長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

3.初めてのオーディション

初めてのオーディション

 ロボットコンテストの当日は収録も無事にすんで、江実矢君が表彰を受けるときミス東大として表彰状を受け取った。
放送が終わって帰ろうとするとディレクタの人に呼び止められた。
「もう一つ収録があるから、ついでにちょっと出演してくれるとありがたいんだけど」というお願いだった。
新しく始まる朝の連続ドラマのオーディションがもうすぐ始まるらしいけど、オーディションに受ける予定の女の子が一人風邪で休んでるんで人数が足りないからという話しだった。
ゴスロリの女の子が主役のドラマだからちょうどいいからと言うので彩香ちゃんもすっかりマネージャー気取りで「そうゆそう話しは早めに言ってくれないと困るんですよ」と言い返した。
だけど彩香ちゃんは断るつもりで言ったわけではない。
さっそく案内されて、控え室に入るとゴスロリの衣装を着た女の子がたくさん来ていた。
だけど雰囲気がどうも違う。
服装はゴスロリだけどみんな超真面目そうな顔してる。
時間ですと言って案内されたドアをくぐると厚いカーテンが幾重にも見えた。
その先をちょっと覗いて見た彩香ちゃんはびっくりして目を丸くして声もでずに有紀の方に振り返った。
どっかの会議室かなんかでやるとばかり思っていたオーディションは、テレビ局の大ホールでの公開オーディションだったのだ。
舞台の袖から見守っていると、女の子達が紹介される前の席には園田二段も座っていた。
さっそくアナウンサーの人がドラマの紹介を始めたがドラマのストーリーを聞いてびっくりしてしまった。
ドラマのストーリーと言うのは姉はファッションモデル、妹はロックバンドの追っかけをしながら将棋を目指す姉妹のドラマで、ドラマのモデルになっていたのは園田二段だったのだ。
園田二段の紹介も終わって、ステージに並んだ女の子一人一人がインタビューを受けた。
最初の女の子は緊張で声が震えてとてもまともに答えが出来なかった。
江実矢君の番になって、彩香ちゃんは心配そうな顔で見守っていたけど、江実矢君はたまたまオーディションを受けるただけなので、全然平気な顔で受け答えした。
そのあと一人一人台詞を読み上げて演技をする順番になった。
最初の女の子が途中でちょっと言葉が詰まったあと「ななじゅうろっぽ」と台詞を読み上げた。
そのあとの女の子は同じ所でやっぱり「ななじゅうろっぽ」と今度はすらすらと台詞を読んだ。
最後に江実矢君の番になって彩香ちゃんが舞台の袖から見守るなかで「ななろくふ」と読んでしまった。
彩香ちゃんは一瞬「駄目よ」と小さく声を上げて、なんとか間違えた台詞を直させようとしたけどもう遅かった。
その後でゲストの歌手の歌のあと発表があった。
やっぱり江実矢君は駄目だったけどもともと人数が足りなくてかり出されただけなので、それほどがっかりする事もないと有紀は思った。
彩香ちゃんも同じ気持ちらしくて、腕時計を見ながら帰り支度を始めた。
審査員の講評が最後にあったけど、もう彩香ちゃんは聞く耳も持たずに後ろのドアの方に歩きかけた。
すると「恵美ちゃんは、とっても台詞も上手だし、雰囲気がとても出ていて、園田二段が入門したころにそっくりで」と審査員の一人が言うのが聞こえた。
急に彩香ちゃんが振り返って審査員席を見ると、園田二段の横に並んでいたもう50代くらいの男の人がマイクを向けられていた。
園田二段の将棋の師匠の早川九段だった。
「いやあ、もうこの役にはぴったりだと僕は思った。将来はとても有望だから、今回はだめだったけど、また次があったら僕は応援したいね」と言うのを聞いて彩香ちゃんは目を丸くした。
だけどよくよく考えてみればオーディションはこの一回限りで二回目などあるはずはない。
調子の良いおせいじを言ってるだけだろうとは思ったけどそれにしてはべた褒めだった。
結局の所オーディションに落ちたのには替わりはないので、三人でテレビ局を出て駅への帰り道を歩き始めた。
オーディションの後

 ちょうどテレビ局前のタクシー乗り場を通り過ぎようとしたとき「あの、恵美ちゃん、ちょっと」と女性の声が聞こえた。
江実矢君の事を「恵美ちゃん」と呼ぶのは一体誰だろうと思って振り向くとさっきステージに立っていた園田二段だった。
「よかったら、一緒に食事をしていきませんか」と園田二段が声をかけたその横にはさっきの早川九段が立っていた。
「あの、」と彩香ちゃんはどう答えていいのか判らなくて「私達お金ないから、まだ中学生なんです、お小遣いが」と言いかけたとき園田二段は半分笑いながら「もちろんご馳走しますよ、ねえ早川先生」と言って早川九段の背広の袖を引っ張った。
奢ってもらえるんならこんな得なことはないだけど男の人に食事を奢ってもらったりして大丈夫なのかしらと有紀はまた心配になったが彩香ちゃんは急に顔をほころばせて「あ、はい、いきます、あ、行かせていただきますです」とへんてこな敬語で答えた。
さっそくタクシーに載ってどこに行くのかと思っていると、タクシーは坂を下って大通りにでて、すぐに横の小道に入ってビルの並んだ路地に止まった。
なんだこんな距離だったら歩いてもすぐだったのにと有紀は思って彩香ちゃんの顔を見た。
彩香ちゃんもなんでこんな近くなのにわざわざタクシーで乗り付けるのか意味が分からなかったみたいだった。
エレベータで上の階に上がると、廊下が正面に通り抜けて左右にガラスのショーウィンドが並んでいて最初に目に入ったのは高級そうな中華料理店だった。
彩香ちゃんは中華料理がタダで食べれると思ったのか口元からよだれが出そうになって唾を飲み込んでいた。
ロボットコンテストの収録の後からずっと何も食べていないので彩香ちゃんも江実矢君も有紀もお腹がぺこぺこだった。
だけど早川九段はそそくさと中華料理店の前を通り過ぎて一番奥の店に入った。
店の中は見回してみてもかなり広くて、丸いテーブルがたくさん並んでいて正面に小さな舞台があった。
お客さん達は、普通に食事をしたりお酒を飲んでるみたいだったけど、いったい何の料理をだす店かいま一つ判らなかった。
早川九段がメニューを見ながら注文すると、少し経ってワインの瓶をウェイトレスが持ってきた。
まだ中学生なのでお酒なんか飲んだらいけない気がしたが園田二段が注いでくれたので仕方なくちょっとだけ口に入れてみた。
だけどやっぱり苦くて口にぴりっときてとても飲めなかった。
江実矢君も口元に持っていっただけでとても飲めなかったみたいだった。
早川九段は三人が居るのに園田二段に「昨日の対局はひどかったね、あんな将棋さしてるようじゃだめだ、何度言ったら判るんだ」とお説教を始めた。
黙って聞いているだけでもお腹がまた空いてきた。
最初の料理のオードブルが来たので、彩香ちゃんはさっそく箸をつけようとした。
するといきなり早川九段に「君なにやってるんだ」と怒鳴られた。
彩香ちゃんはなんで叱られるのか判らなくて「あの料理食べようとおもって」と口ごもった。
すると「いいかね、一番目上の人がまず箸をつける、そのあとで次に目上の人が箸をつけて、あとは順に箸をつけていくんだ」
「それが礼儀だよ、そんなことも知らんのかね」と言われて彩香ちゃんは箸を引っ込めてしまった。
だけど早川九段は、ワインを飲むだけで料理には手をつけようとしなかった。
これではいつまでたっても料理は食べれそうにないと彩香ちゃんは諦め顔で有紀を見つめた。
めくら将棋

「君将棋が強いんだってね、この間の対局は覚えているかな」といきなり早川九段が江実矢君に聞いた。江実矢君が「はいと」答えると「じゃあ最初の一手は何だった」と早川九段がつかさずに聞いてきた。
江実矢君が「ななろくふです」と言うと早川九段が園田二段に視線を向けた。
するとすぐに園田二段が「8四歩」と答えた。
どうやらさっき江実矢君が台詞で「ななろくふ」と読んだのは江実矢君だけちゃんと読めていて他の女の子達が読んだ「ななじゅうろっぽ」と言うのは間違いだったらしいと有紀にも判ってきた。
だから早川九段はあんなに江実矢君の事をべた褒めしたんだ。
だけどそれだけで早川九段が江実矢君に惚れ込んだのだろうか。
すると江実矢君が今度は「2六歩」とまた言った。
つかさず園田二段が「8五歩」とまた返事をした。
いったいなにが起きてるのか有紀にはさっぱり判らなかったが、江実矢君と園田二段、そして早川九段にはちゃんと数字の意味がわかっているらしかった。
どうやらこのあいだの将棋の手を符号だけでお互いに将棋を指しているらしかった。
途中まで手が進むと「そこまででいい、もうわかった」と言って早川九段が言葉を挟んだ。
早川九段はようやくさっきからテーブルの上に置いてあるオードブルに一箸つけて、チーズの小さい切れ端を御小皿に取った。
彩香ちゃんはやっとこれでオードブルが食べられると思って箸を付けようとしたが、その前に早川九段の顔色を用心深く探った。
どうやら食べていいらしいとは判ったけどまた何を言われるか判らないので、早川九段と同じチーズを一切れ御小皿に運んでまた早川九段の顔色をうかがった。
早川九段は彩香ちゃんの視線に気が付いたようすもなく「君、僕の弟子にならないか、将来は女流の名人になれる」と言って江実矢君の手を取って軽く撫で始めた。
「なんでそんなこと判るんですか」と彩香ちゃんが思いきって言うと、今のは「めくら将棋といってね、棋譜を読み上げるだけで将棋をするんだ」
「プロなら誰でもできるんだよ」
「それに僕くらいになるとね、最初の数手を聞いただけで、どのくらいの実力があるのかはすぐ判るんだ」
「いや、恵美ちゃんは将来は名人間違いないね」と言うと園田二段がちょっといやな顔をした。
「僕はね女流の棋士の育てるのが上手いんだ」
「どうして女流の棋士がなかなか育たないか君理由がわかるかね」
「それは女流の棋士はね、男性と違って、一度将棋で勝つとね、同じ手で何度も勝とうとするんだ」
「だから、最初は強くても女流の棋士というのはなかなかそれ以上は強くなれなくてね」
「だけど、女流の棋士には女流の棋士にしかできない、将棋の修行があってね」
「それが僕はとても上手いんだな」
「一番いい修行はねセックスをしながら、めくら将棋をするんだ」
「ほら、女というのは頭で考えずに、子宮で考えるだろう」
「だからセックスをしているときが一番将棋の修行にはちょうどいいんだ」
「僕はこの修行の指導が上手でね」と周りの人が聞いているのに大声で訳の分からない話を始めた
これは大変なことになると思って「恵美ちゃんは将来は女優になるんです」と彩香ちゃんが言葉を遮った。
すると早川九段は「女優になりたいのなら、僕が口をきいてあげるよ、僕は顔が広いからね」「最初はやっぱり映画にでも出てみるのが良いんじゃないかな」と言いながらまた江実矢君の手をなでると今度は江実矢君の指の間に自分の指を絡ませてきた。
これはどう見ても不味いことになりそうだと有紀にも判った。
映画に出させてもらえるなんてのは飛んでもなくいい話だがそれだけで済むはずはない。
ハプニングバー

 早川九段がおしゃべりをしている間に、次の料理のローストビーフが運ばれてきた。
ローストビーフは彩香ちゃんの大好物だ。
最初に運ばれてきたオードブルはまだほとんど手が着かずに残ったままだ。
彩香ちゃんが恐る恐る早川九段の顔色をうかがいながらローストビーフ箸を延ばそうか迷ってると、急に舞台に男の人達が数人出てきた。
大きなドラムのセットを運んでいるけど、オモチャみたいなドラムで叩くと電子音がするドラムだとすぐ判った。
原宿で見たのも、同じドラムで本当のドラムは運ぶのが大変だからとか秀美ちゃんが言っていたのを思い出した。
ドラムを運んだあとは、一人一人がギターを持ってステージに立つとさっそく演奏が始まった。
店の中一杯にうるさい音が響くともうお喋りをしているどころではなかった。
なんとか我慢して演奏が終わるのを待っていると、一曲歌ったあとボーカルの男の子が急に「おい、今の拍手の仕方はなんだ」とステージの近くの女の子を怒鳴りつけた。
「拍手をするならちゃんと心を込めて叩くんだ、お前の拍手は心がこもってない」と言われて「すみません、許して下さい」と叫ぶ女の子の声が聞こえた。
だけどボーカルの男の子は「そんな謝り方で済むと思うのか」と言って女の子の腕をひっぱって舞台に上げた。
女の子はピンクのミニのワンピースを着ていてどうも秀美さんが着ていた服とよく似ていた。
お化粧が濃いのでよく判らなかったけどやっぱり「お願い許して」と叫ぶ声は秀美さんだった。
よくよくバンドの男の子達を見ると、いつか原宿で見たピンキーピンクというバンドの男の子達で秀美さんとは知り合いなはずだった。
ボーカルの男の子は秀美さんを床に突き落とすと、ピンクのスカートをめくり上げた。
スカートの下のレースのひらひらのアンダースコートが丸出しになった。
いったい何が起きているのか訳が分からなくて彩香ちゃんは目を白黒させて、手に持った箸が宙に浮いたままワインのグラスを倒しそうになった。
「この店はね、ハプニングバーと言ってね、突然なにが始まるのか判らないのんだ」と早川九段が得意げに講釈を始めた。
「なぜ、僕がこの店に園田君を連れてきたのか判るかね君たち」
「これも、将棋の修行なんだ」
「将棋というのはね、将棋盤を前にして研究するだけが将棋の勉強じゃあないんだよ」
「実際に対局になったら、相手がどんな手を指すか判らない」
「予想外の手を指されて、心に動揺が起きてそれを相手に悟られたらもうそれで負けなんだ」
「だからどんな場合でも、決して心が乱れないその精神を養うには将棋だけしていてもだめなんだ」
「もちろん男だったら、競輪をやったり、競艇もあるし、そうゆう勝負師の精神を養う場は幾らでもある」
「だけど女がそんな所にいって、遊ぶというのも、いや遊びじゃなく修行なんだが、なかなか出来ないだろう」
「そこで、僕は園田君をこのハプニングバーに連れてきて修行をさせてるんだ」と得意そうな早川九段の話しを聞いているうち舞台の上は飛んでも無いことになっていた。
秀美さんを取り囲んでいた男の子たちが代わる代わるに秀美さんのお尻を叩いき始めると、秀美さんの泣きじゃくる悲鳴が店に響き始めた。
ローストビーフは彩香ちゃんの大好物

 園田二段は困った様子でうつむきかげんに視線を下に向けていたが、江実矢君はお腹がすいているのか、まだ誰も手をつけていないローストビーフにお皿に箸を延ばして、すばやく一枚かすめとった。
江実矢君は早く食べないと先に彩香ちゃんに食べられてしまうのをよく知ってるのだ。
彩香ちゃんの誕生会でも、彩香ちゃんのお母さんが作ってくれたローストビーフは最初に彩香ちゃんがまとめて取って、そのあと女の子達が取り分けると江実矢君の分は残ってない。
こんな時でないとローストビーフを食べられる機会など滅多にはない。
秀美ちゃんが甲高い悲鳴を上げても、江実矢君は気が付きもせずにローストビーフを取る機会をうかがった。
すると今度はボーカルの男の子が秀美ちゃんのアンダースコートの腰に手を挟んで膝の下まで引きずって降ろした。
飛んでもない光景に彩香ちゃんは指が震えて口が半分開いたままだった。
秀美ちゃんの花園が黒い茂みと一緒にカクテル照明の下で丸見えになったとき、レストランの照明が暗くなった。
まっ暗になった舞台では人影が動くのが見え、秀美ちゃんが今度は甘えたような声ですすり泣くのが聞こえた。
舞台の上で何が起きているのか有紀にも薄々とは事情が分かったが、とても口にできる話しでは無かった。
彩香ちゃんの視線が舞台に向けられている間に、チャンスは今しかないと江実矢君は残りのローストビーフをまとめて箸で掴むと、ばれないように素早く口に運んだ。
照明がまた明るくなったとき舞台にいた秀美ちゃんはもうどこにも見当たらなくて、バンドの人達はまた別の曲の演奏を始めた。
江実矢君は口の中のローストビーフを飲み込むと澄ました顔で彩香ちゃんの顔を見た。
早川九段は江実矢君を見て「いや君は見所がある、こんな場面で平然としていられる女は滅多にいない」
「普通だったら次は自分が同じ事をされるんじゃないかとドキドキしてとても見ては居られなくて逃げ出したくなるものだ」
「いや、君はたいしたもんだ、将棋を指す度胸はもう男性棋士なみだ」と褒め始めた。
江実矢君はローストビーフが食べたかっただけなんだけど、早川九段はそうとは気が付かなかったようだ。
「さてこの次は誰がお仕置きされる番かな」と早川九段はわざと園田二段をからかうような口調で言った。
彩香ちゃんはなんとか話題を他にずらそうとして「園田さんはもうすぐ名人になるんでしょう」とまた飛んでもない事をいいだした。
すると園田二段は顔をほころばして恥ずかしそうにして「そんなことないです」と言って笑った。
だけど目つきは凍り付いたようになって、早川九段が言ったことを本気にしてるようだった。
いつまでもこんな所にいるとろくな事はなさそうだと彩香ちゃんも思ったらしくて「今日はこのあと、取材の予定があるんです」と彩香ちゃんは適当に作り話をして逃げ出す口実を作った。
彩香ちゃんが大好きなローストビーフを食べずに逃げ出したいと思うのはよっぽどのことだったけど、もしかしてお仕置きをされるのは次は誰だか判らない。
なんとか言い訳をして店をでると、ようやく一息ついて自動販売機の缶コーヒーを飲んだ。
彩香ちゃんは家に戻ると寝る前に公開オーディションの様子を江実矢君のblogに書いた。

2.東大五月祭のミスコン<< ページトップ >>4.いよいよアイドルデビュー

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間