長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

7.ゴスロリメイド喫茶

 しばらくしてまたビーナスクラブの会報が郵便で届いた。
 学校に持っていって彩香ちゃんに見せると、彩香ちゃんも同じ物を持ってきて私に見せてくれた。
 今度の表紙は、由美ちゃんと江実矢君が並んだ顔。
 二人ともおそろいのゴスロリのワンピースを着てる。
 今度もお化粧は由美ちゃんがやってくれたらしくて、二人ともつけまつげをつけてお人形さんみたい。
 顔が小さくて丸顔な二人はお化粧をするとまるで双子の姉妹みたいにそっくり。
 今度の写真はちゃんとしたカメラで撮ったらしくて、前の写真よりは随分と写りが良い
 だけど彩香ちゃんは二人の並んだ写真を見て機嫌が悪い。
 封筒の中には「ビーナスフェスティバル」と書いた招待券も一緒に入っていた。
 ファンとの交流会らしくていろいろな行事があって「メイド喫茶」もあるらしい。
 メイドさんはみな女流の棋士で、お茶を飲みながら将棋の相手もしてくれるという企画。
 女流の棋士がメイド服を着るなんて、なんて馬鹿らしい企画なのかしらと呆れてしまった。
 江実矢君を問いつめると江実矢君もメイド姿で喫茶店のウェイトレスをすることになってると白状した。
 これは見に行くしかない。
 当日彩香ちゃんと将棋センターに行くと入り口には将棋ファンらしい男の子達が大勢おしかけてる。
 みなビーナスクラブの会報を手に持ってる所をみると、ビーナスクラブの会員の男の子達らしい。
 将棋のファンにしてはなんだか変な雰囲気。
 秋葉原辺りを歩いてるような服装で顔つきもなんだか変
 将棋ファンというよりは将棋オタクと言った方がいいような男の子たちばかりだ。
 ビーナスクラブの会員はまだ三人しかいないと思ってたけど、あれから随分と増えたらしい。
 受付で招待状を見せてさっそく地下の食堂にあるメイド喫茶に行ってみた。
 入り口に大きな模造紙で将棋喫茶と看板がでてる。
 食券で飲み物を頼んで席に着いてみるとゴスロリのメイド服の女の子が大勢並んでる。
 お客さんよりメイドさんの数の方が多いくらい。
 中学生みたいな感じの女の子もいるけどみんな女流の棋士らしい。
 江実矢君も他の女の子と同じゴスロリのメイド服姿で、お茶を運んでる。
 今度もお化粧は由美ちゃんがやってくれたらしくてつけまつげもばっちり。
 メイド喫茶といっても座ってお茶を飲んでるお客さんは誰もいなくて、みなメイド服姿の女流棋士さん達と並んで記念写真を撮ってる。
 彩香ちゃんも江実矢君と並んで記念写真を撮ったけど、江実矢君は大人気で他のお客さんと並んで写真を撮るので大忙し。
 男の人に肩を組んだり、手を握られて写真を撮られても断れないので彩香ちゃんはちょっと不機嫌だ。
 地下のメイド喫茶を出てフェスティバルの会場を一回りすると模擬店もでていたのでクレープを食べた。
 展示の写真を見たり、女流棋士のコーラスを聴いたりしてからまたメイド喫茶に戻ってみると、もうお客さんは殆どいない。
 しばらく江実矢とおしゃべりをしたあと、そろそろ帰ろうとしたとき、江実矢君を呼びに女の子が飛んできた。
 大広間でやってる女流の対局が早く終わってしまったので、誰でもいいからと呼びに来たのだ。
 メイド喫茶を見回してみると、後かたづけの最中で他のメイド服の女の子達は忙しそう。
 ちょうど手が空いていた江実矢君が手をひっぱって大広間まで連れて行かれたので彩香ちゃんと有紀もついて行った。
 大きな広間の正面には、由美ちゃんが将棋盤の横に座っていてこっちに手を振ってる。
 由美ちゃんが江実矢君の対局相手らしい。
 大広間には観客が大勢待ちかまえてるのが見えて、江実矢君は大急ぎで将棋盤の前に座った。
 彩香ちゃんもすぐ江実矢君の近くまで追いかけてきた。
 将棋盤の前列の空いた椅子に座った彩香ちゃん、由美ちゃんの着てる服を見て顔色が変わった。
 由美ちゃんと江実矢君が着てるのはおそろいの色違いのワンピースだ。
 偶然同じ服を着てるなんてことがあるわけ無い。
 彩香ちゃんは怒りを隠しきれない顔で、対局場の正面の席に座ったまま身体が凍り付いてる。
 対局の準備もできたらしくてすぐに対局が始まった。
 二人ともゴスロリのワンピース姿で、将棋盤に向かい合って座ってる姿はなんだか不思議な感じ。
 大広間の正面のすぐ横には大きな壁くらい有る将棋盤があって、たまたま来ていた栗田名人がもう一人の相手と大盤解説を始めた。
 大盤解説というのは、大きな板みたいな将棋盤を使って解説をするので大盤解説というらしい。
 手慣れた口調で解説を始めた栗田名人は若手のホープでまだ独身だ。
 女流棋士にも大人気らしい。
 手が進むに連れて最初は冗談ばかりいっていた解説の栗田名人も次第に真面目な口調になった。
 ビーナスフェスティバルの余興の対局だけど、由美ちゃんも江実矢君も二人とも真剣に指してるらしい。
 急に由美ちゃんの手が止まってしばらく考えてなかなか手が進まない。
 栗田名人がすぐ隣で大きな声で解説をしているのが聞こえてきた。
「ここは、この手しかありません。いや絶対この手ですね、この手じゃなかったら、僕は由美ちゃんを諦めます」と栗田名人の声が聞こえて、由美ちゃんがどきっとした顔で眉をつり上げた。
 彩香ちゃんもなんの事か判らなくて、怪訝な顔をしてるけどどうも栗田名人どさくさく紛れて由美ちゃんを口説いてるらしい。
 彩香ちゃんは呆れた顔で栗田名人の顔をみた。
 由美ちゃんが思いきった手付きで次の手を指すと栗田名人が「これは凄い、凄い手だ。あっだけど」と言ったまま言葉を詰まらせた。
 すぐに江実矢君が次の手を打つと「あれあれ、これは」と栗田名人が大声で叫んだ。
「これは頓死ですね、詰んじゃいましたね」と栗田名人がきっぱりと言うと会場の観客がどよめいた。
 彩香ちゃんはいったい何が起きてるのかさっぱり判らなくて「ねえトン死ってなんのことよ。わかんない」と言って首をかしげてる。
 由美ちゃんが軽く頭を下げて会釈をするとそれで対局は終わったみたい。
 栗田名人がさっそく江実矢君に近づくと「恵美ちゃん凄いね、いやさっきの手は凄かったね」と声をかけてる。
 どうやら由美ちゃんが肝心なところで間違えてそれで大逆転して江実矢君が勝っちゃったらしい。
 栗田名人に対局中に口説かれて動揺して由美ちゃんが間違えたって事らしい。
「いや、恵美ちゃん、凄いね、後で話しを聞かせてもらえないかな、二人きりで」と栗田名人が今度は江実矢君を口説いてる。
 彩香ちゃんが江実矢君のドレスの袖を引っ張ってさっきのメイド喫茶まで連れ戻すと、江実矢君の側でじっと見張りを続けた。
 お客さんはもう誰も来なくて、女の子達はしばらく時間つぶしにおしゃべりをしてるだけ。
 ようやくビーナスフェスティバルも終わりにの時間になって、メイド姿の女の子達が椅子を並べ替えて店じまいを始めた。
 最後にみんなで記念写真をとって帰ろうと思って三人で将棋センターの玄関を出ようとすると、目の前につかつかと歩み寄る男性が目に入った。
「いや、ちょうどよかった、よかったら夕御飯一緒に食べないか、君たちお腹空いてるだろう」と栗田名人が待ち伏せしてたのだ。
「私達お腹一杯ですからいいです」と言って彩香ちゃんが断ると「じゃあ、お茶を飲もう、それともシェークがいいかな、この先にロッテリアがあるんだ」と栗田名人はしつこく誘い続けて止めようとしない。
 江実矢君が急に「一休みしてシェーク飲みたいな」と言い出した。
 そう言えばメイド喫茶のメイドさんは、自分では飲み物は飲めないし、ずっと立ったまま。
 ちょっとくらいは休みたいと江実矢君が言い出すのも無理はない。
 ロッテリアだったら男の人と一緒に入っても大丈夫なはず。
「じゃ、シェーク飲んだらすぐ帰るのよ」と彩香ちゃんが言うと、江実矢君も頷いた。
 少し先にロッテリアが見えたので、ここなら大丈夫と思ってレジに並ぶと栗田名人がお金を払ってくれた。
 だけどシェークを紙袋に入れてもらって店を出ようとするのでびっくりした。
「この先に綺麗な公園があるからそこでシェークを飲もう」と栗田名人に言われて彩香ちゃんは慌てた顔で栗田名人を睨みつけた。
 確かにロッテリアでシェークを飲むとは言ってなかったけど、これじゃあ公園に連れて行かれちゃう。
 だけどもうシェークは買っちゃったし、これじゃあもう栗田名人に一緒について行くしかない。
 すこし歩くと交差点の先に大きな公園があるのが見えた。
 公園のベンチでシェークを飲んでると、栗田名人が今度はアップルパイを取りだした。
 ロッテリアで一緒に買ったらしい。
 さっきから栗田名人は江実矢君をちらちらと何度も見つめて落ち着かない様子。
 このあとどう江実矢君を口説くのかチャンスを伺ってる雰囲気。
「私達もう帰るからいいです」と彩香ちゃんが言って江実矢君の手を取って立ち上がろうとした。
 栗田名人は平気な顔でアップルパイを江実矢君に渡すと「君たち先に帰ってくれないかな、僕と恵美ちゃんは大事な話があるんだ」と言い出した。
 江実矢君はアップルパイを受け取ると、もう食べ始めてる。
 よっぽどお腹が空いてるらしい。
 そういえば、さっき由美ちゃんと対局にかり出されてお昼の食事が食べそこねたみたい。
「恵美ちゃん、よかったら一緒に食事しながら話しを聞いてくれないか」と栗田名人がまた誘ってる。
「すぐそこに美味しいレストランがあるんだ」と指さす先には確かにそれらしい建物がある。
「でもね、とっても高いから、僕と恵美ちゃんのぶ分しかお金がないんだ」と栗田名人は二人だけになる言い訳を並べた。
 そんなに高いならきっととびきり美味しいに違いないと、江実矢君のお腹が鳴ったので彩香ちゃんも呆れた顔。
 ご飯一緒に食べるくらいなら江実矢君もお腹がすいてるから仕方ない。
 彩香ちゃんも私も夕御飯前には家に帰らないと、ママに叱られちゃう。
 しょうがないと思って、有紀が先に歩き出すと彩香ちゃんも諦めて公園を出た。
 彩香ちゃんが何度か振り返ると急に立ち止まった。
 栗田名人が江実矢君の手を取って立ち上がって公園のトイレの裏手に入るのを彩香ちゃんは見逃さなかった。
 公園の外の通りを回って駆け出すと、レストランの前に行ってみた。
 外からレストランの中を探したが二人の姿は見あたらない。
 慌てて公園のトイレの裏手に行ってみると、栗田名人は江実矢君そっと身体を寄せてる。
 大きな木に背中をもたれてる江実矢君の身体は、半分栗田名人に押されて傾いてる。
 これはどう見たって、栗田名人が江実矢君を口説いてるとした見えない。
 だけどなんか二人の様子は変な感じだ。
「8四金、2七歩」とかお互いに小さな声で囁き合ってる。
 二人がやってるのは、この前も江実矢君と由美ちゃんがやってたと同じ「めくら将棋」らしい。
 次第に栗田名人が江実矢君に顔を寄せながら「恵美ちゃん凄い手だ本当にすごいよ」と囁いてる。
 将棋の名人になると、女の子を口説くにも「めくら将棋」で口説くらしい。
「凄い恵美ちゃん、本当に凄い」と言いながら栗田名人の口が江実矢君の耳元に触れそうになった。
 このままじゃ危ないと分かって彩香ちゃんが二人に近づくと「すいません忘れ物しちゃったんです」とわざと大きな声で怒鳴った。
 江実矢君はきょとんとした顔で自分の身に何が起きてるのか分かってないみたい。
 栗田名人は彩香ちゃんに向かって「君ねえ、僕たちは将棋の修行をしてるんだよ、修行、これは修行なんだよ」とまだ言ってるけど、そんなこと有るわけない。
「ねえ恵美ちゃん、こないだの体操の時間に貸したブルマー返してね」と彩香ちゃんが大声で怒鳴ると江実矢君はきょとんとした顔してる
 だけど彩香ちゃんのブルマーなんか江実矢君が借りる訳がないってのは分かったみたい。
 彩香ちゃんが怒ってるのは間違いないので、江実矢君もあわてて彩香ちゃんの方に向かって駆けだしてきた。
 これで取りあえず一安心と、三人で慌てて地下鉄の駅まで急いだ。
 電車に乗っていると江実矢君のケータイにメールが届いてる。
 もしかして栗田名人からのメールかもしれないと彩香ちゃんが確かめると、メールは由美ちゃんからで一言「今日はありがとう」とだけ書いてある。
 いったい何がありがとうなのか、ありがとうだけじゃあ分からない。
「ねえ、これなんのこと」と彩香ちゃんが江実矢君を問いつめたけど返事がない。
 しばらく江実矢君の顔を見つめていた彩香ちゃん、キスするかと思って見てたらやっぱり江実矢君にキスした。

6.ビーナスクラブ<< ページトップ >>8.プロが二歩で負ける

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間