痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

10.女王様は痴漢の餌食

 SMクラブで女王様のバイトをはじめた人妻の有紀。女装趣味のアメリカ人のゴードンと地下鉄に乗ると痴漢の餌食に。

(1)

 旦那がある日帰ってくると嬉しそうな顔をして「今夜はビールを飲みたい」といいだしました。
普段は旦那はお酒は飲まないのでどうしたのかしらと聞いてみると「配置転換で新しい仕事に廻して貰ったんだ、航空管制システムなんだぜ、凄いだろう」と自慢げに話してくれました。
旦那は大学は物理学科で就職してからはコンピュータの仕事をしていましたが経理だの在庫管理だのと物理学とは関係のない仕事ばかりでした。
これでやっとやりがいがある仕事をさせてもらえると旦那は大喜びでしたが話しはそう上手くは行きませんでした。
一月もしないうちに旦那の顔付きがなんだか落ちこんでいて見ていても病気じゃないかと思える雰囲気でした。
やがて朝会社にいくのがいやだと言い出してそのまま会社を休むようになりました。
旦那の同僚に話しを聞いてみると、仕事がトラブル続きでそれが全然旦那のせいにされてしまったらしいのです。
貯金は少し残っていましたがこのままではとても生活できなくなるのは目に見えていました。
大学の時の先輩の芳恵さんに相談してみると旦那はしばらく休ませた方がいいという意見でアルバイトを紹介されました。
池袋にある小説家の先生の屋敷に行ってみるとSMの女王様のバイトを紹介されました。
先生は小説家とはいってもSM小説の大家で、小説家志望の女性をSMクラブに紹介してるらしいと判って私はびっくりしました。
小説を書くには実体験をしないと行けないというのが先生の持論でした。
私は小説家になるつもりで先生に相談に来たわけではないと事情を説明しようと思いましたがアルバイトを紹介してもらえるならその方がいいと思って黙っていました。
さっそくSMクラブに面接に言ってみるとまず最初に英語が話せるか聞かれました。私は英会話は大学の時に留学したくて勉強したことがあるので自信がありますと答えました。
SMクラブには外国人のお客さんも来るので英語の出来る人がいると大変たすかるとの話しでした。
すぐには女王様は出来ないので、しばらくは見習いで勤めると話しが決まって私はほっとしました。
何回かアルバイトに通って次第に女王様の演技もできるようになると、私も鞭で男を叩くのが楽しくてたまらなくなりました。
証券会社の支店長の偉そうな男性が女王様に虐められて喜んだりしてるのを見ると面白くて笑いそうになりました。

(2)

常連のお客さんと一通りプレーも終わって着替を済ませて帰ろうとすると、急に受付の佐織さんが私を呼びに来ました。
「アメリカ人の客が大声を出して暴れて手が着けられないの」と言って私をプレールームに連れて行きました。
レンガ造りの部屋の中央に座り込んでいたのは女子高生のセーラー服を着たアメリカ人でした。
髪の毛は金髪で肩まである長髪で、胸はセーラー服から飛び出しそうな巨乳で着ているスカートは超ミニでした。
私は最初アメリカ人の女の子がセーラー服を着てプレーをしてるのだと思いましたが、佐織さんの話しでは女装趣味のアメリカ人のゴードンだと言うので私はびっくりしてしまいました。
「胸にシリコンのパッドを入れてるのよ、Fカップの巨乳がいいんだって」と佐織さんに言われて確かに胸が不自然なほど大きい理由がわかりました。
長い金髪もプレー用のかつらで、見た目はまるで交換留学に来たアメリカの女子高生みたいに見えました。
「見た目は体つきも小柄で足も細いけど、ゴードンあっちのほうは凄い巨根なのよ」と佐織さんが教えてくれました。
女王様役の芳恵さんがゴードンの巨根を気に入ってフェラチオしようとしたら突然怒り出したというので私が通訳に呼ばれたらしいと判りました。
ゴードンに事情を聞いてみるとゴードンの宗教ではセックスした相手と結婚しなけば行けないらしいのでそれで怒り出したらしいのです。
キスをしただけでも結婚しなければいけないらしくて、フェラチオなどはとんでもないらしいき聞いていて私はびっくりしてしまいました。
女王様役の芳恵さんは「とてもやってられないからあなた相手をして」と言って私に鞭を渡してプレールームを出て行ってしまいました。
ゴードンは興奮してしばらく収まりそうなないので、私は外の公園に散歩にいかないかと誘ってみました。
するとゴードンは戸惑った顔をしてそれは命令かと私に聞いてきました。
私の言い方が悪かったらしくて、セーラー服の女装のまま公園に行けと命令されたと思いこんだらしいのです。
この際SMクラブからゴードンを連れ出した方が都合が良いと受付の佐織さんも言うので私はゴードンの目の前に鞭を突きつけて「言うことを聞かないならお仕置きよ」と怒鳴りつけてみました。
ゴードンは急に大人しくなって「公園に行かせて頂きます」と英語で答えました。
佐織さんがぴっちぴちのガードルを持ってきてゴードンに履かせると、見た目は女子高生らしくなりました。
店の裏口を出て私はゴードンを連れて近くの公園まで歩きました。
ゴードンはスカート姿で外をあるくのは初めてらしくて膝が震えて歩きずらそうにしていました。
公園のベンチにはカップルがあちこちに座っていて抱き合ったりキスしてるのが見えました。
セーラー服を着た女子高生も居ましたが、相手の男性はかなり年上の中年の男性でした。
「援助交際のカップルなのよ」と私がゴードンに教えると、成る程と言った顔で中年男が女子高生を抱き寄せてキスしてるのを見つめていました。
そのうち女子高生が男の前に膝をついてフェラチオをはじめるとゴードンもさすがにびっくりして口から半分相手涎がたれていました。

(3)


公園を出て近くのロッテリアでコーヒーを飲んでいると、中年の男性二人組がすぐ目の前のショーウィンドーに立ってこちらをみているのに気が付きました。
店の明かりでショーウィンドーが反射してるせいでゴードンは店の外の様子には気が付いて居ない様子でした。
変だと思って中年の男性の視線を確かめると、ゴードンがセーラー服のミニスカート姿で足を広げて座ってるのに気が付きました。
短いスカートの下は肌色のガードルなので、まるでノーパンで座ってるように見えました。
ゴードンは男性なので女の子は座るとき足を閉じるという事を忘れてるようでした。
これではまるで女子高生がナンパされたくてわざと足を広げているようにしか見えないので私はゴードンに注意して足を閉じさせました。
しかしもう手遅れだったらしくて、二人組の男は店に入ると受付でコーヒーを頼んでトレーを持ってこちらに近づいてきました。
二人はトレーを持ってゴードンのすぐ後に立つとさっそくナンパをはじめました。
男達が日本語で話しかけてもゴードンには全然通じないので、私は困ってしまいました。
仕方なく私はゴードンを交換留学でアメリカから来た女子高生だと紹介すると男達は本当だと信じ込んだらしくて下手な英語でゴードンを口説きはじめました。
ゴードンは自分が本当の女子高生だと思われてナンパされてるんだと判ると急にそわそわして落ち着がなくなりました。
さっきの女子高生みたいに援助交際に誘われていると思ったらしくて私はどうしようかと思いました。
ゴードンがカラオケになら行ってもいいと言うので私達は近くのカラオケ店に行くことにしました。
ロッテリアを出て裏通りを歩きはじめるとすぐに男はゴードンの横に並んでゴードンのを尻に手をあてがってきました。
ゴードンはまるで身体が縮こまって震え上がりそうな様子でしたが嫌がってる風でもありませんでした。
カラオケ店で何曲か歌ったあと、私とゴードンが次に歌を曲を探していると男達は私達の両側に座りました。
男の手が私の膝の上に伸びて来ると、軽く指先をくすぐるようにして動かしてきました。
ゴードンも膝を男に撫でられて苦しそうなため息を繰り返していました。
男に膝を撫でられている内にゴードンの足がまたさっきみたいに大きく左右に開いてしまいました。
セーラー服の短いスカートの裾が左右に広がってずり上がると、ゴードンの太股が付け根まではっきりと浮き上がって見えました。
まるでゴードンが男を誘って自分から足を開いてるようにしか思えない光景でした。
男は頃合いだと思ったのかゴードンの肩を引き寄せてキスをしようとしてきました。
キスしたら結婚しなければいけないので私はゴードンがキスを拒絶するとばかり思っていましたがゴードンは抵抗もせずに唇を奪われていました。
私はゴードンがこの中年男と結婚するつもりなのかしらと不思議な気がしてきました。
男がゴードンの目の前に立つと、ズボンを下げて目の前に大きくなったものを押しつけてきました。
男はゴードンに札束を見せながらフェラチオを要求してきましたが、言葉が通じないので私はゴードンに「Blow job」を要求されてるんだと通訳しました。
男が何をさせようとしてるのか判るとゴードンは眉を歪めて困った顔をしました。
お金を渡されるというのは援助交際という事なんだとゴードンも理解している様子でした。
私はゴードンがまたさっきみたいに怒って暴れ出すとばかり思っていましたがゴードンは素直に金を受け取って男の腰に口を寄せました。
ゴードンがすぐに男の熱い鉄柱に舌を絡ませてフェラチオをはじめたので私はびっくりしてしまいました。
ゴードンは自分が援助交際を実際に体験してるのに興奮した様子で身体が震えてるのが見ていても分かりました。
 男はゴードンにフェラチオさせながら「どうだ日本人のオ○ン○ンは」とか卑猥な言葉を言い出しました。
とても通訳できない言葉なので私がだまっていると「どうだ男が欲しいんだろう、廻してやろうか、男が多ければ多いほどいいんだろう」と言いだしました。ゴードンは言葉が分からないので適当に口を離しては、イエスイエスと返事をしました。
 男が携帯電話で「廻されたいって言ってる女子高生がいるんだ、パツキンの外人だぜ、交換留学生だって、おいこれからこっちへ来いよ、麻雀なんて後でいい」と大声で話し始めました。
どうも近くの雀荘にいる仲間に電話しているらしい様子でした。
「これからいい所に連れていってやるぜ」と男が私の耳元で囁いてきたので、私はゴードンに逃げ出さないと大変なことになると教えました。
私がゴードンの手を取って一緒に逃げ出そうと立ち上がろうとすると男が私の両手を掴んで押さえつけてきました。
ゴードンもさすがにこれは大変なことに成りそうだと思ったのか慌てて立ち上がりました。
なんとか男を突き飛ばしててカラオケ店を出て裏通りを走り出すとすぐに男が後から追いかけてきました。
すぐ目の前の雀荘からも男達が出てきて逃げ道を塞ぎました。
こうなったら逃げるしかないと、ビルの合間の通路を通り抜けて大通りにでて大勢の人が歩いている間を駆け抜けて駅前まで逃げました。

(4)

地下鉄の駅の改札口まで来て私はやっと一息つきました。
ゴードンは女装したセーラー服姿のままなので、このまま地下鉄で帰るのはいやだといいはります。
店に戻る途中でさっきの男達に出会うのは困るので私はゴードンを説得してセーラー服の女装のまま地下鉄に乗りました。
しばらく駅のホームに立っている間もゴードンは落ち着かない様子でした。
私はさっきなぜ男のとキスしたりフェラチオしたのかゴードンに理由を聞いてみました。
すると男同士では結婚しないからキスもフェラチオもしていいという事なので私は呆れて何も言えませんでした。
地下鉄の電車が入ってきたのですぐに私はゴードンと一緒に開いたドアから中にはいりました。
やっとこれで一安心と思ったときゴードンの目つきが変なのに気が付きました。
困り果てたような不安そうなゴードンの表情を見ても私はすぐには何のことかは判りませんでした。
今度はゴードンが泣き出しそうな顔をしているのを見て私はゴードンが痴漢にあってるのに気が付きました。
私はどうせ自業自得なのだからゴードンが痴漢に遭っても私の知った事じゃないと知らん顔をしていました。
するとゴードンは私の身体にシリコンを入れて膨らませた胸を押しつけてきました。
私の胸にも痴漢の手が伸びてきて、私は逃げられませんでした。
ゆっくりと胸を大きく押し回しながらきつく絞り上げてくる痴漢の手つきに私はとても逆らえませんでした。
私のお尻を痴漢の大きな手が包み込むようにして掴むと、指先を巧みに使って震わせてきました。
痴漢のテクニックはやりなれていて、偶然に出来心で痴漢をしているのではないとすぐに判りました。
ゴードンの吐く息が私の胸元をくすぐるように吹き付けられてきて私は目眩がしてきました。
私は大声を出そうと何度か思い詰めましたが、痴漢の指先の巧みな動きに逆らえませんでした。
痴漢達は私とゴードンを取り囲んで逃げられないようにしてとうとう終点の駅まで連れてこられてしまいました。
乗客が電車を降りた後に痴漢に囲まれてホームに降りるとホームにはもう人影はありませんでした。
駅の改札を出ると駅前の身体障害者用のトイレに連れ込まれました。
ゴードンが肩を押さえつけられて床にしゃがみ込むと痴漢の男がすぐにゴードンの口元に腰を押しつけてきました。
私も床にしゃがみ込んでフェラチオをさせられましたが言いなりになるしか仕方ありませんでした。
ゴードンは喉の奥まで入れられたらしくて苦しそうに喉を詰まらせていました。

(5)

やっと屈辱の時が済むと、痴漢の男達はトイレのドアを開けて外に出て行きました。
トイレのドアが開いた時に目の前の通りにラブホテルの看板が見えました。
すぐにまたドアが閉まってトイレの中には私とゴードンだけが取り残されました。
ゴードンは目に涙を一杯浮かべて、顔には男の出した精液がお化粧のアイシャドーと混ざって変な模様になっていました。
トイレを出たらまた痴漢達に捕まってラブホテルに連れ込まれるのは分かり切った事でした。
ゴードンが男だと判ったらどんな目に遭わされるか思っただけでも寒気がする話しでした。
それにゴードンは店のお客さんだから、痴漢にレイプされたなんて事になったら私のバイトまでパーになってしまいます。
私はとっさに上手いアイデアを思いつきました。
私がゴードンにセーラー服を脱いで、私と服を交換しろと言うとゴードンもすぐにセーラー服を脱ぎだしました。
私もすぐにスカートとブラウスを脱ぐと、ゴードンに渡しました。
ゴードンの着けていたFカップのシリコン入りのブラをつけると私の胸はまるで化け物みたいに大きくなりました。
金髪のロングヘアのカツラを被ると見た目は女子高生みたいに見えました。
ゴードンは顔を洗って化粧を落として私のスカートとブラウスを着るとさっきとは別人に見えました。
トイレのドアを開けるとまず私がゆっくりと数歩前に歩いてからいきなりラブホテルめがけて走り出しました。
シリコンの入ったブラが大きく弾んで足がもつれて転びそうになりました。
トイレの前で待ちかまえていた痴漢の男達はすぐに私の後を追いかけてきました。
私が一気に全速力で走るとセーラー服のミスカートがめくれ上がりましたがそんな事を気にしてる暇はありませんでした。
後を振り返るとゴードンがトイレからでて駅の方に逃げようとしているのが目にはいりました。
ゴードンが上手く逃げられるようにと、私は逃げる途中でわざとつまづいて転んで痴漢の男達を引きつけてまた急いで駆け出しました。
痴漢の男達はみな太った中年男ばかりなので走るのは苦手らしくて私に追いつく気配はありませんでした。
ラブホテルの前を走り抜けると狭い道の交差した十字路に出ました。
これならもう大丈夫と思って角を曲がって私はラブホテルの裏道に入りました。
ゴードンは上手く逃げたらしくてこれで一安心と思って立ち止まったらいきなり手を掴まれました。
電信柱の横に痴漢の男が隠れてたのに気が付きませんでした。
私は痴漢の男に体当たりをしようとして思い切り前に飛び出しました。
痴漢の男が身体をすばやく横に飛び退くと、私は電柱に身体をぶつけて倒れ込みました。
私はすぐに痴漢達に押さえつけられてもう逃げられませんでした。
男達は私をすぐ目の前の裏口からラブホテルの部屋に連れ込みました。
私がベッドの上に押し倒されると、男達がベッドの周りを取り囲みました。
男の一人が携帯を取りだして画面を見ながら「この女だよな」と呟きました。
携帯の痴漢掲示板には「今すぐ地下鉄で痴漢して下さい、トイレで生フェラもさせて下さい」と書いた文字と女子高生の顔写真が見えました。
派手な化粧をした金髪の女子高生の顔は間違いなくゴードンでした。
他にもセーラー服で女装したゴードンが薄暗い部屋に座り込んで縛られている写真が痴漢掲示板に何枚も投稿してありました。
投稿したのはさっきSM倶楽部でゴードンと喧嘩をした女王様の芳恵さんらしいと気が付いて私は寒気がしてきました。
携帯の痴漢掲示板には他にもいろいろと書き込みがしてあるらしくて、男達は携帯を廻し読みして確かめていました。
「じゃあ、はじめるか」と男の声がすると天井から長い鎖が降りてくる音が耳に響いてきました。
これから何が始まるのか私は怖くて身体の震えが止まらなくなりました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
私の身体はゆっくりとした動きで、永遠の時の底に沈み始めました。
激しい渦の流れに私の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくなりました。
私の体中に、欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始めました。
このままずっと責め続けられたら、私はもう支配者に屈服するよりないと覚悟を決めました。
暗闇のなかで泣き叫ぶ私の身体は、至福の喜びで一気に満たされました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]