長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

6.ビーナスクラブ

 文化祭も終わってしばらくした頃に彩香ちゃんが学校の帰りに、ちょっと寄り道して行こうと言いだした。
 ずっと前に本屋に注文しておいた「ケロロ軍曹」の新作を取りに行くから一緒に来て欲しいという話し。
 彩香ちゃん一人じゃ心細いから有紀も一緒に行くことにした。
 地下鉄で新宿まで出ると、駅から少し歩いて大きなビルの本屋さんに着いた。
 レジで「ケロロ軍曹」の本を受け取るとエスカレータ脇でおしゃれなワンピース姿のお姉さんに小さなパンフレットを渡された。
 本屋さんの横にあるベンチに座ってケロロ軍曹を読みながらパンフレットを確かめると「コロコロ」の開店記念で食べ放題と書いてある。
「コロコロ」って何のことって彩香ちゃんに聞かれたけど、何の店かよく分からない。
 パンフレットをよく見てみると、ケーキの店らしい。
 美味しそうなケーキの写真が、パンフレットにいっぱい載ってる。
 彩香ちゃんは美味しいケーキには目がない。
 それも食べ放題の無料なんて話しは滅多にない。
 これは行くしかないと場所を確かめてみると歩いて近くの所らしい。
「ともかく行くだけ行ってみようよ」と彩香ちゃんが言うので早速道順を確かめた。
 彩香ちゃんが急に「そうだ恵美ちゃんも呼んでみるね」とケータイを取りだした。
 恵美ちゃんというのはもちろん小学校の時からの同級生の男の子「江実矢君」の事だ。
 江実矢君も今日は学校のあと、将棋の研究会でお茶をだしてると確か言ってた。
 今日の研究会は、早川九段の主催している研究会とは別の若手の研究会だとか。
 誰でも参加できるという自由な雰囲気の研究会でこの近くでやってるらしい。
 彩香ちゃんがケータイでメールを打つとすぐに江実矢君から返事が返ってきた。
 ちょうど研究会が終わる頃なので、三人でケーキを食べに行く話しがすぐに決まった。
「コロコロ」の近くの公園の前で、待ち合わせしてると江実矢君がミニのワンピース姿でこっちに来るのが見えた。
 ゴスロリ風のフリルのいっぱいついた可愛いワンピースはどう見ても女の子。
 やっぱり女の子の格好で将棋の研究会でお茶をだしてるってのは本当だったんだ。
 江実矢君のすぐ横に小柄な女性が歩いて来るのが見えた。
 ちょっとだけ大人びた顔だけど、二人並ぶとまるで姉妹みたいによく似てる。
 二人で仲良さそうに顔を寄せ合って、おしゃべりしながら歩いてるのをみて彩香ちゃんは不機嫌に頬を膨らませた。
「楽しそうに話してるけどなんの話ししてるのかしら」と彩香ちゃんが呟いた。
 あんなに江実矢君が楽しそうにしてるのは、学校でも見たことがない。
 二人が近くまで来ると話してる声が聞こえてきて有紀はびっくりした「5五歩、1三玉」と二人で話してるのはめくら将棋だ。
 めくら将棋が江実矢君にはそんなに楽しらしい。
 彩香ちゃんの目の前まで来るまで二人はめくら将棋に夢中で私達の事は全然気が付かない。
 そのまま通り過ぎようとするので彩香ちゃんが慌てて「ねえ、恵美ちゃん」と声をかけた。
 江実矢君はやっと彩香ちゃんに気が付くと、またなにかまずいことをしでかしたのかと思って慌てた顔。
 彩香ちゃんが「恵美ちゃん紹介して」と声をかけると江実矢君の横に立った女性が「私ね、将棋をやってるの、今日研究会で恵美ちゃんと一緒だったのよ」と話してくれた。
 女流の飯田由美子三段で、今名人戦に挑戦中のすごい女流棋士らしい。
「私のことは由美ちゃんて呼んでね、みんなそう呼んでるから」と言われたけど、年上を由美ちゃんなんて呼べない。
 見た目は大人びて見えるけどまだ女子高生だというので彩香ちゃんも有紀もすごいびっくりした。
「恵美ちゃんが来てくれて本当に助かるわ、恵美ちゃんパソコン得意だから」と由美ちゃんは江実矢君の事をべた褒めしてくれた。
 彩香ちゃんは嬉しそうにはしていたけど江実矢君をこの由美ちゃんに捕られちゃうと思ったのかちょっと不機嫌。
 さっそくケーキ食べ放題の店に行くことになったけど、由美ちゃんも一緒に来ることになった。
 少し先の大通りの角には「本日開店、食べ放題」の看板が見えてきた。
 店の中にはいると思ったより広くてお客さんもいっぱい来ていて大変な混雑。
 中央の大きなテーブルには、美味しそうなケーキが沢山ならんでる。
 さっそく席について、店の中を見回してみると女の子が大勢でケーキを頬張ってる。
 お皿を渡されてケーキを選ぶと、食べる前からよだれだでてきちゃう。
 ケーキを一通り食べ終わると、ウェイトレスの女の子が小さな紙を置きに来た。
 彩香ちゃんが手にとって確かめると、いきなり「ねえ有紀ちゃん大変」と言い出した。
 何がどう大変なのかすぐには判らなかったけど、無料なのはケーキだけで、飲み物は無料じゃなかったみたい。
 料金は飲み物がカフェバーになっていて一人1000円。
 四人で4000円になってる。
 そんなお金が中学生に有るわけ無い。
 彩香ちゃんが困ったかおでお財布を調べると、泣き出しそうな顔をした。
 由美ちゃんがすぐに気が付いて「あ、私が払うからいいのよ」と言ってくれたのでほっとした。
 由美ちゃんがバッグを開けてお財布を出すと、一緒に紙切れを出して「じゃ、これ書いてね」と勧めたので有紀はびっくりした。
 借用書だと思って彩香ちゃんが書類を見ると「ビーナスクラブ」の申し込み書。
 ビーナスクラブなんて聞いたことがない。
 怪しげな名前のクラブ、これは絶対危ない気がして有紀は彩香ちゃんと顔を見合わせた。
 会員になると、男の人を紹介してもらえるクラブになんかは絶対入っちゃ駄目よと彩香ちゃんのママにもきつく言われてる。
 彩香ちゃんのママがそんなクラブのこと知ってるってことの方がもっと怪しいけど今はそれどころじゃない。
 心配しなくて良いのよと由美ちゃんが説明してくれたけど今度新しいできた女流棋士の後援会「ビーナスクラブ」の申込書だという。
 棋士に割り当てがあって、一人で50人会員を集めなきゃいけないから、取りあえず入ってねと言われて彩香ちゃんも困った顔。
 会費は由美ちゃんが立て替えてくれるからと言うので仕方なく名前を書いた。
「江実矢君もまだプロの女流棋士ではないので、ビーナスクラブの会員で会員番号一番なのよ」と由美ちゃんが自慢してた。
 由美ちゃんが江実矢君の事を褒めるとその度に彩香ちゃんの顔は不機嫌になるだけだった。
 ケーキを食べ終えて店を出た後、由美ちゃんが江実矢君に「大事な話があるから、恵美ちゃんは一緒にきてね」と引き留めた。
 大事な話なんてどう考えても怪しい。
 彩香ちゃんもやっぱり怪しいと思ったらしくて、有紀と目があった。
「じゃ、有紀ちゃん私と一緒に帰りましょうね」と言って彩香ちゃんが先に駅に向かって歩き出したけど、もちろん本当に一緒に帰るつもりなんかない。
 少し先の角を曲がって立ち止まってしばらく待ってからこっそりと江実矢君と由美ちゃんの様子を伺った。
 二人は手を繋いで駅とは反対方向に歩き出した。
 これはどう見たって絶対怪しい。
 少し離れてこっそり後をつけていくと、小さな公園に二人は入っていった。
 有紀は彩香ちゃんと遠回りして公園の裏口からこっそりと二人の様子を伺った。
 由美ちゃんは江実矢君をさそって公園のベンチに座ってる。
 まだ昼間だけど、公園のベンチに二人で座るなんて恋人どうしがすること。
 この先なにが始まるのかとどきどきしながら、有紀は彩香ちゃんとベンチの様子をじっと見つめた。
 由美ちゃんがバッグから何かをだして、江実矢君の顔に塗り始めた。
 ゆっくりと指先が江実矢君のほっぺたを撫で回してる。
 つぎに、小さい刷毛でほっぺたの周りを軽く叩き始めた。
 どうやらお化粧をしてるらしい。
 江実矢君のお化粧は彩香ちゃんがやっていたけど、江実矢君は男の子だから自分じゃお化粧は出来ない。
 だけど将棋の研究会でお茶を出すのにお化粧なんかしなくて良いはず。
 しばらく様子を見てると、由美ちゃんが江実矢君の顔に唇を寄せた。
 これは大変、由美ちゃんが江実矢君にキスしようとしてるんだ。
 急に彩香ちゃんが「なにやってんのよ」と大声をだすと江実矢君に向かって駆けだした。
 有紀もも慌てて彩香ちゃんの後を追いかけた。
 ちょうど江実矢君の座ってるベンチの前まで来たとき、由美ちゃんはケータイを取りだして江実矢君の写真を撮っている所だった。
 由美ちゃんの指が携帯のボタンを押すたびにシャッターの音が聞こえてくる。
 江実矢君の顔は、ばっちしお化粧をしてあって、つけまつげも着けてる。
 いつも彩香ちゃんがしてるお化粧と比べて全然大人っぽくてまるで別人。
 由美ちゃんが江実矢君に顔を近づけてたのは、つけまつげをつけるためだったらしい。
 彩香ちゃんもそれに気が付いて一瞬何を言って良いのか言葉に詰まったけど「ママが呼んでるから早く帰ろう」と江実矢君の手を引っ張った。
 由美ちゃんが何か言おうとしたけど、強引に江実矢君の手をひっぱって公園を出ると大急ぎで地下鉄の駅まで連れてきた。
 地下鉄に乗って空いてる席に三人で座ろうとしたとき彩香ちゃんが座るのを途中で止めた。
 変だと思って彩香ちゃんの視線の先を見つめると、顔色を変えて江実矢君が座る様子を見る。
 確かに江実矢君の座り方、いつもと違う
 腰を下ろすときにミニスカートの裾を後ろで手で押さえて、少し手前に座ってからお尻を奥に動かしてる。
 それに両側の膝をぴったりと寄せて足を閉じた座り方なんて男の子がするわけ無い。
 彩香ちゃんが江実矢君の横に座りながら「ねえ、その座り方誰に習ったの」と問いつめた。
 江実矢君はちょっと困った顔をしてたけど「由美ちゃんが」とだけいって言葉が続かない。
 彩香ちゃんが改めて江実矢君の顔をじっと見つめてるけど、江実矢君は前を向いたまま彩香ちゃんに顔を向けようとはしない。
 急に江実矢君の携帯にメールが届いた音がした。
 江実矢君がメールを開くと、彩香ちゃんが江実矢君の手からケータイを取り上げて画面を確かめた。
 メールには「1三香」とだけ書いてある。
 彩香ちゃんは不思議な顔をして「これなんなのかしら」と有紀の顔を見た。
 なにかの語呂合わせだとは思ったけど有紀にもなんの事かは判らなかった。
 彩香ちゃんからケータイを返してもらって、江実矢君が返事を打とうとしてキーを押した。
 江実矢君が「2」とだけ数字を打ったとき彩香ちゃんは何のメールか気が付いた。
 このメールの相手はさっきの由美ちゃんで、これはさっきのめくら将棋の続きだ。
 急に彩香ちゃんの顔が怒った顔をして江実矢君を睨みつけた。
 彩香ちゃんの顔を見て、慌てて江実矢君がメールを打つ手を止めた。
 彩香ちゃんと一緒の時に他の女の子にメールなんか打ったりしたら彩香ちゃんが怒るのは無理のない話。
 彩香ちゃんは、江実矢君の手を取って強く握りしめると怒りがもう収まらない顔つき。
 いきなり彩香ちゃんが江実矢君の唇にキスしちゃったので有紀はびっくりした。
 電車の中で、他の人の見てる前でキスしちゃうなんて彩香ちゃんも大胆。
「ねえ、絶対浮気なんかしちゃだめよ」と彩香ちゃんが江実矢君にきつい口調で念を押した。
 しばらくしてビーナスクラブから会員証と会報が届いた。
 封を開けてみると会報の表紙は江実矢君の顔なのでびっくりした。
 会報のページをめくってみると、次のページも江実矢君の写真が載ってる。
 あのとき公園で由美ちゃんがケータイで撮影してた写真らしい。
 つけまつげを着けた江実矢君の顔、由美ちゃんが上手にお化粧してくれたのでかなり可愛いい。
「ねえ、もしかして江実矢君の芸能界デビューまだチャンスが有るかもしれないわね」と彩香ちゃんが会報を見ながら呟いた。
「将棋の後援会の会報に載るって凄い事よ、後援会って会員が沢山いるはずよね」と彩香ちゃんが言うのでそれもそうだと有紀も思った。
 だけどやっぱり何だか変だ。
 ちゃんとした会報だったら表紙の写真もちゃんとした写真家さんに頼んでスタジオで撮影するはず。
 公園でケータイで撮影した写真なんか使うわけ無い。
「でも、このビーナスクラブって出来たばかり何でしょう、会員は何人くらいいるのかしら」と有紀は彩香ちゃんに言ってみた。
「会員証に会員番号が書いてあるはずだから、その番号分だけ会員がいるはずよね」と彩香ちゃんが言うので会員証を確かめてみた。
 彩香ちゃんの会員番号が2番で、有紀の会員番号は3番だった。
「これって、ビーナスクラブの会員はまだ江実矢君と私と有紀ちゃんの三人しかいないって事」と彩香ちゃんはがっかりして言葉がもう出なかった。
 これじゃあ、江実矢君の芸能界デビューなんて話しがあるわけない。
「ねえ、またBLOGに書いてみたら、ビーナスクラブの会員になって下さいって」と有紀は彩香ちゃんに言ってみた。
「それは駄目、BLOGにはもう懲りたから」と彩香ちゃんが言うのでそれもそうだと有紀は思った。

5.ハプニングバーは大騒動<< ページトップ >>7.ゴスロリメイド喫茶

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間