痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

12.拉致監禁レズ調教

ワープロのバイトの帰りにナンパされた人妻の有紀。映画館の裏の公園で痴漢プレーに誘われる。逃げだそうとしたところを痴漢に拉致され低周波バイブを入れられてレズ調教される。

(1)

旦那に頼まれて実験医学研究所でワープロバイトをすることになりました。
約束の日に大学の研究室に行くと教授が教授は一通り教室を案内してくれて私専用のパソコンがもう用意してありました。
大体の説明のあと「週に何回か通ってワープロを打ってもらいたいんだが、書類上は毎日通ったことにして欲しいんだ」と教授に言われました。
「アルバイト代は余計に支払われるからその分は、こっちに返してもらうことになるんだが、そのお金は研究の為に使うので別に悪いことをしてるわけじゃない」
「どこの研究室でもやってることだから気にすることはないんだが、おおっぴらには言えないことだから内緒にしておくように」と言いくるめられました。
どうやらこのアルバイトいろいろと裏があるらしくてそれで他の女の子には頼めなくて旦那が私に話しを持ってきたらしいと判りました。
「何か判らない事があったら技官の芳恵君に聞きたまえ」と教授に地味な服装の女性を紹介されました
「さしあたって、まずはワープロのマニュアルを読んで練習しておいてね」と芳恵さんに言われてしばらくパソコンを動かしているともう帰りの時間になりました。
教授にもう帰りますからと挨拶すると「今日は歓迎会をするから、出てくれないか」と言われて私は困ってしまいました。
「新しく来た人はちゃんと歓迎会をするのが内の研究室のいいところでね」と教授が自慢するので、私は迷惑だとも言えずにゼミ室に案内されました。
生協で買ってきたお菓子とビールが並んだ部屋では芳恵さんや他の技官の女の子達が宴会の準備をしていました。
しばらくして他の研究室からも人が集まってきて、ゼミ室は二十人近くが集まり席が足りなくなって、他の部屋から椅子をもってきました。
どうやら私の歓迎会というのは名目だけで、この間の学会の打ち上げと、アメリカに留学する人の送別会もかねていて、私の為に特別に宴会をするという訳ではなかったみたいでした。
私が紹介されたあと乾杯の音頭で宴会が始まった。私は早く終わってくれればいいのにとそればかり思っていました。
技官の芳恵さんがビール瓶を持ってお酌をして席を回り始めました。
やっぱり女の子はお酌をしないといけないと思い、私もビール瓶を持って一回りする見覚えのある顔を見つけました。
大学の時にコーラス部で一緒だった中島君に間違いないとすぐ判りました。
中島君は大学の時は私の旦那とも仲が良かったはずでした。
私が声を掛けようとすると、中島君もすぐに私の顔に私に気が付いた様子でした。
どうやら話しを聞いてみると中島君は旦那が入社した3年後に旦那と同じ西浦電気に就職したとのことでした。
しばらく世間話をしましたがそのあと話しが続かなくて、中島君はもう横を向いて他の人とお喋りを始めました。
私は挨拶も済んだしと思って、椅子から立ち上がろうとしました。
だけど中島君は横を向いて他の人と話を続けながら、いきなり私の腿の上に手を突いて押さえつけてきました。
酔ってるせいで、間違えて手を突いたんだと思って立ち上がろうとしましたが中島君の手が動きませんでした。
男の力で押さえつけられてはとても立ち上がれなくて困ってしまいました。
これはどうしようかと思ってると今度はすぐ横から別の男の手が私のスカートの上から腿の間に押し込まれてきました。
私はびっくりして叫び声を挙げそうになりましたが、宴会の席で大声を出すわけにはいきませんでした。
すると今度は別の手が私の後ろから胸の掴んで揉み始めました。
私はやっと自分がセクハラされてるんだと気が付きましたがもう手遅れでした。
中島君の手が今度は私の太股を左右に開かせると、別の手がスカートの下からパンティの裾を探って動き始めました。
レース模様のパンティの裾に沿って指が探るように動くと、花園をなぞるように指先を擦りつけてきました。
胸を揉んでいた手は、私の乳首をつまみ上げてきつく挟んで引き回すように動き出しました。
私はなんとか助けを求めて回りを見回しましたが、男の人達はお酒に酔った勢いで誰も気づかない様子でした。
技官の芳恵さんも知らん顔で見て見ぬふりをしてるだけでした。
アルバイトを他の女の子に頼めなかったのは、セクハラがあるからだと私はやっと判ってきました。
ワープロのアルバイトだけで結構なお金をもらってる以上、この位は我慢しないといけないのは仕方ないこと。
私は我慢するしかないと覚悟を決めて下を向いて目を閉じました。
しばらくして用意していたおつまみのお菓子もなくなり、ビールも空になるとお開きになりました。
私の身体を弄んでいた男の手も、もう飽きたのか回りを見回しても誰もいませんでした。
私は椅子から立ち上がろうとしましたが、いつの間にかビールを飲み過ぎたせいか頭がふらふらしてすぐには立てませんでした。
女の子達が簡単に後片付けをすると、男の子達が椅子を元の部屋に戻しました。

(2)

当番の男の子が教室の部屋に鍵を掛けて戸締まりを確かめると、地下鉄の駅までみんなで歩いて帰ることになりました。
もうすっかり暗くなった正門を出て長い列になってみんなで歩いてる後から私は少し遅れて付いて行きました。
中島君がいつの間にか私と並んで歩きながら「有紀ちゃん、今日は素敵だね」と調子の良いことを言いながら私の手を握ってきました。
「大学の時から、有紀ちゃんのことずっと気になってたんだ」
「見た目は目立たないけど、いつも素敵だったよ」とずいぶんと口が上手でした。
「だけど、旦那さん怒るだろう、帰りが遅くなったら」と白々しい顔で聞いてきました。
もちろん不倫がオッケーか確かめるためだとすぐ判りました。
「旦那はここんとこ仕事で帰りが遅いの。私さみしくて」とか適当に答えると中島君もさっそく私の背中に手を回してきました。
「有紀ちゃんみたいないい女にさみしい思いをさせるなんて、旦那も困ったもんだね」
「俺だったら、絶対有紀ちゃんを毎晩でも満足させるよ」とすぐに口説き文句が始まりました。
私が黙って返事をしないでいるともうオッケーだと思ったのか、すぐに背中の手が上下に動きながら感じる所を探り始めました。
女の身体は男に触られたら何処だって感じちゃうのは当たり前の事。
背中や脇腹はくすぐったいだけだけど、中島君に繰り返し撫でられると気持ちよくなってきました。
中島君の指先が私の脇腹の感じる所を探り当てるともう気持ちよすぎて逆らえませんでした。
私の脇腹を撫でていた中島君の指が今度は腰から下に降りてお尻を撫で回してきました。
指先でくすぐりながら軽く叩くように使うテクニックはよっぽど遊び慣れてる技。
遊ばれてるだけとは判ってても身体が感じちゃうのはしかたがない事でした。
もうとても我慢できなくて歩けなく成りそうになりました。
震える足でやっと駅の近くまで歩くと、ちょうど古い建物が並んで暗くなってる一角に着きました。
中島君が急に私の身体を横から押すと、私はビルの間の狭い壁に押しつけられました。
いきなり中島君が私のおでこを押さえつけて唇を奪ってきました。
厚みのある舌がすぐ入ってきて私に歯茎を嘗め回すと私は頭に血が上ってもう逆らえませんでした。
すぐに中島君の手が私のスカートをめくり上げて、パンティの下から入ってきました。
「びしょ濡れじゃないか」と中島君が私の耳元でささやくともう私はとても我慢出来ませんでした。
夢中で中島君にしがみつくと、中島君が身体毎押しつけて来ました。
胸が押しつぶされる感触が気持ちよくて私は目から涙がこぼれてきました。
もうどうなってもいいと思った時中島君の手が私の片方の膝を抱え上げて持ち上げてきました。
中島君が腰を揺すって逞しく盛り上がった男性を私の腿の間に押しつけてきました。
「今夜有紀ちゃんが欲しいんだ。女の幸せをたっぷり教えてやるぜ」といかにも遊び慣れたとどめの一言が私の耳元に響いてきました。
こんなにまでされて断れる訳がありませんでした。
「好きにして」とやっとの事で答えるとなんだかテレビドラマのヒロインみたいな気分でした。
「どんな風にされるのが好きなんだ」と今度は中島君が意地悪く聞いてきました。
なんて答えて良いのか判らなくて私は返事に困ってしまいました。
「めちゃめちゃにして」と思い付く言葉を言ってみると、満足そうに中島君がまた唇を重ねてきました。
中島君の舌が、私の舌と重なってくねくね動くと私の脳味噌が吹っ飛んじゃうくらい気持ちよくて死にそうになりました。
すぐに中島君の手が私の胸を揉み始めました。
だめと思っても身体が勝手に反応して息が苦しくてとても立って居られませんでした。
気絶しそうになって中島君の身体を押しのけようとすると、中島君もそこは心得た物。
「二人っきりになれる場所に行こうか」とすぐに誘いの言葉を囁いてきました。
このタイミングで誘われていやと言える女など居るはずがないのは判りきったこと。
「うん」と息を大きく吐き出しながら答えると、中島君がまた私の手を引いて二人で大通りを歩き始めました。

(3)

駅を通り過ぎて坂を降りると角を曲がってすぐに映画館が見えました。
映画館の前を通り過ぎるとその裏には小さな公園があって薄暗い雰囲気でした。
その奧にはラブホテルの看板も見えました。
暗い街灯の下を進むとベンチが少しずつ間隔を置いて並んでいて、ベンチの両端にはカップルが一組ずつ座っていて抱き合っていました。
空いてるベンチを探して奧のブランコの側まで行くと、ちょうどベンチの席が空いていました。
二人で並んで座るとすぐに中島君の両手が私の身体に巻き付いて抱きしめてきました。
身体を引き寄せられるとすぐに唇が押しつけられて、中島君の舌が唇の間から入ってきました。
中島君は遊び慣れてるせいか、舌先が歯茎の奧まで届いてくると感じる所をすぐに探り当ててきました。
脇腹を何度か撫で上げていた中島君の手が今度は私の胸を揉みながら揉み回し始めました。
中島君の手が今度は私のブラウスの奧で肩からブラジャーの肩紐をずらしました。
肩紐が両肩に垂れると、ブラジャーのカップが半分前に外れました。
中島君は唇を私の首筋に這わせると、さらに下に降りて胸の膨らみを舌先で嘗め回し始めました。
ブラウスのボタンも外されて、もう上半身は丸裸にされたような格好になりました。
私はもう息が苦しくて、喘ぎ声が喉から沸き上がるのを押さえられませんでした。
中島君が乳首を舌で嘗め回してから軽く噛んで引っ張り回してきました。
声にならない声を挙げると、すぐ目の前からも大きな喘ぎ声が聞こえてきました。
ふと目を上げると、向かい側に座ったカップルが見えました。
だけどなんか様子が変でした。
男は中年の頭が禿げ上がったみっともない格好なのに、女の方はセーラー服を着た女子高生でした。
女子高生は真っ赤なパンティを膝まで降ろして、足を開いて両足をベンチに載せていました。
足を大きく開く格好は、あのM字開脚というエッチなポーズそのままでした。
中島君今度は顔を私の膝の上に載せると、膝頭を嘗め回し始めました。
確かに気持ちいいけど、こんな事までするのかしらと私は不思議な気分になりました。
少しずつ膝から腿の内側へと、舌を使う場所を移動させながら中島君が私のスカートをめくり上げてきました。
ピンクのパンティが丸見えになったとき、今度は大きな叫び声がすぐ近くから聞こえてきました。
さっきの女子高生がベンチの奧の木陰でバックから責められてるのが見えました。
女子高生の相手の男は一人だけではありませんでした。
前屈みになった女子高生の頭が木に寄りかかったもう一人の男の腰の前で動いていました。
どうも変だと思ってよくよく思い出してみると、いつか深夜のテレビ番組でこれと同じ場面を見たのを思い出しました。
深夜映画館の裏手にある公園が痴漢の名所だったはずです。
あのときテレビで秘密の痴漢スポットとして紹介されてた公園、どうやらこの公園の事らしいと気が付きました。
これは飛んでもない所に連れて来られたと思った時、中島君の手が私の片方の膝を持ち上げてベンチの上に載せようとしてきました。
これは私にもM字開脚の姿勢をさせるつもりだとピンと来ました。
中島君の膝に手が私の足に掛かると左右にいっぱいに開かせようとしてきました。
だけど何だか変な気がしました。
手が多すぎるのです。
はっとして中島君の身体を押しのけると、胸を掴んでいた手と、膝を掴んでいた手がもう見当たりませんでした。
振り返ってベンチの裏の暗がりを見ると、懐中電灯の明りらしい小さな光が見えました。
こそこそと小枝の音も聞こえました。
少し離れた木陰の裏でしゃがみ込んで隠れている男性の姿が数人居るのを見つけました。
目立たないように黒っぽい服装をして手に懐中電灯も持っている姿は痴漢に間違いありませんでした。
どうもこれは痴漢達に体を触られていたらしいと私は気が付きました。
人妻だと思って中島君私と遊ぶつもりでこんな所に連れてきたらしいと思うと、私は急に腹が立ってベンチから立ち上がりました。
その時ちょうど私の腿の内側を舌で舐めていた中島君の額に私の膝が思い切りぶつかりました。
中島君が悲鳴を上げてベンチの前に、仰向けに倒れました。
ひっくり返ったカエルみたいな格好でズボンの前だけは男の大事な持ち物がおっきくなっていました。
私は腹いせに足を広げた格好で倒れている中島君の股間を蹴飛ばしました。
すると中島君の今度はギャフンとでもいう悲鳴を上げました。
どうも急所に命中しちゃったらしくて中島君は立ち上がれませんでした。

(4)

私は中島君をそのままほったらかしにして逃げて帰ろうと公園の出口を探しました。
道が判らなくてともかく目に付く方向に歩き出すとちょうど映画館の裏側の門に出ました。
すぐ横にトイレらしい小さな建物があるのを見つけました。
私は街灯の明かりの下でブラジャーが半分外れてブラウスの前もはだけてるのに気がきました。
ひとまず服装を直そうとトイレに入って鏡の前に立ちました。
鏡に映った私の顔は、半分寝たようなぼけっとした顔でした。
私は気分を覚まそうと自分の手で自分の顔を何度もひっぱたきました。
ブラジャーの肩紐を直そうとしたと急に私の後から男が数人押し入ってきました。
顔はスキー帽で隠して、服装もさっき公園にいた痴漢みたいな格好でした。
痴漢達はすぐに私の身体を抱え込んで私の身体をトイレの個室に押し込んできました。
後ろと前から挟まれて身体に抱きつかれて怖くて声も出せませんでした。
「このドスケベ女、たっぷり可愛がってやるぜ」と男の声が耳元で聞こえると私は目眩がして倒れてしまいそうになりました。
だけどなんか様子がなんだか変な感じでした。
男の声の調子が変に芝居がかってて、旦那が持ってた裏ビデオの場面にそっくりでした。
そういえばテレビの深夜番組でもあらかじめ待ち合わせてプレーするとか言っていたのを思い出しました。
携帯の痴漢サイトにやって欲しいプレーを書いておいくとか言う話しでした。
私はもしかしてと思って「ねえ、ちょっと、私ね外で見られないと感じないのよ、ここじゃつまんないからやめてよ」と大声でわめき立てました。
男は急に私を押さえていた手をゆるめると「この女じゃなかったのかな」と言って携帯を取りだしました。
携帯の小さい画面に映った写真を見て私はびっくりして腰が抜けそうになりました。
さっき研究室の合コンでセクハラされてた時の写真でした。
おまけに「今夜公園でレイプしてください」と書いてありました。
「その娘だったら今映画館に居るからちょっと行って呼んできますね」と私はとっさに嘘を付きました。
「あれ、映画館のトイレの方だったのかな」ともう一人の男が言うので私は「そうに決まってるでしょう」と口裏を合わせました。
男は私の言うことを信用した様子で私の身体から手を離しました。
私は恐る恐るトイレから出ると、辺りを見回しました。
痴漢らしい男は近くには見当たらりませんでした。
私は映画館の裏口までゆっくり歩いて、中に入る振りをして横を向いた次の瞬間に必死で駆け出そうとしました。
しかし酔いが回ったせいか足が思うように動きませんでした。
数歩踏み出しただけで、私はつまづいて地面に倒れるともう動けませんでした。
「おい逃がすな」と痴漢の男の声が聞こえると、私の体はすぐに痴漢達に取り押さえられてもう逃げられませんでした。
痴漢の男達に両脇を抱えられて私はすぐそばのラブホテルに連れ込まれました。

(5)

部屋に入るとベッドの上にセーラー服を着た女子高生が縛られているのが目に入りました。
手足をしばった縄がベッドの四隅にひっぱられて女子高生は身動きができい姿勢で苦しそうな声を上げていました。
女子高生の顔をよくよくみて確かめると、実験医学研究所で紹介された技官の芳恵さんだと気が付いて私はびっくりしてしまいました。
さっき公園で露出プレーをしていた女子高生もどうやらセーラー服をきた芳恵さんだったらしいと判って私は馬鹿馬鹿しいやら腹が立つやらはらわたが煮えくりかえる思いがしてきました。
携帯の痴漢サイトに書き込みをしたのもきっと芳恵さんに違いないと私は余計に腹が立ちました。
面白い物を見せてやるぜと痴漢の男が言うと手にしたスイッチを入れました。
芳恵さんが大声で叫ぶと縛られた体が何度も反り返って震え続けました。
誰も芳恵さんの身体には触れていないのに、私はいったい何か起きてるのか訳が分かりませんでした。
「この女には低周波バイブをいれてあるんだ」と私の耳元で痴漢の男の声が聞こえました。
「この低周波バイブは特別に改造してあって、10万ボルトの高電圧も流せるんだぜ。一言でも逆らえばスイッチを入れてあの通りだぜ、はっはっ」と薄気味の悪い笑い声が聞こえて私は寒気がしてきました。
「おい、その女にも入れてやれ」と誰かの声がして、私はベッド上に押さえつけられました。
花園の奥に何かが押し込まれた後「おい試しにいっぱつやってみろ」とまた誰かが言うのが聞こえました。
急に子宮の奥に雷が落ちたような衝撃が襲うと、私の身体は上下にゆれて吹き飛びました。
あまりの衝撃に私は息がつまって、体が震えて止まらなくなりました。
こんな目に遭わされたら、とても痴漢の男には逆らえないと私はもう諦めるしかありませんでした。
「じゃあ、始めようかな、夜は長いんだぜ」と男が言うと、他の男がビデオのカメラを用意を始めました。
痴漢の男達は芳恵さんの縄を解くとカメラの前に立たせました。
「まずは、服を脱がすんだ、お互いに相手の服を一枚ずつ脱がすんだぜ。キスをして、胸を揉みながらやるんだ」と痴漢の男が命じてきました。
「逆らったら低周波バイブに10万ボルトの高圧電流を流すからな」と脅されては言われた通りにするしかありませんでした。
私が最初に芳恵さんのブラウスのボタンを外して、それからスカートも脱がすと、今度は芳恵さんが私のブラウスとスカートを脱がしました。
抱き合ってお互いの身体を下着の上から撫で回してる所をビデオカメラが周りを回りながら撮影していました。
男に指図されてお互いのブラジャーを外すと、抱き合って胸を押しつけあいました。
最後にパンティーもお互いに脱がしあうと、さきに芳恵さんがベッドに横になりました。
「オナニーして見せろ、カメラによく写るように足を広げるんだ」と男がまた指示してきました。
私の目の前で芳恵さんが自分で自分の胸を揉みながら腰を上下に揺すりつづけるのを見て私はなんだか変な気分になってきました。
男に命じられて芳恵さんの足元に四つんばいになると芳恵さんの花園に唇を這わせました。
女の子特有の甘い香りが鼻を突くと、目の前が一瞬暗くなったように目眩がしました。
男に指図されて舌先を動かすと、すぐに芳恵さんの身体が大きく波打って揺れ始めました。
しだいに芳恵さんの声が大きくなると、部屋一杯に叫び声が響いて止まらなくなりました。
もう頃合いと思ったのか、男が大きなバッグから変な形のパンツを私に渡しました。
黒い皮で出来た三角のパンツは中央にバイブレータらしい突起が着いていました。
女同士でプレーするときのレズ用のバイブレータだと前に通販のカタログで見た覚えがありました。
男が着けるのを手伝ってくれて、腰で留めるとしっかりとバイブレータが固定されました。
パンツの後はちょうどお尻の間が丸く開いてあり変なデザインになっていました。
男に指図されて私はゆっくりと芳恵さんの股の間に腰を落とすと、バイブレータの先端を芳恵さんの花園に押し込みました。
バイブレータの先端が芳恵さんの花園の奥に届くと、低周波バイブに突き当たりました。
男がスイッチをいれたらしくて、低周波バイブの電流で芳恵さんの花園が痙攣を始めました。
バイブレータの先端がくねくねと大きく曲がったまま回転を始めると、低周波バイブを芳恵さんの花園の奥まで押し込んで行きました。
芳恵さんが身体を震わせて私に抱きついてくると、泣きじゃくりながら激しく仰け反りました。
汗と涙の混じり合った芳恵さんの身体は、私に絡みついてもう震えが止まりませんでした。
私の後ろから、不意に男が身体を重ねてきました。
パンツのお尻がなぜ丸く開いているのか私にはその使い道にすぐに気が付きました。
男の逞しい感触が私のアナルを押し広げてゆっくりと入ってきました。
最初はゆっくりと時間をかけてアナルを押し広げてから、すこしづつ先端が奥まで届いてきました。
私の花園の奥の低周波バイブのスイッチが入ったらしくて、震える感触が男の逞しい感触と混じり合って不思議な快感が私の体から沸き上がりました。
心地よい振動がアナルの微妙な感触と重なり合って、私の脳天を突き抜けるような激しい悦びとなって私の体を突き抜けました。
思いがけない感触に私が思わず腰を前後に揺する芳恵さんが狂ったように大声を上げて私にしがみついてきました。
竜巻のような激しい勢いで吹き抜ける嵐の中では、もう逃げることもできませんでした。
抵抗する気力もないくらいに私の体はもてあそばれました。
支配者に従属するのが女の宿命だと、私は心のそこから思い知らされました。
空高くまで飛ばされた私の身体は、燃えあがったまま宙をさまよい続けました。
男は私の身体を至福の楽園まで投げ上げると、次の瞬間に暗黒の淵に突き落としました。
繰り返す快楽の中で、芳恵さんと私は夢の楽園をさまよい続けました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]