長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

5.ハプニングバーは大騒動

オーディションはコネと金

 緑川さんもこのままではオーディションはとても通らないから後はお金でなんとかするしかないと言いだした。
だけど会社の予算はもう使ってしまったし、もともと彩香ちゃんのせいでこんな事になったのだから彩香ちゃんがなんとか200万用意しろと言う。
確かに彩香ちゃんが「東大にテニスをしにいきます」なんてblogに書かなければこんな事にはならなかったはずだ。
だけど中学生に200万なんて金がすぐに作れる訳がない。
江実矢君がオーディションに通れば200万なんて金はすぐ戻ってくるはずだから200万をなんとかするしかない。
写真家の溝口さんに相談に行くと、やっぱりオーディションでは裏金を使うのは常識らしい。
オーディションは大抵コネで決まるので、映画の監督や演出家にコネがないとオーディションは通るわけがないと裏の事情を話してくれた。
だけどみんながみんなコネでオーディションを受けるので結局最後はお金だという。
事務所がお金を出してくれればいいけど、そんなに事務所が無制限にお金を出せるわけがないので、どうしてもオーディションに受かりたければ自分でお金を用意するしかないらしい。
だけど秀美ちゃんももしかして裏でお金を使ってるのかもしれないと有紀はちょっと気になった。
もともと秀美ちゃんは溝口さんとは前からの知り合いだから事情をしってるかもしれない。
それとなく有紀が秀美ちゃんの話題を向けると溝口さんは「秀美ちゃんはもともと劇団の子でね」と話しを切り出した。
「劇団はどこも運営が苦しいから、子供向けの演劇のクラスなんかも作ってそれで人数を集めてね、とくに見所のある女の子はデビューさせるからと言って修行のためにアルバイトさせたりするんだよ」
「そうしないと劇団というのはお金が儲からないんだ」
「それに女の子がすぐいいお金になるバイトと言うのはこの辺ではいろいろあるからね」
「秀美ちゃんはいろいろ苦労してるから、早くなんとかデビューできると良いんだけどね」とうまく話し聞き出して有紀にもなんとなく事情が見えてきた。
秀美ちゃんも「女の子がすぐいいお金になるアルバイト」をしててそれがあのハプニングバーに出てた理由なのだ。
確かにいいお金にはなりそうなアルバイトだ。
だけどいくらお金になるとは言っても、彩香ちゃんがあんなハプニングバーで変なショーに出る訳にはいかない。
それに何よりもお金は今すぐいる。
「200万なんとかなりませんか」と彩香ちゃんが溝口さんに頼み込んだ。
「それはちょっと」と溝口さんが言葉を濁すと、そのまま黙り込んで困った顔をした。
やっぱり溝口さんにお金を借りるのは無理みたいだと二人でスタジオを出ると、急に彩香ちゃんが「あの先生だったらなんとかしてくれるわよきっと」と言いだした。
あの先生というのは早川九段のことだと有紀にもぴんと来た。
将棋って結構お金になるらしいというのは何となくどっかで聞いたことがあった。
もしかしてあの将棋の早川九段だったらお金を貸してくれるかもしれない。
善は急げで、早川九段の自宅まで行って頼んでみようと話しがまとまった。
将棋研究会のメイド

 早川九段の名刺を見て、住所をたよりに言ってみるとちょうど大きなお寺の裏手に早川九段の家があった。
外からみると、植木も庭の池の周りを取り囲んでいる。
これなら200万円くらいだったらすぐに貸してくれるかも知れないと思って玄関の呼び鈴を押した。
インターホンで「早川九段にお会いしたいんですけど」と彩香ちゃんが言うと「お知り合いですか」と聞かれた。
彩香ちゃんが「はい」と答えると、玄関までお手伝いの女の子が出迎えに出てきた。
まだ中学生くらいの女の子は学校の制服の上に大きな白いエプロンをしていた。
客間に通されたあと「今将棋の研究会の最中なので、一時間ほどお待ち下さい」と言われてそのあとコーヒーが出てきた。
大きなお盆の上には、他にもお茶菓子のクッキーが載っていたので、彩香ちゃんはさっそく味見をしてみた。
玄関で人の声がして男の人が数人玄関から出て行くのが見えた。
研究会は終わったらしくて、早川九段が応接間に入ってくると「やあ」と小さく会釈をした。
「あの、どうしてもお願いしたいことがあって来たんです」と彩香ちゃんが改まった顔で切り出すといきなり「200万円今すぐ貸して下さい」と切り出した。
早川九段は特に驚いた様子もなく「200万くらいの金なら今すぐ渡せるから」と随分と簡単に話がまとまった。
その替わり200万が返せなかったらその時は江実矢君が早川九段の弟子になると言うのが条件だった。
「あの、弟子になるって何をすれば良いんですか」と彩香ちゃんがちょっと心配になったのか早川九段に聞いてみた。
「そうだね、最初は研究会のお茶くみでもしてもらおうか」と早川九段が言うので「その研究会ってのはなんなんですか」と彩香ちゃんがまた聞いた。
早川九段は「棋士がみんなで集まって将棋の研究をするんだよ、だけど最初から研究会になんか参加できないからね。みんな一流の棋士ばかりだから」
「だから、みんなにお茶をだしてね、そばで研究を聞かせてもらうんだよ」と説明を聞いてなるほどだからさっきの女の子も、エプロン姿でお茶をだしていたのかと気が付いた。
「さっきお茶を出してくれた女の子も先生のお弟子さんなんですか」と彩香ちゃんが聞くと「ああ、そうだよまだ奨励会だけどね」とまた訳の分からないことを言われた。
彩香ちゃんはどうせ将棋の事は聞いてもわからないので、それ以上は聞くのは止めにした。
彩香ちゃんのアイデア

 早川九段がどこかから200万の札束を出してきて彩香ちゃんに渡した。
200万なんて大金は彩香ちゃんも有紀も今まで見たことも触ったこともない。
彩香ちゃんは鞄に200万をしまおうとしたが手が震えて鞄のチャックがなかなか開けられなかった。
早川九段の家からすぐに緑川さんの事務所に行き彩香ちゃんはその200万を緑川さんに渡した。
緑川さんはそのお金で審査員に高級な腕時計を買ったり洋酒を届けたりしてなんとか江実矢君が最終審査で選ばれるように裏工作をしてるんだと話してくれた。
だけど高級腕時計なんかを送ったりして本当にオーディションに受かるのか、彩香ちゃんは納得できない口ぶりだったけど、緑川さんがそう言うので信じるよりしょうがなかった。
「200万もの大金で腕時計がいくつ買えるのかしら」と彩香ちゃんが言うのも、なるほどもっともな気がした。
いよいよ最終審査が近くなって緑川さんが最終審査には秀美ちゃんが通りそうだと裏の話しを聞いてきた。
もともと今度の映画は売れないロックバンドがひょんなきっかけから大ブレークするというストーリーだけど、そのロックバンドというのが秀美ちゃんが追っかけをしていたピンキーピンクというバンドで、バンドのメンバーが揃って秀美ちゃんを推薦したということだった。
このままだと、早川九段に借りた200万は全部無駄になってしまう。
「なんとか恵美ちゃんがオーディションを通れるようにできないんですか」と彩香ちゃんが緑川さんに食ってかかったけど、緑川さんの話しでは秀美ちゃんはもっと大金を審査員にばらまいたらしい。
そんな大金どっから工面したのかしらと思ったが、あのハプニングバーのバイトや、他にもお金になるバイトをやっているのに違いない。
でなければそんな大金をそんなに都合良く用意できるわけはない。
そのとき彩香ちゃんが「私、上手い手を思いついたわ」と突然大声をだした。
秀美ちゃんはまだきっとハプニングバーでアルバイトをしてるはず。
その写真を溝口さんに撮ってもらってそれを審査員にばらまけば、きっと秀美ちゃんは落選するはずだ。
だけどハプニングバーというのはいつ何が起きるか判らないからハプニングバーなのだ。
なんとか秀美ちゃんが出演する時間を前もって調べないと、毎日ハプニングバーに通う訳にもいかない。
だけど早川九段は以前ハプニングバーに行ったときちょうど秀美ちゃんが出演するときにうまく会わせて店に入った。
てことは早川九段は、店の人にどんな出し物があるのかこっそそり教えてもらっているに違いない。
だから早川九段から上手く聞き出せばいいというのが彩香ちゃんのアイデアだった。
さっそく早川九段に電話をして彩香ちゃんが「あの、その」と口ごもった後「恵美ちゃんが将棋の修行をしたいって言ってるんです」と話しを始めた。
そのあとどう話しをもっていくのかと有紀は気が気ではなかったが「将棋の修行には度胸を鍛えないと行けないので、私恵美ちゃんをあのハプニングバーにまた連れていこうと思うんです」と上手く話しを繋げた。
「それで恵美ちゃんが舞台に上げられてお仕置きされるなんてことに成りそうになったらきっと将棋の修行にはちょうどいいと思うんですけど」
「それでこないだの出し物がまたいつあるか教えていたたけないでしょうか」と彩香ちゃんが使ったこともない敬語をつかってなんとか聞き出すことに成功した。
ハプニングバーの罠

 なんとか写真家の溝口さんに頼み込んで、一緒にハプニングバーに来てもらうことにした。
三人で舞台のすぐ前のテーブルに座ると、あとはショーが始まるのを待つばかりだ。
溝口さんもこのバーのことは知っていて「ここでやるショーは全部やらせでね、最初から決まってるんだ、もちろんシロートがたまたま知らずに舞台に上げられちゃうこともあるけどね」と教えてくれた。
「だけど大抵は、劇団の女の子とか、あとはAV女優とかをあらかじめ頼んでおいて最初から筋書きはできてるんだ」
「だから面白いと言っても面白がるのは何も知らない客だけなんだよ」と溝口さんはあまり気乗りしない様子だった。
飲み物を飲みながらそれとなく店の中を見回してみると、舞台の右側の席にピンクのワンピースを着た女の子が座っている後ろ姿が見えた。
やっぱりと有紀は思った。
彩香ちゃんもその服をみて秀美ちゃんに間違いないと有紀に目で合図した。
頃合いを見計らって彩香ちゃんが携帯を取りだしてテーブルの下で操作を始めた。
江実矢君のblogに「いま私、ハプニングバーに来ています、これから私お仕置きされちゃうんです」と書く手はずになっていた。
そうすればすぐに大勢の男の子達がこの店に押しかけてくるはず。
その上、秀美ちゃんがお仕置きをされているのがインターネットで中継されるはずだ。
そうすれば秀美ちゃんがオーディションを落ちるのは間違いない。
秀美ちゃんがオーディションに落ちれば、オーディションに受かるのは江実矢君しかいない。
しばらく経っても店の中では何も起きなかった。
だけどすぐに店の中に客が増えていくのが判った。
だんだん空席が埋まっていくと、今度は店の入り口に行列ができはじめた。
テーブルはもう一杯で中にはとても入れないが、店の外が騒がしくなって「おい、入れろまだ入れるだろう」と怒鳴る男の子の声も聞こえてきた。
ハプニングバーは大騒動

 店の中央の舞台の後ろからロックバンドらしい男の子達が出てきた。
いよいよショーが始まるのは間違いない。
バンドの男の子達は前回とは違ってピンキーピンクではなかったが、派手にお化粧をして服装もへんてこな格好だった。
演奏が始まって、一曲終わるとお約束の「おい、なんだ、その拍手の仕方は」という台詞が始まった。
ボーカルの男の子がテーブルに座った客の間を歩き回ってピンクのワンピースを着た女の子の前に来た。
「なんだ、その拍手の仕方は、心がこもってない」と怒鳴りつけるのはお約束で、ボーカルの男の子が女の子の手を掴んで舞台に引っ張り上げようとした。
だけど「やめて下さい」という声を聞いて、彩香ちゃんは目が飛び出るほどびっくりして椅子から転げ落ちそうになった。
秀美ちゃんだとばかり思っていたピンクのワンピースの女の子は江実矢君だったのだ。
なんでこんな事になったのか全然判らないけど、ともかく江実矢君が舞台に引っ張り上げられて四つん這いの格好でスカートをめくり上げられた。
スカートの下は、スカートとお揃いのアンダースコートだった。
ボーカルの男がアンダースコートの上から江実矢君のお尻を手のひらで叩きつけて殴りだした。
江実矢君の悲鳴が店に響くと彩香ちゃんはどうしていいのか判らなくなって口を開けたまま何か言おうとした。
今度は他の男の子が江実矢君のアンダースコートの腰に手を差し入れてアンダースコートを引きずり降ろそうとした。
大変だそんなことをされたら江実矢君が男の子だと言うことがすぐにばれてしまうと有紀が思ったとき、彩香ちゃんがいきなり席を立って舞台に突進した。
他の男の子が彩香ちゃんを取り押さえようとして彩香ちゃんの手を引っ張ったが、押し飛ばされたのは男の子の方だった。
江実矢君が四つん這いになっているその上に彩香ちゃんが覆い被さるようにして体を重ねると、江実矢君に必死でしがみついた。
するとボーカルの男の子は「なんだこの女は」と一瞬とまどった様子で彩香ちゃんのお尻を見た。
中学生の割には体の大きな彩香ちゃんのお尻は、小柄な江実矢君に比べてずっしりと大きくもう大人のお色気満点だった。
ボーカルの男の子は、これもショーの趣向の一つだとおもったらしくて「はっはっは」と大げさな声で作り笑いをすると「この女、懲らしめてやる」と言って今度は彩香ちゃんのお尻めくって手のひらを叩きつけてきた。
彩香ちゃんが悲鳴を上げると、横にいた男の子が彩香ちゃんのパンティーに手をいれた。
パンティーが引きずり降ろされようとしたその時、店の入り口で騒いでいた男の子達が一斉に店になだれ込んできた。
翌日の写真週刊誌には江実矢君と彩香ちゃんが体を重ねている写真が掲載された。
おまけに当日の様子はインターネットで誰かが生中継していたそうだ。
オーディションには秀美ちゃんが選ばれて、彩香ちゃんには早川九段から借りた200万の借金が残った。
もちろん中学生で200万なんて大金が返せる訳はない。
結局の所江実矢君は、早川九段の弟子にしてもらうことになった。
今江実矢君は学校の授業が終わったあと、早川九段の家に通って、将棋の研究会でお茶を出している。
もちろん、ピンクのミニのワンピースにエプロン姿だ。
早川九段の指導は厳しいことで有名だそうだけど、何がどう厳しいのかは彩香ちゃんも有紀も知ったことではない。

              完

4.いよいよアイドルデビュー<< ページトップ >>6.ビーナスクラブ

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間