;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル 女体化                *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene お仕置とは何かと聞いて怒鳴り返される
「お仕置きってなんですか」と[私]は男に聞いてみた。
男は「つべこべ言うんじゃねえ、俺に口答えする気か」とまた[私]を怒鳴りつけてきた。
end
scene お仕置きでお尻を叩かれる
{お仕置とは何かと聞いて怒鳴り返される}
いきなり男が私のお尻を掌で叩きつけてきて私は体が飛び上がった。
お仕置きというのはお尻を叩くことらしい。
男は「一つ、二つ」と数を数えながら[私]のお尻を叩き始めた。
繰り返し男の手が私のお尻に叩きつけられると痛くて死にそうになった。
「やめて下さい」と[私]は必死で男に頼んだが男は止めてくれる気配はない。
end
scene お仕置きされて感じてくる
男に尻を叩かれる度に[私]は自分の体が変な感じになって来るのに気が付いた。
[私]の体には今は[男性性器の愛称]はついていないのになんだか[男性性器の愛称]が大きくなったような気がする。
[男性性器の愛称]の代わりに俺の[女性性器の愛称]が熱くなってきちゃってるらしい。
なんだか[女性性器の愛称]がぬるぬるしてきてるような気がする。
男が私のお尻を叩くたびに[女性性器の愛称]が火箸でつつかれるような気がして体が震えだした。
どうしてお尻を叩かれてこんな気持ちになるのか訳が分からない。
男は私の様子を見てさらに力を込めて[私]のお尻を叩きつけてきた。
[私]は体に襲い掛かる快感に耐え切れずに背中を仰け反らせて体中を震わせた。
end
scene 50発叩いてお仕置きが終わる
男が50発私のお尻を叩き終わると私は痛くてお尻の感触がなくなっていた。
end
scene 女性性器の愛称がびしょ濡れになっているのに気が付く
[女性性器の愛称]はびしょびしょに濡れていて、自分でもおもらしをしたと勘違いしそうなくらいだ。
end
scene 女性性器の愛称を撫でると気持ちいい
指先で[女性性器の愛称]をそっとなぞってみると、まるでオナニーするとき自分の[男性性器の愛称]をこすった時みたいに気持ちがいい。
あまりに気持ちがよすぎて[私]は自分で[女性性器の愛称]をなぞるのが止められなくなった。
[女性性器の愛称]がさらに湿り気を増して、指先がぬるぬるになった。
end
scene 女性性器の愛称がびしょ濡れになって触るのが止められない
私はやっとのことで仰向けになると、自分で[女性性器の愛称]を指で探ってみた。
{女性性器の愛称がびしょ濡れになっているのに気が付く}
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
[私]の体はまたさっきみたいに震えだして止まらなくなった。
end
scene 自分が女のオナニーをしているのだと気が付く
[私]は今自分がしてるのは女の[オナニー]だと気が付いた。
男の[オナニー]だったら殆ど毎日してる。
だけど女の[オナニー]を経験するのはこれが初めてだ。
end
scene 女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く
男だったら[オナニー]しても気持ちいいのは最後の射精の時だけであとはいろいろ妄想するだけ。
[男性性器の愛称]がおっきくなってもそんなに気持ちいいわけじゃない。
だけど女の[オナニー]は全く別物だ。
[女性性器の愛称]に軽く触れただけで、射精したときよりももっと気持ちいい。
まるで射精が何十回と続いて起きてるような感覚だ。
男の[オナニー]に比べたら女の[オナニー]の方が十倍どころか百倍くらい気持ちいい。
いちどこんな快感を味わったらもうとても止められない。
[私]は自分で[女性性器の愛称]に指を使うのが止められなくなった。
[女性性器の愛称]といっても触る場所によって感覚が違う。
気持ちいい場所を探して、触り方を変えてみると急に体の震えがだしたりして訳が分からない。
まるで夢の中にいるみたいで[私]はいつの間にか体中が震えて止まらなくなった。
end
scene お仕置きのあとオナニーが止められなくなる
{女性性器の愛称がびしょ濡れになって触るのが止められない}
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
end
scene アナルに軟膏を塗られる
[私]の[アナル]に冷やりとした感触があって、[私]はあれっと思った。
男が[私]の[アナル]に何か軟膏のようなものを塗ったらしい。
男の指先が[私]の[アナル]に押し入れられくと、もみほぐすような動きで[アナル]を広げた。
[私]は男の意図が分からなくて、戸惑いを感じた。
end
scene クリトリスの感度は男性の10倍だと本で読んだことがある
[クリトリス]は[女性性器の愛称]とは少し離れていて男性の[男性性器の愛称]に相当する器官だと本で読んだことがある。
大豆くらいの大きさだが触られるととんでもなく気持ちがよくて、男性の[男性性器の愛称]みたいに大きくなるとかの話だ。
もちろん大きくなっても[男性性器の愛称]と比べたらずっと小さいが、[男性性器の愛称]よりも10倍くらい気持ちいいらしい。
実際に自分で体験してみると、10倍ところか100倍くらい気持ちいい。
end
scene バイブで責められる
ブーンという音が微かに聞こえてきて[私]はあれっと思った。
まるで虫が飛ぶ時の羽根音のような低い音は、近くから聞こえて来る気もするが、[部屋]の外から聞こえて来るようも聞こえて何の音だか分からない。
不意に[私]の腿の内側に振動する物が押し付けられてきて、音が[私]のすぐ後ろから聞こえて来るらしいと[私]は気が付いた。
くすぐったいような感触は細かく震えていて男の指先の動きとは明らかに違う。
{バイブレータの設定}
変だと思って頭を股の間に向けてみると、男が私の腿になにか[バイブの色]の[バイブの形]の道具を押し当てているのが見えた。
ブーンという低い振動音はその道具から聞こえて来るらしい。
男が道具を私の内腿に軽く触れるようにしながら上下に動かしてきた。
くすぐったい感触が私の腿に伝わると、まるで電気が流し込まれたように痺れるような感触が私の腿から腰に掛けて広がった。
まるでマッサージ器みたいだと思ったが、私はその道具が普通のマッサージ器にしては、色も形も変だと不審な気がした。
よくよく見ると道具の先端が[男性性器の愛称]の先端とそっくり同じ形をしている。
いったいこの道具は何に使うんだろうと思ったとき、[私]は以前アダルトビデオで似たような道具を見たことを思い出した。
これと同じような道具でアダルトビデオの女優が[女性性器の愛称]を責められて、狂ったように泣きじゃくっている場面を思い出して[私]は、男が手に持っているのはバイブレータに間違いないと確信した。
バイブレータはもともと女の[女性性器の愛称]に入れて使うものだ。
そのために形も[男性性器の愛称]そっくりにできている。
アダルトビデオで見た時はなんで女があんなに体を捩って気持ちよさそうにしているのか理由が分からなかったが、実際にバイブレータの実物を見ると理由に納得した。
マッサージ器みたいに、先端が細かく震えるからあんなに気持ちよくなっちゃうんだ。
普通に男の[男性性器の愛称]と同じ形の物を女性の[女性性器の愛称]に入れたって絶対に気持がいいはずがない。
女が気持ちがいいのは大好きな男の一番大事な物を[女性性器の愛称]に入れてもらうからだ。
作り物の[男性性器の愛称]なんか入れられても気持ちが良いはずがないが、先端が振動するとなると話は別だ。
いったいどんな風に気持ちよくなっちゃうのか、とても想像がつかない。
男はきっと[私]の[女性性器の愛称]にバイブレータを入れるつもりに違いない。
バイブレータと実際の男の[男性性器の愛称]のどちらが気持ちいいのかは、実際に体験しないと分からない。
[私]はいますぐとっちが気持ちいいのか比べられると思うと、期待と不安で胸が一杯になった。
バイブレータを持つ男の手が、[私]の右側の腿の内側を上下に動きながらすこしづつ[女性性器の愛称]に近づいてきた。
もうすぐバイブレータが[女性性器の愛称]に触れると思ったとき、男の手は[私]の左側の腿に移動して下へとバイブレータの位置を移動させた。
バイブレータの先端が私の膝の裏近くまで降りると、今度はすこしづつ腿の内側を上に移動していく。
また[女性性器の愛称]近くまでくると[私]は今度こそと思って期待した。
だがバイブレータは[女性性器の愛称]に触れずにまた右側の腿に移って膝の裏まで降りていく。
[私]は男がわざと[私]を焦らそうとしているんだと気が付いた。
[私]は早く気持ちよくしてもらいたくて、お尻を後ろに突き出した。
男の手がまた[女性性器の愛称]に近づいたとき、バイブレータの先端が[私]の[女性性器の愛称]とはすこし離れた場所に微かに触った。
そのとたんに[私]の体には電流が流し込まれたような感触が襲い掛かって、思わず体が震えた。
とんでもなく気持ちが良い。
まるで[私]の[男性性器の愛称]の先端にバイブレータが触れたような感触だ。
[私]はバイブレータが[私]の[クリトリス]に触れたらしいと気が付いた。
{クリトリスの感度は男性の10倍だと本で読んだことがある}
男はなんどか[私]の[クリトリス]をバイブレータで責めると、[私]の[下着]を膝まで引っ張って降ろした。
[私]は男がバイブレータを[私]の[女性性器の愛称]に入れてくれるものとばかり思って期待で胸が一杯になった。
バイブレータの先端が[私]の[小陰唇]に軽く触れた時、[私]の体にはさっき[クリトリス]に感じたのとは別の快感が沸き上がった。
男はバイブレータの先端を捩じるように押し回して、[私]の[小陰唇]を押し広げると少しずつ奥にめり込ませてきた。
未知の体験がこれから始まろうとしていると思うと[私]は期待で胸がいっぱいになった。
バイブレータを持つ男の手に力が入ると、バイブレータの先端が[私]の[女性性器の愛称]の奥まで入ってきた。
男の手はバイブレータを奥まで入れると、少し戻して[私]の反応を確かめてはまた奥に入れてくる動作を繰り返した。
[私]はいったいバイブレータがどこまで奥に入るのか確かめようと思って股の間に視線を向けた。
バイブレータはまだ余裕があるらしくて、[女性性器の愛称]からはみ出して見える。
男の手に力が入ると、バイブレータが[私]の[女性性器の愛称]の一番奥を突き破るようにして入ってきた。
バイブレータの振動が[女性性器の愛称]を震わせると、私の体の奥から信じられないような感触が体全体に広がった。
初めて体験する快感は期待したよりもはるかに強烈で、自分の体が壊れてしまいそうになるほどだった。
男がバイブレータから手を離したらしくて、バイブレータは[私]の[女性性器の愛称]にすっぽりとはまったまま振動を続けた。
end
scene 男がアナルに男性性器の愛称を入れようとする
男が[私]の[アナル]から指を抜くと、今度は私の腰を両手でしっかりと抱え込んで後ろから[男性性器の愛称]を[アナル]に押し込んできた。
私はやっと男が何をするつもりなのか気が付いた。
end
scene たとえ金を貰っても割に合わないと思う
たとえ[援助交際で貰う金額]もらってもこんな事をされるなんてとても割に合わないと思ったがもう遅すぎた。
end
scene バイブを入れたままアナルレイプ
{男がアナルに男性性器の愛称を入れようとする}
いくらなんでも[女性性器の愛称]にバイブレータを入れたまま[アナル]に[男性性器の愛称]を入れて来るなんて、とんでもない変態男のすることだ。
{<援助交際で貰う金額!=>たとえ金を貰っても割に合わないと思う}
end
scene 男に公園のトイレに連れ込まれてバイブを入れられアナルレイプ
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男と夜の公園に行く}
{公園の奥の身体障害者用トイレに連れ込まれる}
{トイレで便器に両手を着かせられる}
{トイレで両手を排水管に手錠で縛られる}
{公園のトイレの場所設定}
{バイブで責められる}
{アナルに軟膏を塗られる}
{公園のトイレでバイブを入れられた場合}
end
select 公園のトイレでバイブを入れられた場合
立位でバイブを入れたままアナルレイプ
別の男に助けられて立位のレイプ
end
scene 立位でバイブを入れたままアナルレイプ
{バイブを入れたままアナルレイプ}
{立位のアナルレイプ}
end
scene 別の男に助けられて立位のレイプ
{男がアナルに男性性器の愛称を入れようとする}
いくらなんでも[アナル]になんか[男性性器の愛称]を入れられたらたまらない。
[私]は思わず「-
{助けを求める台詞}
」と大声で叫んだ。
男は[私]の声を無視して[男性性器の愛称]をさらに[アナル]の奥に押し込んできた。
[私]は堪らずに「-
{死んじゃうと絶叫する声}
」とさらに大声を出した。
ドアをドンドンと叩く音が聞こえて、いきなりドアが開いた。
男が「何やってるんだ」と怒鳴りつけると、[私]の体から男を引き剥がした。
「てめえ、じゃまするんじゃねえ」と[私]の[アナル]を責めていた男が言い返すとすぐに喧嘩が始まった。
あっというまに痴漢の男は叩きのめされてトイレの床にうずくまった。
[私]はこれでやっと助かると思って一安心した。
男はすぐに[私]の[女性性器の愛称]からバイブを外してくれた。
だが、トイレの排水管に回してはめられた[私]の手錠は簡単には外れそうにない。
男は「面白い遊びしてるじゃないか、いつもやってるのか」と[私]に声を掛けてきた。
[私]はいやな予感がして「そうゆうんじゃないんです。違うんです」と慌てて答えたが、男は顔を歪めていやらしい顔をするだけだった。
[私]が手錠のせいで動けないのを確かめると男は「せっかくだから、楽しませてもらうよ」と言って私の背後に回ると、腰を押し付けてきた。
[私]の[女性性器の愛称]を押し広げて[男性性器の愛称]が入ってきたとき、[私]は[アナル]じゃなくてよかったと嬉しくなった。
{立位のレイプ}
end
test 女体化して身体検査を受けて可愛がって貰う
{&+身体検査を受けて可愛がって貰う}
{女体化して生徒指導の先生に補導される}
end
test 女体化して偽の生徒指導の先生にレイプ
{&+偽の生徒指導の先生にレイプ}
{女体化して偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ}
end
test 女体化して偽の生徒指導の先生に縛られて輪姦
{&+偽の生徒指導の先生に縛られて輪姦}
{女体化して偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ}
end
test 女体化して偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ
{&+偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ}
{女体化して生徒指導の先生に補導される}
end
test 女体化して偽の生徒指導の先生だと気が付いてお仕置き
{&+偽の生徒指導の先生だと気が付いてお仕置き}
{女体化して生徒指導の先生に補導される}
end
test 女体化して偽の生徒指導の先生に身体検査を受けて可愛がって貰う
{&+偽の生徒指導の先生に身体検査を受けて可愛がって貰う}
{女体化して生徒指導の先生に補導される}
end
test 女体化して映画館で複数痴漢プレー
{&+映画館で複数痴漢プレー}
{女体化して痴漢に遭う}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで縛られて輪姦
{&+男にラブホテルに連れ込まれて縛られて輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテル}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦
{&+男に裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて痴漢の男だと気が付く}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまりバイブで責められてアナルレイプ
{&+後背位でバイブで責められてアナルレイプ}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまり4Pプレーを見て逃げようとして輪姦
{&+裏ビデオで4Pプレーを見て逃げようとして輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
{&+男に裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて痴漢の男だと気が付く}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて痴漢の男だと気が付く
{&+裏ビデオの男が痴漢の男だと気が付く}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて輪姦}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで私の裏ビデオを見せられて輪姦
{&+男に裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて私だと気が付く}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで私の裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
{&+男に私の裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて私だと気が付く}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて私だと気が付く
{&+裏ビデオの女が私だと気が付く}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて輪姦}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで裏ビデオを見せられて輪姦
{&+男にラブホテルに連れ込まれて裏ビデオを見せられて輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテル}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテルで他のカップルと一緒になる
{&+男にラブホテルに連れ込まれて他のカップルと一緒になる}
{女体化して単独痴漢プレーでラブホテル}
end
test 女体化して単独痴漢プレーでラブホテル
{&+男にラブホテルに連れ込まれて輪姦}
{女体化して映画館で単独痴漢プレー}
end
test 女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレで輪姦
{&+男に公園のトイレに連れ込まれて輪姦}
{女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレ}
end
test 女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレでバイブを入れられ立位のアナルレイプ
{&+立位でバイブを入れたままアナルレイプ}
{女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレでバイブを入れられアナルレイプ}
end
test 女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレでバイブを入れられ別の男に助けられ立位のレイプ
{&+別の男に助けられて立位のレイプ}
{女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレでバイブを入れられアナルレイプ}
end
test 女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレでバイブを入れられアナルレイプ
{&+男に公園のトイレに連れ込まれてバイブを入れられアナルレイプ}
{女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレ}
end
test 女体化して単独痴漢プレーで公園のトイレ
{&+男に公園のトイレに連れ込まれる}
{女体化して映画館で単独痴漢プレー}
end
test 女体化して映画館で単独痴漢プレー
{&+映画館で単独痴漢プレー}
{女体化して痴漢に遭う}
end
test 女体化して映画館でヤクザ映画を見る
{&+映画館でヤクザ映画を見る}
{女体化して痴漢に遭う}
end
test 女体化して映画館で文芸映画を見る
{&+映画館で文芸映画を見る}
{女体化して痴漢に遭う}
end
test 女体化して映画館で携帯小説原作の映画を見る
{&+映画館で携帯小説原作の映画を見る}
{女体化して痴漢に遭う}
end
test 女体化して映画館で不倫映画を見る
{&+映画館で不倫映画を見る}
{女体化して痴漢に遭う}
end
scene 男とラブホテルの部屋に入る
部屋に入ると目の前に大きな[ベッド]がある。
ラブホテル何て入ったことがないので、部屋に置いてあるものが何なのかいまいちよく把握できない。
end
scene 身体検査をすると男に言われる
「じゃあ、身体検査をするから服を脱いで裸になってもらおうか」と[男]に言われて-
end
scene 男の前で全裸になる
[私]はちょうどいいから[男]に[私]の体をよく確かめてもらおうと思った。
女の子なら[男]の前で裸になるのはとっても恥ずかしいことだろうけど[私]はもともと男なので、別に男の前で服を脱いだってどうってことはない。
すぐにセーラ服を脱いでブラジャーとパンティーも脱いで全裸になった。
end
scene 男に身体検査をすると言われて裸になる
{身体検査をすると男に言われる}
{男の前で全裸になる}
[男]は[私]がすぐに服を脱いだのにすこし驚いた顔をしている。
嫌がって抵抗するそぶりでも見せると思ってたらしい。
end
scene 男が私の足元に座り込んで触れてきた
[男]は[私]の足元に座り込むと、[私]の[大陰唇]に沿ってそっと指で撫で上げてきた。
急に[私]の体に電気が流れるような感触が襲った。
[私]は何がなんだか分からなかったが女の体というのは男と違って随分と敏感にできているらしい。
男の体だったらちょっと触ったくらいでこんなに体が反応する訳がない。
やっぱり[私]の体は全部女になっているのかもしれないと不安な気持ちが込み上げてきた。
end
scene ベッドの上に横になって足を広げろと要求される
「じゃあ、[ベッド]に横になるんだ」と[男]に言われて[私]はさっそく[ベッド]の上に仰向けに寝た。
「足を広げるんだ」と[男]に言われて[私]は自分の体がよく見えるようにと膝を立てて足を左右にいっぱいに広げた。
end
scene 身体検査を受けて感じてくる
{ベッドの上に横になって足を広げろと要求される}
昨日まで[私]は男の体をしてたはず。
一晩で女の体になってるなんてあるはずがない。
体の全部が全部女になってるのかは自分でもよく分からない。
[男]に調べてもらえば[私]の体がどうなってるのかはわかるはずだと思って、[私]は[男]が[私]の体を調べるのを待った。
「随分度胸がいいじゃないか、普通だったらもっと恥ずかしがるはずだ。男と散々遊んでるんだろう。相手は誰なんだ。援助交際なんだろう」と[男]が勝手なことを言い始めた。
たしかに普通の女の子だったらいきなり服を脱いで[ベッド]の上で足をおっぴろげたりはしないはず。
[私]は不味いことをしたかと思った。
{男が私の足元に座り込んで触れてきた}
end
scene 指で責められただけでこんなに気持ちいいなら男性性器の愛称を入れてもらったらどんなに気持ちいいのか想像もできない
指で責められただけでこんなに気持ちいいなら男に[男性性器の愛称]を入れてもらったらどんなに気持ちいいのか怖くて想像もできない。
end
scene 男の指が私の膣に入ってくる
[男]の指先が不意に[私]の体の奥に入ってくるのを感じて[私]はおののいた。
指が奥まで入るってことは[私]の体に[女性性器の愛称]があるってことだ。
[男]の指先が[私]の[女性性器の愛称]の中で小刻みに震えるように動いた瞬間に[私]の体中に電流が流れたような衝撃があった。
とんでもなく気持ちいい。
[女性性器の愛称]に指を入れられただけで、こんなに気持ちいいなんて女の体はいったいどうなってるんだろうと自分でも自分が怖くなった。
{指で責められただけでこんなに気持ちいいなら男性性器の愛称を入れてもらったらどんなに気持ちいいのか想像もできない}
end
scene 男の指が膣に入ってくる
{男の指が私の膣に入ってくる}
「おい、随分と締まりがいいじゃないか。男とよっぽど遊んでるんだろう」と[男]が言う声が聞こえて[私]はこの体の持ち主がふしだらな女なのかもしれないと思った。
「どうだ[私]が[女性性器の愛称]の締まり具合を試してやる、いやとは言わせないからな」と[男]が言うと[私]の体にのしかかってきた。
[私]は[男]が[男性性器の愛称]を入れるつもりらしいと気が付いて不安と期待でまじりあった気持ちになった。
end
scene 性体験をする絶好のチャンスだと喜ぶ
そうだとしたら女を喜ばせるテクニックも相当なはず。
自分の体が男に可愛がられたらどんな風になるのか、経験するには絶好のチャンスだと思えてきた。
end
scene 男に可愛がってもらう
{性体験をする絶好のチャンスだと喜ぶ}
胸板が厚くて体格のいい[男]の体が[私]の体の上に重なってくると、[私]はたまらずに[男]に抱き着いた。
[男]が[私]の唇に舌を入れてくると、ねっとりした唾を[私]の口に入れてきた。
[私]は頭の中が真っ白になって、自分がどこで何をしでるのか訳が分からなくなった。
{レイプ}
end
scene ファーストフード店で下校時間まで時間を潰す
しばらく[ファーストフード店名]で時間を潰していたが疲れが出て眠くなった。
目を覚まして腕時計を確かめると、学校の下校時間を過ぎている。
居眠りを続けている間に時間がたっていたらしい。
昼は食べていないのでさすがにお腹が空いたが食欲がない。
end
scene 家に帰るか決心がつかない
このまま家に帰るかどうか[私]には決心がつきかねた。
[私]はもともと男の子なはず。
家に戻れば家の子じゃないと言われるに決まっている。
だが朝クロゼットを見た限りでは、服は女物ばかりだ。
どうして俺の部屋の服が女物と入れ替わってるのか説明が付かない。
end
scene 携帯にどこにいるのかとのメッセージが届く
決心がつかづにぼんやりしていると携帯にメッセージが届いた。
携帯を開いてみると「今どこにいるの」とだけ書いてあって相手に思い当たりはない。
end
scene ファーストフード店で待ち合わせをする約束をする
もしかして[私]が女体化した事を知っていてメッセージを送ってきたのではないかとふと思った。
だったら何か事情を知ってるかもしない。
「駅前の[ファーストフード店名]です」とだけ返事を書くとすぐに「これから会えるかな」と返事が来た。
[私]は[ファーストフード店名]でメッセージの相手と待ち合わせの約束をした。
end
scene 携帯に届いたメッセージは痴漢からだと分かる
[私]はもしやと思って朝携帯に届いたメッセージを確かめた。
やっぱりたった今メッセージを送ってきたのは朝の電車の痴漢に間違いない。
帰りの電車でも痴漢をするつもりらしいと思って私はメッセージを無視しようと思った。
だが男が痴漢だけが目的で[私]にメッセージを送ってきたのではないかもしれないと思った。
end
scene 男の体に戻っているのではと不安になる
朝起きた時は確かに女の体だったけどもしかして男に戻ってるかもしれない。
今裸になって[私]の体に[男性性器の愛称]が付いているのが分かったら男が怒って何をするか分からない。
[私]はとりあえず自分の胸を触ってみた。
掌で包み込むようにして掴んでみると思ったより大きくてふっくらとしている。
ギュッと握りしめると痛みがあるので詰め物ではなく本物の乳房だ。
[私]は次に[下の表着]の上から股間を探ってみた。
昨日まであったはずの[男性性器の愛称]はやっぱりない。
[私]はそれでも不安な気がして[下の表着]をめくって[下着]の下に手を入れて直に触ってみた。
やっぱり[男性性器の愛称]の感触がなく、肉が盛り上がって左右に割れているのが分かる。
[私]は指先に変な感触があるのに気が付いた。
まるでおもらしでもしたように指先が濡れている。
end
scene 自分の体を確かめながら服を脱ぐ
「じゃあまず服を脱いでもらおうか」と男に言われて[私]は不安な気持ちになった。
{男の体に戻っているのではと不安になる}
end
scene 女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す
[私]は以前大人向けの官能小説を読んだとき、[女性性器の愛称]が濡れるという表現を見たことがある。
女の体は[セックス]の時に気持ちよくなると[女性性器の愛称]が汗を書いたように濡れるらしいとは一応知識としては知っていたが本当に自分が濡れているのは初めての体験だ。
それもただ濡れるだけではなく、[女性性器の愛称]がうずうずしてもっと触わって欲しくてたまらない気分だ。
自分でもなんでこんな気持ちになるのか訳が分からない。
end
scene 服を脱いで自分の体を見る
ともかく服を脱ぐしかないと思って[私]は[上の表着]を脱いで、ブラジャーと[下着]も脱いだ。
朝起きた時は気が動転していて自分の体をあまりよく確かめては居なかったが、やはり胸が大きく膨らんでウェストがきゅっとしまってお尻はかなり大きめだ。
普段エッチな雑誌で見るグラビアアイドルの体とまったく一緒で、どっから見ても女の体だ。
end
scene 朝起きたら女体化している
{一人称は俺の設定}
朝起きた時、[私]は女になっていた。
何が起きたのかすぐには分からなかった。
目が覚めると胸に何かが乗っているような重みをかんじた。
猫でも乗っているような感触だが、胸に猫が二匹乗るという状況は考えられない。
胸に目をやるとパジャマの胸が膨らんでいる。
パジャマの下に猫が二匹潜んでいるというのはやっぱりとても考えられない。
体を起こしてみると、やっぱり胸に変な感触がある。
いったいどうなってるんだろうと思ってパジャマを脱いでみると胸が大きく膨らんでいる。
それもかなり大きい。
[私]はなんだか変な予感がして、股間を探ってみた。
あるはずのものがないのに気が付いたとき[私]は訳が分からなくなった。
パジャマのズボンを脱いで自分の目で確かめようとしたとき[私]は自分が女になっているのに気が付いた。
いったい何がなんだか訳が分からない。
とりあえず学校にいかないといけないと思って制服を探した。
いつも制服をかけてあるクロゼットのドアあ開けてみると、服は全部女物だ。
制服らしい服はセーラー服しかない。
[私]は一瞬ためらった。
男の[私]がセーラー服なんか着るわけにはいかない。
だがセーラー服しか着る服がない。
とりあえず着るだけ着てから後のことを考えるしかない。
{セーラー服を着る}
セーラー服に着替えてリビングルームに行くと、朝食の支度がもうできている。
おかんは洗濯をしてるらしい。
[私]は急いで朝食を食べて、外に出た。
end
scene 女体化して朝学校に出かける
[私]は高校生だから朝起きたら学校にいくしかない。
いつもの道を駅まで歩き始めたが、足元が妙に涼しい。
セーラー服を着た時には気が付かなかったけどスカートの丈が随分と短い。
歩くたびにスカートの裾が揺れて足に風が吹きつけてくる。
涼しいというより寒くて凍えてしまいそうなくらいだ。
end
scene 学校に行くのは諦める
地下鉄に乗って学校の前まで来たとき[私]ははたと気が付いた。
[私]の学校は男子校だ。
セーラー服を着た女の子が校舎に入れるわけがない。
[私]が男だと言い張っても、どうみてもセーラー服を着た女の子にしか見えない。
[私]は学校に入るのは諦めて、駅に戻った。
end
scene ファーストフード店で時間を潰す
{ファーストフード店の設定}
どこに行けばいいのか分からないのでとりあえず駅前の[ファーストフード店名]で一休みすることにした。
いつものようにシェークを頼もうと思ったが、足が冷えるのでとても冷たいものなんか飲めない。
ブレンドコーヒーを頼んで、席に着くとこの先どうしようかと思案した。
自分の身に何が起きているかいまいちちゃんと把握できていない。
end
;****************************************
;* 女体化 *
;****************************************
title 女体化
{女体化した場合}
end
select 女体化した場合
女体化して生徒指導の先生に補導される
女体化して痴漢に遭う
end
scene 女体化して生徒指導の先生に補導される
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{章番号}
{生徒指導の先生に補導される}
end
scene 女体化して痴漢に遭う
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{携帯に待ち合わせのメッセージが入る}
{携帯に盗撮写真が送られてくる}
{待ち合わせの相手は痴漢だと気が付く}
{章番号}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{ファーストフード店で下校時間まで時間を潰す}
{家に帰るか決心がつかない}
{携帯にどこにいるのかとのメッセージが届く}
{携帯に届いたメッセージは痴漢からだと分かる}
{ファーストフード店で待ち合わせをする約束をする}
{男が待ち合わせのファーストフード店に現れる}
{待ち合わせの場所に現れたのは痴漢}
{章番号}
{映画館で痴漢プレー}
end
scene アダルトビデオを見る女の気持ちがわかる
[私]は男だからアダルトビデオを見るときはいつも男の気持ちになって、こんなことをしてみたいなと思いながら見てる。
だけど今は女だ。
過激なシーンを見ていると自分が女と同じ目にあってるような気分になってくる。
end
scene 輪姦されるのを想像して体が変になる
輪姦されるなんてどう考えたって絶対に経験したくないはずだが、輪姦されてると思うとなぜか体がぞくぞくしてくる。
[私]はなんだか変な気分になってきたが、自分の体がどうなってるのか自分でもよく分からない。
end
scene 隣に座った男が手を伸ばして触ってくる
隣に座った男が手を伸ばすと私の膝に手を載せてきた。
私はどうしていいのか分からなくてそのままじっとしていた。
男の手が私の[下の表着]の下に入ると[下着]の上から私の[女性性器の愛称]を指でなぞり始めた。
end
scene 駅前の映画館に行く
[ファーストフード店名]を出て、裏道に入ると少し先に映画館が見えた。
スクリーンが一つしかない小さな映画館で随分と昔からある。
学校をさぼって何度か映画を見たことがあるけど、普通の映画館だ。
映画館の前まで来ると、今日はオールナイトらしくてやってる映画もかなりエッチな映画らしい。
end
scene 男と映画館に入る
{映画館の場所設定}
男が入場券を二枚買ってくれたので[私]は男と一緒に映画館に入った。
映画館の中はちょうど上映中でスクリーンが光って見える。
男はスクリーンから少し離れた見やすい席に[私]を案内した。
end
select 映画館で複数痴漢プレーをした場合
男達にラブホテルに連れ込まれて輪姦
end
select 映画館で単独痴漢プレーをした場合
男にラブホテルに連れ込まれて輪姦
男に公園のトイレに連れ込まれる
end
select 男に公園のトイレに連れ込まれる
男に公園のトイレに連れ込まれて輪姦
男に公園のトイレに連れ込まれてバイブを入れられアナルレイプ
end
scene 痴漢の男と映画館を出る
{相手の男の人数}
は私の両手をしっかりと掴んで歩かせると[場所]の外にでた。
そとはもう真っ暗で街頭の明かりがぼんやりと見えるだけだ。
end
scene 痴漢の男にラブホテルに連れ込まれる
しばらく細い道を歩くとラブホテルが見えた。
私はやっぱりと思った。
{相手の男の人数}
は[私]をラブホテルに連れ込むつもりらしい。
[私]はどうやって逃げ出そうかと思案したが諦めるしかなさそうだ。
end
scene 男達にラブホテルに連れ込まれて輪姦
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男にラブホテルに連れ込まれる}
部屋に入ると
{相手の男の人数}
はすぐに[私]をベッドに押し倒してきた。
{輪姦}
end
scene 痴漢の言いなりになったことを後悔する
映画館で痴漢プレーをしただけで[援助交際で貰う金額]も貰えるはずはないのは分かり切ったこと。
金を貰って痴漢の男の言いなりになんか成っていたらどんな目に遭わされるのかもっと早く気が付くべきだったと[私]は後悔した。
end
scene 痴漢の男と夜の公園に行く
夜道をしばらく男と二人で歩いていくと、小さな公園の入り口に着いた。
公園の中に入ると中は思ったより広くて、どのベンチにもカップルが沢山座っている。
end
scene 公園の奥の身体障害者用トイレに連れ込まれる
公園の一番奥まで来るとトイレがあって男は私を身体障害者用の広いトイレの中に入れた。
end
scene トイレで便器に両手を着かせられる
トイレの中でいったい何をするつもりだろうと思っていると、男は私をトイレの便器に両手を着かせた。
スカートが短いので前屈みになるとお尻が丸見えになる。
end
scene トイレで両手を排水管に手錠で縛られる
男は手錠を出すと私の両手を便器の排水管に通して縛り付けた。
end
scene 男に公園のトイレに連れ込まれて輪姦
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男と夜の公園に行く}
{公園の奥の身体障害者用トイレに連れ込まれる}
{トイレで便器に両手を着かせられる}
{トイレで両手を排水管に手錠で縛られる}
{公園のトイレの場所設定}
{男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる}
{<援助交際で貰う金額!=>痴漢の言いなりになったことを後悔する}
{輪姦}
end
select 男にラブホテルに連れ込まれて輪姦
男にラブホテルに連れ込まれて縛られて輪姦
男にラブホテルに連れ込まれて裏ビデオを見せられて輪姦
男にラブホテルに連れ込まれて他のカップルと一緒になる
end
scene 男にラブホテルに連れ込まれて縛られて輪姦
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男にラブホテルに連れ込まれる}
{男とラブホテルの部屋に入る}
{男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる}
{男が恥ずかしい格好の私の下着をひっぱり上げる}
{男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる}
{<援助交際で貰う金額!=>痴漢の言いなりになったことを後悔する}
{輪姦}
end
scene 男にラブホテルに連れ込まれて他のカップルと一緒になる
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男にラブホテルに連れ込まれる}
{ラブホテルで他の女と一緒になる}
end
scene 映画館で朝の痴漢に触られる
私はやっぱりと思った。
今朝は地下鉄で痴漢されたけど、今度は映画館で痴漢だ。
この男はよっぽど痴漢が好きらしい。
映画館で痴漢されて[援助交際で貰う金額]もらえるのなら安いものだと思って[私]はしばらく男にされるままになっていた。
end
scene 映画館で複数の男を相手に痴漢プレー
男とは反対側の席に座った別の男が私の腿に手を伸ばしてきたので私ははっとした。
痴漢は一人ではなかったんだ。
私の後ろからも手が伸びてきて私の胸をもみ始めた。
いったい痴漢が何人いるのか分からない。
いくらなんでも映画館でこんな目に遭わされるなんて思ってもみなかった。
end
scene 映画が終わると痴漢の手が離れる
映画が終わった時やっと[私]の体からは痴漢の-
{相手の男の人数}
の手が離れた。
私は映画館の痴漢プレーだけで[援助交際で貰う金額]もらえるはずはないと思って不安になった。
end
select 映画館で映画を見る場合
映画館でヤクザ映画を見る
映画館で文芸映画を見る
映画館で携帯小説原作の映画を見る
映画館で不倫映画を見る
end
scene 映画館でヤクザ映画の格闘場面を見る
映画はヤクザ映画らしくて、しばらくは男達の格闘場面が続いた。
[私]は普段なら格闘場面を見てもなんとも思わないが、今こうして乱暴な場面を見ていると気分が悪くなった。
女体化したせいで性格も女になったらしい。
end
scene ヤクザ映画で輪姦シーンを見る
場面が変わると和服をきた女が男達に乱暴されているシーンが写った。
組長の女が敵方の暴力団の組員につかまって輪姦されるシーンだ。
映画館で見るにしてはかなり過激なシーンで、まるでアダルトビデオだ。
[私]はまだ高校生だからアダルトビデオは親に隠れてこっそり何度か見ただけだ。
それもパソコンの小さい画面でインターネットの動画サイトで見ただけ。
映画館の大きなスクリーンで見ると凄い迫力でまるで目の前で見てるようだ。
それに映画館のスピーカーは音が大きい。
女が「-
{喘ぎ声}
」と喘ぐ声が場内いっぱいに響き渡って耳を塞ぎたくなるくらいだ。
end
scene 映画館でヤクザ映画を見る
{映画館でヤクザ映画の格闘場面を見る}
{ヤクザ映画で輪姦シーンを見る}
{アダルトビデオを見る女の気持ちがわかる}
[私]は自分も組長の女になって暴力団の男達に輪姦されてるような気持になってきた。
{輪姦されるのを想像して体が変になる}
end
scene 映画館で文芸映画を見る
上映中の映画は文学賞をとってそこそこ話題になった小説を原作にした映画だ。
旦那がブラック企業に勤めていてノイローゼになって会社を辞めて、嫁さんが風俗に勤めて色んな体験をするという内容だったと覚えている。
友達に借りてちょっとだけ読んだけど、内容が官能小説並みにエッチなのでついついオナニーしてしまったのを思い出した。
結局エッチな所だけ拾い読みしただけでストーリーはあまりよく覚えていない。
映画は嫁さんが風俗の面接を受ける場面で、旦那の病気の事をいろいろ聞かれてる。
そのあとは服を脱いで裸になるシーンだ。
小説ではオナニーをさせられるはずだが、映画ではオナニーのシーンは飛ばして風俗の講習を受けるシーンが続いた。
風呂場のマットの上に男が寝て、女がその上に体を載せて体をくねらせている。
いわゆる泡踊りというのをやってるらしい。
[私]はまだ高校生だから風俗になっか行ったことはない。
風俗で女にどんなことをしてもらえるのか興味津々だ。
一通り泡踊りが終わると、女は男の腰の上に座って体を上下に揺すり始めた。
男が「うちの店は本番は禁止だけど、お客さんに求められて断れないこともあるからね」と女に話してる。
なんのことはない本番は禁止というのは建前だけで、実際には隠れて本番はしてもらえるらしい。
お金を払って女にセックスの相手をしてもらおうなんて[私]には風俗の客の男の気持は全然分からない。
だけど今の[私]は女の体だ。
家に戻らずに家出をすれば、金にこまって風俗で働くしか方法がないってことも十分あり得る話だ。
[私]は風俗の仕事がどんな仕事かよく知っておいた方がいいと思って映画の画面を注視した。
講習が終わった後は、いよいよ初めての客を取る場面がスクリーンに映し出された。
ラブホテルの部屋に男に呼ばれた女が服を脱いで裸になると、「よろしくお願いいたします」と言いながら土下座でもするような格好で床に手をついて頭を下げている。
客の男はすぐに「口でやってもらおうか」と女に吐き捨てるように命じた。
映画なので画面にはボカシがはいってるけど、女が[フェラチオ]をするシーンが始まった。
end
scene 映画館で携帯小説原作の映画を見る
上映中の映画はケータイ小説が原作でテレビドラマでもやってた作品だ。
ケータイ小説は一時期は女の子達の間で随分と流行ったが、ケータイ小説を読むような女の子は大体が遊んでいて成績も悪いと相場が決まってる。
内容もリストカットやら援助交際やらと暗い話ばかりで[私]はとても読む気にはなれなかった。
スクリーンには援助交際で初体験を奪われる主人公の姿が延々と映し出されてる。
しつこくキスされたり、服を一枚づつ脱がされたりとか見ていても吐き気がしてくる。
だいたい初体験の相手が援助交際の中年男だなんて、いくらケータイ小説だって話が酷すぎる。
こんな映画をまだ中学生や高校生の女の子が喜んで見るなんて、女というのは訳が分からない。
初体験のシーンが終わると、今度は援助交際の相手の男に騙されて輪姦されるシーンが続いた。
主人公の女が「-
{叫び声}
」と大声を上げるのがスピーカーから聞こえてきて、[私]は耳を塞ぎたくなった。
{輪姦されるのを想像して体が変になる}
end
scene 映画館で不倫映画を見る
上映中の映画は新聞で連載された不倫物の小説だ。
連載された当時は随分と話題になったらしいが[私]は読んだことがない。
不倫なんてのは何が楽しいのかさっぱりわからないが夫婦仲が悪ければ他の相手が欲しくなるというのも分かるような気がした。
不倫のカップルが温泉旅行にいって家族風呂に二人で入るシーンがスクリーンに映った。
家族風呂というのは家族で入るとばかり思っていたけど、不倫のカップルがエッチな事をする場所らしい。
お互いに体を洗いっこしたり、変な格好で抱き合ってシャワーを浴びたりとエッチな場面が続いた。
そのあと部屋で二人っきりにてからは、へんてこな体位の変態プレーが延々と続いた。
不倫と言うのは夫婦ではできない変態プレーをやるから楽しいらしい。
もしかして[私]のおかんも不倫してるんじゃないかとふと思った。
そのあとは不倫を種に怪しげな私立探偵に脅されて、借金を作って返せなくなり輪姦されるというストーリーだ。
新聞にこんな過激な小説が連載されれば話題になるのは当たり前だと思った。
主人公の女が服を一枚づつ脱がされて裸にされ最後には、輪姦される場面が延々と続いた。
女優の演技が真に迫っていると話題になったが、実際に輪姦されるシーンを見ると確かに凄い迫力だ。
{輪姦されるのを想像して体が変になる}
end
select 映画館で痴漢プレー
映画館で単独痴漢プレー
映画館で複数痴漢プレー
end
scene 映画館に連れ込まれ痴漢プレーをする
{駅前の映画館に行く}
{男と映画館に入る}
[私]はどうして映画を見ただけで[援助交際で貰う金額]もらえるのか理由が分からなくて不安な気持ちになった。
{映画館で映画を見る場合}
{隣に座った男が手を伸ばして触ってくる}
{映画館で朝の痴漢に触られる}
end
scene 映画館で単独痴漢プレー
{映画館に連れ込まれ痴漢プレーをする}
{相手の男は一人の設定}
{映画が終わると痴漢の手が離れる}
{章番号}
{映画館で単独痴漢プレーをした場合}
end
scene 映画館で複数痴漢プレー
{映画館に連れ込まれ痴漢プレーをする}
{映画館で複数の男を相手に痴漢プレー}
{相手の男は三人の設定}
{映画が終わると痴漢の手が離れる}
{章番号}
{映画館で複数痴漢プレーをした場合}
end
scene 生徒指導の先生に見つかって声を掛けられる
しばらくぼんやりとしていると「君。うちの学校の生徒だよね、こんなところで何をしているんだ」と男に声を掛けられた。
「君は四葉学園の生徒だね。その記章は三年生百合組だ。学校をさぼるなんてどうゆうつもりなんだ」と男が言うのを聞いてどうやら[私]の着ているのは四葉学園の制服らしいと気が付いた。
「こんなところで、男と待ち合わせでもしてるのかね。援助交際なんてとんでもない話だ。即退学だ」と男に言われて[私]はなんて答えていいのか返事に困った。
この男は四葉学園の先生らしくて、口調からしてたぶん生徒指導かなんかを担当してるらしい。
うっかり逆らって退学にでもなったらこの体の持ち主に迷惑がかかる。
とりあえず謝った方がいいと思って「すみません」と小さい声で男に答えた。
end
scene 身体検査をするから一緒に来いと男に言われる
「いいから一緒に来るんだ、身体検査するかなら」と言うと男は-
end
scene 身体検査をすると言われて一緒に歩く
{身体検査をするから一緒に来いと男に言われる}
私の手を掴んで歩き出した。
end
scene 身体検査をすると言われてファーストフード店を出る
{身体検査をするから一緒に来いと男に言われる}
私の手を掴んで[ファーストフード店名]から連れ出した。
end
scene 生徒指導の先生にラブホテルに連れ込まれる
男に手を引かれ裏道に入るとすぐ目の前にラブホテルらしい建物が見えてきた。
男はラブホテルの入り口に[私]を連れ込むと「ここで身体検査をするから、一緒にはいるんだ」とぬかしやがった。
セーラー服を着た女の子が男とラブホテルに入るなんてどう考えても変だ。
end
scene 男が偽の生徒指導の先生だと気が付く
私はなんだか変だと気が付いた。
身体検査をするだけなら服を着たままでも出来るはず。
「全部脱ぐんですか」と[私]は念のために聞いてみた。
すると男は「そうだ、下着も全部脱ぐんだ。身体検査するんだから当たり前だろう」と答えた。
いくらなんでも服を全部脱げと命じるなんて変だ。
「うちの学校、校長先生の名前はなんていいましたっけ」と[私]はとっさに思いついて聞いてみた。
「そんなの関係ないだろう、さっさと脱ぐんだ」と男が言うので私はどうやらこの男が偽の先生らしいと気が付いた。
さっきからずっと変だと思っていたけどこの男は学校をさぼっている女子高生に声をかけて、身体検査だと称してラブホテルに連れ込んでるらしい。
女子高生を裸にしたら、あとはやることは決まってる。
まったくとんでもない男だと[私]は腹が立った。
end
select 生徒指導の先生とラブホテルの部屋に入る場合
身体検査を受けて可愛がって貰う
偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ
偽の生徒指導の先生だと気が付いてお仕置き
偽の生徒指導の先生に身体検査を受けて可愛がって貰う
end
scene 身体検査を受けて可愛がって貰う
{男に身体検査をすると言われて裸になる}
{身体検査を受けて感じてくる}
{男の指が膣に入ってくる}
この男は生徒指導の先生をしていながら、補導した女子生徒と遊んでるとんでもない男らしい。
{男に可愛がってもらう}
end
scene 男が私の服を脱がそうとする
男は[私]に近寄ると服を脱がそうとしてきた。
end
scene 蹴りが効かずに男に取り押さえられる
[私]はすぐに部屋から逃げ出そうとしたが、男はすぐに立ち上がると[私]に飛びかかってきた。
[私]の蹴りは思ったほど効き目がなかったらしい。
end
select 偽の生徒指導の先生にレイプされる場合
偽の生徒指導の先生に縛られて輪姦
偽の生徒指導の先生にレイプ
end
scene 偽の生徒指導の先生に縛られて輪姦
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
{男に仰向けに恥ずかしい格好で縛られる}
{男が恥ずかしい格好の私の下着をひっぱり上げる}
{男が携帯で連絡するとしばらくして男達が部屋に入ってくる}
{輪姦}
end
scene 偽の生徒指導の先生にレイプ
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
{レイプ}
end
scene 偽の生徒指導の先生だと気が付いてレイプ
{身体検査をすると男に言われる}
{男が偽の生徒指導の先生だと気が付く}
{男が私の服を脱がそうとする}
{逃げようとして男に蹴りを入れる}
{蹴りが効かずに男に取り押さえられる}
{偽の生徒指導の先生にレイプされる場合}
end
scene 偽の生徒指導の先生だと気が付いてお仕置き
{身体検査をすると男に言われる}
{男が偽の生徒指導の先生だと気が付く}
{男が私の服を脱がそうとする}
{逃げようとして男に蹴りを入れる}
{蹴りが効かずに男に取り押さえられる}
{男の手を払いのけようとしたが腕に力が入らない}
{ベッドにうつ伏せに寝かされてお仕置きをされそうになる}
{お仕置きでお尻を叩かれる}
{ラブホテルでお仕置きのあとフェラチオ}
end
scene 偽の生徒指導の先生に身体検査を受けて可愛がって貰う
{身体検査をすると男に言われる}
{男が偽の生徒指導の先生だと気が付く}
[私]はこの男なら女の子の体の事もよく知っているに違いないと思いなおした。
この男に[私]の体をよく調べて貰えば、[私]がどうして急に女の体になったのか理由がわかるかもしれない。
とりあえず男に騙された振りをして、男の言うとおりにした方が良いかもしれない。
{男の前で全裸になる}
{身体検査を受けて感じてくる}
{男の指が膣に入ってくる}
この男は生徒指導の先生の振りをして、補導した女子生徒と遊んでるとんでもない男らしい。
{男に可愛がってもらう}
end
scene 生徒指導の先生に補導される
{生徒指導の先生に見つかって声を掛けられる}
{身体検査をすると言われてファーストフード店を出る}
{生徒指導の先生にラブホテルに連れ込まれる}
だがもしかして身体検査をしているうちに[私]の体が男に戻るかもしれないとふと思った。
もし突然[私]の体が男に戻ったら、セーラー服を着ているってだけで変態に思われる。
とりあえず男と一緒にラブホテルに入って男に[私]の体を確かめてもらう方がいいような気もした。
{男とラブホテルの部屋に入る}
{生徒指導の先生とラブホテルの部屋に入る場合}
end
scene 携帯に待ち合わせのメッセージが入る
駅のホームで電車を待っていると携帯にメッセージが入った。
「次の渋谷行き急行。前から二番目の車両。二番目の右側のドア」とだけ書いてある。
誰から来たメッセージなのか心当たりはない。
もしかして俺が朝女体化したのとなにか関係があるのかもしれない。
[私]はきっと誰か友達と待ち合わせする予定になっているんだと思って二番目の車両の二番目のドアの行列に並んだ。
列には高校生らしい姿もあるが、[私]に気づいて声を掛けてくる様子もない。
渋谷行の急行が来た。
ドアから大勢の客が降りたので入れ替わりに電車に乗ったがかなり混んでる。
なんとか体を押し込んで電車に乗ったが正直なところ胸がかなりじゃまだ。
いつもだったらちょっと体を押し込めば乗れるはずなのに、胸がじゃましてかなり頑張って体押し込まないと乗れない。
女の体というのはいろいろ不便なこともあるんだと思った。
電車が動き出したが周りに知り合いらしい顔はない。
さっきのメッセージはなんだったんだろうと不思議な気がした。
end
scene 携帯に盗撮写真が送られてくる
しばらくして[私]のすぐ後ろから体を押し付けてくる男がいるのに気が付いた。
なんだか変なきがしたけど、電車が混んでいるので仕方がない。
携帯にまたメッセージが入ったので開けて見ると写真が送られてきた。
さっき待ち合わせのメッセージを送ってきたのと同じ相手からだ。
写真は何が写ってるのかはよく分からなかったが、スカートの下から盗撮した写真らしい。
プリーツスカートの奥に[下着]が写っている。
なんでこんな写真を送ってきたのか理由が分からない。
[私]が携帯をしまおうとしたとき、私のすぐ後ろの男が手にもった携帯を私のすぐ目の前に押し出した。
男の携帯にはいま私が見たのと同じ写真が表示されている。
私は一瞬とまどったが、写真を送ってきたのは私の後ろにいる男らしいと気が付いた。
だとすれば私が待ち合わせをしたのはこの男に違いない。
私は携帯に送られてきた写真がたった今私を盗撮した写真らしいと気が付いて寒気がした。
いったい何でそんなことをするのか理由が分からない。
end
scene 痴漢に狙われたらしいと気が付く
[私]のお尻に変な感触があるのに気が付いて私はドキッとした。
[私]の後ろから体を押し付けてくる男はどうやら痴漢らしい。
end
scene 痴漢が下の表着の下に手をいれてくる
男の手が[私]の[下の表着]の下からお尻を撫で始めた。
end
scene 男だから痴漢の体験はない
[私]はもともと男だから痴漢にあったことはない。
end
scene 痴漢にされるままになる
女になって初めての体験が痴漢だなんてどう考えても運が悪い。
男の指先が[下着]の下に入ると直に[私]のお尻を触り始めた。
[私]は怖くて体が震えてきて声も出せなかった。
次の駅で電車が止まるまで[私]は痴漢にされるままになっているしかなかった。
end
scene 待ち合わせの相手は痴漢だと気が付く
{痴漢に狙われたらしいと気が付く}
さっき携帯に送られてきたメッセージは痴漢の待ち合わせのメッセージだったんだ。
{痴漢が下の表着の下に手をいれてくる}
{男だから痴漢の体験はない}
{痴漢にされるままになる}
end
scene 待ち合わせの場所に現れたのは痴漢
やっぱり朝の痴漢の男に間違いない。
[私]は朝この男にお尻を触られた時の感触を思い出して寒気がして膝が震えてきた。
{待ち合わせの男に金を渡される}
[私]は男に渡された[援助交際で貰う金額]が朝の痴漢の謝礼だと思ったが、どう考えても痴漢の謝礼にしては金額が多すぎる。
それに昨日の礼ということには、昨日この痴漢と何かあったらしい。
{昨日と同じにして下さいと頼んでみる}
end
select ラブホテルで裏ビデオを見せられた場合
裏ビデオの男が痴漢の男だと気が付く
裏ビデオの女が私だと気が付く
end
scene 男が裏ビデオを見せた理由が判らない
この男は電車で痴漢した相手の女の子を呼び出して飛んでもないことをしてるらしい。
なんでこの男がこんな裏ビデオを[私]に見せたのか理由がさっぱり分からない。
end
scene 裏ビデオの男が痴漢の男だと気が付く
カメラの位置が変わると、女の子に体を重ねている男の顔が映った。
[私]は裏ビデオに写っている男が、[私]の隣に座っている男だとすぐに気が付いた。
{男が裏ビデオを見せた理由が判らない}
[私]もこの裏ビデオと同じ体験をしたいと言い出すとでも思ってるんだろうか。
たとえ5万円の金を貰っても、とてもこんな男とは一緒にはいられない。
[私]は男の様子を伺いながら、どうやって逃げ出そうかと思案した。
男が冷蔵庫から飲み物を取り出そうとしたので、[私]は逃げるには今だと思って立ち上がった。
{男に裏ビデオを見せられて逃げようとした場合}
end
scene 女が屈曲位で責められて絶叫する
急に液晶テレビのスピーカーから「-
{死んじゃうと絶叫する声}
」と大声で叫ぶ女の子の声が聞こえて[私]は液晶テレビの画面を注視した。
女の子が膝が肩に着くくらいに持ち上げる姿勢を取らされて、上から男が体を重ねている。
男が真下に打ち下ろすように腰を使うのを見て、工事現場の杭打機を思い起こさせた。
[私]は裏ビデオだったら何度か見たことがあるが、こんな体位は初めて見る。
こんなことをさられたら女の子が絶叫するのも無理はないと思った。
死んじゃうほど気持ちが良い思いをするなんて女の体は不思議というよりはむしろ神秘的だ。
男にはとうてい想像もできない世界だ。
end
scene 裏ビデオの女が私だと気が付く
{女が屈曲位で責められて絶叫する}
男の腰の動きが一段と激しさを増すと、女の子から体を離して[男性性器の愛称]の先端を女の子の顔に向けた。
白い[精液]が[男性性器の愛称]の先から噴き出して女の子の顔に飛び散るのがはっきりと見えた。
男が[男性性器の愛称]の根元をしごくと、繰り返し[精液]が吹きでて来るので[私]は思わず息を飲んだ。
自分で[オナニー]するときだって射精して[精液]がでるけど、こんなに多くの量は出ないし、繰り返し出てきたりはしない。
この男はよっぽど男性としての精力が強いと、ほとほと感心してしまった。
男が自分がたった今出したばかりの[精液]を指ですくって女の口のなかに押し込むのが見えた。
女の子は舌先で口の周りを嘗め回して[精液]の味を楽しんでいるように見える。
[私]は男だから自分で出した[精液]を舐めたことなんかないから、どんな味がするかなんて知らない。
女の子が舐めればきっと美味しい味がするに違いないが、とても口にするきには成れない。
カメラが女の子の顔に近寄ったとき、俺は変なことに気が付いた。
女の子が着ているセーラー服は[私]が今きているセーラー服によく似ている。
それに女の子の枕元に置かれた[下着]は[私]が朝起きた時に確かめた[下着]に色もデザインも同じだ。
[私]はなんだか変だと思って、ベッドの横にある机の奥の鏡で自分の顔を確かめてみた。
鏡に映った[私]の顔は、ビデオに映っている女の顔とそっくり同じだ。
どうやらビデオに映っている男もいま[私]と一緒にいる男らしい。
[私]は昨夜この男と一緒だったらしいが、そんな記憶は全然ない。
{男が裏ビデオを見せた理由が判らない}
[私]がもう一度同じ体験をしたいと言い出すと思ったのだろうか。
それとも裏ビデオをどこかに送るといって[私]を脅すつもりなんのかもしれない。
液晶テレビのスピーカーから「-
{助けを求める台詞}
」と女の叫ぶ声が聞こえてきた。
別の男が女の子に体を重ねて責め始めたのが見えた。
とてもこんな男と一緒にはいられないと思って私はベッドから立ち上がった。
{男に私の裏ビデオを見せられて逃げようとした場合}
end
select 男に私の裏ビデオを見せられて逃げようとした場合
男に裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦
男に私の裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
end
scene 男に私の裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
液晶テレビのスピーカーから「-
{死んじゃうと絶叫する声}
」と絶叫する声がまた聞こえてきた。
[私]は女の子が何で繰り返し「死んじゃう」と叫ぶのかやっと理由が判ってきた。
死にそうなくらいに気持ちが良いのだ。
女が逝くという表現を官能小説で読んだことがあるけど、死ぬほど気持ちがいいのが逝くってことらしい。
男だったらいくら気持ちよくても一回射精すればそれで終わりだけど、女の体は何度でも逝けちゃうらしい。
男だったら女がたとえ何人いても一回しか射精できないが、女だったら男が大勢いたら男の人数分だけ何回でも逝けるってことなんだ。
相手が多ければ一晩中翌朝まで、逝き続けることだって十分可能だ。
女の体は男よりも随分と得な仕組みになってると思うと男より女の方がよっぽどいいと[私]は思った。
{女の体がどんなに気持ちいいのか体験したい気持ちになる}
自分がどんな体験をしたのか全然覚えてないけど、もう一度体験したいという気持ちが[子宮]から湧き上がってきた。
何度でも逝けるなら、どこまで逝けるのか試して見たい気さえしてきた。
{男に嫌なら帰りなさいと言われて逆らえない}
{好きにして下さいと男に言った場合}
end
scene 男にラブホテルに連れ込まれて裏ビデオを見せられて輪姦
{痴漢の男と映画館を出る}
{痴漢の男にラブホテルに連れ込まれる}
{男とラブホテルの部屋に入る}
{部屋の中を見まわしたが特段に変な物もない}
{男は私をベッドに座らせると液晶テレビをつけた}
さっきは映画館でエッチな映画を見せられたばかりだ。
今度もまたエッチなビデオを見せられるのかと思うとうんざりしたが黙っていた。
ビデオの画面に映ったのはセーラー服を着た女子高生らしい女の子で、手足を男達につかまれて動けないように押さえつけられている。
男の一人が女の子に体を重ねて、腰を上下に動かしているのが見えた。
女の子は最初は必死で抵抗していたが、やがて諦めたのか暴れるのを止めた。
カメラの位置が変わると、男の[男性性器の愛称]が女の子の[女性性器の愛称]の奥までしっかりと入っているのが見えた。
やっぱり裏ビデオらしい。
[私]はインターネットのアダルトサイトでなら裏ビデを何度か見たことがあるけどパソコンの小さな画面だ。
大きな液晶テレビで見ると、凄い迫力で思わず唾を飲んだ。
映画では女優さんが演技でやってるだけでいかにも本当らしいが見ていて演技だとすぐわかる。
裏ビデオは実際に女の子を輪姦しているのを撮影したらしくて真に迫った女の子の表情は凄い迫力だ。
男の大きな[男性性器の愛称]が繰り返し[女性性器の愛称]の奥まですっぽりと押し入れられるのを見て、[私]はとても信じられなかった。
男の[男性性器の愛称]は人にもよるが大きくなるとかなりの太さだし長さも長い。
それが女の子の小さい体に奥まですっぽりと丸ごと全部入ってしまうなんてとても考えられない。
[男性性器の愛称]の先端が女の子のおへその下に届くくらい奥まで入ってるはずだ。
女の子の[女性性器の愛称]がそんなに奥まで深くできてるなんて女の子の体はいったいどうなってるのか分からない。
それに男の腰の動きを見ていて、さっき見た映画の男優さんの演技とは全然違うのに気が付いた。
腰を回してねじ込むように動かしたり、小刻みに前後にゆするように動かしたり。
急に激しく動かしたかと思うと、ゆっくりとした動きをさはんで休んでいるようにも見える。
女の子の声が男の腰の動きに合わせて微妙に変わるのに[私]は気が付いた。
男が女の子の反応に合わせて、腰の動きを巧みに変えているらしい。
女の子は最初は嫌がっていたはずなのに、次第に喘ぎ声が大きくなると自分から腰を動かし始めた。
{ラブホテルで裏ビデオを見せられた場合}
end
select 男に裏ビデオを見せられて逃げようとした場合
男に裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦
男に裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
end
scene ドアの外で男達が待っている
急いでドアまで駆け寄ってドアを開くと、部屋の外に数人の男が[私]を待ち構えていた。
男達の背格好は裏ビデオに映っていた男達によく似ている。
[私]を輪姦するつもりで男達が部屋の外で待っていたらしいと私は気が付いた。
[私]はすぐに男達に両手をつかまて、ベッドに押し倒された。
男達はあらかじめ分担が決めてあるらしくて、[私]の手足を手際よく抑え込んだ。
end
scene 男に裏ビデオを見せられて逃げようとして輪姦
{ドアの外で男達が待っている}
{輪姦}
end
scene 女の体がどんなに気持ちいいのか体験したい気持ちになる
[私]は今朝急に女の体になったけど、また急に男の体に戻るかもしれない。
せっかく女の体になったんだから、女の体がどんなに気持ちいいのか体験してみたいという気持ちがこみ上げてきてた。
end
scene 男に嫌なら帰りなさいと言われて逆らえない
それが男のやり口だとは分かっていても[私]は自分の気持を抑えられなかった。
男は私が立ち尽くしたまま液晶テレビの画面から目が離せないのを見て「いやなら、帰りなさい。今すぐ帰っていいんだよ」と意地悪な口調で[私]に声を掛けてきた。
[私]は男の言いなりになるしかないと覚悟を決めて「嫌じゃないです」とやっとの事で答えた。
「何をして欲しいのからちゃんと言いなさい、そうしないとやってあげないよ」とまた男が意地悪そうな口調でいい放った。
[私]もうここまできたら男に何をされてもいいと思って「好きにして下さい」と男に答えた。
end
scene 男に裏ビデオを見せられて逃げようとして思いとどまる
{女が屈曲位で責められて絶叫する}
{女の体がどんなに気持ちいいのか体験したい気持ちになる}
過激な裏ビデオを見せられたせいで変な気持ちになって、自分も同じ体験をしたくて我慢できないのだ。
{男に嫌なら帰りなさいと言われて逆らえない}
{好きにして下さいと男に言った場合}
end
select 好きにして下さいと男に言った場合
後背位でバイブで責められてアナルレイプ
裏ビデオで4Pプレーを見て逃げようとして輪姦
end
scene 後背位でバイブで責められてアナルレイプ
「そこに四つん這いになるんだ」と言うと男はベッドを指さした。
[私]は男の言うことには逆らえないと思ってベッドの中央で両手をついて四つん這いの姿勢になった。
{バイブで責められる}
{アナルに軟膏を塗られる}
{バイブを入れたままアナルレイプ}
{後背位のアナルレイプ}
end
scene 裏ビデオで4Pプレーを見て逃げようとして輪姦
液晶テレビのスピーカーから「-
{フェラチオを熱望する台詞}
」と大声で叫ぶ声が聞こえた。
液晶テレビの画面を確かめると女の子が仰向けに寝そべった男の上に体を重ねて、その上に別の男が覆いかぶさっている。
女の子の口元にはさらにもう一人の男が腰をかがめて[男性性器の愛称]を押し付けている。
女の子一人で男三人が同時に相手をするなんて、とんでもない変態プレーだ。
それに女の子の[女性性器の愛称]に[男性性器の愛称]が二本同時に入るわけがない。
画面が変わって女の子を背後から映した場面に切り替わった。
[私]は[男性性器の愛称]が二本別々の穴に入るのを見て男達が何をしてるのか気が付いた。
穴の一つは[女性性器の愛称]だが、もう一つの穴は[アナル]しかない。
いくらなんでも高校生の女の子相手にするようなプレーではない。
こんな変態男とても相手をしていられないと思って[私]は男に背を向けて部屋を出ようとした。
{ドアの外で男達が待っている}
{輪姦}
end