;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル ハプニングバー            *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene ウェイトレスの裏ビデオを見せられる
{カウンターの正面に液晶テレビがある}
しばらくして音楽ビデオは終わったらしくて、女の子の顔が大写しになった。
{フェラチオをお願いする台詞の設定}
「-
{フェラチオをお願いする台詞}
」と女の子がカメラに向かって話しかける様子が映し出された。
女の子の服装は店にいたウェイトレスと同じメイド服で顔も同じに見える。
{相手がウェイトレスの設定}
カメラの角度が変わると-
{フェラチオの裏ビデオが映る}
end
select ウェイトレスの裏ビデオを見てトイレから戻った場合
ウェイトレスが輪姦されているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
ウェイトレスがフェラチオしているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
end
scene ウェイトレスが輪姦されているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
{トイレから戻って大変な光景を目にする}
{ウェイトレスが客の男達に輪姦される}
{目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める}
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene ウェイトレスがフェラチオしているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
{トイレから戻って大変な光景を目にする}
{ウェイトレスが客の男達にフェラチオする}
{目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める}
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene ウェイトレスが客の男達に輪姦される
さっきのウェイトレスが床に押し倒されて、大勢の男達に手足を押さえつけられている。
end
scene ウェイトレスが客の男達にフェラチオする
さっきのウェイトレスが床に膝を付いて前に立った男の股間に口を寄せて[フェラチオ]をしている。
end
scene ウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
{ウェイトレスが客の注文を取っているのが見える}
{ウェイトレスの裏ビデオを見せられる}
{フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる}
{裏ビデオで女が自分から誘ってレイプされるのを見る}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{ウェイトレスの裏ビデオを見てトイレから戻った場合}
end
scene 女子高生が男と話す会話
「-
{レイプなんて在るわけないとの女子高生の台詞}
」と-
{相手の女}
が話してるのが聞こえて来て私はびっくりしてしまった。
いくら何でも本気でそんな事を思ってるとはとても思えない。
男の気を引こうとして作り話をしてるらしい。
「-
私[フェラチオ]大好きなんです。最初はやっぱり抵抗があったけど、やってみるととっても楽しくて-
」と-
{相手の女}
が言うのが聞こえて[私]はもしかして[私]でも[フェラチオ]したら好きになるのかもしないと思ってドキドキしてきた。
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
end
scene 男の気を引こうと女が大げさに話す
男の気を引こうとしてわざと大げさに話をしてるらしい。
end
scene 人妻が男と話す会話
「-
{旦那との夫婦生活の不満の台詞}
」と-
{相手の女}
が話してるのが聞こえて来て私はびっくりしてしまった。
いくら旦那に不満があっても他の男性の前で言うような事じゃない。
「私旦那に[フェラチオ]したことないんです。本当に好きな相手にしか私[フェラチオ]しないって決めてるんです」とまた-
{相手の女}
が大声で話すのが聞こえた。
{男の気を引こうと女が大げさに話す}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
end
scene 本当に好きな相手にしかフェラチオしないと女が話す
「私本当に好きな男性にしかフェラチオしないんです、だって楽しくないでしょう」と[女]が男に話す声が聞こえてきた。
「だから彼氏にはいつも私の方からしゃぶらせてってお願いしてたんです」
「最初は小さくても舌で舐めてると口の中でおっきくなるのが嬉しくて。好きな相手だったら一晩中だってしゃぶってます」と[女]が言うのか聞こえて[私]はいくらなんでもそんなことがあるはずがないと思った。
end
scene 若い女が男と話す会話
{本当に好きな相手にしかフェラチオしないと女が話す}
{男の気を引こうと女が大げさに話す}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
end
scene 女子大生が先生と話す会話
「今時女子大生で[フェラチオ]したことがない子なんていないですよ。先生だって[フェラチオ]の上手な子の方がいいでしょう」と[女]が話すのを聞いて、どうやら大学の先生と学生のカップルらしいと気が付いた。
「合コンしたときなんかも酔うと[フェラチオ]の話でもりあがるんですよ」と[女]が言うのを聞いて女子大生というのは男の事しか頭にないというのは本当だと思った。
{本当に好きな相手にしかフェラチオしないと女が話す}
{男の気を引こうと女が大げさに話す}
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
{フェラチオは女だったら誰でもする事}
end
select ハプニングバーのカップルの設定
相手が女子高生の設定
相手が若妻の設定
相手が新人OLの設定
相手が女子大生の設定
end
select 援助交際のカップルがいてトイレから戻った場合
トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る
トイレから戻って相手の女がフェラチオするのを見る
end
scene トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る
{トイレから戻って大変な光景を目にする}
さっきの-
{相手の女}
が床に押し倒されて、大勢の男達に手足を押さえつけられている。
{目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める}
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene トイレから戻って相手の女がフェラチオするのを見る
{トイレから戻って大変な光景を目にする}
さっきの-
{相手の女}
が床に膝をついて、前に立った客の男にフェラチオしてる。
それも相手の男は-
{相手の女}
が一緒にこの店に来た男とは全然別の男だ。
男は-
{相手の女}
の髪の毛をつかんで頭を引き寄せて無理やりフェラチオさせているらしい。
{相手の女}
と一緒に店に来た男はソファーに座ってただ見ているだけで止めようともしない。
{目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める}
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene 不倫の女が男と話す会話
{<女の種類==新人OL>若い女が男と話す会話<女の種類==女子大生>女子大生が先生と話す会話;人妻が男と話す会話}
end
scene 援助交際のカップルのお喋りが聞こえてくる
ちょうど私達が座っている後ろのテーブルには、中年の男性と[女の種類]らしい女のカップルが見えた。
親子でこんな店に来るはずはないので、[男女関係]のカップルらしい。
{<男女関係==援助交際>女子高生が男と話す会話<男女関係==不倫>不倫の女が男と話す会話}
end
select トイレで濡れているのに気が付く場合
トイレで濡れているのに気が付いて官能小説を思い出す
end
scene トイレで濡れているのに気が付いて官能小説を思い出す
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{援助交際のカップルがいてトイレから戻った場合}
end
scene 援助交際のカップルがいてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
{ハプニングバーのカップルの設定}
{援助交際のカップルのお喋りが聞こえてくる}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{トイレで濡れているのに気が付く場合}
end
scene ストリップショーでオナニーが始まる
「おい、[女性性器の愛称]を見せるんだ。足を開いてもっとよく見せろ」とまた男の声が聞こえた。
女は床にしゃがみ込むと足を大きく開いて[女性性器の愛称]を指先で広げて見せた。
男達が体を前に乗り出して[女性性器の愛称]を覗き込むと女は指先を震わせて回しながら[女性性器の愛称]を触り始めた。
女の眉が変な風に吊り上がって今にも泣きそうな顔になるのを見て私は女が何をしてるのか気が付いた。
この女は男達の見ている前で[オナニー]を始めたらしい。
[私]は元々男だから男の[オナニー]だったらやり方はしってるけど女の[オナニー]を見るのはこれが初めてだ。
男だったら[男性性器の愛称]の先端をこすれば気持ちよくなるけど女がどうやって[オナニー]をするのか[私]は不思議に思っていた。
女は腰を前につきだして太腿を震わせながら、頭を何度も仰け反らせた。
end
scene 女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く
目の前で女が[オナニー]をしているのを見て、[私]は男のオナニーとは全然違うと気が付いた。
男だったらいくら気持ちよくても体中を震わせて仰け反ったりはしない。
男の[オナニー]は気持ちいいのは[男性性器の愛称]の先端だけで、他は何も感じない。
だけど女の様子を見ていると[女性性器の愛称]だけでなく体全体が気持ちよくなっちゃってるのがよく見て取れる。
end
scene 女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
{相手が若妻の設定}
{援助交際のカップルのお喋りが聞こえてくる}
{男と適当に話を続ける}
「ラーラララー、ランランララー」と女が鼻歌の様な声で歌うのが聞こえて私は後ろを振り向いた。
さっきの女が、店の中央の通路で体をくねらせながら踊ってるのが見えた。
女は踊りながらブラウスのボタンを一つづつ外すと、ブラウスの前をはだけた。
ブラジャーが丸見えになると、今度はブラウスを脱いだ。
[私]は女が何をしてるのかすぐには理解できなかったけど、本人はストリップショーのつもりらしい。
[私]はまだ高校生だからストリップショーなど見たことはないけど、テレビの深夜番組で紹介してるのを見たことがある。
なんで女がこんな所でストリップショーを始めたのか理由は分からないが酒に酔ったせいらしいとなんとなく思った。
女の連れの男は席に座ったまま女の様子を面白そうな顔で見ているだけで止めようともしない。
女がスカートを脱いで下着姿になると、いつの間にか女の周りを数人の男達が取り囲んでいる。
男の一人が「おい、全部脱げよ、裸になって全部見せろよ」と女に声をかけると女は「ちょっとだけよ」と媚びた声で返事をした。
女が背中に手をまわしてブラジャーを外すと、男達に見せつけるように振り回すと男達は歓声をあげた。
「おい、さっさと[下着]も脱ぐんだ」とまた男の一人が声をかけると、女はひとしきり変な格好で踊りをしてみせたあと、[下着]を脱いだ。
私は目の前で起きていることがとても信じられなかった。
{ここはハプニングバーだと男に教えられる}
{ハプニングバーで女がストリップをする場合}
end
scene 女がオナニーを見られて興奮するのを不思議に思う
この女は男達の見ている前で[オナニー]しているせいで、余計に興奮しているらしい。
[私]は自分が[オナニー]しているのを女に見られたいなんてとても思わない。
[オナニー]しているのを男達に見られて喜ぶなんて、女というのはよく分からない。
end
select ハプニングバーで女がストリップをする場合
女がストリップのあとオナニーするのを見てトイレに行く
女がストリップのあとオナニーして一緒に私も輪姦される
女がストリップのあとオナニーしてフェラチオをする
end
scene 男が女を誘う会話
女を取り囲んでいた男の一人が「[男の台詞]」と声を掛けた。
女は男の声を聞いて怪しげな声で「[女の台詞]」と返事をしている。
まるで女の方から誘っているような言い方だ。
end
scene 男達が一斉にズボンを脱ぎ始める
そばにいたと男達が一斉にズボンを脱ぎ始めたのでこれは危ないことになりそうだと私は気が付いた。
こんなところに居たら[私]だって何をされるか分からない。
end
scene 逃げ出そうとして見知らぬ男が立ちはだかる
[私]が店から逃げ出そうとして出口に歩み寄った時、[私]の目の前に見知らぬ男が立ちはだかった。
end
scene 女がストリップのあとオナニーするのを見てトイレに行く
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女がオナニーを見られて興奮するのを不思議に思う}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
{下着が濡れてトイレに行く}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
たった今女が[オナニー]するのを見ただけで、自分の体がこんな変化をするなんて思いもよらないことだ。
[私]はさっき女がしていた指の使い方を自分でも試して見たくなった。
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
{男のオナニーと違って女のオナニーは終わりがないのに気が付く}
[私]はトイレでこんなことを続けているよりは、男に可愛がってもらったほうがよっぽどいいと気が付いた
自分で[オナニー]するだけでこんなに気持ちがいいなら、男に[男性性器の愛称]を入れて貰えばもっと気持ちいいに違いない。
それに男には終わりと言う物がある。
まる一晩も[オナニー]を続けるよりは男に相手をしてもらったほうがよっぽどいい。
[私]はもう迷っている余裕などないと思って、他に方法はないのだと自分に言い聞かせた。
{援助交際のカップルがいてトイレから戻った場合}
end
scene 女がストリップのあとオナニーして一緒に私も輪姦される
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女がオナニーを見られて興奮するのを不思議に思う}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
{気持ちよくさせてやるぜと言う会話の設定}
{男が女を誘う会話}
{男達が一斉にズボンを脱ぎ始める}
{逃げ出そうとして見知らぬ男が立ちはだかる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene 女がストリップのあとオナニーしてフェラチオをする
{ストリップショーでオナニーが始まる}
{女がオナニーを見られて興奮するのを不思議に思う}
{女のオナニーを見て男のオナニーとは違うと気が付く}
{しゃぶりたいんだろうと言う会話の設定}
{男が女を誘う会話}
{男達が一斉にズボンを脱ぎ始める}
{逃げ出そうとして見知らぬ男が立ちはだかる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーで私の裏ビデオを見せられてレイプ
{&+私の裏ビデオを見せられてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーで裏ビデオを見せられてウェイトレスが輪姦
{&+ウェイトレスが輪姦されているのを見て逃げ出そうとしてレイプ}
{ハプニングバーで裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーで裏ビデオを見せられてウェイトレスがフェラチオ
{&+ウェイトレスがフェラチオしているのを見て逃げ出そうとしてレイプ}
{ハプニングバーで裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーで裏ビデオを見せられてレイプ
{&+裏ビデオを見せられてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーで女子高生が隣に座ってレイプ
{&+女子高生が隣に座ってレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーで女子高生とレズビデオを見て輪姦されるのを見る
{&+トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る}
{ハプニングバーで女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーで女子高生とレズビデオを見て逃げようとして輪姦
{&+相手の女と一緒に逃げようとして輪姦}
{ハプニングバーで女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーで女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ
{&+女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーで女子高生が逃げようとして引き留められてレイプ
{&+ハプニングバーで女子高生が逃げようとして引き留められる}
{ハプニングバーで女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーで女子高生と一緒に逃げようとしてレイプ
{&+ハプニングバーで女子高生と一緒に私も逃げようとしてレイプ}
{ハプニングバーで女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーで女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ
{&+女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーで女子高生にバイトに誘われる
{&+女子高生にバイトに誘われる}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーでウェイトレスが輪姦されてレイプ
{&+ウェイトレスが輪姦されているのを見て逃げ出そうとしてレイプ}
{ハプニングバーでウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーでウェイトレスがフェラチオしてレイプ
{&+ウェイトレスがフェラチオしているのを見て逃げ出そうとしてレイプ}
{ハプニングバーでウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ}
end
test ハプニングバーでウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ
{&+ウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーでレズカップルが輪姦される
{&+レズカップルが輪姦されるのを見る}
{ハプニングバーにレズカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーでレズカップルが緊縛輪姦される
{&+レズカップルが緊縛輪姦されるのを見る}
{ハプニングバーにレズカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーでレズカップルが3Pレイプされる
{&+レズカップルが3Pレイプされるのを見る}
{ハプニングバーにレズカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーにレズカップルがいてレイプ
{&+女子高生のレズカップルがいてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test 援助交際の相手は女子高生
{&+相手が女子高生の設定}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test 援助交際の相手は若妻
{&+相手が若妻の設定}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test 援助交際の相手は新人OL
{&+相手が新人OLの設定}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test 援助交際の相手は女子大生
{&+相手が女子大生の設定}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーで援助交際の女が輪姦
{&+トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーで援助交際の女がフェラチオ
{&+トイレから戻って相手の女がフェラチオするのを見る}
{ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ}
end
test ハプニングバーに援助交際のカップルがいてレイプ
{&+援助交際のカップルがいてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーでお仕置き
{&+下着を脱げと命令されてお仕置き}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーでカップルと別のグループの喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
{&+カップルの男と別のグループの男達が喧嘩を始める}
{ハプニングバーで喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーでカップルの痴話喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
{&+カップルが痴話喧嘩を始めると別のグループの男達が加勢する}
{ハプニングバーで喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーで喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
{&+喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
test ハプニングバーでストリップのあとオナニーを見てトイレに行ってレイプ
{&+女がストリップのあとオナニーするのを見てトイレに行く}
{ハプニングバーで女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーでストリップのあとオナニーを見て一緒に輪姦される
{&+女がストリップのあとオナニーして一緒に私も輪姦される}
{ハプニングバーで女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーでストリップのあとオナニーしてフェラチオ
{&+女がストリップのあとオナニーしてフェラチオをする}
{ハプニングバーで女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ}
end
test ハプニングバーで女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ
{&+女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ}
{女体化してハプニングバーに連れ込まれる}
end
scene 飲み屋街に案内される
大通りをしばらく歩いて横の小道に入るとネオンの看板がたくさんでている通りにでた。
飲み屋街らしい。
end
scene 飲み屋に入る
[私]はまだ高校生だから大人が行くような飲み屋には行ったことがない。
[私]はどんな所なんだろうと興味津々だった。
店に入ると見た感じは普通の喫茶店と変わらないが照明がかなり暗い。
椅子やテーブルも普通の喫茶店よりはお洒落で高級な気がした。
店の中は奥に細長くて思ったより広い。
中央にカウンターがあり丸椅子がカウンターの前に並んでいる。
end
scene バーテンダーがカクテルを作ってくれる
バーテンダーは注文を聞いてさっそくシェーカーを振り始めた。
しばらくして[私]の前に置かれたのはグラスに入った虹色のカクテルだった。
end
scene ハプニングバーに連れ込まれる
{飲み屋街に案内される}
男はビルの一つに立ち止まるとエレベーターに私を連れ込んだ。
男は[私]を飲み屋に連れ込むらしい。
{飲み屋に入る}
男は[私]をカウンターに案内すると「飲み物はなにがいい」と聞いてきた。
[私]はお酒なんか飲んだことがないので何を注文したら良いのか分からない。
「お任せします」と答えると男は適当に注文した。
{バーテンダーがカクテルを作ってくれる}
end
scene 待ち合わせた男にハプニングバーに連れ込まれる
{ハプニングバーに連れ込まれる}
{ハプニングバーに連れ込まれた場合}
end
scene 下着が濡れてトイレに行く
私は[下着]が濡れているような気がして「トイレにいかせて下さい」と男に頼んだ。
end
scene 椅子から降りて服を直す
男が私の[女性性器の愛称]から手を引くと、私は椅子から降りて[下の表着]の裾を直した。
end
scene トイレに入って濡れているのに気が付く
奥のトイレで[下着]を降ろして便器に座ってみたがおしっこは出ない。
変だと思って[女性性器の愛称]を指で探ってみるとまるでおもらししたようにびっしょりと濡れている。
end
scene 逃げ出そうとして行く手を阻まれる
私は大急ぎで男に見つからないように正面の出入り口まで歩こうとしたが行く手を客の男に阻まれた。
end
scene ハプニングバーでは何をしてもいいと言うセリフ
この店はハプニングバーなんだぜ、やりたいことは何をしてもいいんだ-
end
scene 男の横を通り過ぎようとして二人レイプ
男達の間を通り過ぎようとしたとき男達は[私]と[女友達の愛称]を床に押し倒してきた。
「-
{ハプニングバーでは何をしてもいいと言うセリフ}
」と男の一人が大声で叫ぶと、男達はすぐに襲い掛かってきた。
{二人輪姦}
end
scene 男の横を通り過ぎようとしてレイプ
男の横を通り過ぎようとしたとき男は私の体を抱きかかえて床に押し倒してきた。
「-
{ハプニングバーでは何をしてもいいと言うセリフ}
」と男が大声で叫ぶと、他の男達も私の周りを取り囲んだ。
{輪姦}
end
scene カウンターの正面に液晶テレビがある
カウンターの正面には大きな液晶テレビが設置してあるのが見えた。
私の家にある液晶テレビよりも数倍大きい。
写っているのはアイドルの音楽ビデオらしくてビキニの水着姿で踊る女の子の達の姿が大写しになっている。
end
scene ウェイトレスが客の注文を取っているのが見える
ちょうど私達が座っている後ろのテーブル席にサラリーマンらしい男性のグループが座っているのが見えた。
メイド服を着たウェイトレスが注文を取っている。
ウェイトレスの着て居るメイド服は見た目は地味だが、胸が強調されるデザインでスカートの丈もかなり短い。
end
scene フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる
[フェラチオ]をしている場面がしばら見ていると男が「お前もよっぽど[フェラチオ]が大好きなんだな」と私をなじるような言い方をした。
[私]は男だから[フェラチオ]なんかした事はないし、したいとも思わない。
だけど液晶の画面に映っている女の子のうっとりとした表情をみると、女の子ならだれでも[フェラチオ]が大好きなのかもしれないと思った。
[私]は男の機嫌を取った方がいいと思って「私[フェラチオ]大好きなんです。最初は嫌だったけどやってみたらとっても楽しくて」と嘘をついた。
end
scene カクテルを飲みながら店の様子を眺める
一口カクテルを口に含むと甘くて花の香りがして飲みやすい。
カクテルを飲むのは初めてだったけど、これなら飲めそうだと一安心した。
男はバーテンダーと何か話をしているのでその間に私は店の様子を眺めた。
end
scene トイレから戻って大変な光景を目にする
トイレから出て男のいるカウンターに戻ろうとしたとき、私は大変な光景が目に入った。
end
scene 目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める
いったい何でこんなことが起きてるのか私は何がなんだか分からなくなった。
こんな所にいたら私だって同じ目にあわされるにきまってる。
私は店から逃げるしかないと思って後ろに振り返った。
end
scene トイレで裏ビデオの女が自分だと気が付く
さっきから裏ビデオを見ながら男に[女性性器の愛称]を触られたせいらしい。
トイレの洗面台で手を洗ったとき、何気なく正面の鏡を見た。
鏡に映っている女の顔を見て[私]は腰を抜かしそうになった。
さっきみた裏ビデオに写っていたのは[私]だったとやっと気が付いた。
そういえば今朝女体化してから自分の顔をまじまじと見つめたことはなかった。
だから裏ビデオを見ても[私]だとは全然気が付かなかったんだ。
end
scene 私の裏ビデオを見せられてレイプ
{ハプニングバーで私の裏ビデオを見せられる}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレで裏ビデオの女が自分だと気が付く}
[私]はこのままこの店にいたら不味いことになりそうだと気が付いた。
なんとかしてこの店をでるしかない。
だが今いるトイレは店の一番奥だから男の前を通らないと外には出られない。
私はトイレをでると素知らぬ顔で、男のすぐ後ろまで歩み寄った。
男は裏ビデオを見ていて、私の様子には気が付いていないみたいだ。
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
さっき[私]の事を何かいっていた男らしい。
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene 女子高生が隣に座る
しばらくビデオを見ていると、店にカップルの客が入ってきた。
女の子の方は女子高生らしくてセーラー服を着てる。
[私]と同じセーラー服を着てるので四葉学園の生徒らしい。
女子高生は[私]に気が付くと[私]の隣のカウンター席に座った。
{女子高生に話しかけられて挨拶する}
end
scene 女子高生が隣に座ってビデオを見る
{裏ビデオを見せられる}
{相手が同級生の設定}
{女子高生が隣に座る}
{相手の女}
は目の前のビデオを見ても驚いた様子はない。
この店に来るのは今度が初めてではないらしい。
{裏ビデオで女が輪姦されるのを見る}
{相手の女}
が「-
{レイプなんて在るわけないとの女子高生の台詞}
」と隣の男と話すのが聞こえて私はびっくりしてしまった。
まるで自分が裏ビデオみたいに輪姦されたいような言い方だ。
裏ビデオと言うのは男が見ると、自分もこんな事をしたいと思いながら見るものだが、女の子が見てもやっぱり自分がこんな目に遭いたいと思ってみるらしい。
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
end
scene 男達が私を輪姦する相談をしてると聞かされる
「[私の愛称]、席に戻らない方がいいわよ。男の人たちが[私の愛称]を廻そうって相談してるから」と[女友達の愛称]に言われたが[私]はすぐには意味が分からなかった。
「[私の愛称]、さっき見たビデオみたいに本気で輪姦されたくてこの店に来たの。この店じゃ何をされるか分からないのよ。あんたここがハプニングバーだって知ってて来たんでしょう」と[女友達の愛称]に言われて[私]はこの店が飛んでもない店だとやっと気が付いた。
end
scene トイレから出ようとして女子高生に逃げた方がいいと勧められる
トイレから出ようとして[下の表着]を整えていると、[女友達の愛称]がトイレに入ってきた。
{男達が私を輪姦する相談をしてると聞かされる}
end
scene いいアルバイトがあると女子高生に誘われて店を逃げ出す
「それより[私の愛称]いいバイトがあるからやらない。こんな店で遊んでるよりよっぽどいいわよ」と[女友達の愛称]に誘われて[私]はこの店から逃げ出すことにした。
トイレをでて客の男達に気づかれないように店をでると、[私]はこれで一安心とほっとした。
end
select トイレから戻って相手の女の様子を見る
トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る
end
select ハプニングバーで女子高生が逃げようとした場合
ハプニングバーで女子高生が逃げようとして引き留められる
ハプニングバーで女子高生と一緒に私も逃げようとしてレイプ
end
scene ハプニングバーで女子高生が逃げようとして引き留められる
隣に座った男が「帰れる訳ないだろう。ここはハプニングバーと言ってね。何をしてもいい店なんだ」と言いながら[女友達の愛称]の腕をつかんだ。
私はいったいどうなるのかと思っていると、男は[女友達の愛称]の背中をカウンターに押し付けて唇を重ねた。
[女友達の愛称]は最初は逆らうそぶりをみせていたが、男の手が[女友達の愛称]のスカートの下に入るともう抵抗する気力はなくなったみたいだ。
[私]はこんな店にいたら自分がどんな目に遭わされるのか不安な気持ちになった。
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
[女友達の愛称]が小さな声で「だめ、お願い」とつぶやくのが聞こえて[私]は[女友達の愛称]の様子を確かめた。
男の手が[女友達の愛称]のスカートをたくし上げて、[下着]を膝まで降ろすと指先を震わせるようにして[女友達の愛称]の[女性性器の愛称]を責めるのが見えた。
[女友達の愛称]は口では「帰ります」と言っていたけど、実際の所はエッチな体験を期待してこの店に来たらしい。
[私]は自分が同じことをされているような気分になって体が熱くなった。
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{相手が同級生の設定}
{トイレから戻って相手の女の様子を見る}
end
scene ハプニングバーで女子高生と一緒に私も逃げようとしてレイプ
裏ビデオを客に見せる様な店はまともな店ではないので危ないと思ったらしい。
[私]もこんな店にいたらどんな目に遭わされるか分からないと思って[女友達の愛称]と一緒に逃げようと思って席を立った。
二人で店の入り口に行こうとしたとき私達の目のまえを数人の客の男が立ちはだかった。
[私]が男達の横を通り抜けようとしたとき男が私の腕をつかんだ。
「-
{ハプニングバーでは何をしてもいいと言うセリフ}
」と男が大声で叫ぶと、他の男達も[女友達の愛称]の腕をつかんだ。
{二人輪姦}
end
scene 女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ
{裏ビデオを見せられる}
{女子高生が隣に座る}
[女友達の愛称]は液晶テレビの画面をちらっと見たが、何をやっているかはすぐには気が付かないらしい。
隣に座った男とお喋りを始めた。
話の様子では[女友達の愛称]は今日たまたま男に声を掛けられてこの店に遊びにきたらしい。
{裏ビデオで女が自分から誘ってレイプされるのを見る}
[女友達の愛称]はさすがに液晶テレビに映っているのが裏ビデオだと気が付いたらしい。
「[私の愛称]この店にはよく来るの」と[私]に聞いてきた。
[私]だってこの店に来るのは初めてで、どんな店なのかはよく知らない。
[私]は[女友達の愛称]がここがどんな店なのか知っていて男と遊びにきたのだとばかり思っていたけどそうでもないらしい。
「初めてですけど」と[私]が答えると、[女友達の愛称]は「私帰ります」と言って席を立って店を出ようとした。
{ハプニングバーで女子高生が逃げようとした場合}
end
scene 女子高生にバイトに誘われる
{女子高生が隣に座ってビデオを見る}
{トイレから出ようとして女子高生に逃げた方がいいと勧められる}
{いいアルバイトがあると女子高生に誘われて店を逃げ出す}
{章番号}
{女子高生にアルバイトを紹介される場合}
end
scene 女子高生が隣に座ってレイプ
{女子高生が隣に座ってビデオを見る}
{トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る}
end
select 裏ビデオを見てトイレから戻った場合
ウェイトレスが輪姦されているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
ウェイトレスがフェラチオしているのを見て逃げ出そうとしてレイプ
end
scene 裏ビデオを見せられてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
{ウェイトレスが客の注文を取っているのが見える}
{ハプニングバーで裏ビデオを見せられる}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{裏ビデオを見てトイレから戻った場合}
end
scene ハプニングバーで下着を脱げと命令される
{ハプニングバーで私の裏ビデオを見せられる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
男が私に「[下着]を脱いでくるんだ、命令だ」と変なことを言い出した。
私は男がなぜそんなことを言うのか意味が分からなくて「はい」とだけ返事をした。
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
[下着]を確かめてみるとちょうどクロッチの所がぐっしょりと濡れてる。
私は男が私の[下着]が濡れているのを確かめたかったらしいとなんとなく気が付いた。
だけど私の[下着]が濡れているのはさっきから[下着]を指で触っていて分かっているはず。
男がなんで[下着]を脱いで来いといったのかやっぱり意味が分からなかった。
私は男の言うことは無視してもいいと思って[下着]を脱がずにトイレを出た。
私がトイレから戻って男の隣の席に座りなおそうとしたとき男がいきなり私の[下の表着]を捲りあげた。
私が[下着]を履いてるのを見て「この雌豚。俺に逆らうのか。なんで[下着]を脱いで来ないんだ」と大声で怒鳴りつけてきた。
店にいた他の客が男の声に驚いて一斉に私の方に顔を向けた。
end
scene 下着を脱げと命令されてお仕置き
{ハプニングバーで下着を脱げと命令される}
「俺の言うことに逆らったらお仕置きだと言ってあるだろう、今すぐお仕置きだ」と男は言うと[私]を床に四つん這いにさせた。
男がなんで急に怒り出したのか[私]にはさっぱり訳が分からない。
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
「おい。この女、ビデオに写っていた女だぜ。昨日の女だ」と男が話す声が聞こえて[私]はいつの間にか私の周りを客の男達が取り囲んでいるのに気が付いた。
[私]が[オナニー]するのをずっと客の男達に見られていたらしい。
[私]は急に恥ずかしくなって体中が熱くなった。
「この淫乱女、廻されるのが好きなんだぜ」とまた別の客の男が言うのが聞こえた。
[私]はさっきみた裏ビデオに写っていたのは私らしいとその時になってやっと気が付いた。
男達はすぐに私に襲い掛かってきた。
{輪姦}
end
select ハプニングバーに連れ込まれた場合
ウェイトレスの裏ビデオを見せられてレイプ
私の裏ビデオを見せられてレイプ
裏ビデオを見せられてレイプ
女子高生のレズカップルがいてレイプ
援助交際のカップルがいてレイプ
下着を脱げと命令されてお仕置き
女子高生が隣に座ってレイプ
女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ
女子高生が隣に座って逃げようとしてレイプ
女子高生にバイトに誘われる
喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
女がストリップを始めて逃げようとしてレイプ
end
;****************************************
;* 女体化してハプニングバー *
;****************************************
title 女体化してハプニングバーに連れ込まれる
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{章番号}
{メールで男と待ち合わせをする}
{男と一緒に行くことになる}
{章番号}
{待ち合わせた男にハプニングバーに連れ込まれる}
end
scene 女子高生のレズカップルのお喋りが聞こえてくる
ちょうど私達が座っている後ろに女子高生が二人座っているのが見えた。
私と同じ制服を着ている所を見ると二人とも四葉学園の生徒らしい。
女子高生がこんな飲み屋に来ているなんて変だとおもったけど、よっぽど遊んでいる子達らしい。
女子高生たちは私が着たことに気づいた様子もなく大声でお喋りをしていて話が私の耳にも聞こえてくる。
「-
{レイプなんて在るわけないとの女子高生の台詞}
」と話してる。
遊んでる女の子とはいえ随分と過激な話をしている。
女子高生のすぐ隣のテーブルに座ったサラリーマン風の男達にも女子高生の話が聞こえたらしくて酒を飲みながらにやにやしてる。
「私一人で寝るのは絶対に嫌、夜寝るときだけでいいから男が側にいてくれないとだめなの」と今度はもう一人の女子高生が言い出した。
するとさっきの女子高生が「あんた、毎晩別の男と寝てるんでしょう」と話を遮った。
「相手の男は多いい方が決まってるじゃん。その方がいっぱい楽しめるもん」と女子高生が言うと二人で笑ってる。
二人ともよっぽど男好きな女子高生らしく、私は話を聞いているだけで変な気分になってきた。
end
scene ここはハプニングバーだから女同士で何をしてもいいと男に言われる
「ここはハプニングバーと言ってね。やりたいことは何をしても良いところなんだ。もちろん女同士でも何をしてもいいんだよ」と男が私の耳元で囁いた。
私はとんでもないところに連れてこられたと思ったけど今更逃げ出すわけにはいかない。
end
scene 女子高生がフェラチオの話をしているのが聞こえてくる
「あんた一晩中しゃぶってるんでしょう」と女子高生が話す声がまた聞こえてきた。
今度はフェラチオの話題らしい。
「私しゃぶるの大好きだから、いつも最初にしゃぶらせてもらってるの。その方が男は喜ぶし、私だって楽しめるしね」話す声が聞こえてくると私は自分が[フェラチオ]してる姿を想像して体が熱くなった。
end
scene 女子高生のレズカップルが抱き合うのを見る
いつの間にか女子高生の声が聞こえなくなったのでもう帰ったのかと思って後ろを確かめると、女子高生が抱き合ってキスしてるのが見えた。
二人は男の話ばかりしていたけどレズらしい。
お互いに相手のスカートの下に手を入れて[女性性器の愛称]を指で触ってる。
こんな所でキスするなんて、いったいどうゆうつもりなんだろうと思ったけど、他の客は当たり前の顔をして平然としてる。
end
select レズカップルが男達に襲われる場合
レズカップルが輪姦されるのを見る
レズカップルが緊縛輪姦されるのを見る
レズカップルが3Pレイプされるのを見る
end
scene 男達が腰を前後に動かすと女子高生の体が震える
{腰を前後に動かす設定}
{男達が腰を動かすと女子高生の体が震える}
end
scene 男達が腰を上下に動かすと女子高生の体が震える
{腰を上下に動かす設定}
{男達が腰を動かすと女子高生の体が震える}
end
scene 男達が腰を動かすと女子高生の体が震える
男達が腰を[前後]に動かすのに合わせて、女子高生の体が震えるのがはっきりと見えた。
まるでアダルトビデオみたいな光景だ。
end
scene レズカップルが輪姦されるのを見る
さっきの女子高生が二人とも床に寝転がって足を大きく広げて、男達が体を重ねてる。
{男達が腰を上下に動かすと女子高生の体が震える}
end
scene レズカップルが緊縛輪姦されるのを見る
さっきの女子高生が二人とも太い縄で縛られて床に寝かされ、男達が体を重ねてる。
太腿と肩を縛られていて、足を大きく広げた格好だ。
{男達が腰を上下に動かすと女子高生の体が震える}
end
scene レズカップルが3Pレイプされるのを見る
さっきの女子高生が二人とも床に四つん這いになって、前と後ろから男が腰を押し付けている。
{男達が腰を前後に動かすと女子高生の体が震える}
end
scene 女子高生のレズカップルがいてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
{女子高生のレズカップルのお喋りが聞こえてくる}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{女子高生がフェラチオの話をしているのが聞こえてくる}
{女子高生のレズカップルが抱き合うのを見る}
{ここはハプニングバーだから女同士で何をしてもいいと男に言われる}
{下着が濡れてトイレに行く}
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{トイレから戻って大変な光景を目にする}
{レズカップルが男達に襲われる場合}
{目の前の光景を見て逃げ出そうと心を決める}
{逃げ出そうとして行く手を阻まれる}
{男の横を通り過ぎようとしてレイプ}
end
scene レズ裏ビデオを見せられる
{カウンターの正面に液晶テレビがある}
しばらくして音楽ビデオは終わったらしくて、セーラー服を着た女の子の二人画面に映った。
二人は顔を寄せ合って女同士でキスを始めた。
どうやら二人はレズらしい。
女子高では女同士が特別に仲がいいのはよくあることで仲が良すぎて抱き合ってキスしたりすることもあると聞いたことがある。
実際に目の前で女同士がキスするシーンを見ているとなんだか変な気分になってきちゃう。
end
scene 女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見る
{レズ裏ビデオを見せられる}
{相手が同級生の設定}
{女子高生が隣に座る}
{相手の女}
は目の前のビデオを見ても驚いた様子はない。
この店に来るのは今度が初めてではないらしい。
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
ビデオの画面が変わると女子高生が二人とも床に背中合わせに膝を付いて座っていて、男達が女の子の前に立っている。
[フェラチオ]をしている場面だとすぐに分かった。
女子高生はレズだとばかり思っていたけど、男の[男性性器の愛称]も好きらしい。
女子高生の口元が大写しになると[男性性器の愛称]が画面いっぱいに映った。
モザイクの入っていない裏ビデオだ。
{普通にお酒を飲ませる店ではないと気が付く}
{他の男の男性性器の愛称なんか見たことない}
{画面に映った男性性器の愛称に驚く}
[女友達の愛称]もビデオが気になるようで、視線を向けたまましばらく無言だった。
私がビデオ画面に見入っていると不意に[女友達の愛称]の手が伸びてきて私の[下の表着]の下に入れられてきた。
[女友達の愛称]の指先が私の敏感な所を探り当てると、軽くくすぐるように指先を震わせてきた。
さすがに女同士だとどこが感じるのか男よりもよく知っている。
私は[女友達の愛称]もレズらしいと気が付いたが、男に触られるよりは女の子に触られほうがいいと思った。
画面が変わると女の子は二人とも裸で床に寝ているのが見えた。
{裏ビデオで女がレイプされるのを見る}
レズっ気のある女というのは二人同時にセックスをすると興奮するらしい。
{男が女の顔に射精するのが見える}
{裏ビデオで女が輪姦されてるのに気が付く}
{自分が輪姦されてるような気分になる}
{下着が濡れてトイレに行く}
[女友達の愛称]の手がすぐに私の[下の表着]の下から離れた。
{椅子から降りて服を直す}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
end
select レズの裏ビデオを見せられた場合
トイレから戻って相手の女が輪姦されるのを見る
相手の女と一緒に逃げようとして輪姦
end
scene 相手の女と一緒に逃げようとして輪姦
トイレを出ようとしてドアを開けようとするといきなり[女友達の愛称]が入ってきた。
[女友達の愛称]のセーラー服のスカートの裾が捲れあがってる。
[女友達の愛称]も男に[女性性器の愛称]をいじられて濡れてきちゃったらしい。
「[私の愛称]。私」と[女友達の愛称]が言いかけた後急に[私]に抱き着いて唇を重ねてきた。
[私]は女の子とキスするなんて初めてなので、頭に血が上って眩暈がしてきた。
[私]の胸もかなりの大きさだけど、[女友達の愛称]の胸はそれよりもかなり大きめだ。
二人の胸が押し付けられて潰れると変な気分になっちゃう。
[女友達の愛称]の手が私の背中に回されると、指先で背中をくすぐりながら撫でまわしてきた。
[私]は女の子にそんなことをされたことはないので、自分でも何が何だか分からない変な気分になって体が熱くなった。
しばらくして[女友達の愛称]は[私]から体を離した。
{男達が私を輪姦する相談をしてると聞かされる}
[私]は[女友達の愛称]と一緒にこの店から逃げ出そうと思ってトイレを出た。
トイレの前には男が数人立ちはだかって[私]達の逃げ場を塞いだ。
{男の横を通り過ぎようとして二人レイプ}
end
scene 女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見せられてレイプ
{女子高生が隣に座ってレズ裏ビデオを見る}
{レズの裏ビデオを見せられた場合}
end
scene ここはハプニングバーだと男に教えられる
[私]の隣に座った男が[私]の様子に気づいて「ここはね、ハプニングバーと言ってね、何をしてもいい所なんだ。やりたいことは何をしてもいいし、何が起きるか分からないんだよ」と言いながら[私]のお尻を撫で始めた。
end
scene 女が逃げようとして男の子達に捕まり輪姦される
女が逃げようとしたが、男の子達はすぐに女を捕まえると床に押し倒した。
男の子達は女の手足をしっかりと掴むと、すぐに男の子の一人が女の体の上にのしかかった。
[私]は目の前で起きていることが信じられなくて体が震えてきた。
{ここはハプニングバーだと男に教えられる}
[私]はこんな店にいたら[私]自信もどんな目に遭わされるか分かったもんじゃいと気が付いて怖くなった。
女の子の手を押さえつけている男の子が顔を上げると、[私]と目があった。
血走った眼は何をしでかすか分からない雰囲気で私は慌てて目をそらせた。
「おい、見てんじゃねえよ。お前もやられたいのか」と女の子の手を押さえつけている男の子が私を怒鳴りつけてきた。
[私]の隣に座った男が「つべこべ言うんじゃねえ。なにをしようと勝手だろう」と怒鳴り返すと男の子が立ち上がって[私]の[手]をつかもうとした。
あっという間に目の前で喧嘩が始まると、[私]を連れてきた男は殴り倒されて動けなくなった。
男の子達はすぐに[私]に襲い掛かってきた。
{輪姦}
end
scene カップルの男と別のグループの男達が言い争いを始める
しばらく男と話していると急に私の後ろで「てめえ、ぶっ殺すぞ」と男が怒鳴る声が聞こえて私はびっくりして振り向いた。
学生のグループとカップルの男が何やら大声で言い争いをしている。
何が起こったのか分からないけど、女は怯えた顔だ。
end
scene カップルの男と別のグループの男達が殴り合いの喧嘩を始める
いきなり男の子のグループがカップルの男に飛びかかると喧嘩が始まった。
あっという間にカップルの男は殴り倒されて床に転がって起き上がる様子もない。
end
scene カップルが痴話喧嘩を始める
突然「てめえ、なにしやがるんだ。このドスケベ爺」と女が大声で叫ぶのが聞こえて[私]は思わず後ろを振り向いた。
カップルの男が相手の女に抱きつこうとしているのが見えた。
さっきから女の方が男を誘うような事を言っていたのに、いざ男がその気になると今度は怒り出すなんて意味が分からない。
男も腹を据えかねた様子で「つべこべ言うんじゃねえ」と女を怒鳴り返している。
end
scene 男と適当に話を続ける
男が話しかけてきたので[私]は適当に返事をしながらカクテルを飲んだ。
end
select 喧嘩が始まる場合
カップルの男と別のグループの男達が喧嘩を始める
カップルが痴話喧嘩を始めると別のグループの男達が加勢する
end
scene カップルの男と別のグループの男達が喧嘩を始める
{カップルの男と別のグループの男達が言い争いを始める}
{カップルの男と別のグループの男達が殴り合いの喧嘩を始める}
{女が逃げようとして男の子達に捕まり輪姦される}
end
scene カップルが痴話喧嘩を始めると別のグループの男達が加勢する
{カップルが痴話喧嘩を始める}
隣のテーブルに居た男の子のグループがカップルの様子を見かねたのか「嫌がってるだろう。いい加減にしろ」と言って口をはさんだ。
カップルの男が「てめえら、すっこんでろ。関係ねえだろ」と怒鳴り返すと言い争いが始まった。
{カップルの男と別のグループの男達が殴り合いの喧嘩を始める}
[私]は男の子達が女を助けるとばかり思っていたが、そうではなかった。
男の子の一人が女に抱き着くと、無理やりキスをしようとしている。
{女が逃げようとして男の子達に捕まり輪姦される}
end
scene 喧嘩が始まり逃げようとしてレイプ
{カクテルを飲みながら店の様子を眺める}
私の斜め後ろのテーブルには学生らしい数人のグループがいてお酒を飲みながら大きな声でお喋りをしている。
{ハプニングバーのカップルの設定}
{援助交際のカップルのお喋りが聞こえてくる}
{男と適当に話を続ける}
{喧嘩が始まる場合}
end
scene 裏ビデオを見せられる
{カウンターの正面に液晶テレビがある}
しばらくして音楽ビデオは終わったらしくて、セーラー服を着た女の子の顔が大写しになった。
{フェラチオの裏ビデオが映る}
end
scene 普通にお酒を飲ませる店ではないと気が付く
どうやらこの店は普通にお酒を飲ませるだけの店ではないみたいだ。
裏ビデオを見せる飲み屋があるなんて初めて知ったけど、これも普通なのかもしれないと思った。
end
scene 画面に映った男性性器の愛称に驚く
液晶画面に映った[男性性器の愛称]はあまりにも巨大で、細かいところまではっきりと映し出されている。
色も形も[私]の[男性性器の愛称]とは全然違っていてただ驚くばかりだった。
end
scene フェラチオの裏ビデオが映る
女の子の口元には茶褐色の変なものが写っている。
女の子が[フェラチオ]をしている所らしいと私は気が付いた。
それも無修正の裏物だ。
{普通にお酒を飲ませる店ではないと気が付く}
{他の男の男性性器の愛称なんか見たことない}
{画面に映った男性性器の愛称に驚く}
end
scene 裏ビデオで女が自分から誘ってレイプされるのを見る
{オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定}
画面が変わると-
{相手の女}
の女が全裸になって足を広げて「-
{オチンチンを入れてと言わされる台詞}
」と言うのが聞こえた。
男がすぐに-
{相手の女}
に体を重ねると腰を動かし始めた。
男は最初はゆっくりと腰を上下に動かすだけだったが、次第に動きを激しくして-
{相手の女}
を責め始めた。
「-
{逝く台詞}
」と-
{相手の女}
が大声を出すのが聞こえて[私]はまるで自分が男に責められているような気分になって体が熱くなった。
end
scene 裏ビデオの女が服を脱いで下着姿になる
画面が変わると、女の子はセーラー服を脱いで下着だけの姿になっているのが見えた。
end
scene 裏ビデオの女の下着が私と似ているのに気が付く
私は女の子の下着を見て私が着ているのとよく似ているのに気が付いた。
きっと私が着ている下着は女子高生の間で流行ってる下着だと思った。
end
scene 男が女の下着を脱がそうとすると女が抵抗する
女の子が床に横になると、男の手が女の子の下着を脱がし始めた。
女の子は嫌がって抵抗してるけど、自分でセーラー服を脱いでおきながら下着を脱がされるのを拒むのは意味が分からない。
きっと抵抗する仕草を見せれば男が興奮すると思ってるに違いない。
end
scene 裏ビデオで女がレイプされるのを見る
男が女の子の上に体を重ねて腰を動かし始めた。
女の子の体は男の腰の動きに合わせて大きく揺れている。
女が「-
{喘ぎ声}
」と喘ぐ声がスピーカーから聞こえてきて耳を塞ぎたくなるくらいだ。
end
scene 男が女の顔に射精するのが見える
男が腰を離して立ち上がると女の子の顔に射精するのが見えた。
end
scene 裏ビデオで女が輪姦されてるのに気が付く
すぐに別の男が女の子の股間に腰を寄せてしゃがみ込んだ。
女の子が相手をしているのは一人だけじゃないと気が付いて[私]はびっくりしたが裏ビデオなんだからそのくらい当たり前だと思った。
end
scene 画面に映っているセーラー服が私と同じだと気が付く
[私]は画面に映っているセーラー服が私が着ているのと同じなのに気が付いた。
四葉学園の女の子がこんなビデオにでるわけがないので、本物の四葉学園の生徒かどうかは分からない。
もしかして[私]の知り合いの女の子かもしれないと思って女の子の顔をよくよくみたが知らない顔だ。
end
scene 裏ビデオで女が輪姦されるのを見る
{裏ビデオの女が服を脱いで下着姿になる}
{男が女の下着を脱がそうとすると女が抵抗する}
{裏ビデオで女がレイプされるのを見る}
{男が女の顔に射精するのが見える}
{裏ビデオで女が輪姦されてるのに気が付く}
end
scene 自分が輪姦されてるような気分になる
{アダルトビデオを見る女の気持ちがわかる}
{輪姦されるのを想像して体が変になる}
end
scene ハプニングバーで裏ビデオを見せられる
{裏ビデオを見せられる}
{フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる}
{裏ビデオで女が輪姦されるのを見る}
{自分が輪姦されてるような気分になる}
end
scene ハプニングバーで私の裏ビデオを見せられる
{裏ビデオを見せられる}
{画面に映っているセーラー服が私と同じだと気が付く}
{フェラチオ大好きなんだろうと男になじられる}
私の話が聞こえたらしくて少し離れた席のサラリーマン風の男がなにか私の事を話しているのが聞こえた。
私は関係ないと思って知らん顔をした。
{裏ビデオの女が服を脱いで下着姿になる}
{裏ビデオの女の下着が私と似ているのに気が付く}
{男が女の下着を脱がそうとすると女が抵抗する}
{裏ビデオで女がレイプされるのを見る}
{男が女の顔に射精するのが見える}
{裏ビデオで女が輪姦されてるのに気が付く}
{アダルトビデオを見る女の気持ちがわかる}
{輪姦されるのを想像して体が変になる}
end