-------------- 七度文庫 (なのたびぶんこ) 人妻編 官能描写制限版 --------------

(1)

買い物の帰りに本屋に寄って料理の本を立ち読みしたあと、地下鉄の駅の入り口の前を通るとティッシュ配りをしている女の子にティッシュを渡されました。
たいして気にもせずに家に持って帰ってからティッシューよく見るとパチンコと書いてありました。
私はパチンコと言うのはやったことがないので、ちょうど昼頃遊びに来た近所の芳恵さんに聞いてみると、開店のときはよく出るから一緒に行こうと誘われました。
夜旦那に聞いてみると、パチンコはやったことがないのでよく知らないと言われました。
まだ学生の頃は夢中になってパチンコで生活費稼いでた奴もいたけど、だいたいそうゆう連中は留年したとかでした。
しかし、芳恵さんの話しでは「誰でも普通に遊ぶ、割合と人気のある遊びで、大抵の人はやったことがあるし、オタクの旦那はちょっと変わってるから」と旦那の悪口を言われました。
まあ言われてみれば旦那は変わってる方なので、それもそうなのかもしれないと思いました。
それで旦那には内緒にして行こうと芳恵さんと相談しました。
開店当日は早く行かないといけないと芳恵さんに言われて、二人で朝早く言ってみると、気の早い人が数人もう並んでいました。
この分なら別に並ぶほどでもなかったのにと思って開店を待っていましたが、やがて開店時間が近づくにつれて行列はどんどん長くなり、店を一回りしてもたりないくらいになりました。
確かにこれは朝早くこないといけないらしいと分かりましたが、店は広くてどう見ても全員入れるので早く来る理由はいまいちよく分かりませんでした。
芳恵さんの隣に座って、よく訳のわからないまま一時間ほどして帰ることになりました。
「景品をもらってそれを今度は近くの両替所でお金に換えるのよ」と芳恵さんに教えられて換金してみると、3万円近くが戻ってきました。
私はなんかの間違いだと思ってお金を返そうとしたのですが芳恵さんが「こんだけ勝ったんだから、もらっていいのよ」と言うので受け取りました。
芳恵さんも同じくらのお金をもらっていたので、やはりこれでいいのだと納得しました。
「それでいくら使ったの今日」と芳恵さんに聞かれて「最初の1000円だけ」答えると、
芳恵さんは酷くびっりした様子で「私は4万使って、戻ってきたの3万5千円だけど、あのた初めてだからついてたのね」と呆れた顔をしていました。

(2)

「今日暇でしょう、やりにいこうよ、パチンコ」と言われて、私は芳恵さんと一緒にまたパチンコに行きました。
二度目のパチンコは要領は覚えたのですがすぐにお金がなくなりました。
「パチンコはね、負けたら負けた分つぎ込んで勝つまでやるのよ」と芳恵さんに言われて私は芳恵さんにお金を借りながら夕方までパチンコをやり続けました。
しかし、負け続けてお金は返って来ませんでした。
芳恵さんは「お金はあとでいいから、気にしなくていいのよ勝ったとき返してくれればいいから」と言われて、私はどうせ次はまとめて勝からと気にもしませんでした。
翌日も誘われてまた負けました。
芳恵さんからの借金もかなりの額になりとてもすぐには返せそうにありませんでした。
旦那に相談するわけにもいかず、私はすっかりどうしていいのか分からなくなりました。

(3)

芳恵さんが、またパチンコに誘いにきました。
私が「もう絶対パチンコはしませんから」と断ると「じゃあ、いままでの借金どうすんのよ、パチンコやんなき返せないでしょう」と怖い声で怒鳴られました。
私はもう絶対パチンコはやらないと、頑固に断りました。
すると、「ねえお金は返してもらわないとこまるのよ、よかったらいいアルバイト紹介するけど、どうそれともお金は旦那に返してもらいましょうか」と言われて私は話しを聞くことにしました。
「あなたね、親戚の姪に高校生の女の子が居るって言ってたでしょう」
「まだバージンだったら高く売れるのよ、100万にもなれば借金なんかすぐ返せるでしょう」
「それに、姪だって上手な男性にバージンを捧げた方が嬉しいでしょう」
「女にしてもらうのは、なにしろ一生の思い出なんだから、いい思い出のほうがいいに決まってるわよね」
「バージンをもう20人くらい奪ってる男性ならもう、とっても最高のロストバージン体験をさせてもらえるのよ」
「こんないい話しないでしょう」としつこく迫られました。
私はとてもそんな事は出来ないと必死で断りました。
すると「あなた、今時みんな高校生になればもうロストバージンくらい当たり前なのよ」
「修学旅行なんか、みんなでどうだったって報告し合うくらいなんだから」
「下手な相手にバージン奪われて最低な思いをするくらいだったら、上手な人にやってもらうほうがよっぽど幸せなのよ」
「あなたは、姪が将来幸せになるのが悔しくてそれで意地悪してるんでしょう」ととんでもない事を言い出しました。
私が「そんなこと出来るわけないでしょう」と必死で言い返しても、本人の幸せの為だと言い張るので私は黙り込んで返事をしませんでした。
芳恵さんは「じゃ今度までに連れてらっしゃいよ、本人も喜ぶ話しなんだから」と言うとやっと帰ってくれました。

(4)

数日たって買い物の後、近くの喫茶店の前を通りかかると、この間話題に上がった親戚の姪と芳恵さんが二人で窓際の席で座っているのを見つけました。
私はなんだか変な感じがしてすこし離れた通りの向かい側から二人の様子を伺っていました。
しばらくして話しが終わったらしく芳恵さんは席を立って店を出て行きました。
私は後に残った姪のことが気になって、そのまま見張りを続けました。
すこし遅れて中年の男が姪の隣に据わると、二人でなにやら話しをしているらしいと分かりました。
いったい何の話しをしているのかしらと思っていると、男は財布からお金を出して数枚を姪に渡しました。
お財布の中にはまだかなりの札束が入っているのがはっきりと見えました。
姪はトイレに立ったようで、帰ってくるとハンケチの様な水玉の布を男に渡しました。
しばらく二人がなにやら話しをしているうちに、どうやらやっと二人で席を立つと店を出て、店の前の歩道橋からこちら側に渡ってきました。
姪は足元がたどたどしい歩き方で何度も立ち止まりながら道を渡って下りの階段を降りてきました。
風が不意に吹き付けたとき、姪のスカートが風めくれると花園が丸見えになりました。
私はやっとさっき男に渡した布きれがハンカチでなく姪が穿いていたパンティーだったのに気が付いきました。
私はまるで自分がパンティーを脱いで風でスカートがめくれた気分で膝ががくがく震えてきました。
遠くから見ていても姪の足元が震えてているのが分かりました。
やっとのことで姪が歩道橋を降りると、男はスカートの下から手を入れて姪のお尻を下から撫で上げ始めました。
姪は立ち止まったまましゃがみ込みそうになりながら震えていました。
男は姪のお尻を押しながら二人で裏通りに入って行きました。
その先にはラブホテルがあるのは私も何度か通ったことがあるので知っていました。
このままだったら大変なことになると思い私はこっそり二人の後を付けていきました。
やっぱり二人はラブホテルの入り口まで来ると入り口でなにやら言い争っていました。
私は二人のすぐ後ろまで近づくと「あなたたち何やってるんですか」と大きな声で怒鳴りました。
振り返って私の方を見た姪は急に私に駆け出すと、私に体当たりでぶつかってそのまま走り去っていきました。
私はラブホテルの前で足を拡げたままの格好で座り込んで、すぐには立ち上がれませんでした。
「おい、金は払ってあるんだ、お前が代わりに来てもらうからな」と男が言うと私をラブホテルに引きずり込みました。
ベッドに押し倒されて私は上からのしかかられて身動きもできませんでした。
熱く煮えたぎった欲望を前にして、私の心は逆らう気力を失いました。
私に抵抗する余裕を与えて、私を征服するのを楽しむかのように、男はゆっくりと私の身体を開いてきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
今誰が私を支配しているのか、それだけが私の涙を誘う喜びでした。
逃げることの出来ない、快楽の時が始まったことを、私は思い知らされました。
信じられない感触が私の体中に広がると、許しを請うことさえできなくなりました。
支配者が最後の快楽の時を告げるのを待つしかもう望みはなくなりました。
男は私の身体を一撃で貫き通すと、私の目からは涙が溢れだして止まらなくなりました。

(完)

-------------- Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) 2003/3/30 Ver 1.05 --------------