;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル 古着                 *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene ファッションショーが始まる
大通りの角にあるビルに入ると、正面に階段があって小さな舞台になってる。
舞台の周りには女の子達が集まっていてこれからちょうどファッションショーが始まるところらしい。
[私]は興味津々で舞台のすぐ近くに歩み寄った。
最初に司会の女性が簡単な挨拶をしたあと、会場に軽快な音楽が流れてさっそくショーが始まった。
end
scene 大胆な水着を見て驚く
それも紐ビキニの大胆なデザインで隠れる所がほとんどない。
end
scene ファッションショーに出くわしたのが運がいいのか悪いのか分からない
原宿でやるファッションショーだとは言え、[アイテム]のショーに出くわすなんて[私]は運がいいのか悪いのか分からない。
end
scene 大胆なアイテムを見て驚く
それも露出度の高い、お色気たっぷりの[アイテム]だ。
とても普通の女の子が着る様な[アイテム]には見えない。
end
scene 子供服のファッションショーだと分かる
最初に階段から降りて来る女性を見て、[私]は一瞬あれっと思った。
お洒落な服を着ているがどうみても小学生くらいの女の子だ。
一人前にモデルらしい歩き方をして、舞台の中央でポーズをとってる所をみると一応はプロのモデルらしい。
あとから大人の女性が登場するのかと思ってみていると、舞台に登場するのは小学生か中学生くらいの女の子ばかりだ。
どうやら子供服のファッションショーだったらしい。
end
scene ファッションショーで女の子の服装を見てびっくりする
最初に階段から降りてきた女性の姿をみて[私]はびっくりしてしまった。
女の子が着ているのは[アイテム]らしい。
end
scene モデルの女の子はみなセクシー
モデルの女の子は皆細めの体をしていて、胸も小さいがそれでも歩くたびに胸が揺れるのがはっきり見える。
後ろ向きに階段に戻るときには、歩きながらお尻が左右に揺れていて見ていてもドキドキしてくる。
end
scene どの水着もお色気たっぷり
どの水着も普通に浜辺で女の子が着る様な水着とは思えないほどに露出度が高い。
end
scene どの下着もお色気たっぷり
どの下着もスケスケのレース模様だったり、可愛らしい花柄だったりとお色気たっぷりだ。
体を隠す面積も小さくて露出度の高い下着はとても普通の女の子が身に着ける品とは思えない。
end
scene ファッションショー見て変な気分になる
音楽に乗って次から次へと女の子が階段を下りてきて、舞台の上でポーズを決めてるが[私]は男なのでなんだか変な気分になってきた。
まるで[男性性器の愛称]がおっきくなったような感触があって[私]は思わず[下の表着]の上から股間を確かめてみた。
気分だけは[男性性器の愛称]がおっきくなったような気がするけど手で探ってみるとやっぱりあるべき物はない。
end
scene ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない
しばらくファッションショーが続いたが、女の子達は何度も着替えては舞台に出て来るのでなかなか終わらない。
{痴漢に触られた感触に気が付く}
[私]の周りはファッションショーを見に来た女の子達ばかりなのでなんで痴漢がいるのか不審な気がした。
会場内を見まわしてみると、大部分は若い女の子だが中年の男性もちらほらと見える。
女の子の[アイテム]姿が堂々と見られるので中年の男性がいるというのももっともな気がした。
{女の子は毎日痴漢に遭うと思う}
{痴漢に腹がたったが騒ぎを起こしたくない}
大声をだせばせっかくのファッションショーの邪魔になるだけだし、厄介な事になっても困る。
end
scene ファッションショーが終わる
ようやくファッションショーも終わりに近づいたらしくてモデルの女の子達が一斉に舞台に並んだ。
end
scene モデルの女の子達が最後の挨拶をする
女の子達が大げさな身振りで一斉にお辞儀をすると、終了の挨拶がマイクで流れた。
end
scene 帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた
ショー見ていた観客が舞台の周りから離れて帰り支度を始めたころやっと痴漢の手が[私]から離れた。
end
scene ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す
観客も会場のビルからでていくので、[私]もビルの外に出た。
[私]はやっと痴漢から逃げられたと思ってほっとしたが、まだ不安な気持ちだった。
後ろを振り返ってみると、痴漢らしい男がすぐ[私]の後からついてくる。
{大通りを渡って痴漢から逃げる}
{走って公園に逃げ込もうとする}
{公園に逃げ込もうとした場合}
end
select ファッションショーを見る場合
水着のファッションショーを見る
下着のファッションショーを見る
子供服のファッションショーを見る
日本趣味のファッションショーを見る
ゴスロリのファッションショーを見る
ウエディングドレスのファッションショーを見る
スポーツウェアのファッションショーを見る
end
scene 水着のファッションショーを見る
{水着のファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
{ファッションショーで女の子の服装を見てびっくりする}
{大胆な水着を見て驚く}
{ファッションショーに出くわしたのが運がいいのか悪いのか分からない}
{モデルの女の子はみなセクシー}
{どの水着もお色気たっぷり}
{ファッションショー見て変な気分になる}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene 下着のファッションショーを見る
{下着のファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
{ファッションショーで女の子の服装を見てびっくりする}
{大胆なアイテムを見て驚く}
{ファッションショーに出くわしたのが運がいいのか悪いのか分からない}
{モデルの女の子はみなセクシー}
{どの下着もお色気たっぷり}
{ファッションショー見て変な気分になる}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene 子供服のファッションショーを見る
{子供服のファッションショーの設定}
{アイドルグループ名の設定}
{ファッションショーが始まる}
{子供服のファッションショーだと分かる}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
女の子達がお揃いの衣装を着ているのを見て、[私]は女の子達がアイドルグループ「[アイドルグループ名]」のメンバーだと気が付いた。
会場に大きな音で伴奏が流れると女の子達がマイクを持って歌いながら踊りだした。
どうやらファッションショーは新曲の宣伝のためのパフォーマンスだったらしい。
[アイドルグループ名]のファンらしい男の子達が舞台の最前列で手を振って応援してる。
女の子達の踊りに合わせてフリコピをする仕草はみっともなくて見ている方が恥ずかしくなる。
何曲か歌が続く間にも痴漢が[私]のお尻をずっと触り続けた。
私は早く歌が終わって欲しいとそればかり考えていた。
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene 日本趣味のファッションショーを見る
{日本趣味のファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
服をデザインしたデザイナーはフランスのパリで有名になった日本人らしい。
最初に階段を降りてきたモデルさんが着ているのは見た目は普通のワンピースだった。
モデルさんが舞台の中央にでてきてポーズを取った時、[私]はワンピースの服地が浴衣の生地らしいと気が付いた。
普通に夏祭りで女の子が着てるような浴衣の生地だ。
つぎに登場したモデルさんは、法被みたいなデザインのカットソーを着ている。
他にもモデルさんが色んなデザインの服を着て登場してきたが、どれも日本の伝統的な浴衣の生地や和服の生地だ。
フランスで大人気の日本人デザイナーというのは、日本趣味を売り物にしているデザイナーらしい。
外国でなら大評判になるかもしれないが、日本で日本趣味のファッションショーを開いてもたいして話題にもならないのにと思った。
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene ゴスロリのファッションショーを見る
{ゴスロリのファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
最初に階段を降りてきたモデルさんは黒地に白いレース模様の一杯ついたワンピースを着ている。
[私]は女の子のファッションの事はよくわからないがゴスロリとか言われている種類の服装らしい。
さっきみた竹下通りの店でも似たような服は一杯あった。
竹下通りを歩いている女の子達も似たような恰好をしている子が大勢いた。
原宿ではゴスロリのファッションが流行っていくらしいがそれだけてもないみたいだ。
観客の中にも似たようなゴスロリのワンピースを着た女の子達がいるが、制服みたいに同じ格好をしている女の子達が目についた。
どうやらメイド喫茶の女の子達がショーを見に来ているらしい。
{知り合った女友達の設定}
「[女友達の愛称]頑張って」と会場にいたメイド喫茶の店員らしい女の子がモデルの女の子に声を掛けた。
どうやらファッションショーのモデルをしているのもメイド喫茶の店員らしい。
歩き方やポーズがいかにも素人っぽくてぎこちないのはそのせいだったらしい。
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene ウエディングドレスのファッションショーを見る
{ウエディングドレスのファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
最初に階段を降りてきたのは純白のウエディングドレスを着たモデルの女の子だった。
どうやらこのファッションショーはウエディングドレスのファッションショーだったらしい。
もし[私]が男の体に戻れずにずっと女のままだったら、いつかは結婚してウエディングドレスを着ることになるかもしれない。
そう思うと寒気がしてくる。
女の子が舞台の正面でポーズをとると、観客によく見えるようにと一回りした。
ペチコートで膨らませたスカートは裾にレースの飾りが何段もついていて随分と高級そうだ。
女の子がお尻を振りながら舞台からもどって階段を上がると、つぎのモデルの女の子が階段を降りてきた。
[私]は女の子の姿をみてどきっとした。
殆ど丸裸で、小さな白い布地が体の一部をかろうじて隠しているだけだ。
[私]はウエディングドレスの事はよく知らないけど、ドレスの下に着るブライダル下着というやつらしい。
このファッションショーは普通のウエディングドレスだけでなくブライダル下着も見せるファッションショーだったらしい。
女の子が舞台の正面まで来ると真っ白なブラジャーと[下着]だけではなく、ガーターベルトをしているのが見えた。
[私]はエッチな写真集でしかガーターベルトというのを見たことがない。
白い下着に白いガーターベルト、それにレース模様のストッキングという組み合わせは色気があって見ていて変な気持ちになる。
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
select スポーツウェアのファッションショーでモデルさんが大胆な格好をする場合
レオタード姿でモデルさんが大胆な格好をする
陸上競技のユニフォームでモデルさんが大胆な格好をする
レオタード姿でモデルさんがジャズダンスを踊る
end
scene 観客には男性もいるのに随分と大胆だと感じる
会場にいる観客は女の子ばかりだが、男性もそこそこいる。
男性の目の前でこんな大胆なポーズをとるなんて、どうゆうつもりなんだろうと不思議な気がした。
end
scene レオタード姿でモデルさんが大胆な格好をする
次にでてきた女の子はレオタード姿で手に長いリボンのついた棒を持っている。
新体操用のレオタードらしくて桜の花の模様が付いたお洒落なレオタードだ。
モデルさんが歩きながら棒を振り回すとリボンがくるくると回りながら会場の観客の頭上を待った。
舞台の正面までくると、踊りながら足を大きく上げてポーズをとった。
新体操様のレオタードは生地が薄くて[女性性器の愛称]の膨らみがくっきりと浮かんで見える。
{観客には男性もいるのに随分と大胆だと感じる}
モデルさんが足を真上まで上げると[私]の方に[女性性器の愛称]が向けられてきて[私]は変な気分になった。
end
scene 陸上競技のユニフォームでモデルさんが大胆な格好をする
次に登場したモデルさんは殆ど丸裸で水着みたいな衣装を着ている。
陸上競技の短距離で着るユニフォームらしい。
上はスポーツブラみたいな格好だが、下はまるで[下着]みたいな布切れだ。
体にぴったりとしていて乳首がくっきりと浮き出て見える。
最近の陸上競技は随分と大胆な格好で走るらしい。
モデルさんがまるでジョギングでもするような動作で手を振りながら舞台の中央まで来ると、膝をまげてスクワットを始めた。
たしかに陸上競技では走る前に準備運動でスクワットをするかもしれないが、それにしても足を広げすぎだ。
{観客には男性もいるのに随分と大胆だと感じる}
腰を屈めるたびに[女性性器の愛称]が薄い生地のユニフォームからはっきりと浮き出て見えて、[私]は変な気分になった。
end
scene レオタード姿でモデルさんがジャズダンスを踊る
次に登場したモデルさんはレオタードを着て足にはレッグウォーマを付けている。
踊りながら歩くのを見ると、ジャズダンスの衣装らしい。
音楽に合わせて、足を上げたり体を揺すったりして踊りながら舞台の正面に歩み出た。
[私]のすぐ目の前でモデルさんが胸の上に手を当てがったり、股間の上に手を差し伸べたりして体をくねらせ始めた。
ジャズダンスの踊りにしてはなんだか変な気がした。
モデルさんが変な顔をして、頭を何度も仰け反らせるのを見て[私]はモデルさんがやってる踊りの意味に気が付いた。
女の[オナニー]をジャズダンスで表現しているらしい。
{観客には男性もいるのに随分と大胆だと感じる}
end
scene スポーツウェアのファッションショーを見る
{スポーツウェアのファッションショーの設定}
{ファッションショーが始まる}
最初に階段を降りてきたのはテニスラケットを手に持ったテニスウェア姿のモデルさんだった。
どうやらスポーツウェアのファッションショーだったらしい。
モデルさんは髪の毛をポニーテールにして、靴もテニスシューズを履いていて今すぐにでもテニスをするような雰囲気だ。
舞台の正面まで来くると、モデルさんがテニスのラケットを大きく振りながらくるりと一回りした。
白いテニスのスコートがめくりあがって下に履いているアンダスーコートのレース模様がはっきりと見えた。
女の子がテニスウェアに憧れるのも分かるような気がした。
その次にはゴルフのクラブを持ったゴルフウェア姿のモデルさんが登場した。
舞台の正面でゴルフクラブを振り回したが、ゴルフはやったことがないらしくてぎこちない。
{スポーツウェアのファッションショーでモデルさんが大胆な格好をする場合}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げられない}
{ファッションショーが終わる}
{モデルの女の子達が最後の挨拶をする}
{帰り支度を始めるとやっと痴漢の手が離れた}
{ファッションショーで痴漢に遭って逃げ出す}
end
scene ファッションショーで痴漢に遭う
{竹下通りを見て歩く}
竹下通りの端まで歩いて大通りに出たところでお洒落なワンピースを着た女の子に小さなビラを渡された。
ファッションショーの無料券らしい。
場所はすぐ近くのビルらしい。
[私]は男だから女の子が見る様なファッションショーなんて見たことはない。
せっかく無料券をもらったのでついでにファッションショーを見ることにした。
{ファッションショーを見る場合}
end
scene 痴漢に腹がたったが騒ぎを起こしたくない
[私]は腹がたったが、こんな所で騒ぎを起こしたくはない。
end
scene 体を起こして痴漢から逃げ出す
[私]は体を起こすと、公園の奥に向かって歩き出した。
end
scene 公園で痴漢に遭いトイレに逃げ込む
痴漢がすぐ私の後からついてくるのに気が付いて私はこれは不味いと思った。
速足で公園の外に出ようとしたが、道を間違えたのか公園の林の中に迷い込んでしまった。
痴漢はわざと[私]から少しだけ距離をとって、ぴったりと後を追いかけてくる。
[私]は必死で走り出したが[下の表着]が捲れ上がるので気になって思ったようには走れない。
公園から出ようと思ったけど、どこに進めば公園から出られるのか見当もつかない。
大急ぎで突き当りの角を曲がるとトイレが見えた。
とりあえずトイレに逃げ込もうとしたとき、痴漢が[私]との距離を詰めて追いすがってきた。
[私]がトイレの中に逃げ込こもうとしたとき、痴漢も[私]と一緒にトイレに入り込んできた。
{立位のレイプ}
end
scene フリーマーケットで痴漢に遭う
坂を上ってNHKの横を通り過ぎると、フリーマーケットが見えてきた。
公園の中の大通りの両側に車が沢山ならんでいて、車の前に古着が並べてある。
[私]は一軒づ見て歩いたが、女物のズボンを置いてある店があまりない。
それに値段も店によってまちまちで安い値段の店もあるが、とんでもなく高い店もあって探すのが大変だ。
代々木公園の奥までずっと店が続いているので、[私]は一番安い店で買おうと思って順に探して歩いた。
公園の一番奥まで行ったときちょうどよさそうなズボンが目に入ったので[私]は手に取って確かめようと思って前かがみになった。
{痴漢に触られた感触に気が付く}
{前屈みになったとき痴漢に遭う}
{女の子は毎日痴漢に遭うと思う}
{痴漢に腹がたったが騒ぎを起こしたくない}
{体を起こして痴漢から逃げ出す}
{公園で痴漢に遭いトイレに逃げ込む}
end
scene ライブで痴漢に遭う
原宿駅の手前で交差点を渡り代々木公園の入り口に入った。
しばらく歩いていくと、大きな音が聞こえていて人だかりがしている。
何だろうと思って近くまで来ると、ライブのコンサートらしい。
派手な格好にお化粧をしたロックバンドが通りの中ほどで演奏をしていて周りをファンの女の子達が取り囲んでいる。
もしかして有名なロックバンドかもしれないかと思って、バンドのメンバーの顔を確かめてみたけど知らない顔。
バンドの名前も聞いたことがない。
ファンの女の子達が飛び上がったりして興奮気味に体を揺すってるのを見ると人気バンドらしい。
ロックバンドの生演奏なんてのは、学園祭のバンド演奏くらしいしか聞いたことがない。
[私]は女の子達の後ろに近寄って、しばらく演奏を聴いていた。
ギタリストのソロ演奏になると、指先の動きが信じられないくらいに早くて見ていてびっくりしてしまった。
{痴漢に触られた感触に気が付く}
{女の子は毎日痴漢に遭うと思う}
{痴漢に腹がたったが騒ぎを起こしたくない}
せっかくのライブの最中に大きな声をだしたりすれば、ライブが台無しになるだけだ。
[私]は痴漢から逃げようと思って、ライブをしている現場から目立たないように抜け出した。
{公園で痴漢に遭いトイレに逃げ込む}
end
select 代々木公園に行った場合
フリーマーケットで痴漢に遭う
ライブで痴漢に遭う
end
scene 代々木公園に行く
とりあえず[下の表着]を着て居たくないので、どうしようかと思って携帯で古着屋を探してみるとちょうど代々木公園でフリーマーケットが開催中なのが目に入った。
古着屋よりはフリーマーケットで買った方がきっと安いに違いない。
代々木公園までは歩いてすぐなので、[私]は裏通りを代々木公園目指して歩き始めた。
{代々木公園に行った場合}
end
scene 竹下通りを見て歩く
竹下通りに買い物に来るのは始めてだが、ともかく女の子がいっぱいいる。
修学旅行らしいセーラー服を着た女の子もいるし、可愛らしいコスプレ風の服を着たお洒落な女の子もいてごちゃまぜだ。
外国人の観光客も大勢歩いていて、うっかり話しかけられたりしないように離れて歩いた。
お洒落な店がづっと続いていて、一軒づつ見て歩くのは随分と大変だった。
end
scene 大通りを渡って痴漢から逃げる
[私]はともかく痴漢から逃げたくて大通りを反対側まで小走りで駆けだした。
大通りの反対側の歩道まで来て、不安な気持ちで後ろを振り返ると痴漢らしい男がすぐ[私]の後からついてくるのが見えた。
[私]は慌てて大通りの横の小道に入ると一目散に駆けだした。
end
scene 走って公園に逃げ込もうとする
痴漢の男が私を追いかけて来る足音が聞こえて私は全速力で走ったが思ったほどスピードがでない。
このままでは痴漢の男に捕まってしまうと思ったとき、すぐ先に小さな公園が見えた。
end
select 公園に逃げ込もうとした場合
公園のトイレに逃げ込もうとして男に捕まってレイプ
公園のトイレの前で転んで男に捕まってレイプ
公園のトイレに逃げ込んでオナニーしてレイプ
end
scene 公園のトイレに逃げ込む
公園の入り口を入るとすぐ横にトイレが有るのが見えたので私は必死でトイレに駆け込んだ。
end
scene 公園のトイレに逃げ込もうとして男に捕まってレイプ
{公園のトイレに逃げ込む}
{公園のトイレの場所設定}
私がトイレの個室に入ってドアを閉めようとしたとき、男がドアをこじ開けてトイレの中に入ってきた。
{トイレの中で暴行レイプ}
end
scene 公園のトイレの前で転んで男に捕まってレイプ
公園の入り口のすぐ横にトイレが見えた。
トイレに逃げ込めばなんとかなると思って私は公園の入り口に駆け込んだ。
トイレに入ろうとした時に[私]は足がもつれて転んでしまった。
{転んで膝をぶつけて立ち上がれない}
{男が追い付いてくる}
{公園のトイレの場所設定}
男は私を抱きかかえるとトイレの中に連れ込んだ。
{トイレの中で暴行レイプ}
end
scene 公園のトイレに逃げ込んでオナニーしてレイプ
{公園のトイレに逃げ込む}
{公園のトイレの場所設定}
{トイレに入って鍵をかける}
すこしづつ気分が落ち着いてきて、[私]は今日起きた事を思い出してみた。
{朝女体化したのは間違いない}
それから何度も痴漢にあって、さんざん嫌な思いをした。
だけど痴漢に遭っているときは、何をされるのかドキドキして期待する気持ちがこみ上げてくるのが不思議だった。
痴漢に遭うのはいやだけど、痴漢に触られているときは変な気分になって[女性性器の愛称]がムズムズしてくる。
さっき痴漢に触られた時の感触が急によみがえってくると[私]は体が熱くなってきた。
なんだか[女性性器の愛称]が変な感じなので[私]は[下の表着]の下に指を入れて直に確かめてみた。
{女性性器の愛称を撫でると気持ちいい}
{自分が女のオナニーをしているのだと気が付く}
{女のオナニーは男のオナニーとは違うと気が付く}
しばらく時間がたって[私]はもう大丈夫だろうと思ってそっとトイレのドアを開けて見た。
ドアの外にさっきの痴漢らしい男が立っているのを見つけて[私]は慌ててトイレのドアを閉めようとした。
男は「気持ちいい事大好きなんだろう」と言うとドアをこじ開けて中に入ってきた。
さっきからずっとドアの外で男は[私]の様子を伺っていたらしい。
[私]が[オナニー]をしていたのが男に全部ばれていたらしいと気が付いて私は気が遠くなった。
{トイレの中で暴行レイプ}
end
select 出来事で痴漢に遭う
撮影のロケで痴漢に遭う
ファッションショーで痴漢に遭う
end
scene 撮影のロケで痴漢に遭う
{竹下通りを見て歩く}
{撮影のロケで痴漢に遭う場合}
end
select 撮影のシーンの場合
ラブシーンの撮影
逮捕シーンの撮影
格闘シーンの撮影
転倒シーンの撮影
スケボーシーンの撮影
ブレイクダンスの撮影
end
scene ラブシーンの撮影
俳優さんらしい男女が一緒に歩道を歩きながら、お喋りをしている場面の撮影しているらしい。
二人が立ち止まるといいきなり男優さんが女優さんを抱きしめてキスをはじめた。
[テレビドラマ]なんだから適当に唇を合わせるだけかと思っていたけど、男優さんの舌が女優さんの口に入れられているのが見えてびっくしてしまった。
キスのあと女優さんが泣き出すシーンがあって、涙の代わりに目薬を使っているのが見えた。
さすがに女優さんでもそう簡単には涙がでないらしい。
何度か同じシーンを繰り返しているが好きでもない相手に繰り返し舌を入れられてのディープキスを強制されるのは見ていて可哀想な気がした。
end
scene 逮捕シーンの撮影
いきなり目の前で二人組の男性の俳優さんが、もう一人の俳優さんに飛びかかるとアスファルトの道路に押し倒して手錠をかけるシーンが始まった。
どうやら刑事物の[テレビドラマ]らしくて、犯人逮捕のシーンの撮影をしているらしい。
刑事さんというのはレインコートを着るのが決まりらしくて、刑事役の俳優さんは二人とも暑いのに古びたレインコートを着ている。
犯人役の男性はアスファルトの道路に押し倒されたとき大暴れするので着ている服が泥だらけになる。
リハーサルで同じシーンを繰り返すたびに係の女性が俳優さん達の服に付いたいた泥をブラシで払うのが見ていて面白かった。
end
scene 格闘シーンの撮影
セーラー服をきた女子高生が歩道を一人で歩いていると突然背広を着た大勢の男達に取り囲まれた。
何が始まるのだろうと思ってみていると、男達が一斉に女の子に飛びかかった。
女の子は巧みな動きでと男達を蹴ったり、突きを入れたりとまるで空手の演技を見ているようだ。
女の子が足を蹴り上げるたびにセーラー服のスカートが捲れあがって下に履いた黒いスパッツが丸見えになってる。
男達はみなスタントマンらしくて、大げさ身振りで宙を舞って倒れ込んでる。
どうやらアクション物の[テレビドラマ]らしい。
女の子の空手の腕前は相当なもので、きっと子供のころから訓練してきたに違いない。
end
scene 転倒シーンの撮影
{お笑いグループの設定}
お笑いグループの[お笑いグループ]の三人がお喋りをしながら、大通りを歩くと[お笑いメンバー1]が歩道の敷居につまづいて転ぶのが見えた。
他の二人が慌てて助け起こそうとすると、また派手に転んでる。
お笑い芸人だけあって、痛そうな演技は随分と大袈裟だ。
リハーサルを何度も繰り返して、その度に大げさに転ぶので[テレビドラマ]の撮影というのは随分と大変だと思った。
end
scene スケボーシーンの撮影
数人の男の子がスケボーに乗って歩行者天国の歩道を走り始めた。
男の子達はやたらとスケボーが上手くて、プロのスケートボーダーらしい。
服装もかなりお洒落な感じで、女の子にもてそうな雰囲気だ。
くるくると体を回転させながらすべったり、宙に飛び上がったりと見ていてびっくりするような技を続けた。
end
scene ブレイクダンスの撮影
歩行者天国の歩道を大きなラジカセをもった男の子が歩き出すと、歩道の中央にラジカセを置いた。
男の子がラジカセのスイッチをいれると、かなり大きな音で音楽が流れだした。
いまどきラジカセなんて持ってる人は滅多にいないし、スピーカーの大きなラジカセなんてのも珍しい。
男の子は音楽に合わせて手足を軽く揺すっていたが次第に動きが大きくなってダンスを始めた。
最初はぎこちなく手足を動かしているだけだったが、次第に本格的なダンスの動きになっていく。
[私]は昔映画でみたブレイクダンスを思い出した。
どうやら本職のプロのダンサーらしい。
男の子の周りに別の男の子達が集まってくると一緒に踊り始めた。
見た感じはばらばらに踊っているけど、それでいてさまになっている。
通行人の役をしている役者さんたちが輪になって踊りを見物しはじめた。
男の子は逆立ちをして頭を地面に押し付けた格好でくるくると独楽のように回り始めた。
[私]は首の骨が折れてしまうんじゃないかと思って、ハラハラして見ていた。
end
scene 撮影で痴漢に遭う
ようやく竹下通りの端までたどり着いたとき、大通りの近くに大勢の人だかりがしている。
何だろうと思って近づいてみると、大通りに[テレビ局]の名前の書いてある大きなバスが沢山並んでいる。
近くまで来ても何をやってるのか分からないので、人ごみの中をかき分けて大通りの前まで進んだ。
[テレビカメラ]を構えたスタッフや、銀色の板を持ったスタッフが大勢いる。
どうやら[テレビドラマ]の撮影をしているらしい。
バスの横には、通行人の役らしい大勢の男女がいて化粧を直している。
[ディレクター]らしい人が合図をすると、通行人がいっせいに歩き始めた。
[テレビドラマ]の通行人というのは、役者さんがやっているんだとその時初めて知った。
撮影では随分と手間のかかることをやるらしい。
{撮影のシーンの場合}
{痴漢に触られた感触に気が付く}
[私]の周りは[テレビドラマ]の撮影を見物している人だかりで動くに動けない。
{女の子は毎日痴漢に遭うと思う}
{痴漢に腹がたったが騒ぎを起こしたくない}
[テレビドラマ]の収録の邪魔なんかしたら、いろいろと面倒な事になりそうな気がした。
しばらく痴漢に遭うのう我慢しながら、[テレビドラマ]の撮影を見物していると撮影が終わったらしい。
[私]の周りにいた見物人も大通りを渡って散ばっていく。
{大通りを渡って痴漢から逃げる}
{走って公園に逃げ込もうとする}
{公園に逃げ込もうとした場合}
end
select 撮影のロケで痴漢に遭う場合
テレビドラマの撮影で痴漢に遭う
映画の撮影で痴漢に遭う
end
scene テレビドラマの撮影で痴漢に遭う
{テレビドラマの撮影の設定}
{撮影で痴漢に遭う}
end
scene 映画の撮影で痴漢に遭う
{映画の撮影の設定}
{撮影で痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売って公園で食事して痴漢に襲われる
{&+公園で食事をしているとき痴漢に襲われる}
{セーラー服を売ったあと公園に行く}
end
test セーラー服を売って公園でパンティーを着替えて痴漢に襲われる
{&+公園のトイレでパンティーを着替えているときに痴漢に襲われる}
{セーラー服を売ったあと公園に行く}
end
test セーラー服を売って公園でカップルの男に襲われる
{&+公園で食事をしている時にカップルの前で足を開いて座る}
{セーラー服を売ったあと公園に行く}
end
test セーラー服を売ったあと公園に行く
{&+公園に行く}
{古着}
end
test セーラー服を売ったあと代々木公園のフリーマーケットに行く
{&+フリーマーケットで痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと代々木公園に行く}
end
test セーラー服を売ったあと代々木公園のライブに行く
{&+ライブで痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと代々木公園に行く}
end
test セーラー服を売ったあと代々木公園に行く
{&+代々木公園に行く}
{駅前の古着屋}
end
test セーラー服を売ったあと原宿の古着屋で痴漢
{&+古着屋で痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと原宿に行く}
end
test 芸能プロダクションでネグリジェに着替えてレイプ
{&+アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェに着替えてレイプ}
{芸能プロダクションでお色気ネグリジェを渡される}
end
test 芸能プロダクションで大人の玩具を見つけてレイプ
{&+アダルトビデオの撮影で大人の玩具を見つけて逃げようとしてレイプ}
{芸能プロダクションでお色気ネグリジェを渡される}
end
test 芸能プロダクションでお色気ネグリジェを渡される
{&+お色気ネグリジェを渡されてアダルトビデオの撮影}
{セーラー服を売ったあと芸能プロダクションにスカウト}
end
test 芸能プロダクションの面接でオナニー
{&+芸能プロダクションの面接でオナニーをさせられる}
{セーラー服を売ったあと芸能プロダクションにスカウト}
end
test セーラー服を売ったあと芸能プロダクションにスカウト
{&+芸能プロダクションにスカウトされる}
{セーラー服を売ったあと原宿に行く}
end
test セーラー服を売ったあと原宿でテレビドラマの撮影で痴漢に遭う
{&+テレビドラマの撮影で痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと原宿で映画の撮影で痴漢に遭う
{&+映画の撮影で痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケでラブシーン
{&+ラブシーンの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケで逮捕シーン
{&+逮捕シーンの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケで格闘シーン
{&+格闘シーンの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケで転倒シーン
{&+転倒シーンの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケでスケボーシーン
{&+スケボーシーンの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test 撮影のロケでブレイクダンス
{&+ブレイクダンスの撮影}
{セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと撮影で痴漢に遭う
{&+撮影のロケで痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと原宿の出来事で痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと水着のファッションショーで痴漢に遭う
{&+水着のファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと下着のファッションショーで痴漢に遭う
{&+下着のファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと子供服のファッションショーで痴漢に遭う
{&+子供服のファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと日本趣味のファッションショーで痴漢に遭う
{&+日本趣味のファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあとゴスロリのファッションショーで痴漢に遭う
{&+ゴスロリのファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあとウエディングドレスのファッションショーで痴漢に遭う
{&+ウエディングドレスのファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーでレオタード姿のモデルさんが大胆な格好をする
{&+レオタード姿でモデルさんが大胆な格好をする}
{セーラー服を売ったあとスポーツウェアのファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーで陸上競技のユニフォームのモデルさんが大胆な格好をする
{&+陸上競技のユニフォームでモデルさんが大胆な格好をする}
{セーラー服を売ったあとスポーツウェアのファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーでレオタード姿のモデルさんがジャズダンスを踊る
{&+レオタード姿でモデルさんがジャズダンスを踊る}
{セーラー服を売ったあとスポーツウェアのファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあとスポーツウェアのファッションショーで痴漢に遭う
{&+スポーツウェアのファッションショーを見る}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーで痴漢に遭いトイレに逃げ込む
{&+公園のトイレに逃げ込もうとして男に捕まってレイプ}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーで痴漢に遭いトイレでオナニー
{&+公園のトイレに逃げ込んでオナニーしてレイプ}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test ファッションショーで痴漢に遭いトイレの前で転ぶ
{&+公園のトイレの前で転んで男に捕まってレイプ}
{セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと原宿のファッションショーで痴漢に遭う
{&+ファッションショーで痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと原宿の出来事で痴漢に遭う}
end
test セーラー服を売ったあと原宿の出来事で痴漢に遭う
{&+出来事で痴漢に遭う}
{セーラー服を売ったあと原宿に行く}
end
test セーラー服を売ったあと原宿に行く
{&+原宿に行く}
{駅前の古着屋}
end
test センター街の古着屋でカットソーとフレアスカートに着替える
{&+店でカットソーとフレアスカートに着替える}
{センター街の古着屋}
end
test センター街の古着屋でキャミソールに着替える
{&+店でキャミソールに着替える}
{センター街の古着屋}
end
scene 逃げようとして男に蹴りを入れる
ここはなんとかして逃げるしかないと思って[私]は男の股間に蹴りを入れてやった。
[下の表着]が捲り上がって、[下着]が丸見えになったけどそんなこと気にしていられない。
思い切り強く蹴り上げたつもりだが、[私]の蹴りは軽く男の股間に触れただけ。
女の体では力が入らない。
それでも上手く男の急所に入ったらしくて男は体ごと飛び上がるとそのまましゃがみ込んだ。
end
scene ラブホテルの玄関で男に蹴りを入れて逃げ出す
[私]が男と一緒にラブホテルに入るのをためらっていると男は強引に[私]の手を引っ張って中に入ろうとした。
いつもの[私]だったらこんな男に手を引っ張られたくらい何でもないが今は女の体だ。
男の手を振りほどこうとしても手に力が入らない。
[私]は男に引っ張られてラブホテルの玄関まで連れてこられた。
このままラブホテルに連れ込まれたらやっかいなことになる。
きっと[私]を裸にして身体検査をするつもりに違いない。
そのとき[私]の体が男に戻ったりしていたら男が何を言い出すか分からない。
{逃げようとして男に蹴りを入れる}
男が[私]の手を離したので、[私]は大急ぎでラブホテルの前から逃げ出した。
男に追いつかれないように必死で走ったが[下の表着]の裾が乱れて気になって上手く走れない。
なんとか大通りにでて駅前まで来ると[私]は後ろを振り返った。
男の姿は見えない。
ここまでくれば大丈夫と思って[私]は一息ついた。
end
scene 古着屋で特売品を買う
ちょうどすぐ目の前に古着屋があるのが目に入った。
逃げ込むにはちょうどいい。
[私]は古着屋に入ると、店の奥に入って古着の棚の陰に隠れた。
生徒指導の先生になんかつかまったのは[私]が四葉学園の[上の表着]を着ていたせいだ。
このまま[上の表着]を着ていたらまた補導されるかもしれない。
古着屋で服を買って着替えた方がいいと[私]は思った。
女物の服なんて着るのはいやだったので、[私]は男物の服を探した。
だがサイズが合わないことに気が付いた。
男物のズボンはウエストのサイズが大きすぎてとても履けない。
それに丈も長すぎる。
[私]は男物の服を探すのは諦めて、女物の売り場で着られそうな服を探した。
女物のズボンで良さそうな物を探して値札を見たがとんでもない値段だ。
この店は古着屋といってもお洒落な古着を扱う店で、値段は新品よりも高いくらいだ。
[私]は財布をだしていくら使えるか確かめてみたがとても買える値段ではない。
[私]は諦めて店をでたが、店の外にワゴンセールの品があるのを見つけた。
「特価品につき返品できません」と張り紙がしてあるのでこれはちょうどいいと思った。
着られそうな服を探したがそれでも値段がかなり高い。
一枚づつ手に取って値段を調べると一枚百円のフレアスカートを見つけた。
丈はそれほど短くないし、少し古いだけだ。
ウェストがゴムになてるので試着しなくても大丈夫だ。
他にも百円のカットソーを見つけて俺は一安心した。
レジで二百円はらって包んでもらうと俺は店を出た。
end
scene 服を脱いで自分の体を確かめる
[上の表着]を脱ぐと[私]はもう一度自分の体を確かめてみた。
もしかして男の体に戻ってるかもしれないと思ったからだ。
[下着]の上から股間を手で探ってみたがやはりあるべき物はない。
胸もブラジャーからはみ出そうなくらい前に突き出てる。
試しに胸をきつく握りしめて感触を確かめてみたがやはり本物だ。
end
scene フレアスカートとカットソーを着て見る
先にフレアスカートを履いてみたが困ったことに気が付いた。
ウエストのゴムがかなりきつくて、お腹の一番細い所にスカートのウェストが来る。
男性用のズボンと違ってウエストの位置がかなり高い。
そのせいでスカートの裾が膝からかなり上の位置になってしまう。
さっきまで履いていた[下の表着]の丈もかなり短かったが、それよりもまだ短い。
それにカットソーも体にぴったりしたデザインで胸がかなり強調されて見える。
end
scene 駅前のトイレで古着に着替える
[私]は着替え用と思って駅前の公衆トイレに入ろうとした。
いつもの癖でうっかり男性用に入ろうとして慌てて女性用に入った。
女性用のトイレにはいるのは初めてだったけど、立ちションベン用の便器がないだけでそれ以外には男性用とは変わらない。
個室に入ると便器の横に小さい白い壺が置いてあるのが目に入った。
話には聞いていたが生理用品を捨てる壺らしい。
{服を脱いで自分の体を確かめる}
[私]は諦めて買ってきた古着に着かえることにした。
{フレアスカートとカットソーを着て見る}
{フレアスカートとカットソーを着る}
個室からでて洗面所の前で自分の姿を確かめてみた。
顔はいつもの[私]の顔ではなく、全然別人で自分が一体誰なのか自分でも分からない。
服装も地味と言えば地味な色だが胸がつんと前に出てスカートの丈も短いのでかなり可愛らしい格好だ。
[私]は女の子らしい可愛い服など着たくはないが特売品で返品不可なので着るしかない。
end
scene 制服を売ればお金になると気が付く
四葉学園のセーラー服を古着屋に売ればなんとか金になるかもしれないと思いついた。
中古のセーラー服は結構金になるという話だ。
女子高を卒業した女の子が不要になったセーラー服を売って結構な金をもらったという話も聞いたことがある。
名門校なら高く売れるとの話だ。
四葉学園は女子高としてはかなり有名だしセーラー服のデザインも可愛くて人気がある。
いくらで売れるかは分からないが当面の生活費の足しにはなるだろう。
だが普通の古着屋でセーラー服など買ってくれるはずはない。
[私]は携帯でしらべてセーラー服買取専門の古着屋を探してみた。
end
scene セーラー服を売るために繁華街に行くことにする
駅のトイレを出た後[私]この後どうしようかと思案した。
今更家に戻る気もないし、学校にも行く気はない。
とりあえず今日泊まるところを探さないといけないし、そのためには金が要る。
[私]はいま着替えた-
{制服を売ればお金になると気が付く}
渋谷に行けば中古のセーラー服を買ってくれる店があるので[私]は渋谷に行くことにした。
財布に残っている金を調べたが渋谷までの電車賃はなんとかなりそうだ。
end
scene 繁華街行の電車に乗る
電車に乗ろうと思って駅のホームに降りる階段を急いでいると風が下から吹き上げてきた。
かなり弱い風だけどそれでも私のフレアスカートの裾が舞い上がった。
私は慌ててスカートの裾を抑えたが[下着]が丸見えになってかなり恥ずかしかった。
フレアスカートというのは弱い風でもすぐに裾が捲れるのだと初めて知った。
男だったときはスカートが捲れるなんて経験はしたことがない。
女というのはお洒落な服を着れるけどそれはそれで面倒だ。
ホームに渋谷行の急行電車が来たので[私]はすぐに乗り込んだ。
end
scene 痴漢に遭いやすい服で痴漢に遭う
[私]は[下の表着]を履いて電車に乗ったことをすぐに後悔した。
[下の表着]は下から手を入れやすいので痴漢には都合がいいのだ。
電車に乗るときの服装まで気にしないといけないなんて女というのはかなり面倒くさい。
{男だから痴漢の体験はない}
痴漢にあったらどうしたらいいのか、実際に痴漢にあってもどうしていいのか分からない。
痴漢に何をされるのか怖くてとても声はだせない
途中の駅で降りるわけにもいかないので[私]は仕方なく痴漢にされるままになっていた。
end
scene ブルセラ店を見つけて中に入る
住所を確かめてそれらしいビルに行ってみたが普通のマンションで店があるとはとても思えない。
だが住所はあってるので、ビルの入り口の郵便受けを見ると確かに店の名前がある。
[私]はエレベータに乗って店のある階まで行ってみた。
ビルの廊下の中ほどに小さな看板がでているのが見えた。
店のドアが開いているので中に入ってみると古着の匂いが鼻にむっときた。
細い通路を中に入ると、店の中には中古のセーラー服が壁にぎっしりと飾ってある。
どうやらここが目的の店らしい。
店には客らしい中年の男がセーラー服を物色してる。
何のために中年の男がセーラー服を買うのか訳が分からない。
自分の彼女に着せるためなのかそれとも自分で着るためなのか。
目の前の中年男がセーラー服を着ている姿を想像するとぞっとする。
自分が売ったセーラー服が何に使われるのか、セーラー服を売る女の子は分かってるんだろうかと気になった。
何に使われても金さえもらえればどうでもいいと思ってるのに違いない。
店の奥のレジまで進むと両側にはセーラー服の他にはブルマーや中古の[下着]がいっぱい並んでる。
こんな店にはとても長居はできない。
end
scene ブルセラ店でセーラー服を売る
[私]はトイレを出るとセーラー服を買ってくれる店を探した。
携帯の地図で調べると裏通りのビルらしい。
{ブルセラ店を見つけて中に入る}
[私]は急いで店主らしい男に四葉学園のセーラー服を渡して金をもらった。
end
scene 店を出るとコンビニを見つける
店を出て大通りに出るとちょうどコンビニがある。
end
scene サンドイッチを買って公園で食べる
お腹が空いたのてサンドイッチを買った。
コンビニの少し先に公園が見えたので、公園のベンチに座ってサンドイッチを食べ始めた。
end
scene サンドイッチを食べ終わって手を洗う場所を探す
サンドイッチを食べ終わって手を洗おうと思ってトイレを探すと、公園の奥にトイレらしい建物が見えた。
end
scene トイレの洗面所で手を洗う
トイレの洗面所で手を洗って改めて自分の顔を見直してみたが、やっぱり全然見覚えのない顔で自分が誰だか分からない。
end
scene トイレを出ようとしたとき痴漢に捕まる
トイレを出ようとしたときに、トイレの外に数人の男がいるのが目に入った。
[私]は男達の横を通り過ぎようとしたがいきなり腕を掴まれた。
男達は[私]を無理矢理にトイレに連れ込んだ。
さっき電車で出会った痴漢達に後をつけられたらしいと気が付いた。
{輪姦}
end
scene 男の横を通り過ぎようとして腕を掴まれる
[私]は男の横を通り過ぎようとしたがいきなり腕を掴まれた。
男は[私]の腕を捩じりあげると、トイレの中に連れ込んだ。
end
scene トイレを出ようとしたとき男に捕まる
トイレを出ようとしたとき、目の前にさっきの男が立ちはだかっている気が見えた。
{男の横を通り過ぎようとして腕を掴まれる}
{立位のレイプ}
end
scene 公園で食事をしているとき痴漢に襲われる
{店を出るとコンビニを見つける}
{サンドイッチを買って公園で食べる}
{サンドイッチを食べ終わって手を洗う場所を探す}
{トイレの洗面所で手を洗う}
{トイレを出ようとしたとき痴漢に捕まる}
end
scene 公園のトイレでパンティーを着替えているときに痴漢に襲われる
{店を出るとコンビニを見つける}
[下着]が濡れて気持ち悪いのでコンビニで[下着]を買うことにした。
売り場を探してみると[下着]は二種類しか置いてなくて、どれもレース模様の可愛い[下着]だ。
可愛い[下着]など履きたくないけど女物の[下着]はデパートの下着売り場で買えば飛んでもない値段がする。
男物のトランクスもあるにはあったが[下の表着]の下に男物のトランクスなんかみっともなくてとても履けない。
[私]は諦めて可愛い下着を買った。
コンビニの先に公園が見えたので、公園のトイレで着替えを済ませた。
{トイレを出ようとしたとき痴漢に捕まる}
end
scene 公園で食事をしている時にカップルの前で足を開いて座る
{店を出るとコンビニを見つける}
{サンドイッチを買って公園で食べる}
すぐ目の前のベンチにカップルが座ってるのが見えた。
男の方は中年で、女はまだ高校生くらいに見える。
普通のカップルには見えないが[私]には関係ないことだ。
男は女の体に手を伸ばして胸を揉んだりしてる。
昼間っからカップルがいちゃいちゃしてるのを見るのは腹が立つけどしょうがない。
女は体を捩らせているけどいやがってる風でもない。
[私]は自分の胸が男に揉まれてるような気がして、変な気分になった。
男が何度か[私]の方に視線を向けてる。
[私]が男の方を見ているのに気が付いたらしい。
男の手が女の足を左右に開かせると、スカートが捲り上がって[下着]が見えた。
[私]に見えるようにわざとやってるらしい。
[私]はその時になって、自分が足を大きく開いて座ってるのに気が付いた。
[私]は男だから座るときだって、いつも足を大きく開いて座ってる。
今は女だから足を閉じて座らないといけないのをすっかり忘れていた。
ベンチに座った男からは[私]の[下の表着]の下の[下着]が丸見えだ。
男はきっと[私]がわざとやってると思ったのに違いない。
[私]は慌てて足を閉じた。
{サンドイッチを食べ終わって手を洗う場所を探す}
[私]はまた男に誤解されるといけないと思って、ベンチから立ち上がった時に[下の表着]の裾を直した。
{トイレの洗面所で手を洗う}
{トイレを出ようとしたとき男に捕まる}
end
scene 原宿の古着屋を着替えを探して歩く
とりあえず[下の表着]を着て居たくないので、古着屋でズボンを買おうと思った。
原宿までは歩いてすぐの距離だ。
原宿にだったら古着屋は一杯あるし、セーラー服を売ったのでお金も少しある。
[私]は大通りを原宿の方角を目指して歩き始めた。
しばらく歩くと、原宿の駅が見えてきた。
原宿駅前から竹下通りに入ると、細い道の左右に洋服屋が一杯並んでる。
どの店も女の子向けの可愛らしい服をたくさん飾ってある。
[私]は古着屋を一軒づつ見て回って安い女物のズボンを探した。
end
scene 原宿の古着屋で他の店を探して歩く
二件目の古着屋でよさそうなズボンを見つけたが、もっと安い店があるかもしれないと思って。[私]は次の店を目指して竹下通りを先に進んだ。
end
select ブルセラ店でセーラー服を売った場合
公園に行く
原宿に行く
代々木公園に行く
end
select 公園に行く
公園で食事をしているとき痴漢に襲われる
公園のトイレでパンティーを着替えているときに痴漢に襲われる
公園で食事をしている時にカップルの前で足を開いて座る
end
select 原宿の古着屋で服を探した場合
芸能プロダクションにスカウトされる
古着屋で痴漢に遭う
出来事で痴漢に遭う
end
scene 痴漢に触られた感触に気が付く
そのとき私のお尻にくすぐったい感触が触れてきた。
何度も軽く押し当てるようにお尻を触られて、[私]は痴漢らしいと気が付いた。
end
scene 前屈みになったとき痴漢に遭う
[下の表着]を着て居るので、前かがみになるとお尻が丸出しになってしまうんだ。
女の子は前かがみになるときは膝を曲げてしゃがむ恰好をしないといけないんだと[私]は気が付いた。
そうしないとお尻が丸見えになってしまうんだ。
end
scene 女の子は毎日痴漢に遭うと思う
女の子というのはよっぽど毎日のように痴漢に遭ってるらしい。
[私]が痴漢に遭いやすい服装をしているせいもあるけど、それにしても痴漢に遭うのが多すぎる。
end
scene 古着屋で痴漢に遭う
三軒目の古着屋は前の二軒よりかなり広くて、値段も安かった。
奥に入ると細い通路の先に女物のズボンがいっぱい置いてある。
[私]は似合いそうなズボンを手に取って値段を調べてみたがかなり安い。
この店で買おうと思ってズボンを手に取ると、次はシャツを探すことにした。
原宿だけあって女物のシャツは可愛いものばかり。
店の一番奥に行くと、男の子っぽい地味目のシャツが置いてある売り場があった。
[私]がシャツを手に取ってサイズを確かめていると、私の後から男が近づいてくるのに気が付いた。
女の子の古着の売り場なのに、何で男が来るのかと思っていると男は[私]のすぐ後ろまで来た。
[私]はなんだか変だと思ったけど、気にせずにチェックのシャツを手に取ろうとして前かがみになった。
{痴漢に触られた感触に気が付く}
{前屈みになったとき痴漢に遭う}
今日はさっきも電車の中で痴漢にあったし、今もまた古着屋の中で痴漢だ。
{女の子は毎日痴漢に遭うと思う}
ともかく今は着替えを買わないといけないと思って[私]はしばらく痴漢に何をされても我慢していた。
しばらくして他の客の女の子が私に近づいてきたとき痴漢は私から離れてどこかに消えた。
[私]はこれでやっと一安心と思ってレジでズボンとブラウスを買った。
どこかで着替えをしようと思って携帯で検索してみると近くに児童公園があるらしい。
[私]は古着屋を出て、裏通りに入るとしばらく歩いて遊具の置いてある児童公園についた。
トイレで着替えを済ませて、トイレを出ようとしたとき目の前に男が立ちはだかっているのが見えた。
さっきの痴漢にずっと後を追いかけられていたらしいと気が付いて私は寒気がした。
{男の横を通り過ぎようとして腕を掴まれる}
{立位のレイプ}
end
scene 原宿に行く
{原宿の古着屋を着替えを探して歩く}
{原宿の古着屋で他の店を探して歩く}
{原宿の古着屋で服を探した場合}
end
scene 渋谷駅でトイレに寄る
渋谷の駅で降りた時私は尿意がしてトイレに寄った。
end
scene 着替える服が無いのに気が付いて着替えを買う
だが[私]はやっかいなことに気が付いた。
今四葉学園のセーラー服を脱いでしまえば代わりに着る物がない。
[私]は店の中を見回してみたが、店に置いてあるのはセーラー服や体操着のブルマーばかりで普通に女の子が着る様な服は見当たらい。
[私]が「なにか着るもの置いてませんか」と恐る恐る店主に聞いてみると店主は「これならお安くなってますよ」と着替えの服を差し出した。
とりあえず着るものなら何でもいいと思って[私]は店主が差し出した服を受け取った。
レジの横の試着室で着替えることにした。
end
scene 制服を買い取ってもらうためにブルセラショップに行く
[私]はこのまま四葉学園の制服のセーラー服を着て居たらまた生徒指導の先生に見つかると思った。
だが服を買うお金はない。
[私]は今着てる-
{制服を売ればお金になると気が付く}
かなり離れた場所だが、セーラー服を買ってくれる古着屋を見つけた。
センター街を出て裏道を進むと、ガード下をくぐって駅の反対側に出た。
{ブルセラ店を見つけて中に入る}
end
scene 制服を買い取ってもらう話がまとまる
[私]は今着てる四葉学園のセーラー服を買ってもらおうと店主らしい男に声を掛けた。
結構な金額で買い取ってもらえる話がまとまって[私]は一安心した。
end
scene 可愛い服を着て恥ずかしいけど我慢するしかないと諦める
女の子が着れば可愛いかもしれないが[私]は元々男だ。
恥ずかしくてとてもこんな服を着て外は歩けない。
だがこの店は普通の古着屋なんかじゃない。
四葉学園の制服を売ったお金で他の学校の制服を買ってもしかたないし、ブルマを着て外を歩くわけにもいかない。
[私]はとりあえずは我慢するしかないと諦めた。
end
scene 店でカットソーとフレアスカートに着替える
{服を脱いで自分の体を確かめる}
店主に渡された服を広げてみると、カットソーとフレアスカートだ。
フレアスカートは腰がゴムになってるから、サイズは気にしなくても大丈夫そうだ。
着古して汚れもあるけど、今はそんなことはいってられない。
{フレアスカートとカットソーを着て見る}
{フレアスカートとカットソーを着る}
{可愛い服を着て恥ずかしいけど我慢するしかないと諦める}
end
scene 店でキャミソールに着替える
{服を脱いで自分の体を確かめる}
店主に渡された服は広げてみると花柄のワンピースらしい。
頭からかぶって着てみると、生地がかなり薄いしデザインがなんだか変だ。
肩が細い紐になっていて、肩が剥き出しになるデザインだ。
{キャミソールを着る}
[私]は店主に渡されたのがキャミソールらしいと気が付いた。
キャミソールは随分と前に流行った服で今時着て居る女の子などいない。
生地が二重になっていて裏地が付いているけど見た目はスケスケだ。
{可愛い服を着て恥ずかしいけど我慢するしかないと諦める}
end
select 店で着替えをする場合
店でカットソーとフレアスカートに着替える
店でキャミソールに着替える
end
scene 脱いだセーラー服を渡して金をもらう
脱いだ四葉学園のセーラー服を店主に渡して金をもらうと[私]はすぐに店を出た。
end
scene 足元が涼しくて歩きずらい
[下の表着]をはいていると、足元がスウスウとしてこそばゆい。
風がちょっと吹いただけでも[下の表着]の裾が捲り上がってしまうので気になって仕方ない。
いつもみたいに大股でなんかとても歩けない。
[私]は内股でよちよちとアヒルみたいに歩くしかなかった。
end
;****************************************
;* 女体化して古着 *
;****************************************
title 古着
{古着に着替える場合}
end
select 古着に着替える場合
駅前の古着屋
センター街の古着屋
end
scene 駅前の古着屋
{章番号}
{朝起きたら女体化している}
{女体化して朝学校に出かける}
{学校に行くのは諦める}
{ファーストフード店で時間を潰す}
{章番号}
{生徒指導の先生に見つかって声を掛けられる}
{身体検査をすると言われてファーストフード店を出る}
{生徒指導の先生にラブホテルに連れ込まれる}
{ラブホテルの玄関で男に蹴りを入れて逃げ出す}
{古着屋で特売品を買う}
{駅前のトイレで古着に着替える}
{セーラー服を売るために繁華街に行くことにする}
{繁華街行の電車に乗る}
しばらくして-
{痴漢に狙われたらしいと気が付く}
{痴漢が下の表着の下に手をいれてくる}
{痴漢に遭いやすい服で痴漢に遭う}
{渋谷駅でトイレに寄る}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{章番号}
{ブルセラ店でセーラー服を売る}
{ブルセラ店でセーラー服を売った場合}
end
scene センター街の古着屋
{章番号}
{女体化してセンター街に行くことにする}
{章番号}
渋谷行きの地下鉄に乗るとしばらくして-
{痴漢に狙われたらしいと気が付く}
{痴漢が下の表着の下に手をいれてくる}
{男だから痴漢の体験はない}
{痴漢にされるままになる}
{渋谷駅でトイレに寄る}
{トイレに入って濡れているのに気が付く}
{女が濡れるのを官能小説で読んだのを思い出す}
{章番号}
トイレを出た後にセンター街にでるで階段を探したが-
{センター街に着く}
{センター街を暇そうに歩く}
{生徒指導の先生に見つかって声を掛けられる}
{身体検査をすると言われて一緒に歩く}
{生徒指導の先生にラブホテルに連れ込まれる}
{ラブホテルの玄関で男に蹴りを入れて逃げ出す}
{章番号}
{制服を買い取ってもらうためにブルセラショップに行く}
{制服を買い取ってもらう話がまとまる}
{着替える服が無いのに気が付いて着替えを買う}
{店で着替えをする場合}
{脱いだセーラー服を渡して金をもらう}
{足元が涼しくて歩きずらい}
{章番号}
{ブルセラ店でセーラー服を売った場合}
end
scene 芸能プロダクションのスカウトに声を掛けられる
「ちょっと話を聞いてもらってもいいですか」と[私]の前に男が立ちはだかった。
「私こう言うものです」と言いながら男が名刺を渡そうとするので確かめてみるとモデル事務所らしい。
「よかったらうちの事務所の専属モデルになりませんか。今からすぐ仕事があるんです。お金は今日お払いしますよ」と男が言うので[私]は戸惑った。
アイドルの女の子が原宿で偶然スカウトされたのがデビューのきっかけだとか話には聞いたことがあるけど、まさかこの[私]がスカウトされるなんてびっくり仰天だ。
スカウトの目から見たら[私]はモデルさんが務まるくらいに可愛いらしい。
「本当ですか」と[私]は思わず男に聞き返してしまった。
「事務所がこのすぐ近くなんですよ。一緒に来てもらえますよね。詳しい話はそこでしますから」と男に言われて[私]はどうしようかと迷った。
今日はこれから家に戻る気はないし、これから先行く場所も決めていない。
モデルさんになれば住む場所だってなんとかなるし、生活費だってしばらくは困ることはないだろう。
せっかくのチャンスを逃すわけには行かない。
end
scene 芸能プロダクションの事務所に案内される
「はい、お願いします」と[私]が答えると、男はすぐに[私]の手を取って歩き始めた。
[私]は裏通りをしばらく歩いて、小さなビルに案内された。
エレベータで三階に上がると、廊下の奥に小さな表札がでてる。
ここがモデル事務所らしい。
end
scene 芸能プロダクションの事務所に入る
中に通されると、狭い部屋に机が一杯並んでいて書類が山のように積まれている。
end
scene 目の前にお金を並べて見せられる
奥の机に案内されると、男は金庫からお金を出して私の前に並べた。
end
scene 芸能プロダクションの事務所で契約書にサインする
{芸能プロダクションの事務所に入る}
{目の前にお金を並べて見せられる}
「今日の撮影の分が10万だ。いますぐ契約書にサインしてもらえるかな」と言いながら男が[私]に契約書らしい紙を渡した。
10万円といえばかなりの大金だ。
今すぐ貰えるならこんなありがたい話はない。
契約書には文字が一杯書いてあるけど、読んでも意味が全然分からない。
なんでもいいやと思って契約書にサインしようと思ったけど自分の名前が分からない。
[私]は鞄から高校の学生証をだして名前を確かめてから書いた。
end
scene 撮影用の部屋に案内される
男に案内されて奥の部屋に入ると、部屋の中央に大きなソファーが置いてあり左右に観葉植物が置いてある。
ソファーの反対側には撮影用のテレビカメラが三脚に乗せてあり、その横には大きな照明装置がある。
end
scene アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェを渡される
{お色気ネグリジェ}
男は契約書を金庫にしまうと「じゃあ、早速撮影だからこれ着てもらえるかな」と言って[ネグリジェの色]の薄い生地の衣装を[私]に渡した。
広げてみると[ネグリジェの柄][お色気ネグリジェ]だ。
[私]は[お色気ネグリジェ]なんか着たことがない。
[私]が戸惑っていると男は「女の子はね[お色気ネグリジェ]が一番可愛く見えるんだ。大丈夫だよ可愛く撮ってあげるから」と言うと「着替えは奥の部屋でやってもらえるかな」と私に命じた。
{撮影用の部屋に案内される}
撮影はここでやるらしい。
男がいったん部屋をでた。
end
scene 契約の前に面接を受ける事になる
「契約金は最初に10万渡すけど、その前に面接を受けてもらうからね。面接に受かれば今すぐこの10万を渡す」と男が言い出した。
面接で不合格になるとお金は貰えないらしいので私はちょっと不安になった。
「じゃあ、面接をするからね」と言うと男は立ち上がった。
{撮影用の部屋に案内される}
どうやら面接をするだけではなくて、撮影もするらしい。
私がソファーに座ってカメラの方を向くと、男はさっそく撮影を始めた。
「じゃあ、面接するからね。緊張しなくていいから。いつも通りの楽な気分で話せばいいからね」と男に言われたけどカメラを目の前にしたらやっぱり緊張してしまう。
end
scene モデルの仕事をしたい動機を聞かれる
「最初に、どうしてこの仕事をやりたいのか理由を聞かせて貰おうか」と男が改まった口調で話しかけてきた。
「私お金が欲しいんです」と[私]は素直に本心で答えた。
「だめだめ、そうゆうのはこの仕事をする理由にはならないからね。『自分の体を見てほしいんです。男の人に喜んで貰いたいんです』と答えないと面接には受からないよ」と男に言われて私は戸惑った。
面接というのは作り話でもいいからもっともらしい事を言わないといけないらしい。
「私男の人に自分の体を見てほしいんです。男の人に私の体を見て喜んでもらいたいんです」と[私]は思いつくままにもっともらしく答えた。
「そうそう、それでいいんだ。本当の気持ちを知りたいんだよ」と男に言われて私は阿保らしくなった。
出鱈目でもいいから適当に答えればいいらしい。
end
scene 面接で彼氏がいるか聞かれる
「ところで今彼氏いるのかな」と男に聞かれて私は「居ません」とすぐに答えた。
今朝女になったばかりで彼氏などいるはずもないし、彼氏がいないほうが[面接]には都合がいいはずだと思った。
end
scene 寂しい時にしていることがあるだろうと聞かれる
「彼氏がいないと、寂しいよね。寂しいときは女の子なら夜一人でやりたくなることがあるよね」と男に言われて[私]はすぐには男の意図に気が付かなかった。
end
scene オナニーが好きでないと出来ない仕事だと言われる
「この仕事はね[オナニー]が大好きでないと務まらない仕事なんだ。男の人に喜んでもらうのが役目だからね。自分も気持ちよくならないとこの仕事はできないからね」と男が訳の分からないことをいいたした。
[私]は仕方なく「そうなんですか」とだけ返事をした。
end
scene 面接でオナニーの事を聞かれる
{寂しい時にしていることがあるだろうと聞かれる}
「女の子なら気持ちいいこと誰でもやってるよね。ちゃんと言いなさい。言わないと面接は打ち切るよ」と男に言われて私は薄々男が[オナニー]の事を聞き出そうとしているのに気が付いた。
面接に受かれば10万貰えるので[オナニー]の話くらいするのは仕方がないと思って[私]は恐る恐る「[オナニー]の事ですか」と男に聞いてみた。
{オナニーが好きでないと出来ない仕事だと言われる}
end
select アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェを渡された場合
アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェに着替えてレイプ
アダルトビデオの撮影で大人の玩具を見つけて逃げようとしてレイプ
end
select 芸能プロダクションでアダルトビデオの撮影をする場合
お色気ネグリジェを渡されてアダルトビデオの撮影
芸能プロダクションの面接でオナニーをさせられる
end
scene 芸能プロダクションの面接でオナニーをさせられる
{芸能プロダクションの事務所に入る}
{目の前にお金を並べて見せられる}
{契約の前に面接を受ける事になる}
{モデルの仕事をしたい動機を聞かれる}
{面接で彼氏がいるか聞かれる}
{面接でオナニーの事を聞かれる}
「じゃあ、いますぐ[オナニー]してもらおうか。いやなら面接は打ち切りだ」と男が半分脅すような口調で命じてきた。
[私]はその時になってこの面接が普通の面接ではないと気が付いた。
モデルの面接とか都合のいいことを口実にして実はアダルトビデオの撮影らしい。
いくら10万円貰えても、こんな面接はとてもやってられない。
「私帰ります」と言って部屋を出ようとしたがすぐに男に腕を掴まれた。
{レイプ}
end
scene お色気ネグリジェを渡されてアダルトビデオの撮影
{芸能プロダクションの事務所で契約書にサインする}
{アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェを渡される}
{アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェを渡された場合}
end
scene 契約書があるので逃げられない
「おい、契約書にはちゃんと書いてあるんだ、今更逃げられる訳ないだろう」と男が私を怒鳴りつけてきた。
end
scene アダルトビデオの撮影でお色気ネグリジェに着替えてレイプ
[私]が急いで[お色気ネグリジェ]に着替えると「着替えました」と男に声を掛けた。
男がもう一度部屋に入ってきたがその後から全裸の男が一緒についてきた。
[私]はアダルトビデオの撮影だと気が付いて、慌てて部屋から逃げ出そうとした。
{契約書があるので逃げられない}
{レイプ}
end
scene アダルトビデオの撮影で大人の玩具を見つけて逃げようとしてレイプ
[私]は[お色気ネグリジェ]に着替えようと思って[お色気ネグリジェ]を手に取ってよくよく確かめてみたがどうも変な気がした。
生地がスケスケすぎるし、丈も短すぎる。
普通に女の子が着る[お色気ネグリジェ]だとはとても思えない。
いくらなんでもこんな[お色気ネグリジェ]を着て撮影をするなんて話が変だ。
[私]はなんだか心配な気がして部屋の中を見回すとテーブルの上に変な物が置いてあるのに気が付いた。
{バイブレータの設定}
[バイブの色]の[バイブの形]の道具はバイブレータとか言う物らしい。
こんな物を撮影に使うなんてアダルトビデオの撮影だとしか考えらなない。
[私]はとてもこんな事務所には居られないと思って[お色気ネグリジェ]をテーブルに置くと部屋を出ようとした。
ドアを開けるとさっきの男が私が着替えるのを待っていた。
男のすぐ後ろには全裸の男が立っている。
私はやっぱりアダルトビデオを撮影するつもりらしいとすぐに気が付いた。
「私帰ります」と言って男の横を通り過ぎようとしたとき男が私の腕をつかんだ。
{契約書があるので逃げられない}
{レイプ}
end
scene 芸能プロダクションにスカウトされる
{芸能プロダクションのスカウトに声を掛けられる}
{芸能プロダクションの事務所に案内される}
{芸能プロダクションでアダルトビデオの撮影をする場合}
end