-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

旦那が休みの日にゴルフの練習場に行くので私が「ちょっと買い物ぐらいつき合ってよね」と言うと「今度会社でゴルフのコンペがあるんだ、商品がデジタルカメラだから欲しくてね」と言い返されました。
旦那のゴルフの腕前では優勝するわけはないのですが、それでも旦那はパットの練習もしておいたほうがいいとかで、リビングの絨毯の上でパットの練習を始めました。
私が寝室でお布団の用意をしていると、今度はバンカーの練習だといって布団の上にゴルフボールを置いて練習を始めました。
私はどうせ旦那は夢中になってもすぐ飽きるからとほって置くことにしました。
コンペの当日は朝早くでたのですが、帰りは夜遅くになりました。
「ほら、商品とってきたぞ」と旦那が言うのでデジカメを取ってきたものとばかり思って開けてみると、小さな薬の瓶が入っているだけでした。
私はなんの薬か問いただそうとしましたが、旦那はダイエットかなにかの薬だろうと言うだけではっきりしませんでした。
私はあまり追求しても旦那の機嫌が悪くなると思い、ひとまず旦那に今晩はどうするか聞いてみると、疲れたので寝るというので布団の支度をしました。
翌朝、旦那はいつもよりも早く起きると会社に出かけました。
居間でお茶を飲んでいると、富山の置き薬のセールスマンから電話があり、これから集金に来るといいます。
私は押入から置き薬の箱をだして、玄関に用意しました。
すこし待つと、セールスマンがチャイムを鳴らす音がしました。
セールスマンは私が待っている間に、薬を調べて金額を合計していました。
私はお金を払ったあと、コンペで貰った薬をセールスマンに見せて、「あの、この薬なんだか分かりますか、旦那がコンペで貰って来たらしいんですが」と聞いてみました。
するとセールスマンはすこし口元をゆがめて笑いながら「ああこれはバイアグラですよ、あの男性の勃起をさせる」とはずかしげもなく言いました。
私は思わず笑い出すと、次の瞬間に恥ずかしくて顔が赤くなりました。
「それで、効くんですか、バイアグラって」と試しに効いてみると、「そりゃあききますよ、元気な人が飲んだら一晩たちっぱなしですよ」と言ってまた笑いました。
「そうだ奥さん、バイアグラは男性用なんだけど、女性用もあるんですよ、」
「普段はお客さんには見せないんだけどね、いろいろあるんですよ」とカバンの中から、小さな薬を数錠だしてきました。
「よかったら今晩試してみませんか旦那が喜びますよ、いや内緒ですよ、内緒」と言いながら私の手に薬を2つほど渡してくれました。

(2)

セールスマンが帰った後、いつも遊びにきている女友達が訪ねてきました。
実家から柿を送ってきたからお裾分けにもってきたからと、大きな手提げバッグに柿をいっぱい届けにきたのでした。
私はちょっと悪戯に女友達に、さっきの女性用バイアグラを飲ませてみようと思いつきました。
柿を一つ切って、一緒にだす紅茶に薬を混ぜてテーブルに載せました。
女友達は柿を食べながら紅茶を飲み始めました。
しかし紅茶を全部飲んでもなにも様子は変わりありませんでした。
私はクッキーを勧めると、もう一杯紅茶に薬を入れて勧めました。
女友達が「最近駅前に女性用性感マッサージの店ができたらしいんだけど知ってる」と聞きます。
私は「聞いたことないけど、いつ出来たの」と聞き返しました。
「近所の奥さんが言ってたんだけど、そこに行くと必ず帰りに男の人に声かけられるんですって」と女友達が言うので、「声かけられて、そのあとどうするのよ」と聞いてみると、「どうも近くのラブホテルにいくらしいんだけど、これってなんか変よね」と言います。
「それで性感マッサージって言うのはいったいなんなの」と私が聞くと、「私もよくわかんないんだけど、なんというか聞いてみるとセックスそのままで、違うのはマッサージの人が女性ということだけらしいの」と言います。
「なんか、そうゆうの好きな人がいけばいいんじゃないの」と私が言うと、「それもそうね」と女友達は納得しました。
私はしばらくおしゃべりしながら女友達の様子を伺いましたが、結局なにも起こらずにちょっとがっかりしました。
女友達は「そろそろ夕食の支度しないと」と言って帰っていきました。

(3)

旦那が帰ってくると、今日は女友達の旦那と秋葉原に一緒にDVDを買いに行ったので、夕食の後、家にDVDを見に来るからと言います。
旦那自慢のDVDシアターセットを夫婦に自慢したいようでした。
夕食の後女友達が旦那の男と一緒に来ました。
なんだか女友達は、妙に明るくすこしいつもとは様子が変でした。
きっとなにかいいことでもあったに違いないと思って女友達を見ていると、女友達はミニスカートでソファーに座ると、足を開いてパンティーが見えそうな格好で私の旦那の方に向けていました。
お茶を飲み終わるとそろそろビデオを見ようという話しになり、4人で旦那の部屋に入りました。
旦那が「今日買ってきたのはスターウォーズエピソードUだけど、一緒に裏DVDも買ってきたからそっちにしようか」と冗談交じりにいいました。
すると女友達が「私、裏DVDを見てみたいわ」と言い出しました。
旦那はすこしびっくりした様子でしたが男が「今日こいつすこし変なんです、」と言い訳しました。
私はどうも薬が効いてきたらしいと気が付きました。
裏DVDが始まると、部屋一杯に女性の喘ぐ声が響き渡り大変な迫力でした。
私が画面を見入っていると、旦那の様子が変でした。
横を見ると女友達が、旦那にしがみついて足を絡ませていました。
私が唖然として二人の様子を見ていると男が「今日こいつ、スワッピングがしたいって言い出してね、たまには刺激が欲しいって言うんだ。いつもは俺がやろうと言っても絶対いやだって言うのに、今日はどうしてもスワッピングしたいって言い出してね」と私に言います。
旦那は女友達を抱きしめながら、「あ、こいつなら好きにしていいですよ、いつも女友達がいいって言えばスワッピングはいつでもオッケーだって言ってますから」と男に言いました。
私はこれはまずいと思いました。
女友達は、セックスに関しては真面目いっぽうで、スワッピングなどオッケーするはずがないので、私は女友達がオッケーなら私は構わないけどと、旦那にいつも言い逃れしていたのです。
男が二人の身体をまたいで、私の上に身体を載せてきました。
私はどう言い逃れしていいのか分からなくて、じっとしているしかありませんでした。
その時急に旦那の携帯の呼び出し音がしました。
客先でコンピュータのシステムがトラブルで停止してしまったと緊急の呼び出しでした。
同僚の男も慌てた様子で、身支度もそこそこに出かけていきました。
残された私と女友達は身体をもてあましたままどうすることも出来ませんでした。
女友達がふと思いついたように「ねえ、さっき話した性感マッサージの店行ってみようよ、このままじゃやでしょ」と言いました。
私もそれしかないと思って二人で駅前の性感マッサージ店に行くことにしました。
店の中は入ってみると以外と綺麗で壁の色は全部がピンク色でした。
入ってすぐに小さな待合い室がありその正面に受け付けの名札が立ててありました。
受付には看護婦の様な白衣を着た女性がこちらを見てほほえんでいました。
二人お願いしますと頼むと申し込み用紙に記入するように言われて、そのあと奧に通されました。
細長い廊下があって小さな小部屋が並んでいて、部屋の仕切は腰より少し下くらいのカーテンになっていました。
もうマッサージを受けている女性客が先にきているようで、かすかに呻くような声がどこかから響いてきました。
私が女友達の顔を見ると女友達も少し不安そうな顔で声の聞こえて来る方を見ていました。
二人並んだ部屋に通されると、カーテンは開けておいた方がいいですかと係の女性に言われました。
「そうですね」と私がはっきりしない返事をすると係の女性が仕切っていたカーテンを横にどけました。
腰くらいの高さのベッドのような台が二つ並んで脇に脱衣用の籠がありました。
私と女友達は店が用意した浴衣のような服に着替えると、その下はパンティーだけになりました。
ベッドにうつぶせになって下さいと言われて、ベッドに上がるとマッサージ師の女性が二人入ってきました。
やや中年くらいの外国人らしい女性は片言の日本語でなにか言うとマッサージを始めました。目をつぶってうつぶせになってマッサージを受けていると、すぐ隣で女友達の大きな声が聞こえてきました。
自分も同じ声をだしていると思いましたが、自分の声は聞こえませんでした。
薬が効いているせいか、意識が半分なくなって夢のような気分の中で、快感だけが体中に広がって止まらなくなっていました。
もうこれでたくさん、もういいからやめてと思うまで、マッサージ師の女性は手の動きを続けました。
もうだめと思って、涙がこみ上げて来たときようやく時間が来たようでした。
女友達の目にも半分涙がこみ上げてきているようで、私達はしばらくはベッドから起きあがることができませんでした。
すこし休んでからやっとのことで私達は着替えを済ませました。
店を出ようとすると店の女の子に「お二人ともどうですか、インターネットの交際クラブあるんですが、入ってみませんか、今だったら入会無料ですよ」と勧められました。
主婦をしていると、無料という言葉には弱くてついつい話しを聞いてしまいました。
「携帯のカメラで撮影した顔を、インターネットに登録しておくと、他の会員の男性からiモードで見ることが出来て、電子メールで交際のもうし込みが来るんです」という話しでしたが、どう考えても危ないクラブにしか思えませんでした。
しかし女友達が「あ、無料だったら私入ります」とすぐに返事をしてしまったので、私も一緒に交際クラブに入ることにしました。
「男性の方は、みな身元もしっかりしていて、安心しておつき合いできますよ」と説明を受けましたが、安心して交際なんてあるはずないのにと思いました。
女の子に渡された携帯で写真を撮ってもらうと、簡単な手続きをしてから店をでました。
女友達が「ちょっとお茶飲んで行きましょうよ」と言うので駅前のコーヒー店にはいりました。
女友達はコーヒーを飲みながら携帯を取り出すと電子メールのやりとりを始めました。
しばらくして、「ちょっと友達と会うから」と言って店をでていきました。
私はなんだか変だなと思って、すこし後から女友達の後をつけました。
するとやっぱり、駅の裏のラブホテルの方に男の人と入っていくのが見えました。
さっきの電子メールのやりとりの相手は、きっと交際クラブの男性に違いないと思いました。
私は一緒に写真を登録したのに、どうして女友達だけそんなに早くナンパされるのかしらとちょっと腹が立ってきました。
すると私の携帯にメールが届きました。
「こんにちは、初めまして、エッチな人妻さんかな」と届いた文面は交際クラブの男に違いありませんでした。
私はすぐにラブホテルに誘われるに違いないと思い、足が震えてきました。
「どう、最近気持ちいいことしてるかな」と次のメールが届きました。
私は「最近暇してるんです、暇で暇で」と試しに返事を出してみました。
すると、「じゃこれから遊ばないか、たっぷり楽しませてやるぜ」とメールが届きました。
私はもう自分でもなにがなんだか分からなくなって、「いまラブホテルの前なんです」と返事をしてしまいました。
しばらく待つと男がすぐに私を見つけて駆け寄ってきました。
声を掛けるより早く、男の手がすぐに私の腰からお尻をなで始めました。
ラブホテルに入ると、すぐにベッドに押し倒されました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
男の欲望は、楽しみを先に延ばしたいかのように、私の身体ををじらしながら開いてきました。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
支配者に従属するのが女の宿命だと、私は心のそこから思い知らされました。
男の繰り返すが刻む律動は最後の瞬間が近いことを私の身体に告げると、震えながらしっかりと奧まで届いてきました。
望みを失って震えが止まらなくなった私の身体は、最後の快楽を一杯に受け止めました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------