-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

旦那が珍しく二人で今度芝居を見に行こうと言い出しました。
大学の時の友達が劇団に入っていて、今度公演があるので誘われたそうです。
私も何度か会ったことのある男の子なので、なるほどあの子が劇団に入って役者になったのねと思い一緒に見に行くことにしました。
芝居が始まってみると、舞台は女装した男性の話で、出演者の男性はみな素敵なワンピース姿でした。
芝居はコミカルに進んで、女装の男性が、男装の女性と結婚するという結末でした。
最後にウェディングドレスの花嫁を、両手で抱えて花婿が舞台から下に消えていく場面がありました。
家に帰ってから、旦那が「俺あれ一度やってみたかったんだ」と言い出しました。
なんの事かと思って聞き直すと「花嫁を両手で抱えて、それでベッドまで運ぶのやってみたかったんだ」と言います。
「ちょっとやらせろよ」と言うので私は寝室で旦那の首に両腕を回しました。
旦那が私の背中に右手を回して、もう一方の手を足の下に通して持ち上げようとしました。
どうにか私が旦那の首にぶら下がって旦那が立ち上がりましたが、「これはだめだ」と言ってすぐに私を降ろしてしまいました。
「お前重すぎる、前はもっと軽かったのに、太ったんじゃないか」と言って機嫌が悪くなりました。
翌日私は体重計を買ってきて、体重を量ってみました。
大学の時より%D増えた体重キロも増えていて、私はどうしようもなく愕然とするだけでした。
私はなんとか運動をして体重を減らさなければと思い、大学の時の友達の礼子さんに電話してみました。
大学の時よく練習した職員用のテニスコートでテニスをする話しがまとまり私はほっとしました。

(2)

大学の近くの駅で礼子さんと待ち合わせしていつものテニスコートに行くと、まだ時間が早かったせいか、他の男の子達がテニスをしていました。
さっそく更衣室で着替えを済ませると私は礼子さんのテニスウェア姿を見てびっくりしてしまいました。
生地が半分スケスケで下のブラジャーとアンダースコートがはっきり見えて、とても人前に出られるような服装ではありませんでした。
礼子さんは私の視線に気が付くと「このテニスウェアねウィンブルドンで杉山愛が着てた最新モデルなのよ」と自慢そうにくるりと一回りしてみせました。
私は結婚してからは地味な服装ばかり着るようになりましたが、礼子さんはまだ独身なので色気もまだムンムンなのねと思いました。
それにしてもお色気がありすぎるのでスケスケのテニスウェア姿はちょっと心配でした。
テニスの前に準備運動をしたほうがいいと礼子さんが言うので私も適当に身体を動かしたり、手を前に着いたりしてみました。
礼子さんも前屈みに両手を地面に付けましたが後ろから見るとアンダースコートが丸見えで見ている私の方が恥ずかしくなりました。
テニスも終えて、着替えの為に更衣室に戻ろうとするとちょうど更衣室から見たことのあるような服装の女性が出てくるのが見えました。
さっきまで礼子さんが来ていた真っ赤なミニスカートと同じような服装でややがに股出歩く姿勢はなんだか変な気がしました。
更衣室に入ってみると礼子さんのスカートがなくなっているのが分かりました。
さっきの女性がここで着替えて盗んでいったのに違いないとすぐ気が付きました。
「まだ近くにいるかもしれないから、探してみましょう、そんな遠くにはいってないはずだから」と礼子さんが言うので私達は慌てて更衣室を出ました。
大学の裏口近くまで駈けていくと、ちょうどさっきの女が裏口から出て行くのを見つけました。
私と礼子さんは気づかれないように、女の後を追って裏口から出ました。
坂を下ってすぐにある小さな公園に向かって女が歩いていくのが見えました。
女は私達が後を付けているのに気が付いたのか、公園のトイレに入って行きました。
私達はこっそりと女の入ったトイレの前まで行ってみました。
すると急に男子トイレと女子トイレの間にある身体障害者用のトイレのドアが開きました。
中からは真っ赤なミニスカートの女が飛び出してくると私と礼子さんの手をつかんでトイレの中に引きずり込んできました。
女の力は強くてすぐに私達はトイレの中に連れ込まれてしまいました。
やけに力が強い女だと思って女の顔をよくよく確かめて見ると、女だと思っていたのは化粧をして女装した男でした。
真夜中の嵐の中に浮かぶ小舟のように、私の肉体は波の間に真っ逆さまに落ちていきました。
時間が止まったまま、征服の杭が私の体をもてあそび続けました。
いつ終わるのかわからない儀式は、私にとっては永遠の時のように思えました。
礼子さんの助けを求める声はやがて喜びの声に変わり、私の周囲は暗黒の世界が支配しつづけました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------