長編小説 恵美ちゃんはBLOGアイドル

by七度柚希

目次

第一話

1.初めての原宿見物

2.東大五月祭のミスコン

3.初めてのオーディション

4.いよいよアイドルデビュー

5.ハプニングバーは大騒動

第二話

6.ビーナスクラブ

7.ゴスロリメイド喫茶

8.プロが二歩で負ける

9.大将棋まつり

10.ラブホテルで面接

11.性感マシーン

12.性感調教

9.大将棋まつり

 それからしばらくたって、栗田名人から大きな封筒に入った郵便が届いた。
 開けてみると、栗田名人が送ってきた大将棋まつりのパンフレットと招待状。
 パンフレットの表紙ははっぴを着た男の人が大きな太鼓を叩いてる場面。
 彩香ちゃんは「大将棋まつりってなにかしらね。お祭りというんだから、盆踊りよねやっぱり。そうよきっと将棋音頭を踊るのよ」と大喜び。
 彩香ちゃんは小さいときから、盆踊りが大好きだ。
 招待状をよくよく見ると、食券が切り離せるように一緒に付いている。
 クレープに、お好み焼きに、たこ焼きに、焼きそばと何でも食べられるらしい。
 栗田名人の招待というのは、ちょっと気にかかるけど無料でこんなに沢山食べられるなんて機会は滅多にない。
 これは行くしかないということで、江実矢君と彩香ちゃんそれに有紀の三人ででかけることにした。
「お祭りはやっぱり浴衣よね」と彩香ちゃんが言うので彩香ちゃんと有紀はママに用意してもらった浴衣姿、江実矢君はいつものゴスロリのワンピース姿で集まった。
 大将棋まつりの会場にいってみると場所はホテルの大広間。
 やっぱり浴衣で来たのは間違いらしかったけど、彩香ちゃんは浴衣が着れたので嬉しそうな顔。
 知ってる顔を探してみると、由美ちゃんもいたのでさっそく声をかけた。
 由美ちゃんも浴衣姿だったので、彩香ちゃんも一安心したのか「将棋音頭は何処で踊るんですか」と聞いてみた。
 由美ちゃんは困った顔で「将棋音頭は、あったかしら」と呟くだけ。
 他にも園田二段や早川九段や、栗田名人も来ていたので取りあえず挨拶して回った。
 その後はクレープやお好み焼きの屋台も出てたので食べ歩きをしてお腹も一杯になった。
 ちょうどテレビ局が取材にきてたので、ゴスロリの衣装の女の子と並んで撮影してもらったけどどっかで見た顔。
 ちょうど映画の宣伝に来ていた主演女優の秀美ちゃんだ。
 秀美ちゃんはオーディションで一緒だった江実矢君の事を覚えていて嬉しそうな顔。
 急に男の子達が「あ、恵美ちゃんだ」と大声を出すのが聞こえた。
 会場のあちこちから、男の子達が一斉に集まってきた。
 秀美ちゃんはてっきり自分を目当てにして男の子達が大勢集まったのだと思って大喜び。
 だけど男の子達は秀美ちゃんを通り過ぎて、ゴスロリのワンピース姿の江実矢君の周りを取り囲んだ。
 この間のテレビの「プロが二歩で負けた」対局の解説で江実矢君は急に大人気になっちゃったらしい。
 男の子達が江実矢君を取り囲んで記念写真を撮り始めると、江実矢君が動くたびに周りの男の子達も一斉について回るので、もう大将棋まつりの見物はできそうになかった。
 いきなり正面のステージで飛車角レンジャーのショーが始まったので彩香ちゃんはびっくりしていた。
 怪しげな格好の飛車角レンジャーは手作りの将棋の駒のお面をしていて、表は「龍」、裏は「馬」と書いてある。
 飛車角レンジャーの扮装をしてるのは栗田名人で、お面は手作りらしい。
 まるで水戸黄門みたいに「金」と「銀」を引き連れてるけど二人ともチャイナドレスの女流棋士でお色気たっぷり。
 さっそく悪役の黒ずくめの桂馬と香車と歩が飛車角レンジャーの周りを取り囲んだけど、なんだか飛車角レンジャーの動きが変。
 飛車角レンジャーは大きく両手を広げて、まっすぐ横に進んだり前に進んだりするだけ。
 そう、飛車は縦と横しか進めないのだ。
 これじゃあ、悪役の桂馬や香車は逃げるばかりで捕まらない。
 背中をこっちに向けて、お面の文字が馬になると今度は飛車角レンジャーは斜めしか進めない。
 後ろ向きになってる飛車角レンジャーに悪役の桂馬と香車が飛びかかると、あっという間に桂馬も香車も投げ飛ばされた。
 栗田名人は合気道二段の腕前で、合気道は後ろから来た相手を投げ飛ばすのが得意なのだ。
 栗田名人は後ろ向きのままで周りから飛びかかってくる悪役をステージの上に敷いた畳の上に次から次へと投げ飛ばして観客からは拍手喝采だった。
 悪役の人も大変そうだけど、合気道の道場の人達らしくて投げ飛ばされても全然平気みたい。
 ステージには次にチアリーダーの女の子達が並んだ。
 真っ赤なチアリーダーの衣装を身につけているのもみんな女流棋士。
 一通り演技が終わるとその次には将棋祭りのメインイベントのお好み対局が始まるので江実矢君もそばで見ることにした。
 由美ちゃんが大きな机に並んだ小学生と対局を始めた。
 相手は小学生の男の子や女の子が10人まとめていっぺんだ。
 彩香ちゃんが驚いた顔で見ていたけど、将棋の手はどんどん進む。
 あっというまに勝負が全部終わったけど、由美ちゃんの全勝。
 そのあとに次の出し物のコンピュータとの対局という手はずになった。
 パソコンはテレビ局が用意した最新式のパソコンで、将棋のソフトは最強将棋という名前を聞いただけでも強そうなソフト。
 ソフトを開発した東大生の鈴木さんが自分でパソコンを操作して対局するという企画だ。
 だけど由美ちゃんが対局を始めようとしたけどすぐには始まらない。
 テレビ局のディレクターと大声で話してる声はあの早川九段だ。
 プロの棋士はパソコンのソフトと対局してはいけないという規則があるんだと早川九段がディレクターを怒鳴りつけてる。
「ちゃんと許可はとってあるんです、本当にちゃんと事前に打ち合わせして将棋協会からオッケーはとれてますから」とディレクターが主張してるけど早川九段は譲らない。
「いったい誰が許可したんだ」と早川九段に言われて「将棋協会の事務局にちゃんと許可はもらってます」とディレクターが答えてる。
「君、理事長は僕だよ、理事長の僕が許可してないっていってるんだから、いったい誰が許可したっていうんだ」と早川九段が言い返して話しが終わらない。
 テレビ局のディレクターも困った顔をしてるけど、このディレクターはどうも早川九段を知らないらしい。
 秀美ちゃんの映画の宣伝のためにきてるテレビ番組なのでディレクターが将棋のことは何もしらない様子だ。
 パソコンの準備をしていた鈴木さんが急に由美ちゃんに近づいてくると、由美ちゃんの手を取って無理矢理に将棋盤の前に引っ張ろうとした。
 由美ちゃんは悲鳴を上げて早川九段の後ろに隠れると早川九段は「君、何をするんだ」と鈴木さんを一喝した。
 鈴木さんは慌てて目を白黒させると自分でもまずいことをしたと思ったらしい。
 すぐにその場に座り込むと、今度は土下座して「お願いします、由美ちゃんと対局させて下さい」と頭を地面にすりつけた。
 早川九段は呆れた顔をしてるけど、彩香ちゃんは鈴木さんが土下座する格好がカエルみたいだと大笑い。
 由美ちゃんが代わりに恵美ちゃんを最強将棋を対決させると提案すると、早川九段もそれはいいと言ってくれた。
 だけど今度はディレクターは恵美ちゃんじゃ絵にならないからとか主張して譲らない。
 いつの間にかディレクターの周りをさっきの男の子達が取り囲んで、口々にディレクターに「恵美ちゃんを対局させろ」と文句を言い出した。
 男の子達があちこちから大勢集まってきてディレクターを囲んでしまってこれじゃあテレビの収録どころではない。
 これはもう大変な騒ぎになってしまってとても収拾がつかない。
 ちょうど秀美ちゃんのマネージャーが秀美ちゃんと恵美ちゃんと二人で交互にさしてもらったらと提案した。
 なるほどそれなら映画の宣伝にもなるし、番組的にもちょうどいい話し。
 話しはすぐまとまって江実矢君と秀美ちゃんがパソコンの最強将棋と対局を始めてる手はずになった。
 カメラの準備も出来て対局を始めようとすると今度は、最強将棋の作者の鈴木さんがかわいらしいミニのワンピース姿の秀美ちゃんを見て「この人将棋させるんですか」と言い出した。
 確かに秀美ちゃんは、可愛くてお色気たっぷりでとても将棋を指すような雰囲気ではない。
「教えて貰えれば私だって出来ます、私女優ですから」と秀美ちゃんが答えたので鈴木さんはあきれ顔。
 鈴木さんが今度は早川九段に「この二人に勝てたら、由美ちゃんと対局させてもえますか」と言い出した。
 早川九段はちょっと困った顔をしたけど「ああ、いいよ、この二人と対局して勝てたら、由美ちゃんと対局させるよ」と答えた。
 これを聞いて鈴木さんは大喜びで、もう勝ったような顔ではしゃいでる。
 いよいよ最強将棋と、恵美ちゃん秀美ちゃんとの対局が始まると、将棋盤のすぐ後ろでチアリーダーの女の子達が応援を始めた。
 足を振り上げるたびに、将棋盤にぶつかりそうなくらい近い位置で踊るってので鈴木さんは迷惑そう。
 テレビ局のディレクターが、番組が面白くなるようにと、チアリーダーの女流棋士に応援を頼んだらしい。
 鈴木さんが「ちょっとじゃまだから止めてくれませんか」とディレクターに言ったけどディレクターは知らん顔。
 鈴木さんは仕方なく対局を続けた。
 しばらく手が進んだけど秀美ちゃんはさすがにシロートだけあってとんでもない手の指しまくり。
 解説の早川九段もなんて言って良いのか分からずに「あ、これは凄い手ですね」と繰り返すだけ。
 あまりにとんでもない手なので、パソコンの最強将棋は「想定外」の手らしくて変な手ばかり指し返してくる。
 一進一退の攻防がつづいたけど、いくら江実矢君が強くてもやっぱり秀美ちゃんが一緒ではパソコンには勝てない。
 あっという間に江実矢君と秀美ちゃんチームは負けそうになった。
 あと一手でパソコンが勝ちという手番に、江実矢君がまた凄い手を打ったらしくて「いや、これはすごい本当に凄い手がでた」と早川九段は今度は本当に驚いた顔。
 次にパソコンの最強将棋が間違えば一気に逆転してしまう。
 だけどパソコンは人間ならするようなミスは絶対にしない。
 ソフトを作った鈴木さんもこれで江実矢君に勝てるともう半分勝ち誇った顔。
 ちょうどその時、江実矢君を取り囲んでいた男の子の一人がケータイで江実矢君の写真を撮ろうとして身を乗り出した。
 ケータイを持った手を伸ばして下の位置から江実矢君のスカートの奥を撮すつもりらしい。
 後ろからも別の男の子が身を乗り出してケータイを持つ手を差し出した。
 男の子達が折り重なったとき、ちょうどチアリーダーの女の子が振り上げた足が男の子の手にしたケータイに当たってしまった。
 男の子の身体が傾いて一斉に倒れ込んだとき急にパンと音がしてパソコンの画面が真っ暗になってしまった。
 鈴木さんは慌てパソコンのスイッチを何度も押したけど、どうにもならない。
 男の子達が電源のコンセントを踏んでしまったらしくてすぐには直らないみたい。
 鈴木さんは「この勝負は最強将棋の勝ちです、本当に勝ってたんです」と言い張るけど、もう勝負は時間切れ。
 早川九段もはっきりと「これはパソコンの反則負けです」と言い切ってくれたでもう言い訳もできない。
 恵美ちゃんと秀美ちゃんの勝ちと決まって秀美ちゃんは大はしゃぎ。
 すぐ後ろでチアリーダーの女流棋士が歓声を上げてる。
 勢い余って秀美ちゃんは恵美ちゃんに抱きついてキスしちゃった。
 テレビカメラが二人の顔を大写しで撮ってるに秀美ちゃんは平気な顔。
 周りを取り囲んだ、恵美ちゃんのファンの男の子達も歓声を上げてどよめいた。
 彩香ちゃんはまたふくれっ面をしたけど、テレビカメラの前では何も言えない。
 時間があまったので、秀美ちゃんがステージで踊りながら歌を歌ったけどまだ時間がある。
 お笑いタレントのツバメさんが余った時間をつぶすために彩香ちゃんにマイクを向けた。
「今日は何を見に来たんですか」とツバメさんが問いかけると彩香ちゃんは「私は将棋音頭を踊りに来たんです」と答えた。
 ディレクターがそれを聞いて困った顔をした。
 やっぱり今日の大将棋祭りでは、盆踊りはやってないみたい。
 するととっさにお笑いタレントは話しが上手。
「はあ−、将棋音頭で、よよいのよい」
「詰めるつもりが詰められた」
「成ったつもりが返り討ち」
「恋の行方は桂馬に聞いて」ととっさにとぼけた顔でツバメさんが歌い出した。
 彩香ちゃんが調子に乗って歌にあわせて踊り出すと、江実矢君もしかたなく彩香ちゃんの後から踊りをまねてくるくる回った。
 江実矢君の後ろから、ファンの男の子達が並んで踊り出すと大変な騒ぎ。
 秀美ちゃんも調子にのって彩香ちゃんと一緒に踊り出した。
 急に秀美ちゃんが「きゃー」と悲鳴を上げる声が聞こえた。
 男の子の一人が秀美ちゃんのスカートを後ろからめくりあげて、ケータイで写真を撮ろうとしたのだ。
 そう言えば場内に集まった男の子、江実矢君のファンだと思ってたけどずっと前にハプニングバーに集まった男の子も居るみたい。
 彩香ちゃんも押し倒されそうになって必死で逃げようとしてる。
 テレビ局の人達も何が起きてるのか分からなくて「ともかく何でも良いから撮影しろ」とディレクターが叫ぶ声だけが聞こえた。

8.プロが二歩で負ける<< ページトップ >>10.ラブホテルで面接

ロリータアダルトビデオ

ロリ体型のいもうと連続セックス 10人8時間 [DVD]
ロリっ娘集団の全力逆ナンちん狩り総会 ズッコン/バッコン [DVD]
ロリ100人8時間 / 100人 [DVD]
誘惑パンチラ女子校生 見せつけ挑発する低身長ロリ巨乳 白桃心奈 / 宇宙企画 [DVD]
『ママには言わないで…』ロリ性感オイルマッサージ
ロリ性体 幼いカラダの女の子と自宅で二人きりになれたら
ロリータ大全集 2枚組8時間