<html lang="ja">
<head>
<META http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>官能小説自動生成ソフト七度文庫</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
<!--
v=new Array();
z=new Array();
cc=new Array();
cv=new Array();
vc=new Array();
c_count=0;
Capital_flag=0;
function r(p)
{
rr=Math.random()*p;
return(Math.floor(rr)+1.0);
}
function t(p)
{
if (p!="")
{
if((typeof danraku_flag != "undefined") && (danraku_flag==1))
{
document.write(" ");
danraku_flag=0;
}
document.write(p);
c_count++;
}
}
function h(p)
{
if( typeof vc[p] == "undefined") vc[p]=1;else vc[p]++;
if( p.charAt(0)=="%" && p.charAt(1)=="D"){
hz("%"+p.substring(2));
}
else
{
hh(p);
}
}
function hh(pp)
{
if( typeof v[pp] != "undefined" )
{
if( typeof v[pp] == "function")
{
v[pp]();
} else {
t(v[pp]);
}
}
else
{
t(pp);
}
}
function hz(pp)
{
var hhz = new Array("0","1","2","3","4","5","6","7","8","9");
if( typeof v[pp] != "undefined" )
{
for(i_hz=0;i_hz<String(v[pp]).length;i_hz++)
{
ii_hz=String(v[pp]).charAt(i_hz);
t(hhz[ii_hz]);
}
}
else
{
t(pp);
}
}
function n()
{
if(c_count!=0) document.write("<BR>");
c_count=0;
}
function v_l(p)
{
if( typeof cc[p] != "undefined" )
{
return(cc[p]);
}
else
{
return(0);
}
}
function value_level(p)
{
if( typeof cv[p] != "undefined" )
{
return(cv[p]);
}
else
{
return(0);
}
}
function c_min(a)
{
a0=9999;
for(i in a)
{
if(v_l(a[i])<a0) a0=v_l(a[i]);
}
return(a0);
}
function level_max(a)
{
a0=0;
for(i in a)
{
if(value_level(a[i])>a0) a0=value_level(a[i]);
}
return(a0);
}
function s_l(a)
{
aa=sk_l(a);
aaa=ls_l(aa);
aaaa=ss_l(aaa);
return(aaaa);
}
function sk_l(a)
{
aa=new Array();
for(i in a)
{
if( typeof z["KN"+a[i]]=="undefined"||z["KN"+a[i]]==0)
aa.push(a[i]);
}
return(aa);
}
function ss_l(a)
{
aa=new Array();
a0=c_min(a);
for(i in a)
{
if( v_l(a[i])==a0)aa.push(a[i]);
}
return(aa);
}
function ls_l(a)
{
aa=new Array();
a0=level_max(a);
for(i in a)
{
if( value_level(a[i])==a0)aa.push(a[i]);
}
return(aa);
}
function e_l(a)
{
e_ll(s_l(a));
}
function e_ll(a)
{
if(a.length>0){
i=Math.floor(Math.random()*a.length);
eval("t"+a[i]+"()");
}
}
function c_l(p)
{
if( typeof cc[p] != "undefined" )
{
cc[p]++;
}
else
{
cc[p]=1;
}
}
function level_up(p)
{
if( typeof cv[p] != "undefined" )
{
cv[p]++;
}
else
{
cv[p]=1;
}
}
function level_down(p)
{
if(( typeof cv[p] != "undefined" )&&(cv[p]>0))
{
cv[p]--;
}
}
function t1(){
c_l("1");
v["line"]="---";
h("line");
t(" 七度文庫 (なのたびぶんこ) 女子大生編 官能描写制限版 ");h("line");
n();
}
function t2(){
c_l("2");
v["システム初期化"]="システム初期化";
if(typeof v["%システム初期化"]=="undefined") v["%システム初期化"]=1; else v["%システム初期化"]++;
t4537();
v["下着"]="パンティー";
v["男根"]="熱い鉄柱";
v["男根の表現"]="逞しい物";
v["オトコ"]="男";
v["服装"]="女子大生";
v["彼氏"]="旦那";
t227();
t229();
t184();
v["性行為意志"]="";
vc["性行為意志"]=0;
v["精液"]="樹液";
v["陰毛"]="アンダーヘアー";
v["クリトリス"]="花芯";
v["クリトリスの表現"]="一番感じる場所";
v["大陰唇"]="花園";
v["大陰唇の表現"]="大事な所";
v["小陰唇"]="花びら";
v["膣"]="花園の入り口";
v["子宮"]="花園の奥";
v["最後の台詞"]="";
vc["最後の台詞"]=0;
v["女性性器の愛称"]="オXXコ";
v["男性性器の愛称"]="オXンXン";
v["フェラチオ"]="フェ××オ";
v["アナル"]="ア×ル";
v["オナニー"]="オ×ニ×";
t516();
v["%射精"]="0";
v["%会話単位"]="0";
v["%章番号"]="0";
}
function t3(){
c_l("3");
v["date"]="2001/6/19";
c_count++;
n();
t(" (完)");n();
c_count++;
n();
h("line");
t(" Copy Right 七度 柚希 (なのたび ゆき) ");h("date");
t(" Ver 1.20 ");h("line");
n();
}
function t4(){
c_l("4");
if(typeof v["%章番号"]=="undefined") v["%章番号"]=1; else v["%章番号"]++;
c_count++;
n();
t(" (");h("%D章番号");
t(")");n();
c_count++;
n();
t5();
}
function t5(){
c_l("5");
danraku_flag=1;
}
function t6(){
c_l("6");
v["お弁当"]="あり";
}
function t7(){
c_l("7");
as7=new Array("8","9","10","11","12","13","14","15","16","17");
e_l(as7);
}
function t8(){
c_l("8");
v["お笑いタレント3人組"]="ペンギンクラブ";
}
function t9(){
c_l("9");
v["お笑いタレント3人組"]="ペンギントリオ";
}
function t10(){
c_l("10");
v["お笑いタレント3人組"]="アヒルクラブ";
}
function t11(){
c_l("11");
v["お笑いタレント3人組"]="アヒルトリオ";
}
function t12(){
c_l("12");
v["お笑いタレント3人組"]="キリンクラブ";
}
function t13(){
c_l("13");
v["お笑いタレント3人組"]="キリントリオ";
}
function t14(){
c_l("14");
v["お笑いタレント3人組"]="ごきげんクラブ";
}
function t15(){
c_l("15");
v["お笑いタレント3人組"]="ごきげんトリオ";
}
function t16(){
c_l("16");
v["お笑いタレント3人組"]="おはようクラブ";
}
function t17(){
c_l("17");
v["お笑いタレント3人組"]="おはようトリオ";
}
function t18(){
c_l("18");
as18=new Array("19","20","21");
e_l(as18);
}
function t19(){
c_l("19");
v["お笑いタレント2人組"]="コンビニセール";
}
function t20(){
c_l("20");
v["お笑いタレント2人組"]="規ちゃん秀ちゃん";
}
function t21(){
c_l("21");
v["お笑いタレント2人組"]="爆笑限界";
}
function t22(){
c_l("22");
as22=new Array("28","29","30","31","32","33","34","35","36");
e_l(as22);
}
function t23(){
c_l("23");
as23=new Array("24","25","26","27","28","29");
e_l(as23);
}
function t24(){
c_l("24");
v["下着の柄"]="白色のフリルの一杯ついた";
v["下着の色"]="白色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t25(){
c_l("25");
v["下着の柄"]="白色のレース模様の";
v["下着の色"]="白色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t26(){
c_l("26");
v["下着の柄"]="水色のフリルの一杯ついた";
v["下着の色"]="水色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t27(){
c_l("27");
v["下着の柄"]="水色のレース模様の";
v["下着の色"]="水色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t28(){
c_l("28");
v["下着の柄"]="ピンク色のフリルの一杯ついた";
v["下着の色"]="ピンク色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t29(){
c_l("29");
v["下着の柄"]="ピンクのレース模様の";
v["下着の色"]="ピンク色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t30(){
c_l("30");
v["下着の柄"]="ピンクの花柄の";
v["下着の色"]="ピンク色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t31(){
c_l("31");
v["下着の柄"]="紫色のフリルの一杯ついた";
v["下着の色"]="紫色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t32(){
c_l("32");
v["下着の柄"]="紫色のレース模様の";
v["下着の色"]="紫色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t33(){
c_l("33");
v["下着の柄"]="紫色のスケスケの";
v["下着の色"]="紫色";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t34(){
c_l("34");
v["下着の柄"]="黒のフリルの一杯ついた";
v["下着の色"]="黒";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t35(){
c_l("35");
v["下着の柄"]="黒のレース模様の";
v["下着の色"]="黒";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t36(){
c_l("36");
v["下着の柄"]="黒のスケスケの";
v["下着の色"]="黒";
v["お色気下着"]="パンティー";
}
function t37(){
c_l("37");
as37=new Array("38","39","40");
e_l(as37);
}
function t38(){
c_l("38");
v["お色気下着のセット"]="6枚組の色違いセット";
}
function t39(){
c_l("39");
v["お色気下着のセット"]="8枚組の色違いセット";
}
function t40(){
c_l("40");
v["お色気下着のセット"]="10枚組の色違いセット";
}
function t41(){
c_l("41");
as41=new Array("42");
e_l(as41);
}
function t42(){
c_l("42");
v["タイトル1"]="人妻温泉旅行";
v["タイトル2"]="女子高生援交狩り";
}
function t43(){
c_l("43");
as43=new Array("44","45","46","47");
e_l(as43);
}
function t44(){
c_l("44");
hi1=r("2");
if( hi1==1){
v["タイトル1"]="強制";
}
if( hi1==2){
v["タイトル1"]="監禁";
}
v["タイトル1"]+="フェ××オ";
hi3=r("2");
if( hi3==1){
v["タイトル1"]+="調教";
}
if( hi3==2){
v["タイトル1"]+="輪姦";
}
hi1=r("3");
if( hi1==1){
v["タイトル2"]="女子大生";
}
if( hi1==2){
v["タイトル2"]="人妻";
}
if( hi1==3){
v["タイトル2"]="女子高生";
}
v["タイトル2"]+="フェ××オ狂い";
}
function t45(){
c_l("45");
v["タイトル1"]="素人";
hi2=r("4");
if( hi2==1){
v["タイトル1"]+="娘";
}
if( hi2==2){
v["タイトル1"]+="女子大生";
}
if( hi2==3){
v["タイトル1"]+="女子高生";
}
if( hi2==4){
v["タイトル1"]+="人妻";
}
v["タイトル1"]+="の";
hi4=r("2");
if( hi4==1){
v["タイトル1"]+="極上";
}
if( hi4==2){
v["タイトル1"]+="淫乱";
}
v["タイトル1"]+="フェ××オ";
v["タイトル2"]="美人";
hi2=r("2");
if( hi2==1){
v["タイトル2"]+="妻";
}
if( hi2==2){
v["タイトル2"]+="OL";
}
v["タイトル2"]+="の";
hi4=r("3");
if( hi4==1){
v["タイトル2"]+="いやらしい";
}
if( hi4==2){
v["タイトル2"]+="バキューム";
}
if( hi4==3){
v["タイトル2"]+="連続";
}
v["タイトル2"]+="フェ××オ";
}
function t46(){
c_l("46");
v["タイトル1"]="フェ××オ";
hi2=r("2");
if( hi2==1){
v["タイトル1"]+="調教";
}
if( hi2==2){
v["タイトル1"]+="監禁";
}
v["タイトル1"]+="ルーム";
v["タイトル2"]="フェ××オ";
hi2=r("3");
if( hi2==1){
v["タイトル2"]+="狂いの";
}
if( hi2==2){
v["タイトル2"]+="大好きな";
}
if( hi2==3){
v["タイトル2"]+="マニアの";
}
hi3=r("2");
if( hi3==1){
v["タイトル2"]+="淫乱";
}
if( hi3==2){
v["タイトル2"]+="ド変態";
}
hi4=r("3");
if( hi4==1){
v["タイトル2"]+="人妻";
}
if( hi4==2){
v["タイトル2"]+="女子大生";
}
if( hi4==3){
v["タイトル2"]+="女子高生";
}
}
function t47(){
c_l("47");
hi1=r("2");
if( hi1==1){
v["タイトル1"]="強制";
}
if( hi1==2){
v["タイトル1"]="淫乱";
}
v["タイトル1"]+="フェ××オ口内発射";
hi3=r("2");
if( hi3==1){
v["タイトル1"]+="20";
}
if( hi3==2){
v["タイトル1"]+="10";
}
v["タイトル1"]+="連発";
hi1=r("3");
if( hi1==1){
v["タイトル2"]="女子高生";
}
if( hi1==2){
v["タイトル2"]="女子大生";
}
if( hi1==3){
v["タイトル2"]="人妻";
}
v["タイトル2"]+="〜";
hi3=r("3");
if( hi3==1){
v["タイトル2"]+="初めてのフェ××オ";
}
if( hi3==2){
v["タイトル2"]+="フェ××オ初体験";
}
if( hi3==3){
v["タイトル2"]+="フェラチオ狂い";
}
}
function t48(){
c_l("48");
as48=new Array("49","50","51","52","53","54","55","56");
e_l(as48);
}
function t49(){
c_l("49");
v["スポーツ"]="サッカー";
v["スポーツ部"]="サッカー部";
v["スポーツの略称"]="サッカー";
}
function t50(){
c_l("50");
v["スポーツ"]="ラグビー";
v["スポーツ部"]="ラグビー部";
v["スポーツの略称"]="ラグビー";
}
function t51(){
c_l("51");
v["スポーツ"]="野球";
v["スポーツ部"]="野球部";
v["スポーツの略称"]="野球";
}
function t52(){
c_l("52");
v["スポーツ"]="バスケットボール";
v["スポーツ部"]="バスケットボール部";
v["スポーツの略称"]="バスケ";
}
function t53(){
c_l("53");
v["スポーツ"]="バレーボール";
v["スポーツ部"]="バレーボール部";
v["スポーツの略称"]="バレー";
}
function t54(){
c_l("54");
v["スポーツ"]="テニス";
v["スポーツ部"]="テニス部";
v["スポーツの略称"]="テニス";
}
function t55(){
c_l("55");
v["スポーツ"]="水泳";
v["スポーツ部"]="水泳部";
v["スポーツの略称"]="水泳";
}
function t56(){
c_l("56");
v["スポーツ"]="剣道";
v["スポーツ部"]="剣道部";
v["スポーツの略称"]="剣道";
}
function t57(){
c_l("57");
t58();
t67();
}
function t58(){
c_l("58");
as58=new Array("59","60","61","62","63","64","65","66");
e_l(as58);
}
function t59(){
c_l("59");
v["会社名"]="株式会社リンリン倶楽部";
v["テレホン倶楽部名"]="リンリン倶楽部";
}
function t60(){
c_l("60");
v["会社名"]="株式会社リンリンステーション";
v["テレホン倶楽部名"]="リンリンステーション";
}
function t61(){
c_l("61");
v["会社名"]="株式会社ラブラブ倶楽部";
v["テレホン倶楽部名"]="ラブラブ倶楽部";
}
function t62(){
c_l("62");
v["会社名"]="株式会社ラブラブステーション";
v["テレホン倶楽部名"]="ラブラブステーション";
}
function t63(){
c_l("63");
v["会社名"]="株式会社ツーショットダイアル";
v["テレホン倶楽部名"]="ツーショットダイアル";
}
function t64(){
c_l("64");
v["会社名"]="株式会社桃色姫";
v["テレホン倶楽部名"]="桃色姫";
}
function t65(){
c_l("65");
v["会社名"]="株式会社恋愛ステーション";
v["テレホン倶楽部名"]="恋愛ステーション";
}
function t66(){
c_l("66");
v["会社名"]="株式会社恋愛村";
v["テレホン倶楽部名"]="恋愛村";
}
function t67(){
c_l("67");
as67=new Array("68","69","70");
e_l(as67);
}
function t68(){
c_l("68");
v["役職"]="営業部長";
}
function t69(){
c_l("69");
v["役職"]="営業主任";
}
function t70(){
c_l("70");
v["役職"]="支店長";
}
function t71(){
c_l("71");
v["テレホンセックス"]="あり";
}
function t72(){
c_l("72");
as72=new Array("73","74","75","76","77","78");
e_l(as72);
}
function t73(){
c_l("73");
v["ハンドル名"]="ケンシロー";
}
function t74(){
c_l("74");
v["ハンドル名"]="ロッキー";
}
function t75(){
c_l("75");
v["ハンドル名"]="グッチ";
}
function t76(){
c_l("76");
v["ハンドル名"]="ペンギン";
}
function t77(){
c_l("77");
v["ハンドル名"]="大魔神";
}
function t78(){
c_l("78");
v["ハンドル名"]="亀仙人";
}
function t79(){
c_l("79");
t80();
t83();
v["バイブレータの愛称"]="大人のオモチャ";
v["バイブレータの略称"]="バイブ";
}
function t80(){
c_l("80");
as80=new Array("81","82");
e_l(as80);
}
function t81(){
c_l("81");
v["バイブの色"]="紫色";
}
function t82(){
c_l("82");
v["バイブの色"]="ピンク色";
}
function t83(){
c_l("83");
as83=new Array("84","85");
e_l(as83);
}
function t84(){
c_l("84");
v["バイブの形"]="細長くて先が太くなったおかしな格好";
}
function t85(){
c_l("85");
v["バイブの形"]="ずんぐりと太くてねじ曲がった変な形";
}
function t86(){
c_l("86");
as86=new Array("87","88","89","90","91");
e_l(as86);
}
function t87(){
c_l("87");
t92();
v["パソコン量販店"]="ピックカメラ";
}
function t88(){
c_l("88");
t93();
v["パソコン量販店"]="ヤマダ電機";
}
function t89(){
c_l("89");
t94();
v["パソコン量販店"]="上新電機";
}
function t90(){
c_l("90");
t95();
v["パソコン量販店"]="ラオックス";
}
function t91(){
c_l("91");
t96();
v["パソコン量販店"]="ヨドバシ";
}
function t92(){
c_l("92");
as92=new Array("97","99","100");
e_l(as92);
}
function t93(){
c_l("93");
t98();
}
function t94(){
c_l("94");
t97();
}
function t95(){
c_l("95");
t98();
}
function t96(){
c_l("96");
t97();
}
function t97(){
c_l("97");
v["パソコン量販店の場所"]="新宿";
}
function t98(){
c_l("98");
v["パソコン量販店の場所"]="秋葉原";
}
function t99(){
c_l("99");
v["パソコン量販店の場所"]="池袋";
}
function t100(){
c_l("100");
v["パソコン量販店の場所"]="有楽町";
}
function t101(){
c_l("101");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) { t102();}else if((typeof v["一緒に酒を飲んだ女性"] !="undefined") && (v["一緒に酒を飲んだ女性"] != "")) { t111();}}
function t102(){
c_l("102");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "女友達")) { t103();}else if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "先輩")) { t104();}else {t103();}
}
function t103(){
c_l("103");
h("女友達");
c_count=0;
n();
}
function t104(){
c_l("104");
h("先輩の愛称");
c_count=0;
n();
}
function t105(){
c_l("105");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "女友達")) { t106();}else if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "先輩")) { t107();}else {t106();}
}
function t106(){
c_l("106");
h("女友達の劣称");
c_count=0;
n();
}
function t107(){
c_l("107");
h("先輩の劣称");
c_count=0;
n();
}
function t108(){
c_l("108");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "女友達")) { t109();}else if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] == "先輩")) { t110();}else {t109();}
}
function t109(){
c_l("109");
h("女友達の愛称");
c_count=0;
n();
}
function t110(){
c_l("110");
h("先輩の愛称");
c_count=0;
n();
}
function t111(){
c_l("111");
h("一緒に酒を飲んだ女性");
c_count=0;
n();
}
function t112(){
c_l("112");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人との関係"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人との関係"] != "")) { t113();}else if((typeof v["女との関係"] !="undefined") && (v["女との関係"] != "")) { t114();}}
function t113(){
c_l("113");
h("アルバイトを紹介した人との関係");
c_count=0;
n();
}
function t114(){
c_l("114");
h("女との関係");
c_count=0;
n();
}
function t115(){
c_l("115");
v["女との関係"]="さっきお酒を飲みに行った飲み屋の";
v["一緒に酒を飲んだ女性"]="ママ";
}
function t116(){
c_l("116");
v["アルバイトを紹介した人との関係"]="親友の";
v["アルバイトを紹介した人"]="女友達";
}
function t117(){
c_l("117");
v["アルバイトを紹介した人との関係"]="先輩の";
v["アルバイトを紹介した人"]="先輩";
}
function t118(){
c_l("118");
as118=new Array("119","120");
e_l(as118);
}
function t119(){
c_l("119");
v["女の悦びを体験する女"]="女子高生";
v["女の悦びを体験する学年"]="高校生";
}
function t120(){
c_l("120");
v["女の悦びを体験する女"]="女子中学生";
v["女の悦びを体験する学年"]="中学生";
}
function t121(){
c_l("121");
v["盗撮された女"]="女友達";
}
function t122(){
c_l("122");
v["録音された女"]="私が今";
}
function t123(){
c_l("123");
as123=new Array("124","125","126","127","128","129");
e_l(as123);
}
function t124(){
c_l("124");
v["四階"]="二階";
}
function t125(){
c_l("125");
v["四階"]="三階";
}
function t126(){
c_l("126");
v["四階"]="四階";
}
function t127(){
c_l("127");
v["四階"]="五階";
}
function t128(){
c_l("128");
v["四階"]="六階";
}
function t129(){
c_l("129");
v["四階"]="七階";
}
function t130(){
c_l("130");
t131();
t132();
}
function t131(){
c_l("131");
v["建物"]="ファミレス";
v["場所"]="ファミレス";
}
function t132(){
c_l("132");
as132=new Array("133","134","135","136");
e_l(as132);
}
function t133(){
c_l("133");
v["ファミレス"]="デニーズ";
}
function t134(){
c_l("134");
v["ファミレス"]="ココス";
}
function t135(){
c_l("135");
v["ファミレス"]="ジョナサン";
}
function t136(){
c_l("136");
v["ファミレス"]="ロイヤルホスト";
}
function t137(){
c_l("137");
t138();
v["場所"]="ファーストフード店";
v["建物"]="ファーストフード店";
}
function t138(){
c_l("138");
as138=new Array("139","140","141","142","143","144");
e_l(as138);
}
function t139(){
c_l("139");
v["ファーストフード店名"]="ロッテリア";
t145();
}
function t140(){
c_l("140");
v["ファーストフード店名"]="マクドナルド";
t145();
}
function t141(){
c_l("141");
v["ファーストフード店名"]="ファーストキッチン";
t145();
}
function t142(){
c_l("142");
v["ファーストフード店名"]="モスバーガー";
t145();
}
function t143(){
c_l("143");
v["ファーストフード店名"]="ウェンディーズ";
t145();
}
function t144(){
c_l("144");
v["ファーストフード店名"]="ケンタッキー";
t147();
}
function t145(){
c_l("145");
as145=new Array("146");
e_l(as145);
}
function t146(){
c_l("146");
v["ファーストフード店の食べ物"]="ハンバーガー";
}
function t147(){
c_l("147");
as147=new Array("148");
e_l(as147);
}
function t148(){
c_l("148");
v["ファーストフード店の食べ物"]="チキンフィレサンド";
}
function t149(){
c_l("149");
as149=new Array("150","151","152");
e_l(as149);
}
function t150(){
c_l("150");
v["フェラチオ上手な女"]="フェ××オ上手な女";
}
function t151(){
c_l("151");
v["フェラチオ上手な女"]="図解フェ××オ大百科";
}
function t152(){
c_l("152");
v["フェラチオ上手な女"]="男が喜ぶフェ××オ大研究";
}
function t153(){
c_l("153");
v["建物"]="ビル";
v["場所"]="ブルセラショップ";
t155();
}
function t154(){
c_l("154");
v["ビデオの内容"]="バイブでオナニー";
}
function t155(){
c_l("155");
as155=new Array("156","157","158","159","160");
e_l(as155);
}
function t156(){
c_l("156");
v["店名"]="ジュネ";
}
function t157(){
c_l("157");
v["店名"]="プチエンジェル";
}
function t158(){
c_l("158");
v["店名"]="セーラームーン";
}
function t159(){
c_l("159");
v["店名"]="ロペ";
}
function t160(){
c_l("160");
v["店名"]="すみれ女学院";
v["店名の印象"]="風俗店";
}
function t161(){
c_l("161");
t162();
t163();
}
function t162(){
c_l("162");
v["建物"]="ラブホテル";
v["場所"]="ラブホテル";
}
function t163(){
c_l("163");
as163=new Array("164","165","166","167","168","169","170","171","172","173","174","175","176","177","178","179","180","181");
e_l(as163);
}
function t164(){
c_l("164");
v["ラブホテルの名前"]="オーロラ";
v["別のラブホテルの名前"]="オーロラドリーム";
}
function t165(){
c_l("165");
v["ラブホテルの名前"]="ウェストコースト";
v["別のラブホテルの名前"]="ウェストウインド";
}
function t166(){
c_l("166");
v["ラブホテルの名前"]="サウスロード";
v["別のラブホテルの名前"]="サウスコースト";
}
function t167(){
c_l("167");
v["ラブホテルの名前"]="ローズマリー";
v["別のラブホテルの名前"]="ローズガーデン";
}
function t168(){
c_l("168");
v["ラブホテルの名前"]="サザンウィンズ";
v["別のラブホテルの名前"]="サザンコースト";
}
function t169(){
c_l("169");
v["ラブホテルの名前"]="ローズガーデン";
v["別のラブホテルの名前"]="ローズマリー";
}
function t170(){
c_l("170");
v["ラブホテルの名前"]="ブルースカイ";
v["別のラブホテルの名前"]="ブルーリバー";
}
function t171(){
c_l("171");
v["ラブホテルの名前"]="ミッドナイト";
v["別のラブホテルの名前"]="ミッドナイトドリーム";
}
function t172(){
c_l("172");
v["ラブホテルの名前"]="レインフォレスト";
v["別ラブホテルの名前"]="レインガーデン";
}
function t173(){
c_l("173");
v["ラブホテルの名前"]="スターライト";
v["別のラブホテルの名前"]="スターダスト";
}
function t174(){
c_l("174");
v["ラブホテルの名前"]="ローズラブ";
v["別のラブホテルの名前"]="ローズガーデン";
}
function t175(){
c_l("175");
v["ラブホテルの名前"]="オレンジハウス";
v["別のラブホテルの名前"]="オレンジドリーム";
}
function t176(){
c_l("176");
v["ラブホテルの名前"]="バニラリゾート";
v["別のラブホテルの名前"]="バニラドリーム";
}
function t177(){
c_l("177");
v["ラブホテルの名前"]="スイートメモリー";
v["別のラブホテルの名前"]="スイートドリーム";
}
function t178(){
c_l("178");
v["ラブホテルの名前"]="ブルーナイト";
v["別のラブホテルの名前"]="ブルーライト";
}
function t179(){
c_l("179");
v["ラブホテルの名前"]="ドリームナイト";
v["別のラブホテルの名前"]="ドリームハウス";
}
function t180(){
c_l("180");
v["ラブホテルの名前"]="ミルキーウェイ";
v["別のラブホテルの名前"]="ミルキーハウス";
}
function t181(){
c_l("181");
v["ラブホテルの名前"]="スイートドリーム";
v["別のラブホテルの名前"]="スイートメモリー";
}
function t182(){
c_l("182");
t184();
}
function t183(){
c_l("183");
v["女友達"]="先輩";
v["女友達の愛称"]="先輩";
v["女友達の自称"]="先輩";
v["女友達の卑称"]="先輩";
v["女友達の劣称"]="先輩";
v["女友達との関係"]="他人";
}
function t184(){
c_l("184");
as184=new Array("185","187","189","191","193","195","197","199","201","203","205","207","209","211","213","215");
e_l(as184);
}
function t185(){
c_l("185");
t186();
}
function t186(){
c_l("186");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="小百合さん";
v["先輩の自称"]="小百合";
v["先輩の卑称"]="小百りん";
v["先輩の劣称"]="小百合";
}
function t187(){
c_l("187");
t188();
}
function t188(){
c_l("188");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="直美さん";
v["先輩の自称"]="直美";
v["先輩の卑称"]="直りん";
v["先輩の劣称"]="直美";
}
function t189(){
c_l("189");
t190();
}
function t190(){
c_l("190");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="文恵さん";
v["先輩の自称"]="文恵";
v["先輩の卑称"]="文ちゃん";
v["先輩の劣称"]="文恵";
}
function t191(){
c_l("191");
t192();
}
function t192(){
c_l("192");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="由香里さん";
v["先輩の自称"]="由香里";
v["先輩の卑称"]="由香りん";
v["先輩の劣称"]="由香里";
}
function t193(){
c_l("193");
t194();
}
function t194(){
c_l("194");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="真奈実さん";
v["先輩の自称"]="真奈実";
v["先輩の卑称"]="真奈実";
v["先輩の劣称"]="真奈実";
}
function t195(){
c_l("195");
t196();
}
function t196(){
c_l("196");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="智恵子さん";
v["先輩の自称"]="智恵子";
v["先輩の卑称"]="智恵子";
v["先輩の劣称"]="智恵子";
}
function t197(){
c_l("197");
t198();
}
function t198(){
c_l("198");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="美佐子さん";
v["先輩の自称"]="美佐子";
v["先輩の卑称"]="美佐子";
v["先輩の劣称"]="美佐子";
}
function t199(){
c_l("199");
t200();
}
function t200(){
c_l("200");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="亜希子さん";
v["先輩の自称"]="亜希子";
v["先輩の卑称"]="亜希子";
v["先輩の劣称"]="亜希子";
}
function t201(){
c_l("201");
t202();
}
function t202(){
c_l("202");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="佐和子さん";
v["先輩の自称"]="佐和子";
v["先輩の卑称"]="佐和子";
v["先輩の劣称"]="佐和子";
}
function t203(){
c_l("203");
t204();
}
function t204(){
c_l("204");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="詩織さん";
v["先輩の自称"]="詩織";
v["先輩の卑称"]="詩織";
v["先輩の劣称"]="詩織";
}
function t205(){
c_l("205");
t206();
}
function t206(){
c_l("206");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="沙綾さん";
v["先輩の自称"]="沙綾";
v["先輩の卑称"]="沙綾";
v["先輩の劣称"]="沙綾";
}
function t207(){
c_l("207");
t208();
}
function t208(){
c_l("208");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="三枝子さん";
v["先輩の自称"]="三枝子";
v["先輩の卑称"]="三枝子";
v["先輩の劣称"]="三枝子";
}
function t209(){
c_l("209");
t210();
}
function t210(){
c_l("210");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="喜美恵さん";
v["先輩の自称"]="喜美恵";
v["先輩の卑称"]="喜美恵";
v["先輩の劣称"]="喜美恵";
}
function t211(){
c_l("211");
t212();
}
function t212(){
c_l("212");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="真理恵さん";
v["先輩の自称"]="真理恵";
v["先輩の卑称"]="真理恵";
v["先輩の劣称"]="真理恵";
}
function t213(){
c_l("213");
t214();
}
function t214(){
c_l("214");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="里香さん";
v["先輩の自称"]="里香";
v["先輩の卑称"]="里香";
v["先輩の劣称"]="里香";
}
function t215(){
c_l("215");
t216();
}
function t216(){
c_l("216");
v["先輩"]="先輩";
v["先輩の愛称"]="郁恵さん";
v["先輩の自称"]="郁恵";
v["先輩の卑称"]="郁恵";
v["先輩の劣称"]="郁恵";
}
function t217(){
c_l("217");
v["私"]="私";
v["%私"]="1";
v["一人"]="一人";
v["この女"]="この女";
}
function t218(){
c_l("218");
v["私"]="私達";
v["%私"]="2";
v["一人"]="二人";
v["この女"]="こいつら";
}
function t219(){
c_l("219");
v["私"]="私達";
v["%私"]="3";
v["一人"]="三人";
v["この女"]="こいつら";
}
function t220(){
c_l("220");
if(typeof v["%私"]=="undefined") v["%私"]=1; else v["%私"]++;
v["一人"]="みんな";
}
function t221(){
c_l("221");
v["%私"]--;
v["一人"]="みんな";
}
function t222(){
c_l("222");
if(v["%私"] == 1){ t218();}else if(v["%私"] == 2){ t219();}else {t220();}
}
function t223(){
c_l("223");
if(v["%私"] == 1){ t217();}else if(v["%私"] == 2){ t217();}else if(v["%私"] == 3){ t218();}else if(v["%私"] == 4){ t219();}else {t221();}
}
function t224(){
c_l("224");
t225();
v["男達"]="男達";
}
function t225(){
c_l("225");
v["%男"]="1";
v["男"]="男";
v["達"]="";
vc["達"]=0;
}
function t226(){
c_l("226");
v["%男"]="2";
v["男"]="男";
v["達"]="達";
}
function t227(){
c_l("227");
t228();
}
function t228(){
c_l("228");
v["私の愛称"]="有紀ちゃん";
v["私の自称"]="有紀";
v["私の卑称"]="有紀りん";
v["私の敬称"]="有紀さん";
v["私の劣称"]="有紀";
v["私の名字"]="谷口";
}
function t229(){
c_l("229");
t230();
}
function t230(){
c_l("230");
v["女友達"]="礼子さん";
v["女友達の愛称"]="礼子ちゃん";
v["女友達の自称"]="礼子";
v["女友達の卑称"]="礼ちゃん";
v["女友達の劣称"]="礼子";
v["女友達との関係"]="親友";
}
function t231(){
c_l("231");
t343();
v["女友達"]="女の子";
}
function t232(){
c_l("232");
v["続柄"]="長女";
v["性別"]="女";
v["性別愛称"]="女の子";
v["人物"]="姪";
t343();
t234();
}
function t233(){
c_l("233");
v["続柄"]="次女";
v["性別"]="女";
v["性別愛称"]="女の子";
v["人物"]="妹さん";
v["人物の劣称"]="妹";
t234();
}
function t234(){
c_l("234");
t235();
}
function t235(){
c_l("235");
as235=new Array("236","237","238");
e_l(as235);
}
function t236(){
c_l("236");
v["体格"]="小柄";
v["胸"]="貧乳";
t240();
t243();
}
function t237(){
c_l("237");
v["体格"]="小柄";
v["胸"]="巨乳";
t240();
t243();
}
function t238(){
c_l("238");
v["体格"]="小牛";
v["胸"]="巨乳";
t240();
t243();
}
function t239(){
c_l("239");
v["体格"]="小牛";
v["胸"]="爆乳";
t240();
t243();
}
function t240(){
c_l("240");
as240=new Array("241","242");
e_l(as240);
}
function t241(){
c_l("241");
v["顔つき"]="丸顔";
v["顔の雰囲気"]="童顔";
}
function t242(){
c_l("242");
v["顔つき"]="面長";
v["顔の雰囲気"]="童顔";
}
function t243(){
c_l("243");
as243=new Array("244");
e_l(as243);
}
function t244(){
c_l("244");
v["雰囲気"]="田舎の中学生風";
}
function t245(){
c_l("245");
v["職業"]="人妻";
v["職業名"]="人妻";
v["職業一般名"]="主婦";
}
function t246(){
c_l("246");
v["職業"]="OL";
v["職業名"]="OL";
v["職業一般名"]="OL";
}
function t247(){
c_l("247");
v["職業"]="保母さん";
v["職業名"]="保母さん";
v["職業一般名"]="保母さん";
}
function t248(){
c_l("248");
v["職業"]="女教師";
v["職業名"]="教師";
v["職業一般名"]="教師";
}
function t249(){
c_l("249");
v["職業"]="人妻";
v["職業名"]="AV女優";
v["職業一般名"]="主婦";
}
function t250(){
c_l("250");
v["女友達"]="女子高生";
v["女友達の愛称"]="女子高生";
v["女友達の自称"]="女子高生";
v["女友達の卑称"]="女子高生";
v["女友達の劣称"]="女子高生";
v["女友達との関係"]="他人";
}
function t251(){
c_l("251");
v["女友達"]="お母さん";
v["女友達の愛称"]="お母さん";
v["女友達の自称"]="お母さん";
v["女友達の卑称"]="お母さん";
v["女友達の劣称"]="お母さん";
v["女友達との関係"]="他人";
}
function t252(){
c_l("252");
t343();
}
function t253(){
c_l("253");
v["女友達"]="指導員の女性";
}
function t254(){
c_l("254");
v["女友達"]="販売員の女性";
}
function t255(){
c_l("255");
v["女友達"]="販売員の女性";
}
function t256(){
c_l("256");
t343();
t626();
t602();
}
function t257(){
c_l("257");
as257=new Array("258","259","260","261","262","263","264","265","266","267","268","269","270","271","272","273","274","275");
e_l(as257);
}
function t258(){
c_l("258");
v["名字"]="下山さん";
v["名字の劣称"]="下山";
v["名字の尊称"]="下山先生";
v["名字の敬称"]="下山君";
}
function t259(){
c_l("259");
v["名字"]="鈴木さん";
v["名字の劣称"]="鈴木";
v["名字の尊称"]="鈴木先生";
v["名字の敬称"]="野口君";
}
function t260(){
c_l("260");
v["名字"]="野口さん";
v["名字の劣称"]="野口";
v["名字の尊称"]="野口先生";
v["名字の敬称"]="野口君";
}
function t261(){
c_l("261");
v["名字"]="阿部さん";
v["名字の劣称"]="阿部";
v["名字の尊称"]="阿部先生";
v["名字の敬称"]="阿部君";
}
function t262(){
c_l("262");
v["名字"]="杉本さん";
v["名字の劣称"]="杉本";
v["名字の尊称"]="杉本先生";
v["名字の敬称"]="杉本君";
}
function t263(){
c_l("263");
v["名字"]="水原さん";
v["名字の劣称"]="水原";
v["名字の尊称"]="水原先生";
v["名字の敬称"]="水原君";
}
function t264(){
c_l("264");
v["名字"]="坂田さん";
v["名字の劣称"]="坂田";
v["名字の尊称"]="坂田先生";
v["名字の敬称"]="坂田君";
}
function t265(){
c_l("265");
v["名字"]="浜口さん";
v["名字の劣称"]="浜口";
v["名字の尊称"]="浜口先生";
v["名字の敬称"]="浜口君";
}
function t266(){
c_l("266");
v["名字"]="安達さん";
v["名字の劣称"]="安達";
v["名字の尊称"]="安達先生";
v["名字の敬称"]="安達君";
}
function t267(){
c_l("267");
v["名字"]="松永さん";
v["名字の劣称"]="松永";
v["名字の尊称"]="松永先生";
v["名字の敬称"]="松永君";
}
function t268(){
c_l("268");
v["名字"]="篠原さん";
v["名字の劣称"]="篠原";
v["名字の尊称"]="篠原先生";
v["名字の敬称"]="篠原君";
}
function t269(){
c_l("269");
v["名字"]="溝口さん";
v["名字の劣称"]="溝口";
v["名字の尊称"]="溝口先生";
v["名字の敬称"]="溝口君";
}
function t270(){
c_l("270");
v["名字"]="池田さん";
v["名字の劣称"]="池田";
v["名字の尊称"]="池田先生";
v["名字の敬称"]="池田君";
}
function t271(){
c_l("271");
v["名字"]="西村さん";
v["名字の劣称"]="西村";
v["名字の尊称"]="西村先生";
v["名字の敬称"]="西村君";
}
function t272(){
c_l("272");
v["名字"]="樋口さん";
v["名字の劣称"]="樋口";
v["名字の尊称"]="樋口先生";
v["名字の敬称"]="樋口";
}
function t273(){
c_l("273");
v["名字"]="原口さん";
v["名字の劣称"]="原口";
v["名字の尊称"]="原口先生";
v["名字の敬称"]="原口";
}
function t274(){
c_l("274");
v["名字"]="先崎さん";
v["名字の劣称"]="先崎";
v["名字の尊称"]="先崎先生";
v["名字の敬称"]="先崎";
}
function t275(){
c_l("275");
v["名字"]="松田さん";
v["名字の劣称"]="松田";
v["名字の尊称"]="松田先生";
v["名字の敬称"]="松田";
}
function t276(){
c_l("276");
v["建物"]="喫茶店";
v["場所"]="喫茶店";
}
function t277(){
c_l("277");
v["バイブレータ使用"]="";
vc["バイブレータ使用"]=0;
v["バイブでオナニー"]="";
vc["バイブでオナニー"]=0;
v["ポラロイド撮影"]="";
vc["ポラロイド撮影"]=0;
v["ビデオ撮影"]="";
vc["ビデオ撮影"]=0;
}
function t278(){
c_l("278");
v["場所"]="私の部屋";
}
function t279(){
c_l("279");
v["場所"]="男のアパート";
}
function t280(){
c_l("280");
v["場所"]="展望台の上";
v["レイプの場所"]="展望台の上の手すり";
v["手をつく所"]="手すり";
}
function t281(){
c_l("281");
v["場所"]="見晴らし台の上";
v["レイプの場所"]="見晴らし台の上の手すり";
v["手をつく所"]="手すり";
}
function t282(){
c_l("282");
v["場所"]="歩道橋の上";
v["レイプの場所"]="歩道橋の上の手すり";
v["手をつく所"]="手すり";
}
function t283(){
c_l("283");
v["場所"]="トイレ";
}
function t284(){
c_l("284");
v["場所"]="トイレ";
}
function t285(){
c_l("285");
v["場所"]="ホテルの非常階段";
}
function t286(){
c_l("286");
v["場所"]="墓地";
}
function t287(){
c_l("287");
v["場所"]="林の中の木";
v["手をつく所"]="木の幹";
v["床"]="地面";
}
function t288(){
c_l("288");
v["場所"]="裏ビデオの撮影部屋";
}
function t289(){
c_l("289");
v["場所"]="裏本の撮影部屋";
}
function t290(){
c_l("290");
v["場所"]="ラブホテル";
}
function t291(){
c_l("291");
v["場所"]="ホテル";
}
function t292(){
c_l("292");
v["場所"]="公園";
v["床"]="地面";
}
function t293(){
c_l("293");
v["場所"]="女友達の部屋";
}
function t294(){
c_l("294");
v["建物"]="更衣室";
}
function t295(){
c_l("295");
v["建物"]="観光地";
}
function t296(){
c_l("296");
v["建物"]="美術館";
}
function t297(){
c_l("297");
v["場所"]="風呂場";
}
function t298(){
c_l("298");
v["場所"]="風呂場";
}
function t299(){
c_l("299");
t301();
v["場所"]="カラオケ";
}
function t300(){
c_l("300");
t301();
}
function t301(){
c_l("301");
as301=new Array("303","304","302","305","306");
e_l(as301);
}
function t302(){
c_l("302");
v["店名"]="ユニゾン";
}
function t303(){
c_l("303");
v["店名"]="ブラックパンサー";
}
function t304(){
c_l("304");
v["店名"]="オリエンタルバンブー";
}
function t305(){
c_l("305");
v["店名"]="レッドローズ";
}
function t306(){
c_l("306");
v["店名"]="ピンクレディー";
}
function t307(){
c_l("307");
v["食べ物"]="お好み焼き";
v["食べ物屋"]="お好み焼屋";
v["地方の食べ物"]="広島風お好み焼き";
v["地方"]="広島";
t308();
}
function t308(){
c_l("308");
as308=new Array("309","310");
e_l(as308);
}
function t309(){
c_l("309");
v["お好み焼きのメニュー"]="ミックススペシャル";
}
function t310(){
c_l("310");
v["お好み焼きのメニュー"]="ダブルスペシャル";
}
function t311(){
c_l("311");
v["食べ物"]="みそカツ";
v["食べ物屋"]="定食屋";
v["地方の食べ物"]="名古屋のみそカツ";
v["地方"]="名古屋";
}
function t312(){
c_l("312");
v["食べ物"]="ラーメン";
v["食べ物屋"]="ラーメン屋";
v["地方の食べ物"]="博多ラーメン";
v["地方"]="博多";
}
function t313(){
c_l("313");
v["男の出身地"]="東京";
}
function t314(){
c_l("314");
v["女友達の出身地"]="東京";
}
function t315(){
c_l("315");
v["場所"]="映画館";
}
function t316(){
c_l("316");
v["場所"]="漫画喫茶";
}
function t317(){
c_l("317");
v["場所"]="ゲームセンター";
}
function t318(){
c_l("318");
v["催し物"]="文化祭";
}
function t319(){
c_l("319");
v["催し物"]="結婚式";
}
function t320(){
c_l("320");
v["催し物"]="映画";
}
function t321(){
c_l("321");
v["催し物"]="虹鱒釣り";
}
function t322(){
c_l("322");
v["催し物"]="オリエンテーリング";
}
function t323(){
c_l("323");
v["催し物"]="ハイキング";
}
function t324(){
c_l("324");
v["催し物"]="合コン";
}
function t325(){
c_l("325");
v["催し物"]="歓迎会";
}
function t326(){
c_l("326");
t333();
t327();
t4540();
}
function t327(){
c_l("327");
as327=new Array("328","329","330","331");
e_l(as327);
}
function t328(){
c_l("328");
v["女友達"]="メアリー";
}
function t329(){
c_l("329");
v["女友達"]="マリアン";
}
function t330(){
c_l("330");
v["女友達"]="エミー";
}
function t331(){
c_l("331");
v["女友達"]="ジュディー";
}
function t332(){
c_l("332");
t333();
}
function t333(){
c_l("333");
as333=new Array("334","335","336","337","338","339","340","341","342");
e_l(as333);
}
function t334(){
c_l("334");
v["男"]="ゴードン";
}
function t335(){
c_l("335");
v["男"]="サイモン";
}
function t336(){
c_l("336");
v["男"]="ジョン";
}
function t337(){
c_l("337");
v["男"]="エドワード";
}
function t338(){
c_l("338");
v["男"]="ジョージ";
}
function t339(){
c_l("339");
v["男"]="ミック";
}
function t340(){
c_l("340");
v["男"]="ジミー";
}
function t341(){
c_l("341");
v["男"]="ケント";
}
function t342(){
c_l("342");
v["男"]="マイク";
}
function t343(){
c_l("343");
as343=new Array("346","354","350","356","358","360","400","362","344","372","392","364","368","370","390","380","406","352","408","348","388","376","378","366","374","384","394","396","402","404","410","382","386","398","412","414","416","418","346");
e_l(as343);
}
function t344(){
c_l("344");
t345();
}
function t345(){
c_l("345");
v["女友達"]="奈保美さん";
v["女友達の愛称"]="奈保美ちゃん";
v["女友達の自称"]="奈保美";
v["女友達の卑称"]="奈保美";
v["女友達の劣称"]="奈保美";
}
function t346(){
c_l("346");
t347();
}
function t347(){
c_l("347");
v["女友達"]="沙也佳さん";
v["女友達の愛称"]="沙也佳ちゃん";
v["女友達の自称"]="沙也佳";
v["女友達の卑称"]="沙也佳";
v["女友達の劣称"]="沙也佳";
}
function t348(){
c_l("348");
t349();
}
function t349(){
c_l("349");
v["女友達"]="理恵子さん";
v["女友達の愛称"]="理恵子ちゃん";
v["女友達の自称"]="理恵";
v["女友達の卑称"]="理恵";
v["女友達の劣称"]="理恵子";
}
function t350(){
c_l("350");
t351();
}
function t351(){
c_l("351");
v["女友達"]="裕美恵さん";
v["女友達の愛称"]="裕美恵ちゃん";
v["女友達の自称"]="裕美";
v["女友達の卑称"]="裕美";
v["女友達の劣称"]="裕美恵";
}
function t352(){
c_l("352");
t353();
}
function t353(){
c_l("353");
v["女友達"]="聡美さん";
v["女友達の愛称"]="聡美ちゃん";
v["女友達の自称"]="聡美";
v["女友達の卑称"]="聡りん";
v["女友達の劣称"]="聡美";
}
function t354(){
c_l("354");
t355();
}
function t355(){
c_l("355");
v["女友達"]="百合絵さん";
v["女友達の愛称"]="百合絵ちゃん";
v["女友達の自称"]="百合絵";
v["女友達の卑称"]="百合りん";
v["女友達の劣称"]="百合絵";
}
function t356(){
c_l("356");
t357();
}
function t357(){
c_l("357");
v["女友達"]="由香利さん";
v["女友達の愛称"]="由香利ちゃん";
v["女友達の自称"]="由香利";
v["女友達の卑称"]="由香りん";
v["女友達の劣称"]="由香利";
}
function t358(){
c_l("358");
t359();
}
function t359(){
c_l("359");
v["女友達"]="真理絵さん";
v["女友達の愛称"]="真理絵ちゃん";
v["女友達の自称"]="真理絵";
v["女友達の卑称"]="真理りん";
v["女友達の劣称"]="真理絵";
}
function t360(){
c_l("360");
t361();
}
function t361(){
c_l("361");
v["女友達"]="真佐子さん";
v["女友達の愛称"]="真佐子ちゃん";
v["女友達の自称"]="真佐子";
v["女友達の卑称"]="真佐りん";
v["女友達の劣称"]="真佐子";
}
function t362(){
c_l("362");
t363();
}
function t363(){
c_l("363");
v["女友達"]="美登里さん";
v["女友達の愛称"]="美登里ちゃん";
v["女友達の自称"]="美登里";
v["女友達の卑称"]="ミドりん";
v["女友達の劣称"]="美登里";
}
function t364(){
c_l("364");
t365();
}
function t365(){
c_l("365");
v["女友達"]="芳恵さん";
v["女友達の愛称"]="芳恵ちゃん";
v["女友達の自称"]="芳恵";
v["女友達の卑称"]="芳りん";
v["女友達の劣称"]="芳恵";
}
function t366(){
c_l("366");
t367();
}
function t367(){
c_l("367");
v["女友達"]="恭子さん";
v["女友達の愛称"]="恭子ちゃん";
v["女友達の自称"]="恭子";
v["女友達の卑称"]="恭子";
v["女友達の劣称"]="恭子";
}
function t368(){
c_l("368");
t369();
}
function t369(){
c_l("369");
v["女友達"]="和恵さん";
v["女友達の愛称"]="和恵ちゃん";
v["女友達の自称"]="和恵";
v["女友達の卑称"]="和りん";
v["女友達の劣称"]="和恵";
}
function t370(){
c_l("370");
t371();
}
function t371(){
c_l("371");
v["女友達"]="和代さん";
v["女友達の愛称"]="和代ちゃん";
v["女友達の自称"]="和代";
v["女友達の卑称"]="和りん";
v["女友達の劣称"]="和代";
}
function t372(){
c_l("372");
t373();
}
function t373(){
c_l("373");
v["女友達"]="瑞枝さん";
v["女友達の愛称"]="瑞枝ちゃん";
v["女友達の自称"]="瑞枝";
v["女友達の卑称"]="瑞枝たん";
v["女友達の劣称"]="瑞枝";
}
function t374(){
c_l("374");
t375();
}
function t375(){
c_l("375");
v["女友達"]="紀子さん";
v["女友達の愛称"]="紀子ちゃん";
v["女友達の自称"]="紀子";
v["女友達の卑称"]="紀りん";
v["女友達の劣称"]="紀子";
}
function t376(){
c_l("376");
t377();
}
function t377(){
c_l("377");
v["女友達"]="佐代子さん";
v["女友達の愛称"]="佐代子ちゃん";
v["女友達の自称"]="佐代子";
v["女友達の卑称"]="佐代りん";
v["女友達の劣称"]="佐代子";
}
function t378(){
c_l("378");
t379();
}
function t379(){
c_l("379");
v["女友達"]="佐知子さん";
v["女友達の愛称"]="佐知子ちゃん";
v["女友達の自称"]="佐知子";
v["女友達の卑称"]="佐知りん";
v["女友達の劣称"]="佐知子";
}
function t380(){
c_l("380");
t381();
}
function t381(){
c_l("381");
v["女友達"]="清美さん";
v["女友達の愛称"]="清美ちゃん";
v["女友達の自称"]="清美";
v["女友達の卑称"]="清美";
v["女友達の劣称"]="清美";
}
function t382(){
c_l("382");
t383();
}
function t383(){
c_l("383");
v["女友達"]="真弓さん";
v["女友達の愛称"]="真弓ちゃん";
v["女友達の自称"]="真弓";
v["女友達の卑称"]="真弓りん";
v["女友達の劣称"]="真弓";
}
function t384(){
c_l("384");
t385();
}
function t385(){
c_l("385");
v["女友達"]="和子さん";
v["女友達の愛称"]="和子ちゃん";
v["女友達の自称"]="和子";
v["女友達の卑称"]="和りん";
v["女友達の劣称"]="和子";
}
function t386(){
c_l("386");
t387();
}
function t387(){
c_l("387");
v["女友達"]="佐織さん";
v["女友達の愛称"]="佐織ちゃん";
v["女友達の自称"]="佐織";
v["女友達の卑称"]="佐織りん";
v["女友達の劣称"]="佐織";
}
function t388(){
c_l("388");
t389();
}
function t389(){
c_l("389");
v["女友達"]="真理子さん";
v["女友達の愛称"]="真理子ちゃん";
v["女友達の自称"]="真理子";
v["女友達の卑称"]="真理りん";
v["女友達の劣称"]="真理子";
}
function t390(){
c_l("390");
t391();
}
function t391(){
c_l("391");
v["女友達"]="邦美さん";
v["女友達の愛称"]="邦美ちゃん";
v["女友達の自称"]="邦美";
v["女友達の卑称"]="邦りん";
v["女友達の劣称"]="邦美";
}
function t392(){
c_l("392");
t393();
}
function t393(){
c_l("393");
v["女友達"]="咲恵さん";
v["女友達の愛称"]="咲恵ちゃん";
v["女友達の自称"]="咲恵";
v["女友達の卑称"]="咲りん";
v["女友達の劣称"]="咲恵";
}
function t394(){
c_l("394");
t395();
}
function t395(){
c_l("395");
v["女友達"]="信子さん";
v["女友達の愛称"]="信子ちゃん";
v["女友達の自称"]="信子";
v["女友達の卑称"]="信りん";
v["女友達の劣称"]="信子";
}
function t396(){
c_l("396");
t397();
}
function t397(){
c_l("397");
v["女友達"]="良子さん";
v["女友達の愛称"]="良子ちゃん";
v["女友達の自称"]="良子";
v["女友達の卑称"]="良子";
v["女友達の劣称"]="良子";
}
function t398(){
c_l("398");
t399();
}
function t399(){
c_l("399");
v["女友達"]="早苗さん";
v["女友達の愛称"]="早苗ちゃん";
v["女友達の自称"]="早苗";
v["女友達の卑称"]="早苗";
v["女友達の劣称"]="早苗";
}
function t400(){
c_l("400");
t401();
}
function t401(){
c_l("401");
v["女友達"]="奈々恵さん";
v["女友達の愛称"]="奈々恵ちゃん";
v["女友達の自称"]="奈々恵";
v["女友達の卑称"]="奈々恵";
v["女友達の劣称"]="奈々恵";
}
function t402(){
c_l("402");
t403();
}
function t403(){
c_l("403");
v["女友達"]="静子さん";
v["女友達の愛称"]="静子ちゃん";
v["女友達の自称"]="静子";
v["女友達の卑称"]="静子";
v["女友達の劣称"]="静子";
}
function t404(){
c_l("404");
t405();
}
function t405(){
c_l("405");
v["女友達"]="静香さん";
v["女友達の愛称"]="静香ちゃん";
v["女友達の自称"]="静香";
v["女友達の卑称"]="静香";
v["女友達の劣称"]="静香";
}
function t406(){
c_l("406");
t407();
}
function t407(){
c_l("407");
v["女友達"]="秀美さん";
v["女友達の愛称"]="秀美ちゃん";
v["女友達の自称"]="秀美";
v["女友達の卑称"]="秀美";
v["女友達の劣称"]="秀美";
}
function t408(){
c_l("408");
t409();
}
function t409(){
c_l("409");
v["女友達"]="幸代さん";
v["女友達の愛称"]="幸代ちゃん";
v["女友達の自称"]="幸代";
v["女友達の卑称"]="幸代";
v["女友達の劣称"]="幸代";
}
function t410(){
c_l("410");
t411();
}
function t411(){
c_l("411");
v["女友達"]="由里さん";
v["女友達の愛称"]="由里ちゃん";
v["女友達の自称"]="由里";
v["女友達の卑称"]="由里りん";
v["女友達の劣称"]="由里";
}
function t412(){
c_l("412");
t413();
}
function t413(){
c_l("413");
v["女友達"]="麻美さん";
v["女友達の愛称"]="麻美ちゃん";
v["女友達の自称"]="麻美";
v["女友達の卑称"]="麻りん";
v["女友達の劣称"]="麻美";
}
function t414(){
c_l("414");
t415();
}
function t415(){
c_l("415");
v["女友達"]="真琴さん";
v["女友達の愛称"]="真琴ちゃん";
v["女友達の自称"]="真琴";
v["女友達の卑称"]="マコたん";
v["女友達の劣称"]="真琴";
}
function t416(){
c_l("416");
t417();
}
function t417(){
c_l("417");
v["女友達"]="麗美さん";
v["女友達の愛称"]="麗美ちゃん";
v["女友達の自称"]="麗美";
v["女友達の卑称"]="麗たん";
v["女友達の劣称"]="麗美";
}
function t418(){
c_l("418");
t419();
}
function t419(){
c_l("419");
v["女友達"]="絹代さん";
v["女友達の愛称"]="絹代ちゃん";
v["女友達の自称"]="絹代";
v["女友達の卑称"]="絹代たん";
v["女友達の劣称"]="絹代";
}
function t420(){
c_l("420");
as420=new Array("421","422","423");
e_l(as420);
}
function t421(){
c_l("421");
v["女性週刊誌"]="週刊女性";
}
function t422(){
c_l("422");
v["女性週刊誌"]="女性セブン";
}
function t423(){
c_l("423");
v["女性週刊誌"]="女性自身";
}
function t424(){
c_l("424");
as424=new Array("425","426","427","428","429");
e_l(as424);
}
function t425(){
c_l("425");
v["学会"]="癌学会";
}
function t426(){
c_l("426");
v["学会"]="生化学会";
}
function t427(){
c_l("427");
v["学会"]="細菌学会";
}
function t428(){
c_l("428");
v["学会"]="免疫学会";
}
function t429(){
c_l("429");
v["学会"]="分子遺伝学会";
}
function t430(){
c_l("430");
v["学会の場所"]="岡山";
}
function t431(){
c_l("431");
v["学会の場所"]="名古屋";
}
function t432(){
c_l("432");
v["学会の場所"]="広島";
}
function t433(){
c_l("433");
v["学園祭"]="紅葉祭";
}
function t434(){
c_l("434");
v["学園祭"]="五月祭";
}
function t435(){
c_l("435");
t436();
}
function t436(){
c_l("436");
as436=new Array("437","438","439");
e_l(as436);
}
function t437(){
c_l("437");
v["居酒屋の店名"]="天狗";
}
function t438(){
c_l("438");
v["居酒屋の店名"]="北の家族";
}
function t439(){
c_l("439");
v["居酒屋の店名"]="庄屋";
}
function t440(){
c_l("440");
t442();
t441();
}
function t441(){
c_l("441");
v["男"]="社長さん";
t649();
}
function t442(){
c_l("442");
as442=new Array("443","444","445");
e_l(as442);
}
function t443(){
c_l("443");
v["会社の業務内容"]="文具の卸";
}
function t444(){
c_l("444");
v["会社の業務内容"]="パッケージ用品の卸";
}
function t445(){
c_l("445");
v["会社の業務内容"]="コピー機のリース";
}
function t446(){
c_l("446");
as446=new Array("447","448","449");
e_l(as446);
}
function t447(){
c_l("447");
v["カクテルグラス"]="グラス";
v["カクテルの様子"]="オレンジ色のグラス";
v["カクテルの名前"]="スクリュードライバー";
v["カクテルの味"]="オレンジジュースの味";
}
function t448(){
c_l("448");
v["カクテルグラス"]="グラス";
v["カクテルの様子"]="ピンク色のグラス";
v["カクテルの名前"]="アースクエークス";
v["カクテルの味"]="甘いイチゴの味";
}
function t449(){
c_l("449");
v["カクテルグラス"]="グラス";
v["カクテルの様子"]="黄色のグラス";
v["カクテルの名前"]="アステカ";
v["カクテルの味"]="甘いマンゴーの味";
}
function t450(){
c_l("450");
v["男根"]="焼けた鉄柱";
}
function t451(){
c_l("451");
v["精液"]="樹液";
}
function t452(){
c_l("452");
v["男根"]="焼けた鉄柱";
}
function t453(){
c_l("453");
v["精液"]="樹液";
}
function t454(){
c_l("454");
as454=new Array("455","459");
e_l(as454);
}
function t455(){
c_l("455");
v["足の怪我"]="つる";
t456();
}
function t456(){
c_l("456");
as456=new Array("457","458");
e_l(as456);
}
function t457(){
c_l("457");
v["つった足"]="右足";
}
function t458(){
c_l("458");
v["つった足"]="左足";
}
function t459(){
c_l("459");
v["足の怪我"]="捻挫";
t460();
}
function t460(){
c_l("460");
as460=new Array("461","462");
e_l(as460);
}
function t461(){
c_l("461");
v["捻挫した足"]="右足";
}
function t462(){
c_l("462");
v["捻挫した足"]="左足";
}
function t463(){
c_l("463");
t464();
t753();
}
function t464(){
c_l("464");
as464=new Array("465","466","467","468","469");
e_l(as464);
}
function t465(){
c_l("465");
v["授業のある日"]="月曜日";
}
function t466(){
c_l("466");
v["授業のある日"]="火曜日";
}
function t467(){
c_l("467");
v["授業のある日"]="水曜日";
}
function t468(){
c_l("468");
v["授業のある日"]="木曜日";
}
function t469(){
c_l("469");
v["授業のある日"]="金曜";
}
function t470(){
c_l("470");
t471();
t483();
t473();
t472();
}
function t471(){
c_l("471");
v["人物"]="教え子";
}
function t472(){
c_l("472");
v["女の子の上の表着"]="セーラー服";
v["女の子の下の表着"]="セーラー服のスカート";
}
function t473(){
c_l("473");
t482();
t474();
}
function t474(){
c_l("474");
as474=new Array("475","476","477","478");
e_l(as474);
}
function t475(){
c_l("475");
v["教え子のタイプ"]="大人しく真面目で頭は悪い";
t480();
}
function t476(){
c_l("476");
v["教え子のタイプ"]="大人しく真面目で成績は悪いが頭は良い";
t480();
}
function t477(){
c_l("477");
v["教え子のタイプ"]="大人しく真面目で成績が良くて頭も良い";
t480();
}
function t478(){
c_l("478");
v["教え子のタイプ"]="派手で遊んでる感じで成績も悪く頭も悪い";
t481();
}
function t479(){
c_l("479");
as479=new Array("480","481");
e_l(as479);
}
function t480(){
c_l("480");
v["眼鏡"]="あり";
}
function t481(){
c_l("481");
v["眼鏡"]="なし";
}
function t482(){
c_l("482");
as482=new Array("236","237","238","239");
e_l(as482);
}
function t483(){
c_l("483");
as483=new Array("484","485","486","487","488","489","490","491","492","493","494","495","496","497","498","499","500","501","502","503");
e_l(as483);
}
function t484(){
c_l("484");
v["女の子"]="彩香さん";
v["女の子の卑称"]="彩香";
v["女の子の劣称"]="彩香";
v["女の子の愛称"]="彩香ちゃん";
}
function t485(){
c_l("485");
v["女の子"]="玲子さん";
v["女の子の卑称"]="玲子";
v["女の子の劣称"]="玲子";
v["女の子の愛称"]="玲子ちゃん";
}
function t486(){
c_l("486");
v["女の子"]="芳恵さん";
v["女の子の卑称"]="芳恵";
v["女の子の劣称"]="芳恵";
v["女の子の愛称"]="芳恵ちゃん";
}
function t487(){
c_l("487");
v["女の子"]="麻美さん";
v["女の子の卑称"]="麻美";
v["女の子の劣称"]="麻美";
v["女の子の愛称"]="麻美ちゃん";
}
function t488(){
c_l("488");
v["女の子"]="真奈美さん";
v["女の子の卑称"]="真奈美";
v["女の子の劣称"]="真奈美";
v["女の子の愛称"]="真奈美ちゃん";
}
function t489(){
c_l("489");
v["女の子"]="秀美さん";
v["女の子の卑称"]="秀美";
v["女の子の劣称"]="秀美";
v["女の子の愛称"]="秀美ちゃん";
}
function t490(){
c_l("490");
v["女の子"]="早苗さん";
v["女の子の卑称"]="早苗";
v["女の子の劣称"]="早苗";
v["女の子の愛称"]="早苗ちゃん";
}
function t491(){
c_l("491");
v["女の子"]="咲子さん";
v["女の子の卑称"]="咲子";
v["女の子の劣称"]="咲子";
v["女の子の愛称"]="咲子ちゃん";
}
function t492(){
c_l("492");
v["女の子"]="百合子さん";
v["女の子の卑称"]="百合子";
v["女の子の劣称"]="百合子";
v["女の子の愛称"]="百合子ちゃん";
}
function t493(){
c_l("493");
v["女の子"]="由希子さん";
v["女の子の卑称"]="由希子";
v["女の子の劣称"]="由希子";
v["女の子の愛称"]="由希子ちゃん";
}
function t494(){
c_l("494");
v["女の子"]="麻理恵さん";
v["女の子の卑称"]="麻理恵";
v["女の子の劣称"]="麻理恵";
v["女の子の愛称"]="麻理恵ちゃん";
}
function t495(){
c_l("495");
v["女の子"]="紗綾さん";
v["女の子の卑称"]="紗綾";
v["女の子の劣称"]="紗綾";
v["女の子の愛称"]="紗綾ちゃん";
}
function t496(){
c_l("496");
v["女の子"]="由美子さん";
v["女の子の卑称"]="由美子";
v["女の子の劣称"]="由美子";
v["女の子の愛称"]="由美子ちゃん";
}
function t497(){
c_l("497");
v["女の子"]="典子さん";
v["女の子の卑称"]="典子";
v["女の子の劣称"]="典子";
v["女の子の愛称"]="典子ちゃん";
}
function t498(){
c_l("498");
v["女の子"]="真央さん";
v["女の子の卑称"]="真央";
v["女の子の劣称"]="真央";
v["女の子の愛称"]="真央ちゃん";
}
function t499(){
c_l("499");
v["女の子"]="宏美さん";
v["女の子の卑称"]="宏美";
v["女の子の劣称"]="宏美";
v["女の子の愛称"]="宏美ちゃん";
}
function t500(){
c_l("500");
v["女の子"]="優子さん";
v["女の子の卑称"]="優子";
v["女の子の劣称"]="優子";
v["女の子の愛称"]="優子ちゃん";
}
function t501(){
c_l("501");
v["女の子"]="愛子さん";
v["女の子の卑称"]="愛子";
v["女の子の劣称"]="愛子";
v["女の子の愛称"]="愛子ちゃん";
}
function t502(){
c_l("502");
v["女の子"]="里佳さん";
v["女の子の卑称"]="里佳";
v["女の子の劣称"]="里佳";
v["女の子の愛称"]="里佳ちゃん";
}
function t503(){
c_l("503");
v["女の子"]="裕子さん";
v["女の子の卑称"]="裕子";
v["女の子の劣称"]="裕子";
v["女の子の愛称"]="裕子ちゃん";
}
function t504(){
c_l("504");
as504=new Array("505","506","507","508");
e_l(as504);
}
function t505(){
c_l("505");
v["文化部"]="華道部";
}
function t506(){
c_l("506");
v["文化部"]="茶道部";
}
function t507(){
c_l("507");
v["文化部"]="書道部";
}
function t508(){
c_l("508");
v["文化部"]="英会話部";
}
function t509(){
c_l("509");
t510();
t483();
t473();
}
function t510(){
c_l("510");
v["人物"]="新入生";
}
function t511(){
c_l("511");
as511=new Array("512","513","514");
e_l(as511);
}
function t512(){
c_l("512");
v["何日目"]="二日目";
}
function t513(){
c_l("513");
v["何日目"]="三日日目";
}
function t514(){
c_l("514");
v["何日目"]="四日目";
}
function t515(){
c_l("515");
as515=new Array("564","562","563","565","553","554","555","556","557","558","559","560","538");
e_l(as515);
}
function t516(){
c_l("516");
as516=new Array("564","562","563","565","553","554","555","556","557","558","559","560","566","567","568","569","538");
e_l(as516);
}
function t517(){
c_l("517");
as517=new Array("564","562","563","565","566","567","568","569","538");
e_l(as517);
}
function t518(){
c_l("518");
v["上の服装"]="ブラウスとブラジャー";
v["上の表着"]="ブラウス";
}
function t519(){
c_l("519");
v["上の服装"]="ポロシャツとブラジャー";
v["上の表着"]="ポロシャツ";
}
function t520(){
c_l("520");
v["上の服装"]="Tシャツとブラジャー";
v["上の表着"]="Tシャツ";
}
function t521(){
c_l("521");
v["上の服装"]="ジャージとブラジャー";
v["上の表着"]="ジャージ";
}
function t522(){
c_l("522");
v["上の服装"]="パジャマ";
v["上の表着"]="パジャマ";
}
function t523(){
c_l("523");
v["上の服装"]="テニスウェアとブラジャー";
v["上の表着"]="テニスウェア";
}
function t524(){
c_l("524");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="スカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t525(){
c_l("525");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="スカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t526(){
c_l("526");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="スカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t527(){
c_l("527");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="ミニスカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t528(){
c_l("528");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="ミニスカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t529(){
c_l("529");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="ミニスカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t530(){
c_l("530");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="ミニスカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t531(){
c_l("531");
v["下の衣類"]="スカートと下着";
v["下の表着"]="ミニスカート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げるかめくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t532(){
c_l("532");
v["下の衣類"]="キュロットと下着";
v["下の表着"]="キュロット";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="なし";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t533(){
c_l("533");
v["下の衣類"]="ジーパンと下着";
v["下の表着"]="ジーパン";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="なし";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t534(){
c_l("534");
v["下の衣類"]="スコートとアンダースコートと下着";
v["下の表着"]="スコート";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t537();
}
function t535(){
c_l("535");
v["下の衣類"]="ジャージと下着";
v["下の表着"]="ジャージ";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="なし";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t537();
}
function t536(){
c_l("536");
v["下の衣類"]="パジャマのズボンと下着";
v["下の表着"]="パジャマのズボン";
v["立位の脱衣"]="膝まで下げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="なし";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t537();
}
function t537(){
c_l("537");
z["KN4365"] =1;
z["KN4272"] =1;
}
function t538(){
c_l("538");
v["上の服装"]="ワンピースとブラジャー";
v["上の表着"]="ワンピース";
v["下の衣類"]="ワンピースと下着";
v["下の表着"]="ワンピース";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t539(){
c_l("539");
v["上の服装"]="レオタードとブラジャー";
v["上の表着"]="レオタード";
v["下の衣類"]="レオタードと下着";
v["下の表着"]="レオタード";
v["立位の脱衣"]="なし";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="なし";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t540(){
c_l("540");
v["上の服装"]="ウェディングドレスとブラジャー";
v["上の表着"]="ウェディングドレス";
v["下の衣類"]="ウェディングドレスと下着";
v["下の表着"]="ウェディングドレス";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t591();
}
function t541(){
c_l("541");
v["上の服装"]="チャイナドレスとブラジャー";
v["上の表着"]="チャイナドレス";
v["下の衣類"]="チャイナドレスと下着";
v["下の表着"]="チャイナドレス";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t591();
}
function t542(){
c_l("542");
v["上の服装"]="エプロンドレスとブラジャー";
v["上の表着"]="エプロンドレス";
v["下の衣類"]="エプロンドレスと下着";
v["下の表着"]="エプロンドレス";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t591();
}
function t543(){
c_l("543");
v["上の服装"]="セーラー服とブラウスとブラジャー";
v["上の表着"]="セーラー服";
v["下の衣類"]="セーラー服のスカートと下着";
v["下の表着"]="セーラー服のスカート";
v["スカートの丈"]="ミニ";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t591();
}
function t544(){
c_l("544");
t543();
v["スカートの丈"]="超ミニ";
}
function t545(){
c_l("545");
t543();
v["スカートの丈"]="ミニ";
}
function t546(){
c_l("546");
t543();
v["スカートの丈"]="超ミニ";
}
function t547(){
c_l("547");
v["上の服装"]="セーラー服とブラウスとブラジャー";
v["上の表着"]="セーラー服";
v["下の衣類"]="セーラー服のスカートとスパッツと下着";
v["下の表着"]="セーラー服のスカート";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t548(){
c_l("548");
v["上の服装"]="セーラー服と体操着とブラジャー";
v["上の表着"]="セーラー服";
v["下の衣類"]="セーラー服のスカートとブルマーと下着";
v["下の表着"]="セーラー服のスカート";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t591();
}
function t549(){
c_l("549");
v["上の服装"]="丹前と浴衣とブラジャー";
v["上の表着"]="丹前";
v["下の衣類"]="丹前と浴衣と下着";
v["下の表着"]="丹前";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t550(){
c_l("550");
v["上の服装"]="浴衣とブラジャー";
v["上の表着"]="浴衣";
v["下の衣類"]="浴衣と下着";
v["下の表着"]="浴衣";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t551(){
c_l("551");
v["上の服装"]="浴衣とブラジャー";
v["上の表着"]="浴衣";
v["下の衣類"]="浴衣と下着";
v["下の表着"]="浴衣";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
}
function t552(){
c_l("552");
v["上の服装"]="ネグリジェ";
v["上の表着"]="ネグリジェ";
v["下の衣類"]="ネグリジェと下着";
v["下の表着"]="ネグリジェ";
v["立位の脱衣"]="めくり上げる";
v["手を入れて花園にさわる服装"]="あり";
v["下の衣類の性交準備"]="着衣";
t537();
}
function t553(){
c_l("553");
t518();
t527();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t554(){
c_l("554");
t518();
t529();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t555(){
c_l("555");
t518();
t530();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t556(){
c_l("556");
t518();
t531();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t557(){
c_l("557");
t519();
t527();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t558(){
c_l("558");
t519();
t527();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t559(){
c_l("559");
t519();
t527();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t560(){
c_l("560");
t519();
t527();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t561(){
c_l("561");
t518();
t528();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t562(){
c_l("562");
t518();
t525();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t563(){
c_l("563");
t518();
t526();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t564(){
c_l("564");
t518();
t524();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t565(){
c_l("565");
t519();
t524();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t566(){
c_l("566");
t519();
t533();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t567(){
c_l("567");
t520();
t533();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t568(){
c_l("568");
t519();
t532();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t569(){
c_l("569");
t518();
t532();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t570(){
c_l("570");
t523();
t534();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t571(){
c_l("571");
t520();
t535();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t572(){
c_l("572");
t521();
t535();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t573(){
c_l("573");
t522();
t536();
v["着衣の状態"]="着衣";
}
function t574(){
c_l("574");
v["上の服装"]="";
vc["上の服装"]=0;
v["上の表着"]="";
vc["上の表着"]=0;
v["下の衣類"]="";
vc["下の衣類"]=0;
v["下の表着"]="";
vc["下の表着"]=0;
v["立位の脱衣"]="";
vc["立位の脱衣"]=0;
v["着衣の状態"]="全裸";
v["下の衣類の性交準備"]="";
vc["下の衣類の性交準備"]=0;
t4538();
t537();
}
function t575(){
c_l("575");
v["上の服装"]="";
vc["上の服装"]=0;
v["上の表着"]="";
vc["上の表着"]=0;
v["下の衣類"]="下着";
v["下の表着"]="";
vc["下の表着"]=0;
v["立位の脱衣"]="";
vc["立位の脱衣"]=0;
v["着衣の状態"]="下着";
v["下の衣類の性交準備"]="下着";
}
function t576(){
c_l("576");
v["上の服装"]="バスタオル";
v["上の表着"]="バスタオル";
v["下の衣類"]="バスタオル";
v["下の表着"]="バスタオル";
v["立位の脱衣"]="はぎ取る";
v["下の衣類の性交準備"]="";
vc["下の衣類の性交準備"]=0;
t4538();
t537();
}
function t577(){
c_l("577");
v["下の衣類"]="膝パジャマのズボンと下着";
v["下の表着"]="膝パジャマのズボン";
v["立位の脱衣"]="";
vc["立位の脱衣"]=0;
v["下の衣類の性交準備"]="下着";
}
function t578(){
c_l("578");
v["上の服装"]="半ブラウスと半ブラジャー";
v["上の表着"]="半ブラウス";
}
function t579(){
c_l("579");
v["上の服装"]="ブラジャー";
v["上の表着"]="";
vc["上の表着"]=0;
}
function t580(){
c_l("580");
v["上の服装"]="半ブラジャー";
v["上の表着"]="";
vc["上の表着"]=0;
}
function t581(){
c_l("581");
v["上の服装"]="";
vc["上の服装"]=0;
v["上の表着"]="";
vc["上の表着"]=0;
}
function t582(){
c_l("582");
if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "スカートと下着")) { t583();}else if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "スコートとアンダースコートと下着")) { t584();}else if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "ワンピースと下着")) { t585();}else if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "セーラー服とスパッツと下着")) { t586();}else if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "セーラー服とブルマーと下着")) { t586();}else if((typeof v["下の衣類"] !="undefined") && (v["下の衣類"] == "セーラー服と下着")) { t586();}v["下の衣類の性交準備"]="下着";
t4538();
}
function t583(){
c_l("583");
v["下の衣類"]="スカート";
v["下の表着"]="スカート";
}
function t584(){
c_l("584");
v["下の衣類"]="スコート";
v["下の表着"]="スコート";
}
function t585(){
c_l("585");
v["上の服装"]="ワンピースとブラジャー";
v["上の表着"]="ワンピース";
v["下の衣類"]="ワンピース";
v["下の表着"]="ワンピース";
}
function t586(){
c_l("586");
v["下の衣類"]="セーラー服のスカート";
v["下の表着"]="セーラー服のスカート";
}
function t587(){
c_l("587");
v["下の衣類の性交準備"]="下着";
}
function t588(){
c_l("588");
v["パソコンショーの衣装"]="あり";
t589();
}
function t589(){
c_l("589");
as589=new Array("590");
e_l(as589);
}
function t590(){
c_l("590");
v["上の服装"]="チャイナドレスとブラジャー";
v["上の表着"]="チャイナドレス";
v["下の衣類"]="チャイナドレス";
v["下の表着"]="チャイナドレス";
v["服装の説明"]="真っ赤なチャイナドレス";
v["服装のデザイン"]="丈は長めで横のスリットは腰のあたりまである大胆なデザイン";
}
function t591(){
c_l("591");
z["KN3668"] =1;
}
function t592(){
c_l("592");
as592=new Array("593","594","595","596","597","598","599","600");
e_l(as592);
}
function t593(){
c_l("593");
v["ネグリジェの柄"]="ピンク色のフリルの一杯ついた";
v["ネグリジェの色"]="ピンク色";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t594(){
c_l("594");
v["ネグリジェの柄"]="ピンクのレース模様の";
v["ネグリジェの色"]="ピンク色";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t595(){
c_l("595");
v["ネグリジェの柄"]="紫色のフリルの一杯ついた";
v["ネグリジェの色"]="紫色";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t596(){
c_l("596");
v["ネグリジェの柄"]="紫色のレース模様の";
v["ネグリジェの色"]="紫色";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t597(){
c_l("597");
v["ネグリジェの柄"]="紫色のスケスケの";
v["ネグリジェの色"]="紫色";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t598(){
c_l("598");
v["ネグリジェの柄"]="黒のフリルの一杯ついた";
v["ネグリジェの色"]="黒";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t599(){
c_l("599");
v["ネグリジェの柄"]="黒のレース模様の";
v["ネグリジェの色"]="黒";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t600(){
c_l("600");
v["ネグリジェの柄"]="黒のスケスケの";
v["ネグリジェの色"]="黒";
v["お色気ネグリジェ"]="ネグリジェ";
}
function t601(){
c_l("601");
t626();
t602();
}
function t602(){
c_l("602");
as602=new Array("603","604","605","606","607","608","609","610","611","612","613","614","615","616","617","618","619","620","621","622","623","624","625");
e_l(as602);
}
function t603(){
c_l("603");
v["男の自称"]="祐二";
v["男の愛称"]="祐ちゃん";
v["男"]="祐二さん";
}
function t604(){
c_l("604");
v["男の自称"]="義則";
v["男の愛称"]="義ちゃん";
v["男"]="義則さん";
}
function t605(){
c_l("605");
v["男の自称"]="哲治";
v["男の愛称"]="哲ちゃん";
v["男"]="哲治さん";
}
function t606(){
c_l("606");
v["男の自称"]="邦夫";
v["男の愛称"]="邦ちゃん";
v["男"]="邦夫さん";
}
function t607(){
c_l("607");
v["男の自称"]="達造";
v["男の愛称"]="達ちゃん";
v["男"]="達造さん";
}
function t608(){
c_l("608");
v["男の自称"]="健児";
v["男の愛称"]="健ちゃん";
v["男"]="健児さん";
}
function t609(){
c_l("609");
v["男の自称"]="譲治";
v["男の愛称"]="譲ちゃん";
v["男"]="譲治さん";
}
function t610(){
c_l("610");
v["男の自称"]="紀之";
v["男の愛称"]="紀ちゃん";
v["男"]="紀之さん";
}
function t611(){
c_l("611");
v["男の自称"]="紀正";
v["男の愛称"]="紀ちゃん";
v["男"]="紀正さん";
}
function t612(){
c_l("612");
v["男の自称"]="昌明";
v["男の愛称"]="昌ちゃん";
v["男"]="昌明さん";
}
function t613(){
c_l("613");
v["男の自称"]="洋平";
v["男の愛称"]="洋ちゃん";
v["男"]="洋平さん";
}
function t614(){
c_l("614");
v["男の自称"]="秋夫";
v["男の愛称"]="秋ちゃん";
v["男"]="秋夫さん";
}
function t615(){
c_l("615");
v["男の自称"]="祐輔";
v["男の愛称"]="祐ちゃん";
v["男"]="祐輔さん";
}
function t616(){
c_l("616");
v["男の自称"]="雄太";
v["男の愛称"]="雄ちゃん";
v["男"]="雄太さん";
}
function t617(){
c_l("617");
v["男の自称"]="信彦";
v["男の愛称"]="信ちゃん";
v["男"]="信彦さん";
}
function t618(){
c_l("618");
v["男の自称"]="雅彦";
v["男の愛称"]="雅ちゃん";
v["男"]="雅彦さん";
}
function t619(){
c_l("619");
v["男の自称"]="隆二";
v["男の愛称"]="隆ちゃん";
v["男"]="隆二さん";
}
function t620(){
c_l("620");
v["男の自称"]="徹造";
v["男の愛称"]="徹ちゃん";
v["男"]="徹造さん";
}
function t621(){
c_l("621");
v["男の自称"]="龍也";
v["男の愛称"]="龍ちゃん";
v["男"]="龍也さん";
}
function t622(){
c_l("622");
v["男の自称"]="輝男";
v["男の愛称"]="輝ちゃん";
v["男"]="輝男さん";
}
function t623(){
c_l("623");
v["男の自称"]="孝則";
v["男の愛称"]="孝ちゃん";
v["男"]="孝則さん";
}
function t624(){
c_l("624");
v["男の自称"]="高典";
v["男の愛称"]="高ちゃん";
v["男"]="高典さん";
}
function t625(){
c_l("625");
v["男の自称"]="勇次";
v["男の愛称"]="勇ちゃん";
v["男"]="勇次さん";
}
function t626(){
c_l("626");
as626=new Array("627","628","629","630","631","632","633","634","635","636","637","638","639","640","641","642","643","644");
e_l(as626);
}
function t627(){
c_l("627");
v["男の名字"]="園田さん";
v["男の名字の劣称"]="園田";
v["男の名字の尊称"]="園田先生";
v["男の名字の敬称"]="園田君";
}
function t628(){
c_l("628");
v["男の名字"]="吉村さん";
v["男の名字の劣称"]="吉村";
v["男の名字の尊称"]="吉村先生";
v["男の名字の敬称"]="吉村君";
}
function t629(){
c_l("629");
v["男の名字"]="池山さん";
v["男の名字の劣称"]="池山";
v["男の名字の尊称"]="池山先生";
v["男の名字の敬称"]="池山君";
}
function t630(){
c_l("630");
v["男の名字"]="植村さん";
v["男の名字の劣称"]="植村";
v["男の名字の尊称"]="植村先生";
v["男の名字の敬称"]="植村君";
}
function t631(){
c_l("631");
v["男の名字"]="岡田さん";
v["男の名字の劣称"]="岡田";
v["男の名字の尊称"]="岡田先生";
v["男の名字の敬称"]="岡田君";
}
function t632(){
c_l("632");
v["男の名字"]="田口さん";
v["男の名字の劣称"]="田口";
v["男の名字の尊称"]="田口先生";
v["男の名字の敬称"]="田口君";
}
function t633(){
c_l("633");
v["男の名字"]="野田さん";
v["男の名字の劣称"]="野田";
v["男の名字の尊称"]="野田先生";
v["男の名字の敬称"]="野田君";
}
function t634(){
c_l("634");
v["男の名字"]="中村さん";
v["男の名字の劣称"]="中村";
v["男の名字の尊称"]="中村先生";
v["男の名字の敬称"]="中村君";
}
function t635(){
c_l("635");
v["男の名字"]="加藤さん";
v["男の名字の劣称"]="加藤";
v["男の名字の尊称"]="加藤先生";
v["男の名字の敬称"]="加藤君";
}
function t636(){
c_l("636");
v["男の名字"]="太田さん";
v["男の名字の劣称"]="太田";
v["男の名字の尊称"]="太田先生";
v["男の名字の敬称"]="太田君";
}
function t637(){
c_l("637");
v["男の名字"]="村上さん";
v["男の名字の劣称"]="村上";
v["男の名字の尊称"]="村上先生";
v["男の名字の敬称"]="村上君";
}
function t638(){
c_l("638");
v["男の名字"]="紺野さん";
v["男の名字の劣称"]="紺野";
v["男の名字の尊称"]="紺野先生";
v["男の名字の敬称"]="紺野君";
}
function t639(){
c_l("639");
v["男の名字"]="白石さん";
v["男の名字の劣称"]="白石";
v["男の名字の尊称"]="白石先生";
v["男の名字の敬称"]="白石君";
}
function t640(){
c_l("640");
v["男の名字"]="柳田さん";
v["男の名字の劣称"]="柳田";
v["男の名字の尊称"]="柳田先生";
v["男の名字の敬称"]="柳田君";
}
function t641(){
c_l("641");
v["男の名字"]="町田さん";
v["男の名字の劣称"]="町田";
v["男の名字の尊称"]="町田先生";
v["男の名字の敬称"]="町田君";
}
function t642(){
c_l("642");
v["男の名字"]="杉原さん";
v["男の名字の劣称"]="杉原";
v["男の名字の尊称"]="杉原先生";
v["男の名字の敬称"]="杉原君";
}
function t643(){
c_l("643");
v["男の名字"]="高橋さん";
v["男の名字の劣称"]="高橋";
v["男の名字の尊称"]="高橋先生";
v["男の名字の敬称"]="高橋君";
}
function t644(){
c_l("644");
v["男の名字"]="井上さん";
v["男の名字の劣称"]="井上";
v["男の名字の尊称"]="井上先生";
v["男の名字の敬称"]="井上君";
}
function t645(){
c_l("645");
v["縛る行為"]="";
vc["縛る行為"]=0;
v["縛る道具"]="";
vc["縛る道具"]=0;
v["バイブレータ使用"]="";
vc["バイブレータ使用"]=0;
v["バイブでオナニー"]="";
vc["バイブでオナニー"]=0;
v["フェラチオ行為"]="";
vc["フェラチオ行為"]=0;
v["クンニリングス"]="";
vc["クンニリングス"]=0;
v["ポラロイド撮影"]="";
vc["ポラロイド撮影"]=0;
v["ビデオ撮影"]="";
vc["ビデオ撮影"]=0;
v["鋭い凶器"]="";
vc["鋭い凶器"]=0;
v["友達に電話"]="";
vc["友達に電話"]=0;
v["フェラ輪姦"]="";
vc["フェラ輪姦"]=0;
v["性行為意志"]="";
vc["性行為意志"]=0;
v["男性"]="";
vc["男性"]=0;
t646();
}
function t646(){
c_l("646");
v["ダミー"]="ダミー";
}
function t647(){
c_l("647");
as647=new Array("649","650","651");
e_l(as647);
}
function t648(){
c_l("648");
as648=new Array("649","650","651");
e_l(as648);
}
function t649(){
c_l("649");
t645();
t652();
v["快感"]="異常感";
t452();
t453();
}
function t650(){
c_l("650");
t645();
t653();
v["快感"]="異常感";
t452();
t453();
}
function t651(){
c_l("651");
t645();
t654();
v["快感"]="異常感";
t452();
t453();
}
function t652(){
c_l("652");
v["男性"]="好色男";
}
function t653(){
c_l("653");
v["男性"]="SM男";
}
function t654(){
c_l("654");
v["男性"]="暴行男";
}
function t655(){
c_l("655");
as655=new Array("656","657");
e_l(as655);
}
function t656(){
c_l("656");
t645();
v["快感"]="異常感";
t653();
v["性行為意志"]="脅迫";
t452();
t453();
}
function t657(){
c_l("657");
t645();
v["快感"]="異常感";
t652();
v["性行為意志"]="脅迫";
t452();
t453();
}
function t658(){
c_l("658");
t648();
v["男"]="男";
}
function t659(){
c_l("659");
t648();
v["男"]="守衛さん";
}
function t660(){
c_l("660");
t648();
v["男"]="係長さん";
}
function t661(){
c_l("661");
t648();
v["男"]="男";
v["性行為意志"]="脅迫";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t662(){
c_l("662");
t648();
v["性行為意志"]="脅迫";
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t663(){
c_l("663");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男";
v["男性"]="暴行男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t664(){
c_l("664");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="客の男性";
v["男性"]="暴行男";
}
function t665(){
c_l("665");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="運転手";
v["男性"]="暴行男";
}
function t666(){
c_l("666");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="運転手";
v["男性"]="暴行男";
}
function t667(){
c_l("667");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="作業員";
v["男性"]="暴行男";
}
function t668(){
c_l("668");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="団長";
v["男性"]="暴行男";
}
function t669(){
c_l("669");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="編集長";
v["男性"]="好色男";
}
function t670(){
c_l("670");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男の子";
v["男性"]="暴行男";
}
function t671(){
c_l("671");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男";
v["男性"]="暴行男";
}
function t672(){
c_l("672");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男性"]="暴行男";
v["男"]="男の子";
v["男達"]="男の子達";
v["別の男"]="別の男の子";
}
function t673(){
c_l("673");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男の子";
v["男達"]="男の子達";
v["別の男"]="別の男の子";
v["男性"]="好色男";
}
function t674(){
c_l("674");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男の子";
v["男達"]="男の子達";
v["別の男"]="別の男の子";
v["男性"]="暴行男";
}
function t675(){
c_l("675");
t645();
v["快感"]="異常感";
t601();
t647();
}
function t676(){
c_l("676");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t677(){
c_l("677");
t678();
}
function t678(){
c_l("678");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["男"]="男の子";
v["男達"]="男の子達";
v["別の男"]="別の男の子";
v["男性"]="好色男";
}
function t679(){
c_l("679");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["性行為意志"]="暴行";
v["男"]="先生";
v["男達"]="先生達";
v["別の男"]="教頭先生";
v["男性"]="暴行男";
}
function t680(){
c_l("680");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["性行為意志"]="暴行";
v["男"]="先生";
v["男達"]="先生達";
v["別の男"]="医局長";
v["男性"]="暴行男";
}
function t681(){
c_l("681");
t645();
v["快感"]="異常感";
v["性行為意志"]="暴行";
v["男"]="男の子";
v["男達"]="男の子達";
v["別の男"]="別の男の子";
v["男性"]="暴行男";
}
function t682(){
c_l("682");
t645();
v["性行為意志"]="強制";
t450();
t451();
}
function t683(){
c_l("683");
t645();
t601();
v["性行為意志"]="強制";
t450();
t451();
}
function t684(){
c_l("684");
t645();
t649();
}
function t685(){
c_l("685");
t645();
v["性行為意志"]="同意";
t450();
t451();
}
function t686(){
c_l("686");
t645();
t649();
v["男"]="マッサージ師";
}
function t687(){
c_l("687");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t688(){
c_l("688");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t689(){
c_l("689");
t650();
v["男"]="調教師";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t690(){
c_l("690");
t655();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t691(){
c_l("691");
t655();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t692(){
c_l("692");
t645();
v["男"]="社長さん";
v["男性"]="好色男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t693(){
c_l("693");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t694(){
c_l("694");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t695(){
c_l("695");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t696(){
c_l("696");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t697(){
c_l("697");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t698(){
c_l("698");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t699(){
c_l("699");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t700(){
c_l("700");
t648();
v["男"]="店長";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t701(){
c_l("701");
t648();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t702(){
c_l("702");
t648();
v["男"]="マスター";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t703(){
c_l("703");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t704(){
c_l("704");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t705(){
c_l("705");
t651();
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t706(){
c_l("706");
v["男"]="男";
v["男達"]="男達";
v["別の男"]="別の男";
}
function t707(){
c_l("707");
v["男の相手の女"]="先輩";
v["女の種類"]="女子大生";
}
function t708(){
c_l("708");
v["男の相手の女"]="女友達";
v["女の種類"]="女子大生";
}
function t709(){
c_l("709");
v["男の相手の女"]="新入生";
v["女の種類"]="女子大生";
}
function t710(){
c_l("710");
if((typeof v["男の相手の女"] !="undefined") && (v["男の相手の女"] == "女友達")) { t711();}else if((typeof v["男の相手の女"] !="undefined") && (v["男の相手の女"] == "先輩")) { t712();}else if((typeof v["男の相手の女"] !="undefined") && (v["男の相手の女"] == "新入生")) { t713();}else {t712();}
}
function t711(){
c_l("711");
h("女友達");
c_count=0;
n();
}
function t712(){
c_l("712");
h("先輩の愛称");
c_count=0;
n();
}
function t713(){
c_l("713");
h("女の子の愛称");
c_count=0;
n();
}
function t714(){
c_l("714");
as714=new Array("715","716","717","718");
e_l(as714);
}
function t715(){
c_l("715");
v["町名"]="音羽一丁目";
}
function t716(){
c_l("716");
v["町名"]="音羽二丁目";
}
function t717(){
c_l("717");
v["町名"]="小日向一丁目";
}
function t718(){
c_l("718");
v["町名"]="小日向二丁目";
}
function t719(){
c_l("719");
v["盗撮カメラの位置"]="ラブホテルの天上";
}
function t720(){
c_l("720");
v["目撃の現場"]="コンビニ";
v["目撃の位置"]="コンビニの外";
v["目撃した事"]="痴漢";
}
function t721(){
c_l("721");
v["目撃の現場"]="公園";
v["目撃の位置"]="公園の中";
v["目撃した事"]="フェラチオ";
}
function t722(){
c_l("722");
as722=new Array("723","724","725","726");
e_l(as722);
}
function t723(){
c_l("723");
v["相手の女"]="女子大生";
v["女の種類"]="女子大生";
}
function t724(){
c_l("724");
v["相手の女"]="女子高生";
v["女の種類"]="女子高生";
}
function t725(){
c_l("725");
v["相手の女"]="女";
v["女の種類"]="人妻";
}
function t726(){
c_l("726");
v["相手の女"]="女";
v["女の種類"]="OL";
}
function t727(){
c_l("727");
h("相手の女");
c_count=0;
n();
}
function t728(){
c_l("728");
if((typeof v["女の種類"] !="undefined") && (v["女の種類"] == "女子高生")) { t729();}else {t730();}
}
function t729(){
c_l("729");
v["女友達"]="女子高生";
}
function t730(){
c_l("730");
v["女友達"]="女";
}
function t731(){
c_l("731");
v["相手の男"]="店長";
}
function t732(){
c_l("732");
if((typeof v["相手の男"] !="undefined") && (v["相手の男"] == "店長")) { t733();}else {t734();}
}
function t733(){
c_l("733");
t("店長");c_count=0;
n();
}
function t734(){
c_l("734");
h("男");
c_count=0;
n();
}
function t735(){
c_l("735");
v["相談相手"]="先輩";
}
function t736(){
c_l("736");
v["相談相手"]="女友達";
}
function t737(){
c_l("737");
v["披露宴の場所"]="岡山";
}
function t738(){
c_l("738");
as738=new Array("739","740");
e_l(as738);
}
function t739(){
c_l("739");
v["披露宴の料理"]="フランス料理";
}
function t740(){
c_l("740");
v["披露宴の料理"]="中華料理";
}
function t741(){
c_l("741");
as741=new Array("742","743","744","745","746");
e_l(as741);
}
function t742(){
c_l("742");
v["診療科"]="内科";
}
function t743(){
c_l("743");
v["診療科"]="外科";
}
function t744(){
c_l("744");
v["診療科"]="産婦人科";
}
function t745(){
c_l("745");
v["診療科"]="皮膚科";
}
function t746(){
c_l("746");
v["診療科"]="整形外科";
}
function t747(){
c_l("747");
as747=new Array("748","749","750","751","752");
e_l(as747);
}
function t748(){
c_l("748");
v["講義"]="情報文化論";
}
function t749(){
c_l("749");
v["講義"]="文化情報学";
}
function t750(){
c_l("750");
v["講義"]="社会情報論";
}
function t751(){
c_l("751");
v["講義"]="情報社会学";
}
function t752(){
c_l("752");
v["講義"]="情報倫理学";
}
function t753(){
c_l("753");
as753=new Array("754","755","756","757","758");
e_l(as753);
}
function t754(){
c_l("754");
v["講義"]="教育史";
}
function t755(){
c_l("755");
v["講義"]="教育法規";
}
function t756(){
c_l("756");
v["講義"]="社会教育学";
}
function t757(){
c_l("757");
v["講義"]="発達心理学";
}
function t758(){
c_l("758");
v["講義"]="児童心理学";
}
function t759(){
c_l("759");
as759=new Array("760","761","762","763","764","765","766","767","768","769","770");
e_l(as759);
}
function t760(){
c_l("760");
v["研究室"]="心理学研究室";
}
function t761(){
c_l("761");
v["研究室"]="支援教育研究室";
}
function t762(){
c_l("762");
v["研究室"]="社会教育研究室";
}
function t763(){
c_l("763");
v["研究室"]="発達心理学研究室";
}
function t764(){
c_l("764");
v["研究室"]="認知心理学研究室";
}
function t765(){
c_l("765");
v["研究室"]="学習心理学研究室";
}
function t766(){
c_l("766");
v["研究室"]="社会心理学研究室";
}
function t767(){
c_l("767");
v["研究室"]="教育工学研究室";
}
function t768(){
c_l("768");
v["研究室"]="情報教育研究室";
}
function t769(){
c_l("769");
v["研究室"]="メディア情報学研究室";
}
function t770(){
c_l("770");
v["研究室"]="行動科学研究室";
}
function t771(){
c_l("771");
v["逃げ込む場所"]="ラブホテル";
}
function t772(){
c_l("772");
v["逃げ込む場所"]="カラオケ店";
}
function t773(){
c_l("773");
as773=new Array("774","775","776","777","778","779");
e_l(as773);
}
function t774(){
c_l("774");
v["運動部"]="陸上部";
}
function t775(){
c_l("775");
v["運動部"]="ホッケー部";
}
function t776(){
c_l("776");
v["運動部"]="ラクロス部";
}
function t777(){
c_l("777");
v["運動部"]="ソフトボール部";
}
function t778(){
c_l("778");
v["運動部"]="剣道部";
}
function t779(){
c_l("779");
v["運動部"]="バレー部";
}
function t780(){
c_l("780");
as780=new Array("781","782");
e_l(as780);
}
function t781(){
c_l("781");
v["部活"]="運動部";
t773();
}
function t782(){
c_l("782");
v["部活"]="文化部";
t504();
}
function t783(){
c_l("783");
as783=new Array("784","785","786","787","788","789");
e_l(as783);
}
function t784(){
c_l("784");
t("リーチ一発、ドラ三");c_count=0;
n();
}
function t785(){
c_l("785");
t("メンタンピン、ドラ一");c_count=0;
n();
}
function t786(){
c_l("786");
t("リーチ、ツモ、三色");c_count=0;
n();
}
function t787(){
c_l("787");
t("大三元、ドラ一");c_count=0;
n();
}
function t788(){
c_l("788");
t("チンイツ、ドラ一");c_count=0;
n();
}
function t789(){
c_l("789");
t("リャンペー、ドラ一");c_count=0;
n();
}
function t790(){
c_l("790");
t791();
}
function t791(){
c_l("791");
as791=new Array("1436","1042","922","870","1443");
e_l(as791);
}
function t792(){
c_l("792");
as792=new Array("1398","793","794","795","796");
e_l(as792);
}
function t793(){
c_l("793");
t("夏休みが終わると、体育の授業の時冬のスキー教室の話がありました。");n();
t("なんで大学でスキー教室なんかやるんだろうと思って聞いていると、スキー教室に一週間でると、それで何単位かでるので、体育の授業の出席がたりない人は必ず出るようにとの話でした。");n();
t("体育は必修なので単位を落とすと留年だとか先輩にも言われたのを思い出しました。");n();
t("今年はクラブの学園祭の準備で忙しいので、体育の授業をさぼって、その分スキー教室に出て単位をもらえばいいと私は思いつきました。");n();
t("しかし、スキー教室にはお金がかかるので、学園祭で忙しくなる前にアルバイトをすることにしました。");n();
}
function t794(){
c_l("794");
t("夏が近くなると、クラブの合宿の話が持ち上がりました。");n();
t("いつもは奈須高原にある大学の施設でやっていたのですが、今年は他の大学から合同で合宿をやろうという申し込みがあったそうです。");n();
t("しかし、費用は予定していたよりもかなり高額になりそうでした。");n();
t("彼氏を作る絶好のチャンスだということで、これはお金の問題ではないとか先輩が言いだして、彼氏のいない女の子達も乗り気な様子でした。");n();
t("すぐに返事をしないと、ほかの女子大に声をかけられてしまうからと、先輩が言うので、話はその日の内に決まってしまいました。");n();
t("私はなんとか合宿の費用を作らないといけないと思い、アルバイトを始めることにしました。");n();
}
function t795(){
c_l("795");
t("教育史の先生が夏休みの宿題を出しますと授業の時に言い出しました。");n();
t("歴史的建物を旅行して回って写真とレポートを提出するというのが宿題でした。");n();
t("授業のあと先輩に話を聞いてみると、その先生は毎年その宿題を出すそうです。");n();
t("女子大生に学生の間に、旅行をさせるのが目的で、学生のためにと思って考えた宿題だそうでした。");n();
t("しかし、旅行をするお金がない学生がいることなど、全然考えてはいないようでした。");n();
t("夏休みに郷里に戻る途中、寄り道をして旅行すればなんとか安く済むと思いました。");n();
t("しかし、それでもホテル代と食事代くらいは余計にかかってしまいます。");n();
t("いろいろ考えて結局、アルバイトを探すことにしました。");n();
}
function t796(){
c_l("796");
t("新学期が始まって5月の連休になると、就職したばかりの先輩が大学に遊びにきました。");n();
t("私は就職活動のこととか早めに考えておいたほうがいいと思いいろいろ話を聞きました。");n();
t("先輩には資格は学生の内に取れるだけとっておいたほうがいいと言われました。");n();
t("「英検の2級なら持ってます」と聞いてみると「2級くらいなら誰でも持ってるから、準1級くらいでないと、」と先輩に言われました。");n();
t("「大学の授業だけではとても英検の準一級はとれないから、NHKの英会話で勉強したほうがいいわよ」と言われました。");n();
t("ビデオレコーダを買って、録画した英会話のテレビ番組を何度も繰り返し勉強するのがいいと言う話でした。");n();
t86();
t("私は早速駅前の");h("パソコン量販店");
t("に行って、ビデオレコーダの値段を調べてみましたが一番安い機種でもとても買える値段では有りませんでした。");n();
t("それで私はビデオレコーダを買うために、アルバイトをすることにしました。");n();
}
function t797(){
c_l("797");
t4();
t1395();
t470();
t1430();
t801();
t802();
t803();
t804();
t805();
t1339();
t1340();
t806();
t4();
t807();
t1344();
t1345();
t808();
t809();
t4();
t810();
t1468();
t1347();
t811();
t1349();
t812();
t813();
t814();
t798();
}
function t798(){
c_l("798");
as798=new Array("799","800");
e_l(as798);
}
function t799(){
c_l("799");
t815();
t816();
t817();
}
function t800(){
c_l("800");
h("男");
t("は私の背後に立つと私の肩に手をかけながら「どうだ、これでレポートが書けるだろう」と言いながら私の耳元で囁いてきました。");n();
t("パソコンのスピーカーから「なんだ彼氏と一緒なのか、彼氏の前でオナニーなんかしやがって最低な女だぜ」と酷い言葉が聞こえてきました。");n();
h("男");
t("の手が私の胸の下からすくい上げるように揉み始めると私は気持ちがよくてため息がでてきました。");n();
t("「おい指を使うんだ、もっと足をひろげて、指を中にいれろ」とパソコンのスピーカーからまた男の声が聞こえてきました。");n();
t("「いつもやってるんだろう」とスピーカーから声が聞こえて私ははっとして我に返りました。");n();
t("「あなた");h("女の子");
t("にも同じ事させたんでしょう、今私がしてるのと同じことさせたんでしょう」と私が振り向いて");h("男");
t("に叫びました。");n();
h("男");
t("は私を抱きかかえて強引にベッドに押し倒そうとしてきました。");n();
t("私は");h("男");
t("を思い切り蹴飛ばしました。");n();
t("うまく急所にあたったらしくて");h("男");
t("が床に転がると私はいそいでラブホテルの部屋から出ようとしました。");n();
t("ドアを開けようとしたとき、急に私の目の前でドアが開くと男が立ちはだかっていました。");n();
t("顔を見るとさっきビデオチャットをした相手の男でした。");n();
t("騙されたんだと気が付きましたがもう手遅れでした。");n();
t("男は両手を広げて私の身体を抱きかかえるとベッドに押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t801(){
c_l("801");
t("しばらくしていつもより早めに");h("女の子");
t("の家にいつて");h("女の子");
t("の部屋に入ろうとすると、");h("女の子");
t("の話す声が聞こえてきました。");n();
t("誰か友達でも来ているのかと思って部屋の中を覗いてみると部屋の中には");h("女の子");
t("しかいませんでした。");n();
t("変だと思って");h("女の子");
t("の様子を見ると");h("女の子");
t("は勉強机の上のパソコンのディスプレーに向かってなにか話しているようでした。");n();
h("女の子");
t("の勉強机は最新型のパソコン机で、机の本棚の間にちょうどディスプレーが収まるように作ってあってキーボードも引出に入ってる仕組みでした。");n();
h("女の子");
t("が誰かと話しをしているらしい声を聞いて私は");h("女の子");
t("がビデオチャットをしているらしいと気が付きました。");n();
}
function t802(){
c_l("802");
t683();
t("話しの様子ではビデオチャットをしている相手は別の日に数学の家庭教師をしている");h("男");
t("らしいとなんとなく判りました。");n();
t("いったい何の話しをしてるのかしらと思って");h("女の子");
t("の様子をしばらく見ていると何だか喋り方が変だと気が付きました。");n();
t("ビデオチャットで喋る");h("女の子");
t("の声はかすれて弱々しくて思い詰めたような感じでした。");n();
}
function t803(){
c_l("803");
t("よくよく耳をそばだてて");h("女の子");
t("の話しを聞いてみると");h("女の子");
t("は");h("男");
t("に痴漢の相談をしてるらしいと判りました。");n();
t("それも今朝電車の中で出会った痴漢の事らしくて");h("男");
t("に痴漢に何をされたのか詳しく聞かれて");h("女の子");
t("喉から絞り出すような声で答えていました。");n();
t("痴漢の相談だったら私が相談相手になって上げた方がいいと思って私は");h("女の子");
t("に声を掛けてビデオチャットを止めさせようと思いました。");n();
}
function t804(){
c_l("804");
t("私が");h("女の子");
t("が座っているすぐ後まで近寄ると私は変な事に気が付きました。");n();
t("椅子に座っている");h("女の子");
t("は足を左右に広げて");h("女の子の下の表着");
t("を自分で捲りあげて腿がむき出しになっていました。");n();
h("男");
t("にビデオチャットで何か言われるたびに");h("女の子");
t("の指先が");h("下着");
t("の下で動くと、");h("女の子");
t("が喘ぎ声を口から漏らすのが聞こえてきました。");n();
t("これは");h("男");
t("と");h("女の子");
t("が");h("バーチャルセックス");
t("をしてるんだと気が付いて私はびっくりしました。");n();
}
function t805(){
c_l("805");
t("インターネットで流行の");h("バーチャルセックス");
t("の事は私も友達から話しには聞いたことがありましたが実際に目の前でやってるのを見るのは初めてでした。");n();
h("バーチャルセックス");
t("ではビデオチャットで会話しながら一緒に");h("オナニー");
t("をするんだとは知っていましたがそんな事をしても気持ちいいなんてあるはず無いと思っていました。");n();
t("友達に話しを聞いてみても「試しにやってみたけど本当にもう、馬鹿馬鹿しくてやってられないわ」という返事ばかりでよっぽど変な趣味の人がする事だとばかり思っていました。");n();
t("実際に目の前で");h("女の子");
t("の喘ぎ声を耳にすると、確かに普通に自分で");h("オナニー");
t("するよりもずっと気持ちが良さそうでした。");n();
t("よっぽど");h("バーチャルセックス");
t("の相手をしている");h("男");
t("のリードが上手なんだと思って私はこの先どうなるのか様子を確かめようと思いました。");n();
t("「お願い止めないで、止めちゃいや」と突然");h("女の子");
t("が大声をだしたので、私はびっくりして飛び上がりそうになりました。");n();
}
function t806(){
c_l("806");
t("私はケーキを食べながらさっき目撃したビデオチャットの事をどうお母様に話そうかと思案しました。");n();
t("はっきりとしたことが判るまでお母様には何も言わないでおいた方がいいと思いましたが");h("女の子");
t("に詳しい話しを聞くわけにもいかない話しでした。");n();
t747();
t("私は何とか上手く工夫して話しを聞き出さないといけないと思って「ねえ、私ね。大学の授業で");h("講義");
t("という講義がってね、ビデオチャットをテーマにレポート書かないといけないの」と");h("女の子");
t("に話しかけてみました。");n();
t("しかし");h("女の子");
t("は不思議そうな顔をしているだけで私の話してる事を全然理解してはいない様子でした。");n();
h("講義");
t("だのレポートだの難しい言葉を並べてもまだ女子高生の");h("女の子");
t("には訳が分からない事だと気が付いて私は");h("女の子");
t("から話しを聞くのは諦めました。");n();
}
function t807(){
c_l("807");
h("女の子");
t("の家をでてから歩きながらいったいどうしようかと考えてみました。");n();
t("ビデオチャットの相手をしていたのは");h("男");
t("なので、");h("男");
t("から上手く話しを聞き出せばその方がいいと思って");h("男");
t("に携帯で電話してみることにしました。");n();
}
function t808(){
c_l("808");
t("私はコーヒーを頼んで、しばらく");h("男");
t("と雑談をしてからどう話しを切り出していいのか思案してみました。");n();
t("取りあえず「実は私ね、大学で");h("講義");
t("という講義受けてるんだけど」とそれとなく話しを向けてみると");h("男");
t("は「");h("私の愛称");
t("は女子大だったよね、女子大ってさ変な名前の講義がいっぱいあるらしいね、工学部なんかじゃそんな講義は聞いたこと無いぜ」とまぜっかえして来ました。");n();
t("「それでね、レポートを毎回出さないといけないんだけどね、レポートのテーマが変なことばかりなんで、書くのに困っちゃうのよ」と私は試しに言ってみました。");n();
h("男");
t("も興味ありげな様子で「どんなテーマなんだ、変な事ってどんな変なテーマなのか教えてくれないか」と乗り気な様子。");n();
t("「それがさ、インターネットを使った援助交際だの掲示板でやりとりする痴漢だの、そんなテーマで女子大生にレポート書かせるなんてどう考えてもセクハラよね」と私が調子に乗って作り話を続けました。");n();
t("「そりゃそうだ、セクハラだね、そんなテーマで女子大生相手に授業するなんて飛んでもない話しだ」と");h("男");
t("も言い出しました。");n();
t("「だけどね、結構人気のある先生なのよ。ほらいろいろと為になるでしょうそうゆう話しって、知っておかないと困るし。女の子には大事な事だし」と私は話しの向きを無理矢理にエッチな方にもっていきました。");n();
t("「そうだね、確かにセクハラまがいの授業も困るけど、何も知らないって言うのももっと困る話しだよね」と");h("男");
t("も納得した口調で話しを合わせてくれました。");n();
}
function t809(){
c_l("809");
t("これだけ前置きの話しをしたんだから後はビデオチャットの話題を切り出しても大丈夫なはず。");n();
t("「それで今度のテーマはビデオチャットなの、締め切り明日なんだけど私ビデオチャットなんかやったことないし。それにビデオチャットってエッチな話しするんてしょう、テレクラみたいに」と");h("男");
t("に聞いてみました。");n();
t("「そうだね、ビデオチャットは確かにエッチな話しが多いけどね。");h("私の愛称");
t("本当はエッチなビデオチャットやってみたいんじゃないの」と");h("男");
t("が上手く話しに載ってきました。");n();
t("「女子大生ならテレクラぐらい当たり前だし、最近はビデオチャットが流行だって話しだからね」と");h("男");
t("が言うのでこれで後もう一押しだと思いました。");n();
t("「うんまあ、そうなんだけど、女の子っていろいろ体験したほうがいいし」と私が曖昧に返事をすると");h("男");
t("がすぐに鞄からノートパソコンを取りだしてビデオチャットの用意を始めました。");n();
t("「ここじゃ、ビデオチャットはしないほうがいいと思うけど、大声で話したらうるさくて他のお客さんにも迷惑だし」と私が");h("男");
t("に注意しました。");n();
h("男");
t("も「");c_count=0;
n();
t4162();
t("」と誘ってくれたので都合良く話しがまとまりました。");n();
}
function t810(){
c_l("810");
t("喫茶店を出ると");h("男");
t("が「この近くだけど、二人っきりになれる良い場所があるから」と言って私の手を取って歩き始めました。");n();
}
function t811(){
c_l("811");
t("「ここは電波が良くはいるからね、ほらアンテナがすぐ近くだからビデオチャットならここが一番なんだ」と");h("男");
t("が指さすとすぐ目の前の大きなビルの屋上に大きな携帯のアンテナが立っているのが見えました。");n();
t("たしかに携帯の電波を使うには、ちょうど良い場所に違いないと私も納得しました。");n();
}
function t812(){
c_l("812");
t("ラブホテルの部屋に入ると");h("男");
t("がノートパソコンを出してテーブルの上に載せました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("どんなチャットがしたいのかな、やっぱりエッチなチャットができる所の方がいいよね」と");h("男");
t("に言われて私は黙って頷きました。");n();
t("すぐにビデオチャットの画面がでて、相手の男の子の顔が沢山画面に映りました。");n();
t("「男の子が声を掛けてくるからね、それまでしばらく待ってるだけでいいんだ」と");h("男");
t("に言われて私はしばらくパソコンの画面を見続けました。");n();
t("パソコンの画面には私の顔も映っていて、カメラに映った顔はなんだか変な顔に見えました。");n();
t("「今日は、いま暇かな」とパソコンのスピーカーから男の子の声が聞こえてきて私はどきっとしました。");n();
t("不安な気持ちで恐る恐る「はい、暇してます」と私はやっとのことで答えましたが自分でも声が震えているのがわかりました。");n();
h("男");
t("がビデオチャットのカメラに写らないように私から少し離れて、私の様子を見守っていました。");n();
t("名前を聞かれて私はうっかり自分の名前を言いそうになりましたが本名をうっかり教えたらまずいと思って「");h("女の子の劣称");
t("です」と");h("女の子の愛称");
t("の振りをして誤魔化しました。");n();
t("歳も聞かれましたが「いま女子高生です」とだけ答えました。");n();
t("いくらなんでも女子高生のふりなんかしたらすぐばれちゃうと思ってドキドキしましたが男は私が本当に女子高生だと思いこんでいるらしいので私は可笑しくて笑いそうになりました。");n();
}
function t813(){
c_l("813");
t("最初は普通の世間話をしていただけでしたが「所でいま彼氏いるの」と男はエッチな話しに話題を向けてきました。");n();
t("私はやっぱりと思って「付き合ってる人ですか」と横で見ている");h("男");
t("の様子を確かめながら答えました。");n();
t("「付き合ってる彼氏いるんだね」と");h("男");
t("に念を押されて私も「まあそうですね」と曖昧に答えました。");n();
t("「彼氏とはエッチしてるの」といきなり肝心な事をきかれて私はドキッとしてすぐには答えられませんでした。");n();
t("「最近エッチしたのはいつかな、最近いつ会ったの」と男にまた言われて「最近あってません」と適当に返事をしました。");n();
}
function t814(){
c_l("814");
t("「じゃあ寂しいよね、寂しいときはどうしてるのかな、女の子だったらすることがあるよね」と男に言われて私は男が何をさせようとしてるのか気が付きました。");n();
t("「いつもどうやってるのか教えて」と男に言われて「指を使ってしてます」と答えると私は急に身体が熱くなってきました。");n();
t("「いまエッチな気分なんだろう、いつもやってるようにやってごらん、見てるから」と男に言われて私はとても逆らえませんでした。");n();
t("腿の内側に手のひらを押し当てて何度もこするように動かすと次第に気持ちが高まって興奮してきました。");n();
t("「ほら、こっちによく見えるようにスカート捲って、足を広げるんだ」と男に言われて私は男に見えるように足を広げました。");n();
t("男に見られていると思うと身体が一気に燃え上がるように熱くなりました。");n();
}
function t815(){
c_l("815");
t("「おい、バイブもってるだろう、バイブを使えよ、いつも使ってるんだろう」と男に言われて私は訳が分からずに「バイブってなんですか」と思わず聞き返しました。");n();
t("「バイブレーターだよ、女の子が");h("オナニー");
t("するときはバイブレーター使うだろう」と男に言われて私はやっとビデオチャットでどんなことをするのか判ってきました。");n();
}
function t816(){
c_l("816");
t("きっと");h("男");
t("も");h("女の子");
t("にバイブの使い方を教えたのに違いないと私は確信しました。");n();
t("私は");h("男");
t("の方に向き直ると「バイブもってますよね」と試しに言ってみました。");n();
t("すると");h("男");
t("は鞄からおかしな形をしたものをとりだしました。");n();
t79();
h("バイブの色");
t("で");h("バイブの形");
t("をした物はいったい何がなんだか訳が分からない代物でした。");n();
t("「これを使うと気持ちよくなれるんだぜ」と言うと");h("男");
t("は手元のスイッチを入れて私の目の前に差し出しました。");n();
t("プーンと微かに音を立てながら、曲がりくねった先がぐるぐると周り始めるのを見て私はそれが何に使う物かすぐに判りました。");n();
t("私はとっさに「");h("女の子");
t("にもそのバイブ使わせたんでしょう。お母様にいいつけますよ」と");h("男");
t("に叫んでいました。");n();
t("「おい誰か他に男がいるんだろう」とパソコンのスピーカーからビデオチャットの相手の男の声が聞こえてきました。");n();
t("「今彼氏といっしょなのか、だましやがって、この雌豚」と口汚い言葉を耳にして私は余計に腹がたってきました。");n();
t("私はノートパソコンを閉じると、もう一度「お母様にいいつけますよ」と大声で");h("男");
t("に叫びました。");n();
}
function t817(){
c_l("817");
h("男");
t("は私を後から抱きかかえると、力ずくで側のベッドに押し倒しました。");n();
t("バイブが私の股間に押しつけられると振動が快感になって私の身体を襲いました。");n();
t4439();
}
function t818(){
c_l("818");
t("店のドアを入ると、古着の臭いが鼻につんと来ました。");n();
t("細い通路の両脇には、ハンガーに掛かった古着らしい服がずっと奥まで続いていました。");n();
}
function t819(){
c_l("819");
t("店の中央まで来ると、壁一杯にセーラー服が沢山飾ってあり、その前の棚には使用済みのブルマーがいっぱい置いてあるのが目に入りました。");n();
t("どうやらこの店は普通の古着屋ではないと気が付いて私は不安な気持ちになりました。");n();
}
function t820(){
c_l("820");
t153();
t("「");h("店名");
t("」と小さな看板の出ている");c_count=0;
n();
t818();
t("私はなぜ");h("男");
t("が私を古着屋になんか連れてきたのかすぐには意図が分かりませんでした。");n();
h("男");
t("にお尻を押されて");c_count=0;
n();
t819();
}
function t821(){
c_l("821");
h("男");
t("がセーラー服を一着選ぶと、「包まなくてもいいから」と言いながらレジでお金を払っていました。");n();
t("レジの前にはビデオのケースが並んでいて、女子高生のセーラー服姿を撮したビデオを売っているらしいと判りました。");n();
h("男");
t("が私を手招きすると「これに着替えるんだ、今すぐだ」と言って私に今買ったばかりのセーラー服を差し出しました。");n();
}
function t822(){
c_l("822");
t("私はうっかりセーラー服なんかに着替えたら何をされるか判らないと思って「なんでですか」と");h("男");
t("に言い返しました。");n();
h("男");
t("は急に「おい、お前。俺に逆らえると思ってるのか」と怖い声で大声をだすと「このビデオを見てみろ」と言い出しました。");n();
}
function t823(){
c_l("823");
h("男");
t("が携帯を私に差し出すと私がさっきセクハラされた場面が写っているのが見えて私ははっとして息を飲みました。");n();
}
function t824(){
c_l("824");
t("「早く着替えろ」と");h("男");
t("に命じられて、私はセーラー服を受け取るとレジの側にある試着室に入りました。");n();
t546();
t("着替えをすませて、鏡を確かめると");h("下の表着");
t("は丈が極端に短くて恥ずかしくなりました。");n();
}
function t825(){
c_l("825");
t79();
t("試着室を出ると、");h("男");
t("は私に小さな");h("バイブの色");
t("の道具を渡しました。");n();
t("手にとって見ると");h("バイブの形");
t("をした小さな道具で、スイッチが幾つもついていました。");n();
t("何を渡されたのかすぐには判りませんでしたが、目の前の棚に一杯並んでいる");h("バイブレータの愛称");
t("らしいと気が付いて私は思わず手から落としそうになりました。");n();
t("「店長が使い方教えてくれるからな、使った事がなくても大丈夫安心しな」と");h("男");
t("に言われましたが、一体なんのことか訳が分かりませんでした。");n();
t700();
t("レジに居た");h("男");
t("が「大丈夫ですよ、女子高生の女の子はみんなこれで遊んでるんですよ、すぐに使い方は覚えますよ、私が手取足取り教えますからその通りにすれば良いんです。それにビデオを取ればお金にもなるんですよ、こんないい話一石二鳥でめったに無いですよ」と言い出しました。");n();
t("どうやらセーラー服を着て、この大人のオモチャを使っている所をビデオに撮ればお金になるらしいと私はようやく気が付きました。");n();
t("「それでいくら貰えるんですか」と私が");h("男");
t("に聞いてみると「たった5分で、10万円も貰えるんですよこんないい話ないでしょう」と話してくれました。");n();
t("ビデオを取るだけでそんないいお金になるのならこれは断るのはもったいないと私はすっかりその気になりました。");n();
}
function t826(){
c_l("826");
t("「大丈夫心配いらないから、");h("バイブレータ");
t("の先を腿の内側にそっと押し当ててご覧」と");c_count=0;
n();
t732();
t("に言われて私は手にした");h("バイブレータ");
t("の先端をそっと腿の内側に触れさせました。");n();
t("ここちよい振動が私の腿に触れると急に体中が熱くなって、目眩がしてきました。");n();
t("「そう、それでいいんだ、今度は一番感じるところに先端を押しつけて回してご覧」と");c_count=0;
n();
t732();
t("に指示されて私はもう逆らえなくなっていました。");n();
h("バイブレータ");
t("の先端をそっと");h("下着");
t("の上から敏感な所に触れされると、私の体は感電したように震えて止まらなくなりました。");n();
}
function t827(){
c_l("827");
h("男");
t("に案内されて、レジの裏手の小部屋に入るとビデオカメラの前にソファーが置いてありました。");n();
t("「とりあえず、そこに座ってもらえるかな」と");h("男");
t("に言われて私はソファーに浅く腰掛けました。");n();
h("男");
t("が部屋からでると、ビデオカメラの後に置いてある液晶テレビに");h("男");
t("の顔が映し出されました。");n();
t("スピーカーから「じゃあ、言われたとおりにやって貰おうかな、まず足を少しだけ開いてご覧」と");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
t("私が少しだけ足を開くと「うん、いいね、その調子、腿の内側を指で軽く撫でてご覧」と");h("男");
t("が指示を続けました。");n();
t("私がそれっぽく腿の内を側を撫でると「そう、いつも一人でやってるようにすればいいんだよ、いつもの通りにすればいいんだ」と");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
t("私はなんだか不思議な気分で急に体が熱くなってきました。");n();
t("「");h("バイブレータ");
t("のスイッチを入れてご覧、軽く震えてくるからね」と");h("男");
t("に言われて私は");h("バイブレータ");
t("のスイッチを押しました。");n();
h("バイブレータ");
t("が私の手の中でプーンと振動を始めると、なんだか私は不安な気持ちになりました。");n();
t826();
}
function t828(){
c_l("828");
t("夢の様な時間が過ぎると、いつの間にかテレビの画面からは");h("男");
t("の姿が消えていました。");n();
t("もう撮影は終わったらしいと思って、私が小部屋をでてレジの前に戻るとマスターの姿は見当たりませんでした。");n();
h("男");
t("に聞いてみると「お連れの男性は先に帰られましたよ」とあっけない返事でした。");n();
t("私はセーラー服を着替えようと思って、着替え室のカーテンを開けると中年の男性がセーラー服を試着しているのが目に入りました。");n();
t("もしかしてマスターかもと思って顔を確かめましたが全然知らない男性でした。");n();
t("私はとてもこんなと所では着替えができないと思って、着替えの服を持って店を出ました。");n();
}
function t829(){
c_l("829");
t("「おい、");h("私の劣称");
t("。聞いてるのか」と急にスピーカーから");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
t("マイクで喋っているのがブルセラ店の店長から");h("男");
t("に変わったらしくて、正面の液晶テレビの画面にも");h("男");
t("の顔が写りました。");n();
t("私はさっきからずっと");h("男");
t("に見られてると気が付いて急に恥ずかしくなりました。");n();
}
function t830(){
c_l("830");
t4132();
t4123();
}
function t831(){
c_l("831");
t("急にドアが開いて");h("男");
t("が部屋の中に入ってくると、私の目の前に立ちはだかりました。");n();
h("男");
t("のズボンの前が大きく膨らんでいて、私は思わず目をそらせました。");n();
t("「今すぐ欲しいんだろう、ぶち込んでやるぜ」と");h("男");
t("に言われて、私はビデオカメラが撮影中なのを思い出しました。");n();
t("いくらなんでも");h("男");
t("と一緒に遊んでいる場面をビデオに撮られたりしたら大変な事になるのは判りきったこと。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4122();
t("」と私は");h("男");
t("に甘えた声でおねだりするしかありませんでした。");n();
}
function t832(){
c_l("832");
h("男");
t("と一緒に部屋を出てレジの前まで来ると店長が「いま履いている");h("下着");
t("を二万で買いますよ、今すぐ脱いで下さい」と言って私に二万円を数えて渡そうとしました。");n();
t("「オナニーしてびしょ濡れのパンティーは高く売れるんですよ」と店長に言われて私は一瞬迷いましたが、お金は貰った方がいいと思って");h("下着");
t("を脱いで店長に渡しました。");n();
t("もうビデオ撮影も済んだので着替えた方がいいと思って");h("男");
t("にさっき脱いだ服を返して貰おうとしましたが、");h("男");
t("は私の女子高生姿が気に入ったらしくて「そのままの方がいいよ」と言って服を返してくれませんでした。");n();
t("私は");h("スカートの丈");
t("の");h("下の表着");
t("なのに、");h("下着");
t("を脱いでしまったのを後悔しましたが、");h("男");
t("には逆らえませんでした。");n();
}
function t833(){
c_l("833");
t("「");c_count=0;
n();
t4162();
t("」と");h("男");
t("が言ってくれたので、私も頷いて答えました。");n();
}
function t834(){
c_l("834");
t702();
t829();
t830();
t831();
t835();
}
function t835(){
c_l("835");
as835=new Array("867","836");
e_l(as835);
}
function t836(){
c_l("836");
t833();
h("男");
t("が手を貸してくれて私がやっとの事で立ち上がると、");h("男");
t("は私を");h("場所");
t("の外の廊下に連れ出しました。");n();
t4();
t("エレベータに乗って一階上に上がると、");h("男");
t("は表札の出ていない部屋に私を連れ込みました。");n();
t("私はなんだか変な気がしましたが、");h("男");
t("に手を引っ張られて中に入りました。");n();
t("廊下の奥に大きな部屋があって、窓際には真っ黒なカーテンが一面に張り巡らしていました。");n();
t("部屋の中央には大きなベッドが置いてあって、真新しいシーツが掛けてありました。");n();
h("男");
t("が「連れてきました、いますぐ撮影オッケーです」と誰かに声を掛けると、隣の部屋から真っ裸の男が数人でてきました。");n();
t("最後に出てきた男は手に大きなビデオカメラを持っていて、レンズを私の方に向けながら撮影を始めました。");n();
t("「じゃあ、家出中の女子高生を騙して連れ込んだというストーリーでお願いします」と");h("男");
t("が言うのを聞いて私は騙されたことにやっと気が付きました。");n();
t("「いやだなんて言わせないぜ。さっき撮ったビデオを学校に送ってやってもいいんだ。学校に居られなくなってもいいのか」と");h("男");
t("に脅されて私は何も言い返せませんでした。");n();
t837();
}
function t837(){
c_l("837");
as837=new Array("838","839","840","849");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) {as837.push("862"); }
e_l(as837);
}
function t838(){
c_l("838");
t("男達に取り囲まれて、私はもう何処にも逃げる場所はありませんでした。");n();
t4544();
}
function t839(){
c_l("839");
t("男達が私の周りを取り囲もうと近寄って来たとき、私はとっさにビデオカメラを構えた男に突進しました。");n();
t("右手で思い切り強くビデオカメラを叩くと、ビデオカメラが男の手から離れて床にころげ落ちました。");n();
t("男がビデオカメラを拾おうとして前屈みに何なった所を思い切り蹴り上げると男が後ろ向きに仰け反って倒れました。");n();
t("急いで男の脇を通り過ぎようとしたとき、床に寝ころんだ男の手が私の足首を掴んで押さえ込みました。");n();
t("勢い余って私は四つんばいの姿勢で床に倒れ込むと頭を打って目眩がしました。");n();
t("私は何とか起きあがろうとしましたが男に両方の足首を掴まれて動けませんでした。");n();
t("「構わねえから、さっさとやっちまえ」と");h("男");
t("が怒鳴りつけると私の体はベッドの上に引きずり上げられました。");n();
t("男達が私の周りを取り囲むと、私の手足を押さえつけてきました。");n();
t4544();
}
function t840(){
c_l("840");
t("「まずは、");h("バイブレータ");
t("で");h("オナニー");
t("をしてもらおうか。さっきやった通りにすれば良いんだ」と");h("男");
t("に言われて私はすぐにはどうしていいのか判りませんでした。");n();
h("オナニー");
t("だけで済むはずはないのは判りきった事。");n();
t("「いやなら、やらなくてもいいんだぜ」と");h("男");
t("に言われて私は断ったらもっと酷い目に遭わされるに違いないと怖くなりました。");n();
t("「やります、やれば良いんでしょう」と私が");h("男");
t("に言い返すと「さっさと始めるんだ」と");h("男");
t("が怒鳴りつけてきました。");n();
t("私はさっきしたように足を大きく開いて、");h("バイブレータ");
t("を腿の内側にそっと触れさせながら左右に動かしました。");n();
t("男の一人がビデオカメラを持って私のすぐ目の前に立って私がバイブを使ってるのを大写しで撮り始めました。");n();
t4132();
t("私はもうどうなってもいいと思って「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」とビデオカメラに向かって叫びました。");n();
t("男達は一斉に私の体に手を伸ばしてきました。");n();
t4544();
}
function t841(){
c_l("841");
t("「撮影の前に契約書にサインしてもらうからな」と言うと");h("男");
t("が契約書らしい紙を取りだして私の前に広げました。");n();
t("「これはアダルトビデオ撮影の契約書だ、良く読んでからサインして貰おうか、撮影のあとで文句を言われても困るからな」と");h("男");
t("に言われて私は契約書を読んでみましたが、難しい言葉が並んでいて何が書いてあるのかさっぱり判りませんでした。");n();
t("契約書にサインしたら飛んでもない事に成りそうな気がして、私は契約書を読んでいる振りをしてなんとか時間を稼ぎました。");n();
t("「早くサインしてもらおうか、みんな待って居るんだぜ、早く撮影をすませないと次の仕事が遅れるんだ」と");h("男");
t("にせかされて私はどうやって断ろうかと困ってしまいました。");n();
}
function t842(){
c_l("842");
h("男");
t("は私がなかなか契約書にサインしないのを見て「おい、さっきのビデオを見せてやるぜ」と言いながらノートパソコンを開きました。");n();
t("さっきのブルセラ店のホームページを開くと、");h("男");
t("は販売中のビデオの一覧のページを開いて私に見せました。");n();
t("一番最新の新作ビデオの一覧に写っていたのは、紛れもなく私のセーラー服姿でした。");n();
t("さっき撮影したばかりのビデオがもうホームページで販売中になっているので私はびっくりしてしまいました。");n();
}
function t843(){
c_l("843");
h("男");
t("がノートパソコンを操作するとノートパソコンの画面にはさっきブルセラ店で撮影された私のビデオが映し出されて、スピーカーからも私の声が聞こえてきました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と叫ぶ私の大きな声を聞かされて");c_count=0;
n();
}
function t844(){
c_l("844");
t("私が契約書にサインを済ませると");h("男");
t("は私の名前と住所を何度も確かめてから大事そうに契約書を大きなファイルにしまいました。");n();
}
function t845(){
c_l("845");
t843();
t("私はもうとても");h("男");
t("は逆らえないと諦めるしかありませんでした。");n();
t844();
}
function t846(){
c_l("846");
t("私は多分");c_count=0;
n();
t102();
t("も私と同じように契約書にサインさせられたにちがいないと確信しました。");n();
t102();
t("が一体どんなアダルトビデオを撮られたのか");h("男");
t("に聞く訳にもいかないと思って、私は黙っていました。");n();
}
function t847(){
c_l("847");
t("「じゃあ、撮影を始めるからな。普通にレイプされるのを撮したってアダルトビデオには成らないからな。最初は抵抗する素振りを見せて、体を弄られている内に興奮してきて男の言いなりになるんだ、できるだけ大げさな身振りで大声を出すんだ。上手く演技ができれば結構な金になる。こんなに良い仕事は無いぜ」と");h("男");
t("にそそのかされて私は仕方なく「判りました」と答えました。");n();
}
function t848(){
c_l("848");
t("「じゃあ、撮影を始めるから、ベッドに横になって貰おうか」と");h("男");
t("に言われて私は目の前のベッドに仰向けに寝そべりました。");n();
t("男達がすぐに私の両脇に体を寄せてきました。");n();
}
function t849(){
c_l("849");
t841();
t842();
t845();
t847();
t848();
t4544();
}
function t850(){
c_l("850");
t("ブルセラ店のホームページには他にもセーラー服を女子高生のビデオが販売されているのが見えました。");n();
t("女の子の顔を確かめてみると、一瞬");c_count=0;
n();
t102();
t("らしい顔が見えたので私はあれっと思いました。");n();
t("もしかしたら");c_count=0;
n();
t102();
t("も私と同じようにさっきのブルセラ店でビデオを撮影されたのかも知れないと不安な気持ちになりました。");n();
}
function t851(){
c_l("851");
t("私はきっと");c_count=0;
n();
t102();
t("もここでアダルトビデオを撮られたに違いないと思って「私初めてだからどんな風に演技したらいいのか判らないんです、演技の見本を見せて貰えませんか。最近撮った女子大生のビデオとかありませんか」と");h("男");
t("にそれとなく聞いてみました。");n();
t("「いやあ、なかなかいい心がけだね、自分から勉強したいというその気持ちが大事なんだよ」と");h("男");
t("が言いながらノートパソコンに映像を映してくれました。");n();
}
function t852(){
c_l("852");
t("ノートパソコンの画面に映ったのはやっぱり私が思った通り");h("アルバイトを紹介した人との関係");
c_count=0;
n();
t102();
t("で場所もこの部屋でした。");n();
t("セーラー服を着た");c_count=0;
n();
t102();
t("の上から体格のがっしりした男優さんが激しく腰を使っているのが見えて私は思わず息を飲みました。");n();
t("男優さんの腰が勢いよく突き立てるたびに");c_count=0;
n();
t102();
t("が体を震わせながら頭を仰け反らせている光景を見せられて私は体が熱くなって目眩がしてきました。");n();
t("今まで見たこともないような表情で");c_count=0;
n();
t102();
t("が顔を歪めて叫び声を上げるのを見て私は");c_count=0;
n();
t102();
t("が演技でやっているんじゃないと確信しました。");n();
}
function t853(){
c_l("853");
t("こんなに体中が悦びで満ちあふれるのが本当のセックスなんだと思うと私も体験してみたい期待で胸が一杯になりました。");n();
t("「私もこんな風にしてもらえるんですか」と私が思わず口に出して言うと");h("男");
t("は「もちろん、男優さんはみんな今日もビンビンで元気いっぱいだぜ、たっぷり可愛がって貰えるよ」と私を励ますように答えてくれました。");n();
t("私の胸の中は半分怖いような、それでいて半分は期待するような気持がぶつかり合って心臓が押しつぶされそうに成りました。");n();
}
function t854(){
c_l("854");
t("「よろしくお願いします」と私が頭を下げて言うと「じゃあ、本番撮影開始」と");h("男");
t("が部屋にいた男優さんに声を掛けました。");n();
}
function t855(){
c_l("855");
t("「おい、もっと面白いビデオをみせてやるぜ、契約書にサインしないつもりなら、その時はどんな目に遭うのか、その目でよく見るんだな」と");h("男");
t("が言うとパソコンを操作しました。");n();
t("パソコンの画面に映った画像を見せられても、すぐには何が写っているのか判りませんでした。");n();
t("「どうだ、");c_count=0;
n();
t105();
t("がどんな目に遭わされたのかよく見るんだ。サインを断ったりしたらこの");c_count=0;
n();
t105();
t("みたいに縛られてつるし上げられて鞭で打たれるんだぜ」と");h("男");
t("に言われて私は画面に映っているのが");c_count=0;
n();
t102();
t("だと気が付きました。");n();
t("いったい");c_count=0;
n();
t102();
t("がどんな目に遭わされたのか確かめなければいけないとおもって、画面をよく見ると");c_count=0;
n();
t102();
t("の体は真っ赤な太い縄で縛られて天上から釣り下げられているのが判りました。");n();
t("画面が切り替わると大写しになって");c_count=0;
n();
t102();
t("体中に太い縄が巻き付けられて背中を上にして海老ぞりの格好で宙に浮かんでいるのがはっきりと見えました。");n();
t102();
t("は苦しくて顔を歪めて、今にも死にそうな顔で痛みに耐えていました。");n();
t("パソコンのスピーカーから「しぶとい女だぜ、もっと痛い目に遭わせてやれ」と男の声が聞こえると、ピシッという鞭の音と同時に");c_count=0;
n();
t102();
t("が大声で悲鳴を上げるのが聞こえてきました。");n();
t("いくら何でもこんな酷い目に遭わされたら");c_count=0;
n();
t102();
t("だって逆らえるはずはないと私はすぐに気が付きました。");n();
t("契約書にサインしなければ私も同じ目に遭わされるんだと判って私は体が震えてきました。");n();
t("「おいこの女がどんな目にあったのかもっと見せてやるぜ」と");h("男");
t("が言うとパソコンを操作しました。");n();
t("真っ赤に燃える大きな蝋燭が画面一杯に映し出されると、傾いた蝋燭の先端から溶けた蝋が");c_count=0;
n();
t102();
t("の背中にしたたり落ちるのを見せられて私はテレビの画面を見ていられなくて俯いて目をそらせました。");n();
t("蝋の熱さに耐えかねた");c_count=0;
n();
t102();
t("の甲高い悲鳴が私の耳に響くと私は体が震えて止まらなくなりました");n();
t("こうなったらもうとても");h("男");
t("には逆らえないと諦めて私は「判りました、サインでも何でもします」と震える声で");h("男");
t("に告げました。");n();
}
function t856(){
c_l("856");
t("「おい、もっと面白いビデオをみせてやるぜ、このビデオをみたら誰だってアダルトビデオに出たくなるはずだぜ」");n();
t("「今まで体験したことがない、最高のセックスを体験できるんだぜ」");n();
t("「男優さんはみんなプロ中のプロ。女の扱いにはなれてるからね」");n();
t("「どんな女だって一度体験したら、もう二度と忘れられなくて何度でもアダルトビデオに出たくなるんだぜ」");n();
t("「お金もたっぷり貰えるし、将来はテレビに出て女優さんにだって慣れるし、グラビアアイドルで大人気。こんないい話しはないだろう、断った女なんて今まで一人もいないぜ」と");h("男");
t("は調子の良い台詞を並べながらパソコンを操作しました。");n();
}
function t857(){
c_l("857");
t("チャンスは今しかない、このチャンスを逃したら二度とこんな体験をするチャンスなんてあるはずないと私は自分に言い聞かせました。");n();
t("「契約書にサインすれば、私も");c_count=0;
n();
t102();
t("と同じ体験させて貰えるんですか」と私が聞くと");h("男");
t("は「もちろん、撮影は今すぐだ、");h("私の愛称");
t("も女優さんの仲間入りだね」と調子よく答えました。");n();
t844();
t("「じゃあ、撮影始めるからね」と");h("男");
t("が言うとさっそく男優さんが私に近づいてきました。");n();
}
function t858(){
c_l("858");
t("私のすぐ目の前まで男優さんが歩み寄ると、腰を私の目の前に突き出してきました。");n();
t("信じられないような大きさの");h("男性性器の愛称");
t("が上を向いているのを見て私は急に怖くて寒気がしてきました。");n();
t("私が逃げ出そうとして立ち上がると、すぐに男達に取り押さえられてベッドの上に放り出されました。");n();
}
function t859(){
c_l("859");
t("私はボールペンで契約書に名前を書こうとしましたが、とっさにいいアイデアを思いつきました。");n();
t("ボールペンを紙から少し浮かせて、名前を書いた振りをしてから「このボールペン書けません、他のボールペンありませんか」と");h("男");
t("に言ってみました。");n();
h("男");
t("は他のボールペンを探しましたが、すぐには見つからない様子でした。");n();
t("「ちょっと待っててくれないか、奥の事務所に有るはずだから」と");h("男");
t("は席を立つと奥の部屋に入っていきました。");n();
t("私は逃げるならチャンスは今しかないと思って、立ち上がると部屋に入るとき通ったドアめがけて突進しました。");n();
}
function t860(){
c_l("860");
t("ドアを開ければ廊下の先に玄関が有るはずでしたが、ドアを開けてみると別の部屋に通じていて逃げ場所はありませんでした。");n();
t("「おい、なんのつもりだ、早くサインするんだ、それともお仕置きをして欲しいのか」と私の後から");h("男");
t("の声が聞こえてきて私は部屋の様子がなんだか変なのに気が付きました。");n();
t("部屋の天上には大きな梁があって、梁の中央から鎖が垂れ下がって床まで伸びていました。");n();
t("鎖の下には大きなマットレスが敷いてあり、マットレスの中央には薄汚れた染みで汚れていました。");n();
t("部屋は壁には真っ赤な縄が束になって掛けてあるのが見えました。");n();
t("私はついさっき見たSMビデオがこの部屋で撮影されたビデオらしいと気が付いて背筋が寒くなりました。");n();
t("「おい、構わねえから、たっぷりお仕置きしてやれ」と");h("男");
t("の声が私のすぐ後から聞こると、男達が私の両腕をしっかりと掴んで縛り始めました。");n();
}
function t861(){
c_l("861");
t("両方の腕と足を縛り付けれて床に寝転がされると私の体は海老ぞりの格好で鎖で釣り上げられて宙に浮きました。");n();
t("何でこんな事になってしまったんだろうと、私は自分のしたことを後悔しました。");n();
h("男");
t("が鞭を手にすると、私の背中を打ち付けてきました。");n();
t("激しい痛みに耐えかねて私が大きく叫び声を上げるとすぐに次の鞭が私の背中に飛んできました。");n();
}
function t862(){
c_l("862");
as862=new Array("863","866","864","865");
e_l(as862);
}
function t863(){
c_l("863");
t841();
t842();
t850();
t843();
t("私は俯いたまま返事ができませんでした。");n();
t856();
t852();
t853();
t857();
t854();
t858();
t4544();
}
function t864(){
c_l("864");
t841();
t842();
t850();
t843();
t("私は俯いたまま返事ができませんでした。");n();
t855();
t844();
t847();
t848();
t4544();
}
function t865(){
c_l("865");
t841();
t842();
t850();
t843();
t("私は俯いたまま返事ができませんでした。");n();
t855();
t859();
t860();
t861();
t4544();
}
function t866(){
c_l("866");
t841();
t842();
t850();
t845();
t846();
t847();
t851();
t852();
t853();
t854();
t4544();
}
function t867(){
c_l("867");
t832();
t4();
t868();
}
function t868(){
c_l("868");
as868=new Array("1201","1200");
e_l(as868);
}
function t869(){
c_l("869");
t4();
t874();
t915();
t917();
}
function t870(){
c_l("870");
as870=new Array("871","872","873");
e_l(as870);
}
function t871(){
c_l("871");
t4();
t874();
t912();
t913();
t914();
}
function t872(){
c_l("872");
t4();
t874();
t915();
t916();
}
function t873(){
c_l("873");
t4();
t874();
t918();
t919();
t920();
t921();
t916();
}
function t874(){
c_l("874");
t792();
t875();
t878();
t881();
t891();
t894();
}
function t875(){
c_l("875");
as875=new Array("876","877");
e_l(as875);
}
function t876(){
c_l("876");
t("大学の生協でアルバイトニュースを買ってから、ワープロの募集を調べてみました。");n();
t("たくさん募集があってどこにしていいのかわかりませんでしたが、大学の近くなら便利だと思いよさそうな所を選びました。");n();
}
function t877(){
c_l("877");
t("学生課の掲示板でワープロの仕事をいろいろ探してみました。");n();
t("ワープロの仕事はありまなかったのですが、何社か募集がありました。");n();
t("どこにしようかと思いましたが、大学に近い方が便利だと思い一番近そうな所の電話をメモしました。");n();
}
function t878(){
c_l("878");
as878=new Array("879","880");
e_l(as878);
}
function t879(){
c_l("879");
t("大学の公衆電話で電話してみると事務の女の子らしい声で、履歴書をもって面接に来て下さいと言われました。");n();
}
function t880(){
c_l("880");
t("大学の公衆電話で電話してみると担当者の男性らしい声で、履歴書をもって面接に来て下さいと言われました。");n();
}
function t881(){
c_l("881");
as881=new Array("882","883");
e_l(as881);
}
function t882(){
c_l("882");
t884();
t887();
t890();
}
function t883(){
c_l("883");
t884();
t888();
t889();
}
function t884(){
c_l("884");
as884=new Array("885","886");
e_l(as884);
}
function t885(){
c_l("885");
t("翌日大学の授業が終わってから指定された場所にいくと新しいビルの五階でした。");n();
}
function t886(){
c_l("886");
t("翌日大学の授業が終わってから指定された場所にいくとみすぼらしいくらいに古いビルの五階でした。");n();
}
function t887(){
c_l("887");
t("係の人が出てきて履歴書を見ながらすこし世間話をしました。");n();
}
function t888(){
c_l("888");
t("担当の男性がでてきて履歴書を一通り見た後、「ところで彼氏なんかいるのかな」と聞かれました。");n();
t("彼氏なんかどうでもいいのに、きっとセクハラなんだ採用する気なんかないんだと思い黙ってました。");n();
}
function t889(){
c_l("889");
t("じゃあ後日連絡しますと言われたので、てっきり駄目だと思って諦めて帰りました。");n();
}
function t890(){
c_l("890");
t("それから何時から来られますかとか週何回とかの話をして、では結果は後日電話を差し上げますと言われました。");n();
}
function t891(){
c_l("891");
as891=new Array("892","893");
e_l(as891);
}
function t892(){
c_l("892");
t("翌日電話があって明日から来て下さいと言われました。");n();
}
function t893(){
c_l("893");
t("不安な気持ちで電話が来るのを待っていると、数日経ってやっと電話があり明日から来て下さいと言われました。");n();
}
function t894(){
c_l("894");
as894=new Array("895","896");
e_l(as894);
}
function t895(){
c_l("895");
t("私の席だからと、机の所に連れていかれました。");n();
t("じゃあ今日はこれ読んでくださいとワープロのマニュアルを渡されました。");n();
t("大学の情報処理演習で習っているのと同じソフトだったのでこれならすぐできると思いました。");n();
t("しかしすぐに仕事を始めるよりはワープロのマニュアルを読んでいた方が時間が稼げるからと思いしばらくマニュアルを読むことにしました。");n();
t("当日はマニュアルを読むだけで終わったので、これでお金がもらえるのだから得をしたと思いました。");n();
t("翌日からは手書きの草稿を入力する仕事が始まりました。");n();
t("分量はそれほど多くなかったので私はわざとゆっくり入力することにしました。");n();
t("ばれたら怒られるかと思いましたが誰も私の仕事ぶりを見ている人などいませんでした。");n();
}
function t896(){
c_l("896");
t("スーツを着て来て下さいと言うのでいちおうそれらしい格好で行きました。");n();
t("会議室で待っていると営業課長さんがでてきて名刺の束を渡されました。");n();
t("一枚でいいのにと思っていると渡されたのは私の名刺でした。");n();
t("なんで私の名前の入った名刺なんか渡されるのだろうと思って変に思っていると、これから東洋システムという会社に行くから一緒に来るようにとの話でした。");n();
t("「君は内の社員ということにしてあるからね、そのつもりで」と言われました。");n();
t("荷物もあるからとタクシーで東洋システムの会社まで行きました。");n();
t("受付を通って中にはいるとシステム部の開発課の部長さんに紹介されました。");n();
t("一応紹介されてからすぐ席に連れていかれました。");n();
t("狭い部屋には机がたくさんならんでいて案内されたのはパソコンの前でした。");n();
t("今度の新システムの設計書を、納品用にワープロで清書するのが仕事でした。");n();
t("渡された分はそんなに多くなくて、これならゆっくりやってもすぐ終わると思いました。");n();
}
function t897(){
c_l("897");
t898();
t908();
}
function t898(){
c_l("898");
as898=new Array("906","907");
e_l(as898);
}
function t899(){
c_l("899");
as899=new Array("904","905");
e_l(as899);
}
function t900(){
c_l("900");
as900=new Array("901","902");
e_l(as900);
}
function t901(){
c_l("901");
t("夕方になって、歓迎会をしますから来て下さいと言われました。");n();
t("私はただのアルバイトなのにと思いましたが、その会社ではアルバイトの女の子でも歓迎会をするのが当たり前なようでした。");n();
}
function t902(){
c_l("902");
t("夕方になって、歓迎会をしますから来て下さいと言われました。");n();
t("私はアルバイトなのにわざわざ歓迎会をするなんてと思いましたが、ほかにも入社した人がいるらしくてその人の歓迎会についでに招待されただけのようでした。");n();
}
function t903(){
c_l("903");
t("私は適当にほかの人の相手をしていればいいと思いましたが、社員の女性の人が男性社員にお酌をして回っていたので、私もこれはお酌をしなければいけないと思いました。");n();
}
function t904(){
c_l("904");
t900();
t903();
t("愛想をふりまいてお酌をして回ると「彼氏はいるの」とか聞かれて困りました。");n();
t("「一人だとさみしいだろう、俺の胸で泣かしてやるよ」と部長さんが半分冗談の様に私に言います。");n();
t("私は悔しくて泣き出しそうな気分になりましたが、じっとこらえて笑顔を作ってごまかしました。");n();
}
function t905(){
c_l("905");
t900();
t903();
t("愛想をふりまいてお酌をして回ると「大学はどこ」と聞かれました。");n();
t("女子大だ判ると「じゃあ今度合コンをしよう」と男の子が言い出しました。");n();
t("どうせお酒の席の話だと思って知らん顔していると、他の男の子も声をそろえて私を問いつめて来ました。");n();
t("私は仕方なく「今度クラブの先輩に頼んでみますね」と返事をしました。");n();
t("すると男の子達はもう合コンの予定が決まったと思いこんだのか、うれしそうに笑っていました。");n();
}
function t906(){
c_l("906");
t899();
t("早めに帰ろうとしたのですが、2次会にカラオケに行こうと無理矢理誘われました。");n();
t("私は何度も断ったのですが、結局近くのカラオケボックスまで連れ込まれてしまいました。");n();
t("男の子達は、みんな機嫌よく歌っていて、とても私だけ帰ることはできませんでした。");n();
t("私は仕方なくこの間学園祭でやったお得意のモーニング娘の曲などを踊りも適当につけて歌いました。");n();
t("すると男の子達は一緒になって踊りを始めて結局大騒ぎになってしまいました。");n();
}
function t907(){
c_l("907");
t899();
t("歓迎会もようやく終わって帰ろうとすると二次会にしつこく誘われました。");n();
t("私はなんとか断ろうとしたのですが、無理矢理に連れて行かれました。");n();
t("小さなクラブのような店は部長さんの行きつけの店らしくて、クラブのママが部長さんと親しげに話していました。");n();
t("部長のおごりということらしく、同じ課の男の子が代わる代わるカラオケで歌い始めました。");n();
t("クラブのママがなにか曲を選ぶと部長さんに私とデュエットするように勧めました。");n();
t("なんだか知らない曲でしたが、部長さんとならんで適当に歌うと部長さんが私の肩から腰を撫で回してきました。");n();
t("これはセクハラだと思いましたが、なんとか歌が終わるまで我慢しました。");n();
}
function t908(){
c_l("908");
as908=new Array("910","911");
e_l(as908);
}
function t909(){
c_l("909");
t("終電でアパートに帰ると明日の締め切りのレポートをなんとか書こうとしましたが、頭が重くなってとても書けませんでした。");n();
t("しかたなく朝早く起きてレポートを書こうと思って寝ました。");n();
t("しかし朝起きようと思ってもどうしても起きられませんでした。");n();
}
function t910(){
c_l("910");
t909();
t("レポートをどうしようと思いながら授業に出ると、授業中にレポートを書いてる人がいました。");n();
t("私もそれしかないと思い授業中にレポートを書くことにしました。");n();
t("授業の後レポートをやっとのことで出すと一安心しました。");n();
}
function t911(){
c_l("911");
t909();
t("大学に行って教室で");h("女友達");
t("を捕まえて「レポート写させて」となんとか頼み込んで、授業中に");h("女友達");
t("のレポートを必死で写しました。");n();
t("なんとか授業の終わりまでにはレポートを写すと、締め切りぎりぎりに提出してほっとしました。");n();
}
function t912(){
c_l("912");
t4();
t("夕方になって貸金庫にフロッピーを入れてきてくださいと言われました。");n();
t("貸金庫の鍵を渡されましたが私は鍵をどう使っていいのかわかりませんでした。");n();
v["男"]="係長さん";
t648();
t("ちょうど");h("男");
t("がいたので「貸金庫でどうしたらいいんでしょか」と聞いてみました。");n();
t("すると");h("男");
t("が一緒にきて教えてくれるといいます。");n();
t("私は");h("男");
t("と一緒に銀行に行きました。");n();
t("鍵を使って貸金庫に入ると今度は梯子を使って上の方まで登らないと手が届きませんでした。");n();
}
function t913(){
c_l("913");
t("私は梯子の上まで登ってフロッピーを納めると、梯子を降りようとしました。");n();
v["快感"]="異常感";
v["梯子"]="滑り台の梯子";
t4444();
h("男");
t("は帰りを私のアパートまで送るというので、車で送ってもらうことにしました。");n();
}
function t914(){
c_l("914");
as914=new Array("4020","4038");
e_l(as914);
}
function t915(){
c_l("915");
t4();
t("マニュアルも読み終り時間だから帰ろうとすると部長によびとめられました。");n();
v["男"]="部長さん";
t648();
t("歓迎会とかでこれからみんなで飲みにいこうと言われました。");n();
t("私の歓迎会に私がでないわけにもいかないと思い私はしかたなくついて行きました。");n();
t("近くの飲み屋に連れて行かれると、次は二次会に誘われました。");n();
t("なんとか帰ろうとしたのですが、引き留められて帰ることができませんでした。");n();
t("タクシーに乗せられて今度は六本木のカラオケスナックとか言われました。");n();
h("男");
t("に抱き抱えられるようにしてカラオケの相手をさせられ、帰りはタクシーになりました。");n();
v["下の衣類"]="スカートと下着";
}
function t916(){
c_l("916");
as916=new Array("3631","4038","4020","917");
e_l(as916);
}
function t917(){
c_l("917");
t("タクシーのなかで");h("男");
t("によりかかって寝ているうちに、ラブホテルに連れていかれました。");n();
t4();
t3640();
}
function t918(){
c_l("918");
t("マニュアルを読んでいると部長さんが「ちょっとお客さんにお茶を出してくれないか」と私のところに言いに来ました。");n();
t("いつもお茶をいれている部長の秘書さんが今日は休んでいるからと言われました");n();
v["男"]="社長さん";
t649();
t("お客さんは関西の大手の建築会社の社長さんだそうで、失礼のないように部長さんに言われました。");n();
t("私は給湯室にいってお茶の道具を探してお茶の用意をして会議室にもっていきました。");n();
}
function t919(){
c_l("919");
t("時間になって帰ろうとすると「これから");h("男");
t("の接待につきあってほしい」と部長さんに言われました。");n();
t("なんでも");h("男");
t("が私のことをとっても気に入ったそうです。");n();
t("私は困ってしまいましたが断るわけにもいこないので行くことにしました。");n();
}
function t920(){
c_l("920");
t("車に");h("男");
t("と一緒に載せられてついたのは高級な料亭のようなところでした。");n();
t("私は部長さんにお酌をするよう言われて");h("男");
t("のお酌を一生懸命しました。");n();
}
function t921(){
c_l("921");
t("ようやくお開きになったとき私は帰ろうとしましたがまだ二次会のカラオケがあるからとお客さんと一緒の車に乗せられました。");n();
t("カラオケのあと帰りを送るからとまた");h("男");
t("と一緒の車に乗せられました。");n();
}
function t922(){
c_l("922");
as922=new Array("923","924","938","941","945","954","958");
e_l(as922);
}
function t923(){
c_l("923");
t4();
t515();
t969();
t669();
t973();
t4();
t959();
t960();
}
function t924(){
c_l("924");
t4();
t515();
t969();
t669();
t925();
t4();
t("なにがなんだか分からなくて一緒に連れて行かれたのは近くの映画館でした。");n();
t4477();
t("これで、映画館で痴漢にあった体験談が書けるだろうと言われました。");n();
t("私はそれでもまだ書けませんと断りました。");n();
t("するとじゃあもっとすごい体験もさせてやると言われました。");n();
t("私はどうしていいのか分からず返事もできませんでした。");n();
t("映画館を出るとそのまますぐ近くのラブホテルに連れ込まれました。");n();
t4439();
}
function t925(){
c_l("925");
t("しばらくすると読者アンケートを集計してくれと言われて、投稿の手紙の束を渡されました。");n();
t("読んでみると、痴漢体験の告白投稿でした。");n();
t("一番過激なのを体験手記として載せるから選んでくれと言われて私はそれらしいのを選びました。");n();
t("しかし、これじゃ記事にならないから私が記事にできるような痴漢体験を書けと言われました。");n();
t("私はしかたなく高校の時の痴漢の出来事を書いてもっていくと、こんなんじゃ記事にならないだろうとしかられました。");n();
t("私はそんなすごい痴漢にあってないので体験してないことは書けませんと断りました。");n();
t("するとこれから一緒に映画館にこいと言われました。");n();
}
function t926(){
c_l("926");
t("しばらくすると読者アンケートを集計してくれと言われて、投稿の手紙の束を渡されました。");n();
t("読んでみると、Hな体験の告白投稿でした。");n();
t("私はびっくりして断ろうとしましたが、この忙しいのにわがまま言ってないでさっさとやれと言われて相手にもしてもらえませんでした。");n();
t("一番過激なのを選べばいいと思って、それらしいのを選んで、これが一番すごいですと言って持っていくと、これはだめだと言われました。");n();
t("この人は、毎月送ってくる投稿マニアで、採用されたときの記念品目当てだからだめだと言うのでした。");n();
t("そういえばなんか話がみるからに嘘みたいでした。");n();
t("それで、夜の公園での体験を書いたのを選びました。");n();
t("するとこれから撮影にいくから一緒にくるように言われました。");n();
t("体験告白につける写真を撮るからと言われびっくりしました。");n();
t("しかし、アルバイト代が結構いいので、写真くらいならと思い行くことにしました。");n();
}
function t927(){
c_l("927");
t("入り口には上映中の映画の大きな看板がでていました。");n();
t("映画館の中にはいると、映画は上映中でスクリーンが明るく見えました。");n();
h("男");
t("と並んで席に着くと、私は変な映画だったら困るなと心配になりました。");n();
t("映画の場面は、戦場のようで普通の映画らしいので安心しました。");n();
}
function t928(){
c_l("928");
t("銃撃戦の音が響くなかで、私のすぐ近くの通路を女子高生らしい女の子が通りました。");n();
t("女子校生は席をさがしているようすでしたが、空いている席はいっぱいあるのに、通路を何度か往復していました。");n();
}
function t929(){
c_l("929");
t("しばらく時間がたってから、後ろの席を振り返ると、さっきの");h("女友達");
t("の両脇には");h("オトコ");
t("がすわり");h("女友達");
t("の胸のあたりに手が押し当てられているのが見えました。");n();
t("やっぱりさっきの話は本当だったんだと分かって急に胸がドキドキしてきました。");n();
}
function t930(){
c_l("930");
t931();
h("女友達");
t("も");h("男");
h("達");
t("と一緒にでていくのが見えました。");n();
t("私は気づかれないように少し遠くから後を付けることにしました。");n();
}
function t931(){
c_l("931");
t("映画が終わると場内に明かりがつき観客も席を立ち始めました。");n();
}
function t932(){
c_l("932");
t931();
h("女友達");
t("は席を立ちながら、私を探すように視線を向けてきました。");n();
t("私と目があった瞬間");h("女友達");
t("は何か言いたそうな顔をしました。");n();
t("すると横にいた痴漢の");h("オトコ");
t("が");h("女友達");
t("を促すようにして通路まで歩かせました。");n();
h("女友達");
t("はそのまま男達に両脇を挟まれて、お尻を手で押されるようにして、出口へと歩いていきました。");n();
t("このあとまだ続きがあるからそれを見に来るように");h("女友達");
t("が合図したに違いないと私は思いました。");n();
t("私は気づかれないように少し遠くから後を付けることにしました。");n();
}
function t933(){
c_l("933");
t("「あの女は、");h("オトコ");
t("を漁るためにああやってセーラー服来て映画館に来るんだ。おとなしそうな顔してるが、本当はドスケベ女さ」と聞かされて本当にびっくりしました。");n();
}
function t934(){
c_l("934");
t343();
t("「あの女は");h("女友達の劣称");
t("と言ってね、この近くの信用金庫につとめてるんだが、");h("オトコ");
t("を漁るためにああやってセーラー服来て映画館に来るんだ。かわいい顔してるから若く見えるけど、もう30過ぎなんだぜ」と聞かされて本当にびっくりしました。");n();
}
function t935(){
c_l("935");
t("それから少し後ろの席に一人で座ったようでした。");n();
t("「ここは痴漢の名所でね」と");h("男");
t("が私の耳元でささやくように言いました。");n();
t("「セーラー服着て座れば必ず痴漢にあうんだ、今の女もいつもの痴漢をさがしてたのさ、」と話が続きます。");n();
t934();
t("「映画館で痴漢されたあと、公園にいつもいくんだが、面白いから後を付けていって見るんだな。そうすればいい記事が書けるから」と言うと");h("男");
t("は席をたって映画館をでていきました。");n();
}
function t936(){
c_l("936");
t927();
t928();
t935();
t226();
t929();
}
function t937(){
c_l("937");
t("映画館をでると大通りを渡り細い小道を入っていきます。");n();
t("曲がりくねった細い小道を通り過ぎると広い公園にでました。");n();
t("街灯もなく真っ暗な公園の中を");h("女友達");
t("と");h("男達");
t("が歩いていくと電話ボックスがあり、その前にベンチがいくつか置いてありました。");n();
t("ベンチには恋人らしい男女が何組かあやしげた雰囲気で抱き合っていました。");n();
h("女友達");
t("はベンチに座ると、");h("男達");
t("が両脇に座りました。");n();
t("私は大きな木の陰で様子をみることにしました。");n();
h("女友達");
t("はベンチに座った");h("男");
t("の前に跪くと");h("男");
t("の腰に顔を埋めました。");n();
t("私にはなにをしているのかすぐ分かりました。");n();
t("もう一人の");h("男");
t("が");h("女友達");
t("のセーラー服のスカートを後ろからめくり上げて");h("下着");
t("を膝まで降ろさせました。");n();
h("女友達");
t("の");h("花園");
t("が暗い街灯の陰になってこちらに向けられました。");n();
t("私がびっくりして見ていると、急に私の後ろから声がかけられました。");n();
t("「あんな風にされたいんだろう」との");h("男");
t("の言葉に私は体中が凍り付きました。");n();
t("私のすぐ後ろにはいつの間にか");h("男");
t("が二人立っていました。");n();
h("男");
h("達");
t("は私を抱きかかえて植木の木立の裏に連れ込みました。");n();
t4580();
}
function t938(){
c_l("938");
t4();
t515();
t969();
t669();
t925();
t4();
t936();
t930();
t4();
t226();
t937();
}
function t939(){
c_l("939");
t("女子高生が");h("男");
t("の方を振り返って見また時、");h("男");
t("は軽く目で合図をしていました。");n();
t("女子高生も軽くうなずくようにして返事を返しました。");n();
t343();
t("そのときになって私は女子高生が編集の");h("女友達");
t("に間違いないのに気が付きました。");n();
t("雑誌の編集をしていて、自分でも連載で記事を書いているとか紹介された記憶がありました。");n();
t("私のびっくりしたような顔を見て");h("男");
t("は「あの子はああやってわざと痴漢にあってそれを記事にしてるんだ。君も見習ったほうがいいよ、記事を書こうと思ったら自分の体を張るくらいの覚悟はしないと」と言われて、私はずいぶん大変な仕事なんだと思いました。");n();
t("すると「もっとも痴漢に会うのは半分趣味でやってるんだけどね」と");h("男");
t("は笑ってみせました。");n();
t("まあ「");h("女友達の劣称");
t("が痴漢にあったらそれを記事にでも書いてくれるよね」と調子のいい事を言うと");h("男");
t("は私を置いて帰ってしまいました。");n();
}
function t940(){
c_l("940");
t927();
t928();
t939();
t226();
t929();
}
function t941(){
c_l("941");
t4();
t515();
t970();
t669();
t925();
t4();
t940();
t932();
t4();
t226();
t937();
}
function t942(){
c_l("942");
t927();
t250();
t928();
t("それから通路の一番後ろまで行くと、席の後ろに立って立ち見をする様子でした。");n();
t("私は席がいっぱい空いているのにどうしてなのかしらと不思議に思いました。");n();
t("私の様子を見て「ここは痴漢の名所でね」と");h("男");
t("が私の耳元でささやくように言いました。");n();
t("「後ろで立ち見をすれば必ず痴漢にあうんだ、だから痴漢に会いたい女がああやって後ろに立ち見するってわけさ」と話が続きます。");n();
t("私はそんな馬鹿な事はあるはずがないと思いました。");n();
t("しかしもう一度後ろを振り返って見ると、");h("女友達");
t("のすぐ後ろには両脇から中年の男性が寄り添うように近づいて、なにか様子が変でした。");n();
h("女友達");
t("のスカートが後ろからめくられて、胸にも手が押し当てられているのが見えました。");n();
t("私はやっぱり本当なんだとびっくりして前を向き直りました。");n();
t("「映画が終わったら、近くのロッテリアのトイレで");h("フェラチオ");
t("させるのがいつものコースなんだぜ」と");h("男");
t("が言います。");n();
t("私は今度ばかりは私をからかって作り話をしているに違いないと思いました。");n();
t("映画が終わると、場内が明るくなり私達は席を立ちました。");n();
t("立ち見をしていた");h("女友達");
t("はもうどこに行ったのか見あたりませんでした。");n();
t("映画館を出てから「ちょっとお茶飲んで行こう」と");h("男");
t("が言いました。");n();
t("私も、映画館に座っていてすこし疲れたので出版社に帰るまえにお茶くらいはいいと思いました。");n();
t("角をまがると、すぐにロッテリアがありました。");n();
t("そういえばさっき");h("男");
t("がロッテリアでどうのこうのと言っていたのを思い出しました。");n();
t("入り口を入ろうとするとすぐ目の前のガラス越しに");h("女友達");
t("がスカートの股を広げて座っているのが目にはいりびっくりしました。");n();
h("女友達");
t("の両脇には中年の");h("オトコ");
t("が座り");h("女友達");
t("の胸や腿のあたりに手を伸ばしていました。");n();
t("さっきの映画館の");h("女友達");
t("でした。");n();
t("私達はカウンターでコーヒーを飲むと、奥の席に座りました。");n();
t("「どうだ言った通りだろう、このあとは、トイレにつれて行かれて");h("フェラチオ");
t("ってわけだ」と");h("男");
t("に言われて私はやっぱりそうなのかしらと思いました。");n();
t933();
t("コーヒーを飲み終わって帰ろうとすると");h("女子高生");
t("がトイレに立つのが見えました。");n();
t("すこし遅れてさっきの中年の");h("オトコ");
t("が二人後を付けるようにしてトイレに入っていきました。");n();
t("私はやっぱり");h("男");
t("の話はとても信じられないけれど本当だったのだとわかりました。");n();
}
function t943(){
c_l("943");
t("出版社に戻ると");h("男");
t("に言われてさっきの");h("女友達");
t("の事を体験記事にまとめました。");n();
t("もっと具体的に何をされたのか書かないとだめだと何度も書き直しをさせられました。");n();
t("トイレのなかで");h("フェラチオ");
t("をした場面は見たわけでもないのでどう書いていいのか分かりませんでした。");n();
t("原稿を書きながらいろいろ想像するとそれだけで体が熱くなってきました。");n();
}
function t944(){
c_l("944");
t943();
t("ようやく「あとは、俺が書き直すからもういいよ」と");h("男");
t("が言ってくれたので私は帰ることにしました。");n();
t("ちょうどさっきのロッテリアの角にきたとき二人組の男性が角を曲がって来るのが見えました。");n();
t("さっきの痴漢の二人組に間違いありませんでした。");n();
t226();
h("男");
t("は映画館に戻る様子でした。");n();
t("きっとまた別の女を漁りに映画館に戻るのに間違いないと思いました。");n();
t("その瞬間に、今度は私が映画館で痴漢されたらすごいだろうなと言う思いが頭をかすめました。");n();
t("そしてロッテリアでトイレに連れ込まれて");h("フェラチオ");
t("させられたらもっとすごいだろうと、頭から離れなくなりました。");n();
t("私は震えそうになる足で");h("男");
t("の後から映画館に入りました。");n();
t("後ろで立ち見をしながら私は心臓がやぶれそうな気持ちで次に起こるはずの出来事を待ちました。");n();
t("さっきの二人の");h("男");
t("が何気ないそぶりで私の両脇に近づいてくるのが分かりました。");n();
t4534();
t("映画が終わると、私は");h("男");
t("に連れられて外にでました。");n();
t("連れていかれたのはさっきのロッテリアでした。");n();
h("女子高生");
t("がすわっていた席に座らされると、ガラスの向こうは夜の人通りでした。");n();
t4479();
t("私は次はトイレに行かされると分かっていたので自分から「トイレに行かせてください」と小さな声で");h("男");
t("に頼みました。");n();
t("席を立つとすこし遅れて");h("男");
t("が後から着いてくるのがわかりました。");n();
t("女子トイレに入ると、ドアを開けたまま、");h("男");
t("が入ってくるのを待ちました。");n();
t("私はさっきの");h("女友達");
t("と同じ目に遭わされると思うと体中ががたがた震えてきました。");n();
t4591();
}
function t945(){
c_l("945");
t4();
t515();
t969();
t669();
t925();
t4();
t942();
t4();
t944();
}
function t946(){
c_l("946");
h("男");
t("に「書けましたから見て下さい」と言って記事を見せると、ちらっと見ただけで「これじゃだめだから、書き直しだ」と言われました。");n();
t("私はどこを直していいのか分からずに何度か書き直してみましたが、そのたびにこんな記事は使えないと突っ返されました。");n();
t("私は「いったいどこをどう直せばいいんですか」と半分泣きだしそうになりながら聞くと、もっと「自分で実際に体験したような書くんだ、それが体験手記なんだ」と言われました。");n();
t("私はそれでも「じゃあ、体験したような書き方はどう書けばいいんですか」としつこく食い下がりました。");n();
}
function t947(){
c_l("947");
t("すると「だから、実際に取材して書けといってるだろう、もう一度映画館で取材して来い」と言われました。");n();
t("映画館で自分からわざと痴漢にあってその体験を書けということだとやっと気が付いて私は涙がこみ上げてきました。");n();
t("しかし");h("男");
t("はまったく知らん顔をしていました。");n();
t("私はともかく記事を書かないと行けないと思いながら、もう一度映画館に行くことにしました。");n();
}
function t948(){
c_l("948");
t("さっきのロッテリアの前を通りかかると、もしかしたらさっきの");h("女友達");
t("がまだその辺にいるかもしれないと思いつきました。");n();
t("もし都合よく");h("女友達");
t("を見つけられて取材できれば、自分で体験しなくてももっといい記事が書けるに違いないと思いました。");n();
t("カウンターでコーヒーを頼んで、客席を丹念にさがすと、隅のほうで見覚えのあるセーラー服を見つけました。");n();
t("さっきの");h("女友達");
t("に間違いありませんでした。");n();
t("私はおそるおそる近づくと「こんにちは」とひとまず声をかけました。");n();
h("女友達");
t("は誰か知り合いにでも声をかけられたのかと思ったのか気軽な笑顔で答えてくれました。");n();
t("私はどうきりだして良いのか分からずに「さっき映画館で映画みてませんでしたか」と聞いてみました。");n();
t("すると「見てたけど」と相変わらず明るい顔で返事が返ってきました。");n();
t("「こんなこと聞いたら失礼かもしれませんけど、痴漢に会いませんでしたか」とまたおそるおそる聞いてみました。");n();
t("すると「あ見てたの、アルバイトなのよこれ」と返事が返ってきました。");n();
t("アルバイトとの言葉にびっくりしていると「痴漢プレーのアルバイトでね、ここで携帯から連絡が来るのを待ってね、そんで客がきたら、映画館にいって、痴漢の相手をするってわけ、あなたもやりたいんでしょう、楽なアルバイトだし金にもなるから」と私が聞きもしないのに話を聞かせてくれました。");n();
t("私はこれは絶対すごい記事が書けると、胸が躍りました。");n();
}
function t949(){
c_l("949");
t("「やりたいんなら紹介してあげるから」と");h("女友達");
t("に言われて私は");n();
t("「お金欲しいんです私、是非お願いします」と頼みました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("は携帯でどこかと話をすると「すぐ近くだからこれから行ってね、」と私に言いました。");n();
h("女友達");
t("の言った事務所はロッテリアのすぐ裏でした。");n();
t("私はこれですごい記事を書けて私もルポライターでデビューできると半分うきうきしながら事務所まで行きました。");n();
t("階段を上がってドアを開けると、中には数人の男の人がたむろしていました。");n();
t("「さっき電話があった娘かな、仕事やりたいんだって、」と声をかけてきました。");n();
t("私が「そうです」と返事をすると「じゃあこれに着替えて」とさっきの");h("女友達");
t("と同じセーラー服を渡されました。");n();
t("どこで着替えたらいいのか分からずにセーラー服をもったままとまどった様子でいると「どっかトイレででも着替えてくれるかな」と言ってくれたので早速トイレで着替えました。");n();
t690();
t("トイレから出ようとすると「最初の客は俺達だからな、分かってるだろうな」と脅すような口調で私の前に");h("男");
t("が二人だちはだかりました。");n();
t226();
t("私の手を取ると、半分引きずるようにして私のお尻に手を回してきました。");n();
t("これはとんでもないことになると思い私は慌てて");h("男");
t("の手を振り払いトイレに駆け込んで中から鍵をかけました。");n();
h("男");
t("はトイレのドアを何度も叩きながら大きな声をだして私を脅しましたが私はトイレにしゃがみこんでいました。");n();
t("しかししばらくして物音もしなくなりました。");n();
t("私はいったいどうしようと思いましたが、編集長に携帯で電話して助けに来てもらうしかないと思いました。");n();
}
function t950(){
c_l("950");
t("携帯にでたのは編集の");h("女友達");
t("でした。");n();
t("私は誰でもいいからと思って「今すぐ来て下さい」と頼みました。");n();
t("私はトイレで心臓が止まりそうになりながら、必死で");h("女友達");
t("が来てくれるのを待ちました。");n();
t("しばらくして、ドアが開いて誰か来たようで女性の話声が聞こえました。");n();
t("私はやっと");h("女友達");
t("が助けにきてくれたのだとほっとしました。");n();
}
function t951(){
c_l("951");
as951=new Array("952");
e_l(as951);
}
function t952(){
c_l("952");
t("話がすこし続いてから、ドアの外で「もう大丈夫だから出てきていいわよ」と");h("女友達");
t("の声がしました。");n();
t("私はようやく安心してトイレから出ました。");n();
t("すると");h("男");
t("が私を取り囲んで押さえつけてきました。");n();
t("びっくりして");h("女友達");
t("の方を見ると「この娘生意気だから、体に思い知らせてやって、そのくらいしないと分からないから」と冷たい口調で言いました。");n();
t("私はその途端に体中が凍り付いて震えてきました。");n();
t("すると");h("男");
t("の一人が「生意気なのはお前のほうだ、最初はお前からだ」と言って、");h("女友達");
t("を押し倒しました。");n();
h("女友達");
t("は「なにするのよ」と悲鳴をあげました。");n();
t4465();
}
function t953(){
c_l("953");
t943();
t946();
t947();
t948();
t949();
t343();
t950();
t951();
}
function t954(){
c_l("954");
t4();
t515();
t669();
t970();
t925();
t4();
t942();
t4();
t953();
}
function t955(){
c_l("955");
t("すると");h("男");
t("は「そこに女子高生のセーラー服があるだろう、あれを着て、映画館に行って来るんだそうすれば痴漢体験ができるだろう、それを記事に書くんだよ、そのくらいの事をしなけりゃ、いい記事が書けるわけないだろう」と言います。");n();
t343();
t("私はどう言い返していいのか分からずに思わず黙り込んでしまいました。");n();
t("すると編集の");h("女友達");
t("がロッカーのセーラ服を出して手近な紙袋に入れはじめました。");n();
t("私は紙袋を渡されても絶対断ろうと思って見ていました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("は「取材は私が行ってきます」と言って紙袋を手にドアを出ようとしました。");n();
h("女友達");
t("に記事をとられたらもう、記事を書かせてもらうチャンスはないかもしれないと思いました。");n();
t("私はあわてて「私が行きます」と大きな声をだして");h("女友達");
t("からセーラー服の入った紙袋を奪い取ると、部屋を飛び出しました。");n();
}
function t956(){
c_l("956");
t("さっきの映画館まで来て中に入り、ひとまず空いている席に座ったものの、私はこれからどうしようと途方に暮れていました。");n();
t("まさか自分から痴漢に会うわけにもいかないし、かといって痴漢に会わなければ記事が書けないしと頭のなかで堂々巡りがつづきました。");n();
t("しばらくどうしようかと思っていると、セーラー服を着た女子高生が入ってきて一番後ろに立ち見を始めました。");n();
t("私はこれで助かった、この女子高生が痴漢に会うのを見届けて記事にすればいいと思いました。");n();
t("女子校生の後ろには痴漢らしい人影が近づくのが見えました。");n();
t("私はよく様子がわかるようにと、女子校生の近くの席に座り直しました。");n();
t("あらためて女子校生の顔をみると、それは");h("女友達");
t("でした。");n();
t("私はこのままでは");h("女友達");
t("に記事を取られるて、これは大変だと思いました。");n();
t("すぐにトイレに駆け込んでセーラー服に着替えると、");h("女友達");
t("のすぐ近くに立ちました。");n();
h("女友達");
t("の後ろにいた痴漢の一人が私の後ろに近づくのが気配でわかりました。");n();
t("私はこれで記事を取られなくてすむと、やった、と思いました。");n();
t226();
t4534();
t("ようやく映画が終わって場内が明るくなると、");h("女友達");
t("が「これからカラオケに行くから。別について来なくてもいいのよ」と言います。");n();
t("私はここで引き下がったら");h("女友達");
t("に記事をとられると思い「いっしょに行きます。絶対いきます」と食い下がりました。");n();
}
function t957(){
c_l("957");
t943();
t946();
t955();
t956();
t2286();
}
function t958(){
c_l("958");
t4();
t515();
t669();
t970();
t925();
t4();
t942();
t4();
t957();
}
function t959(){
c_l("959");
t("車に乗せられて、着いたのは山下公園でした。");n();
t("海岸ぞいには恋人達がよりそっていました。");n();
t("「じゃあ、撮影するから」と言われて、ベンチに座らせられました。");n();
t("こんな所で撮影するのかと思っていると「恋人達の写真を撮るんだ」との話しでびっくりしてしまいました。");n();
t("カメラマンがカメラを構えると、男の子");v["男"]="男の子";
t("が私の腰から胸に手を回しながら、唇をちかずけてきました。");n();
t670();
t4479();
t("カメラマンが「じゃあ、奥でハメドリにします」と言います。");n();
}
function t960(){
c_l("960");
t961();
}
function t961(){
c_l("961");
as961=new Array("962","963");
e_l(as961);
}
function t962(){
c_l("962");
h("男");
t("は私を木立の奥に連れていくと、木の幹を背にして私を立たせました。");n();
v["背をつく所"]="木の幹";
t4456();
}
function t963(){
c_l("963");
h("男");
t("は私を木立の奥に連れていくと、木の幹に向かわせて私を立たせました。");n();
v["手をつく所"]="木の幹";
t4441();
}
function t964(){
c_l("964");
t("翌日に授業が終わってから、地図をたよりに場所をさがすと、小さなビルの郵便受けに出版社の名前を見つけました。");n();
t("中に入って見ると、マンションの一室くらいの部屋に、原稿やなにやらた山のように積み上げたテーブルが部屋一杯に並んでいました。");n();
t("部屋の隅の小さな応接セットに案内されると、責任者らしい男性が私の応対をしました。");n();
h("オトコ");
t("は自分が編集長だと言っていましたが、なにやらうさんくさそうな雰囲気でした。");n();
t("履歴書をちらっと見ましたが、見たのは履歴書の表だけで裏に書いてある、資格の欄とかは見もしませんでした。");n();
}
function t965(){
c_l("965");
t("「じゃ、これからやって下さい」といきなり言われて私はびっくりしました。");n();
}
function t966(){
c_l("966");
t("パソコンの前に座らせられると「じゃこれ、ベタ打ちでいいから今日中にね」と原稿の束を渡されました。");n();
t("私はこれは大変だと思って必死でワープロを打ち始めました。");n();
}
function t967(){
c_l("967");
t("すこし離れた所で社員らしい男性がやはりワープロを打っていました。");n();
t("こっそりと横目で見ると、右手の指に鉛筆をはさんだままタイプしていました。");n();
t("どうも、タイプはかなり下手な様子でした。");n();
t("私はようやくタイプのアルバイトを雇う理由が飲み込めてきました。");n();
t("どうもそんなに急いでタイプしなくてもよさそうだと判ってきたので、あとは適当に休み休みタイプしました。");n();
}
function t968(){
c_l("968");
t("パソコンの前に案内され「マニュアル読んでて下さいと言われました」しばらく言われた通りにマニュアルに目を通していると、ドアが開いて女子大生らしい女の子と若い男の子が入ってきました。");n();
t("女の子は地味な服装で、ようやく高校をでたばかり位の歳に見えました。");n();
t("またアルバイトの女の子かしらと思っていると、部屋の隅の打ち合わせ用の応接セットでなにやら話していました。");n();
t("耳をそばだてて聞いていると「初体験はいつ」とか「いままで何人つき合ったの」とかの会話が聞こえてきました。");n();
t("私はいったい何の面接をやっているのかと、気になって耳に神経を集中させました。");n();
t("やがて面接も終わると、女の子は男の子と一緒に帰っていきました。");n();
t("するとさっきの編集長らしい男性が「これワープロに打ってね。一時間もあればできるから」と言ってカセットテープを渡しました。");n();
t("私はテープを聞きながらワープロを打ち始めましたが、さっきの女性はアダルトビデオの女優さんで、さっきの会話は雑誌に載せる対談でした。");n();
t("ビデオに出る前は保母さんをやっていたと話していたので私はびっくりしました。");n();
t("ようやく一時間ほどで、タイプを終わると私は次に何の仕事をしたらいいか聞きに行きました。");n();
}
function t969(){
c_l("969");
as969=new Array("971","972");
e_l(as969);
}
function t970(){
c_l("970");
t792();
t875();
t878();
t964();
t965();
t("「上着はその辺のロッカーにいれてくれればいいから」と言われて、私はローカーの空いている所を探しました。");n();
t("すると女子高生のセーラー服が架けてあるのが見えました。");n();
t("アルバイトの女の子に高校生でもいるのかしらと思いました。");n();
t("席に着くと、隣の女性を紹介されました。");n();
t("編集の手伝いをしていて、記事を書いたりしているそうでした。");n();
t("将来は、ルポライターを目指していると");h("男");
t("が話してくれました。");n();
t("「内は実力主義だから、いい記事が書ける人にはどんどん書いてもらうからね。君もチャンスがあれば将来はライターになるのも夢じゃないからね」と");h("男");
t("に言われました。");n();
t("私でももしかして、将来はライターになれるのかと思い、夢がふくらんできました。");n();
}
function t971(){
c_l("971");
t792();
t875();
t878();
t964();
t965();
t966();
t967();
}
function t972(){
c_l("972");
t792();
t875();
t878();
t964();
t965();
t968();
}
function t973(){
c_l("973");
as973=new Array("974","926");
e_l(as973);
}
function t974(){
c_l("974");
t("夕方帰ろうと思って、タイムカードを押すと、呼び止められました。");n();
t("「モデルの女の子が今日こないので、替わりにモデルのアルバイトをして欲しい」とのことでした。");n();
t("モデルと聞いて私は胸がどきどきしてきました。");n();
}
function t975(){
c_l("975");
level_up("1047");
t1042();
}
function t976(){
c_l("976");
level_up("1052");
level_up("1070");
t1042();
}
function t977(){
c_l("977");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1123");
level_up("1126");
t1042();
}
function t978(){
c_l("978");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1096");
level_up("1098");
t1042();
}
function t979(){
c_l("979");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1096");
level_up("1099");
t1042();
}
function t980(){
c_l("980");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1092");
t1042();
}
function t981(){
c_l("981");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1116");
t1042();
}
function t982(){
c_l("982");
level_up("1052");
level_up("1070");
level_up("1122");
t1042();
}
function t983(){
c_l("983");
level_up("1055");
level_up("1047");
level_up("1130");
t1042();
}
function t984(){
c_l("984");
level_up("1055");
level_up("1047");
level_up("1130");
level_up("1139");
t1042();
}
function t985(){
c_l("985");
level_up("1242");
t1042();
}
function t986(){
c_l("986");
level_up("1151");
t1042();
}
function t987(){
c_l("987");
level_up("1154");
t1042();
}
function t988(){
c_l("988");
level_up("1154");
level_up("1162");
t1042();
}
function t989(){
c_l("989");
level_up("1046");
level_up("1154");
level_up("1176");
t1042();
}
function t990(){
c_l("990");
level_up("1185");
t992();
}
function t991(){
c_l("991");
level_up("1187");
t992();
}
function t992(){
c_l("992");
level_up("1183");
t1014();
}
function t993(){
c_l("993");
level_up("1211");
t1001();
}
function t994(){
c_l("994");
level_up("1214");
t1001();
}
function t995(){
c_l("995");
level_up("1175");
t1001();
}
function t996(){
c_l("996");
level_up("1211");
t1000();
}
function t997(){
c_l("997");
level_up("1214");
t1000();
}
function t998(){
c_l("998");
level_up("1175");
t1000();
}
function t999(){
c_l("999");
level_up("1203");
t1000();
}
function t1000(){
c_l("1000");
level_up("1201");
t1002();
}
function t1001(){
c_l("1001");
level_up("1200");
t1002();
}
function t1002(){
c_l("1002");
level_up("1198");
t1014();
}
function t1003(){
c_l("1003");
level_up("840");
t1012();
}
function t1004(){
c_l("1004");
level_up("839");
t1012();
}
function t1005(){
c_l("1005");
level_up("838");
t1012();
}
function t1006(){
c_l("1006");
level_up("862");
t1012();
}
function t1007(){
c_l("1007");
level_up("863");
t1006();
}
function t1008(){
c_l("1008");
level_up("866");
t1006();
}
function t1009(){
c_l("1009");
level_up("864");
t1006();
}
function t1010(){
c_l("1010");
level_up("865");
t1006();
}
function t1011(){
c_l("1011");
level_up("849");
t1012();
}
function t1012(){
c_l("1012");
level_up("836");
t1013();
}
function t1013(){
c_l("1013");
level_up("834");
t1014();
}
function t1014(){
c_l("1014");
level_up("1046");
level_up("1154");
level_up("1181");
t1042();
}
function t1015(){
c_l("1015");
level_up("1052");
level_up("796");
level_up("1154");
level_up("1155");
t1042();
}
function t1016(){
c_l("1016");
level_up("1294");
level_up("1154");
t1042();
}
function t1017(){
c_l("1017");
level_up("1296");
level_up("1294");
level_up("1154");
t1042();
}
function t1018(){
c_l("1018");
level_up("1297");
level_up("1294");
level_up("1154");
t1042();
}
function t1019(){
c_l("1019");
t4();
t1043();
t1063();
t4();
t1152();
t3631();
}
function t1020(){
c_l("1020");
level_up("1238");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1021(){
c_l("1021");
level_up("1303");
level_up("1238");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1022(){
c_l("1022");
level_up("1381");
t1026();
}
function t1023(){
c_l("1023");
level_up("1390");
t1026();
}
function t1024(){
c_l("1024");
level_up("1389");
t1026();
}
function t1025(){
c_l("1025");
level_up("1394");
t1026();
}
function t1026(){
c_l("1026");
level_up("1291");
level_up("1292");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1027(){
c_l("1027");
level_up("1283");
level_up("1292");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1028(){
c_l("1028");
level_up("1265");
level_up("1292");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1029(){
c_l("1029");
level_up("1292");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1030(){
c_l("1030");
level_up("1304");
level_up("1238");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1031(){
c_l("1031");
level_up("1323");
level_up("1314");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1032(){
c_l("1032");
level_up("1325");
level_up("1314");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1033(){
c_l("1033");
level_up("1231");
level_up("1230");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1034(){
c_l("1034");
level_up("1306");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1035(){
c_l("1035");
level_up("1237");
level_up("1230");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1036(){
c_l("1036");
level_up("1045");
level_up("1314");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1037(){
c_l("1037");
level_up("1241");
t1042();
}
function t1038(){
c_l("1038");
t4();
t1365();
}
function t1039(){
c_l("1039");
t4();
t1367();
}
function t1040(){
c_l("1040");
t4();
t1368();
}
function t1041(){
c_l("1041");
t4();
t1369();
}
function t1042(){
c_l("1042");
t4();
t515();
t22();
t1043();
t4();
t1064();
}
function t1043(){
c_l("1043");
as1043=new Array("1044","1046","1045","1047","1052");
e_l(as1043);
}
function t1044(){
c_l("1044");
t("私のアパートから近くの地下鉄の駅にいく途中に喫茶店がありました。");n();
t("ちょっと見た感じ汚らしくて、あまりお客さんもはいってはいない様子でした。");n();
t("いつものよう朝早くにその喫茶店の前を通ると、アルバイト募集の張り紙がありました。");n();
t("一週間ほどたってもその張り紙はそのままになっていました。");n();
t("こんな店だったらアルバイトするような人もなかなか集まらないだろうと思って見ていると、時給のところが赤線で書き直して値上げになっていました。");n();
t("よっぽどアルバイトの応募がなかったのねと思いましたが、値上げした時給は結構魅力てきでした。");n();
t("きっとお客さんもほとんどいないから、ずっと立ってるだけでそのお金だったら楽でいいと思いました。");n();
t("それで、次の日スーパーに買い物にいった帰りに喫茶店に寄ってみました。");n();
t1062();
}
function t1045(){
c_l("1045");
t184();
t117();
t("クラブの練習が終わった後「ねえ");h("私の愛称");
t("。ちょっと相談したいことがあるんだけど」と");h("先輩");
t("の");h("先輩の愛称");
t("に呼び止められました。");n();
t("「ちょっとここじゃ、話しができないから一緒に来てね」と");h("先輩の愛称");
t("に言われて私はちょっと不安な気持ちになりましたが、いつも世話になっている");h("先輩");
t("の頼みなので断る訳にもいきませんでした。");n();
t("大学のすぐ近くの喫茶店に案内されると奥からマスターが出てきて「いや、よろしく、");h("先輩の劣称");
t("ちゃんの後輩なんだってね」と馴れ馴れしく話しかけてきました。");n();
t("「実はね私ずっとこの喫茶店でバイトしてたんだけど、そろそろ就職活動があるからね。いつまでもバイトしてられないのよ」");n();
t("「それで");h("私の愛称");
t("なら暇だし、アパートだってこの近くだし、お給料だってそこそこいいし」");n();
t("「それにこの店暇なのよ。忙しいのはお昼休みだけで、あとはお客さんなんてこないから楽なバイトでしょう。あなたにはぴったしよ」と言われて私は困ってしまいました。");n();
t(" マスターも私の事が気に入ったらしくて「いや、すごい美人じゃないか、スタイルだって良いし。お洒落のセンスも良いし。お化粧だってモデルさんなみに上手だし。内の店にはぴったりだよ。来てくれて本当によかった」と言うので私はとても断れませんでした。");n();
t("授業とクラブ活動の合間に来れるときだけ来るという条件でアルバイトを引き受けることしました。");n();
}
function t1046(){
c_l("1046");
t3532();
t116();
t("「いま私喫茶店でアルバイトしてるんだけど、都合があってやめるので替わりにアルバイトやって欲しいの」と");h("女友達");
t("が話を続けました。");n();
t("なんだそんな話だったのと私はあっけに取られて話を聞いていました。");n();
t("「ほかに頼める人居ないし、お願いだから」と言われてなんでアルバイトくらいでそんな大げさに言うのかとびっくりしました。");n();
t("私が「アルバイトくらいならかまわないけど」と言うと「これから一緒にすぐ来て欲しいの」と言います。");n();
t("私は");h("女友達");
t("に連れられて大学から少し離れた喫茶店まで行きました。");n();
t1062();
}
function t1047(){
c_l("1047");
t1397();
t1396();
t1405();
t1408();
t1053();
t1060();
t1061();
}
function t1048(){
c_l("1048");
t("一応ドアをノックしてから中にはいると、それほど広くはない部屋の壁際の棚には雑誌が一杯並んでいました。");n();
t("机の上にはパソコンが沢山な並んでいて、女の子の裸の動画を見ている社員がいたので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("事務の女の子に案内されて、部屋の隅の小さなテーブルとソファーに来ると「いま担当の者が来ます」と言われたのでソファーに座りました。");n();
}
function t1049(){
c_l("1049");
t("「所で君、アダルトビデオなんか見たことあるかな」と聞かれて私は呆れて返事ができませんでした。");n();
t("「君ね、内の会社はアダルトビデオの雑誌を出してる会社だからね、アダルトビデオくらい見たこと無いと仕事は勤まらないよ」と言いながら男が名刺を渡しに差し出しました。");n();
t669();
t("肩書きは編集長になっていて、アダルトビデオ雑誌の編集長らしいと気がつきました。");n();
t("「君は今までに男性経験何人くらいかな、よかったらアダルトビデオに紹介してあげてもいいんだよ」と");h("男");
t("に言われて私は怪しいアルバイトらしいと判ってきました。");n();
}
function t1050(){
c_l("1050");
t("「");h("フェラチオ");
t("したことあるよね、女子大生なら");h("フェラチオ");
t("くらい当たり前だよね」と");h("男");
t("が言い出すので私はもうアルバイトの話しは諦めるしかないと思って自分から席を立ちました。");n();
h("男");
t("は「内の会社は色々な本だしてるからね、この位の話題をいやがってるようじゃ、内の会社は勤まらないよ」と当たり前のような顔で言い放ちました。");n();
t("私は一瞬どうしたらいいのか迷って、立ったま身動きもできずに");h("男");
t("の顔を見つめました。");n();
t("「今すぐ");h("フェラチオ");
t("させて下さいって言ってごらん、それが言えたら採用だ」と");h("男");
t("に言われて私は困ってしまいました。");n();
}
function t1051(){
c_l("1051");
t("条件のいいアルバイトの口など探してそう有る訳がないのはわかりきった話し。");n();
h("男");
t("はきっと私の事をからかって居るんだと思って私は座り直すと「今すぐ");h("フェラチオ");
t("させて下さい」と小さな声で呟きました。");n();
t("「何言ってるのか全然聞こえないよ、採用されたかったらちゃんと大きな声で言わなきゃだめだ」と");h("男");
t("に言われて私はさっきより少し大きめの声で「今すぐ");h("フェラチオ");
t("させて下さいと言ってみました。");n();
t("「大好きなんだろう、俺はフェラチオが上手な女が大好きなんだぜ」言うと");h("男");
t("が立ち上がってズボンのベルトを緩めました。");n();
t("いったい何のつもりなんだろうと思って私が");h("男");
t("のズボンの股間を見つめていると");h("男");
t("はズボンと一緒にトランクスを膝まで降ろしました。");n();
h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("が大きく上を向いているのがはっきりと見えて、私は足が震えて動けなくなりました。");n();
t("「いますぐしゃぶるんだ。そうすれば採用だ。いやなら断ってもいいんだよ」と");h("男");
t("に言われて私は悔しくて涙がこみ上げてきました。");n();
t("もし今");h("男");
t("に");h("フェラチオ");
t("すれば、それだけで済む話しではないと私は確信しました。");n();
t("こんな男にラブホテルにでも連れ込まれていいようにもてあそばれるなんて、考えただけでも寒気がしてきました。");n();
t("「もう結構です」と私は大声で叫ぶと机の上に置いてある私の履歴書を掴んで逃げるように外にでました。");n();
}
function t1052(){
c_l("1052");
t792();
t875();
t878();
t884();
t1048();
t888();
t1049();
t1050();
t1051();
t1060();
t1061();
}
function t1053(){
c_l("1053");
as1053=new Array("1056","1055");
e_l(as1053);
}
function t1054(){
c_l("1054");
t("玄関のチャイムを鳴らすと、お母様らしい女性で出てきて奥の応接間に通されました。");n();
t("あらかじめ用意してきた履歴書を渡すとお母様は丁寧に目を通していました。");n();
}
function t1055(){
c_l("1055");
t1054();
t("「今本人つれてきますから」とお母様が言うと部屋を出て行きました。");n();
t("しばらくして制服姿の女の子がお母様の後から入ってきました。");n();
t470();
t1422();
t1429();
t1057();
t("そのあと");c_count=0;
n();
t1058();
t1059();
}
function t1056(){
c_l("1056");
t1054();
t1058();
t1059();
}
function t1057(){
c_l("1057");
t("「何か聞きたいことあるなら聞きなさい」とお母様が娘さんに何度か言いましたが黙って俯いて何も言いませんでした。");n();
t("私が気を利かせて「好きな音楽は何ですか」と聞いてみるとお母様が「家の娘はクラシックしか聴きません」と答えて会話になりませんでした。");n();
}
function t1058(){
c_l("1058");
t("出身地や、家族の事などを聞かれた後「残念だけど、家の娘とは性格が合わないから」と言って断られました。");n();
}
function t1059(){
c_l("1059");
t("私はがっかりして履歴書を受け取って帰り道を歩き始めました。");n();
t("履歴書を見ただけなのに、娘と性格が合わないとか言われるのはどうにも納得できない話しでしたが、本当の理由は多分他にあるはずだと気が付きました。");n();
t("きっと私が東京出身でないから嫌われたんだと思うと、なんだか悲しくて涙が出そうになりました。");n();
}
function t1060(){
c_l("1060");
t("大通りに出ようとして角を曲がるとちょうど目の前に喫茶店があるのが目に入りました。");n();
t("一休みしてコーヒーを飲んでから席を立とうとすると、店の奥に「アルバイト募集」の張り紙が見えました。");n();
t("これはちょうどいいと思ってさっそく店のマスターに声を掛けて「私アルバイトしたいんですけど」と言いながら履歴書を渡しました。");n();
t("マスターはちょっとだけ履歴書をみただけで「ちょうど良かった、すぐにでも働いて貰えるかな」と言ってくれたので私は安心して胸が楽になりました。");n();
}
function t1061(){
c_l("1061");
t("翌日から夕方2時間ほどアルバイトすることになりました。");n();
}
function t1062(){
c_l("1062");
t("店にはお客は全然いませんでしたが、マスターと名乗るひとがカウンターに立っていました。");n();
t("どこの大学とか聞かれただけで、すぐに採用になってびっくりしてしまいました。");n();
t1061();
}
function t1063(){
c_l("1063");
t("仕事の仕方を一通り教えてもらっいましたが覚えが悪いと何度もしかられました。");n();
t("これでは、アルバイトをやとってもすぐやめてしまうはずだと思いました。");n();
}
function t1064(){
c_l("1064");
as1064=new Array("1151","1154","1241","1242");
if((typeof v["人物"] !="undefined") && (v["人物"] == "教え子")) {as1064.push("1130"); }
if((typeof v["男"] !="undefined") && (v["男"] == "編集長")) {as1064.push("1070"); }
e_l(as1064);
}
function t1065(){
c_l("1065");
t("喫茶店でバイトを始めてからしばらくして店に見覚えのある顔の男性が入って来たので私はどきっとしました。");n();
t("しばらく前にアルバイトの面接を受けた出版社の");h("男");
t("に間違いありませんでした。");n();
t509();
h("男");
t("と一緒に店に入ってきたのは私と同じ希美大学の新入生の");h("女の子");
t("だったので私は不安な気持ちになりました。");n();
t("私が水の入ったコップを持って、二人の座ったテーブルに持っていくと");h("男");
t("が「コーヒー二つ」と言っただけで二人とも私には気が付いていない様子でした。");n();
}
function t1066(){
c_l("1066");
t("カウンターの奥に戻ってしばらく二人の会話を盗み聞きしていると「");h("フェラチオ");
t("はいつも彼氏にしてるんだろう」とか「今までに経験は何人なんだ」とか");h("男");
t("が");h("女の子");
t("に話しかける声がとぎれとぎれに聞こえてきました。");n();
h("女の子");
t("は何を言われても明るい笑顔で楽しそうに答えていて、自分がセクハラされてることを判っていない様子でした。");n();
t("私はアルバイトの面接を受けたとき");h("男");
t("に言われたことを思い出して、");h("女の子");
t("が危ない目に遭わなければいいと心配な気がしてきました。");n();
}
function t1067(){
c_l("1067");
t("しばらくして先に");h("男");
t("が店をでると、入れ替わりに背の高い男性の二人組が来て");h("女の子");
t("の向かいの席に座りました。");n();
t("私が注文を取りに席に行くと男の一人がテーブルに置いた大きな鞄が目に入りました。");n();
t("なんだか変だと思って注文のコーヒーを届けたとき鞄をよく見ると、鞄の端に丸い穴が開いてるのが見えました。");n();
t("私はどうやら鞄の中にはビデオカメラが入っていて");h("女の子");
t("を隠し撮りしてるらしいと気が付きました。");n();
}
function t1068(){
c_l("1068");
t("喫茶店をでるとすぐに男の一人が鞄を持って並んで歩いている二人の前を後ろ向きの格好で歩き始めました。");n();
t("鞄の向きをしきりに気にしていて、二人が歩いている様子を隠し撮りしているのに間違いないと私は確信しました。");n();
}
function t1069(){
c_l("1069");
t("喫茶店の裏道を抜けて小さな公園の中に入ると二人がベンチに座りその前に鞄を持った男が少し離れて立っているのが見えました。");n();
t("さっきから隠し撮りをづっと続けているらしくて");h("女の子");
t("も隠し撮りをされていることを判っている様子でした。");n();
h("女の子");
t("の横に座った男が手を伸ばして");h("女の子");
t("の");h("下の表着");
t("の裾に手を入れて腿を撫で回すのが見えました。");n();
h("女の子");
t("は嫌がる素振りも見せずに、自分から足を開いて腰を突き出したので私はこれは大変だとやっと気が付きました。");n();
t699();
t("男達がさっきから隠し撮りを続けているのは「アダルトビデオ」に間違いないと私は今ごろに成ってやっと判ってきました。");n();
t("このままでは大変な事になると気が付いて私はもうどうしていいのか判らなくて心臓が張り裂けそうになりました。");n();
}
function t1070(){
c_l("1070");
t1065();
t1066();
t1067();
t219();
t4();
t1132();
t1068();
t1069();
t1071();
}
function t1071(){
c_l("1071");
as1071=new Array("1076");
e_l(as1071);
}
function t1072(){
c_l("1072");
t("ベンチに座った男が");h("女の子");
t("の手を取って立たせると、ベンチの裏手にあるトイレに向かって歩き出しました。");n();
t("男性用のトイレと女性用のトイレの真ん中にある身体障害者用のトイレのドアを開けると、男が背中から");h("女の子");
t("を押して中に入れようとしました。");n();
t("止めるには今しかないと思って私は大急ぎで駆け出すと男の背後に迫りました。");n();
t("「止めて下さい」と私が大声で叫ぶと男は私の方に振り返って、目を丸くして驚いた顔で私を見つめました。");n();
h("女の子");
t("が私の方に振り向くと「あ、先輩」と声を出して困った様な顔をして私を見つめました。");n();
t("「早く逃げなさい」と私が");h("女の子");
t("に声を掛けると、");h("女の子");
t("は私に背を向けて小走りに駆け出していきました。");n();
}
function t1073(){
c_l("1073");
t("私も");h("女の子");
t("の後を追って走って逃げようとしたとき、男は素早い動きで私の腕を掴んで引っ張りました。");n();
t("私は腕がよじれて痛くて逃げだそうにも逃げられませんでした。");n();
t("「おい、構わねえからこの女をやっちまえ」と男の一人が指図をすると、私の周りを男達が取り囲んで私をトイレの中に引きづり込みました。");n();
}
function t1074(){
c_l("1074");
t("私は身体障害者用のトイレの便器に座らせられると、男が私の左手をねじり上げて来ました。");n();
t("私は腕が痛くて身動きもできず、これから何をされるのかが怖くて体が震えてきました。");n();
t("「あの女お前のこと『先輩』って呼んでたな、だったら電話番号知ってるだろう」と男が言うと私の鞄の中から私の携帯を取り出しました。");n();
t("「今すぐ、あの女を呼んで戻って来させるんだ、痛い目に遭いたくないだろう」と言いながら男は私の腕をきつく捻り上げてきました。");n();
t("私は腕が痛くてもうとても男達には逆らえないと観念して私は携帯で");h("女の子");
t("を呼び出しました。");n();
t("「先輩大丈夫ですか」と");h("女の子");
t("の声が聞こえてくると、私はどうやって");h("女の子");
t("を呼び出したらいいのか判らなくてすぐには言葉が出ませんでした。");n();
t("「今トイレの中なんだけど、トイレのドアが開かないから迎えに来て」と私は");h("女の子");
t("に言ってみました。");n();
t("「はい、今すぐ行きます」と");h("女の子");
t("が返事をしたので私はすぐに携帯を切りました。");n();
t("男達は私をトイレに座らせたまま、ドアの両側に身を隠すと");h("女の子");
t("が戻ってくるのを待ち続けました。");n();
t("ドアの外の小さな足音が聞こえると、ドアを叩く音がしました。");n();
t("「先輩中に居るんですか、誰か呼んできましょうか」と");h("女の子");
t("がドア越しに声を掛けてきた時に男がトイレのドアを開けました。");n();
h("女の子");
t("はすぐに私を見つけてトイレの中に入ってきました。");n();
t("「だめ、入っちゃだめ」と私が大声を上げると、");h("女の子");
t("は一瞬不思議そうな顔をして私の目を見つめました。");n();
t("男達が左右から");h("女の子");
t("に掴みかかると、");h("女の子");
t("はすぐにトイレの床に押し倒されました。");n();
}
function t1075(){
c_l("1075");
t("男が私の手を掴んで引っ張ろうとしたので、私は必死で男の手を振り解くと");h("女の子");
t("の後を追いかけて駆け出しました。");n();
t("数歩走ったとき、私は公園の敷石の角に躓いて前のめりになって地面に転んでしまいました。");n();
t("膝が痛くてすぐには立ち上がれませんでしたがなんとか逃げ出さなければいけないと思って痛みを堪えてた立ち上がろうとしました。");n();
t("「おい、逃がすな」と男の声が耳元で響くと、私は両方の肩を男達にしっかりと掴まれて身動き出来なくなりました。");n();
t("男達は私を無理矢理立たせると、そのまま公園の中のトイレに連れ込みました。");n();
}
function t1076(){
c_l("1076");
t1072();
t4();
t1077();
}
function t1077(){
c_l("1077");
as1077=new Array("1123","1092","1096","1116","1122");
e_l(as1077);
}
function t1078(){
c_l("1078");
t("男が私の手を掴んで引っ張ろうとしたので、私は必死で男の手を振り解くと一目散に");h("女の子");
t("の後を追って走り出しました。");n();
}
function t1079(){
c_l("1079");
t("公園の入り口まで後を見ずに走ると、");h("女の子");
t("が立ち止まって私の方に振り返りました。");n();
t("「いいから逃げるのよ」と私は");h("女の子");
t("に声を掛けると「どこへ逃げたらいいんですか」と");h("女の子");
t("に聞き返されました。");n();
t("私はとっさに私のアパートまで逃げれば大丈夫だと思いつきました。");n();
t("「私のアパートまで走るのよ」と言うと私は");h("女の子");
t("の手を取って急いで走り出しました。");n();
t("男達に見つからないようにわざと遠回りをして裏道を走り抜けるとやっと私のアパートの近くまで辿りつきました。");n();
}
function t1080(){
c_l("1080");
t("ここまで来ればもう大丈夫だと思って一旦立ち止まって後を振り返って確かめると誰も後から追いかけてくる気配はありませんでした。");n();
t("これで一安心と思って私は");h("女の子");
t("を私の部屋に案内しました。");n();
}
function t1081(){
c_l("1081");
t("「私");h("運動部");
t("だから、走るの得意なんです」と");h("女の子");
t("が言うので、私は今そんなことどうだっていいのにと思いましたが「それは凄いわね」と適当に答えました。");n();
}
function t1082(){
c_l("1082");
t("「私");h("文化部");
t("だから、走るのは苦手なんです」と");h("女の子");
t("が言うので、私は今そんなことどうだっていいのにと思いましたが「それは大変だったわね」と適当に答えました。");n();
}
function t1083(){
c_l("1083");
t("台所でコップに水を注いで一息に飲み干すと、私はやっと気分が落ち着いてきました。");n();
h("女の子");
t("にもコップの水を渡すと、一気に飲み干してやっと気分が楽になった様子でした。");n();
t780();
if((typeof v["部活"] !="undefined") && (v["部活"] == "運動部")) { t1081();}else {t1082();}
t("しばらく一休みした後テレビをつけてニュースを見ましたが、別に変わった事もなく見ていても面白くは有りませんでした。");n();
}
function t1084(){
c_l("1084");
t("「先輩もアダルトビデオに出演したことがあるって聞いたんですけど本当ですか」と");h("女の子");
t("が突然いいだしたので私はびっくりして");h("女の子");
t("の顔をまじまじと見つめました。");n();
t("「そんなこと有るわけ無いでしょう、誰がそんなこと言ったの」と");h("女の子");
t("に確かめると「私先輩が写ってるアダルトビデオ見たんです」と");h("女の子");
t("が飛んでもない事を言い出しました。");n();
t("「そんなのビデオ有るわけ無いわよ、嘘でしょう」と私が怒って");h("女の子");
t("に言い返すと「私本当に見たんです、アダルトビデオを撮影する前に面接するんですよね」と");h("女の子");
t("が言うので私は成る程と気が付きました。");n();
t("この間出版社のアルバイトの面接を隠し撮りしたビデオを見せられて騙されてるのに違い有りませんでした。");n();
t("「あなた騙されてるのよ、騙されちゃ駄目よ」と私が");h("女の子");
t("にきつい口調でお説教すると");h("女の子");
t("も納得した顔で頷きました。");n();
}
function t1085(){
c_l("1085");
t("「私友達に車で迎えに来てもらいますね」と");h("女の子");
t("が言うのでそれはいいと思って私も「そうしてもらったほうが良いわね」と返事をしました。");n();
h("女の子");
t("が携帯を誰かに掛けてこれから車で迎えに来てもらうようにと相談しているのを聞いて、相手の男性は");h("女の子");
t("の彼氏らしいとなんとなく気が付きました。");n();
t("しばらくして車が来たので窓から外を覗いて確かめてみると、車から男の子が出てくるのが見えました。");n();
}
function t1086(){
c_l("1086");
t("しかし");h("女の子");
t("の彼氏にしては何だか変だと思って、不審な気がしてきました。");n();
t("玄関のチャイムが鳴って");h("女の子");
t("が私の部屋のドアを開けると、男の子がビデオカメラをこちらに向けているのが目に入りました。");n();
h("女の子");
t("が呼んだのはついさっきアダルトビデオの撮影をしていた男達らしいと気が付いて私は寒気がしてきました。");n();
}
function t1087(){
c_l("1087");
t("ビデオカメラを持った男が靴を脱いで部屋の中に上がり込むと私に近づいてきました。");n();
t("私はなんとか逃げる場所を探そうとしましたが、狭い部屋の中には逃げる場所などありませんでした。");n();
t("ビデオカメラを持った男の後から、大柄な体格の男が数人入ってくるのが見えて私はどうしたらいいのか判らなくなりました。");n();
t("「勝手に逃げ出したりしたらどうなるのか判ってるんだろうな」と男に言われて");h("女の子");
t("は泣き出しそうな顔で「御免なさい」と男に謝りました。");n();
t("「謝ることなんかないのよ」と私が口を挟むと、男は私の体をつま先から頭のてっぺんまで視線を走らせてからいやらしそうな目つきで私を睨みつけてきました。");n();
t("「おい、ちょうどよかった、二人ともやっちまえ」と男がが言い放つと、男達は");h("女の子");
t("の体を床に押し倒してきました。");n();
}
function t1088(){
c_l("1088");
t("あと一息と思ったとき、私はいきなり足が躓いて倒れ込んでしまいました。");n();
h("女の子");
t("が立ち止まって心配そうに近寄ると私の手を取って抱き起こそうとしました。");n();
t("私は「大丈夫だから」と");h("女の子");
t("に声をかけましたが、倒れるとき膝を突いたせいで、膝頭が痛くてすぐには起きあがれませんでした。");n();
t460();
t("なんとか立ち上がろうとしてみましたが、足首を捻挫したらしくて痛くて動けませんでした。");n();
h("女の子");
t("はどうしていいのか判らずにと途方に暮れて私の側に立ちつくすだけでした。");n();
}
function t1089(){
c_l("1089");
t("不意に私の後からワゴン車が近づいて来ると、私のすぐ前に止まりました。");n();
t672();
h("男");
t("が二人、ワゴン車から降りてくると「どうしたんですか」と声を掛けてきました。");n();
t("私は病院に連れて行かれても困ると思って「大丈夫です、足を捻挫しただけですから」と");h("男");
t("に答えました。");n();
h("男");
t("の一人が私の足元にしゃがみ込むと「どっちの足ですか」と聞いてきました。");n();
t("「");h("捻挫した足");
t("です」と私が答えると");h("男");
t("は私の");h("捻挫した足");
t("の足首を手にとって、様子を確かめていました。");n();
t("「本当に大丈夫です」と私が何度も言うと、");h("男");
t("は「よかったら家まで車で送りましょうか」と言ってくれたので、私はこれで一安心と思って「助かります」と返事をしました。");n();
}
function t1090(){
c_l("1090");
h("男");
t("に手伝ってもらってワゴン車に乗るとすぐに私のアパートまでつきました。");n();
h("男達");
t("に手伝って貰ってなんとかアパートの部屋に入ると部屋の中は朝起きたときのお布団が敷きっぱなしになっていました。");n();
}
function t1091(){
c_l("1091");
h("男達");
t("が私をお布団の上に寝かせると「足を冷やした方がいいから、湿布をしたほうがいい」と言って手ぬぐいを濡らして足首に巻き付けてくれました。");n();
t("「縛って固定したほうが良いから」と");h("男");
t("の一人が言うと昨夜脱いで置きっぱなしになっている黒いストッキングで私の足首を縛り始めました。");n();
t("なんだか変だと思っていると、");h("男");
t("は私の左右の足首をしばり終わると今度は私の手首を縛り付けてきました。");n();
t("怪我の手当で手首を縛り付けるなんて有るはず無いと私はやっと");h("男達");
t("が何をしようとしているのか気が付いて「止めて下さい」と大声で叫びました。");n();
t("「静かにしてもらおうか、シーしてね、でないと困っちゃうからね」と");h("男");
t("が変な言い方で私をなだめてきました。");n();
}
function t1092(){
c_l("1092");
t1078();
t1079();
t1080();
t1083();
t1084();
t1085();
t1086();
t1087();
t4332();
}
function t1093(){
c_l("1093");
t("私はとっさに");h("女の子");
t("に「誰か呼んできて」と声をかけました。");n();
h("女の子");
t("は慌てた様子で、ドアに向かって駆け寄りましたがすぐに");h("男");
t("に手を掴まれて床に押し倒されました。");n();
t4332();
}
function t1094(){
c_l("1094");
t("私は男が何を言っているのか訳が分からなくて「ともかく、やめて下さい」と今度は下手に出て頼んでみました。");n();
t("「大丈夫、すぐ助けに来るからね、それで全部上手く行くから」と");h("男");
t("に言われて私は何の事か判らずに黙って頷きました。");n();
t("男が携帯で誰かと話しを始めましたが「上手くいってます、待ってます」と言う言葉の断片が聞こえてきただけで、何の話しかは判りませんでした。");n();
t("しばらくして車の止まる音がして玄関のドアが開くと、ビデオカメラを持った男が部屋に入って来るのが見えました。");n();
t("さっきのアダルトビデオ撮影隊の男達だと気が付いて私は何とかして逃げ出そうと思いましたが、手足を縛られていてはどうにも体を動かせませんでした。");n();
h("女の子");
t("が部屋から逃げ出そうとして、ビデオカメラを持った男に体当たりをしましたが逆に体をはね飛ばされて床に倒れ込みました。");n();
t4332();
}
function t1095(){
c_l("1095");
as1095=new Array("1093","1094");
e_l(as1095);
}
function t1096(){
c_l("1096");
t1078();
t1079();
t1088();
t1089();
t1097();
}
function t1097(){
c_l("1097");
as1097=new Array("1098","1099");
e_l(as1097);
}
function t1098(){
c_l("1098");
t1090();
t1091();
t1095();
}
function t1099(){
c_l("1099");
t("ワゴン車がすぐに動き出すと私のアパートとは反対の方向に向かって進み始めました。");n();
t("私は");h("男");
t("が道を間違えてるんだと思って「あの、方向が違います」と慌てて注意しました。");n();
h("男");
t("は私の声を聞いても、知らん顔でワゴン車の運転を続けました。");n();
t("もう一度私が「道が違います」と");h("男");
t("に言ってみると");h("男");
t("は「大丈夫、こっちの方が早いから」と言い返されました。");n();
t("きっとどこかの病院に連れていってくれるんだと思って私は黙っていました。");n();
t("ワゴン車は大通りを真っ直ぐ走ってから横の小道に入ると小さな看板の出ている建物の入り口を入りました。");n();
t("なんだか変な気がしましたが、きっと病院の裏口なんだろうと私は思いました。");n();
h("男");
t("がドアを開けてくれたので、私が車からでると小さな入り口から奥の部屋に案内されました。");n();
t("それほど広くない部屋の中央には大きなベッドが置いてあって、私はようやくラブホテルに連れ込まれたんだと気が付きました。");n();
h("女の子");
t("もここがラブホテルだと判ったらしくて私の腕にしがみついてきました。");n();
t("「あなたたち、なんのつもりなの」と私が大声で怒鳴ると");h("男の子");
t("は急に怖い顔をして「しずかにするんだ、逆らうんじゃねえ」と脅かすような低い声で言い放ちました。");n();
h("男");
t("は鞄からビデオカメラを取り出すと私に向けて撮影を始めました。");n();
t("この連中はみんな仲間で、最初から私と");h("女の子");
t("のアダルトビデオを撮影しようと狙っていたんだと私はやっと気が付きました。");n();
t("私はもうとても逃げられないと思って体の震えが止まらなくなりました。");n();
t4332();
}
function t1100(){
c_l("1100");
t("カラオケするんですか");c_count=0;
n();
}
function t1101(){
c_l("1101");
t("ここで休憩するんですか");c_count=0;
n();
}
function t1102(){
c_l("1102");
h("女の子");
t("が公園の出口から駅の方角に走るのが見えて、私は大急ぎで");h("女の子");
t("に追いつきました。");n();
t("かけっこなど大学に入ってから体育の時間でもやったことがなくて私はすぐに息が苦しくてとても走れなく成りました。");n();
t("ちょうど目の前に");h("逃げ込む場所");
t("の看板が見えたので、私は「ここに入れば大丈夫よ」と");h("女の子");
t("に声を掛けました。");n();
h("女の子");
t("も全力で掛け続けてもうとても走れないらしくて、一旦立ち止まると「");c_count=0;
n();
if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "ラブホテル")) { t1101();}else {t1100();}
t("」と私に聞いてきました。");n();
t("「ここに逃げ込むのよ、そうすればもう安心だから」と私が言うと、");if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "ラブホテル")) {h("女の子");
t("は「でもここって」と半分言いかけた後");}if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "カラオケ店")) {h("女の子");
t("も納得したようすで");}t("「そうですね」と頷きました。");n();
t("二人で");h("逃げ込む場所");
t("に入ると、すぐに二階の個室に案内されました。");n();
}
function t1103(){
c_l("1103");
t771();
t1102();
}
function t1104(){
c_l("1104");
t772();
t1102();
}
function t1105(){
c_l("1105");
t("口の中に");h("カクテルの味");
t("が広がると少し苦みがあり何だか変な味がしました。");n();
t("喉が乾いていたので何口か続けて飲み込むと胃袋が痺れるように熱くなるのが判りました。");n();
}
function t1106(){
c_l("1106");
t("取りあえず飲み物を頼むと、私はすぐにソファーに倒れ込みました。");n();
t("ここまで来ればもう大丈夫だと思って気分が楽になり息も次第に落ち着いてきました。");n();
h("女の子");
t("も疲れた様子でソファーに倒れ込むと、何度も大きく息をついて苦しそうにしていました。");n();
t("しばらくして飲み物が運ばれてくると、");h("女の子");
t("の頼んだ飲み物は甘い香りがして美味しそうに見えました。");n();
t("「先輩も一口どうですか」と");h("女の子");
t("に薦めてから私も試しに口に入れました。");n();
t446();
t1105();
h("女の子");
t("がお酒の入ったカクテルを注文したらしいと気が付いて、私はいったいどうゆうつもりなのかしらと腹がたってきました。");n();
t("私はトイレに行こうと思って立ち上がろうとしましたが、急に目眩がしてそのままソファーに倒れ込むと体が重くて動けなくなりました。");n();
}
function t1107(){
c_l("1107");
t("「先輩彼氏いるんですか」と");h("女の子");
t("が聞いてきたので、");if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "カラオケ")) {t("私はこんなときに何でそんな話しをするのかしらと思って");}if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "ラブホテル")) {t("私はうっかりした事は言えないと思って");}t("「まあ、そうね、」といい加減に答えました。");n();
t("「初体験は彼氏が相手だったんですよね、どうでした、気持ちよかったですかそれとも、痛くて泣いちゃったんですか」と");h("女の子");
t("が聞くので、私はなんでそんなことを聞くのか不思議な気がして「まあ、普通だったけど」とわざとはぐらかして答えました。");n();
t("「やっぱり気持ちよくなかったんですね、彼氏がへたで全然気持ちよくなかったんでしょう」と");h("女の子");
t("が言い出すので私はたまりかねて「なんでそんなこと聞くの」と");h("女の子");
t("に聞き返しました。");n();
t("「私初体験で惨めな思いしたくないんです、初体験が惨めだと一生惨めな恋しかできないんです。私初体験で女の悦びを体験したいんです、そうすれば恋をするたびに女は幸せに成れるんです」と");h("女の子");
t("が言い出すので私は呆れて物も言えませんでした。");n();
t("「いったい誰にそんなこと聞いたの」と私が聞いてみると");h("女の子");
t("は「みんなそう言ってます、初体験は年上の経験豊富な人がいいって。一番いい相手はアダルトビデオの男優さんだという話しです」");n();
t("「女の子の体は一人一人感じるところが違うから、感じる所を探り当てるのが上手な男性に初体験をお願いするのが一番なんです」と");h("女の子");
t("が言うので、私はどう言い返していいのか判らなくて黙っていました。");n();
}
function t1108(){
c_l("1108");
t("「先輩、友達に迎えに来てもらいますね、その方がいいでしょう」と");h("女の子");
t("に提案されて私もその方がいいと思って頷きました。");n();
h("女の子");
t("が携帯で誰かに連絡すると、すぐに迎えに来てくれると話しがまとまりました。");n();
}
function t1109(){
c_l("1109");
t("「待っている間暇だから私カラオケしますね」と言うと");h("女の子");
t("がマイクを持って踊りながら歌い出したので私はびっくりしてしまいました。");n();
h("女の子");
t("が何曲か歌うと、急にドアがあいて男が部屋に入ってきました。");n();
h("女の子");
t("が歌を止めてマイクを置くと、すぐに男に歩み寄って抱きついたのでなんだか変だと私は気が付きました。");n();
}
function t1110(){
c_l("1110");
t("男の顔をよく見ると、さっき公園で");h("女の子");
t("と一緒だった男の一人に間違いないありませんでした。");n();
}
function t1111(){
c_l("1111");
t1110();
t("ドアからビデオカメラを持った男が入ってきたのを見て、私はなんとかして逃げ出さないといけないと思いましたが、体が重くて立ち上がれませんでした。");n();
}
function t1112(){
c_l("1112");
t1110();
t("ドアからビデオカメラを持った男が入ってきたのを見て、私はなんとかして逃げ出さないといけないと思いましたが、逃げる場所などありませんでした。");n();
}
function t1113(){
c_l("1113");
t("「女の悦びをいますぐ体験させて。お願いします。私を女にして」と");h("女の子");
t("が甘ったるい声で男にねだるのが聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
t("男は");h("女の子");
t("を");if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "ラブホテル")) {t("ベッド");}if((typeof v["逃げ込む場所"] !="undefined") && (v["逃げ込む場所"] == "カラオケ店")) {t("ソファー");}t("に押し倒すと、すぐに");h("女の子");
t("の服を脱がせて体を開かせました。");n();
}
function t1114(){
c_l("1114");
t1108();
t1121();
t1112();
t1113();
}
function t1115(){
c_l("1115");
t1108();
t1109();
t1111();
t1113();
}
function t1116(){
c_l("1116");
t1078();
t1104();
t1106();
t1107();
t1115();
t4332();
}
function t1117(){
c_l("1117");
t("広い部屋の中央には大きな丸いベッドがあり天上にはキラキラとシャンデリアが光っていました。");n();
h("女の子");
t("はベッドの上に座るとそのまま後ろ向きに倒れ込んで何度も大きく息を吐いていました。");n();
t("私も");h("女の子");
t("のすぐ隣でベッドに横になると、息が楽になるまでしばらく休みました。");n();
t("しばらくしてやっと気分が落ち着いてくると急に喉が渇いて何か飲み物が欲しくなりました。");n();
t("トイレの洗面所で水を飲もうかと思いましたが、");h("女の子");
t("がベッドの横に飲み物の入った冷蔵庫があるのを見つけました。");n();
h("女の子");
t("がジュースらしい缶を冷蔵庫から取り出すと、一つを私に渡してくれました。");n();
}
function t1118(){
c_l("1118");
t("飲み物がジュースではなくて強いお酒だと気が付いて私は");h("女の子");
t("が飲むのを止めようとしましたが");h("女の子");
t("は余程喉が渇いていたらしくて一気に飲み干してしまいました。");n();
h("女の子");
t("は飲み物の空き缶をテーブルに置くと、急に目眩がしたようにベッドに倒れ込んで来たので私は心配な気がしてきました。");n();
}
function t1119(){
c_l("1119");
t("私がベッドの上で");h("女の子");
t("の体に寄り添いながら「");h("女の子の愛称");
t("大丈夫」と");h("女の子");
t("に声を掛けると、");h("女の子");
t("はいきなり私に抱きついてきました。");n();
t("「私先輩のこと大好きなんです」と言いながら");h("女の子");
t("が私に体を押しつけてきたので私はびっくりして");h("女の子");
t("の体を押しのけようとしました。");n();
t("すると");h("女の子");
t("が「先輩も私のこと好きなんでしょう、だからラブホテルに誘ったんでしょう」と言い出したので私は答えに窮してしまいました。");n();
t("「さっきは怖かった、逃げられないと思って、本当に怖かった」と");h("女の子");
t("が言うと今度はいきなり涙をポロポロと流して肩を震わせて泣き出してしまいました。");n();
t("私はなんとか");h("女の子");
t("を慰めようと思って、");h("女の子");
t("の背中を上下に優しい手つきで何度も撫で続けました。");n();
h("女の子");
t("は私の気持ちを誤解したみたいで私にしがみついてくると「先輩、私先輩が大好きなんです、先輩に出会えて本当に幸せです」と言いながら胸を押しつけてきました。");n();
t("私は困った事になったと思いましたが");h("女の子");
t("の機嫌を損ねるとまずいと思って、");h("女の子");
t("の背中を撫で続けました。");n();
}
function t1120(){
c_l("1120");
h("女の子");
t("が口を開いて舌を突き出しながら、私の顔に舌先を近づけてきました。");n();
h("女の子");
t("の口からさっき飲んだ飲み物の香りがして、私はきっと");h("女の子");
t("がお酒に酔ったせいで自分が何をしてるのか判っていないんだと思いました。");n();
h("女の子");
t("の舌先が私の頬に微かに触れたとき、私の体に稲妻が走ったように鋭い感触が突き抜けて体中が熱く燃え上がりました。");n();
t("私はとっさに");h("女の子");
t("の唇に自分の唇を押し当てると、舌先を");h("女の子");
t("の舌に絡ませました。");n();
t("口の中に甘酸っぱい");h("女の子");
t("の感触が広がると、私は我慢できずに");h("女の子");
t("の舌先を嘗め回しました。");n();
h("女の子");
t("の舌先が私の舌に絡みつくようにして動いてくると、");h("女の子");
t("の手のひらが私の胸に押し当てられてきました。");n();
t("私がギュッと");h("女の子");
t("の体を抱き寄せると、");h("女の子");
t("が私の体に足を絡ませてきました。");n();
t("夢のような時間が過ぎると");h("女の子");
t("は急に体の力が抜けたように動かなくなりました。");n();
h("女の子");
t("の様子を横で見ていると、");h("女の子");
t("の体は不意に小刻みに震え出して腰を上下に揺さぶる動作を何度も繰り返していました。");n();
t("不意に私の体の奥が急に熱く燃え上がって来たので私はベッドの上に寝そべりながら大きく息をつきました。");n();
}
function t1121(){
c_l("1121");
t("友達が迎えに来るのを待っている間、");h("女の子");
t("は不思議そうな顔をして");h("逃げ込む場所");
t("の部屋の中を見回していました。");n();
t719();
t("ベッドの横に大きな液晶テレビが置いてあるのを見て、");h("女の子");
t("がリモコンのスイッチを入れるとベッドの上に寝転がった女性の姿が映りました。");n();
t("なんだか変だと思ってよく見ると、服装が私の着ている服と全く同じで、髪型も私と同じに見えました。");n();
t("私が体を横にすると液晶テレビに写った女性も同じように体を横に動かしたのを見て、私はテレビカメラが天上に取り付けてあるらしいと気が付きました。");n();
t("天上を見上げてよくよく確かめてみましたが、どうやらシャンデリアに隠しカメラが仕込んであるらしくて、私はびっくりして声も出せませんでした。");n();
h("女の子");
t("も天上にビデオカメラが仕込んであって、盗撮されていたらしいと気が付いたらしくて不安な顔で液晶の画面を見つめていました。");n();
t("部屋の電話が鳴って、フロントから「お待ち合わせのお客様がいらっしゃいました」と告げてきました。");n();
t("しばらくしてドアをノックする音がしたので、私は立ち上がってドアを開けました。");n();
t("見知らぬ男がドアを押しのけて入ってくると、他の男が後から続いて部屋に入ろうとしたので私は変だと思ってドアを閉じようとしました。");n();
t("男が私の胸の膨らみを手で掴んで私の体を押しのけようとしたので、私ははっとして男の顔を見つめました。");n();
}
function t1122(){
c_l("1122");
t1078();
t1103();
t1117();
t446();
t1105();
t1118();
t1119();
t1120();
t1107();
t1114();
t4332();
}
function t1123(){
c_l("1123");
as1123=new Array("1124","1125","1126");
e_l(as1123);
}
function t1124(){
c_l("1124");
t1075();
t4439();
}
function t1125(){
c_l("1125");
t1073();
t4439();
}
function t1126(){
c_l("1126");
t1073();
t1074();
t4332();
}
function t1127(){
c_l("1127");
t("マスターに聞いてみると近くの");h("会社の業務内容");
t("会社の");h("男");
t("で、一緒に居る女子高生は援助交際の相手だと聞かされて私はびっくりしてしまいました。");n();
t("「お客さんが何をしようと関係ないからほっとけばいい。だけど手が早いから誘われたら気を付けた方が良いよ」とマスターに言われて私もそれ以上は聞くのを止めました。");n();
t("「近くにカラオケ店があるけど、その裏がラブホテルだからカラオケに誘われたら断った方がいいよ」とマスターに注意されて私はうっかり");h("男");
t("の誘いに乗らないようにと気をつけることにしました。");n();
}
function t1128(){
c_l("1128");
t("数日経って");h("男");
t("がまた女子高生と一緒に店に来てコーヒーを注文しました。");n();
t("私は女子高生の");h("女の子の上の表着");
t("に見覚えがあったので、よくよく女子高生の顔を確かめてみました。");n();
t("どっかで見た顔だと思って、よくよく思い出してみるとこの前家庭教師のアルバイトの面接で出会った");h("女の子");
t("だと気が付きました。");n();
t("これは大変だと思って私は二人の席から少し離れた所で二人の会話に聞き耳立てました。");n();
t("二人が何を話しているのかははっきりとは聞こえませんでしたが、");h("男");
t("が");h("女の子");
t("にお金を渡すのが見えてこれは不味いことになりそうだと思いました。");n();
}
function t1129(){
c_l("1129");
t("二人が席を立って店を出ようとしたとき、私はレジの前で「");h("女の子");
t("、これから何処に行くんですか」と思い切って");h("女の子");
t("に声を掛けました。");n();
h("女の子");
t("は驚いた顔で、私の方に振り向くと「これからカラオケに行くんです、先生も一緒に来ませんか」と誘われました。");n();
h("女の子");
t("は私の事を覚えていて、私を先生と呼んでくれたらしいと判って私は嬉しくなりました。");n();
t("「いや、先生が一緒なら心強い、みんなで一緒にカラオケしましょう」と");h("男");
t("に誘われて私は返事に困ってしまいました。");n();
t("奥で話しを聞いていたマスターもでてきて「カラオケくらいなら一緒に行ってもいいよ、もう今日はお客さんも来ないから」と言うので私は断るわけにも行かなくなりました。");n();
h("男");
t("と");h("女の子");
t("と三人で喫茶店をでると、少し先にカラオケボックスの看板が見えました。");n();
t("変な店だと困ると思いましたが、見た目は普通のカラオケ店らしいので一安心しました。");n();
}
function t1130(){
c_l("1130");
t("お店でバイトするようになってしばらくして毎回違う女子高生を連れてくる中年の男性がいるのに気が付きました。");n();
t440();
t1127();
t1128();
t218();
t1131();
}
function t1131(){
c_l("1131");
as1131=new Array("1147","1139");
e_l(as1131);
}
function t1132(){
c_l("1132");
h("一人");
t("はしばらく話しを続けていたので私はずっと店の奥で様子を伺っていました。");n();
t("そろそろ私のアルバイトが終わる時間になって交代の女の子が店に来て支度を始めました。");n();
t("ちょうど");h("一人");
t("が店を出る様子なので、私は");h("一人");
t("の後を付けて何処に行くのか確かめる事にしました。");n();
}
function t1133(){
c_l("1133");
t1132();
t("レジで");h("男");
t("が会計を済ませた後、二人は手をつないで店の横の細い道に入っていくのが見えました。");n();
t("少し遅れて私が二人の後を付けると、角を曲がった先にはやっぱりラブホテルの看板が見えました。");n();
t("二人はラブホテルの前に立ち止まると");h("男");
t("が");h("女の子");
t("を抱き寄せながら何か話しているのが聞こえました。");n();
}
function t1134(){
c_l("1134");
t("きっと");h("男");
t("が");h("女の子");
t("を口説いてるんだと思って私は止めるなら今だととっさに思いました。");n();
t("私は急いで二人の側まで駆け寄ると");h("男");
t("の手を掴んで「これからどうするつもりなんですか」と大声で叫びました。");n();
h("男");
t("は戸惑った様子で私の手を振り解くと黙ったまま私の顔を見つめました。");n();
t("「");h("女の子");
t("をどうするつもりなんですか」と私がもう一度大声で言うと");h("女の子");
t("が私に振り返って「あ、先生、先生ですよね」と声を上げました。");n();
}
function t1135(){
c_l("1135");
t("「この人私の叔父さんなんです」と");h("女の子");
t("が言い出したので私は訳が分からなくなりました。");n();
t("「");h("女の子の劣称");
t("が相談したいことがあるって言うから、これから二人っきりで話しができる所に行こうとして所なんだよ、いやちょうど良かった」と");h("男");
t("に言われて私はまた訳が分からなくなりました。");n();
t("「何の相談なんですか」と私が");h("男");
t("に聞いてみると「いや");h("女の子の劣称");
t("にDVDのビデオが送られてきてね、誰が送ってきたのか判らないんだけどそのビデオの内容がねちょっと人には見せられない内容らしくてね、ラブホテルで見るしか他に場所がないんだよ」と言うので何だか話しが変だと思いました。");n();
t("「先生も相談に乗って下さい、お願いします」と");h("女の子");
t("が今にも泣き出しそうな顔で頼むので仕方なく私は一緒にラブホテルに入る事にしました。");n();
}
function t1136(){
c_l("1136");
t("部屋に入るとダブルベッドの横に大きなプラズマテレビが置いてありました。");n();
h("男");
t("がビデオデッキにDVDを入れると、再生が始まって女性の顔が映りました。");n();
t("お化粧して髪を結った中年の女性の顔はどうやら家庭教師の面接で出会った");h("女の子");
t("の母親らしいと判りました。");n();
t("母親の顔が大写しになるとその口元に何かが押し込まれているのが見えて私ははっとしました。");n();
h("女の子");
t("の母親が誰かに");h("フェラチオ");
t("してる所を隠し撮りしたDVDだと判って私は寒気がして体が震えてきました。");n();
h("男");
t("がビデオを早送りすると、");h("女の子");
t("の母親の上に小太りの男が体を重ねて腰を動かしている場面が映し出されました。");n();
t("スピーカーから大きな叫び声が響いてくると「もう止めてください」と");h("女の子");
t("が大声をだ出しました。");n();
h("男");
t("がビデオのリモコンのスイッチを止めると");h("女の子");
t("は急に泣き出して、涙が止まらなくなりました。");n();
t("私が慌てて");h("女の子");
t("の背中を撫でてなだめると");h("男");
t("も「安心しなさい、俺が何とかするから心配要らないよ」と言いながら");h("女の子");
t("の背中を撫で始めました。");n();
h("男");
t("の手が");h("女の子");
t("の");h("女の子の下の表着");
t("の下に入れられて腿の内側を撫で始めたので私はあれっと思いましたが黙っていました。");n();
h("女の子");
t("の話しではこのDVDは郵便で送られてきて差出人の名前もなく、他に手紙も入っていないので何の為に送られてきたのか判らないとの事でした。");n();
t("私はこれはきっと");h("女の子");
t("の母親が誰かに脅されているに違いないとピント来ました。");n();
t("この間テレビで見た不倫ドラマでも同じような場面があって、不倫をした人妻が金を脅されて居たストーリーでした。");n();
}
function t1137(){
c_l("1137");
t("「実はね、俺の所にもビデオが送られてきてね」と言いながら");h("男");
t("が別のDVDを取りだしたので私はあれっと思いました。");n();
h("女の子");
t("が");h("男");
t("に相談するつもりでビデオを持ってきたのなら理由は判るけど何で");h("男");
t("が今ビデオのDVDを持っているか意味が分かりませんでした。");n();
}
function t1138(){
c_l("1138");
t("私が");h("女の子");
t("に何か言おうとしたとき、");h("男");
t("が「");h("女の子の愛称");
t("はもう帰りなさい、これは大人の話だからこの先は先生と相談するから」と言ってくれました。");n();
t("私も確かに");h("女の子");
t("にはこれ以上心配を掛けない方がいいと思って「大丈夫よ、私に任せてね」と");h("女の子");
t("に声を掛けました。");n();
h("女の子");
t("が先に帰ると私はこの先どうしたらいいのかを思い浮かべて胸がドキドキしてきました。");n();
t("確かテレビドラマで見たときは私立探偵に頼んで犯人を捕まえて貰ったはず。それとも弁護士に頼んでお金で解決する方法もあるはず。");n();
t("私は自分がテレビドラマの主人公に成ったような気がしてきて、頭の中にいろんなアイデアが浮かんできました。");n();
}
function t1139(){
c_l("1139");
t1133();
t1134();
t1135();
t1136();
t1138();
t1137();
t1140();
}
function t1140(){
c_l("1140");
as1140=new Array("1145","1146");
e_l(as1140);
}
function t1141(){
c_l("1141");
h("男");
t("がビデオデッキにDVDを入れると、プラズマビデオに映ったのはさっきのビデオとは違う顔でした。");n();
t("「お願いです、私に");h("フェラチオ");
t("させて下さい、私");h("フェラチオ");
t("大好きなんです。お願いしゃぶらせて」とスピーカーから女の子の大きな声が聞こえてきました。");n();
t("女の子の唇に");h("男根の表現");
t("の先端が押しつけられると、女の子が口を大きくあけて舌を絡ませるのがはっきりと見えました。");n();
t("よく顔を確かめるとビデオに映っているのは");h("女の子");
t("で、さっきのビデオと同じに男に");h("フェラチオ");
t("をしている場面でした。");n();
}
function t1142(){
c_l("1142");
h("男");
t("がビデオを早送りすると、");h("女の子");
t("の上に大きな図体の男が体を重ねて腰を動かしている場面が映りました。");n();
t("男が思いきり力を込めて腰を突き出すたびに");h("女の子");
t("が体全体を仰け反らせて甲高い叫びを上げる声が部屋一杯に響き渡りました。");n();
t("男の腰の動きが激しさを増すと、");h("女の子");
t("の体が引きつって震え出すのがはっきりと見えました。");n();
t("私はとてもビデオを見ていられなくてプラズマテレビから目をそらせましたが");h("女の子");
t("の叫び声が繰り返し耳に響いてきて私自身の体も身震いがして止まらなくなりました。");n();
}
function t1143(){
c_l("1143");
t("「このビデオは裏ビデオでね、新宿の歌舞伎町の裏ビデオ屋で手に入れたんだ。その辺の裏ビデオ屋でも普通に手に入るんだ。誰でも買えるんだぜ」と");h("男");
t("に言われてこれは大変な事になってるんだと怖くなりました。");n();
t1142();
t("これは本当に大変なことになってるんだと判って私はどうしていいのか判らなくなりました。");n();
}
function t1144(){
c_l("1144");
t("急に");h("男");
t("が私の体に抱きつくとベッドの上に押し倒してきました。");n();
t("「お前もこんな目に遭わされたいんだろう、裏ビデオ撮られて脅されてデリヘルに売り飛ばされたいんだろう」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私はビデオを撮影したのが");h("男");
t("本人らしいと気が付いて寒気がして体が震えてきました。");n();
t4439();
}
function t1145(){
c_l("1145");
t1141();
t1143();
t1144();
}
function t1146(){
c_l("1146");
t1141();
t1142();
t("画面が切り替わってビデオの画面に男の顔がはっきりと映りました。");n();
t("私はビデオに映っている男が");h("男");
t("本人だと判ってびっくりして腰が抜けそうになりました。");n();
t("「");h("女の子の劣称");
t("も");h("女の子の劣称");
t("の母親も俺には逆らえないんだ。俺の奴隷なんだぜ。だから自分から");h("フェラチオ");
t("させて下さいとおねだりするしかないんだ」");n();
t("「お前も俺の奴隷にしてやる、自分から");h("フェラチオ");
t("させて下さいとおねだりする女にしてやるぜ」と");h("男");
t("が言うと私をベッドに押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t1147(){
c_l("1147");
t1129();
t1148();
}
function t1148(){
c_l("1148");
as1148=new Array("1149","1150");
e_l(as1148);
}
function t1149(){
c_l("1149");
t446();
t("部屋に案内されると");h("男");
t("が飲み物を注文してくれました。");n();
h("女の子");
t("はすぐにお得意のモーニング娘の曲を踊りながら歌い出したので、私も一緒に歌いました。");n();
t("飲み物が運ばれて来たので、");h("カクテルの様子");
t("を手にとって一口味わってみくと");h("カクテルの味");
t("がしました。");n();
h("女の子");
t("は飲み物が気に入ったらしくて、美味しそうに飲んでからまた歌い出しました。");n();
t("私も一緒に");h("女の子");
t("の横で歌い出すと、急に");h("女の子");
t("がしゃがみ込んでそのまま床に寝そべって動けなくなりました。");n();
t("私も頭がくらくらして立っていられなくなり");h("女の子");
t("の横にしゃがみ込んでしまいました。");n();
t("さっき飲んだ飲み物のせいだと気が付きましたが目眩がしてもう立ち上がれませんでした。");n();
h("男");
t("はどこかから赤い縄を取り出すと、");h("女の子");
t("の手足を縛りあげて床に寝かせました。");n();
t("私はなんとか逃げ出さなければいけないと思いましたがもうどうにも体が動きませんでした。");n();
h("男");
t("は素早い手つきで私の手足を縛ると、体を重ねてきました。");n();
t4439();
}
function t1150(){
c_l("1150");
t("部屋に案内されると");h("女の子");
t("はすぐにお得意のモーニング娘の曲を歌いながら踊り出したので、私も一緒に歌いました。");n();
t("一曲終わって");h("男");
t("にマイクを渡すと、");h("男");
t("はお得意の演歌を歌い始めました。");n();
t("しばらくして");h("男");
t("の歌が終わると");h("女の子");
t("が拍手をしたので私も慌てて拍手しました。");n();
h("男");
t("が上着を脱いで、床に落とすと青い縞模様のシャツを脱ぎだしたので私はびっくりして");h("男");
t("の体を見つめました。");n();
t("スポットライトの明かりで");h("男");
t("の体がむき出しになると、肩幅の広い盛り上がった筋肉が目の前で動くのが見えて私は目が眩みそうになりました。");n();
t("得意げな顔で");h("男");
t("がゆっくりと体を回すと背中に刺青の大蛇の模様がくっきりと見えました。");n();
h("男");
t("は私の顔色を伺いながらズボンのベルトを緩めると「おいしゃくれ」が低い声で呻くように呟きました。");n();
t("私はなんの事か判らずに立ちつくしたまま動けませんでした。");n();
h("女の子");
t("は");h("男");
t("に歩み寄ると両膝をついて口を男の腰に近づけました。");n();
t("「お前もやるんだ」と");h("男");
t("に言われて私は怖くてとても逆らえませんでした。");n();
t("私が");h("男");
t("の前に歩み寄ると");h("女の子");
t("の口元からピチャピチャと舌が動く音が聞こえてきました。");n();
t("こうなったら私もやるしかないと覚悟を決めて、私は");h("女の子");
t("のすぐ横に膝を着きました。");n();
t4296();
}
function t1151(){
c_l("1151");
t1152();
t1153();
}
function t1152(){
c_l("1152");
t("一月ほどたって、もうすぐアルバイト代を払ってもらえる前の日に私はお客さんにコーヒーをこぼしてしまいました。");n();
t440();
t("喫茶店のオーナーの大事な客の");h("男");
t("でした。");n();
t("私はマスターにひどくしかられ、もうアルバイトは来なくていいし金も払わないと言われました。");n();
t("私はなんとかあやまりましたが許してはもらえませんでした。");n();
t("私は泣きだしてしまいましたが、そのとき");h("男");
t("がもう許してやれといいます。");n();
t("そのかわり今夜つき合ってもらうからなと言われて私は困ってしまいました。");n();
t("一緒に飲みに行くだけだと");h("男");
t("が言うので私はついていきました。");n();
t("喫茶店を出ると");h("男");
t("はすぐに私の手を握って来たので私は不安な気持ちになりました。");n();
t("いったい");h("男");
t("は私を何処に連れて行くつもりなんだろうと思っていると");h("男");
t("は駐車場の中に私を連れて行きました。");n();
t("私を助手席に乗せると車はすぐに駐車場を出て大通りを走り始めました。");n();
t1240();
}
function t1153(){
c_l("1153");
as1153=new Array("1314","1230","1292","1238","1306");
e_l(as1153);
}
function t1154(){
c_l("1154");
t("一月ほどたって、もうすぐアルバイト代を払ってもらいました。");n();
t("金額を確かめると、約束より随分少ない金額でした。");n();
t702();
h("男");
t("に問いただすと、遅刻があったのでその分引いてあるとの話でした。");n();
t("いくらなんでも遅刻が何度かあっただけでこんなに差し引かれるのは酷いと私は泣きそうになってしまいました。");n();
t("すると");h("男");
t("はもっと金が欲しいなら、いくらでも金をだすといいます。");n();
t("私がちゃんと払ってくださいと言うと、");h("男");
t("はしてもらうことがあるといって、私の両肩をつかみました。");n();
t("それから、私をカウンターに向かせると、後ろから私を抱きしめてきました。");n();
v["手をつく所"]=function(){
hi1=r("2");
if( hi1==1){
t("店のテーブル");
}
if( hi1==2){
t("店のカウンター");
}
}
t4286();
t("やがて、");h("男");
t("はゆっくりと体を離しました。");n();
t("「どうだ、これで金になれば楽なもんだろう」と言いながら");h("男");
t("は私にお金を渡しました。");n();
t("しかし、それでも私にはお金がたりませんでした。");n();
t("「まだ、金が欲しいだろう」と");h("男");
t("がいいます。");n();
t("このくらいでお金がもらえるならあと少しくらいは我慢してもいいと思い、私はうなずいて返事をしました。");n();
t1220();
}
function t1155(){
c_l("1155");
t4();
t("喫茶店をでると私は車に乗せられました。");n();
t("車が動き出すと、");h("男");
t("はすぐに「");h("私の愛称");
t("彼氏いるのかな」と聞いてきました。");n();
t("私はどう返事をしていいのか迷いましたが「今は居ません」と小さな声で返事をしました。");n();
t("「彼氏がいないと寂しいだろう」と");h("男");
t("に言われて私は仕方なく「そうですね」と答えました。");n();
t("「もし");h("私の愛称");
t("と付き合いたいという男性がいたら付き合う気はあるのかな」と");h("男");
t("に言われて私は困ったことになると思って「そんな人いません」とわざっとつっけんどんに答えました。");n();
t("すると");h("男");
t("は「");h("私の愛称");
t("まだ女の悦びを知らないだろう、女の悦びはね、遊び慣れた年上の男性と付き合わないと体験できないんだよ、若い男じゃ駄目なんだ」とまるでお説教でもするような口調で話し始めました。");n();
t("「俺が");h("私の愛称");
t("に本当の女の悦びを教えて上げるよ、今日これからすぐにだ」と");h("男");
t("に言われて私はどうやって断ろうかと頭の中で言葉を探しました。");n();
t("「お小遣い欲しいんだろう、アルバイトなんかしたってたいした金にはならないぜ、いい思いをしてお金もたっぷり貰えるならその方が");h("私の愛称");
t("も良いだろう」と");h("男");
t("に誘われて、私は断るのはもったいない気がしてきました。");n();
t("「本当に女の悦びを教えて貰えるんですか」と私が試しに言ってみると「試して見ればわかるよ、女の悦びがどんなに素晴らしい物かその体に教えてやるよ、終わった後に嬉しくて涙が止まらなくなるんだぜ」と");h("男");
t("は口説き文句を続けました。");n();
t("私は今月はお金が足りなくて困って居たので、お金が貰えるのならこんな良い話しはまたとないと思って「よろしくお願いします」と");h("男");
t("に返事をしました。");n();
t3631();
}
function t1156(){
c_l("1156");
h("男");
t("と一緒に喫茶店をでると、少し先のビルに案内されました。");n();
t("ビルの二階に上がると、女性専用マッサージの看板が出ているドア開けて中に入りました。");n();
h("男");
t("が受付で「アロママッサージお願いします」と頼んでお金を払うと、私だけ店の奥に案内されました。");n();
h("男");
t("がなんのつもりで私にマッサージを受けさせようとしてるのか、私には意図が分かりませんでしたがとりあえずマッサージをしてもらうことにしました。");n();
}
function t1157(){
c_l("1157");
t("部屋の中央には細長いベッドが置いてあり、白衣を着た中年の女性に紙でできてブラジャーとパンティーのセットを渡されました。");n();
t("ベッドのすぐ横にカーテンで囲った着替え用の試着室の様な場所があったので私は服を脱いでブラジャーとパンティーを身につけました。");n();
t("私がベッドの上に寝そべると、");c_count=0;
n();
t4435();
}
function t1158(){
c_l("1158");
t("マッサージ師さんに促されて私はベッドを降りると、着替えを済ませてさっきの受付に戻りました。");n();
h("男");
t("は私の様子を見て「どうだった、気持ちよかっただろう、もっと気持ちよくさせてやるぜ」と声を掛けてきました。");n();
t("私は恥ずかしくて俯いたまま返事ができませんでした。");n();
t("「このままじゃ帰れないだろう、どうなんだ」と言いながら");h("男");
t("は私のお尻を手のひらで撫で上げてきました。");n();
t("私の体はさっきのマッサージのせいですっかり敏感になっていて、");h("男");
t("の手が触れただけで体全体がまるで稲妻に打たれたように震えました。");n();
t("私はもうてとも我慢できない気分になって、自分から");h("男");
t("に抱きついて自分の胸を");h("男");
t("の胸に押し当てました。");n();
t("「これから二人っきりになれる場所に行きたいんだろう」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("の意図にすぐに気が付きました。");n();
t("私には");h("男");
t("が私にマッサージを受けさせた理由が判っていましたがもう");h("男");
t("の言葉には逆らえませんでした。");n();
h("男");
t("に抱かれるのを想像しただけで、私の体は熱く燃え上がって体中に汗が噴き出してきました。");n();
t("私はもうとても我慢できなくてすぐに「早く連れて行って」と甘えた声で");h("男");
t("に返事をしました。");n();
t("マッサージ店を出ると、");h("男");
t("は私の手を取って裏道に私を連れ込みました。");n();
}
function t1159(){
c_l("1159");
t("「このビデオを学校に送ったら、どんな事になるのか判ってるだろう」");n();
t("「お前はもう俺には一切逆らえないんだぜ、逆らったらどうなるのかよく考えてみるんだな」と");h("男");
t("に言われて、私は飛んでもない事になったと気が付きました。");n();
}
function t1160(){
c_l("1160");
t("ベッドのすぐ横には大きな液晶テレビが置いてあるのが目に入りました。");n();
h("男");
t("が「面白い物を見せてやる」と言うとポケットからディスクを取りだしてビデオプレーヤーに入れました。");n();
t("液晶テレビにはベッドの真上から盗撮したらしい裸の女性が映し出されました。");n();
t("白いブラジャーとパンティーを身に付けているのは間違いなく私自身でした。");n();
t("さっきのマッサージ店で盗撮されたのだと気が付いて私は寒気がしてきました。");n();
}
function t1161(){
c_l("1161");
t("「最初は口でやってもらおうか、最近の女子大生はみんな");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう」");n();
t("「俺が");h("フェラチオ");
t("のやり方をたっぷり仕込んでやるぜ」と言いながら");h("男");
t("はズボンを脱いで私の前に立ちはだかりました。");n();
}
function t1162(){
c_l("1162");
t4();
t1156();
t1157();
t1158();
t4();
t3627();
t3643();
t3649();
t1160();
t1159();
t1161();
t4290();
}
function t1163(){
c_l("1163");
t("店の外にでると、しばらく歩いて小さなビルに入りました。");n();
}
function t1164(){
c_l("1164");
t("ビルの中に入ると、喫茶店のような小さな店に案内されました。");n();
t("店の奥には鉄格子のある小部屋がありなんだか変な感じがしました。");n();
t("カウンターの席に座ると、");h("男");
t("が飲み物を注文しました。");n();
t("店の中央には大きな液晶テレビが置いてあり、女の子達がダンスしながら歌うテレビ番組らしい画像が映し出されていました。");n();
}
function t1165(){
c_l("1165");
t("「面白いビデオを見せて上げるよ、きっと");h("私の愛称");
t("も大好きなビデオだよ」と");h("男");
t("が思わせぶりに言うと、液晶テレビに画像が映し出されました。");n();
}
function t1166(){
c_l("1166");
t("「面白いビデオを見せて上げるよ。この間さっきの店で買ったビデオだ」と");h("男");
t("が思わせぶりに言うと、液晶テレビに画像が映し出されました。");n();
}
function t1167(){
c_l("1167");
h("男");
t("がポケットからDVDらしいディスクを取り出すと、カウンターの中の男に渡しました。");n();
if((typeof v["男"] !="undefined") && (v["男"] == "マスター")) { t1165();}else {t1166();}
t("いったい何を見せるつもりなんだろうと思って、私は液晶テレビの画面をじっと見つめました。");n();
}
function t1168(){
c_l("1168");
t("画面に映ったのはセーラー服を着た女子高生の姿でした。");n();
t154();
t("私はすぐにそれが");h("アルバイトを紹介した人との関係");
c_count=0;
n();
t102();
t("だと気が付きました。");n();
t102();
t("が手にした");h("バイブレータ");
t("を股間にあてて、苦しそうに顔をしかめているのを見て私は事情が飲み込めてきました。");n();
t("きっと");c_count=0;
n();
t102();
t("も遅刻してバイト代を引かれて、マスターにセクハラされたあとにブルセラショップでビデオを撮られたのに違いないと確信しました。");n();
}
function t1169(){
c_l("1169");
t("しばらくして");c_count=0;
n();
t102();
t("の");h("オナニー");
t("の場面が終わると、");h("男");
t("に「まだ続きがあるんだ。もっと面白い物を見せてやるぜ」と言われて私は不安な気持ちになりました。");n();
}
function t1170(){
c_l("1170");
t("いきなり");c_count=0;
n();
t102();
t("の大きな叫び声が液晶テレビのスピーカーから流れてきて、私はびっくりして画面をよく確かめました。");n();
}
function t1171(){
c_l("1171");
t("いきなり女の子の大きな叫び声が液晶テレビのスピーカーから流れてきて、私はびっくりして画面をよく確かめました。");n();
t("ビデオに映って居たのは");h("アルバイトを紹介した人との関係");
c_count=0;
n();
t102();
t("に間違いありませんでした。");n();
}
function t1172(){
c_l("1172");
t("鉄格子の部屋の中で、女の子が裸でベッドに縛られている場面が映し出されて、私はとても画面を見ていられませんでした。");n();
if((typeof v["ビデオの内容"] !="undefined") && (v["ビデオの内容"] == "バイブでオナニー")) { t1170();}else {t1171();}
t("数人の男が激しい腰の動きで");c_count=0;
n();
t102();
t("を責めている場面が続くのを見てなんで");c_count=0;
n();
t102();
t("がこんなビデオを撮らせたのか私には訳が分かりませんでした。");n();
t("私は店の奥の鉄格子の部屋をもう一度よく見て、大変な事に気が付きました。");n();
t("ビデオに映っているのは、この店の鉄格子の部屋の盗撮ビデオに間違いありませんでした。");n();
}
function t1173(){
c_l("1173");
t("私はなぜ");c_count=0;
n();
t102();
t("が私を喫茶店のバイトに誘ったのか理由が判ってきました。");n();
t("きっと");c_count=0;
n();
t102();
t("も遅刻してバイト代を引かれて、セクハラされたあとにこの店に連れてこられたに違いないと私は確信しました。");n();
}
function t1174(){
c_l("1174");
t("私もたった今");c_count=0;
n();
t102();
t("と同じめに合わされると気が付いて私は怖くて寒気がして体が震えてきました。");n();
t("店の奥から男が数人出てくると、私の周りを取り囲みました。");n();
t("私はカウンターの席から立ち上がって逃げようとしましたが、すぐに両方の腕を掴まれて鉄格子の部屋に連れ込まれました。");n();
t4544();
}
function t1175(){
c_l("1175");
t1164();
t1167();
t1168();
t1169();
t1172();
t1174();
}
function t1176(){
c_l("1176");
t4();
t1163();
t1164();
t1167();
t1172();
t1173();
t1174();
}
function t1177(){
c_l("1177");
t("ともかくどっかで着替えをしたほうがいいと思って、コンビニのトイレでも借りようと思って辺りを見回してみましたが近くには見当たりませんでした。");n();
t("喫茶店にもどって着替えればいいと思って帰り道を探しましたが、マスターに連れて来られたので、どこの道を帰ればいいのかさっぱり見当が付きませんでした。");n();
t("取りあえず人通りの多そうな方に歩いてみることにしました。");n();
t("すこし行くと大通りに出ましたが、全然方向違いらしくて大きなビルが並んでいるだけでした。");n();
t701();
t("道を間違えたと思って引き返すと、後から付いてきた男にいきなり「いま履いてる");h("下着");
t("売ってくれませんか」と声を掛けられました。");n();
t("さっきブルセラ店でセーラー服を試着していた男らしいと気が付いて私は心臓が縮み上がりました。");n();
}
function t1178(){
c_l("1178");
t("「");h("下着");
t("売って下さい、今履いてる");h("下着");
t("です、びしょ濡れの");h("下着");
t("なら高くかいますよ」と男にもう一度言われて私は怖くて返事ができませんでした。");n();
t("「");h("バイブレータ");
t("が大好きなんでしょう、僕も");h("バイブレータ");
t("は好きなんですよ」と男が言い出したのでこれは大変だと私は気が付きました。");n();
t("この男はさっきの店で私がオナニーするところを見ていたのに違いないと思って私は背筋が寒くなりました。");n();
h("男");
t("が私のスカートを捲りあげようとして来たので、私は男の手を払い退けると後ろ向きに振り返って駆け出しました。");n();
}
function t1179(){
c_l("1179");
t("必死の思いで細い路地を通り抜けると、目の前に小さな公園が見えてきました。");n();
t("公園の奥にトイレが見えたので、私はトイレに逃げ込んで着替えをしようと思いつきました。");n();
t("公園の中央の広場を走り抜けると、トイレの側に風体の悪い男が数人たむろしているのが見えました。");n();
t703();
t("私は急いでトイレの前まで走り寄ると中央の身体障害者用のトイレに入ろうとしてドアのノブを掴みました。");n();
}
function t1180(){
c_l("1180");
t("ノブをどっちに回していいのか判らなくて何度も左右に押したり引っ張ったりしていると、カタンと足元で物音がしました。");n();
t("足元を見下ろすと、ついさっきブルセラ店で使った");h("バイブレータ");
t("が手提げの紙袋からはみ出して落ちているのが見えました。");n();
t("落ちるときにスイッチが入ってしまったらしくて、");h("バイブレータ");
t("はプーンと変な音を立ててくねくねと動きだしました。");n();
t("「お嬢ちゃん面白いもの持ってるね」とすぐ私の後で男の声がしたので、私は必死でトイレのドアを開けようとしました。");n();
t("不意にトイレのドアが開くと、トイレの中から中年の男性が出てきて私の前に立ちはだかりました。");n();
t("「おい、やっちまえ、この女ド変態のドスケベ女だぜ」と私の後から声が聞こえると、私の目の前に立った男が私をトイレの中に引きずり込みました。");n();
t4544();
}
function t1181(){
c_l("1181");
t4();
t1163();
t820();
t821();
t822();
t823();
t1159();
t824();
t825();
t827();
t1182();
}
function t1182(){
c_l("1182");
as1182=new Array("1183","1198","834");
e_l(as1182);
}
function t1183(){
c_l("1183");
t4();
t828();
t1177();
t1178();
t4();
t1184();
}
function t1184(){
c_l("1184");
as1184=new Array("1185","1187");
e_l(as1184);
}
function t1185(){
c_l("1185");
t1179();
t1180();
}
function t1186(){
c_l("1186");
t("私が必死で走り続けると、後から");h("男");
t("の足音が聞こえてきました。");n();
h("男");
t("に追いつかれると思ったとき、すぐ横に公園が有るのが見えました。");n();
t("公園の奥にはトイレがあり、トイレに逃げればなんとかなると私は思いつきました。");n();
t("私は公園の中に走り込むと、中央の噴水の横を通って必死でトイレまで走り続けました。");n();
t("身体障害者用トイレの個室に入り込もうとしたとき、");h("男");
t("が私に追いついてきて、私の腕を掴もうとしてきました。");n();
}
function t1187(){
c_l("1187");
t1186();
t1192();
t1193();
t1194();
t1195();
t4();
t1188();
}
function t1188(){
c_l("1188");
as1188=new Array("1201","1200");
e_l(as1188);
}
function t1189(){
c_l("1189");
t("どこか着替えをするのにちょうど良い場所はないかと探してみると、ちょうどすぐ先に");h("ファーストフード店名");
t("があるのが目に入りました。");n();
t("お腹も空いていたので");h("ファーストフード店名");
t("に入るとコーヒーと");h("ファーストフード店の食べ物");
t("を頼みました。");n();
t("空いている席を探して窓際のカウンターに座ると、着替える前に食事をすませた方がいいと思って");h("ファーストフード店の食べ物");
t("を手にとって食べ始めました。");n();
}
function t1190(){
c_l("1190");
h("ファーストフード店の食べ物");
t("を半分くらい食べ終えた頃に隣の席に中年の男が座りました。");n();
t701();
h("男");
t("は私の横顔をじっと見つめると「今履いてる");h("下着");
t("売ってくれませんか」と言い出しました。");n();
t("私がびっくりして");h("男");
t("の顔をよく見ると、どうやらさっきブルセラ店でセーラー服の試着をしていた男らしいと気が付いて寒気がしてきました。");n();
}
function t1191(){
c_l("1191");
h("男");
t("はいきなり私の着替えの入った紙袋の中に手をつっこむと");h("バイブレータ");
t("を手に掴んで「これいつも使ってるだろう、いまも");h("下着");
t("びしょ濡れなんだろう」と言って目の前に差し出しました。");n();
t("私はこんな男の相手はしていられないと思って席を立つと");h("男");
t("の手が私のスカートを捲りあげました。");n();
}
function t1192(){
c_l("1192");
t("私は何とか");h("男");
t("の手を振り払うと、すぐ目の前のトイレに駆け込みました。");n();
t("ドアを閉めて息を潜めていると、私の携帯に着信がありました。");n();
t("こんなときに何だろうと思って携帯を開けてみると、誰かがメールで写真を送りつけてきたのだと判りました。");n();
t("写真を開いてみるとさっきブルセラ店で撮影した動画の一場面らしい写真でした。");n();
t("すぐに音声の着信音が聞こえて、出てみると「ビデオを、学校に送ってもいいんだぜ、証拠の");h("バイブレータ");
t("も一緒に送ってやるぜ」と");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
h("男");
t("はすぐドアの向こうに立っているらしくて、");h("男");
t("の声は携帯とドアの外から二重に響いてきました。");n();
}
function t1193(){
c_l("1193");
t("私はもう駄目だと観念して、ドアをそっと開けました。");n();
h("男");
t("はすぐにドアの間からトイレの中に入り込んできました。");n();
}
function t1194(){
c_l("1194");
h("男");
t("は私の体に後から抱きつくと「今すぐ");h("下着");
t("脱ぐんだ、5万払うから、それなら良いだろう」と私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私は5万も貰えるなら、");h("下着");
t("を脱いだ方がいいと思って、その場でスカートの下から");h("下着");
t("を脱いで");h("男");
t("に渡しました。");n();
}
function t1195(){
c_l("1195");
t("「一緒に来てもらうからな、大人しく言うことを聞くんだ、そうすればちゃんと金も払うし悪いようにはしない」と");h("男");
t("に言われて私はしかたなく頷きました。");n();
}
function t1196(){
c_l("1196");
t317();
t("店をでてしばらく歩くと大きな");h("場所");
t("の前まで来ました。");n();
h("男");
t("が");h("場所");
t("の裏口から中に入ると、目の前にエレベーターが見えました。");n();
t("エレベータに乗って最上階まで出ると、自動販売機が並んでいて奥にはゲーム機が見えました。");n();
t("「こっちへ来るんだ」と");h("男");
t("に促されてゲーム機の横を通り過ぎると、大きな吹き抜けの中央に階段がありました。");n();
t("「この階段を一番下まで歩くんだ、下から丸見えだぜ」と");h("男");
t("が口元に嫌らしい笑みを浮かべて私の耳元で囁いてきました。");n();
t("目の前の階段は骨組みだけの吹き抜けになっていて、");h("男");
t("が言った通りに下からはスカートの下が丸見えでした。");n();
t("私は");h("男");
t("の企みに気が付いて、膝が震えて止まらなく成りました。");n();
h("男");
t("に背中を押されて私は階段に一歩足を踏み出しました。");n();
t("一階のフロアから誰かが見上げているような気がして、私は怖くて下を見ることができませんでした。");n();
t("「さっさと降りるんだ」と");h("男");
t("が低い声で脅かすように私の後から囁いてきました。");n();
t("私は");h("男");
t("には逆らえないと覚悟を決めて、一歩ずつ階段を降りていきました。");n();
t("一歩足を踏み出すたびに");h("下の表着");
t("の裾が揺れて恥ずかしくて死にそうな気分でした。");n();
t("階段の中央の踊り場まで降りたとき、私は足が震えてもうとても歩けませんでした。");n();
h("男");
t("が私のすぐ後から降りてくると「さっきのビデオを大学に送ってもいいのか、さっさと下まで降りるんだ」と囁きながら私のスカートの下に手を入れてお尻を撫で上げてきました。");n();
t("私は思わず大声を上げそうになりましたが、必死で喉を押し殺すと階段をまた降り続けました。");n();
t("一番したまで階段を降りきったとき、私は足が震えたままとても立って居られませんでした。");n();
h("男");
t("がすぐ私の後から体を寄り添って来たので、私は振り向くと");h("男");
t("の腕にしがみつきました。");n();
}
function t1197(){
c_l("1197");
t("「どうだ、このままじゃ帰れないだろう、どっかで二人っきりに成りたいだろう」と");h("男");
t("に言われて私は「好きにして下さい」と答えるしかありませんでした。");n();
}
function t1198(){
c_l("1198");
t4();
t828();
t137();
t1189();
t1190();
t1191();
t1192();
t1193();
t1194();
t1195();
t4();
t1199();
}
function t1199(){
c_l("1199");
as1199=new Array("1201","1200");
e_l(as1199);
}
function t1200(){
c_l("1200");
as1200=new Array("1214","1211");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) {as1200.push("1175"); }
e_l(as1200);
}
function t1201(){
c_l("1201");
t1196();
t1197();
t4();
t1202();
}
function t1202(){
c_l("1202");
as1202=new Array("1214","1203","1211");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) {as1202.push("1175"); }
e_l(as1202);
}
function t1203(){
c_l("1203");
t3627();
t3643();
t3649();
h("男");
t("は私に");h("バイブレータ");
t("を渡すと「俺の目の前でやって貰えないかな、ビデオと同じ事をやってくれたら金を払ってやるぜ」と言いながら");h("バイブレータ");
t("のスイッチを入れました。");n();
t("私はもう男には逆らえないと思ってさっきブルセラ店でやったのと同じように足を左右に広げて");h("バイブレータ");
t("をそっと感じる所に押しつけました。");n();
t("「ベッドに横になるんだ、そのほうがやりやすいだろう、ベッドに寝そべって足を大きく開いてみろ」と男に言われて私は男に指図されたとおりにベッドに横になりました。");n();
t("「腰を上に突き出して上下に揺するんだ、そうするともっと気持ちよくなるんだぜ」と");h("男");
t("に指図されて私は言うとおりに腰を上下に揺さぶっりました。");n();
t("体の奥が一気に熱く燃え上がると、私は夢中で");h("バイブレータ");
t("を動かし続けました。");n();
t4132();
t4124();
t("「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と私が半分泣きながら頼むと男は体を重ねて来ました。");n();
t4439();
}
function t1204(){
c_l("1204");
if((typeof v["場所"] !="undefined") && (v["場所"] == "ファーストフード店")) { t1205();}else {t1206();}
}
function t1205(){
c_l("1205");
h("ファーストフード店名");
c_count=0;
n();
}
function t1206(){
c_l("1206");
h("場所");
c_count=0;
n();
}
function t1207(){
c_l("1207");
h("男");
t("と一緒に");c_count=0;
n();
t1204();
t("を出ると、歩きながら");h("男");
t("の手がスカートの下から私のお尻を撫で上げてきました。");n();
t("私は");h("男");
t("の指先がくすぐったくて、心地よい感触が体中に広がって目眩がしてきました。");n();
}
function t1208(){
c_l("1208");
t("「おい、ケツをこっちに向けて前屈みに成るんだ」と");h("男");
t("に指示されて、私は中央の便器に覆い被さるようにして膝を付きました。");n();
h("男");
t("は私のスカートを腰までたくし上げると、");h("バイブレータ");
t("の先端を私の敏感な所に押しつけてきました。");n();
t("私の体は電流が流されたように仰け反って震えると");h("男");
t("は私の反応を楽しむかのように");h("バイブレータ");
t("の先端を押し回してきました。");n();
t("私は叫び声を上げて何度も背中を仰け反らせると目から涙が溢れてきました。");n();
h("男");
t("は頃合いを見計らって");h("バイブレータ");
t("をしっかりと握り直すと一気に");h("子宮");
t("まで押し込んできました。");n();
t("脳天まで突き抜けるような快感が私の");h("子宮");
t("に襲いかかると、私は堪らずに大きな声で叫び続けました。");n();
}
function t1209(){
c_l("1209");
t4132();
t("「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と私が半分泣きながら頼むと");h("男");
t("は");h("バイブレータ");
t("を抜いてくれました。");n();
t("私は");h("男");
t("がすぐに");h("男性性器の愛称");
t("を入れてくれると思って体を身構えましたが、男はすぐには体を重ねてきませんでした。");n();
t("変だなと思って振り返ってみると、");h("男");
t("は鞄から太い縄をだして私の両手を便器の手摺りにしばり付けました。");n();
t("きっと");h("男");
t("は変わったプレーが好きなんだと思って、私は");h("男");
t("が縛り終わるのを待ちました。");n();
}
function t1210(){
c_l("1210");
t4132();
t("「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と私が半分泣きながら頼むと");h("男");
t("は");h("バイブレータ");
t("を抜いていきなり後から");h("男根");
t("を押し入れてきました。");n();
}
function t1211(){
c_l("1211");
t1207();
t("しばらく歩いた先に小さな公園が見えてきました。");n();
t("薄暗い公園の中央には大きな街灯が立っていて、その周りにベンチが沢山並んでいました。");n();
t("どのベンチにもカップルが座っていて、抱き合ってキスしているのが見えました。");n();
h("男");
t("は私をトイレの前まで連れてくると、身体障害者用の中に連れ込みました。");n();
t1208();
t4124();
t1210();
t4439();
}
function t1212(){
c_l("1212");
t("私は大学の入学試験を受けに来たとき地下鉄に乗って痴漢にあったの時の事を思い出しました。");n();
t("あのときは、痴漢に遭うのが初めてで怖くて体が凍り付いて声も出せませんでした。");n();
t("私が抵抗しないのを見透かすと地下鉄の痴漢達は私を取り囲んでスカートを捲りあげて");h("下着");
t("の中に指を入れてきたのを思い出しました。");n();
t("あのときは地下鉄の中だったので、まだそんなに酷い目には遭うこともありませんでしたがここは映画館でしかも私は");h("下着");
t("を自分で脱いで");h("下の表着");
t("の下は何も履いてないなんて。");n();
}
function t1213(){
c_l("1213");
t("しばらくして私の横の空いた席に別の男が座ると、私の膝に手を伸ばしてきました。");n();
t("私ははっとして別の男の顔を確かめましたが、男は知らん顔をして私と目を合わせようとはしませんでした。");n();
t("男の指先が私の膝頭をくすぐるように撫で回すと、今度は太股の内側をなぞるようにして");h("下の表着");
t("の下に入ってきました。");n();
t("男は私が");h("下着");
t("を履いてないのに気が付いたらしくて、私の太股を掴んで広げさせると指先を私の敏感なところに押しつけて捻り回して来ました。");n();
t("私は恥ずかしくて開いた足を閉じようとしましたが、足を閉じようとしても力が入りませんでした。");n();
t("男の指先がしつこく私の敏感な所を責めてくるのに我満できなくて、私が腰を上げて席を立とすると、私の背後から手が伸びてきて私の胸をきつく握りしめてきました。");n();
t("骨の太い男の指先が私の胸を掴んで絞り上げてくると私は痛くて座席のシートにに押し戻されどうにも身動きができなくなりました。");n();
t("私は周りを痴漢の男達に取り囲まれてしまったらしいと気が付いて寒気がしてきました。");n();
}
function t1214(){
c_l("1214");
t1207();
t("しばらく歩くと映画館の看板が見えてきました。");n();
t("裏通りにある映画館は薄汚い建物で、私は何だか不安な気持ちになりました。");n();
t("切符を買って、中に入るとそれほど広くはない客席の正面にやや小さめのスクリーンが見えました。");n();
t("スクリーンより少し離れた中央の席に座ると、");h("男");
t("は私のスカートの下に手を伸ばしてきました。");n();
t("私は");h("男");
t("に逆らうとどんな目に遭わされるかが怖くて黙ったまま抵抗せずにじっとしていました。 ");n();
t1213();
t1212();
t("痴漢の男達はきっと私が痴漢に遭いたくて映画館にわざと");h("下着");
t("を履かずに来たんだと思うに違いないと私は確信しました。");n();
t("このままだったら痴漢達にどんな目にあわされるのか判らないと思うと私は背筋が寒くなりました。");n();
t("私の胸を掴んだ痴漢の手は私の胸の大きさを探るような手つきで私の胸を包み込むと下から持ち上げながら揺すってきました。");n();
t("私が思わず背筋を反り返らせると、私の隣に座った痴漢の男が私の腿を力ずくで左右に押し広げて開かせてきました。");n();
t("私は男の力にはとても逆らえなくてされるままになっていると、今度は私の");h("下の表着");
t("の下に差し込まれた指先が私の");h("膣");
t("を押し広げながら奥まで入ってきました。");n();
t("痴漢にこんな目に遭わされるなんて初めての体験で私は胸がドキドキして体が熱くなりました。");n();
t("男の指先は私の");h("子宮");
t("の感じるところを探り当てようとしているらしくて指先を折り曲げて廻しながら動いてきました。");n();
t("私はもっと奥まで指を入れて欲しくて、自分から腰を前に突きだして足を左右に一杯に開きました。");n();
t("痴漢の男が私の耳元に唇を寄せると「もうびしょ濡れじゃないか、気持ええんか」と聞いてきました。");n();
t("私は痴漢の男が言った言葉の意味がよく判りませんでしたが、私に気持がいいのか聞いてるらしいと思って小さく頷いて男に答えました。");n();
t("「もっと気持ちよくしてやるぜ」と男が私の耳元で囁くと、男の太い指先が私の");h("子宮");
t("まで強引に差し込まれてきました。");n();
t("男の指先が奥で小刻みに振るえ出すと、私の");h("子宮");
t("が痺れて熱い噴流が頭のテッペンまで吹き上げてきました。");n();
t("男の指先は巧みに私の感じる所を探り当てると、指先に力を込めて私を責めてきました。");n();
t("指先の動きが繰り返されるたびに、私の体に襲いかかる快感は激しさを増していきました。");n();
t("私の体全体が熱く燃え上がって震えだすと、映画館のシートに座ったまま腰を前後に揺するのを止められなくなりました。");n();
t("気が付くと映画が終わって場内が明るくなり、スクリーンには何も写って居ませんでした。");n();
t("痴漢の男達もいつの間にか居なくなり、場内に残って居るのは私と");h("男");
t("だけでした。");n();
t("「ここへ来ればいつでも痴漢にあえるんだぜ、この映画館は痴漢の名所だから」と");h("男");
t("に言われて、私は成る程と");h("男");
t("がこの映画館に私を連れ込んだ理由が判ってきました。");n();
t("「痴漢に何をされたんだ、指を入れられたんだろう、どこに入れられたんだ」と男が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("「指を奥まで入れられたんです、こんなの初めて」と私が答えたとき、私の体はさっき痴漢の男に弄ばれたときの感触がよみがえってきて、一気に熱く燃え上がりました。");n();
t("私は我慢できずに、自分の指を");h("下の表着");
t("の下に入れて指で一番感じる所を押さえつけました。");n();
t("痴漢の手が私の両足を無理矢理開かせられた感触が体によみがえると、私はもう我満できずに自分で両足を左右に一杯に広げました。");n();
h("男");
t("が");h("バイブレータ");
t("のスイッチを入れると、");h("バイブレータ");
t("の先端を私の指の上に押しつけてきました。");n();
t("バイブレータの振動が私の指先を伝わって私の敏感な所に電流が流れたように快感が流し込まれました。");n();
t("私は腰全体を震わせて頭を何度も仰け反らせるともうとても我慢できなくなりました。");n();
t("私は");h("男");
t("の手からバイブレータを奪い取ると、");h("バイブレータ");
t("の先端を");h("クリトリス");
t("に押し当ててこね回しました。");n();
t("私の体は熱湯を被せられたように熱く燃え上がると、体中が震えて止まらなくなりました。");n();
t4132();
t4124();
t("「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と私が必死で");h("男");
t("に頼むと");h("男");
t("は私の手から");h("バイブレータ");
t("を奪い取りました。");n();
t("「いますぐ、ぶち込んでやるぜ、一緒に来るんだ」と");h("男");
t("が言うと私を立たせて映画館とトイレまで連れ込みました。");n();
t("身体障害者用のトイレのドアを開けると、中は広々としていて中央に大きな便器が見えました。");n();
t1217();
}
function t1215(){
c_l("1215");
h("男");
t("は私を縛り終わると、何も言わずにトイレから出て行ってしまいました。");n();
t("私は");h("男");
t("がすぐ戻ってくると思ってトイレに縛られたままじっとしていましたが、いつ迄待っても");h("男");
t("は来ませんでした。");n();
t("私はなんだか不安な気持ちになって、両手を縛ってある縄を解こうとしましたが結び目がきつくて解けませんでした。");n();
t("不意にドアの外で人の声がすると、私は不安な気持ちで体が引きつりました。");n();
t("ドアがあくと、数人の男が私のお尻を見つめて「やっぱりここだぜ、この女に間違いない」と言い合っているのが聞こえました。");n();
}
function t1216(){
c_l("1216");
t("「さっさとやっちまおうぜ」と男の声がすると、男達は一斉にトイレの中に入ってきました。");n();
t("トイレのドアが閉まると、私はもうどうにもならないと覚悟を決めるしかありませんでした。");n();
}
function t1217(){
c_l("1217");
as1217=new Array("1218","1219");
e_l(as1217);
}
function t1218(){
c_l("1218");
t1208();
t1210();
t4439();
}
function t1219(){
c_l("1219");
t1208();
t1209();
t1215();
t("男達はさっき映画館の座席で私を弄んだ痴漢達らしいと気が付いて私は寒気がしてきました。");n();
t1216();
t4544();
}
function t1220(){
c_l("1220");
as1220=new Array("1155","1162","1181","1247","1294","1305","1307");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) {as1220.push("1176"); }
e_l(as1220);
}
function t1221(){
c_l("1221");
as1221=new Array("1314","1230","1292","1238","1306");
e_l(as1221);
}
function t1222(){
c_l("1222");
h("男");
t("とおしゃべりをしている内に時間が経つのを忘れて、すっかり夜遅くになってしまいました。");n();
t("私はお酒を飲んだせいか楽しい気分でもっとおしゃべりを続けていたかったのですが、ママに「もう女子大生の女の子がお酒を飲む時間じゃないから」と言われて時計を確かめるといつもならもう寝る時間でした。");n();
}
function t1223(){
c_l("1223");
t("「");h("男");
t("は女を口説く名人なんですね。今まで");h("男");
t("が口説いて落ちなかった女なんていなかったでしょう。出会ったその日の内に口説いてもらえるなんて最高に幸せですよね」と私はわざと意地悪に言ってみました。");n();
}
function t1224(){
c_l("1224");
t("もしかして");h("男");
t("が付き合ってるのは私の知り合いかもしれないと思って私は不安な気がしてきました。");n();
h("男");
t("が付き合った女子大生が誰か確かめようと思って私は「最近はフェラチオくらい当たり前ですよ、フェラチオしないと男の子に逃げられちゃうから。みんなやってますよ。その女子大生はフェラチオそんなに上手だったんですか。もしかして私の知ってる娘ですか」と");h("男");
t("に聞いてみました。");n();
}
function t1225(){
c_l("1225");
t("すると");h("男");
t("は「ビデオを見せてやるよ、それを見れば知ってる顔ならすぐ判るはずだ。俺のマンションに来ればすぐ見せてやるぜ」と");h("男");
t("に誘われました。");n();
t("私はうっかり");h("男");
t("のマンションに行ったら困ったことになるかもしれないと不安な気持ちになりましたが、");h("男");
t("がフェラチオをさせた相手の娘を確かめないといけないと思い直しました。");n();
t("「どんなビデオなんですか」と私が");h("男");
t("に確かめると");h("男");
t("は「面白いビデオだよ、見たらきっと驚くよ」と言うだけでそれ以上は教えてくれませんでした。");n();
}
function t1226(){
c_l("1226");
t("車は私のアパート近くまで来ましたが大通りの手前で右に曲がると、大きなマンションの地下の駐車場に着きました。");n();
}
function t1227(){
c_l("1227");
t("エレベータを上がって");h("男");
t("のマンションにつくとさっそく奥の部屋に通されました。");n();
}
function t1228(){
c_l("1228");
h("男");
t("が部屋の電気を着けると窓際には厚手の黒い色のカーテンが掛けてあり、壁際には大きな液晶テレビが置いてありました。");n();
t("液晶テレビの横には大きな棚があって、洋画のビデオらしいケースが沢山並んでいました。");n();
t("液晶テレビの反対側にはベッドが置いてあり、ベッドに座りながら液晶テレビを見るのがちょうどいい位置でした。");n();
h("男");
t("がビデオデッキを操作している間に私はベッドの端に腰掛けて部屋の中を見回してみました。");n();
t("部屋の隅にはゴルフの道具が置いてあり、液晶テレビの横には洋酒を入れた小さな棚もありました。");n();
}
function t1229(){
c_l("1229");
h("男");
t("がテレビのリモコンを操作すると、液晶テレビの画面一杯に女性の姿が映し出されました。");n();
}
function t1230(){
c_l("1230");
as1230=new Array("1237","1231");
e_l(as1230);
}
function t1231(){
c_l("1231");
t4();
t1222();
t1235();
t1236();
t1363();
t1226();
t1227();
t1228();
t1232();
}
function t1232(){
c_l("1232");
as1232=new Array("1233");
if((typeof v["女の悦びを体験する女"] !="undefined") && (v["女の悦びを体験する女"] != "")) {as1232.push("1234"); }
e_l(as1232);
}
function t1233(){
c_l("1233");
h("男");
t("がベッドの枕元のランプを付けると紫色の薄暗い光がベッドのシーツを照らして輝きました。");n();
t("甘くて少し苦みのある香りが部屋に広がると私は目眩がしてきました。");n();
t("「このランプはアロマランプでね、とってもいい香りがするんだよ。女を淫乱にする特別な香りでね」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("がさっきから話していた「女の悦び」がこのアロマランプの香りのせいらしいとやっと気が付きました。");n();
h("男");
t("の手が私の膝の上に載せられてくると、指先が私の");h("下の表着");
t("の間に滑り込んで腿の内側をなで始めました。");n();
t("私は急に目眩がして気が遠くなると、体が重くなって動けなくなりました。");n();
t4439();
}
function t1234(){
c_l("1234");
t1229();
t("セーラー服を着た女の子はまだあどけない顔をしていて");h("女の悦びを体験する学年");
t("くらいの歳に見えました。");n();
t("「俺がこの間バージンを奪った");h("女の悦びを体験する女");
t("だぜ、俺が女の悦びを初体験で教えてやるといったら大喜びで誘いに乗ったんだ」と");h("男");
t("に言われて、さっき");h("男");
t("が得意そうに話していた事は全部本当だったらしいと気が付きました。");n();
h("男");
t("がリモコンを操作すると、");h("女の悦びを体験する女");
t("が半分泣き出しながら体を仰け反らせて絶叫している画面が写りました。");n();
t("部屋のスピーカーからは");h("女の悦びを体験する女");
t("の甲高い悲鳴が私の耳に聞こえてきて私は目眩がしてきました。");n();
t("「いますぐ、");h("私の愛称");
t("も女の悦びを体験させてやるぜ、いますぐだ」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t4439();
}
function t1235(){
c_l("1235");
h("男");
t("が帰りは車で送ってくれると言うので、私は");h("男");
t("の車の助手席に載りました。");n();
}
function t1236(){
c_l("1236");
h("男");
t("は車が動き出すと機嫌良さそうに「");c_count=0;
n();
t4225();
t("」と私に話しかけてきました。");n();
}
function t1237(){
c_l("1237");
t4();
t1222();
t1235();
t1236();
t1311();
t1355();
t1313();
t1224();
t1225();
t4();
t1226();
t1227();
t1228();
t1229();
t3633();
t3634();
t1309();
t4439();
}
function t1238(){
c_l("1238");
t("「よかったらカラオケに行かないか」と");h("男");
t("に誘われて私は何だか危ない気がして断る口実を探しました。");n();
t("「あら、よかったじゃないの、二人で楽しくカラオケすればいい思い出になるわよ、こんな良い機会は滅多にないわよ」とカウンターの向かいにたったママが");h("男");
t("に調子を合わせてきました。");n();
t("私はとても断れないと思って仕方なく「ハイ」と小さい声で頷きながら返事をしました。");n();
t1305();
}
function t1239(){
c_l("1239");
t("私は仕方なく、店のアルバイトが終わった後に");h("男");
t("と一緒にお酒を飲みにいく約束をしました。");n();
t("夕方になってアルバイトが終わる時間になると、店の前に車が止まりました。");n();
t("車から降りてきたのは、さっきお酒を一緒に飲みに行く約束をした");h("男");
t("でした。");n();
t("私は");h("男");
t("と一緒に車に乗るのはなんだか危ない気がしましたが、今更断る訳にもいきませんでした。");n();
}
function t1240(){
c_l("1240");
t("車で大通りを少し走ると車はすぐビルの駐車場に入ってきいました。");n();
t("駐車場のすぐ前にある小さなビルに案内されると、飲み屋の看板がビルの前に沢山並んでいました。");n();
t("エレベーターを上がって、店に入ると狭い店内の奥にカウンターがあって、椅子が並んでいました。");n();
h("男");
t("の馴染みの店らしくてカウンターの中で店のママらしい女性が「いらっしゃいませ」と甘ったるい声で挨拶してきました。");n();
t115();
t("「いや、近くの喫茶店でアルバイトしてる女子大生でね、可愛いいだろう、スタイルも良いし、こんないい女滅多にいないぜ」と");h("男");
t("が私をママに紹介しました。");n();
t("私が黙って会釈をすると「あら、本当に可愛いお嬢さんね」とママがお世辞を言うので私はしかたなく「そんなことないです」と返事をしました。");n();
t446();
h("男");
t("がカクテルを注文して「女の子には甘口のカクテルが飲みやすいから、試しに飲んでみなさい」私に勧めてくれました。");n();
h("カクテルの様子");
t("を見て、私は一口ぐらいだったら試しに飲んでみてもいいと思って");h("カクテルグラス");
t("を口に近づけて少しだけ口に含んでみました。");n();
t("舌先でカクテルの味を確かめると");h("カクテルの味");
t("が口の中に広がって、甘酸っぱくて美味しくてこれなら私にも飲めそうだと思いました。");n();
h("男");
t("はしばらく自分の会社の仕事の話しをしてくれましたが、私があまり興味が無さそうにしているのに気が付いたらしくて、「所で");h("私の愛称");
t("今ボーイフレンドいるのかな」と話題を切り替えてきました。");n();
t("いつもだったら男性にそんな事を聞かれても答えたりはしないのですが、お酒が入ってるせいか気分が楽しくて、ついつい「お友達ならいっぱいいますけど、特に親しい男の子は今いないんです」と私が答えてしまいました。");n();
t("「じゃあ、寂しいだろう、毎晩寂しくて泣いてるんじゃないか」と");h("男");
t("に言われて私は「そうなんですよ、一人で寝るのがつらくて」と調子に乗って答えました。");n();
t("しばらくの間");h("男");
t("と話しをしているうちに、私はなんだか気分が楽しくなっていつのまにかカクテルを全部飲み干していました。");n();
}
function t1241(){
c_l("1241");
t1243();
t1244();
t1245();
t1239();
t4();
t1240();
t1221();
}
function t1242(){
c_l("1242");
t1243();
t1244();
t1246();
t("店が終わって帰ろうとすると昼間のお客さんが、店の前にたっていました。");n();
t("私は怖くなって裏口からそっと逃げるようにして帰りました。");n();
t("しかし、アパートの近くまでくると、後からつけられたのに気がつきました。");n();
t("私はあわてて小走りで駆け出しました。");n();
t4();
t2095();
}
function t1243(){
c_l("1243");
t("近くに勤め先があるらしくて、毎日コーヒーを飲みにくる常連のお客さん何人かいました。");n();
t440();
t("そのうちの一人が、まだ店に客がほかにいないとき、いろいろと話しかけてきました。");n();
t("近所の会社の");h("男");
t("で、自分の会社だから好きなときにお茶を飲みにくるのだと言っていました。");n();
h("会社の業務内容");
t("をしている会社だそうでした。");n();
}
function t1244(){
c_l("1244");
t("「学校はどこ」とかいろいろ聞かれてから、「今日店が終わった後一緒に飲みにいかないか」と誘われました。");n();
t("私はどう返事をしていいのか判らなくて、しばらく黙ったまま俯いていました。");n();
t("「俺が奢るからいいだろう、接待費で落とせるんだ。一人で飲むより二人で飲む方が楽しいからな」");n();
t("「それとも今夜は彼氏とデートの約束でもあるのかな、そうなんだろうデートの後はラブホテルか」と");h("男");
t("に言われて私は思わず「私今彼氏いません」と答えてしまいました。");n();
t("「それだったら今夜俺と付き合っても困ることは無いじゃないか、いやちょうどよかった」と言われてまた困ってしまいました。");n();
}
function t1245(){
c_l("1245");
t("私は困ってマスターに断ってもらおうと思い、どうしたらいいか聞いてみました。");n();
t("するとマスターはいつも来てるお客さんだから、お酒を飲むくらいはつきあってくれと言います。");n();
}
function t1246(){
c_l("1246");
t("私はすぐに断りましたが、お客さんはあとで迎えに来ると言って帰りました。");n();
}
function t1247(){
c_l("1247");
t4();
t("車はしばらく走ると");h("男");
t("のマンションにつきました。");n();
t("私は腕をひっぱられて");h("男");
t("の部屋につれていかれました。");n();
v["場所"]="男のマンション";
t4439();
}
function t1248(){
c_l("1248");
t("「最近の女の子はみんな");h("フェラチオ");
t("が上手なんだね」と");h("男");
t("が言い出したので私はびっくりしました。");n();
t("「好きな男の子の一番大事な物を口の中に入れて舌で嘗めるのは、女なら嬉しいのが当たり前なんだってね」");n();
t("「この間も女子大生に");h("フェラチオ");
t("させてとせがまれてね、そんなにやりたいならやらせて下さいとお願いしろと言ってやったんだ」");n();
t4144();
t("「そうしたらね『");c_count=0;
n();
t4147();
t("』と言いだしやがってね」と");h("男");
t("が得意そうに話しを続けました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだってね。");h("私の愛称");
t("もいつも彼氏にそう言っておねだりしてるんだろう」");n();
t("「俺も");h("私の愛称");
t("に『");c_count=0;
n();
t4147();
t("』と言われたいね。「");h("私の愛称");
t("だって、本当は今すぐにでも");h("フェラチオ");
t("したいんだろう」と");h("男");
t("が言うので私は呆れてしまいました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("が最初に");h("フェラチオ");
t("したのは、いつなのかな。やっぱり初体験の時なんだろう」");n();
t("「最初は誰だって抵抗があるけど、一度やったら女の子なら誰でも");h("フェラチオ");
t("が大好きになるんだってね」");n();
t("「");h("私の愛称");
t("もいつも彼氏に");h("フェラチオ");
t("してるんたろう」と");h("男");
t("は調子に乗って話しを続けました。");n();
t("私は");h("男");
t("の言い草があまりに馬鹿らしいので返事をせずに俯いて黙っていました。");n();
}
function t1249(){
c_l("1249");
t137();
t("車はしばらく走ると、");h("ファーストフード店名");
t("の駐車場に入りました。");n();
h("男");
t("は飲み物を注文すると私を二階の席につれていきました。");n();
}
function t1250(){
c_l("1250");
t("しばらく車に揺られていると何だか気分が悪くなって吐き気がしてきました。");n();
h("男");
t("は私の様子に気が付いたらしく「ちょっと一休みしたほうがいいんじゃないか」と言ってくれました。");n();
t1249();
t("飲み物を飲んでしばらく休むと私は気分が楽になりました。");n();
}
function t1251(){
c_l("1251");
t("私はこの");h("ファーストフード店名");
t("から私のアパートまでは歩いてすぐの距離なので、ここで");h("男");
t("と別れて一人で帰ろうと思いました。");n();
t("私は席を立って");h("男");
t("に軽く会釈をすると「今日はどうもありがとうございました。楽しかったです」と挨拶をしました。");n();
}
function t1252(){
c_l("1252");
h("男");
t("は「俺も楽しかったよ、もっと楽しみたいな。");h("私の愛称");
t("だって、もっと楽しみたいだろう」と思わせぶりな台詞で私を見つめました。");n();
t("私が帰ろうとすると「面白い物があるからちょっと見ないか、」と言いながら");h("男");
t("が携帯を取り出しました。");n();
t("私はいったい何のことだろうかと不安な気持ちで、");h("男");
t("の差し出した携帯の画面を見つめました。");n();
t("携帯の画面には女性の顔が写っているのが見えましたが、なんだか様子が変でした。");n();
t("女性の口には大きな棒のよう物が押し入れられて、女性の頭が前後に繰り返し動き続けていました。");n();
t("私はその動画が");h("フェラチオ");
t("の場面を盗み撮りした物らしいと判ってなんだか急に腹が立ってきました。");n();
t("きっと");h("男");
t("がどこかから裏ビデオでも手に入れて、携帯に保存しておいたに違いないと私は確信しました。");n();
t("急に画面が変わって女の顔が大写しになったとき、私はびっくりして体に寒気がしてきました。");n();
}
function t1253(){
c_l("1253");
t("携帯の画面に映ったのは私の顔に間違いありませんでした。");n();
t("私が");h("フェラチオ");
t("した相手は喫茶店のマスターらしくて、私は確かにマスターにトイレに連れ込まれてフェラチオさせられた事があるのを思い出しました。");n();
}
function t1254(){
c_l("1254");
t("「このビデオ、");h("私の愛称");
t("が通ってる大学に送ってやってもいいんだよ、そうすれば");h("私の愛称");
t("は大学には居られなくなる。就職だってできないし結婚だってできなくなるんだよ」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("が私に何をさせようとしているのか判りました。");n();
}
function t1255(){
c_l("1255");
as1255=new Array("1258","1265","1291","1283");
e_l(as1255);
}
function t1256(){
c_l("1256");
t("「さあ、これから");h("私の愛称");
t("の大好きな");h("フェラチオ");
t("をさせてあげるからね」と言うと");h("男");
t("はベルトを外してズボンを膝まで降ろしました。");n();
t("私はもう逃げられないと観念してトイレの便器に座って");h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("に口を近づけました。");n();
}
function t1257(){
c_l("1257");
t("「やる前に言うことがあるだろう、ちゃんとお願いしないとやらせて上げないよ」と");h("男");
t("は意地悪そうな笑顔を浮かべて私に囁きました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と私が小さい声で呟くと");h("男");
t("は「自分からやらせて下さいと言ったんだからな、良く覚えていろよ」と勝ち誇った顔で吐き捨てるようにいいました。");n();
}
function t1258(){
c_l("1258");
h("男");
t("は私をトイレに押し込むようにして連れ込みました。");n();
t1256();
t1257();
t4291();
}
function t1259(){
c_l("1259");
t("「トイレでやってもらうおか、");h("私の愛称");
t("の大好きなことをさせてあげるよ」と");h("男");
t("は笑みを浮かべながら私をトイレに連れ込もうとしました。");n();
h("男");
t("がトイレのドアを開けようとした瞬間に、私は素早くドアの隙間からトイレの中にはいり急いで鍵をしめました。");n();
t("これで取りあえずなんとかなる逃げられたので、私は");h("男");
t("が諦めて帰るのを待とうと思いました。");n();
h("男");
t("さんはトイレのドアを何度か開けようとしましたが諦めたようで静かになりました。");n();
t("私はトイレのなかで息を潜めて、");h("男");
t("が帰るのを待っていました。");n();
}
function t1260(){
c_l("1260");
t("急に携帯の着信音がしたので誰かと思って出てみると「");c_count=0;
n();
}
function t1261(){
c_l("1261");
t("私が喫茶店のマスターに言わされた時のビデオの声に違い有りませんでした。");n();
}
function t1262(){
c_l("1262");
t("私が立った今");h("男");
t("に言わされた言葉を、");h("男");
t("がこっそり録音していたに違いないと私は気が付きま");n();
}
function t1263(){
c_l("1263");
t1259();
t1260();
t4147();
t("」と今にも泣き出しそうな口調でお願いする私の声が聞こえてきてびっくりしました。");n();
t("私が携帯を切ると、今度はすぐドアの向こうから「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」という声が聞こえてきました。");n();
if((typeof v["録音された女"] !="undefined") && (v["録音された女"] == "私が今")) { t1262();}else {t1261();}
h("男");
t("がトイレのドアの向こうで、わざと大きな声でビデオを再生してるのだと判って私は寒気がしてきました。");n();
t("ドアの外で私の声が繰り返されるたびに音が大きくなっていくのを聞いて私はもう");h("男");
t("には逆らえないと覚悟を決めました。");n();
t("私がトイレのドアを開けると");h("男");
t("はすぐに中に入ってきました。");n();
}
function t1264(){
c_l("1264");
t1259();
t1260();
t121();
t4147();
t("」と今にも泣き出しそうな口調でお願いする声が聞こえてきてびっくりしました。");n();
t("聞き覚えのある声は");c_count=0;
n();
t102();
t("の声に間違いありませんでした。");n();
t102();
t("が");h("男");
t("に");h("フェラチオ");
t("をおねだりしたなんて、私にはとても信じられませんでした。");n();
t("さっき");h("男");
t("が話していた女子大生というのはどうやら");c_count=0;
n();
t102();
t("の事らしいと気が付いて私は訳が分からなくなりました。");n();
t("しばらくピチャピチャと");c_count=0;
n();
t102();
t("が");h("フェラチオ");
t("をしている音が続くと、今度は半分泣き出すような喘ぎ声が聞こえてきて私はもうとても聞いていられなくなりました。");n();
t("私がトイレのドアを開けると");h("男");
t("がすぐにトイレの中に入ってきました。");n();
}
function t1265(){
c_l("1265");
t1263();
t1256();
t1257();
t4291();
}
function t1266(){
c_l("1266");
t("「さあ、これから");h("私の愛称");
t("の大好きな");h("フェラチオ");
t("をさせてあげるからね」と");h("男");
t("に言われて私は「ここじゃ、いやです」とお願いしました。");n();
}
function t1267(){
c_l("1267");
t("「どこならいいんだ」と");h("男");
t("に聞かれて私は「私のアパートまで来て下さい、お願い」と精一杯の甘えた声でおねだりしました。");n();
t("私はまた");h("男");
t("の車に乗せられたら何処につれていかれるか判らないと思って「近くだから歩いてすぐです」と");h("男");
t("を誘ってみました。");n();
h("男");
t("は嬉しそうな顔をして「そうだね」と言ってくれたので私は一安心しました。");n();
}
function t1268(){
c_l("1268");
t("「ここじゃいやなら、どこがいいんだ」と");h("男");
t("に言われて私はすぐには返事ができませんでした。");n();
t("「二人でゆっくり休める場所がいいんだね、それだったら今から連れてってあげるよ」と");h("男");
t("に誘われて私は");h("男");
t("が何処に私を誘ってるのかなんとなく見当が着きました。");n();
t("ここで");h("フェラチオ");
t("させられるよりはラブホテルに行った方がまだましだと私は諦めて小さく頷いて答えました。");n();
t("「じゃあ、行こうか。いや楽しみだな");h("私の愛称");
t("と二人っきりになれるなんて、俺は本当に幸せだよ」と");h("男");
t("が調子良いことを言い出したので、私も仕方なく「そうですね」と適当に答えました。");n();
}
function t1269(){
c_l("1269");
h("男");
t("が先にトイレから出ると私は");h("男");
t("の後からトイレをでてさっきの席に戻りました。");n();
t("私が気を利かせて");h("男");
t("の分までトレーをかたづけると、");h("男");
t("は口元に笑みを浮かべて私のお尻をそっと撫で上げてきました。");n();
t("私は思わず大きな声を出しそうになりましたが、じっと黙って我慢しました。");n();
h("ファーストフード店");
t("の駐車場でさっきの車に乗せられると車はすぐに動き出しました。");n();
t("大通りをしばらく走ると車は高速に載って猛スピードで走り出しました。");n();
t("私はなんだか不安な気持ちで、横を通り過ぎるトラックを眺めていました。");n();
}
function t1270(){
c_l("1270");
t("「");h("私の愛称");
t("。今彼氏いるのかな」と");h("男");
t("が話しかけてきたので私はうっかりした事は答えられないと黙って俯いていました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("。初めて体験したのはいつなのかな」と");h("男");
t("がまた聞いてきました。");n();
t("「私結構遅くて大学に入ってからなんです」と私はうっかり答えてしまいました。");n();
t("「最近はみんな初体験早いからね、中学生なんか年上の男性と初体験するのはもうあたりまえなんだよ」と");h("男");
t("に言われて私は「そうなんですか。本当ですか」と思わず聞き返してしまいました。");n();
t("「もちろん本当だよ、俺が実際に体験してるからね、中学生相手に何度も」と");h("男");
t("が言い出すので私は思わず");h("男");
t("の横顔をじっくりと見つめました。");n();
}
function t1271(){
c_l("1271");
t1266();
t1268();
t1269();
t1270();
t1324();
}
function t1272(){
c_l("1272");
t("私は");h("男");
t("が話している女子大生というのはやっぱり");c_count=0;
n();
t102();
t("らしいと気が付きましたが黙っていました。");n();
}
function t1273(){
c_l("1273");
t("私は");h("男");
t("が話している女子大生というのはどうやら");c_count=0;
n();
t102();
t("らしいと気が付きました。");n();
}
function t1274(){
c_l("1274");
h("男");
t("と一緒に");h("ファーストフード店名");
t("をでて裏道に入ると");h("男");
t("はすぐに歩きながら私のお尻に手をあてがって撫で回してきました。");n();
t("私は何だか恋人同士で歩いてるような気がして胸がドキドキしてきました。");n();
}
function t1275(){
c_l("1275");
t1274();
t1365();
}
function t1276(){
c_l("1276");
t1274();
t1312();
t1355();
t1313();
if((typeof v["盗撮された女"] !="undefined") && (v["盗撮された女"] != "")) { t1272();}else {t1273();}
t("私は");h("男");
t("がどうやって");c_count=0;
n();
t102();
t("を口説いたんだろうかと気になって");h("男");
t("になんと言って聞き出そうかと思いましたがいい言葉が思い浮かびませんでした。");n();
t("もしかして");c_count=0;
n();
t102();
t("も喫茶店のマスターに盗撮ビデオを撮られて脅されたのかもしれないと思いましたが確信は持てませんでした。");n();
}
function t1277(){
c_l("1277");
t("私のアパートまで二人で歩くと、私は");h("男");
t("を部屋の中にいれました。");n();
t("朝出かけた時のままになっている部屋は散らかっていてみっともないので私は慌ててかたづけました。");n();
}
function t1278(){
c_l("1278");
t("ともかく");c_count=0;
n();
t102();
t("が映ってるビデオを確かめた方がいいと思って「女の悦びってそんなに素晴らしいんですか。さっきのビデオの声は女の悦びを体験したときの声なんでしょう、ビデオ見せて貰えますか。私でも体験できますか」と");h("男");
t("に聞いてみました。");n();
}
function t1279(){
c_l("1279");
t("私はさっき");h("男");
t("が話していた女子大生が");c_count=0;
n();
t102();
t("か確かめたほうがいいと思って「女の悦びってそんなに素晴らしいんですか。女の悦びの瞬間って女の体はどんな反応をするんですか」とそれとなく話しを向けてみました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("、女の悦びというのはね一瞬じゃないんだ、何度も繰り返して悦びが体から沸き上がってくるんだよ。そして終わった後も悦びがづっと続くんだ」と");h("男");
t("がもっともらしく説明してくれました。");n();
t("「でも、言葉で説明されても良く判らないから、いったい自分の体がどんな風になるのか想像できません。本当に私でも体験できるんですか」と私はもう一押ししてみました。");n();
}
function t1280(){
c_l("1280");
t("私はやっぱり");h("男");
t("が");c_count=0;
n();
t102();
t("がマスターに");h("フェラチオ");
t("している盗撮ビデオを盗み撮りして");c_count=0;
n();
t102();
t("を脅したんだと確信しました。");n();
}
function t1281(){
c_l("1281");
t("私はやっぱり");h("男");
t("が");c_count=0;
n();
t102();
t("がマスターに");h("フェラチオ");
t("している盗撮ビデオをマスターから貰って");c_count=0;
n();
t102();
t("を脅したんだと確信しました。");n();
}
function t1282(){
c_l("1282");
if((typeof v["盗撮された女"] !="undefined") && (v["盗撮された女"] != "")) { t1278();}else {t1279();}
h("男");
t("は「もちろん");h("私の愛称");
t("だって女の悦びは体験できるからね。女の悦びがどんなに凄いか見せて上げるよ。本当の女の悦びがどんなに凄いか目で見て確かめてごらん」と言って携帯を撮りだして画像を見せてくれました。");n();
t("画像に映っていた女の子はやっぱり");c_count=0;
n();
t102();
t("でした。");n();
t("「この娘はね、俺が女の悦びの事を話してやったら自分から『私にも体験できるんですか是非お願いします』って自分から言い出したんだよ」と");h("男");
t("が得意げに言うと携帯を私の目の前に差し出しました。");n();
t("最初に携帯の画面に映ったのは");c_count=0;
n();
t102();
h("フェラチオ");
t("をしているシーンでした。");n();
h("フェラチオ");
t("の相手の男性は一目見て、喫茶店のマスターだとすぐに判りました。");n();
if((typeof v["男"] !="undefined") && (v["男"] == "マスター")) { t1280();}else {t1281();}
h("男");
t("が携帯を操作すると");c_count=0;
n();
t102();
t("が泣きじゃくりながら何度も体を仰け反らせている場面が映って私はびっくりしました。");n();
}
function t1283(){
c_l("1283");
t1263();
t1284();
}
function t1284(){
c_l("1284");
as1284=new Array("1285");
if((typeof v["アルバイトを紹介した人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介した人"] != "")) {as1284.push("1286"); }
e_l(as1284);
}
function t1285(){
c_l("1285");
t1275();
t1277();
t("私が部屋にお布団を敷き終わると");h("男");
t("は「まず最初は");h("私の愛称");
t("にやってもらおうか、何をするのかは判ってるな」と言い出しました。");n();
t("私は");h("男");
t("が何を言いたいのかすぐに気が付いて思わず舌先で口の中の唾を嘗め回しました。");n();
h("男");
t("の顔を見上げてみると");h("男");
t("の眉が変な風に歪んでいるのが判りました。");n();
t("もしかしてと気になって");h("男");
t("のズボンの前を確かめてみると大きく膨らんでいるのが見えて私は嬉しくなりました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と言いながら私は");h("男");
t("の前に膝を着きました。");n();
t4296();
}
function t1286(){
c_l("1286");
t1276();
t1277();
t1282();
t1289();
}
function t1287(){
c_l("1287");
t1263();
t1271();
}
function t1288(){
c_l("1288");
h("男");
t("は私の気持ちを見透かしたように「何をして欲しいのか自分でいいなさい。チャンスは今しかないんだよ」と脅すような口調で私に言い放ちました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と私が思いきって覚悟を決めて言うと、私の胸は支えが取れたように楽になりました。");n();
h("男");
t("はズボンを膝まで降ろすと私の前に膝をついて腰を私の口元に近づけてきました。");n();
t4291();
}
function t1289(){
c_l("1289");
as1289=new Array("1390","1389","1394");
if((typeof v["男"] =="undefined") || (v["男"] != "マスター")) {as1289.push("1381"); }
e_l(as1289);
}
function t1290(){
c_l("1290");
t("私はもう迷ったりしないで、");h("男");
t("に全部任せるのがいいのだと自分に言い聞かせるしか方法がありませんでした。");n();
t("「お願いします、私に女の悦びを教えて下さい」と私は");h("男");
t("に向かって甘えた声でお願いしてみました。");n();
h("男");
t("が頬を微かに引きつらせて笑顔を見せたので、私は少しだけ安心した気分になりました。");n();
}
function t1291(){
c_l("1291");
t1264();
t1267();
t1275();
t1277();
t1282();
t1289();
}
function t1292(){
c_l("1292");
t4();
t1235();
t1236();
t1248();
t1250();
t1251();
t1252();
t1253();
t1254();
t1255();
}
function t1293(){
c_l("1293");
t("「面白いビデオみせてやるぜ」と");h("男");
t("が言うと携帯を撮りだして、画面を私に見せました。");n();
t("女性の顔が大写しになって、その背後で");h("男");
t("が腰を前後に繰り返し動かしている場面が映ったので私は画面をしっかりと確かめてみました。");n();
t("画像に映った女性は苦しそうに眉を歪めていましたが私自身に違いありませんでした。");n();
t("さっき喫茶店で");h("男");
t("にイタズラされたとき、目の前が店の壁の鏡だった事を私は思い出しました。");n();
h("男");
t("が鏡越しに私を撮影したのだと判って私は寒気がしてきました。");n();
}
function t1294(){
c_l("1294");
t1249();
t1248();
t("「");h("私の愛称");
t("も今フェラチオしたくて我慢できないんだろう。今すぐここのトイレで");h("フェラチオ");
t("させてやるぜ」と");h("男");
t("が言い出したので私は腹がたって思わず");h("男");
t("の顔を睨みつけました。");n();
t1293();
t1254();
t1295();
}
function t1295(){
c_l("1295");
as1295=new Array("1296","1297","1258");
e_l(as1295);
}
function t1296(){
c_l("1296");
t1257();
t122();
t1283();
}
function t1297(){
c_l("1297");
t1257();
t122();
t1287();
}
function t1298(){
c_l("1298");
as1298=new Array("1303","1304");
e_l(as1298);
}
function t1299(){
c_l("1299");
t("このあいだの学園祭で歌ったモーニング娘の曲が目に留まったので私は");h("男");
t("の歌が終わると踊りながら歌い始めました。");n();
}
function t1300(){
c_l("1300");
as1300=new Array("1301","1302");
e_l(as1300);
}
function t1301(){
c_l("1301");
t("両手を大きく左右に広げて廻しながら踊ると急に目眩がして立っていられなくなりました。");n();
t("私はマイクを持ったまま床にしゃがみ込むと");h("下の表着");
t("がめくれて");h("下着の柄");
h("お色気下着");
t("が丸見えになりました。");n();
h("男");
t("が私の側に駆け寄ると、私の体を床に押し倒してきました。");n();
v["場所"]="カラオケボックス";
v["手をつく所"]="テーブル";
t4439();
}
function t1302(){
c_l("1302");
t("学園祭でやったのと同じに、右足を思い切り蹴り上げようとしたとき、足元が滑っておしりから尻餅をついてしまいました。");n();
t("床の上で");h("下の表着");
t("がめくれて");h("下着の柄");
h("お色気下着");
t("が丸見えになりました。");n();
h("男");
t("のいやらしい視線が私の");h("お色気下着");
t("に向けられるのを見て私は必死でたちあがろうとしました。");n();
t("しかし急に目眩がしてきてすぐには立ち上がれませんでした。");n();
h("男");
t("は私に歩み寄ると、私のすぐ足元にしゃがみ込んで私の");h("お色気下着");
t("を脱がせようと手を伸ばしてきました。");n();
t("私はなんとか立ち上がろうとしましたが、");h("男");
t("の手が私の");h("お色気下着");
t("を膝まで降ろすと体を重ねてきました。");n();
t4439();
}
function t1303(){
c_l("1303");
t("このあいだの学園祭で歌ったモーニング娘の曲が目に留まったので私は");h("男");
t("の歌が終わると踊りながら歌い始めました。");n();
t1300();
}
function t1304(){
c_l("1304");
t1299();
t("両手を大きく左右に広げて廻しながら踊ると急に吐き気がして立っていられなくなりました。");n();
t("お腹の底から何度もこみ上げてくる吐き気にとても我慢できなくて、私は歌を止めて部屋をでるとトイレに駆け込みました。");n();
t("トイレで何度も吐いた後を部屋に戻ろうとすると、");h("男");
t("がトイレに入ってきました。");n();
t("私は何て言っていいのか判らなくて「ごめんなさい」と言ってトイレの蓋を閉めました。");n();
t("「大丈夫、少し休めば楽になるから」と言いながら");h("男");
t("は私の背中をそっと撫で上げてきました。");n();
h("男");
t("の手は私の背中を何度を繰り返して上下に撫で続けるとしだいに指先が私のお尻に近づいてきました。");n();
t("私の");h("下の表着");
t("の上から");h("男");
t("手が、私のお尻をゆっくりと押し回してきたので私は思わず身震いをしました。");n();
t("私が");h("男");
t("の手を振り解こうとすると、");h("男");
t("は私の体を後から抱きかかえながら私の");h("下の表着");
t("を捲りあげてきました。");n();
h("男");
t("は左手で私の胸をしっかりと掴んで揺さぶりながら、右手で私の");h("下着");
t("を膝まで降ろしました。");n();
h("男");
t("が私の背中を押すと、私は便器の蓋に両手を着いて自分の体を支えました。");n();
t4439();
}
function t1305(){
c_l("1305");
t4();
t("車に載せられてしばらく走ると近くのカラオケボックスに着きました。");n();
t("部屋に案内されると、大きな液晶テレビが中央に置いてあるのが見えました。");n();
h("男");
t("がさっそくマイクを握ってお気に入りの演歌を歌出したので、私も歌詞カードを調べて次に何を歌うか探してみました。");n();
t1298();
}
function t1306(){
c_l("1306");
t1235();
t1307();
}
function t1307(){
c_l("1307");
t4();
t("車は私のアパートのすぐ近くまで来ると、公園の前で止まりました。");n();
t("アパートまではもうすぐなのにどうして車を止めるのかと思っていると、");h("男");
t("は私を抱きしめようとしてきました。");n();
t("私はあわてて車から飛び出して、公園の中に逃げ込みました。");n();
t2107();
}
function t1308(){
c_l("1308");
t("「今すぐ俺が");h("私の愛称");
t("の体に今まで味わったことがない最高の悦びをたっぷり経験させてやるぜ」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
}
function t1309(){
c_l("1309");
t("「");h("私の愛称");
t("。どうだいこれが本当の女の悦びだ。どんな女だって一度経験したらもう二度と忘れられなくなるんだぜ」");n();
t1308();
h("男");
t("が私の体をベッドに押し倒すと、すぐに体を重ねて来ました。");n();
}
function t1310(){
c_l("1310");
t1308();
h("男");
t("が私の体をベッドに押し倒すと、すぐに体を重ねて来ました。");n();
}
function t1311(){
c_l("1311");
as1311=new Array("1312");
e_l(as1311);
}
function t1312(){
c_l("1312");
t("「");h("私の愛称");
t("今までに付き合った男性は何人かな。女子大生なんだからもう4、5人は経験してるのが普通だよね」と");h("男");
t("に聞かれて私は答えに困って「まあ、そのくらいです」と適当に答えました。");n();
}
function t1313(){
c_l("1313");
t("「よっぽど自信がおありになるのですね。本当に");h("男");
t("はあっちの方が強いんですね。");h("男");
t("って一目見て男らしくて体力もあって女の子にはモテモテでしょう」と私はそれとなく探りを入れてみました。");n();
t("「この間付き合った女子大生も、女の悦びを体験したことがなくてね、俺がさっそく人助けだと思って誘ったらフェラチオは上手だけどね、本当の女の悦びは経験したことがなくてね、俺が一発ぶち込んでやったら泣きじゃくって本当に凄かったぜ」と");h("男");
t("が言い出しました。");n();
}
function t1314(){
c_l("1314");
as1314=new Array("1323");
if((typeof v["アルバイトを紹介してくれた人"] !="undefined") && (v["アルバイトを紹介してくれた人"] != "")) {as1314.push("1325"); }
if((typeof v["一緒に酒を飲んだ女性"] !="undefined") && (v["一緒に酒を飲んだ女性"] != "")) {as1314.push("1325"); }
e_l(as1314);
}
function t1315(){
c_l("1315");
h("男");
t("は近道だからといって高速に乗ると機嫌良さそうに「");c_count=0;
n();
t4225();
t("」と私に話しかけてきました。");n();
}
function t1316(){
c_l("1316");
t("しばらくして車が高速を降りると、細い裏道に入っていきました。");n();
}
function t1317(){
c_l("1317");
t("すぐ目の前に大きな紫色の看板が見えてきて「御休憩」の文字が見えました。");n();
}
function t1318(){
c_l("1318");
t("私は");h("男");
t("がこれから私をラブホテルに連れ込む気らしいと気が付いてなんだか不安な気持ちになりました。");n();
}
function t1319(){
c_l("1319");
t("看板の横の入り口から車が駐車場に入ると、");c_count=0;
n();
}
function t1320(){
c_l("1320");
t("私はこれから");h("男");
t("と一緒に二人っきりの時間を過ごすんだと思うと嬉しくて胸が一杯になりました。");n();
}
function t1321(){
c_l("1321");
t1319();
t("私は");h("男");
t("と一緒に車を降りました。");n();
}
function t1322(){
c_l("1322");
t1319();
h("男");
t("は車を止めて私の膝の上に手を載せてきました。");n();
h("男");
t("は私の膝頭を軽くくすぐるように撫でながら私の耳元で「今夜俺が");h("私の愛称");
t("に本当の女の悦びを教えてやるぜ、このチャンスを逃がしたらもう二度とないんだぜ」と囁いてきました。");n();
t("私はもうとても");h("男");
t("に逆らえないと観念して「よろしく、お願いします」と小さな声で返事をしました。");n();
}
function t1323(){
c_l("1323");
t4();
t3830();
t1315();
t1324();
}
function t1324(){
c_l("1324");
t1370();
t4();
t1316();
t1317();
t1318();
t1322();
t3671();
t3652();
t1327();
}
function t1325(){
c_l("1325");
t4();
t3830();
t1315();
t1372();
t4();
t1316();
t1317();
t1320();
t1321();
t1326();
}
function t1326(){
c_l("1326");
t("部屋に案内されると、ベッドの前に大きな液晶のテレビが置いてありました。");n();
h("男");
t("が鞄からブルーレイのディスクを取り出してビデオデッキに入れるとすぐに、液晶の画面一杯に女性の体が映し出されました。");n();
t3633();
t3634();
t1309();
t4439();
}
function t1327(){
c_l("1327");
t1310();
t4439();
}
function t1328(){
c_l("1328");
t("未使用テスト");n();
}
function t1329(){
c_l("1329");
t4();
t1395();
t470();
t1430();
t1460();
t1338();
t1341();
t1342();
t4();
t1343();
t1344();
t1345();
t1346();
t1468();
t1350();
t1351();
t1352();
t1330();
}
function t1330(){
c_l("1330");
as1330=new Array("1331","1335","1337");
e_l(as1330);
}
function t1331(){
c_l("1331");
t1353();
t1354();
t4439();
}
function t1332(){
c_l("1332");
t("プラズマテレビのスピーカーから");h("女の子");
t("とは別に男性の声も聞こえて来ました。");n();
t("押し殺したような低い声で「もっと気持ちよくなりたいんだろう」と囁く声は");h("男");
t("の声らしいと気が付いて私ははっとしました。");n();
t("普段いつも喋る時の甲高い声とは違ってまるで脅すような変な口調のしゃべり方は聞いているだけで寒気がして怖くなってきました。");n();
t("こんな言い方で");h("男");
t("に命令されたら普通の女子高生だったら怖くて言いなりになるに違いないと私には");h("男");
t("のやり方が判ってきました。");n();
}
function t1333(){
c_l("1333");
t("「あなたがやらせたんじゃない、無理矢理やらせたんでしょう、ちゃんと判ってるんだから」と私は大きな声で");h("男");
t("に食ってかかりました。");n();
t("すると");h("男");
t("は「もっといいもの見せてやるぜ」と言ってプラズマテレビのリモコンを操作しました。");n();
t("画面に映し出された");h("女の子");
t("の顔をみて私はびっくりして息が詰まりそうになりました。");n();
h("女の子");
t("が口を開いて舌を絡ませているの間違いなく大きくそそり立った");h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("でした。");n();
}
function t1334(){
c_l("1334");
t("私は思わず大声をだして「いったい何やらせてるんですか、");h("女の子");
t("にこんな酷いことさせて、どうゆうつもなのよ」と叫んでしまいました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も大好きなんだろう。");h("フェラチオ");
t("は女の子なら誰でも大好きだからね」");n();
t("「やったことないなら俺が");h("私の愛称");
t("にも教えてやるよ、俺は");h("フェラチオ");
t("教えるのが上手なんだ」");n();
t("「最初は抵抗があっていやがる女の子もいるけど、一度経験すればすぐに大好きになるからね」");n();
t("「たとえ嫌がっていても無理矢理口にくわえさせると、すぐに気持ちよくなって自分から舌を使い始めるんだぜ」");n();
t("「俺が教えれば");h("私の愛称");
t("だって");h("フェラチオ");
t("が大好きになって、");h("フェラチオ");
t("狂いにしてやるよ」と");h("男");
t("が私の耳元で低い声で囁いてきました。");n();
t("目の前で");h("女の子");
t("が舌を使っている場面がプラズマテレビに大写しになると、私はとても見ては居られなくて目をそらせて下を向きました。");n();
h("男");
t("が私の手を取ると");h("男");
t("の股間に手のひらを押しつけました。");n();
t("大きくなった");h("男性性器の愛称");
t("の感触が私の手のひらに触れると私は目眩がしてきました。");n();
h("男");
t("は私の目の前でズボンを脱ぐと、直接私の手に");h("男性性器の愛称");
t("を押しつけてきました。");n();
t("「口の中に入れたいだろう、舌でしゃぶると気持ちよくなるんだぜ、やりたいならやらせてやってもいいんだぜ」");n();
t("「俺の言うとおりにするんだ、俺は教えるのが上手いんだぜ。");h("女の子の愛称");
t("に教えたのと同じように教えてやるぜ」と");h("男");
t("に言われて、私は");h("男");
t("が");h("女の子");
t("に何を教えたのか確かめないと行けないと不意に思いつきました。");n();
h("女の子");
t("が");h("男");
t("に何をされたのかを確かめるには自分で体験するのが一番だと思うと私はもう我慢できなくりました。");n();
t("「");h("フェラチオ");
t("大好きなんだろう。本当はしゃぶりたいんだろう、しゃぶらせて欲しいんだろう」と");h("男");
t("に口説かれて私はもう断れないと思って「しゃぶらせて下さい」と言ってしまいました。");n();
t4296();
}
function t1335(){
c_l("1335");
t1470();
t1471();
t1332();
t1333();
t1334();
}
function t1336(){
c_l("1336");
t("ビデオが画面に映し出されると");h("女の子");
t("が雑誌を手に持って広げながら文章を朗読している声が聞こえてきました。");n();
t("場所は");h("女の子");
t("の部屋らしくて、ビデオを撮影したのは");h("男");
t("らしいとなんとなく判りました。");n();
h("女の子");
t("が朗読しているのは痴漢物らしくて女子高生が痴漢に遭っている場面が詳しく文章に表現されていて聞いていても気分が悪くなる代物でした。");n();
t("女子高生が痴漢の上手なテクニックに感じてきて、しだいに気持ちよくなっていくなんて事は実際にはありえない話しです。");n();
t("痴漢の指先の動きを描写したエッチな文章が延々と続くと、次第に");h("女の子");
t("の顔が引きつって朗読する声が震えてきました。");n();
h("女の子");
t("が「お願い、止めないで、止めちゃ駄目」と声に出して叫ぶと急に身体を捩って");h("女の子の下の表着");
t("に手を押し当てました。");n();
h("男");
t("に渡された相当過激な官能小説らしくて、小説の中の台詞を読んでいる内に興奮してきて");h("オナニー");
t("を始めてしまったらしいとだいたいの見当はつきました。");n();
t("「こんなことやらせて、どうゆうつもりなのよ」と私が");h("男");
t("を大声で責めると「もっと気持ちよくなりたいから、どうすればいいのか教えて」と");h("女の子");
t("に頼まれたんだぜ。俺が悪い訳じゃない」と言い返されました。");n();
}
function t1337(){
c_l("1337");
t1470();
t1336();
t1333();
t1334();
}
function t1338(){
c_l("1338");
t("私はとても見ていられなくて部屋を出ようと思いましたが、");h("女の子");
t("がベッドの枕元に本を広げているのに気が付きました。");n();
t("怪しげなイラストの描いてある本を読みながら");h("女の子");
t("が");h("オナニー");
t("をしてるらしいと判って私はもうしばらく様子を見た方がいいと思い直しました。");n();
h("女の子");
t("は本のページを捲りながら、腰を上下に震わせて喘ぎ始めました。");n();
t("半分泣き出しながら喉を詰まらせたような声を上げると");h("女の子");
t("は何度も身体を仰け反らせて震えだしました。");n();
}
function t1339(){
c_l("1339");
t("私は");h("女の子");
t("に見つからないようにとこっそり部屋をでて、しばらく応接間で時間を潰してから様子を見に部屋に戻りました。");n();
h("女の子");
t("は参考書を広げて学習机の前に座っていて私の顔を見て嬉しそうに微笑みました。");n();
}
function t1340(){
c_l("1340");
t("家庭教師のレッスンも一通り済んでお母様がケーキと紅茶を乗せたお盆を持ってきてくれました。");n();
}
function t1341(){
c_l("1341");
t1339();
t("私がさっき");h("女の子");
t("が");h("オナニー");
t("してるのを目撃したのを");h("女の子");
t("は気が付いていない様子なので私は一安心しました。");n();
t1340();
t("私はケーキを食べながら、ベッドの脇にある本棚を何気なく眺めるそぶりをしました。");n();
t("さっき");h("女の子");
t("が");h("オナニー");
t("をするとき見ていた雑誌らしい表紙を見つけて私はたまたま偶然手に取ったような芝居をして「この本よかったら先生にも貸してね」と言ってみました。");n();
h("女の子");
t("はちょっと困った顔をしていましたが仕方ないと思ったらしくて「先生もそうゆう本好きなんですか」と私に聞き返しました。");n();
t("「ううん、読んだこと無いけど、面白そうだから」と適当に返事をして私は雑誌を開いてさっき見た挿絵を探してみました。");n();
t("ちらっと見ただけでしたが裸の女性が赤い縄で縛られている写真を見つけて私はびっくりしてしまいました。");n();
t("女の子が普通に本屋で自分で買えるような本ではないことは写真を見てすぐ判りました。");n();
}
function t1342(){
c_l("1342");
t("「この本誰にもらったの」と私はわざと落ち着いた静かな口調で");h("女の子");
t("に聞いてみました。");n();
t("「友達から借りたんです」と");h("女の子");
t("が答えましたが、同じ同級生がこんな本も貸すわけがないと私にはすぐ判りました。");n();
t("「私の知ってる人かしら、その友達って」と聞いてみるとどうやら本を");h("女の子");
t("に貸したのは数学を教えている家庭教師の男の子らしいと判って私は腹がたってきました。");n();
t683();
t("高校生の女の子にこんな本を貸すなんていったいどうゆうつもりなのか、どうやって問いつめようかと思いましたがどうしたらいいのかすぐには思いつきませんでした。");n();
}
function t1343(){
c_l("1343");
t("ケーキも食べ終わって");h("女の子");
t("から借りた本を鞄に言えてひとまず");h("女の子");
t("の家を出ると、大通りにでる手前の角で携帯を取りだして");h("男");
t("に電話してみました。");n();
}
function t1344(){
c_l("1344");
h("男");
t("は他の家庭教師のレッスンが終わった後らしくて地下鉄で数駅さきの大学の近くの喫茶店で待ち合わせをすることにしました。");n();
t("私が「大事な話があるとので会いたい」と言ったので");h("男");
t("は何か勘違いしたらしくて嬉しそうな声で「俺も");h("私の愛称");
t("に会いたかったんだぜ」と答えたので私はどきっとしました。");n();
}
function t1345(){
c_l("1345");
t("喫茶店の近くまで来てから携帯でもう一度");h("男");
t("に電話すると、");h("男");
t("は喫茶店の二階の席に居ると教えてくれました。");n();
t("喫茶店の名前を確かめてから階段を上がって席を確かめると窓際の席に");h("男");
t("が座っているのを見つけました。");n();
}
function t1346(){
c_l("1346");
t("私はコーヒーを頼んで、しばらく");h("男");
t("と雑談をしてから鞄からさっきの雑誌を取り出して「これ、あなたが");h("女の子");
t("に渡したんですってね」と");h("男");
t("に聞いてみました。");n();
h("男");
t("は手を伸ばして私の手から");h("雑誌");
t("を取り上げると、ちょっと困った顔をしながら中身を確かめていました。");n();
t("「ここでは、話せないから、どっか二人きりで話しができる場所にいかないか」と");h("男");
t("に言われて私も確かに喫茶店で他の人に聞かれたら困る事になると思いました。");n();
t("二人で喫茶店を出ると");h("男");
t("は何気ない素振りで私の手を掴むとギュッと握りしめながら歩き始めました。");n();
t("私はきっと");h("男");
t("が何か勘違いしてるんだと思いましたが仕方なく一緒についていきました。");n();
}
function t1347(){
c_l("1347");
t("私は");h("男");
t("と一緒にラブホテルに入るのはさすがに不味いと思って「私困ります」と断ろうとしました。");n();
}
function t1348(){
c_l("1348");
t("「他に二人っきりになれる場所なんてこの辺にはないから、大事な話があるって言い出したのは");h("私の愛称");
t("なんだぜ。大事な話はしなくてもいいんなら俺はそれでもいいけど」と");h("男");
t("が言うので私は困ってしまいました。");n();
}
function t1349(){
c_l("1349");
t("「変なことしないで下さいよ」と私が念を押すと「なんにもしないよ、話しをするだけで何もしないから」と");h("男");
t("が言ってくれたので私は取りあえず一緒にラブホテルに入ることにしました。");n();
}
function t1350(){
c_l("1350");
t1347();
t1348();
t1349();
}
function t1351(){
c_l("1351");
t("部屋に入ると");h("男");
t("は「さっきの本の事なんだけど」とすぐに話しを切り出してきました。");n();
t("「");h("女の子の愛称");
t("に相談されてね。");h("オナニー");
t("が止められないって」");n();
t("「それも");h("女の子の愛称");
t("は毎晩");h("オナニー");
t("が止められなくて、相談する相手が誰もいないから俺が相談相手になったんだ」");n();
t("「俺はそれだったら");h("私の愛称");
t("に相談すれば良いと言ったんだけど、話しを聞いてくれないとか言って泣き出してね」と");h("男");
t("に言われて確かに思い当たる事がありました。");n();
t("「先生気持ちよくなることしてますか」と");h("女の子");
t("に言われて返事をしなかったのがけなかったらしくてそれが");h("オナニー");
t("の相談だったらしいと今になって気が付きました。");n();
}
function t1352(){
c_l("1352");
t("「男の子でも女の子でも");h("オナニー");
t("は年頃になれば誰でもするし、将来恋をして男性とつきあう練習にもなるから、毎晩やったほうがいいんだよってね俺が教えてやったんだ」");n();
t("「そしたらどうしたら気持ちよくなれるのかやり方を教えて欲しいって言われてね」");n();
t("「それでこの本を渡したんだ、俺は");h("女の子の愛称");
t("の為を思ってしたことだからね。もともと");h("私の愛称");
t("がちゃんと");h("女の子の愛称");
t("の相談にのってあげなかったのがいけないんだから」と");h("男");
t("が言うので私は開いた口が塞がらなくなりました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("もこの本読んだら");h("オナニー");
t("したくなるから、今夜やってみろよ。女の");h("オナニー");
t("にはぴったしの本だぜ」");n();
t("「俺がどうすれば気持ちよくなれるか教えてやろうか、俺は教えるのが上手いんだぜ」と");h("男");
t("が言うので私は不安な気持ちがこみ上げてきました。");n();
t("「");h("女の子");
t("にいったい何を教えたんですか」と私が思いきって問いただすと");h("男");
t("は「気持ちよくなることいろいろ教えてやったんだぜ。女の身体がどうすれば気持ちよくなるのか");h("私の愛称");
t("だってよく知ってるだろう」と私に当てつけるように答えました。");n();
t("私は");h("男");
t("の言い方に腹が立って「気持ちよくなることってどうゆうことなんですか」とさらに問いつめました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("にも教えてやるぜ、気持ちよくなること教えてやれば女は誰だって喜ぶからな」と平然とした口調で");h("男");
t("が答えるので私は");h("男");
t("が一体");h("女の子");
t("に何を教えたのか不安な気持ちがこみ上げてきました。");n();
t("私は息を大きく吸い込んで気持ちを落ち着けてから「私にも");h("女の子");
t("に教えたことを、教えてくれませんか」と思い切って");h("男");
t("に頼んでみました。");n();
h("男");
t("が");h("女の子");
t("に何を教えたのか確かめるにはそれしかないと思って私は");h("男");
t("に身体をすり寄せて「お願い」と甘えた声で囁いてみました。");n();
}
function t1353(){
c_l("1353");
t("「いいか、");h("オナニー");
t("するときはストーリーを頭の中で想像するんだ」");n();
t("「女が興奮するストーリーはいろいろあるけど、いちばんお勧めはナンパされてお酒を飲まされてラブホテルに連れ込まれるってパターンだ」");n();
t("「女だったら誰だって一度は経験するし、経験してみたい体験だからな」");n();
t("「男の手がまず膝頭の上に載せられてくすぐるように撫で回してくるんだ、想像しながら自分で膝頭をなでてみろ」と");h("男");
t("が");h("オナニー");
t("のやり方を指図してきました。");n();
h("女の子");
t("も同じ事をやらされたんだと思って私も");h("男");
t("に言われた通りに自分で膝頭を撫でてみました。");n();
t("「腿の内側を撫でながら膝を左右すこしずつ開くんだ、男にやられてると想像するんだ」と");h("男");
t("に指図されて私は言われたとおりに指先を動かしました。");n();
t("「今度は男が手を伸ばして");h("私の愛称");
t("の脇腹を撫でるのを想像しろ、自分で脇腹を撫でるんだ」と言われて私はだんだんと喉が詰まるように息が苦しくなっていきました。");n();
}
function t1354(){
c_l("1354");
t("「男にベッドに押し倒されたんだ、ベッドに背中から倒れ込んで足を自分から開け」");n();
t("「自分から男を誘って腰を振るんだ」と男に指図されると私は体中が熱くなって目眩がしてきました。");n();
t("指図されたとおりに");h("男");
t("の横でベッドに寝そべると私の腰が勝手に上下に動いて止まらなくなりました。");n();
h("男");
t("が私の両足を掴んで思い切り大きく左右に開かせると身体を重ねてきました。");n();
}
function t1355(){
c_l("1355");
t("「");h("私の愛称");
t("は本当に可愛くて愛嬌もあって、体だって女らしくて最高に魅力的な女だよ、いやまったく本当に本当だよ」と");h("男");
t("におだてられて私は恥ずかしくて顔が熱くなりました。");n();
t("「だけど残念だけどね、まだ本当の女の悦びを味わったことがないはずだよ、その体で」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("が何を言いたいのかすぐには判りませんでした。、");n();
t("「女の悦びはね、本当にすばらしい物なんだ。女だったら誰だって経験したいのは当たり前」");n();
t("「だけどよほど男が上手でないと、女の悦びを体験するのは無理なんだね」");n();
t("「年上の男性。それも余程遊び慣れた男性が相手でないと、本当の女の悦びをたい体験するのはまず無理だね」と");h("男");
t("に言われてどうやら");h("男");
t("が私を口説いてるらしいとなんとなく気が付きました。");n();
t("「本当ですか、私男と女の事ってまだよく知らないから」と私はわざとカマトトぶって");h("男");
t("の真意を確かめてみました。");n();
t("「今夜俺が");h("私の愛称");
t("に本当の女の悦びを体験させてやるよ、俺はもう何人もの女に女の悦びを体験させてきたんだ、どの女にも感謝されてるんだぜ。本当に素晴らしい体験を有り難うとういつも言われてるんだ」と");h("男");
t("が自慢話を始めたので、私は成る程と思いました。");n();
}
function t1356(){
c_l("1356");
t("「女の子はね、女の悦びを体験したときの反応が一人一人全部違うんだ。顔の表情や、口の開き方、眉のゆがみ方、声の出し方や、体の捩り方と一人一人が全部違うからね。今夜");h("私の愛称");
t("がどんな反応をするのか、いや楽しみだね」と");h("男");
t("はもう私とセックスすると決めつけたような言い方で何度も頷いていました。");n();
t("私はもし今夜本当の女の悦びを味わったら、どんな顔をしてどんな声を出すんだろうかと想像するとなんだか嬉しくなってきました。");n();
}
function t1357(){
c_l("1357");
t("「俺は紳士だからね、無理に口説いたりはしないよ。男と女の出会いはね一期一会といってね。一度口説いて断られたらもう二度と口説いたりはしないよ」");n();
t("「今夜俺と付き合うか決めるのは");h("私の愛称");
t("だからね」");n();
t("「今夜女の悦びを知って、一生女として幸せに生きるか、それとも死ぬまで女の悦びを知らずに惨めな人生を生きるのか、");h("私の愛称");
t("がたった今決めないといけないんだ」");n();
t("「選ぶチャンスは一度だけ、一度断ればもう二度とチャンスはないからね」と");h("男");
t("に言われて私は成る程上手に口説く物だと感心してしまいました。");n();
}
function t1358(){
c_l("1358");
t("「いや、それは違うんだ。女の体には感じるツボが沢山あってね。そのツポが一人一人全部微妙に違うんだ。俺は長年の経験で女のツボを知り尽くしてるからね、どんな女でも最初に出会ったその日に女の悦びを体験させられるんだ」と");h("男");
t("が言うので確かにもっともな気がしました。");n();
}
function t1359(){
c_l("1359");
t("「本当に私でも女の悦びを体験できるんですか。私なんてまだ子供だし、男と女の事なんかあまりよくしらないし。経験だってそんなにないし」");n();
t("「よっぽど経験豊富でないと、女の悦びを体験するなんて無理なんじゃないですか」と私は試しに");h("男");
t("に聞いてみました。");n();
}
function t1360(){
c_l("1360");
t("でもなんだか");h("男");
t("の言ってることは違う気がして「でも、よっぽど経験しないと、気持ちいいセックスはできないってみんな言ってます」と私は");h("男");
t("に言い返しました。");n();
}
function t1361(){
c_l("1361");
t118();
t("すると");h("男");
t("は勝ち誇ったような顔をして「それは間違いだよ、初体験の");h("女の悦びを体験する女");
t("でも俺が相手をすれば最初の経験で女の悦びを体験できるんだ。もう何度も実証ずみだよ」");n();
t("「俺が無理に口説いたりしたんじゃない、本人に初体験をお願いしますと頼まれて人助けだと思って引き受けてるんだ」");n();
t("「いつでも終わった後には『最高の初体験ができて幸せです』と俺はいつも感謝されてるんだぜ」と");h("男");
t("は得意げな顔をしました。");n();
}
function t1362(){
c_l("1362");
t("「俺が言ってることが本当かどうか今夜");h("私の愛称");
t("で実際に試してみれば判るはずだ」");n();
t("「そうすれば");h("私の愛称");
t("も納得するはずだよ」と");h("男");
t("に反論されて私はうっかり「そうですね」と言ってしまいました。");n();
h("男");
t("の口元が一瞬ほころむのを見て私は不味いことを言ってしまったと気が付きました。");n();
t("「本当にそう思ってるんだね。それで良いんだね」と");h("男");
t("に念を押されて私はどう答えていいのか判らずに小さく頷きました。");n();
t("「それで決まりだ」と");h("男");
t("に言われて私はもう後には引けなくなったと覚悟をきめました。");n();
t("私が「宜しくお願いしますね」と");h("男");
t("に言うと「自分で決めた事だからそれをちゃんと覚えておくんだな」とわざと吐き捨てるような冷たい口調で言い返されました。");n();
t("私はなんだか急に気分が楽になると、嬉しくて思わず口元に笑みを浮かべました。");n();
t("宙に舞い上がったような気分が体中に広がると、今夜これから");h("男");
t("にどんな風に可愛がって貰えるかの期待が私の胸の中で膨らんでくるのが押さえられませんでした。");n();
}
function t1363(){
c_l("1363");
as1363=new Array("1364","1365");
e_l(as1363);
}
function t1364(){
c_l("1364");
v["女の悦び"]="";
vc["女の悦び"]=0;
t1366();
}
function t1365(){
c_l("1365");
v["女の悦び"]="初体験ではない";
t1366();
}
function t1366(){
c_l("1366");
as1366=new Array("1367","1368","1369");
e_l(as1366);
}
function t1367(){
c_l("1367");
t1311();
t1355();
t1359();
t1358();
t1360();
if((typeof v["女の悦び"] =="undefined") || (v["女の悦び"] == "")) { t1361();}t1362();
t1356();
}
function t1368(){
c_l("1368");
t1311();
t1355();
t1223();
t1357();
t1359();
if((typeof v["女の悦び"] =="undefined") || (v["女の悦び"] == "")) { t1361();}t1362();
t1356();
}
function t1369(){
c_l("1369");
t1311();
t1355();
t1359();
t1358();
t1360();
if((typeof v["女の悦び"] =="undefined") || (v["女の悦び"] == "")) { t1361();}t1362();
t1356();
}
function t1370(){
c_l("1370");
as1370=new Array("1371");
e_l(as1370);
}
function t1371(){
c_l("1371");
t1312();
t1355();
t1356();
}
function t1372(){
c_l("1372");
as1372=new Array("1373");
e_l(as1372);
}
function t1373(){
c_l("1373");
t1312();
t1355();
t1313();
t1356();
}
function t1374(){
c_l("1374");
t("「");c_count=0;
n();
t102();
t("さんが自分から女の悦び体験したいなんて言い出したのは嘘でしょう。盗撮ビデオを見せて");h("男");
t("が「俺とつき合え」と言って脅したんでしょう。私にしたのと同じことしたんでしょう」と私はとっさに大声で叫びました。");n();
t("すると");h("男");
t("は「嘘だと思うなら直接");c_count=0;
n();
t105();
t("に聞いてみるんだな。いますぐ電話して聞いてみろ」と言い返してきました。");n();
}
function t1375(){
c_l("1375");
t("私は");h("男");
t("の言い草に腹が立ってすぐに");c_count=0;
n();
t102();
t("に電話しました。");n();
t("しばらく電話機の呼び出し音が鳴ってから「あ");h("私の愛称");
t("、ごめんなさい今お風呂入ってたの」と");c_count=0;
n();
t102();
t("の声が受話器から聞こえてきました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t102();
t("自分から");h("男");
t("に女の悦びを体験したいなんて言い出したのは嘘でしょう、盗撮ビデオで脅されて無理矢理言わされたんでしょう」といきなり話しを切り出しました。");n();
t102();
t("は私の勢いに少し戸惑った様子で「今誰かと一緒にいるの、");h("男");
t("と一緒なの」と聞いてきました。");n();
t("私は「うん、今");h("男");
t("と一緒だけど」と慌てて答えました。");n();
}
function t1376(){
c_l("1376");
t1374();
t1375();
t("「私が");h("男");
t("と付き合ってるのは本当よ、");h("男");
t("もそう言ってるでしょう、私が自分から女の悦びを教えて下さいと頼んだのも本当よ。私は誰にも脅されてなんかないのよ」と");c_count=0;
n();
t102();
t("に言われてで私はもう何も言い返せませんでした。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も");h("男");
t("に女の悦びを教えてもらったらいいわ、絶対その方がいいから。");h("私の愛称");
t("も今すぐ自分からお願いするのよ。");h("男");
t("は女の扱いがとっても上手だから本当に幸せにしてもらえるんだから。迷ったりしたらだめよ");h("男");
t("に全部任せればそれでいいのよ」と");c_count=0;
n();
t102();
t("が言うのを聞いて私は受話器を置きました。");n();
}
function t1377(){
c_l("1377");
t("「私もねいま男の人と一緒にいるの。ほら前バイトしてた");c_count=0;
n();
t4154();
t4150();
t("なの。これから");h("フェラチオ");
t("させてもらう所なのね。");h("フェラチオ");
t("するときはね必ず女の子の方からやらせて下さいってお願いするのがマナーだって");c_count=0;
n();
t4150();
t("に教えてもらったの」");n();
t("「");h("私の愛称");
t("は私が");c_count=0;
n();
t4150();
t("に脅されてるとか思ってるらしいけど、そんなこと無いのよ」");n();
t("「女の子はね自分の気持ちに素直になるのが一番なのよ。私は素直な気持ちで心から");c_count=0;
n();
t4150();
t("にフェラチオしたいって思ってるだけなの」");n();
t("「");h("男");
t("と交際したのも、私が自分から本心で女の悦びを教えてもらいたかったのよ。私");h("男");
t("には本当に感謝しているの」");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も自分に素直になりなさい、女の子が幸せになるにはそれが一番だし、それしかないのよ」と");c_count=0;
n();
t102();
t("に言われて、");c_count=0;
n();
t102();
t("の言ってることに反論する言葉が思い浮かびませでした。");n();
}
function t1378(){
c_l("1378");
t("「私今ねこれから");c_count=0;
n();
t4150();
t("に");h("フェラチオ");
t("させて下さいとお願いするの、");h("私の愛称");
t("も聞いててね」と");c_count=0;
n();
t102();
t("が言いだしました。");n();
t("私は今すぐ自分が");c_count=0;
n();
t4150();
t("に");h("フェラチオ");
t("させてもらおうとお願いする気分になって胸が高鳴りました。");n();
t("電話の声が少し遠くなると");c_count=0;
n();
t102();
t("が「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と甘えた声でおねだりするのが聞こえてきました。");n();
t("すぐに");c_count=0;
n();
t102();
t("が舌を使うピチャピチャという音が聞こえてきて私は");c_count=0;
n();
t102();
t("が羨ましくてたまらない気持で胸が一杯に成りました。");n();
}
function t1379(){
c_l("1379");
t("電話を切ると私は");c_count=0;
n();
t102();
t("に言われた言葉が頭の中に大きく膨らんでいくのを感じました。");n();
t("私も素直になろう");c_count=0;
n();
t102();
t("みたいに自分に素直になるのが一番幸せなんだと心の底から思えてきました。");n();
}
function t1380(){
c_l("1380");
t("私は");h("男");
t("に向き直って");h("男");
t("の目をじっと見つめました。");n();
h("男");
t("が私に何を求めているのか、言葉に出さなくても私にははっきりと判りました。");n();
t("私はもう迷わなくていいんだ、自分の気持ちに素直になればいいんだと自分に言い聞かせました。");n();
}
function t1381(){
c_l("1381");
t1374();
t1375();
t4156();
t1377();
t1378();
t1379();
t1380();
t4159();
t1288();
}
function t1382(){
c_l("1382");
t("私はもう");h("男");
t("に逆らうのはやめようと、心を決めて");h("男");
t("の顔を見つめました。");n();
h("男");
t("は半分怒ったような顔で私を睨みつけてきました。");n();
}
function t1383(){
c_l("1383");
t("私は自分から謝るしかないと半分諦めの気持で「ごめんなさい、私が間違ってました。");h("男");
t("が言ってることは全部本当だと思います。疑ったりして本当にごめんなさい」と震える声で");h("男");
t("に謝りました。");n();
}
function t1384(){
c_l("1384");
t("私が今アパートで");h("男");
t("と一緒だったことがばれてしまうし、それに私が喫茶店のマスターに");h("フェラチオ");
t("した事だってみんな");c_count=0;
n();
t102();
t("にばれてしまうことになるのは明らかでした。");n();
}
function t1385(){
c_l("1385");
t("私が今アパートで");h("男");
t("と一緒だったことがばれてしまうし、それに私が");h("男");
t("に喫茶店でエッチなことをされて盗撮されたのも");c_count=0;
n();
t102();
t("にばれてしまうことになるのは明らかでした。");n();
}
function t1386(){
c_l("1386");
t("私はすぐに電話の受話器を取り上げて");c_count=0;
n();
t102();
t("の電話番号を途中まで押してから指を止めました。");n();
t("うっかり");c_count=0;
n();
t102();
t("に電話したら困った事になると気が付いて体が凍り付きました。");n();
if((typeof v["男"] !="undefined") && (v["男"] == "マスター")) { t1385();}else {t1384();}
t("私は一度は取り上げた受話器を置き直すと、自分が今いったいどうすればいいのか判らなくなりました。");n();
}
function t1387(){
c_l("1387");
t("もしかしたら");c_count=0;
n();
t102();
t("は本当に自分から「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と言い出したのかもしれない。");n();
t("最初は脅されて無理矢理");h("フェラチオ");
t("をさせられたのかも知れないけど、");h("フェラチオ");
t("好きの女の子は誰だって最初から");h("フェラチオ");
t("が大好きな訳じゃないはず。");n();
t("誰だって最初は男にやれと脅されて");h("フェラチオ");
t("をやらされるのが普通の話し。");n();
t("でも一度");h("フェラチオ");
t("を体験すれば誰だって");h("フェラチオ");
t("が大好きになるのは当たり前だ。");n();
t102();
t("だって今は本当に");h("フェラチオ");
t("させてもらって良かったと思ってるに違いない。");n();
t("女の子は誰でも男の子に色々教えてもらって大人になっていくものだ。");n();
h("男");
t("に女の悦びを教えてもらったら感謝するのも当たり前の話し。");n();
t102();
t("は自分の気持ちに素直だったから、素晴らしい悦びを体験できたに違いないと思うと、私は");c_count=0;
n();
t102();
t("が羨ましくて自分に腹が立ってきました。");n();
}
function t1388(){
c_l("1388");
t("私も自分に素直になろう、自分の今の気持を大切にするのが一番の幸せなんだと自分に言い聞かせました。");n();
t("今自分が一番幸せになるには、");h("男");
t("の言葉を信じて従うのが一番。");n();
t("それしかないと思うと私は急に気持が楽になりました。");n();
}
function t1389(){
c_l("1389");
t1374();
t1386();
t1387();
t1388();
t1382();
t1383();
t1288();
}
function t1390(){
c_l("1390");
t1376();
t1290();
t4439();
}
function t1391(){
c_l("1391");
t("「今すぐ逃げて、何でもいいから今すぐ逃げるのよ、");h("男");
t("に騙されちゃだめよ」と");c_count=0;
n();
t102();
t("が大声で叫んだので私は慌てて受話器が手から落ちそうになりました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t108();
t("いったい");h("男");
t("と何があったの。やっぱり");h("男");
t("に脅されてるんでしょう」と私が");c_count=0;
n();
t102();
t("に聞き返すと");c_count=0;
n();
t102();
t("は「そんなこといいから、今すぐ逃げて」と繰り返すだけでした。");n();
t("ともかく");h("男");
t("の言ってることは全部嘘に違いないと確信して私はひとまず受話器を置こうとしました。");n();
}
function t1392(){
c_l("1392");
t("すると");h("男");
t("が私の手から受話器を横取りすると");c_count=0;
n();
t102();
t("に「おい、");c_count=0;
n();
t105();
t("今どんな格好してるんだ」に大声で怒鳴りつけました。");n();
t("「指で一番感じるところを押さえるんだ、さっさとやれ、俺に逆らえると思ってるのか」と");h("男");
t("が受話器に向かって大声をだしているのを聞いて私はびっくりしてしまいました。");n();
t("「指を奥まで入れろ、奥に入れて捻り廻すんだ、さっさとやれ」と");h("男");
t("が");c_count=0;
n();
t102();
t("に指図するのを聞いて私は訳が分からなくなりました。");n();
t("電話で指図をされてるだけなんだから、言うとおりにしなくったって全然構わないはず。");n();
t("いやなら断ればいいだけだし、実態に見てる訳じゃないからやってる振りをするだけでも良いはず。");n();
t("なのに電話の様子では");c_count=0;
n();
t102();
t("は");h("男");
t("の指図通りにしてるらしいので私には理由がさっぱり判りませんでした。");n();
}
function t1393(){
c_l("1393");
t("「おい今何をしたいのか言ってみろ、大きな声で言うんだ」と");h("男");
t("がまた");c_count=0;
n();
t102();
t("を怒鳴りつけると受話器を私の耳にあてがいました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と");c_count=0;
n();
t102();
t("の今にも泣き出しそうな声が受話器から聞こえて来たので私はびっくりしてしまいました。");n();
t102();
t("の言葉は嘘偽りのない本心に間違いないと私にはすぐ判りました。");n();
t("自分に素直な気持ちになれば、なぜ");c_count=0;
n();
t102();
t("がこんなにも");h("男");
t("が好きなのか判るはずだと私は自分に問いかけました。");n();
t("私だって");c_count=0;
n();
t102();
t("と同じ体験をすれば同じ事を言うに違いないと気が付くと、私は急に");c_count=0;
n();
t102();
t("が羨ましくて体が熱く燃え上がりました。");n();
t102();
t("はきっと");h("男");
t("を自分だけ独り占めして私には渡したくないからさっき私に「すぐ逃げて」と言ったに違いないと気が付いて私は腹が立ってきました。");n();
t102();
t("はよっぽど良い思いをさせてもらったに違いない。");n();
t("私に同じ経験をさせたくないんだと思うと私は自分の気持ちが抑えられなくなりました。");n();
t102();
t("が");h("男");
t("に脅されてるなんて絶対にないはず。");n();
t102();
t("が");h("男");
t("におねだりしてる言葉は心の底からの本心に違いないと確信しました。");n();
}
function t1394(){
c_l("1394");
t1374();
t1375();
t1391();
t1392();
t1393();
t1380();
t1383();
t1288();
}
function t1395(){
c_l("1395");
t1397();
t1396();
t1409();
}
function t1396(){
c_l("1396");
t("一応は名門の女子大なので家庭教師をするのが一番だと思いました。");n();
}
function t1397(){
c_l("1397");
as1397=new Array("1398");
e_l(as1397);
}
function t1398(){
c_l("1398");
as1398=new Array("1401","1400","1402");
e_l(as1398);
}
function t1399(){
c_l("1399");
t("春先になってすこし暖かくなってきたころ、母から手紙がありました。");n();
}
function t1400(){
c_l("1400");
t1399();
t("なんだろうと思ってあけてみると、最近私の家の近くにコンビニが2件できたと書いてありました。");n();
t("ちょうど私の実家の酒屋の坂の上と下に、店を挟むようしてコンビニが開店したため、店の売り上げは半分近くに減ってしまったそうです。");n();
t("今までは、なんとか貯金を食いつぶして仕送りをしてきたけれど、とてももう続けられないと言うことでした。");n();
t("私はもっとはやく言ってくれれば無駄使いしなかったのにと思いました。");n();
t("いろいろと考えてみましたが、やはりアルバイトをするしかないと思いました。");n();
}
function t1401(){
c_l("1401");
t1399();
t("なんだろうと思ってあけてみると、弟が東京の大学に受かったので今年の春から東京に出てくるとの話でした。");n();
t("私は弟はとても東京の大学には受からないと思っていたのですこしだけうれしくなりました。");n();
t("しかし母の手紙では弟への仕送りが大変だから、私の分の仕送りを減らすと書いてありました。");n();
t("弟が受かったのは私立の大学で、学費がとても大変だと言うのです。");n();
t("私は私立にいくのなら、地元で通える大学にすればよかったのにとすこし腹がたってきました。");n();
t("母は私と弟が一緒のアパートを借りたらいいと思っているようでしたが、弟は大学の近くの方がいいといって一人で暮らすと言い張っているようでした。");n();
t("私は一晩考えましたが結局アルバイトをするしかないと思いました。");n();
}
function t1402(){
c_l("1402");
t1399();
t("なんだろうと思って開けてみると、父が入院したとの知らせでした。");n();
t("バイクで配達の途中に、出会い頭に自転車とぶつかったとかの話でした。");n();
t("よけようと思って、ハンドルを切ったときに、電信柱に激突して倒れ、足を骨折してしまったそうです。");n();
t("命には別状はないのですが、入院費も結構かかるし、配達ができないので、商売もできないので、家計は火の車になっているそうでした。");n();
t("今月はどうにも仕送りができないので、自分でなんとかするようにと書いてありました。");n();
t("私は一晩考えましたが結局アルバイトをするしかないと思いました。");n();
}
function t1403(){
c_l("1403");
t("学生課で探してみると、家庭教師の斡旋をしている学生援助会で募集していしました。");n();
t("ちょうど近所で家庭教師の口があるからと言われ、これからすぐ行って下さいと言われました。");n();
}
function t1404(){
c_l("1404");
t("クラブの先輩に相談してみると、先輩が家庭教師をしている学生の友達の家で、家庭教師を捜しているからと教えてくれました。");n();
t("先輩の評判がよくて、同じ大学の人に来て欲しいと頼まれたそうです。");n();
t("さっそく電話してみると、会いたいからこれから来て欲しいと言われました。");n();
}
function t1405(){
c_l("1405");
as1405=new Array("1403","1404");
e_l(as1405);
}
function t1406(){
c_l("1406");
t("教えられた住所にいってみると、ずいぶんと立派なお屋敷でした。");n();
}
function t1407(){
c_l("1407");
t("教えられた道順をたどっていくと、大きなマンションにつきました。");n();
t("随分と立派な作りで、かなり高級なマンションのようでした。");n();
}
function t1408(){
c_l("1408");
as1408=new Array("1406","1407");
e_l(as1408);
}
function t1409(){
c_l("1409");
t1405();
t1408();
t("なかに入ってお母さまと少し話をしました。");n();
t("出身地とか、クラブ活動とか、あとは両親のことをいろいろ聞かれました。");n();
t("話がなかなか終わらないので私はなんだか不安な気持ちになりました。");n();
t("やっと最後に「じゃあお願いしますね」と言われて、私はやっと気持ちが楽になりました。");n();
t("次の週になって私はその家に行きました。");n();
}
function t1410(){
c_l("1410");
t("私を待っていたのは高校2年生の男の子でした。");n();
t("髪を染めていて、眉も女の子のように手入れしてあって、なんだか遊んでいるような男の子でした。");n();
t("一応成績表を見せてもらいましたが、あまりよくなくて大学の入試どころか、高校を卒業するのもあぶない感じでした。");n();
}
function t1411(){
c_l("1411");
t("英語を教えていると男の子は隣に座った私のお尻をさわってきました。");n();
t("最初は何気なく手が触れたように触っただけでしたが、私が黙っていると、今度はお尻を撫であげながら、今度は指先を回すようにして小刻みに動かし始めました。");n();
t("ずいぶん手慣れた触りかただと思いましたが、そのまま触らせる訳にもいきませんでした。");n();
t("私は男の子の手を振り払って席を立ちました。");n();
}
function t1412(){
c_l("1412");
t4();
t1395();
t4();
t1410();
t1411();
t("私はあわてて、部屋を出ると母親に言いつけました。");n();
t("しかし、内の息子がそんなことするはずがないと、とりあってもらえませんでした。");n();
t("私は納得ができなくて、父親の書斎にいきました。");n();
t("するとお父さん");v["男"]="お父さん";
t("は私にどんな風にさわったのかと、私にききます。");n();
t649();
t("私が説明するとこんな風にかと、今度は");h("男");
t("が私のお尻をさわってきました。");n();
t("「こんな風にされたくて、たまらなくて、自分から誘ったんだろう」と");h("男");
t("が言うと、私を後ろから抱きしめてきました。");n();
t("「仕事中は部屋に入るなと言ってあるからな」と言いながら");h("男");
t("はステレオの音を大きくしました。");n();
v["手をつく所"]="書斎の机";
t4441();
}
function t1413(){
c_l("1413");
t4();
t1395();
t4();
t1410();
t1411();
t("私はあわてて、部屋を出ると母親に言いつけようとしました。");n();
t("しかし、居間や台所をさがしても母親は見つかりませんでした。");n();
t("私は入らないようにと言われていた寝室のドアを開けました。");n();
t681();
t("するとベッドの上には、数学を教えている東大生の吉田君");v["男"]="吉田君";
t("が、裸の母親の上に重なっていました。");n();
t("私はあわててドアを閉じて、男の子の部屋に戻ろうとしました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("はすぐに私を寝室に連れ戻しました。");n();
t("母親は、怒った顔をしながら、よけいなことを話さないようにしてもらいますからねと");h("男");
t("になにか話しました。");n();
h("男");
t("はすぐに私をベッドに押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t1414(){
c_l("1414");
t("一見すると真面目そうで成績もよさそうな感じでした。");n();
t("しかし成績表を見せてもらうと、どうもあまり思わしくありませんでした。");n();
}
function t1415(){
c_l("1415");
t1414();
t("お母さまの話では勉強はとても好きでとてもよくしているとの話でした。");n();
t("最近のテストも見せてもらいましたが、簡単な問題も間違いだらけでした。");n();
t("これは大変なことになりそうだと思い、私は気が重くなりました。");n();
t("要領よく勉強するように指導するのはとても無理なので、基礎的な事を繰り返し練習させるしかないと思いました。");n();
}
function t1416(){
c_l("1416");
t1414();
t("お母様にも話しを聞いてみると、普段から勉強はあまりしていなくて私は不安な気持ちになりました。");n();
t("しかし実際に教えてみると物覚えも早くて難しい問題でもスラスラと解いて見せるので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("特に勉強がきらいという訳でもなく、何で今まで成績が悪かったのか訳が分からない話しでした。");n();
t("私が教えるようになってから学校の成績も上がって私は一安心しました。");n();
}
function t1417(){
c_l("1417");
t("学校の成績を見せて貰うとかなり良い成績で、私の高校の時と比べても随分頭が良さそうでした。");n();
t("これだったら家庭教師をつける必要なんかないと思って私はうっかり「こんなに良い成績だったら」と半分言いかけました。");n();
t("しかし家庭教師が要らないと言ったりすれば私のアルバイトの口が無くなってしまうと気が付いて「私が教えたらもっと成績があがります」と言い直しました。");n();
t("お母様も私の言葉に安心したようで「目指すなら、もっと上を目指さないといせませんよね、あたりまえですよね」とわざと");h("女の子");
t("に聞こえるように私に相づちを打ちました。");n();
t("私は気が引き締まる思いで「私に任せてください」と大声で返事をしました。");n();
}
function t1418(){
c_l("1418");
h("女の子");
t("はとても素敵なうす茶色の長い髪をしていてましたがよく見ると髪を染めているらしくて私は不安な気持ちになりました。");n();
t("部屋の様子を見ても置いてあるのはファッション雑誌ばかりで参考書らしい本は見当たりませんでした。");n();
t("成績を見せて貰いましたが、やはりあまり良い成績ではありませんでした。");n();
t("取りあえず教科書を開いて教えようとしましたが、いきなり「先生初体験どうでしたか」と聞かれて困ってしまいました。");n();
t("そんなことを家庭教師に聞かないようにときつく叱った方がいいのかと思いましたが、");h("女の子");
t("の悩み事の相談も家庭教師の役目だと思い直して「女の子だったら誰でも経験することだから心配しなくていいのよ」となんとか誤魔化して答えました。");n();
}
function t1419(){
c_l("1419");
if((typeof v["教え子のタイプ"] !="undefined") && (v["教え子のタイプ"] == "大人しく真面目で頭は悪い")) { t1415();}if((typeof v["教え子のタイプ"] !="undefined") && (v["教え子のタイプ"] == "大人しく真面目で成績は悪いが頭は良い")) { t1416();}if((typeof v["教え子のタイプ"] !="undefined") && (v["教え子のタイプ"] == "大人しく真面目で成績が良くて頭も良い")) { t1417();}if((typeof v["教え子のタイプ"] !="undefined") && (v["教え子のタイプ"] == "派手で遊んでる感じで成績も悪く頭も悪い")) { t1418();}}
function t1420(){
c_l("1420");
t("名前は");h("女の子");
t("といって、眼鏡をかけておとなしそうな女の子でした。");n();
}
function t1421(){
c_l("1421");
t("名前は");h("女の子");
t("といって、おとなしそうな女の子でした。");n();
}
function t1422(){
c_l("1422");
if((typeof v["眼鏡"] !="undefined") && (v["眼鏡"] == "あり")) { t1420();}else {t1421();}
}
function t1423(){
c_l("1423");
t("体格は小柄で胸の大きさもまだ小さくて子供っぽく見えました。");n();
}
function t1424(){
c_l("1424");
t("小柄でしたが胸の大きさはもうすっかり大人でした。");n();
}
function t1425(){
c_l("1425");
if((typeof v["胸"] !="undefined") && (v["胸"] == "貧乳")) { t1423();}if((typeof v["胸"] !="undefined") && (v["胸"] == "巨乳")) { t1424();}}
function t1426(){
c_l("1426");
t("小柄な割には太っていて、胸の大きさはもうすっかり大人でした。");n();
}
function t1427(){
c_l("1427");
t("小柄な割には太っていて、大きく飛び出した胸の大きさにはびっくりしました。");n();
}
function t1428(){
c_l("1428");
if((typeof v["胸"] !="undefined") && (v["胸"] == "巨乳")) { t1426();}if((typeof v["胸"] !="undefined") && (v["胸"] == "爆乳")) { t1427();}}
function t1429(){
c_l("1429");
if((typeof v["体格"] !="undefined") && (v["体格"] == "小柄")) { t1425();}if((typeof v["体格"] !="undefined") && (v["体格"] == "小牛")) { t1428();}}
function t1430(){
c_l("1430");
t("私を待っていたのは高校2年生の女の子でした。");n();
t1422();
t1429();
t1419();
}
function t1431(){
c_l("1431");
t4();
t1395();
t470();
t1430();
t4();
t("秋になって、家族旅行で箱根の別荘に行くので一緒にきませんかと母親に誘われました。");n();
t("私は学園祭が近くて準備が大変なのでとてもそれどころではありませんでした。");n();
t("しかし");h("女の子");
t("がどうしても一緒にきてもらいたとい言っているとのことで断ることもできませんでした。");n();
}
function t1432(){
c_l("1432");
t("前の日に約束の時間にいくと、すっかり旅行の準備ができていて、私は車で箱根まで行きました。");n();
}
function t1433(){
c_l("1433");
t("夜暗くなって別荘につくと、これからすき焼きを作るというので、母親や、");h("女の子");
t("を手伝って私も支度をしました。");n();
}
function t1434(){
c_l("1434");
t1431();
t4();
t1432();
t1433();
t("夜遅くになってなかなか寝付けなくて私はパジャマのままベランダにでました。");n();
t573();
t("周りはまっくらで、月の明かりしかありませんでした。");n();
t("しばらくして、部屋に戻ろうとするとベランダにお父さまが出てきました。");n();
t("なにをしているのと聞かれ、私は眠れないのでと、中途半端に答えました。");n();
t("するとお父さまは、私を後ろから抱きしめてきました。");n();
v["男"]="お父さま";
t649();
v["手をつく所"]="手すり";
t4441();
}
function t1435(){
c_l("1435");
t1431();
t("数学を教えている東大生の");v["男"]="久夫さん";
t("もいっしょとのことでした。");n();
t4();
t1432();
t1433();
t("夜遅くになって私は");h("女の子");
t("と一緒の部屋で寝ることになりました。");n();
t573();
t("私が布団にはいると、");h("女の子");
t("が私の布団に入ってきて、男の子のことをいろいろ教えて欲しいと言います。");n();
t("二人でしばらく話していると急に");h("女の子");
t("が私に抱きついてきました。");n();
t("私はどうしていいのかわからずにしばらく肩を撫でていましたが、トイレに行くといって部屋をでました。");n();
t("このまま部屋にもどる訳にもいかずに、私はベランダにでるとしばらく、真っ暗な山を眺めていました。");n();
t("そろそろ部屋に帰ろうと部屋の入り口まで来ると中の様子がなにか変でした。");n();
t("こっそりとドアをあけて様子をうかがうと、");h("女の子");
t("の上に誰かがのしかかるようにして腰を激しく動かしていました。");n();
t("一緒にきた");h("男");
t("でした。");n();
h("男");
t("は私に気がつくと、");h("女の子");
t("のすぐ横に押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t1436(){
c_l("1436");
as1436=new Array("1492","1491","1329","797","1412","1413","1434","1435");
e_l(as1436);
}
function t1437(){
c_l("1437");
level_up("1459");
t1443();
}
function t1438(){
c_l("1438");
level_up("1459");
level_up("1454");
t1443();
}
function t1439(){
c_l("1439");
level_up("1459");
level_up("1456");
t1443();
}
function t1440(){
c_l("1440");
level_up("1459");
level_up("1457");
t1443();
}
function t1441(){
c_l("1441");
level_up("1459");
level_up("1458");
t1443();
}
function t1442(){
c_l("1442");
level_up("1459");
level_up("1455");
t1443();
}
function t1443(){
c_l("1443");
t4();
t1043();
t1063();
t4();
t1459();
}
function t1444(){
c_l("1444");
t("一月ほどたって、毎日喫茶店に通ってくるお客さんに温泉旅行に誘われました。");n();
t("お客さんは近所で事務所を開いている会社の社長さんだそうです。");n();
t692();
t("二人で旅行というのもちょっと危ないと思って、マスターに相談すると「だったら友達誘ったら」と言われました。");n();
t("それもそうだと思って");h("女友達");
t("と三人でならいいですと、お客さんに返事をすると");n();
t("女二人、男一人で部屋を取るからと言われました。");n();
t("それならいいやと思って、");h("女友達");
t("と一緒に車で温泉に行くことになりました。");n();
}
function t1445(){
c_l("1445");
t("当日になると、車にはもう一人男性が乗っていました。");n();
h("男");
t("の得意先の部長さんだと紹介されました。");n();
t("二人部屋を二つよやくしてあると言われ、それなら大丈夫だと思いました。");n();
t("昼間はあちこち見物して、夕方温泉旅館につきました。");n();
t("部屋に案内されると、部屋は少し離れていて、隣ではありませんでした。");n();
t("そのほうがかえってよかったと、安心しました。");n();
t("丹前に着替えると、");h("男");
t("が迎えにきて、温泉に入りました。");n();
t("しかし、露天風呂は10時までは、男性だけと言うことでした。");n();
h("男");
t("達は露天風呂に入るというので、私たちは女性用のちいさな浴室でしばらく浸かった後部屋に戻ることにしました。");n();
t("廊下を歩いていると、ずいぶんと太った、背の低い男性が二人廊下を歩いてきます。");n();
t("私たちが部屋にはいろうとするとちょうど隣の部屋に男性二人もはいろうとするところでした。");n();
t("「こんばんは、美人二人で温泉ですか」と男の一人がいいました。");n();
t("私は相手をしなくてもいいと思ったのですが");h("女友達");
t("は、愛想よく返事を繰り返しました。");n();
t("すると「いい酒があるので、いっしょに飲みませんか」と誘われました。");n();
t("私たちが女二人だけで温泉に来たと思ったようでした。");n();
t("断って部屋にはいろうと思いましたが、私が返事をする前に");h("女友達");
t("は男の部屋に入っていました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("を一人だけにするわけにもいかないと一緒に部屋に入りました。");n();
t("すぐにお酒を勧められて、");h("女友達");
t("は「これおいしいですね、」と言いながら、勧められるままに飲み始めました。");n();
h("女友達");
t("は、すぐ立てないほどにふらふらになった様子でした。");n();
t("すると頃合いを見計らったように男達はエッチな話を始めました。");n();
t("私たちの部屋に昨日とまった女子大生二人組の話でした。");n();
t("「酔わせて、朝まで遊ばせたんだぜ」という話が始まると私はこれは危ないと思いました。");n();
t("「女だけで温泉に来るのは遊びたくて来る女だから、遊ばせると止まらなくなるからな」と自慢話が続きました。");n();
h("女友達");
t("は、酔って何の話かもう分からないような様子で相づちを打っていました。");n();
t("私はなんとか");h("女友達");
t("にあれこれ言って部屋からだそうとしましたが、腰が据わったようで動こうとしませんでした。");n();
}
function t1446(){
c_l("1446");
t("「露天風呂でしゃぶらせたんだ」と自慢話が始まると、さすがに");h("女友達");
t("は困った様子でした。");n();
t("ようやく、なんとかなだめて部屋に戻ると、");h("男");
t("がマッサージ頼んだからという電話がありました。");n();
t("少したって部屋には中年の女性のマッサージ師さんが二人入ってきました。");n();
t("私たちが並んでマッサージを受けると、マッサージ師さんはいろいろ世間話を始めました。");n();
t("どうやら、昨日この部屋に女子大生が二人とまったというのは本当のようでした。");n();
t("「気持ちよくなるマッサージがあるのでしませんか」とマッサージ師さんが言います。");n();
t("「昨日のお嬢さん方もとてもよろこんでらしたんですよ、それに記念のビデオまで撮らせていただいたんです」と言う話が続きました。");n();
t("なんで、ビデオなんか撮るのかしらと思っていると「それは、自分が綺麗なところを記念に撮っておきたいからですよ、皆さんお喜びになってますよ」と返事がきました。");n();
t("結婚式のビデオならともかく、そんなビデオ撮ってどうするのかしらと思いました。");n();
t("すると「よかったらビデオご覧になりますか」とマッサージ師さんが言います。");n();
t("そんなの見てもしょうがないと思いましたが");h("女友達");
t("は、酔ったせいか興味があるような口ぶりでした。");n();
t("するとマッサージ師さんはビデオをつけました。");n();
t("女子大生らしい二人が並んで、マッサージを受けながら、体を何度ものけぞらせては叫んでいる画面が写りました。");n();
t("私はあまりの大きな音に、びっくりして腰が抜けそうになりました。");n();
t("するとマッサージ師さんは「こちらの方が、お嬢さんがたお好きなんじゃありませんか」と言いながらビデオを早回ししました。");n();
t("すると男性の大きな欲望を口いっぱいに女子大生が受け止めているシーンが大写しで写りました。");n();
h("女友達");
t("は思わず息を飲み込んで、体を震わせはじめました。");n();
t("「この男性は隣の部屋の方で、昨日私たちが紹介させていただいたんですが、よかったら紹介しましょうか」と言われて、ようやくさっきの話が本当だったと分かりました。");n();
t("すると");h("男");
t("がカラオケをやろうと言って誘いに来てくれました。");n();
t("私はまだ足が震えていましたが、カラオケのホールまで来ると少しは落ち着いてきました。");n();
t("ホールには小さな舞台があり、そこで温泉客が入れ替わりカラオケを歌っていました。");n();
h("女友達");
t("は気分がよくなったのか、楽しそうに歌っていました。");n();
t("するとショータイムが始まりますと放送がありました。");n();
t("音楽がなり出すと、舞台に出てきたのは派手な衣装の女性でした。");n();
t("しかし、よくよくみると、中年の厚化粧の顔はさっきのマッサージの女性でした。");n();
t("最初は普通に踊っていたのですが、しだいに衣装を脱ぎながら変な踊りがはじまりました。");n();
t("どうも温泉ストリップというものらしくて、私は困った気分になりました。");n();
t("一通り踊りが済むと、今度は舞台に男性があがり、その");h("男根");
t("を二人の踊り手が、変な仕草をしながら口にでもてあそび始めました。");n();
t("結局こうゆうことなのねと私は納得しました。");n();
t("しかし口のなかの");h("男根");
t("が普通の大きさではないのに気がついてはっとしました。");n();
t("二人の男性はさっきビデオでみた隣の部屋の男性二人でした。");n();
t("踊り手さんが私たちに気がついたようすで「お嬢さんがた、おしゃぶりしたいんでしょう、いらっしゃいな」と声をかけました。");n();
t("するとカラオケホールの客が一斉にこちらを向いたので、私は体中が一気に熱くなりました。");n();
t("二人の踊り手は客の様子に気が付かないようでそのまま口を使い続けていました。");n();
t("しかし私はそのとき、後ろのカーテンに見覚えがあるのに気がつきました。");n();
t("さっきの女子大生二人が写っていたビデオも同じカーテンが映っていました。");n();
t("私はさっきのビデオが、このカラオケホールで撮られたビデオだと気がついて愕然として、腰が抜けたようになりました。");n();
h("女友達");
t("もさすがに今度は困った様子で、私たち二人はカラオケホールから逃げるように出ました。");n();
t("10時をすぎると露天風呂に女性もはいれるので、私たちは露天風呂に入ることにしました。");n();
t("しばらくお湯に浸かっていると、ようやく私たちは気分が楽になりました。");n();
t("するとショーが終わったのか人が大勢露天風呂に入ってきました。");n();
h("男");
t("も裸になって、タオルを下げてお風呂にはいってきました。");n();
t("なぜかすこし離れて座って、私たちに近づこうとはしませんでした。");n();
t("それからさっきの踊り手二人も化粧を落としてお風呂に入ってきました。");n();
t("しかし、その後ろからさっきの男性二人近づいてくるので、私たちは本当にびっくりしました。");n();
t("二人は前も隠さずに、");h("男根");
t("はさっきと同じくらい隆々と上を向いていました。");n();
t("踊り手さんが私たちの横に来ると「どうです、欲しくてたまらないんでしょう本当は、遠慮しなくていいんですよ、」と言いながら、私の両手を押さえてきました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("の目の前には巨大な");h("男根");
t("がそそりたっていました。");n();
t("踊り手さんの手が私の感じるところをそっと撫で続けると、私はもうなにがなんだか分からなくなっていました。");n();
h("女友達");
t("の息を吸い込むようなため息が私の横で聞こえてきました。");n();
t("その声はしだいに、間隔が短くなり、お風呂場いっぱいに響いてきました。");n();
t("先に口を近づけたのは");h("女友達");
t("でした。");n();
t693();
}
function t1447(){
c_l("1447");
t("すると");h("男");
t("達がようやく露天風呂から帰ってきたようで、私たちを迎えにきました。");n();
t("ひとまず私たちの部屋に4人で入ると");h("男");
t("は電話でマッサージを頼んでいました。");n();
t("しばらくするとマッサージ師の男性が部屋に来ました。");n();
h("男");
t("は私たちの部屋のお布団に横になって、しばらくマッサージを受けていました。");n();
t("それから今度は");h("女友達");
t("にも、マッサージを勧めます。");n();
h("女友達");
t("が布団に横になり、しばらくマッサージを受けていました。");n();
t("一通り終わると「気持ちのよくなるマッサージがあるってすが、いかがですか」とマッサージ師さんがいいます。");n();
t("「昨日もここに泊まられた女子大生さんが、大変よかったと喜んで帰られましたよ」と言われて、どうやらさっきの話は本当だったのかしらと思いました。");n();
h("女友達");
t("が返事をする前に");h("男");
t("がぶっきらぼうな声で「ああ、やってくれ」と頼んでいました。");n();
t("マッサージ師さんの手が動き始めると、");h("女友達");
t("は体を震わせて声を上げ始めました。");n();
t("私はこうゆうマッサージだったのと、びっくりして成り行きを見守っていました。");n();
h("男");
t("が目で合図をするとマッサージ師さんは心得た様子で、");h("女友達");
t("の丹前を脱がせました。");n();
t("マッサージが終わると");h("男");
t("はかなり高額な料金を払ってマッサージ師さんに帰ってもらいました。");n();
h("女友達");
t("は「お願い、");h("私の愛称");
t("今夜はあっちの部屋で寝てくれない」と半分泣き出しそうになりながら言います。");n();
t("私はようやく、マッサージを呼んだ理由がわかって、半分腹がたちました。");n();
t("しかし部屋をでるしかしょうがありませんでした。");n();
t("もう一つの部屋に行けばなにがおこるのかは分かり切ったことでした。");n();
t("行くところもなくしばらく旅館の廊下をあるいると、露天風呂の前にでました。");n();
t("もう10時をすぎているので、露天風呂は混浴になっていました。");n();
t("しばらくお湯につかっていると、");h("男");
t("が裸で入ってきました。");n();
t("私の隣に座ったので、どうやらもう部屋に戻ってもいいみたいと思いました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("は「まだ部屋には戻らない方がいいと思うけど」といやらしい口調で言います。");n();
t("「あの女、淫乱で俺一人じゃ満足させられなくてね」と言われて、私には事情がわかりました。");n();
t("しかし、すぐにもう一人の男が風呂に入ってきました。");n();
t("私はもうこれで部屋に帰れると思い、一応「おさきに失礼します」と言って風呂をあがろうとしました。");n();
t("すると二人はくすくすといやらしい苦笑をするだけでした。");n();
t("部屋に戻ると、廊下まで女性の泣き叫ぶような声が聞こえてきました。");n();
t("私は部屋には");h("女友達");
t("しかいないからきっとビデオを大きな音でつけているのねと思ってドアを開けました。");n();
t("しかし、布団の上を見て足がすくみました。");n();
t("そこには");h("女友達");
t("と隣の中年の男性二人が体を絡み合わせていました。");n();
h("女友達");
t("の泣き叫ぶ声が部屋に響きつづけました。");n();
t("男達は私に気がつくと私を");h("女友達");
t("の上に押し倒してきました。");n();
t693();
}
function t1448(){
c_l("1448");
t("昼間はあちこち見物して歩いて、夕方温泉に着きました。");n();
t("部屋に案内されると、小部屋が二つ襖で仕切られて「6畳の部屋に女二人、残りの小さな部屋に男一人で寝てください」と仲居さんに案内されました。");n();
t("別の部屋とばかり思っていたので、私はちょっと困ったなあと不安になりました。");n();
t("温泉に入って");h("女友達");
t("と部屋に戻ると、ちょうど仲居さんがお布団を敷いている所でした。");n();
t("私たちはちょっと退屈してたので、なにか面白い所はないですかと仲居に聞いてみました。");n();
t("すると「この辺は温泉しかないんですよ」とがっかりする返事が返ってきました。");n();
t("「劇場ならありますけどね」と言われて「面白そうだね」と");h("女友達");
t("に話しかけると、仲居さんは「ストリップ劇場ですけどね」と笑いましたた。");n();
t("「お座敷ストリップもあって、部屋にも呼べますよ」と仲居さんが続けます。");n();
t("「それはちょっと」と私が言いかけると「女性の方もごらんになってますよ、この間は女子大生の方もご覧になって喜んでましたよ」と言われました。");n();
t("「素人ストリップもありますから、お客さん出てみませんか。見るだけじゃつまらないでしょう」と言われて、私はそんなことあるはずないし、仲居さんも話がうまいと思いました。");n();
}
function t1449(){
c_l("1449");
t("しばらくお茶を飲んでいると、向かいの部屋の男性が部屋にきて「お座敷ストリップ呼んだから見にきませんか」とのお誘いにきました。");n();
t("「今日は東京からきた女子大生が特別出演だからね、これは見ないと損だよ。一緒に見ようよ面白いよ」と盛んに誘います。");n();
t("ずいぶんお酒に酔った様子で「素人の本番がみられるんだよ」とか何度も繰り返し廊下に聞こえるような大きな声でいいます。");n();
t("私たちはなんとかなだめて部屋に帰ってもらいました。");n();
}
function t1450(){
c_l("1450");
t("ようやく");h("男");
t("が露天風呂から帰ってくると、仲居さんにマッサージを呼んでくれるよう頼んでいました。");n();
t("仲居さんが帰るのと入れ替わりにマッサージ師の男性が部屋に来ました。");n();
h("男");
t("は私たちの部屋のお布団に横になって、しばらくマッサージを受けていました。");n();
t("それから今度は");h("女友達");
t("に、マッサージを勧めます。");n();
h("女友達");
t("が布団に横になり、しばらくマッサージを受けていました。");n();
t("一通り終わると「気持ちのよくなるマッサージがあるってすが、いかがですか」とマッサージ師さんがいいます。");n();
h("女友達");
t("が返事をする前に");h("男");
t("がぶっきらぼうな声で「ああ、やってくれ」と頼んでいました。");n();
t("マッサージ師さんの手が動き始めると、");h("女友達");
t("は体を震わせて声を上げ始めました。");n();
t("私はこうゆうマッサージだったのと、びっくりして成り行きを見守っていました。");n();
h("男");
t("が目で合図をするとマッサージ師さんは心得た様子で、");h("女友達");
t("の丹前を脱がせました。");n();
t("マッサージが終わると");h("男");
t("はかなり高額な料金を払ってマッサージ師さんに帰ってもらいました。");n();
h("女友達");
t("は「お願い、しばらく一人で温泉に入ってきてくれない」と半分泣き出しそうになりながら言います。");n();
t("私はどうゆうことかすぐ分かりましたが、言うとおりするしかないと思いました。");n();
t("部屋の出ようとすると部屋のなかから");h("女友達");
t("が「お願い、はやくして、」と泣き叫ぶような声が聞こえてきました。");n();
t("私の耳にはその声が焼き付いて離れなくなりました。");n();
t("どうして「お願い、はやくして、」と言わされるのが私でなくて");h("女友達");
t("なのか、ひどく腹が立つような気持ちさえしてきました。");n();
}
function t1451(){
c_l("1451");
t("旅館のロビーでしばらく時間をつぶしていましたが、やることがありませんでした。");n();
t("丹前をきた男性客が大勢でそとに出かけるのが目に入りました。");n();
t("なにか面白いことでもあるのかしらと思って私も散歩にでることにしました。");n();
t("男達のあとについてあるいていくと、着いたのはストリップ劇場でした。");n();
t("これはしょうがないと思って帰ろうとすると入り口近くで切符を売っていた女性に呼び止められました。");n();
t("「ねえちょっとあんた、よかったら、ちょっと踊ってってくれない、ほんと盆踊りでもいいから、踊り子さん今日足りないの」とよく聞き取れない声で言われました。");n();
t("私はお金ももらえるしどうせ部屋には戻れないからと舞台にでる事にしました。");n();
t("踊り子さんが来るまでちょっと時間つなげればいいと言われたので、去年の秋の文化祭でやった、カラオケのモーニング娘の踊りをやることにしました。");n();
t("ステージの上ではたいしたこともなく、踊っていたのですが、せり出したステージに足を運ぶと、お客の男性達からは「脱げ、脱げ」と声がかり、その瞬間に足ががたがたに震えだしました。");n();
t("それでもどうにか次の踊り手さんの準備ができるまでなんとか間をつなぐと、私は舞台を降りました。");n();
t("控え室ではまだ高校生くらいの男の子が待っていて私にお茶を差し出してくれました。");n();
t("私はお茶を飲んでようやく気分が少し落ち着きました。");n();
t("「あ、よかったよかった、お客さんも大喜びだし、ほんとにたすかったわ」とさっきの女性に言われました。");n();
t("よかったら「お座敷ストリップのほうも、でてくんないかしら、いま人手たりないのよ」と言われました。");n();
t("「ラジカセと衣装はこの子に運んでもらうから」とさっきの男の子がラジカセの用意をはじめました。");n();
t("結構可愛い男の子だったので、もしかしたら今夜は思いがけない運命の日かしらと思って思って承諾しました。");n();
t("二人並んで旅館まで帰る道のりは、胸がどきどきして止まりませんでした。");n();
t("話を聞いてみると、やっぱり地元の高校をでたばかりの男の子でした。");n();
t("部屋に案内されると部屋の前にはさっきのマッサージ師さんが待っていました。");n();
t("中にはいると中年の男性が4人ほど待ちかまえていました。");n();
t("男の子はラジカセを置いてすぐでていってしまいました。");n();
t("踊りの間は外で待っているのだと私は思いました。");n();
t("マッサージ師さんがラジカセをつけてくれたので、さっきと同じモーニング娘を踊りました。");n();
t("これで終わりだ思っていたのですが、マッサージ師さんが、お布団を用意し始めました。");n();
t("なんなのかしらと思っていると、そこに横になるように言われました。");n();
t("するとマッサージ師さんは私の体をこねるように触り始めました。");n();
t("さっきの");h("女友達");
t("が受けたマッサージと同じでした。");n();
t("私の体は何度も反り返ると、がたがた震えてきました。");n();
t("マッサージ師さんは「あとは、おすきにしてください」と言うと、私を置いて部屋をでていってしまいました。");n();
t("私の周りの男性は、まだなにか続きでもあるのかと思ったらしく、そのまま私を見守っていました。");n();
t("私はたまりかねて「お願い、はやくして、」と大きな声で何度も叫びました。");n();
t("すると男たちは、立ち上がると私の体を取り囲みました。");n();
t691();
}
function t1452(){
c_l("1452");
t("私はすることもなく、温泉に入ってしばらく時間をつぶしました。");n();
t("しかしお湯でのぼせてきたので、温泉からあがって体をさましていました。");n();
t549();
t("一緒に温泉に入っていた、中年の女性が「どこからきたの、」と声をかけてきました。");n();
t("「東京からです」と返事をすると女性はいろいろと話を聞いてきました。");n();
t("私が部屋に戻れない理由を話すと「そうなの、それは大変ね」と変に作ったような明るい声で返事を返してきました。");n();
t("「それだったら私の部屋にこない、いま一人だけだから」と誘われて、私は行くところもないので、その女性の部屋に行きました。");n();
t("私はどうして");h("女友達");
t("が誘われて私じゃなかったのかと、何度も不満を漏らしました。");n();
t("「私だって、お願い、はやくしてと言わされたいのに」と繰り返すと。");n();
t("するとそのたびに「そうよね、ほんとにそう」と何度も相づちを打ってくれました。");n();
t("「それで、男性経験は何人位なの」と女性がすこし低い声できいてきました。");n();
t("私は何でも話していいやと思って「5人です」と適当に話を作って答えました。");n();
t("すると「どう、こうゆう写真興味あるでしょう」と言いながら、ポラロイド写真を何枚か、見せてくれました。");n();
t("それは、見たこともないような大きさの男性の写真でした。");n();
t("私が思わず息を飲んで写真を見ていると「お座敷ストリップで呼べば来てくれるのよ」、と言われました。");n();
t("女性向けのお座敷ストリップというのはこうゆうことなのねとやっと分かりました。");n();
t("すると「昨日東京から来た女子大生と一緒に、見たのよ、女の子だけでみても、おもしろいのよ、あなたも見たいでしょう」と言われました。");n();
t("女性が急に立ち上がって、電話をかけると「いまお座敷ストリップたのんだから」と言われてびっくりしました。");n();
t("しかしどうせ旅行にきたのだからなにか話題になる体験くらいはしたほうがいいと思いました。");n();
t("部屋に入ってきたのはラジカセをもった男性と、お化粧の濃い女性でした。");n();
t("ラジカセを持った男性は、さっきのマッサージの男性でした。");n();
t("お布団んに女性が横になると、ラジカセの音楽が始まりました。");n();
t("しかし、女性は踊る訳でもなく、お布団に横になったままでした。");n();
t("男性が女性の体をなで回すようにもみ始めました。");n();
t("さっきの");h("女友達");
t("の気持ちのよくなるマッサージと同じことが始まりました。");n();
t("女性が見るお座敷ストリップというのはこれのことかと、やっと納得しました。");n();
t("しかし、マッサージが終わったあともまだ続きがありました。");n();
t("マッサージの男性が、女性の体にのしかかると、腰を使い始めました。");n();
t("私は両手で顔を押さえながらも、男性の大きなものから目が離せませんでした。");n();
t("やがて女性が大きな声を何度もあげると、静かになりました。");n();
t("女性はお金を受け取ると部屋からでていきました。");n();
t("しかし、マッサージ師の男性はそのまま部屋に残りました。");n();
t686();
t("「あなたの番よ」と横に座った女性に言われて、私は男性だけ残った理由が、分かりました。");n();
t("急に胸がどきどきして止まらなくなり、膝が震え始めました。");n();
t("お布団に横になると「お願い、はやくして、」と大きな声を出しました。");n();
}
function t1453(){
c_l("1453");
t("温泉にはいろうと思って、ホールに出ると、露天風呂は10時からは混浴で女性もはいれるとポスターが貼ってありました。");n();
t("せっかく温泉に来たのだから、露天風呂にはいらなくちゃと思い、混浴でも気にしないと中に入りました。");n();
t("もう時間も遅いので温泉にはほとんど人影がありませんでした。");n();
t("しばらく温泉につかっていると、");h("男");
t("が入ってきました。");n();
t("これで部屋に帰れるのかしらと思っていると「一緒にいたらよかったのに、あのあと、お座敷ストリップを呼んでね」と");h("男");
t("が言います。");n();
t("なんだ私の思ってたようにはならなかったのねと分かって気分が安心しました。");n();
t("きっと");h("女友達");
t("は10時から露天風呂に入れるのを知らないのねと思って、私は");h("女友達");
t("を呼びに部屋に戻りました。");n();
t549();
t("しかし、部屋には誰もいませんでした。");n();
t("行き違いになったのかしらと部屋をでると、向かいの部屋で大きな男達の歓声が聞こえてきました。");n();
t("それにまじって女性の声も聞こえてきます。");n();
t("なにかしらと思って半分開いたまま戸口から中をのぞくと、中年の男性が数人座って見ている前で女性と男性が体を重ねているのが目に入りました。");n();
t("これが例のお座敷ストリップなのねと私は気がつきました。");n();
t("きっと");h("女友達");
t("は入れ違いに露天風呂に行ったのねと思って、露天風呂に戻ると");h("男");
t("がちょうど出てくる所でした。");n();
h("女友達");
t("来ませんでしたと私が聞くと");h("男");
t("は「");h("女友達");
t("だったら向かいの部屋でお座敷ストリップ見てるよ」と言います。");n();
t("私は");h("男");
t("と一緒に向かいの部屋に戻ると、もう一度部屋の中をドア越しにのぞきました。");n();
t("しかしストリップを見ているのは男性だけで女性は見あたりませんでした。");n();
t("すると");h("男");
t("は私をつれて部屋の中に入りました。");n();
t("女性の体にのしかかっている男性はさっきのマッサージ師さんでした。");n();
t("男達の横に座ると目の前のお座敷ストリップの女性の顔が見えました。");n();
t("間違いなく");h("女友達");
t("でした。");n();
t("「あのマッサージ師はおっきくて俺よりいいそうだ」と");h("男");
t("が私の耳元でささやきました。");n();
t("マッサージ師さんは私に気がつく、私を");h("女友達");
t("の上に押し倒してました。");n();
t686();
}
function t1454(){
c_l("1454");
t1444();
t1448();
t1450();
t4();
t1451();
t4544();
}
function t1455(){
c_l("1455");
t1444();
t1448();
t1450();
t4();
t1452();
t4439();
}
function t1456(){
c_l("1456");
t1444();
t1448();
t1449();
t1450();
t4();
t1453();
t4544();
}
function t1457(){
c_l("1457");
t1444();
t1445();
t1447();
t4465();
}
function t1458(){
c_l("1458");
t1444();
t1445();
t1446();
t4296();
}
function t1459(){
c_l("1459");
as1459=new Array("1454","1455","1456","1457","1458");
e_l(as1459);
}
function t1460(){
c_l("1460");
t("しばらくしていつもの午後に");h("女の子");
t("の部屋に行ってみると");h("女の子");
t("がベッドに俯せになって泣いていました。");n();
t("私はいったいどうしたらいいのか判らずにしばらく");h("女の子");
t("のベッドの横に立ったまま動けませんでした。");n();
h("女の子");
t("が腰を上下に揺すぶりながら変な動きを繰り返すと息を吐き出しながら喘ぎ声をだしはじめました。");n();
}
function t1461(){
c_l("1461");
t("私はびっくりして部屋をでましたが、家庭教師の仕事をサボる訳にもいかないのでしばらくしてもう一度部屋に戻りました。");n();
h("女の子");
t("は机に向かって参考書を広げていましたが目には涙の後がはっきりと見えました。");n();
t("私は");h("女の子");
t("の心を助けるのも家庭教師の役目だと思って思い切って「何か悩んでる事があったら私が聞いて上げるから、何でも言っていいのよ」と優しい声で話しかけました。");n();
}
function t1462(){
c_l("1462");
t("すると");h("女の子");
t("は「毎朝痴漢に遭って困ってるんです」と今にも泣き出しそうな顔で私に告白してくれました。");n();
t("「痴漢て女の子なら誰でも経験することだから、そんなに気にしなくてもいいのよ」と私が慰めると「先生も、今でも痴漢に遭ってるんですか」と聞き返されました。");n();
t("「私もさっき痴漢にあったのよ、痴漢て本当にいやよね」と私は");h("女の子");
t("を慰めようと作り話をしました。");n();
t("すると");h("女の子");
t("に「どんなことされたんですか、お尻触られたんですか」と聞かれました。");n();
t("「うんそうよ、お尻触られたの」と私が答えると「気持ち良かったんですか」と");h("女の子");
t("に言われて私は返事に困ってしまいました。");n();
t("「今まで痴漢にされた一番凄い事ってどんなことですか、一番気持ちよかったのは」とまた");h("女の子");
t("が言い出すので私は話しの矛先を変えようと思い「お母さんには相談したの」と聞いてみました。");n();
t("「お母さんには話せないから、ずっと前ちょっとだけ話したら、あなたが悪いんでしょうと言われたから」と俯き加減に打ち明けてくれました。");n();
t("「学校の先生には相談してみたの」と聞いても");h("女の子");
t("は頭を振るだけで返事をしませんでした。");n();
}
function t1463(){
c_l("1463");
t("「先生、私もう学校に行くのやです、明日の朝は地下鉄の電車に乗りません」と");h("女の子");
t("に言われて私は困った事になったと気が重くなりました。");n();
t("私のせいで");h("女の子");
t("が学校に行かなくなったなんて話しになればせっかくのバイトが駄目になってしまいます。");n();
t("「大丈夫、明日は私が一緒に地下鉄に乗って上げるから、一緒に学校に行きましょうね」と私がとっさに思いついて");h("女の子");
t("に言ってみると");h("女の子");
t("は安心したらしくて微笑みました。");n();
t("一緒に通学してる同じ学校の生徒だと痴漢に思われた方がいいからと");h("女の子");
t("が私に学校の制服を一着貸してくれることになりました。");n();
t("「痴漢を捕まえるには痴漢の現場を捕まえないといけないから、痴漢に警戒されないようにしないといけないから」と");h("女の子");
t("が言うのでそれももっともだと私は思いました。");n();
}
function t1464(){
c_l("1464");
t543();
t("翌朝早くに私が");h("女の子");
t("の家の前で待っていると");h("女の子");
t("が玄関から出てきました。");n();
t("私は");h("女の子");
t("のスカートの丈を見て本当にびっくりしてしまいました。");n();
t("もともと短い制服のスカートを腰で丸めて、歩くたびに");h("下着");
t("が見えてしまいそうなくらい危ない格好でした。");n();
t("二人で地下鉄の駅まで行くと、他の高校の女子高生達も");h("女の子");
t("と同じくらいスカートが短くてまたまたびっくりしてしまいました。");n();
t("一緒に地下鉄に乗るとすぐに他の乗客に押されてドアの角に身体を押しつけられてしまいました。");n();
}
function t1465(){
c_l("1465");
t("しばらく電車が走っていると");h("女の子");
t("が苦しそうな顔で助けを求めてる表情で私の目を見つめてきました。");n();
h("女の子");
t("が痴漢に遭ってるに違いないと私はすぐに気が付きました。");n();
}
function t1466(){
c_l("1466");
t("私は乗客の間に身体を割り込ませて");h("女の子");
t("に近づくと");h("女の子");
t("のお尻を触っている痴漢の手を掴みました。");n();
t("「この人痴漢です」と大声を出そうと思って痴漢の顔を確かめると見覚えのある顔だとすぐに気が付きました。");n();
t601();
t("私と同じに");h("女の子");
t("の家庭教師をしている近所の大学の");h("男");
t("でした。");n();
h("男");
t("が不思議そうな顔で私の");h("上の表着");
t("を見つめているので私ははっとしました。");n();
t("なんで私が");h("上の表着");
t("を着ているのか、不審に思うのももっともな話しだと自分でも思えてきました。");n();
t("ちょうど電車のドアが開いたので私は");h("男");
t("の手を引っ張ってホームに降りました。");n();
h("男");
t("は特に私に逆らう素振りも見せずに私に手を引かれて一緒にホームを歩き始めました。");n();
}
function t1467(){
c_l("1467");
t("「いったいどうゆうことなんですか」と私は歩きながら");h("男");
t("に小声で囁きました。");n();
t("「そっちこそいったいどうゆう事なんだ、女子大生の癖に");h("上の表着");
t("なんか着やがって、女子高生の格好で痴漢に遭いたくて電車に乗ってるって噂はお前だろう」と");h("男");
t("に飛んでもない言い掛かりを付けられてしまいました。");n();
t("うっかり大学の友達に私が痴漢に遭いたくて女子高生の格好をして地下鉄に乗ってるなんて言いふらされたらそれこそ大変な事になるのは分かり切った事です。");n();
t("「痴漢はあなたでしょう、あなたが痴漢なのよ」と私が言い返すと「でかい声だすんじゃねえ、痴漢に遭いたいのはお前の方じゃないかそれで");h("上の表着");
t("きてるんだろう、なんで");h("下の表着");
t("がそんなに短いんだ");h("下着");
t("丸見えだろう」とまた言い返されて何も言えなくなりました。");n();
}
function t1468(){
c_l("1468");
t("大通りから裏道に入るとすぐ目の前にラブホテルの看板が見えました。");n();
}
function t1469(){
c_l("1469");
t("「いいから一緒にこいよ、面白い物みせてやる、見ればあの");h("女の子の劣称");
t("がどんな女かすぐ判るぜ」と");h("男");
t("が言うと改札口を出て勝手に先に歩き出しました。");n();
t("私は");h("男");
t("の手を掴んだまま慌てて");h("男");
t("の後から付いて行きました。");n();
t1468();
t("私はさすがに");h("男");
t("と一緒にラブホテルに入るのは不味いと思いましたが「いいから一緒に来いよ、見ればすぐ判るから、それとも痴漢に遭いたくて");h("上の表着");
t("を着て地下鉄に乗ってるって");h("女の子の劣称");
t("の母親に報告してもいいのか、そうしたら家庭教師なんかすぐに首になるぜ」と");h("男");
t("に脅されて断れませんでした。");n();
t("「一緒に入っても良いけど、変なことしないで」と私が言うと「面白いビデオがあるんだ、ビデオ見せるだけで何もしないから。変なことなんかしないから大丈夫」と");h("男");
t("が言ってくれました。");n();
}
function t1470(){
c_l("1470");
h("男");
t("は鞄から小さな携帯のビデオプレーヤを出すとラブホテルの部屋に置いてある大きなプラズマテレビに接続しました。");n();
t("テレビが見やすいようにと私はベッドの端に");h("男");
t("と一緒に座りました。");n();
}
function t1471(){
c_l("1471");
t("すぐに画面一杯に");h("女の子の上の表着");
t("を着た女子高生がベッドに寝そべっている姿が映りました。");n();
t("女の子はやっぱり");h("女の子");
t("で、ベッドの上にオナニーしてるのを隠し撮りしたビデオらしいと判りました。");n();
}
function t1472(){
c_l("1472");
t("それなら大丈夫だと思って私は");h("男");
t("とラブホテルの部屋に入りました。");n();
t1470();
t1471();
t("大きな声で何度も叫び声を上げると、今度は身体が震わせて泣き出したりして");h("女の子");
t("のしてる事はとても見ていられませんでした。");n();
t("「もう止めて下さい」と私が思わず大きな声で口に出していうと「もっと面白い物があるんだぜ」と言って");h("男");
t("はビデオのプレーヤーを操作しました。");n();
t("今度は");h("女の子");
t("が丸裸になって赤い縄で縛られているのを真上から撮ったビデオでした。");n();
h("女の子");
t("が頭を振って何度も身体を仰け反らせているのを見てこれはあのハメ撮りビデオらしいと私は気が付きました。");n();
t("ビデオを撮影してるのは");h("男");
t("本人らしくて、");h("男");
t("はにやにやと笑いながら私の背中に手を回してきました。");n();
t("「放して下さい」と私が");h("男");
t("の手を振り解こうとすると「お前も同じ目に遭わしてやるぜ」と");h("男");
t("が吐き出すように私の耳元で囁いてきました。");n();
}
function t1473(){
c_l("1473");
as1473=new Array("1474","1475","1476");
e_l(as1473);
}
function t1474(){
c_l("1474");
t("私は必死でベッドから立ち上がろうとしましたが、すぐに");h("男");
t("にベッドの上に押し倒されました。");n();
t4439();
}
function t1475(){
c_l("1475");
t1480();
t4();
t1481();
t1482();
t1483();
t1484();
t4439();
}
function t1476(){
c_l("1476");
t1480();
t4();
t1477();
t1478();
t1479();
t4439();
}
function t1477(){
c_l("1477");
t("ラブホテルの玄関を出てからすぐに駅に戻ろうとしましたが鞄をラブホテルの部屋に置き忘れたのを思い出しました。");n();
t("鞄の中にはお財布や定期入れや学生証が入ってるのでこのまま帰るわけにはいきませんでした。");n();
t("私はラブホテルの横の小道に隠れてラブホテルの様子をしばらく眺めていましたが");h("男");
t("が出てくる様子はありませんでした。");n();
t673();
t("どうしようかと思っていると急に後から「姉ちゃん、いくらでやらせるんだ」と声を掛けられてびっくりしました。");n();
t("後を振り返るとまだ若い男の子が二人私のすぐ前に近寄ると「いい身体してるじゃないか、いつも此処で商売してるんだろう」と言いながら手を伸ばして私のお尻を撫で回してきました。");n();
t("私は思わず「やめて下さい」と叫んで飛び上がって逃げようとしましたが");h("男");
t("が素早く私の手を掴んでねじり上げてきました。");n();
t("私は腕が痛くて身動きができずなくて大人しくするしかありませんでした。");n();
}
function t1478(){
c_l("1478");
t("腕をねじり上げられたまま数歩あるくと、目の前にワゴン車が止まって後のドアが開きました。");n();
t("「いいから大人しくしろ、すぐ済むから」と");h("男");
t("に言われて私は気が遠くなりました。");n();
t("ワゴン車が走り出すと私の腕を捻りあげながら");h("男");
t("の舌が私の唇を嘗め回してきました。");n();
t("私は顔をそらして逃げようとしましたが、頭を押さえつけられて");h("男");
t("の舌から逃げられませんでした。");n();
h("男");
t("の手が私の顎を掴んで口を開かせると、舌先を私の唇の間から入れてきました。");n();
t("生暖かい");h("男");
t("の舌先が私の舌と絡み合うと私は頭が熱くなって身体から力が抜けていきました。");n();
}
function t1479(){
c_l("1479");
t("しばらく走ったあとワゴン車が止まると「デリヘル女だぜこいつ、さっさとやっちまえ」と");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
}
function t1480(){
c_l("1480");
t("私は必死でベッドから立ち上がると、思い切って");h("男");
t("の股間を蹴飛ばしました。");n();
t("上手く急所に当たったらしくて、");h("男");
t("がベッドの上でのたうち回るのを見て私はラブホテルから逃げ出しました。");n();
}
function t1481(){
c_l("1481");
t("ホテルの玄関をでるとちょうど目の前をタクシーが通りがかったので私はすぐにタクシーを止めました。");n();
t("ドアが開いたのですぐに私はタクシーに乗り込むと「どこでもいいからすぐ行って下さい」と叫んでいました。");n();
t("タクシーが動き出すと私はこれで一安心と思って何度も大きく息を吐き出しました。");n();
t665();
t("「所でお客さん、どこに行かれます」と運転手に聞かれて私はひとまずタクシーでアパートまで帰ろうと思いました。");n();
t("タクシーの運転手にアパートの住所を伝えると、タクシーの運転手は返事もせずにすぐ横の角を曲がりました。");n();
}
function t1482(){
c_l("1482");
t("しばらく大通りをタクシーが走っていくと、見慣れたスーパーが見えてきました。");n();
t("タクシーは細い道に入ると私のアパートの前で止まりました。");n();
}
function t1483(){
c_l("1483");
t("私は財布を出そうとして大変なことに気が付きました。");n();
t("さっきのラブホテルに鞄を置き忘れてしまって、財布はその鞄の中でした。");n();
t("「お金もってきますから、ちょっと待ってて下さいね」と私がタクシーを降りようとすると運転手も一緒に降りて付いてきました。");n();
t("「私も一緒に行きますから、いやお金を持ってくるからといって逃げちゃうお客さんがいるんでね。いやお客さんの事を言ってるんじゃないでよ」とタクシーの運転手に言われて断れませんでした。");n();
t("確かにお金を取りに行ってくるからと言ってタクシーの運転手を騙して無賃乗車する人がいるというのもありそうな話しだと私は納得しました。");n();
t("運転手と一緒にアパートのドアの前まで来ると、私はアパートの鍵をさっきのラブホテルの鞄の中に財布と一緒に置き忘れたのに気が付きました。");n();
t("郵便受けに予備の鍵を入れて置いたのを思い出して部屋のドアの鍵を開けると、お金を探しましたがタクシー代には足りませんでした。");n();
}
function t1484(){
c_l("1484");
t("私がお金を探すのに手間取っているといつのまにかタクシーの運転手が部屋に上がって、私の背後に立っているのに気が付きました。");n();
t("運転手が部屋の隅でなにか見つけた様子でしたがお金が落ちてるはずはありませんでした。");n();
t4102();
t("「お客さん女子高生の格好してるけど、本当はデリヘル女なんだろう、女子高生がこんな部屋に住んでる訳ないかららね」");n();
t("「タクシー代は身体で払って貰えばいいから、金が無いときはいつもそうしてるんだろう」と私の耳元で");h("男");
t("が囁く声が聞こえました。");n();
t("私は必死で身体を捩って部屋から逃げ出そうとしましたがすぐに");h("男");
t("押し倒されました。");n();
}
function t1485(){
c_l("1485");
t("痴漢の手を押さえようと私が");h("女の子");
t("の方に近寄ろうとしたとき、私のすぐ前に男が身体を押しつけてきました。");n();
t("私が身体を捩って男を避けようとしましたが男は私の正面から退こうとはしませんでした。");n();
t("男の手がすぐに私の");h("下の表着");
t("の下から");h("下着");
t("を指で掴んできました。");n();
t("今度は私が痴漢に遭ってるんだと気が付いたときはもう手遅れでした。");n();
t("私のすぐ背後から別の痴漢が私のお尻を撫で回してくると私はもう逃げられませんでした。");n();
t("大声をだして叫ぼうと思っても喉の奥が凍り付いたように声が出せませんでした。");n();
}
function t1486(){
c_l("1486");
h("女の子");
t("の学校のある駅でドアが開くと、");h("女の子");
t("は他の女子高生達と一緒にホームに降りましたが私は痴漢に押さえつけられたまま逃げられませんでした。");n();
t("電車にはまた乗客が一杯乗り込んできて私は周りを痴漢に囲まれてとても逃げ出せませんでした。");n();
t("電車が終点の池袋まで来ると痴漢達は他の乗客と一緒にみんな降りて私一人が取り残されました。");n();
t("駅のホームには折り返しの電車に乗る乗客が一杯並んでいました。");n();
}
function t1487(){
c_l("1487");
t("私は慌てて電車を降りると、改札口をでてどこでもいいからと思って地下鉄の駅の階段を上がりました。");n();
t("見かけたことのない大通りにでると、いきなり後から手を掴んで引き寄せられました。");n();
t("いつのまにかさっきの痴漢に追跡されていたんだと判って私は背筋が寒くなりました。");n();
t("痴漢の男が私の左右に並んで私の手をしっかりと押さえつけると、もう一人の痴漢が私の後から");h("下の表着");
t("の下に手をいれて");h("下着");
t("を掴んで引っ張り上げてきました。");n();
t("私は身体が半分浮いてつま先立ちになって、後から背中を押されるとやっとの事で前に歩くことしかできませんでした。");n();
t("大通りには通勤の人影も大勢いましたが皆知らん顔で通り過ぎるだけでした。");n();
}
function t1488(){
c_l("1488");
as1488=new Array("1489","1490");
e_l(as1488);
}
function t1489(){
c_l("1489");
t("裏通りをしばらく歩くと、すぐラブホテルの看板が見えてきました。");n();
t("痴漢達にラブホテルに連れ込まれるんだと判っていてもとても逆らえませんでした。");n();
t("受付で助けを呼ぼうとしましたが、受付には押しボタンのある看板があるだけで人影はありませんでした。");n();
t3649();
t4544();
}
function t1490(){
c_l("1490");
t("裏通りをしばらく歩くと、私は止まっていた車の後の座席に連れ込まれました。");n();
t("座席の左右には痴漢の男達が座って、私の身体をしっかりと押さえつけて逃げられませんでした。");n();
t("車が動き出すとすぐに高速にのって郊外へと走り出しました。");n();
t("高速を降りると車は大通りをしばらく走って横道に入りました。");n();
t("すぐ目の前にラブホテルが見えて、車はラブホテルの駐車場に入りました。");n();
t("車を降りるとき私はなんとか逃げだそうともがきましたが痴漢の男にしっかりと掴まれて身動きもできませんでした。");n();
t3649();
t4544();
}
function t1491(){
c_l("1491");
t4();
t1395();
t470();
t1430();
t1460();
t1461();
t1462();
t1463();
t4();
t1464();
t1465();
t1466();
t1467();
t1469();
t1472();
t1473();
}
function t1492(){
c_l("1492");
t4();
t1395();
t470();
t1430();
t1460();
t1461();
t1462();
t1463();
t4();
t1464();
t1465();
t1485();
t1486();
t1487();
t1488();
}
function t1493(){
c_l("1493");
t4();
t1803();
t1495();
t4();
t1496();
t1498();
t1500();
t1503();
t4294();
}
function t1494(){
c_l("1494");
t4();
t1803();
t1495();
t4();
t1497();
t1499();
t1501();
t1502();
t183();
t4465();
}
function t1495(){
c_l("1495");
h("女友達");
t("が「ちょっと困ったことがあって、");h("私の愛称");
t("に頼みたいことがあるの」と私に言います。");n();
t("「なんでも言ってね」と私が答えると、今度の秋のコーラス部のコンサートなんだけれど、会場の予約金を払わなければいけなくて。私が行けないから、代わりに払ってほしいの」との話でした。");n();
t("私はそんなことくらい簡単にできるからと「心配しないで、私がやっとくから」と答えました。");n();
t("すると");h("男");
t("が「これ通帳とキャッシュカード」と言って、");h("女友達");
t("の名義の通帳を渡してくれました。");n();
t("「コーラス部の名義を通帳を作ろうとおもったんだけど、銀行で断られてね、私の名前の通帳なの、暗証番号は私の誕生日にしてあるから」と言われて私は通帳の金額を確かめました。");n();
t4();
t("支払いの当日になって、市役所の窓口に行く前に銀行によってお金をおろそうとしました。");n();
t("しかし何度やってもお金がでませんでした。");n();
t("銀行の係りの人に聞くと「残高不足でおろせません」と言われました。");n();
t("「そんなことありません」と、私が通帳を見せると、係りの人は、通帳を受け取り記帳してから私に見せてくれました。");n();
t("通帳には数百円の残高しかありませんでした。");n();
t("私がびっくりしていったいなにがあったのか分かりませんでした。");n();
t("しかしおろされた金額の日付をよくよく見ると、私が通帳を");h("女友達");
t("からもらった当日でした。");n();
t("私はどうにか筋書きが分かってきました。");n();
t("暗証番号は");h("女友達");
t("の誕生日なので");h("男");
t("なら、知ってるはずだし、記帳さえしなければすぐには分からないはずでした。");n();
t("私が勝手にお金を使い込んだ事にすれば、");h("男");
t("は知らんぷりで押し通せると思ったにちがいありません。");n();
}
function t1496(){
c_l("1496");
t("私は");h("男");
t("に電話して、どうしても相談したいことがあるからと、大学の近くのロッテリアに来てもらうように話しました。");n();
}
function t1497(){
c_l("1497");
t("私はすぐに先輩に相談することにしました。");n();
t("先輩が");h("男");
t("を呼び出して直談判する事になりました。");n();
}
function t1498(){
c_l("1498");
t("午後になって大学の近くのロッテリアで、");h("男");
t("を待ちました。");n();
t("通帳を目の前に突きつけて、問いただすと、");h("男");
t("は開き直った様子で「返せばいいんだろう」と答えました。");n();
t("私はやっぱりと思いました。");n();
}
function t1499(){
c_l("1499");
t("午後になって大学の近くのロッテリアで、私と先輩が");h("男");
t("を待ちました。");n();
t182();
t("通帳を目の前に突きつけて、問いただすと、");h("男");
t("は開き直った様子で「返せばいいんだろう」と答えました。");n();
t("私はやっぱりと思いました。");n();
}
function t1500(){
c_l("1500");
t("「いま友達に金をもって来させるから」と");h("男");
t("は誰か友達に電話していました。");n();
t("近くの公園に届けにくるからと、私は");h("男");
t("と一緒に公園にいきました。");n();
t("しばらくたって数人の");h("オトコ");
t("が公園の入り口に現れました。");n();
t("私はお金を返してくれるものとばかり思っていました。");n();
}
function t1501(){
c_l("1501");
t("「いま友達に金をもって来させるから」と");h("男");
t("は誰か友達に電話していました。");n();
t("近くの公園に届けにくるからと、私と先輩は");h("男");
t("と一緒に公園にいきました。");n();
t("しばらくたって数人の");h("オトコ");
t("が公園の入り口に現れました。");n();
t("私はお金を返してくれるものとばかり思っていました。");n();
}
function t1502(){
c_l("1502");
t("しかし男達は私と先輩を取り囲むと、すぐそばの身体障害者用のトイレに連れ込みました。");n();
t("「金はお前らがかってにネコババしたんだ、お前らがな」と");h("男");
t("が大きな声で脅すように言うと、先輩が「なにいってるのよ、いいかげんにしなさいよ」と怒鳴り返しました。");n();
}
function t1503(){
c_l("1503");
t("しかし男達は私を取り囲むと、すぐそばの身体障害者用のトイレに連れ込みました。");n();
t("「金はお前がかってにネコババしたんだ、お前らがな」と");h("男");
t("が大きな声で脅すように言うと。");n();
t("私の髪を掴んで揺さぶるように動かしました。");n();
}
function t1504(){
c_l("1504");
level_up("1510");
t1508();
}
function t1505(){
c_l("1505");
level_up("1511");
t1508();
}
function t1506(){
c_l("1506");
level_up("1513");
t1508();
}
function t1507(){
c_l("1507");
level_up("1512");
t1508();
}
function t1508(){
c_l("1508");
t4();
t1936();
t1509();
}
function t1509(){
c_l("1509");
as1509=new Array("1510","1511","1513","1512");
e_l(as1509);
}
function t1510(){
c_l("1510");
t1803();
t1514();
t1515();
t1516();
t1519();
t1520();
t1521();
}
function t1511(){
c_l("1511");
t1803();
t1514();
t1515();
t1516();
t1519();
t1520();
t1522();
t1523();
}
function t1512(){
c_l("1512");
t1803();
t1514();
t1515();
t1516();
t1519();
t1520();
t1524();
}
function t1513(){
c_l("1513");
t1803();
t1514();
t1515();
t1516();
t1519();
t1525();
}
function t1514(){
c_l("1514");
t4();
t48();
h("女友達");
t("が「どうしても");h("私の愛称");
t("に頼みたいことがあるの」と私に言います。");n();
t("「なんでも言ってね」と私が答えると「今度彼が");h("スポーツ");
t("の試合にでるんだけれど、その時の応援のチアガールを私頼まれていて、私がいないと人数が足りなくて困るの」応援の練習はもうしてあって、一人でも欠けるとフォーメーションを変えなければいけないから、練習をやり直さなければいけないの。私が欠けてみんなに迷惑かけられないから");h("私の愛称");
t("代わりにでて欲しいの」と頼まれました。");n();
}
function t1515(){
c_l("1515");
t("試合の当日私は借り物のチアガールの衣装を着て応援をしました。");n();
t("しかし彼氏のチームはかなりの大差で負けてしまいました。");n();
}
function t1516(){
c_l("1516");
t1517();
t1518();
}
function t1517(){
c_l("1517");
t("試合が終わったのでもう帰ろうとすると応援団の男の子に引き留められました。");n();
t("「これから反省会やるからまだ帰るんじゃない」と乱暴に命令されました。");n();
t("女の子達も集まって反省会が始まると、応援団長の男の子が「応援に心がこもってないから負けたんだ、みんな反省しろ。特にお前なんだあの応援は」と私が名指しで非難されました。");n();
t("チアリーダーの女の子の一人が「");h("私の愛称");
t("は代役で練習ができなかったから」とかばってくれました。");n();
t("しかし「そんなこと理由にならん、お前らがたるんでるからだ」と怒鳴り返されました。");n();
}
function t1518(){
c_l("1518");
t("「お前ら共同責任だから一時間正座しろ」と応援団長が命令しました。");n();
t("女の子達は衣装のまま一斉にグランドに座り始めました。");n();
t("私はあまりの馬鹿馬鹿しさに「私帰ります」と言ってさっさと帰ろうとしました。");n();
t("すると応援団長はいきなり私の顔を平手で殴りつけてきました。");n();
t("私はその場に倒れ込んで泣き出しました。");n();
t("女の子達は正座したまま身動きもせずに、ことの成り行きを自分には関係がないような顔で見守っていました。");n();
t("私はとても逆らえないと思いほかの女の子と一緒にグランドに正座しました。");n();
t("とても一時間はがまんできそうにないと思って座っていると、私の足はすぐに痛くなってきました。");n();
t("とても我慢できないと思い、立ち上がろうを思いましたがまた殴られると思い必死で我慢を続けました。");n();
t("すると");h("スポーツ部");
t("の一年生グランドの整備をしていて私たちが座っている場所の近くまでローラーを押してきました。");n();
h("スポーツ部");
t("の一人がこちらにやってきて「グランド整備のじゃまだからどいてくれ」と言われ私たちはやっと立ち上がることが許されました。");n();
}
function t1519(){
c_l("1519");
t4();
t("翌日私は大学に行くと");h("スポーツ部");
t("のマネージャーをしている先輩に事情を話しました。");n();
t("すると「まだそんなことやってるの、あの応援部の連中、私から");h("スポーツ部");
t("の部長に一言いっとくようにたのんどくから」と言ってくれました。");n();
t("私はもうチアガールはやらないつもりでしたがやっぱり人数がたりないのでなんとか来て欲しいと言われ次の練習に行きました。");n();
}
function t1520(){
c_l("1520");
t("練習がすんで帰ろうとすると女の子の一人にちょっと話があるから来て欲しいと言います。");n();
t("なんだろうと思ってグランドのすみの建物に案内されると応援団の男の子達が私を待っていました。");n();
t("「お前は生意気なんだよ、生意気な女はどうするか教えてやる」と言って私を取り囲みました。");n();
t("私は両腕をつかまれて四つん這いにされました。");n();
t("口には汚れたタオルをくわえさせらてました。");n();
t("応援団がいつも根性棒と呼んでいる竹刀のような棒をもって私の後ろに男の子が立ちました。");n();
t("それから応援団の男の子達が一斉にかけ声をかけながら私のお尻に根性棒を打ち下ろしてきました。");n();
t("私は叫び声をあげようとしましたが口にくわえたタオルのせいでうめき声しかでませんでした。");n();
t("根性棒は私の悲鳴には関わりなく繰り返し私のお尻に打ち下ろされてきました。");n();
t("私はもうとても耐えきれなくて涙を流してがんばりました。");n();
t("もう絶対こんなこと許さないからと思いながら激しい痛みに耐えつづけました。");n();
t("気を失いそうにまで打ち下されたころやっと応援団のかけ声がやみました。");n();
}
function t1521(){
c_l("1521");
t("タオルがはずされると私は「すぐ学校に届けて、廃部にしてもらいますから」と叫びました。");n();
t("すると応援団の男の子達はすこしあわてたようすで「これは、応援部の伝統の行事で、新人はかならず一度は、体験することになっているから。女の子の時はあまり力を入れずにやることになってるから大したことはないはずだし」と言い出しました。");n();
t("私はそんな話しは知ったものかと思い「絶対廃部にしてもらいます」と言い張りました。");n();
t("すると「どうしても大学に届けるんか、なんとか勘弁してもらえないか」と言われました。");n();
t("私は「絶対だめです」と答えると応援部の男の子達は困った様子で相談していました。");n();
t("それから応援団の団長が私に向き直ると今度は「じゃあ、届けでなどできないようにするしかないな」と私に向かって言いました。");n();
t668();
t("私は一瞬なんのことかしらと思いました。");n();
t("しかし私の両手はさっきと同じように押さえつけられました。");n();
t("応援団長が私の前に立つと学生服のズボンのチャックをおろしました。");n();
t4294();
}
function t1522(){
c_l("1522");
t("タオルがはずされると「もう二度と告げ口しないな。いやならもっと痛い目にあわせてやるからな」と脅されました。");n();
t("「もう絶対告げ口などしません」と何度も約束して私はやっと許してもらえました。");n();
}
function t1523(){
c_l("1523");
t("建物をでると私はすぐに");h("スポーツ部");
t("の部室に行き先輩を捜しました。");n();
t("先輩は試合の打ち合わせで、");h("スポーツ部");
t("のマネージャー会議がちょうど終わったところでした。");n();
t("「すぐに来て下さい」と言って私はさっきの建物まで先輩の手を引いて戻りました。");n();
t("そこにはまだ男の子達が残って掃除をしていました。");n();
t("私は応援団の部長を見つけると「ここでさっき酷いことされたんです」と先輩に言いつけました。");n();
t668();
t("「いったい、あなたたちなにをしたのよ」と先輩が応援団長に詰め寄りました。");n();
t("すると「お前が一番なまいきなんだ」と怒鳴り出すと、さっきのかけ声をかけました。");n();
t("すると一斉に応援団の部員が周りに並んで同じようなおかしな声を出し始めました。");n();
t("それから先輩の両手が押さえられ四つん這いにされました。");n();
t("さっきの根性棒が先輩のお尻に叩きおろされました。");n();
t("先輩は悲鳴を上げましたがすぐに先輩の口にはタオルが押し込まれました。");n();
t("ようやく叩くのが終わると先輩は床に倒れ込んで泣きだしました。");n();
t("しかしすぐに泣きやむと「あなたたち、応援部は廃部にしてもらいますから、私の友達はここの学部長のお嬢さんなんだから、どうなるかわかってるわね。あなたたち、みんな退学よ」するとそれを聞いた応援団長は「まだ分からないようだな、分かるまで痛い思いしてもらうからな」と言ってまた号令をかけました。");n();
t("するとさっきと同じように男の子達は先輩を押さえつけました。");n();
t("そして先輩の前に応援団の団長が立つとズボンのチャックを降ろしました。");n();
t("「しゃぶらせて下さいと、お願いしろ」と団長が先輩に命令口調で言いました。");n();
t("「なに馬鹿なこと言ってんのよ」と先輩が言い返すと、その途端に根性棒が打ち下ろされました。");n();
t("何度も繰り返し打ち下ろされて先輩はとうとう「しゃぶらせて下さい」と言いました。");n();
t("「すると声が小さい」と言ってまた、根性棒が打ち下ろされました。");n();
t("先輩は何度も何度も大きな声で「お願い、しゃぶらせて下さい」と叫びました。");n();
t("すると団長はじゃあやってもらおうかと先輩の口元にもう大きくなった");h("男根");
t("を押入ました。");n();
t("先輩の口の中に出すと、団長は「次はお前の番だ」と言って私の前に立ちました。");n();
t4294();
}
function t1524(){
c_l("1524");
t1522();
t("私は先輩がマネージャー会議で学生会館に来ているのを思い出して、急いで先輩をさがしに行きました。");n();
t("しかし先輩はもう帰ったあとでした。");n();
t("ちょうど会議の議事録を整理している女の子を見つけました。");n();
t("彼女は先輩がこの間、口をきいてくれた学部長のお嬢さんでした。");n();
t("私は「ともかく来て下さい」と言って彼女をさっきの建物につれていきました。");n();
t("応援団長はまだほかの部員達とかけ声をかけて応援の練習をしていました。");n();
t("私が「ここで酷いことされたんです」と言うと彼女は応援団の部長となにか話していました。");n();
t668();
t("それから私の方にくると「このくらいの事でいちいち騒がないでね、内の応援団は昔からの伝統があるから、伝統を守ってるだけなんだから」と言ってすぐ出ていってしまいました。");n();
t("彼女がでていったあと応援団長は「告げ口はしないと、約束してもらったはずだよな」と言って私をまた四つん這いにしました。");n();
t("そして私の前に応援団の団長が立つとズボンのチャックを降ろしました。");n();
t("「しゃぶらせて下さいと、お願いしろ」と団長が命令口調で言いました。");n();
t("返事をしないでいると根性棒が激しく打ち下ろされてきました。");n();
t("私はたまらずに「しゃぶらせて下さい」と何度も叫んでいました。");n();
t4294();
}
function t1525(){
c_l("1525");
t("練習のあとチアリーダーの女の子達にカラオケに誘われました。");n();
t("なんでも応援部の男の子がアルバイトしてる店で、割引券で安くしてもらえるとの話でした。");n();
t("女の子は全部ただにしてくれるというので理由を聞いてみると「このあいだいろいろ迷惑かけたから、その埋め合わせだそうです」ということで、");h("スポーツ部");
t("のマネージャーをしている先輩も来るというので私も行くことにしました。");n();
t("カラオケの店は繁華街のなかで、中に案内されるともう男の子達がそろっていました。");n();
t("チアガールの女の子達はあとから来ると言われました。");n();
t("やがて先輩もほかの男の子に案内されて部屋に入りました。");n();
t182();
t("すると私を案内してきた女の子は「ちょっとトイレに行ってきますと」言って部屋を出ていきました。");n();
t("彼女が出ていくと男の子が二人ドアの前に立つと両手を後ろに組んで立ちました。");n();
t("これはなにか変ねと思いましたが別に気にする事もないと思い直しました。");n();
t668();
t("すると突然男の子達が全員立ち上がり応援団の団長がなにか号令をかけました。");n();
t("いっせいに「オッス」と言う声が部屋の中に異様に響きました。");n();
t("私は先輩と目を見合わせて様子をみていました。");n();
t("すると");h("男");
t("は「そこの二人、お前らなまいきなんだ、これから制裁してやる」と怒鳴りつけてきました。");n();
t("先輩はあわてて部屋から出ようとしましたが入り口の男の子に押し返されました。");n();
t("男の子達は先輩の両手をつかむと床に膝をつかせました。");n();
t("ほかの男の子達も私の両手をつかんで先輩の横に膝をついて並ばせました。");n();
t("「まずお前からだ」と");h("男");
t("が言うと先輩の前に立ってズボンのチャックを下げました。");n();
t("先輩は「こんなことしてどうなるのか分かってるの、退学させてもらいますから」とまだ強気な口調で");h("男");
t("に怒鳴り返しました。");n();
t183();
t4465();
}
function t1526(){
c_l("1526");
t4();
t1538();
}
function t1527(){
c_l("1527");
t4();
t2710();
t1535();
}
function t1528(){
c_l("1528");
t4();
t1832();
t1535();
}
function t1529(){
c_l("1529");
t4();
t1546();
}
function t1530(){
c_l("1530");
level_up("3672");
t1532();
}
function t1531(){
c_l("1531");
level_up("1534");
t1532();
}
function t1532(){
c_l("1532");
t4();
t515();
t1533();
t678();
t1535();
}
function t1533(){
c_l("1533");
as1533=new Array("1534","2710","1832","3672");
e_l(as1533);
}
function t1534(){
c_l("1534");
t1551();
t1552();
t1553();
t1554();
}
function t1535(){
c_l("1535");
as1535=new Array("1536","1537");
e_l(as1535);
}
function t1536(){
c_l("1536");
t1544();
t1538();
}
function t1537(){
c_l("1537");
t1545();
t1539();
}
function t1538(){
c_l("1538");
as1538=new Array("1540","1541");
e_l(as1538);
}
function t1539(){
c_l("1539");
as1539=new Array("1546","1547","1548");
e_l(as1539);
}
function t1540(){
c_l("1540");
as1540=new Array("1542","1543");
e_l(as1540);
}
function t1541(){
c_l("1541");
as1541=new Array("1549","1550");
e_l(as1541);
}
function t1542(){
c_l("1542");
t4();
t1557();
}
function t1543(){
c_l("1543");
t4();
t1558();
}
function t1544(){
c_l("1544");
t1555();
t1556();
}
function t1545(){
c_l("1545");
t1559();
}
function t1546(){
c_l("1546");
t4();
t1560();
}
function t1547(){
c_l("1547");
t4();
t1561();
}
function t1548(){
c_l("1548");
t4();
t1562();
}
function t1549(){
c_l("1549");
t4();
t1563();
}
function t1550(){
c_l("1550");
t4();
t1564();
}
function t1551(){
c_l("1551");
h("女友達");
t("からライブハウスに誘われました。");n();
h("女友達");
t("の好きなロックグループで場所は目黒の小さなライブハウスでした。");n();
}
function t1552(){
c_l("1552");
t("待ち合わせの駅で");h("女友達");
t("を待っていると男の子を紹介されました。");n();
t("前のクラブの合コンでみかけた男の子達でした。");n();
}
function t1553(){
c_l("1553");
t("会場は飲み屋さんの地下で、前の通りにはぎっしりと女の子達がならんでいました。");n();
t("時間が来て地下に降りると中は狭くて満員電車の様でした。");n();
t("しばらくして演奏が始まりましたが、大きい音でいっぱいに鳴り響き耳が変になりそうでした。");n();
}
function t1554(){
c_l("1554");
t("今度も終ったあとバンドのメンバーを打ち上げパーティをするとかで、小さな飲み屋に連れていかれました。");n();
t("お酒をのまされてしばらく待たされましたが、また来るのが遅くなるとかでした。");n();
h("女友達");
t("はどうしようかと迷っているようでした。");n();
t("夜遅くまで待ってもバンドの人たちは来ませんでした。");n();
}
function t1555(){
c_l("1555");
t("もう終電も終っていて帰り道どうしようかと");h("女友達");
t("と二人で迷っていると、男の子の友達のアパートが近くだからひとまずそこに行こうと言われました。");n();
}
function t1556(){
c_l("1556");
t("「アパートはすぐ近くで、狭い部屋で、そこで雑魚寝だ」と言われて押し込まれるように中にいれられてしまいました。");n();
t("男の子達は押入から毛布をだすと、私と");h("女友達");
t("に掛けて私達の両側に寝ころんでいました。");n();
t("電気を消すとあたりが静かになりました。");n();
t("私は眠ろうとしましたがなかなか寝つけませんでした。");n();
}
function t1557(){
c_l("1557");
t("半分目がさめたままで時がすぎていきましたが、いつのまにか隣の");h("女友達");
t("の腰の辺りの毛布が動いているのが見えました。");n();
t("暗くて見えなかったのですが、やがて目がなれると男の子の手が");h("女友達");
t("の腰の上に当てられゆっくり動いでいました。");n();
t("どうしようかと思っていると、私の腰にも手が当てられてきました。");n();
t("耳をすませていると、");h("女友達");
t("の苦しげな息ずかいが少しづつ大きく響いてきました。");n();
h("女友達");
t("の");h("下の表着");
t("が腰の辺りまでたくしあげられて、白い下着が薄暗いなかにうっすらと見えていました。");n();
v["手を握る時"]="挿入";
t4458();
}
function t1558(){
c_l("1558");
t("半分夢のなかで");h("女友達");
t("が私に抱きついて体をなで回してくるのに気がつきました。");n();
t("すこしづつ目がさめて見るとそれら");h("女友達");
t("のではなく");h("男");
t("の手でした。");n();
t("部屋は朝になってもうすっかり明るくなっていました。");n();
t("隣の");h("女友達");
t("にも腰の辺りに");h("男");
t("の手が動いていました。");n();
t("部屋には");h("女友達");
t("の苦しげな息使いが少しづつ大きな音で響いてきました。");n();
v["手を握る時"]="挿入";
t4458();
}
function t1559(){
c_l("1559");
t("もう終電も終っていて帰り道どうしようかと");h("女友達");
t("と二人で迷っていると、男の子の友達のマンションが近くだからひとまずそこに行こうと言われました。");n();
h("男");
t("に連れられていってみるとずいぶん高級なマンションで部屋は最上階でした。");n();
}
function t1560(){
c_l("1560");
t("夜景がきれいだからと言われてベランダに出ると、小さな庭くらいの広さのベランダでした。");n();
t("手すりに");h("女友達");
t("と並んで夜景をみていると、男の子達は部屋にもどってお酒を持ってきました。");n();
t("男の子にお酒の入ったグラスを薦められて私は仕方なく少しだけ飲みました。");n();
t("強いお酒だったらしくて私はすぐに目眩がして立っていられなくなりました。");n();
t("男の子が私の身体を抱きかかえると、私の脇腹をくすぐるように撫で上げてきました。");n();
h("女友達");
t("が「止めて下さい」と大声をだして叫ぶのが聞こえて私はこれは大変なことになりそうだと寒気がしました。");n();
t("男の子は私の身体を撫で回しながら私の唇を奪おうと顔を近づけてきました。");n();
t("私が顔を背けようとすると、今度は男の子の舌先が私の首筋を責めてきました。");n();
t("私が身体を捩って男の子に背を向けると今度は男の子の両手が後から私の胸を抱きかかえるようにして揉んできました。");n();
t("息苦しくて思わず大きく息を吐き出すと「感じてやがるぜこの女」と男の子が耳元で囁いてきました。");n();
t("男の子の手が私の乳首を探り当てると、小刻みに指先を震わせながら捻り上げてきました。");n();
t("もう逃げられないと思うと私は身体の力が抜けてベランダの手摺りに両手をつきました。");n();
v["場所"]="ベランダ";
v["手をつく所"]="ベランダの手すり";
t4462();
}
function t1561(){
c_l("1561");
t1565();
t1566();
t1567();
t1574();
t1575();
t4336();
t4333();
}
function t1562(){
c_l("1562");
t1565();
t1576();
t1577();
t4544();
}
function t1563(){
c_l("1563");
t1579();
t1581();
t1568();
t1574();
t1575();
t4336();
t4333();
}
function t1564(){
c_l("1564");
t1579();
t1580();
t1578();
t4544();
}
function t1565(){
c_l("1565");
h("女友達");
t("が歯ブラシを買いに行くというので、二人で近くのコンビニに行きました。");n();
t("替えの下着も買ったほうがいいと");h("女友達");
t("が言うので花柄の下着を買いました。");n();
}
function t1566(){
c_l("1566");
t("マンションに戻って下着を取り替えようとすると私が買ってきたのは男物の下着でした。");n();
t("私はしかたなくもう一度コンビニに行って今度は間違えずに女物を買いました。");n();
}
function t1567(){
c_l("1567");
t1569();
t1571();
t1572();
}
function t1568(){
c_l("1568");
t1570();
t1571();
t1572();
h("女友達");
t("は「やめて下さい。お願い」と何度も叫び声を上げました。");n();
}
function t1569(){
c_l("1569");
t("マンションに帰ると、玄関を開けた途端、");h("女友達");
t("の悲鳴のような声が聞こえてきました。");n();
}
function t1570(){
c_l("1570");
t("アパートに帰ってドアを開けようとするとなかの様子がおかしいのにきがつきました。");n();
}
function t1571(){
c_l("1571");
t("あわてて部屋にはいると");h("女友達");
t("は絨毯の上に四つん這いになり、男の子達が前と後ろから");h("女友達");
t("の体押さえつけていました。");n();
}
function t1572(){
c_l("1572");
as1572=new Array("1573");
e_l(as1572);
}
function t1573(){
c_l("1573");
t("私はどうしていいのかわからずにその場に立ちつくしていました。");n();
}
function t1574(){
c_l("1574");
h("女友達");
t("がまた何度も大きな声をあげるとようやく男達は");h("女友達");
t("から離れ、今度は私に近づいてきました。");n();
}
function t1575(){
c_l("1575");
t("次は私の番だとわかりましたが足がすくんで逃げることもできませんでした。");n();
}
function t1576(){
c_l("1576");
t("マンションに戻って下着を取り替えようとすると");h("女友達");
t("が買ってきたのは男物の下着でした。");n();
h("女友達");
t("はコンビニに行って女物に替えてもらってくると言ってマンションからでていきました。");n();
}
function t1577(){
c_l("1577");
h("男達");
t("はマンションの窓から");h("女友達");
t("がコンビニに行くのを見ていました。");n();
t("「もういいだろう」と誰かが言うと、");h("男達");
t("は私を絨毯の上に押し倒してきました。");n();
}
function t1578(){
c_l("1578");
h("男達");
t("は窓から");h("女友達");
t("がコンビニに行くのを見ていました。");n();
t("「もういいだろう」と誰かが言うと、");h("男達");
t("は私をさっきまで寝ていた布団の上に押し倒してきました。");n();
}
function t1579(){
c_l("1579");
t("朝方になって目が覚めると");h("女友達");
t("ももう目が覚めていました。");n();
h("女友達");
t("が「朝食べる物買いにいきましょう」と言うので、いっしょに近くのコンビニでおにぎりとサンドイッチを買ってきました。");n();
}
function t1580(){
c_l("1580");
t1582();
h("女友達");
t("は「私がいってきます」といってもう一度今度は一人でコンビニに出かけました。");n();
}
function t1581(){
c_l("1581");
t1582();
t("私はもう一度今度は一人でコンビニに買い物に出かけました。");n();
t("コンビニで男の子に頼まれた煙草を買って帰ろうとするとちょうど出たばかりのファッション雑誌が目に入りました。");n();
t("ちょっとだけファンション雑誌を立ち読みしてから私はコンビニを出ました。");n();
}
function t1582(){
c_l("1582");
t("アパートに戻ると");h("男達");
t("ももう起きていて「煙草を買ってきて欲しいんだけど」と言われました。");n();
}
function t1583(){
c_l("1583");
t1584();
}
function t1584(){
c_l("1584");
as1584=new Array("1532","1937","1657","1824","1908","1831","1785","1508","1907");
e_l(as1584);
}
function t1585(){
c_l("1585");
t1599();
t1601();
t1604();
t3649();
t4450();
}
function t1586(){
c_l("1586");
level_up("1587");
level_up("1591");
t3992();
}
function t1587(){
c_l("1587");
as1587=new Array("1588","1589","1590","1591");
e_l(as1587);
}
function t1588(){
c_l("1588");
t1592();
t1600();
t1601();
t1604();
t3649();
t4450();
}
function t1589(){
c_l("1589");
t1592();
t1600();
t1601();
t1602();
t4252();
}
function t1590(){
c_l("1590");
t1592();
t1600();
t1601();
t961();
}
function t1591(){
c_l("1591");
t1592();
t1600();
t1601();
t1603();
}
function t1592(){
c_l("1592");
as1592=new Array("1595","1593");
e_l(as1592);
}
function t1593(){
c_l("1593");
t("近くの公園まで散歩しようと誘われ、二人で夜の町をあるきました。");n();
t1594();
}
function t1594(){
c_l("1594");
t("パソコンショップが並ぶ繁華街を通り過ぎると、その先には高層ビルが建ち並んでいました。");n();
t("仕事帰りのサラリーマンと入れ違うようにして私たちは暗い歩道をあるきました。");n();
t1598();
t("高層ビルの端に公園が見えてきました。");n();
t("公園の正面には明るい街灯があり、中央の池の回りには恋人達が並んで座っていました。");n();
t292();
}
function t1595(){
c_l("1595");
t("近くの公園まで散歩しようと誘われ、二人で夜の町をあるきました。");n();
t1596();
}
function t1596(){
c_l("1596");
t1598();
t("繁華街を抜けると人通りもすくなくなり、あたりも街灯のあかりだけになりました。");n();
t("やがて目の前に黒い闇のような暗がりが広がってきました。");n();
t292();
}
function t1597(){
c_l("1597");
as1597=new Array("1596","1594");
e_l(as1597);
}
function t1598(){
c_l("1598");
h("男");
t("は歩きながら私の手を取ると、さするようにしながら手を重ねてきました。");n();
t("私がされるままになっていると、今度はもう一方のてを私の腰にあてがい手のひらを回しながらお尻にさわってきました。");n();
t("私は足下が震えそうになりながら");h("男");
t("と一緒に歩きました。");n();
}
function t1599(){
c_l("1599");
t("男の子達に近くの公園まで行こうと誘われました。");n();
t("私は飲み慣れないお酒を飲み過ぎたせいか、もうなんでもいいような気分でした。");n();
t("友達が歩き始めたので、");h("男");
t("に手を引かれて私は一緒に歩きました。");n();
t1597();
t("公園まで来たとき、私は友達がもう誰も一緒にきていないのに気がつきました。");n();
t("しかしもうここまで来て帰りますとは言い出せないと思いました。");n();
}
function t1600(){
c_l("1600");
t("公園にの中にはいると中は街灯もすくなく、暗い星空が見えてきました。");n();
t("どこまで行っても恋人達が座るベンチが続いていました。");n();
t("公園の奥にはいっていくと次第に人影もへり、私たちはやっとあいているベンチを見つけました。");n();
}
function t1601(){
c_l("1601");
t("「ここにしよう」と言われて私達はベンチに座りました。");n();
h("男");
t("は私を見つめながら「とても素敵だよ」と私のよろこびそうな言葉を口にしました。");n();
t4479();
}
function t1602(){
c_l("1602");
h("男");
t("は私をベンチから立たせると、手を取ってベンチの裏に連れて行きました。");n();
t("うっすらと暗い木立の間に小さな建物がありました。");n();
h("男");
t("が建物の入り口に私をつれ手入るとそこはトイレでした。");n();
t("私はトイレに押し込まれるようにして入りました。");n();
h("男");
t("はトイレのドアを大きく開いたままにして私の後から入ってきました");n();
}
function t1603(){
c_l("1603");
h("男");
t("は私をベンチから立たせると手を取ってベンチの裏に連れて行きました。");n();
t("木立の間の芝生に");h("男");
t("は横になると私の手を取って私をその上にしゃがみこませました。");n();
t4455();
}
function t1604(){
c_l("1604");
t("帰り道に二人で一緒に裏道を歩いていると、ラブホテルの看板が見えました。");n();
t("「二人っきりでゆっくり休んで行かないか」と");h("男");
t("に誘われて私は一緒にラブホテルに入りました。");n();
}
function t1605(){
c_l("1605");
si0=r("4");
if( si0==1){
t("私は慌てて体を起こそうとしましたが、私の背中になにか尖った物が押し当てられて、私は体を起こせませんでした。");}
if( si0==2){
t("私は慌てて体を起こそうとしましたが、背中に何が鋭いものが押し当てられて、痛くて動けませんでした。");}
if( si0==3){
t("私が体を起こそうとしたとき、私の背中に鋭いものが押し当てられました。");}
if( si0==4){
t("背中になにか鋭いものが押し当てられてきて、私は体を起こすことができませんでした。");}
n();
v["鋭い凶器"]=function(){
hi1=r("4");
if( hi1==1){
t("ドライバー");
}
if( hi1==2){
t("ワインの栓抜き");
}
if( hi1==3){
t("小さなハサミ");
}
if( hi1==4){
t("サバイバルナイフ");
}
}
}
function t1606(){
c_l("1606");
si0=r("3");
if( si0==1){
t("近くに足音が聞こえて、私の後ろにいた");h("男");
t("はようやく私の体を離しました。");}
if( si0==2){
t("近くに他の見学者の足音が聞こえてきて、ようやく私の背中から鋭いものがはずされました。");}
if( si0==3){
t("他の見学者の足音が近づいてきたとき、");h("男");
t("はようやく背中から鋭いものはずしました。");}
n();
}
function t1607(){
c_l("1607");
h("資料");
t("の展示してあるガラスケースに屈み込むようにしてのぞき込んで見ました。");n();
}
function t1608(){
c_l("1608");
if((typeof v["ビデオカメラの場所"] !="undefined") && (v["ビデオカメラの場所"] == "鞄の中")) {h("男");
t("は");h("ビデオカメラの場所");
t("からビデオカメラを取り出すと私の上にまたがるようにして立ちました。");}if((typeof v["ビデオカメラの場所"] =="undefined") || (v["ビデオカメラの場所"] != "鞄の中")) {h("男");
t("は");h("ビデオカメラの場所");
t("からビデオカメラをもって来ると私の上にまたがるようにして立ちました。");}n();
t("そして、たった今");h("男");
t("に行かされたばかりの私の顔をビデオカメラで撮影していました。");n();
}
function t1609(){
c_l("1609");
level_up("1651");
level_up("1618");
t1657();
}
function t1610(){
c_l("1610");
level_up("1651");
level_up("1620");
t1657();
}
function t1611(){
c_l("1611");
level_up("1651");
level_up("1621");
t1657();
}
function t1612(){
c_l("1612");
level_up("1653");
t1657();
}
function t1613(){
c_l("1613");
level_up("1652");
t1657();
}
function t1614(){
c_l("1614");
t("案内されてついていくと、");si2=r("2");
if( si2==1){
t("着いた");}
if( si2==2){
t("連れて行かれた");}
t("場所は普通の家でした。");n();
t("茶の間のまんなかにはテーブルが置いて有り、その上には小さな8ミリの映写機がのっていました。");n();
t("映画というのは8ミリ映画のことでした。");n();
t("茶の間にはいつの間にか近所の人が集まって席がいっぱいになりました。");n();
t("「時間ですからと」言って映画が始まりました。");n();
t("いったい何の映画が始まるのだろうと思ってみていると、映ったのは野球場でした。");n();
t("どこかの宗教団体が野球場で文化祭のマスゲームしているのを映した8ミリ映画でした。");n();
t("ものすごい人数の人達が、いろいろな色の衣装を身につけて、踊ったり体操をしたりしていました。");n();
t("女の子がレオタード姿で体操をしたり、テニスウェア姿でチアガールのように踊ったりしていました。");n();
t("私はそんな格好で踊って恥ずかしくないのかしらと思いました。");n();
t("映画が終わると、なにやら宗教団体に入りませんかという話になりました。");n();
t("そうゆうことだったのかと私はやっと分かりました。");n();
t("私はひたすら黙ってうつむいてほかの人たちの話をきいていました。");n();
}
function t1615(){
c_l("1615");
t("案内されてついていくと、");si2=r("2");
if( si2==1){
t("着いた");}
if( si2==2){
t("連れて行かれた");}
t("場所は近所の市民会館のような建物でした。");n();
t("中にはいると、広い講堂になっていて床は絨毯でそのまま座るようになっていました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("と一緒に、空いている所に座りました。");n();
t("しばらくして、司会の人が挨拶をしました。");n();
t("しかし、どうもどっかの宗教団体の人のようでした。");n();
t("紹介されて歌手の人が舞台に登場しました。");n();
t("たしかに、テレビでよくみる有名な歌手に間違いありませんでした。");n();
t("いったいなんの話が始まるのかと思って聞いていると、始まったのは宗教の話でした。");n();
t("この宗教にであって、いかに自分が生まれ変わってすばらしい人生を歩むようになったかの話が延々と続きました。");n();
t("私はすこし退屈になり、なんとか早めにでようと思いましたが、");h("女友達");
t("は「全部聞いていきましょう、こんな機会はもう二度とありませんから」と言ってゆずりませんでした。");n();
t("ようやく講演が終わって私が帰ろうとすると青年部長さんに紹介されました。");n();
t("私はまた話が長くなると思って「じゃあ失礼します」と言って早めに出ようとしました。");n();
}
function t1616(){
c_l("1616");
t("帰りに、青年部長さん");v["男"]="青年部長さん";
t("が私のアパートまで送ってくれました。");n();
t685();
t278();
t("ちょっと素敵な感じの男性だったので、お茶でもと誘って部屋に上がってもらうと、また宗教団体に入りませんかと誘われました。");n();
t("私は断わりましたが、繰り返し繰り返し同じ話を繰り返して、いつまで立っても帰ってくれませんでした。");n();
t("話を聞いている内こんなに熱心に誘ってくれるのなら入った方がいいと思えてきました。");n();
t("しかし、やっぱりよく考えた方がいいし、宗教など絶対いいことはないと思いました。");n();
t("でも、");h("男");
t("は結構素敵だし、入ればいつも一緒にいられるのかと思うと心が迷いました。");n();
t("夜の12時近くになってもまだ帰らないので、私はどうしようかと思いました。");n();
t("私はお布団を敷けば、さすがにもう帰ってくれるだろうと思いつきました。");n();
t("それで押入をあけてお布団を出して、");h("男");
t("の目の前にわざとしきました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("は平然とした顔でまだ話を続けていました。");n();
}
function t1617(){
c_l("1617");
t("「私コンビニにちょっと買い物行ってきますね」と私は");h("男");
t("の話しを遮って言ってみました。");n();
t("もうこれで帰ってくれるとばかり思っていたのですが、");h("男");
t("は「夜遅くだから、僕も一緒にコンビニに行きますよ、いやそれにお腹も空いたし」と引き下がる様子は有りませんでした。");n();
t("アパートを出て「こっちが近道なんですよ」と言って小さな公園の中に");h("男");
t("を誘って見ました。");n();
t("夜遅くにはよくカップルが変なことをしているので、近づかないことにしていたのですが、今日はカップルは見当たりませんでした。");n();
t("公園のトイレの裏に数人の男の子が煙草を吸いながら座り込んでいるのが見えて私は怖くなりました。");n();
h("男");
t("は平気な顔でトイレの脇の道を通ってコンビニに通じる道へと歩いて行きました。");n();
t("私は不安な気持ちで");h("男");
t("の後から付いて行きました。");n();
}
function t1618(){
c_l("1618");
t1622();
}
function t1619(){
c_l("1619");
t("公園を抜けてコンビニまで来ると、私は夜食のおにぎりを買うことにしました。");n();
h("男");
t("も私の横でおにぎりを手に取ると三つも買っていました。");n();
t("私はこの分では朝まで粘るつもりだとうんざりした気分でした。");n();
}
function t1620(){
c_l("1620");
t1619();
t("帰りにも公園を通るとさっきの男の子立ちがまだトイレの後ろでしゃがみ込んでいました。");n();
t1622();
}
function t1621(){
c_l("1621");
t1619();
t("コンビニを出ようとしたとき、ちょうど買い物をしていた女性が「ちょっとあんた何やってるのよ」と");h("男");
t("に声を掛けてきました。");n();
h("男");
t("はばつの悪そうな顔でわざと横を向いて返事をしませんでした。");n();
t("女性は「ちょっとまたやってんのね、いいから来なさいよ」と言って");h("男");
t("の手を無理やり引っ張ってコンビニから出て行きました。");n();
t("私は何が何だか判らずに様子を見ていましたが、その女性は");h("男");
t("の彼女という訳ではなさそうでした。");n();
t(" ともかくやっと");h("男");
t("から解放されたのでようやく気分が楽になり、夜食のおにぎりをもってコンビニを出ました。");n();
t("アパートに戻る途中にさっきの公園を一人で通り抜けようとしました。");n();
t("ちょうどトイレの前まで来たとき、トイレの裏からさっきの男の子達が出てきました。");n();
t("私は小走りに駆け出して、逃げだそうとしましたが男の子達はすぐに私を捕まえるとトイレの中に引きずり込みました。");n();
t672();
t283();
t4544();
}
function t1622(){
c_l("1622");
t("ちょうどトイレの前まで来たとき、トイレの裏から男の子達が出てくると「おい、いいところ見せつけるじゃねえか」と因縁を付けてきました。");n();
h("男");
t("が何か言おうとしたとき、いきなり男の子達は");h("男");
t("に殴りかかるとそのばに突き倒しました。");n();
t("すぐに他の男の子が私の体を後ろから抱え込むと、手で口を塞いでトイレの中に引きずり込みました。");n();
t672();
t283();
t4544();
}
function t1623(){
c_l("1623");
t("私はやれやれこれでやっと解放されると思って、");h("男");
t("が出て行ったあとパジャマに着替えてお布団の中に入ろうとしました。");n();
t573();
t("ちょうど枕元に黒い鞄がありさっき");h("男");
t("が置き忘れていったらしいと気が付きました。");n();
t("すると急に玄関のベルが鳴りました。");n();
t("私はきっと");h("男");
t("が忘れ物を取りに来たと思って、パジャマ姿のまま玄関のドアを開けました。");n();
}
function t1624(){
c_l("1624");
t1616();
t("私はこれでは駄目だと思い「お腹空きませんか、よかったら宅配のピザ注文しましょうか」と言ってみました。");n();
t("これで帰ってくれるものとばかり思っていたのですが");h("男");
t("は「いや、ありがたいなお願いします、お金は僕が半分払いますから」というので呆れてしまいました。");n();
t("ひとまずピザを頼んでからまた話しを聞かされていると急に");h("男");
t("の携帯がなってなにやら話しの後「あ、今からすぐ行きます」と言って");h("男");
t("は電話切りました。");n();
t1623();
t670();
t("ドアの前に立っていたのはさっき頼んだ宅配ピザの配達の");h("男");
t("でした。");n();
h("男");
t("は私のパジャマの上からいやらしそうな目つきで私の胸の辺りを見つめるといきなり私を押し倒してきました。");n();
t573();
t4450();
}
function t1625(){
c_l("1625");
t1616();
t("いったいどうやって帰ってもらおうかと思案していると急に");h("男");
t("の携帯が鳴り「あ、今すぐ行きます」と");h("男");
t("が返事をして電話を切りました。");n();
t1623();
t("ドアの前に立っていたのは見知らぬ男で手に洗剤を持っていました。");n();
t671();
t("「奥さん、洗剤いらない、新聞とってくれたらタダで上げるよ」と言いながら");h("男");
t("は部屋の様子を伺いました。");n();
t("部屋に布団が敷いてあるのを見つけると");h("男");
t("の視線は私のパジャマの胸に注がれてきました。");n();
h("男");
t("は私を押しのけるようにして部屋に上がり込むと、私をお布団の上に押し倒してきました。");n();
t573();
t4450();
}
function t1626(){
c_l("1626");
t1616();
t1627();
t("すると今度は");h("男");
t("の表情がすこしゆがんで中年");h("オトコ");
t("のいやらしい顔つきのようになりました。");n();
t("私はようやく最初からこれが目当てだったのねと気がつきました。");n();
h("男");
t("さんがそのつもりなら私も");h("男");
t("と交際してもいいなと心が動きました。");n();
t("それだったらチャンスは今しかないと思い切って「今夜泊まっていってくれたら入りますと」小さい声でいいました。");n();
t("すると");h("男");
t("は口元がゆがむような笑顔をして私にうなずきました。");n();
t("私は");h("男");
t("に背を向けて");h("上の表着");
t("を脱ぐと、畳んでお布団の枕元に置きました。");n();
t("そして、両手を後ろに回してブラジャーをはずして");h("上の表着");
t("の横に置きました。");n();
t("パジャマの袖に手を通すと、今度は半分後ろを向いて");h("男");
t("の様子を確かめながら、");h("下の表着");
t("を腰まで下げました。");n();
h("男");
t("は満足そうな顔をして私のお尻に視線を向けていました。");n();
t("私はやっぱり");h("男");
t("でも");h("オトコ");
t("にかわりはないのねと思いながら");h("下の表着");
t("を脱ぐと、パジャマに着替えました。");n();
t573();
t1629();
}
function t1627(){
c_l("1627");
t("私は");h("男");
t("の顔色を横目で見ながら、毛布と掛け布団を押入から出しました。");n();
t("それでも");h("男");
t("が帰ろうとしないので、私は押入からパジャマをだすと、");h("下の表着");
t("に手をかけました。");n();
}
function t1628(){
c_l("1628");
t1616();
t1627();
h("男");
t("はさすがに都合が悪いと思ったのか「今日はもう遅いのでまた今度来ますね」と言って立ち上がると部屋を出て行きました。");n();
t1623();
t573();
h("男");
t("が「いや、忘れ物しちゃって」と言うと、私の");h("上の表着");
t("を見て目つきが変わりました。");n();
t("私は");h("男");
t("もやっぱり男なのねと思い「部屋に上がって下さい、さっきのお話もっとお聞きしたいんです」と言ってみました。");n();
t("すると");h("男");
t("は目が半分注に浮いたままで靴を脱いで部屋に上がってきました。");n();
t("「私今夜は眠れないんです、だって");h("男");
t("さんが帰っちゃったから、なんでずっと側に居てくれないんですか」とわざと拗ねたそぶりで言いうと");h("男");
t("の顔がほころんで、いやらしい顔になりました。");n();
t("今しかチャンスはないと私は心に決めました。");n();
t1629();
}
function t1629(){
c_l("1629");
as1629=new Array("1630","1631");
e_l(as1629);
}
function t1630(){
c_l("1630");
t("私は");h("男");
t("のすぐ目の前で布団に横になりました。");n();
t("それから「今夜は優しくしてね」と私から誘ってみました。");n();
h("男");
t("は服を脱ぐと、なにか呪文のようなものを唱えながら、私の上に体を重ねて私きました。");n();
t4450();
}
function t1631(){
c_l("1631");
t("私は");h("男");
t("の正面に足を広げて立つと、ゆっくりと");h("男");
t("の膝の上に腰を下ろしました。");n();
t4455();
}
function t1632(){
c_l("1632");
as1632=new Array("1634","1640","2907");
e_l(as1632);
}
function t1633(){
c_l("1633");
as1633=new Array("1635","1641","2907");
e_l(as1633);
}
function t1634(){
c_l("1634");
t1636();
t1637();
t1638();
}
function t1635(){
c_l("1635");
t1636();
t1637();
t1639();
}
function t1636(){
c_l("1636");
t("大学に合格したあと、東京にでてきて最初にアパート探しをしました。");n();
t("最初どうしていいのかわからなかったのですが、大学の掲示板にアパートの紹介業者がいくつか掲示されているので、そこに言ってみました。");n();
t("大学の近くの方がいいですよね、ちょうと今年卒業して空く部屋があるからと案内されました。");n();
t("お風呂がなかったのですが、銭湯は近くにあるからと言われました。");n();
}
function t1637(){
c_l("1637");
t("大学に合格したあと、東京にでてきて最初にアパート探しをしました。");n();
t("最初どうしていいのかわからなかったのですが、大学の掲示板にアパートの紹介業者がいくつか掲示されているので、そこに言ってみました。");n();
t("大学の近くの方がいいですよね、ちょうと今年卒業して空く部屋があるからと案内されました。");n();
t("お風呂がなかったのですが、銭湯は近くにあるからと言われました。");n();
t("契約がすむと、これ読んで下さいと新聞を渡されました。");n();
t("鍵をもらって部屋にいって新聞をあけてみると宗教団体の新聞でした。");n();
t("一応隣の部屋にも挨拶したほうがいいと思い、タオルを買って隣のドアをたたきました。");n();
t("でてきたのは、もう30代くらいの女性でした。");n();
t("表札には栗田と書いてありました。");n();
}
function t1638(){
c_l("1638");
t("翌日になって栗田さんに、映画");si2=r("2");
if( si2==1){
t("を見に行きませんかと");}
if( si2==2){
t("に");}
t("誘われました。");n();
t("「とてもすばらしい映画で見たらきっと感激します」としきりに勧めます。");n();
t("「それに、ただでこんなすばらしい映画がみられるんですよ」と言われて、ただなら見に行ってもいいと思いました。");n();
}
function t1639(){
c_l("1639");
t("翌日になって栗田さんに、講演会");si2=r("2");
if( si2==1){
t("を見に行きませんかと");}
if( si2==2){
t("に");}
t("誘われました。");n();
t("私も知っている有名な歌手が近所の会館で講演会をするそうでした。");n();
t("「それに、ただでこんなすばらしい講演が聞けるんですよ」と言われて、ただなら見に行ってもいいと思いました。");n();
}
function t1640(){
c_l("1640");
t1636();
t1642();
t1648();
}
function t1641(){
c_l("1641");
t1636();
t1642();
t1649();
}
function t1642(){
c_l("1642");
t("大学の授業が始まってからしばらくして、夕飯のおかずを買いに近所のスーパーにいきました。");n();
t("スーパーのなかを買い物カゴをさげて行ったりきたりしていると、すぐ目の前に見覚えのある女性が買い物をしていました。");n();
t("コーラス部の先輩の");v["女友達"]="野口さん";
h("女友達");
t("でした。");n();
h("女友達");
t("も私にきがついたらしくて、驚いたような顔をして「どうしてこんなところにいるの」と私に声をかけてきました。");n();
t("私が「アパートが近くなんです」と答えると、もっと驚いた顔をしていました。");n();
}
function t1643(){
c_l("1643");
t1647();
t1648();
}
function t1644(){
c_l("1644");
t1647();
t1649();
}
function t1645(){
c_l("1645");
t("数日たって近所のスーパーで買い物をしていると");h("女友達");
t("と会いました");n();
}
function t1646(){
c_l("1646");
t3680();
t3675();
t3677();
}
function t1647(){
c_l("1647");
t3681();
t3675();
t1645();
}
function t1648(){
c_l("1648");
t("「ちょうどよかった、これから映画を見に来ない」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("私はこれから映画にとか急に言われてびっくりしまた。");n();
t("「すぐ近所で見れるから、ここから5分でいけるの、絶対きて」と言われて、夕食のおかずを持ったまま映画を見に行くことにしました。");n();
}
function t1649(){
c_l("1649");
t("「ちょうどよかった、これから講演会に来ない」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("私はこれから講演会にとか急に言われてびっくりしまた。");n();
t("「とても有名な歌手の講演会でとてもためになるから」と言います。");n();
t("確かに私もテレビでよく見る歌手の名前でした。");n();
t("「すぐ近所で見れるから、ここから5分でいけるの、絶対きて」と言われて、夕食のおかずを持ったまま講演会に行くことにしました。");n();
}
function t1650(){
c_l("1650");
as1650=new Array("1618","1620","1621");
e_l(as1650);
}
function t1651(){
c_l("1651");
t1616();
t1617();
t1650();
}
function t1652(){
c_l("1652");
as1652=new Array("1626","1628");
e_l(as1652);
}
function t1653(){
c_l("1653");
as1653=new Array("1624","1625");
e_l(as1653);
}
function t1654(){
c_l("1654");
as1654=new Array("1652","1653","1651");
e_l(as1654);
}
function t1655(){
c_l("1655");
t4();
v["その後"]="宗教団体の映画に誘われる";
t1632();
t4();
t1614();
t4();
t1654();
}
function t1656(){
c_l("1656");
t4();
v["その後"]="宗教団体の講演会に誘われる";
t1633();
t4();
t1615();
t4();
t1654();
}
function t1657(){
c_l("1657");
as1657=new Array("1655","1656");
e_l(as1657);
}
function t1658(){
c_l("1658");
level_up("2907");
t1785();
}
function t1659(){
c_l("1659");
level_up("1719");
t1716();
}
function t1660(){
c_l("1660");
level_up("1718");
t1716();
}
function t1661(){
c_l("1661");
level_up("1725");
t1720();
}
function t1662(){
c_l("1662");
level_up("1726");
t1720();
}
function t1663(){
c_l("1663");
level_up("1724");
t1720();
}
function t1664(){
c_l("1664");
level_up("1723");
t1720();
}
function t1665(){
c_l("1665");
level_up("1722");
t1720();
}
function t1666(){
c_l("1666");
level_up("1744");
t1669();
}
function t1667(){
c_l("1667");
level_up("1751");
t1669();
}
function t1668(){
c_l("1668");
level_up("1743");
t1669();
}
function t1669(){
c_l("1669");
level_up("1737");
t1785();
}
function t1670(){
c_l("1670");
level_up("1774");
t1673();
}
function t1671(){
c_l("1671");
level_up("1784");
t1673();
}
function t1672(){
c_l("1672");
level_up("1783");
t1673();
}
function t1673(){
c_l("1673");
level_up("1777");
level_up("1775");
t1766();
}
function t1674(){
c_l("1674");
level_up("1783");
t1676();
}
function t1675(){
c_l("1675");
level_up("1784");
t1676();
}
function t1676(){
c_l("1676");
level_up("1778");
level_up("1775");
t1766();
}
function t1677(){
c_l("1677");
level_up("1784");
t1679();
}
function t1678(){
c_l("1678");
level_up("1783");
t1679();
}
function t1679(){
c_l("1679");
level_up("1781");
t1766();
}
function t1680(){
c_l("1680");
t("夕方になってすぐに電話がありきっと実家からだと思って電話に出ると、男の子からでした。");n();
t601();
t("「");h("男の名字の劣称");
h("男の自称");
t("です」と言われましたが、知らない名前でした。");n();
h("女友達");
t("が電話してみたらというので電話したそうでした。");n();
t("すこし考えてから");h("女友達");
t("が言っていた男の子だとやっと気がつきました。");n();
t("ずいぶん早く電話をしてきたものだと思い、それだけ熱心なのかとも思いました。");n();
t("電話ではあまり話しもできないので、待ち合わせをしてその");h("男");
t("と会うことにしました。");n();
t("二人で、駅前のロッテリアで待ち合わせをすることにしました。");n();
}
function t1681(){
c_l("1681");
t("翌日授業のあとロッテリアの前で待っていると、男の子が話しかけてきました。");n();
t("この間の");h("知り合うきっかけ");
t("で一緒だった男の子の一人でした。");n();
t("私がもしやあの人ではと思っていた、ちょっとカッコイイ男の子ではなかったので少しがっかりしました。");n();
}
function t1682(){
c_l("1682");
t("ロッテリアに二人で入ると、私はコーヒーを注文しました。");n();
h("男");
t("がお金を払おうとするので、悪いと思って「自分で払いますから」と言ってみましたが、");h("男");
t("は私を制止してお金を払い自分は、ほかにハンバーガーを頼んでいました。");n();
t("ほかになにか食べませんかと言われましたが私は断りました。");n();
t("二人用の席を探して、私は奥のほうに座りました。");n();
}
function t1683(){
c_l("1683");
t("はじめの内は当たり障りのない話をしていましたが、話題が");h("女友達");
t("の話になりました。");n();
t("「あの女ずいぶん遊び好きで");h("フェラチオ");
t("が大好きだそうだぜ」と");h("男");
t("が言い出したので私はびっくりしました。");n();
t("そういえばこの前の合コンのあと女の子だけになったときそんな話が出たのを思い出しました。");n();
t("その時に「私しゃぶるの得意なんだから」と");h("女友達");
t("が言っていたような気がしました。");n();
t("「今頃の女子大生はそのくらい誰でもやるそうだね、俺もして欲しいな」と");h("男");
t("が言い出しました。");n();
}
function t1684(){
c_l("1684");
t("私は急に腹が立ってきて「私帰ります」と言って席を立つと後ろも見ないでロッテリアの外にでました。");n();
t("後ろから");h("男");
t("が後を追いかけて来る様子なので、私は小走りに小道にはいるとそのまま駆け足でアパートまで帰りました。");n();
}
function t1685(){
c_l("1685");
t1686();
t1687();
t1688();
}
function t1686(){
c_l("1686");
t("しぱらくすると電話のベルがなりました。");n();
t("さっきの");h("男");
t("ではと思いましたが、出てみると");h("女友達");
t("でした。");n();
t("「");h("男");
t("が『失礼なことをしたのであやまりたい』と言ってるのでこれから二人で行きますね」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("私は断ろうと思ったのですが");h("女友達");
t("が何度も言うので一応来てもらうことにしました。");n();
}
function t1687(){
c_l("1687");
t("すこし待っていると車の音がしてドアのベルの音がしました。");n();
t("どうやらすぐ近くまで車で来てから");h("女友達");
t("が携帯で電話をかけてきたようでした。");n();
t("ドアを開けるとすぐに");h("女友達");
t("が「おじゃまします」と言いながら部屋に入ってきました。");n();
h("女友達");
t("のすぐ後ろから");h("男");
t("がむっつりとした顔で部屋に上がってきました。");n();
t("私は");h("男");
t("を部屋に入れたくはなかったのですが、勝手に入ってきてしまったので何も言えませんでした。");n();
h("男");
t("の私の部屋の中を興味ありげに見回すのを見て、私は男性に見られたら都合の悪いものが出しっぱなしに成っていないると困ると思って慌てて部屋をかたづけました。");n();
h("女友達");
t("は「");h("私の愛称");
t("いつも部屋綺麗にしてるのね」と言ってくれましたが、私は");h("男");
t("に部屋を見られて良い気持ちはしませんでした。");n();
t("私が紅茶を入れてお茶菓子と一緒に");h("女友達");
t("と");h("男");
t("に出すと、");h("女友達");
t("は「");h("私の愛称");
t("はまだあまり男の子とつき合った事がないから、男の子とのつき合い方をよくしらないの。だから");h("男の愛称");
t("も");h("私の愛称");
t("を許してあげてね」とまるで私が悪かったみたいな言い方をしました。");n();
t("私はむかっとして返事をしませんでしたが、");h("男");
t("が「僕は全然気にしていないから」と言うのを聞いてはらわたが煮えくり返りました。");n();
}
function t1688(){
c_l("1688");
h("女友達");
t("が「");h("フェラチオ");
t("ぐらい恋人同士なら誰でもするから、そんなことくらいで気にしないでね」と言うので私は思わず");h("女友達");
t("の顔をまじまじと見つめました。");n();
h("女友達");
t("は平然とした顔で「もう");h("私の愛称");
t("も大人なんだから、大人の恋を経験しなきゃ、この先いつまで立っても彼氏なんかできないわよ」とお説教じみた口調で私をたしなめるので私は返事に困ってしまいました。");n();
t("「こうゆう時はね、");h("私の愛称");
t("の方から先に御免なさいと謝らなきゃだめよ。そうすれば何もかもうまく行くんだから」と");h("女友達");
t("に言われて私はしかたなく");h("男");
t("を許してあげることにしました。");n();
t("「私も全然気にしてないから、私が悪かったなら謝ります」と言って私が");h("男");
t("に向き直って頭を下げると「僕も悪かったから」と");h("男");
t("が言いました。");n();
t("「じゃ、これで仲直りね」と");h("女友達");
t("が言うので私は仕方なく「そうですね」と答えました。");n();
t("すると今度は");h("女友達");
t("は「私も前の彼にせがまれて");h("フェラチオ");
t("してあげたんだけれど私それから病みつきになって、もう止められないの」と話を始めました。");n();
h("女友達");
t("が「私が上手な");h("フェラチオ");
t("の仕方を教えてあげましょうか」というので私は困ってしまいました。");n();
}
function t1689(){
c_l("1689");
t("ひとまず");h("女友達");
t("が先に帰るというので、私は");h("男");
t("と部屋で二人っきりになるのはなんだか危ない気がしました。");n();
t("「私は途中まで送っていくわね」と私が言うと、");h("女友達");
t("もその方が都合がいいらしくて一緒に駅まで行くことにしました。");n();
}
function t1690(){
c_l("1690");
t("アパートの部屋にもどると");h("男");
t("が私を待っていました。");n();
}
function t1691(){
c_l("1691");
t("一応は「いま付き合ってる人はいますか」と聞かれたので「いません」と答えると");h("男");
t("は安心した様子でした。");n();
t("あたりさわりのない話をしばらくしてから「今日はこれで帰ります」と言って私は席を立とうとしました。");n();
}
function t1692(){
c_l("1692");
t1680();
t1681();
t1682();
t1683();
t1684();
}
function t1693(){
c_l("1693");
t1680();
t1681();
t1682();
t1691();
}
function t1694(){
c_l("1694");
h("男");
t("はもっと話がしたい様子でしたが「また電話を下さい」と言うとまた会えると思ったのか席を立ちました。");n();
t("帰りを送ってくれると言うので私は");h("男");
t("の車に乗りこみました。");n();
t4();
t("車は私のアパートの近くまで来ました。");n();
t("もうすぐと思ってると、私のアパートの手前で横道に入りました。");n();
t("私は道を間違えたとばかり思っていましたが、車が入っていったのは公園の裏でした。");n();
t("そこは、人通りもなく公園の大きな木がいっぱいにかぶさるようにして広がっていました。");n();
h("男");
t("は車を止めると私の手を取りながら「初めて会ったときからずっと好きでたまらなかったんだ」と言い出しました。");n();
t("それから私の手をゆっくりとさするように撫で回してきました。");n();
t4476();
t("しばらくして、ようやく");h("男");
t("は車を動かして、私のアパートの前まで来ました。");n();
}
function t1695(){
c_l("1695");
as1695=new Array("1696","1699","2907");
e_l(as1695);
}
function t1696(){
c_l("1696");
v["知り合うきっかけ"]="合コン";
t1697();
}
function t1697(){
c_l("1697");
t343();
t("文化祭のあとしばらくして、コーラスの練習のあと、友達の");h("女友達");
t("が私に紹介したい男の子がいると言いだしました。");n();
t("この間の打ち上げの合コンの時いっしょにいた男の子だそうでした。");n();
}
function t1698(){
c_l("1698");
t("私のことをいろいろと聞かれたので聞かれるままに話したら、ぜひ交際したいと言い出したとのことです。");n();
t("私は名前を言われてもどの男の子か覚えがなくて、いったいどうしようかと思いました。");n();
t("「電話番号を教えて欲しいと男の子に言われてるんだけれど教えてもかまわないわよね」と");h("女友達");
t("に言われました。");n();
t("私はここで断ったらせっかくのチャンスを損してしまうと思い「電話くらいならいいわ」と答えました。");n();
}
function t1699(){
c_l("1699");
t3705();
t4();
t3706();
t3710();
v["下の衣類"]="スカートと下着";
t3720();
v["知り合うきっかけ"]="テニス";
t4();
t1700();
}
function t1700(){
c_l("1700");
t("翌日のテニスの授業の時、今日こそは絶対上手に打てると思うと待ち遠しい気持ちでした。");n();
t("練習試合がはじまると面白いように私の打ったボールは相手のコートに入りました。");n();
t("授業の後更衣室で着替えをしていると、友達の");h("女友達");
t("が私に紹介したい男の子がいると言いだしました。");n();
t("この間のテニスの練習の時いっしょにいた男の子だそうでした。");n();
}
function t1701(){
c_l("1701");
t1646();
v["知り合うきっかけ"]="オリエンテーリング";
t4();
t1645();
t1702();
}
function t1702(){
c_l("1702");
t("「この間オリエンテーリングで一緒だった男の子がぜひ付き合いたいと言ってるんだけど」と");h("女友達");
t("に言われました。");n();
t48();
t("「");h("スポーツ部");
t("のカッコイイ男の子だからきっとすぐ気に入るからぜひあってみて」と言われ、もしかしてすごい素敵な男性かもと思いました。");n();
}
function t1703(){
c_l("1703");
t("「");h("フェラチオ");
t("はねえ、");h("私の愛称");
t("は下品な事だと思ってるかもしれないけどそうじゃないのよ」");n();
t("「");h("フェラチオ");
t("の楽しさが分かるようになると、男の人との出会いがとても新鮮な気持ちになるの」");n();
t("「男性って人それぞれ");h("男性性器の愛称");
t("の形も色も違うし、堅さだって違うの」");n();
t("「男の人の");h("男性性器の愛称");
t("を口の中に入れてしゃぶらせてもらうって、本当に女にとって最高の幸せなのよ。それが判らないと本当の恋なんてできないの」");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も男の人に");h("フェラチオ");
t("して欲しいと迫られたら絶対断ったりしたらだめよ。それが女の幸せなんだから」と");h("女友達");
t("が");h("フェラチオ");
t("の持論を語り続けるので私はあきれて何も言えませんでした。");n();
}
function t1704(){
c_l("1704");
t("「");h("女友達の愛称");
t("もし、僕が");h("フェラチオ");
t("して欲しいって言ったら、やってくれるのかな」と");h("男");
t("が言い出したので私はびっくりして");h("男");
t("の顔をまじまじと見つめました。");n();
h("男");
t("は口元が半分笑ったような変な顔で、眉毛もだらしなくゆがんで様子が変でした。");n();
t("私は");h("男");
t("が座りずらそうにして足を何度か組み直すのを見て理由が分かってきました。");n();
t("さっきから");h("女友達");
t("が");h("フェラチオ");
t("の話を続けていたので");h("男");
t("が興奮して");h("男性性器の愛称");
t("がおっきく成ってしまったらしくて、ズボンの前が大きく飛び出してふくらんでいるのがはっきりと判りました。");n();
h("女友達");
t("も");h("男");
t("のズボンの前がふくらんでいるのに気がついたらしくて急に嬉しそうな顔をすると「私でいいなら、いつでも");h("フェラチオ");
t("してあげるけど、");h("男");
t("が");h("フェラチオ");
t("して欲しいのは");h("私の愛称");
t("でしょう」といたずらっぽい顔で");h("男");
t("に返事をしました。");n();
h("男");
t("はもう我慢しきれないらしくて「今すぐしゃぶってくれるなら誰でも良いんだ」と言うとズボンの前を開けて大きくなった");h("男性性器の愛称");
t("を剥き出しにしました。");n();
h("女友達");
t("は「");h("私の愛称");
t("、私が");h("フェラチオ");
t("の仕方を実地で教えてあげるからよく見ててね」と言うと");h("男");
t("の前に四つんばいなり口元を");h("男性性器の愛称");
t("に寄せて舌を使い始めました。");n();
t("私はとても");h("女友達");
t("が");h("フェラチオ");
t("するのなんかを目の前で見ていられないと立ち上がってすぐに部屋から飛び出しました。");n();
}
function t1705(){
c_l("1705");
t("「私ね、今日は用事があるから先に帰るから");h("私の愛称");
t("はまだ");h("男");
t("と二人でゆっくり話がしたんでしょう」と");h("女友達");
t("が言うと部屋を出て行こうとしました。");n();
t("私はアパートで");h("男");
t("と二人っきりになんかなったら、また何を言われるか判らないと思って「途中まで送っていくわね」と");h("女友達");
t("に声をかけて一緒に部屋の外にでました。");n();
t("二人で公園の前を通り過ぎて角を曲がると、駅まではまっすぐの道で夜遅い通りに人影は見あたりませんでした。");n();
}
function t1706(){
c_l("1706");
t("「");h("私の愛称");
t("ね、男の子に誘われたら絶対断ったりしたらだめよ。まずはつき合ってみて、どんな人柄かを確かめてから交際を続けるかどうか決めればいいの」と");h("女友達");
t("が私にお説教をはじめました。");n();
t("「そうしないと、");h("私の愛称");
t("大学にいる間に彼氏なんか絶対できないから。そうなったら一生結婚だってできないのよ」");n();
t("「男の子に");h("フェラチオ");
t("して欲しいって言われたら、何も考えずに自分からやらせて下さいというようじゃなくちゃ一生彼氏なんかできないんだから」と");h("女友達");
t("に言われて私も確かにそうだと思えてきました。");n();
t("「");h("フェラチオ");
t("が上手になれば、男の子にモテモテなんだから、それは絶対確かなのよ。");h("私の愛称");
t("も男の子にモテモテな方が良いでしょう」と");h("女友達");
t("に言われて私は「そうですね、でも私");h("フェラチオ");
t("ってやったことないから」と言い返しました。");n();
t("「大丈夫、誰だって最初は上手にできないんだから。自分で工夫したり、友達に教わったりすれば誰でも上手になれるのよ」と");h("女友達");
t("に言われて私もフェラチオが上手になろうと決心しました。");n();
}
function t1707(){
c_l("1707");
t("「");h("私の愛称");
t("『");c_count=0;
n();
t4141();
t("』と言ってご覧なさい、一度言えば何度でもいえるから練習だと思って今すぐ言いなさい」と");h("女友達");
t("に言われて私は仕方なく小さな声で「");c_count=0;
n();
t4141();
t("」と言ってみると恥ずかしくて体が急に熱くなりました。");n();
}
function t1708(){
c_l("1708");
t("駅前近くまで二人で歩いてくると");h("女友達");
t("に別れ際に「もうここまで良いから。");h("私の愛称");
t("アパートに帰って");h("男");
t("に会ったら自分からフェラチオさせて下さいって言わなきゃだめよ」と言われてしまいました。");n();
t("私が");h("女友達");
t("に背を向けて帰ろうとすると、私のすぐ目の前に茶色のジャンパーを着た男が急に立ち止まるのが見えてあれっと思いました。");n();
t("私が帰り道を戻ろうとして歩き出すと、男は急に道の横で立ち止まり私が通り過ぎるのをやり過ごしました。");n();
t("私はさっきからこの男が私と");h("女友達");
t("の後をつけていて私と");h("女友達");
t("の会話を盗み聞きしていたのではないかと気がついて寒気がしてきました。");n();
t("私が大急ぎで歩くあとから男が少し距離を置いてついてくるので私はやっぱりと思いました。");n();
}
function t1709(){
c_l("1709");
t("このままではこの男に捕まって何をされるか判らないと思い私は半分駆け足でアパートまでの道を急ぎました。");n();
t("しかし男も小走りで私の後から追いかけて来るので私と男の距離はすこしずつ近づいてきました。");n();
}
function t1710(){
c_l("1710");
t("ちょうど大きなマンションの前を私が通りかかったとき男が急に駆け足で私の背後に迫ると私の手を掴んで引っ張りました。");n();
t("私は必死で男の手を振りほどこうとしましたが、男は私の腕をねじり上げると私をマンションの駐車場奥までひっぱり込みました。");n();
}
function t1711(){
c_l("1711");
t("私が「やめて下さい」と大声で叫ぶと、男は私の腕をきつく捻りあげながら「おとなしくしねえと、ぶっ殺すぞ」と私を脅してきました。");n();
}
function t1712(){
c_l("1712");
t("「おい、お前、");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう、『");c_count=0;
n();
t4141();
t("』と今すぐ言うんだ。言わないとぶっ殺すぞ」と男に脅されて私はやっぱり男がさっき私と");h("女友達");
t("の会話を盗み聞きしていたのだと判りました。");n();
t("私は仕方なく「");c_count=0;
n();
t4141();
t("」小さな声で呟きました。");n();
t("男は私の言葉を聞くいて、口元もゆがめて薄ら笑いを浮かべると私の手を離してくれました。");n();
t("「おい、今すぐしゃぶらせてやるぜ。");h("フェラチオ");
t("は初めてなんだろう、嬉れしくて天国にでも行った気分にしてやるぜ」と言いながら男はズボンを膝までおろしました。");n();
t("逞しくそそり立った男の物を目の前にして私は目眩がしてきました。");n();
t("腰が抜けたように私がその場でしゃがみ込むと、男は私の髪の毛を掴んで私の頭を男の股間に引き寄せました。");n();
}
function t1713(){
c_l("1713");
t("二人で駅までの道を歩きながら「");h("私の愛称");
t("こんなチャンス滅多にないんだからぜったいチャンスを逃したら駄目よ」と");h("女友達");
t("が私にお説教を始めました。");n();
t("「");h("男");
t("は見た目もかっこいいしお金ももってるし、女の子の扱いも上手だから女の子にはモテモテなんだから。油断してたら他の女の子にとられちゃうわよ」");n();
t("「他の女の子にとられないようにするには、");h("フェラチオ");
t("を上手になることが一番」");n();
t("「素敵な男の子を見つけて恋をしたいと思ってる女の子はみんな");h("フェラチオ");
t("上手になろうと頑張ってるんだから");h("私の愛称");
t("も頑張りなさいよ」と");h("女友達");
t("に言われて私は確かに");h("女友達");
t("の言う通りかもしれないと思いました。");n();
t("「最近の女の子は女子高生でも");h("フェラチオ");
t("が上手だからね、年下の女の子に");h("男");
t("をとられないように気をつけなさいよ」と");h("女友達");
t("に言われて私も頑張らなくちゃと思いました。");n();
}
function t1714(){
c_l("1714");
t("駅前近くの交差点で");h("女友達");
t("と別れた後、私は一人で歩きながら");h("男");
t("に");h("フェラチオ");
t("をする自分の姿を想像してみました。");n();
t("自分からはとても「");h("フェラチオ");
t("させて下さい」なんて言い出せないけど、");h("男");
t("に「俺が好きなら");h("フェラチオ");
t("するのは当たり前だろう、出来ないならつき合わないぜ、それでいいんだな」と迫られたらその時は絶対に断ったりしないと心に決めました。");n();
t("男性の");h("男性性器の愛称");
t("は普段はとっても小さいけれど、女の子に");h("フェラチオ");
t("してもらうと口の中で大きくなるとの話。");n();
t("舌を上手に使うと");h("男性性器の愛称");
t("が口いっぱいに大きくなって、堅さも増すのでそれが嬉しくて一度でも");h("フェラチオ");
t("すると");h("フェラチオ");
t("が大好きになるとか。");n();
t("それに色や形も男性によって一人一人みんな違うのでそれが");h("フェラチオ");
t("の楽しみだと先輩が合コンの時に話していたのを思い出しました。");n();
h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("はいったいどんな色や形をしてるのんだろうかと思うと今すぐにでも");h("フェラチオ");
t("したい気持ちが心の奥からわき上がってきました。");n();
t("舌先が");h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("の先端に触れるのを想像しただけで、私は体中が熱くなって一歩前に進む度に足が震えてきました。");n();
}
function t1715(){
c_l("1715");
t4();
t515();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1693();
t1694();
t4040();
}
function t1716(){
c_l("1716");
t4();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1692();
t4();
t1685();
t1717();
}
function t1717(){
c_l("1717");
as1717=new Array("1719","1718");
e_l(as1717);
}
function t1718(){
c_l("1718");
t1689();
t1713();
t1714();
t4();
t("部屋に戻ってドアを開けようとしたとき私は");h("男");
t("がまだ部屋の中に居るのか気になってドアのノブを静かに回してドアを紙一枚分くらいちょっとだけ開けてみました。");n();
t("ドアの隙間からちらっと部屋の中をのぞき見してみると玄関に女物の靴が置いてあるのが目に入って私はあれっと思いました。");n();
t("見かけない黒いエナメルのパンプスは大きなリボンが付いていてずいぶんとかわいらしいデザインでした。");n();
t("私の靴ではない女物の靴があるってことは、もしかしたら部屋に誰か女の子が居るのかもしれないと気がついて私は不思議な気がしました。");n();
t("いったいどうなってるんだろうと思って部屋の中を確かめようとドアを少しだけ開いてみると女の子の後ろ姿が目に入りました。");n();
t("女の子が四つんばいになってこちらにお尻を向けている前方に");h("男");
t("が大きく足を左右に開いてしゃがみ込んで居ました。");n();
t("「なかなか上手じゃないか、俺は");h("フェラチオ");
t("の上手な女としかつき合わないんだぜ」と");h("男");
t("が言うのを聞いて私はびっくりして腰を抜かしそうになりました。");n();
t("女の子がさらに前屈みになってお尻を突き出した格好になると、");h("下の表着");
t("がめくれ上がって");h("下着");
t("が丸見えになりました。");n();
t22();
t37();
t("私は");h("下着の柄");
h("お色気下着");
t("を見て、女の子が誰なのか見当が付きました。");n();
t509();
t709();
t("「通販で買ったの、すごく安かったので");h("お色気下着のセット");
t("をまとめ買いしたの」と今年入った");h("人物");
t("の");h("女の子の愛称");
t("がこれとまったく同じ");h("お色気下着");
t("を自慢してコーラス部の先輩に馬鹿にされていたのを思い出しました。");n();
t753();
h("女の子の愛称");
t("が私に借りた");h("講義");
t("の参考書を返しに来ると言っていたので、たまたま私が居ないときに私の部屋に来たらしいと判って私は腹が立ってきました。");n();
t2316();
t2317();
t705();
t2318();
t4439();
}
function t1719(){
c_l("1719");
t1689();
t1690();
t4041();
}
function t1720(){
c_l("1720");
t4();
t515();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1692();
t4();
t708();
t1685();
t1703();
t4();
t1705();
t1706();
t1707();
t1708();
t1721();
}
function t1721(){
c_l("1721");
as1721=new Array("1726","1725","1724","1723","1722");
e_l(as1721);
}
function t1722(){
c_l("1722");
t("不意に私の後ろから「");h("私の愛称");
t("助けて」と");h("女友達");
t("の声が聞こえてきたので私はびっくりして振り向きました。");n();
t661();
t("すぐ先の四つ角で");h("女友達");
t("が見知らぬ男に抱きしめられていて、男の手が");h("女友達");
t("の");h("下の表着");
t("の下に入れられているのがはっきりと見えました。");n();
h("女友達");
t("も痴漢に狙われたんだと判って私は、どうしていいのか判らなくなりました。");n();
t("「助けてお願い」と");h("女友達");
t("が甲高い声で叫ぶと、痴漢の男はすぐに");h("女友達");
t("の口に手をあてて声が出ないように口を塞ぎました。");n();
t("ともかく");h("女友達");
t("を助けるしかないと思って、私は思い切って");h("女友達");
t("を抱きしめている男に駆け寄って力一杯体当たりをしました。");n();
t("しかし男の体は私がぶつかってもびくともしませんでした。");n();
t("私の体は男にはね飛ばされてしまい、バランスを失ってその場に倒れ込んでしまいました。");n();
t("もう一人の痴漢が私に素早く駆け寄ると、私の体をしっかりと抱きかかえ起きあがらせました。");n();
t("痴漢の男の手がすぐに私の");h("下の表着");
t("の下に入ってくると");h("膣");
t("に指を押し入れてきました。");n();
t("男の太い指が私の");h("膣");
t("の奥まで入ってくると、指先が敏感な所を探し当てるように動いてきました。");n();
t("思いがけない感触が私の");h("膣");
t("に襲いかかると、私は足が震えて立って居られなくなりました。");n();
t("「おい、さっさと連れ込もうぜ、すぐそこにラブホテルが有るからそこでいい」と男が話しているのを聞いて私は怖くて体の震えが止まらなくなりました。。");n();
t("二人の痴漢の男達は私と");h("女友達");
t("を抱きかかえたまま強引にラブホテルに連れ込もうとしました。");n();
t("私はなんとかして逃げなければと思いましたが、男の指が");h("膣");
t("に入れられていてとても男に逆らえませんでした。");n();
t("ラブホテルの玄関を入ると、私と");h("女友達");
t("は痴漢の男達に部屋に連れ込まれました。");n();
t("「おい、二人ともフェラチオ大好きなんだろう『");c_count=0;
n();
t4141();
t("』とさっきみたいに言ってみろ」と痴漢の男が私と");h("女友達");
t("を怒鳴りつけてきました。");n();
t("男達に逆らったらどんな目に遭わされるのか私は怖くて想像もできませんでした。");n();
t("「言います、言えば良いんでしょう」と");h("女友達");
t("が吐き捨てるように言うと、痴漢の男達は目の前でズボンを膝まで下げました。");n();
t("大きくそそり立って真上を向いたものを目の前にして、私は思わず息をのみました。");n();
t("今までに見たこともないような不気味な色と形をした物は成熟した男の逞しさを誇らしげに見せつけていました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4142();
t("」と");h("女友達");
t("が大きな声でいった後、一瞬大きく息を飲み込んでから覚悟を決めたような口調で「");c_count=0;
n();
t4143();
t("」と後の言葉を続けました。");n();
t("男の顔を見上げながら「これで良いですか」と問いかけた");h("女友達");
t("の声は微かに震えていました。");n();
t("「おい、そっちの女はどうした」と男に言われて私も");h("女友達");
t("と同じ事を言わなければ何をされか判らないと私は怖くなりました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4142();
t4143();
t("」と私が小さな声で呟くように言うと男が大声で「声が小さくて、何いってるか判らないぜ、もっと大声で言うんだ」と私を怒鳴りつけてきました。");n();
t("私はもう一度今度はさっきより大きな声で「");c_count=0;
n();
t4142();
t4143();
t("」と男の顔を見上げながら言いました。");n();
t("私が恥ずかしい台詞を言い終わったとき男の");h("男根の表現");
t("が私の目の前で大きさを増して、反り返ってピクピクと動いたので私は体中がかっと熱く燃え上がりました。");n();
t("「御免なさい");h("私の愛称");
t("。私のせいでこんな事になって、みんな私が悪いの」と");h("女友達");
t("が涙を流して私に謝りました。");n();
t("「ううん、そんなことないの、私だって");h("フェラチオ");
t("大好きなんだから」と私が");h("女友達");
t("を慰めようと思って言うと、男の");h("男根の表現");
t("がまた何度も私の目の前で反り返りました。");n();
t("私は不味いことを言ってしまったと後悔しましたが、");h("女友達");
t("が「");h("私の愛称");
t("ありがとう。私って本当に");h("フェラチオ");
t("大好きなの」と返事をしたのを聞いてそれ以上はもう何も言えませんでした。");n();
h("女友達");
t("は覚悟を決めたようすで、男の");h("男根の表現");
t("に口を寄せて、舌先を使い始めました。");n();
h("女友達");
t("のほほに涙が流れるのが見えましたが、私には");h("女友達");
t("が嬉しくて涙を流しているのだとはっきりと判りました。");n();
t("このチャンスを逃したら、いつまた");h("フェラチオ");
t("させて貰えるのか判らない。");n();
h("フェラチオ");
t("するなら今やるしかないと思うと私は急に嬉しくなって涙がこぼれてきました。");n();
t("私も男の");h("男根の表現");
t("に口を寄せて、舌をのばしました。");n();
t4296();
}
function t1723(){
c_l("1723");
t("しばらく様子を見ながら歩いていくと、男は私にすこしづつ近づきながら後をつけてきました。");n();
t("ちょうど四つ角にさしかかったとき、私は角を曲がると大急ぎで駆け出しました。");n();
t("すぐ先にラブホテルがあるのが目に入ったので私はラブホテルの玄関に入ると受付の横に身を隠しました。");n();
t("男は私の後を追いかけて角を曲がったあと、私がラブホテルに逃げ込んだのには気がつかなかったようすで、ラブホテルの前を急ぎ足で通り過ぎていきました。");n();
t("私はこれでなんとかなったと一安心しましたが、すぐにラブホテルを出るのは心配でした。");n();
t("男が引き返してきて私を捜してラブホテルの玄関に入ってくるかもしれないと思って私はラブホテルの部屋を借りる事にしました。");n();
t("受付でお金を払って鍵をもらうと、エレベーターで三階に上がってひとまず部屋に入りました。");n();
t("テレビを見ながら時間を潰していると");h("男");
t("から携帯に連絡がありました。");n();
t("「今どこにいるの」と聞かれて私は今ラブホテルに居ると答えるのに躊躇しましたが、");h("男");
t("にラブホテルまで迎えにきてもらった方がいいと思って「いま駅前のホテルで休んでるんです、迎えにきてください」と");h("男");
t("にお願いしてみました。");n();
h("男");
t("が「これからすぐ行くから」と言ってくれたので私はこれで一安心と思ってやっと気分が楽になりました。");n();
t("私は");h("男");
t("を部屋に入れると誤解されると思って、玄関で");h("男");
t("を待とうと思って部屋を出ました。");n();
t("エレベーターで一階に下りて、受付前までいくとちょうど玄関の前をさっきの男らしい人影が通り過ぎるのが見えました。");n();
t("男と一緒に数人の別の男がラブホテルの玄関の前をうろついているのが見えて私は怖くなりました。");n();
h("男");
t("が迎えに来てくれても、相手の男が大勢だったらとてもかないそうにないのははっきりしたこと。");n();
t("私は部屋に戻るとどうしていいのか判らなくて");h("女友達");
t("に携帯で連絡してみました。");n();
t("「今駅前のラブホテルにいるんだけど」と私が");h("女友達");
t("に話すと、");h("女友達");
t("は「あら、");h("男");
t("と一緒なんでしょうよかったわね、フェラチオさせてもらったの」と言われてしまいました。");n();
t("私が事情を話すと");h("女友達");
t("に「それなら、ラブホテルに");h("男");
t("と朝まで一緒に居たら良いんじゃない、");h("私の愛称");
t("もその方がいいでしょう」と言われました。");n();
t("私はそれしか方法はないと思いましたが「");h("男");
t("に誤解されて変なことになっちゃうと困るから」と");h("女友達");
t("に言い返しました。");n();
t("「変なことになるんならそれはそれで良いじゃないの、せっかくのチャンスだから");h("私の愛称");
t("今度こそ自分から");c_count=0;
n();
t4141();
t("と");h("男");
t("にいいなさいよ、そうすれば何もかもうまく行くんだから」と");h("女友達");
t("に言われて私は「それもそうね」と曖昧に返事をしました。");n();
t("部屋の電話のベルがなったので私は慌てて携帯を切って、電話に出てみると受付から「待ち合わせの方がお見えになりました」と");h("男");
t("が来たのを伝えてきました。");n();
t("私は不安な気持ちで");h("男");
t("が部屋に来るのを待ちました。");n();
t("しばらくして部屋のドアをノックする音が聞こえたのでドアを半分開けると");h("男");
t("の笑顔が見えました。");n();
t("私はドアを開けて");h("男");
t("を部屋の中に案内すると");h("男");
t("は笑顔でベッドの前まで歩み寄りました。");n();
t("これでやっと一安心と思うと私はやっと気分が楽になってきました。");n();
t("朝まで");h("男");
t("に一緒に居てもらえばもう大丈夫と思うと私は自分の気持ちを抑えきれずに");h("男");
t("に夢中で抱きつきました。");n();
t("「お願い朝まで一緒にいて」と私が");h("男");
t("に精一杯甘えた声でおねだりすると");h("男");
t("も嬉しそうな口ぶりで「");h("私の愛称");
t("本当に僕が好きなんだね」と言ってくれました。");n();
t("「僕が本当に好きなら");h("私の愛称");
t("、僕に");h("フェラチオ");
t("してくれるよね。");h("フェラチオ");
t("してくれるんなら、僕も");h("私の愛称");
t("と朝まで一緒に居てあげるよ」と");h("男");
t("に言われて私は自分からお願いするしかないと心を決めました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4141();
t("」とやっとの事で言うと私は恥ずかしくて体が熱くなりました。");n();
h("男");
t("はズボンを脱いで、ベッドの端に座るとトランクスを膝までおろして足を大きく広げました。");n();
t("逞しくそそり立った物が私の目の前に剥き出しになって、私は目が離せなく成りました。");n();
h("男");
t("が得意げな顔でそそりたった物を指先でしごくと、それは見る間に大きさを増して天井めがけて真上に向きを変えました。");n();
t("見たことのないような不思議な形を目の前にして、私は思わず足が震えてきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("。今すぐ");h("フェラチオ");
t("したいんだろう」と");h("男");
t("が呟くのを聞いて、私は今すぐ");h("フェラチオ");
t("をさせて貰えるんだと判って嬉しくて胸が熱くなりました。");n();
t4296();
}
function t1724(){
c_l("1724");
t1709();
t("私のアパートのすぐ近くまで来たとき、私は近道をしようと公園の中を走り抜けようとしました。");n();
t("ちょうど公園の出入り口の横のトイレの近くまで来たとき、後ろから男が私の腕を掴んできました。");n();
t("私は男の手をなんとか振りほどくと、公園のトイレに逃げ込もうと思ってトイレのドアを開けようとしました。");n();
t("トイレのドアを何度も押したり引いたりしてみましたが、すぐにはドアが開きませんでした。");n();
t("やっとドアがあいてトイレの中に逃げ込もうとしたとき、私の後から男がトイレの中に入ってきました。");n();
t("狭いトイレの中で私は逃げる場所がありませんでした。");n();
t("私が男の体を押しのけようとすると、男は逆に私の体をトイレの中に押し込んできました。");n();
t("私の腕力ではとても男の力にかなうわけはありませんでした。");n();
t("男は私の体をトイレの壁に押しつけると私の腕を掴んでねじり上げてきました。");n();
t1711();
t1712();
t661();
t4296();
}
function t1725(){
c_l("1725");
t1709();
t1710();
t1712();
t("私はとっさに手を伸ばすと男のそそり立った物の下にぶら下がった玉を思い切りつよく握りしめました。");n();
t("男は「ぎぇー」と呻くと私の目の前で尻餅をついて目を白黒させていました。");n();
t("よっぽど痛かったらしくて、男は足をばたばたさせて体を何度も震わせました。");n();
t("私はすぐに立ち上がると急いでアパートまでの道を走り続けました。");n();
t("部屋に入ると");h("男");
t("がまだ私の帰りを待っていてくれました。");n();
h("男");
t("が私に気がついて立ち上がったのを見て、私は息せき切って");h("男");
t("の体に両手でしっかりと抱きつきました。");n();
t("私はさっきの男が私のアパートまで私の後を追いかけて来たのではと心配になって怖くて体が震えてきました。");n();
h("男");
t("は私の背中を何度もゆっくりとさすりながら私の唇を奪おうとしました。");n();
t("私が顔をそらせると");h("男");
t("は「");h("私の愛称");
t("、僕の事が大好きなんだろう。好きだから僕に抱かれたいんだろう」と私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私はともかく");h("男");
t("に部屋にいてもらいたい一心で「お願い、今日はずっと二人っきりで居たいの、朝まで一緒に居て」と精一杯甘えた声で");h("男");
t("におねだりをしました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("、僕の事が好きなら");h("フェラチオ");
t("やってくれるよね。僕の事が本当に好きなら");h("フェラチオ");
t("するのは当たり前だよね」と");h("男");
t("に言われて、私さっきマンションの駐車場でみた男の");h("男性性器の愛称");
t("が目に浮かびました。");n();
t("今ここで");h("男");
t("の機嫌を損ねたら、いつさっきの男が部屋に押し入ってくるか判りません。");n();
t("さっきの男の");h("男性性器の愛称");
t("と");h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("のどっちらかに");h("フェラチオ");
t("しなければいけないなら");h("男");
t("の");h("男性性器の愛称");
t("の方がよっぽどましです。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4141();
t("」と私が");h("男");
t("に返事をすると私は胸のつかえが取れて気持ちが楽になりました。");n();
h("男");
t("がズボンを下げると、私の目の前にそそり立った物が剥き出しになりました。");n();
t4296();
}
function t1726(){
c_l("1726");
t1709();
t1710();
t1711();
t1712();
t661();
t4296();
}
function t1727(){
c_l("1727");
t4();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1692();
t4();
t708();
t1685();
t1703();
t1704();
t4();
t("しばらく近くの公園で時間をつぶした後、小一時間程たって私はアパートに戻って見ることにしました。");n();
t("私の部屋のドアの前に立って、");c_count=0;
n();
t2313();
t2314();
t2316();
t("「さっきからずっとあの調子だ。うるさくてしょうがねえ。今度は俺が楽しませてもらうからな」と男に言われて私は気が遠くなりました。");n();
t2317();
t705();
t2318();
t4439();
}
function t1728(){
c_l("1728");
t("ちょうど駅前の本屋に通りかかったとき");h("女友達");
t("が「");h("私の愛称");
t("にぴったりの本があるから、今すぐ買って読みなさいよ」と言って本屋に入って行きました。");n();
t420();
t149();
t("私が慌てて");h("女友達");
t("の後から本屋の中に入っていくと、");h("女友達");
t("は週刊誌の売り場に行って今週号の");h("女性週刊誌");
t("を棚から取り上げました。");n();
t("「");h("女性週刊誌");
t("の今週の特集はね、『");h("フェラチオ上手な女");
t("』なのよね、");h("私の愛称");
t("もコレを読んで勉強しなさいね」と言って私に表紙を見せました。");n();
t("さっきから");h("女友達");
t("が話していた事はみんなその『");h("フェラチオ上手な女");
t("』に書いてある話の受け売りらしいと気がついて私は呆れて何も言えませんでした。");n();
t("特集記事は綴じ込みになっていて、中身がすぐには見えませんでしたがかなり過激な記事らしいのなんとなく判りました。");n();
}
function t1729(){
c_l("1729");
h("女友達");
t("に無理矢理私押しつけられて私は仕方なくレジで");h("女性週刊誌");
t("を買いました。");n();
}
function t1730(){
c_l("1730");
t("本屋を出て");h("女友達");
t("と分かれると、私はアパートに帰る事にしました。");n();
}
function t1731(){
c_l("1731");
t("アパートのすぐ近くまで来たとき私は");h("男");
t("と会う前に先に");h("女性週刊誌");
t("の記事を読んでおいた方がいいと思って、目の前の公園に入りました。");n();
}
function t1732(){
c_l("1732");
as1732=new Array("1733","1734");
e_l(as1732);
}
function t1733(){
c_l("1733");
t("並んだベンチにはカップルが並んでいて怪しげな雰囲気でした。");n();
}
function t1734(){
c_l("1734");
t("公園のベンチにはカップルが数組座っていて仲良く肩を寄せ合っていました。");n();
}
function t1735(){
c_l("1735");
t("ちょうど空いてるベンチが近くにあったので座って");h("女性週刊誌");
t("の綴じ込みを破きました。");n();
t("最初のページに");h("男性性器の愛称");
t("の断面図が大きなイラストで載せてあり、私はなるほど男の子の体はこうなってるんだと思って見入ってしまいました。");n();
t("次のページには使いで舌の使い方や喉の奥まで入れたときの注意事項なども書いてあり、");h("女友達");
t("が薦めてくれただけの事はあると納得しました。");n();
}
function t1736(){
c_l("1736");
h("女友達");
t("が私に");h("女性週刊誌");
t("を押しつけて「");h("私の愛称");
t("これ買いなさい」と言い出したので、私は慌てて");h("女性週刊誌");
t("を");h("女友達");
t("の手から取り上げて棚に戻しました。");n();
}
function t1737(){
c_l("1737");
t4();
t515();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1692();
t4();
t708();
t1685();
t1703();
t4();
t1705();
t1706();
t1728();
t1729();
t1730();
t4();
t1731();
t1732();
t1735();
t1742();
}
function t1738(){
c_l("1738");
t("夢中になって綴じ込みのページをめくっていると、私はすぐ近くのカップルの様子がなんだか変なのに気がつきました。");n();
t("女の子が男の子の腰に顔を寄せて、頭が上下に動くのをが見えて私はびっくりして二人の様子を横目でのぞき見しました。");n();
t("女の子が舌先を動かして男の子の");h("男性性器の愛称");
t("の先端をなめ回しているのがはっきりと見えました。");n();
t("私は目の前で起きている出来事が信じられなくて、女の子の口元を見つめたまま体がこわばって動けなくなりました。");n();
}
function t1739(){
c_l("1739");
t("不意に携帯の呼び出し音が聞こえて出てみると");h("男");
t("の声が聞こえてきました。");n();
t("「今どこにいるの、なかなか帰ってこないから、迎えに行こうか」と");h("男");
t("に言われて私はどうしていいのか判らなくなって返事ができませんでした。");n();
t("しばらくお互いに無言のまま時間が過ぎていきましたが、いつまでも黙っては居られないと思って「これから、すぐ帰ります」と仕方なく返事をしました。");n();
t("携帯をしまってベンチから立ち上がろうとしたとき、急に私のすぐ後ろから「");h("私の愛称");
t("ここに居たんだね」と");h("男");
t("の声が聞こえてきたので私はびっくりして振り向きました。");n();
h("男");
t("は私を捜して公園までやってきて、私を見つけてから私に携帯をかけてきたらしいと判って私は困ってしまいました。");n();
h("男");
t("は私の横に座ると私の手にした");h("女性週刊誌");
t("の記事を見て「");h("私の愛称");
t("もやっぱり");h("フェラチオ");
t("大好きだったんだね」と私の耳元で囁いてきました。");n();
t4490();
t4480();
t("不意に「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」という猫が皿のミルクをなめるような音が聞こえてきて私はなんの音だろうと思って音のする方向に視線を向けました。");n();
h("男");
t("も音に気がついて、私の視線の方向を確かめてようと顔を上げました。");n();
t("すぐ横のベンチに座った女が舌先を使うたびに「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」と音がするので私ははっとして息を飲みました。");n();
h("女性週刊誌");
t("の記事にも舌先を上手に使って「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」と音を立てると、雰囲気が盛り上がって相手の男性が喜ぶと書いてありました。");n();
t("アダルトビデオでも女優さんが「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」とわざと舌先をならして");h("フェラチオ");
t("するのが定番で、是非ともマスターしたいプロのテクニックだと紹介してありました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も、今すぐ");h("フェラチオ");
t("したいんだろう、");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう」と");h("男");
t("に言われて私はもう我慢できませんでした。");n();
t4144();
t("私は自分から「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と言うと体が一気に熱く燃え上がりました。");n();
h("男");
t("は嬉しそうな顔でベンチから立ち上がると、私の方に向き直ってズボンのベルトをゆるめました。");n();
t("ズボンのチャックを開けるともうすっかり大きくなった物が私の目の前にそそり立ちました。");n();
t("私は嬉しくて、口からよだれが出そうになりました。");n();
t4296();
}
function t1740(){
c_l("1740");
t71();
t("不意に携帯の呼び出し音がしたので慌てて出てみると「モシモシ」と男性の声が聞こえてきました。");n();
h("男");
t("の声だとすぐに気がついて「モシモシ、");h("男");
t("」と私が言うと「");h("私の愛称");
t("今なにしてるの、何処にいるの」と");h("男");
t("が聞いて来ました。");n();
t("「今公園に居ます、一人です」と私が返事をすると「一人でなにやってるのかな、気持ちいいことしてるんだろう」と");h("男");
t("にいきなり言われてしまいました。");n();
t("「そんなことないです、そんなことしてないです」と私が慌てて言い返すと「");h("私の愛称");
t("は、");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう、");h("フェラチオ");
t("したくなると、いつも一人でやってることがあるよね、今してるんだろう」と");h("男");
t("に追求されて私は返事に困ってしまいました。");n();
t("「いま指で何処触ってるの、気持ちいいところを触ってるんだろう、いつもしてるんだろう、");h("私の愛称");
t("気持ちいいこと大好きだよね。");h("フェラチオ");
t("とどっちがすきなのか言ってごらん」と");h("男");
t("に言われて私は頭の中が真っ白になってしまいました");n();
t("「もうやめて」と私が思わず");h("男");
t("に返事をすると");h("男");
t("は「何処を触ってるのかちゃんと言うんだ。そうしないと電話切るからね。もう二度と電話しないよ」と私を脅かしてきました。");n();
t("私はせっかく");h("男");
t("と親しくなるチャンスだったのに、そのチャンスを逃すのはもったいない気がして電話を切ることができませんでした。");n();
t("「あそこを触ってます」と私がやっとの事でかすれた声で返事をすると私は目に涙があふれてきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("いますぐ");h("フェラチオ");
t("したいんだね。");h("フェラチオ");
t("したいってちゃんと言うんだ、今すぐ言わないと電話切るよ」とまた");h("男");
t("は私を脅してきました。");n();
t4144();
t("私は自分でも何がなんだか判らなくなって「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」と大きな声で");h("男");
t("に返事をすると体中がかっと熱く燃え上がりました。");n();
}
function t1741(){
c_l("1741");
t("不意に私の太股をなで回す感触があって私ははっと息をのみました。");n();
t("顔を下に向けて太股を確かめると、私の座っている後ろから手が伸びて私の太股を撫で回しているのが目に入って私は急に寒気がしてきました。");n();
t("誰か知らない男性がさっきから私と");h("男");
t("が携帯で話しているのを聞いて居たのに違いないと思って後ろを振り向くと、ベンチの後ろが屈み込んで両手を伸ばしている男の姿が目に入りました。");n();
t("私はすぐにベンチから立ち上がろうとしましたが、男の両手が私の腰を挟みつけるようにして私の腿を押さえつけていてどうにも身動きできませんでした。");n();
t("「お願い助けにきて、今すぐきて。今痴漢にあってるの」と私が必死の思いで");h("男");
t("に助けを求めると、");h("男");
t("は「");h("私の愛称");
t("いつも公園で痴漢に会ってるんだろう、痴漢に遭いたくて公園に行ってるんだろう」と私を冷たい言い方でなじりました。");n();
t("「そんなことないです、お願い早く来て」と私が");h("男");
t("にお願いすると");h("男");
t("は「痴漢に遭ってるのが本当なら今痴漢に何をされてるのか言ってごらん」と言い返してきました。");n();
t("「指をいれられてるんです、お願い助けて」と私が");h("男");
t("に半分泣きながら答えると");h("男");
t("は「どこに指を入れられてるのかちゃんと言うんだ、言わないと電話切るよ」とまた私を脅かしてきました。");n();
t("痴漢の男は私と");h("男");
t("の会話を聞いていたらしくて、私の太股を掴んだ手に力が入ると私の足を左右にいっぱいに開かせてきました。");n();
t("痴漢の男の指先が");h("膣");
t("の中でくねくねと動き出すと私は腰が震えて止まらなくなりました。");n();
t("「どこが気持ちいいのか答えろよ、気持ちいいんだろう、さっさと答えろ」と");h("男");
t("に怒鳴りつけられて私は涙がこみ上げてきて返事が出来ませんでした。");n();
t("痴漢の男の指先が私の一番感じる所を探り当てて、強く押し回しながら指先を震わせてきました。");n();
t("私は「だめ、もういや、許して、なんでなの」と自分でも訳の分からない言葉を吐き出すだけで、");h("男");
t("と話を続けられなくなりました。");n();
t("いきなり携帯の通話が切れると、痴漢の男が手を伸ばして私が持っている携帯を取り上げました。");n();
}
function t1742(){
c_l("1742");
as1742=new Array("1743","1751","1744");
e_l(as1742);
}
function t1743(){
c_l("1743");
t1738();
t1739();
}
function t1744(){
c_l("1744");
t1738();
t1745();
t4285();
t1740();
t1741();
t1749();
}
function t1745(){
c_l("1745");
t("女の子が舌先を動かすたびに「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」と唾を吸い込む音が聞こえてきて私は体の奥から熱い噴流が吹き上げてきました。");n();
}
function t1746(){
c_l("1746");
t("と男の声が聞こえて私が後ろを振り向くと、ベンチの後ろの茂みから男が数人でてきて私を取り囲みました。");n();
}
function t1747(){
c_l("1747");
t("「おいこの女こんなところでテレホンセ××スしてやがるぜ、おまけに");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだぜ」");c_count=0;
n();
t1746();
}
function t1748(){
c_l("1748");
t("「おいこの女");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだぜ『");h("フェラチオ上手な女");
t("』なんて記事を読みながらオナニーしてやがる」");c_count=0;
n();
t1746();
}
function t1749(){
c_l("1749");
if((typeof v["テレホンセックス"] !="undefined") && (v["テレホンセックス"] == "あり")) { t1747();}else {t1748();}
t("黒いズボンに黒いシャツを着た男達は手に小さな懐中電灯を持っていて、公園でカップルの覗き見をしている痴漢達らしいと私は気がつきました。");n();
t("私はベンチから立ち上がって逃げ出そうとしましたが男の手が私の腿をしっかりと掴んでいて身動きができませんでした。");n();
t("男達は私の両手を掴んで押さえつけると、あごを掴んで口を無理矢理に開かせました。");n();
t("私の前にたった男がズボンのチャックを開けると、私の目の前に大きくそそりたったものが剥き出しになりました。");n();
t("「おい、しゃぶってもらおうか、しゃぶるのが大好きなんだろう」と男に言われて私は目眩がしてきました。");n();
t("男が腰を前に突き出すと、男の逞しい物の先端が私の唇に触れてきました。");n();
t661();
t4296();
}
function t1750(){
c_l("1750");
t("不意に私の膝頭に誰かの手が載せられたような感触があり、私ははっとして");h("下の表着");
t("から延びた足を見て確かめました。");n();
t("ベンチの後ろから誰か男の手が伸びて、私の左右の膝を押さえつけているのが見えて私はすぐにベンチから立ち上がろうとしました。");n();
t("しかし男の手がしっかりと私の腿を押さえつけて立ち上がろうとしても身動きできませんでした。");n();
}
function t1751(){
c_l("1751");
t1738();
t1745();
t4285();
t1750();
t1749();
}
function t1752(){
c_l("1752");
t("「それより、どっかでお茶でも飲んでいかない」と言って私が本屋から出ると、");h("女友達");
t("は「あなたの部屋で");h("男");
t("が待ってるんだから、");h("私の愛称");
t("はすぐ帰った方が良いわよ、お茶だったら私一人で飲むから」と言って駅の方角に歩き出しました。");n();
t("私は仕方なく、一人でアパートに戻る事にしました。");n();
}
function t1753(){
c_l("1753");
t("帰る途中でコンビニの前に通りかかると店の中でセーラー服を着た女子高生らしい女の子がさっきの");h("女性週刊誌");
t("を立ち読みしているのが目に入りました。");n();
t("あれっと思って店の前で立ち止まってよくよく女子高生が手に持った雑誌を確かめましたがやはり表紙に");h("フェラチオ上手な女");
t("と大きな赤い文字で書いてあり間違いありませんでした。");n();
t("綴じ込み付録のページは破いてあるらしくて、ページをめくる女子高生の顔つきがなんだか恥ずかしそうに赤らんでいるのがガラス越しに見えました。");n();
t("最近は女子高生でも");h("フェラチオ");
t("なんか当たり前と先輩が話していたのを思い出して、やっぱり最近の女子高生は凄いなとびっくりしてしまいました。");n();
}
function t1754(){
c_l("1754");
t("私も");h("女性週刊誌");
t("を立ち読みするくらいだったら良いいと思ってコンビニの中に入ろうとしたとき、女子高生の様子が何だか変なのに気がつきました。");n();
t("頬が引きつったように硬直して目つきも何処を見ているのか判らない変な顔でした。");n();
t("私は女子高生のすぐ後ろに茶色のジャンパーを着た中年の男が立っているのに気がついてもしかしたらと思い当たりました。");n();
t("女子高生の顔つきは通学電車の中で痴漢に遭っている時の顔によく似ていると思って私は女子高生の顔をよくみて確かめました。");n();
t("眉が変な形にゆがんで瞼が少し閉じ加減になった顔は、やはり地下鉄の中で痴漢に遭っている女子高生の顔によく似ている雰囲気でした。");n();
t("まさかコンビニで立ち読みしている女子高生に痴漢する男がいるなんて、あり得ないと思いましたが、女子高生の立っている場所はレジから死角になっていて絶対あり得ないという話でもないと思いました。");n();
}
function t1755(){
c_l("1755");
t("私はコンビニに入ってレジの前を通り過ぎて、週刊誌売り場のそばまでゆっくりと忍び足で近づきました。");n();
t("痴漢の男は私には気がついていないらしくて、女子高生の背中に体をぴったりと寄せて女子高生のお尻に手を伸ばしていました。");n();
t("私はやっぱりと思いましたが、どうしていいのか判らずに黙って立ちつくすしかできませんでした。");n();
}
function t1756(){
c_l("1756");
t("最初のページに");h("男性性器の愛称");
t("の断面図が大きなイラストで載せてありそのリアルな形を見て私は思わず足が震えてきました。");n();
}
function t1757(){
c_l("1757");
t("しばらく様子を見ていると、女子高生は手にしていた");h("女性週刊誌");
t("を棚に戻すと棚の奥からもう一冊");h("女性週刊誌");
t("を取り出して、レジに向かいました。");n();
t("女子高生のスカートは後ろがめくれ上がっていて、白いレース模様の");h("下着");
t("がはっきりと見えていました。");n();
t("私は女子高生に一言声をかけようかと思いましたが、黙って居ることにしました。");n();
t("女子高生はレジに並びながら、右手を後ろに回してめくれあがったスカートを直していました。");n();
t("痴漢の男は女子高生から離れてわざと店の中をわざと遠回りしてコンビニの入り口から外にでると、何処かに姿を消してしまいました。");n();
}
function t1758(){
c_l("1758");
t("女子高生がコンビニを出た後で、私はさっき女子高生が立ち読みしていた場所に行ってみました。");n();
t("棚に置いてある");h("女性週刊誌");
t("を手にとって確かめてみると、やはり綴じ込み付録が破いてありました。");n();
t("私は急に胸がドキドキしてきて");h("フェラチオ上手な女");
t("の記事を読んでみたい気持ちを抑えられませんでした。");n();
t("思い切って綴じ込みを開いてみると、");n();
t1756();
t("こんな凄い記事を女子高生が見ていたなんてとても信じられなくて、私は体中がぞくぞくして息が詰まりそうになりました。");n();
t("こんな記事を読んでたら痴漢に遭うのは当たり前と思って私はすぐに綴じ込みのページを閉じて");h("女性週刊誌");
t("を棚に戻しました。");n();
}
function t1759(){
c_l("1759");
h("女性週刊誌");
t("を買わずにコンビニを出ようと思った物の、私は残りの記事を読んで見たい気持ちが抑えられませんんでした。");n();
t("最初のページにあんなに凄いイラストが載ってるくらいだから、残りの記事にはもっと凄い事が書いてあるに違いないと思うと私は");h("女性週刊誌");
t("を買いたくて我慢できませんでした。");n();
t("私は一瞬立ち止まってから後ろに振り向いて、さっきの本棚の前まで戻りました。");n();
t("本棚の奥からまだ綴じ込みを破いていない");h("女性週刊誌");
t("を取り出してレジに向かいました。");n();
}
function t1760(){
c_l("1760");
t("私はレジの男の子に");h("女性週刊誌");
t("の表紙に大きく書いてある");h("フェラチオ上手な女");
t("という文字を見られたくなくて表紙を裏にしてレジに出しました。");n();
}
function t1761(){
c_l("1761");
h("女性週刊誌");
t("を包んだポリ袋を持ってコンビニを出ると、私はこのままアパートに戻るわけにはいかないと思いました。");n();
h("男");
t("にこの");h("フェラチオ上手な女");
t("の記事を見られたら、");h("男");
t("にどう思われるのかは分かり切った事。");n();
h("男");
t("に「今すぐ");h("フェラチオ");
t("してくれるよね」とか言い出されれて、断ったりすれば機嫌を損ねるし、言われた通りに");h("フェラチオ");
t("して淫乱な女だと思われてもそれはそれでやっかいな事になりそうだとあれこれ考えました。");n();
t("ちょうどコンビニの裏手に公園があるので、公園で");h("女性週刊誌");
t("を読んで、そのあとはゴミ箱に捨ててしまえばいいと私は思いつきました。");n();
t("角を曲がって横道に入ると、公園の入り口が見えてきました。");n();
}
function t1762(){
c_l("1762");
t("不意に女の子の話し声が聞こえたので、声のする方向に目をやるとさっきコンビニで痴漢にあっていた女子高生らしい姿が目に入りました。");n();
t("さっきの女子高生も私と同じにこの公園に");h("女性週刊誌");
t("の記事を読みに来たらしいと気がつきましたが何だか女子高生の様子が変でした。");n();
}
function t1763(){
c_l("1763");
t("腿を左右に大きく開いているので、丈の短いセーラー服のスカートがめくれ上がって");h("下着");
t("が丸見えになっていました。");n();
}
function t1764(){
c_l("1764");
t("途切れ途切れに女子高生の声が聞こえてきましたが、女子高生の左手が");h("下着");
t("の中で変な動きをしているのが見えて私はすぐには何をしているのか判りませんでした。");n();
t("女子高生の左手が微かに震えるように動くと、女子高生は喉の奥から何度も小さなうめき声を吐き出しました。");n();
t("携帯の相手に何か指示されているらしくて、女子高生が指の動かすたびに腿が引きつって左右に開いたり閉じたりを繰り返しました。");n();
}
function t1765(){
c_l("1765");
t("右手で携帯を持って誰かと話をしているらしくて、");c_count=0;
n();
t1764();
t("私は女子高生が誰かと「テレホンセ××ス」をしてるらしいと、何となく気がつきました。");n();
h("女性週刊誌");
t("の過激な記事を読んで我慢しきれなくなって、知ってる男の子に携帯で電話して「テレホンセ××ス」を始めてしまったらしいと判って私は急に体が熱くなってきました。");n();
t("自分も誰か男の子に指図されてテレホンセ××スしたらどんな気持ちに成るんだろうと思うと体の奥から熱い噴流がわき出してきました。");n();
}
function t1766(){
c_l("1766");
t4();
t515();
v["その後"]="女友達と知り合い男の子を紹介される";
t1695();
t1698();
t1692();
t4();
t708();
t1685();
t1703();
t4();
t1705();
t1706();
t1728();
t1736();
t1752();
t4();
t1767();
}
function t1767(){
c_l("1767");
as1767=new Array("1781","1775");
e_l(as1767);
}
function t1768(){
c_l("1768");
as1768=new Array("1783","1784","1774");
e_l(as1768);
}
function t1769(){
c_l("1769");
t("コンビニの前を通りかかると、さっき");h("女友達");
t("が私に勧めてくれた");h("女性週刊誌");
t("が雑誌の売り場に並んで居るのが目に入りました。");n();
}
function t1770(){
c_l("1770");
t("私は");h("女性週刊誌");
t("にどんな記事が書いてあるのか気になってコンビニに入ってみました。");n();
t("ちらっと店の中を見回して見ると、店には客がいないみたいなので私は一安心しました。");n();
}
function t1771(){
c_l("1771");
t("奥の雑誌売り場の前まで行ってってみると、女子高生らしい女の子が棚の横でコミック雑誌を立ち読みしていました。");n();
t("私は女子高生の横を通り抜けて週刊誌の棚に歩み寄るとに棚から");h("女性週刊誌");
t("を取り上げました。");n();
t("表紙に大きな赤い文字で");h("フェラチオ上手な女");
t("で書いてあるので恥ずかしくなりましたが勇気をだしてページをめくってみました。");n();
t("綴じ込みのページは誰かが破いたらしくて、ドキドキしながらページをめくると");c_count=0;
n();
}
function t1772(){
c_l("1772");
t("私がびっくりしてイラストを見つめていると、不意に横に人の気配がしてはっとしました。");n();
t("もしかして店の店員に立ち読みしているのが見つかったのかもしれないと思って私はなんだかいやな予感がしました。");n();
t("こんなエッチな記事を立ち読みしてくのがばれたら恥ずかしくてこのコンビニで買い物できなくなるし、近所で噂にでもなったら大変。");n();
t("綴じ込みを破いたので買って下さいと言われても困ると思って、そっと横目で様子を伺うとさっきまでコミックの立ち読みをしていた女子高生が棚にコミックを戻そうとしてるのが目に入りました。");n();
t("私が立っているとじゃまらしいので私はちょっとだけ足をずらせて、女子高生の手が棚に届きやすいように横に動きました。");n();
t("女子高生は棚にコミックを戻すと、他に立ち読みするコミックを探してる様子でしたがなんだか変な素振りでした。");n();
t("私が見ている");h("フェラチオ上手な女");
t("の記事が気になるらしくて、横目でちらっと盗み見をしては棚に手を伸ばしてコミックを探してる振りをしてるらしいのです。");n();
t("私はこんな記事を読むのは女子高生にはまだ早いと思いましたが、年頃の女の子ならエッチなことに興味があるのは仕方のないこと。");n();
t("女子高生が立ち読みしたいなら、立ち読みさせてあげた方がいいと思って");c_count=0;
n();
}
function t1773(){
c_l("1773");
t("私は手にした");h("女性週刊誌");
t("を棚に戻すと、一つ奥に置いてある綴じ込みの破いていない");h("女性週刊誌");
t("を手にとってレジに急ぎました。");n();
}
function t1774(){
c_l("1774");
t("私はもうとても我慢できなくて携帯を取り出すと");h("女性週刊誌");
t("の裏表紙に書いてあるテレクラの電話番号にかけてみました。");n();
t("電話の呼び出し音が携帯から聞こえてくると私は手が震えてきて携帯を落としそうになりました。");n();
t("呼び出し音がとぎれてすぐに「モシモシ」と低い男の声が聞こえてきて私は心臓が握りつぶされたように苦しくなりました。");n();
t("「今一人」と男に聞かれて「そうです」と私が答えると「じゃあ、ゆっくりおしゃべりできるね」と男に言われて私は少しだけ気分が楽になりました。");n();
t71();
t2630();
t1750();
t1749();
}
function t1775(){
c_l("1775");
t1769();
t1770();
t1771();
t1756();
t1772();
t1773();
t1760();
t4();
t1761();
t1780();
t1732();
t1735();
t("しばらく記事を読んでいると、セーラー服を着た女子高生が一人で歩いてきて私のすぐ近くのベンチに座りました。");n();
t("公園のベンチはカップルばかりなのに何で女子高生が一人で公園に来たんだろうと思って不思議な気がして様子を見ていると女子高生は鞄から週刊誌を取り出して読み始めました。");n();
t("週刊誌の表紙には");h("フェラチオ上手な女");
t("と大きな赤い文字が見えて、私はこの女子高生がさっきコンビニでコミックを立ち読みしていた女子高生だと気がつきました。");n();
t("私が");h("フェラチオ上手な女");
t("の記事を立ち読みしているのを盗み見して興味を持って、");h("女性週刊誌");
t("を買って公園に読みに来たのに違いないと私は確信しました。");n();
t1776();
}
function t1776(){
c_l("1776");
as1776=new Array("1777","1778");
e_l(as1776);
}
function t1777(){
c_l("1777");
t("女子高生が");h("女性週刊誌");
t("の裏表紙を見ながら携帯で電話しているのが見えて私はあれっと思って自分が手にしている");h("女性週刊誌");
t("の裏表紙を確かめてみました。");n();
t57();
t("男女のカップルのイラストの下に「素敵な彼氏が今すぐ見つかる」と大きく書いた文字が書いてありその下にフリーダイアルの電話番号が書いてありました。");n();
t("「");h("テレホン倶楽部名");
t("」という名前を見て私はこれはもしかして「テレホンクラブ」の電話番号かもしれないと思い当たりました。");n();
t("「テレホンクラブ」と言えば、見知らぬ男性とエッチな会話をして楽しむ危ない遊び。");n();
t("遊び慣れた男性が多いから、ついつい楽しくて話に夢中になったりすると後が大変。");n();
t("うっかり誘いに乗って男性と待ち合わせなんかしたら援助交際を持ちかけられるのが当たり前。");n();
t("まだ女子高生なのに「テレホンクラブ」になんか電話したりして、どうゆうつもりなんんだろうと私は心配な気持ちになりました。");n();
t("相手の男がすぐに電話に出たらしくて、女子高生は右手に携帯を持って小声でしゃべり始めました。");n();
t("女子高生の座っているベンチまではかなり距離があるのではっきりとは会話が聞き取れませんでしたがすぐにエッチな話が始まったらしくて女子高生の様子が変でした。");n();
t1764();
t("私は女子高生がテレホンクラブの客の男と「テレホンセ××ス」をしてるらしいと気がつきました。");n();
h("女性週刊誌");
t("の過激な記事を読んで興奮して我慢できなくなって、それで「テレホンクラブ」に電話して「テレホンセ××ス」をしてるんだと判って私は急に体が熱くなりました。");n();
t1768();
}
function t1778(){
c_l("1778");
t("私はしばらく女子高生の様子を見ていましたが、女子高生は夢中になって");h("女性週刊誌");
t("の記事を読みふけっていて私には気がついていないようでした。");n();
t("私は読み終わった女性週刊誌をどこかに捨てようと思ってゴミ箱を探しましたが、公園の中にはゴミ箱らしい物は見あたりませんでした。");n();
t("きっとトイレにはゴミ箱が有るだろうと思って、公園の中を見回してみると公園の奥の入り口から高校生らしい男の子が入って来るのが見えました。");n();
t("男の子は近くの高校の制服を着ていて、ベンチに座って");h("女性週刊誌");
t("を読みふけっている女子高生に声を掛けていました。");n();
t("二人は知り合いらしくて気軽に挨拶を交わすと、男の子がベンチに座った女の子の前に立ちました。");n();
t("私があれっと思っていると、男の子は制服のズボンのチャックをおろしてズボンを膝までおろしました。");n();
t("青いチェックのトランクスの前あきからはもうすっかり大きくなった逞しいものが女子高生の顔に向かってそそり立っていました。");n();
t("女子高生が男の子の股間に顔を近づけると口を開いて舌の先端を突き出しました。");n();
t("私は自分の目の前で起きている事が信じられなくて、膝が震えてきました。");n();
h("女性週刊誌");
t("の過激な記事を読んで興奮して我慢できなくなって男の子に");h("フェラチオ");
t("させて欲しいとせがんだらしいと判って私は気が遠くなりました。");n();
t("女子高生は巧みに舌先を動かすと、頭を前後にゆすったり左右に振ったりと");h("女性週刊誌");
t("に書いてあるテクニックを実際にやり出しました。");n();
t("女子高生が舌先を使いながら息を吸い込んでいるらしくて「");c_count=0;
n();
t4300();
t("」という音がはっきりと聞こえてきて、私は頭が狂いそうになりました。");n();
t1779();
}
function t1779(){
c_l("1779");
as1779=new Array("1783","1784");
e_l(as1779);
}
function t1780(){
c_l("1780");
t("薄暗い公園に入ると、");c_count=0;
n();
}
function t1781(){
c_l("1781");
t1753();
t1754();
t1755();
t1757();
t1758();
t1759();
t1760();
t4();
t1761();
t1780();
t1732();
t1735();
t1762();
t1763();
t1765();
t1782();
}
function t1782(){
c_l("1782");
as1782=new Array("1783","1784");
e_l(as1782);
}
function t1783(){
c_l("1783");
t4285();
t1750();
t1749();
}
function t1784(){
c_l("1784");
t4285();
t1740();
t1741();
t1749();
}
function t1785(){
c_l("1785");
as1785=new Array("1715","1716","1727","1720","1737","1766");
e_l(as1785);
}
function t1786(){
c_l("1786");
level_up("1812");
t1824();
}
function t1787(){
c_l("1787");
level_up("1813");
t1824();
}
function t1788(){
c_l("1788");
level_up("1814");
level_up("1817");
t1824();
}
function t1789(){
c_l("1789");
level_up("1814");
level_up("1819");
t1824();
}
function t1790(){
c_l("1790");
level_up("1814");
level_up("1818");
t1824();
}
function t1791(){
c_l("1791");
h("男");
t("は古本屋を出るとさっさと先に歩いていきます。");n();
t("私はあわてて後を追いかけました。");n();
h("男");
t("はすこし先のケーキ屋の角をまがると、小さな小道に入っていきました。");n();
t("どうも私の大学の裏手のあたりのようでしたが、曲がり角を何度かまがるともうどこがどこだか分からなくなってしまいました。");n();
}
function t1792(){
c_l("1792");
t("やがて道幅が狭くなり小さな坂を下ると、アパートが何件か並んでいました。");n();
h("男");
t("はせまい階段をのぼって私を部屋に案内してくれました。");n();
t670();
}
function t1793(){
c_l("1793");
t("やがて公園の森の隣に、古びたマンションが見えてきました。");n();
h("男");
t("は「こっちだ」と言いながら階段を先に上がっていきました。");n();
t("あとから着いていくと、");h("男");
t("はポケットが鍵をだして部屋のドアをあけました。");n();
h("男");
t("の後から部屋にはいるとなんだか様子が変でした。");n();
t("台所には何もなく、床にカップラーメンの食べたあとがたくさん積み上げてありました。");n();
t("部屋の一つに案内されましたがやはりそこには何もありませんでした。");n();
t("いきなり");h("男");
t("が私を押し倒そうとしてきました。");n();
t("私はやっと空屋に連れ込まれたのに気がつきました。");n();
}
function t1794(){
c_l("1794");
t("後学期になって新しい講義が始まりました。");n();
t("発達心理学の最初の授業で「教員免許をとるには統計の単位がいるので、早めに取っておきなさい」と先生がみんなに注意していました。");n();
t("「統計の単位を落として免許をとれなくて留年する学生がよくいますから」と先生は困った顔をしていました。");n();
t("私はまだ今年は取らなくても大丈夫と思っていたので、あわてて統計の単位を取ることにしました。");n();
t("時間割を見直してみるとちょうどあいてる時間なので助かりました。");n();
}
function t1795(){
c_l("1795");
t("授業にでてみると、先生はいきなり難しい数式を黒板いっぱいに書き並べはじめました。");n();
t("ほかの学生達はいそいで黒板の式をノートの書き写していました。");n();
t("私もあわててノートに式を書き写しました。");n();
t("最初の授業にでていないせいか先生の話は難しくてさっぱり分かりませんでした。");n();
t("授業が終わってもう一度ノートを見直してみましたがやっぱり全然わかりませんでした。");n();
}
function t1796(){
c_l("1796");
if((typeof v["相談相手"] !="undefined") && (v["相談相手"] == "女友達")) {h("女友達");
}if((typeof v["相談相手"] !="undefined") && (v["相談相手"] == "先輩")) {t("先輩");}c_count=0;
n();
}
function t1797(){
c_l("1797");
t1796();
t("に相談してみると「あの先生の授業は聞いてもぜんぜんわからないので有名だから」と言われて愕然としました。");n();
t("「公式さえ覚えれば試験で単位はとれるから、自分で参考書を買って勉強すればいい」と言われました。");n();
t("「試験問題はクラブの先輩が毎年集めたのがあるから、それで勉強すればいいの」と言われてやっぱり、あの先生の授業では分かるわけないと思いました。");n();
t("私はさっそく");c_count=0;
n();
t1796();
t("がすすめてくれた");h("参考書");
t("を買うことにしました。");n();
}
function t1798(){
c_l("1798");
t735();
t1797();
}
function t1799(){
c_l("1799");
t("私は");h("女友達");
t("と一緒に大学の近くの本屋に行ってみましたが値段がかなり高くてとてとても買えませんでした。");n();
t("先輩の話では近所に古本屋があって大学で使ってる教科書や参考書が安く手に入るとの事でした。");n();
h("女友達");
t("が一度その古本屋に行った事があるというので、二人で古本屋まで行くことにしました。");n();
t("大学の裏手の坂道をくだって路地を入ると、そられしい店が見えてきました。");n();
t("卒業するとき先輩がいらなくなった教科書を古本屋に売るらしくて、授業で使う本が山のように積み上げてありました。");n();
t("値段も随分と安くて");h("女友達");
t("も喜んでいました。");n();
}
function t1800(){
c_l("1800");
t("私と");h("女友達");
t("は一冊づつ参考書を買うと大学に戻ろうとしましたが");h("女友達");
t("が近道があるからと教えてくれました。");n();
t("古本屋の少し先に公園があって、そこから大学の裏門に通じる道があるという話しでした。");n();
h("女友達");
t("に案内されて公園まで行くと、道は狭い階段で見た目にも危ない気がしました。");n();
h("女友達");
t("が先に階段を登り始めたので私もすぐ後から一緒に階段を昇りました。");n();
t("すぐ目の前に");h("女友達");
t("のハイヒールの踵が見えたので私は危ないなと思って声を掛けようとしました。");n();
t("いきなり");h("女友達");
t("の足元が滑って体が階段に倒れかかると、階段に腹這いになった格好で階段の下までずり落ちて来ました。");n();
t("私の体も");h("女友達");
t("に押し倒されて階段の下の地面に背中が叩きつけられました。");n();
}
function t1801(){
c_l("1801");
t("私は息が苦しくてしばらく立ち上がれませんでしたが、公園で子供と遊んでいたお母さんが駆け寄ってきて起こしてくれました。");n();
t("私は背中が痛いだけであとは怪我もなくて普通に立ち上がりましたが");h("女友達");
t("は足が痛くて動けませんでした。");n();
t("すぐに救急車を呼んで私は");h("女友達");
t("と一緒に病院まで行きました。");n();
t("救急病院でレントゲンを撮って貰うと左手首が骨折してると判って私は大変なことに成ったと胸が締め付けられる思いでした。");n();
t("転げ落ちるとき、手を突いて骨折したらしいと整形外科の先生がレントゲンの写真を見ながら説明してくれました。");n();
t("しばらく入院することになるとの事だったので私は");h("女友達");
t("の親戚に連絡して来てもらうことにしました。");n();
}
function t1802(){
c_l("1802");
t("翌日病院の近くで花を買って");h("女友達");
t("のお見舞いに行くと痛みもなく元気そうにしていたので私は安心しました。");n();
t("すぐに退院できるとの話しなので私は安心してやっと気分が楽になりました。");n();
}
function t1803(){
c_l("1803");
t("しばらく大学の話しやクラブの話しをしてから私は帰ろうとしましたが「ちょっとまって」と");h("女友達");
t("に引き留められました。");n();
}
function t1804(){
c_l("1804");
t736();
t1797();
v["参考書"]="統計学入門";
t("しかし大学の近くの本屋で探してみると値段がかなり高くてとてとても買えませんでした。");n();
t("それで大学の近くに古本屋があったのを思いだして寄ってみました。");n();
}
function t1805(){
c_l("1805");
t("後学期になって新しい講義が始まりました。");n();
v["参考書"]="教育六法";
t("教育法規の最初の授業で「教科書のほかに、");h("参考書");
t("の本をかならず買って下さい」と先生に言われました。");n();
t("授業のあと");h("女友達");
t("と大学の生協にいくと");h("参考書");
t("が山のように積み上げてありました。");n();
t("結構値段が高かったのですが、買わないわけには行かないので私と");h("女友達");
t("は一冊づつ買いました。");n();
t("アパートに帰ってから夕食の後、一応読んで置こうと思って少し読んでみましたが全然なにがなんだか分かりませんでした。");n();
}
function t1806(){
c_l("1806");
t("試験が近くなって先輩に話を聞いてみると、教育基本法は全部暗記してその他の法規もひたすら覚えられるだけ暗記しないといけないらしくてびっくりしました。");n();
t("いまからでは間に合わないかもと思いながら夜遅くまで必死で暗記しました。");n();
}
function t1807(){
c_l("1807");
t("もうすぐ試験が近い頃早めに授業の席を取ろうと思って、机に");h("参考書");
t("と教科書とカバンを置いてからトイレにいきました。");n();
t("戻ってみるとカバンの上に載せた");h("参考書");
t("がありませんでした。");n();
t("私はどうしたのかしらと記憶をたどりましたが、やっぱり");h("参考書");
t("をカバンの上においたのに間違いありませんでした。");n();
t("ほかの友達が席につきはじめたので「私の");h("参考書");
t("みなかった」と聞いてみました。");n();
t("しかし誰も心当たりはないそうでした。");n();
t("授業が終わって友達が席を立つと教室には私と");h("女友達");
t("だけが残りました。");n();
h("女友達");
t("は「きっと誰かが盗んで持っていったに違いないわ」と言います。");n();
t("「最近教科書やお金とかがよく盗まれるらしいの」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("私はそんなことないはずと思いたかったのですがやっぱり盗まれた以外説明のつきようがありませんでした。");n();
}
function t1808(){
c_l("1808");
t("教務の窓口までいって");h("参考書");
t("を盗まれたと事務の人に話しました。");n();
t("すると「荷物には気をつけて下さい」と言うだけでなにもしてくれようとはしませんでした。");n();
t("私は試験も近いしどうしようかと思いました。");n();
t("かなり高い本なので今月は余裕がありませんでした。");n();
t("大学の近くに古本屋があったのを思いだして行ってみることにしました。");n();
}
function t1809(){
c_l("1809");
t("店の棚をいろいろ探してみましたが見あたりませんでした。");n();
t("奥に座っている店番のおばさんに聞いてみると、もう売れてしまってないとのことでした。");n();
t("私はいったいどうしようかとおばさんの前にしばらく立ったまま考えこんでしまいました。");n();
}
function t1810(){
c_l("1810");
t("ちょうどすぐそばで本を見ていた男の子");v["男"]="男の子";
t("が、");h("参考書");
t("だったら自分が持っているからただで譲ってくれるといいます。");n();
t670();
h("男");
t("は「アパートはすぐ近だから、今から取りに行くからここで待ってて」と言います。");n();
t("私はわざわさ取りに行って戻ってきてもらうのも悪いと思い「私も一緒にいきます」と答えました。");n();
}
function t1811(){
c_l("1811");
as1811=new Array("4004");
e_l(as1811);
}
function t1812(){
c_l("1812");
t1791();
t1792();
t1811();
}
function t1813(){
c_l("1813");
t4();
t1791();
t1793();
t4003();
}
function t1814(){
c_l("1814");
t4();
t1791();
t1792();
t1815();
}
function t1815(){
c_l("1815");
as1815=new Array("1817","1818","1819");
e_l(as1815);
}
function t1816(){
c_l("1816");
h("参考書");
t("を受け取って");h("男");
t("のアパートを出ると、帰り道がどちらなのか見当が付きませんでした。");n();
t("ともかくどっかに歩けばしってる道に出るだろうと思って歩き出すと細い道の先は公園になっていました。");n();
}
function t1817(){
c_l("1817");
t1816();
t("公園を通り抜ければいいと思って公園のトイレ前まで来ましたが、周りを見回しても公園をでる道は今来た道以外見当たりませんでした。");n();
t("ひとまずトイレに入って用を足して、");c_count=0;
n();
t3942();
}
function t1818(){
c_l("1818");
t1816();
t("公園の先は行き止まりになっているようでしたが、行ってみると急な崖になっていて下に降りる階段が見えました。");n();
t("階段を降りた下は、大学の裏手のお寺の境内でした。");n();
t("これなら階段を降りた方が早いと思って、急な石畳の階段をゆっくりと下りました。");n();
t("もうすぐ下に着く頃に急に足元が滑って階段の上にすとんと尻餅を着いて座り込んでしまいました。");n();
t("なんとか起きあがろうとしましたが、足を捻挫したらしくてすぐには立ち上がれませんでした。");n();
t("階段に座り込んだまま、いったいどうしようと途方に暮れていると上の公園から誰かが会談を降りてくる足音がしました。");n();
t681();
t("見上げてみると、見かけない");h("男");
t("が私に気づいたらしくてゆっくりとした足取りで私のすぐ横まで降りてきました。");n();
t("「すみません、足を捻挫したみたいなんです」と私が言うと");h("男");
t("は急に私の体を後ろから抱きかかえてきました。");n();
v["手をつく所"]="階段";
v["姿勢"]="前に手をついて前かがみ";
t4441();
}
function t1819(){
c_l("1819");
t1816();
t("公園の先は、行き止まりのような気がして道を戻ろうと振り返るとちょうど角を曲がって男の子が通りかかりました。");n();
t("どっかで見た顔だと思って見ていると男の子も私に気が付いた様子で笑顔を作って手を振って合図しました。");n();
t678();
t602();
t("どうもコーラス部で以前会ったことのある");h("男");
t("の様でした。");n();
t("ちょうどよかったと");h("男");
t("に帰り道の道順を聞くと、公園の先に階段があってそこを降りるのが近道だと教えてくれました。");n();
t("同じ方角に行くところだったということで途中まで案内してくれることになり、私は公園を通って突き当たりの手すりまで二人で歩きました。");n();
t("手すりの先は高い崖になっていて斜めに石の階段があり、下は大学の裏のお寺だと");h("男");
t("が教えてくれました。");n();
t("二人で狭い階段を降り始めると、途中で");h("男");
t("はいきなり私を突き飛ばして階段に倒れ込ませて私の上にのしかかってきました。");n();
v["手をつく所"]="階段";
v["姿勢"]="前に手をついて前かがみ";
t4441();
}
function t1820(){
c_l("1820");
as1820=new Array("1812","1813","1814");
e_l(as1820);
}
function t1821(){
c_l("1821");
t1805();
t1806();
t1807();
t1808();
}
function t1822(){
c_l("1822");
t4();
t1794();
t1795();
t1804();
t1809();
t1810();
t1820();
}
function t1823(){
c_l("1823");
t4();
t1821();
t1809();
t1810();
t1820();
}
function t1824(){
c_l("1824");
as1824=new Array("1822","1823");
e_l(as1824);
}
function t1825(){
c_l("1825");
t1838();
t1839();
t1840();
t4();
t1846();
t1841();
}
function t1826(){
c_l("1826");
t3674();
t3675();
t3676();
t3677();
t1837();
t4();
t1841();
t1855();
}
function t1827(){
c_l("1827");
t48();
t1834();
t4();
t1835();
t1836();
t1855();
}
function t1828(){
c_l("1828");
level_up("1825");
t1831();
}
function t1829(){
c_l("1829");
level_up("2907");
t1831();
}
function t1830(){
c_l("1830");
level_up("1827");
t1831();
}
function t1831(){
c_l("1831");
t4();
t1832();
t678();
t3834();
}
function t1832(){
c_l("1832");
v["その後"]="合コンに誘われる";
t1833();
}
function t1833(){
c_l("1833");
as1833=new Array("1825","2907","1827");
e_l(as1833);
}
function t1834(){
c_l("1834");
t("もうすぐ夏休みが近い頃、練習のあと");h("先輩");
t("が新人の一年生を集めました。");n();
t("なんの話だろうと思っていると、サッカーの試合の応援に来て欲しいという話でした。");n();
t("相手のチームは名門校で、応援も近くの女子大のチアリーダーのチームが来て、とても派手だと");h("先輩");
t("が言います。");n();
t("いつも学園祭の模擬店などで応援してもらっている大学のサッカー部なので、ここは一つみんなで応援に行ってあげたいとか");h("先輩");
t("が話を続けました。");n();
t("しかし、話をよく聞いていると、どうやら");h("先輩");
t("の彼氏がサッカー部でそれも今年最後の試合らしいとかのようでした。");n();
h("先輩");
t("も今年は卒業なので、それまでに彼氏にいい所を売り込んで置きたいようでした。");n();
t("あまりにも必死な様子なのでとても");h("先輩");
t("の言うことに逆らえる雰囲気ではありませんでした。");n();
}
function t1835(){
c_l("1835");
t("当日は");h("先輩");
t("に言われて、テニスウェアを来て応援に行くことになりました。");n();
t570();
t("試合の場所が男子校で着替えの場所がないので、着替えなくていいように下にテニスウェアを来てグランドに集まりました。");n();
h("先輩");
t("に話を聞いていた通り相手のチームの応援団はお揃いのウェアを来てブラスバンドも演奏していて見事な応援でした。");n();
t("私達もがんばって応援したのですが、結局試合は大差で負けてしまいました。");n();
}
function t1836(){
c_l("1836");
t("試合が終わったあとサッカー部の男の子達に合コンに誘われました。");n();
t("断る理由もないのでみんなで一緒に誘いに乗る事になりました。");n();
t("着替える場所もないし時間もなかったのでテニスウェアのまま私達は近所の居酒屋に入りました。");n();
}
function t1837(){
c_l("1837");
t("みんながゴールインしてから、クラスごとに点呼をとって解散になりました。");n();
t("駅まで歩いてそれから電車に乗ろうとするとさっきの");h("男");
t("が私をさがしていました。");n();
t("なんだろうと思っていると「帰りにみんなで合コンしませんか」という誘いでした。");n();
t("クラスのみんなに声をかけると何人かが付き合ってくれることになりました。");n();
t("帰りが大変だからと、大学近くの駅までみんなでいくことにしました。");n();
t("電車の中で私たちは男の子達とおしゃべりをしながら過ごしました。");n();
t("都心に近くなると、電車が混んできて後ろから押されて男の子に体が触れました。");n();
t("ほかの女の子たちも、男の子たちと押し合うようにしながら話をつづけていました。");n();
t("大学の近くの駅までくると、私たちは駅の近くの居酒屋に入りました。");n();
}
function t1838(){
c_l("1838");
t("ほかの大学の男子と一緒に、文化祭で混成合唱をしました。");n();
t("講堂の近くの教室を更衣室にして、コーラス部のみんなでコーラス用の衣装に着替えました。");n();
t("上は、白のブラウスで、したは黒のロングスカートという服装でした。");n();
t("すそが長いので、ひきずらないように裾をもって歩くのが大変でした。");n();
t("予定の時間に講堂にみんなで移動しました。");n();
t("マネージャが幕の間から客席をなんどか見ていましたがあまり客の入りはよくないようでした。");n();
t("去年はじめて、文化祭でコーラスをしたときも観客は数人しかいませんでした。");n();
t("幕があがると今年も去年と同じくらいで、後ろの方にかろうじて数人座っているだけでした。");n();
t("それでも、一応は練習した曲をみんなで歌いました。");n();
t("30分ほどのコンサートの間、観客は数人はいってきただけでした。");n();
}
function t1839(){
c_l("1839");
t("コンサートも無事終って着替えをすませると、夕方になるまで、文化祭の会場を友達とふらふらしていました。");n();
}
function t1840(){
c_l("1840");
t("夕方になって、後かたづけもすむと、打ち上げだというので、大学の食堂でパーティになりました。");n();
t("女子大なので、食堂でお酒を飲むのは禁止されているので、男の子達は不満そうでした。");n();
}
function t1841(){
c_l("1841");
as1841=new Array("1842","1843","1844");
e_l(as1841);
}
function t1842(){
c_l("1842");
t1847();
t1848();
t1849();
}
function t1843(){
c_l("1843");
t1847();
t1848();
t1850();
}
function t1844(){
c_l("1844");
t1847();
t1848();
t1845();
}
function t1845(){
c_l("1845");
t("お開きになって、みんなで外に出て会計が済むのを待っていました。");n();
t("すると男の子の一人が");h("女友達");
t("に何かいいながら、腰に手を回して引き寄せようとしました。");n();
t("男の子はそのまま");h("女友達");
t("に顔を寄せてキスをしようとしました。");n();
h("女友達");
t("いやな顔をして、なんとか体をそむけて逃げようとしました。");n();
t1854();
t("しばらく騒動が続いてこれはもうしょうがないと、私たちは帰ることにしました。");n();
}
function t1846(){
c_l("1846");
t("食べるものもなくなって、みんなで2次会に行こうという話になりました。");n();
t("彼氏のいる女の子は彼氏とどこかに行く様子で、2次会に集まったのは彼氏募集中の女の子ばかりでした。");n();
}
function t1847(){
c_l("1847");
t("店はかなり大きくて時間も早いせいかまだかなりすいていました。");n();
t("係りの人に案内されて奥にはいると女の子だけで固まって座ろうとしました。");n();
t("すると合コンなんだから、男の子と女の子が交互に座るものだと男の子の一人がいいます。");n();
t("それで女の子達はばらばらに座り直しました。");n();
t("男の子達は私たちの顔をぐるりと見回しながら、お目当ての女の子のそばに割り込むように座り始めました。");n();
t("私は明日授業もあるしお酒はあまり飲みたくなかったのですが、男の子に勧められてしかたなく飲みました。");n();
t("安い店だったので食べ物はたいしたものは出ませんでしたが、お腹もすいていたのでともかく食べるもの食べました。");n();
}
function t1848(){
c_l("1848");
t("男の子達は、お酒を追加しては「イッキイッキ」のかけ声で一息で飲んでいました。");n();
t("女子大ではイッキ飲みなどする人はいないので、これがあのイッキなのかと感心して見ていました。");n();
t("お酒がはいるにつれて男の子達はずいぶんもりあがって何を話しているのか分からないような有様でした。");n();
}
function t1849(){
c_l("1849");
t("飲みなれないお酒を飲まされているうち、私は気分が悪くなってしまいました。");n();
t("気分が悪いからと私が言えばせっかくの楽しい雰囲気を壊してしまうと思い、私は背中を後ろの壁にもたれて、一休みしていました。");n();
t("するとお尻のあたりにもぞもぞ動く感触がありました。");n();
t("それは、ずっとまえ地下鉄で痴漢にあったときのお尻の感じと一緒でした。");n();
t("こんなところに痴漢がいるはずもなく、手を伸ばしていたのは私の隣に座った男の子でした。");n();
t("私は少し腹が立ちましたが、こんなことで大騒ぎしたらせっかくの合コンが台無しになるからと我慢していました。");n();
t("すると男の子は私の顔を横目で伺いながら、今度は指を私の膝の間から滑り込ませてきました。");n();
t("私は頭の中が真っ白になって、めまいがしてきました。");n();
t("そのとき、今度は別の男の子が反対側から私の膝に手をかけてきました。");n();
t("両側から膝の内側をつかまれて、私の膝がゆっくりと左右にこじ開けるように開かせられました。");n();
t("そして今度は指先が腿の内側をなで始めました。");n();
t("私は膝がふるえながら、腿の内側をたどってくすぐり続ける指先の動きになんとか耐えていました。");n();
t("なんとか合コンがお開きになった時には私は腰が抜けたようになって、立ち上がることができませんでした。");n();
}
function t1850(){
c_l("1850");
t184();
t("突然「私");h("フェラチオ");
t("得意なの、しゃぶらせて」と大きな声が聞こえて私はびっくりしました。");n();
t("先輩の");h("先輩の愛称");
t("の声でした。");n();
t("いままでなごやかにしていた他の先輩達も急に慌て始めました。");n();
t("いつも他の先輩から");h("先輩の愛称");
t("には絶対お酒を飲ませないようにと言われていました。");n();
t("飲ませると大変なことになると言われていたのですが、この事だったとやっとわかりました。");n();
}
function t1851(){
c_l("1851");
t("食べるものもなくなって、みんなで2次会に行こうという話になりました。");n();
t("女の子のうち何人かは「遅くなるから」と言って先に帰りました。");n();
t("私も帰ろうかと思ったのですが");h("女友達");
t("が行くというので、私も二次会に付き合うことにしました。");n();
}
function t1852(){
c_l("1852");
t("居酒屋をでると、近くのカラオケボックスにみんなで入りました。");n();
t("女の子の肩を組んでのデュエットがはじまると男の子達はずいぶんもりあがっていました。");n();
}
function t1853(){
c_l("1853");
h("女友達");
t("が男の子に誘われてデュエットをしようとマイクの前に立ちました。");n();
t("男の子が");h("女友達");
t("の腰のあたりに手を回して体を寄せようとしました。");n();
t1854();
t("しばらく騒動が続いてこれはもうしょうがないと二次会はお開きになり、私たちは帰ることにしました。");n();
}
function t1854(){
c_l("1854");
t("そのときいきなりほかの男の子が");h("女友達");
t("の腰に手を回した男の子になぐりかかりました。");n();
t("あわてて回りの男の子が止めに入りましたが、酒をずいぶんのでいるせいもあって、騒ぎは収まりませでした。");n();
h("女友達");
t("は「あなたたち恥ずかしくないの」と大きな声を出しましたが、騒ぎはそのまま続きました。");n();
}
function t1855(){
c_l("1855");
as1855=new Array("1856","1857");
e_l(as1855);
}
function t1856(){
c_l("1856");
t1851();
t1852();
}
function t1857(){
c_l("1857");
t1851();
t1852();
t1853();
}
function t1858(){
c_l("1858");
t43();
h("タイトル1");
n();
h("タイトル2");
n();
}
function t1859(){
c_l("1859");
level_up("1906");
t1907();
}
function t1860(){
c_l("1860");
level_up("1905");
t1907();
}
function t1861(){
c_l("1861");
level_up("1903");
t1907();
}
function t1862(){
c_l("1862");
level_up("1896");
t1907();
}
function t1863(){
c_l("1863");
level_up("1886");
t1907();
}
function t1864(){
c_l("1864");
level_up("1892");
t1866();
}
function t1865(){
c_l("1865");
level_up("1891");
t1866();
}
function t1866(){
c_l("1866");
level_up("1888");
t1907();
}
function t1867(){
c_l("1867");
level_up("1882");
t1907();
}
function t1868(){
c_l("1868");
t434();
t("五月の半ばをすぎて、東大の");h("学園祭");
t("が間近になりました。");n();
h("学園祭");
t("では東大のコーラス部がいつもコーラス喫茶を開いています。");n();
t("東大のコーラス部とはいつも合同でコンサートを開いているし、他にもいろいろと世話になっているで、五月祭のコーラス喫茶の手伝いを頼まれると断るわけにはいきませんでした。");n();
t("コーラス喫茶の部屋は普通の教室なので、お湯を沸かす設備がありませんでした。");n();
t("電気ポットを用意することになって、あちこちに頼んで電気ポットを借りてもっていく事になりました。");n();
h("学園祭");
t("の当日は時間を決めて交代でコーラス喫茶のウェイトレスをすることになりました。");n();
t("朝早くみんなでコーラス喫茶の部屋に行って部屋の飾り付けなどをしました。");n();
t("昼近くになると、見学の人たちが大勢コーラス喫茶に寄ってケーキを食べたりお茶を飲んだりして大忙しでした。");n();
t("お昼御飯は模擬店の焼きそばとおでんを食べて、夕方まで忙しく働いてやっと一日が終わりました。");n();
t("次の日も朝早くにみんなで行って、夕方になって後かたづけも済んだ後は打ち上げの合コンをしてやっと全部が終わりました。");n();
}
function t1869(){
c_l("1869");
t433();
t("秋になって");h("学園祭");
t("が近づくと、コーラス部ではコンサートとコーラス喫茶の準備で忙しくなりました。");n();
h("学園祭");
t("の前日の金曜日は午後から授業がなくて、いっせいに");h("学園祭");
t("の準備が始まりました。");n();
t("東大からも手伝いの男の子達が沢山来てくれて助かりました。");n();
t("コーラス喫茶に使う教室は普通の教室なので、お湯を沸かす設備はありません。");n();
t("他の大学の");h("学園祭");
t("ではレンタルでプロパンガスのボンベを借りるのが普通なのですが、内の大学では危ないからということでプロパンガスは禁止になっていました。");n();
t("それで他のクラブでも模擬店では家庭用のガスボンベのコンロや、電気プレートなどを工夫して使っていました。");n();
t("コーラス部でやるコーラス喫茶では、いつも電気ポットを使ってお湯を沸かしていました。");n();
t("喫茶店を開くには電気ポットが沢山居るので、あちこちから電気ポットを借りてきてなんとか数をそろえました。");n();
t("男の子に手伝ってもらって教室の机の配列を並べ直して、喫茶店風にして椅子も並べ直しました。");n();
t("喫茶店の準備はかなり大変で、メニューを用意したり、お釣りのお金を用意したり、食券を用意したりとてんてこ舞いでした。");n();
}
function t1870(){
c_l("1870");
t("翌日の");h("学園祭");
t("の当日の土曜日には、朝早くにコーラス部の合唱がありました。");n();
t("本当は午後の時間にしたいのですが、ほかにもミスコンや、オペレッタの出し物があり、コーラス部はいつも隅に追いやられて朝一番の時間しかもらえませんでした。");n();
t("時間の割り振りは決めるのが大変なので、毎年同じ時間が割り当てられるのが決まりみたいになっていました。");n();
t("おそろいの黒のロングドレスに控え室で着替えるとみんなで幕の下りた舞台に上がりました。");n();
t("初めてこのドレスをきた時は素敵なドレスだと感激したものですが、よくよく聞いてみると生地を問屋にいってまとめて買ってきて、あとは適当に切ってファスナーを付けただけの簡単なドレスで実習で作るパジャマ程度の代物だとわかってがっかりしたものでした。");n();
t("今年入った新入生の女の子達は初めてのステージで緊張している様子で、三年生もこれがコーラス部の最後のステージなのでやはり落ち着かない雰囲気でした。");n();
t("先輩の一人が幕間から客席を見ていましたが、あまりいい入りではないようでした。");n();
t("時間になって幕が開いてみると、広い講堂にはわずか数人の父兄が座っているだけでした。");n();
t("いつものこととはいえ観客の少なさには呆れる程でしたが、それでもみんなで頑張って歌い始めました。");n();
t("歌が終わると一応は拍手が起きましたが、数人の父兄が手を叩いただけでした。");n();
t("コーラスが終わったあと最後に記念写真を撮り終わると、三年生の先輩の何人かが涙を浮かべていました。");n();
t("四年になると就職活動で忙しくなりコーラス部の活動からは引退するので、いろいろと想うこともある様子でした。");n();
t("講堂は他にも出し物がいっぱい予定されていて、コーラス部の公演は一回三十分だけでした。");n();
t("控え室にみんなで戻って着替えを済ませると、みんなやれやれといった表情で落ち着いた雰囲気になりました。");n();
}
function t1871(){
c_l("1871");
t("公演のあとはコーラス喫茶の当番の割り当てが決まっていて私の当番はコーラスが終わってすぐでした。");n();
t("支度は全部昨日の内に終わってあるはずでしたが、まだテーブルの上に配るはずのメニューがなかったり、部屋の飾りつけのリボンがまだできてなかったりと、すぐには店を開くことができませんでした。");n();
t("ようやく準備ができてドアを開けては見たものの、誰も来る様子はありませんでした。");n();
t("窓の外から中庭を眺めて見ると、歩いているのは模擬店の準備をしている希美大学の女の子たちだけで、客らしい人影は一人も見当たりませんでした。");n();
t("これでは客が来るはずはないと先輩たちもあきらめきった様子でした。");n();
t("昼近くになってようやく学生の親らしい人影が校内に見える始めましたが、コーラス喫茶に立ち寄る人はいませんでした。");n();
t("お昼をすこし過ぎた頃にようやくコーラス喫茶にお茶を飲みに来る人が増えてきたので私は一安心しました。");n();
t("私の当番が終わると私は大学の構内を一回りして模擬店で焼きそばとお好み焼きを買って食事の代わりにしました。");n();
t("あとは時間があったので展示を一通りみることにしました。");n();
t("展示といっても写真部と美術部とあとは華道部が作品を並べているほかは、コミック部が似顔絵を書いたり、心理研でコンピュータ占いをやってるくらいでたいした出し物はありませんでした。");n();
t("翌日の日曜日には昼過ぎに大学に行き、講堂でお笑いタレントのライブを見たりダンスコンテストを見たりしました。");n();
t("午後四時くらいにコーラス部の喫茶店に行ってみると、中ではもう後片付けが始まっていました。");n();
t("一通り会計の締めも済んで後片付けが終わると、打ち上げの合コンをしに池袋まで行きました。");n();
}
function t1872(){
c_l("1872");
t257();
t759();
h("学園祭");
t("も終わった翌日、私は");h("研究室");
t("の技官の");h("名字");
t("に呼び出されました。");n();
t("「あのね、お宅のコーラス部に電気ポット貸したでしょう、ほら");h("学園祭");
t("で喫茶店やるからって言うから」");n();
t("「だけどね、戻ってきた電気ポットが違うのよ、内のはね電動で給水できる最新式なのよ、これ手で押す奴でしょう、ちゃんと返してもらわないと困るんだけどね」ときつい口調で言われて私は困ってしまいました。");n();
t("まさか別のポットを持ち帰る人がいるわけがないと思い、誰がどのポットを持ってきたかなの記録は残っていませんでした。");n();
}
function t1873(){
c_l("1873");
t("先輩の");h("先輩の愛称");
t("とも相談してみましたが内の大学の女の子がそんなことするわけがないので、勝手に新品のポットを持っていったのは東大の男の子に違いないと");h("先輩の愛称");
t("が言い出しました。");n();
}
function t1874(){
c_l("1874");
t("男の子で電気ポットを持ってきてくれたのは三人だけなので、その中の一人が犯人に違いないというのが");h("先輩の愛称");
t("の結論でした。");n();
}
function t1875(){
c_l("1875");
t("東大のコーラス部の");c_count=0;
n();
t1874();
}
function t1876(){
c_l("1876");
t("東大から手伝いに来てた");c_count=0;
n();
t1874();
}
function t1877(){
c_l("1877");
t("私はあまり気が進みませんでしたが東大のコーラス部の部長に連絡を取って確かめてみました。");n();
t("折り返し部長から返事があり「三人に確かめて見たけれどもみんな自分の持っていったポットを持って帰ったと言っているんだ」");n();
t601();
t("「だけどそのうち二人はエアーポットで手で押す奴だから、犯人がいるとすれば");h("男の名字の劣称");
t("しかいない」");n();
t("「あいつは二浪しててね、医学部が志望だったんだが、結局入れなくて教育学部に入ってるんだが、郷里には医学部に合格してノーベル賞を目指して頑張ってるとか言ってるらしくてね」");n();
t("「あいつはいろいろ他にも悪い噂があるので、たぶんそう言う事をするのはあいつしかいないだろうだろう」と打ち明けてくれて犯人が分かりホットしました。");n();
t("しかしどうやって電気ポットを取り戻したらいいのか私にはあまり気が進みませんでした。");n();
t("私は");h("先輩の愛称");
t("とも相談しましたが良いアイデアも浮かばないので、ともかく");h("男の名字の敬称");
t("のアパートまで行ってみる事にしました。");n();
}
function t1878(){
c_l("1878");
t("教えられた住所は東大の裏手で、地下鉄で数駅乗れば私のアパートからもすぐ近くの場所でした。");n();
t("不安な気持ちで住所を確かめると、狭い路地に木造の古いアパートが建っていました。");n();
t("風呂もない部屋のようでやっぱり電気ポットを盗んだのはこの部屋の");h("男の名字の敬称");
t("に違いないと思えてきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("の部屋のドアをノックすると、出てきた男の子の顔に見覚えがあるので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("合コンでいつもエッチな事を言ってセクハラまがいのことをしている男の子でした。");n();
h("先輩の愛称");
t("も男の子の顔に見覚えがあるのに気が付いてちょっといやな顔をして私の方を見ました。");n();
}
function t1879(){
c_l("1879");
t("私はなんとか電気ポットを返してもらわないと帰れないと思い「もう部長さんから連絡が行っていると思うんですけど」と言いました。");n();
}
function t1880(){
c_l("1880");
t("「ああ、聞いてる」と");h("男の名字の敬称");
t("が言うので私が代わりの電気ポットを渡そうとすると「おい、お前ら、内にあるポットはもともと俺が持って行ったのを持って帰って来たんだ、間違えたのはお前らなんだ」と言い出しました。");n();
t("「なに言ってんのよ」と");h("先輩の愛称");
t("が怒鳴りつけると「てめえら偉そうな顔しやがって、");h("フェラチオ");
t("大好きなんだろう。いつも彼氏に");h("フェラチオ");
t("おねだりしてるんだろう」と");h("男の名字の敬称");
t("が言い出しました。");n();
h("先輩の愛称");
t("はいきなり「なに考えてんのよ、馬鹿なこと言うんじゃないわよ」と怒鳴り返しました。");n();
t("「あんた、親には医学部入ったなんて嘘ついてて、ノーベル賞取るんだなんて言ってるの知ってるのよ」と");h("先輩の愛称");
t("が言うと");h("男の名字の敬称");
t("は「この女、デリヘルに売り飛ばすぞ」と怒鳴りつけ、いきなり");h("先輩の愛称");
t("の頬をひっぱたきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("が悲鳴をあげると今度は両手をつかんで");h("先輩の愛称");
t("の頭の上にねじあげて");h("先輩の愛称");
t("の唇を強引に奪いました。");n();
t("私はいきなり訳の分からない出来事が目の前で起きてなにがなんだか分からなくなりました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は顔を左右に振ってなんとか唇を奪われるのを逃げようとしましたが、顎を押さえつけられて防ぎようがありませんでした。");n();
h("先輩の愛称");
t("はもがきながら手を伸ばして私の手をしっかりとつかむと、私を引き寄せてきました。");n();
h("男の名字の敬称");
t("の舌先が");h("先輩の愛称");
t("の舌にからみつくねっとりとした音が聞こえ、");h("先輩の愛称");
t("はもう逆らう事ができなくなっているようでした。");n();
h("男の名字の敬称");
t("は");h("先輩の愛称");
t("の顎を押さえていた手を、");h("先輩の愛称");
t("のスカートの下に入れると指を使い始めました。");n();
t("「もう、許して、今日はもうこれで帰して」と");h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("にお願いすると「分かってるのか電気ポットを間違えたのはお前らだ」と怒鳴り返されました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は急に大人しくなると「私達であとは、なんとかしますから今日はこのまま返らせて下さいお願いします」と急に玄関の土間にしゃがみ込んで手をついて土下座をしました。");n();
}
function t1881(){
c_l("1881");
t("私はそこまでする事はないのにと思いましたが、");h("男の名字の敬称");
t("はいきなりズボンの前を");h("先輩の愛称");
t("の頬に押しつけて「いますぐしゃぶれ、しゃぶるんだ、そうすれば許してやる」と言い出しました。");n();
t("私はあまりの展開に言葉も出ずに、");h("先輩の愛称");
t("の後ろで立ち尽くしてしまいました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は私の方に振り返ると「ちょっと");h("私の愛称");
t("、外に出ててよ、いいから外に出てって」と急に怖い顔で私に言い放ちました。");n();
t("私はどうしていいのか分からずに、");h("先輩の愛称");
t("を残したまま玄関先から外にでてドアを閉めました。");n();
t("ドアに耳を寄せて中の様子を伺って見ましたが、");h("男の名字の敬称");
t("がなにか大声で怒鳴りつけ");h("先輩の愛称");
t("が小声で返事をしているのが聞こえるだけで、何を話しているのかは分かりませんでした。");n();
t("随分と時間がたってから、ドアの開く音がして");h("先輩の愛称");
t("が泣き顔を拭いたばかりのように化粧の崩れた顔で出てきました。");n();
}
function t1882(){
c_l("1882");
t1879();
t1880();
t1881();
t("「");h("私の愛称");
t("悪いけど、部屋に入って電気ポット受け取ってきて貰える」と");h("先輩の愛称");
t("に言われて私はどうしていいのか判らなくなりました。");n();
h("男の名字の敬称");
t("と部屋で二人っきりになったら、");h("男の名字の敬称");
t("に何をされるのか判らないし、たったいま");h("先輩の愛称");
t("が何をされたのかも怖くて想像がつきませんでした。");n();
t("「いいから、早くして」と");h("先輩の愛称");
t("に促されて私は");h("男の名字の敬称");
t("の中に入りました。");n();
t("「電気ポットはこっちにあるから」と");h("男の名字の敬称");
t("が部屋の奥の机を指さしました。");n();
t("私は電気ポットを受け取ってすぐに部屋を出ようと思って靴を脱いで");h("男の名字の敬称");
t("の部屋に上がりました。");n();
t("部屋の中は布団が引きっぱなしになっていて、カビくさいにおいが鼻をつきました。");n();
t43();
t("部屋の隅に置いてある机にはビデオのケースが沢山並べてあって「");h("タイトル1");
t("」とか「");h("タイトル2");
t("」という題名が見えました。");n();
t("私はとてもこんな部屋には居られないと思ってすぐに帰ろうと手を伸ばして机の上の電気ポットを取ろうとました。");n();
t("すると");h("男の名字の敬称");
t("が私の腕を取って「帰る前にやってもらう事があるからな」と言い出しました。");n();
t("私が「なんの事ですか」と");h("男の名字の敬称");
t("に聞返すと「");h("先輩の劣称");
t("と同じ事を");h("私の愛称");
t("にもやって貰うからな、さっき約束したの覚えてないのか」と");h("男の名字の敬称");
t("が言うので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("「私そんな約束してません」と私が");h("男の名字の敬称");
t("に言い返すと「何言ってやがっだ、さっきちゃんと『何でもします』と約束しただろう」と");h("男の名字の敬称");
t("に怒鳴り返されました。");n();
t("私は");h("男の名字の敬称");
t("を無視して電気ポットを持って部屋を出ようとしましたが");h("男の名字の敬称");
t("がいきなり手を伸ばして布団を引っ張りました。");n();
t("私は布団に足をすくわれて床に倒れ込んでしまいました。");n();
t23();
t("慌てて立ち上がろうとしたとき、私のすぐ目の前に");h("下着");
t("が落ちているのを見つけました。");n();
h("下着の柄");
h("下着");
t("には赤い血の付いた後があり");h("先輩の愛称");
t("がついさっき");h("男の名字の敬称");
t("に脱がされた");h("下着");
t("だとすぐ判りました。");n();
h("先輩の愛称");
t("はコーラス部でも気の強いので有名でしたがそのせいでまだ彼氏ができなくて初体験もまだで未だに処女だとう噂を聞いたことがあるのを思い出しました");n();
h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("に何をされたのか気がついて私は怖くて体がガタガタと震えてきました。");n();
t("私は必死で起きあがろうともがきましたが手足がもつれて立ち上がれませんでした。");n();
t("「おい、いますぐ口でやるんだ、");h("先輩の劣称");
t("よりもしゃぶるのが上手なら電気ポット返してやるぜ」と");h("男の名字の敬称");
t("が言うと私の口元に大きくそそり立った物を押しつけてきました。");n();
t4158();
t4296();
}
function t1883(){
c_l("1883");
h("男の名字の敬称");
t("はちょっと困った顔をして「電気ポットだったらここにはないから一緒に来て貰えるかな」と言い出しました。");n();
t("私は電気ポットを");h("男の名字の敬称");
t("が自分の部屋に持ち帰ったとばかり思っていたのでちょっと困ったことに成ったと不安な気持ちになりました。");n();
h("先輩の愛称");
t("も私と同じ事を思ったらしくて私の顔を見て不安そうに顔をしかめました。");n();
t("「すぐ近くだから、歩いてすぐなんだ」と言うと");h("男の名字の敬称");
t("が先に歩き始めたので私は");h("先輩の愛称");
t("と一緒に");h("男の名字の敬称");
t("の後を追いかけました。");n();
}
function t1884(){
c_l("1884");
h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("の横に並んで歩き出すと");h("男の名字の敬称");
t("は「");h("先輩の愛称");
t("、今彼氏は居るの」と馴れ馴れしく");h("先輩の愛称");
t("に話しかけてきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("が「彼氏は居ません」とだけ答えると「じゃあ、今彼氏募集中なんだ」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われてしまいました。");n();
t("「まあ、そうですね」と");h("先輩の愛称");
t("が仕方なく答えると");h("男の名字の敬称");
t("は「");h("先輩の愛称");
t("は初体験まだなんだろう、初体験は上手な男にやって貰った方が良いよ。俺が紹介してやるよ」と言い出しました。");n();
t("なんて失礼な言い方をするんだろうと思って二人の話を聞いていると、");h("先輩の愛称");
t("はいやがる様子もなく「初体験はやっぱり年上の男性が良いってよくいいますよね」と");h("男の名字の敬称");
t("に答えていました。");n();
t("「初体験で気持ちよくなりたいなら不倫が一番だね。既婚の男性は慣れてるから上手だし、最初から遊びのつもりだから楽しめるしね」と");h("男の名字の敬称");
t("が言うので私は話を聞いていてびっくりしてしまいました。");n();
}
function t1885(){
c_l("1885");
t("しばらく話をしているうちに目的の場所に着いたらしくて、");h("男の名字の敬称");
t("は木造のアパートの狭い階段を上っていきました。");n();
t("ドアを開けて部屋に入ると玄関には男物の靴がいっぱい並んでいて、男臭い臭いが鼻をつきました。");n();
t("部屋の中から男の子の声で「");c_count=0;
n();
t783();
t("」とか訳の分からない言葉が聞こえてきました。");n();
t("「ここに電気ポットがあるんですか」と");h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("に聞くと「いつもここで麻雀してるんだ、お茶を飲むのに電気ポットがあったほうがいいからね」との答えでした。");n();
t("部屋の奥から「おい");h("男の名字の劣称");
t("。お茶入れろ」と男の声が聞こえてきました。");n();
h("男の名字の敬称");
t("が「今すぐ、入れます」と言って慌てて靴を脱いで部屋に上がりました。");n();
t("「お茶なら、私が入れます」と言うと");h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("の後から靴を脱いで部屋に上がろうとしました。");n();
t("お茶なんて");h("先輩の愛称");
t("が入れる必要はないのにと思いましたが、男の前では女性らしく振る舞ってほうがいいと思って私も靴を脱いで部屋に上がりました。");n();
t("部屋の奥には麻雀テーブルがあって、その周りに男の子達が座っていました。");n();
t("麻雀テーブルの横に置いてある、お盆の上に電気ポットがあるのが見えました。");n();
t("私は電気ポットを取り上げると、もってきた電気ポットを代わりに置いてすぐ部屋を出ようとしました。");n();
t("しかし先輩が「今すぐお茶を入れます」と言って急須を洗い始めたので、しかたなく私もお茶の葉っぱを探しました。");n();
t("なんとかお茶を入れて部屋を出ようとすると「おい、このまま帰れるわけないだろう」と男の子の一人が大声をだしました。");n();
t("「女の喜びを教えて欲しいんだってな、いますぐ体験させてやるぜ」と他の男の子が言うのが聞こえて私はこれは危ないと部屋から逃げ出そうとしました。");n();
t("玄関に歩み寄ろうとした時");h("男の名字の敬称");
t("が私の手を引っ張って床に押し倒してきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("も慌てて逃げようとしましたがすぐに別の男の子に押さえつけられました。");n();
t("男の子達は麻雀のテーブルをコタツの上から下ろすと、私をコタツの上に載せようとしました。");n();
t("私はなんとかして逃げようとしましたが、男の子達に手足をしっかりと捕まれて身動きできませんでした。");n();
t681();
t4544();
}
function t1886(){
c_l("1886");
t1879();
t1883();
t1884();
t4();
t1885();
}
function t1887(){
c_l("1887");
t("しばらく歩いて駅前近くの裏通りに入ると");h("男の名字の敬称");
t("が小さなビルの裏手の非常階段を上がろうとしました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は不審に思ったらしくて「本当にここに電気ポットがあるんですか」と");h("男の名字の敬称");
t("に確かめました。");n();
t("「うんここだよ、この店に置いてあるんだ」と");h("男の名字の敬称");
t("が答えましたが電気ポットが置いてあるのが何の店なのか私は不安な気持ちになりました。");n();
t("階段を上がってドアを開けると、店の裏口らしくて狭い通路に箱がいっぱい積み上げてありました。");n();
h("男の名字の敬称");
t("に案内されて奥に入ると、店の中は喫茶店のような作りになっていましたが照明が暗くてなんだか変な雰囲気でした。");n();
t("がカウンターの席に座ると「いつもの三つ」と勝手に飲み物を注文してしまいました。");n();
t("私は電気ポットを帰して貰ったらすぐ帰るつもりだったので飲み物を頼まれても困ると思いましたが黙っていました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は不安な顔でカウンターの中を眺め回していましたが、電気ポットらしいものは見あたりませんでした。");n();
t("「電気ポットは何処にあるんですか」と");h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("に聞いてみると");h("男の名字の敬称");
t("は「そんな物どうだって良いだろう」と言い出しました。");n();
t("「電気ポットがあるから此処につれてきたんでしょう、ないなら私たち帰ります」と");h("先輩の愛称");
t("が");h("男の名字の敬称");
t("に食ってかかると");h("男の名字の敬称");
t("は「生意気な顔しやがって。本当は男が大好きなんだろう。男が欲しくて毎晩");h("オナニー");
t("してるんだろう」と");h("男の名字の敬称");
t("と怒鳴りつけてきました。");n();
t("「そんなことしてません」と");h("先輩の愛称");
t("が言い返すと「女子高生のときは、毎朝痴漢に遭って、そのあと毎晩");h("オナニー");
t("してたってみんな知ってるんだぜ」");n();
t("「痴漢に遭いたくて制服のスカートをわざと短くしてたんだってな」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われて");h("先輩の愛称");
t("は泣きそうな顔で「他の人の事でしょう」と言い返しました。");n();
t("「痴漢に遭うのを自慢してる女なんてお前しかいないぜ」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われて");h("先輩の愛称");
t("はとうとう泣き出してしまいました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は");h("男の名字の敬称");
t("と話してもらちがあかないと思ったらしく黙ったままそれ以上は何も言いませんでした。");n();
}
function t1888(){
c_l("1888");
t1879();
t1883();
t1884();
t4();
t1887();
t1889();
}
function t1889(){
c_l("1889");
as1889=new Array("1891","1892");
e_l(as1889);
}
function t1890(){
c_l("1890");
t("不意に後ろから「");c_count=0;
n();
t4183();
t("」という女性の声が聞こえてきて私は後ろを振り返りました。");n();
}
function t1891(){
c_l("1891");
t1890();
t("カウンターの後ろのテーブル席にはカップルが座っていましたが、何だか様子が変でした。");n();
t("女の子のスカートが捲れ上がって、男の指先が上下に揺さぶるように女の子の股間で動いているのが見えました。");n();
t("何だか変だと思って店の中を見回してみると、店の奥に鉄格子が見えてセーラー服を着た女の子が縛られているのが見えました。");n();
t("「ここはハプニングバーと言ってね、何が起きるか判らない店なんだぜ。遊ぶにはもってこいの店だ」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われて訳が分からなくなりました。");n();
t("「ここに来ればいつでも痴漢にあえるんだぜ、いますぐ痴漢して欲しいんだろう。このドスケベ女、お前にはぴったりの店だ」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われて");h("先輩の愛称");
t("は怒った顔で");h("男の名字の敬称");
t("を睨み付けました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("帰るのよ」と");h("先輩の愛称");
t("が言うと席を立って私の手を引っ張りました。");n();
t("「帰れる訳がないだろう、たっぷり楽しませてやるぜ」と");h("男の名字の敬称");
t("が言うとそれを合図にしたように近くの席に座っていた男が数人立ち上がって私と");h("先輩の愛称");
t("の前に立ちはだかりました。");n();
t("私と");h("先輩の愛称");
t("は男達に両腕を捕まれて、奥の鉄格子のある部屋に連れ込まれました。");n();
t681();
t4439();
}
function t1892(){
c_l("1892");
t1890();
t("店の壁際に大きな液晶テレビが置いてあるのが見えて、テレビに映っているのは女性がソファに座った男性の上にしゃがみ込むように体を載せている場面でした。");n();
t("下から突き上げるような男性の腰の動きに遭わせてスピーカーから「");c_count=0;
n();
t4165();
t("」と女性が喘ぐ声が聞こえてきました。");n();
t("私はアダルトビデオを店で見せているらしいと気がついて、なんだかいやな予感がしました。");n();
t509();
t("「もう許して。");h("女の子の卑称");
t("逝っちゃう」と大声で叫ぶ女の子の声がスピーカーから聞こえて来て私は大変な事に気がつきました。");n();
t("ビデオに映っている女の子は今年の新入生の");h("女の子の愛称");
t("に間違い有りませんでした。");n();
t("私が");h("先輩の愛称");
t("の横腹を肘で突っついて合図すると、");h("先輩の愛称");
t("もビデオに映っているのが");h("女の子の愛称");
t("だと気がついた様子でした。");n();
t("ビデオに映っている");h("女の子の愛称");
t("の相手の男性は");h("男の名字の敬称");
t("らしくて");h("先輩の愛称");
t("も驚いた顔でテレビの画像に見入っていました。");n();
h("女の子の愛称");
t("は何度も体を震わせて大声を上げると、急に体の力が抜けて動かなくなりました。");n();
t("ソファーの上に横になった");h("女の子の愛称");
t("を見ていて私は大変な事に気がつきました。");n();
t("ビデオの画像に映っているソファーとテーブルはこの店に置いてある物と全く同じでした。");n();
t("この店でビデオを撮影したのは間違いないと判って私はようやく謎が解けてきました。");n();
t("そういえばコーラス部合同の新歓コンパの時に");h("男の名字の敬称");
t("が");h("女の子の愛称");
t("に無理矢理お酒を飲ませて居たのを思い出しました。");n();
t("あのあと");h("男の名字の敬称");
t("が");h("女の子の愛称");
t("を強引に口説いてこの店に連れ込んだらしいと気がついて私は腹が立ってきました。");n();
t("いったい");h("男の名字の敬称");
t("が");h("女の子の愛称");
t("に何をしたのか気になってビデオを見つめていると、大勢の男の子が");h("女の子の愛称");
t("を取り囲むと抱きかかえながら立たせて鉄格子のある部屋に連れ込むのが見えました。");n();
t("私はまさかと思って、店の中を眺め回すとちょうどカウンター席の後ろの奥にビデオの画像と同じ鉄格子が見えたのでびっくりしてしまいました。");n();
t("鉄格子の奥には変な形のベッドが置いてあり、手足を縛る金具が四隅に取り付けてあるのが見えました。");n();
t("ビデオの画面に");h("女の子の愛称");
t("が変な形のベッドに金具で縛り付けられるのが見えて私はびっくりして声も出せませんでした。");n();
t("「この店はハプニングバーと言ってね」何が起きるか判らないんだぜと");h("男の名字の敬称");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("不意に店の奥から男の子達が大勢こちらに向かって歩み寄るのが見えました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("逃げるのよ」と");h("先輩の愛称");
t("が大声で叫ぶと、私の手を取って逃げ出そうとしました。");n();
t("しかし");h("男の名字の敬称");
t("が素早い身のこなしで");h("先輩の愛称");
t("の手首を掴むと後ろ手にねじり上げて来ました。");n();
t("私はカウンターの席を立って立ち上がろうとしましたがすぐに");h("男の名字の敬称");
t("に手首を掴まれて、");h("先輩の愛称");
t("と同じように後ろ手にねじり上げられてしまいました。");n();
t("男の子達が私と");h("先輩の愛称");
t("の周りを取り囲むと、鉄格子のある部屋まで両手を捻り上げられたままの姿勢で歩かせられました。");n();
t681();
t4544();
}
function t1893(){
c_l("1893");
t("「電気ポットはここには無かったから今日の所は帰りましょう」と");h("先輩の愛称");
t("が言うので、私たちは諦めて帰る事になりました。");n();
t("駅までの帰り道の途中で大学の裏の小さな公園の横を通りかかりました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("ちょっと一緒に来てくれる」と言って");h("先輩の愛称");
t("が私の手を掴んで公園の中に入っていきました。");n();
t("私はいったい何だろうと思いましたが、別に不審な気持ちも持たずに");h("先輩の愛称");
t("に付いていきました。");n();
t("公園の奥にトイレが見えてきました。");n();
t("トイレの中央は身体障害者向けの大きなトイレで、その左右に男女のトイレの入り口が有りました。");n();
t("身体障害者向けのトイレの前で「");h("私の愛称");
t("お願いだから、一緒に入ってね」と");h("先輩の愛称");
t("に言われて私はあれっと思いましたが、何も考えずに");h("先輩の愛称");
t("と一緒に中に入りました。");n();
t("トイレの中は車いすで使えるようにかなり広くて、中央の便器の周りには手すりが付いていました。");n();
}
function t1894(){
c_l("1894");
t("いきなり");h("先輩の愛称");
t("が私に抱きつくと、唇を重ねて来ました。");n();
t("私は何が起きたのか理由が分からなくてどうしていいのか判らなくなりました。");n();
t("すぐに");h("先輩の愛称");
t("の舌が私の口の中に入ってくると、私の舌に絡みついてきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("の舌からは");h("男の味");
t("が私の口の中に広がってきたので私は思わず目眩がしてきました。");n();
t("さっき");h("男の名字の敬称");
t("の部屋で");h("先輩の愛称");
t("が何をさせられたのか私にははっきりと判りました。");n();
h("先輩の愛称");
t("が私の口の中に");h("男の味");
t("をいっぱいに流し込むと私は体が一気に熱くなりました。");n();
t("私が夢中になって");h("先輩の愛称");
t("に抱きつくと、");h("先輩の愛称");
t("も私の胸に自分の胸を押しつけながら体を捩ってきました。");n();
}
function t1895(){
c_l("1895");
t("急に");h("先輩の愛称");
t("が私の体から手を離すと「");h("私の愛称");
t("、ここの便器に俯せになって頂戴」と言って私を大きな便器の前に立たせました。");n();
t("私は");h("先輩の愛称");
t("が何をしたいのかすぐには判りませんでしたが、");h("先輩の愛称");
t("の言うとおりにした方がいいと思って前屈みになって便器に抱きつくような格好で膝をつきました。");n();
t("「いいからそのままじっとしててね」と");h("先輩の愛称");
t("が言うと、");h("先輩の愛称");
t("が私の両手に手錠をはめました。");n();
h("先輩の愛称");
t("がトイレの奥のパイプを通して手錠をはめたので、私はトイレの便器の上に俯せになったままの姿勢で動けなくなりました。");n();
h("先輩の愛称");
t("に手錠を渡したのはきっと");h("男の名字の敬称");
t("だと見当が付きましたが、いったいなんのために私にこんな事をするのか理由は分かりませんでした。");n();
h("先輩の愛称");
t("は私の後ろに屈み込むと私の");h("下着");
t("を膝まで下ろしました。");n();
h("下の表着");
t("を腰の上までたくし上げると私は恥ずかしくて顔が熱くなりました。");n();
h("先輩の愛称");
t("は携帯を取り出して、写真を撮り始めました。");n();
t("少し後ろにさがって私がトイレにしがみつくような格好でしゃがみ込んでいるのを撮ったり。");n();
t("私の頭の上から手錠が私の両手にはめられているのを撮ったり。");n();
t("そのあとは私の背後に回って");h("大陰唇");
t("を間近で撮ったりと随分と忙しそうにしていました。");n();
t("写真を全部撮り終わると、携帯で誰かに送ったらしくてメールを打っている様子でした。");n();
t("メールの交換が終わったらしくて、");h("先輩の愛称");
t("が私の耳元に口を寄せて「");h("私の愛称");
t("ごめんなさいね、");h("私の愛称");
t("も大胆な経験をしたいって言ってたでしょう。楽しめるときは楽しんだ方が良いわよ」と囁いてきました。");n();
t("私は");h("先輩の愛称");
t("が何を言っているのか意味が分からなくて「なんなんですか、いったい。こんなことして何が面白いんですか」と言い返しました。");n();
t("すると");h("先輩の愛称");
t("が「楽しむのは");h("私の愛称");
t("で私じゃないのよ。");h("私の愛称");
t("が楽しむの。");h("私の愛称");
t("が楽しめれば私だって楽しいのよ」とまた訳の分からないことを言いました。");n();
t("先輩がトイレのドアを開けて外に出るとしばらくして、男の子が数人トイレの中に入ってきました。");n();
t("男の子達の先頭に立っているのはさっきの");h("男の名字の敬称");
t("でした。");n();
t("「この女か、廻されたいっていう変態女は」と誰かが言うのが聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
t681();
t4439();
}
function t1896(){
c_l("1896");
t1879();
t1880();
t1881();
t4();
t1893();
t1894();
t1895();
}
function t1897(){
c_l("1897");
h("先輩の愛称");
t("が「");h("私の愛称");
t("。電気ポットは新しいの買うことにしたから、一緒に来てくれる」と言い出しました。");n();
t("「お金は");h("男の名字の敬称");
t("が出してくれるから心配ないからね」と");h("先輩の愛称");
t("が言ってくれたのでこれで一件落着と私は一安心しました。");n();
h("男の名字の敬称");
t("が部屋から出てくると、私たちは三人で歩き出しました。");n();
}
function t1898(){
c_l("1898");
t("しばらく裏道を通ってから角を何度か曲がって小さいビルの入り口につきました。");n();
t("私はこんな所に電気ポットを売っている店があるのかしらと思って不安な気持ちになりました。");n();
t153();
t123();
t("エレベーターで");h("四階");
t("に上がると狭い通路の奥に「");h("店名");
t("」と書いた小さな看板が見えました。");n();
t("もしかしたら電気ポットの専門店かもしれないと思いましたが、こんな所に電気ポットの専門店などあるはずないと思い直しました。");n();
t818();
h("男の名字の敬称");
t("が先に店に入って行くので、私も");h("先輩の愛称");
t("の後から店に入りました。");n();
t819();
}
function t1899(){
c_l("1899");
t("店の奥にはカウンターがあって店主らしい中年の男がレジの前に座っていました。");n();
t731();
h("男の名字の敬称");
t("が店主に軽く会釈をして挨拶すると店主は私と");h("先輩の愛称");
t("の顔を見て「二人とも良い娘じゃないか」と言いました。");n();
t("私は店主がいやらしい笑いを顔に浮かべたのを見て気分が悪くなりました。");n();
t("「まず、そっちの娘から始めようか、これに着替えて貰えるかな」と店主が言うと、カウンターに置いてあるセーラー服を");h("先輩の愛称");
t("に渡しました。");n();
t("私はセーラー服を着せていったい何をするんだろうと不思議な気がしましたが、何も言わずに黙っていました。");n();
h("先輩の愛称");
t("がカウンターの横の試着室で着替えをすませるとすぐに出てきました。");n();
t("地味なデザインのセーラー服は名門女子校の制服らしくて見覚えがある服装でした。");n();
t("スカートは短くて女子高生でもはかないくらいの超ミニだったので");h("先輩の愛称");
t("も恥ずかしそうに裾を押さえていました。");n();
t("「いや、よく似合うね。本当に可愛いよ。本物の女子高生みたいだよ。これなら男の子にもきっと大人気だ」と店主が調子よくほめ言葉を並べるのをきいて");h("先輩の愛称");
t("は顔を赤らめていました。");n();
}
function t1900(){
c_l("1900");
t("「じゃあ、奥の部屋に入ってもらえるかな、撮影は5分ですぐ終わるから」と店主に言われて");h("先輩の愛称");
t("はレジの裏手のドアから奥の部屋に入りました。");n();
t("「先に金は貰うからね」と");h("男の名字の敬称");
t("が店主に声を掛けると店主はレジから一万円札の束を取り出して何枚か数えて");h("男の名字の敬称");
t("に渡しました。");n();
t("私は電気ポットの代金を");h("男の名字の敬称");
t("が払うと言っていたのはこうゆうことだったのだと気がついて腹が立ってきました。");n();
t("店主は大型のカメラを持って");h("先輩の愛称");
t("の後から奥の部屋に入りました。");n();
h("先輩の愛称");
t("のセーラー服姿の写真を撮るらしいと何となく判りましたが、とぎれとぎれに聞こえてくる");h("先輩の愛称");
t("と店主の話し声が何だか変でした。");n();
h("男の名字の敬称");
t("がレジ横に置いてある液晶テレビのスイッチを入れると、セーラー服を着た女の子の姿が映し出されました。");n();
t("髪を頭の後ろで結ってポニーテールにしてるので、すぐには気がつきませんでしたが映っているのは");h("先輩の愛称");
t("でした。");n();
t("たった今部屋で撮影している画像がそっくりそのまま映し出されているらしいと判って私は不安な気持ちで画面を見つめました。");n();
}
function t1901(){
c_l("1901");
t("液晶テレビのスピーカーからは「");c_count=0;
n();
t4138();
t("」と");h("先輩の愛称");
t("に話しかける店主の声が聞こえてきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("が「今彼氏は居ません」と答えると店主が「");c_count=0;
n();
t4139();
t("」とエッチな事を聞き出そうとしました。");n();
t("「何もしてません」と");h("先輩の愛称");
t("が答えると店主は「女の子だったら誰でもしてるよね、正直に答えなさい、いつもやってるんだろう。毎日やってる女の子だっているんだよ、一度やったら止められないよね」としつこく聞き出そうと話を続けました。");n();
t("「そんなことないです」と");h("先輩の愛称");
t("が否定しても店主は話を止める気配はありませんでした。");n();
t("「朝電車で痴漢に遭うと気持ちいいよね。女の子だったら誰でも夜寝るとき痴漢に遭ったときの事を思い出して自分で指を使うのが普通だよね。痴漢にもっと触られたくてスカート短くしてるんだよね」と店主に追求されて");h("先輩の愛称");
t("も仕方なく「そうですね」と答えて居ました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4160();
t("」と店主が言い出したので私は成るほどと事情が分かってきました。");n();
t("女子高生が一人でエッチしてるビデオを撮影するのが目的だったのです。");n();
t("「腿の内側を撫でてごらん、そっとくすぐるように撫でるんだ」と店主の声が聞こえると");h("先輩の愛称");
t("の手が膝頭の内側を指先で撫でるのがビデオの画面に映し出されました。");n();
}
function t1902(){
c_l("1902");
h("男の名字の敬称");
t("が液晶テレビのスイッチを切ると、画面は真っ暗になって");h("先輩の愛称");
t("の姿が見えなくなりました。");n();
h("先輩の愛称");
t("の店主の声が微かに聞こえてくるだけで、部屋の中で何が起きているのかはっきりとは判りませんでした。");n();
h("先輩の愛称");
t("の喘ぐような声がしだいに大きく聞こえてきたので、私は不安な気持ちで事の成り行きを見守っていました。");n();
t("しばらくして店長がカメラをもって部屋から出てくると、すぐ後から");h("先輩の愛称");
t("も出てきました。");n();
t("店長はカメラからメモリーカードを取り外すと別のカードと交換していました。");n();
t("「今すぐ");h("下着");
t("を脱ぐんだ、");h("オナニー");
t("した後の");h("下着");
t("は高く売れるからな」と");h("男の名字の敬称");
t("に言われて、");h("先輩の愛称");
t("は店主の見てる前で");h("下着");
t("を脱いで店主に渡して居ました。");n();
t23();
t("店主が");h("先輩の愛称");
t("の");h("下着");
t("を広げて確かめると");h("下着の柄");
h("下着");
t("はクロッチの所に染みが付いていて、たったいま");h("オナニー");
t("をしたばかりなのがはっきりと判りました。");n();
}
function t1903(){
c_l("1903");
t1879();
t1880();
t1881();
t4();
t1897();
t1898();
t1899();
t1900();
t1901();
t1902();
t("店主が");h("先輩の愛称");
t("が脱いだ");h("下着");
t("を丁寧にたたんでビニール袋に入れると、カウンターから別のセーラー服を取り出して「じゃあ、次はそっちの可愛らしい女の子にやってもらおうかな」と言って私にセーラー服を渡そうとしました。");n();
t("私が慌てて飛び退くと「おい、次はお前の番だ。逃げるんじゃねえ」と");h("男の名字の敬称");
t("が私を怒鳴りつけてきました。");n();
t("「お願い");h("私の愛称");
t("。");h("男の名字の敬称");
t("の言うとおりにして、逆らっちゃだめ」と");h("先輩の愛称");
t("が泣きそうな顔で私に言うので私は仕方なくセーラー服を店主から受け取りました。");n();
t("試着室でセーラー服に着替えると、セーラー服のスカートの丈がさっき");h("先輩の愛称");
t("が着たセーラー服のスカートよりももっと短くて、私は恥ずかしくて泣きそうになりました。");n();
t("店長に案内されて奥の部屋に入ると、細長い部屋の壁際に大きな茶色のソファが置いてありました。");n();
t("ソファの前には大きな三脚が置いてあり、店長が三脚の上にカメラが取り付けました。");n();
t("カメラの横には白い傘が広げてあり、明るい照明が傘の生地で反射して輝いていました。");n();
t("「じゃあ、ソファーに座ってこっちを向いて。最初は足をそろえて座ってね」と店長に指示されて私はソファに座って背筋を伸ばしました。");n();
t("撮影はすぐに始まったらしくて「最初に名前を聞こうかな」と店長が声を掛けてきました。");n();
t("私はとっさに「");h("私の劣称");
t("です。");h("私の名字");
h("私の劣称");
t("です」と答えましたが、嘘の名前を言った方がよかったとすぐに後悔しました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4138();
t("」と店長がさっき");h("先輩の愛称");
t("に聞いたのと同じ質問を繰り返しました。");n();
t("私が「居ません」と答えると「");c_count=0;
n();
t4139();
t("」と店長がすぐに聞いてきました。");n();
t("私はどうせ言わされると思って「一人でやる遊びだったら、いつもしてます」とすぐに答えました。");n();
t("すると店長はさっき");h("先輩の愛称");
t("に言ったのとそっくり同じに「");c_count=0;
n();
t4160();
t("」と言い出しました。");n();
t("私はここまで来たらやるしかないと思って、腿を左右に広げて指先を使いはじめました。");n();
t79();
t("「");c_count=0;
n();
t4161();
t("」と言いながら店長が");h("バイブの色");
t("の");h("バイブの形");
t("の道具を私に渡しました。");n();
t("私はいつか女性週刊誌の通販の広告で見たことのある");h("バイブレータの愛称");
t("らしいと気がつきました。");n();
t("店長がリモコンのスイッチを入れたらしく");c_count=0;
n();
t3804();
t826();
t4132();
t4123();
t("「いますぐぶち込んでやるぜ、");h("私の愛称");
t("もその方がいいだろう。お金ももっと貰えるしね」と");c_count=0;
n();
t732();
t("が言うと私の前に歩み寄って、ズボンのチャックを下げました。");n();
t("「最初は、口でやってもらおうか、");h("私の愛称");
t("もしゃぶるの大好きなんだろう」と");c_count=0;
n();
t732();
t("に言われて私はさっき");h("先輩の愛称");
t("がビデオの撮影中に何をしたのかすぐに気がつきました。");n();
t("「やる前に言うことがあるだろう、ちゃんと言わないとやらせて上げないよ」と");c_count=0;
n();
t732();
t4157();
t4144();
t("に言われて私はすぐに「");c_count=0;
n();
t4147();
t("」とすぐに大声で叫びました。");n();
t4296();
}
function t1904(){
c_l("1904");
as1904=new Array("1882","1886","1888","1896","1903");
e_l(as1904);
}
function t1905(){
c_l("1905");
t4();
t1868();
t4();
t1872();
t1873();
t1875();
t1877();
t4();
t1878();
t1904();
}
function t1906(){
c_l("1906");
t4();
t1869();
t4();
t1870();
t4();
t1871();
t4();
t1872();
t1873();
t1876();
t1877();
t4();
t1878();
t1904();
}
function t1907(){
c_l("1907");
as1907=new Array("1906","1905");
e_l(as1907);
}
function t1908(){
c_l("1908");
as1908=new Array("1909","1910","1911","1912");
e_l(as1908);
}
function t1909(){
c_l("1909");
t1914();
t1923();
t1925();
t1924();
}
function t1910(){
c_l("1910");
t1914();
t1923();
t1925();
t1926();
}
function t1911(){
c_l("1911");
t1914();
t1928();
t1929();
}
function t1912(){
c_l("1912");
t1913();
t1927();
t1928();
t1929();
}
function t1913(){
c_l("1913");
t4();
t1915();
t1918();
t1919();
t1921();
t1922();
}
function t1914(){
c_l("1914");
t4();
t1915();
t1918();
t1919();
t1920();
t1922();
}
function t1915(){
c_l("1915");
as1915=new Array("1916","1917");
e_l(as1915);
}
function t1916(){
c_l("1916");
t("クラブのマネージャが文化祭の打ち合わせから帰ってくると、話があるからとみんなを集めました。");n();
t("なんでもテニス部で着替えの下着が盗まれたということで、最近盗難が多いから文化祭の準備のときも現金や貴重品をおきっぱなしにしないように注意して下さいとの話でした。");n();
t658();
}
function t1917(){
c_l("1917");
t("体育の授業の時更衣室で、お財布からお金が抜き取られる学生が続出しているとの注意が先生からありました。");n();
t("ほかにも時計や、ネックレスや下着も盗まれているとの話でした。");n();
t("「派手な下着など着てくると盗まれますから」と先生に言ったときどっと笑い声がわきました。");n();
t658();
}
function t1918(){
c_l("1918");
t("ドロボーは男性らしいのですが、なんでも女装して盗みに入ってくるらしいとの話でした。");n();
t("様子のおかしい人や、身なりが不自然な人を見つけたらすぐ守衛さんに連絡するようにと言われました。");n();
}
function t1919(){
c_l("1919");
t("しばらくたって次の体育の授業では年に一度の体力測定とのことで1500メートル走をやらされました。");n();
t572();
t("私はコーラス部なので大学にはいってから全然運動はしていませんでした。");n();
t("体育系のクラブの女の子達は普段からトレーニングしているせいか、全然余裕で走っていました。");n();
t("ほか女の子達は、ほとんど歩くような速さでなんとか走っていました。");n();
}
function t1920(){
c_l("1920");
t("ようやく走り終わると先生がタイムを記録していました。");n();
t("走り終わった順に、みんなグランドに倒れ込むようにして座りこんでいました。");n();
t("私もなんとかやっとのことで走り終わると、先に走り終わった友達がみんなで拍手してくれました。");n();
t("授業が終わった後も私はとても動けなくて、少し休んでから更衣室に入りました。");n();
}
function t1921(){
c_l("1921");
t229();
h("女友達");
t("は途中で胸が痛いといってダウンしてしまいました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("が休んでいるのを待ってから一緒に更衣室に入りました。");n();
}
function t1922(){
c_l("1922");
t("着替えをしようとすると部屋に様子の変な人がいるのに気が付きました。");n();
t("テニスウェア姿の女性のようでしたが、ほかの人の着替えをあちこち探しているようでした。");n();
t661();
t("もしかして、噂の下着ドロかしらと私は思いました。");n();
}
function t1923(){
c_l("1923");
t("私がなんだか変だなと思ってちかずくと、その人影はこちらを向きました。");n();
t("それは、髪は長くしてお化粧もしていましたが、間違いなく男性でした。");n();
}
function t1924(){
c_l("1924");
t4();
t("私はこれは大変と慌てて走って逃げようとしました。");n();
t("しかし");h("男");
t("は先回りして私の逃げ道をさえぎりました。");n();
t("私はあわてて更衣室の隣の体育用具室に逃げ込みました。");n();
t("部屋の中央には汗で匂いのついた体育のマットが積み上げてありました。");n();
h("男");
t("は私に後ろからつかみかかり、積み上げたマットの上に私の上半身を押さえつけました。");n();
t("後ろから");h("男");
t("に体を押しつけられて私は身動きができなくなりました。");n();
t4442();
}
function t1925(){
c_l("1925");
t("私は誰かに知らせようと思って、その場をそっと逃げだそうとしました。");n();
t("しかし");h("男");
t("は私に気がついたようすで、すぐに私のあとを追いかけてきました。");n();
}
function t1926(){
c_l("1926");
t4();
t("これはいけないと思いましたが、私が走りだすより先に");h("男");
t("が私に向かって走ってきました。");n();
t("私はあわてて近くのトイレに走り込みました。");n();
t4253();
}
function t1927(){
c_l("1927");
h("女友達");
t("が「守衛さんに知らせてくるから、見ててね」といって更衣室からこっそりでていきました。");n();
}
function t1928(){
c_l("1928");
h("男");
t("が更衣室から出ていく様子だったので、私はこっそりと");h("男");
t("の後をつけました。");n();
t("大学の裏門を抜けて近所の公園まで後をつけましたが、トイレの前で見失いました。");n();
}
function t1929(){
c_l("1929");
as1929=new Array("1930","1931");
e_l(as1929);
}
function t1930(){
c_l("1930");
t4();
t("私はもしかしたらと思って公園の女子トイレにはいってみました。");n();
t("そして個室を一つづつノックしてみました。");n();
t("2つ目の個室をノックしたときドアがあいて、さっきの");h("男");
t("が私を中にひっぱりこみました。");n();
t4253();
}
function t1931(){
c_l("1931");
t4();
t("私はもしかしたらと思って公園の女子トイレの様子をそとからのぞいてみました。");n();
t("トイレの中には化粧直しをしているミニスカート姿の女性がいました。");n();
t("私はほかに誰かいないかと思って女子トイレにはいってみました。");n();
t("するとミニスカートの女性が私に振り向いて近づいてきました。");n();
t("それは間違いなくさっきの");h("男");
t("でした。");n();
h("男");
t("は私の手をとると、女子トイレの個室に私をひっぱりこみました。");n();
t4253();
}
function t1932(){
c_l("1932");
level_up("1966");
t1937();
}
function t1933(){
c_l("1933");
level_up("1959");
t1937();
}
function t1934(){
c_l("1934");
level_up("1493");
t1937();
}
function t1935(){
c_l("1935");
level_up("1494");
t1937();
}
function t1936(){
c_l("1936");
as1936=new Array("1938","1940","1943");
e_l(as1936);
}
function t1937(){
c_l("1937");
as1937=new Array("1939","1941","1944");
e_l(as1937);
}
function t1938(){
c_l("1938");
t1947();
t1949();
t1952();
}
function t1939(){
c_l("1939");
t4();
t1938();
t1958();
}
function t1940(){
c_l("1940");
t1945();
t1946();
t1948();
t1953();
}
function t1941(){
c_l("1941");
t4();
t1940();
t1960();
}
function t1942(){
c_l("1942");
t1794();
t1795();
t1798();
t1799();
t1800();
t1801();
}
function t1943(){
c_l("1943");
t1942();
t1802();
t1955();
}
function t1944(){
c_l("1944");
t4();
t1943();
t1961();
}
function t1945(){
c_l("1945");
t753();
t("大学で");h("講義");
t("の特別講義がありました。");n();
t("一日4時間で一週間連続なのでノートを取るだけでもかなり大変でした。");n();
t511();
h("何日目");
t("の朝に、いつも早めに教室に入っている");h("女友達");
t("がすこし遅れてきました。");n();
t("授業中に");h("女友達");
t("が入ってきたので先生はすこし不機嫌な様子でした。");n();
t("しかし女の子だからしょうがないと思ったのかなにも言わずに授業を続けていました。");n();
t("私から少し離れて");h("女友達");
t("が座りましたがなんだか体調が悪いらしくて、眉が曲がったように苦しそうな表情をしていました。");n();
t("もうすぐ授業が終わる時間が近くなったとき、先生が「きみ大丈夫か」と");h("女友達");
t("に声をかけました。");n();
h("女友達");
t("は返事もできない様子で苦しそうな表情でした。");n();
t("「医務室に連れて行きなさい」と先生が慌てた様子で指示しました。");n();
t("しかし、女の子だけではとても");h("女友達");
t("を連れていくのはできそうにありませんでした。");n();
t("先生は授業をやめると、");h("女友達");
t("を抱き上げてて、教室をでました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("の友達が何人か、先生のあとを追いかけました。");n();
h("女友達");
t("は、医務室のベッドに寝かされましたが、居たのはカウンセラーの先生だけでした。");n();
t("先生はかなりあわてて救急車を呼びました。");n();
t("救急車がつくと、カウンセラーの先生が同乗して病院に向かいました。");n();
}
function t1946(){
c_l("1946");
t("翌日になって医務室にいくとカウンセラーの先生が「盲腸だったから、すぐ手術をして心配ないから」と言っていました。");n();
t("私は盲腸でも心配なきがしましたが、ひとまず安心しました。");n();
}
function t1947(){
c_l("1947");
t463();
t("いつもの");h("授業のある日");
t("の午後の");h("講義");
t("の時間になっても教室には");h("女友達");
t("の姿がありませんでした。");n();
t("いつも私と");h("女友達");
t("が教室の一番前の席に二人並んで座ってノートを取っているので、先生もどうしたのかと気にしている様子でした。");n();
t("授業の後コーラス部の部室にいってみましたが、いつまで立っても");h("女友達");
t("は来ませんでした。");n();
t("アパートに帰ってから、夕方電話してみましたが何度かけても");h("女友達");
t("は出ませんでした。");n();
t("きっとなにかあったに違いないと夜遅くにもう一度電話しまて見ましたがやはり出ませんでした。");n();
t("翌日また授業の後に部室にいってみると、先輩たちがなにやら心配そうに話をしていました。");n();
h("女友達");
t("が交通事故で怪我をして昨日入院したと今日大学の方に連絡があったそうです。");n();
t("詳しい事情はわからなかったのですが、ともかく私が病院に様子を見に行くことにしました。");n();
}
function t1948(){
c_l("1948");
t("カウンセラーの先生が教えてくれた病院は地下鉄に乗って数駅の場所でした。");n();
t1950();
t1951();
}
function t1949(){
c_l("1949");
t("先輩が教えてくれた病院は地下鉄に乗って数駅の場所でした。");n();
t("地下鉄に乗っているあいだに、もしかして怪我で一生歩けなくなるではといろいろ心配になりました。");n();
t1950();
t1951();
t("ドアを開けるとき、いったいどんな怪我なのだろうかと気になって一瞬胸がきつく痛みました。");n();
}
function t1950(){
c_l("1950");
t("駅前には花屋があったので、お見舞い用の花を買いました。");n();
t("店の人に病院の場所を聞くと、すこし歩けばすぐ目の前だと言われました。");n();
t("教えられた通りにすこし先にいくと目の前に大きな病院がありました。");n();
}
function t1951(){
c_l("1951");
t("門を入ると大勢の人が待合室で待っていました。");n();
t("私は受付で");h("女友達");
t("の部屋を聞くと急いで部屋をさがしました。");n();
}
function t1952(){
c_l("1952");
t1954();
t1955();
t1956();
t1957();
}
function t1953(){
c_l("1953");
t1954();
t1955();
t1957();
}
function t1954(){
c_l("1954");
t("思い切ってドアを開けるとベッドの上で");h("女友達");
t("が、手を振ってくれました。");n();
}
function t1955(){
c_l("1955");
t("病室には見かけない男の子が一人いました。");n();
t675();
t("親戚かそれとも兄弟なのかと思いましたが、");h("女友達");
t("の彼氏の");h("男");
t("でした。");n();
}
function t1956(){
c_l("1956");
t("「");h("男");
t("のバイクに一緒に乗っていて、角を曲がるとき転倒したのと」話してくれました。");n();
t("足が痛いので急いで救急車を呼んでそのまま入院したそうです。");n();
t("「レントゲンとって調べてもらったけど軽い捻挫だけで、そんなに大したことはないらしいの」と聞いて安心しました。");n();
}
function t1957(){
c_l("1957");
t("私はコーラス部のみんなが心配してるといって、お見舞いの花を渡しました。");n();
t("「一週間くらいすれば、大学に行けるから留年の心配は全然ないから心配しないで」と");h("女友達");
t("は言っていました。");n();
}
function t1958(){
c_l("1958");
as1958=new Array("1959","1966","1493","1494");
e_l(as1958);
}
function t1959(){
c_l("1959");
t1964();
t1973();
}
function t1960(){
c_l("1960");
as1960=new Array("1962","1966","1493","1494");
e_l(as1960);
}
function t1961(){
c_l("1961");
as1961=new Array("1963","1966","1493","1494");
e_l(as1961);
}
function t1962(){
c_l("1962");
t1965();
t1973();
}
function t1963(){
c_l("1963");
t1965();
t1973();
}
function t1964(){
c_l("1964");
t("私が帰ろうとすると");h("男");
t("さんが車で送ってくれるといいます。");n();
t("バイクは怖いので今日は車で来て、車は病院の駐車場に朝停めておいたと言います。");n();
h("女友達");
t("が「アパートまで載せていってね」と");h("男");
t("に言うので、私は送ってもらうことにしました。");n();
t("私は");h("男");
t("の車にのって病院をでました。");n();
}
function t1965(){
c_l("1965");
t("私が帰ろうとすると");h("男");
t("さんが車で送ってくれるといいます。");n();
h("女友達");
t("が「アパートまで載せていってね」と");h("男");
t("に言うので、私は送ってもらうことにしました。");n();
t("私は");h("男");
t("の車にのって病院をでました。");n();
}
function t1966(){
c_l("1966");
as1966=new Array("1970","1971");
e_l(as1966);
}
function t1967(){
c_l("1967");
t("そろそろ帰ろうとすると「私のアパートに言って着替えをとってきて欲しいんだけれど」と");h("女友達");
t("に頼まれました。");n();
h("女友達");
t("のアパートまで");h("男");
t("が車で送ってくれることになりました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("のアパートまで来ると、中に入って下着とパジャマを探しました。");n();
t293();
}
function t1968(){
c_l("1968");
t("押入の整理タンスを探していると、いろいろな色の下着がいっぱい入っていました。");n();
t22();
h("下着の色");
t("の下着らしいものがあるので、気になって広げてみると、前の所がスケスケのお色気たっぷりの下着でした。");n();
h("女友達");
t("でもこんな下着をつけるのかしらとびっくりして広げて見ていると突然後ろから");h("男");
t("が私を抱き寄せてきました。");n();
h("男");
t("私の手から");h("下着の色");
t("の下着を取ると私の頭に被せました。");n();
}
function t1969(){
c_l("1969");
t("押入の整理タンスを探していると下着がいっぱい入っていました。");n();
t("適当なものを選んでバッグに入れると、次はパジャマを探すことにしました。");n();
t592();
t("整理タンスの引き出しを順にあけていくと、");h("ネグリジェの色");
t("のパジャマのような生地が見えました。");n();
t("広げてみると、ネグリジェのようでしたがとても生地が薄くてそれにレースがいっぱい着いていて普通に着るネグリジェとは思えませんでした。");n();
t("手にとって広げて私の体に合わせてみると丈も腰の少し下くらいまでしかありませんでした。");n();
t("私はきっとこれは男の子のために用意したネグリジェに違いないと思いました。");n();
t("私がネグリジェをしまおうとする突然後ろから");h("男");
t("が私を抱き寄せてきました。");n();
h("男");
t("私の手からネグリジェを奪い取ると私の首に巻き付けました。");n();
}
function t1970(){
c_l("1970");
t4();
t1967();
t1968();
t1972();
}
function t1971(){
c_l("1971");
t4();
t1967();
t1969();
t1972();
}
function t1972(){
c_l("1972");
t4073();
}
function t1973(){
c_l("1973");
as1973=new Array("4038","1974");
e_l(as1973);
}
function t1974(){
c_l("1974");
t4();
t("荷物を取りに行くとかで、車はいったん");h("女友達");
t("のアパートに寄りました。");n();
t("ベランダにまだお布団が干したままになっていたので、私は");h("男");
t("と一緒に部屋に入るとベランダにでました。");n();
t4069();
t4072();
}
function t1975(){
c_l("1975");
t("秋になってコーラス部の文化祭のコンサートが終わったあと、");h("女友達");
t("が「友達の大学の文化祭の後夜祭に一緒にでてほしいの」が言いだしました。");n();
t("「男の子ばかりの大学で色気がないから、カラオケ大会に一緒にでてほしいと頼まれたちゃったの」と言葉が続きました。");n();
t("友達と言うのはどうも");h("女友達");
t("の彼氏のことのようでした。");n();
t("私も誰か男の子を紹介してもらえるかもと思い、一緒にカラオケに出ることにしました。");n();
t("一応曲も決まって、文化祭の前にカラオケ店にみんなで行って練習をしました。");n();
t("カラオケだけかと思っていたのですが、それだけじゃ優勝できないから踊りもつけないとだめとかで踊りの練習もしました。");n();
t("衣装はどんなのにしようかと男の子達が相談していました。");n();
t("「去年2位にはいったチームがセーラー服で踊ったので、今年は俺達もセーラー服でやろう」とか話がまとまって、");h("女友達");
t("の高校の時のセーラー服を私の分ももってくることになりました。");n();
}
function t1976(){
c_l("1976");
t("学園祭の数日前になって、喫茶店で男の子達と待ち合わせて打ち合わせをしました。");n();
t("すると去年の優勝チームもやはりセーラー服で出る予定だと情報があると男の子が言います。");n();
t("それ以外にもテニスウェアと、チアリーダーの衣装も用意しているとの事でした。");n();
t("それで男の子達は、なんとかもっと目立つような趣向をこらさないと勝てないと、言い出しました。");n();
t("今年なんとか上位に入賞しないと、先輩にしかられるからと、男の子はかなり真剣な様子でした。");n();
t("私は学園祭のカラオケくらいでそんなに真剣にならなくても良いのにと思って聞いていました。");n();
t("結局のところ衣装を他にも用意して、学園祭の前の日にこないだのカラオケ店でもう一度リハーサルをすることになりました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("はなんとか友達に頼んで使えそうな衣装を探しました。");n();
t("実験用の白衣やテニスウェアや体操着やブルマーとか、あとは黒い皮のミニスカートとかも用意しました。");n();
}
function t1977(){
c_l("1977");
t("衣装を紙袋に色々詰め込んでみんなでカラオケ店で集まると、男の子のがとんでもないものを箱からだしてきました。");n();
t("実験で使うシリコンを使って、実験室でこっそり作った巨大な乳房でした。");n();
t("きちんと寸法を測ってつくってあり、Gカップに作ってあるそうでした。");n();
h("女友達");
t("は、それをみて大きな声で笑い転げていました。");n();
t("乳首も本物そっくりに作ってあって、色も人肌そっくりで作るのに1週間かかったそうです。");n();
t("それに大きさに合うブラジャーも用意してあって、それも巨大な大きさでした。");n();
}
function t1978(){
c_l("1978");
t("ひとまずブラジャーに着替えるのも出来ないので、私たちはテニスウェアの上にブラジャーをして一通り踊ってみました。");n();
t("まるで本物のように踊るたびに胸が揺れて、男の子達は目が丸くなるようにして、これで優勝だとよろこんでいました。");n();
}
function t1979(){
c_l("1979");
t("衣装を紙袋に色々詰め込んでみんなでカラオケ店で集まると、男の子達とあれこれとアイデアを相談しました。");n();
t678();
t("ほかのチームの情報もいろいろ検討して結局の所、男の子がセーラー服を着て踊り、女の子はテニスウェアで踊ることになりました。");n();
t("誰がセーラー服を着るかという相談になりましたが、セーラー服は男の子にはサイズが小さいので小柄な男の子が指名されました。");n();
t("男の子はさいしょいやがっていたようすでしたが、セーラー服に着替えるとなかなか似合っていて、本人も気に入った様子でした。");n();
t570();
t("一通り練習が終わった後、私と");h("女友達");
t("はもうすこし踊りの練習をしたいからとカラオケルームを延長してもらって残りました。");n();
t("時間ぎりぎりまで歌と踊りの練習をしたので、受付の係りの人が次のお客さんを案内して部屋に着たとき、私達はまだテニスウェアのままでした。");n();
t("着替える時間がなかったので、私たちはどこか他で着替えればいいと思ってテニスウェアのまま部屋をでました。");n();
}
function t1980(){
c_l("1980");
t("衣装を紙袋に色々詰め込んで、みんなでカラオケ店で集まると、男の子達とあれこれとアイデアを相談しました。");n();
t678();
t("化学の実験に使う白衣は看護婦の白衣みたいだから、看護婦の仮装はと");h("女友達");
t("が言って見ました。");n();
t("しかし、男の子の大学ではみんな実験用の白衣はもっているのであまりインパクトがないとすぐ却下されてしまいました。");n();
t("男の子の一人がセーラ服の下に体操着を着て、踊りながら脱ぐのはどうだと言います。");n();
t("私はちょっとどうかと思いましたが、男の子は「それくらいはしないと、優勝はできない。ともかく絶対優勝するんだ」と言い張ります。");n();
t("それでともかくやってみようと言うことになり、男の子に部屋を出てもらって私と");h("女友達");
t("は体操着のシャツとブルマーに着替え、その上にセーラー服をきました。");n();
}
function t1981(){
c_l("1981");
t("曲にあわせて練習してみると、これなら優勝できると男の子達は興奮気味が止まらない様で、何度も練習しました。");n();
}
function t1982(){
c_l("1982");
t548();
t("表彰式もすんで、私たちは練習の時使ったカラオケ店での合コンになだれ込みました。");n();
t("着替える暇もなかったので、私たちはセーラー服のままお酒を飲みました。");n();
t("男の子達がカラオケを代わる代わる歌うと、私たちの番になりました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("はコンテストでやった曲をもう一度踊りながら歌いました。");n();
t("さっきと同じように、スカートを踊りながら脱ぐ場面になると、");c_count=0;
n();
t1987();
}
function t1983(){
c_l("1983");
t("学園祭と数日前に、最後のリハーサルということで、カラオケ店に集まりました。");n();
t("ウェディングドレスのリフォームはなんとかリハーサルの日には間に合いましたが、私も");h("女友達");
t("もどんな風にできあがったのか見ている暇はありませんでした。");n();
t("男の子達も用意してきた衣装に着替えその後で、いったん男の子に部屋の外に出てもらって");h("女友達");
t("が持ってきたウェディングドレスに着替えました。");n();
t("するとウェディングドレスは2着とも余りの生地を使って奇抜なデザインにリフォームしてありました。");n();
t("私の着た服は、生地の余りで大きな造花を作ってあちこちに縫いつけてありました");n();
h("女友達");
t("の方はは細いリボンのような飾りを裾から胸のあたりまで縫いつけてあり、とても細かい細工でした。");n();
t("さすがに被服科だけあってやることが違うと感心していると、部屋に入ってきた男の子達もこれなら優勝できると喜んでいました。");n();
t1984();
h("女友達");
t("が起きあがろうともがくと、ドレスの飾りのリボンが");h("女友達");
t("が頭にひっかかって、立ち上がろうとしたとたんまた後ろ向きに倒れ込みました。");n();
t("すると今度はスカートが裾から頭に巻き付くようにからまり、でんぐり返しを打ったような格好で");h("下着");
t("が丸見えになって床に転がってしまいました。");n();
t("そのとたんに男の子達が異様な目つきで私たちに襲いかかりました。");n();
t678();
t299();
t4581();
}
function t1984(){
c_l("1984");
t("用意してきた音楽をかけてダンスの練習を始めました。");n();
t("なんどか振りを確かめてから最後に通して練習をして打ち上げにすることになりました。");n();
t("音楽が部屋に響くと最後の決めのポーズで");h("女友達");
t("が足を上げようとしたときすべって転んでしまいました。");n();
}
function t1985(){
c_l("1985");
t("学園祭と数日前に、最後のリハーサルということでカラオケ店に集まりました。");n();
t("男の子達も用意してきた衣装に着替えいったん男の子に部屋の外に出てもらって");h("女友達");
t("が持ってきたチャイナドレスに着替えました。");n();
t("しかし着てみたところどうも丈が短すぎるようなきがしました。");n();
h("女友達");
t("も少し気になるようで「当日は下にスパッツをはかないとだめね」と言っていました。");n();
t("男の子達が部屋にはいると、私たちのチャイナドレス姿にすっかり気に入った様子で、これなら優勝できると大喜びでした。");n();
t1984();
t("その勢いでビリっと音がするとスカートがウェストのところで切れ目が入って腰のあたりから脇の下まで破けてしまいました。");n();
t("立ち上がろうとしたとき下にはいたピンクの");h("下着");
t("が男の子達に丸見えになってしまいました。");n();
t("そのとたんに男の子達が異様な目つきで私たちに襲いかかりました。");n();
t678();
t299();
t4581();
}
function t1986(){
c_l("1986");
t548();
t("試しにやってみようと言うことで音楽をかけてもらって踊りながら脱いでいくと、");c_count=0;
n();
t1987();
}
function t1987(){
c_l("1987");
t("急に男の子達が異様な目つきで");h("女友達");
t("に視線が集まりました。");n();
t("私が");h("女友達");
t("の方をみると");h("下の表着");
t("を脱ぐとき、指がひっかかったらしくて、下のブルマーと");h("下着");
t("も膝のあたりまでずり落ちていました。");n();
t("男の子たちはもう止められなくなって、私たちに襲いかかりました。");n();
t678();
t299();
t4581();
}
function t1988(){
c_l("1988");
v["学園祭の仮装"]="学園祭の仮装";
}
function t1989(){
c_l("1989");
t1975();
t("当日は会場が混雑するし着替えの場所もないので「着替えを済ませて来て欲しい」と言われました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("はどうしようかと相談しましたが、駅のトイレで着替えるのもどうかと思うのでアパートから着ていく事にしました。");n();
t1988();
t547();
t("当日になってセーラー服を着て大学のある近くの駅で");h("女友達");
t("と待ち合わせしました。");n();
t("時間よりすこし早めに行きましたが");h("女友達");
t("も時間前に来てもう私を待っていました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("のスカートを見てびっくりしてしまいました。");n();
h("女友達");
t("はほとんどぎりぎりまで短く裾を上まで上げてはいていました。");n();
t("私の視線を見て");h("女友達");
t("は「高校に行くときはいつもこのくらいにして通ってたのよ」と平気な顔でした。");n();
t("大学の正門に入るともうカラオケ大会の人だかりで舞台の近くは近寄れないくらいでした。");n();
t("いろいろな衣装を着た女の子や男の子達が舞台の裏に集まっていました。");n();
t("時間前にはスピーカから大きな音楽が会場いっぱいに響き始めました。");n();
t("やがて時間がくると、挨拶のマイクの声が聞こえてやっとカラオケ大会が始まりました。");n();
t("私たちは順番がくるまで他のチームの演技を見ていました。");n();
t("どれもみんな衣装も振り付けも凝っていて、とても私たちが優勝できそうにはありませんでした。");n();
t("男の子は「これはお色気で行くしかない」と言います。");n();
t("それで私も");h("女友達");
t("を真似して腰のところでスカートを巻いて丈を思い切り短くして、");h("女友達");
t("と同じくらいにしました。");n();
t("私たちの番になって舞台に上がるとき、私は心臓がとまりそうになるくらいドキドキしました。");n();
t("しかし音楽が始まると、なんとか落ち着いて練習した振りを踊って歌いました。");n();
t("やっと演技が終わって舞台から降りると、心臓がやっとほっとして楽になりました。");n();
t("これはとても上位には入れないと思っていましたが、結果は3位でした。");n();
t("どうにか賞品もでるというので私はほっとしました。");n();
t("カラオケ大会が終わった後、会場は混雑してとても着替えができるような様子ではありませんでした。");n();
t1990();
}
function t1990(){
c_l("1990");
t("私と");h("女友達");
t("はセーラー服のまま、打ち上げの合コンにくことにしました。");n();
t("大学の近くでは、あちこちのクラブが打ち上げの合コンをするらしくて、飲み屋街は文化祭の後の学生でいっぱいでした。");n();
t("男の子達は何度も一気飲みをして騒ぎ続けました。");n();
}
function t1991(){
c_l("1991");
t("文化祭の準備でいろいろと忙しくて、この間の調理実習の栄養計算のレポートをまだ書いていませんでした。");n();
t("締め切りが明日というので、");h("女友達");
t("のアパートに泊まり込んで、二人で一緒にレポートを書くことにしました。");n();
t("今夜のうちになんとか仕上げようと思って、夕御飯のあと書き始めました。");n();
t("すぐにできると思ったのですが、清書するのに以外と時間がかかって、出来上がったのは夜の12時近くでした。");n();
t("すぐに寝ようと思ったのですが、お腹がすいて来ました。");n();
t("近くのコンビニでおにぎりを買って来ようと思い、一人でアパートを出ました。");n();
t("コンビニまで歩くと、店でおにぎりを二つ買いました。");n();
t("ついでだからと、雑誌を少し立ち読みしてから、口紅の並んだ棚があったので、どんな色があるのかしらと、見本を2、3本手にとって色を比べてみました。");n();
t("アパートに帰ろうとおもって、コンビニを出ようとすると");n();
t("店長さんらしい中年の男性に呼び止められました。");n();
t("「会計をすませていない品物がおありではありませんか」か遠回しに言われました。");n();
t("私は「ありません」と答えて帰ろうとしました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("は私の両手を掴むと、店のトイレに連れていきました。");n();
t("「調べればすぐわかるんだから、白状するんだ、どうするんだ」と");h("男");
t("が言います。");n();
t("私は何もしていないので「だったら調べて下さい」と答えました。");n();
t("すると");h("男");
t("は「だったら調べさせてもらうからな、」と言って口元にいやらしい笑いを浮かべました。");n();
t4491();
t("私はようやく店を出ました。");n();
t("すると店の前には男の子が数人座り込んでいて一斉に私の方を見上げました。");n();
t("男の子達のいる場所からはさっき私が連れ込まれたトイレがガラスごしに見えていました。");n();
t("私はさっきの様子が、外から丸見えになっていたのに気が付き、胸が冷たく凍り付きました。");n();
t("私は慌てて、コンビニを出て");h("女友達");
t("のアパートに急ぎました。");n();
t("すこし先を");h("女友達");
t("がこちらに向かって来るのが見えました。");n();
t("きっと帰りが遅いので心配になって迎えにきたのに違いありませんでした。");n();
t("そのとき黒いワゴンが私のすぐ後ろで止まりました。");n();
t("仲からは男の子が飛び出してくると、私を車に連れ込みました。");n();
t("すぐに");h("女友達");
t("も捕まえられると、私と一緒に車のなかに連れ込まれました。");n();
t("男の子たちはさっきコンビニの前に座り込んでいた男の子達のようでした。");n();
t("車はしばらく走ると、急な坂を何度か上がり下がりしました。");n();
t("ドアが開くと、そこはあたり石ころだらけの河原で、真っ暗で何も見えませんでした。");n();
t("私と");h("女友達");
t("は河原に押し倒されました。");n();
t4581();
}
function t1992(){
c_l("1992");
t("「これからどうしても行きたいところがあるので一緒にきて欲しいの」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("「私決心したんだから、必ず行くの、絶対行くんだから」と何度も繰り返してから。");n();
t("「一人じゃ行けないから、一緒に来てねお願い」と半分泣きだしました。");n();
t("私はなんとかなだめて「一緒にいくからだいじょうぶ」と答えました。");n();
h("女友達");
t("と一緒に店をでると、案内されて細い路地を歩きました。");n();
t("何度か角を曲がると、深夜映画館の前にでました。");n();
t("その隣にはけばけばしい看板が出ていてネオンが光っていました。");n();
v["持ち物"]="素人ストリップの切符";
t("踊り子らしいポスターが何枚も乱雑に張り付けてある横に「本日は素人ストリップ大会」と書いてあるのが見えました。");n();
t("「私これに出るの、今日絶対これに出るの」と");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("どうやら彼氏の事を忘れるために素人ストリップに出てうっぷんを晴らすという事らしいので私はびっくりしました。");n();
t("入り口から少し離れた裏手には楽屋への入り口があり、そこには受付らしい張り紙がありました。");n();
t("「私もう昨日申し込んでおいたから、出るとお金もらえるのよ」と言って");h("女友達");
t("は楽屋に入ろうとしました。");n();
t("これは大変と思い、");h("女友達");
t("の手を強引に引っ張って駅まで来ました。");n();
}
function t1993(){
c_l("1993");
t("文化祭の模擬店の準備をしていて、先輩にテーブルクロスを買ってきてと言われました。");n();
t("喫茶店のテーブルに紙のテーブルクロスを敷きたいとの話でした。");n();
t("私は先輩に教えてもらった大学の近くのスーパーに行ってみました。");n();
t("その店は思ったより大学からは遠くて、私も今までに一度もいったことのない店でした。");n();
t("建物はかなり大きくて、店の前の案内を見ましたがどこでテーブルクロスを売っているのか分かりませんでした。");n();
t("ひとまず、家庭用品の売場に行きましたが売っていた紙のテーブルクロスは思ったより値段が高くてとても必要な枚数は買えそうにありませんでした。");n();
t("私は大学に戻って先輩に相談してから買った方がいいと思って、店をようとしました。");n();
}
function t1994(){
c_l("1994");
t("文化祭のコンサートが近づいて、衣装あわせをすることになりました。");n();
t("先輩の話では、人数分あるはずだと言うことでしたが調べてみると、黒いスカートが3人分足りませんでした。");n();
t("たぶんこの前の合同コンサートのとき衣装をほかの大学のコーラス部に貸したので、それで数が合わなくなったのだろうと先輩が話していました。");n();
t("もうコンサートまであまり間がないので、今日中に何とか黒の生地を買ってきて、洋裁の得意な子達で手分けして作ることになりました。");n();
t("大学からすこし離れたスーパーで生地を売っているからと先輩に言われて、私は一人で生地を買いに出かけました。");n();
t("生地売場を見て歩いたのですが、衣装の黒い生地によくにた生地は見つかりませんでした。");n();
t("私は近くに小さな生地屋があったのを思い出して、そこに言ってみることにしました。");n();
}
function t1995(){
c_l("1995");
as1995=new Array("1998","2002","1997","1996");
e_l(as1995);
}
function t1996(){
c_l("1996");
t4();
t515();
t1991();
}
function t1997(){
c_l("1997");
t4();
t515();
t2009();
t2014();
t2022();
t2016();
t4();
t662();
t2026();
t2094();
}
function t1998(){
c_l("1998");
as1998=new Array("1999","2000","2001");
e_l(as1998);
}
function t1999(){
c_l("1999");
t4();
t515();
t2006();
t2013();
}
function t2000(){
c_l("2000");
t4();
t515();
t2006();
t2011();
t4036();
}
function t2001(){
c_l("2001");
t4();
t515();
t2006();
t2012();
t4007();
}
function t2002(){
c_l("2002");
as2002=new Array("2003","2004","2005");
e_l(as2002);
}
function t2003(){
c_l("2003");
t4();
t515();
t2007();
t2013();
}
function t2004(){
c_l("2004");
t4();
t515();
t2007();
t2011();
t4036();
}
function t2005(){
c_l("2005");
t4();
t515();
t2007();
t2012();
t4007();
}
function t2006(){
c_l("2006");
t2009();
t2014();
t2018();
t2017();
t2010();
}
function t2007(){
c_l("2007");
t2009();
t2014();
t2015();
t2017();
t2010();
}
function t2008(){
c_l("2008");
as2008=new Array("1993","1994");
e_l(as2008);
}
function t2009(){
c_l("2009");
t2008();
t4();
t660();
t("帰ろうとすると店員の一人に「ちょっとこちらに来て下さい」と言われて奥の小部屋につれていかれました。");n();
t("その店員の名札には販売係長とか名前がついていました。");n();
h("男");
t("が私にお金を払ってないものがあるだろうと言います。");n();
h("男");
t("に正直に言わないと調べることになるからね言われて、私は万引を疑われたとようやく分かりました。");n();
}
function t2010(){
c_l("2010");
t4();
t("私が帰ろうとすると");h("男");
t("は私のアパートまで来るといいます。");n();
t("住所が本当かどうか確かめるんだと言われました。");n();
t("私は");h("男");
t("の車に乗せられました。");n();
}
function t2011(){
c_l("2011");
t("車が走り出すとすぐに私のアパートの前に着きました。");n();
}
function t2012(){
c_l("2012");
t("車が走り出すとすぐに");h("男");
t("のアパートの前に着きました。");n();
}
function t2013(){
c_l("2013");
t2011();
t("しかし車はそのまま通り過ぎていきました。");n();
t("車がしばらく走って着いたのはラブホテルでした。");n();
h("男");
t("は私に二度と万引しないように体に教えてやるからと言います。");n();
t3639();
}
function t2014(){
c_l("2014");
t("白状しないなら調べさせてもらうからなと");h("男");
t("が言います。");n();
t("私はそれでも何も言いませんでした。");n();
t4491();
}
function t2015(){
c_l("2015");
t("うまく隠したようだなと言いながら");h("男");
t("はやっと私の体から手を放しました。");n();
}
function t2016(){
c_l("2016");
h("男");
t("はまだしつこく親の名前はとか、学校はどこだとか聞いては半分脅すようにしながら白状させようと取り調べを続けました。");n();
t("しかし私は何もしていないのでなにを聞かれても返事をしませんでした。");n();
t("一時間ほどがんばっていると部屋に");h("男");
t("の上司らしい男性が入ってきて");h("男");
t("となにか話をしていました。");n();
t("それから「今日のことは誰にも言うな。判ってるだろうな」と何度も念を押されてやっと部屋から出してくれました。");n();
t("私はスーパーを出ると目にどっと涙が溢れてきました。");n();
}
function t2017(){
c_l("2017");
h("男");
t("は私にメモ用紙を渡して、ここに名前と住所と電話を書きなさいといいます。");n();
t("私はしかたなく言われた通りに書きました。");n();
}
function t2018(){
c_l("2018");
as2018=new Array("2019","2024");
e_l(as2018);
}
function t2019(){
c_l("2019");
t2020();
t2021();
}
function t2020(){
c_l("2020");
t("私はなにをされてもじっと我慢し続けました。");n();
t("白状しないなら、白状する気になってもらうからなと");h("男");
t("は言いました。");n();
}
function t2021(){
c_l("2021");
t("私は椅子に座らされました。");n();
t("係長さんは白状してもらうからなと言うと、私の座った椅子を後向きに回しました。");n();
t("後ろの壁にはブラインドがかかっていました。");n();
t("係長さんはゆっくりとブラインドを上げていきます。");n();
t("回りのビルはもっと高くて、私のいる部屋は回りのビルから見おろされていました。");n();
t("それから係長さんは私のストッキングを膝まで降ろすと、椅子の肘かけに絡ませました。");n();
t("私の足は広げられて身動きできなくなり、恥しい部分がまる見えの姿勢にされていました。");n();
t("それから係長さんはもう一度ブラインドをゆっくり上げ始めました。");n();
t("私はようやくどうゆうことか分かって、なんでも白状しますと叫んでいました。");n();
}
function t2022(){
c_l("2022");
t2023();
}
function t2023(){
c_l("2023");
t("私は何をされても必死でがまんを続けました。");n();
h("男");
t("は私の下着を脱がせると、部屋を出てエスカレータの所まできました。");n();
t("エスカレータに載せられて上にあがり始めると私は足が震えてきました。");n();
t("すこし下の方で中年の男性が一人私のあとからエスカレータで上がってきました。");n();
t("私は必死で");h("下の衣類");
t("を押さえました。");n();
t("すると");h("オトコ");
t("は私の方をいやらしい顔で見上げて来ました。");n();
t("私は膝ががたがたに震えて止まらなくなりました。");n();
t("最上階までエスカレータで上がるともう一度逆に降りて、そのあと");h("男");
t("はさっきの小部屋に私を連れて戻りました。");n();
t("さっきの椅子に座らせられると体中が震えて冷や汗が吹き出してきました。");n();
}
function t2024(){
c_l("2024");
t2025();
}
function t2025(){
c_l("2025");
h("男");
t("は私の下着を脱がせると私を部屋をでてエレベータ所まできました。");n();
t("店はもう閉店したようで館内に客のすがたは見あたりませんでした");n();
t("エレベータは中がガラス張りでそとの景色が足の下に見えました。");n();
t("「");h("男");
t("はどうだ丸み見えだぜ」と言いながら上にあがるボタンを押しました。");n();
t("エレベータが上にあがり始めると私は足が震えてきました。");n();
t("私はようやくどうゆうことか分かって、なんでも白状しますと叫んでいました。");n();
t("エレベータが最上階までいくと");h("男");
t("は下りのボタンを押しました。");n();
t("エレベータがもとの階まで降りるとき私は膝の震えがとまりませんでした。");n();
h("男");
t("はさっきの小部屋に私を連れて戻りました。");n();
}
function t2026(){
c_l("2026");
t("もどったら先輩になんて報告したらいいのかと思いながら私は大学への帰り道をたどりました。");n();
t("途中で大学の裏口に出る近道に角を曲がって入りました。");n();
t("すこし歩くと私の後ろから誰かが道を曲がってくるのに気が付きました。");n();
t("後ろを振り向くと");h("男");
t("と目が合いました。");n();
t("さっきエスカレータで私の下から見上げていた");h("男");
t("の様でした。");n();
t("私はあわてて小走りに駆けだして道を急ぎました。");n();
t("しかし");h("男");
t("もすぐに私の後を早足で追ってきました。");n();
t("大学のすぐ裏手の公園まで来たとき");h("男");
t("の手がもう私の肩に届きそうにまで近づきました。");n();
}
function t2027(){
c_l("2027");
t("私は席をたって逃げだそうとしましたが");h("男");
t("が私の手を掴んで離しませんでした。");n();
h("男");
t("に手を引っ張られて");h("場所");
t("を出ると私は少し先にあるビルに連れ込まれました。");n();
t("階段を上がってドアを入ると中は普通の事務所のようでしたが、なにか人相の悪そうな人たちが、テーブルを囲んでなにか大声で話していました。");n();
t("「連れてきましたと」紹介されると「じゃあ始めるか」と言いながら私を取り囲んで、奥の小さな部屋に連れ込みました。");n();
t("私は");h("男達");
t("を突き飛ばして逃げようとしましたが、すぐに取り押さえられてしまいました。");n();
t("部屋の中央には横長のソファーが置いてあり、その反対側にはかなり大きなテレビカメラのような物が大きな三脚に載せられてこっちを向いていました。");n();
t("誰かがスイッチをいれたらしく、照明が一斉に明るくついて目がまぶしくなりました。");n();
h("男達");
t("は私をソファーに押し倒して座らせると、ソファーの後ろに回った");h("男");
t("が私の両手を上に持ち上げて押さえつけました。");n();
t("それから、");h("男達");
t("は私の両足をいっぱいに開かせるとソファーの両脇につけられた黒い皮の道具でしばりつけました。");n();
t("私はいきなりとんでもない格好をさせられて、声もだせませんでした。");n();
t("私の両脇にはカメラを肩に担いだ");h("オトコ");
t("が私に向かってレンズを合わせていました。");n();
t("下着がハサミで切り取られると、カメラを操作している");h("オトコ");
t("が「OKです」と言うのが聞こえました。");n();
t582();
t("私の左右の");h("男");
t("が私の腿をゆっくりと撫ではじめました。");n();
t("私の正面には");h("男");
t("が立ち、私に体を押しつけてきました。");n();
h("男");
t("が体を離すと、私はやっとのことでソファーから降ろされました。");n();
t("「このビデオを裏ビデオ屋に売ると高くうれるんだぜ、なにしろ有名女子大のお嬢様だからな」と");h("男");
t("に言われました。");n();
}
function t2028(){
c_l("2028");
t4();
t2033();
t2035();
t2037();
t2045();
t3631();
}
function t2029(){
c_l("2029");
as2029=new Array("2031","2032","2030");
e_l(as2029);
}
function t2030(){
c_l("2030");
t4();
t2033();
t2035();
t2036();
t2279();
}
function t2031(){
c_l("2031");
t4();
t2033();
t2035();
t2037();
t2043();
}
function t2032(){
c_l("2032");
t4();
t2033();
t2047();
t4();
t2051();
}
function t2033(){
c_l("2033");
as2033=new Array("2034","2597");
e_l(as2033);
}
function t2034(){
c_l("2034");
t("秋に開催される全国の大学コーラスコンクールの打ち合わせに東大のコーラス部の役員会に呼ばれました。");n();
t("選曲とか練習日程とかその他の打ち合わせをするそうでした。");n();
t("私は去年マネージャだったで打ち合わせにでたのですが、正直いってうんざりしました。");n();
t("同じような議論を延々と繰り返し、それが夜中近くにまでなってほかに方法がないからと言ってやっと話がまとまるのです。");n();
t("去年打ち合わせにでた先輩に聞きましたが、いつもそうやって無駄な打ち合わせで時間をつぶしているそうでした。");n();
t("私はとてもこんな打ち合わせ出られないと思い");h("女友達");
t("に替わりに頼むことにしました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("も「明日までにレポートださなければいけないレポートがあるの」と言います。");n();
t("「心理学史のレポートでフロイトについて調べないといけないの」というので「それだったら私の方が得意だから」と言って私が替わりにレポートを書くことにしました。");n();
t("去年私がレポート書いたとき読んだ本が大学の図書館にあると思ってお昼すぎに図書にいってみました。");n();
t("しかし、私のお目当ての本はもう誰かが借りてありませんでした。");n();
t("似たような本がほかにないかと探してみましたがみんな貸し出し中でした。");n();
t("私は今日中にレポートを書くと");h("女友達");
t("に約束していたので、なんとかしないといけないと思いました。");n();
t("私は前に行ったことのある日比谷の図書館までいくことにしました。");n();
t("地下鉄に乗って日比谷までいき、日比谷公園のそばを通って日比谷図書館につきました。");n();
v["建物"]="図書館";
}
function t2035(){
c_l("2035");
t("フロイトについての本を探そうとしましたが、いっぱいあってどれがいいのかなかなか分かりませんでした。");n();
t("適当なのを数冊かりると私は空いている席を探しました。");n();
t("私は本をいろいろめくりながらレポートを書き始めました。");n();
t("だいたい去年私が書いたのと同じようなのでいいやと思い、思い出しながらなんとか書き上げました。");n();
}
function t2036(){
c_l("2036");
t("私は借りた本を返すと、図書館を出ました。");n();
t("夕方近くになりすこしお腹が空いたので、日比谷駅の近くのマクドナルドでチーズパーガーと飲み物を頼みました。");n();
t("それから駅ビルの近くで洋服をすこし見て歩いてから帰ることにしました。");n();
}
function t2037(){
c_l("2037");
t("席を立とうとするととなりの");v["男"]="男性";
h("男");
t("に「フロイトの勉強なさってるんですか」と話しかけられました。");n();
t("「フロイトを読むんだったら、ほかにもユングを読んだ方がいいですよ」と言われて、私はまた面倒なことを言われたと思いました。");n();
t("もうレポートは書き上げたし、また何か書き直すような気にはなれませんでした。");n();
t("私は「大学の授業でレポートを書いてるだけですから」と適当に答えました。");n();
t("すると「じゃあ僕が見て上げましょう」と言って私のレポートを取り上げて勝手に読み始めました。");n();
t("私はなんて人だと思ってみていました。");n();
t("すると「なかなかよく書けていますね、どこの大学ですか」と聞かれました。");n();
t("大学の名前を答えると「ああそれなは、優秀なはずですね」とほめられました。");n();
t("「うちの学生にはなかなかこれだけのレポートは書けません」と言われてようやくどっかの先生だと分かりました。");n();
t("よくよく聞いてみると私のすぐ近くの女子大学の助教授");v["男"]="先生";
t("をしているとのことでした。");n();
t648();
}
function t2038(){
c_l("2038");
t2041();
t2042();
t4479();
t2044();
}
function t2039(){
c_l("2039");
t2040();
t2044();
}
function t2040(){
c_l("2040");
t("「ところで絵はお好きですか」と");h("男");
t("に聞かれました。");n();
t("私は普段は絵の展覧会とかは行ったことはないのですが、あまり見ませとも答えてもいけないと思って「はい好きです」と答えました。");n();
t("「シャガールなんかはどうですか」と聞かれてこれはもう話を合わせるしかないと思って「はいいいですね、私も好きです」と適当に答えました。");n();
t("すると「ちょうど近くの近くの画廊でシャガールの展覧会があるので見ていきませんか」と誘われました。");n();
t("私は帰ってからすぐレポートを書かなければいけないのでそんな時間ないと思いましたが、私の大学の学生は絵もわからないと噂を広められてはいけないと思いついていくことにしました。");n();
t("日比谷公園を通って銀座まで歩いて細い道を入ると小さな画廊がありました。");n();
t("こんなところで展覧会をやっているのかしらと思いましたが絵が何枚か飾ってありました。");n();
t("私は「とてもいい絵ですね」と適当に感想を言いました。");n();
}
function t2041(){
c_l("2041");
t("「ところでクラッシックはお聞きになりますか」と");h("男");
t("に聞かれました。");n();
t("私は普段はあまりクラッシックは聞いていなかったのですが、あまり聞きませんとも答えてもいけないと思って「はい好きです」と答えました。");n();
t("「モーツアルトはいかがですか」と聞かれてこれはもう話を合わせるしかないと思って「はいいいですね、私も好きです」と適当に答えました。");n();
t("すると「ちょうど近くの日比谷公園でモーツアルトの野外コンサートがあるので聞いていきませんか」と誘われました。");n();
t("私は帰ってからすぐレポートを書かなければいけないのでそんな時間ないと思いましたが、私の大学の学生は音楽もわからないと噂を広められてはいけないと思いついていくことにしました。");n();
t("近くの日比谷公園の野外音楽堂まで行くと、もう会場には観客がいっぱいで音楽ももう始まっていました。");n();
t("後ろの方で二人で並んで音楽を聞いていると");h("男");
t("の手が私の腰のあたりに回されてきました。");n();
}
function t2042(){
c_l("2042");
t("コンサートが終わって私はすぐ帰りたかったのですが「すこし話していきましょう」と公園のなかを歩いてベンチに座りました。");n();
t("「ところで彼氏いるの」と");h("男");
t("に聞かれ私は「まだいません」と答えました。");n();
t("すると「大学に入ってからまだずっといないの」とまた聞かれました。");n();
t("私は少しうつむきかげんに「はい」と答えました。");n();
}
function t2043(){
c_l("2043");
as2043=new Array("2044","2038","2039");
e_l(as2043);
}
function t2044(){
c_l("2044");
t2045();
t2046();
}
function t2045(){
c_l("2045");
t("帰りを来るまで送ってくれるというので私は");h("男");
t("の車に乗りました。");n();
}
function t2046(){
c_l("2046");
as2046=new Array("3631","4038","4020","3837");
e_l(as2046);
}
function t2047(){
c_l("2047");
t2048();
t2049();
t4488();
v["痴漢に会う"]="有り";
}
function t2048(){
c_l("2048");
t("探している本の番号を調べてから書架を探してみました。");n();
t("奥のほうにそれらしい表示があり番号を調べました。");n();
t("私の探している本はずいぶん上の棚に並んでいて、私の背では手を伸ばしても届きませんでした");n();
t("私は近くにある梯子を使って少し上に登って本をいろいろ選びました。");n();
}
function t2049(){
c_l("2049");
t("ようやく本を選んで梯子を降りようとして足を下に運んだとき、急に私の");h("下の表着");
t("の下に後ろから手が差入れられてきました。");n();
t("私は思わず足が震えてきました。");n();
}
function t2050(){
c_l("2050");
t("私はあわてて梯子を降りると後ろも見ずに書庫の廊下に飛び出し、突き当りの奥にあるトイレにかけみました。");n();
v["男の場所"]="トイレの外";
}
function t2051(){
c_l("2051");
v["場所"]="トイレ";
t2050();
t4258();
t2052();
}
function t2052(){
c_l("2052");
t4260();
t4261();
t4252();
t2053();
}
function t2053(){
c_l("2053");
t4299();
t4296();
}
function t2054(){
c_l("2054");
t("しばらく電車が走ると、次の乗換駅で乗客が一斉に乗り込んできました。");n();
t("私は運転席のすぐ後ろの角に押し込まれて、つぶされそうになりました。");n();
t("私の後ろの");h("オトコ");
t("が体を押し付けるようにしてきました。");n();
t("押し返すこともできずに私は苦しい姿勢でじっと我慢しました。");n();
t("私のお尻のあたりにもぞもぞと動く感触がありました。");n();
t("私は以前にも朝地下鉄で痴漢にあった事があるので、今度もすぐ痴漢だと思いました。");n();
t663();
t4532();
}
function t2055(){
c_l("2055");
as2055=new Array("2075","2076","2077","2078","2079","2080");
e_l(as2055);
}
function t2056(){
c_l("2056");
t4();
t2071();
t2082();
t2086();
}
function t2057(){
c_l("2057");
t4();
t2066();
t2082();
t2086();
}
function t2058(){
c_l("2058");
level_up("2075");
level_up("2064");
level_up("2907");
t2055();
}
function t2059(){
c_l("2059");
t4();
t2067();
t2081();
t2082();
t2086();
}
function t2060(){
c_l("2060");
t4();
t2064();
t2082();
t2086();
}
function t2061(){
c_l("2061");
t4();
t2072();
t2082();
t2086();
}
function t2062(){
c_l("2062");
t4();
t2073();
t2082();
t2086();
}
function t2063(){
c_l("2063");
as2063=new Array("2123","2071","2072","2073","2064");
e_l(as2063);
}
function t2064(){
c_l("2064");
v["その後"]="友達になる";
t2065();
t2081();
}
function t2065(){
c_l("2065");
as2065=new Array("2066","2907","2067");
e_l(as2065);
}
function t2066(){
c_l("2066");
t321();
t4002();
t3861();
}
function t2067(){
c_l("2067");
t323();
t3860();
t3861();
}
function t2068(){
c_l("2068");
as2068=new Array("2069","2070");
e_l(as2068);
}
function t2069(){
c_l("2069");
t322();
t3681();
t3683();
t3684();
}
function t2070(){
c_l("2070");
t322();
t3674();
t3683();
t3684();
}
function t2071(){
c_l("2071");
t324();
t1832();
t2074();
}
function t2072(){
c_l("2072");
t874();
t325();
t898();
t2074();
}
function t2073(){
c_l("2073");
t2710();
t2074();
}
function t2074(){
c_l("2074");
t("男の子達はまだ飲み足りないようでしたが、終電に遅れると帰れなくなるということでようやくお開きになりました。");n();
t("私は店を出ると慌てて地下鉄の駅まで急ぎました。");n();
t("駅に着くと終電にはまだすこし時間があるのでようやく安心しました。");n();
t("ホームにはお酒を飲んで帰りが遅くなった人たちがいっぱいに並んで電車を待っていました。");n();
t("少し待つと終電がホームに入ってきました。");n();
}
function t2075(){
c_l("2075");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2086();
}
function t2076(){
c_l("2076");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2087();
}
function t2077(){
c_l("2077");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2088();
}
function t2078(){
c_l("2078");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2089();
}
function t2079(){
c_l("2079");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2084();
}
function t2080(){
c_l("2080");
t4();
t2063();
t2082();
t225();
t2085();
}
function t2081(){
c_l("2081");
t("帰りはみんなで電車で立川駅まででました。");n();
t("しかし、立川駅までついて中央線に乗ろうとするとなんだかホームの様子が変でした。");n();
t("事故があって電車が止まっているとのアナウンスが繰り返し流れていました。");n();
t("他の電車で帰れる人たちはモノレールや南部線を使って帰り道を急いでいました。");n();
t("私も他の線で帰ったほうがいいかと思いましたが、帰りの切符をもう買ってしまっていたので、事故が復旧するまで待つことにしました。");n();
t("駅で待っていてもしょうがないと思い、私は残った友達と駅のロッテリアでコーヒーを飲んで時間をつぶしました。");n();
t("もうそろそろいいだろうと思って駅に戻ってみるともう電車は普通に動いていました。");n();
t("私は友達と一緒に新宿まで出ました。");n();
t("新宿で友達と分かれると私は地下鉄に乗り換えました。");n();
}
function t2082(){
c_l("2082");
t4();
if((typeof v["建物"] !="undefined") && (v["建物"] != "")) {t("私は");h("建物");
t("の近くの駅から地下鉄に乗りました。");}n();
t("地下鉄の中は夜もかなり遅いのにずいぶん込んでいました。");n();
t("私は降りるのに丁度いいように電車の一番前に乗りました。");n();
t2054();
if((typeof v["痴漢に会う"] !="undefined") && (v["痴漢に会う"] == "Lり")) {t("私はようやくさっきの");h("建物");
t("の痴漢に後を追いかけられたことに気が付きました。");}n();
t("帰りの駅に着くと私は");h("男");
t("を振り払ってなんとかホームに降りました。");n();
t("駅の改札を駆け抜けると私はやっとのことでほっとした気分になりました。");n();
}
function t2083(){
c_l("2083");
as2083=new Array("2089","2086","2084");
e_l(as2083);
}
function t2084(){
c_l("2084");
t2097();
t225();
t2098();
t2090();
}
function t2085(){
c_l("2085");
t2097();
t225();
t2098();
t2091();
}
function t2086(){
c_l("2086");
t2097();
t225();
t2100();
t2103();
}
function t2087(){
c_l("2087");
t2097();
t225();
t2101();
t2102();
}
function t2088(){
c_l("2088");
t2097();
t225();
t2098();
t2104();
t2105();
}
function t2089(){
c_l("2089");
t2097();
t225();
t2099();
t2094();
}
function t2090(){
c_l("2090");
t("私は精一杯がんばってアパートまで走ると必死で鍵を開けてドアを開けました。");n();
t("もうすぐ");h("男");
t("が私の肩をつかもうとしたとき、私はアパートの中に入ってドアをしめました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("は私の閉めたドアを力ずくで開けると私の部屋に入り込みました。");n();
t4439();
}
function t2091(){
c_l("2091");
t("靴がハイヒールなのでとても早くは走れませんでしたが私は必死で走りました。");n();
t("後ろを振り返らずにアパートまで走るとドアの鍵を開けようとしました。");n();
t("ハンドバッグから鍵を取りだして鍵を開けようとしましたが、手が震えてなかなか鍵が鍵穴に入りませんでした。");n();
t("もう間に合わないと思うと心臓が壊れそうなほどドキドキしました。");n();
t("やっとドアを開けて中に入り鍵を閉めてチェーンもかけました。");n();
t278();
t("それでもまだ");h("男");
t("がドアを壊して入ってくるのではと思い心臓が壊れそうな思いでした。");n();
t("戸口で外の物音を聞き耳たててみましたが外は物音一つなくシーンと静まり返ったままでした。");n();
t("私は勇気をだしてドアスコープから外を見てみました。");n();
t("しかし誰も人影はありませんでした。");n();
t("私はやっと安心して部屋の中に入りました。");n();
t("一息つこうをお茶をいれてテレビを付けてしばらく休みました。");n();
h("女友達");
t("に電話をして今日の");h("催し物");
t("の話をしましたが、痴漢にあったことや夜道を追いかけられた事は話そうと思ってもはなせませんでした。");n();
t("私がいつもよりよくしゃべるので");h("女友達");
t("は「今日なにかあったの」と聞いてきました。");n();
t("でもやっぱりよけいなことは話さない方がいいと思いました。");n();
t("しばらく電話でおしゃべりをしているとようやく気持ちが落ち着いてきました。");n();
t("それから冷蔵庫の残り物を少し食べてからお布団を敷いて、寝る前にお風呂に入ることにしました。");n();
t2092();
}
function t2092(){
c_l("2092");
as2092=new Array("2093");
e_l(as2092);
}
function t2093(){
c_l("2093");
t("お風呂にお湯を入れて、お湯がたまるまでテレビを見ていました。");n();
t("ようやくお湯がいっぱいになったので、服を脱いでお布団のそばに畳みました。");n();
t574();
t("お湯につかるとやっと安心した気分になり、今日の地下鉄の");h("男");
t("には本当に腹がたってきました。");n();
t("あんな酷い事をする");h("男");
t("は絶対許せないと思いました。");n();
t("東京の女子校に通っていた同級生の女の子が話していた、電車で女子高生を狙うとんでもなく痴漢というのはきっ今日みたいな痴漢に違いないと思いました。");n();
t("こんなことまでされるとは思っていなかったので、東京の女の子はずいぶん大変なのねと思いました。");n();
t("私も東京育ちの女の子と同じ体験ができたので、これで負けてないなとすこし誇らしい気持ちもありました。");n();
t("それに");h("男");
t("に後を付けられたと思ったのは私の思い過ごしで、全然別の人でただ道順が同じだったのだけかもしれないと思いました。");n();
t("ゆっくりと体を洗って風呂場のドアを開けると目の前に人影がありました。");n();
t("少しみすぼらしい感じの背の低い男性でした。");n();
t("さっきの私を追いかけてきた");h("男");
t("以外考えようがありませんでした。");n();
t("私はびっくりして声も出せませんでした。");n();
h("男");
t("は私を抱き寄せるように抱え込んで来ました。");n();
t("私はなんとかもがこうとしましたが");h("男");
t("の力にはかないませんでした。");n();
h("男");
t("は私がさっき敷いた布団の上に押し倒しました。");n();
t("私は");h("男");
t("を押しのけて立ち上がろうとしました。");n();
t("しかし");h("男");
t("は力一杯私を布団の上に押しつけて倒しました。");n();
t4439();
}
function t2094(){
c_l("2094");
as2094=new Array("2095","2096");
e_l(as2094);
}
function t2095(){
c_l("2095");
t2107();
}
function t2096(){
c_l("2096");
t2106();
}
function t2097(){
c_l("2097");
t4();
t("駅の出口ではほかの乗降客も階段を上っていくのが見えました。");n();
t("私はもう大丈夫と思いアパートへの帰り道を急ぎました。");n();
t("駅の前の通りはもう夜遅くて商店は本屋も、電気屋もみんな店を閉じていました。");n();
t("飲み屋の前を通り過ぎると中からカラオケの音が聞こえてきました。");n();
t("いつも買い物をしているコンビニの角をまがってしばらくはまだ人通りがありました。");n();
t("アパートへ抜ける裏道にはいるともう誰も見えず暗い夜道が続いていました。");n();
}
function t2098(){
c_l("2098");
t("自分の足音だけを聞きながら一人で歩いていて何気なく後ろをみると、すこし後を同じ道を曲がって来る人影がありました。");n();
t224();
t("私はたいして気にもとめずに歩いていきました。");n();
t("しかし次の角を曲がったとき後ろを見るとやはり同じ角をまがってついてくるのが見えました。");n();
t("私はすこし心配な気持ちになりました。");n();
t("人影は少しずつ私に近づいてきました。");n();
t("私が少し早く歩くと後ろの人影も距離をたもって足早に歩きはじめました。");n();
t("アパート近くになって街灯の明かりもすくなくなると、人影は急には距離を詰めて私に近づいてきました。");n();
t224();
h("男");
t("がすぐ後ろまで来るのが見えました。");n();
t("私は慌てて小走りに駆け出しました。");n();
}
function t2099(){
c_l("2099");
t2098();
t("ちょうどアパートのそばの公園に近づいたとき");h("男");
t("は私のすぐ後ろまで来ました。");n();
v["場所"]="公園";
}
function t2100(){
c_l("2100");
t2098();
t("私はあわてて走り出そうとしましたがすぐに取り押さえられてマンションの地下の駐車場に連れ込まれました。");n();
v["場所"]="駐車場";
}
function t2101(){
c_l("2101");
t2098();
t("私は捕まると思いすぐ前のマンションの非常階段を駆け上がりました。");n();
h("男");
t("はマンションの入り口で立ち止まって後を追いかけてくる様子はありませんでした。");n();
t("私はともかく逃げなければと非常階段を一番上まで上がりました。");n();
t("屋上にあがると、なんとかマンションの中に入る入り口をさがしました。");n();
t("しかし戸口には中から鍵がかかっているようでドアはいくら引っ張ってもあきませんでした。");n();
}
function t2102(){
c_l("2102");
t("ドアの前で立ちつくしていると非常階段をさっきの");h("男");
t("が上がってきました。");n();
t("逃げるところはどこにもありませんでした。");n();
v["場所"]="屋上";
v["押し倒す場所"]="屋上の床";
t4439();
}
function t2103(){
c_l("2103");
t("駐車場の奥にひっぱりこまれると、車のボンネット前に体を前屈みに押さえつけられました。");n();
t("両手をねじりあげられて、後ろで押さえ込まれてとても逆らうことはできませんでした。");n();
v["手をつく所"]="ボンネット";
t4441();
}
function t2104(){
c_l("2104");
t("走りだそうとすると私の目の前に車が止まり");h("男");
t("が飛び出すと私に飛びかかってきました。");n();
t("後ろから追いかけてきた");h("男");
t("も私につかみかかり私は車に乗せられました。");n();
t("車はすぐに走り出しました。");n();
}
function t2105(){
c_l("2105");
t("車はしばらく走ると近くの河原につきました。");n();
t("私は土手をおりて河原に連れ出されました。");n();
v["場所"]="河原";
v["押し倒す場所"]="河原の草の上";
t4439();
}
function t2106(){
c_l("2106");
t("私は公園の中に急いで駆け込みました。");n();
t("しかし公園の中にはどこにも逃げ込む場所はありませんでした。");n();
h("男");
t("に追いかけられて私は滑り台の前まできました。");n();
t("そのとき私は滑り台の上に登って足で蹴飛ばせば");h("男");
t("が下から上がってこれないと思いました。");n();
t("それで私は滑り台の梯子に登ろうと梯子に両手でつかみました。");n();
t("しかし足が震えてなかなか梯子に足がかかりませんでした。");n();
t("ちょうど2段ほど梯子を上がったとき後ろから");h("男");
t("に抱えこまれました。");n();
h("男");
t("は私の腰をしっかりつかむと私の胸に手を回してきました。");n();
v["快感"]="異常感";
v["梯子"]="滑り台の梯子";
t4443();
}
function t2107(){
c_l("2107");
t("私はもう間に合わないと思い公園に走り込むと公園のトイレに駆け込みました。");n();
v["場所"]="公園";
t("トイレのドアを閉めようとしましたが手が震えて鍵がなかなかかかりませんでした。");n();
h("男");
t("はドアを力任せに開けると、私の逃げ込んだトイレに私を押し込めるようにして入ってきました。");n();
t4252();
}
function t2108(){
c_l("2108");
t4();
t515();
t2148();
t2151();
t217();
t224();
t2111();
}
function t2109(){
c_l("2109");
t4();
t515();
t2150();
t2151();
t217();
t224();
t2111();
}
function t2110(){
c_l("2110");
t4();
t515();
t2149();
t2151();
t217();
t224();
t2111();
}
function t2111(){
c_l("2111");
as2111=new Array("2112","2118","2115");
e_l(as2111);
}
function t2112(){
c_l("2112");
t315();
t2186();
t4();
t4229();
t2119();
}
function t2113(){
c_l("2113");
t("私はどうしようかと思いながら駅前からもと来た道を戻りました。");n();
t("しばらく道を戻ると大きなゲームセンターの建物がありました。");n();
t("壁には大きな彫刻のような飾りが明かりに照らされていました。");n();
t("なんとなく中に入って見ると一階はクレーンで賞品を吊り上げるゲームがたくさんならんでいました。");n();
}
function t2114(){
c_l("2114");
t("順に上の階まで上ってみると一番上の階には競馬ゲームがありました。");n();
t("競馬ゲームは人気があまりないのか、たくさん並んだ席のほとんどが空いていました。");n();
t("その脇には自動販売機がいくつか並んで、小さな休憩所のようになっていました。");n();
t("私はここなら始発電車がくるまで時間がつぶせると思い、自動販売機でコーヒーを買ってベンチに座りました。");n();
t("下の階から聞こえてくるゲーム機の騒音も気にせずに私はベンチで半分眠りかけました。");n();
t("うっとりとした気分で眠り続けていると、体になにか触れる感触がありました。");n();
t("気が付くと私のすぐ隣に");h("男");
t("が座って、片手を私の");h("下の表着");
t("の下に伸ばしていました。");n();
t("私が体を動かそうとすると");h("男");
t("は体とご私を壁際に押しつけきました。");n();
t("体を押さえられて私は身動きができませんでした。");n();
}
function t2115(){
c_l("2115");
t317();
t2113();
t2114();
t4478();
t2119();
}
function t2116(){
c_l("2116");
t("私はどうしようかと思いながら、駅前を歩きました。");n();
t("ふと見上げた先に漫画喫茶の看板が目に入りました。");n();
t("もしかして夜でもやっているのかしらと思い店の前まで来ると、中は明かりがついていて始発電車の時間まで開店しているのが分かりました。");n();
t("私はタクシーで帰るよりはここで時間をつぶして朝の始発電車で帰ったほうが安くつくと思いました。");n();
}
function t2117(){
c_l("2117");
t("受付で料金を払うと私は空いている席を探しました。");n();
t("深夜の時間なのに席は学生風の男の子達でいっぱいでした。");n();
t("奥の方に書棚の後ろにちょうど良さそうな席を見つけると私は漫画の本をなんでもいいから一冊とって座りました。");n();
t("一応は漫画を読んでいる振りをしていましたがお酒の酔いのせいもあってすぐに瞼が重くなってきました。");n();
t("私は漫画を広げてその前に両手を組んで頭を乗せました。");n();
t("すぐに頭がぼんやりして眠くなっていきました。");n();
t("なにか重苦しい気分で、目がさめかかると、体がなにか変な感触がありました。");n();
t("腰のあたりになま暖かい感じがします。");n();
t("気が付くと私のすぐ隣の席に");h("男");
t("が座って片手を私の");h("下の表着");
t("の下に伸ばしていました。");n();
t("体ごと隅に押しつけれれて私は身動きができませんでした。");n();
t("ちょうど私の席は書棚の陰になっていて他の客からは目に付かないの場所でした。");n();
}
function t2118(){
c_l("2118");
t316();
t2116();
t2117();
t4478();
t2119();
}
function t2119(){
c_l("2119");
if((typeof v["持ち物"] !="undefined") && (v["持ち物"] == "男性ストリップの切符")) { t2200();}else if((typeof v["持ち物"] !="undefined") && (v["持ち物"] == "素人ストリップの切符")) { t2201();}else if((typeof v["持ち物"] !="undefined") && (v["持ち物"] == "SMショーの切符")) { t2199();}}
function t2120(){
c_l("2120");
as2120=new Array("2126","2127","2128","2129");
e_l(as2120);
}
function t2121(){
c_l("2121");
as2121=new Array("2126","2127","2128","2129");
e_l(as2121);
}
function t2122(){
c_l("2122");
as2122=new Array("2155","2132");
e_l(as2122);
}
function t2123(){
c_l("2123");
t2120();
if((typeof v["場所"] !="undefined") && (v["場所"] == "映画館の前")) { t2124();}else {t2125();}
}
function t2124(){
c_l("2124");
t320();
t2137();
}
function t2125(){
c_l("2125");
t2134();
t320();
t2135();
t2136();
t2137();
}
function t2126(){
c_l("2126");
t("クラブの友達がみんなで映画の話をしていました。");n();
t("なんでもずいぶん評判になった映画で、見ていないのは私だけみたいでした。");n();
t("私はピアを本屋で買うと、まだその映画をやっているかどうか確かめました。");n();
t("調べてみると小さな映画館でしたが五反田でまだやっているようでした。");n();
t("私は土曜日の夕方に映画館に行く事にしました。");n();
v["建物"]="映画館";
}
function t2127(){
c_l("2127");
t("ピア見ているとなつかしい映画をやっているのを見つけました。");n();
t("高校の時に見にいきたかったのですが少しHなシーンがあるので父が許してくれませんでした。");n();
t("調べてみると近くの深夜映画館でやっているので、私は一人で見に行くことにしました。");n();
v["建物"]="映画館";
}
function t2128(){
c_l("2128");
t("先輩が卒業式のすぐあとに結婚することになり、私と");h("女友達");
t("はお祝いの品を送ることにしました。");n();
t("東急ハンズで二人で良さそうな品を探そうと相談して池袋駅で待ち合わせをしました。");n();
t("しかし携帯で急な用事ができて行けなくなったとの連絡が入りました。");n();
t("親戚の叔母が入院してお見舞いに行かなければいけないそうでした。");n();
h("女友達");
t("は何度も「御免なさい」と言っていました。");n();
t("私は一人で買い物にいってもしょうがないし、どうしようかと迷いました。");n();
t("せっかく来たのにすぐ帰ってももったいないような気がして、駅の通りを何気なく歩いてみました。");n();
t("しばらく歩くと、小さな映画館がありました。");n();
t("上映中の映画の看板がいくつか並んでいました。");n();
t("最近はいろいろと忙しくて映画の話題からも遠ざかっていて知らない映画ばかりでした。");n();
t("なんでもいいやと思って私は映画館に入ることにしました。");n();
v["建物"]="映画館";
v["場所"]="映画館の前";
}
function t2129(){
c_l("2129");
t2130();
t("近くを歩いていると映画館の看板が目に入りました。");n();
t("ずっと前に見たいと思って見にいけなかっか映画なので映画を見ることにしました。");n();
v["場所"]="映画館の前";
}
function t2130(){
c_l("2130");
as2130=new Array("2131");
e_l(as2130);
}
function t2131(){
c_l("2131");
t("昼休みに空いている教室でお弁当を食べた後、発達心理学のレポートを書こうと思って、ノートパソコンを開けると画面が出ませんでした。");n();
t("なんども電源を入れ直してやってみたのですが、結局パソコンがカタカタという変な音を立てるだけでした。");n();
t("クラブの部室に言って先輩にみてもらうと、これは故障みたいだからと言われました。");n();
t("まだ買って一年たっていないから無料で直してもらえるので、買った電気店に修理にもって行きました。");n();
t("保証書は持っていなかったのですがユーザー登録してあれば保証書はなくてもいいと言われてそのままパソコンを預けました。");n();
}
function t2132(){
c_l("2132");
t2133();
}
function t2133(){
c_l("2133");
t("大阪に旅行したとき最後の一泊のホテルが手違いで取れませんでした。");n();
t("駅前の掲示板にホテルの宣伝があったのでともかくそこに行って見ようと電車にに乗りました。");n();
t("しかし駅についてもそのホテルや近くに並ぶホテルを探してみても空き部屋はありませんでした。");n();
}
function t2134(){
c_l("2134");
t("少し早めに映画館に行ったつもりだたのですが、思ったより途中の地下鉄の乗り換えが時間がかかり映画館についたときはもう上映が始まっていました。");n();
}
function t2135(){
c_l("2135");
t("私はせっかく見に来たのだから最初から見た方がいいと思い、しばらく映画館の近くの喫茶店で時間をすごしました。");n();
}
function t2136(){
c_l("2136");
t("ようやく時間になって映画館に戻り切符を買おうとすると映画のポスターが目にはいりました。");n();
t("女性が裸で男性の上に馬乗りになっているポスターでした。");n();
t("次回上映の映画はアダルト向けの映画のようでした。");n();
}
function t2137(){
c_l("2137");
t("映画館の中にはいって前回の上映からの帰りの客がでるのを待ちました。");n();
t("しばらく待って、私は中にはいりました。");n();
t("映画館は思ったよりも狭くて正面には横長のあまり大きくないスクリーンがありました。");n();
t("私はどこでもいいと思って少し後ろの席に座りました。");n();
t("観客は私を含めて数人しかいませんでした。");n();
t("映画が終わって外にでたときにはもうかなり遅い時間になってしまいました。");n();
}
function t2138(){
c_l("2138");
as2138=new Array("2139","2140");
e_l(as2138);
}
function t2139(){
c_l("2139");
t("彼氏に振られたとかいって、すっかりやけになってお酒を飲み続けていました。");n();
}
function t2140(){
c_l("2140");
t("お酒を飲みながら");h("女友達");
t("が泣き出したのでどうしたのかと聞くと、彼氏に振られたといいます。");n();
}
function t2141(){
c_l("2141");
as2141=new Array("2142","2143","2144","2145","2146");
e_l(as2141);
}
function t2142(){
c_l("2142");
h("女友達");
t("が紹介した家庭教師のアルバイトさきの高校3年の女の子に取られたとの話でした。");n();
}
function t2143(){
c_l("2143");
t("クラブの後輩の今年は入ったばかりの新人の女の子に取られたとの話でした。");n();
}
function t2144(){
c_l("2144");
t("チァリダーの女の子と取り合いになり、お色気作戦で取られたとの話しでした。");n();
}
function t2145(){
c_l("2145");
t("去年東京にでてきた高校の後輩の女の子を紹介したらいつのまにかつき合っていて、気がついたら取られていたとの話でした。");n();
}
function t2146(){
c_l("2146");
t("去年東京にでてきた親戚の女の子を紹介したらいつのまにかつき合っていて、気がついたら取られていたとの話でした。");n();
}
function t2147(){
c_l("2147");
t2152();
t229();
t2138();
t2141();
t("お酒を飲み過ぎたせいか、同じ話を繰り返し繰り返して何度を話しつづけていました。");n();
t("終電近くになって、もう帰りましょうとなんとかなだめて駅にいきました。");n();
t("しかしもう終電はでたあとでした。");n();
t("ホテルに泊まるようなお金の余裕もありませんでした。");n();
}
function t2148(){
c_l("2148");
t2152();
t2138();
t2141();
t2253();
}
function t2149(){
c_l("2149");
t2152();
t2138();
t2141();
t2396();
}
function t2150(){
c_l("2150");
t2152();
t2138();
t2141();
t1992();
}
function t2151(){
c_l("2151");
h("女友達");
t("は半分めまいで意識がないようなので、私はようやく帰りの電車に乗せました。");n();
t("私も帰ろうとして地下鉄の駅を探しましたがなかなか地下道に迷ってしまいました。");n();
t("ようやく地下鉄の駅についたときはもう最終電車はでたあとでした。");n();
}
function t2152(){
c_l("2152");
as2152=new Array("2154");
e_l(as2152);
}
function t2153(){
c_l("2153");
t("もう帰ろうと思っていると、友達の");h("女友達");
t("にどうしても今夜は二人でもっと飲みたいと言われました。");n();
t("どこでもいいからと私達はひとまず手近な居酒屋に入りました。");n();
t("席に着くと");h("女友達");
t("はチューハイを頼んで、すぐに飲み始めました。");n();
}
function t2154(){
c_l("2154");
t1832();
t2153();
}
function t2155(){
c_l("2155");
t2156();
t("帰りが遅くならないようにと早めにお開きになりました。");n();
t("私は飲みなれないお酒をのまされたせいで少し気分が悪くなりました。");n();
t("駅のトイレですこし吐いて気分が良くなるのを待って電車に乗ろうとしました。");n();
t("しかし私がトイレで休んでいるあいだにもう終電は行ったあとでした。");n();
t("ホテルに泊まるようなお金は持ち合わせていませんでした。");n();
}
function t2156(){
c_l("2156");
as2156=new Array("1832");
e_l(as2156);
}
function t2157(){
c_l("2157");
as2157=new Array("2158","2159","2160","2161");
e_l(as2157);
}
function t2158(){
c_l("2158");
t4();
t2120();
t2162();
t4();
t3127();
}
function t2159(){
c_l("2159");
t4();
t2120();
t2164();
t4();
t2168();
}
function t2160(){
c_l("2160");
t4();
t2147();
t2190();
t2196();
t4();
t2167();
}
function t2161(){
c_l("2161");
t4();
t2120();
t2164();
t4();
t2170();
}
function t2162(){
c_l("2162");
as2162=new Array("2163","2166");
e_l(as2162);
}
function t2163(){
c_l("2163");
t2165();
t4490();
}
function t2164(){
c_l("2164");
t2165();
t4477();
}
function t2165(){
c_l("2165");
t("映画館の中にはいると、客席は後ろのほうがかなりすいていました。");n();
t("私は見やすいようにと少し後ろの中央の席に座りました。");n();
t("映画がもう終わりそうになったとき私の隣の席に");h("男");
t("が座りました。");n();
t("映画はやはりHなシーンが始まって、女性の喘ぐ声が館内にいっぱいに響いてきました。");n();
t("隣に座った");h("男");
t("はすこし私の様子をうかがうようなそぶりを見せていると、私の膝に手を伸ばしてきました。");n();
t661();
v["建物"]="映画館";
v["痴漢に会う"]="有り";
}
function t2166(){
c_l("2166");
t("切符を買って中に入ってみると場内は少しせまくて座る席はほとんどありませんでした。");n();
t("後ろの方で立見をしている人もたくさんいました。");n();
t("私は席に座るのはあきらめて座席の後ろで立見をすることにしました。");n();
t("しばらく映画を見ていると場内はまた混んできて私の後ろにも立見をする人が並んできました。");n();
t("そのとき急に私のお尻にふれてくるものがありました。");n();
t("私の後ろに立った");h("男");
t("が私のお尻に手を伸ばしてさわっているのだと気が付きました。");n();
t4488();
v["痴漢に会う"]="有り";
t661();
}
function t2167(){
c_l("2167");
t2173();
t("映画館をでると、私と");h("女友達");
t("は両側を");h("男");
t("にはさまれてしばらく歩いて、小さな公園にでました。");n();
t292();
t("細い小道の両脇に銀杏並木が立ち並んでいました。");n();
h("男");
t("は私と");h("女友達");
t("を銀杏の木にしがみつくようにして立たせました。");n();
v["手をつく所"]="銀杏の木";
t4462();
}
function t2168(){
c_l("2168");
t2172();
t("映画館をでるとしばらく歩いて小さな公園にでました。");n();
t292();
t("細い小道の両脇に銀杏並木が立ち並んでいました。");n();
h("男");
t("は私を銀杏の木にしがみつくようにして立たせました。");n();
v["手をつく所"]="銀杏の木";
t4441();
}
function t2169(){
c_l("2169");
t2171();
t("外に出るとしばらく歩いて、小さな小道に入るとラブホテルの前にでました。");n();
t3643();
t3639();
}
function t2170(){
c_l("2170");
t2172();
t("外に出るとしばらく歩いて、小さな小道に入るとラブホテルの前にでました。");n();
t3643();
t3639();
}
function t2171(){
c_l("2171");
t("「これからいい所に連れていってやるからな」と");h("男");
t("に言われました。");n();
t("私はもう逆らえませんでした。");n();
}
function t2172(){
c_l("2172");
t("映画が終わっても私は腰が抜けたようになって、膝から腰が震えたまま立ち上がることができませんでした。");n();
t2171();
}
function t2173(){
c_l("2173");
t("映画が終わっても私は腰が抜けたようになって、膝から腰が震えたまま立ち上がることができませんでした。");n();
h("女友達");
t("もやはり同じ様子で腰が抜けたように座り込んでいました。");n();
h("男達");
t("は顔を見合わせるとなにか合図でもしているようでした。");n();
t("「これから、いい所に連れていってやるからな」と");h("男");
t("に言われました。");n();
h("女友達");
t("も同じように言われたらしく、");h("男");
t("に促されるようにして");h("下の表着");
t("を直しながら席を立っていました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("の後を追いかけるように席を立ちました。");n();
h("男");
t("が後ろから私の腰に手を回してきました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("は男達に前後を挟まれて映画館の通路を出口まで歩かされました。");n();
}
function t2174(){
c_l("2174");
as2174=new Array("2184","2179","2181","2183","2185");
e_l(as2174);
}
function t2175(){
c_l("2175");
level_up("2108");
t2179();
}
function t2176(){
c_l("2176");
level_up("2109");
t2179();
}
function t2177(){
c_l("2177");
level_up("2110");
t2179();
}
function t2178(){
c_l("2178");
as2178=new Array("2108","2109","2110");
e_l(as2178);
}
function t2179(){
c_l("2179");
t2178();
t4();
t2169();
}
function t2180(){
c_l("2180");
t4();
t2147();
t2190();
t2196();
t2173();
}
function t2181(){
c_l("2181");
t2180();
t2182();
}
function t2182(){
c_l("2182");
t3626();
t3669();
}
function t2183(){
c_l("2183");
t2178();
t4();
t2027();
t4439();
}
function t2184(){
c_l("2184");
t4();
t515();
t2122();
t2186();
t4();
t2191();
t2202();
t2203();
t4();
t4259();
t4261();
t4252();
}
function t2185(){
c_l("2185");
t2219();
t3625();
t3669();
}
function t2186(){
c_l("2186");
t("私はすっかり途方にくれてしまい駅前を通ると映画館がありました。");n();
t("何時までやっているのかしらとふとみるとオールナイトとかで朝までのようだでした。");n();
t("私はどうにかこの映画館で朝まですごそうと思い付きました。");n();
t("夜遅いせいか、客席には人もまばらでした。");n();
}
function t2187(){
c_l("2187");
t("後ろのほうの席でまん中辺にすわるとすっかり眠くなっていました。");n();
t("私は上着を脱いで膝にのせてシートにもたれました。");n();
}
function t2188(){
c_l("2188");
t("後ろのほうの人のいない席に二人少し離れて座ると私は上着を脱ぎました。");n();
t("私は上着を脱いで膝にのせてシートにもたれました。");n();
}
function t2189(){
c_l("2189");
t("重苦しい気分で目がさめかかると、体がなにか変な感触でした。");n();
t("腰のあたりに生暖かい感じがします。");n();
t("私の隣にはいつのまにか");h("男");
t("が座っていました。");n();
}
function t2190(){
c_l("2190");
t("私と");h("女友達");
t("はどうしようかと二人で話しました。");n();
h("女友達");
t("が駅前に映画館があるのを見つけました。");n();
t("今日は土曜だからオールナイトとかで朝までいられると");h("女友達");
t("が言います。");n();
t("私と");h("女友達");
t("はどうにかこの映画館で朝までいることにしました。");n();
t("切符を二枚かって中にはいると、夜遅いせいか客席には人もまばらでした。");n();
}
function t2191(){
c_l("2191");
t224();
t("重苦しい気分で目がさめかかると、体がなにか変な感触でした。");n();
t("腰のあたりに生暖かい感じがします。");n();
t("目がさめてみると、コートに隠れるようにして");h("下の表着");
t("の下に手がいれられていました。");n();
t("隣の席の");h("男");
t("の手が私の腿の内側をつかむようにしながら動いていました。");n();
t("私がびっくりして席をたとうとすると体が押さえられました。");n();
t("指先がなんども私の腿をまさぐり続け私は腰が震えてきました。");n();
t("私はあわてて席を立ちましたがカバンを置き忘れたのに気が付きました。");n();
t("私は席にもどりましたがカバンがありません。");n();
t("慌ててあたりを見回すと、となりの");h("男");
t("が私のカバンを持っていました。");n();
t("私は");h("男");
t("のカバンをつかもうと手を延ばして前屈みになりました。");n();
t("そのとき");h("男");
t("がカバンを隣の席のに遠ざけました。");n();
t("私はさらに前屈みになってに手を延ばしました。");n();
t("カバンに手が届きそうになった時に私の");h("下の表着");
t("がうしろからめくりあげられていました。");n();
t("私は思わず叫びをあげていました。");n();
}
function t2192(){
c_l("2192");
t2187();
t224();
t2189();
t4477();
}
function t2193(){
c_l("2193");
t("私はさっき目に焼き付いた場面を思い出して体が熱くなってくるのが分かりました。");n();
t("どうせ誰も見てないからと思い、指を熱くなった花園にそってゆっくり動かしました。");n();
t("しばらく指を使ったあと私は半分眠りこんでいました。");n();
}
function t2194(){
c_l("2194");
t2187();
t2193();
t224();
t2189();
t4477();
}
function t2195(){
c_l("2195");
t("突然、悲鳴のような声がすぐそばで聞こえてきました。");n();
t("慌てて声の方をみると");h("女友達");
t("が私と同じように");h("下の表着");
t("の下に手を入れられていました。");n();
h("男");
t("のもう一方の手は");h("女友達");
t("の小さな胸を握りしめていました。");n();
}
function t2196(){
c_l("2196");
t2188();
t226();
t2189();
t4477();
t2195();
}
function t2197(){
c_l("2197");
h("男");
t("は私が手に握りしめた切符を私から奪うと「いつも見に行ってるのか」と囁きながらいやらしい顔でにやりと笑いました。");n();
}
function t2198(){
c_l("2198");
t("私はようやくどうして私がこんな目に遭わされたのか分かりました。");n();
}
function t2199(){
c_l("2199");
t2197();
t("さっきのSMショーの店の切符にははっきりと店の名前が書いてあり、それにかなりいやらし言葉で宣伝文句も書いてありました。");n();
t2198();
}
function t2200(){
c_l("2200");
t2197();
t("さっきの男性ストリップの店の切符にははっきりと店の名前が書いてあり、それにかなりかなりいやらし言葉で宣伝文句も書いてありました。");n();
t2198();
}
function t2201(){
c_l("2201");
t2197();
t("さっきのストリップの店の切符にははっきりと店の名前が書いてあり、それにかなりいやらし言葉で宣伝文句も書いてありました。");n();
t2198();
}
function t2202(){
c_l("2202");
t("私は必死でカバンを取ると両手で抱えて必死で後ろを見ずに駆だしました。");n();
h("男");
t("の笑い声が後ろで聞こえたような気がしました。");n();
t("ドアをでると右手にトイレが見えました。");n();
}
function t2203(){
c_l("2203");
t("私は慌てて女子トイレに入ると中から鍵をかけました。");n();
t("まだ半分めくれたままになってる");h("下の表着");
t("を直すと、やっとの思いで便器に座り込みました。");n();
t("やがて私は疲れたままトイレの中に座り込んで壁にもたれて眠っていました。");n();
}
function t2204(){
c_l("2204");
as2204=new Array("2205","2213","2214");
e_l(as2204);
}
function t2205(){
c_l("2205");
t4();
t2121();
t2206();
t2082();
t2083();
}
function t2206(){
c_l("2206");
as2206=new Array("2207","2208");
e_l(as2206);
}
function t2207(){
c_l("2207");
t2163();
t2209();
}
function t2208(){
c_l("2208");
t2166();
t2210();
}
function t2209(){
c_l("2209");
t2212();
t("私はもうとてもこれ以上はだめだと思い、席を立とうとしました。");n();
t("私が立ち上がれないように");h("男");
t("が私を押さえつけようとしてきました。");n();
t("しかし、私が");h("男");
t("の足をけ飛ばすと、");h("男");
t("はあきらめたようでした。");n();
t2211();
}
function t2210(){
c_l("2210");
t2212();
t("私はもうとてもこれ以上はだめだと思い、外にでようとしました。");n();
t("すると");h("男");
t("は私を押さえつけて動けないようにしてきました。");n();
t("しかし、私が");h("男");
t("の足をけ飛ばすと、");h("男");
t("はあきらめたようでした。");n();
t2211();
}
function t2211(){
c_l("2211");
t("私は映画館を出ると帰り道を急ぎました。");n();
}
function t2212(){
c_l("2212");
t("私は映画が終わるまでなんとか我慢しようとしました。");n();
t("しかし、");h("男");
t("の指先は次第に動きが大胆になってきました。");n();
}
function t2213(){
c_l("2213");
t4();
t2121();
t2215();
t2216();
t4();
t2217();
}
function t2214(){
c_l("2214");
t4();
t2121();
t2215();
t2216();
t4();
t2218();
}
function t2215(){
c_l("2215");
t("すこし中程の席で映画を見ていると、後ろからかすかにうめくような女性の声が聞こえました。");n();
t("なにかと思って後ろを振り向くと、女子高の制服を着た女の子が足を開いてスカートをたくしあげて座っているのが見えました。");n();
t("いったいどうゆうことかと思ってもう一度振り向くと、女の子の両脇に中年の男性が座って女子高生の両方の膝を押さえていました。");n();
h("男");
t("の手が左右から女子校生の胸と");h("花園");
t("に当てられているのが映画の明かりに照らされて見えました。");n();
t("私は女子高生が痴漢にあっているのだと気がつきました。");n();
t("そう言えば");h("先輩");
t("に「夜遅くには映画館には行かないようにしたほうがいいわよ」と言われていたのを思い出しました。");n();
t("私の郷里の映画館ではとてもかんがえられないようなことなので私は本当にびっくりしました。");n();
}
function t2216(){
c_l("2216");
t("女子校生は助けを求めるような視線を私のほうに何度か向けてきました。");n();
t("しかし、私はどうしていいのか分からずそのまま映画を見ていました。");n();
t("映画が終わると、私はもう一度女子高生の方を振り向いてみました。");n();
t("女子高生は相変わらず座ったまま両方の膝を押さえられて席を立つことができないようでした。");n();
h("男");
t("の手はさっきと同じように女子校生の胸と");h("花園");
t("に押し当てられたままになっていました。");n();
t("しばらくして、観客がほとんど席を立つと、女子高生は両側を");h("男");
t("に挟まれるようにして席を立ちました。");n();
h("男");
t("が女子高生のめくり上がったままのスカートを下に降ろすのが見えました。");n();
t("女子高生は");h("男");
t("に連れられて座席の列を通り抜けると通路にでて、出口への階段を歩きはじめました。");n();
t("私も同じ階段を女子高生から離れて上がりはじめました。");n();
t("後ろからみると、女子高生のスカートはほとんどお尻が見えてしまいそうなくらい短くて、これなら痴漢にあうのも当たり前だと思えてきました。");n();
t("映画館の出口をでると、女子高生は両側を");h("男");
t("に挟まれたまま駅への道を歩きはじめました。");n();
t("私はきっとひどいことになるに違いないと思いこっそりあとをつけることにしました。");n();
}
function t2217(){
c_l("2217");
t("近くの公園に");h("男達");
t("は入ると公園の奥に女子高生を連れ込もうとしているようでした。");n();
t("女子高生は何とか逃げようとしているようでしたが、");h("男達");
t("には力では逆らえないようでした。");n();
t292();
t("私はこのままだと大変なことになると思い、なにをしてるんですかと大きな声をだしました。");n();
t("女子校生がこっちを振り向くのが見えました。");n();
t("しかし、その顔はおびえきっていて私の後ろの方に向けられていました。");n();
t("私が振り向こうとすると私の後ろから誰かが私の両肩を押さえつけました。");n();
t("びっくりして振りほどこうとしましたが、抱きかかえるようにして押さえつけられ身動きもできませんでした。");n();
t("私は映画館からずっとほかの");h("男");
t("に後を付けられたのに気がつきました。");n();
h("男");
t("は私を女子校生のそばまで引きずるようにして歩かせました。");n();
t("公園の奥には大きな木が何本も並んでいました。");n();
t("女子高生はすぐ近くの立木に両手を縛りつけられていました。");n();
t("私はその木の反対側に立たされ、女子高生の両手の上に巻き付けるようにして縛り付けられました。");n();
v["両手"]="縛られる";
v["手をつく所"]="てすり";
t4441();
}
function t2218(){
c_l("2218");
t("女子高生は、");h("男達");
t("に両側を挟まれたまま、地下鉄に乗りました。");n();
t("私は同じ電車に乗ると少し離れて様子を見ました。");n();
t("電車はすこし走ってから終点に着きました。");n();
t("最終電車でもうほかに帰りの電車はありませんでした。");n();
t("女子高生が電車を降りたので、私も後を付けました。");n();
t("細い道をなんども曲がりくねって、暗い地下道を抜けるとそこは川岸でした。");n();
t("女子高生は土手に座らされると、前に");h("男");
t("が立ちました。");n();
h("男");
t("が下着を下に降ろすのが見えました。");n();
t("私はこのままではいけないと思い「なにをしてるんですか」と大きな声をだしました。");n();
t("すると私のすぐ後ろで「見ての通りだぜと」声が聞こえました。");n();
t("「こいつと同じ様にされたくて、わざわざここまで来たんだろう」とまた低い声が響きました。");n();
t("私は押さえつけられて土手に座らされました。");n();
t("隣の女子生はもう口にくわえさせられていました。");n();
t4580();
}
function t2219(){
c_l("2219");
t4();
t2148();
t224();
t2256();
}
function t2220(){
c_l("2220");
as2220=new Array("2221","2222");
e_l(as2220);
}
function t2221(){
c_l("2221");
t("「気分転換したいから、面白い店にいきましょう」と言われて私はついていきました。");n();
}
function t2222(){
c_l("2222");
t("「この近くにおもしろい店があるんだけれど、これから一緒にいきましょう」と言われて私はついていきました。");n();
}
function t2223(){
c_l("2223");
as2223=new Array("2225","2228");
e_l(as2223);
}
function t2224(){
c_l("2224");
h("女友達");
t("は手に持ったメモを見ながら道を探していました。");n();
t("しばらくあちこち歩くと、結局最初に来た元の道に戻りました。");n();
h("女友達");
t("があたりを見回すと、近くの小道を入りました。");n();
t("するとすぐに探していた店のネオンが見えました。");n();
}
function t2225(){
c_l("2225");
t2224();
t2227();
}
function t2226(){
c_l("2226");
h("女友達");
t("は私を連れて横の小道に入りました。");n();
t("しばらく歩くと、飲み屋の看板がたくさん並んでいる通りにでました。");n();
t("そこを抜けると、大きなビルが並んでラブホテルの看板も見えてきました。");n();
h("女友達");
t("は私を、ネオンの看板のいっぱいついたビルの入り口に案内しました。");n();
}
function t2227(){
c_l("2227");
v["持ち物"]="男性ストリップの切符";
t("店のなかはまだ真っ暗であたりを見回すと、全部女性ばかりで異様な雰囲気でした。");n();
t("なんだか変なところにつれて来られたと私はすこし不安になりました。");n();
}
function t2228(){
c_l("2228");
t2226();
t2227();
}
function t2229(){
c_l("2229");
as2229=new Array("2230","2231","2232");
e_l(as2229);
}
function t2230(){
c_l("2230");
t2233();
t2234();
t2235();
t2236();
t2237();
}
function t2231(){
c_l("2231");
t2234();
t2235();
t2236();
t2237();
}
function t2232(){
c_l("2232");
t2234();
t2236();
t2237();
}
function t2233(){
c_l("2233");
t("やがて、開演のアナウンスがあると音楽が始まりました。");n();
}
function t2234(){
c_l("2234");
t("照明が一斉につくと舞台には衣装を付けた男の人たちがならんでいました。");n();
v["男"]="ダンサー";
}
function t2235(){
c_l("2235");
t("みんな外国の男性で筋肉のたくましく盛り上がって、肌の色も日焼けして真っ黒でした。");n();
}
function t2236(){
c_l("2236");
t("音楽にあわせてダンスが始まると場内は一斉に歓声でいっぱいになりました。");n();
}
function t2237(){
c_l("2237");
t("踊りが盛り上がってくると会場もむんむんと熱い雰囲気になってきました。");n();
}
function t2238(){
c_l("2238");
h("男");
t("が下着に手をかけると会場に拍手がいっぱいに響きわたりました。");n();
t("すしこづつ黒い小さな下着を下にずらすと、そこには信じられないような大きさで盛り上がっていました。");n();
}
function t2239(){
c_l("2239");
as2239=new Array("2240","2241","2242");
e_l(as2239);
}
function t2240(){
c_l("2240");
t2243();
t2244();
}
function t2241(){
c_l("2241");
t2243();
t2244();
t2246();
}
function t2242(){
c_l("2242");
t2243();
t2244();
t2245();
}
function t2243(){
c_l("2243");
t("ステージの脇ではなんにんもの女性が手を降りながら");h("男");
t("に精一杯手をさしのべていました。");n();
t("その手の一つをつかむと、女性が一人舞台にあげられました。");n();
}
function t2244(){
c_l("2244");
t("その女性は膝をついて");h("男");
t("の前にしゃがみむと、舌を使い始めました。");n();
t("私はびっくりして、その様子をみていました。");n();
}
function t2245(){
c_l("2245");
h("男");
t("は両手を伸ばして女性のスカートを腰の上までめくりあげると、下着を膝まで降ろしました。");n();
t("それから、指先を左右に広げて");h("花園");
t("を広げて見せました。");n();
h("男");
t("の指先が花園の奥に押し込まれるのがはっきりと見えました。");n();
}
function t2246(){
c_l("2246");
t("その次の瞬間にスポットライトが消えて場内は真っ暗になりました。");n();
t("もう一度ライトがついたとき女性の顔には乳白色のしぶきが顔いっぱいに広がっていました。");n();
}
function t2247(){
c_l("2247");
h("女友達");
t("が「私も」といいながら舞台の袖の方に行こうとするので、私はあわてて止めました。");n();
h("女友達");
t("はそれでも私を振りきって舞台の袖まで人混みをかき分けていき、いっぱいに手をさしのべていました。");n();
}
function t2248(){
c_l("2248");
t2247();
t2249();
}
function t2249(){
c_l("2249");
t("しかし男性はほかの女性を舞台に上げました。");n();
h("女友達");
t("は食い入るようにして舞台の女性が口にほおばるのを見ていました。");n();
t("やがて男性が舞台から下がると");h("女友達");
t("は「私ほんとに、したかったんだから」といいながら戻ってきました。");n();
}
function t2250(){
c_l("2250");
t2247();
t2251();
}
function t2251(){
c_l("2251");
t("踊り手の男性が");h("女友達");
t("に手を取ろうとするので私は");h("女友達");
t("の手を押さえようとしました。");n();
t("しかし次の瞬間に私の手がつかまれると私は舞台の上に引っ張り上げられていました。");n();
t("私は踊り手の前に膝をつかされました。");n();
t("私の目の前には、黒く焼けた肌の真ん中に大きくそそり立つ物がありました。");n();
t("踊り手の");h("オトコ");
t("は私の髪をつかんで、私の口を近づけさせようとしました。");n();
t("私は必死で頭を後ろに引いて抵抗しました。");n();
t("すると舞台にはもう別の女性が上げられていて、私を押しのけるようにして口を寄せていました。");n();
t("私はやっと舞台から降ろされてほっとしました。");n();
}
function t2252(){
c_l("2252");
t("私はやっとどうして");h("女友達");
t("がこの店に来たがったのか分かりました。");n();
}
function t2253(){
c_l("2253");
as2253=new Array("2254","2255");
e_l(as2253);
}
function t2254(){
c_l("2254");
t2220();
t2223();
t2229();
t2238();
t2239();
t2248();
t2252();
v["男"]="男";
}
function t2255(){
c_l("2255");
t2220();
t2223();
t2229();
t2238();
t2239();
t2250();
t2252();
v["男"]="男";
}
function t2256(){
c_l("2256");
t("ショーが終わったあと、店を出ましたが、女の子達は店の前に群がって帰ろうとはしませんでした。");n();
t("ダンサーの男の子が帰るのを待っているようでした。");n();
t("私と");h("女友達");
t("も店の前でしばらくまっていました。");n();
t("するとダンサーの男の子が楽屋から出てくると、気に入った女の子をつれてどこかに遊びに行くようでした。");n();
t("結局取り残された女の子たちはがっかりした様子で帰り始め、店の前には私たち二人だけになってしまいました。");n();
h("女友達");
t("は半分酔いつぶれたようになって、私が「帰りましょう」と何度言っても店の前を動こうとはしませんでした。");n();
t2257();
}
function t2257(){
c_l("2257");
t("私がなんとか");h("女友達");
t("を駅まで連れていこうとしていると、中年の男性が二人私たちに声をかけてきました。");n();
t("これからどこかに遊びにいこうという話でした。");n();
h("女友達");
t("は今夜はこのまま帰りたくないと言って、どうしてもついていくと言います。");n();
t("私もしかたなく一緒にいくことにしました。");n();
t("連れて行かれたのはすぐ近くのカラオケでした。");n();
t("何曲か歌った後まだこれから遊びに行こうと誘われました。");n();
h("女友達");
t("「は今夜は帰らなくてもいいの」と答えていました。");n();
}
function t2258(){
c_l("2258");
t4();
t2265();
t2260();
t2259();
v["下の衣類"]="スカートと下着";
t2278();
}
function t2259(){
c_l("2259");
as2259=new Array("2274","2275","2276","2277");
e_l(as2259);
}
function t2260(){
c_l("2260");
as2260=new Array("2261","2262","2263","2264");
e_l(as2260);
}
function t2261(){
c_l("2261");
v["画家の名前"]="クレー";
}
function t2262(){
c_l("2262");
v["画家の名前"]="ゴッホ";
}
function t2263(){
c_l("2263");
v["画家の名前"]="セザンヌ";
}
function t2264(){
c_l("2264");
v["画家の名前"]="ルノアール";
}
function t2265(){
c_l("2265");
as2265=new Array("2266","2267","2268","2269");
e_l(as2265);
}
function t2266(){
c_l("2266");
v["場所"]="上野";
v["建物種別"]="都美術館";
v["建物"]="美術館";
}
function t2267(){
c_l("2267");
v["場所"]="上野";
v["建物種別"]="西洋美術館";
v["建物"]="美術館";
}
function t2268(){
c_l("2268");
v["場所"]="上野";
v["建物種別"]="近代美術館";
v["建物"]="美術館";
}
function t2269(){
c_l("2269");
v["場所"]="銀座";
v["建物種別"]="東京画廊";
v["建物"]="画廊";
}
function t2270(){
c_l("2270");
as2270=new Array("2271","2272","2273");
e_l(as2270);
}
function t2271(){
c_l("2271");
t("一通り全部見て回ると、なんだか少しは教養がついたような気分になりました。");n();
}
function t2272(){
c_l("2272");
t("久しぶりに絵を見たので、気持ちが新鮮になりました。");n();
}
function t2273(){
c_l("2273");
t("教科書に載っていた絵の、本物を見ることができてとてもうれしくなりました。");n();
}
function t2274(){
c_l("2274");
t("ひさしぶりに少し暇ができたので、");h("場所");
t("に絵の展覧会を見に行きました。");n();
}
function t2275(){
c_l("2275");
t229();
h("女友達");
t("が");h("画家の名前");
t("の絵の展覧会を見てきたと話していました。");n();
t("それで私も見に行こうと思って、");h("場所");
t("の");h("建物種別");
t("に行きました。");n();
}
function t2276(){
c_l("2276");
t("クラブのあとみんなでピアを見ていると、だれかが");h("画家の名前");
t("の絵の展覧会の記事を見つけました。");n();
t("私も一度絵の展覧会くらい言ってみようと思って、");h("場所");
t("の");h("建物種別");
t("にいきました。");n();
}
function t2277(){
c_l("2277");
t("哲学概論の授業のとき、先生が");h("場所");
t("の");h("建物");
t("で");h("画家の名前");
t("の絵の展覧会をやっているので一度見にいったほうがいいと話してくれました。");n();
t("それで私は学校の帰りに");h("場所");
t("の");h("建物種別");
t("によることにしました。");n();
}
function t2278(){
c_l("2278");
as2278=new Array("2282","2283","2280");
e_l(as2278);
}
function t2279(){
c_l("2279");
t2082();
t2083();
}
function t2280(){
c_l("2280");
t2281();
t2279();
}
function t2281(){
c_l("2281");
t("私はゆっくりと絵を一枚づつ見て回りました。");n();
t2270();
}
function t2282(){
c_l("2282");
t2281();
h("建物");
t("をでた後、疲れたので喫茶店に入りました。");n();
t("しかし、席はいっぱいで相席にしてくださいと言われました。");n();
t("私は仕方なく");v["男"]="男の子";
h("男");
t("が一人で座っている向いに座りました。");n();
t670();
t("コーヒーを頼んで待っていると前の席の");h("男");
t("に話しかけられました。");n();
t3833();
}
function t2283(){
c_l("2283");
v["痴漢に会う"]="有り";
t2284();
t4486();
t648();
t1605();
t4488();
t1606();
t4();
t296();
t3122();
}
function t2284(){
c_l("2284");
t("小さなスケッチの絵が、ガラスケースに入って展示されていました。");n();
t("私はガラスケースに体を屈めて、絵を見ていました。");n();
}
function t2285(){
c_l("2285");
h("私");
t("は、暗い小道を抜けると人通りの多い通りにでました。");n();
t("大きなビルの前まで来ると、エレベータで上に上がりました。");n();
t("カラオケの個室に");h("私");
t("はつれ込まれました。");n();
h("男");
h("達");
t("は飲み物を頼むのすぐに音量を一杯にしてカラオケの音楽を流し始めました。");n();
h("私");
t("はソファーに座って、");h("男");
h("達");
t("が歌い始めるのを待ちました。");n();
t("しかし、マイクを持って歌うそぶりもなく、");h("男");
h("達");
t("は私達の両脇に座りました。");n();
t4479();
h("男");
h("達");
t("は");h("私");
t("を引っ張るようにしてカラオケの個室から出ました。");n();
t("エレベータの脇のドアを開けるとそこは非常階段でした。");n();
h("私");
t("は非常階段の途中の踊り場に連れて行かれました。");n();
t("目の前には、飲み屋街のネオンの明かりがいっぱいに輝き、すぐ下には大勢の飲み客が足下をふらつかせて歩いていました。");n();
v["手をつく所"]="非常階段の手すり";
}
function t2286(){
c_l("2286");
t2285();
v["手をつく所"]="非常階段の手すり";
t4461();
}
function t2287(){
c_l("2287");
level_up("2394");
t2289();
}
function t2288(){
c_l("2288");
level_up("2395");
t2289();
}
function t2289(){
c_l("2289");
level_up("2320");
t2319();
}
function t2290(){
c_l("2290");
level_up("2321");
t2319();
}
function t2291(){
c_l("2291");
level_up("2332");
t2302();
}
function t2292(){
c_l("2292");
level_up("2387");
t2297();
}
function t2293(){
c_l("2293");
level_up("2380");
t2296();
}
function t2294(){
c_l("2294");
level_up("2381");
t2296();
}
function t2295(){
c_l("2295");
level_up("2386");
t2296();
}
function t2296(){
c_l("2296");
level_up("2356");
t2297();
}
function t2297(){
c_l("2297");
level_up("2346");
t2302();
}
function t2298(){
c_l("2298");
level_up("2345");
t2300();
}
function t2299(){
c_l("2299");
level_up("2344");
t2300();
}
function t2300(){
c_l("2300");
level_up("2342");
t2302();
}
function t2301(){
c_l("2301");
level_up("2323");
t2302();
}
function t2302(){
c_l("2302");
level_up("2388");
t2319();
}
function t2303(){
c_l("2303");
t("レジで会計の順番を待っていると「あれ、");h("私の愛称");
t("じゃない、いや、珍しい所で会うね」と男の子に声を掛けられました。");n();
t601();
t("どこかで見た顔だと思ったら、コーラス部の合コンで何度か話したことがある");h("男");
t("だと気が付いて私も「あら、珍しい所でお会いしますね」と返事をしました。");n();
h("男");
t("も夕ご飯の買い物に来たらしくて、買い物籠の中にはお弁当とビール缶が入っているのが見えました。");n();
t714();
t("「");h("私の愛称");
t("アパートはこの近くなの、俺もこの先の");h("町名");
t("のアパートなんだ」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("のアパートが私のアパートとすぐ近くだと分かりました。");n();
}
function t2304(){
c_l("2304");
t("レジを終えてスーパーを出ようとすると急に雨が降り出したので私は困ってしまいました。");n();
t("「途中まで送るよ、傘なら俺が持ってるから」と");h("男");
t("が傘を差しだしてくれたので、私はとりあえず送っているて貰うことにしました。");n();
}
function t2305(){
c_l("2305");
t("「");h("私の愛称");
t("いつも食事はどうしてるの」と");h("男");
t("に聞かれて「私、自分で作ってますよ、料理得意だから」と返事をしました。");n();
t("「俺は毎日スーパーで半額の弁当を食べてるんだ、食べ飽きてとても食べれないけど無理して食べるしかないし、たまには美味しい物食べたいけどそんな金もないしね」と");h("男");
t("が言うので私はなんだか");h("男");
t("が可愛そうになって「私が何か作りましょうか、今日はすき焼きの材料を買ってあるのですき焼きらくいならすぐ作れますよ」と言ってしまいました。");n();
t("「それは嬉しい、是非俺のアパートに来てすき焼き作ってくれないか、すき焼きなんて半年前にコーラス部の合コンで食べたきりなんだ」と");h("男");
t("に言われてそういえば合コンですき焼きパーティーをやったことがあるのを思い出しました。");n();
t("私はもしかしたらこれは");h("男");
t("と上手く知り合いになれるいいチャンスかもしれもいとほくそ笑みました。");n();
t("すき焼きくらいだったらフライパンと醤油と砂糖さえあれば簡単に作れるし、");h("男");
t("が半年もすき焼きを食べたことがないなら私がすき焼きを作って上げれば大喜びするはず。");n();
t("「いいですよ、すき焼きなら簡単に作れるし、私一度");h("男");
t("のアパートにも行って見たかったんです」と私が答えると");h("男");
t("は嬉しそうな顔をして「ありがとう、");h("私の愛称");
t("の作る料理が食べられるなんて、最高に幸せだ」と言ってくれました。");n();
}
function t2306(){
c_l("2306");
h("男");
t("の一人暮らしのアパートに行って料理を作るなんて、まるで恋人気分で私はすっかり楽しくなって「");h("男");
t("さん、趣味はなんですか、映画とかよく見ますか」と");h("男");
t("に話しかけました。");n();
t("「うん、映画はよく見るけどいつもレンタルビデオ店で借りてきて、家で見てるんだ。");h("私の愛称");
t("も映画好きだったら今度一緒に見ようね。");h("私の愛称");
t("はどんな映画がすきなのかな」と");h("男");
t("が言ってくれました。");n();
t("私は何だか恋の予感がして、嬉しくて「私は恋愛映画が好きですね。熱々の燃えるような恋がしたくて」とそれとなく");h("男");
t("に話しを向けてみました。");n();
t("「それだったら、ちょうどいい映画があるよ、すごい熱々で");h("私の愛称");
t("きっとびっくりするよ」と");h("男");
t("が言い出しました。");n();
t("私は今日");h("男");
t("と偶然であったばかりなのに、そんなに熱々の恋の話しをされて胸がドキドキしてきました。");n();
}
function t2307(){
c_l("2307");
t("大通りを");h("男");
t("と一緒におしゃべりしながら歩くと、コンビニの角を曲がった裏手に");h("男");
t("のアパートがありました。");n();
h("男");
t("がポケットから鍵をだして、ドアを開けるのを待って居るとこれから二人の間に何が起きるのか期待で胸が一杯になりました。");n();
t("男の部屋に入って料理を作るなんてもうこれは恋人同士みたいなもの、もしかしてキスされちゃうかも。");n();
h("男");
t("にいきなりキスを迫られたらどうやって断ろうかと思うと嬉しいようでそれでいて不安な気持ちで心臓がドキドキしてきました。");n();
h("男");
t("が部屋のドアを開けると私を中に案内しました。");n();
}
function t2308(){
c_l("2308");
t("部屋の壁際には大きな本棚が並んでいて、英語の本がいっぱいあって書名を見ても難しくて何の本だかさっぱり分かりませんでした。");n();
t("「");h("男");
t("なんの勉強なさってるんですか」と私が");h("男");
t("に聞いてみると「ああ、それは医学書なんだ、僕は一応医学部だからね」と");h("男");
t("が答えたので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("「実家が病院でね、それで僕も医者に成れと子供の頃から親に言われていて、仕方なく医学部に入ったんだ」と");h("男");
t("が言うのでこれはいいチャンスだと私は思いました。");n();
t("今夜私が");h("男");
t("にすき焼きを作ってあげて、");h("男");
t("に気に入られたら将来は病院の院長先生の奥さんも夢じゃない。");n();
t("もしもそんなことにでもなれば海外旅行だってしょっちゅう行けるし、高級レストランにだって好きなだけ行ける。");n();
t("これはもうがっばって美味しいすき焼きを作って");h("男");
t("に気に入られるしかないと、私はスーパーで買ってきたすき焼きの材料を台所のテーブルに並べました。");n();
}
function t2309(){
c_l("2309");
t("台所の戸棚を開けてフライパンがあるのを確かめると、冷蔵庫を開けて中に砂糖とお醤油があるのを見つけました。");n();
t("御飯は");h("男");
t("が買ってきたお弁当お御飯を電子レンジで温めればなんとかなるはず。");n();
t("私はさっそくコンロに火を付けてフライパンを載せるとすき焼きを作り始めました。");n();
t("お肉を焼いた後、ネギと白菜を入れてしばらく煮てから豆腐としらたきとほうれん草を入れてお醤油と砂糖で味を付ければできあがり。");n();
}
function t2310(){
c_l("2310");
t("「すき焼き出来ましたよ」と私が");h("男");
t("に声をかけると、");h("男");
t("は嬉しそうな顔でビール缶の蓋を開けました。");n();
h("男");
t("が美味しそうな顔付きですき焼きを食べるのを見て、私は嬉しくてまるで夫婦にでもなったような幸福感に包まれました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("も一杯どう」と");h("男");
t("にビールを勧められて、私は断ったら悪いと思って少しだけ口に含みました。");n();
t("コップに半分くらいのビールを飲んだだけで、私は顔が熱くなって目眩がしてきました。");n();
t("すき焼きも食べ終わったあと、私は台所で後かたづけを始めました。");n();
}
function t2311(){
c_l("2311");
t("そろそろすき焼きが出来たかなと思っていると急にドアが開いて「ちょっと何なのこれ」と女性が大声で叫ぶ声が聞こえました。");n();
t("部屋に入ってきた女性の顔を見て私はびっくりしてしまいました。");n();
t184();
t("コーラス部の先輩の");h("先輩の愛称");
t("に間違いありませんでした。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("なんでこんな所に居るのよ、それに何それ、すき焼きでしょう。なんであんたが");h("男");
t("のアパートですき焼き作ってるの、どうゆうことよ。あんた私が居ながら浮気したんでしょう。浮気なんか絶対許さないから」と");h("先輩の愛称");
t("は大変な剣幕で怒鳴り散らし始めました。");n();
h("男");
t("も慌てた様子で「");h("私の愛称");
t("何でもないんだ、");h("先輩の劣称");
t("が勝手に思いこんでるだけなんだ」と言い出しました。");n();
t("それを聞いて");h("先輩の愛称");
t("は「何よ、あんたよくそんなこと言えるわね」と火がついたように怒り出しました。");n();
}
function t2312(){
c_l("2312");
t("「");h("私の愛称");
t("あんた、さっさとかえんなさいよ。二度と私の");h("男の愛称");
t("に手を出すんじゃないわよ、分かったわね」と");h("先輩の愛称");
t("に怒鳴りつけられて私は慌てて部屋を飛び出しました。");n();
}
function t2313(){
c_l("2313");
t("しばらく中の様子を伺っていましたが、なんだか変な声が聞こえてきました。");n();
t("女性の苦しそうな喘ぎ声がドアの向こうから聞こえてきて、私は");c_count=0;
n();
t710();
t("の具合がどこか悪いのかと気になりました。");n();
}
function t2314(){
c_l("2314");
t("ドアのノブをそっと回してみると、鍵は掛かっていなくてドアがすっと開きました。");n();
t("半分開いたドアの隙間から部屋の中の様子を確かめると、");c_count=0;
n();
t710();
t("の足がテーブルの隅から伸びているのが見えました。");n();
t("急に「ぁ、ああー、」と");c_count=0;
n();
t710();
t("の大きな声が響いてくるのを聞いて私はやっと");c_count=0;
n();
t710();
t("と");h("男");
t("が何をしてるのか気が付いて恥ずかしくて顔が熱くなりました。");n();
}
function t2315(){
c_l("2315");
t("「ああん凄いの、");h("男性性器の愛称");
t("凄いの」と");c_count=0;
n();
t710();
t("の泣き叫ぶ声を聞いて、私はとても見ていられなくてドアを閉めようとしました。");n();
}
function t2316(){
c_l("2316");
t("その時急に私のお尻に誰かが手のひらで撫で上げて来るような感触があり、私ははっとして立ちすくみました。");n();
t("私がドアをしめて振り向こうとしたとき、後から男の手が伸びてきて私の口を塞ぐと私の胸をギュッと掴んできました。");n();
t("私は胸が痛くて叫び声を上げそうになりましたが、男の手がしっかりと私の口を押さえつけて声が出せませんでした。");n();
}
function t2317(){
c_l("2317");
t("「羨ましくて、覗き見してたんだろう、俺がすぐに同じ目に遭わせてやるぜ、嬉しいだろう」と男が脅すような口調で私の耳元で囁くのを聞いて私は寒気がして体が震えてきました。");n();
t("男は私の体を抱きかかえるようにして、無理矢理隣の部屋に連れ込みました。");n();
t("部屋はベランダ側に黒いカーテンが掛けられていて、外からは何も見えないようにしてありました。");n();
t("男は私を床に押し倒すと、すぐに私の");h("下着");
t("を脱がせました。");n();
t("隣の部屋からは");c_count=0;
n();
t710();
t("が「");h("男性性器の愛称");
t("凄いの」と叫ぶ声が聞こえてきました。");n();
t("隣の部屋の声がこんなによく聞こえると判って私は男に部屋での会話を全部盗み聞きされていたと気がつきました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4165();
t("」と");c_count=0;
n();
t710();
t("が大声で叫ぶのが聞こえて私は恥ずかしくて体が一気に熱くなりました。");n();
}
function t2318(){
c_l("2318");
t("「どんな声を出すのか楽しみだぜ」と");h("男");
t("が呟くのが聞こえて私はもうどうなってもいいと覚悟を決めました。");n();
}
function t2319(){
c_l("2319");
as2319=new Array("2320","2321","2388");
e_l(as2319);
}
function t2320(){
c_l("2320");
t4();
t2390();
t2303();
t2304();
t2305();
t2306();
t4();
t2307();
t2308();
t2309();
t2310();
t2391();
}
function t2321(){
c_l("2321");
t4();
t515();
t2390();
t2303();
t2304();
t2305();
t2306();
t4();
t2307();
t2308();
t2309();
t2392();
t2311();
t2312();
t4();
h("男");
t("のアパートを出た後は、私のアパートに帰ろうと思いましたがすき焼きを全部");h("男");
t("の部屋に置いてきたので夕ご飯に食べる物が無いのに気が付きました。");n();
t("しかたなく駅前のスーパーに行ってなにか出来合いのおかずでも買おうと思って歩き出しました。");n();
t("スーパーの棚に並んでいるおかずを適当に選んでいると財布が無いのに気が付きました。");n();
t("さっき");h("男");
t("のアパートを出るとき、お財布を置き忘れたのに間違いありませんでした。");n();
t("私はあまり気が進みませんでしたが、お財布がないと困るのでもう一度");h("男");
t("のアパートに行ってみることにしました。");n();
t707();
h("男");
t("の部屋のドアの前に立って、");c_count=0;
n();
t2313();
t2314();
t("私は");h("男");
t("と");h("先輩の愛称");
t("がどこまで親しい関係なのか確かめた方がいいと思ってしばらく");h("先輩の愛称");
t("の声に聞き入っていました。");n();
t2315();
t2316();
t("「あの女、声がでかくて毎晩うるさくてしょうがねえ」と私の耳元で男の低い声が聞こえてきました。");n();
t2317();
t("「いつもあんな調子だぜ。うるさくてしょうがねえ。今夜は俺が楽しませてもらうからな」と男に言われて私は気が遠くなりました。");n();
t705();
t2318();
t4439();
}
function t2322(){
c_l("2322");
t("しばらくガスの火で煮た後、テーブルの上に載せて");h("男");
t("に食べて貰おうとしたとき、卵がないのに気が付きました。");n();
h("男");
t("の冷蔵庫を開けて探してみましたが、卵は見当たりませんでした。");n();
t("せっかくすき焼きが美味しくできたのに卵が無ければせっかくの料理も台無し。");n();
t("私は近くのコンビニまで卵を買いに行くことにしました。");n();
h("男");
t("のアパートを出て、角のコンビニで卵を買うと私は");h("男");
t("のアパートに戻って部屋のドアをノックしました。");n();
t("「卵買ってきました」と私が部屋の中の");h("男");
t("に聞こえるように大きな声で言うとすぐにドアが開きました。");n();
}
function t2323(){
c_l("2323");
t("ドアの間から男の手が伸びてくると私の手を掴んで中に引き入れてきました。");n();
t("私の手から卵が玄関のコンクリートに落ちて、割れて黄身がはみ出しました。");n();
t("あれっと思って男の顔をよく見ると");h("男");
t("とは全然違う、中年男の顔でした。");n();
t("何で");h("男");
t("の部屋に中年男がいるのか、私はすぐには理由が判りませんでした。");n();
t("男が強引に私の手を引っ張って私を部屋の中に連れ込むと、私はやっと部屋を間違えたのに気が付きました。");n();
t("私は大声で助けを呼ぼうとしましたが男は私の口を手で塞ぐと「大人しくしねえと、ぶっ殺すぞ」と脅してきました。");n();
t("「でかい声だすんじゃねえぞ、でかい声だすとぶっ殺すぞ」と男に脅されて私は目眩がして気が遠くなりました。");n();
t("「良い体してるじゃないか。その体で毎晩男と遊んでるんだろう。今夜は俺が遊ばせてもらうぜ」と男に言われて私は怖くて体の震えが止まらなくなりました。");n();
t705();
t4439();
}
function t2324(){
c_l("2324");
t184();
t("「");h("私の愛称");
t("、卵買ってきてくれてありがとう」と言って私に手を差し出したのはコーラス部の先輩の");h("先輩の愛称");
t("でした。");n();
t("私はびっくりして何がなんだか分からなくなりました。");n();
t("ともかく");h("男");
t("に話しを聞いてみるしかないと思って私が靴を脱いで部屋にあがろうとすると");h("先輩の愛称");
t("は「御免ね");h("私の愛称");
t("、すき焼きを作ってくれたのはありがたいんだけど、私の");h("男の愛称");
t("に手を出さないでね。");h("男の愛称");
t("には私しか居ないんだから、あなたに部屋に来られてもじゃまなだけなのよ」と言いながら私の胸を両手で突っ張って押し戻しました。");n();
t("「ともかく");h("男");
t("に会わせて下さい」と言って私が");h("先輩の愛称");
t("を押しのけて部屋の中に入ろうとすると、いきなり");h("先輩の愛称");
t("の右手が飛んできて私のほっぺたをぴしゃりと打ち付けました。");n();
t("「調子に乗るんじゃ無いわよ、この泥棒猫。さっさと帰んなさいよ」と");h("先輩の愛称");
t("に怒鳴りつけられて私は涙が止まらなくなりました。");n();
t("せっかく");h("男");
t("と親しくなるチャンスだったのに");h("先輩の愛称");
t("に邪魔されるなんて、腹が立つやら情けないやらで悲しくて体が震えてきました。");n();
h("先輩の愛称");
t("がドアをぴしゃりと閉めると、ドアに鍵を掛ける音が聞こえてきました。");n();
t("私はドアの前に立ちつくしたままどうしていいのか分かりませんでしたが、諦めて帰るしか他に方法はありませんでした。");n();
}
function t2325(){
c_l("2325");
t("一人で私のアパートまでの道を歩いていても、涙が何度もこみ上げてきて止まりませんでした。");n();
}
function t2326(){
c_l("2326");
t("しばらく歩いて角を曲がれば私のアパートに着く場所まで来ると急に「");h("私の愛称");
t("どうしたの、何があったの」と角の横から男の子が歩み寄って声を掛けてきました。");n();
t626();
t("男の子の顔を見て私はすぐに隣の部屋に住んでいる");h("男の名字");
t("だと気が付きました。");n();
h("男の名字");
t("さんとは何度か顔を合わせたことがあるだけで、特に親しい間柄でもなかったのですが、こんなときに話しかけられてもらって私はすっかり嬉しくなりました。");n();
t("私は話しを聞いて貰えば少しでも気分が楽になると思って「彼氏を先輩に取られたんです。それも汚い手を使われて」と");h("男の名字");
t("に言ってしまいましたが、言った後すぐに不味いことをいってしまったと後悔しました。");n();
t("私は");h("男");
t("と付き合ってたわけでもないし、すき焼きを作りにアパートに寄っただけで");h("男");
t("と");h("先輩の愛称");
t("は元々付き合っていたので、私が");h("男");
t("を");h("先輩の愛称");
t("に取られたわけではないのは私にもよく分かっていました。");n();
t("「それは酷い女だね、酷すぎるよね。その女がどんな汚い手を使ったのか話してご覧。そうすれば気分が楽になるから」と");h("男の名字");
t("に言われて私はさっき");h("先輩の愛称");
t("にほっぺを叩かれたのを思い出してまた涙がこみ上げてきました。");n();
t("「男は一杯居るから");h("私の愛称");
t("を本当に幸せにしてくれる男性ときっとすぐに出会えるよ」と");h("男の名字");
t("に慰められて私は少しだけ気分が楽になりました。");n();
}
function t2327(){
c_l("2327");
t("私が紅茶を一口すすると何だか変な味がしましたが、きっと高級な紅茶のせいだと思って大して気にもしませんでした。");n();
}
function t2328(){
c_l("2328");
t("二人でおしゃべりをしながら私のアパートまで来ると「よかったら僕の部屋でお茶を飲んでいかないか、ケーキもあるから」と");h("男の名字");
t("に誘われました。");n();
t("男の人の部屋で二人っきりになるのはなんだか心配な気がしましたが、一人で部屋に戻ればまた涙が止まらなくなるだけだと思って私は");h("男の名字");
t("の部屋に上がりました。");n();
h("男の名字");
t("が紅茶を入れてくれて、ケーキを皿に載せて私の前に出してくれました。");n();
t2327();
t("ケーキを食べながら");h("男の名字");
t("がいろいろと話しかけてくれたので私はだんだん気分が落ち着いてきましたが不意に体が熱くなって何だか変だと気が付きました。");n();
}
function t2329(){
c_l("2329");
t("「");h("私の愛称");
t("、彼氏を取り戻したいなら、良い方法があるよ。教えてあげようか」と");h("男の名字");
t("が言ってくれたので、私はすぐに「良い方法があったら教えて下さい。私すぐにでもやってみます」と");h("男の名字");
t("に聞き返しました。");n();
t("「このビデオを見て、この通りすればいいんだ、そうすればどんな男でも");h("私の愛称");
t("から離れられなくなるんだよ」と言うと");h("男の名字");
t("は部屋に置いてある大きな液晶テレビのスイッチを入れました。");n();
t("液晶テレビの画面にはなんだか変な物が映って私ははっとして、");h("男の名字");
t("の顔を確かめました。");n();
t("すると「男の子はみんな");h("フェラチオ");
t("に弱いからね。");h("フェラチオ");
t("が上手なら絶対彼氏を取り戻せるよ」と");h("男の名字");
t("が言い出したので、私は液晶画面に映っているが");h("フェラチオ");
t("の場面だと気が付きました。");n();
t("いくらなんでも女の子に");h("フェラチオ");
t("のビデオを見せるなんて、普通の神経をしている男の子だとはとうてい思えませんでした。");n();
h("男の名字");
t("がビデオを操作すると、女の子が口いっぱいに男の子の");h("男性性器の愛称");
t("をくわえ込んでいる場面が映し出されて私は思わず目をそらせました。");n();
t("「本当は");h("私の愛称");
t("も");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう、女の子はみんなカマトトぶってるけど、");h("フェラチオ");
t("が嫌いな女なんていないからな」と");h("男の愛称");
t("が言うのを聞いて、私はこれ以上");h("男の名字");
t("の部屋に居るのは危ない気がしてきました。");n();
}
function t2330(){
c_l("2330");
t("私はやっとさっき飲んだ紅茶に変な薬が入っていたらしいと気が付きました。");n();
}
function t2331(){
c_l("2331");
t("私は「今日はどうもありがとうございました、ケーキとっても美味しかったです」と");h("男の名字");
t("に礼を言って立ち上がろうとしましたが、目眩がしてすぐにまたしゃがみ込んでしまいました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("、今日はゆっくりしていったほうがいいよ」と");h("男の名字");
t("が私の口元で囁いてきたので私はなんとか必死で立ち上がろうとしましたが体を動かそうとしても力が入りませんでした。");n();
t2330();
t("「");h("私の愛称");
t("、今すぐ男が欲しくて堪らないんだろう、");h("私の愛称");
t("の体がそう言ってるはずだぜ、自分の体には逆らえないのが女の性なんだ」と");h("男の名字");
t("が訳の分からないことを言い出しました。");n();
h("男の名字");
t("の手が私の");h("下の表着");
t("の下から私の");h("下着");
t("に触れてくると、私の体は火箸でつつかれたように熱く燃え上がりました。");n();
t("「変な薬飲ませたんでしょう、止めて下さい」と私が");h("男の名字");
t("に言うと");h("男の名字");
t("は「変な薬なんかじゃないぜ。自分の本当の気持ちに素直になれる薬なんだ。");h("私の愛称");
t("だって本当は");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう」");n();
t("「");h("フェラチオ");
t("が上手な女の子は、男の子にもてもてだよ。");h("フェラチオ");
t("が上手になるにはまず、");h("フェラチオ");
t("を好きになることだ。ぼくが");h("フェラチオ");
t("を教えて上げるから、ぼくが教えたとおりにすればいいんだよ」と");h("男の名字");
t("は私の耳元で囁きながら、指先を私の");h("下着");
t("の下に入れてきました。");n();
h("男の名字");
t("の指先が巧みに私の感じるところを探り当てると、微妙な動きで私の弱い所をを責めてきました。");n();
t("私は体中がかっと熱くなってもうとても");h("男の名字");
t("には逆らえませんでした。");n();
h("男の名字");
t("のもう一方の手が私の胸をそっと包み込むと、下から持ち上げながら揺すってきました。");n();
t("心地よい感触が私の体中を包み込むと、私は体から力が抜けて動けなくなりました。");n();
t("熱い噴流が私の体の芯から沸き上がって、頭のてっぺんまで沸き上がるような感触が私の体を突き抜けました。");n();
t("ここまで来たら");h("男の名字");
t("に何をされてもいいと思うと、体が小刻みに震えて期待で胸が一杯になりました。");n();
}
function t2332(){
c_l("2332");
t2324();
t4();
t2325();
t2326();
t2328();
t2329();
t2331();
t706();
t4439();
}
function t2333(){
c_l("2333");
t("しばらく歩いてから私はアパートに戻っても夕食に食べる物が無いのに気が付きました。");n();
t("スーパーで買ったすき焼きの材料は全部");h("男");
t("のアパートに置いて来たので、もう一度スーパーに買い物に行くのもめんどくさい気がしました。");n();
t("それにこのままアパートに帰ってもとても料理を作る気がしないと思って、私は駅前で何か食べて帰ることにしました。");n();
t("駅前のスーパーの近くまで来ると、近所のレストランを見ながらお財布の予算と相談しながら良さそうな店を探しました。");n();
t("ちょっと先におゃれなカフェがあるのを見つけて、私は店の前に出ているメニューを眺めて見ました。");n();
}
function t2334(){
c_l("2334");
t("最近できたばかりのカフェらしくて、女の子向けに野菜サラダが一杯ついたランチが安そうだったのでここに決めようかと思ってると「あら、");h("私の愛称");
t("。どうしたの、何があったの」と声を掛けられました。");n();
t("振り向いてみると親友の");h("女友達");
t("が顔一杯に笑みを浮かべて、私に歩み寄るのが見えました。");n();
h("女友達");
t("が私のすぐ目の前まで来たとき、私はさっき");h("先輩の愛称");
t("にほっぺたを叩かれたのを思い出してまた涙がこみ上げてきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("失恋したの、元気だしなさいよ」と");h("女友達");
t("が私の涙の理由をすぐに言い当てたので私は嬉しくてまた涙が出てきました。");n();
t("「私ね、");h("男");
t("を先輩の");h("先輩の愛称");
t("に横取りされたの、せっかく二人で良いところだったのに」と私が半分言いかけると");h("女友達");
t("が「ああ、あの");h("男");
t("ね」と私を遮りました。");n();
t("「");h("男");
t("には注意した方が良いわよ、なにしろ手が早くて、声を掛けたらもうその日の内に口説いてるって噂だから」と");h("女友達");
t("に言われて私はもしかして");h("女友達");
t("も");h("男");
t("と付き合った事があるのではと気にかかりました。");n();
t("「");h("女友達の愛称");
t("も");h("男");
t("のアパートに行ったことあるの」と私はそれとなく");h("女友達");
t("に聞いてみると");h("女友達");
t("は「あ、私");h("男");
t("とはホントになんでもないの」と言葉を濁しました。");n();
t("私はやっぱり");h("女友達");
t("が");h("男");
t("と付き合った事があるとピントきました。");n();
t("「");h("男");
t("はキスが上手だったでしょう」と私がわざと");h("女友達");
t("にかまを書けて聞き出そうとすると");h("女友達");
t("から逆に「");h("私の愛称");
t("キスのあとはどこまでしたの」と聞き返されました。");n();
t("私はうっかりしたことも言えないと思って「");h("男");
t("ってそうゆう噂だから」と適当に答えました。");n();
t509();
t("「噂では、新入生の");h("女の子の愛称");
t("が大学止めたのは、妊娠したせいで相手は");h("男");
t("だって話しよね」");n();
t("「それに先輩の");h("先輩の愛称");
t("も中絶したって噂だし」と");h("女友達");
t("に言われて私は成る程と先輩があんなに怒った理由が判ってきました。");n();
}
function t2335(){
c_l("2335");
t435();
t("「");h("私の愛称");
t("。そこの");h("居酒屋の店名");
t("でお酒飲みましょうよ、こんな話し道端じゃできないし、");h("私の愛称");
t("だってお酒飲みたいでしょう」と");h("女友達");
t("に誘われて私達はすぐ目の前のビルの三階の");h("居酒屋の店名");
t("に入る事にしました。");n();
t("二人で席に付いて料理をあれこれ頼んでから、まずはビールで乾杯をしました。");n();
}
function t2336(){
c_l("2336");
t("しばらく大学の話しやコーラス部の話しをしたあと");h("女友達");
t("が「");h("私の愛称");
t("。付き合うんだったらどんなタイプの男性が好みなの」と私に聞いてきました。");n();
t("「そうねえ、真面目で誠実そうな人がいいな」と私が返事をすると");h("女友達");
t("が「それだったら");h("私の愛称");
t("に紹介したい人がいるんだけど、よかったらこれから会ってみない」と言い出しました。");n();
t("「こないだ合コンで一緒だった男の子なんだけど、");h("私の愛称");
t("が気に入ったらしくてね、紹介して欲しいって頼まれてたの。ちょうど良かった」と");h("女友達");
t("に言われて、私はちっともちょうどよくないとちょっとだけ腹が立ちました。");n();
t("そうは言っても私はついさっき失恋したばかりだし、このまま一人で家に帰ってもつらいだけなので取りあえず");h("女友達");
t("の紹介する男の子に会ってみることにしました。");n();
h("女友達");
t("が携帯で男の子に連絡するとすぐに話しがまとまったらしくて「これからすぐ二人で来るから、ちょっとだけ待っててね」と");h("女友達");
t("に言われました。");n();
h("女友達");
t("と二人でビールを飲みながら、適当に食べ物を摘んでいるとしばらくして男の子が二人店に入ってきて客席を見回しました。");n();
t("すぐに");h("女友達");
t("が手を挙げて合図をすると二人はすぐに私と");h("女友達");
t("が座っている席に近づいてきました。");n();
}
function t2337(){
c_l("2337");
t("男の子の一人は");h("女友達");
t("の彼氏らしくて");h("女友達");
t("のすぐ横の席に腰を降ろしました。");n();
t("私の横に座った男の子がこの間の合コンで私のことを気に入ってくれた人らしくて私は胸がドキドキしてきました。");n();
t601();
t("「");h("男");
t("はね、ずっと前から");h("私の愛称");
t("のこと好きだったのよ、でもなかなか言い出せなかったの」と");h("女友達");
t("が私に");h("男");
t("を紹介してくれました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("ね、いま失恋したばかりだから慰めてあげてね」と");h("女友達");
t("が言うと私の隣に座った");h("男");
t("が腰を押しつけてきたので私は体が熱くなってきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("は真面目で誠実で、それでいて男らしくて格好いい男の子と付き合いたいんだって」と");h("女友達");
t("が大げさな口調で私を男の子に紹介すると「僕も真面目で大人しい女の子がタイプなんだ、よかったら是非付き合って欲しいんだ、必ず幸せにするから」と言いながら男の子はすぐに私の膝の上に左手を載せてきました。");n();
t("私はどう返事をしていいのか分からなくて「よろしくお願いします」とだけ言うと、男の子はそれでもう交際がオッケーだと思ったらしくて「ありがとう、僕は今最高に幸せだ」と私の耳元に唇を寄せて囁いてきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("。趣味はどんなことが好きなのか、よかったら教えてくれないか。僕はね");h("私の愛称");
t("の事なんでも知りたいんだ」と");h("男");
t("に聞かれて私は自分を売り込んだ方がいいと思って「料理が得意で、いつも自分で作ってます」と言ってみました。");n();
h("男");
t("は「それは凄い、是非僕も");h("私の愛称");
t("の料理食べてみたいな。毎日");h("私の愛称");
t("の料理が食べられたら本当に幸せだよ」と随分と態度が積極的でした。");n();
t("「");h("男");
t("はどんな趣味をお持ちですか。私も");h("男");
t("の事何でも知りたいんです」と私が聞いてみると「僕は好きなことがいっぱいあってね、一番好きなのは映画を見ることかな、アパートに大型の液晶テレビを置いてね、毎日見てるんだ」と");h("男");
t("が話してくれました。");n();
t("私はまだ学生なのに勉強もしないで映画ばかり見てるのかしらと思ってなんだか心配な気がしましたが黙っていました。");n();
}
function t2338(){
c_l("2338");
t("「よかったらこれからカラオケに行かないか」と男の子達に誘われて私達は近くのカラオケ店に行くことにしました。");n();
h("居酒屋の店名");
t("をでて少し先に角にあるカラオケ店に入ると私達はすぐに部屋に案内されました。");n();
h("男");
t("がさっそくお得意の歌を歌い始めると、");h("女友達");
t("が次に歌ってその次に私が歌いました。");n();
}
function t2339(){
c_l("2339");
t("みんなで順番にカラオケを歌っているとお酒が入っているせいもあって、私は気分が楽しくなってきました。");n();
t("一時間ほどカラオケで遊んだ後、");h("男");
t("が「おもしろいビデオが手に入ったから見に来ないか」と私と");h("女友達");
t("を誘いました。");n();
h("女友達");
t("の彼氏も一緒に来るというので、四人で");h("男");
t("の部屋まで一緒に行くことになりました。");n();
t("しばらく歩いた先に大きなマンションがあって部屋に案内されると、中はかなり広くて部屋がいくつもあるので私はびっくりしてしまいました。");n();
h("男");
t("はお金持ちの家の息子さんらしくて、大学の近くのマンションを親が借りてくれたしらいので私は羨ましくなりました。");n();
h("男");
t("に案内されて奥の部屋に入ると部屋の壁には黒いカーテンが張り巡らしてあり壁際に大きな液晶テレビが置いてありました。");n();
t("液晶テレビは見たことがないほど大きなサイズで、");h("男");
t("の両親はよっぽどのお金持ちなのねと感心してしまいました。");n();
t("「この部屋はね防音工事をしてあるから、どんな大きな音を出しても外には聞こえないから心配ないよ」と");h("男");
t("に言われて、なるほどそれで厚手のカーテンが張り巡らしてあるのだと納得しました。");n();
}
function t2340(){
c_l("2340");
h("男");
t("がリモコンを操作すると、画面いっぱいにセーラー服を着た女性の姿が映し出されました。");n();
t("私は変なビデオを見せられるのではと心配になってきましたが、いまさら帰るわけにもいきませんでした。");n();
t("セーラー服を着た女の子が舞台の上で踊りながら歌う場面がづっと続いたあと、ホテルの部屋で女の子がセーラー服を脱ぐ場面が映し出されました。");n();
t("「お願い、");h("私の愛称");
t("にはこのビデオ見せないで」と");h("女友達");
t("が大きな声で叫んだのを聞いて私はビデオに映っているのが");h("女友達");
t("だと気がつきました。");n();
t("お化粧が濃くて髪もツインテールに結っているので初め見たときは");h("女友達");
t("だとは気がつきませんでしたが、よくよく見るとやっぱり");h("女友達");
t("に間違いありませんでした。");n();
t("ずっと前に学園祭のカラオケコンテストで");h("女友達");
t("が女子高生のコスプレをしたときのビデオらしいと分かって私は不安な気持ちになりました。");n();
t("画像が切り替わると");h("女友達");
t("の顔が液晶テレビの画面いっぱいに映し出されました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("の口元になにか変なものが押し込まれているのを見てはっとしました。");n();
h("女友達");
t("が");h("フェラチオ");
t("をしている画像に間違いありませんでした。");n();
}
function t2341(){
c_l("2341");
t("ビデオに映った");h("女友達");
t("の目に涙が浮かんでいるのが見えて私はきっと");h("女友達");
t("が無理矢理に");h("フェラチオ");
t("をさせられているのに違いないと確信しました。");n();
h("女友達");
t("が");h("フェラチオ");
t("をしている場面がずっと続いているのを見て、私は");h("女友達");
t("の表情が次第に変わっていくのに気がつきました。");n();
t("最初はいやで仕方なくさせられている表情だったのが、しだいに夢の中でうっとりと恍惚感にひたってる表情に変わっていくのがはっきりと分かりました。");n();
t("私は急に自分もこんな風に無理矢理フェラチオをさせられて、夢の中の恍惚感に襲われてみたいとの願望が心の底からわき上がってきて体が熱くなってきました。");n();
t("男の子の腰の動きが急に早くなると、激しく前後に震えたあと急に動きが止まりました。");n();
h("女友達");
t("の目にから涙があふれて出すのが見えましたが、悲しいのではなく嬉しくて泣いているのだとはっきりと分かりました。");n();
t("私はビデオの画像を見ていて大変なことに気がつきました。");n();
h("女友達");
t("の映っているビデオを撮影したのは、私が今いるこの部屋らしいと分かって私は寒気がしてきました。");n();
}
function t2342(){
c_l("2342");
t2324();
t4();
t2325();
t2333();
t2334();
t2335();
t2336();
t2337();
t4();
t2338();
t2339();
t2343();
}
function t2343(){
c_l("2343");
as2343=new Array("2344","2345");
e_l(as2343);
}
function t2344(){
c_l("2344");
t2340();
t2341();
t("「");h("私の愛称");
t("も");h("フェラチオ");
t("が上手なんだってね」と");h("男");
t("が私の肩に手をかけて私の体を引き寄せながら私の耳元でささやいてきました。");n();
t("「僕は");h("フェラチオ");
t("の上手な女としかつき合わないんだ、");h("私の愛称");
t("が上手に");h("フェラチオ");
t("してくれたらつき合ってやってももいいんだぜ」と");h("男");
t("に言われて私は");h("男");
t("の手をふりほどいて立ち上がろうとしました。");n();
t("「構わねえから、さっさちやっちまえよ、女に言うことを聞かせるにはそれが一番だぜ」と");h("女友達");
t("の彼氏が");h("男");
t("に声を掛けるのが聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
h("男");
t("は私の体を床に押し倒すと、すぐに体を重ねてきました。");n();
t4450();
}
function t2345(){
c_l("2345");
h("男");
t("がビデオをつけると液晶画面にAKB48の女の子たちがダンスをしながら歌う場面が映し出されました。");n();
t("面白いビデオというのはこの事かと思ってちょっとがっかりしましたが黙っていました。");n();
t("「ちょっと待っててね、今紅茶入れるから」と言うと");h("男");
t("は部屋を出て行きました。");n();
t("私は紅茶を入れるのなら私も手伝ったほうがいいと思って");h("男");
t("の後をついて行こうとしましたが");h("男");
t("に「大丈夫、僕は紅茶を入れるのが上手だから、");h("私の愛称");
t("はビデオでも見ててね」と言われてソファーに座りなおしました。");n();
t("AKB48の女の子たちの歌が一曲終わった頃に");h("男");
t("が紅茶の入ったカップを乗せたお盆を持って部屋に入ってきました。");n();
h("男");
t("はテーブルにお盆をのせると、紅茶の入ったカップを私に勧めてくれました。");n();
t2327();
t("紅茶を飲みながら");h("男");
t("がビデオを操作すると今度は韓国ドラマらしい画面が映し出されました。");n();
t("恋愛ものらしくて、キスシーンが始まると俳優さんの顔が画面いっぱいに映し出されてなんだか恥ずかしい気がしてきました。");n();
h("男");
t("が言っていた「面白いビデオ」というのはこの韓国ドラマらしいと分かって私はなんだか");h("男");
t("がまだ幼い子供の用に思えて可笑しくなってきました。");n();
t("俳優さんの舌先が絡み合うシーンがづっと続くのを見ていて、私は急にからだが熱くなってなって来ました。");n();
t("なんだか変だなと思っていると、頭がぼんやりとしてきて体中から汗が噴き出してきました。");n();
t("スピーカーから聞こえてくる俳優さんの声が、まるで目の前で話しているように聞こえてくると、私は自分がドラマの主人公のような気分になってきました。");n();
t("男優さんの手が女優さんのブラウスのボタンを一つ一つ順に外していく場面が映し出されると、私は自分が");h("男");
t("に同じ事をされているような気分になって体の芯から熱い噴流がわき上がってきました。");n();
t("男優さんが女優さんの");h("下着");
t("を脱がせると、女優さんの");h("大陰唇");
t("がはっきりと映し出されて私はびっくりしてしまいました。");n();
t("普通の韓国ドラマだったらこんなシーンがあるはずはないのは当たり前のこと。");n();
t("韓国ドラマだとばかり思っていたのは、実は韓国の裏ビデオらしいと気がついて私は腹が立ってきました。");n();
t("アパートに帰ろうと思ってソファーから立ち上がろうとしましたが、体が痺れたようになって力が入りませんでした。");n();
t2330();
t("液晶テレビの画面には女優さんが丸裸になって、ベッドの上に寝そべった上に男優さんが体を重ねている場面が映りました。");n();
t("女優さんが膝を立てて足を大きく広げた間に男優さんが腰を押しつけると女優さんの「");c_count=0;
n();
t4165();
t("」と泣き叫ぶような喘ぎ声がスピーカーから部屋いっぱいに響いてきました。");n();
t("私はまるで自分が足を開いて");h("男");
t("に責められている気分になって目眩がして気が遠くなりました。");n();
t("女優さんの喘ぎ声が頭の中で響き続けると、私は今自分が何処にいるのかも分からなくなって自分の欲望を抑えきれなくなりました。");n();
t("私は自分の指を敏感な所に押し当てると、指先を回しながら震わせました。");n();
t("激しい電流が私の体を通り抜けてると、私は頭を何度も仰け反らせました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("、");h("男性性器の愛称");
t("が大好きなんだね、いますぐ欲しいんだろう」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("ビデオから聞こえてくる女優さんの喘ぎ声に混じって");h("女友達");
t("の「");c_count=0;
n();
t4183();
t("」と小さな声で呟くような喘ぎ声が聞こえてくると私の体はいっきに燃え上がりました。");n();
t2347();
}
function t2346(){
c_l("2346");
t2324();
t4();
t2325();
t2333();
t2334();
t2335();
t2336();
t2337();
t4();
t2338();
t2382();
t2349();
}
function t2347(){
c_l("2347");
t("私はもうとても我満できなくて「お願いはやくして」と私が");h("男");
t("におねだりをすると");h("男");
t("は「");c_count=0;
n();
t4224();
t("」と言いながら私をソファーに押し倒してきました。");n();
t("私は自分からソファーに横になると足を大きく広げて、");h("男");
t("の目の前に自分の体を投げ出しました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("良い体してるぜ。可愛くて女らしくて最高だぜ」と");h("男");
t("に言われて私は嬉しくて涙ぐみました。");n();
t4450();
}
function t2348(){
c_l("2348");
t("一時間ほどみんなでカラオケで遊んだ後、帰ろうとして部屋を出ようとしましたが足下がふらついてまっすぐ歩けませんでした。");n();
t("調子にのってお酒を飲み過ぎたせいでした。");n();
t("男の子達に体を支えてもらってなんとかカラオケ店の外に出ましたが目眩がひどくてとても立っていられませんでした。");n();
h("女友達");
t("もお酒を飲み過ぎたらしくて、道路にしゃがみ込んで立ち上がれませんでした。");n();
t("男の子達もこれはとても歩いて帰るのは無理だと思ったようで「どこかで一休みしていかないか、ゆっくりできる所を探すから」と言ってくれました。");n();
h("男");
t("が「よかった、そこで休んでいこう」と言って指さした先にはラブホテルの看板が見えました。");n();
t("ラブホテルに男の子達と一緒に入るのはなんだか危ない気がしましたが、今はひとまずそれしかないと思って「お願いします」と返事をしました。");n();
t("男の子達に体を支えてもらってやっとの事でラブホテルの部屋に入ると、男の子達は私と");h("女友達");
t("をベッドに寝かせてくれました。");n();
}
function t2349(){
c_l("2349");
as2349=new Array("2387","2356");
e_l(as2349);
}
function t2350(){
c_l("2350");
as2350=new Array("2351","2352","2353");
e_l(as2350);
}
function t2351(){
c_l("2351");
t("このビデオは肌色がきれいだね、やっぱりシャープの液晶テレビは色が良いね");c_count=0;
n();
}
function t2352(){
c_l("2352");
t("このビデオは色がきれいだね、ソニーのトリルミナスディスプレーの最新モデルだね");c_count=0;
n();
}
function t2353(){
c_l("2353");
t("このビデオは赤色がきれいだね、やっぱり三菱の赤色レーザーバックライトの液晶テレビは色が良いね");c_count=0;
n();
}
function t2354(){
c_l("2354");
t("ラブホテルに男の子と入って服を脱がされたら、このままで済むわけがないのは当たり前のこと。");n();
t("私は");h("男");
t("がこれから私に何をしようとするのか、想像しただけで体が熱く燃え上がりした。");n();
h("女友達");
t("も同じ気持ちらしくて、ベッドの上で体を捩らせていました。");n();
h("女友達");
t("はもう我慢しきれないらしくて「お願い早くして」と小さな声で呟きました。");n();
}
function t2355(){
c_l("2355");
t("「あ、ごめん。気がつかなかった今すぐ持ってくる」と");h("女友達");
t("の彼氏が言うと部屋の冷蔵庫から冷たい飲み物を持ってきてくれました。");n();
t("私は気の利かない男の子だとすこし腹が立って、わざと苦しそうに体を捩って男の子を誘ってみました。");n();
t("しかし");h("男");
t("は部屋に置いてある液晶テレビの方が気になるらしくてリモコンのスイッチを入れてビデオの再生を始めました。");n();
t("私の寝ている位置からはテレビの画面は見えませんでしたが「");c_count=0;
n();
t4140();
t("」とスピーカーから男の声が聞こえてきました。");n();
t("ラブホテルに置いてあるビデオは大概はエッチなアダルトビデオに違いないと私は思いました。");n();
t("女の子が目の前でベッドに寝ているのに、アダルトビデオを見るなんていったいどうゆうことかしらと私はちょっと腹が立ってきました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t2350();
t("」と男の子達が話しているのを聞いて、私は女の子の体より液晶テレビの方に興味があるのかしらと思ってがっかりしました。");n();
}
function t2356(){
c_l("2356");
t2348();
t2383();
t2354();
t2357();
}
function t2357(){
c_l("2357");
as2357=new Array("2386","2380","2381");
e_l(as2357);
}
function t2358(){
c_l("2358");
t("「今日はこのまま一晩泊まってゆっくりしていった方がいいよ。僕たちは先に帰るから」と男の子達に言われて私も確かに夜遅くアパートまで歩いて帰るよりはラブホテルに泊まっていった方がいいと思いました。");n();
t("男の子達が帰ってから、しばらくベッドの上で休んでいると次第に気分が楽になってきました。");n();
}
function t2359(){
c_l("2359");
h("女友達");
t("も酔いがさめたらしくて「私、ラブホテルってあんまり来たことないのよね」と言いながら部屋の中をあちこち調べ始めました。");n();
t("ベッドのすぐ脇にさっき男の子達が見ていた大きな液晶テレビが置いてあるので、試しに");h("女友達");
t("がリモコンを操作してみるとビデオの画面が映し出されました。");n();
t("私はさっき男の子達が見ていたのはいったい何のビデオなのか気になって画面を見つめました。");n();
}
function t2360(){
c_l("2360");
t("画面の中央には人妻らしい女性が座っているのが映っていて誰か男性と話をしているらしくて面接かなにかの場面の用でした。");n();
}
function t2361(){
c_l("2361");
t("私は女性の顔つきが");h("女友達");
t("に似ているのであれっと思いました。");n();
h("女友達");
t("もそれに気がついたらしくて不思議そうな顔で液晶テレビの画面に見入っていました。");n();
}
function t2362(){
c_l("2362");
t("「");c_count=0;
n();
t4140();
t("」と事務的な言い方で聞く男の声のあと「借金が返せなくて、ほかに方法がないんです。クレジットのキャッシングの枠ももういっぱいでこれ以上借りられないし」と女性が答えるのが聞こえました。");n();
t("普通の就職面接ではないらしくて、女性の態度も緊張して硬くなっている様子が見えました。");n();
t("いったいなんの面接なんだろう、借金を返せなくて女性がやる仕事っていったい何なんだろうという疑問が沸いてきて私もビデオを見るのが止められなくなりました。");n();
h("女友達");
t("もこのビデオが何の面接ビデオなのか気になったらしくて、液晶テレビの画面から目が離せない様子でした。");n();
t("しばらく世間話みたいな話が続いた後「旦那さんとのセックスは今どうですか」と男が女性に聞いてきました。");n();
t("「最近ぜんぜんなんです、刺激がたりなくて、我慢できなくて」と女性が答えるのを聞いて私はこの面接がやっぱり危ない仕事の面接らしいと分かってきました。");n();
}
function t2363(){
c_l("2363");
t("「奥さん旦那さんとのセックスじゃあそんなんじゃあ、寂しくてしょうがないでしょう。寂しいときはいつもどうしてるんですか」と男に聞かれて「友達とカラオケなんかに行ったりしてます」と女が答えました。");n();
t("「他にもすることがあるでしょう、夜お布団の中で一人になったとき、我慢できないんじゃないんですか」と男の言葉を聞いて男が何を聞き出そうとしてるのか私にはなんとなく見当がつきました。");n();
t("男が女の子の");h("オナニー");
t("の事を聞き出そうとしているのは間違いありませんでした。");n();
t("「たまにしてます」と女が答えると「週に何回くらいしてるんですか、ちゃんと答えなきゃ面接はここで終わりにしますよ」と男が半ば脅すような口調で女を問いつめました。");n();
t("女はすこしとまどったそぶりで一瞬黙り込みましたが覚悟を決めたらしくて「週に二、三回くらいです。多いときは毎日してます」とはっきりとした口調で答えました。");n();
t("「いつもどうやってなさってるんですか、いつもやってるように今すぐ僕の目の前でやっていただけませんか」と男がやけに丁寧な口調で女に頼むのを聞いて私は男の下心が見えてきました。");n();
t("女が冷やかしで面接を受けに来たのかオナニーを目の前でやらせて確かめようと言うのが男の魂胆だと確信しました。");n();
t("「いやならやらなくてもいいんですよ。その代わりに面接はこれで終了と言うことにします。それは分かってますよね」と男が丁寧な言葉遣いを続けながらも女を脅しているのがはっきりと分かりました。");n();
t("「分かってます」と女が答えると、ソファーに座ったまま足を左右に開いて片方の手をスカートの上から敏感な所に押し当てました。");n();
t("ゆっくりと指先を押し回すと次第に女の眉がゆがんで口も半開きのみっともない表情に変わるのが見えました。");n();
t("「いつもと同じ用にやって下さいと言ったはずですよ」と男がさらに注文を出すと女は頷きながらもう一方の手で胸を揉み始めました。");n();
t("女の口元からかすかに「");c_count=0;
n();
t4183();
t("」と甘い声が漏れてくると男が「今何が欲しいのかちゃんと言いなさい、奥さん何が欲しいんですか」と女を責め立てました。");n();
t4124();
t("女はもう男には逆らえないとあきらめたのか大きな声で「");c_count=0;
n();
t4128();
t("」と叫んだので私は男の面接のテクニックにすっかり感心してしまいました。");n();
}
function t2364(){
c_l("2364");
t("「では、体を見させてもらえますか、全部脱いで下さい」と男に言われて女性が服を脱ぎ始めました。");n();
t("ビデオカメラの前で服を脱がされるなんていったいなんの面接なのかしらと私は気になって液晶テレビの画面から目が離せませんでした。");n();
t("スカートとブラウスを脱いでストッキングと下着だけの姿になってカメラの前で一回りした女性を見て、私はなるほどと思えてきました。");n();
t("普通の女性が身につけるとは思えないような派手なデザインの下着やストッキングは水商売の女性の好んで着る下着にしか見えませんでした。");n();
t("見た目も女らしい顔つきでその上、肉付きがふっくらとしていて、胸もお尻も大きくて女らしい体は男性を喜ばせる仕事にはぴったしの体型でした。");n();
t("「いい体してますね、顔も体もデリヘルで働くには理想的ですね」と男の声が聞こえて私はやっぱり風俗の面接なんだと分かって胸がどきどきしてきました。");n();
t("私が将来デリヘルで働くなんて絶対にあり得ない話。");n();
t("だけど私だってお金に困ってどうにもならなくなったらデリヘルで働くしか方法がなくなるっていうのは絶対無いとは言い切れません。");n();
t("それに私はデリヘルで女の子が客の男性と何をするのか、お客さんに喜んでもらうにはどんなサービスをすればいいのかそれくらいの事は知っておいてもいいはずです。");n();
}
function t2365(){
c_l("2365");
t("この後面接を受けた女性がどうなるのかと思っていると、男の声で「じゃあ、さっそく実地のテストをしますからね、自分がデリヘル嬢になったつもりで僕がお客さんだと思ってサービスしてもらいますからね」と聞こえて来たのでこれは是非とも見ておかなければいけないと思いました。");n();
t("「今すぐですか」と女性がとまどった声で聞き返したあと、思い詰めたような声で「はい」と答えたのを聞いて私は不安な気持ちで画面を見続けました。");n();
t("画面が切り替わってホテルの浴室の中らしい場所が液晶テレビに映し出されました。");n();
t("ゆったりとして大きめの浴槽は普通のホテルの浴槽ではなく、ラブホテルの浴槽らしいとなんとなく分かりました。");n();
t("最初に浴室に入ってきたのはさっきからインタビューをしていた男らしくて中年のおなかのでっぱった不格好な体つきでした。");n();
t("そのあとから下着も脱いで全裸になって髪の毛を結ったさっきの女性が浴室に入ってきました。");n();
t("これからいよいよデリヘルのサービスが始まると思うとビデオの画像を見ていてどきどきしてきました。");n();
t("デリヘルですることになってる「本番」とはどんなことなのか一度見ておいた方がいいと思って私はずっと画面を注視し続けました。");n();
t("男は浴室の縁に腰を掛けると、大きく又を開いて座り直しました。");n();
t("私は男の股間に大きくそそりたった物を見て思わず息をのみました。");n();
t("普通のビデオだったらモザイクが入って見えないはずの物が、はっきりと画面に映し出されて私は思わず「ぁっ」と声を出してしまいました。");n();
t("このビデオはどうやら裏ビデオだったらしくて私は心の中の戸惑いが隠せませんでした。");n();
t("不気味なほど大きくそそり立って先が奇妙な形をした物は私が想像していたのとは全く違っていました。");n();
h("女友達");
t("もビデオに映った物に驚いたらしくて目を丸くして画面を見つめていました。");n();
}
function t2366(){
c_l("2366");
t("急にドアをたたく音がしたので、とりあえずビデオを止めてから私がドアを開けて誰が来たのか確かめて見ました。");n();
t("ドアの外には派手な感じの若い女性が二人立っていてるのが見えました。");n();
t("二人ともスカートの丈が極端に短くて、胸元の大きく開いたスケスケのブラウスの下には紫色のブラジャーのレース模様がはきっりと見えていました。");n();
t("一人がドアの取っ手をつかんで開けながら「遅くなってごめんなさい、呼んだでしょう」と私に話しかけてきました。");n();
t("私はすぐには何のことか分からなくて「呼んでませんけど」とだけ答えました。");n();
}
function t2367(){
c_l("2367");
t("すると女は急にドアを押し開けると「男と一緒でしょう、私らの商売のじゃましないでくれる」と怒鳴り散らしながら部屋に入ってきました。");n();
h("女友達");
t("があわててビデオの画面を消そうとしましたが女が");h("友達");
t("の手からビデオのリモコンを取り上げました。");n();
}
function t2368(){
c_l("2368");
t("「このビデオに映ってるのはあんたでしょう、あんたここで客をとってるんでしょう、このビデオが証拠よ」と女が言い出したので");h("女友達");
t("は慌てて「違います、そうじゃないんです」と言い訳をしようとしました。");n();
t("しかし女は「これはあんたに間違いないでしょう、しらをきってもちゃんと分かってるのよ。とぼけるんじゃないわよ」と怒鳴り返してきました。");n();
}
function t2369(){
c_l("2369");
t("今度はベッドの上で女が大きく足を開いてその上から男が体を重ねている場面が映し出されました。");n();
}
function t2370(){
c_l("2370");
t("部屋いっぱいに「");c_count=0;
n();
t4165();
t("」と大声で叫ぶ女の声が響いて私は耳をふさぎたくなりました。");n();
}
function t2371(){
c_l("2371");
t("浴室で女が男に");h("フェラチオ");
t("をする場面が映し出されました。");n();
}
function t2372(){
c_l("2372");
t("ビデオの画面が早送りされると");c_count=0;
n();
t2371();
t("女がリモコンを操作すると");c_count=0;
n();
t2369();
t("女がスピーカーの音を大きくしたらしくて");c_count=0;
n();
t2370();
}
function t2373(){
c_l("2373");
t("もう一人の女は部屋の浴室を確かめて、誰か隠れていないのか探しているみたいでした。");n();
t("「男は何処に隠したの、この部屋にいないなら何処にいるのよ」と女が大声で");h("女友達");
t("を問いつめました。");n();
h("女友達");
t("はさっき先に帰った友達の男の子の事だとおもったらしくて「もうとっくに帰りましたけど」と答えました。");n();
t("「あんたら、新顔ね、勝手に商売していいと思ってるの、なんのつもり」と女が怒鳴り声をあげると");h("女友達");
t("にベッドに押し倒しました。");n();
h("女友達");
t("を助けようと一歩踏み出したとき、私の体ももう一人の女に体ごとベッドに押し倒されてしまいました。");n();
t("私が女の体を押しのけようとして両手を女の肩にあてがうと女は私の手首をつかんでねじり上げてきました。");n();
t("女は手慣れた手つきで私の両方の手首をつかんで私の頭の上でしっかりと押さえつけました。");n();
t("私はベッドの上で女に体ごとのしかかられて身動きができなくなりました。");n();
t("女の唇が私の唇に重ねられると、私の口を吸い込もうとしてきました。");n();
t("私が頭を横に振って顔をそらすと、女の手が私のあごをしっかたとつかんで顔を女の方に向けさせました。");n();
t("女の唇が私の唇の上にしっかりと重ねられると女の舌先が私の口の中をまさぐり始めました。");n();
t("私は頭の中に血が上ったように熱くなると、体の力が抜けていきました。");n();
t("女の舌が私の口の中で動きながら私の口を強く吸い込んでくるので私は息が苦しくて目眩がしてきました。");n();
t("目の前が急に暗くなって気絶しそうになったとき、女は私の唇から顔を上げると私の顔をまじまじと見つめました。");n();
t("「可愛い顔してるじゃないの、真面目そうだし、いいからだしてるし、本気で男に惚れるタイプよね、デリヘル女にはぴったしよ」と女に言われて私は何がなんだか分からなくなりました。");n();
t("女は体を起こすと、私の足下にしゃがみ込んで私の両方の足首をしっかりと掴みました。");n();
t("そのまま女が私の足首を私の肩につくまでひっぱりあげると、私は恥ずかしい格好で");h("大陰唇");
t("が女の目から丸見えになりました。");n();
t("女は私の");h("大陰唇");
t("に顔を寄せると、舌先をぬっぺりと這わせてきました。");n();
t("私の耳元で");h("女友達");
t("の「");c_count=0;
n();
t4183();
t("」という喘ぎ声が聞こえて、私は");h("女友達");
t("も私とそっくり同じ目に遭わされているのに気がつきました。");n();
t("いったいなんでラブホテルでこんな目に遭わされるのか、私には訳が分かりませんでした。");n();
t("女は舌先を私の");h("膣");
t("の中に差し入れると、さっきと同じように唇で吸い付けてきました。");n();
t("不意に女が私の体から手を離すと「こっちの女は、中出しされてないわ、そっちの女はどう」ともう一人の女に声を掛けました。");n();
t("「こっちも、中出しはまだね、あれの味は上の口も下の口もしなかった」と女が返事をしたので私はびっくりしてしまいました。");n();
t("女達がしていたのは私と");h("女友達");
t("が男に中出しされているかのチェックだったらしいと分かって腹が立ってきました。");n();
t("女達は私と");h("女友達");
t("がデリヘルの客の男に中出しされていないのを確かめればそれで気が済んだらしくて、すぐに部屋から出て行きました。");n();
}
function t2374(){
c_l("2374");
h("女友達");
t("はビデオを止めると急に泣き出しました。");n();
t("「私怖かった本当に怖かったの」と");h("女友達");
t("が泣きながら訴えるので私は");h("女友達");
t("の背中を繰り返しなで続けました。");n();
h("女友達");
t("は嗚咽を繰り返すと急に私に抱きついてきました。");n();
t("二人でベッドの上に倒れ込むと、");h("女友達");
t("の唇が私の唇の上に重なってきました。");n();
h("女友達");
t("を慰めるには普通の方法ではだめだと私は心を決めました。");n();
t("私が舌を");h("女友達");
t("の唇の間に差し入れると、舌先が");h("女友達");
t("の舌と絡まり合って甘い香りが口の中に広がりました。");n();
t("今はともかく");h("女友達");
t("の気持ちを落ち着かせるのが先だと思って、私は");h("女友達");
t("の胸を手の平でそっと包み込むようにして掴んでゆっくりと揉み続けました。");n();
h("女友達");
t("は体を捩らせながら、私の体にしっかりとしがみついてきました。");n();
t("私が指先を");h("女友達");
t("の");h("大陰唇");
t("にそっと押し当てると、たっぷりと濡れた感触が指先にからみついてきました。");n();
}
function t2375(){
c_l("2375");
t("不意にドアを叩く音がして私ははっとして");h("女友達");
t("から体を離しました。");n();
t("私はさっきみたいな事になるといやだと思ってドアを開けずに黙っている事にしました。");n();
t("何度かドアを叩く音がしたあと、急に鍵を開ける音がするとドアがあいて男が二人入ってきました。");n();
t("二人とも体つきのがっしりとしたお腹の出た中年男で怖くてとても目をあわせられませんでした。");n();
t("「お前らか、勝手に商売してるデリヘル女は」と男が言い出したので私は怖くて返事ができませんでした。");n();
h("女友達");
t("が「違います、私たちそんなんじゃありません」とやっとの事で男に返事をするとまた急に泣き出してしまいました。");n();
t("男は液晶テレビに歩み寄ると、リモコンを操作してさっき私達が見ていた面接のビデオの最初の場面を映し出しました。");n();
t("「ここに映ってるお前だろう、しらばっくれるのもいい加減にしろ」と男に怒鳴りつけられて私はやっとなぜ男達が部屋にやってきたのか理由が分かりました。");n();
t("さっき部屋に来た二人組の女がビデオの事をこの男達に告げ口したに違いありませんでした。");n();
t("このラブホテルはデリヘル女がいつも使っているラブホテルでそのせいで私たちもデリヘル女に間違えられたらしいとなんとなく分かってきました。");n();
t("「お前借金で首が回らないんだろう、借金いくらあるんだ」と男に聞かれて");h("女友達");
t("は「私借金なんかありません」とおびえた声で答えました。");n();
t("「借金は嘘か、借金で首が回らないと嘘を並べて、デリヘルの面接受けたんだな。そんなにデリヘルで働きたいのか。いい根性してるぜ」と男に言われて");h("女友達");
t("は泣きながら首を何度も横に振りました。");n();
t("「そんなにデリヘルで働きたいなら、うちの店で働かせてやるぜ、うちは中出し厳禁だから安心して働けるからな」と男に言われてなるほどさっきの二人組の女が中出しチェックをした理由が分かってきました。");n();
t("「そんなんじゃないんです」と");h("女友達");
t("がかすれた声で言い返すと男は「だいじょうぶ、客はいくらでも紹介してやるぜ、うちの客はみんな遊びなれた常連客ばかりだからな、たっぷり楽しめるぜ。男と遊びたいんだろう、毎晩五人でも十人でも好きなだけ遊べるんだぜ」と男に言われてしまいました。");n();
t("「男と遊びたいからデリヘルで働きたいんだろう、男が大好きなんだろう。そうなんんだろう」と男に念を押されて");h("女友達");
t("は返事ができずに黙ったまま下を向いていました。");n();
t("このままではデリヘルで働かされてとんでも毎晩客を取らされる事になると分かって私は自分だけでも逃げるしかないと心を決めました。");n();
t("私は男が");h("女友達");
t("と話を続けている隙に逃げ出そうとドアに向かって駆け出しました。");n();
t("もう一人の男が私の足を引っかけると、私は床に倒れこんんで膝を床にぶつけてしまいました。");n();
t("「おいおい、客を置いたまま逃げ出したりしていいと思ってるのか」と男が怒鳴りつけるとすぐに私の体を抱き上げてベッドの上に押し倒してきました。");n();
t("「デリヘル女が客にどうやってサービスしたらいいのか、今夜一晩たっぷり実地で教えてやるぜ、その後は二人とも俺の店で働くんだ」と男が言い出したので私は怖くて体が震えてきました。");n();
t695();
t4450();
}
function t2376(){
c_l("2376");
t("私は女の背格好が");h("女友達");
t("によく似ているのであれっと思って女の顔をよくよく確かめてみました。");n();
t("お化粧が濃いので");h("女友達");
t("とはあまり似ている印象はありませんでしたが、顔立ちはそっくりで目と唇の輪郭は");h("女友達");
t("とうり二つでした。");n();
t("私は今見ているビデオに映っている女が目の前のこの女と同じ人物らしいと気がついてはっとしました。");n();
t("だとすると、この女は風俗かなにかの怪しい商売をしている女だと言うことになります。");n();
t("なぜこの女がたった今私たちの部屋に訪ねて来たのか理由は分かりませんでしたが偶然にしては不思議な気がしました。");n();
t("「部屋を間違えました」とだけ言って女達が帰ったので、私は");h("女友達");
t("のいるベッドの前に戻りました。");n();
t("「誰が来たの」と");h("女友達");
t("に聞かれて私は「知らない人。部屋を間違えたみたい」とだけ答えて女がこのビデオに映っている");h("女友達");
t("そっくりの女らしいとは伝えませんでした。");n();
h("女友達");
t("はビデオの続きがみたいらしくてさっそくリモコンの再生ボタンを押してビデオの再生を続けました。");n();
}
function t2377(){
c_l("2377");
t("不意にドアの鍵が開く音がして、男が二人入ってきたので私はびっくりして男を見つめました。");n();
t("さっきまで一緒にいた");h("女友達");
t("の彼氏と");h("男");
t("とは全然別の人で、なぜ部屋の鍵を勝手に開けて入ってきたのか理由が分かりませんでした。");n();
t("男達は私と");h("女友達");
t("が下着しか着ていないのを見ていやらしい顔で微笑むと部屋の奥のベッドの前まで入ってきました。");n();
t("私は恥ずかしくて何か身につける物を探しましたが、私が着ていた服はテーブルの上に載せていて手が届きませんでした。");n();
t("「いや、待たせたね。ちょっと買い物に行っていて遅くなったんだ」と男に言われて私は「はぁ」とだけ声を出してその後の言葉が続きませんでした。");n();
t("男は");h("女友達");
t("の顔まじまじと見つめると「いや、ビデオより全然可愛いじゃないか、年も若く見えるし、高い金払ったんだかからたっぷりサービスしてもらおうか」と言い出しました。");n();
t("男の言うサービスがなんの事なのか私には訳が分かりませんでした。");n();
t("「借金があるなんて嘘なんだろう、本当は旦那が構ってくれないから男が欲しくてデリヘルで働いてるんだろ」");n();
t("「毎晩好きなだけ男とセックスできるんだから、男好きの女にはデリヘルは天国だからな」と男が");h("女友達");
t("に話しかけてきました。");n();
t("私はすぐには男の言ってることが分かりませんでしたが");h("女友達");
t("は何が起きたのか理解したらしくて困った顔をしていました。");n();
t("「お客さんもこのビデオ見たんですか」と");h("女友達");
t("がそれとなく男に尋ねると男は「もちろん、ビデオを見て気に入ったから呼んだんじゃないか」と言いながら服を脱ぎ始めました。");n();
t("裸になった男の体は胸板が厚くて体格がよく、見ているだけで心臓がどきどきしてきました。");n();
t("男が私の方に向き直ると、男の股間に大きく上を向いてそそり立った物が目に入ってきて私は思わず目をそらせました。");n();
t("「金はもう払ってあるからな」と男にもう一度念を押されて私はやっと男がなぜ部屋に入ってきたのか見当がつきました。");n();
t("男達は私達の前にこの部屋に居たラブホテルの客で、デリヘル面接のビデオの画像を見て");h("女友達");
t("そっくりのデリヘル嬢を呼んだのです。");n();
t("それでデリヘル嬢が来る前に買い物に出かけて、デリヘル嬢が来たときには私たちが部屋にいたという訳です。");n();
t("そして買い物から帰った男達が部屋にいる私と");h("女友達");
t("を自分たちが呼んだデリヘル嬢だと勘違いしたという事になります。");n();
t("このままでは私と");h("女友達");
t("が男達に何をされるか分からないと思うと私は怖くて体が小刻みに震えだしました。");n();
}
function t2378(){
c_l("2378");
t("なんとかしてこの部屋から逃げ出さないと大変な事になる、そうは思ってもどうやって逃げ出したら良いのかいい考えが思い浮かびませんんでした。");n();
t("「今お風呂の支度しますね」と言うと");h("女友達");
t("が私の手を取ってバスルームの前まで歩み寄りました。");n();
h("女友達");
t("がバスルームのドアを開けると「");h("私の愛称");
t("逃げるのよ」と言ってドアの方に駆け出しました。");n();
}
function t2379(){
c_l("2379");
t("私も慌てて");h("女友達");
t("の後を追って走り出そうとしましたが足がもつれて床に倒れ込んでしまいました。");n();
t("部屋のドアを開けて外に逃げ出そうとしていた");h("女友達");
t("が私に振り返ると「");h("私の愛称");
t("大丈夫」と言いながら私に声を掛けてきました。");n();
t("「私はいいから、");h("女友達の愛称");
t("早く逃げて」と言いながら私は立ち上がろうとしましたが倒れるとき膝を打ち付けて、痛くてすぐには起きあがれませんでした。");n();
h("女友達");
t("が私を助けようと部屋の中に戻ったとき男が駆け寄ってきて私の両足をしっかりと掴みました。");n();
h("女友達");
t("が慌てて部屋から出ようとしましたが、もう一人の男が駆け寄って");h("女友達");
t("をしっかりと抱きしめて逃がしませんでした。");n();
t("「金だけ取っておきながら、逃げ出すなんて良い根性してるじゃないか。たっぷりかわいがってやるぜ」と男が大声が怒鳴るのが聞こえて私は怖くて体が震えてきました。");n();
t("男達は私と");h("女友達");
t("をベッドに押し倒すと、すぐに私達の上に体を重ねてきました。");n();
t704();
t4439();
}
function t2380(){
c_l("2380");
t2355();
t2358();
t2359();
t2360();
t2361();
t2362();
t2364();
t2365();
t4();
t2366();
t2367();
t2368();
t2372();
t2373();
t2374();
t4();
t2375();
}
function t2381(){
c_l("2381");
t2355();
t2358();
t2359();
t2360();
t2361();
t2362();
t2366();
t2376();
t2363();
t2364();
t2365();
h("女友達");
t("はビデオの先をみたいらしくてリモコンを操作すると、画面を早送りさせました。");n();
t("液晶テレビの画面には");c_count=0;
n();
t2371();
t("私はデリヘルではこんなことまでするんだと分かって見ているだけで怖くなりました。");n();
h("女友達");
t("がさらにビデオを早送りすると");c_count=0;
n();
t2369();
t2370();
t4();
t2377();
t2378();
t2379();
}
function t2382(){
c_l("2382");
t("デュエットで歌いたいと男の子達が言うので、");h("女友達");
t("が彼氏と歌い始めましたがなんだか様子が変でした。");n();
t("彼氏が");h("女友達");
t("のお尻に手をあてがって撫で回すように手のひらを動かしているのがはっきりと見えました。");n();
h("女友達");
t("はお酒に酔っているせいか、目つきがぼんやりとしてなんだか変な顔付きでした。");n();
t("私が");h("男");
t("とデュエットをする番になると、");h("男");
t("はすぐに私のお尻に手をあてがって撫で回してきました。");n();
t("くすぐったい感触が私のお尻を包み込むと、私は電車の中で痴漢に遭ってるような気分になって足が震えてきました。");n();
t("デュエットの曲が終わると、");h("男");
t("は私の体を抱き寄せて唇を寄せてきました。");n();
t("私が顔をそらさないのを確かめると");h("男");
t("の唇が私の唇にそっと触れてきました。");n();
t("微かに震える私の体を両手でしっかりと抱きかかえると、強く抱きしめながら");h("男");
t("の舌が私の唇の間から入ってきました。");n();
t("私は頭がかっと熱くなって目眩がしてきてとても立っていられませんでした。");n();
}
function t2383(){
c_l("2383");
t("「服を脱いだ方がいいから、手伝ってあげるよ」と男の子達に言われて私は困った事になったと思いましたが、せっかく親切に言ってくれたので断れませんでした。");n();
h("女友達");
t("の彼氏が");h("女友達");
t("の服を脱がせて下着だけの姿にすると");h("男");
t("も私の服を脱がせ始めました。");n();
t("私は恥ずかしくて体に火がついたように熱くなりましたが体が重くて");h("男");
t("にされるままになるしか仕方ありませんでした。");n();
}
function t2384(){
c_l("2384");
h("女友達");
t("の彼氏はシャツを脱いで上半身裸になると");h("女友達");
t("が寝ているベッドの端に腰掛けました。");n();
h("女友達");
t("が口を半分開いて舌で自分の唇をなめて誘うと、");h("女友達");
t("の彼氏が体を屈めて");h("女友達");
t("にキスをするのが目に入りました。");n();
h("男");
t("もそれを見て私のすぐ横に座ると「");h("私の愛称");
t("とってもすてきだよ、本当に綺麗だ」と私を口説きはじめました。");n();
t("男が女を口説くときは調子のいい言葉を並べているだけで、本気でそう思っている訳ではないのはよく分かっていましたが、");h("男");
t("に口説かれて悪い気はしませんでした。");n();
t("「");h("男");
t("も男らしくってとっても素敵ですよ」と私が返事をすると");h("男");
t("はそれがオッケーのサインだと思ったらしくて顔を寄せて私の唇を奪いました。");n();
h("男");
t("の唇が私の唇に重ねられたまま動こうとしないので、私は自分から口を開いて舌先を突き出しました。");n();
h("男");
t("の舌が私の口の中に入ってくると、私は嬉しくて涙がこぼれてきました。");n();
t("舌を絡ませながら");h("男");
t("の手が私の脇腹をそっと撫で始めたので、私は心地よい感触に耐えきれずに思わず体を捩りました。");n();
}
function t2385(){
c_l("2385");
t("不意に「");c_count=0;
n();
t4183();
t("」とすすり泣くような");h("女友達");
t("の喘ぎ声が私の耳元に響いてきて私ははっとして");h("女友達");
t("の様子を確かめました。");n();
h("女友達");
t("は下着も全部脱がされて丸裸になって、その上に");h("女友達");
t("の彼氏が体を重ねているのがはっきりと見えました。");n();
h("女友達");
t("は両手で彼氏の背中にしっかりとしがみつくと、自分から腰を上下に揺すっていました。");n();
t("彼氏が腰を上下に振って");h("女友達");
t("を責めるたびに私の耳元には「");c_count=0;
n();
t4165();
t("」と");h("女友達");
t("の喘ぐ声が響いてきました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("が大好きな彼氏にかわいがってもらって今どんなに幸せなのか、");h("女友達");
t("の気持ちに共感して体が熱くなってきました。");n();
t("私が体を捩って");h("男");
t("を誘う仕草をしてみせると、");h("男");
t("の指が私の");h("下着");
t("の上から敏感な所をそっとなでてきました。");n();
h("男");
t("の指先が微かに震える度に私の体はまるで電流をながされたようにピンクと震えて止まらなくなりました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("がして欲しいことをなんでもしてあげるよ、して欲しいことを言ってごらん」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私には");h("男");
t("が私の気持ちを分かっていながら、わざと私に言わせたいのだとすぐ分かりました。");n();
t("私が「お願い早くして」と");h("男");
t("におねだりすると");h("男");
t("は「");c_count=0;
n();
t4224();
t("」と言いながら体を重ねてきました。");n();
t4439();
}
function t2386(){
c_l("2386");
t2384();
t2385();
}
function t2387(){
c_l("2387");
t("不意に「ああ、だめー、許してーー」と");h("女友達");
t("が大声で叫ぶ声が聞こえてきて私は声の方向を確かめました。");n();
h("女友達");
t("がソファーに横になって足を広げた間に、彼氏が腰を落として繰り返し上下に動かしているのが目に入りました。");n();
t("「ぁぁ、ああーん、だめー」とまた");h("女友達");
t("が大声で叫ぶ声を聞いて私は体中が熱く燃え上がって汗が噴き出してきました。");n();
t("何度も繰り返し叫んだ後に、今度は甲高い声で「");h("女友達の卑称");
t("逝く、逝っちゃうーー」と");h("女友達");
t("が泣き叫ぶのが聞こえてきました。");n();
t("私もう自分でも我満でしきれなくて");h("男");
t("にしがみついて自分の胸の膨らみを");h("男");
t("の胸板に押しつけて体を捩らせました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("。いいんだね。");h("私の愛称");
t("も俺の");h("男性性器の愛称");
t("が欲しいんだね」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
h("男");
t("の右手が私のお尻を撫で回すと、もう一方の手が私の胸を掴んで揉みながら揺さぶってきました。");n();
t2347();
}
function t2388(){
c_l("2388");
t4();
t515();
t2390();
t2303();
t2304();
t2305();
t2306();
t4();
t2307();
t2308();
t2309();
t2392();
t4();
t2322();
t2389();
}
function t2389(){
c_l("2389");
as2389=new Array("2323","2332","2346","2342");
e_l(as2389);
}
function t2390(){
c_l("2390");
t(" 夕方になって、夕ご飯の買い物をしようと駅前のスーパーに出かけました。");n();
t("今夜は何にしようかとスーパーの陳列棚をあれこれ眺めているとすき焼き用牛肉半額のシールが目に入りました。");n();
t("これはちょうどいいと思って、牛肉のパックを買い物籠に入れると白菜にネギに椎茸にほうれん草とすき焼きの材料を一通り買いそろえました。");n();
}
function t2391(){
c_l("2391");
as2391=new Array("2394","2395");
e_l(as2391);
}
function t2392(){
c_l("2392");
h("男");
t("がふと私の後に立って体を押しつけてきました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("と今日出会えて、僕は本当に幸せだよ。");h("私の愛称");
t("は女らしくてスタイルもいいし僕の理想の女性だ。こんなにすてきな女性と出会えたのは生まれて初めてだよ」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきたので、私はやったーと思いました。");n();
t("男性に口説かれるのは女にとっては最高に幸せな事。");n();
t("たとえ");h("男");
t("の言っている言葉が全部嘘でも、全部本当だと思いこみたくなるのが女心というもの。");n();
h("男");
t("の手が私の脇腹をそっと撫で上げると、私は思わず足が震えてきました。");n();
t("ここで");h("男");
t("に逆らったりしたらなにもかもが台無しになってしまうと思って私は「私も");h("男");
t("に出会えてとても幸せです」とやっとの事で答えました。");n();
}
function t2393(){
c_l("2393");
t("「");h("私の愛称");
t("。僕が今夜");h("私の愛称");
t("を幸せにしてあげるよ。すき焼きを作ってくれたお礼に僕ができることはそれしかないから」と");h("男");
t("に言われて、私はいくらなんでも今日であったばかりなのにその日のうちに男と女の関係になるなんて早すぎると思いましたが、このチャンスを逃したら、次のチャンスは永久にないかもしれないと思い直しました。");n();
t("「私も");h("男");
t("と一緒にいるだけで最高に幸せです」と私が");h("男");
t("に答えると");h("男");
t("は何も言わずに私の胸に手を伸ばして下から持ち上げるようにしてそっと揺さぶってきました。");n();
t("私は");h("男");
t("に何をされてもいいと覚悟を決めて、目をつぶって");h("男");
t("の手の動きに神経を集中させました。");n();
}
function t2394(){
c_l("2394");
t("フライパンを洗って戸棚にしまったあと、食器を洗っていると");c_count=0;
n();
t2392();
t2393();
t4441();
}
function t2395(){
c_l("2395");
t("一通り後かたづけも終わって私が帰ろうとすると「面白いビデオがあるので見ていかないか、");h("私の愛称");
t("が大好きな恋愛物なんだ、それも熱々の大恋愛なんだよ」と言って");h("男");
t("が私を引き留めました。");n();
t("「本当ですか、恋愛物なら大好きですけど」と返事はしたものの、私はどんなビデオなのか何だか心配な気がしてきました。");n();
t("テーブルにインスタントコーヒーの瓶があるのを見つけて「コーヒー入れますね」と");h("男");
t("に声をかけると");h("男");
t("はノートパソコンをテーブルの上に広げてスイッチを入れました。");n();
t("すぐにパソコンのスピーカーから女性の甲高い悲鳴が聞こえてきて私ははっとして画面を確かめました。");n();
t("女子高生らしい女の子が男達に囲まれて、恥ずかしい格好をさせられているのが見えて私は思わず目をそらせました。");n();
h("男");
t("が私に見せたのはアダルトビデオに間違いありませんでした。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("は熱々の危ない体験が大好きなんだってさっき言ってたよね、");h("私の愛称");
t("も女子高生の時、こんな目にあったことあるんだろ。でなければこんなビデオが大好きなはずが無いからな」と");h("男");
t("が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私はどう返事をしていいのか言葉に困って「まあ、そうですね。いえ。そんな意味じゃなくて」と曖昧に答えました。");n();
t("「やっぱりそうなんだね」と");h("男");
t("が言うと私の体を押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t2396(){
c_l("2396");
as2396=new Array("2397","2398");
e_l(as2396);
}
function t2397(){
c_l("2397");
t2220();
t2399();
t2403();
t2404();
}
function t2398(){
c_l("2398");
t2220();
t2399();
t2403();
t2404();
}
function t2399(){
c_l("2399");
as2399=new Array("2400","2401");
e_l(as2399);
}
function t2400(){
c_l("2400");
t2224();
t2402();
}
function t2401(){
c_l("2401");
t2226();
t2402();
}
function t2402(){
c_l("2402");
v["持ち物"]="SMショーの切符";
t("店の中は薄暗くて、丸いテーブルが並んでいました。");n();
t("中央には舞台があり、音楽にあわせて数人の女性が踊っていました。");n();
t("すぐに店員の一人が出迎えると、私達が女の子二人だけなので「お待ち合わせですか」と聞かれました。");n();
h("女友達");
t("は「いいえ」と答えると、店員は嬉しそうな顔をわざとしてみせると、良い席がありますからと店の奥に案内してくれました。");n();
t("店員は私達を舞台のすぐ前の席まで連れてくると「ここならショーがよく見えます」と言って座らせてくれました。");n();
t("すぐ目の前で踊る女の子の手がぶつかりそうになるほど近くでした。");n();
h("女友達");
t("はメニューを渡されてまたお酒を何か頼んでいました。");n();
}
function t2403(){
c_l("2403");
t("音楽が終わると、舞台には鞭を持った");h("オトコ");
t("が登場して場内は静まり返りました");n();
h("オトコ");
t("は鞭をしならせて床に何度もたたきつけました。");n();
t("私達の隣のテーブルの女性の手をつかむと、舞台にひきづりあげて、四つん這いにさせてお尻を鞭で叩き始めました。");n();
t("私はいったいなにが始まったのか分からなくて、あっけにとられていました。");n();
}
function t2404(){
c_l("2404");
t("すると隣の席の男性が二人「こうゆうショーは初めて見るの?」と声をかけてきました。");n();
t("「調教されたいなら、紹介してあげるから、舞台にあがってみない?」と声をかけられ、私はようやくSMの調教ショーとか言うのが始まったのに気が付きました。");n();
h("女友達");
t("は「お願いします」と返事をしたので私はびっくりして。");n();
t("「この人よっぱらってますから、だめです本気にしないで下さい」と慌てて");h("女友達");
t("の言葉を遮りました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("は「私本当に調教されたいんです、本当です」と半分泣き出しそうになっていました。");n();
t("私はようやく");h("女友達");
t("をなだめてそとに出ました。");n();
}
function t2405(){
c_l("2405");
t4();
t515();
t2406();
t2407();
t2645();
}
function t2406(){
c_l("2406");
t("渋谷のハンズに買物に行った後、ゲームセンターをのぞいてみました。");n();
t("しばらくあちこち見てあるくと人だかりのしている場所がありました。");n();
t("男の子");v["男"]="男の子";
t("が一人で座っていてなにかのゲームをしていました。");n();
t("ずいぶん上手らしいのが見ていてわかりました。");n();
t("やがて");h("男");
t("は手を安めると私に話しかけてきました。");n();
}
function t2407(){
c_l("2407");
t("「もっと面白いのがあるから一緒にこないか」という話しでした。");n();
t("私は");h("男");
t("についていきました。");n();
}
function t2408(){
c_l("2408");
t4();
t2410();
t4();
t2415();
t2416();
t294();
t2417();
}
function t2409(){
c_l("2409");
t4();
t2410();
t4();
t2415();
t2416();
t294();
}
function t2410(){
c_l("2410");
as2410=new Array("2411","2412");
e_l(as2410);
}
function t2411(){
c_l("2411");
t3705();
t3706();
}
function t2412(){
c_l("2412");
t3707();
t3709();
}
function t2413(){
c_l("2413");
t("授業の時は、みんな素敵なテニスウェアを着てくるようになりました。");n();
t("私もジャージでは恥ずかしいのでお金がなかったのですが、無理してテニスウェアを買いました。");n();
t("運動靴もからなずテニスシューズを履くように言われて、これも一番安いのを買いました。");n();
t("テニスの授業が始まって3回目くらいに女の子の一人が厚底のテニスシューズを履いてきました。");n();
t("厚底のテニスシューズでテニスなど出来るのかしらと思っていると、どうにか足がもつれそうになりながら授業に出ていました。");n();
t("授業の最後に体育の先生から「厚底のテニスシューズではあまり運動ができないでしょう」と注意を受けました。");n();
t("次の授業の時、別の女の子がまた厚底のテニスシューズを履いてきました。");n();
t("今度は体育の先生はとても怖い顔をしていて「今日はテニスはしません。全員でマラソンします」と言い出しました。");n();
t("テニスコートの横の裏口から出て、大学の周りを一周して戻ってくるようにとの指示がありました。");n();
t("女の子達は不満な声を上げましたが体育系のクラブの女の子達はかえっていい練習になると喜んで走り出しました。");n();
t("しかたなく私も裏門から大学の外に走り出しました。");n();
}
function t2414(){
c_l("2414");
t("ようやく半分くらい走ったとき、歩道の敷石につまずいて転んでしまいました。");n();
t("その瞬間に右の足首を捻って痛みが走りました。");n();
t("私は座り込んだまま動けなくなりました。");n();
t("友達はもうみんな先を走っていて私の周りにはもう誰もいませんでした。");n();
t("どうしようかと思っていると私のすぐ近くに車が止まりました。");n();
t("男の子が二人車から降りるとすぐ病院に連れて行くからと言って車に乗せてくれました。");n();
t("しばらく車が走って止まるとそこは近くの墓地の真ん中でした。");n();
t286();
t681();
t4544();
}
function t2415(){
c_l("2415");
h("女友達");
t("といっしょに、");h("女友達");
t("のお父様が教授をしている大学のテニスコートにいきました。");n();
t("大学に着くとお父様の研究室の職員の技官の一人が私達を出迎えてくれました。");n();
t("「いつもお世話になっています」と私達は丁重に扱われて私はびっくりしました。");n();
t("私達が更衣室で着替えを済ませると、テニスコートまで荷物を持って案内してくれました。");n();
t("テニスコートには、学生らしい男の子たちが大勢でテニスをしていました。");n();
t("私達を案内してくれた技官がテニスをしている男の子たちに何か話しているようでした。");n();
t("しかし、なにか言い争いをしているようで技官は一度私たちのほうに戻ってきました。");n();
t("それから「少しまってくれませんかすぐどかせますから」と言うとどこかに行ってしまいました。");n();
t("しばらく立って技官は守衛さんと戻ってきました。");n();
t("守衛さんはテニスをしている男の子たちに何かいっていました。");n();
t("最後には守衛さんは男の子達をどなりつけていました。");n();
t("テニスをしていた男の子達が引き上げると守衛さんが戻ってきて、技官と少し言葉を交わして戻っていきました。");n();
t("ここは職員専用のテニスコートなので勝手に使っていた学生は追い返したとの話しでした。");n();
t("私達は二人で練習を始めました。");n();
t("何度もテニスボールを打つとすこしは上手になったような気分になりました。");n();
}
function t2416(){
c_l("2416");
t4();
t("2時間程テニスをしてから私は更衣室に戻りました。");n();
t570();
t("すると更衣室の前にはさっきの男の子たちが立ちはだかっていました。");n();
t("私は男の子達の間をかき分けて更衣室にはいりました。");n();
v["男"]="男の子";
t681();
t("すると男の子達が私の開けたドアを押さえてそのまま入ってきました。");n();
t("男の子達は明日試合で、学生用のコートが排水の工事中で使えないからこちらのコートを使ったといいます。");n();
t("「職員でもないのに大きな顔をして、テニスなどしやがって」とリーダらしい男の子がいいます。");n();
}
function t2417(){
c_l("2417");
t2418();
t4465();
}
function t2418(){
c_l("2418");
t("その男の子がなにか指図したようで、私の両腕が男の子達につかまれてしまいました。");n();
t("リーダーの男の子は私の後ろに立つと、私の両側の男の子が私に前かがみに手をつかせました。");n();
t("私のすぐ横で");h("女友達");
t("が同じ姿勢で押さえつけられました。");n();
t("テニスのラケットが私のお尻に勢いよくたたきつけられてきました。");n();
t("私が悲鳴をあげると「あなたたち、みんな退学にしてもらいます」と");h("女友達");
t("が大声でさけびました。");n();
t("「お前が一番生意気なんだ、生意気な女はお仕置きしてやるのが一番だぜ」と男の子が言うと今度はテニスのラケットが");h("女友達");
t("のお尻に思い切り強く叩きつけられました。");n();
h("女友達");
t("はもうとても逆らえないと思ったのか「お願い許して」と今度は鳴きながら頭を何度も下げ男の子達に頼みました。");n();
t("男の子がもう一度テニスのラケットを");h("女友達");
t("のお尻に叩きつけると、");h("女友達");
t("は目が白目に成って声も出せませんでした。");n();
t("男の子がテニスのラケットを振り上げては降ろすたびに喉の奥から押し殺したような");h("女友達");
t("のうめき声が私の耳に届いてきました。");n();
}
function t2419(){
c_l("2419");
t("私はあわてて着替えもせずに更衣室の裏のドアから逃げだしました。");n();
}
function t2420(){
c_l("2420");
t2419();
t2423();
t3124();
}
function t2421(){
c_l("2421");
t2419();
t2424();
t3133();
}
function t2422(){
c_l("2422");
t2419();
t2425();
v["姿勢"]="前に手をついて前かがみ";
t4441();
}
function t2423(){
c_l("2423");
t("近くの階段をかけ上がると男の子達の足音がすぐ下から追い上げてきました。");n();
t("私は必死で階段をいくつもあがると階段の上は屋上になっていました。");n();
t("そこにはもうどこにも逃げる場所はありませんでした。");n();
}
function t2424(){
c_l("2424");
t("暗い廊下の突き当りはトイレになっていました。");n();
t("私は女子トイレに必死で逃げ込みました。");n();
}
function t2425(){
c_l("2425");
t("男の子たちはすぐに私を取り押さえると廊下の奥に連れ込みました。");n();
t("そこは暗い倉庫のような部屋でした。");n();
t("まん中にある支柱に私は両手を縛り付けられました。");n();
t4542();
t("男の子の手が私の腰を後ろにいっぱいに引いてきました。");n();
}
function t2426(){
c_l("2426");
t2409();
t2417();
}
function t2427(){
c_l("2427");
t2409();
t2420();
}
function t2428(){
c_l("2428");
t2409();
t2421();
}
function t2429(){
c_l("2429");
t2409();
t2422();
}
function t2430(){
c_l("2430");
t4();
t3705();
t2413();
t2414();
}
function t2431(){
c_l("2431");
as2431=new Array("2426","2427","2428","2429","2430");
e_l(as2431);
}
function t2432(){
c_l("2432");
t4();
t2604();
t2605();
t2606();
t2608();
t2581();
t2595();
}
function t2433(){
c_l("2433");
level_up("2449");
level_up("2584");
t2487();
}
function t2434(){
c_l("2434");
level_up("2449");
level_up("2584");
level_up("2588");
level_up("2591");
t2487();
}
function t2435(){
c_l("2435");
level_up("2457");
t2487();
}
function t2436(){
c_l("2436");
level_up("2457");
level_up("2486");
t2487();
}
function t2437(){
c_l("2437");
level_up("2457");
level_up("2486");
level_up("2484");
t2487();
}
function t2438(){
c_l("2438");
level_up("2457");
level_up("2459");
t2487();
}
function t2439(){
c_l("2439");
level_up("2511");
t2502();
}
function t2440(){
c_l("2440");
level_up("2517");
t2502();
}
function t2441(){
c_l("2441");
level_up("2512");
t2502();
}
function t2442(){
c_l("2442");
level_up("2544");
t2542();
}
function t2443(){
c_l("2443");
level_up("2538");
t2520();
}
function t2444(){
c_l("2444");
level_up("2524");
t2520();
}
function t2445(){
c_l("2445");
level_up("2530");
t2520();
}
function t2446(){
c_l("2446");
as2446=new Array("2447");
e_l(as2446);
}
function t2447(){
c_l("2447");
as2447=new Array("2487","2488","2489","2502","2520","2542","2547");
e_l(as2447);
}
function t2448(){
c_l("2448");
as2448=new Array("2449","2457");
e_l(as2448);
}
function t2449(){
c_l("2449");
t2608();
t2609();
t2581();
t2582();
}
function t2450(){
c_l("2450");
t("コンビニのすぐ前まで来て私はどんな男が待っているのか不安な気持ちになりました。");n();
t("周囲の様子を確かめながら、ゆっくりとコンビニの入り口に近寄ると店の中にそれらしい男の姿を見つけました。");n();
t("どうみても不格好でとても普通の女の子が付き合いたいと思うようなタイプの男性ではありませんでした。");n();
}
function t2451(){
c_l("2451");
t722();
t720();
t("これは待ち合わせをすっぽかして帰ったほうがいいと思って、半分歩き掛けたとき男が雑誌の立ち読みをしている");h("女の種類");
t("らしい女性に歩み寄りました。");n();
t727();
t("が立ち読みしているのは、レディースコミックらしくて");c_count=0;
n();
t727();
t("は眉が歪んで変な顔付きでした。");n();
t("男は");c_count=0;
n();
t727();
t("のすぐ後に立つと、体を擦り寄せるようにして後から");c_count=0;
n();
t727();
t("に近寄りました。");n();
t("男の手が");c_count=0;
n();
t727();
t("のスカートを後から捲りあげているのが目に入って私はびっくりしました。");n();
t("男は");c_count=0;
n();
t727();
t("に痴漢をしてるのは間違いありませんでした。");n();
}
function t2452(){
c_l("2452");
t("しばらく様子を見ていると、");c_count=0;
n();
t727();
t("は男と一緒にコンビニを出てくるのが見えました。");n();
t("私は二人に見つからないように、少し離れて二人の後を付けました。");n();
t("二人はコンビニを出ると裏通りに入って近所の公園に入っていきました。");n();
}
function t2453(){
c_l("2453");
t721();
t("男がベンチに座ると、");c_count=0;
n();
t727();
t("は男の前にしゃがみ込むんで男の股間に頭を近づけました。");n();
t("私は");c_count=0;
n();
t727();
t("が何をしているのかすぐに気が付きました。");n();
t("ピチャピチャと舌先でしゃぶる音が耳に届いてきて、私はまるで自分が男に");h("フェラチオ");
t("してるような気分になって体が熱くなりました。");n();
t727();
t("が頭を左右に振ったり、前後に揺すったりを何度も繰り返すのを見て、私も自分が同じ事をしているのを想像しました。");n();
t("男の");h("男性性器の愛称");
t("が喉の奥いっぱいに届いてくるのを妄想して私は唾を飲み込みました。");n();
}
function t2454(){
c_l("2454");
t("とても我慢できなくて、私はすぐ横のトイレに駆け込むと個室に入ってドアを閉めました。");n();
t("便器に座ると、私は自分で敏感な所を指でなぞるように何度も擦りました。");n();
}
function t2455(){
c_l("2455");
t("ようやく気分が落ち着いてトイレを出ようとドアを開けると、目の前にさっきの男が立っているのが見えて私は背筋が寒くなりました。");n();
t("「おい、さっきからずっと覗き見してたんだろう、お前もしゃぶりたいんだろう、しゃぶらせてやるぜ」と男が言うと私をトイレに押し込めてドアをしめました。");n();
}
function t2456(){
c_l("2456");
t("気分が落ち着いてからトイレをでると、ちょうど男性用トイレから男の子が三人でてくるのに出くわしました。");n();
t("男の子の一人が「ヘーーーーーイ、ヘーーイ」とおかしな声で奇声を上げるのを聞いて私はびっくりしました。");n();
t("さっきトイレの個室で私がしてた事を隣の男子トイレで聞いていたに違い有りませんでした。");n();
t("私が慌てて男の子達から逃げようとすると、男の子が私の手を掴んで引き留めました。");n();
t("「");h("男性性器の愛称");
t("大好きなんだろう、大好きなことしてやるぜ」と言うと、男の子達は私を身体障害車用トイレに連れ込みました。");n();
}
function t2457(){
c_l("2457");
t2608();
t2450();
t2451();
t2458();
}
function t2458(){
c_l("2458");
as2458=new Array("2462","2459");
e_l(as2458);
}
function t2459(){
c_l("2459");
as2459=new Array("2461");
e_l(as2459);
}
function t2460(){
c_l("2460");
t("私の携帯にメールが届いたので、誰からだろうと思って開けてみると写真が送られてきました。");n();
t("最初に見たときは何の写真なのか判りませんでしたが、よくよく見ると女の子のスカートの下から盗撮した写真らしいと判ってびっくりしました。");n();
t("女の子はパンティーを履いていないらしくて、男の指先が");h("大陰唇");
t("の置くに食い込むのがはっきりと見えて私はとても見ていられなくなりました。");n();
t("私が携帯を閉じようとしたとき、次の写真が送られてきました。");n();
t("さっきよりも大写しで撮った写真には");h("大陰唇");
t("の割れ目がはっきりと写って男の指先に愛液が絡みつくのがはっきりと見えました。");n();
t("私はその時になって、携帯に送られてきている写真が立った今目の前のコンビニで痴漢にあってる女性の写真だと気が付きました。");n();
t("さっき電話したテレクラ男がわざと私に痴漢の現場の写真を送りつけてきてるのに間違いありませんでした。");n();
t("私は思わず携帯を持つ手が震えてきて、とても立って居られなくなりました。");n();
t("不意に私のお尻をそっと撫で上げる感触があって私はびっくりして背筋が寒くなりました。");n();
t("後に半分振り返って確かめると、私のすぐ後に別の痴漢らしい男が体を寄せながら私のお尻を触っているに気が付きました。");n();
t("男の手は私のスカートを後から捲りあげると直に私のお尻を撫で回してきました。");n();
t("指先が私の");h("下着");
t("の裾の間から奥に届いてくると");h("大陰唇");
t("をそっとこするようになぞってきました。");n();
t("私は急に足が震えだすと、体中が一気に熱く燃え上がりました。");n();
t("男が私の腕を取ると、後からねじり上げながら私の体を横に向かせました。");n();
t("すぐ目の前にワゴン車が近づいてくるとすぐに横のドアが開きました。");n();
t("男は私の腕を捻りあげながら私の体をワゴン車の中に押し込みました。");n();
}
function t2461(){
c_l("2461");
t2460();
t2471();
t2483();
}
function t2462(){
c_l("2462");
t2452();
t2453();
t4();
t2463();
}
function t2463(){
c_l("2463");
as2463=new Array("2464","2465","2486");
e_l(as2463);
}
function t2464(){
c_l("2464");
t2454();
t2455();
t4266();
}
function t2465(){
c_l("2465");
t2454();
t2456();
t4544();
}
function t2466(){
c_l("2466");
t("しばらくして気分が落ち着いてきたので、私はトイレでてアパートに帰ることにしました。");n();
t("公園をでて夜道を一人で歩いていると、私は少し後から誰かが後を付けてくるのに気が付きました。");n();
t("もしかしたら、公園のトイレで");h("オナニー");
t("してたのを盗み聞きでもされてたのかも知れないと思って私は背筋が寒くなりました。");n();
t("私が足を速めてアパートまで急ぐと、男も足を速めて私に近づいてきました。");n();
}
function t2467(){
c_l("2467");
t("私は必死で駆け出すと、アパートまで後を振り向かずに必死で走り続けました。");n();
t("アパートに帰ると私は玄関のドアを開けようとしましたが、鍵がすぐに見つかりませんでした。");n();
t("ポケットをあちこちさがしてやっとドアの鍵を開けると、すぐ後から男が両手を広げて私の体を抱え込んできました。");n();
t("私が男の腕を振り解いて、必死でアパートの中にはいると、男もすぐ私の後から部屋に入り込んできました。");n();
t("男の手が私の手を掴んで引き寄せると、腕をねじり上げて押さえつけてきました。");n();
t("私は腕が痛くて男に逆らえませんでした。");n();
}
function t2468(){
c_l("2468");
t("男は私の腕をねじり上げたまま私を部屋の奥まで歩かせると、私を床に押し倒してきました。");n();
}
function t2469(){
c_l("2469");
t2467();
t("「");v["男性性器の愛称"]="オXンXン";
t("しゃぶられてやるぜ、しゃぶりたくてうずうずしてるんだろう」と男が私の耳元で囁くのが聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
t2468();
t("私が床に尻餅をついて座り込むと、男は私の目の前に立ってズボンを降ろしました。");n();
t4296();
}
function t2470(){
c_l("2470");
t2467();
t2468();
t("私は何とか男の腕を振り解こうと身を捩りましたが、男に腕を強くねじり上げられてとても動けませんでした。");n();
t("男は私の部屋の電話機から受話器を取り上げると、誰かと話しをしている様子でした。");n();
t("「今すぐ来い」と男が言ってから受話器を置くと、私はこのあとどんなめに会わされるのか怖くて体が震えてきました。");n();
t("すぐに玄関のドアがあいて、男が数人入ってきました。");n();
t("「かまわねえから、やっちまえ」と男の声が聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
t4544();
}
function t2471(){
c_l("2471");
t("私は足元がワゴン車の床にぶつかって倒れ込みながら、ワゴン車の中に押し込められました。");n();
t("ワゴン車の床に押し倒されて寝かされると私の体の上に男が覆い被さってきました。");n();
t("私は大きな声を出そうとしましたが、男の手が私の口を押さえつけて声が出せませんでした。");n();
t("ワゴン車はすぐに動き出すと、私は怖くて体が震えてきました。");n();
t("このあと私がどんな目に遭わされるのか、恐ろしくてとても想像できませんでした。");n();
t("床に頭を押さえつけられた姿勢で、ワゴン車の中の様子を見回してみると、男が数人私のすぐ横で床に座っているのが見えました。");n();
t("髪の毛が長くて、ジーパンをはいた服装の男の子達はいかにも柄が悪そうな顔付きで私は怖くて身がすくみました。");n();
}
function t2472(){
c_l("2472");
t("アパートのすぐ近くまで来るとちょうど目の前に大きなワゴン車がゆっくりと止まりました。");n();
t("私がワゴン車の横を通り過ぎてアパートに入ろうとすると、急にワゴン車の横のドアが開いて男が飛び出してきました。");n();
t("男は私の体をギュッと抱きしめるようにして押さえつけると、ワゴン車の中に引っ張り込もうとしました。");n();
}
function t2473(){
c_l("2473");
as2473=new Array("2482","2480");
e_l(as2473);
}
function t2474(){
c_l("2474");
as2474=new Array("2476");
e_l(as2474);
}
function t2475(){
c_l("2475");
t("ワゴン車はスピードを上げて走り出した後しばらくして何度も大きく角を曲がるのを繰り返したあと急に止まりました。");n();
t("ドアが開いて、ワゴン車の外に連れ出されると真上に古びた鉄骨の天上が見えました。");n();
t("辺りを見回してみると古い倉庫のあとらしくて、薄暗い建物の中には段ボールの箱が散らばっていました。");n();
t("周りの壁は汚れが酷くて落書きが至る所に書き散らしてありました。");n();
}
function t2476(){
c_l("2476");
t2475();
t2481();
}
function t2477(){
c_l("2477");
t("ワゴン車が大きく前後に傾いて揺れた後、ガタガタと小刻みに揺れながらしばらく進んで止まりました。");n();
t("ドアが開くと、涼しい風が吹き込んできて目の前には大きな川が見えました。");n();
t("車で近くの河原に連れてこられたのだとは判りましたが、どこの川なのか見当もつきませんでした。");n();
}
function t2478(){
c_l("2478");
t("さっきコンビニで痴漢に遭った後公園のトイレで");h("フェラチオ");
t("していた");h("女の種類");
t("に間違いありませんでした。");n();
}
function t2479(){
c_l("2479");
t("さっきコンビニで痴漢に遭っていた");h("女の種類");
t("に間違いありませんでした。");n();
}
function t2480(){
c_l("2480");
t2477();
t("私のすぐ後でガタガタと車が走る音が聞こえて私は後を振り向きました。");n();
t("もう一台、別のワゴン車が河原の中に入ってくると私のすぐ後で止まりました。");n();
t("ドアが開くと男の子が両脇から女性の腕を掴んでねじり上げて車の外に連れ出すのが見えました。");n();
t("私はその女の服装に見覚えがあるのに気が付きました。");n();
if((typeof v["目撃した事"] !="undefined") && (v["目撃した事"] == "フェラチオ")) { t2478();}else if((typeof v["目撃した事"] !="undefined") && (v["目撃した事"] == "痴漢")) { t2479();}h("相手の女");
t("は私に気が付くと、引きつった顔で私を見つめました。");n();
t("「おい、二人一緒にやっちまおうぜ」と男の一人が大声で怒鳴るのが聞こえて私は気が遠くなりました。");n();
t728();
t4581();
}
function t2481(){
c_l("2481");
t("「おい、この女廻されたいんだってよ」と男の一人が大声で怒鳴ったのを聞いて私ははっとしました。");n();
t("さっきテレクラで話しをした相手の男に間違いありませんでした。");n();
t("「さっさとやっちまおうぜ」と他の男が大声をだすと、男達は私の周りを取り囲みました。");n();
t("私の後から男が両手を脇の下に差し入れて私の体を持ち上げると、別のが前から私の両足を持ち上げて高く抱え上げてきました。");n();
t4544();
}
function t2482(){
c_l("2482");
t2477();
t2481();
}
function t2483(){
c_l("2483");
as2483=new Array("2473","2474");
e_l(as2483);
}
function t2484(){
c_l("2484");
t2472();
t2471();
t2483();
}
function t2485(){
c_l("2485");
as2485=new Array("2469","2470","2484");
e_l(as2485);
}
function t2486(){
c_l("2486");
t2454();
t2466();
t2485();
}
function t2487(){
c_l("2487");
t4();
t2604();
t2605();
t2606();
t2607();
t4();
t2448();
}
function t2488(){
c_l("2488");
t4();
t2597();
t2598();
t2599();
t2600();
t2581();
t2582();
}
function t2489(){
c_l("2489");
t4();
t2548();
t2599();
t2600();
t2581();
t2582();
}
function t2490(){
c_l("2490");
t("私はすぐには何の事だか判りませんでしたが、先輩達が「うん、あれまたやろうよ、ドキドキしちゃうわよね」と言うので何かのゲームだと思いました。");n();
t("「");h("私の愛称");
t("のアパートこの近くだったわよね」と先輩に聞かれて、結局私のアパートにみんなで来ると話しがまとまりました。");n();
t("途中のお酒屋さんで「料理に使うワイン下さい」と先輩が店員さんに頼んで安いワインを一本買いました。");n();
t("何で料理に使うワインを買うのかしらと思ってると先輩が「料理用のワインは安いのよ」と教えてくれました。");n();
t("私のアパートに付くとワインを開けてお茶碗で廻しのみをすると、すぐにワインの瓶は空になりました。");n();
t("私はお酒は苦手なので、少し口に含んだだけでしたがすぐに体が熱くなりました。");n();
t("先輩達は顔が赤らんですっかり良い気分にらしく「早く、あれやろうよ」と言い出しました。");n();
t("先輩の一人がさっそくあみだくじを作ると順番を決めました。");n();
t2567();
t("阿弥陀くじに当たったのは");h("女友達");
t("でした。");n();
h("女友達");
t("は最初は困った顔をしていましたが、先輩達に「絶対面白いから、一度やってみなよ、病みつきになっちゃうから」とそそのかされて断れませんでした。");n();
t("先輩がテレクラの番号を押すと、電話に男が出たのを確かめてから");h("女友達");
t("に受話器を渡しました。");n();
t2614();
t("先輩達は「今日のはなかなか面白かったわね、");h("女友達の愛称");
t("も楽しめたでしょう」とワインに酔った顔で無責任な事を言いました。");n();
h("女友達");
t("は顔を赤らめたまま何も言い返せませんでした。");n();
}
function t2491(){
c_l("2491");
t("テレクラ遊びも終わって、みんなが引き上げると私は後かたづけをしたあとテレビを付けてみました。");n();
t("いつも見てるテレビドラマにチャンネルを合わせるとちょうどラブホテルで不倫をする人妻のエッチな場面が写りました。");n();
t("人妻の喘ぎ声を聞いていると、さっき");h("女友達");
t("がテレクラに電話したときの喘ぎ声を思い出して急に体が熱くなりました。");n();
t("テレビを見ながら私はさっき");h("女友達");
t("がしてたように腿を左右に開いて指先で撫でてみました。");n();
t("指先が");h("クリトリス");
t("に触れたとき急に膝頭が震えて腿の筋肉が引きつって止まらなくなりました。");n();
}
function t2492(){
c_l("2492");
t("私はとても我慢できなくてさっき");h("女友達");
t("が掛けたテレクラに電話をしました。");n();
t("すぐに男の声が受話器から聞こえてくると私は体が震えてきました。");n();
t2618();
t("「これから、一緒にカラオケをしようぜ、駅前の喫茶店で待ち合わせしよう」と男に誘われて私はドキッとして背筋が寒くなりました。");n();
t("男が駅前の喫茶店の名前を知ってるはずがないのに、なんで男が知ってるんだろうと不安な気持ちになりました。");n();
t("さっき");h("女友達");
t("が私のアパートの場所をテレクラの相手の男に教えてしまったらしいと気が付いて私は困ったことになったと思いました。");n();
t("断ったら男に何を言われるか判らないと思って私は「これからすぐ行きます」と返事をして受話器を置きました。");n();
t("電話を切った後、しばらくして体が落ち着いてくると私は");h("女友達");
t("の事が心配になりました。");n();
t("さっき");h("女友達");
t("がテレクラで電話をしたとき、駅前の喫茶店で相手の男と待ち合わせをしたのは間違いありません。");n();
t("もしかして、");h("女友達");
t("が待ち合わせの場所を通りかかってテレクラの相手の男に見つかったら大変な事になります。");n();
t("私はともかく駅前の喫茶店にまで行ってどんな男が来るのか確かめた方がいいと思いました。");n();
}
function t2493(){
c_l("2493");
t276();
t("アパートを出て、不安な気持ちで駅前の喫茶店まで行ってみるとやっぱり喫茶店の前に");h("女友達");
t("が立って誰かと待ち合わせしている様子でした。");n();
t("私はすぐに");h("女友達");
t("に声を掛けようと思いましたが、待ち合わせの相手の男性を確かめてみようと思って電信柱の陰で様子を伺いました。");n();
h("女友達");
t("が携帯を取りだして何か話しをしていると、すぐに待ち合わせの相手らしい男が携帯を持って");h("女友達");
t("に近づいてきました。");n();
t("頭の禿げた小太りの男性は見覚えのない顔で、やっぱりテレクラで電話の相手をした男性に違いないと私は確信しました。");n();
t("テレクラの相手の男性と待ち合わせなんかをして、そのあとはいったいどうなるのか確かめた方がいいと思って私は成り行きを見守る事にしました。");n();
h("女友達");
t("は男に誘われて喫茶店に入ると、飲み物を手にとって窓際の席に男と並んで座りました。");n();
t("しばらくおしゃべりが続いた後、男が手を伸ばして");h("女友達");
t("の膝の上をくすぐるようになで始めたのを見て私はどきっとしました。");n();
h("女友達");
t("は嫌がる様子も見せずに、自分から足を開いて男に体を擦り寄せました。");n();
t("男の指先が");h("下の表着");
t("の奥まで入ると、");h("下着");
t("が丸見えになって私はびっくりしました。");n();
t("いくらなんでも会ったばかりの初対面の男性にそんなことまでさせて、嫌がりもしないなんて。");n();
t("そんなこと有るはずがないと思って今目の前で起きて居ることが信じられませんでした。");n();
t("男が席を立つと");h("女友達");
t("の手を取って喫茶店を出てきました。");n();
t("私が慌てて電信柱の裏に隠れると、男は裏通りに");h("女友達");
t("を連れ込みました。");n();
t("ちょうどラブホテルの前で男が");h("女友達");
t("を抱きしめるとキスをしながら");h("女友達");
t("の");h("下の表着");
t("をたくし上げるのが見えました。");n();
t("男の手が");h("女友達");
t("のお尻を");h("下着");
t("の上から撫で回すと、");h("女友達");
t("は体を捩りながら男に抱きついていました。");n();
t("しばらく抱き合ってキスをしたあと二人はラブホテルの玄関に入っていくのが見えました。");n();
t("待ち合わせして会ったばかりの相手に誘われてラブホテルに行くなんていったい");h("女友達");
t("はどうゆうつもりなんだろうと私は呆れ果てるばかりでした。");n();
t("あの");h("女友達");
t("が男の言いなりになるなんて、テレクラ男の口説き方がよっぽと上手だったに違いないと思うと私はなんだか");h("女友達");
t("が羨ましく思えてきました。");n();
t("私だって、上手に男に口説かれたらすぐに一緒にラブホテルに付いていっちゃうかもしれない。");n();
t("そんなに口説くのが上手なら、セックスだってテクニック抜群なはず。");n();
t("私だって一度はそんなナンパの名人に口説かれてみたいと思うと");h("女友達");
t("が羨ましくて、腹が立ってきました。");n();
}
function t2494(){
c_l("2494");
t("いつまでもラブホテルの前にいてもしょうがないので、アパートに戻ろうと思ってさっきの喫茶店の前まで来ると、店の前に男が立っているのが目に入りました。");n();
t("さっき");h("女友達");
t("が相手をしていた男より体が一回り大柄で、目つきも怖そうな感じでした。");n();
t("もしかしてこの男がさっき私がテレクラで相手をした男かもしれないと思って私は何気ない素振りで男のすぐ側まで近寄りました。");n();
t("「いや、待たせたね、とりあえずお茶でも飲もうか」と男が私に声を掛けてきたので、私は胸がドキドキしてきました。");n();
t("喫茶店に入ると席についてすぐに男は「いや、君可愛いね、ホントに美人だしスタイルも良い」とさっそく調子のいい口調で話しを始めました。");n();
t("「こんな可愛い娘がテレクラ遊びしてるなんて、最近の女子大生は凄いね、会ってすぐフェラチオしてるんだろう」と男に言われて私は何て答えていいのか判らずに黙っていました。");n();
}
function t2495(){
c_l("2495");
t("「もしもし」と男の声の後、女性の声で「モシモシ、今日は」と返事をする会話が聞こえてきました。");n();
t("「今日は暇なのかな、いつもはどこで遊んでるの」と男の声が聞こえて、私はさっき私がテレクラで聞いた男の声と同じだと気が付きました。");n();
t("「勉強ばかりで遊ぶ暇なんてないですよ」と女性の返事が聞こえて私はさっき自分が男に答えたのと同じだとはっとしました。");n();
t("このテープはさっきのテレクラの会話を録音したものらしいと判って、私は困った事になりそうだと不安な気持ちがこみ上げてきました。");n();
}
function t2496(){
c_l("2496");
t("「俺の言うこと何でも、聞くって約束してもらおうかな、それがいやならこのテープ学校に送るからね」");n();
t("「そうすれば君は学校を退学で、もう結婚も就職もできなくなっちゃうんだよ」と男に言われて私は男の意図に気が付きました。");n();
t("さっきのテレクラで男と話したとき、うっかり学校の名前も、自分の名前も全部本当の事を話してしまったのは大失敗だと気が付きましたがもう手遅れでした。");n();
}
function t2497(){
c_l("2497");
t("「俺の言うとおりにすれば、このテープの録音は消してあげてもいいんだよ」と男に言われて私は大変なことになったと心臓が凍り付きました。");n();
}
function t2498(){
c_l("2498");
t("「所で、面白いテープがあるから聞いてみないか」と言うと男は小さなカセットテープレコーダーを取りだして、私にイヤホンを渡しました。");n();
t("私がイヤホンをすると、男はすぐに再生ボタンをおしました。");n();
}
function t2499(){
c_l("2499");
t2498();
t2495();
t2496();
t2497();
}
function t2500(){
c_l("2500");
t("「何をすればいいんですか」と私が恐る恐る聞いてみると男は「まずフェラチオしてもらおうか、ここのトイレで、フェラチオ大好きなんだろう」と言い出しました。");n();
t("いくらなんでも出会ったばかりの男性にフェラチオなんか出来るわけがないと、私はすぐに返事がでませんでした。");n();
t("「いやならいんだよ、俺はどっちでもいいんだ、学校にテープを送って欲しいなら、しなくていいんだよ」と男に脅されて私は悔しくて思わず涙がこみ上げてきました。");n();
t("「さっきは気持ちよかったんだろう、もっと気持ちよくしてやるぜ」と男が小声で囁くと、手を伸ばして私の膝頭を軽くくすぐり始めました。");n();
t4480();
t4481();
t("もうどうなってもいいと私が思ったとき男が「いますぐフェラチオしたいんだろう」と甘い声で囁いてきました。");n();
t("私はもうとても我慢できなくて「お願い、フェラチオさせてください」と小さな声で男におねだりしまた。");n();
}
function t2501(){
c_l("2501");
h("フェラチオ");
t("が済むと私はこれで録音テープを消去してもらえると思って一安心して嬉しくなりました。");n();
t("私は席に戻ると「テープは消してくれるんでしょう、いますぐ消して下さい」と男に頼みました。");n();
t("「このカセットレコーダは再生専用だから消去はできないんだよ」と男が言い出すので、私は騙されたと思って腹が立ってきました。");n();
t("「近くにカラオケがあるから、そこのカラオケセットを使えばすぐ消去できるから、大丈夫ちゃんとあとで消しておくよ」と男が言うので私はテープを消去するのを確かめるしかないと思いました。");n();
t("「私も一緒にカラオケにいくから、私の目の前で消去してよね、ちゃんとやってよ」と私が強い口調で言い張ると、男も「あ、そうだね」と弱気な態度で同意しました。");n();
t("喫茶店をでて裏道に入ると、少しさきはさっき");h("女友達");
t("が入ったラブホテルでした。");n();
t("「このラブホテルは、カラオケもできるんだ」と男が言うので私は男に騙されたらしいと判って腹がたってきました。");n();
t("「なによ、嘘ばっかり」と私が男の手からカセットを奪おうとすると、男は急に私を抱きしめてきました。");n();
t(" 私の体をラブホテルの玄関前の壁に押しつけると、男は私の");h("下の表着");
t("と下に手を入れて");h("クリトリス");
t("を指先で責めてきました。");n();
t("痺れるような感触が私の体を襲うと私は体の力が抜けてとても立っていられなく成りました。");n();
t("「ともかく、中にはいろう」と男に言われて、私は仕方なく「はい」と小さく返事をしました。");n();
t("ラブホテルの部屋に入ると、男はすぐに私をベッドの上に押し倒してきました。");n();
t("「さきにテープを消して下さい」と私が男に頼むと「あとでちゃんとやっておくから」と男は適当な返事で誤魔化すだけでした。");n();
t4439();
}
function t2502(){
c_l("2502");
t4();
t515();
t22();
t2562();
t2568();
t2490();
t4();
t2491();
t2492();
t4();
t2493();
t4();
t2494();
t2503();
}
function t2503(){
c_l("2503");
as2503=new Array("2512","2517","2511");
e_l(as2503);
}
function t2504(){
c_l("2504");
t57();
t("男は席に座ると名刺を出して私に見せました。");n();
t("名刺には「");h("会社名");
t("」と会社名がかいてあり、肩書きは「");h("役職");
t("」となっていました。");n();
t("「君本当に可愛いね、スタイルも抜群だし、胸も大きいし、もう男なら誰だって抱きたくなる最高の女の子だね」");n();
t("「お化粧も上手だし、笑顔がすてきで、まるでテレビにでている芸能人みたいだ」と男はいきなり私を大げさに褒め始めました。");n();
t("私は褒められて悪い気はしませんでしたが、何か下心があるに違いないと不安な気がこみ上げてきました。");n();
t("「君にぴったりなアルバイトがあるんだけど、とってもいいお金になるんだよ」");n();
t("「格好いい男の子と知り合いになれるし、君にはぴったりだ」と男が言い出すので私はもしかしたらテレビにでも出られるのかもしれないと思って胸がわくわくしてきました。");n();
}
function t2505(){
c_l("2505");
t("「毎日男の子と遊べるんだ、もちろん");h("フェラチオ");
t("だってさせてもらえる。君");h("フェラチオ");
t("大好きだったよね」");n();
t("「もちろん楽しみは");h("フェラチオ");
t("だけじゃない、たっぷりと可愛がって貰えるんだ」");n();
t("「それも毎晩好きな男の子とつき合えるんだよ、もう君にはぴったりだ」と男が言うので、私はどうも怪しいアルバイトらしいと気が付きました。");n();
t("「そんなにいいアルバイトなんですか、怪しいお仕事なんでしょう」と私は男に聞いてみました。");n();
}
function t2506(){
c_l("2506");
t("すると男は鞄から小さなビラを取りだして私に見せてくれました。");n();
t("ビラには「");h("テレホン倶楽部名");
t("」と書いてあって、「いつでも女の子と遊べる大人気店」と書いてありました。");n();
t("「いや、テレクラに掛けてくる女の子はいっぱいいるけど、大抵は冷やかしでね」");n();
t("「それじゃあ、テレクラに来てるお客さんが怒っちゃうからね、サクラを用意してあるんだ」");n();
}
function t2507(){
c_l("2507");
t("「お断りします」と私ははっきりと言って席を立とうとしました。");n();
t("「このテープを聴いて貰えるかな、このテープを聴けばきっとこのアルバイトやりたくなるはずだよ」と男が鞄からカセットテープを取り出しました。");n();
t("「このテープを聴いてから返事をしてもらえるかな、そうでないと大変な事になっちゃうよ」と男に言われて私はテープに何が録音されているのか気になりました。");n();
t("男がカセットテープレコーダにテープを入れて再生ボタンを押すと、私にイヤホンを渡しました。");n();
}
function t2508(){
c_l("2508");
t("「お客さんと電話で待ち合わせして、近くのラブホテルに行くだけでいいんだよ」");n();
t("「テレクラで遊ぶお客さんは、みんな遊び慣れてるからね、たっぷり楽しんでお金が貰えるんだよ」");n();
t("「もちろん、いやなお客さんとは付き合わなくても良いんだよ」と男に説明されて私はやっとテレクラの仕組みに気が付きました。");n();
t("テレクラとは名ばかりで実際にはデリヘルとやってる事はまったと同じ事。");n();
t("とてもこんな話しには付き合ってはいられないと私は腹がたってきました。");n();
}
function t2509(){
c_l("2509");
t("「何をすればいいんですか」と私は恐る恐る男に聞いてみました。");n();
t("男はテープを止めると「いやなに、簡単なことなんだ、すぐ近くのラブホテルでたった今客の男が待ってるからね」");n();
t("「今からそのラブホテルに行って男の相手をしてもらえばそれでいい」");n();
t("「");h("フェラチオ");
t("が大好きなんだろう、たっぷりしゃぶらせて貰えるんだぜ、嬉しいだろう」");n();
t("「これからは、毎日好きなだけ");h("フェラチオ");
t("させて貰えるんだぜ」と男に言われて私は背筋が凍り付きました。");n();
}
function t2510(){
c_l("2510");
t("男は席を立つと「じゃあ、来てもらおうか」と言って私をラブホテルに案内しました。");n();
t("ラブホテルの前まで来ると男は「いやなら、無理にとは言わないぜ、そのかわりテープは学校に送るからな。どっちがいいかよく考えてみな」と私を脅しました。");n();
t("私はどうにも逆らえないと観念して「何でも言うとおりにしますから許して」と男に頭を下げました。");n();
t("男と一緒にラブホテルの部屋のドアの前まで来ると、男はエレベータの前に戻って私を監視し続けました。");n();
t("私は諦めて部屋のドアをノックして返事を待ちました。");n();
}
function t2511(){
c_l("2511");
t2504();
t2505();
t2506();
t2508();
t2507();
t2495();
t2496();
t2497();
t2509();
t2510();
t3642();
}
function t2512(){
c_l("2512");
t2499();
t2500();
t2501();
}
function t2513(){
c_l("2513");
t("私がシェークを飲もうとすると、");h("女友達");
t("から携帯に電話が掛かってきました。");n();
t("何だろうと思って携帯を耳に当てるといきなり「私今ね");h("フェラチオ");
t("させて貰ってるの」と");h("女友達");
t("の声が耳に響いてきて私はびっくりしました。");n();
t("「さっきテレクラで知り合った男の人なんだけどね、もうあれが強くて、何回も続けてイカされちゃって」");n();
t("「ほんと凄いの、こんなの私初めて。テレクラに電話して本当に良かった」と");h("女友達");
t("がしゃべり続けるのを聞いていて私は急に体が熱く燃え上がりました。");n();
t("私の横に座っていた男にも");h("女友達");
t("の声が聞こえたようで、口元を歪ませていやらしい笑みを浮かべると私の膝に手を伸ばしてきました。");n();
}
function t2514(){
c_l("2514");
t("急に電話の声が");h("女友達");
t("の喘ぎ声に変わると、私の耳元に「ああ、んだめー、逝くーー。逝っちゃうーー」と大きな声が響いてきました。");n();
t("私はもう電話を聞いて居られなくて、耳元から携帯を話すと通話を切りました。");n();
}
function t2515(){
c_l("2515");
t("私の隣に座っていた男の携帯が鳴ると、男が携帯の画面を私に見せてくれました。");n();
t("たったい今逝かされたばかりの");h("女友達");
t("の顔が、携帯の画面一杯に映し出されているのを見て私は息を飲み込みました。");n();
t("今まで見たこともないような");h("女友達");
t("の顔は眉が歪んだ顔からは涙が溢れて、たった今女の悦びを味わった顔だとすぐ判りました。");n();
h("女友達");
t("が待ち合わせてラブホテルに行った男と、私が待ち合わせして出会った男はどうやら知り合いだったらしいと私はやっと気が付きました。");n();
t("男が画面を切り替えると、今度は");h("女友達");
t("が口いっぱいに");h("男性性器の愛称");
t("をしゃぶっている絵が写りました。");n();
t("テレクラ遊びをする男だったらやることは誰でも同じはず。");n();
t("私もこの男に");h("フェラチオ");
t("させられる。それもたった今やらされるんだと思うと私は嬉しくなって思わず口に唾が溢れてきました。");n();
}
function t2516(){
c_l("2516");
t("「この女みたいに俺の");h("男性性器の愛称");
t("でたっぷり天国に行かせてやるぜ」と男に耳元で囁かれて私は嬉しくて胸が一杯になりました。");n();
t("「まずは、ここのトイレで");h("フェラチオ");
t("してもらおうか。");h("フェラチオ");
t("が上手だったら");h("男性性器の愛称");
t("をたっぷりぶち込んでやるぜ、こんないい話しないだろう」と男に言われて私は顔を赤らめながら「はい」と答えました。");n();
t4289();
}
function t2517(){
c_l("2517");
t2513();
t("男の手の平が私の膝頭の上に載せられると、指先を軽やかに廻しながら私の膝頭をくすぐりはじめました。");n();
t4480();
t4481();
t2514();
t2515();
t2516();
t2518();
}
function t2518(){
c_l("2518");
as2518=new Array("2519");
e_l(as2518);
}
function t2519(){
c_l("2519");
t3628();
t3641();
}
function t2520(){
c_l("2520");
t4();
t515();
t22();
t2561();
t2572();
t4();
t2521();
}
function t2521(){
c_l("2521");
as2521=new Array("2530","2524","2538");
e_l(as2521);
}
function t2522(){
c_l("2522");
t("私はカーテンを買おうと思って、ちかくの東急ハンズに寄ることにして先輩達と別れました。");n();
t("一人で東急ハンズのカーテン売り場を見て歩きましたが、既製のカーテンはどれも値段が高くて買うのは諦めました。");n();
}
function t2523(){
c_l("2523");
t("帰ろうと思って地下鉄の駅を探して大通りを歩いていると、");h("女友達");
t("から携帯にメールが届きました。");n();
t("「今カラオケしてるの、");h("私の愛称");
t("もおいでよ」と書いてあったので私はてっきり先輩達と一緒にカラオケに行ったのだと思いました。");n();
t299();
t("大通りの少し先の角を曲がっると");h("店名");
t("の看板が見えたので、");h("女友達");
t("がメールで知らせてきた部屋に入りました。");n();
}
function t2524(){
c_l("2524");
t2522();
t2523();
t2525();
}
function t2525(){
c_l("2525");
as2525=new Array("2527","2528","2529");
e_l(as2525);
}
function t2526(){
c_l("2526");
t("薄暗い部屋の中には大きな音でうるさいロックの伴奏が流れていて耳が潰れそうになりました。");n();
}
function t2527(){
c_l("2527");
t2526();
t("ソファに座っている");h("女友達");
t("の両側に中年の男性らしい人影があり私はびっくりして部屋を見回しました。");n();
t("部屋の中には先輩達の姿は見当たりませんでした。");n();
h("女友達");
t("が一緒にカラオケをしていた相手というのはさっきのテレクラで知り合った男性らしいと気が付いて私は");h("女友達");
t("の様子を確かめました。");n();
h("女友達");
t("の両脇に座った男は手を伸ばして");h("女友達");
t("の体を撫で回しているのが見えて私は腰が抜けそうになりました。");n();
h("女友達");
t("は");h("下の表着");
t("を腰の上までたくし上げられて");h("下着の柄");
h("下着");
t("が丸見えになっていました。");n();
t("私はすぐに部屋から逃げ出そうと後ずさりしましたが、");h("女友達");
t("を残したまま自分だけ逃げ出すわけにはいかないと思い直しました。");n();
t("「");h("女友達の愛称");
t("逃げるのよ、一緒に来て」と私が大声で叫ぶと男が立ち上がって部屋のドアに駆け寄りました。");n();
t("ドアを閉めて逃げ場を塞いだ後、もう一人の男はゆっくりと立ち上がると私の目の前まで歩み寄りました。");n();
t("私のすぐ後から男の手が私の胸を掴んで抱きかかえてきました。");n();
t("もう逃げられないと思った瞬間に私は体の力が抜けて膝が震え出すととても立って居られなくなりました。");n();
t("男が私をソファーの上に押し倒すと、すぐに体を重ねてきました。");n();
t4439();
}
function t2528(){
c_l("2528");
t2526();
t("部屋の中には人影がなく、テーブルの上に飲み物が置きっぱなしになっていて様子が変でした。");n();
t("私は不安な気持ちでゆっくりとした足取りで部屋の中に入ると、部屋の中を見回しました。");n();
t("ソファーの上に");h("女友達");
t("が縛られているのを見つけて私はびっくりして腰が抜けそうになりました。");n();
t("足を大きく広げた格好で、太い縄で縛られた");h("女友達");
t("はスカートが捲り上がって");h("下着の柄");
h("下着");
t("が半分脱がされて");h("大陰唇");
t("が丸見えになっていました。");n();
t("私が慌てて");h("女友達");
t("に駆け寄ると、");h("女友達");
t("の口にはめられた猿轡を外しました。");n();
h("女友達");
t("は「");c_count=0;
n();
t4192();
t("」と怯えた声で呻くような声を出しました。");n();
t("「おい、やっちまえ」と男の声が部屋に響いたのを聞いて、私はドアの後に男が隠れていたのに気が付きました。");n();
t("私はすぐに逃げだそうと立ち上がりましたが、");h("女友達");
t("を残したまま自分だけ逃げる訳にはいかないと思い直しました。");n();
t("ドアの後に隠れていた男が二人そろって手を広げながら私の両側から近づいてきました。");n();
t("もう逃げられないと思った瞬間に私は足が震えて立っていられなくなりました。");n();
t("「たっぷり可愛がってやるぜ」と男の怒鳴り声が聞こえると私は腰が抜けて床に座り込んでいました。");n();
t4439();
}
function t2529(){
c_l("2529");
t2526();
t("部屋の中央では男がマイクを立って大声で歌っているのが目に入りました。");n();
t("よくよく男の顔を確かめて見ましたが、全然見覚えがありませんでした。");n();
t("部屋を間違えたのかと思って、部屋を出ようとしましたが「おい、お前も");h("フェラチオ");
t("しに来たんだろう」と部屋のスピーカから男の声が響いて私は足がすくみました。");n();
t("もしかして、さっき");h("女友達");
t("が一緒だたテレクラ男かもしれないと思って私は男の顔をよく確かめてみました。");n();
t("「");h("女友達の劣称");
t("ならそこで");h("フェラチオ");
t("してるぜ」と男が指さす先を見ると、ソファの横に");h("女友達");
t("のお尻が見えているのに気が付きました。");n();
t("私が慌てて、ソファの前に回って確かめてみると間違いなく");h("女友達");
t("の姿でした。");n();
t("ソファに座って大きく足を広げた男の股間にしゃがみ込んで顔を寄せているのは一目で");h("フェラチオ");
t("の最中だと判りました。");n();
t("私はすぐに部屋から逃げ出そうとして後ずさりしましたが、");h("女友達");
t("を置いたままで逃げる訳にはいかないと思い直しました。");n();
t("私がどうしていいのか判らずに立ちつくしていると、マイクを持った男がすぐ私の後に歩み寄ってきました。");n();
t("男が私の腕を取って後ろ手に捻りあげると、私はソファに押し倒されました。");n();
t("「痛い思いをしたくなければ口でやるんだな」と男に脅されて私は「何でもします、私");h("フェラチオ");
t("大好きなんです」と仕方なく答えました。");n();
t("男が私の腕を離してくれたので、私は男に振り返ると足元に膝をついてしゃがみ込みました。");n();
t("男がズボンを膝まで降ろすと、すぐに私の目の前に");h("男根の表現");
t("がそそり立って居るのが見えました。");n();
t4296();
}
function t2530(){
c_l("2530");
t2575();
t2531();
}
function t2531(){
c_l("2531");
as2531=new Array("2534","2533");
e_l(as2531);
}
function t2532(){
c_l("2532");
t("受付の男の子に部屋の番号を確かめると私は");h("女友達");
t("の居るカラオケルームに急ぎました。");n();
}
function t2533(){
c_l("2533");
t2532();
t2525();
}
function t2534(){
c_l("2534");
t2661();
t2541();
}
function t2535(){
c_l("2535");
t753();
t("私は");h("女友達");
t("を誘って近所の本屋で、");h("講義");
t("のレポートを書くのに必要な本を探してみました。");n();
t("ちょうどいい本が一冊あったので私が買おうとすると");h("女友達");
t("が「この本なら図書館にあったから、買わなくても大丈夫よ」と言ってくれたので買わずに本屋をでました。");n();
t301();
t("池袋の駅まで二人で歩いていると、急に");h("女友達");
t("が「ちょうどよかったこの店の割引券もってるのよ」と");h("店名");
t("と看板の出ているカラオケ店の前で立ち止まりました。");n();
t("私は早く帰りたかったのですが、");h("女友達");
t("がどうしてもカラオケをしたいと言い張るので仕方なくカラオケ店に入りました。");n();
}
function t2536(){
c_l("2536");
t("しばらく二人でカラオケを何曲か歌っていると");h("女友達");
t("の携帯から着信音が聞こえてきました。");n();
h("女友達");
t("は「");c_count=0;
n();
t4163();
t("」と話しをしているので、私は何だかいやな予感がしました。");n();
t("もしかしてさっきテレクラで待ち合わせをした相手の男だったら不味いことになるはずです。");n();
}
function t2537(){
c_l("2537");
t("すぐにドアが開いて男が二人入って来たので私はびっくりして男の顔を確かめました。");n();
t("一人はやっぱりさっき");h("女友達");
t("が喫茶店で一緒だった男に待ち違いありませんでした。");n();
t("私はすぐに");h("女友達");
t("の手を取って、部屋から逃げ出そうとしましたが");h("女友達");
t("は私の手を振り解くと男に駆け寄って抱きつきました。");n();
}
function t2538(){
c_l("2538");
t2535();
t2536();
t2537();
t2539();
}
function t2539(){
c_l("2539");
as2539=new Array("2540");
e_l(as2539);
}
function t2540(){
c_l("2540");
t("私は部屋から逃げ出そうとしてドアに走り寄りましたが、男に行く手を塞がれて逃げようが有りませんでした。");n();
t("男が両手を広げながら私に歩み寄ると、私を抱きかかえてソファーに押し倒してきました。");n();
t("私の体はソファの上に俯せの姿勢で押さえつけられると、男の手が私の");h("下の表着");
t("を掴んで脱がそうとしました。");n();
t("私はなんとか抵抗しようと体を捩らせましたが、男に腕をねじり上げられて身動きできませんでした。");n();
t4442();
}
function t2541(){
c_l("2541");
as2541=new Array("2663","2664","2668");
e_l(as2541);
}
function t2542(){
c_l("2542");
t4();
t515();
t22();
t2561();
t2572();
t4();
t2543();
}
function t2543(){
c_l("2543");
as2543=new Array("2546","2544");
e_l(as2543);
}
function t2544(){
c_l("2544");
t2555();
t2550();
t2551();
t2552();
t2545();
}
function t2545(){
c_l("2545");
as2545=new Array("2554","2553");
e_l(as2545);
}
function t2546(){
c_l("2546");
t2555();
t2556();
t2557();
t2558();
}
function t2547(){
c_l("2547");
t4();
t515();
t22();
t2561();
t2572();
t4();
t2549();
t2557();
t2558();
}
function t2548(){
c_l("2548");
t("明日のゼミの下調べを研究室でしたあと、当日配る資料をコピーしに図書館にいきました。");n();
t("図書館から戻って、帰ろうとすると助手さんに呼び止められました。");n();
t("「こんどの学会の出張旅費を引き出しにいれと置いたんだが、見つからないんだ、あんた知ってるだろ」といきなり言われました。");n();
t("女子大なのに男性の助手なので、前から評判の悪い助手さんでした。");n();
t("いきなり人をあんた呼ばわりするとはあんまりだと思いました。");n();
t("私が「知りません」と答えると「研究室にいたのはあんただけなんだから、あんた以外犯人はいないにきまってるんだ、さっさと白状したらどうなんだ」と脅すような口調で言います。");n();
t("私は怖くなって返事をしませでした。");n();
t("すると「やっぱりお前なんだな、退学にしてやる」と言い出しました。");n();
t("私は足が震えてきて、もう声も出せなくなりました。");n();
t("助手さんが私を何度もどなりつけていると、教授室から教授がでてきました。");n();
t("「いったいなんの話なの」と教授に聞かれて、助手さんは勝手な話を始めました。");n();
t("すると教授は「いつも研究室には貴重品は置かないようにいってるのに、どうゆうことなの」と逆に助手さんを問いつめました。");n();
t("すると助手さんは激しい口調で「この女が盗んだんだ」と言い返しました。");n();
t("教授は「大事なお嬢さんをお預かりしてるんだから、二度とそんな言葉は言わないでね」と助手さんに言うと、私には「いいから、もう帰りなさい」と言ってくれました。");n();
t("前から評判の悪い助手さんと聞いていたのですが私は悔しくてたまりませんでした。");n();
t("アパートに戻っても、気分がむしゃくしゃして収まりませんでした。");n();
}
function t2549(){
c_l("2549");
t182();
t("私も帰ろうとするとアパートでテレクラに電話をした先輩に呼び止められました。");n();
t("「まだ時間があるからお茶を飲んでいきましょういいでしょう」と言われました。");n();
t("近くのロッテリアにでも行くのとばかり思っていましたが、先輩は私をさっき");h("女友達");
t("が男性と入った喫茶店に連れていきました。");n();
t("私はもうさっきの男性は帰ったはずだからと気にもしていませんでした。");n();
t("席につくと先輩は携帯電話を取り出して話を始めました。");n();
t("しかしなんだか様子が変でした。");n();
t("先輩の声は時々小刻みに震えながら、小さな声で「はい、」とか「いいえ」を繰り返していました。");n();
t("やがて、先輩はトイレに行って来るといって、喫茶店の奥に消えていきました。");n();
t("しばらく帰ってこないのでお酒のせいで気分が悪くなったのかしらと思い、トイレの様子を見にいきました。");n();
t("するとトイレのドアからは、先輩とそれからさっき待ち合わせをしていた中年の男性が一緒にでてきました。");n();
t("私はまださっきの男性が喫茶店にいたことに気がついてちょっとまずいなと思いました。");n();
t183();
t("先輩が席に戻ると、さっきの中年の男性が先輩になにか話しかけていました。");n();
t("それから先輩が私に「これから面白い店にいくんだけど、いっしょに来るでしょう」と言います。");n();
t("私は先輩だけ行かせるわけにもいかないと思い、いっしょに行くことにしました。");n();
t("喫茶店にはさっきの男性のほかにもう一人同じくらいの歳の中年の男性もいて、私たちは4人で店をでました。");n();
t("裏道を入ってしばらくあるくと、けばけばしいネオンのビルがありました。");n();
}
function t2550(){
c_l("2550");
t("さっきの喫茶店の裏道を入ると、細い路地の奥にビルがあり入り口に小さな看板がでているのが見えました。");n();
t("「私一度この店来たかったの」と");h("女友達");
t("が言うので、私はビルのエレベータに入りました。");n();
t("エレベータで三階に上がって、ドアが開くと何だか変な雰囲気の店でした。");n();
t("紫色の薄暗い照明がうっすらと店の中を照らしていて、暗くて歩くのも危ない位でした。");n();
t("店は置くに向かって細長い作りで、アロマランプを焚いたような甘い匂いが店に立ちこめていました。");n();
t("奥のテーブルに案内されましたが、客らしい姿は見当たりませんでした。");n();
h("女友達");
t("が飲み物を注文すると、しばらくして紫色のグラスに入ったジュースの様な飲み物が運ばれてきました。");n();
t("グラスを口に寄せて味見をすると、強い香りと甘みがあり舌先が痺れるような感触がありました。");n();
t("次第に目が慣れてくると店の中の様子が次第にはっきりと見えてきました。");n();
t("ゆったりとしたソファーに、高さの極端に低いテーブルは普通の喫茶店にしてはなんだか変な気がしました。");n();
h("女友達");
t("が携帯を取りだして「今店に来たの、奥から三番目のテーブルにいるの」と話すと店の奥から「今行く」と男の声が聞こえてきたので私は何だか変だと気が付きました。");n();
t("一番奥のテーブルから男が二人立ち上がると、こちらに歩み寄って来るのが見えて私は不安な気持ちになりました。");n();
t("男の一人はさっき待ち合わせをしたテレクラ男に間違いありませんでした。");n();
h("女友達");
t("がこの店でさっきのテレクラ男と待ち合わせをしたんだと判って私はすぐに席を立とうとしました。");n();
t("半分立ち上がったとき急に目眩がして、私はソファーの上に尻餅をついて動けなくなりました。");n();
t("さっき飲んだ飲み物には変な薬が入っていたらしいと気が付きましたがもう手遅れでした。");n();
t4482();
}
function t2551(){
c_l("2551");
t("不意に");h("女友達");
t("が「私");h("フェラチオ");
t("大好きなの、今すぐしゃぶらせて、お願い」と男に囁くのが聞こえました。");n();
t("私が");h("女友達");
t("の様子を確かめると男のズボンの前が開いて、");h("女友達");
t("の手が");h("男根の表現");
t("を握りしめていました。");n();
t("男の腰が前後に小刻みに揺れるのに合わせて");h("女友達");
t("は");h("男根の表現");
t("を握った手を上下に動かしては何度も強く握りしめていました。");n();
h("女友達");
t("は男の腰の上に体を屈めると、舌先を男の");h("男根");
t("の先端に絡ませて嘗め始めました。");n();
t("さっき出会ったばかりの男に");h("フェラチオ");
t("をさせてとおねだりするなんて、普段の");h("女友達");
t("からはとても想像が付かない行動でした。");n();
t("私は思いもよらぬ出来事を目の前にして、体中が一気に熱く燃え上がりました。");n();
t("「お前もしゃぶりたいんだろう」と私の横に座った男が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("私は「はい」と小さい声で頷きながら返事をしました。");n();
t4296();
}
function t2552(){
c_l("2552");
t("「もっと楽しみたいだろう、いい思いさせてやるぜ」と男が");h("女友達");
t("の耳元で囁くのが聞こえてきました。");n();
t("「もう我慢できないの私」と");h("女友達");
t("がおねだりすると男は");h("女友達");
t("を立たせて店の奥に連れて行きました。");n();
t("私も男に抱きかかえられながら");h("女友達");
t("の後から店の奥に進みました。");n();
}
function t2553(){
c_l("2553");
t("紫色のカーテンを開けると、奥にベッドのある小部屋が見えました。");n();
t("ベッドの周りは三方が全部面鏡で、鏡に映った");h("女友達");
t("と私の姿が幾重にも重なって見えました。");n();
h("女友達");
t("はすぐに自分からベッドの上に横になると、足を広げて男を誘う仕草をしました。");n();
t("男が私の後から私の体を抱きかかえると、胸を押し回しながら首筋にキスしてきました。");n();
t("私はベッドの立ちつくしたまま足が震えてきて止まらなくなりました。");n();
t("男にベッドの上に押し倒されると、すぐ頭の真上の天上も鏡になっていました。");n();
t("私が自分から足を広げると、");h("大陰唇");
t("が鏡に写るのが見えて私は恥ずかしくて体が熱くなりました。");n();
t("男の指先が");h("大陰唇");
t("をくすぐるように撫でると、私は背中を何度も仰け反らせました。");n();
t("男はすぐに私に体を重ねてきました。");n();
t("「この部屋の鏡はマジックミラーでね、外から全部丸見えなんだぜ」と男が私の耳元で囁いてきました。");n();
t("「この部屋で一度体験したら、もう病みつきになるんだぜ、見られるのが快感になるんだ」と男に言われて私は急に体が熱く燃え上がりました。");n();
t4439();
}
function t2554(){
c_l("2554");
t("紫色のカーテンを開けると鉄格子のドアがあり奥に小さな部屋が見えました。");n();
t("茶色のレンガの壁には鎖が取り付けてあり、なんだか変な感じでした。");n();
t("部屋の中央には白いマットレスが置かれていましたが、薄汚れたマットレスには血のにじんだらしい跡があって私は気持が悪くなりました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("はマットレスの上に寝かせられました。");n();
t("男は壁に手を伸ばして鎖を引きよせると、鎖の先端に付いた輪を私の両手にはめて鍵を掛けました。");n();
t("私は男達が何をするつもりなのか訳がわからずにされるままになっていました。");n();
t("私の両足にも鎖の先端の輪がはめられると、男が壁にあるハンドルを回し始めました。");n();
t("ギシギシと音を立てながら鎖が巻き取られると、私は両手と両足が鎖でひっぱられて身動きできなくなりました。");n();
t("男が部屋を出て行くと、入れ替わりに真っ裸の男が二人部屋に入ってきました。");n();
t("大柄で頭の禿げた男はお腹が大きく膨れていて股間の");h("男根の表現");
t("がはっきりと見えました。");n();
t("いったいどうなってるのか訳が分からなくて私は");h("女友達");
t("に「どうなってるの」と声を掛けましたが");h("女友達");
t("も困った顔をするだけで返事はありませんでした。");n();
t("男が");h("女友達");
t("に体を重ねようとしたとき「なんなんですか、止めて下さい」と");h("女友達");
t("が大声をだしました。");n();
t("「つべこべ言うんじゃない、金はもう払ってあるんだ」と男に言い換えされて私は何となく事情が分かってきました。");n();
t("テレクラ男に騙されて、他の男に金で体を買われるハメになったらしいと気が付いて私は怖くて体が震えだしました。");n();
t4439();
}
function t2555(){
c_l("2555");
t("私も帰ろうとすると");h("女友達");
t("が「面白い店があるから、いっしょにいきましょう」と誘います。");n();
t("このまま帰ってもつまらないので、私は");h("女友達");
t("について行くことにしました。");n();
}
function t2556(){
c_l("2556");
t("さっきの喫茶店の裏道を入っていくと、けばけばしいネオンのビルがあり、その前にさっきの男性が待っていました。");n();
t("その男性の脇にはやはり、中年の男性が煙草を吸いながら立っていました。");n();
t("私はこうゆうことだったのねと気がつきましたが、");h("女友達");
t("といっしょなら大丈夫と思い一緒に店に入りました。");n();
}
function t2557(){
c_l("2557");
t("エレベータをあがって狭い入り口を入ると、店の中には丸いテーブルがいくつも置いてあり、中央には小さなステージがありました。");n();
t("私たちはステージのすぐ脇の席に案内されました。");n();
t("お酒をすすめられて、すこしだけ口にすると");h("女友達");
t("はもう顔が真っ赤になっていました。");n();
t("場内にうるさいほどの音楽が始まるとショーが始まりました。");n();
t("黒い皮の衣装をつけた変な格好の男性が、マイクの紹介で舞台に登場しました。");n();
t("ボディービルディングで見かけるような、逞しく盛り上がった筋肉のついた小柄な男性でした。");n();
t("男性は調教師と名乗り、手に鞭をもっていました。");n();
t("私はどうも変なショーが始まるらしいと心配になってきました。");n();
t("男の回りを派手な衣装の女の子達が取り囲み、変なしぐさの踊りを始めました。");n();
t("踊りの途中で男が急に「なんだこの下手な踊りは、お仕置きしてやる」と怒鳴りながら、鞭を成らしました。");n();
t("踊り手の女性の一人が男性の前に連れ出されると「この女だいつも踊りが下手な女は」と言われて泣き出しました。");n();
t("男が「泣いて済むと思っているのか」と行ってまた怒鳴ると女性はしゃがみ込むと男性の");h("男根");
t("を顔を近づけました。");n();
t("あまりに私の目の前すぐそばなので私はびっくりして声も出ませんでした。");n();
t("女性の頭が左右に動き続けるとやがて男は「もういいお前は下手くそだ」と言って女性を押しのけました。");n();
t("調教師は「しゃぶるのが上手な女はいないか」と低い声で場内いっぱいに聞こえる声でどなりました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("がすぐに席をたって前に進むと調教師の前に膝をついていました。");n();
t("私はあまりのことになにがなんだかわからなくなりました。");n();
t("すると中年の男性は「この女");h("フェラチオ");
t("が大好きでねさっき喫茶店のトイレでもやらせたんだ」と言うのが聞こえました。");n();
t("ピチャピチャと音を立てて");h("女友達");
t("の舌が調教師の");h("男根");
t("に絡みつくのを目の前で見ると、私はびっくりして言葉が出ませんでした。");n();
t("「もっと喉の奥まで入れるんだ」と調教師が");h("女友達");
t("を怒鳴りつけると、手にした鞭で");h("女友達");
t("のお尻を叩きつけました。");n();
h("女友達");
t("は喉の奥からうめき声のような悲鳴を上げると、苦しそうに涙をだして顔を歪めました。");n();
t("私は");h("女友達");
t("を見ているだけで、気が遠くなって半分めまいがするような気分で体が震えてきました。");n();
t("体の震えが止まらないでいると、私の隣に座った男性が私の膝に手を伸ばしてきました。");n();
t4482();
}
function t2558(){
c_l("2558");
as2558=new Array("2560","2559");
e_l(as2558);
}
function t2559(){
c_l("2559");
t("私の耳元では調教師が鞭をしならせて");h("女友達");
t("をたたく音が響き続けました。");n();
t("調教師は今度は私のすぐ横のテーブルまで来ると「");h("フェラチオ");
t("の大好きな女はいないか」とまた私の前で鞭を打ち鳴らしました。");n();
t("「次はお前の番だ分かってるのか」と男が耳元でささやくのが聞こえました。");n();
t("私はもうさからえないと思い、席を立ってテーブルの脇に膝をつきました。");n();
t689();
t4296();
}
function t2560(){
c_l("2560");
t("ショーが終わると、私たちは近くのラブホテルに誘われました。");n();
t("私はもうとても断ることはできませんでした。");n();
t676();
t3669();
}
function t2561(){
c_l("2561");
as2561=new Array("2565","2566");
e_l(as2561);
}
function t2562(){
c_l("2562");
as2562=new Array("2564","2563");
e_l(as2562);
}
function t2563(){
c_l("2563");
t("春になって、先輩達も卒業後の就職や、結婚などの進路もだいたい決まった頃クラブで恒例の追い出しコンパをすることになりました。");n();
t("男の子を呼んでのほかの大学との合同のコンパはもう終わったので、あとは、私の大学のクラブの学生だけの身内の最後のコンパでした。");n();
t("先輩の何人かは、もうアパートを引き払っていて故郷に帰っていて、最後のコンパにはあまり人数は集まりませんでした。");n();
v["コンパ"]="追い出しコンパ";
}
function t2564(){
c_l("2564");
t("4月が始まると入学式の当日は部員の正門の近くで大学のクラブの学生がクラブごとに新入生の勧誘をしました。");n();
t("私と");h("女友達");
t("もなんとか部員を集めようと頑張りましたが、今年は2人しか集まりませんでした。");n();
t("新学期の授業も始まると、新入生歓迎コンパをすることになりました。");n();
t("コンパといってもお金がないので、部室でお菓子とかジュースを用意して、二次会は近くのロッテリアに行っただけでした。");n();
v["コンパ"]="新歓コンパ";
}
function t2565(){
c_l("2565");
t2563();
t2571();
}
function t2566(){
c_l("2566");
t2564();
t2571();
}
function t2567(){
c_l("2567");
t("なにをやるのかしらと思っていると「これからテレクラに電話するの」と先輩の一人が教えてくれました。");n();
}
function t2568(){
c_l("2568");
if((typeof v["コンパ"] !="undefined") && (v["コンパ"] == "追い出しコンパ")) { t2569();}else if((typeof v["コンパ"] !="undefined") && (v["コンパ"] == "新歓コンパ")) { t2570();}}
function t2569(){
c_l("2569");
t("いろいろと、くだらないおしゃべりをしてもうお開きというころ、先輩の一人が「最後だからあれやろう」と言い出します。");n();
}
function t2570(){
c_l("2570");
t("いろいろと、くだらないおしゃべりをしてもうお開きというころ、先輩の一人が「あれやろう」と言い出します。");n();
}
function t2571(){
c_l("2571");
t("大学の部室でひとまず一次会をして、あとは近くの喫茶店で2次会をしました。");n();
t("男の子がいないせいか、あまり盛り上がりはありませでした。");n();
t("2次会のあと、いつもみんなで集まる先輩のアパートに行くことになりました。");n();
t("途中のお酒屋さんでワインを数本かって、一人一本づつもって先輩のアパートまで来ました。");n();
t2568();
t2567();
t("私はびっくりして、なんか変な遊びとか聞いていたのはこのことかと思いました。");n();
t("阿弥陀くじを作って当たった先輩が電話をかけました。");n();
t2613();
t("私はこれで終わったとほっとしました。");n();
t("しかし、また先輩が阿弥陀くじを用意しています。");n();
t("次のにまた誰かが電話するのかと思っていると、今度は会いに行く女の子を決めるのだといいます。");n();
t("今度は");h("女友達");
t("がくじに当たってしまいました。");n();
t("困った顔をするだろうと思っていたのですが、");h("女友達");
t("はなにか面白そうだと期待しているようなので、それもやばいなと思いました。");n();
t("先輩のアパートを出ると、みんなで近くの池袋の駅まで歩きました。");n();
t("待ち合わせの場所近くにみんなで行くと、それらしい男性が待ち合わせの場所にいました。");n();
t("電話ではわからなかったのですが、中年のお腹の大きくふくらんだいかにもいやらしそうな男性でした。");n();
h("女友達");
t("は、さすがにちょっと困った顔をしていましたが「さっさといきなさいよ」と先輩の一人にお尻をおされて、男に近づきました。");n();
t("二言三言言葉を交わしてから、二人は近くの喫茶店に入りました。");n();
t("私は先輩達と一緒に二人の入った喫茶店の近くまできました。");n();
t("店は正面がガラス張りになっていてカウンターのような高い座席に");h("女友達");
t("と男が並んで、座っているのが見えました。");n();
t("二人はなにやらおしゃべりをしていましたが、男の手が");h("女友達");
t("の膝に伸びるのが見えました。");n();
t("先輩達は歓声をげて、ことの成り行きを他人事のように見守っていました。");n();
t("男の手は");h("女友達");
t("の膝を開かせてるように動いたので、");h("女友達");
t("のピンク色の下着がこちらに丸見えになりました。");n();
t("「どきどきだね」と言いながら先輩達は息をのんで様子をうかがっていました。");n();
t("すると");h("女友達");
t("が席をたち、男もすこし後に席をたって店の奥に入るのが見えました。");n();
t("しばらくして先輩の携帯電話に");h("女友達");
t("から電話が入って「今喫茶店のトイレからかけてるんだけど、カラオケに誘われたの、断って帰るから」と連絡してきました。");n();
t("しかし、");h("女友達");
t("の声はどこか小刻みに震えた口調でなにか様子が変でした。");n();
t("先輩の一人が「トイレでなんかHなことでもしてるんじゃないの」というと、みんなが一斉に笑いました。");n();
}
function t2572(){
c_l("2572");
if((typeof v["コンパ"] !="undefined") && (v["コンパ"] == "追い出しコンパ")) { t2573();}else if((typeof v["コンパ"] !="undefined") && (v["コンパ"] == "新歓コンパ")) { t2574();}}
function t2573(){
c_l("2573");
h("女友達");
t("がすぐに喫茶店からでてきたので、ひとまずこれでお開きになり、これで最後の");h("コンパ");
t("もやっと終わりました。");n();
t("卒業する先輩達はなごりおしそうな様子で、帰り道につきました。");n();
}
function t2574(){
c_l("2574");
h("女友達");
t("がすぐに喫茶店からでてきたので、ひとまずこれでお開きになり、これでやっと");h("コンパ");
t("も終わりました。");n();
t("新入生の女の子達は、お酒を飲むのは初めてだったらしくて先輩達が寄り添って送っていきました。");n();
}
function t2575(){
c_l("2575");
as2575=new Array("2580","2577");
e_l(as2575);
}
function t2576(){
c_l("2576");
t("もう夜中近くになって突然電話が鳴りました。");n();
t("今頃なんだろうと思って電話にでると");h("女友達");
t("でした。");n();
}
function t2577(){
c_l("2577");
t2576();
t("「私ね今");h("フェラチオ");
t("してるの私");h("フェラチオ");
t("大好きなの」といきなり");h("女友達");
t("が言い出したので私はびっくりしてしまいました。");n();
h("女友達");
t("はお酒に酔っているらしくて、ろれつの回らない口調で「");h("私の愛称");
t("も");h("フェラチオ");
t("したいでしょう、今すぐしゃぶらせて貰えるのよ」と言うのでどうも様子が変だと気が付きました。");n();
t("「今誰と一緒なの、相手の男の子は誰なの」と私が聞いてみると「");h("男性性器の愛称");
t("おっきいの、");h("私の愛称");
t("もおっきい");h("男性性器の愛称");
t("好きでしょう」と言い出すのでこれはたいへんだと気が付きました。");n();
h("女友達");
t("が誰か知り合いの男の子にでも誘われて、お酒を飲まされて危ない目に遭ってるらしいと見当が付きました。");n();
h("女友達");
t("の話しではいまカラオケ店に居るらしいという事なので、私はすぐに");h("女友達");
t("を迎えに行く事にしました。");n();
t2578();
}
function t2578(){
c_l("2578");
t("急いで池袋まで地下鉄で行くと、駅前で道順をきいて、カラオケ店まで行きました。");n();
t("さっきの喫茶店からそれほど遠くない裏通りにカラオケ店はありました。");n();
t("私は急いで中に入るとカラオケ店の受付の男の子に聞いてみました。");n();
}
function t2579(){
c_l("2579");
t("「気分が悪くて動けないので迎えに来て」と言われて、私はあわててアパートを出ました。");n();
h("女友達");
t("はお酒に弱くて、すこしでもお酒を飲むと倒れ込んで起きあがれなくなるので、今度もまたお酒を飲まされたに違いないと思いました。");n();
}
function t2580(){
c_l("2580");
t2576();
t("「いまカラオケしてるの」と言われていまごろ何を言っているのだろうと思いました。");n();
t("すると「池袋のカラオケ店にまだいるの」と");h("女友達");
t("がいいます。");n();
t("私はようやく、さっきの待ち合わせの男性とあのあとカラオケに行ったのだと気がつきました。");n();
t2579();
t2578();
}
function t2581(){
c_l("2581");
t4();
t2601();
}
function t2582(){
c_l("2582");
as2582=new Array("2594","2584");
e_l(as2582);
}
function t2583(){
c_l("2583");
t("男は鞄から小さな瓶を取り出すと「元気が出るから飲んでごらん、ちょっと苦いけどよく効くんだよ」と言って私に茶色の瓶を渡しました。");n();
t("私は疲れていたのでちょうどよかったと思って男に渡された瓶を飲み干しました。");n();
t("少し苦い液体が胃に入ると胃袋が急に熱くなってなんだか変な気分になりました。");n();
t("すぐに頭の中がぼんやりとしてきて、男が何か話している言葉も聞こえなくなりました。");n();
t("私はなんだか眠くなって、すぐにでも寝てしまいそうになり半分目が閉じてきました。");n();
}
function t2584(){
c_l("2584");
t2583();
t2585();
}
function t2585(){
c_l("2585");
as2585=new Array("2593","2588");
e_l(as2585);
}
function t2586(){
c_l("2586");
t("男が「そろそろ、出ようか」と声を掛けてきましたが私は返事ができませんでした。");n();
t("男は私の体をしっかりと両手で抱えて支えると、駐車場に置いてある車まで歩かせました。");n();
t("私が助手席に座ると、男はリクライニングシートを後にたおして、私の体の上にのし掛かってきました。");n();
t("男の唇が私の口の中に入ってくると、私の舌先を探り当てて嘗め回してきました。");n();
t("私はさっき飲んだ薬のせいで体が重くてじっとしたまま男にされるままになっていました。");n();
}
function t2587(){
c_l("2587");
t("男は私の体を楽しんだ後、車を運転してマンションの地下の駐車場に入りました。");n();
t("私の体を支えてエレベータに乗ると、エレベータの中でも私にキスを続けました。");n();
t("エレベータを降りて、男に体を支えられて歩くと、男はドアを開けて私を部屋に連れ込みました。");n();
}
function t2588(){
c_l("2588");
t2586();
t2587();
t2589();
}
function t2589(){
c_l("2589");
as2589=new Array("2592","2591");
e_l(as2589);
}
function t2590(){
c_l("2590");
t("中に入ると細い廊下の先にはリビングルームがあり大きなプラズマテレビが置いてあるのが見えました。");n();
t("男は私を寝室らしい部屋に連れ込むと、部屋の灯りを付けました。");n();
t("紫色の薄暗い照明はゆっくりと点滅を繰り返してなんだか変な雰囲気でした。");n();
t("男は私をベッドの上に寝かせると、私の服を一枚づつ脱がせ始めました。");n();
t("私は頭がぼんやりとして体が重くて、腕を持ち上げることもできませんでした。");n();
t("やがて部屋の中には、怪しげな香りが漂いはじめました。");n();
t("さっき男が付けたランプはアロマランプらしくて、息を吸うたびに鼻につんと来る香りがして体中が熱くなっていきました。");n();
}
function t2591(){
c_l("2591");
t2590();
t("急に部屋のドアから男が数人入ってきました。");n();
t("男達は私の周りを取り囲むと、私の服を脱がせました。");n();
t("私のすぐ目の前にテレビカメラを持った男が近寄って来るのをみて私は大変なことになっているのだとやっと気が付きました。");n();
t("今男達がやっているのは裏ビデオの撮影に間違いありませんでした。");n();
t("私は逃げだそうと必死で男達を押しのけようとしましたが、頭が朦朧として体を動かせませんでした。");n();
t4439();
}
function t2592(){
c_l("2592");
t2590();
t("男は私の");h("下着");
t("を脱がすと、自分も全裸になって体を重ねてきました。");n();
t4439();
}
function t2593(){
c_l("2593");
t2586();
t("男は私の体を十分楽しんだ後、車を運転してラブホテルに連れ込みました。");n();
t("部屋に入ると男はすぐに私をベッドに押し倒してきました。");n();
t4439();
}
function t2594(){
c_l("2594");
as2594=new Array("2595","2596");
e_l(as2594);
}
function t2595(){
c_l("2595");
t2602();
t2603();
t3631();
}
function t2596(){
c_l("2596");
t2602();
t2610();
t2099();
t2094();
}
function t2597(){
c_l("2597");
t("学期末になって掲示板に私の名前が掲示してあって呼び出されました。");n();
t("あわてて教務課に行くと実習の出席が一日たりないと言われました。");n();
t("必修の科目なのでこのままだと進級できないと言われ愕然としました。");n();
t("教科主任の先生に相談にいくと、なんとかレポートにしてもらうよう頼んでみると言ってくれました。");n();
t("結局のところ出席一日分はなんとかレポートで埋め合わせてもらえることになりました。");n();
t("すぐ書けると思って締め切りの前日までなにもしませんでした。");n();
t("前日になって学校の図書館にいくと、レポートを書くのに必要な本がみあたりませんでした。");n();
t("私はびっくりして図書館の人に聞くと、その本はここの図書館にはないとのことです。");n();
t("あわてて調べてもらうと、日比谷図書館までいかないとないとのことでした。");n();
t("地下鉄に乗って日比谷までいき、日比谷公園のそばを通って日比谷図書館につきました。");n();
v["建物"]="図書館";
}
function t2598(){
c_l("2598");
t4();
t("私は急いでレポートを書くのに必要な本を借りて図書館を出ました。");n();
t("ようやくアパートに戻ったときはもう夕方近くになっていました。");n();
t("夕食のあとにレポートを書き始めましたがとても間に合いませんでした。");n();
t("午前2時近くになってようやく書き上がりました。");n();
t("朝一番で大学の事務のレポート受付箱に入れればやっと間に合うと思い安心しました。");n();
}
function t2599(){
c_l("2599");
t("すこしでも眠ろうと思いましたが緊張した気持ちが強くて寝付けませんでした");n();
t("どうしても眠れなくて気分がいらいらして、しかたなくテレクラに電話しました。");n();
}
function t2600(){
c_l("2600");
t677();
t2629();
t("約束はすっぽかせばいいからと思って布団をしいて寝ようとしましたが、どうしてもおなかがすいていて食べる物がありませんでした。");n();
t("それで近くのコンビニにおにぎりを買いにいくことにしました。");n();
h("オトコ");
t("と会う約束をしたコンビニに行かなければいいと思ってすこし遠回りして離れたコンビに行くことにしました。");n();
t("おにぎりを買って店をでると、私は帰り道を間違えて約束のコンビニの前を通りかかってしまいました。");n();
t("まずいと思って道を戻ろうとするとコンビニの前にとまっていた車がこちらにちかずいてきました。");n();
}
function t2601(){
c_l("2601");
h("オトコ");
t("が車から顔をだすと結構かっこいい男の子でした。");n();
t130();
t("近くに");h("ファミレス");
t("を見つけたからお茶でも飲まないと誘われました。");n();
t("私は");h("ファミレス");
t("には行ったことがなかったのでお茶くらいならいいと思って車にのりました。");n();
}
function t2602(){
c_l("2602");
t("お茶を飲んだ後、よかったら一緒に遊ばないかと言われましたが私は黙って返事をしませんでした。");n();
}
function t2603(){
c_l("2603");
t("アパートまで送って下さいというと");h("男");
t("は私を車に乗せました。");n();
t("私はアパートまで送ってくれるものとばかり思っていました。");n();
t("しかし車は私のアパートの方向とは反対の方向に走っていきました。");n();
}
function t2604(){
c_l("2604");
t("コーラス部の練習が終わったあと、先輩がみんなHな体験を一人づつ書くようにいいます。");n();
t("Hな体験談の投稿雑誌に投稿して、部費を稼ぐとの説明でした。");n();
t("翌日、先輩がみんなの原稿を集めました。");n();
t("書いて来た女の子はほとんどいなかったようでした。");n();
t("これでは、しょうがないですねと、先輩がなにやら相談していました。");n();
t("誰かテレクラに電話してその体験談を書けばいいとの話しになりました。");n();
t("大学から電話するわけにも行かないのでみなで私のアパートに来ることになりました。");n();
}
function t2605(){
c_l("2605");
t("阿弥陀クジでテレクラに電話をする人をきめる事になりました。");n();
t("私は誰がクジに当たるんだろうと思ってドキドキして結果を待ちました。");n();
t("クジで当たったのは私でした。");n();
t("私は困った事になったと思いましたが、今更断ることもできませんでした");n();
}
function t2606(){
c_l("2606");
t("電話してみるとすぐに男の低い声が聞こえてきました。");n();
t648();
t2629();
}
function t2607(){
c_l("2607");
t("私が電話を切ると、先輩がすぐに体験手記の原稿を書き始めました。");n();
t("しばらくして体験手記が出来上がると、先輩は大声で書いたばかりの体験手記を読み上げ始めました。");n();
t("たった今私が電話で男と話した会話をそっくりそのまま先輩が大声で読み上げるので私は恥ずかしくて泣き出しそうになりました。");n();
t("先輩の書いた体験手記では、私が待ち合わせの場所に行って男に出会った後、車でラブホテルに連れ込まれるストーリーに成っていました。");n();
t("私は「そんなことしてません」と先輩に抗議しましたが、「そのくらいの話しは作らないと体験手記にならないでしょう、これでいいのよ」と言われてしまいました。");n();
t("他の先輩達も「とっても良く書けてるからこのままでいいのよ」と言い張るので私はそれ以上はなにも言えませんでした。");n();
}
function t2608(){
c_l("2608");
t("みんなが帰ったあと、私は体のほてりが納まらなくてどうにもならない気持ちになりもう一度テレクラに電話しようと受話器を取り上げました。");n();
t("しかしもし本当に男と待ち合わせして、ラブホテルにでも連れ込まれたら大変な事になると思い直して受話器を戻しました。");n();
t("テレクラ男にラブホテルに連れ込まれたらどんな事になるんだろうと想像すると、体がいっきに熱くなって妄想が頭のなかで止まらなくなりました。。");n();
t("男の手が私の両足を広げて、腰を押しつけてくるのを想像すると体中が小刻みに震えてきました。");n();
t("私はもうとても我慢できなくて一番感じるところを自分の指で押さえつけて何度もこねるように指を使いました。");n();
t("男の激しい腰の動きを想像しながら自分から腰を前に突き出すと、嬉しくて涙がでてきました。");n();
t("繰り返し体を仰け反らせると、しばらくしてやっと息が落ち着いてきました。");n();
t("私はとても我慢できなくて、さっきテレクラの男と待ち合わせの約束をしたコンビニまで歩いて行きました。");n();
}
function t2609(){
c_l("2609");
t("合図の缶コーヒーをもって近くのコンビニに立っていると車が近づいてきました。");n();
}
function t2610(){
c_l("2610");
t("私は「もう帰ります」と言って席を立って外に出ると、アパートへの夜道を急ぎました。");n();
}
function t2611(){
c_l("2611");
v["友達"]="先輩";
}
function t2612(){
c_l("2612");
v["友達"]="女友達";
}
function t2613(){
c_l("2613");
t2611();
t2616();
}
function t2614(){
c_l("2614");
t2612();
t2616();
}
function t2615(){
c_l("2615");
if((typeof v["友達"] !="undefined") && (v["友達"] == "先輩")) {t("先輩");}if((typeof v["友達"] !="undefined") && (v["友達"] == "女友達")) {h("女友達");
}c_count=0;
n();
}
function t2616(){
c_l("2616");
as2616=new Array("2617");
e_l(as2616);
}
function t2617(){
c_l("2617");
t2615();
t("が「モシモシ」と小さい声で話し始めましたが、声が震えて居るのがはっきりと判りました。");n();
t("最初は普通に世間話をしているだけらしくて、");c_count=0;
n();
t2615();
t("は男に聞かれた事に素直に答えていました。");n();
t("しかし、だんだん");c_count=0;
n();
t2615();
t("の口調が次第に震えてかすれた声になっていくのが聞いていて判りました。");n();
t("きっと相手の男性からいろいろエッチな事を言われてるのに違いないと私は見当がつきました。");n();
t("「困ります、だめ」と");c_count=0;
n();
t2615();
t("が何度か男に言い返したあと「お願い止めないで、言うとおりにしますからやめないで」と言い出しました。");n();
t("それを聞いて先輩達は「いよいよあれね」言いながら顔を見合わせて面白がっていました。");n();
t2615();
t("は");h("下の表着");
t("を履いた、足を左右に開くと自分で腿の内側をそっと撫で始めました。");n();
t("左右にくすぐるように指先を動かすと、こんどは");h("下着");
t("の上から");h("クリトリス");
t("に指を押し当てました。");n();
t("男に何かまた言われたらしくて");c_count=0;
n();
t2615();
t("は左右に首をふると「だめ」と何度も小さく呟きました。");n();
t2615();
t("は背中を反り返らせ大きく息を吸い込むと、ゆっくりと吐き出しながら震える声で「すぐしゃぶらせて私");h("フェラチオ");
t("大好きなの」と言い出しました。");n();
t("しばらく");c_count=0;
n();
t2615();
t("の喘ぎ声が続いたあと「これからすぐ行きます」と");c_count=0;
n();
t2615();
t("は返事をして電話を切りました。");n();
}
function t2618(){
c_l("2618");
t2612();
t2628();
}
function t2619(){
c_l("2619");
as2619=new Array("2620","2621");
e_l(as2619);
}
function t2620(){
c_l("2620");
t("「");c_count=0;
n();
t4138();
t("」と男に聞かれて私は適当に答えました。");n();
t2622();
}
function t2621(){
c_l("2621");
t("それから「今、彼氏はいるの」と聞かれて「いません」と答えると「じゃあさみしいときしてることがあるだろう」と男に言われました。");n();
t("私は男が言いたいことにすぐに気がついて胸がドキドキしてきました。");n();
}
function t2622(){
c_l("2622");
t("「一人だと寂しいよね、気持いいこといつもしてるんだろう」と男に言われて、私は何を言われてるのかすぐに気が付きました。");n();
}
function t2623(){
c_l("2623");
as2623=new Array("2624","2625");
e_l(as2623);
}
function t2624(){
c_l("2624");
t("「今すぐ、やってごらん、いつもしてるようにするんだ、やらないなら電話切るよ」と男に脅されて私は体が一気に熱く燃え上がりました。");n();
}
function t2625(){
c_l("2625");
t("「いまどんな気分かな、感じて来ちゃったのかな、いつもみたいに一番感じる所をさわってごらん」と男に命令されました。");n();
t("私はどうしていいのかわからずに困ってしまいました。");n();
}
function t2626(){
c_l("2626");
t("「一番感じるところを指で押さえるんだ、押さえつけてゆっくり押し回してみろ」と男に指示されて私は震える指先で");h("クリトリス");
t("に指を押し当てました。");n();
}
function t2627(){
c_l("2627");
t("「彼氏にはいつも");h("フェラチオ");
t("してたんだろう、");h("フェラチオ");
t("大好きなんですと言ってみろ、言わないと電話切るぞ」と男に言われて私はもう逆らえなくなりました。");n();
t("「私");h("フェラチオ");
t("大好きなんです、本当に");h("男性性器の愛称");
t("大好きなんです」と男に答えると体中に溶岩のような熱い噴流が吹き上げてきました。");n();
}
function t2628(){
c_l("2628");
t("最初はさっきの");c_count=0;
n();
t2615();
t("と同じように世間話を普通にしてるだけでしたが、次第にエッチな話題を向けてきました。");n();
t("「");c_count=0;
n();
t4138();
t("」と男に聞かれて私はきっと");c_count=0;
n();
t2615();
t("もさっき同じ事を聞かれたんだと思い当たりました。");n();
t2622();
t2627();
t("さっき");c_count=0;
n();
t2615();
t("がテレクラ男にやらされたのと同じ事を一通りやらされると私はやっと体の震えが収まりました。");n();
}
function t2629(){
c_l("2629");
t2630();
t("「今すぐしゃぶらせてやるから、近くのコンビニまで出てこい、今すぐだ」と男に言われて私はどうでもいいやと思ってコンビニで会う約束をしました。");n();
}
function t2630(){
c_l("2630");
as2630=new Array("2631","2632");
e_l(as2630);
}
function t2631(){
c_l("2631");
t("最初は普通に世間話をしているだけでしたが、次第にエッチな話題を向けてきました。");n();
t2619();
t2623();
t2626();
t2627();
}
function t2632(){
c_l("2632");
t("私が女子大生だと紹介すると大学の話をいろいろきかれました。");n();
t2619();
t2623();
t2626();
t2627();
}
function t2633(){
c_l("2633");
as2633=new Array("2634","2635","2636","2405");
e_l(as2633);
}
function t2634(){
c_l("2634");
t4();
t515();
t2637();
t2643();
t2646();
}
function t2635(){
c_l("2635");
t4();
t515();
t2637();
t2643();
t2647();
t2648();
}
function t2636(){
c_l("2636");
t4();
t515();
t2637();
t2644();
t2645();
}
function t2637(){
c_l("2637");
as2637=new Array("2638","2640");
e_l(as2637);
}
function t2638(){
c_l("2638");
t2639();
t2642();
}
function t2639(){
c_l("2639");
t("コーラス部の卒業コンサートの会場が今年は改装工事で借りられないことになりました。");n();
t("先輩がほかの大学のコーラス部の役員といろいろ相談したのですが、ほかの会場は値段が高くてとても借りられませんでした。");n();
t("卒業記念コンサートはしないわけにはいかないと言うことになり、会場の借り賃はみんなで何とか工面することになりました。");n();
t("一人当たりにするとかなりの金額で、コンサートのチケットを売るだけではとても足りませんでした。");n();
t("なんとかならないかと考えては見ましたが、お金を工面するあてはありませんでした。");n();
}
function t2640(){
c_l("2640");
t2641();
t2642();
}
function t2641(){
c_l("2641");
t("試験のための参考書を買うために生活費を使い込んで月末にお金がたりなくなりました。");n();
t("しかたなくクレジットのキャッシングでその月はなんとかしのぎましたが、翌月になると");n();
t("どうしても月末までお金がたりなくなりました。");n();
}
function t2642(){
c_l("2642");
t("私は週刊誌で高校の時の学生服を買ってくれる店があるという記事を見たのを思い出しました。");n();
t("私は本屋でレディースコミックを買って後ろの方をめくってみると、やはり制服買いますの広告がありました。");n();
t("私は高校の時の学生服をもってその店にいってみました。&qu