見つからないと思って諦めて携帯をしまおうとしたとき、返事の書き込みがあった。
[私]はこれで今夜はなんとかなると思ったが、不安な気持ちが込み上げてきた。
男性が家出した女の子を家に連れ込むのは良からぬ下心があっての話。
男の誘いに乗って家までついて行けばどんなことになるのかは大体想像がつく。
だが他にいい方法も思いつかないので何があってもそれはそれで覚悟するしかない。
end
scene 神待ちサイトの男と待ち合わせをする
[私]は-
{待ち合せの場所}
で待ち合わせをする約束をして返事を待った。
男はすぐ近くらしくてこれからすぐ来ると返事が来た。
{待ち合せの場所}
でしばらく待っていると、それらしい男が来た。
「いや、[私の愛称]だね、可愛いじゃないか」と男は私に気が付いてすぐに声を掛けてきた。
グレーのジャンパーを着た中年の男はサラリーマンには見えない。
歳も[私]のおやじくらいで、随分と老けて見える。
end
scene 勧められて仕方なくお酒を飲む
[私]はお酒なんか飲んだことかないが、男の機嫌を損ねてもいけないと思って口に含んだ。
苦くて舌が痺れるような感触は、どこが美味しいのかさっぱり分からない。
無理をして飲み込むと胃袋が熱くなって、眩暈がしてきた。
end
scene 処女かどうか聞かれる
「[私の愛称]彼氏は居るのかな」と男が聞いてきた。
[私]に彼氏なんか居るわけないので「いません」と答えると「じゃあまだ処女なんだね」と男に問い詰められた。
処女なんて言葉は普段口にする言葉ではないので[私]は一瞬とまどった。
[私]は返事に困ってしばらく黙っていたが「どうなんだ」と男にせかされて仕方なく「ハイ」と答えた。
すると「処女かどうかあとで、調べさせてもらうよ」と男が言い出した。
[私]は男がどうやって[私]が処女かどうか調べるつもりなのか気になったけど、男が[私]の体を調べるつもりならその方がいいと思った。
end
scene 食事のあとゆっくり出来る場所に誘われる
[料理]を食べ終わると男に「これからどこに行こうか」と聞かれた。
[私]はともかく今晩泊まれる場所がいいと思って「ゆっくり出来る場所がいいです」と答えた。
男がいやらしい顔をして口元を歪めるのをみて、[私]は不味いことを言ってしまったかもしれないと気が付いたがもう遅かった。
end
scene 一日の出来事を振り返ったが女体化した理由が分からない
コーヒーを飲みながら今日一日の出来事を振り返ってみたが、朝起きたら女になっていた以外はおかしな出来事は何もない。
いったいどうして朝起きたら女になっていたのか理由はさっぱり分からない。
end
scene ファーストフード店を見回すと女子高生が携帯をいじっている
[私]はぼんやりと[ファーストフード店名]の中を見渡してみたが、女子高生の姿が多い。
女の子達はいろんな学校の制服を着て居て同じ学校の子だけが集まってる訳でもない。
大抵が一人か二人で座っていて、みな携帯をいじってる。
それにどの女子高生もお化粧が濃くてスカートの丈も短くて普通の女子高生には見えない。
end
scene ファーストフード店が出会い系サイトの待ち合わせ場所になってると気が付く
どうして女子高生がみな携帯をいじってるのか気になって、[私]の隣の席の女子高生の携帯をこっそりと盗み見した。
女子高生は携帯の操作に夢中で[私]が盗み見しているのには全然気が付く様子もない。
女子高生が夢中になってやっててるのはどうやら出会い系サイトらしい。
[私]も携帯を取り出して今居る店の名前を検索してみた。
いろいろ試してみると[私]は変な名前の投稿サイトを見つけた。
どうやらこの店は出会い系サイトの待ち合わせの場所になっているらしい。
店にいる女の子が携帯で自分の写真をアップロードして相手を見つける仕組みらしい。
{出会い系サイトの設定}
出会い系サイトで男と遊ぶのは大抵が金が目当ての援助交際だ。
それでこの店には援助交際をしたい女子高生が大勢集まっているらしいと[私]は気が付いた。
一応は女子高生らしくセーラー服をきているが、本当に女子高生なのか分かったもんじゃない。
end
scene 他の女の子の真似をして出会い系サイトの男と待ち合わせをする
[私]も他の女の子の真似をして写真を出会い系サイトにアップロードして「いま暇してます」と書き込んだ。
すぐに男からメッセージが届いたので読んでみると「何して遊びたいのかな」と書いてある。
私は適当に返事を書いて男とメッセージのやりとりを続けた。
「私、今日行くところがないんです」と私が試しに書いてみると、すぐに男が「大丈夫、心配いらないら」とメッセージをよこした。
[私]はとりあえず今夜はなんとか泊まる場所が確保できたと思って一安心したが、男に何をされるのかやっぱり不安な気持ちもあった。
end
scene 男は近くで女を物色していたらしいと気が付く
男がそんなに待たせずに待ち合わせの場所に来たところを見ると、すぐ近くで[ファーストフード店名]の様子を覗き見していてよさそうな女を物色していたらしい。
end
select 神待ちサイトの男と食事をした場合
神待ちサイトの男とラブホテルに入る
神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる
end
select センター街で神待ちサイトの男と食事をした場合
神待ちサイトの男とラブホテルに入る
神待ちサイトの男とハプニングバーに行く
神待ちサイトの男と白黒ショーを見る
神待ちサイトの男とストリップショーを見る
センター街で神待ちサイトの男と映画館に入る
センター街で神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる
end
;****************************************
;* 女体化して神待ちサイト *
;****************************************
title 神待ちサイト
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{神待ちサイトの男と出会う場合}
end
select 神待ちサイトの男と出会う場合
駅前で神待ちサイトの男と出会う
センター街で神待ちサイトの男と出会う
センター街で神待ちサイトの男にナンパされる
end
scene 駅前で神待ちサイトの男と出会う
{ファーストフード店で下校時間まで時間を潰す}
{家に帰るか決心がつかない}
{章番号}
{行く当てがなくて思案する}
{神待ちサイトに書き込みをしてみる}
{神待ちサイトに返事が書き込まれる}
{待ち合わせの場所は駅前の設定}
{神待ちサイトの男と待ち合わせをする}
{神待ちサイトの男に食事に誘われる}
{男と食事をする場合}
{神待ちサイトの男と食事をした場合}
end
scene センター街で神待ちサイトの男と出会う
{家に帰るか決心がつかない}
{行く当てがなくて思案する}
{センター街に行くことにする}
{章番号}
{センター街に行くために地下鉄に乗る}
{センター街に着く}
{センター街を暇そうに歩く}
{神待ちサイトに書き込みをしてみる}
{神待ちサイトに返事が書き込まれる}
{待ち合わせの場所はファーストフード店前の設定}
{神待ちサイトの男と待ち合わせをする}
{神待ちサイトの男に食事に誘われる}
{男と食事をする場合}
{センター街で神待ちサイトの男と食事をした場合}
end
scene センター街で神待ちサイトの男にナンパされる
{家に帰るか決心がつかない}
{行く当てがなくて思案する}
{センター街に行くことにする}
{章番号}
{センター街に行くために地下鉄に乗る}
{センター街に着く}
{センター街を暇そうに歩く}
{ファーストフード店で一休みする}
{一日の出来事を振り返ったが女体化した理由が分からない}
{ファーストフード店を見回すと女子高生が携帯をいじっている}
{ファーストフード店が出会い系サイトの待ち合わせ場所になってると気が付く}
{他の女の子の真似をして出会い系サイトの男と待ち合わせをする}
{待ち合わせの場所はファーストフード店前の設定}
{神待ちサイトの男と待ち合わせをする}
{男は近くで女を物色していたらしいと気が付く}
{章番号}
{神待ちサイトの男に食事に誘われる}
{男と食事をする場合}
{センター街で神待ちサイトの男と食事をした場合}
end
scene 神待ちサイトの男に金になるバイトを勧められる
[料理]も食べ終わったころ男に「お金が欲しいんじゃないのか、いいアルバイトがあるからやってみないか」と誘われた。
「誰でもできる簡単なアルバイトで、一日5万くらいは稼げるんだ」と男に言われて[私]はなんとなく怪しいアルバイトらしいと気が付いた。
「男と一緒に遊ぶだけでいいんだ。毎日遊べてとっても楽しいんだぜ」と男が言うので私はやっぱりと思った。
[私]が黙っていると「どうなんだ。それが嫌なら今日はこれでおしまいにするぜ」と男が言い出した。
男は[私]が断ったら今日はもう[私]とは付き合わないと言ってるらしい。
せっかく[神待ちサイト]で相手の男を見つけたのに、いまさら見捨てられても困る。
[私]は仕方なくなく「はい」とだけ返事をした。
end
scene 遊び相手の男が欲しいんだと勝手に決めつけられる
男は「それで決まりだ。遊び相手の男が欲しいんだな」と勝手に決めつけると-
end
scene センター街でビルに案内される
センター街をしばらく進んで細い脇道にはいると坂を上って小さなビルの前に出た。
end
scene 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれてレイプ
{デリヘル店の設定}
{デリヘル事務所に連れ込まれる}
{デリヘル店のビラを見つける}
{デリヘルの客は変態だと覚悟を決める}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる場合}
end
scene 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる
{神待ちサイトの男に金になるバイトを勧められる}
{遊び相手の男が欲しいんだと勝手に決めつけられる}
携帯を取り出して「今すぐ迎えに来い」と誰かに連絡してる。
「車がすぐ迎えに来るから」と男に言われて[私]は不安な気持ちで店を出た。
{章番号}
{迎えに来た車に乗る}
{車でデリヘル事務所に連れ込まれる}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれてレイプ}
end
scene センター街で神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる
{神待ちサイトの男に金になるバイトを勧められる}
{遊び相手の男が欲しいんだと勝手に決めつけられる}
私を連れて[場所]を出た。
{章番号}
{センター街でビルに案内される}
{連れ込む方法は二人で徒歩の設定}
{デリヘル事務所に連れ込まれる}
{神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれてレイプ}
end
select 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれる場合
神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ逃げようとしてレイプ
神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ身体検査
神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれお仕置き
end
scene 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ逃げようとしてレイプ
{部屋から逃げ出そうとして捕まる}
{部屋から逃げ出そうとして輪姦}
end
scene 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれ身体検査
だがここまで来て今更いやだなんて言えるわけはない。
そんなことを言い出せばどんな目に遭わされるのかわかったもんじゃない。
それにバイトを探さないと今日泊まる場所もない。
たとえデリヘルのバイトでも何もしないよりはましだ。
{風俗店の面接で写真を撮られてる}
{風俗店の面接で身体検査を受ける}
end
scene 神待ちサイトの男にデリヘル事務所に連れ込まれお仕置き
[私]は男の顔色を伺いながら小さい声で「私やっぱり帰ります」と言ってみた。
それで帰してもらえるとは思わなかったけど、他にどう断ればいいのか言葉が思いつかなかった。
「おい。飯を食わせてもらっておきながらそれで帰れると思ってるのか。いやならお仕置きだ」と男が怖い顔で[私]をどなりつけてきた。
{デリヘル事務所でお仕置きをされる場合}
end
select 神待ちサイトの男とハプニングバーに行った場合
ウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ
女子高生のレズカップルがいてレイプ
裏ビデオを見せられてレイプ
援助交際のカップルがいてレイプ
神待ちサイトの男に下着を脱げと命令されてお仕置き
女子高生が隣に座ってレイプ
女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ
女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ
女子高生にバイトに誘われる
喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ
end
scene いつもどこで遊んでいるのかと男に聞かれる
「いつもどこで遊んでるんだ」と男に聞かれて[私]は男が何を聞いているのか意味がよくわからなかった。
「学校の校庭でドッジボールしたりしてます」と[私]が答えると男は苦笑しながら「俺が聞いてるのは男と遊ぶ場所だ」と言い直した。
男の子と女の子が遊ぶ場所といえば[私]にはゲームセンターくらいしか思いつかない。
「ゲームセンターでプリクラ撮ったりしてます」と[私]が答えると男は笑って「面白い店に連れて行ってやる」と言い出した。
私は断ったら悪いと思って「はい」と答えた。
end
scene 神待ちサイトの男とハプニングバーに行く
{いつもどこで遊んでいるのかと男に聞かれる}
{章番号}
{ハプニングバーに連れ込まれる}
{神待ちサイトの男とハプニングバーに行った場合}
end
scene 神待ちサイトの男に下着を脱げと命令されてお仕置き
{ハプニングバーで下着を脱げと命令される}
「俺の言うことが聞けないならお仕置きだ」と男が[私]を怒鳴りつけると[私]を床に四つん這いにさせた。
てきた。
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
「おい、この女。廻されたくて[オナニー]してやがるんだぜ」と男の声が聞こえて、私の周りをいつの間にか客の男達が取り囲んでいるのに気が付いた。
[私]は体を起こそうとしたが、もう遅かった。
{輪姦}
end
scene 神待ちサイトの男とラブホテルに入る
{処女かどうか聞かれる}
{食事のあとゆっくり出来る場所に誘われる}
{章番号}
[場所]を出ると男はさっきと同じように私の手をしっかりと掴んで離さない。
[私]はもう逃げられないと思って覚悟を決めた。
裏道にはいるとラブホテルの看板が見えた。
やっぱり男はラブホテルに連れ込むらしい。
[私]はさっき自分から「ゆっくり出来る場所がいいです」と言ってしまったのを後悔した。
{神待ちサイトの男とラブホテルに入る場合}
end
select 神待ちサイトの男とラブホテルに入る場合
神待ちサイトの男にラブホテルで身体検査される
神待ちサイトの男にラブホテルでオナニーを要求される
神待ちサイトの男にラブホテルで裏ビデオを見せられる
神待ちサイトの男にラブホテルでお仕置きされて感じてくる
神待ちサイトの男とラブホテルでプラネタリウムがある
神待ちサイトの男とラブホテルにジャグジーバスがある
神待ちサイトの男とラブホテルの天井が鏡になってる
神待ちサイトの男とラブホテルで客に縛られて輪姦される
神待ちサイトの男に体を嘗め回される
神待ちサイトの男に性感マッサージを受ける
神待ちサイトの男にレズプレーを要求される
ラブホテルで他の女と一緒になる
ラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る
end
scene 神待ちサイトで男と出会って朝からの出来事を思い返す
{朝女体化したのを思い出す}
[神待ちサイト]で男と出会って食事のあと、ラブホテルに一緒に来た。
{フェラチオを断って男にお仕置きされたのを思い出す}
end
select 神待ちサイトの男がラブホテルで先に帰った場合
先に帰った男に公園に呼び出される
ラブホテルの前で男に声を掛けられるのを待つ
ラブホテルの部屋に別の男が来る
end
scene 神待ちサイトの男にラブホテルでお仕置きされて感じてくる
{男とラブホテルの部屋に入る}
{裸になってフェラチオを強要され断る}
「いやならお仕置きだ」と言うと男は私の手を掴んだ。
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
{ベッドにうつ伏せに寝かされてお仕置きをされそうになる}
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男はお仕置きのあと煙草を吸い始める}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{お仕置をするとオナニーをしたくなると気が付く}
{お仕置きされると男に束縛されると気が付く}
{もう一度フェラチオを強制されるが断る}
{男が部屋から出て行ってしまう}
{章番号}
{神待ちサイトで男と出会って朝からの出来事を思い返す}
{お尻を叩かれた感触を思い出してオナニーする}
{男のオナニーと違って女のオナニーは終わりがないのに気が付く}
{フェラチオをしてもいいから男にもう一度会いたくなる}
{神待ちサイトの男がラブホテルで先に帰った場合}
end
scene 神待ちサイトの男にラブホテルで身体検査される
{男とラブホテルの部屋に入る}
{男に身体検査をすると言われて裸になる}
{身体検査を受けて感じてくる}
{男の指が膣に入ってくる}
この男は神待ちサイトで家出少女と散々遊んでるのに違いない。
中にはまだ処女の女の子も居たはずた。
{男に可愛がってもらう}
end
scene 神待ちサイトの男にラブホテルでオナニーを要求される
{男とラブホテルの部屋に入る}
{自分の体を確かめながら服を脱ぐ}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{服を脱いで自分の体を見る}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{オナニーを要求され断るとお仕置き}
end
scene 神待ちサイトの男にラブホテルで裏ビデオを見せられる
{男とラブホテルの部屋に入る}
{ラブホテルで裏ビデオを見せられる}
{トイレで裏ビデオの声が聞こえて期待する}
end
scene 神待ちサイトの男とラブホテルでプラネタリウムがある
{ラブホテルで裸になってプラネタリウムを見る}
{正常位のレイプ}
{女の体のままで居たいと思う}
end
scene 神待ちサイトの男に体を嘗め回される
{男とラブホテルの部屋に入る}
{自分で服を脱ぐ}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{男に部屋で体を嘗め回される}
end
scene 神待ちサイトの男に性感マッサージを受ける
{男とラブホテルの部屋に入る}
{自分で服を脱ぐ}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{気の早い男だと思ったけど逆らえない}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{男に性感マッサージを受ける}
end
scene 神待ちサイトの男にレズプレーを要求される
{男とラブホテルの部屋に入る}
{男が携帯で女と話を始める}
しばらくしてドアを叩く音がした。
{男が部屋に女を呼んだ場合}
end
scene 神待ちサイトの男とラブホテルにジャグジーバスがある
{男とラブホテルの部屋に入る}
{ラブホテルにジャグジーバスがある}
end
scene 神待ちサイトの男とラブホテルの天井が鏡になってる
{男とラブホテルの部屋に入る}
{ラブホテルの天井が鏡になってる}
end
scene 神待ちサイトの男とラブホテルで客に縛られて輪姦される
{男とラブホテルの部屋に入る}
{ラブホテルで客に縛られて輪姦される}
end
scene 神待ちサイトの男に食事に誘われる
「じゃあ飯でも食おうか、お腹空いてるだろう」と男に誘われて[私]は男と歩き始めた。
男はすぐに手を伸ばして[私]の手をしっかりと掴んできた。
[私]が逃げられないようにしっかりと捕まえておく気らしい。
[私]は女の子と手をつないだこともないので、手を握られると胸がドキドキして変な気分になった。
「何が食べたいんだ」と男に聞かれて私は「何でもいいです」と答えた。
end
scene 飲食店に男と行く
しばらく歩いて[場所]に着いた。
end
scene 店のメニューを見ても何を頼んでいいのか分からない
店に入ってメニューを見せられても何を頼んでいいのか分からない。
end
scene 寿司屋で男と食事をする
{寿司屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
店に入ると正面にカウンターがあって、その前にテーブル席が幾つかある。
男がカウンターに座ったので[私]も男の隣に座った。
[私]は回転寿司だったら何度か行ったことがあるが、普通の[場所]には来たことがない。
「何でも好きなものを頼んでいいよ」と男に言われたが、何を頼んでいいのか分からない。
男が「まず、と大トロ握ってもらおうか」と寿司職人の声を掛けた。
寿司職人が手慣れた手つきで大トロを握ってくれたが、寿司を握るのを目の前で見るなんて初めてだ。
見ている間に大トロの寿司が出来上がって、目の前に置かれた。
[私]は大トロの寿司なんか食べたこともないし、見たこともない。
いつも食べてる回転寿司と違ってネタが大きい。
お醤油をつけて口に入れてみたが口の中でとろける様な舌触りはいつも食べてる回転寿司とは全然違う。
[私]は思わず「こんな美味しいお寿司食べるの初めてです」と口に出して言ってしまった。
男はわざと私が品を作って可愛っ子ぶってるとおもったのか「いつも食べてるんだろう」と意地悪な口調で私をからかった。
「もっと大好きな物があるだろう。俺の[男性性器の愛称]はもっと旨いんだぜ」と男に言われて私は返事に困ったが「そうなんですか」と適当に男に調子を合わせた。
end
scene 居酒屋で男と食事をする
{居酒屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
[私]はまだ高校生だから[場所]になんか来たことはない。
{店のメニューを見ても何を頼んでいいのか分からない}
[私]は仕方なく焼き鳥と焼きおにぎりを頼んだ。
しばらくして料理が届くと、ビールもでてきた
[私]は女がお酌をしないといけないと気が付いて、男のグラスにビールを注いだ。
私がビールの瓶をテーブルに置くと、今度は男が私にピールを注いでくれた。
どうやら私もビールを飲まないといけないらしい。
{勧められて仕方なくお酒を飲む}
男は「ここのレバ刺しは旨いんだぜ。食べて御覧」と言って私に皿に盛った茶色い塊を勧めた。
レバ刺しというのは生のレバーの事らしい。
私は気持ち悪くてとても食べる気はしなかったが、男の機嫌を損ねるわけにはいかないと思って頑張って口に入れた。
甘味のない水羊羹みたいな触感で、お刺身みたいな味がしてなんとか食べられたが美味しいと思うほどではない。
「レバ刺しを食べると、精が着くんだ。女が食べると[男性性器の愛称]が欲しくなるんだぜ」と男が言ったので冗談だと思って笑って見せた。
end
scene 焼肉屋で男と食事をする
{焼肉屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
俺は焼肉屋になんか来たことはない。
焼肉どころか、外食なんて生まれてからほとんどしたことがない。
{店のメニューを見ても何を頼んでいいのか分からない}
おすすめのセットがあったのでそれを頼むと男はビールと他に何か頼んでる。
肉を持った皿を女の子が運んできてコンロに火を着けたが、焼肉なんて初めてだからどうしていいのか分からない。
男はビールを飲み始めたが、肉に手をつける様子はない。
他のテーブルの客の様子を見ると、肉は自分で焼かないといけないらしいと気が付いた。
[私]は男の顔色を伺いながら、肉を適当にコンロの上に乗せた。
男は黙って私が肉を焼いているのを見ているだけだ。
[私]は男の分の肉も私が焼かないといけないらしいと気が付いて、男の前の皿から肉をつまんでコンロに乗せた。
「なかなか、気が利くじゃないか」と男が言うと[私]にビールをすすめてきた。
{勧められて仕方なくお酒を飲む}
コンロの上に乗せた肉は火が強すぎたせいかあっというまに真っ黒こげになった。
急いで箸で肉をひっくり返したがとても間に合わない。
しかたなく真っ黒になった肉を男の前の皿に載せたが、男は気にした様子もない。
「ホルモンはよく焼いて食べた方が美味しいんだ」と男が言ってくれたので私は男が思ったより優しいと一安心した。
end
scene 焼き鳥屋で男と食事をする
{焼き鳥屋の場所設定}
しばらく歩くとガード下の店の前まで来た。
炭火で焼き鳥を焼く煙が漂っていて[私]は嫌な予感がした。
「この店の焼き鳥は旨いんだぜ、本場の備長炭を使ってるんだ」と男が自慢そうに言うのを聞いて[私]はがっかりした。
焼き鳥なんて学園祭の模擬店か、夏祭りの屋台で食べたことがあるだけで特別に美味しい食べ物でもない。
それもガード下の薄汚い店だ。
せっかく男に奢ってもらうんだから文句を言うわけには行かないので[私]は仕方なく席に着いた。
「好きなものを頼みなさい」と男に言われたけど焼き鳥のネタなど全然名前が分からない。
レバーだけは知ってるのでとりあえずレバーだけ頼んだ。
男はビールを頼んで私にも勧めた。
{勧められて仕方なくお酒を飲む}
end
scene 中華料理屋で男と食事をする
{中華料理屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
見た感じはそんな高級な店には見えないが、本格的な中国料理の店らしい。
ウェイトレスにメニューを渡されたが、見ても料理の名前が分からない。
[私]はラーメン屋になら行ったことがあるけど、ちゃんとした中華料理屋など来たことがない。
レバニラ炒めを頼もうかと思って、メニューを探したけど見当たらない。
しょうがないので適当に頼んだ。
ウェイトレスの女は中国人らしくて、言葉になまりがあったけど注文は通じた。
料理が運ばれてくると、炒め物らしくて何が入ってるのかよく分からない。
何でもいいやと思って食べてみたが、本式の中華料理など食べたことがないのでうまいのか不味いのかさっぱり分からない。
男が[私]に中国のお酒らしい飲み物を勧めてくれた。
{勧められて仕方なくお酒を飲む}
end
scene お好み焼き屋で男と食事をする
{お好み焼き屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
店に入ると座敷の席に案内された。
畳の敷いた小さな席の中央に鉄板がある。
ウェイトレスにメニューを渡されたが、何を頼めばいいのか分からない。
男が先に注文したので、同じに頼めばいいと思って適当に頼んだ。
ウェイトレスが席に小麦粉を溶いた生地の入ったボールと頼んだ具を運んできてコンロに火を着けると帰ってしまった。
どうやらこの店では客が自分でお好み焼きを焼かないといけないらしい。
[私]はお好み焼きなど作ったことはない。
学園祭の模擬店で食べたことがあるだけで、お好み焼き屋になんか来たこともない。
[私]はいったいどうしたらいいのか困ってしまった。
男はビールを飲み始めたが、目の前でお好み焼きの鉄板が熱くなっても何もしない。
どうやら男と女がお好み焼き屋に来たときは、女がお好み焼きを作る決まりになってるらしいと[私]はなんとなく気が付いた。
だが作り方が分からない。
取り敢えず鉄板の上に載せればいいんだと思って、適当に具を小麦粉を溶いた生地と混ぜて鉄板の上に流した。
あとは焼けてきたらひっくり返せばいいと思って、しばらく見ていると小麦粉が焼けて固まってきた。
ヘラでひっくり返そうとしたが、[私]は料理などやったことがないので上手くできない。
ひっくり返すのに失敗してお好み焼きがくずれてばらばらになってしまった。
[私]は男になにか言われるんじゃないかと思ってひやひやしたが男は別に気にした様子もない。
しばらくしてお好み焼きが焼けたらしいのお皿にとって男に勧めてみた。
男は文句も言わずに食べるので、[私]も食べてみたが野菜や肉が生でとても食べられない。
いったい作り方のどこが悪かったのか、自分でも分からない。
もうすこし焼いた方がいいと思って、お好み焼きを鉄板の上に戻すと焦げ目がつくのを待った。
もういいだろうと思って食べてみると、今度は焼き過ぎだけど中の具はやっぱり生焼けだ。
しかたなく我慢して半分生の具の入ったお好み焼きを頑張って食べた。
end
scene 韓国料理屋で男と食事をする
{韓国料理屋の場所設定}
{飲食店に男と行く}
[私]は焼肉屋になら行ったことがあるけど、韓国料理屋で食事をするのは初めてだ。
ウェイトレスにメニューを渡されたが、見てもどんな料理なのかさっぱり分からない。
[私]がどうしようかと迷っていると、この店はタッカンマリが旨いんだと言って男が勝手に注文した。
タッカンマリとかいう料理はどこかで聞いたことがあるような気がしたか思い出せない。
まあ、いいやと思ってしばらく待っているとニワトリを丸ごと一羽煮た料理がでてきた。
かなり大きなニワトリでとても二人では食べきれそうにない。
男は料理が来てもビールを飲んでいるだけて、手を付けようとはしない。
[私]はこうゆうときは女が料理の取り分けをしないといけないんだと思って、腿の肉を皿にもって男に勧めた。
私も腿を皿にもって試しに食べてみたが、鶏肉を柔らかく煮ただけでどこが美味しいのか分からない。
そうは言ってもせっかく韓国料理を奢って貰ってケチをつけるわけにはいかな。
「この鶏肉美味しいですね、とっても柔らかくて本当にこんなの初めて」と自分でもわざとらしいと思えるくらいに大げさに料理を褒めてみた。
男は満足そうに何度も頷くと「タッカンマリはスープが美味しいんだよ」と言って[私]に勧めた。
[私]は断るわけにもいかないと思って、スープを口にしたがドロッとしてなんだか変な味がした。
ニワトリを丸ごと一羽はとても食べきれないと思っていたが、肉の美味しいところだけ食べればいいと思って皮は残した。
end
select 男と食事をする場合
焼肉屋で男と食事をする
居酒屋で男と食事をする
寿司屋で男と食事をする
焼き鳥屋で男と食事をする
中華料理屋で男と食事をする
お好み焼き屋で男と食事をする
韓国料理屋で男と食事をする
end