-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

いつも遊びに来ている近所の芳恵さんと、いつものように居間でテレビをつけてお茶を飲んでいると「ところで有紀ちゃんフリーマーケットに出す物何かない」と聞かれました。
「何でもいいのよ、いらない物なんでも出せばいいの、使わないタオルとか、コップとか、何でも売れるから」と言われて、全然使っていないティーカップのセットを奧から出してきました。
結婚するとき旦那の叔母がお祝いに買ってくれたんですが、ずっと使わないままになっていました。
「あ、これならすぐ売れるわよ500円でどう」と言われてちょっと安すぎる気がしましたが、もう古いものなのでお金になるならいいかと思いました。
「売れたらお金もってくるわね」と言って芳恵さんはティーカップのセットを持っていきました。
フリーマーケットの当日に朝芳恵さんから電話があって、「ちょっとフリーマーケットの売り子手伝ってくれない、一人だとさ、トイレにもいけないじゃない、友達頼んどいたんだけど急に用事できちゃったの」と言われました。
私もせっかくのティーカップのセットが売れないと困るので渋谷の代々木公園まで行くことにしました。
会場は広い公園いっぱいに、小さなスペースが区切られていて、芳恵さんの店も中央の混雑した場所にありました。
朝方は人通りもほとんどなくて、これで売れるのかしらと思っていましたが、昼過ぎから大変な混雑になって、あっという間に半分くらいの商品は売れてしまいました。

(2)

夕方になって客も少なくなり帰り支度を始めたころ芳恵さんの旦那さんから電話がありました。
芳恵さんの話しでは「車が交通事故起こしちゃってね、たいした事故でもないんだけど、来れないからタクシーかなんか呼んで荷物運んでくれって言うのよ」と困った顔をしていました。
ちょうど隣の店の車が着いて荷物を運び入れると、店番をしていた男の子の一人が「よかったら載せてきましょうか、まだ荷物入りますから」と言ってくれました。
芳恵さんは「ちょうどよかった、お願いしますね」とお礼を言って荷物を運ぼうとしました。
すると男の子達が「俺たちがやりますから、いいですよ、先に座ってて下さい」と言います。
もう男の子達が荷物を積み始めているので、頼んだ方がよさそうだと思って私と芳恵さんは車に乗り込みました。
車が動き始めると、すぐに高速に乗って芳恵さんのマンションの近くまで来ました。
高速を降りて大通りに降りると、車は芳恵さんのマンションの前の通りに止まりました。
男の子達が手際よく荷物を運び入れると、芳恵さんは台所でコーヒーの支度を始めました。
私はすることがなく、かといって何もしないでいる訳にもいかないので、荷物を開けて寝室のクロゼットにしまおうとしました。
小さな小箱を袋から出そうとしたとき手が滑って箱を寝室の床に落としてしまいました。
箱の蓋が開くと、中からイヤリングやブローチなどが飛び出て床に散らばりました。
私はしまったと思いながら、床に落ちたイヤリングを拾いました。
ちょうどイヤリングの片方がベッドの下に入ってしまったので、私は膝を床について四つん這いになってベッドの下に手を伸ばしました。
そのときちょうど男の子が寝室のドアを開けて入ってきました。
私はお尻を男の子に向けたままの姿勢で、体が一瞬凍り付きました。
体を起こそうと思って、ベッドの下から手を抜こうとすると男の子が後ろから私の両足をつかんで引っ張りました。
私の身体を襲う欲望は、嵐のような激しさでした。
浜辺におしよせる波のように、欲望は繰り返し私の体に押し寄せては退いていきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
逆らう気持ちが、諦めの気持ちに変わったとき、ふいに体中が喜びで震えてきました。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
いつまで続くともわからない時間が私の心の中で凍り付いていました。
至上の楽園にめがけて放り上げられた私の身体は、最後の瞬間を求めて宙を舞い続けました。
男の欲望は私の体を十分に楽しむと、ようやく最後の一撃で私を打ち砕きました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------