-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

いつも遊びに来ている近所の芳恵さんと、いつものように居間でテレビをつけてお茶を飲んでいると「ところで有紀ちゃんフリーマーケットに出す物何かない」と聞かれました。
「何でもいいのよ、いらない物なんでも出せばいいの、使わないタオルとか、コップとか、何でも売れるから」と言われて、全然使っていないティーカップのセットを奧から出してきました。
結婚するとき旦那の叔母がお祝いに買ってくれたんですが、ずっと使わないままになっていました。
「あ、これならすぐ売れるわよ500円でどう」と言われてちょっと安すぎる気がしましたが、もう古いものなのでお金になるならいいかと思いました。
「売れたらお金もってくるわね」と言って芳恵さんはティーカップのセットを持っていきました。
フリーマーケットの当日に朝芳恵さんから電話があって、「ちょっとフリーマーケットの売り子手伝ってくれない、一人だとさ、トイレにもいけないじゃない、友達頼んどいたんだけど急に用事できちゃったの」と言われました。
私もせっかくのティーカップのセットが売れないと困るので渋谷の代々木公園まで行くことにしました。
会場は広い公園いっぱいに、小さなスペースが区切られていて、芳恵さんの店も中央の混雑した場所にありました。
朝方は人通りもほとんどなくて、これで売れるのかしらと思っていましたが、昼過ぎから大変な混雑になって、あっという間に半分くらいの商品は売れてしまいました。

(2)

「そろそろお昼ご飯を食べたほうがいい時間だと思うけど」と私が言うと、何か買ってきてと頼まれました。
その辺に露天でもでていないかと探してみましたが、どこを見てもフリーマーケットの店ばかりで食べ物の店はありませんでした。
あちこち歩いて、とうとう入り口近くに来て、私はフリーマーケットの事務局に食べ物屋はでていないかと聞いてみました。
すると「フリーマーケットは食べ物屋はでていないから、お弁当を用意ししてきたほうがいいよ、買いに行くならこの先に交差点わたるとロッテリアがあるから」と教えられました。
私は時間がかかると思いましたが他にしょうがないのでロッテリアでお昼に食べるものを買いました。
店に戻って芳恵さんと交代で店番をしながら、食べ終わると急に芳恵さんが苦しそうな顔になり、食べたものを店裏に吐いてしまいました。
私はさっきロッテリアに大きな病院があったのを思いでして店番を隣の男の子に頼んで芳恵さんを病院まで連れて行きました。
お医者さんの話しでは「食べてすぐ吐くのは、食中毒ではないので、たぶん過労でしょう」
「昨日全然寝てないというので、点滴しときますね、しばらく休めば元気になるでしょう」との事でした。
私はベッドの脇でずっと芳恵さんが点滴している様子を見守っていました。
「ごめんなさいね、昨日ね、いろいろと準備があって、品物に値段ね付けしてたから全然寝てないの」と言いながら、芳恵さんは疲れ切った様子ですぐに寝入り始めました。
ようやく夕方になって芳恵さんが起きると、私達はさっきのフリーマーケットの場所に行きました。
もう店は残らず片づけられて、人通りもほとんどありませんでした。
私達が店を出していた場所にいってみると、そこには何もなく道路に紙が貼り付けてありました。
そこには「荷物は私達がかたづけました、連絡を下さい」と携帯の番号が書いてありました。
どうやら隣の男の子達が、気を利かせて後かたづけをしてくれたようでした。
私はすぐに携帯で電話をして、芳恵さんの住所を教えて、荷物を届けてもらうことにしました。
私は芳恵さんと一緒にフリーマーケットの会場の公園から歩いて渋谷でまでて、地下鉄に乗りました。
乗り換え駅で乗り換えたあと数駅すぎると、芳恵さんのマンションのある駅で降りました。
芳恵さんは元気がない様子で、「ごめんなさいね、迷惑ばっかかけちゃって」と私に何度も言いました。
マンションの前に来ると、フリーマーケットの会場で見かけた車が止まっていました。
もう荷物を届けに来てくれた車が先についていたようで、男の子が数人こっちを見ながらなにか話しているのが見えました。
芳恵さんが部屋のドアを開けると、「どこに運びましょうか」と男の子が言ってくれました。
せっかくだから運んでもらったほうがいいと思ったようで、芳恵さんは寝室の方に運ぶように頼んでいました。
男の子は外にいる他の男の子にも声をかけて、さっそく荷物を寝室に運び始めました。
それほど多い荷物でもないので何度か往復すればすぐに荷物は片づきました。
芳恵さんは家について少しは元気がでたようでお茶の支度を始めました。
私はすることがなく、かといって何もしないでいる訳にもいかないので、荷物を開けて寝室のクロゼットにしまおうとしました。
男の子が荷物を持って寝室に入ってくると、「どこに置きましょうか」と私に聞きました。
私が「どっか、その辺に置いてくれますか」とひとまず答えると、男の子の視線が寝室の角に止まりました
なにかしらと思って男の子の視線をたどると、部屋の隅には洗濯物が干してありました。
ピンク色のフリルの一杯ついたパンティーはお色気たっぷりで男の子には刺激が強すぎるようでした。
男の子は荷物を置くと私を押し倒してきました。
熱く煮えたぎった欲望を前にして、私の心は逆らう気力を失いました。
男の欲望は、楽しみを先に延ばしたいかのように、私の身体ををじらしながら開いてきました。
許されない喜びの深い淵に私の体は沈み込んで戻ることができなくなりました。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
子宮からあふれる潮の流れが、つま先から頭のてっぺんまでを奔流となって走り抜けていきました。
時計の針が止まると、永遠の時間が私の体を支配していました。
このままずっと責め続けられたら、私はもう支配者に屈服するよりないと覚悟を決めました。
暗闇のなかで泣き叫ぶ私の身体は、男の最後の一撃を浴びて砕け散りました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------