現役女子高生デリヘル日記

by七度柚希

目次

1.女子高生デリヘル日記

2.地下鉄の痴漢

3.アンダースコートが丸見え

4.大学生と合コン

5.二次会はカラオケ

6.公園の次はハプニングバー

7.コスプレ強制調教

7.コスプレ強制調教

 男が携帯を操作すると別の画面になり、セーラー服の女の子がテーブルに縛られている場面が写った。
 男がすぐ正面のガラスの向こうの部屋を指さした。
 同じ場面が携帯にも映ってる。
 インターネットにホームページで、店の中がカメラで中継されているんだ。
 ここで逆らったらどんな目にあわされるか判らない。
 急に後ろのテーブルで、女の子が喘ぐ声が聞こえた。
 さっきからトランプでゲームをしていたテーブルだ。
 どうもセーラー服の女の子がトランプで負けたので、罰ゲームが始まったらしい。
 テーブルの上に、仰向けになって大きく足を開いた女の子が乗っかって、腰を振りながらオナニーをしてる。
 わざと大きな声をだしながら、腰を廻すようして動かしてる。
 それも腰を真上に突き出して足を大きく広げて、まるでアダルトビデオでも見てるみた。
 とても普通の女の子がするオナニーなんかじゃない。
 ウェイトレスの女の子は、なにも無かったようなすまし顔で相変わらず飲み物を運んでる。
 よくまあ、平気な顔をしていられるもんだ。
 男が携帯を操作すると、画面が変わってオナニーしてる女の子が映った。
 テーブルの真上に隠しカメラがあるらしい。

 こんな店にこのままいたら、なにをされるか判ったもんじゃない。
 なんでもいいから、ともかく店を出るしかない。
 ともかく何でもいいから理由をつくって店をでるんだ。
「私デリヘルで働きたかったんです。ホントなんです」とひとまず言って様子を見た。
「そうかじゃあちょうど良かったな、だけどどうしてデリヘルで働きたいんだ」とまた聞き返された。
 これはうまく話しを合わせて誤魔化すしかない。
「私彼氏に振られたんです。だから彼氏のこと忘れたくて」
「デリヘルで働けば彼氏のことすぐ忘れられると思うんです」とまた言ってみた。
「そうか、じゃあ彼氏が初めてだったんだ。初めての男はなかなか忘れられないもんだ女の体ってのは」と言って男が笑ったので、これはうまく行きそうだと思った。
「そうなんです、彼氏より上手な人に抱かれたいんです」とまた試しに言ってみた。
「そうか、じゃあ俺が今夜彼氏のこと忘れさせてやるぜ。おれは女の体を喜ばすのは上手いんだぜ」とまた男が得意になって耳元でささやいた。
 これはちょうどいい、このまま一押ししてともかくここを出るしかない。
「二人だけになる所につれてって」と拗ねて甘えた声をだしてみた。
 だが、なかなかこの店を出ようと言いだしてはくれない。
 しょうがないこうなったら奥の手だ、私は手のひらを下に向けて男の膝の上に手を載せて腿の内側にゆっくり動かした。
 まるで痴漢みたいだけど、もうやるしかない。
 どうやってやればいいのか判らないけど、ともかく痴漢にいつもされてることをすればいいはず。
 腿の内側を撫で上げて、盛り上がった所に指先が近づくと、もうズボンが突っ張ってる。
 ゆっくりと指先を使いながら、今度は手の平を押し当てながら指先を震わせた。
 すぐに指の下で堅くなるのがわかった。
 こんどは、指先をなぞるように動かすと、小刻みに震える感触が伝わってきた。
 さすがにもう我慢できなくなった様子で男は立ち上がりながら「じゃあ、行こうか」と私の手を取った。
 私はこれでひとまずなんとかなったと、「ねえ、行こう」と彩香ちゃんに声をかけた。
 彩香ちゃんは男に返してもらった携帯を開けるとまたメールを書き始めた。
 私が席を立っても、彩香ちゃんはすぐには椅子から降りようとはしない。
 変だと思ってよく見ると、隣の男の手が彩香ちゃんのスカートの奧に入れられていて立つにも立てないのだ。
 これはしょうがない、私は男の背中に胸を押しつけて押し回しながら、後ろから抱きついて「ねえ、はやくう」と甘えてみた。
 すると男はやっと彩香ちゃんのスカートの下から手を戻すと、今度は手を後ろに回して私のスカートの下に入れてきた。
 もう一方の手が私の手を握りしめて私の身体を引き寄せるので、逃げようがない。
 私は一瞬焦ったけど、ここで引っ込むようではどうにもならない。
 男の指の動きに逢わせて、顎を上に持ち上げながら息を飲み込みながら喘ぎ声を上げた。
 すると男は調子に乗って、指をアンダースコートの裾から指先を奧までいれてきた。
 もうどうでもいいやと思って今度は大きい声を上げて男に胸を押しつけると、彩香ちゃんが不満そうな顔で「ちょっと、早く行きましょうよ」と男に声を掛けた。
 やれやれ、やっとみんなで席を立つと、私はスカートを直した。
 彩香ちゃんもスカートをなおしながら、またメールを打ち始めた。

 こんなときメールなんかしてなくいいのにと思ったが彩香ちゃんは歩きながらもメールを打ってる。
 店を出ようと男がレジで支払いをしているとき、彩香ちゃんが携帯でメールを打ちながらトイレに行こうとした。
 そのとき私ははっとひらめいた。
 ここでまた学校の制服のセーラ服から、テニスウェア姿に着替えてしまえばいい。
 そうすれば店の女の子とすぐには見分けが付かないはず。
 そのままさっき入ってきた裏口から逃げてしまえばいい。
 彩香ちゃんの後から狭いトイレに入ると、彩香ちゃんにすぐテニスウェアに着替えるように言った。
 だけど彩香ちゃん、なんでテニスウエァに着替えるのか訳が分からない顔をしている。
 説明してる時間なんかない、ともかくなんでもいいからと言いくるめて急いでテニスウェアに着替えた。
 髪の毛をアップにまとめれば見た感じがすぐには判らないからなんとかごまかせるはず。
 すぐ横の戸棚を見ると、従業員用のエプロンがさっき青いカクテルで汚れておきっぱなしに成っている。
 これはちょうどいいと、二人でエプロンを付けると、見た目には従業員の女の子に見える。
 恐る恐るトイレから出ると、さっきの男二人はもう店のドアを出て、私と彩香ちゃんがでてくるのを待ってる様子。
 レジにいたウェイトレスも店の奥に戻ってもういない。
 彩香ちゃんはまだメールを打ってるが、ともかくここは逃げるしかない。
 ドアの向こうの男の方を見ないようにして、こっそりと忍び足で店の奥に戻ると、さっき入って来た裏口を探した。
 細長い店の奥に奧にドアがあるので、そこに違いない。
 さりげないそぶりで最初はゆっくりと歩きながら、急いでドアに駆け寄った。
 ドアのすぐ裏に階段があるはずと思いながらドア開けると、ドアの後ろは厚いカーテンだ。
 この先が階段だと思ってカーテンを開けた。

 暗くてよく見えないけど、階段があるはずと思って前に進むと、急に誰かが後ろから私を床に押し倒した。
 前につんのめって両膝をついて四つん這いになると、背中の上に後ろからのしかかられた。
 床に身体が押しつぶされると、こんどは片足がひっぱりあげられて何かに縛り付けられた。
 なにが何だか判らない内に、両手と両足が押さえつけられて縛られた。
 頭を上げると、目の前に大きなテーブルがあり、さっき見た女子高生が縛られていた。
 その横の壁は大きな鏡になっていて、私が縛られているテニスウェアのアンダースコートが丸見えだ。
 さっき見たテーブルが目の前にあるってことは、この部屋の壁はマジックミラーなんだ。
 そばにいる男は黒い皮のシャツとズボンを穿いて手に鞭を持っている。
 間違えて別のドアに飛び込んだらしいと気が付いたけどもう遅い。
「おい、お前か、デリヘルで働きたいっていう女子高生は」
「それとも、デリヘルでなんか絶対働きたくないっていう女子高生か」
「まあどっちでもいいんだ、どうせ明日の朝までに、デリヘルで働きたい体にしてやるから、どっちでも同じだ」というと、私の耳元にぴしゃっとするどい音が響いた。
「私ぜったいやです、明日の朝に成っても絶対いやです」とセーラー服の女の子が泣きながら叫ぶと、男はうす気味悪い笑顔を作って横を向いた。
 男は今度は「今月中にあと二人、デリヘルで働く女子高生を引っ張ってくるんだ、それが出来なければ、お前もお仕置きだ」と私の頭の上に向かって声を掛けた。
 なんとか顔を上げると、彩香ちゃんにアンダースコートが頭の上に見えた。
 男が声を掛けた相手は彩香ちゃんらしい。
 すると彩香ちゃんは「吉田先生に言われたとうりちゃんとやってます」と言ってむきになって言い返した。
 彩香ちゃんが最初から私をデリヘルで働かせる為に、この店に連れ込んだらしいとなんとなく判ってきた。
 だけどなんでそんなことになったんだろう。
 彩香ちゃんが視線を横に向けた。
 部屋の正面にはマジックミラーがあり、今はこちらから店の様子が見える。
 マジックミラーのすぐ向こう側のカウンターの席で、テニスウェア姿の女の子が、男の人にお尻を触られながらこちらを振り向いた。
 背の低い小柄な女の子は恵美ちゃんだとすぐ判った。
 お尻に手を当てているのは吉田先生だ。
 さっき公園で二人いっしょだったから、そのあとこの店に吉田先生がさそったんだ。
 恵美ちゃんは痴漢の相談を吉田先生にしてたはず。
 それで吉田先生がうまいこと言いくるめて、この店に連れ込んだらしい。
 彩香ちゃんも、吉田先生に痴漢の相談をしたはず。
 てことは、痴漢とグルになって、痴漢に会った女の子が吉田先生に痴漢の相談をして、吉田先生が今度はこの店に連れ込むという手順らしい。
 今度は、誰かが吉田先生に声を掛けた。
 カウンターの横に座っている男の人が数人、なにか言いがかりを付けて、吉田先生をなぐり倒すと、吉田先生は口から血をだして、床に寝転がり動かなくなった。
 そうだこれがいつもの手口なんだ。
 そんなの全部嘘よ、最初から仕組んだ芝居なのよと恵美ちゃんに教えたくても、教えようが無かった。
 恵美ちゃんが床に押し倒されると、男がアンダースコートを膝まで引きずり落とした。
 男の怒鳴り声が、マジックミラー越しに聞こえてたけど、何をいってるのか判らない。
 だけどきっと「デリヘルで働け」と脅してるに違いない。
 部屋の明かりが急に明るくなって、今まで見えていた店の光景が見えなくなりマジックミラーに私が縛られた姿が映った。
 恵美ちゃんからは今度は、私が縛られているのが見えてるはず。
「言うことを聞かないと、この女みたいに痛い目に遭わせる」と私の縛られている姿を見せて脅してるに違いない。
 私の頬のすぐ脇に鋭い鞭の音が冷たい空気を切り裂いて響いた。
 顔を上げると、男が薄気味悪い笑顔で私を見下ろした。
「早くやっちゃってよ」と彩香ちゃんの冷たい声が後ろから聞こえると、男は頷きながら顔を歪めて笑った。




       完

6.公園の次はハプニングバー<< ページトップ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音