長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

4.いよいよアイドルデビュー

いよいよアイドルデビュー

 翌日になって写真家の溝口さんから彩香ちゃんに電話があってキャロットクラブの表紙をやらないかと話しがあったそうだ。
キャロットクラブといえは、モデルの登竜門になっている有名な雑誌だ。
溝口さんがテレビで公開オーディションを見ていてくれたんだと有紀は思った。
いったい何が偶然のきっかけになるのか判らないと彩香ちゃんは興奮ぎみだった。
さっそく三人で溝口さんのスタジオに行くことにした。
彩香ちゃんは出かける前に江実矢君のblogに「これからキャロットクラブの表紙の撮影があります」と出かける前に書き込んだと話してくれた。
原宿の駅を降りると、駅前のロッテリアで江実矢君をゴスロリの衣装に着替させて原宿の竹下通りを歩いた。
江実矢君を見て女の子遠くから見ながらなにか話しているのが見えた。
「テレビに出ていた女の子よ」とうわさ話をしているのがそれとなく聞こえてきた。
やっぱりテレビにでると人の見る目は随分と違う物らしい。
彩香ちゃんも得意顔で溝口さんの写真スタジオまで歩いた。
さっそく溝口さんは、今度の衣装だといってテニスウェアを江実矢君に渡した。
上は襟にピンクのラインの入ったポロシャツで、スカートはミニのプリーツスカートだ。
江実矢君はさすがに尻込みをして彩香ちゃんの顔色をうかがった。
断れるのなら断りたいという顔つきは見ていて可愛そうな気がした。
だけど彩香ちゃんがきっぱり「さあ、早く着替えてね恵美ちゃん」と言うと、もうとても断れる訳はなかった。
着替えが済むとさっそくスタイリストの女の子がまた丁寧にお化粧をして撮影が始まった。
今度は雑誌の表紙ということで、使うのはたった一枚だけど撮影は前の時より随分と手間がかかった。
照明を色々並べ替えては見たり、背景を入れ替えたり、たった一枚使うだけなのに何枚とったか判らないくらいたくさん写真を撮った。
ようやく一段落すると、スタイリストの人がお茶を入れてくれたのでやっと一休みできた。
彩香ちゃんはきっと溝口さんが昨日のテレビのオーディション番組を見ていてくれたとばかり思って「昨日のオーディションはどうでした」と話しを向けてみた。
「オーディションて、何のオーディションなの、恵美ちゃんオーディションに出たの」と溝口さんが答えたので彩香ちゃんはびっりして有紀を見つめた。
結局溝口さんはテレビの公開オーディションのことは全然知らなかった。
なんでこんなことになったのか不思議に思って聞いてみると、キャロットクラブの編集長が将棋の早川九段と知り合いで昔その編集長は将棋雑誌の編集もやってたという話しだった。
昨日の夜早川九段から電話があったらしくて編集長もこの間のアイドルデビューの特集に出ていたを覚えていて、すぐに編集長から溝口さんに依頼があったという。
別に頼みもしないのにわざわざ口を聞いてくれたと判ってなんだか気持ち悪かったけど撮影はもう終わったので今更文句は言えなかった。
ひとまずお礼を言ってまた江実矢君をピンクのワンピース着替えさせて竹下通りを歩いて帰るることにした。
またまた芸能プロダクションのスカウト

 江実矢君がお化粧をしたまま原宿の通りをあるいていると「君たち事務所はどこ、よかったら内の事務所の方に来ないか」とまた芸能プロダクションらしい人が声を掛けてきた。
「いや、昨日のオーディションは残念だったね。事務所がもう一息後押しすれば通ってたんだ」
「内の事務所だったら、もう間違いなく一発でオーディションは通るよ」と調子よく言われたけどどこまで本当かはさっぱり当てにはならない。
名刺を受け取って事務所の名前を見ると確かにどっかで聞いたことがあるような気がした。
だけど似たような名前の事務所はいっぱいあるだろうし、インチキな事務所だったらそれこそ大変だ。
「ねえ、溝口さんに聞いてみようよ」と彩香ちゃんが言うので、ひとまず江実矢君は先に帰して二人で、溝口さんのスタジオに戻ることにした。
溝口さんに「芸能プロダクションの人に声をかけられたんだけど、どっちにしたらいいんでしょうか」と名刺を二枚見せて聞いてみた。
一枚はさっき渡されたばかりの名刺、もう一枚は初めて原宿に来たときに渡された緑川さんの名刺だ。
すると溝口さんはどっちの名前も良く知っている様子で「そっちの事務所はタレントを売り出すのは上手だけど、やっぱり原宿をよく知ってるのはこっちの緑川さんの方だね」
「恵美ちゃんなら、もう雑誌でデビューしてることだし、緑川さんに頼めば上手くやってくれるかも知れない」とアドバイスしてくれた。
これはもしかして江実矢君は芸能界にデビューできるかもと、彩香ちゃんは家に帰ってから緑川さんに電話してみた。
するともう溝口さんから話しが通ってた様子で、すぐにオーディションに出る話がまとまった。
今度のオーディションは映画の主役で、なんの映画かは聞かなかったけど、彩香ちゃんはすっかり興奮ぎみだった。
内の事務所からお応募だったら最初の書類審査、それに一次のオーディションまでは通るからと緑川さんが教えてくれた。
彩香ちゃんは緑川さんの言うことをそのまま信じていいのか判らなくて心配していたけど、緑川さんの言った通りに一次のオーディションはともかく合格した。

5段フリルのアンダースコート

 二次のオーディションの前日に、ゴスロリの衣装を借りたままになってるから取りにきて欲しいと彩香ちゃんの家庭教師をしている義信さんに言われた。
東大の五月祭のコスプレ喫茶で使った衣装は、そのまま東大のテニス部の部室に預けたままだった。
ついでにテニスコートもとっておくから、一緒にテニスを教えて上げるというお誘いだった。
彩香ちゃんはテニスができるというので喜んでblogに「東大にテニスをしにいきます、私のテニスウェア姿が見たい人は来て下さいね」と書いた。
彩香ちゃんは毎日思いついたことを江実矢君のblogに書き込んでいたけど、もちろん全部嘘だ。
彩香ちゃんは他にも写真を一杯のせていたが、そんな「うそ日記」など見に来る人は誰もいないはずだった。
当日東大の赤門をくぐって中にはいると随分と人が多くて、それにみんなデジカメを向けては江実矢君を撮していた。
ゴスロリの衣装を受け取った後、テニスウェアに着替えてテニスコートに行こうとするとどうも様子が変だ。
男の子がテニスコートの周りを幾重にも取り囲んでいる、義信さんが先にテニスコートに行って鍵を開ける時に男の子達に話しを聞いてきた。
みんな江実矢君がテニスをするのを見に来てるというのでびっくりしてしまった。
いつの間にか江実矢君は大変なblogアイドルになっていたらしい。
いったいどうしようかと緑川さんに携帯で電話してみると、これは絶好のチャンスだからカメラマンに取材に行かせるからともかくなんとか男の子達を引き留めているようにと言われた。
これはしょうがないと彩香ちゃんはお姉ちゃんの佐織ちゃんから借りてきたテニスウェアを
江実矢君に着せた。
真っ白なスコートはプリーツの入った超ミニで、下のアンダースコートは五段フリルだ。
歩くたびに、アンダースコートのレース模様がスコートの下からちらりちらりと見える。
彩香ちゃんと江実矢君がテニスコートでテニスを始めるとため息のような声があちこちから聞こえてなんだか気持ち悪かった。
江実矢君がラケットを振るたびにレースの五段フリルのアンダースコートが丸見えに成るのを男の子達が一斉にカメラで写真にとっていた。
江実矢君は平気な顔だったけど、彩香ちゃんは緊張して足元が震えていた。
いつまで待ってもカメラマンらしい男の人がくる気配はなかった。
緑川さんにもう一度連絡すると、テニスの後は地下鉄の駅まで帰る途中も男の子達に囲まれるところ写真に撮りたいと言いだした。
だけど緑川さんはいったいどんだけ大勢の男の子達が集まってきているのか判っていない様だ。
男の子達はどんどん人数が増えていくのでとてもカメラマンが来るのを待ってはいられない。
なんとか駅まで江実矢君と帰るしかない、だけどテニスウェア姿で電車に乗るわけにもいかない。
彩香ちゃんは江実矢君を呼びつけると、いきなりさっき返してもらったゴスロリの服を頭からかぶせて着せた。
スカートの下からスコートとアンダースコートを脱がせると、今度は駆け足で男の子達の正面に向かって突進した。
男の子達に彩香ちゃんが体当たりして押しくらまんじゅうのように体で押し分けると必死で江実矢君を赤門まで連れ出した。
なんとか大通り渡るとあとは、必死で地下鉄の駅まで走って帰った。
公開オーディション

 オーディションの二次審査は公開オーディションでテレビでも放送されることになっていた。
当日控え室に早めに入ると、緑川さんが浮かない顔だった。
緑川さんの話では他の事務所も随分と力を入れて新人を推してきているので今回の二次審査は無理かも知れないと弱気な口調だった。
だけど彩香ちゃんはいいアイデアがあるから絶対二次オーディションは通してみせると自信満々だった。
すぐに携帯を取りだすと彩香ちゃんは江実矢君のblogに「これからオーディションが始まりますから皆さん応援に来て下さい」と書いた。
テニスコートにテニスをしにいっただけであれだけ人が集まったのだから、オーディションに出るとなれば大変な人が集まるに違いない。
確かにすごいアイデアだった。
昼過ぎにオーディションが始まると、会場には恵美ちゃんのファンの男の子達が大勢集まって、異様な奇声を上げて応援してくれた。
さすがに江実矢君を落とすわけにはいかなくて、二次のオーディションは無事に通った。
だけどオーディションに受かった女の子の中に見たことのある顔があった。
原宿でロックバンドの追っかけをしていた秀美ちゃんだった。
江実矢君がこんなに人気者になったのは元はと言えば秀美ちゃんに写真家の溝口さんを紹介してもらったのがきっかけだ。
なんで秀美ちゃんがオーディションに出てきたのかさっぱり理由が分からなかったけど、緑川さんの話しでは秀美ちゃんはもともと児童劇団に通っていて、あちこちのオーディションでよく見かけるとの事だった。
翌日の朝、緑川さんから電話があって「恵美ちゃんの写真がスポーツ紙の第一面にでかでかと載ってる」と連絡が来た。
きっと昨日のオーディションのことが新聞に載ったんだと彩香ちゃんは上機嫌だった。
スポーツ新聞なら駅前のコンビニに行けば買える
自信満々で彩香ちゃんはスポーツ新聞を拡げてみると「アイドル生着替え」と大きな文字と一緒に一面に大きく載っていたのはこの間の江実矢君のテニスコートの着替え姿だった。
ちょうど彩香ちゃんが、江実矢君のアンダースコートをスカートの下から脱がせている所が大写しになっていた。
おまけに江実矢君が着替えをしている画像を誰かがインターネットで生中継していたらしい。
こんな所をスポーツ新聞に載せられては最終オーディションに通るわけはないと、彩香ちゃんはすっかり落ち込んでしまった。

3.初めてのオーディション<< ページトップ >>5.ハプニングバーは大騒動

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間