-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

女友達に誘われてディズニーランドに行くことになりました。
私はてっきり電車で行くと思っていたのですが、女友達の旦那が車で行くからと言い出しました。
「買ったばかりのRV車なので、どこでもいいから走りたいらしいの」と女友達が話しくれました。
首都高が混むのでその時間をさけて、早めに出ることになりました。
当日の朝早くに、女友達が旦那と車で迎えにきました。
ディズニーランドに着く手、まだ開園時間前なのに切符売り場はずいぶんと混雑していました。
並んで切符を買った後、開園時間まで、時間をつぶしました。
入り口のゲートが開くと、待ちかねた客が一斉に走り出しました。
私はいったいなんの事かと思っていましたが、お目当てのアトラクションに我先に駆けつける人達でした。
私達はパンフレットを見ながら、のんびりとどのアトラクションにするかを相談しました。
ひとまず近くに見つけたのピーターパンのアトラクションにいってみるともうそこには長い行列ができていました。
それで、開園の時のあの駆け足の訳がようやく分かりました。
結局何度もアトラクションに並んで、並んでいる時間のほうが長い一日でした。
夕方にはイルミネーションの綺麗な行列も見てから帰ることにしました。
車に戻ると、また来た道とは逆をたどって高速道路に乗るとようやく一日が終わりました。

(2)

まっすぐ家に戻る前に、この間出来たばかりのファミリーレストランに寄って一休みすることになりました。
旦那は今日は疲れたからと言ってビールを頼みました。
女友達の旦那も、ビールを頼みましたが家ももうすぐ近くなので大丈夫だろうと思いました。
私達はビールを飲み終わると店を出ました。
もうすぐ、角を曲がれば私のマンションだという道で、急に自転車が飛び出してきました。
二人乗りの自転車は、車にはわずかに当たった程度でしたが、勢いよく横に倒れました。
すぐに運転していた男の子が起きあがって自転車を起こそうとしましたが、様子が変でした。
後ろの席に二人乗りしていた女の子が立ち上がれませんでした。
あわてて駆け寄ると、顔をゆがめて痛がっていました。
どうも、倒れた拍子にどこか怪我をしたようてした。
旦那が慌てて救急車を呼ぶと、しばらくしてサイレンの音がしてきました。
近所の人が数人、私達の近くで様子をうかがっていました。
救急車に女の子が乗り込むと、男の子と私が一緒についていく事にしました。
近くの病院の救急入り口から運び込まれるとすぐにレントゲンを撮りました。
私達は、担当の医者に呼ばれて説明を受けました。
自転車が倒れた拍子に、足を突いたのが悪かったらしくて、左足が骨折しているそうでした。
女の子はすぐに手当を受けて病室に運ばれました。
私は旦那に事情を連絡しましたが、警察は呼ばないことにしたと言っていました。
なんでも女友達の旦那が、今度友達とスキーに行くことになっていて、免停になると困るからと言っているそうでした。
飲酒運転だとすぐ免停だから、それだったら治療費払ったほうが全然いいからと女友達の旦那が言っているそうでした。
私はそうゆう問題ではないと思いましたが、「治療費は全部払いますから」と二人に言うと、二人とも警察に届けないことには同意してくれました。
私はそれだけでは申し訳ないと思って「ほかになにか出来ることあったら行って下さいね」と言ってみました。
すると女の子が「着替えの下着とパジャマを取ってきて欲しいんですが」とおそるおそる聞いてきました。
確かにそれもそうねと思って私はタクシーを呼んで男の子と一緒に女の子の部屋に行きました。
私のマンションの裏手にある小さなワンルームマンションは日当たりが悪くてあまり住みやすそうには見えませんでした。
男の子に鍵をもらって中に入ると、部屋の中は女の子の部屋らしく綺麗に片づいていました。
頼まれたパジャマと下着を押入の中から出すと、手近な紙袋に入れました。
部屋を出ようと思って、一通り部屋の中を見渡すと、台所の流しに朝の食事らしい食器がおいてありました。
私は気を利かせて、食器を洗っておいてあげようと思いつきました。
お湯をだして、食器を洗い始めると私の背中に男の子が立つのが分かりました。
私は「すぐ終わるから、」と声をかけて、気にもせずに食器を洗い続けました。
すると、私の襟元に男の子の熱い息が吹きかけられてきました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
逃げることの出来ない、快楽の時が始まったことを、私は思い知らされました。
信じられない感触が私の体中に広がると、許しを請うことさえできなくなりました。
男の繰り返すが刻む律動は最後の瞬間が近いことを私の身体に告げると、私の奧で痙攣を小刻みに繰り返しました。
男は私の身体を至福の楽園まで投げ上げると、快楽を楽しむ間も与えずに絶望の淵に突き落としました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------