;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル ラブホテル              *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene ラブホテルにジャグジーバスがある
{男に裸になれと命じられる}
{男の前で全裸になる}
「いっしょに風呂に入ろうか」と男に誘われて[私]は男のあとから浴室に入った。
浴室の中はおもったより広くてバスタブもかなり大きい。
男がスイッチを入れるとバスタブの内側に泡が一斉に噴き出してきた。
話には聞いたことがあるが、バスタブの周囲から空気を噴き出す仕組みのジャグジーバスらしい。
「ジャグジーバスはとっても気持ちがいいんだぜ。いちど経験したら病みつきになるのは保証付きだ」と男がいうと先にバスタブに入った。
[私]も男のあとからバスタブに入ったが体中に空気の泡が吹きつけられてきてくすぐったくて気持ちがいい。
[私]の[女性性器の愛称]にも泡が吹きつけられてくると、あまりの気持よさに思わず飛び上がりそうになった。
男は私に後ろから抱き着くと、私の手をバスタブに着かせた。
{立位のレイプ}
{女の体のままで居たいと思う}
end
scene 先に帰った男にファーストフード店に呼び出される
{男に謝りのメッセージを送る}
{男から返信のメッセージが来る}
「はい、何でも言うことを聞きます。絶対に逆らいません」とメッセージを送ると私は心の荷が降りて気分がすっと楽になった。
「俺が口でやれっといったら、いつでもどこでも口でやるんだ。分かってるな」と男からまたメッセージが届いた。
私が「はい、わかってます」と返事を書くと男から「今さっきの[ファーストフード店名]にいるから、すぐ来い」とメッセージが来た。
{服を探したが下着が見つからない}
ラブホテルをでてさっきの[ファーストフード店名]まで戻ると、男の姿を探した。
{ファーストフード店で男を探した場合}
end
select ファーストフード店で男を探した場合
男にファーストフード店のトイレでフェラチオ
別の男にファーストフード店のトイレでフェラチオ
end
scene ファーストフード店でフェラチオをするわけにはいかないと思う
まさか[ファーストフード店名]の中で[フェラチオ]なんかする訳には行かない。
客が見てる前でそんなことをしたら大変だ。
end
scene トイレでフェラチオしろと言われる
「今すぐトイレでやるんだ」と男がまた私の耳元で囁いた。
私はトイレでなら[フェラチオ]をしても大丈夫だと安心した。
男が私の[女性性器の愛称]から手を離したので私は[下の表着]の裾を直してから立ち上がった。
私がトイレまで歩くと、男は私から少し遅れてついてきた。
トイレに入ってドアの鍵を閉めずに少し待つと、男が私の後からトイレに入ってきた。
end
scene 男にファーストフード店のトイレでフェラチオ
男は窓際の席で私を待っていた。
「待たせて御免なさい」と男に声を掛けてから私は男の隣の席に座った。
男は何も言わずにすぐに私の[下の表着]の下に手を入れて裾をめくりあげた。
私が[下着]を履いていないのを確かめると男は私の[下の表着]を腰の上近くまでたくし上げた。
それほど広くない[ファーストフード店名]の店内ですぐ近くに座っていたサラリーマン風の男が私に気が付いて視線を向けてきた。
私は恥ずかしくて死にそうになったが、男に逆らうわけにはいかない。
「もっと足を広げるんだ」と男が小さい声で私に囁いてきた。
私は周りの視線が気になったが男に従うしかないので足を左右に広げられるだけ広げた。
男の指先が[私]の[女性性器の愛称]にそってなぞるのを繰りかえすと、指が奥まで入ってきた。
「[女性性器の愛称]びしょ濡れだぜ」と男が私の耳元でささやいてきた。
私は自分でもおしっこをもらしたような気分になっているのに気が付いた。
「今すぐ口でやってもらおうか」と男に言われて私は戸惑った。
{ファーストフード店でフェラチオをするわけにはいかないと思う}
だけど男に逆らったらきっとまたお仕置きをされるか、また置き去りにされるかのどちらかだ。
いま男に置き去りになんかされたら今夜どこで過ごしていいのか分からない。
それに今夜は絶対に一人になりたくない。
一人で夜を過ごすなんて、寂しくてとても耐え切れない。
{トイレでフェラチオしろと言われる}
{フェラチオする行為}
end
scene 別の男にファーストフード店のトイレでフェラチオ
一通り店の中を一回りして男を探したが男の姿はない。
とりあえず空いている席に座って携帯を取り出して「今[ファーストフード店名]に着きました」と男にメッセージを送ったがすぐには返事がない。
しばらく男から返事を来るのを待ったがいつの間にか疲れがでて居眠りをしてしまった。
どれくらい時間が経ったかは分からないが気が付いたとき[女性性器の愛称]に変な感覚がある。
何度も指先で擦りあげてくる感触が夢の中で私の[女性性器の愛称]にまとわりついてきた。
私はてっきり夢だと思ってくすぐったい感触をしばらくそのままにしておいた。
指先が[女性性器の愛称]の奥まで入ってきたとき、私はだんだんと夢から覚めてきた。
夢だとばかり思っていた感触は意識がはっきりしてくると、なんだか変だと気が付いた。
誰かの指が[私]の[女性性器の愛称]に押し当てられていて、指が奥まではいってるらしい。
[私]はてっきりさっきの男が私の横に座って[私]の[女性性器の愛称]に手を押し当てているんだと思った。
それ以外にこんな事する男は考えられない。
だとしたら男には逆らえない以上いいなりになるしかない。
[私]はいつの間にか[女性性器の愛称]が汗をかいたように濡れているのに気が付いた。
夢の中でも体が反応してしまったらしい。
女の体というのはいったいどうなっているのかよく分からない。
その時になって俺は大変なことに気が付いた。
いつの間にか[私]は足を大きく開いて座っていたのだ。
女の子は足を揃えて座るのが普通だ。
そうしないとスカートの中が見えてしまう。
[私]は男だからいつもみたいにうっかり足を広げて座ってしまったらしい。
[下着]を履かずに足を広げて座ったりしたら、どうみたって変態女だ。
男の手が[私]の[女性性器の愛称]の中で小刻みに震えるように動き出して私は思わず横に座った顔を見た。
さっきの男とは服が違う気がして顔をよくよく確かめてみたがどうみても別人だ。
いくらなんでも[ファーストフード店名]に座ってる女のスカートをめくりあげて[女性性器の愛称]に指まで入れる痴漢なんて聞いたことがない。
[私]は思わず「止めて下さい」と大声をだしそうになったが、思いとどまった。
[下の表着]の下に[下着]も履かずに足を開いて居眠りする女はどうみたって普通じゃない。
まるで自分から痴漢を誘ってるようなものだ。
うっかり大声をだしても自分が恥ずかしい思いをするだけ。
私はじっと声を出さずに我慢を続けた。
不意に携帯にメッセージが入ったので私は確かめてみた。
「いま横にいるのは俺の舎弟だ。そいつの言うことに一言でも逆らったらお仕置きだ」と書いてある。
どうやら男は[ファーストフード店名]のすぐ近くからメッセージを送ってきたみたいだ。
舎弟というのはなんの意味かは分からないけど、ヤクザが使うような言葉だ。
ヤクザだったらお仕置きと称して女の尻を叩くなんて普通にやってることだ。
私は目の前の男もさっきの男もヤクザの仲間かもしれないと思って怖くなった。
だけど相手がたとえヤクザでも今の[私]には他に頼る相手はいない。
私の隣に座った男が私の耳元で「今すぐ、口でやってもらうおか」と囁いてきた。
{ファーストフード店でフェラチオをするわけにはいかないと思う}
だけど男の言うことには絶対逆らえない。せっかくまた付き合ってもらえそうになったのに今度も見捨てられるなんて絶対に嫌だ。
それに今この男に[フェラチオ]すれば、その次はさっきの男にも[フェラチオ]させて貰えるしかない。
そう思うと今この男に[フェラチオ]したほうが絶対いいに決まってる。
{トイレでフェラチオしろと言われる}
{フェラチオする行為}
end
scene ラブホテルで裸になってプラネタリウムを見る
{男に裸になれと命じられる}
{男の前で全裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
男が部屋の明かりを消すと、いきなり私の頭の上に美しい星空が見えた。
私はてっきり部屋に天井がなくて、本物の夜空が見えたんだと錯覚した。
だがそんなはずはないと思ってよく見ると、天井が丸くなっていてプラネタリウムで夜空を映し出しているらしいと気が付いた。
ラブホテルにプラネタリウムがあるなんて、初めて知った。
恋人どうしの甘い体験にはプラネタリウムは雰囲気がでてぴったりかもしれない。
天井に映し出された夜空に流れ星がいっぱい輝くのが見えた。
明るい星が流れながら消えていくのは幻想的でまるで夢を見ているようだ。
流れ星が流れながら、夜空がゆっくりと回り始めた。
[私]は自分が回っているような気分になって眩暈がして気が遠くなった。
end
scene ラブホテルにプラネタリウムがある
{ラブホテルで裸になってプラネタリウムを見る}
[私]は今朝自分が女体化していたのはこのプラネタリウムのせいだと確信した。
だがプラネタリウムのせいで女体化が起きるなら、この部屋で過ごしたカップルはみな体が入れ替わって女体化しているはず。
そんなことはあり得ないのでやっぱりプラネタリウムが理由なはずはないと思いなおした。
{正常位のレイプ}
{女の体のままで居たいと思う}
end
scene 女の体のままで居たいと思う
[私]は女の体がこんなに気持ちいいならずっと女の体で居た方がいいと本気で思った。
end
test 女体化して男に声を掛けられるのを待つ
{&+ラブホテルの前で男に声を掛けられるのを待つ}
{女体化してお仕置きされて感じてくる}
end
test 女体化して男に公園に呼び出される
{&+先に帰った男に公園に呼び出される}
{女体化してお仕置きされて感じてくる}
end
test 女体化して別の男にファーストフード店でフェラチオ
{&別の男にファーストフード店のトイレでフェラチオ}
{女体化して男にファーストフード店に呼び出される}
end
test 女体化して男にファーストフード店でフェラチオ
{&男にファーストフード店のトイレでフェラチオ}
{女体化して男にファーストフード店に呼び出される}
end
test 女体化して男にファーストフード店に呼び出される
{&+先に帰った男にファーストフード店に呼び出される}
{女体化してお仕置きされて感じてくる}
end
test 女体化して別の男が部屋に来る
{&+ラブホテルの部屋に別の男が来る}
{女体化してお仕置きされて感じてくる}
end
test 女体化してお仕置きされて感じてくる
{&+ラブホテルでお仕置きされて感じてくる}
{女体化してラブホテルに連れ込まれる}
end
test 女体化してお仕置きのあとフェラチオ
{&+ラブホテルでお仕置きのあとフェラチオ}
{女体化してラブホテルでフェラチオを強要される}
end
test 女体化してお仕置きのあとオナニーしてフェラチオ
{&+ラブホテルでお仕置きのあとオナニーしてフェラチオ}
{女体化してラブホテルでフェラチオを強要される}
end
test 女体化してラブホテルでフェラチオを強要される
{&+ラブホテルでフェラチオを強要される}
{女体化してラブホテルで男に犯される}
end
test 女体化して客に裏ビデオを見せられる
{&+ラブホテルでデリヘルの客に裏ビデオを見せられる}
{女体化してラブホテルで裏ビデオを見せられる}
end
test 女体化して客に私の裏ビデオを見せられる
{&+ラブホテルでデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる}
{女体化してラブホテルで裏ビデオを見せられる}
end
test 女体化してラブホテルで裏ビデオを見せられる
{&+ラブホテルで客に裏ビデオを見せられる}
{女体化してラブホテルで変態プレーを要求される}
end
test 女体化してラブホテルで客にオナニーを要求される
{&+ラブホテルで客にオナニーを要求される}
{女体化してラブホテルで変態プレーを要求される}
end
test 女体化してラブホテルで客に縛られて輪姦される
{&+ラブホテルで客に縛られて輪姦される}
{女体化してラブホテルで変態プレーを要求される}
end
test 女体化してラブホテルで変態プレーを要求される
{&+ラブホテルで変態プレーを要求される}
{女体化してラブホテルに連れ込まれる}
end
test 女体化してラブホテルにプラネタリウムがある
{&+ラブホテルにプラネタリウムがある}
{女体化してラブホテルで男に犯される}
end
test 女体化してラブホテルにジャグジーバスがある
{&+ラブホテルにジャグジーバスがある}
{女体化してラブホテルで男に犯される}
end
test 女体化してラブホテルの天井が鏡になってる
{&+ラブホテルの天井が鏡になってる}
{女体化してラブホテルで男に犯される}
end
test 女体化してラブホテルで男に犯される
{&+ラブホテルで男に犯される}
{女体化してラブホテルに連れ込まれる}
end
test 女体化してラブホテルで他の女と一緒になり私も服を脱ぐ
{&+女が自分で服を脱ぐと言うのが聞こえて私も服を脱ぐ}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になる}
end
test 女体化してラブホテルで女のあとから男が部屋に入ってきて4Pレイプ
{&+女のあとから男が部屋に入ってきて4Pレイプ}
{女体化してラブホテルの隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る}
end
test 女体化してラブホテルで隣の部屋の男に捕まってレイプ
{&+女がフェラチオするのを見て部屋から逃げ出して隣の部屋の男に捕まってレイプ}
{女体化してラブホテルの隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る}
end
test 女体化してラブホテルの隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る
{&+隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になる}
end
test 女体化してラブホテルの隣の部屋の女のセックスを見てレイプ
{&+隣の部屋の女のセックスを見た後に自分から男を求める}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になり隣の部屋のベッドが映る}
end
test 女体化してラブホテルで隣の部屋の男に玄関で思い直してレイプ
{&+ラブホテルの玄関で思い直して部屋に戻るとき隣の部屋の女と出くわす}
{女体化してラブホテルの隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ}
end
test 女体化してラブホテルで隣の部屋の男にすぐレイプ
{&+ラブホテルの部屋を出るとすぐに隣の部屋から女がでてくる}
{女体化してラブホテルの隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ}
end
test 女体化してラブホテルの隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ
{&+隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になり隣の部屋のベッドが映る}
end
test 女体化してラブホテルの隣の部屋で女が輪姦されるのを見てレイプ
{&+隣の部屋の女が輪姦されているのを見て逃げようとしてレイプ}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になり隣の部屋のベッドが映る}
end
test 女体化してラブホテルで他の女と一緒になり隣の部屋のベッドが映る
{&+男がビデオをつけると隣の部屋のベッドが映る}
{女体化してラブホテルで他の女と一緒になる}
end
test 女体化してラブホテルで他の女と一緒になる
{&+ラブホテルで他の女と一緒になる}
{女体化してラブホテルに連れ込まれる}
end
test 女体化してラブホテルの痴漢にトイレでフェラチオ
{&+痴漢の男が待ち伏せしてトイレでフェラチオ}
{女体化してラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ}
end
test 女体化してラブホテルの痴漢にエレベータで捕まってレイプ
{&+エレベータで痴漢の男に捕まり部屋に連れ込まれてレイプ}
{女体化してラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ}
end
test 女体化してラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ
{&+ラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ}
{女体化してラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る}
end
test 女体化してラブホテルで部屋に戻った後に援助交際の男にレイプ
{&+ラブホテルを出ようとして男と出会ってレイプ}
{女体化してラブホテルで援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻る}
end
test 女体化してラブホテルで部屋に戻った後にドアの前でフェラチオ
{&+部屋のドアの前で男にフェラチオ}
{女体化してラブホテルで援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻る}
end
test 女体化してラブホテルで援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻る
{&+援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻ることにする}
{女体化してラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る}
end
test 女体化してラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る
{&+ラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る}
{女体化してラブホテルに連れ込まれる}
end
scene メールで男と待ち合わせをする
{ファーストフード店で下校時間まで時間を潰す}
{家に帰るか決心がつかない}
{携帯にどこにいるのかとのメッセージが届く}
{ファーストフード店で待ち合わせをする約束をする}
{男が待ち合わせのファーストフード店に現れる}
[私]は男の顔をよくよく確かめてみたが見覚えはない。
だが相手の男が[私]を知っている所をみると[私]の女体化と関係がありそうだと思った。
{待ち合わせの男に金を渡される}
中年の男性が女子高生にお金を払うのはもしかしたら援助交際かもしれない。
[私]は一応確かめた方がいいと思って「これは何のお金なんですか」と聞いてみた。
「昨日の分だよ、約束通り一晩で[援助交際で貰う金額]だ」と男が答えるのを聞いて[私]はやっぱり援助交際らしいと気が付いた。
だが援助交際とは言っても実際に何が起きたのか[私]には全然記憶がない。
昨日まで[私]は男だったはずなので援助交際なんかできるわけがない。
{昨日と同じにして下さいと頼んでみる}
end
scene 男が待ち合わせのファーストフード店に現れる
しばらく待っていると中年の男が私の座った席の前まで来て「いや、待たせたね」と声を掛けてきた。
end
scene 待ち合わせの男に金を渡される
{援助交際で貰う金額の設定}
「さっそくだけど昨日のお礼だ。約束通り[援助交際で貰う金額]だ」と男が[私]に一万円札の束を渡そうとした。
[私]はなぜ男が俺に金を払うのか理由は分からなかったが、とりあえずお金はあったほうがいいと思ってお金を受け取った。
end
scene 昨日と同じにして下さいと頼んでみる
[私]は男に昨日のことをどう聞いていいのか迷ったが「今日もお金はもらえるんですか」と試しに聞いてみた。
男はすぐに「もちろんだよ、遊んだ後にちゃんと渡すからね」と答えた。
やっぱり[私]は昨日この男と一緒に遊んだらしいがそれと[私]の女体化と関係があるのかはよく分からない。
[私]が黙り込んでいるのを見て男は「今日はどんな遊びがしたいのかな」と[私]に聞いてきた。
[私]はとっさに「昨日と同じがいいです」と男に答えた。
そう聞けば[私]が昨日男と何したのか確かめられると思ったからだ。
end
scene 男と一緒に行くことになる
男は口元を綻ばせて笑い顔を作ると「じゃあ、さっそく行こうか」と立ち上がった。
どこに行くのかは分からないがともかく一緒についていくしかない。
end
scene エレベータで上の階にあがって部屋に入る
エレベータに乗って二階に上がると[私]は男の後から部屋に入った。
end
scene 部屋の中を見まわしたが特段に変な物もない
部屋の中を見回してみると、大きなベッドの横に大きな液晶テレビが置いてあり他には自動販売機らしい機械が置いてあるだけ。
特段に変な物が備えてある訳でもない。
[私]はとりあえず一安心した。
end
scene 男とラブホテルの部屋にはいる
{エレベータで上の階にあがって部屋に入る}
{部屋の中を見まわしたが特段に変な物もない}
end
scene 待ち合わせた男にラブホテルに連れ込まれる
[ファーストフード店名]を出て、裏道に入ると歩きながら男の手が[私]のお尻を撫で始めた。
俺は男だからお尻を撫でられたことなんか今までに経験がない。
なんだか痴漢にあってるような変な気分になって歩きながら膝が震えてきた。
裏道の角を曲がると目の前にラブホテルらしい建物が見えた。
[私]はやっぱりと思った。
[私]は昨日この男と一緒にこのラブホテルに行ったらしい。
ラブホテルで男と女がすることといえば決まっている。
ラブホテルの入り口に入ると「昨日と同じ部屋がいいいよね」と男が[私]に聞いた。
昨日どんな部屋に入ったなんか[私]には全然記憶がない。
[私]が黙って頷くと男は受付で部屋の鍵を受け取った。
{待ち合わせた男とラブホテルに行った場合}
end
scene 男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない
[私]は男の手を払いのけようとしたが、腕に力が入らない。
いつもなら普通にできるはずの動作だが、動かそうとしても筋肉に力が入らない。
[私]は自分の体が女の体なので、全然力がでないらしいと気が付いた。
end
scene ベッドにうつ伏せに寝かされてお仕置きをされそうになる
男は[私]の腕を捩じりあげると、ベッドの上にうつ伏せに寝かせた。
「俺の言うことは何でも従うって約束してもらう。いやならお仕置きだ。分かってるな」と男がまた怒鳴りつけてきたが「お仕置き」というのは何なのか意味が分からない。
end
scene 自分で服を脱ぐ
{自分の体を確かめながら服を脱ぐ}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
さっき二人でラブホテルまで歩いたときお尻をずっと撫でられていたせいで[女性性器の愛称]が濡れてきたらしいとなんとなく気が付いた。
お尻を撫でられていたときはまるで痴漢にでも遭ってるような気がして嫌でたまらなかったが、女の体はたとえ心では嫌だと思っても体は違う反応をするらしい。
{服を脱いで自分の体を見る}
end
scene 私が服を脱いでいる間に男も服を脱ぐ
[私]が服を脱いでいる間に男も服を脱いで裸になった。
背はそれほど高くないが、胸板が厚くお腹が前に大きく膨らんだ体形は中年男そのままだ。
end
scene フェラチオを強要されそうになる
[フェラチオ]はアダルトビデオで見たことがあるだけで、実際に女にしてもらったこともない。
{男の俺はフェラチオなんかしたことはない}
どうしようかと思っていると男が[私]の前に立って、[私]の頭の髪の毛を掴んだ。
「おい、しゃがむんだ」と男に言われて[私]は男の前に膝を付いた。
{他人の男性性器を目の前にして戸惑う}
「おい、さっさとやるんだ」と言うと男は腰を突き出して私の口元に[男性性器の愛称]を押し付けてきた。
end
scene フェラチオを強要されそうになり断る
私は思わず顔を背けると「いやです」と口に出して言ってしまった。
「おい、俺に逆らうのか」と男が私を怒鳴りつけてきた。
いくらなんでも男の[私]がほかの男の[男性性器の愛称]なんかしゃぶれるわけがない。
「できません」と[私]はきっぱりと答えた。
end
scene 裸になってフェラチオを強要され断る
{自分で服を脱ぐ}
{私が服を脱いでいる間に男も服を脱ぐ}
{男に口でやってもらおうかと求められる}
{口でやるという言葉の意味が分からない}
{フェラチオを強要されそうになる}
{フェラチオを強要されそうになり断る}
end
scene フェラチオを強要される
{裸になってフェラチオを強要され断る}
「おい、一言でも俺に逆らったらお仕置きだって言ってあるだろう。いますぐお仕置きだ」と男が私を怒鳴りつけると[私]の手を掴んだ。
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
{ベッドにうつ伏せに寝かされてお仕置きをされそうになる}
{お仕置きでお尻を叩かれる}
end
scene ラブホテルでフェラチオを強要される
{フェラチオを強要される}
{ラブホテルで男にお仕置きされる場合}
end
scene 男はお仕置きのあと煙草を吸い始める
男はベッドの隅に腰を掛けると一休みして煙草を吸い始めた。
end
scene お仕置をするとオナニーをしたくなると気が付く
しばらくして体の震えが止まると[私]はまた別の場所を探り当てて気持ち良くなるのを繰り返した。
「おい。いつまでやってるんだ」と男の声が聞こえてきて[私]はいきなり冷水を浴びせられたように我に返った。
男は[私]が[オナニー]に夢中になってるのをずっと見てたらしい。
男だって[オナニー]してるところを女になんか見られたくない。
女の[私]が男にずっと[オナニー]してるところを見られていたと思うとこっぱずかしくて穴があったら入りたいくらいだ。
[私]はなんで自分が[オナニー]なんかやり始めたのか自分でも理由が分からなかった。
男にお仕置きだといって尻を叩かれたらいつのまにか[オナニー]を始めて止められなくなった。
[オナニー]の仕方何て全然しらなかったのに、自然と指が動いて[オナニー]を始めてしまったんだ。
男もそれが分かっていてお仕置きをしてるらしいと何となく気が付いた。
end
scene お仕置きされると男に束縛されると気が付く
女が男に夢中になって付き合うのが止められないように仕向けるのが目的らしい。
男にそんな手を使われたら、女の体はたまったものじゃない。
何を言われても男の言いなりになるような女になるのは当たり前だ。
こんな男と付き合ったら碌なことはないと思ったがいまさら遅すぎる。
俺はもうこの男には絶対さからえないと思うとかえって気分が楽にった。
end
scene 逆らったら付き合わないと男に脅される
「おい、二度と俺に逆らうなよ、今度逆らったらもう二度と付き会わないからな。それが約束のはずだ」と男が[私]に声をかけてきた。
end
scene お仕置きのあとフェラチオをする
「さあ、口でやってもらおうか。いやならもう一度お仕置きだ」と男が厳しい口調で[私]に命じてきた。
こうなったらとても男には逆らえない。
[私]は男の前に膝を付くと男の股間に口を寄せた。
end
scene 男とどんな関係にあるのか分からない
[私]は自分が男とどんな関係にあるのか今日出会ったばかりでよく分からない。
男とどんな約束をして付き合い始めたのかは[私]には全然記憶がない。
男に逆らうとどうゆうことになるのかは良く分かったけど、いったい何をさせられるのかはさっぱり分からない。
end
scene もう一度フェラチオを強制されるが断る
男は立ち上がると[私]の口元に[男性性器の愛称]を近づけてきた。
男の[男性性器の愛称]はさっきより幾分大きさをまして、色も赤みを帯びている。
先端もさっきよりもピンク色で、縁が大きく広がってる。
この[男性性器の愛称]がめいっぱい大きくなって[私]の[女性性器の愛称]に入ってきたらどんな気持ちなのか想像しただけでも寒気がしてくる。
「さっさと口でしゃぶるんだ」と男に脅すような口調で言われたがやはりとてもできない。
[私]が首を左右に振って「できません」と答えると男は何も言わずに私の側から離れた。
私はまたお仕置きをされるのかと思った。
end
scene 男が部屋から出て行ってしまう
だが男は手早く服を着るとそのまま何も言わずに部屋からでていってしまった。
男が二度と会わないとさっき言っていたのはこの事らしい。
[私]は男にまたお仕置きをされずに済んだと思って一安心した。
だが本当に男が[私]を見捨てるつもりなのか、[私]にはよく分からない。
end
scene 朝女体化したのは間違いない
朝起きてみたら女になっていた。
それは間違いのないことだ。
end
scene 朝女体化したのを思い出す
男が出て行ったあと[私]は朝からの出来事を思い出してみた。
{朝女体化したのは間違いない}
[上の表着]を着て学校に行ったが途中で引き返した。
end
scene フェラチオを断って男にお仕置きされたのを思い出す
そのあと[フェラチオ]を断ったら男にお仕置きをされた。
end
scene 朝からの出来事を思い返す
{朝女体化したのを思い出す}
[ファーストフード店名]で男から携帯にメッセージがきて、ラブホテルに一緒に来た。
{フェラチオを断って男にお仕置きされたのを思い出す}
end
scene お尻を叩かれた感触を思い出してオナニーする
そこまで一通り朝からの出来事を思い返したとき、急に男にお尻を叩かれたときの感触を思い出した。
叩かれているのはお尻なのに[女性性器の愛称]が熱くなちゃうのはどう考えても不思議だ。
思い出しただけで[私]は急に[女性性器の愛称]がまた熱くなって来た。
[私]はとても我慢できずに[女性性器の愛称]に手を伸ばした。
指先が敏感な所に触れた瞬間に[私]はさっきと同じように火箸でつつかれたような感触が襲った。
腿の筋肉がピクピクと震えだすと、震えが体中に広がって止まらなくなった。
end
scene 男のオナニーと違って女のオナニーは終わりがないのに気が付く
[私]はその時になって男の[オナニー]と女の[オナニー]が根本的に違うのに気が付いた。
男の[オナニー]は長くてもそんなには続けられない。
射精してしまえばあとは、また悪い遊びをしてしまったと後悔するだけで翌日にならない限りまたやろうとは思はない。
だけど女の[オナニー]は終わりがない。
一晩に何度でもできるし、一度やりはじめたら止められない。
気持ちがよくなると、[男性性器の愛称]を[女性性器の愛称]に入れてほしい気分で心が一杯になって我慢できない。
何度でも繰り返し[オナニー]をするのが止められなくなるんだ。
これじゃあ死ぬまで[オナニー]が止められない[オナニー]猿と一緒だ。
こんな事を毎日続けるなんて、まるで拷問を受けてるみたいだ。
end
scene フェラチオをしてもいいから男にもう一度会いたくなる
それだったらさっきの男に[フェラチオ]をして[男性性器の愛称]を[女性性器の愛称]にぶち込んでもらったほうがよっぽどいい。
[男性性器の愛称]を[女性性器の愛称]にぶち込んで貰えれば[オナニー]なんかよりずっと気持ちいいし、満足感で満たされて[オナニー]なんかする必要もなくなる。
[私]は何とかしてさっきの男に[男性性器の愛称]を[女性性器の愛称]にぶち込んで貰うしかないと思い詰めた。
そのためには[フェラチオ]だって喜んでやるしかない。
end
select ラブホテルで男にお仕置きされる場合
ラブホテルでお仕置きのあとフェラチオ
ラブホテルでお仕置きのあとオナニーしてフェラチオ
end
scene ラブホテルでお仕置きのあとフェラチオ
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{お仕置きのあとフェラチオをする}
{フェラチオする行為}
end
scene ラブホテルでお仕置きのあとオナニーしてフェラチオ
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男はお仕置きのあと煙草を吸い始める}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{お仕置をするとオナニーをしたくなると気が付く}
{お仕置きされると男に束縛されると気が付く}
{逆らったら付き合わないと男に脅される}
{お仕置きのあとフェラチオをする}
{フェラチオする行為}
end
scene ラブホテルでお仕置きされて感じてくる
{男とラブホテルの部屋にはいる}
{フェラチオを強要される}
{お仕置きされて感じてくる}
{50発叩いてお仕置きが終わる}
{男はお仕置きのあと煙草を吸い始める}
{お仕置きのあとオナニーが止められなくなる}
{お仕置をするとオナニーをしたくなると気が付く}
{お仕置きされると男に束縛されると気が付く}
{逆らったら付き合わないと男に脅される}
{男とどんな関係にあるのか分からない}
{もう一度フェラチオを強制されるが断る}
{男が部屋から出て行ってしまう}
{章番号}
{朝からの出来事を思い返す}
{お尻を叩かれた感触を思い出してオナニーする}
{男のオナニーと違って女のオナニーは終わりがないのに気が付く}
{フェラチオをしてもいいから男にもう一度会いたくなる}
{ラブホテルで男が先に帰った場合}
end
scene ラブホテルの前で男に声を掛けられるのを待つ
{男に謝りのメッセージを送る}
部屋の電話が鳴ったので[私]は男から掛かってきたんだと思って胸を躍らせた。
だが電話にでてみると女の声。
受付から予定の時間が終了したことを伝える電話だった。
私は部屋を出ようと思って服を探した。
セーラー服に着替えて部屋を出て、ラブホテルを入り口から外に出たがどこに行けばいいのか分からない。
家に帰るわけには行かないのでどこかに泊まるしかない。
さっき男からお金をもらったのを[私]は思い出した。
安いホテルなら一週間くらいはなんとか過ごせる金額だ。
定期入れを取り出してしまったはずの金を探してみたがいくら探しても見当たらない。
さっきの男は[私]に金を渡す振りだけしていつのまにか抜き取っていたらしい。
私はいったいどうしようかと途方に暮れた。
もしかしてさっきの男がラブホテルに戻って来るかもしれないと思って[私]はしばらくラブホテルの入り口の前に立ち続けた。
だがいくら待ってもさっきの男が戻ってくる気配はない。
こうなったら方法は一つしかない。
私は誰でもいいから男に声を掛けられたら一緒にラブホテルに入ろうと心を決めた。
[私]は立っているのに疲れて通りのブロック壁にもたれて半分居眠りをはじめた。
ずいぶんと時間がたってから「こんな所でなにしてるの」と男の声が聞こえて[私]は目を覚ました。
サラリーマン風の背広を着た男が[私]のすぐ目の前に立っている。
「私、行くところがないんです」と[私]は正直に男に打ち明けた。
男は[私]が男を誘っていると思ったらしい。
「いくら欲しいの」と男に聞かれて[私]は「幾らでもいいです」と答えるしかなかった。
「じゃあ、一緒にここでゆっくりしていこうね。それで決まりだ」と男が言うと男は[私]の手を取ってラブホテルの中に連れ込んだ。
部屋に入るとさっきと同じ造りだが別の部屋で絨毯の色がさっきとは違ってる。
[私]がベッドの横に座ると、男は[私]の横に座って[私]の膝に手を載せてきた。
{隣に座って手を入れて下着の上から無抵抗の愛撫}
{隣に座って愛撫しながらズボンの上から男根を握らせられる}
男は私をすぐベッドに押し倒してきた。
{正常位のレイプ}
end
scene ラブホテルの部屋に別の男が来る
{男に謝りのメッセージを送る}
{男から返信のメッセージが来る}
男が部屋に戻ってくるというので、私はベッドに横になったまま男の帰りをまった。
もし男がきたら自分から[フェラチオ]させて下さいとおねだりをしようと心に決めた。
しばらく時間がたった頃ドアの開く音がした。
男が帰ってきたと思って私は体中が嬉しさでいっぱいになった。
男は部屋に入るとすぐ服を脱ぎだしたがさっきと着てる服が違う気がした。
よくよく男の顔を確かめてみるとさっきの男ではない。
男が部屋を間違えたのかと思ったけど、そうでもないみたいだ。
「じゃあ早速口でやってもらおうか、それともお仕置きがいいのかな」と男に言われて私はさっきの男の仲間らしいと気が付いた。
私はいったいどうしていいのか分からなくなったが、[フェラチオ]を断ればまたお仕置きをされるに違いない。
さっきはお尻を叩かれたけど、今度はもっと酷いことをされるかもしれない。
そう思うとたとえ知らない男でも[フェラチオ]をするしかない。
{フェラチオする行為}
end
select ラブホテルで客に裏ビデオを見せられる
ラブホテルでデリヘルの客に裏ビデオを見せられる
ラブホテルでデリヘルの客に私の裏ビデオを見せられる
end
scene 男に裸になれと命じられる
男はすぐに私に「服を脱いで裸になるんだ」と命じてきた。
end
scene ラブホテルで客にオナニーを要求される
{男に裸になれと命じられる}
{男の前で全裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{男がすぐに体を重ねると思って覚悟を決める}
{オナニーを要求され断るとお仕置き}
end
select 待ち合わせた男とラブホテルに行った場合
ラブホテルで男に犯される
ラブホテルでお仕置きされて感じてくる
ラブホテルで変態プレーを要求される
ラブホテルで他の女と一緒になる
ラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る
end
scene ラブホテルで男に犯される
{男とラブホテルの部屋にはいる}
{ラブホテルの部屋に入って男に犯される}
end
select ラブホテルの部屋に入って男に犯される
ラブホテルにプラネタリウムがある
ラブホテルにジャグジーバスがある
ラブホテルの天井が鏡になってる
ラブホテルでフェラチオを強要される
end
scene ラブホテルで変態プレーを要求される
{男とラブホテルの部屋にはいる}
{ラブホテルの部屋で変態プレーを要求される}
end
select ラブホテルの部屋で変態プレーを要求される
ラブホテルで客に裏ビデオを見せられる
ラブホテルで客にオナニーを要求される
ラブホテルで客に縛られて輪姦される
end
select ラブホテルで男が先に帰った場合
先に帰った男に公園に呼び出される
先に帰った男にファーストフード店に呼び出される
ラブホテルの前で男に声を掛けられるのを待つ
ラブホテルの部屋に別の男が来る
end
scene ラブホテルで客に縛られて輪姦される
「いつもどんな遊びをしてるんだ。普通の遊びじゃ刺激が足りなくて満足できないんだろう」と男に言われたが私は男が何を言いたいのか意味が分からなかった。
ラブホテルで男と女がすることなんて決まりきったこと。
何が普通で何が普通じゃないのか[私]にはさっぱり分からない。
「そうですね」と[私]は適当に返事をした。
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
{男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる}
{男が恥ずかしい格好の私の下着をひっぱり上げる}
{男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる}
普通じゃない遊びというのはこの事だったらしい。
[私]は男の言いなりになって、ラブホテルまで付いてきたことを後悔した。
{輪姦}
end
scene 男に謝りのメッセージを送る
[私]はこのまま男と別れて二度と会わないわけにはいかないと思った。
携帯を取り出して男にメッセージを送ろうと思ったが、すぐには文面が思いつかない。
何度か思案して「ごめんなさい、私が悪かったです。二度と逆らいませんから許してください」と書いて男にメッセージを送った。
男からすぐには返事が来なかった。
[私]は不安な気持ちで男から返事が来るのを待ち続けた。
end
scene 男から返信のメッセージが来る
ずいぶんと時間がたってから男から返信が送られてきた。
私はメッセージを開くとき、不安で心臓が締め付けられて痛くなった。
「二度と逆らわないと約束するなら、また会ってやってもいい」と男から来たメッセージを読んで[私]は嬉しくて思わず涙ぐんだ。
男ならこんなことくらいで涙がでたりはしないものだが、今の[私]は女だ。
ちょっとしたことでもすぐに嬉しくて涙がでてきちゃうのは仕方がない。
end
scene 服を探したが下着が見つからない
私は「すぐ行きます」とだけ返事を書くと、ベッドから降りて服を着ようとした。
だけど[下着]がどこにも見つからない。
バスルームやベッドの下を大急ぎで探したがブラジャーとセーラー服はあるのに[下着]だけがない。
私は男を待たせるわけには行かないと思って[下着]を探すのは諦めた。
end
scene 先に帰った男に公園に呼び出される
{男に謝りのメッセージを送る}
{男から返信のメッセージが来る}
「ありがとうございます、二度と逆らわないって約束します」と私が返事を書くとすぐに「今近くの公園にいるからすぐ来い。ラブホテルの裏だからすぐわかる」と男からメッセージが来た。
{服を探したが下着が見つからない}
ラブホテルの部屋を出て、裏道に入ると奥に公園らしい林が目に入った。
暗い夜道を歩いて林の方角へすこし歩くと公園の入り口が見えた。
公園の中に入ると、ベンチが沢山並んでいてどのベンチにもカップルが肩を寄せ合って座っている。
奥の噴水の前まで来ると、ベンチに男が一人で座っているのが見えた。
暗くてはっきりとは分からないが私を呼び出した男らしい。
私が男に近づくと男は私に向かって手を振っているのが見えた。
やっぱりさっきの男らしい。
私が男のすぐ横に座ると「じゃあ、さっそく口でやってもらおうか」と言い出した。
私はまだ男が私に[フェラチオ]をさせたがっているのが分かって、なんだか随分と執念深い男だと思った。
さっき携帯で「二度と逆らわないって約束します」と送ったからには男の言うとおりにするしかない。
男がズボンのチャックを開けると、薄暗い公園の明かりのなかで男の[男性性器の愛称]が見えた。
[私]は男の前に膝を付くと、男の股間に顔を寄せた。
[私]は[フェラチオ]なんかしたことがないからどうしていいのか分からない。
ともかく口のなかに入れればいいと思って口を開いた。
男は[私]が[フェラチオ]しやすいようにと足を左右に広げて腰を前に押し出してきた。
[私]は思い切って勇気をだして舌を伸ばすと男の[男性性器の愛称]に軽く触れた。
[男性性器の愛称]は熱くて舌が焼けどしそうな感触があった。
舌先で男の[男性性器の愛称]を舐めあげると、ションベンの味と塩気のある甘ったるい味が混ざり合ったような変な味がした。
そのまま口の中に含むと[私]の口の中で[男性性器の愛称]が大きさを増して、すぐに口いっぱいに膨れ上がった。
{フェラチオする行為}
end
;****************************************
;* 女体化してラブホテル *
;****************************************
title 女体化してラブホテルに連れ込まれる
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{章番号}
{メールで男と待ち合わせをする}
{男と一緒に行くことになる}
{章番号}
{待ち合わせた男にラブホテルに連れ込まれる}
end
select ラブホテルで他の女と一緒になる
ラブホテルで中学生の女と一緒になる
ラブホテルで女子高生の女と一緒になる
end
scene ラブホテルで中学生の女と一緒になる
{相手が女子中学生の設定}
{ラブホテルで他の女の隣の部屋に入る}
{隣の部屋にカップルが入った場合}
end
scene ラブホテルで女子高生の女と一緒になる
{相手が女子高生の設定}
{ラブホテルで他の女の隣の部屋に入る}
{隣の部屋にカップルが入った場合}
end
scene お茶の支度をして男に出す
男はベッドの横に座ると、上着を脱ぎ始めた。
[私]は気を利かせてテーブルの上にある電気ポットのスイッチを入れてお茶の支度をはじめた。
電気ポットの横には湯のみ茶碗が二つあって、ウーロン茶のティーバッグが二つ置いてある。
[私]は自分でお茶などいれたことはないが、男に気に入られるにはお茶の支度くらいはした方がいいと思った。
男はシャツとズボンを脱いでトランクスとランニングシャツだけの姿になった。
[私]がウローン茶の入った湯のみを男に渡すと、男は当たり前の様な顔で礼も言わない。
女がお茶を入れるのは当たり前だと思っているらしい。
end
scene ラブホテルで他の女の隣の部屋に入る
廊下の奥でエレベータが来るのを待っていると、[私]達のあとからカップルが並んだ。
女の方は[相手の女の服装]を着てまだ[女の種類]らしい女の子で男はかなり年上の中年の男だ。
親子でラブホテルに来るはずはないので、[男女関係]のカップルらしい。
エレベータのドアが開いたので、[私]達が先に中にはいるとカップルも一緒にエレベータに乗った。
[私]は女の子の事が気になったが目を合わせるとまずいと思ってわざと視線をそらせた。
エレベータが止まると、カップルが先に降りた。
[私]達と同じ階の部屋らしい。
カップルが廊下を先に進むと、部屋に入るのが見えた。
[私]達の部屋はカップルが入った部屋のすぐ隣だったので[私]はなんだかいやな予感がした。
男が先に部屋に入ったので[私]も男の後から部屋の中に入った。
{部屋の中を見まわしたが特段に変な物もない}
{お茶の支度をして男に出す}
end
scene 隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る
不意に「-
{助けを求める台詞}
」と叫ぶ女の声が聞こえてきた。
どうやらさっき隣の部屋に入ったカップルの女の声らしい。
ここはラブホテルだ。
男と女が二人で部屋に入れば、何が起きるかはわかり切ったこと。
援助交際のカップルが何をしようと[私]には関係のないことだ。
end
scene 隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る
しばらく女の叫ぶ声が聞こえていたが「自分で脱ぎますから手を離してください」と女が大声で怒鳴るのが聞こえた。
どうやら女の方も諦めて覚悟を決めたらしい。
「さっさと脱ぐんだ。つべこべ言うんじゃない」と男が女を怒鳴りつける声が聞こえてきた。
end
scene 自分も同じ体験をすると思うと期待で胸が一杯になる
これから自分も同じ体験をすることになるに違いないと思うと、嬉しさと期待で胸が一杯になった。
[私]はベッドの上に横になると、膝を立てて足を広げた。
アダルトビデオで女が男を迎えるときの格好だと知っていたからだ。
{正常位のレイプ}
{女の体のままで居たいと思う}
end
select 隣の部屋にカップルが入った場合
女が自分で服を脱ぐと言うのが聞こえて私も服を脱ぐ
男がビデオをつけると隣の部屋のベッドが映る
隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る
end
scene 隣の部屋の声を聞いて自分から服を脱ぐことにする
[私]は男に言われる前に自分で服を脱いだ方がいいような気がした。
どうせラブホテルの部屋に入ったんだからやることは決まっている。
変にさからって乱暴にされるよりは、最初からいいなりになったほうがましだ。
[上の表着]を脱ごうとしたとき[私]は急に不安になった。
{男の体に戻っているのではと不安になる}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
end
scene 女が自分で服を脱ぐと言うのが聞こえて私も服を脱ぐ
{隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る}
{隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る}
{隣の部屋の声を聞いて自分から服を脱ぐことにする}
{服を脱いで自分の体を見る}
女が大声で「-
{男性性器が入ってる台詞}
と叫ぶ声が聞こえてきて、[私]は隣の部屋で何が起きているのか分かった。
もしかして女は本当に初めてだったのかもしれない。
だけど援助交際をするような女は平気で嘘をつく。
初めての振りをして男から金を巻き上げようという魂胆なのかもしれない。
「-
{喘ぎ声}
」と女がまるでサイレンのような声を上げるのを聞いて、[私]は体が急に熱くなって足が震えてきた。
{自分も同じ体験をすると思うと期待で胸が一杯になる}
end
scene 液晶テレビに隣の部屋のベッドが映る
[私]が男の横に座ろうとしたとき、男がテレビのリモコンを手に取ってスイッチを入れた。
目の前の液晶画面には女の上に体を重ねた男の背中が映っている。
男が腰を動かすたびに、女が苦しそうに顔を歪めている
アダルトビデオらしいと私は気が付いたがアダルトビデオにしてはなんだか変だ。
カメラがベッドの真上にあるらしくて、盗撮ビデオ物の裏ビデオらしい。
男の腰の動きがいきなり激しくなくと「-
{喘ぎ声}
」と女が大声で叫ぶのがスピーカーから聞こえてきた。
だがなんだか変だと[私]は気が付いた。
隣の部屋からも同じ声がはっきりと聞こえて来る。
[私]は女の顔が、さっき隣の部屋に入った女らしいと気が付いた。
どうやらこのラブホテルには天井に隠しカメラがしかけてあって、他の部屋からも見られるらしい。
ビデオに映った男は女の反応を確かめながら、すこしずつ腰の動きを強くしたり弱くしたりを繰り返してる。
随分と女と遊びなれた男らしい。
女の体を知り尽くした男に、徹底的に攻められたら[女の種類]の女の子がどれだけ快感を感じるのか想像もつかない。
end
select 男がビデオをつけると隣の部屋のベッドが映る
隣の部屋の女のセックスを見た後に自分から男を求める
隣の部屋の女が輪姦されているのを見て逃げようとしてレイプ
隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ
end
scene 隣の部屋の女のセックスを見た後に自分から男を求める
{隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る}
{隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る}
{隣の部屋の声を聞いて自分から服を脱ぐことにする}
{服を脱いで自分の体を見る}
{液晶テレビに隣の部屋のベッドが映る}
男がリモコンのスイッチを操作するとテレビの画面が消えた。
だが隣りの部屋から聞こえてくる女の声は、[私]の耳にはっきりと響いきた。
{自分も同じ体験をすると思うと期待で胸が一杯になる}
end
scene 隣の部屋の女が輪姦されているのを見て逃げようとしてレイプ
{隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る}
{隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る}
{隣の部屋の声を聞いて自分から服を脱ぐことにする}
{服を脱いで自分の体を見る}
{液晶テレビに隣の部屋のベッドが映る}
「-
{死んじゃうと絶叫する声}
」と女が大声で叫んだときに、男は急に腰の動きを止めた。
男が体を起こして女から離れると、女の体が引きつって震えるのが見えた。
よっぽど気持ちがよかったらしい。
女は涙を浮かべて泣きじゃくっている。
男がもう一度ベッドの上に上がって、女に体を重ねてきた。
[私]は男の背中を見て、さっきまで女を責めていた男ではないと気が付いた。
肩の骨格が違うし、日焼けした肌の色も違う。
[私]はその時になってやっと女の相手をしているの男が一人ではないらしいと気がついた。
そういえばさっきから聞こえる男の声も一人ではなかった気がした。
いくらなんでも[女の種類]の女を輪姦するなんて、たとえ援助交際の遊びでも酷すぎる。
[私]は急に腹が立ってきた。
「私帰ります」と言って[私]は服を着ようとした。
{いまさら帰れる訳ないだろうと言って男が私をベッドに押し倒した}
{正常位のレイプ}
end
scene 携帯の呼び出し音がして男がバスルームから出てきて通話を始める
不意に携帯の呼び出し音が聞こえて[私]は我に返った。
男の携帯がなったらしい。
私が男の携帯に出るわけにもいかないので、しばらく待っていると男がバスルームから裸のまま出てきた。
男は携帯を取り上げてベッドの脇に座ると、通話を始めた。
何の話をしているのかは分からなかったがどうやら相手は女らしい。
いつまでたっても男は携帯で話すのをやめる様子はない。
かれかれ一時間近くも男が携帯で話を続けるので、私は呆れてしまった。
目の前に女がいながら、他の女と延々と携帯で話をするなんていったいどんな神経をしているのだろうと私は腹がたってきた。
相手の女が誰だかは分からないが、[私]よりもその女の方が大事だってことには間違いなさそう。
end
scene 男がシャワーを浴びる間にビデオを見る
男は[私]をベッドに置き去りにしたまま、バスルームに入ってシャワーを浴び始めた。
[私]は男がすぐに戻ってきてくれるとばかり思って、それまで液晶テレビを見て時間を潰すことにした。
女が繰り返し絶叫するのを見て[私]はなんだか自分の体がだんだんと変な気分になっていくのに気が付いた。
本来なら[男性性器の愛称]が大きくなっているはずだが、その代わりに[女性性器の愛称]が熱くなって変な感じだ。
[私]は[下の表着]の下に手をいれて[女性性器の愛称]を触って確かめてみた。
指先が[女性性器の愛称]に触れた瞬間にまるで電気が流れたような感触が私の[女性性器の愛称]から私の体全体に広がって[私]は思わず体を震わせた。
軽く指が触れただけなのに飛んでもなく気持ちがい。
その上指先が濡れておもらしでもしたように濡れている。
end
scene 男を部屋に置き去りにしてラブホテルを出ようとする
[私]は試しに腰かけていたベッドから立ち上がると、こっそりとドアの前まで歩み寄って男の様子を見た。
[私]が部屋から出ようとしているのに気が付いたら、きっと電話を止めて私を引き留めてくれるとばかり思っていた。
だが[私]の期待に反して男は、ずっと電話に夢中で[私]に気が付いたそぶりも見せない。
[私]はこれでは男に何を期待しても無駄だと諦めて、ドアを開けて廊下にでた。
私はこのまま男を置き去りにしてラブホテルをでていいものか一瞬迷ったが、男が私を追いかけてこない以上はもう仕方ないと思った。
end
scene 隣の部屋の女のセックスを見てオナニーして隣の部屋の男にレイプ
{隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る}
{隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る}
{液晶テレビに隣の部屋のベッドが映る}
「どうだお前もこんな風にされたいんだろう」と男に言われて[私]は体が一気に熱く燃え上がった。
[私]は男がすぐに私を可愛がってくれるとばかり思って期待で胸が一杯になった。
男は[私]の出したウーロン茶を飲み終わると下着を脱いで丸裸になった。
[私]も自分で服を脱いだ方がいいかと思ったが、自分から誘っているように思われるのも嫌だし男に脱がせてもらった方がいいと思って、そのまま座っていた。
{男がシャワーを浴びる間にビデオを見る}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
{携帯の呼び出し音がして男がバスルームから出てきて通話を始める}
{男を部屋に置き去りにしてラブホテルを出ようとする}
{ラブホテルの部屋を出て隣の部屋に入る場合}
end
scene 隣の部屋から女がでてくるのに出くわす
さっきまで私が盗撮ビデオで見ていた[女の種類]の女だとすぐ分かった。
女は口元が半開きになって、焦点の定まらない目つきだ。
「そっちはどうだったの。楽しめた?」と女が私に声を掛けてきた。
「私の方は、あんまり凄いんで死んじゃいそうだった」と女が続けて言うのを聞いて私は女が演技で感じたふりをしていたのではなかったらしいと気が付いた。
end
scene 部屋から男が出てきていくら欲しいんだと聞かれる
女がエレベータに歩み寄ろうとしたとき、ドアが大きく開いて部屋から男が顔を覗かせた。
どんな男なんだろうかと男の顔を見つめた時、男と視線が合って[私]は思わず体が震えた。
さっき[オナニー]したばかりの私の体は男に可愛がってもらいたくて[女性性器の愛称]がうずうずしているのが自分でもわかった。
「いくら欲しいんだ」と男が口を開いた。
[私]は男が[私]を金で買って[男女関係]をするつもりらしいと気が付いて気分が高揚した。
「五万円でいいです」と[私]は小さな声でやっとの事で答えた。
「じゃあ、きまりだ」と男がすぐに返事をしたのを聞いて私は嬉しくて体が宙に浮いたような気分になった。
end
scene 男に部屋に招き入れられてレイプ
男が[私]の手を取って部屋の奥に招き入れると、すぐにベッドに押し倒してきた。
{正常位のレイプ}
end
select ラブホテルの部屋を出て隣の部屋に入る場合
ラブホテルの部屋を出るとすぐに隣の部屋から女がでてくる
ラブホテルの玄関で思い直して部屋に戻るとき隣の部屋の女と出くわす
end
scene ラブホテルの部屋を出るとすぐに隣の部屋から女がでてくる
忍び足でエレベータの前まで歩き始めると、私の部屋の隣のドアが空いて女が出てきた。
{隣の部屋から女がでてくるのに出くわす}
{部屋から男が出てきていくら欲しいんだと聞かれる}
{男に部屋に招き入れられてレイプ}
end
scene 受付でカップルが仲良くしているのを見つける
エレベータで一階に降りると、正面の受付の玄関から外へ出ようとした。
そのとき受付の奥の待合室に部屋が空くのを待っているカップルが座っているが目に入った。
女の方は[女の種類]らしく[相手の女の服装]を着ていて相手は腹の出た中年の男だ。
このラブホテルには[男女関係]のカップルがよく来るらしい。
女はソファーに座って足を大きく開いた格好で男にキスをされている。
男の手が女の[相手の女の服装]を捲りあげて、[下着]の中で動いているのがはっきりと見えた。
まるで痴漢みたいな男の手の動きに合わせるように女が体を捩って腿を震わせている。
[私]はその光景を見て、急に足が震えて止まらなくなった。
end
scene 女体化した秘密を知ってるかもしれないので男と別れる訳には行かない
[私]が今朝急に女体化した秘密を男が知っているかもしれないと思うと、これっきりで別れる訳には行かない。
end
scene 男の居る部屋に戻ろうか迷う
このままラブホテルから出たら、さっきの男とはもう二度と会う機会はないかもしれない。
{<女体化した秘密==男が知っているかもしれない>女体化した秘密を知ってるかもしれないので男と別れる訳には行かない}
それに男だって電話が済めば、今度はきっと[私]の相手だってしてくれるに違いない。
end
scene ラブホテルの玄関で思い直して部屋に戻るとき隣の部屋の女と出くわす
{受付でカップルが仲良くしているのを見つける}
{男の居る部屋に戻ろうか迷う}
[私]は思い直して、男が居るさっきの部屋に戻ることにした。
エレベータに乗ってさっきの階まで戻ると、部屋番号を頼りに部屋を探した。
ちょうど私が居た部屋の隣の部屋の前を通り過ぎようとしたときいきなりドアが開いて[相手の女の服装]を着た女がでてきた。
{隣の部屋から女がでてくるのに出くわす}
{部屋から男が出てきていくら欲しいんだと聞かれる}
{男に部屋に招き入れられてレイプ}
end
scene 隣の部屋の女がドアを叩いて助けを求める
ドンドンと何度もドアを叩く音が続くと「お願いします、助けて下さい」と女が叫ぶ声が聞こえてきた。
隣の部屋の女が助けを求めて逃げてきたらしい。
男は面倒くさそうな顔で、ドアに歩みよるとドアを開けて外の様子を確かめた。
ドアの隙間をこじ開けるようにして全裸の女が部屋に入ってきた。
やっぱりさっき隣の部屋に中年の男と一緒に入った[女の種類]の女だ。
[女の種類]がラブホテルに男と一緒に入るなんて言うのは大概が[男女関係]だ。
金だけもらって逃げてきたのかと思ったが、それなら裸で逃げてくるはずはない。
end
scene 女がフェラチオするのを見て部屋から逃げ出して隣の部屋の男に捕まってレイプ
[上の表着]を脱ごうとしたとき、ドアを叩く音がした。
{隣の部屋の女がドアを叩いて助けを求める}
「いくら貰ったんだ」と男が女に声を掛けた。
「五万くれるって約束だったんです。前金だって約束なのにまだお金貰ってないんです」と女が言い出した。
[私]はなるほどと女がなんで部屋から逃げ出したのかの理由に気が付いた。
「俺が10万やるから、俺の言うことを聞け。それでいいだろう」と男が女に言った。
「それでいいです」と女が答えると「じゃあ、まず口でやってもらうおか」と男が言い出した。
女は少し困った顔をしたが、すぐに男の前に膝を付いた。
男がトランクスを下げると、女は唇を寄せて舌を使い始めた。
男の[男性性器の愛称]はすぐに大きくなって、女の口いっぱいになった。
この男は[フェラチオ]をしてもらうなら相手は誰でもいらしい。
[私]と一緒にラブホテルに来ておきながら他の女に[フェラチオ]させるなんて本当に腹が立つ。
女の方も金さえ貰えれば誰にでも[フェラチオ]するというとんでもない女だ。
[私]までこんな女と同じ淫乱女だなんて思われたくない。
[私]は女のやることを見ていて馬鹿らしくなって、部屋をでた。
エレベータに乗ろうとして廊下を歩きだすと、いきなり隣の部屋のドアが開いた。
さっき女が逃げ出してきた部屋だ。
裸の男が部屋から出てくるのを見て[私]はこれはまずいと気が付いた。
エレベータのドアが開くのが見えたので[私]は男を避けて急いでエレベータに乗ろうとした。
だが男の手がすばやい動きで[私]の手首を掴むと引っ張りながら捩じりあげてきた。
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
男は私を部屋の中に引きずり込んだ。
部屋の床にはさっきまでいたはずの[女の種類]の[相手の女の服装]や下着が散ばっているのが見えた。
「おい、お前が女を逃がしたんだろう。ちゃんとわかってるんだ。金はちゃんと払ってあるんだ」
「代わりにお前が相手だ」と男が私を怒鳴りつけてきた。
[私]は男が金を払ったと言っているのを聞いてさっきの女とは話が違うと気が付いた。
どっちかが嘘をついているはずだと思ったが、どっちが嘘をついていても今の私には関係ないとすぐに思い知らされた。
{正常位のレイプ}
end
scene 女のあとから男が部屋に入ってきて4Pレイプ
{服を脱いで自分の体を見る}
男の横に座ろうとしたとき、ドアを叩く音がした。
{隣の部屋の女がドアを叩いて助けを求める}
女のすぐ後から全裸の男が女を追いかけて入ってきた。
男が「その女返してもらおうか」と大声をだして脅かすような態度を見せると女の子はよっぽど怖い思いをしたらしくて涙をながして泣き出した。
「返す訳にはいかない、この女は俺の女だ」と私の連れの男が言い返した。
見知らぬ女を俺の女だと言い切って守ろうとする男の態度を見て、[私]は男らしくてカッコいいと惚れ惚れした。
「勝手な事を言うんじゃねえ」と部屋に入ってきた男がまた大声で怒鳴ると、男二人はしばらくにらみ合いをつづけた。
やっかいなことになって、[私]にもとばっちりが来るのは嫌だと思いながら[私]は胸をドキドキさせながら事の成り行きを見守った。
部屋に入ってきた男が素直に部屋から出て行ってくれれば丸く収まるけどそうでないなら喧嘩になる。
男二人が本気で喧嘩を始めたりしたら、どんなことになるのか怖くて想像もつかない。
しばらくにらみ合いが続いた後部屋に入ってきた男が「その女はくれてやる、代わりにそっちの女をもらうぜ」と言って[私]を指さした。
[私]はすぐには男が何を言ってるのか理解できなかった。
「それで決まりだ」と[私]の連れの男が言うとすぐに部屋に逃げてきた女をベッドに押し倒した。
部屋に入ってきた男が[私]に歩み寄ってきたのを見て[私]は男二人が[私]と逃げてきた女をどうするつもりなのか気が付いた。
二人とも[男女関係]の女と毎日のように遊んでいる男達だ。
相手の女は誰でもいいらしい。
部屋に入ってきた男もすぐに私をベッドに押し倒してきた。
{正常位のレイプ}
end
select 隣の部屋の女が助けを求めて逃げてきた場合
女がフェラチオするのを見て部屋から逃げ出して隣の部屋の男に捕まってレイプ
女のあとから男が部屋に入ってきて4Pレイプ
end
scene 隣の部屋の女が助けを求めて逃げて来る
{隣の部屋の女が助けを求める声が聞こえて来る}
{隣の部屋の女が自分で脱ぎますというのが聞こえて来る}
{隣の部屋の声を聞いて自分から服を脱ぐことにする}
{隣の部屋の女が助けを求めて逃げてきた場合}
end
scene ラブホテルで男に相手にされずに部屋を出る
{男とラブホテルの部屋にはいる}
{ラブホテルで裏ビデオを見せられる}
{男がシャワーを浴びる間にビデオを見る}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{携帯の呼び出し音がして男がバスルームから出てきて通話を始める}
{男を部屋に置き去りにしてラブホテルを出ようとする}
{相手が女子高生の設定}
{受付でカップルが仲良くしているのを見つける}
{男の居る部屋に戻ろうか迷う}
{男の居る部屋に戻ろうかと迷った場合}
end
select 男の居る部屋に戻ろうかと迷った場合
援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻ることにする
ラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ
end
select 部屋に戻って男が女にフェラチオをさせているを見た場合
ラブホテルを出ようとして男と出会ってレイプ
部屋のドアの前で男にフェラチオ
end
scene ラブホテルを出ようとして男と出会ってレイプ
[私]は部屋に入って男を問い詰めようかと思ったがそんな事をしても何の足しにもならない。
どうせ男に邪険にされて嫌な思いをするだけだ。
やっぱり男の事は諦めてラブホテルを出るしかない。
エレベータの前で待っていると、ドアが空いて男が出てきた。
[私]はさっき[私]に「いくら欲しいんだ」と聞いてきた男だとすぐに気が付いた。
男は黙って[私]の横を通り過ぎようとした。
[私]は今しかないと思って「五万円でいいです」と男に声を掛けた。
男は体をぴくっとさせて驚いたように立ち止まると[私]に振り向いて顔を綻ばせた。
[私]は男と一緒に部屋に入った。
男はすぐに[私]をベットに押し倒してきた。
{正常位のレイプ}
end
scene 部屋のドアの前で男にフェラチオ
女は巧みに舌を使いながら、指で[男性性器の愛称]をしごいている。
[私]は女が羨ましくて腹が立ってきた。
本来なら[私]が男に[フェラチオ]をさせてもらっていたはず。
それなのにこんな女に男の[男性性器の愛称]を横取りされるなんて、腹立たしいとしか言いようがない。
{ラブホテルで痴漢に遭う}
さっき[私]に声を掛けてきた男が[私]の後を追いかけてきたらしい。
[私]は部屋の中の男に助けを求めようかと思ったが、すぐには声がでなかった。
いくら相手が痴漢の男でも、お尻を触られるのを見られたら部屋の中の男がどう思うかは分からない。
[私]が自分から男を誘ったんだと思われるかもしれない。
そんなことになったら部屋の中の男は腹を立てて二度と[私]とは付き合わないと言い出しかねない。
{痴漢に下着を膝まで降ろされる}
ここはラブホテルの廊下で見ている人は誰もいない。
痴漢にこの後いったい何をされちゃうのかと思っただけで怖くて足が震えてきた。
[私]は部屋の中の男に見られると困ると思って、そっとドアを閉じた。
痴漢の男は[私]の様子をみて、何をしてもいいと思ったらしい。
男が私の足元にしゃがみ込むと、下から指を突き上げて私の[女性性器の愛称]に押し込んできた。
{男の指が私の女性性器の奥に差し入れられる}
{指マンされて気持ちよくてたまらない}
{指マンされてとても立っていられなくなる}
{男性性器を入れてほしくてたまらなくなる}
部屋の中から女が「-
{オチンチンを入れてと言わされる台詞}
」と大声で叫ぶ声が聞こえてきて[私]は頭が変になりそうになった。
[私]も女と同じことを言いたくてたまらないけど、部屋の中の男に気が付かれると困るので声が出せないのだ。
男は[私]から指を離すと、[私]を男の方に向き直らせた。
[私]はとても立っていられなくてその場にしゃがみ込んでしまった。
男は[私]の様子を見てなにか勘違いしたらしい。
「いますぐしゃぶらせてやるぜ」と男が言うとズボンの前を開けた。
{男にフェラチオしろと脅される}
[私]は部屋の中の男に痴漢の男の声を聴かれてドアの外で何をしているのか気づかれるのはまずいと思って、すぐに男の[男性性器の愛称]に唇を近づけた。
{フェラチオする行為}
end
scene 援助交際の女子高生だと思われたと気が付く
[私]を援助交際の女子高生だと思ったらしい。
こんな所で女子高生が一人で立っていれば援助交際の相手を探していると思われても仕方がない
end
scene 援助交際の男に声を掛けられて部屋に戻ることにする
どうしようかと迷っていると不意に「いくら欲しいんだ」と男の声が聞こえた。
声の方に視線を向けると中年男が立っている。
{援助交際の女子高生だと思われたと気が付く}
[私]はこんな男は相手にしていられないと思って、さっきの部屋にすぐ戻ることにした。
後ろも見ずにエレベータの前まで急いで走ると、男が追いかけて来る。
すぐにドアを閉めるボタンを押すと、エレベータが動き始めた。
さっきの階で降りて部屋番号をたよりに男の居る部屋に戻った。
ドアを叩いてみたが返事がない。
試しにドアを押してみると、ドアが奥に開いた。
さっきの男がきっとまだ部屋に居るはずだと思って、ドアの隙間から部屋の様子を伺ってみるとセーラー服を着た女が床にしゃがみ込んでいるのが見えた。
あれっと思ってよく見ると、女は男の腰に顔を寄せて頭を前後に揺すっている。
[フェラチオ]していることろだとすぐわかった。
さっきから男が電話していた女は最初からこのホテルにいたらしい。
きっと別の部屋で男が来るのを待っていたか、それとも他の男と一緒だったかどちらだと思った。
それに女の顔はさっきみた裏ビデオに映っていた女とよく似ている。
どうも変だと思ったけど、この男はよっぽど女と遊んでいるらしい。
{部屋に戻って男が女にフェラチオをさせているを見た場合}
end
scene ラブホテルの待合室でカップルがフェラチオするのを目撃する
[私]はすぐには決心がつかづに立ち尽くしたまましばらく目の前のカップルを見続けた。
カップルはしばらくキスを続けた後、女が男の腰に顔を埋めて[フェラチオ]を始めた。
ラブホテルの待合室で[フェラチオ]をさせるなんて、とんでもない変態だと思ったが[私]は女が羨ましくて体が熱くなった。
[私]だって、ついさっき男に電話さえかかってこなければ[フェラチオ]をさせられていたはず。
なんでこんな事になってしまったんだろうと思うと悔しさがこみあげてきた。
end
scene ラブホテルで痴漢に遭う
不意に[私]のお尻に変な感触があるのに気が付いて[私]はドキッとした。
誰かが[私]のお尻を触っているらしい。
後ろの様子を確かめてみると中年の男が後ろから[私]に体を寄せている。
end
scene 痴漢に遭ってトイレに逃げ込む
[私]は逃げるなら今しかないと思って、ひっしで男の足を蹴飛ばした。
男がひるんだすきに逃げようと思ったが逃げる場所がない。
すぐ目の前にトイレがあるのが見えたので、[私]は必死の思いでトイレに駆けこんで個室に入った。
end
scene トイレに入って鍵をかける
中から鍵をかけるとこれで一安心と思って便器に座ると体から力が抜けて動けなくなった。
end
scene 痴漢に遭った後トイレで男と携帯で話す
しばらく気持ちが落ち着くのを待っていると携帯が鳴った。
誰だろうと思って出てみると、さっきまで部屋に一緒にいた男だ。
「いまどこに居るんだ」と男に聞かれて[私]はすぐに「一階の待合室の横のトイレです」と答えた。
[私]はついいましがた痴漢に遭ったことを男に聞いてほしくて「いま痴漢にあったんです。受付の前に居たら痴漢に遭ったんです」と勢い込んで男に報告した。
「どんなことをされたんだ」と男に聞かれて「[下の表着]捲られて、[下着]も脱がされちゃったんです」と[私]が答えると「[女性性器の愛称]触って御覧、どうなってるのか報告するんだ」と男に言われた。
[私]が[下の表着]の下に手を入れて[女性性器の愛称]を指で触ってみると指先がぬるぬるしてる。
「もっと気持ちよくなりたいだろう、[女性性器の愛称]を指で触って撫でまわすんだ」と男に言われて[私]は男の意図に気が付いた。
さっきも女と電話しながら同じようなことを相手の女と話していたけど、男が女に何をさせていたのかやっと気が付いた。
いくらなんでもトイレの中で[オナニー]なんかするわけには行かない。
「そんなのできません」と男に言い返すと男は「やらないんなら、電話切るよ、それでいいんだね」と[私]を脅かしてきた。
今男に電話を切られたらこの男に可愛がってもらえるチャンスは永久に来ないかもしれない。
そう思うと、男のいいなりになるしかないと思った。
[私]は諦めてもうどうなってもいいと思って男の指図通りに指を使った。
「おい[男性性器の愛称]大好きなんだろう。いますぐしゃぶらせて下さいと言うんだ」と男に言われて[私]は「-
{フェラチオをお願いする台詞}
」と大声を出した。
「これから俺の部屋に来るんだ、いいな今すぐ来い」と男が言うと電話が切れた。

[私]は今すぐ男に[フェラチオ]させて貰えると思って嬉しくて体が宙に舞い上がる気持ちだった。
end
scene 間違って男性用トイレに入ったと気がつく
[私]はトイレに入るとき、いつもの癖で男子用トイレに入ってしまったことに気が付いた。
end
select トイレで男にオナニーさせられた場合
痴漢の男が待ち伏せしてトイレでフェラチオ
エレベータで痴漢の男に捕まり部屋に連れ込まれてレイプ
end
scene 男にフェラチオしろと脅される
男がズボンとトランクスを膝まで降ろすと男の大きな[男性性器の愛称]が剥き出しになった。
{他人の勃起した男性性器を目の前にして戸惑う}
「おい、やるのかやらないのか、どっちなのかはっきりしろ。それとも痛い目に遭いたいのか」と男が[私]を怒鳴りつけてきた。
end
scene 痴漢の男が待ち伏せしてトイレでフェラチオ
トイレを出ようと思って個室のドアを開けるとすぐ目の前に男が立っているのが見えて[私]はドキッとした。
さっき[私]に痴漢をした男に間違いない。
男の後ろには男性用の小便の便器が見える。
{間違って男性用トイレに入ったと気がつく}
男子用のトイレに逃げ込んでも男から逃げられる訳がない。
「いますぐしゃぶらせてやるぜ、[男性性器の愛称]大好きなんだろう」と男が[私]に声を掛けてきた。
[私]が男と携帯で話していた事はこの男に全部聞かれていたらしい。
[私]は急に恥ずかしくなって体中が熱くなった。
{男にフェラチオしろと脅される}
どうせ部屋に戻ればさっき男に[フェラチオ]させられるのは間違いない。
今すぐフェラチオさせてもらえるなら、早い方がいい気がした。
男は手を伸ばすと[私]の髪の毛を掴んで、[私]の頭を男の腰の前まで引き付けた。
男の力にはとても逆らえない。
私の唇に男の[男性性器の愛称]が触れると、熱くて火傷しそうな感触が伝わってきた。
こうなったらもうやるしかないと[私]は覚悟を決めた。
{フェラチオする行為}
end
scene 男の指が私の女性性器の奥に差し入れられる
男の指がすぐに[私]の[女性性器の愛称]の奥まで差し入れられると、指先を震わせて私を責め始めた。
end
scene 指マンされて気持ちよくてたまらない
男の指先が[私]の敏感な所を探り当てると巧みに攻め始めた。
指先を震わせたり、きつく押さえつけたり、押しまわしたりと動くたびに違う感触が私に襲いかかってくる。
まるで[女性性器の愛称]の奥に[男性性器の愛称]がいっぱい生えてるような感触で[私]は戸惑いを感じた。
自分で[オナニー]するときも[男性性器の愛称]の先端をこすると気持ちいいが、まるで[男性性器の愛称]が百本も[女性性器の愛称]の中に生えてるくらい気持ちいい。
{指で責められただけでこんなに気持ちいいなら男性性器の愛称を入れてもらったらどんなに気持ちいいのか想像もできない}
end
scene 指マンされてとても立っていられなくなる
男の指先は容赦なく、[私]の[女性性器の愛称]を責め続けて[私]はもうとても立っていられなくなった。
end
scene 男性性器を入れてほしくてたまらなくなる
早く[男性性器の愛称]を入れてほしくて、おねだりしたい気持が心の底から湧き上がってきた。
end
scene エレベータで痴漢の男に捕まり部屋に連れ込まれてレイプ
トイレの個室をでると目の前に男性用の小便器があるのに[私]は気が付いた。
{間違って男性用トイレに入ったと気がつく}
誰か他の男性がトイレに居たら困ると思ったけど、トイレには私一人だったので一安心した。
トイレを出ると廊下の奥でエレベータが来るのを待った。
すこし待ってドアが開いたので中に入ると、男の待っている部屋の階のボタンを押した。
ドアが閉まりかけた時、見知らぬ男がドアの隙間からエレベータの中に駆け込んできた。
[私]は男の顔を見て、さっきの痴漢の男らしいと気が付いて怖くて寒気がした。
さっきは男に随分と酷いことをされたが、ここはエレベーターの中。
誰も見ていない。
いったい何をされるの怖くて背筋が寒くなった。
男はいきなり[私]の[下の表着]の下に手を差し入れると[下着]を膝まで一気に降ろした。
[私]はあまりに突然のことに声もだせなかった。
{男の指が私の女性性器の奥に差し入れられる}
{指マンされてとても立っていられなくなる}
{男性性器を入れてほしくてたまらなくなる}
「びしょ濡れじゃないか、いつもここで男を漁ってるんだろう」と男が[私]の耳元で囁いてきた。
「[フェラチオ]が大好きなんだろう、毎日しゃぶらないと我慢できないんだろう」と男に言われて[私]はトイレでの出来事を男に聞かれていたらしいと気が付いた。
トイレで私の声を聞かれたら[私]の事を毎日男漁りをしている女だと思われてもしかたない。
エレベータが途中の階で止まると、男はドアの延長ボタンをおしてエレベータを止め続けた。
「もっと気持ちよくさせてやるぜ」と男が言うと-
{指マンされて気持ちよくてたまらない}
「いくら欲しいんだ。金ならいくらでもやるぜ」と男に言われて私はもう男の言うなりになるしかないと覚悟を決めた。
「お願い、早く入れて。いくらでもいいです」と[私]はやっとの事で男に返事をした。
男は[私]をエレベータから連れ出すと、部屋に引きずり込んだ。
{正常位のレイプ}
end
scene 痴漢に下着を膝まで降ろされる
男は[私]が逆らわないことをいいことに、[私]の[下の表着]を捲りあげて[下着]を膝のあたりまで引きずって降ろした。
朝の通学電車の痴漢なら、周りの人が見ているから痴漢と言ってもやる事に限度がある。
end
scene ラブホテルで痴漢に遭ってトイレに逃げ込んでレイプ
{ラブホテルの待合室でカップルがフェラチオするのを目撃する}
{ラブホテルで痴漢に遭う}
男の手は最初は微かにお尻に触れているだけだったが、だんだんと大胆になって[下の表着]の下に入ってきた。
{男だから痴漢の体験はない}
女子高生が毎朝痴漢に遭って困っているという話を聞いて、どうして大声で助けを呼ばないのだろうと不思議に思っていたが実際に自分が痴漢に遭ってみるととても声など出せない。
自分が痴漢に遭っているを知られるのが恥ずかしいせいもあるが、怖くて体が凍り付いたようになって声が出せないのだ。
{痴漢に下着を膝まで降ろされる}
ここはラブホテルの待合室だ。
カップルがいちゃいちゃしてエッチな事をしていたって誰も気になんかしない。
[私]が痴漢にどんなことをされようと誰も助けてなんかくれるはずはない。
男の指先が[私]の[女性性器の愛称]をなぞるようにして動き始めた。
見知らぬ男に卑猥なことをされているとは分かっているけど、さっき部屋で男に触られた時よりも数倍気持ちがいい。
自分でも[女性性器の愛称]がおかしくなってくるのがはっきりと分かった。
女の体というのはよく分からない。
嫌なことをされるばされるほどもっとして欲しくてたまらない気持ちになってしまうのだ。
男の指先がくすぐるように動いてくると、[私]は頭のてっぺんまで電流が流れるような感触が貫くと膝ががくがくと震えだした。
男が[私]の耳元で「いくら欲しいんだ」と聞いてきた。
{援助交際の女子高生だと思われたと気が付く}
[私]はどう返事をしていいのか、自分でも自分の気持がわからなかった。
もっと気持ちよくしてもらえるなら、この男に体を買ってもらった方がいいような気もしたが、その一方ではこんな変態男の相手などしていられないと気持ちの方が強かった。
部屋が空いたらしくて目の前のカップルが立ち上がった。
男が一瞬[私]の[女性性器の愛称]から指を離した。
{痴漢に遭ってトイレに逃げ込む}
{トイレに入って鍵をかける}
{痴漢に遭った後トイレで男と携帯で話す}
{トイレで男にオナニーさせられた場合}
end
scene ラブホテルの天井が鏡になってる
{男に裸になれと命じられる}
{男の前で全裸になる}
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
[私]が顔を真上に向けた時、[私]は天井が鏡になっているのに気が付いて思わずドキッとした。
見慣れない顔の女が足を広げて、男を待っている姿は自分で見ていても色っぽくて変な気分になってくる。
男が[私]の上に体を重ねると、枕元のスイッチを押した。
天井の鏡がゆっくりと下に降りてくると、私のすぐ顔の上で止まった。
ベッドの腰の部分が下からせりあがって来ると、細かく震えながら上下に動き出した。
男の腰の動きとベッドの上下する動きが重なって、[私]の体が波打つように動くのが鏡ではっきりと見えた。
[私]の顔がゆがんでみっともない表情をしているのか見えて[私]は恥ずかしくなった。
女は気持ちがよくなると、顔が変になるらしい。
部屋の明かりが少しづつ暗くなると、ピンク色から紫色、青色と変わりながら点滅を繰り返しはじめた。
ラブホテルというのは雰囲気を盛り上げるためにいろいろと工夫してあるのだと気が付いて[私]はすっかり感心してしまった。
{正常位のレイプ}
{女の体のままで居たいと思う}
end