;********************************************************
;* 七度文庫女体化編制限版ソースコード by 七度柚希  *
;* サブタイトル セックス描写             *
;* このソースコードは、官能小説自動生成ソフト七度文庫 *
;* のソースコードです。七度言語で記述されています。  *
;********************************************************
scene 男に口でやってもらおうかと求められる
男は私に向き直ると「おい、口でやってもらおうか」と声を掛けてきた。
end
scene 口でやるという言葉の意味が分からない
[私]はすぐには「口でやる」という言葉の意味が分からなかった。
男は「早くしろ」と言うだけで何を言われているのか分からない。
「口で何をするんですか」と[私]が聞いてみると「きまってるだろう、口で[男性性器の愛称]をしゃぶるんだ」と言い出した。
男が言ってるのは[フェラチオ]の事らしい。
end
scene 男の俺はフェラチオなんかしたことはない
[私]は男だから他の男に[フェラチオ]したことなんて在るわけがない。
友達の話では[フェラチオ]をしてもらうととっても気持ちいいらしいが、そいつも実際に[フェラチオ]してもらった経験はないらしい。
end
scene フェラチオは女だったら誰でもする事
[フェラチオ]は女だったら誰でもすることだ。
[フェラチオ]が嫌いな女だって無理やりにでもやらせれば誰でも好きになるって話だ。
[私]だって今は女なんだから一度でも[フェラチオ]を体験すれば大好きになるような気がした。
end
scene フェラチオは女だったら誰でもすると覚悟を決める
好きか嫌いかはやってみなければ分からない。
[私]は勇気をだして男の股間に口を近づけた。
end
scene 他の男の男性性器の愛称なんか見たことない
自分の[男性性器の愛称]だったら普通に毎日目にしているが、他の男の[男性性器の愛称]なんかをまじまじと見たことはない。
修学旅行で一緒にお風呂に入った時以来だ。
他の男の[男性性器の愛称]は自分とどう違うのか、興味があることはあるけどじっくりと見つめるチャンスなど今までになかった。
end
scene 他人の男性性器に興味を覚える
[私]の目の前には男の[男性性器の愛称]が見えて[私]は戸惑った。
{他の男の男性性器の愛称なんか見たことない}
[私]は自分の[男性性器の愛称]とどう違うのか、見比べてみたくて男の股間を見つめた。
end
scene 他人の男性性器の色に驚く
[私]の[男性性器の愛称]は普通に肌色だし、修学旅行の時にみた友達の[男性性器の愛称]も普通の肌色だった。
だけど[私]の目の前にある[男性性器の愛称]は薄黒い紫色で色が全然違う。
なぜこんな色をしているのか全然理由が分からない。
end
scene 自分の男性性器とは大きさが違うのに驚く
[私]だって[オナニー]をするときは一応は[男性性器の愛称]は大きくなるけど、これ程の大きさにはならない。
それに色と形も全然違う。
end
scene 自分の男性性器とは形が違うのに驚く
形も根元が太くて反り返っていて先端の縁が大きく開いていて[私]の[男性性器の愛称]とはまるで違う。
end
scene 他人の勃起した男性性器を目の前にして戸惑う
{他人の男性性器に興味を覚える}
目の前で大きく勃起した男の[男性性器の愛称]を見て私はただ驚くだけで声も出ない。
{自分の男性性器とは大きさが違うのに驚く}
{他人の男性性器の色に驚く}
{自分の男性性器とは形が違うのに驚く}
end
scene 他人の男性性器を目の前にして戸惑う
{他人の男性性器に興味を覚える}
いつもだと上の角度から自分の[男性性器の愛称]を見ているので、正面から見るとなんだか別の物を見ているようなきがする。
一目見て驚いたのはその色だ。
{他人の男性性器の色に驚く}
よっぽど使い込んだ[男性性器の愛称]なのかもしれない。
それに太さが[私]の[男性性器の愛称]より一回り大きくて、先端の形も随分と違う。
end
scene ホットドッグの相手
{相手は女の子}
end
scene 相手は女の子
[女の子]-
end
scene 熱い噴流が体を吹き抜ける
体の奥からあふれ出る熱い噴流は頭のてっぺんまで吹き抜けると、私の体は小刻みに震えだし[ました]。
end
scene 我慢できずに一人でオナニーする
私はもうとても我慢できなくなって、一番敏感な所に指を押し当てて指先を震わせ[ました]。
{熱い噴流が体を吹き抜ける}
end
scene 我慢できずにバイブでオナニーする
{熱い噴流が体を吹き抜ける}
end
action トイレの中で暴行レイプ
{レイプの抽象表現}
end
action トイレの中で二人暴行レイプ
{レイプの抽象表現}
end
action ピンクロータを入れた立位のレイプ
[男]はバイブレータを指先で掴むと私の[膣]の奥まで押し込んできた。
私の体の奥をバイブレータの振動が襲い掛かると私はとても立っていられなくなった。
[男]は私の[アナル]に[男根]の先端を押し付けると強引に押し入れてきた。
私の体の中で、男の[男根]の先端がバイブレータの振動で震えるのではっきりと判った。
{立位のアナルレイプ}
end
action 建物のトイレで自分からフェラチオする行為
[建物]のトイレに入ると、[男]はすぐにズボンのチャックを降ろして便器に座った[私]の目の前に突き出してき[ました]。
{フェラチオする行為}
end
action 逆らえないのでフェラチオする行為
{男を前にして何をしたらいいのか気が付く}
{フェラチオする行為}
end
action 自分からフェラチオする行為
{フェラチオする行為}
end
action フェラチオ口内射精飲み込みあり
{フェラチオする行為}
end
action 男を前にして何をしたらいいのか気が付く
[私]はなにをすればいいのかすぐに気がつ[きました]。
end
action フェラチオさせられる行為
{男を前にして何をしたらいいのか気が付く}
{フェラチオする行為}
end
action フェラチオする快感
支配される快感がやがて[私]の体中を満たして、次の瞬間にあふれ出てき[ました]。
end
select 男は舌触りを楽しむ
甘い舌触りを楽しむ
舌先で軽く先端を嘗め回す
end
action 甘い舌触りを楽しむ
(甘い|柔らかな)(舌触り|感触)を(求めて|楽しむように)-
end
action 舌先で軽く先端を嘗め回す
舌先(を使って|で)(軽く|そっと)先端を(くすぐると|嘗め回すと)-
end
select 男の男根は堅さを増す
男の男根は満足を求めて堅さを増す
男が腰を突き出すと私の口いっぱいに頬張らせる
end
action 男の男根は満足を求めて堅さを増す
{フェラチオする相手}
の欲望は(期待通りに|一気に)(堅くな[りました]|堅さを増し[ました])。
end
action 男が腰を突き出すと私の口いっぱいに頬張らせる
{フェラチオする相手}
は腰を(前に突き出して|寄せて)[私]の口((の奥まで|の中に)押し入れてき[ました]|いっぱいに頬張らせ(てき[ました]|[ました]))。
end
select 舌先に絡みつく楽しみを
舌先に絡みつくように征服する
屈辱的な行為を享受する快楽を
end
scene 舌先に絡みつくように征服する
舌先に(からみつく|まとわりつく)ように征服する(楽しみ|快楽)を-
{フェラチオする相手}
end
scene 屈辱的な行為を享受する快楽を
(屈辱的な行為|偽りのない従属)を享受する(楽しみ|快楽|快感)を[私]-
end
scene 征服する楽しみを追い求める
{舌先に絡みつく楽しみを}
{追い求める}
end
select 追い求める
追い続ける
求め続ける
end
scene 追い続ける
は(追求し|追い)続け[ました]。
end
scene 求め続ける
は(要求し|求め)続け[ました]。
end
action 男はフェラチオされて堅さを増す
{男は舌触りを楽しむ}
{男の男根は堅さを増す}
end
select 緊張から生暖かな感触に変わる
緊張から暖かな感触に変わる
思いがけない感触が口の中に広がると
支配者が口の中で反り返ると
end
scene 緊張から暖かな感触に変わる
(強情な程に|緊張から)(硬直した|張りつめた)気分は(やがて|次第に)(なま暖かい感触に変わり)、-
end
scene 思いがけない感触が口の中に広がると
(信じられないような|思いがけない)感触が口の中(を満たすと|いっぱいに広がると)、-
end
scene 支配者が口の中で反り返ると
支配者は(快楽をむさぼる|陵辱を繰り返す)たびに(喉の奥までいっぱいに届くと|口の中で反り返ると)、-
end
select 律動が加わり激しさを増す
律動が加わり激しさを増して行く
腰を振る勢いが増していく
end
scene 律動が加わり激しさを増して行く
(力強い|)律動が加わりながら(激しさ|勢い)を増し(て[いきました]|続け[ました])。
end
scene 腰を振る勢いが増していく
腰を(前後に|)(振る|揺する)勢いが(激しさを|逞しさを|)増し(て[いきました]|続け[ました])。
end
scene 緊張から暖かな感触に代わり律動が加わった
{緊張から生暖かな感触に変わる}
{律動が加わり激しさを増す}
end
action フェラチオする行為
{男はフェラチオされて堅さを増す}
{征服する楽しみを追い求める}
{緊張から暖かな感触に代わり律動が加わった}
{フェラチオする快感}
end
action 二人でフェラチオさせられる
[私]と[女友達]は、二人で奪いあうように、[男]の欲望を舌にからませ[ました]。
激しい律動が[私]の口を征服すると[私]の目からも涙が止まらなくな[りました]。
[女友達]の甘い音色が[私]のすぐ横で耳をくすぐ[りました]。
{フェラチオする快感}
end
action フェラ同時射精表現
思う存分欲望を満たすと、[男]達は[私]の体に最後の一撃を打ち下ろし[ました]。
[私]は体中がふるえ続けて止まらなくな[りました]。
end
action 座位フェラ同時射精表現
思う存分欲望を満たすと、[男]達は[私]の体を最後の一撃で打ち砕[きました]。
[私]は体中がふるえ続けて止まらなくな[りました]。
end
action 女友達がフェラチオする
[女友達]もうとても我慢できないという様子で、舌を[男]の欲望に絡ませては、息を吸い込んでい[ました]。
甘い息音が、舌の音にかさなって、支配者を歓迎する音色を奏でつづけ[ました]。
[男]の律動が激しくなるにつれて[女友達]の目からは苦しげな涙が溢れてき[ました]。
end
action トイレでバックのあとフェラチオさせる行為
[私]がトイレの便器の蓋に倒れこんでいました。|[私]はトイレの便器に倒れ込むようにして座ってい[ました]。
[男]は[私]をもう一度立たせると今度は便器に座らせてき[ました]。|[男]は[私]の姿勢を変えると、[男]に向かって座らせ[ました]。
[私]の目の前には、いまさっき[私]を後ろから責めてきた[男]の[男根]があ[りました]。|[男]の[男根]が[私]の目の前にそそり立ってい[ました]。
end
select プラトーの抽象表現
プラトーの抽象表現詳細
プラトーの抽象表現簡略
end
action プラトーの抽象表現詳細
{プラトー開始表現}
{プラトー高潮表現}
{プラトー継続表現}
end
select プラトーの抽象表現簡略
プラトーの抽象表現簡略1
プラトーの抽象表現簡略2
end
action プラトーの抽象表現簡略1
{プラトー開始表現}
{プラトー高潮表現}
end
action プラトーの抽象表現簡略2
{プラトー開始表現}
{プラトー継続表現}
end
select プラトー開始表現
プラトー開始表現1
プラトー開始表現2
プラトー開始表現3
プラトー開始表現4
end
action プラトー開始表現1
竜巻のような激しい勢いで吹き抜ける嵐の中では、もう逃げることもでき[ませんでした]。
end
action プラトー開始表現2
激しい渦の流れに[私]の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくな[りました]。
end
action プラトー開始表現3
[私]の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続け[ました]。
end
action プラトー開始表現4
逃げることの出来ない快楽の時が始まったことを[私]は思い知らされ[ました]。
end
select プラトー高潮表現
プラトー高潮表現1
プラトー高潮表現2
プラトー高潮表現3
プラトー高潮表現4
プラトー高潮表現5
end
action プラトー高潮表現1
抵抗する気力もないくらいに[私]の体はもてあそばれ[ました]。
end
action プラトー高潮表現2
[私]の体は意志のない人形のようにもてあそばれて引き裂かれ[ました]。
end
action プラトー高潮表現3
子宮からあふれる潮の流れがつま先から頭のてっぺんまでを奔流となって走り抜けて[いきました]。
end
action プラトー高潮表現4
[私]の体中に欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始め[ました]。
end
action プラトー高潮表現5
信じられない感触が[私]の体中に広がると許しを請うことさえできなくな[りました]。
end
select プラトー継続表現
プラトー継続表現1
プラトー継続表現2
プラトー継続表現3
プラトー継続表現4
プラトー継続表現5
end
action プラトー継続表現1
いつまで続くともわからない時間が[私]の心の中で凍り付いてい[ました]。
end
action プラトー継続表現2
時計の針が止まると、永遠の時間が[私]の体を支配してい[ました]。
end
action プラトー継続表現3
[私]に許されたのは、望みを捨てて従属する快感に身をゆだねることだけ[でした]。
end
action プラトー継続表現4
意志を失った人形の体を女の宿命が支配し続け[ました]。
end
action プラトー継続表現5
支配者に従属するのが女の宿命だと[私]は心のそこから思い知らされ[ました]。
end
scene 男は私をベッドに押し倒してきた
[男]は私をベッドに押し倒してきた。
end
scene 女友達の画像が液晶テレビに映る
{ホットドッグの相手}
の姿が、ベッドの横の液晶テレビに映し出されるのが見えて私は足が震えてき[ました]。
end
action 女友達とホットドッグレイプ
[生贄にされる=(生贄にされる|汚される|欲望に汚される|欲望を受け止める)]
{逆らうことも出来ずに女友達は汚される}
{<盗撮カメラの位置==ラブホテルの天上>女友達の画像が液晶テレビに映る}
{女友達の次は私の番}
{ホットドッグ後番}
end
action 女友達の次は私の番
{女友達が欲望を受け止めると}
{次は私が生贄}
end
select 女友達が欲望を受け止めると
女友達の身体に欲望を吐き出すと
女友達が天国に昇りつめると
女友達が震える身体で泣き出すと
end
action 女友達が天国に昇りつめると
{ホットドッグの相手}
が(天国|至福)への階段を(登りつめると|上がりきると)、-
end
action 女友達の身体に欲望を吐き出すと
{ホットドッグの相手}
の(体|肉体)に(快楽|欲望|とどめ)の(激情|激流)を(吐き出すと|だし尽くすと)、-
end
action 女友達が震える身体で泣き出すと
{ホットドッグの相手}
が(体中を|腰を)震わせて(泣きじゃくり|目に涙を溢れさせ)ながら(欲望を受け止めると|とどめの一撃を受け止めると|最後のとどめを受け止めると)、-
end
select 次は私が生贄
次は私が生贄にされる番
次に私が生贄にされるのを待つ
end
action 次は私が生贄にされる番
(次|今度)は私が[生贄にされる]番(が回ってき[ました]|[でした])。
end
action 次に私が生贄にされるのを待つ
次に私が[生贄にされる]期待で身体が震え(て止まらなくな[りました]|てき[ました]|出し[ました])。
end
action 逆らうことも出来ずに女友達は汚される
{逆らうこともできずに}
{欲望に汚される}
end
action 逆らうこともできずに
(逆らうこともできずに|身動きもできない姿勢で|最後の望みも奪われた)-
{ホットドッグの相手}
は-
end
select 欲望に汚される
欲望に汚されつづけました
欲望の刃を受け続けました
快楽に逆らうことはできませんでした
奈落の底まで落とされ続けました
end
action 欲望に汚されつづけました
(欲望に汚されつづけ[ました]|身体を汚され続け[ました])。
end
action 欲望の刃を受け続けました
(欲望の刃を受け続け[ました]|欲望の激流を浴び続け[ました])。
end
action 快楽に逆らうことはできませんでした
(もう(燃え上がる快楽|至上の喜び|天に昇る快楽)に逆らうことはでき[ませんでした]|(渦をまく(快楽|喜び)|信じられない(快楽|喜び))の激流に流され続け[ました])。
end
action 奈落の底まで落とされ続けました
(奈落の底まで(落とされ続け[ました]|落ちて[いきました])|(闇の底|暗闇の世界)に身体ごと落ちて[いきました])。
end
action ホットドッグ後番
{男は私の後ろから押し入れてくる}
{プラトーの抽象表現}
{射精の抽象表現}
end
select 男は私の後ろから押し入れてくる
男は私の後ろから押し入れてきました
end
action 男は私の後ろから押し入れてきました
{男は後ろから}
{後ろから押し入れてくる}
end
select 男は後ろから
男は私の後ろから
男は腰を引きつけて
end
action 男は私の後ろから
([男]は私の(後ろ|背後)から|私の(背後|後ろ)から[男]が)-
end
action 男は腰を引きつけて
([男]は私の腰を引きつけて|私の腰を引きつけると[男]は)-
end
select 後ろから押し入れてくる
後ろから押し入れてきました
攻め込んでくる
end
action 後ろから押し入れてきました
(押し入れてき[ました]|突き通してき[ました]|押し込んで[きました])。
end
action 攻め込んでくる
(力任せに|勢いをこめて)攻め(込んでき[ました]|始め[ました])。
end
action 下緊縛ホットドッグレイプ
[男達]は私を-
{ホットドッグの相手}
の上に押し倒して四つん這いにさせ[ました]。
{ホットドッグの相手}
は縛り付けられたまま何も言わずに私を見上げ[ました]。
{下緊縛ホットドッグ}
end
action 下緊縛ホットドッグ
{女友達とホットドッグレイプ}
end
action マッサージ師さんに性感マッサージを受ける
マッサージ師さんは手慣れた手つきで私の腿を繰り返し揉み始め[ました]。
私は気持ちよくて眠りそうになってき[ました]。
マッサージ師さんの手が私の腿の内側をなで始めると、不意に私の腿の筋肉が震え始め[ました]。
普通のマッサージではないらしいと気が付[きました]が、心地よい感触が体中に広がってもう逆らえ[ませんでした]。
私の敏感な所をマッサージ師さんが探り当てると、私の体は何度も仰け反[りました]。
マッサージ師さんの巧みな指先に責められて私の体は繰り返し震え続け[ました]。
end
action レイプ
{正常位のレイプ}
end
action 立位のレイプ
[体位=立位]
{レイプの抽象表現}
end
action 立位のアナルレイプ
[体位=立位]
{アナルレイプの抽象表現}
end
action 正常位のレイプ
[体位=正常位]
{レイプの抽象表現}
end
action 後背位のレイプ
[体位=後背位]
{レイプの抽象表現}
end
action 後背位のアナルレイプ
[体位=後背位]
{アナルレイプの抽象表現}
end
action 後背位のアナル3Pレイプ
[体位=後背位]
{アナル3Pレイプの抽象表現}
end
action レイプの抽象表現
{愛撫の抽象表現}
{プラトーの抽象表現}
{射精の抽象表現}
end
action アナルレイプの抽象表現
{アナル愛撫の抽象表現}
{プラトーの抽象表現}
{アナル射精の抽象表現}
end
action アナル3Pレイプの抽象表現
{アナル愛撫の抽象表現}
{プラトーの抽象表現}
{アナル3P射精の抽象表現}
end
action 正常位の二人レイプ
{レイプの抽象表現}
end
action 立位の二人レイプ
{レイプの抽象表現}
end
action 射精表現の設定
{となった}
{失った}
end
action アナル3P射精の抽象表現
後ろから男の[精液]が勢いよく飛び出した瞬間に喉の奥にも[精液]が飛び込んできた。
end
action アナル射精の抽象表現
{!射精準備表現4}
{射精の抽象表現}
end
action 射精の抽象表現
{射精表現の設定}
{射精準備表現}
{射精表現}
end
select 射精準備表現
射精準備表現1
射精準備表現2
射精準備表現3
射精準備表現4
end
action 射精準備表現1
{このままずっと続くのなら}
{屈服するしかないと覚悟を決めました}
end
action このままずっと続くのなら
このままずっと(奧まで責められたら|責め続けられたら|続くのなら|最後まで責められたら)、-
end
action 屈服するしかないと覚悟を決めました
[私](の体|)は(もう|)(支配者|暴君|征服者)に(屈服するより|従うしか)ないと覚悟(を決め[ました]|し[ました])。
end
action 射精準備表現2
{征服者が最後の時を告げるのを待つ}
{もう望みはなくなりました}
end
action 征服者が最後の時を告げるのを待つ
(征服者|支配者|暴君)が(最後|究極)の(快楽|満足|至福)の時を告げるのを待つしか-
end
action もう望みはなくなりました
もう(望み|希望)はなくな[りました]。
end
action 射精準備表現3
{天高く放り上げる}
{宙に舞う}
end
select 天高く放り上げる
天国に放り上げる
空高く舞い上がる
end
action 天国に放り上げる
(天国|至上の楽園)(に|にまで|にめがけて|に届くまで)(放り(投げ|上げ)|投げ上げ)られた[私]の(身体|体)は、-
end
action 空高く舞い上がる
(空|天)高(く|くまで)(舞い上がった|飛ばされた)[私]の身体は、-
end
select 宙に舞う
最後の瞬間を求めて宙に舞う
燃え尽きるまで舞い続ける
果てしない空を登り続ける
end
action 最後の瞬間を求めて宙に舞う
(最後の瞬間|快楽の絶頂|至福の時)を(求めて|望んで)(宙|空)を(舞い|さまよい)続け[ました]。
end
action 燃え尽きるまで舞い続ける
(燃え尽きるまで|燃え尽きそうになりながら|燃えあがったまま)(宙|空)を(舞い|さまよい)続け[ました]。
end
action 果てしない空を登り続ける
(果てしない(天空|空)を|至福の(快楽|喜び|時)を目指して)昇り続け[ました]。
end
action 射精準備表現4
{最後の瞬間が近いことを告げる}
{準備のために痙攣する}
end
select 最後の瞬間が近いことを告げる
男のリズムが最後の時を告げる
予期しない動きが私を捕らえると
end
action 男のリズムが最後の時を告げる
[男](の繰り返す|が刻む)(リズム|律動)は最後の(瞬間|時)が(間近だと|近いことを)[私]の(身体|子宮)に告げると、-
end
action 予期しない動きが私を捕らえると
(予期しない|思いもしなかった)(突然の緊張が|動きが急に|律動が)[私]の身体を捕らえると、-
end
select 準備のために痙攣する
準備のために痙攣を繰り返す
小刻みな痙攣を続けながら奧まで届いてきました
動きが急に早まりながら奧まで届く
end
action 準備のために痙攣を繰り返す
(準備のための|[私]の奧で)痙攣を(始め[ました]|繰り返し[ました]|小刻みに繰り返し[ました])。
end
action 小刻みな痙攣を続けながら奧まで届いてきました
(震えながら|押し広げるようにして)(奧までしっかり|しっかりと奧まで)届いてき[ました]。
end
action 動きが急に早まりながら奧まで届く
(いきなり|すぐに)(奧までしっかりと|しっかりと奧まで)届いてき[ました]。
end
action 射精表現
{<体位==立位>立位の射精表現;<体位==後背位>後背位の射精表現;正常位の射精表現}
end
select 正常位の射精表現
射精表現1
射精表現2
射精表現3
射精表現4
射精表現5
射精表現6
射精表現7
end
select 立位の射精表現
射精表現1
射精表現2
射精表現3
射精表現4
射精表現6
射精表現7
end
select 後背位の射精表現
射精表現1
射精表現2
射精表現3
射精表現4
射精表現6
射精表現7
end
action 射精表現1
([男]の欲望は|支配者の剣は)[私]の体を(責め続けると|十分に楽しむと)、ようやく最後の一撃で[私]を(打ち(砕|抜)|貫)[きました]。
end
action 射精表現2
{天高く舞い上がらせる}
{奈落の底に突き落とす}
end
action 天高く舞い上がらせる
[男]は[私]の身体を(至福の楽園まで|天国まで|天高く)(投げ上げる|舞い上がらせる)と、-
end
action 奈落の底に突き落とす
(快楽を(味わう|楽しむ)(間|時)も与えずに|次の瞬間に)(絶望の淵|暗黒の淵|暗黒の谷間|絶望の暗闇|奈落の底)に突き落とし[ました]。
end
action 射精表現3
{一撃で貫く}
{最後の砦を征服する}
end
select 一撃で貫く
私の身体を一撃で貫く
end
action 私の身体を一撃で貫く
[男]は[私]の身体を一撃で貫き通すと、-
end
select 最後の砦を征服する
最後の砦を征服してはてました
最後の望みを果たしました
最後の望みを打ち砕きました
私の身体は永遠の時にさまよいました
涙がこみ上げて止まらなくなりました
end
action 最後の砦を征服してはてました
最後の砦を(打ち破って|征服して)果て[ました]。
end
action 最後の望みを果たしました
最後の(望み|欲望)を(遂げ[ました]|果たし[ました])。
end
action 私の身体は永遠の時にさまよいました
[私]の身体は(震え続けたまま止まらなくなりました|永遠の時に震え続け[ました])。
end
action 涙がこみ上げて止まらなくなりました
[私]の目からは涙が(溢れだして|こみ上げて|こぼれて|こぼれ落ちて)止まらなくな[りました]。
end
action 射精表現4
[男]は[私]の身体を征服すると-
{最後の望みを打ち砕く}
end
select 最後の望みを打ち砕く
最後の望みを打ち砕きました
最後の望みを果たしました
私の身体は永遠の時にさまよいました
私の身体は永遠の時にさまよいました
涙がこみ上げて止まらなくなりました
end
action 最後の望みを打ち砕きました
最後の望みを打ち砕[きました]。
end
scene テスト射精表現5
{となった}
{失った}
{射精表現6}
end
action 射精表現5
{廃墟となった身体に}
{杭を打ち込む}
end
select 廃墟となった身体に
廃墟となって燃え続ける私の身体に
心を失って獣となった私の身体に
end
action 廃墟となって燃え続ける私の身体に
廃墟[となった][私]の身体に、-
end
action 心を失って獣となった私の身体に
心を[失った][私]の身体に、-
end
select 杭を打ち込む
所有者の杭を打ち込む
end
action 所有者の杭を打ち込む
[男]は(所有者|支配者|征服者)の(杭|鉄杭|刃)を(誇らしげに|力強く)(打ち込み続け[ました]|打ち下ろして来[ました])。
end
action テスト射精表現6
{となった}
{失った}
{射精表現6}
end
action 射精表現6
{廃墟となった身体を}
{最後の一突きで貫き通す}
end
select 最後の一突きで貫き通す
最後の一突きで貫き通してきました
end
action 最後の一突きで貫き通してきました
[男]は(最後の|とどめの)(一突|一撃)きで貫(き通し[ました]|[きました])。
end
select 廃墟となった身体を
廃墟となって燃え続ける私の身体を
心を失って獣となった私の身体を
end
action となった
[となった=(となって燃え続ける|となって燃え落ちた|となって崩れ落ちた|となった)]
end
action 廃墟となって燃え続ける私の身体を
廃墟[となった][私]の身体を、-
end
action 失った
[失った=(失って獣となった|失って燃え続ける|失って震え続ける|失った)]
end
action 心を失って獣となった私の身体を
心を[失った][私]の身体を、-
end
action 射精表現7
{望みを失った私の身体}
{最後の一撃を受ける}
end
select 最後の一撃を受ける
最後の一撃で粉々になる
最後の快楽で満たされる
最後の喜びを受け止める
end
action 最後の一撃で粉々になる
[男]の最後の一撃(で|を浴びて|を受けて)(粉々にな[りました]|砕け散[りました]|打ち砕かれ[ました])。
end
action 最後の快楽で満たされる
(最後の快楽|至福の喜び|最後の喜び)で(一杯に|限りなく|一気に)満たされ[ました]。
end
action 最後の喜びを受け止める
(最後の快楽|至福の喜び|最後の喜び)を(一杯に受け止め[ました]|受け止め[ました]|望み通り受け止め[ました])。
end
select 望みを失った私の身体
望みを失って叫び続ける私の身体
望みを失って震えが止まらなくなった私の身体
end
action 望みを失って叫び続ける私の身体
(望みを失って|暗闇のなかで)(叫び続ける|泣き叫ぶ)[私]の身体は、-
end
action 望みを失って震えが止まらなくなった私の身体
(望みを失って|暗闇のなかで)(震えが止まらなくなった|震え続ける)[私]の身体は、-
end
action 愛撫された感触
思いもかけない感触が[私]の体の芯から広がり、泉のように溢れだし[ました]。
頭の中まで熱い奔流が流れこみ、[私]は半分夢のなかにいるかのように体が重くな[りました]。
end
action 膝への愛撫行為
[男]の手が[私]の膝に伸びると、[私]の膝頭の感触を楽しむように動き始め[ました]。
微妙な感覚に[私]の膝が震えると、[男]の指先はさらに大胆に巧みな動きを始め[ました]。
{愛撫された感触}
end
action 隣に座って手を入れて下着の上から無抵抗の愛撫
[私]が抵抗しないのを確かめると、[男]の手は[私]の腿の内側を撫でると[私]の[下の表着]をたくし上げてき[ました]。
[男]の指先が軽く[私]の[下着]の上から触れてくると、[私]はもう我慢できなくて自分から足を左右に広げ[ました]。
うっとりとした感触が[私]の体中に広がると[私]は半分目を閉じて[男]の指先の動きに神経を集中させ[ました]。
[男]は指先を小刻みに振るわせながら、円を描くように軽く[私]の[クリトリス]に指を押し当ててき[ました]。
end
action 隣に座って愛撫しながらズボンの上から男根を握らせられる
[男]はもう一方の手で[私]の左手を掴むと、[男]の股間に[私]の手のひらを押しつけ[ました]。
大きくて硬いものが[私]の手のひらの中で脈打つように震えるのがはっきりと判[りました]。
[私]は体中が熱く燃え上がって頭の中がぼんやりとして目眩がしてき[ました]。
end
action アナル愛撫の抽象表現
{!愛撫の開始表現5}
{!愛撫の開始表現6}
{愛撫の抽象表現}
end
select 愛撫の抽象表現
愛撫の抽象表現詳細
愛撫の抽象表現簡略
愛撫の抽象表現省略
end
action 愛撫の抽象表現詳細
{愛撫の開始表現}
{愛撫の進行表現}
{愛撫の高調表現}
{愛撫の絶頂表現}
end
select 愛撫の抽象表現簡略
愛撫の抽象表現簡略1
愛撫の抽象表現簡略2
愛撫の抽象表現簡略3
end
action 愛撫の抽象表現簡略1
{愛撫の開始表現}
{愛撫の高調表現}
{愛撫の絶頂表現}
end
action 愛撫の抽象表現簡略2
{愛撫の開始表現}
{愛撫の進行表現}
{愛撫の絶頂表現}
end
action 愛撫の抽象表現簡略3
{愛撫の開始表現}
{愛撫の進行表現}
{愛撫の高調表現}
end
select 愛撫の抽象表現省略
愛撫の抽象表現省略1
愛撫の抽象表現省略2
愛撫の抽象表現省略3
end
action 愛撫の抽象表現省略1
{愛撫の開始表現}
{愛撫の進行表現}
end
action 愛撫の抽象表現省略2
{愛撫の開始表現}
{愛撫の高調表現}
end
action 愛撫の抽象表現省略3
{愛撫の開始表現}
{愛撫の絶頂表現}
end
select 愛撫の開始表現
愛撫の開始表現1
愛撫の開始表現2
愛撫の開始表現3
愛撫の開始表現4
愛撫の開始表現5
愛撫の開始表現6
end
action 愛撫の開始表現1
欲望の嵐が激しい竜巻となって[私]の体に襲いかかってき[ました]。
end
action 愛撫の開始表現2
欲望の儀式が始まる予感が、[私]の身体を襲[いました]。
end
action 愛撫の開始表現3
熱く煮えたぎった欲望を前にして、[私]の心は逆らう気力を失[いました]。
end
action 愛撫の開始表現4
[私]の身体を襲う欲望は、嵐のような激しさ[でした]。
end
action 愛撫の開始表現5
[私]の子宮は[男]に乱暴に扱われるのを待ち望んでいるように熱くな[りました]。
end
action 愛撫の開始表現6
逃げられない時は従うしかないと、子宮が命じる声が[私]の身体に響いてき[ました]。
end
select 愛撫の進行表現
愛撫の進行表現1
愛撫の進行表現2
愛撫の進行表現3
愛撫の進行表現4
愛撫の進行表現5
愛撫の進行表現6
end
action 愛撫の進行表現1
浜辺におしよせる波のように、欲望は繰り返し[私]の体に押し寄せては退いて[いきました]。
end
action 愛撫の進行表現2
[私]の身体を包み込んだ欲望の渦は、すぐには激しくならずに、[私]の感触を楽しんでいるよう[でした]。
end
action 愛撫の進行表現3
[私]の期待を裏切るように、ゆっくりとした波が[私]の感触を楽しむように打ち寄せてき[ました]。
end
action 愛撫の進行表現4
[私]の身体はゆっくりとした動きで、永遠の時の底に沈み始め[ました]。
end
action 愛撫の進行表現5
[男]の欲望は、楽しみを先に延ばしたいかのように、[私]の身体ををじらしながら開いてき[ました]。
end
action 愛撫の進行表現6
[私]に抵抗する余裕を与えて、[私]を征服するのを楽しむかのように、[男]はゆっくりと[私]の身体を開いてき[ました]。
end
select 愛撫の高調表現
愛撫の高調表現1
end
action 愛撫の高調表現1
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがあ[りました]。
end
select 愛撫の絶頂表現
愛撫の絶頂表現1
愛撫の絶頂表現2
愛撫の絶頂表現3
愛撫の絶頂表現4
愛撫の絶頂表現5
愛撫の絶頂表現6
愛撫の絶頂表現7
愛撫の絶頂表現8
end
action 愛撫の絶頂表現1
これが運命の決めた時だとあきらめの気持ちは、やがてあふれ出る泉を呼び起こし[ました]。
end
action 愛撫の絶頂表現2
逆らう気持ちが、諦めの気持ちに変わったとき、ふいに体中が喜びで震えてき[ました]。
end
action 愛撫の絶頂表現3
支配者に従順に従うことだけが、[私]に許された快感だと心の底から思えてき[ました]。
end
action 愛撫の絶頂表現4
許されない喜びの深い淵に[私]の体は沈み込んで戻ることができなくな[りました]。
end
action 愛撫の絶頂表現5
支配者の欲望に従順に従うことだけが、[私]に許された最後の希望[でした]。
end
action 愛撫の絶頂表現6
支配者の許しがなければ、[私]は涙を流すことさえできなくな[りました]。
end
action 愛撫の絶頂表現7
今誰が[私]を支配しているのか、それだけが[私]の涙を誘う喜び[でした]。
end
action 愛撫の絶頂表現8
終わることのない永遠の時が、[私]の支配者に与えられた時間[でした]。
end
action 薬を飲んで体が感じてくる
私は頭の中が半分眠ったようになると、体が芯から熱くなってき[ました]。
end
action 輪姦
{輪姦する行為}
end
select 輪姦する行為
輪姦表現詳細
輪姦表現簡略
輪姦表現省略
end
action 輪姦表現詳細
{輪姦開始表現}
{輪姦挿入開始表現}
{輪姦射精表現}
{輪姦次挿入表現}
{輪姦継続表現}
end
select 輪姦表現簡略
輪姦表現簡略1
輪姦表現簡略2
end
action 輪姦表現簡略1
{輪姦開始表現}
{輪姦挿入開始表現}
{輪姦次挿入表現}
{輪姦継続表現}
end
action 輪姦表現簡略2
{輪姦開始表現}
{輪姦挿入開始表現}
{輪姦射精表現}
{輪姦継続表現}
end
select 輪姦表現省略
輪姦表現省略1
輪姦表現省略2
輪姦表現省略3
end
action 輪姦表現省略1
{輪姦開始表現}
{輪姦挿入開始表現}
{輪姦継続表現}
end
action 輪姦表現省略2
{輪姦開始表現}
{輪姦射精表現}
{輪姦継続表現}
end
action 輪姦表現省略3
{輪姦開始表現}
{輪姦次挿入表現}
{輪姦継続表現}
end
select 輪姦開始表現
輪姦開始表現1
輪姦開始表現2
輪姦開始表現3
end
action 輪姦開始表現1
{欲望の嵐が私をなぎ倒し}
{強い風が私の身体に吹き付ける}
end
select 欲望の嵐が私をなぎ倒し
欲望の嵐が私をなぎ倒すと
end
action 欲望の嵐が私をなぎ倒すと
(欲望の嵐|燃えるような欲望|激しい欲望が)が[私](をなぎ倒(し|すと)|に襲いかか(り|ると))、-
end
select 強い風が私の身体に吹き付ける
強い風が私の身体に吹き付けてくる
end
action 強い風が私の身体に吹き付けてくる
強い風が[私]の体を(突き刺すように|巻き上げるように)吹き付けてき[ました]。
end
action 輪姦開始表現2
(激しい|真夜中の)嵐の中(の|に浮かぶ)小舟のように、[私]の(体|肉体)は(波の間|波間)に(真っ逆さまに落ちて[いきました]|激しく飲み込まれ[ました])。
end
action 輪姦開始表現3
[私]は(逆らう|逃げ出す)(チャンス|余裕)(が|など)(あるはずもない|ない)(とすぐに分か[りました]|とすぐに思い知らされ[ました])。
end
select 輪姦挿入開始表現
輪姦挿入開始表現1
輪姦挿入開始表現2
end
action 輪姦挿入開始表現1
時間が止まったまま、征服の杭が[私]の体をもてあそび続け[ました]。
end
action 輪姦挿入開始表現2
許しを請う時も与えられずに、[私]の体は征服者に汚され[ました]。
end
select 輪姦射精表現
輪姦射精表現1
輪姦射精表現2
end
action 輪姦射精表現1
繰り返される律動は、やがて稲妻にかわり[私]の体を引き裂[きました]。
end
action 輪姦射精表現2
激しさと優しさを繰り返しながら、征服される喜びが体に流し込まれてき[ました]。
end
select 輪姦次挿入表現
輪姦次挿入表現1
輪姦次挿入表現2
end
action 輪姦次挿入表現1
満足する間もなくすぐに次の杭が[私]に打ち込まれ、また今度も激しい律動が[私]の体を突き抜け[ました]。
end
action 輪姦次挿入表現2
体の震えが止まらなくなると、すぐに次の杭が打ち込まれてき[ました]。
end
select 輪姦継続表現
輪姦継続表現1
輪姦継続表現2
end
action 輪姦継続表現1
いつ終わるのかわからない儀式は、-
{永遠の時の様に思える}
end
select 永遠の時の様に思える
永遠の時のように思えました
何度も繰り返しては私の身体を引き裂きました
繰り返すたびに私を快楽の底に沈めていきました
時間が止まったように終わることはありませんでした
end
action 永遠の時のように思えました
[私]にとっては永遠の時のように思え[ました]。
end
action 何度も繰り返しては私の身体を引き裂きました
何度も繰り返しては[私]の身体を引き裂[きました]。
end
action 繰り返すたびに私を快楽の底に沈めていきました
繰り返すたびに[私]を快楽の底に沈めて[いきました]。
end
action 時間が止まったように終わることはありませんでした
時の流れが止まったように終わることが[ありませんでした]。
end
action 輪姦継続表現2
繰り返される欲望の儀式は、-
{永遠の時の様に思える}
end
action フェラ輪姦
{輪姦}
end
action フェラ後背位輪姦
私は膝をついて四つんばいにさせられました。
後ろから欲望の嵐が私の中に入って来ました。
私の口もそそり立った欲望ですぐに塞がれました。
{フェラ同時射精表現}
end
action 二人輪姦
{輪姦}
{二人輪姦表現}
end
select 二人輪姦表現
二人輪姦表現1
end
action 二人輪姦表現1
{女友達の泣き叫ぶ声が遠ざかる}
{暗黒の世界が支配する}
end
select 女友達の泣き叫ぶ声が遠ざかる
女友達の泣き叫ぶ声は次第に遠ざかる
女友達の声は喜びの声に変わり
end
action 女友達の泣き叫ぶ声は次第に遠ざかる
{相手の女}
の([私]を呼ぶ|助けを求める|泣き叫ぶ)声は(次第に|やがて)[私]の耳(から遠ざかり|に届かなくなり)、-
end
action 女友達の声は喜びの声に変わり
{相手の女}
の([私]を呼ぶ|助けを求める|泣き叫ぶ)声は(次第に|やがて)喜びの声に変わり、-
end
select 暗黒の世界が支配する
暗黒の世界が支配し続けました
支配される屈辱が喜びにかわって行きました
いままで味わった事のない喜びが沸き上がる
end
action 暗黒の世界が支配し続けました
[私](の(周り|周囲)(は(暗黒の|まっ暗な)世界が支配しつづけ[ました]|には(暗黒の|まっ暗な)世界が広がりつづけ[ました])|は(暗黒の世界に|暗闇の中を)(限りなく|いつまでも)落ち続け[ました])。
end
action 支配される屈辱が喜びにかわって行きました
(支配される|乱暴に扱われる)屈辱は(燃え上がる|激しい)(快感|喜び|歓喜)となって[私]の身体を満たし[ました]。
end
action いままで味わった事のない喜びが沸き上がる
(いままで味わった事のない|信じられないような)(快感|喜び)が[私]の(体中に|身体の奧から)(沸き上がって|溢れでて)(き[ました]|止まらなくな[りました])。
end
action トイレでフェラ後背位3P
[男]の一人がトイレに座るとその上に[私]を載せ[ました]。
前に立った[男]はそそりたった欲望を[私]の口に押し込んでき[ました]。
下からも突き上げるように欲望の嵐が[私]を襲ってき[ました]。
{座位フェラ同時射精表現}
end
action バイブを取り出そうとして3Pレイプ
男は私の様子を見て、不審そうな顔で私の[下の表着]をめくりあげると、[下着]の下に指を差し入れた。
男の指先にバイブレータの振動が伝わったらしくて、男の表情が急に変わった。
なぜ私がさっきから苦しそうにしているのか理由が分かったらしい。
私はおかしなプレーをしてるんだと思われると困ると思って、とっさに上手い理由を言おうとしたがすぐには思いつかない。
正直に言うしかないと思って「痴漢にバイブレータを入れられちゃったんです、お願い取ってください」と私が半分泣きながら言うと男は「それは大変だ」と言って私の[下着]を脱がして足を開かせると[大陰唇]の覗き込んだ。
男は指先を私の[膣]に入れてバイブレータを取り出そうとした。
だが男が[膣]に指を入れてバイブレータをつかもうとするたびにバイブレータが奥まで入ってきてしまう。
男の指先が何度も[膣]をまさぐるたびに私の敏感な所を刺激して私は腰が震えてきた。
私は男がわざとやってるんじゃないかと思ったけど、せっかくバイブを取り出そうとしてくれているのに文句など言えない。
男の指先が思い切って[膣]に深く押し入れられたとき、バイブレータが[子宮]にすっぽりとはまって激しく震えだした。
私はとても堪らずに、腰を上下に震わせて背中を仰け反らせた。
「これは、大変だ、取り出すにはあれしか方法はない」と男が言うのが聞こえた。
「なんでもいいからやって下さい」と私がやっとの事で言うと、男は「[アナル]と口に同時に刺激を与えるんです、そうすればその勢いでバイブレータが奥から飛び出すはずです、いますぐやるしかありません」と言い出した。
「いますぐ四つん這いになってください、それしかないんです」と男に言われて私はベッドの上で四つん這いの姿勢になった。
男の[男根]が私のすぐ口元にそそり立っているのが見えた。
後ろから男が私の[アナル]に押し入って来るのと同時に私の口の奥まで[男根]が届いてきた。
{後背位のアナル3Pレイプ}
end
scene レイプなんて在るわけないとの女子高生の台詞
レイプなんて絶対あるわけないのよね。だって男に[男性性器の愛称]いれて貰えれば気持ちいいもんね。気持ちよくしてもらえば、嬉しいじゃん。気持ちよくしてもらっておいて無理やりやられたなんてあるわけないもん-
end
scene 旦那との夫婦生活の不満の台詞
私旦那が相手じゃ逝ったことないんです。旦那が下手すぎて本当に腹が立って-
end
select オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定
オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定1
オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定2
オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定3
end
scene オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定1
[オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞=1]
end
scene オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定2
[オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞=2]
end
scene オチンチンを入れてと言わされる台詞の設定3
[オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞=3]
end
scene オチンチンを入れてと言わされる台詞
{<オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞==1>オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞1<オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞==2>オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞2<オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞==3>オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞3;オチンチンを入れてと言わされる台詞の選択}
end
select オチンチンを入れてと言わされる台詞の選択
オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞1
オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞2
オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞3
end
scene オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞1
お願い[男性性器の愛称]入れて下さい-
end
scene オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞2
早く[男性性器の愛称]入れて下さい、お願いします-
end
scene オチンチンを入れて下さいとお願いする台詞3
おっきい[男性性器の愛称]大好き、早く入れてちょうだい-
end
select フェラチオする音
フェラチオする音1
フェラチオする音2
フェラチオする音3
フェラチオする音4
フェラチオする音5
end
action フェラチオする音1
ぴちゃ、ぴちゃ-
end
action フェラチオする音2
ぴちゃり、ぴちゃり-
end
action フェラチオする音3
ぴちゃり、ぴちゃぴちゃ-
end
action フェラチオする音4
ぴちゃり、ちゅるちゅる-
end
action フェラチオする音5
ちゅるちゅる、ぴちゃぴちゃ-
end

select フェラチオをお願いする台詞の設定
フェラチオをお願いする台詞の設定1
フェラチオをお願いする台詞の設定2
end
scene フェラチオをお願いする台詞の設定1
[フェラチオをお願いする台詞=1]
end
scene フェラチオをお願いする台詞の設定2
[フェラチオをお願いする台詞=2]
end
scene フェラチオを熱望する台詞
お願い、[男性性器の愛称]しゃぶらせてー-
end
scene フェラチオをお願いする台詞
{<フェラチオをお願いする台詞==1>フェラチオをお願いする台詞1<フェラチオをお願いする台詞==2>フェラチオをお願いする台詞2;フェラチオをお願いする台詞の選択}
end
select フェラチオをお願いする台詞の選択
フェラチオをお願いする台詞1
フェラチオをお願いする台詞2
end
scene フェラチオをお願いする台詞1
お願いします、私に-
{フェラチオする相手の敬称}
の[男性性器の愛称]しゃぶらせてください-
end
scene フェラチオをお願いする台詞2
私に-
{フェラチオする相手の敬称}
の[男性性器の愛称]しゃぶらせてください、お願いします。私-
{フェラチオする相手の敬称}
が大好きなんです-
end
select 弱い叫び声
弱い叫び声a
弱い叫び声b
弱い叫び声c
弱い叫び声d
end
scene 弱い叫び声a
あぁ-
{長音}
end
scene 弱い叫び声b
ひぃ-
{長音}
end
scene 弱い叫び声c
うぁ-
{長音}
end
scene 弱い叫び声d
ひぇ-
{長音}
end
scene 叫び声
{弱い叫び声}
、-
{助けを求める台詞}
end
select 助けを求める台詞
止めて下さいとお願いする台詞
もう止めてお願いと言う台詞
誰かに助けを求める台詞
end
scene 止めて下さいとお願いする台詞
止めて下さい-
end
scene もう止めてお願いと言う台詞
もう止めてお願い-
end
scene 誰かに助けを求める台詞
誰か助けて-
{長音}
end
select 喘ぎ声
喘ぎ声a
喘ぎ声b
喘ぎ声c
喘ぎ声d
end
scene 喘ぎ声a
{喘ぎ声1}
、-
{喘ぎ声2}
、-
{喘ぎ声3}
{長音}
end
scene 喘ぎ声b
{喘ぎ声2}
、-
{喘ぎ声1}
、-
{喘ぎ声3}
{長音}
end
scene 喘ぎ声c
{喘ぎ声1}
、-
{喘ぎ声3}
{長音}
end
scene 喘ぎ声d
{喘ぎ声2}
、-
{喘ぎ声3}
{長音}
end
select 喘ぎ声1
喘ぎ声1_1
喘ぎ声1_2
end
select 喘ぎ声2
喘ぎ声2_1
喘ぎ声2_2
end
select 喘ぎ声3
喘ぎ声3_1
喘ぎ声3_2
end
scene 喘ぎ声1_1
あ-
end
scene 喘ぎ声1_2
ぁあぁ-
end
scene 喘ぎ声2_1
あぁん-
end
scene 喘ぎ声2_2
ぁあぁん-
end
scene 喘ぎ声3_1
あぁ-
end
scene 喘ぎ声3_2
ぁあぁあ-
end
select 長音
長音1
長音2
長音3
end
scene 長音1
ーー-
end
scene 長音2
ーーー-
end
scene 長音3
ーーーー-
end
select 弱い喘ぎ声
弱い喘ぎ声a
弱い喘ぎ声b
end
scene 弱い喘ぎ声a
{弱い喘ぎ声1}
、-
{弱い喘ぎ声2}
ー-
end
scene 弱い喘ぎ声b
{弱い喘ぎ声2}
、-
{弱い喘ぎ声1}
ー-
end
select 弱い喘ぎ声1
弱い喘ぎ声1_1
弱い喘ぎ声1_2
end
select 弱い喘ぎ声2
弱い喘ぎ声2_1
弱い喘ぎ声2_2
end
scene 弱い喘ぎ声1_1
ぁ-
end
scene 弱い喘ぎ声1_2
ぁあ-
end
scene 弱い喘ぎ声2_1
あぁ-
end
scene 弱い喘ぎ声2_2
ぁあぁ-
end
scene 気持ちよくさせてやるぜと言う会話の設定
[男の台詞=もっと気持ちよくさせてやるぜ]
[女の台詞=もっと気持ちよくさせて、お願い]
end
scene しゃぶりたいんだろうと言う会話の設定
[男の台詞=しゃぶりたいんだろう。しゃぶらせてやるぜ]
[女の台詞=私、しゃぶるの大好き。いっぱいしゃぶらせて]
end
select 男性性器が入ってる台詞
男性性器が入ってる台詞1
男性性器が入ってる台詞2
男性性器が入ってる台詞3
男性性器が入ってる台詞4
男性性器が入ってる台詞5
end
scene 男性性器が入ってる台詞1
[男性性器の愛称]凄いの。太いのが本当に入ってるの-
end
scene 男性性器が入ってる台詞2
凄いの。[男性性器の愛称]凄い。奥まで本当に入ってる-
end
scene 男性性器が入ってる台詞3
[男性性器の愛称]凄いの。奥まで入ってる。[女性性器の愛称]壊れちゃう-
end
scene 男性性器が入ってる台詞4
凄いの。[男性性器の愛称]奥まで入ってる。[女性性器の愛称]壊れちゃう-
end
scene 男性性器が入ってる台詞5
[男性性器の愛称]本当に奥まで入ってる。[女性性器の愛称]壊れちゃう-
end
select 死んじゃうと絶叫する声
死んじゃうと絶叫する声a
死んじゃうと絶叫する声b
死んじゃうと絶叫する声c
死んじゃうと絶叫する声d
end
scene 死んじゃうと絶叫する声a
助けて、死んじゃう-
{長音}
{長音}
end
scene 死んじゃうと絶叫する声b
もうだめ、本当に死んじゃう-
{長音}
{長音}
end
scene 死んじゃうと絶叫する声c
死んじゃう、死ぬ-
{長音}
{長音}
end
scene 死んじゃうと絶叫する声d
こんなのいや、本当に死んじゃう-
{長音}
{長音}
end
select 女友達が逝く台詞
女友達が逝く台詞a
女友達が逝く台詞b
女友達が逝く台詞c
女友達が逝く台詞d
end
select 逝く台詞
逝く台詞a
逝く台詞b
end
scene 逝く台詞a
{女友達が逝く台詞1}
、-
{女友達が逝く台詞2}
、-
{逝く台詞3}
{長音}
end
scene 逝く台詞b
{女友達が逝く台詞2}
、-
{女友達が逝く台詞1}
、-
{逝く台詞3}
{長音}
end
scene 女友達が逝く台詞a
{女友達が逝く台詞1}
、-
{女友達が逝く台詞2}
、-
{女友達が逝く台詞3}
{長音}
end
scene 女友達が逝く台詞b
{女友達が逝く台詞2}
、-
{女友達が逝く台詞1}
、-
{女友達が逝く台詞3}
{長音}
end
scene 女友達が逝く台詞c
{女友達が逝く台詞1}
、-
{女友達が逝く台詞3}
{長音}
end
scene 女友達が逝く台詞d
{女友達が逝く台詞2}
、-
{女友達が逝く台詞3}
{長音}
end
select 女友達が逝く台詞1
女友達が逝く台詞1_1
女友達が逝く台詞1_2
女友達が逝く台詞1_3
end
select 女友達が逝く台詞2
喘ぎ声2_1
喘ぎ声2_2
女友達が逝く台詞2_3
女友達が逝く台詞2_4
女友達が逝く台詞2_5
女友達が逝く台詞2_6
女友達が逝く台詞2_7
女友達が逝く台詞2_8
end
select 女友達が逝く台詞3
女友達が逝く台詞3_1
女友達が逝く台詞3_2
女友達が逝く台詞3_3
end
select 逝く台詞3
逝く台詞3_1
逝く台詞3_2
逝く台詞3_3
end
scene 女友達が逝く台詞1_1
逝く-
end
scene 女友達が逝く台詞1_2
逝く逝く-
end
scene 女友達が逝く台詞1_3
逝っちゃう-
end
scene 女友達が逝く台詞2_3
もう駄目-
end
scene 女友達が逝く台詞2_4
もう許して-
end
scene 女友達が逝く台詞2_5
逝きそう-
end
scene 女友達が逝く台詞2_6
こんなのいや-
end
scene 女友達が逝く台詞2_7
凄いの-
end
scene 女友達が逝く台詞2_8
凄すぎる-
end
scene 女友達が逝く台詞3_1
{逝く女}
逝っちゃう-
end
scene 女友達が逝く台詞3_2
{逝く女}
逝く-
end
scene 女友達が逝く台詞3_3
{逝く女}
逝く逝く-
end
scene 逝く台詞3_1
逝っちゃう-
end
scene 逝く台詞3_2
逝く-
end
scene 逝く台詞3_3
逝く逝く-
end