現役女子高生デリヘル日記

by七度柚希

目次

1.女子高生デリヘル日記

2.地下鉄の痴漢

3.アンダースコートが丸見え

4.大学生と合コン

5.二次会はカラオケ

6.公園の次はハプニングバー

7.コスプレ強制調教

6.公園の次はハプニングバー

 カラオケ店を出て、裏道にはいって少し歩くと、小さな公園がある。
 中央に街灯が立ってるけど、公園の周りは木が茂っていて中は暗い。
 並んだベンチには、カップルが座っていてみんな抱き合ってる。
 夜の公園てすごいって彩香ちゃんが言ってたけど、やっぱりホントなんだ
 きっとこの公園でエッチなことして、気分が盛り上がった所でラブホテルなんだ。
 ベンチに座ると、すぐキスされて胸も撫で回された。
 もうここまで付いてきて、いまさら断れる訳はない。
 彩香ちゃんも隣ですぐ、小さく呻くとなんども「いや」と繰り返すのが聞こえた。
 だけど嫌と言いながら、携帯でメールを打ってる。
 きっとまたBLOGに「今公園で口説かれてるの」と書いてるんだ。
 私もBLOGに何か書こうと思って携帯を出すと丁度目の前の奧のベンチにカップルが居るのが見えた。
 女の子はテニスウェア姿だ。
 こんな所でテニスウェア姿の女の子なんか居るわけはない。
 男の子はどうもさっき居酒屋にいた吉田先生らしい。
 だけど、女の子はどうも百合恵ちゃんじゃあないみたい。
 男の子の手は、スコートの下に入ってるけど、女の子は携帯をいじってる。
 私は気になって、恵美ちゃんのBLOGを携帯で開けてみた。
 すると「今、吉田先生と一緒に夜の公園に来てるんです」と書いてある。
 「口説かれちゃって、彼上図なの」とかなんとも調子のいい文章だ。
 やっぱり女の子は恵美ちゃんだ。
 BLOGには朝の痴漢の事も書いてあった。
 恵美ちゃんは痴漢の事を吉田先生に相談したくて、それで合コンのあと吉田先生に「聞いて欲しい事があるんです」とかなんとか言って、吉田先生は吉田先生で痴漢の相談を付き合うきっかけの口実だと思ったらしい。
 だけど吉田先生には、百合恵ちゃんがいるはずなのに。
 BLOGを見ていて、変なことに気が付いた。
 誰かがコメントを付けてる。
 それも、たったいま恵美ちゃんがベンチで吉田さんと一緒に座ってるのを何処かから見てコメントつけてるんだ。
 この公園の何処かで恵美ちゃんと、吉田先生の事をのぞき見してる人がいるってことだ、だけどいったい何処にいるんだろう。
 公園の中は、見回してみても暗くてベンチに座っているカップル以外は見当たらない。
「面白い店があるからちょっと寄っていかないか、ちょっとだけだから」とまた男に誘われた。
「ちょっと」という所を強調するところがいかにも怪しい誘い方。
 もう面白い所なんからいいからすぐラブホテルに連れってってほしい気分。
 だけど断るってのもまずいし、誘われたらついていくしかない。
 少し先のビルの階段をあがると、薄汚いドアを開けて狭い通路をから奧に入った。
 カウンターに座って見回してみると飲み屋みたいな店。
 だけどなんかカウンターの場所が変。
 入って来たのが裏口みたいだと、なんとなく分かった。
 なんで裏口から入るんだろう。
 店のソファーには女の子が何人か座ってるけどなんだか変だ。
 セーラー服や、体操着のブルマー姿だ。
 男の子も混じってなにかトランプのゲームをしている様子。
 それに給仕をしている店の女の子はテニスウェアの上に大きなエプロンをしている。
 正面のレジ前の入り口から、カップルが店には行ってきて、すぐ隣のカウンターに座った。
 男の人はサラリーマン風の普通な感じだけど、女の子はどっかの女子高のセーラー服だ。
 この女の子も店の女の子なんだろうか、それともただのお客なんだろうか。
 すぐ横で二人がお喋りを始めるのを聞いていると、どうもゲームセンターのプリクラのそばでさっき声を掛けたばかりらしい。
 てことは、ナンパ。
 だけど、いくら女子高生でもそんなに声を掛けられてすぐに付いていったりはしない。
 てことは、ナンパ待ちでゲームセンターで男の子に声を掛けられるのをまっていたってこと。
 男の子はさっそく口説きモードに入って、甘い言葉を囁き始めた。
「髪が綺麗だね」とか言いながら髪の毛を軽く撫でると、そのまま肩からお尻まで手を伸ばして撫で始めた。
 なんとも上手いもんだ。
 女の子というのは、身体を撫でられるともうそれだけで、身体から力が抜けて抵抗できなくなる。
 上手いこと言って、身体を触ってしまえば、口説くのなんか簡単だ。
 急に店の奥で大声がした。
 店の正面に大きなガラス窓があって、奥のテーブルの上にセーラ服姿の女の子が縛られてる。
 黒い皮のズボンを穿いた男が側にいて、顔にも覆面をしてる。
 男が鞭を高く持ち上げては、女の子のお尻に叩きつけ、そのたびに甲高い悲鳴がガラス越しに聞こえてくる。
 どうも変な店らしいと気が付いたけど、彩香ちゃんは酔ってなにが何だか判らないみたい。
「ここは、ハプニングバーと言ってね。何が起きるか誰にも判らないんだ」
「それにコスプレのセーラ服もいろいろ用意してあってね。あの女はそれを知らずに店に来て、これから廻されるんだ」と私の耳元で男が囁いた。
 知らずに店に来て廻されるなんてあるわけ無い。
 だけど私らも知らずに店に入ったんだから、あり得ない訳でもない。
 急に私のすぐ隣で口説かれモードに入っていた女子高生が「なによこれ、ばかにすんじゃねー、私帰る」と口汚い言葉で男の子を怒鳴りつけた。
 さすがに、女の子が縛られて鞭で打たれているのを見て、怖くなったらしい。
 男の子はなんとか、女の子をなだめようとして「いつもやってるんだよ、ここじゃいつもなんだ」と訳の分からない、言い訳を始めた。
 すると女子高生はよけいに腹がたったらしくて「ざけんじゃねー」と怒鳴ると、手にしたカクテルのグラスを叩き付けた。
 すると青い色のカクテルが後ろの席にまで飛び散って、そばのテニスウェア姿のウェイトレスのエプロンにかかった。
 だけどカクテルはその横のテーブルまで飛んだらしくて、人相の悪い男が数人立ち上がった。
「おい、どうしてくれるんだ」と男の一人が女子高生の連れの男に言いがかりをつけると、なにやら言い争いが始まったかと思ったら、いきなり殴り合いの喧嘩。
 サラリーマン風の男はすぐに叩きのめされて、床に転がって起きあがれなくなった。
 男達は今度は女子高生を取り囲むと「おい、援助交際やってやがるんだろう、この牝豚」と怒鳴りつけた。
 両方の腕を後ろにねじり上げられて頬をつねられると女子高生は観念したように「はい」とつぶやくように返事をした。
 すると「男が欲しいのか、金が欲しいのかどっちなんだ」とまた男が怒鳴りつけた。
「お金です」と仕方なく女子高生が返事をすると「じゃあ、お前はこれからデリヘルで働かしてやる、毎晩いい稼ぎができるぜ」とまた男が大声でどなった。
「いいです」とまた女子高生がつぶやくと「だまらんかい」と急に男の口調が変わった。
「いや、絶対嫌」と今度は女子高生の方が大きな声で怒鳴り返した。
 店にいる、他のお客も店員もまるで何事もなかったように知らん顔をして誰も口を挟もうとはしない。
 トランプのゲームをしているテーブルでも相変わらず女の子達がキャーキャーいいながらカードを配ってる。
 なんでなんだろう、目の前でこんな事が起きてるのに、怖くて何も言えないんだと思ったけど、隣に座った連れの男は澄ました顔でカクテルを口にしている。
 やっぱなんだか変だ、これって全部お芝居なんだろうか、それとも本当なんだろうか見ていても判らない。
 男の子が女子高生の両腕をねじり上げると、ガラス越しに縛られた女の子がはっきり見える位置に顔を押し出した。
「いいか、言うことを聞かなければこの女と同じ目にあわせるぞ」
「縛り上げて、一晩眠らずに鞭で叩かれたら、どんな女だってデリヘルで働きたくなるんだ」
「デリヘルで働きたくなるまで、鞭で叩かれるんだぜ」とまたわざと店の客に聞こえるような芝居がかった大声で怒鳴り散らした。
「判りました、デリヘルでもなんでもやります」と女子高生が返事をすると「じゃあまず最初の客を取ってもらおうか」と男がまた大声で言った。
「はい、よろしくお願いします」と女子高生が素直に返事をすると、女子高生は男に連れられて店から出て行った。
 カウンターにはまた、私と彩香ちゃんの両脇に男が二人とまた四人だけになった。
 彩香ちゃんはあいかわらず、携帯でメールを打つのに夢中だ。
「あの女、これからラブホテルに連れ込まれて一晩廻されるんだぜ」と男が私の耳元でささやいた。
「デリヘルの女ってのは、商売始める前は必ず廻されるんだ、それも朝までだぜ」と男が面白いことでも話すような口調だ。
「男が欲しくてたまらない身体にするんだ、そうすれば毎晩男が欲しくて商売がやめられなくなるんだ」
「どうだ、お前らも男が欲しいんだろう」とまた男が私の耳元で囁いた。
 だけどその声を聞いてどっか変だと気が付いた。
 なんか芝居がかった、変なしゃべり方だ。
 横目でこっそり男の顔を確かめると、さっきの合コンで横に座ったサッカー部の男の子じゃないような気がする。
 サッカー部の男の子はまだ大学生だし、背も高い割には身体は細い。
 だけど、横にいるのはどうみても大学生の顔じゃないし、無駄に太った身体はとてもサッカーをやる身体じゃない
 じゃあ、いったい誰なんだろう。
 途中で男の子が入れ替わってるんだ。
 だけど何がどうなってるのかさっぱり判らない。

 最初に居酒屋の前でタクシーに乗ったときは、確かにサッカー部の男の子だったような気がする。
 気がするというだけで、確かかどうかは思い出してもはっきりしない。
 だけどその次にありそうなのは、カラオケで服を着替えたときだ。
 その時戻る部屋を間違えたのかもしれない。
 それは確かにありそうだ。
 部屋に戻ったとき男の子が上着を脱いで下着のシャツだけになっていたのはどうにも変だ。
 だけどそんなことを考えてる暇はない。
「おい、お前らがこの次に廻されるんだ」と男が耳元でささやいてきた。
「男狂いの体にしてやるからな、そのあとはデリヘルで毎日男をとるんだ」そう言われてもいったい何処まで本当の話か判らない。
 何も知らない女子高生をからかっているだけなんだろうか。
 さっきの喧嘩も、連れ去られた女子高生もみんな子の店の出し物のやらせなんだろうか。
 だけどそれなら、目の前で縛られている女の子はいったいなんなんだ。
 本当に鞭で打たれて気絶しそうになってる。
 からかわれてるだけなんてはずはない。
 男が彩香ちゃんの携帯を取り上げると開けて私に見せた。
 これお前だろうと言われて見ると確かに私の写真がBLOGに載っている。
 確かに最初の記事は私が書いた電車の痴漢の話し。
 だけどその後に書いてある記事は、他の高校の男の子達にナンパされて廻された事になってる。
 それに彼氏に振られて、その腹いせに援助交際したいとか勝手な事がかいてある。
 男が欲しいから、デリヘルで働きたいとも書いてある。
 だれがこんなこと書いたのかわからない。
 それによくよく見えると恵美ちゃんからの返信のメールが届いてる。
 さっきから、彩香ちゃんがメールを打っていた相手は、恵美ちゃんらしい。
 てことは、公園で恵美ちゃんのBLOGにコメントしてたのも彩香ちゃんてことになる。
 だけど、なんで彩香ちゃんが恵美ちゃんのBLOGにコメントなんかするんだろう。
 それも男に口説かれながら。


5.二次会はカラオケ<< ページトップ >>7.コスプレ強制調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音