長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

2.東大五月祭のミスコン

五月祭のコスプレ喫茶

 春休みの原宿への冒険も終わると、すぐに新学期が始まった。
中学三年にもなるともう高校受験が目の前だ。
彩香ちゃんの家庭教師をしている義信さんも高校に合格したらなにか特別にボーナスがでると彩香ちゃんのママに言われたらしくて、おお張り切りだったけど、彩香ちゃんは勉強ばかりの毎日でうんざりしてるようだった。
原宿での写真撮影の事なんかもう忘れた頃に、彩香ちゃんの所に出版社から雑誌が送られてきた。
アイドルデビューという雑誌で、これからアイドルにデビューする女の子ばかりを特集している雑誌だ。
彩香ちゃんにアイドルデビューを見せてもらったけど、載っていたのは江実矢君の大写しの写真で、彩香ちゃんと有紀の写真はなかった。
彩香ちゃんはちょっとがっかりしてたけど、またblogに「アイドルデビュー写真が載りました。みなさん応援してくださいね」と書き込んだ。
有紀は「ねえそれでそのblog誰か見に来る人いるの」と聞いてみたが「誰もいないみたい」と言うのが彩香ちゃんの返事だった。
五月の連休がすんだ頃彩香ちゃんの家庭教師をしている義信さんから、女の子の衣装を貸してくれと言われたと彩香ちゃんが話してくれた。
義信さんは東大生で連休のすぐ後に東大の五月祭があって、そこでテニス部がコスプレ喫茶をするんだそうだ。
コスプレ喫茶というのは何の事かよく判らなかったけど、ともかく江実矢君に預けたゴスロリの衣装を持って東大の五月祭の当日の朝に行く事にした。
駅前で待ち合わせをすると、朝家を出る前に「これから東大の五月祭に行きます」と江実矢君のblogに日記を書いたと彩香ちゃんが話してくれた。
地下鉄の駅から赤門まで歩いたけど、まだ時間が早いせいか誰も学園祭を見に来たような雰囲気の人はいなかった。
赤門を見つけて横断歩道を渡ると、門の前にはポスターや立て看板が一杯並んでた。
受付で場所を聞いて、奧に入る道を進んで左側の入り口から入ると建物の中は暗くてひんやりとした空気だった。
少し先にコスプレ喫茶の看板があったので入ってみると、壁に暗幕が張り巡らされていてなんとも薄気味悪い雰囲気で、セーラー服や看護婦さんの格好をした女の子がテーブルの支度をしていた。
テニス部だけあって、テニスウェア姿の女の子もいた。
だけど何だか変だ。
足がどうも女の子の足ではない。
女の子の足というのは、細くてもどことなくふっくらとしてるものだが、ここの女の子達は筋肉の筋が見えている。
奧から背のチャイナ服を高い女の人がでてきたがそれを見てびっくりしてしまった。
おしろいを塗って、口紅を付けてはいるが義信さんだとすぐ判った。
女の子達だと思っていたのも、やっぱり全部男の子だったのだ。
彩香ちゃんもすぐに気づいて笑い出したが、笑い事ではないと有紀は思った。
東大のミスコン

 義信さんの後からもう一人小柄な男の子がセーラー服を着て出てきた。
男の子は「アイドルデビューの今週号の美少女グラビアの女の子だろう」と言う。
「blog見たよ、今日五月祭に来るって書いてあったけど、本当だったんだ」と驚いた顔で大げさに言った。
彩香ちゃんは江実矢君のblogを見てる東大生がいると判ってびっくりした様子だったけど、本当は彩香ちゃんが書いてるとは言える訳はなかった。
「いやあ、これはちょうど良かった、今日のミスコンに出てくれないか、いや、恵美ちゃんだったら優勝間違いなしだよ」と調子よく話し掛けてきたけど、なんとなく馴れ馴れしくていやな感じだった。
「それで優勝すると商品なにかあるんですか」と彩香ちゃんが聞くと「いや、いっぱいあるよ、それにグアムの旅行券が当たるんだ」と言われて彩香ちゃんはすっかり乗り気になった。
「恵美ちゃん、すぐに着替えなさい、それにお化粧は私がしてあげるから」と言って彩香ちゃんがピンクのミニのワンピースを渡すと、義信さんがさっそく奧の部屋に案内してくれた。
暗幕で仕切った部屋には男の子達の鞄がたくさん机に置いてあって、着替えた服も鞄の横に並んでいた。
男の子の匂いがして有紀はどうにも居たたまれない気分だったが、彩香ちゃんは平気なようだった。
コスプレ喫茶で用意してあった化粧品でお化粧をしてピンクのワンピースに着替えると男の子に案内されて、安田講堂前のステージまで来た。
鉄パイプで作った仮設のステージでは、お笑いタレントの人達がコントをやっていたがあまり売れてないコンビらしくて見たことのない顔だった。
最初は全然見に来る人もいなかったけど、だんだん昼近くになってステージの前は人が多くなってきた。
いよいよミスコンが始まると、他の女の子と一緒にステージに上がった。
だけどコンテストに出場するのは江実矢君も入れてたった5人しか居なかった。
どうも東大生の女の子というのは勉強ばかりしてるせいか、ミスコンなんかにはあまり興味がなくて出る人はいないみたいだった。
会場の正面に大きなテレビカメラを持った人が陣取ってあちこちと動き回っては取材をしていた。
腕には腕章を巻いていてどこかのテレビ局らしいので江実矢君がテレビに映るというので彩香ちゃんは興奮ぎみだった。
一通り簡単な紹介のあと、司会の人と簡単なインタビューがあって何か得意な事を披露することになり江実矢君はちょっとだけバレーのポーズで踊った。
すると、会場の中央で見ていた男の子の一団が異様な奇声を上げて応援した。
いったい何があったのか判らなかったけど、どうも江実矢君のファンの男の子達らしかった。
東大生でもアイドルデビューなんて雑誌を見てるらしくて彩香ちゃんは呆れ顔だった。
いよいよミスコンの発表が行われる事になって、5人が緊張気味で一列にステージに並んだ。
小さな紙切れを司会の人が読み上げるとミスコンに選ばれたのは江実矢君だった。
他の女の子達はちょっとがっかりした様子だったけど、べつに何でもなかったようにステージから降りていき、江実矢君が会場から拍手を浴びてた。
ミスコンの次はロボットコンテストの予定で、時間が遅れているからすぐにどいてくれと言われて結局ミスコンはたいした盛り上がりもなく終わった。
テレビ局の人達はすぐに次のロボットコンテストの取材を始めたので、彩香ちゃんももう帰っていいと思って江実矢君を呼びに行った。
だけどミス東大はロボットコンテストの優勝者の表彰をしなければいけないからと実行委員会の人に引き留められた。
なにも優勝の表彰くらい誰でもできるからと彩香ちゃんが江実矢君を連れて帰ろうとすると、実行委員会の人がテレビ局が取材にきてて、どうしてもミス東大が表彰をしないと困るんだと言い張るので仕方なくロボットコンテストが終わるのを待った。
ロボットコンテストの表彰が終わるとまだ残りの取材にも付き合って欲しいとテレビ局の人に頼まれて、江実矢君と一緒に校内の模擬店やらを見て回った。
将棋部で女流棋士と対局

 しばらく校舎の間の通路を進んで行くともう模擬店もなく、学園祭の催しもなくて静かになったがテレビ局の人がすぐ横の入り口から校舎に入った。
こんな所になんにもないはずだっと思って階段を上がると階段の段の一段ごとに将棋部と書いた矢印があった。
一番上の4階まで行くと、ひんやりと冷たい廊下の先を曲がり大きな教室に入った。
すぐ目の前には小学生くらいの男の子が数人、東大生らしい男の子と将棋をさしていたが、その先には大きな将棋盤が移動式の黒板に取り付けてあり、二人の男の子がなにやら棒の先で指しながら漫才でもするように話しをしていた。
黒板のすぐ後ろでは机の上に畳が載せてありその上に将棋盤があってスーツを着た女の子と東大生らしい男の子が向かい合って座っていた。
二人で将棋を指していたらしいけど、なんだか将棋盤を指さしながら話しをしていた。
テレビ局の人が二人を撮そうとすると、もう対局は終わったらしくてテレビ局の人はちょっと困った顔をしていた。
スーツ姿の女の子は女流棋士の園田二段で、予定では園田二段が東大の将棋部の部員の男の子と対局しているところを収録するてはずだったらい。
だけど対局がすぐに終わってしまって、予定していた絵が取れないとテレビ局の人がなにやら相談していた。
アナウンサーの男の人が、彩香ちゃんに「ちょっと誰か将棋させるかな誰でも良いんだけど、どうせなら女の子の方が絵になるからちょうどいいんだけど」と聞いた。
それだったら江実矢君ならちょうどいい。
江実矢君は将棋が得意で、小学校の時は誰にも負けたことはない。
「恵美ちゃんでいいですか」と彩香ちゃんが答えるとさっそく、机の上の畳に江実矢君が上がって正座した。
テレビカメラがすぐ横から二人を撮し始めると、江実矢君は将棋の駒を並べ始めた。
園田二段は江実矢君が将棋の駒を並べる手つきを見て、ちょっと怪訝そうな顔をした。
だけどアナウンサーの人に声をかけられるとすぐさっきの笑顔に戻った。
江実矢君の先手で将棋が始まるとすぐに何手か進んだ。
最初は笑顔でアナウンサーと話しながら指していた園田二段だったけど、手がさらに数手すすむと急に園田二段の差し手が止まった。
ゆっくりとした手つきで園田二段が一手指すとすぐ次の手を江実矢君が指した。
すると今度は園田二段の顔が一瞬引きつった。
有紀はなるほどと思い当たることがあった。
江実矢君は幼稚園の頃からお父さんに将棋を習っていて結構強い。
それに小学校の時はプレイステーションで将棋を毎日指しているとか誕生会の時聞いたことがある。
だけど次の手を園田二段が指す前にテレビのアナウンサーが「はいオッケーです」と声を掛けた。
もう必要な場面は撮影できたから江実矢君は用済みらしかった。
江実矢君が彩香ちゃんの側に歩み寄ろうとしたとき、テレビ局の人が「こんどの木曜日にロボットコンテストの本番があるから、恵美ちゃん来てくれるよね」と馴れ馴れしく話しかけてきたた。
「授賞式なんかに東大のチームの代表で表彰状なんか受け取ったりしてもらえると、いい絵が撮れるんだけどね」
「いや、やっぱりいくら東大生でもミス東大が表彰状受け取ったりしたほうが、やっぱり絵になるからね」と調子の良いことを言いだした。
なんでコンテストが開催されるまえに表彰が判るのかと思っていたら東大が技術賞を受賞するのはテレビの企画で最初から決まってるそうだった。
それでもテレビに出られると彩香ちゃんは大喜びだった。
彩香ちゃんはさっそく家に帰ったあと「五月祭のミスコンに選ばれて、次はロボットコンテストでテレビにでることになりました」と江実矢君のblogに書いた。

1.初めての原宿見物<< ページトップ >>3.初めてのオーディション

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間