長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

10.ラブホテルで面接

 秀美ちゃんのマネージャーが秀美ちゃんの手をひっぱって「こっちだ」と言って駆けだした。
 ちょうどテレビ局のスタッフの人が、左右に道を造ってくれたのだ。
 彩香ちゃんも江実矢君の手をひっぱって秀美ちゃんの後から大急ぎで駆けだした。
 やっと将棋祭りの正面入り口まで逃げてくると、テレビ局のスタッフの人が後から追いかけてくる男の子達を途中で止めてるのが見えた。
 受付のすぐ裏手にある控え室に逃げ込むともう一安心と彩香ちゃんが床に座り込んでしまった。
 控え室にはさっきの栗田名人も飛車角レンジャーの着替えで一休みしていた。
 しばらくして息が楽になると「ねえ、君たちに頼みたいことがあるんだ」と秀美ちゃんのマネージャーが口を開いた。
「もしかしたら、恵美ちゃんに映画に出演するチャンスがあるかもしれないんだ」とマネージャーに言われて彩香ちゃんはびっくりして目を見開いた。
 なんでも「めくら将棋」のシーンがあってオーディションで選んだ女の子に何人かやらせてみたけど出来る人がだれも居なくて仕方なく早川九段に相談したらそれなら「恵美ちゃんがぴったりだ」と推薦してくれたらしい。
 だけどめくら将棋だけできても演技ができないといけないので、劇団の合宿に参加して演技の練習をしてから演技の指導をしてる先生に選んでもらうという話しだ。
 合宿は全員女の子で、一週間演技の練習をばっちりやって、その中から出演者を選ぶという手順。
 ものすごく厳しい合宿で、これをやり遂げたらもう何処に行っても役者で通用するけど、脱落しちゃう人が殆どだという話し。
 江実矢君だけ女の子だけの合宿に参加させるわけにも行かないので彩香ちゃんが「私も参加していいですか」と聞いてみた。
 マネージャーはちょっと驚いた顔をしたけど「ああ、誰でも参加できるよ、だけど参加費がかかるけど君たち払えるかな」と言われてしまった。
「それでいくらかかるんですか」とマネージャーに聞いてみると「一人50万だけど君たち払えるかな」とすました顔。
 もしかして彩香ちゃんと私を合宿に参加させたくなくて、そんな大金を口にしてるのかもしれない。
 マネージャーは「もちろん、恵美ちゃんのお金は僕の事務所で払うけど、君たちの分までは払えないからね、大変な額だからママと相談した方がいいよ」と冷たい口調。
「本当に一人50万払えば合宿に参加出来るんてすか」と彩香ちゃんが確かめると「ああ、誰でも参加できるよ、ただし僕が推薦しないとだめだけどね」とどうも怪しい答え。
 そばで話しを聞いていた栗田名人が恵美ちゃんの手を取りながら「ああ、それだったら僕が払いますよ、そのくらいの金は、お小遣いで払えるから」と口を挟んだ。
 栗田名人はさっきの飛車角レンジャーのお面を手に持って、服はまだ着ぐるみのまま。
 マネージャーがびっくりした顔で栗田名人を見てたけど、栗田名人の顔を見てすぐに気が付いた様子。
 栗田名人がお小遣いをそんなに持ってるなんてびっくりしたけど、将棋の名人はお金が儲かるという話しは確かに聞いたことがある。
「それで決まりですね」と彩香ちゃんが大喜びで答えると「その前に面接しないとね」とマネージャーが彩香ちゃんを遮った。
「ここじゃ、ゆっくり面接できないから、一緒に来てもらおうか」とマネージャーに言われて大将棋まつりの会場を後にした。
 マネージャーが歩いていく先について行くと、裏通りにはいってご休憩7000円の看板が見えた。
「ご休憩」ってなんだろうと思ったけど、よく分からない。
 きっとカラオケかなにかの店だと思ったけど、それだったらカラオケの看板がでてるはず。
 建物の中に入ると受付で鍵をもらって小部屋に入った。
 奥に細長い部屋には、ベッドがあってその横にソファーが置いてある。
 カラオケだったらベッドなんか置いてあるわけ無い。
 ドアのすぐ横のガラス戸の向こうはバスルームらしくてトイレとシャワーが見える。
 これってどう見てもホテルの部屋みたいな作り。
 ご休憩という看板が普通のホテルにあるわけ無い。
 ラブホテルって入ったことがないけどこれがその噂にきいたラブホテルらしい。
 大変な所に連れ込まれちゃったとびっくりして彩香ちゃんを見ると、彩香ちゃんもラブホテルだと気が付いたらしい。
 だけど平気な顔をして、あちこち部屋の中を見回してる。
 マネージャーはソファーに腰をかけるとケータイを手に持って「じゃあ、面接始めようか」と彩香ちゃんに声をかけた。
 ケータイで面接の様子をビデオに撮るつもりらしい。
「まず最初に、名前と年齢をいってもらおうか」とマネージャーが話しを始めたのでやっぱり面接をするらしい。
「どうして、女優になりたいのかな、理由を話してくれないか」とマネージャーに言われて彩香ちゃんはびっりくして答えに詰まった。
 江実矢君一人を合宿に行かせるのが心配だから一緒に合宿に行きたいと言っただけ。
 女優になりたいなんて話しは誰も言ってない。
「あの、私テレビに出たいんです」ととっさに彩香ちゃんが答えた。
「あのね、どうしてテレビに出たいのかをきいてるんだよ」とマネージャーに言われて彩香ちゃんは言葉が続かない。
「あのだから、有名になりたいんです」と彩香ちゃんが答えると「そうだね、有名になって自分の演技を見てもらいたいんだね」とマネージャーが言った。
「そうです、そうなんです、自分の演技を見てもらいたいんです」と彩香ちゃんが必死で答えてなんとか切り抜けると「じゃあ、今付き合ってる男の子いるかな」と聞かれた。
「なんで、そんなこと聞くんですか」と今度は彩香ちゃんは困った顔で聞き返した。
「女優さんはね、恋の経験がいっぱいないといい演技ができないんだよ、だけどね女優さんに成りたかったら、男と付き合ってる暇なんかないから、決まった男性がいたりしたら駄目なんだ」とマネージャーに言われた。
 付き合ってる男の人が居た方がいいのか居ない方がいいのか、どっちを答えていいのか分からない。
「好きな人ならいます」と彩香ちゃんが答えると「そう女優になろうと思ったらいつも恋をしてないとだめなんだ」とマネージャーに言われた。
「どんな男性がタイプなのかな」とマネージャーに言われて彩香ちゃんは江実矢君が好きだとなんか言えるわけ無い。
 適当に誤魔化して「男らしい人が好きです」と言うだけ言ってみた。
「そうだね、じゃあ、いま好きな男の人が目の前にいると思って演技をしてみてごらん」とマネージャーが言い出した。
「演技ってなにすればいいんですか」と彩香ちゃんが聞くと「大好きな男の子を前にしたら女の子ならどうするのか自分で考えてごらん、それが出来ないと女優さんになんか成れないよ」とマネージャーがもったいぶって答えた。
 そんなこと言われたって、演技なんて何をしたらいいのか分からない。
「好きです」と彩香ちゃんが恥ずかしそうに言うと「誰の事を好きなんだ、ちゃんと言いなさい」とマネージャーが意地悪そうな口調で指図した。
「あなたのことが大好きなんです、本当です、本当に本当なんです」と彩香ちゃんが精一杯甘えた声で呟くと「本当に好きなら証拠を見せて欲しいな、そうでなきゃ信じて貰えないよ」とマネージャーがまた言った。
「証拠ってなんですか、今度は何をすれば良いんですか」と彩香ちゃんが泣き出しそうな口調でいうと「じぁあ、いまどんなパンツ履いてるのか、見せてごらん、好きな人になら見せられるだろう」とマネージャーが今度はちょっと脅すような口調で言った。
「パンツ見せればいいんですか、そうすれば面接には合格させて貰えるんですか」と彩香ちゃんが恐る恐る聞いてみると「パンツを見せたくらいじゃあ、女優さんになんかなれないよ。女優さんになりたかったら、もっと頑張って女の魅力を使わないとね。彩香ちゃんなんでも出来るかな」とまたマネージャーが訳の分からない事を言い出した。
 これじゃあ、いったい何をしたらいいのか分からない。
「私なんでもします」と彩香ちゃんが答えるととマネージャーが前に身体を乗り出して彩香ちゃんの口元で「じゃあ、口でやってもらおうかな」と囁いた。
 口でやるって言われても何のことか分からないけど、お芝居をなにかしろってことらしい。
 口でするお芝居なんてしたことないけど、何でもしますと言ったからには何でもするしかない。
 彩香ちゃんが不安げな顔で「はい」と言って頷いた。
 マネージャーの手が、彩香ちゃんのスカートの膝の上に載せられると「それじゃ、まずパンツ見せてもらおうか」とスカートの裾をめくろうとした。
 彩香ちゃんはびっくりして「なにすんのよ」いきなり大声をだすとマネージャーは「女優に成りたいんだろう、面接に受からないと女優にはなれないんだよ」と言って彩香ちゃんの膝を押さえつけてきた。
 どう考えたってこれが劇団の合宿の面接だなんて話しが変。
 彩香ちゃんもこれは絶対変だと気が付いたらしくて急に顔色が変わった。
 マネージャーが今度はもう一方の手でズボンの前のチャックを開けようとした。
 だけど、ズボンの前が大きく膨らんでいてなかなかチャックが開かない。
 マネージャーの指先がやっと下まで降りると、紫色のパンツが見えた。
 女の子にパンツを見せる面接なんてあるわけない。
 いきなり彩香ちゃんが飛び上がるように、立ち上がると膝をマネージャーのパンツめがけて蹴り上げた。
「ぐえ」とカエルが潰れたような声をだすとマネージャーが背中からベッドに倒れ込んだ。
「ぐえーーー」と悲鳴を上げて両足を震わせてる格好はおかしくて彩香ちゃんは笑い出した。
 どうやら男性の急所に命中してしまったらしい。
 彩香ちゃんはベッドに上がると、マネージャーの腰に後ろ向きに座り込んだ。
 あれだ、あの彩香スペシャルをやろうとしてるんだと有紀にはピントきた。
 彩香スペシャルは彩香ちゃんの伝説の得意技。
 電気アンマのスペシャルバージョンで、彩香ちゃんが工夫した技だ。
 小学校の時は、同級生の男の子達を震え上がらせて、誰も彩香ちゃんに逆らう男の子はいなかった。
 彩香ちゃんがマネージャーの両足を持ち上げて抱え上げると、自分の踵をマネージャーの急所に交互にぶつけ続けた。
 部屋に響く絶叫は、小学校のとき男の子が出した声よりも凄まじい。
「このくらいで、勘弁ししといてあげる」と言って彩香ちゃんがベッドから降りると、マネージャーはベッドの上で涙を流してうめき声を上げて悶えてる。
 彩香ちゃんがマネージャーの携帯を取り上げて中身を確かめてみたた。
 やっぱりラブホテルで面接したらしい女優志願の女の子のビデオが一杯入ってる。
 彩香ちゃんが有紀にケータイを見せると、びっくりしちゃう映像が画面に映った。
 口でやるってマネージャーが言ってたのはこの事なんだ。
 あまりの凄さに目が点になって声もでなかった。
「ねえ、私達面接に合格したのよね、そうでしょう」と彩香ちゃんがマネージャのお尻を蹴飛ばしながら声をかけた。
「もちろん合格だよ、だからビデオの事は事務所の社長には内緒にしておいて。本当にお願いします」と必死で手をすりあわせながら頭を下げた。
「あんた、あたしには逆らえないのよ、わかってるでしょうね。彩香様お呼び」と彩香ちゃんが高笑いをすると、マネージャーはしょげた様子で「はい彩香様」と言って大人しく返事をした。

9.大将棋まつり<< ページトップ >>11.性感マシーン

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間