-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

旦那が、忘年会の余興でセーラー服姿で踊るといいだしました。
いつものことですが、馬鹿げた余興を毎年考えるのが旦那の趣味なので、好きなようにやらせることにしました。
セーラー服をどっかから借りてきてと言われましたが、もう高校の時の友達も制服などはみんな捨ててしまっているので、いまさら借りるわけにも行きませんでした。
私はインターネットで調べてコスプレ衣装専門店を見つけてセーラー服を借りに行きました。
池袋の裏手にある、コスプレ衣装専門店にに行くと看護婦や婦人警官など旦那の喜びそうな衣装が一杯ありました。
忘年会のシーズンは混んでいて、一日だけ借りるのは無理なようなので、ちょうど中古で安売りをしていたセーラー服を一着買いました。
包んでもらって帰ろうとすると、店の人に呼び止められました。
「あの、アルバイトしませんか」と言われて話しを聞いてみると、「この地下にコスプレ喫茶があって、そこでいろいろと衣装を着て頂けると大変ありがたいんですが」とやけに丁寧な言い方でした。
「本当は、実際の女子高生を雇いたいんですが、なにぶん子供なので、お客さんがちょっとエッチな事いったり、お尻さわったりすると、セクハラだとか言い出すので」
「いちおう、触ったりはしないことになってるんですが、それでも何気なくお尻を触るくらいはまあこうゆう店では仕方ないんですが」
「適当に男性をあしらえる女性にアルバイトしていただけると大変ありがたいんです」と店長も出てきて頼まれました。
時給もそこそこいいので、ひとまず試しに店に出てみることにしました。
翌日旦那が出張でいないので、午後アルバイトに店にでて、着替えようとするとちょうど電気工事の人が着替え室に来ていました。
これはしょうがないと思い、家にもどって着替えればいいと思って衣装のセーラー服のまま店をでました。
私はしかたなくセーラー服姿のままで帰りの地下鉄に乗りました。
ちょうど地下鉄が入ってきて、入り口のドアの近くに立っていると、ちょうど反対側にセーラー服姿で極端にスカートを短くした女の子を見つけました。
あんなにスカートを短くして痴漢にでも遭わなければいいのにと思って見ていると、セーラー服のデザインはなんだか似ていました。
よくよく見ると、同じ高校の制服でした。
私と同じ高校の後輩だと分かって私はびっくりしました。
私がいたころは、こんなにスカートを短くしたりする生徒はいなかったのに、随分学校も変わってしまったようでした。
女友達も私に気が付いた様子でしたが、同じ学校の生徒と思いこんだ様で特に気にはしていない様子でした。
女友達のすぐ後ろの男がなにか変な動きをするのが目に入りました。
腰を押しつけるように女友達の後ろから手を押しつけているようでした。
やっぱりと私は思いました。
女友達は痴漢に遭っているのに間違いないようでした。
やがて駅につくと、いったんドアの外にでた男がまた女友達の回りに集まってきました。
今度は数人の男達が女友達を取り囲み、回りから見えないようにしました。
私はこれは大変だ、私の後輩が痴漢に触り放題にされていると思いました。

(2)

地下鉄が池袋の駅に着くと、男達は女友達を取り囲みながらドアから降りていきました。
女友達はもう逃げられないと諦めたのか、後ろから背中を押されて男達とホームに降りました。
男達は女友達を取り囲んだまま、地下道から駅前の広場に出ました。
すぐ目の前には大きなデパートの建物がそびえているのが見えました。
男達は女友達を連れてデパートの中に入っていきました。
もうデパートは閉店なのにと思っていると、エレベータ乗り場には、食堂街は夜11時までと看板が出ていました。
エレベータに男達が並んだので私も、その後に何気ないそぶりで並びました。
一階にエレベータが着くと、男達の後から私はエレベータに乗りました。
エレベータの奧はガラス張りになっていて、夜の夜景が目の下に広がるのが見えました。
食堂街のある最上階にエレベータが着くと、数人の客が降りていきました。
しかし、男達はエレベータから降りようとはしませんでした。
エレベータの狭い部屋に男達と女友達それに私だけだ取り残されました。
静かにエレベータのドアが閉まるとその瞬間に待ち構えていたように、男達が女友達に襲いかかると、スカートをめくってパンティーを力ずくで脱がせました。
次の瞬間に「そっちの女もだ、」と声が聞こえると、男達は私に襲いかかってきました。
逆らうこともできずに、私のパンティーが一気に脱がされると、男達は私と女友達をエレベータのガラスに向かって立たせてスカートをめくり上げました。
エレベータが下に降りると、地上を歩く人の顔が目にはいり、一番下まで着くとすぐ目の前を大勢の人が駅から降りてくるのが見えました。
耳元で「どうだ丸見えだぜ」とささやかれたとき、私の膝はがたがたに震えてきてとても立っていられなくなりました。
花園の奥に一気に熱湯を注ぎ来れたように熱くなると、頭のてっぺんからつま先まで電流が流し混まれました。
ドアが開くと同時にスカートが降ろされて、次の乗客がエレベータに入ってきました。
エレベータはもう一度上に上がり始めました。
一番上について、ドアが閉まると私は今度またなにをされるのかが分かって膝から腰がガクガクと震えてきました。
男達の手が私と女友達のスカートをめくり上げると、エレベータはまたさっきと同じように降りていきました。
私はもう外の様子を見ることができずに、デパートの上の夜空だけを見つめました。
エレベータが止まると男達は私と女友達を外に連れ出しました。
デパートの横の小道を入ると、細い路地を何度かまがって、ラブホテル街に出ました。
ラブホテルの受付で空き部屋を選ぶと、私達は中に通されました。
中に入ると部屋の真ん中に大きなダブルベッドがおいてありました。
ベッドの上には、薄紫色のレース模様のシーツがかけられていました。
ベッドの上で紫色の照明が輝いていました。
男達は私と女友達に服を脱ぐように命じました。
私たちは言われたとうり二人とも服を脱いで、ベッドの上に並んで寝て男達を待ちました。
男達は冷蔵庫からビールを出していっぱい飲みながら服を脱いでいました。
どっちにすると、男達は相談しているようでした。
女友達は不安そうに天井のシャンデリアやベッドの周りの鏡を見ていました。
やがて、男達は私と女友達の両脇に腰を落として座りました。
女友達は覚悟を決めたように膝をたてて足を広げてると目をつむりました。
私の上に男がかがみ込んできました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
信じられない感触が私の体中に広がると、許しを請うことさえできなくなりました。
いつまで続くともわからない時間が私の心の中で凍り付いていました。
このままずっと責め続けられたら、私はもう支配者に屈服するよりないと覚悟を決めました。
廃墟となって崩れ落ちた私の身体を、男は最後の一撃きで貫きました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------