-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

旦那が珍しく温泉旅行に私を連れて行くと言い出しました。
しかしよく聞いてみると、経費は私の分まで会社持ちで接待旅行でした。
旦那の会社の提携先のアメリカの会社の会長が日本に来て、契約のあと日本見物をしていくことになったそうでした。
夫婦が新幹線に乗りたいというので東京駅から、早朝の東北新幹線に乗りました。
二人は契約も終わってくつろいだ様子でファーストネームで、ゴードン、メアリーと呼ぶように言われました。
昼間は近所の観光名所をいろいろ見て回り夜旅館に帰りました。
旦那は接待ということでいろいろ気を使っているようで「マッサージを呼んだらどうだろうか、」と私に相談してきました。
私がなにも考えずに「そうね、いいアイデアだと思うけど」と答えると、旦那はすぐに電話してマッサージを二人分電話で頼みました。
少し待っていると白衣を着たマッサージ師が男女二人が部屋にきました。
二人ともアジア系の外国人のようで、英語でなにやら話しをしていました。
しかしなにか様子が変で、ゴードンのマッサージは女性がメアリーのマッサージは男性が始めました。
やがてメアリーが変な声を出し始めたので私は旦那と顔を見合わせました。
「風呂に行こうか、」と旦那が言い出したので、私達は部屋を出ました。
「やっぱ、マッサージ頼まなければよかったみたいね」と私が言うと、「お前がいいアイデアだと言ったんじゃないか」と旦那は私のせいにしてきました。
私は口をすぼめて不満そうな顔をしましたが、旦那も余計な事を言ったと気が付いたようであとは何も言いませんでした。
お風呂場まで来ると「奧に露天風呂があるから二人で入ろうか」と旦那が言い出しました。
「男女混浴」という看板が目に入りましたが、せっかく温泉に来たんだから旦那と一緒に入るのもいいかと思いました。
しばらく二人で黙ってお湯に浸かっていると、ゴードンとメアリーも露天風呂に入ってきました。
私はさっきのマッサージがすぐに終わったらしいのでホットしました。
二人は露天風呂には慣れていない様子で、なにやら落ち着かない様子でした。
「そろそろ出ませんか」と旦那がゴードンに声を掛けると、ゴードンは困った様子で、腰のタオルを押さえていました。
タオルの下に巨大なものがあるのがはっきりと分かりました。
旦那もなんと言っていいのか分からない様子で「じゃあ、先に行ってます」と言って温泉から出て行きました。
私はメアリーと一緒に温泉から出ると、二人で着替えをしました。
「ゴードンが、今夜あなたを欲しいっていってるんだけど、どう」とメアリーが突然言い出したので私はびっくりしました。
「ゴードンはね、一度大きくなると、だめなのよ、今夜あなたが欲しいって言ってるの、私は全然構わないのよ」と言いうので、私はどう断っていいのか分からずに「旦那と相談してみます」と返事をしました。
ひとまず着替えもすんで、部屋に戻ることになり私はなんとかごまかせたと思いました。
部屋に戻るメアリーが旦那に何か話しかけていましたが、旦那は意味が分からなかったようで「イエス、イエス」と答えてごまかしていました。
明日の予定を説明した後、私達は電気を消して、布団に入りました。
夜中近くになって、私の布団の横に誰かが入ってきました。
旦那が私を求めて布団に入ることなどあるわけないので私は一瞬心臓が止まりそうになりました。
ゴードンは「旦那はイエスと言ってたよ」と言うなり、私の上にのしかかってきました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
私の身体を包み込んだ欲望の渦は、すぐには激しくならずに、私の感触を楽しんでいるようでした。
支配者に従順に従うことだけが、私に許された快感だと心の底から思えてきました。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
私の体中に、欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始めました。
いつまで続くともわからない時間が私の心の中で凍り付いていました。
このままずっと責め続けられたら、私はもう支配者に屈服するよりないと覚悟を決めました。
ゴードンは私の身体を一撃で貫き通すと、最後の欲望を果たしました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------