痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

11.監禁輪姦調教

 久しぶりに旦那と東大の五月祭に行った。旦那はチアリーディングの撮影のあと囲碁部で女流棋士の対局を見学。私は先に帰ったけど帰りの地下鉄で痴漢に遭う。帰り道で痴漢に追いかけられて公園のトイレに逃げ込むが輪姦される。

(1)

 春先のお花見も過ぎた頃に大学の時の先輩の芳恵さんから電話がかかってきて「今年の五月祭に旦那さん連れて遊びに来る予定あるかしら」と聞かれました。
旦那は東大の出身ですが結婚してからは五月祭にはあまり行ったことありませんでした。
今頃なんで五月祭の話しがでるのかと思って聞いていると、前置きの世間話しのあと芳恵さんが話しを切り出しました。
「今年ねえ妹がね、ほらチアリーディングクラブのラブファイターズってあるでしょう、その公演で出るんだけどね」
「今度の五月祭が最後の公演なのよ」
「卒業するとすぐ結婚する予定なのよね、気が早い話なんだけどさ」
「それでね、披露宴でね、ビデオの上映したいって相手の両親が言いだしてね」
「そんでさ、旦那さんビデオ得意だったでしょう、だからお願いできたら嬉しいんだけど」と調子よく頼まれて私は困ってしまいました。
夕食のあと旦那に頼んでみると、機嫌良く引き受けてくれて私は一安心しました。
五月祭の当日に東大の赤門前で、芳恵さんと待ち合わせをしました。
芳恵さんが遠くから私達を見つけて手を振って合図をしてくれたのを見て旦那も懐かしそうな顔をしていました。
芳恵さんに案内されて大学の構内を進むと、学生達が大勢模擬店の準備をして忙しそうにしていました。
バンド演奏の角を曲がって安田講堂の横にある土手に行くと、ここがチアリーディングの会場らしくて大きな立て看板が見えました。
土手の反対側は小さな小山に成っていてその上の広場に青いテントが張ってあり女の子の着替えに使ってる様子でした。
土手の正面には着替えを済ませたラブファイターズのメンバーが集まって小さなグループごとに準備体操を始めました。
芳恵さんが旦那の腕を取って「ちょっとこっちに来て。こっちの、土手の上から撮るのが一番よく撮れるのよ」と旦那を土手の上に引っ張って行きました。
急な土手は朝露に濡れた草で滑りやすく、旦那は重いカメラバッグを抱えてやっとの事で土手の上まで登りました。
芳恵さんに指示されて、ちょうど良さそうな場所に三脚を据えて撮影の準備を始めると、ほかにもビデオカメラを持った人が旦那の辺りに集まってきました。
チアリーディングの公演まではまだ時間があるらしく、最初は旦那の周りに数人しか人がいませんでした。
予定時間が近づくにつれて、どんどんと人が増え始め旦那の周りは一杯の人だかりになり、土手の斜面も座る場所がなくなってきました。
ラジカセから流れていた音楽が急に止むと、いままで準備体操や練習をしていた女の子達が一斉に裏の小山に駆け出して見えなくなりました。
スピーカーから大きな声で「今日はチアリーディングチームラブファイターズの公演に集まっていただいて皆様どうもありがとうございます」と司会の女の子が聞こえてきました。
司会の女の子の挨拶が終わると、お揃いの真っ赤なチアリーディングの衣装を着た女の子達が一斉に飛び出してきて土手で見ている観客の前に並びました。
テンポの速い音楽が流れると、チアリーダーの女の子達が音楽に合わせて一斉に踊り始めました。
すぐ目の前で大勢の女の子が同じ振りで踊るのを見るのはかなりの迫力でした。
三曲ほど女の子達のダンスが済むと、今度は黒い詰め襟の学生服を着た男の子が数人現れて、変なかけ声で応援の演技を始めました。
大声で「フレーフレー」と怒鳴り声を上げた後は、新人の応援団員がコントを始めました。
見ていても大して面白くはありませんでしたが、観客は大笑いでした。
一通り応援団の男の子達の出し物も終わると、またチアリーディングの衣装を着た女の子達の演技が始まりました。
女の子達が素早く正面に集って肩を組むと、肩の上に別の女の子が乗って立ち上がりました。
肩の上に乗った女の子二人が両手を上げてポーズをとると、会場から拍手が沸き上がりました。
拍手が止む前にもう一人小柄な女の子が下から持ち上げられて二人の膝の上に乗り、三段のピラミッドが出来ました。
一番上に乗った女の子が手を離して、両手を振ると危なくてとても見ていられませんでした。
女の子がそのまま体を後に倒すと後ろ向きに宙返りをして下で待ちかまえてる他の女の子に抱きかかえられました。
拍手がまた一段と大きく会場に響いてすぐには鳴りやみませんでした。
なんとか演技も終わって、最後にマイクの挨拶のあと女の子達が手を振って観客に挨拶をして旦那も撮影を終えました。
芳恵さんの話しでは、さっきピラミッドの一番上から宙返りで降りてきた女の子は心理学科の二年生の由香利さんで高校の時は新体操をやっていたとか。

(2)

 チアリーディングの撮影も終えて、一通り機材をバッグにしまい終わると旦那が「見ていきたい所があるから、ちょっと寄って行こう」と言いだしました。
旦那に案内されて薄暗い建物を入ると囲碁部でプロの女流棋士が学生と対局中でした。
囲碁の対局を見た後に旦那は囲碁部の打ち上げの合コンに出るとか言うので、私は先に帰ることにして地下鉄の駅まで急ぎました。
大勢の学生の間に交ざって角を曲がって駅までの細い道へ入ると地下鉄の駅前では切符を買う行列ができていました。
ちょうど曲がり角のすぐ先の喫茶店の前で中学生くらいの女の子が男の子達に囲まれているのが見えました。
女の子は必死で「帰らせて下さい」と泣き出しそうな顔をしていましたが、男の子達は「これから盛り上がるところだから」と言って回りを取り囲んで逃がさないようにしていました。
事情はよく分かりませんでしたが、目の前で女の子が困ってるのは確かでした。
通りがかった学生達は、道を避けて横を通り過ぎるだけで誰も助けようともしませんでした。
女の子の顔を見て私はさっきチアリーディングの演技をしていた由香利さんだと気が付きました。
由香利さんを取り囲んでいるのはさっきコントをしていた応援団の男の子達らしいとわかりました。
どうやら由香利さんが帰ろうとしている所を無理に合コンに誘っているらしいと私は気が付きました。
私は腹が立って「ちょっとあなた達。止めなさいよ」と大声をだして由香利さんをかばいました。
応援団の男の子達は私の姿を見て諦めたのか喫茶店に戻って姿を消しました。
由香利さんは小走りで私のすぐ前まで来ると「ありがとうございました」と私に礼を言ってすぐそのまま地下鉄の改札口に走り込みました。
由香利さんの後から私も切符を買って駅のホームに降りました。
ちょうど地下鉄の電車が一台発車したばかりで由香利さんの姿はもうホームには見当たりませんでした。
私も次に入って来た電車に乗り込もうとしましたが、どうゆう訳か飛んでもなく混んでいました。
仕方なく身体を押し込んで電車が動き出すと、私はすぐにまずい事になったと気が付きました。
運が悪かったのか痴漢に狙われてしまいしまた。
後ろから私のお尻を触りながら、痴漢の指先がスカートをめくり上げてきました。
混んだ地下鉄の車内ではとても大声なんか出せませんでした。
痴漢なんて大学時代に何度か遭ったきり、ずっと縁がありませんでした。
私もまだ痴漢に狙われるなんてまだまだ結構行けてるのねとか思いましたが、喜んでる場合ではありませんでした。
我慢するしかないと思って黙っていると、スカートの下から痴漢の指先がパンティーの奥まで届いてきました。
これは不味いことになりそうだと、急に足が震えてきました。
痴漢の指先がパンティの縁をさぐりながら直に敏感な所に触れてきました。
軽く指先を震わせながら巧みに感じるところを責められて、私は目眩がしてきました。
そう言えばここしばらく旦那とは相手をしてもらえない、こんな時くらいしか楽しめる時はないとふと思ったとき急に指先が花園の奧まで押し込まれて来ました。
急に腰が膝から震え出すととても立っていられなくてしゃがみ込みそうになりました。
思いがけない快感が痴漢の指先から伝わってくると私はもう逆らう気持も起きませんでした。
もうどうにでもしてと思った途端、急に電車が止まりました。
乗り換えの駅で乗客が一斉に地下鉄の電車から降りだして私もホームに押し出されました。
もう一度地下鉄の電車に乗り直すと、車両の中はもうすっかりがら空きでさっきの痴漢の姿は何処にも見当たりませんでした。
ちょっとがっかりした気分で窓の外を見ていると、反対側のドアの様子が窓ガラスに映って見えました。
だがどうも様子が変でした。
よくよく見ると男達に取り囲まれているのはまだ中学生らしい女の子でした。
顔が引きつって今にも泣き出しそうでした。
痴漢の男達が女の子の周りを取り囲んで隠しながら痴漢をしているのに間違いないとすぐ判りました。
回りの乗客は気が付いていないのか、知らん顔をしているだけでした。
私は女の子の顔を見て、さっきの由香利さんだと気が付きました。
痴漢達はさらに大胆になって由香利さんのスカートをめくり上げてパンティーを膝まで引きずり降ろしていました。
前と後から痴漢達の指が激しい動きで由香利さんの敏感な所を責め立ているのがはっきりと見えました。
由香利さんはしゃがみ込みそうになるのを無理矢理立たせられて泣き出していました。
私は急に自分が同じ目にあったらどんなに凄いだろうと思って膝が震えてきました。
急に電車が止まって目の前でドアが開くと、私は降りる駅に着いたのに気が付きました。
このあと痴漢に遭っている由香利さんがどうなるのか気にはなりましたが、電車を降りない訳には行きませんでした。

(3)

 地下鉄を降りて改札口をでると夜遅くて道を通る人も見当たりませんでした。
5分ほど歩いてもう少しでマンションに着く少し手前で小さな公園に着きました。
公園の中を通ると近道なので私はいつものように公園の噴水の前を通り過ぎました。
暗い街灯の中ですぐ横のベンチに二人で抱き合ってるカップルの影が見えました。
そういえばこの公園、夜中はカップルが来てエッチな事をしてると近所の奥さんが言ってたのを思い出しました。
よくよく公園の中を眺めて確かめると、それらしいカップルがベンチに座って抱き合ってるのが見えました。
みんなキスに夢中で私のことなんか全然気づきもしない様子でした。
足早に通り過ぎようとするといきなり私のすぐ後ろで変な音が聞こえてきました
振り返って見ると派手な化粧の女が中年の男の股間に顔を寄せて男の逞しい物に舌を絡ませてちゅるちゅると音を立てて吸う音でした。
私は急に体中が熱くなってもう我慢できなくなりました。
私はもうとても見て居られなくて、慌てて噴水の前を小走りに駆け抜けました。
目の前のトイレに駆け込むと女子トイレの個室にはいり、自分でスカートをめくり上げて感じる所を指先で押さえつけました。
ついさっき電車の中で痴漢に触られた感触がよみがえってきました。
もう一方の手で胸をきつく握りしめると、私は必死で一番感じる所を指を押し回しました。
身体が一気に熱くなって頭の中が真っ白になった時、急にドアの外で人の声が聞こえました。
「おい、しゃぶらせてやるぜ」と脅かすようなで低い声で囁く男の言葉が聞こえてきて私は寒気がしてきました。
私はさっき電車で遭った痴漢に後をつけられたんだと気が付きました。
私は携帯を取りだして旦那を呼び出しました。
「私今、公園のトイレに閉じこめられて痴漢に襲われそうになってるの」と私はドアの外の痴漢にも聞こえるように大きな声で話しました。
旦那は囲碁部の合コンの二次会でカラオケに行ってるけど、近くに住んでる知り合いの男の子が居るから助けに行かせると言ってくれました。
男の子は旦那の後輩で、今日の学園祭でも応援部で演技をしていたとの事でした。
普段は頼りない旦那だけど、いざと言うときは結構役にたつもんだと私はちょっと嬉しくなりました。
すぐに男の子から携帯に電話があって、すぐ近くだからとこれからすぐ来てくれる事になりました。
私はわざと大きな声で「すぐに助けにきてね、みんなで一緒に来て」と大声で叫びました。
しばらくトイレの中で待ってると、また携帯に電話があって今トイレの前だと男の子が知らせてきました。
痴漢らしい男は見当たらないと男の子が教えてくれたので、私はそっとトイレのドアを開けました。
トイレの中は誰もいないので、これなら大丈夫とトイレの外に出ようとすると男の子が数人トイレに入ってきました。
「おい、やっちまえ」と男の子が押し殺した声で合図するのが聞こえました。
男の子の顔を見て私はびっくりして何がなんだか判らなくなりました。
トイレに入ってきたのはさっき私が由香利さんを助けたときの応援部の男の子達でした。
応援団長の男が大声で「根性注入、奥まで、奥まで、突きまくれー、突いて突いて突きまくれー」と叫ぶと男の子達は私に飛びかかってきました。
真夜中の嵐の中に浮かぶ小舟のように、私の肉体は波の間に真っ逆さまに落ちていきました。
時間が止まったまま、征服の杭が私の体をもてあそび続けました。
激しさと優しさを繰り返しながら、征服される喜びが体に流し込まれてきました。
満足する間もなくすぐに次の杭が私に打ち込まれ、また今度も激しい律動が私の体を突き抜けました。
繰り返される欲望の儀式は、何度も繰り返しては私の身体を引き裂きました。
私の体をたっぷり楽しんだ後、応援団の男の子達は私をトイレの手摺りに縛り付けました。
「旦那が助けに来るまでそうしてるんだな、俺たちの事は黙っていてもらおうか、今のは全部ビデオに撮ってあるから、近所にばらまいてやってもいいんだぜ」と言うと応援団の男の子はトイレから出て行きました。
私はトイレの便器に前屈みになって、スカートも脱がされパンティーも膝まで降ろされた格好でお尻が丸出しになっていました。
何とか手を縛りつけた縄を解こうとしましたが、硬く縛り付けられた縄は何度やっても解けませんでした。
不意にドアの外で「おいここか」と誰かが小声で話すのが聞こえました。
私は旦那が助けに来てくれたんだと思って「ここです、助けて」と大声をだしました。
急にドアが開くと、男が数人トイレの中で携帯を手にしているのが見えました。
男達の服装を見て、さっき地下鉄で私や由香利さんに痴漢をした男達らしいと何となく判りました。
「おいこれお前だな、間違いないな」と男が携帯に表示されている画像を私に見せました。
インターネットの掲示板にさっき私が応援団の男の子達に陵辱された場面が動画で載せられているのを見て私はびっくりして声も出せませんでした。
掲示板には「トイレで縛られてるのを見つけたら、たっぷりお仕置きして下さい」と私の縛られている写真も載っていました。
掲示板には他にもトイレで私と同じ格好で縛られている女の子の姿もアップロードしてありました。
長い髪を頭の後で縛った中学生みたいな体つきの女の子はさっき痴漢にあっていた由香利さんでした。
チアガールの衣装で踊っている画像も一緒に掲示板に載せてあるので由香利さんに間違いありませんでした。
応援団の男の子達は掲示板に由香利さんの写真を載せて痴漢に狙わせたんだと判って私は怒りがこみあげてきました。
痴漢の男は私が由香利さんを知っているらしいと気が付いたのか、由香利さんが責められている動画を再生して私に見せました。
小さい画面ではっきりとは判りませんでしたが、とんでもない酷い目にあっているのだとはすぐ判りました。
「おい、この女と同じ目に遭いたいんだな」と痴漢の男に言われて私は返事ができませんでした。
私が口をきつく閉じて痴漢の男を睨みつけると、自分でも気が付かないうちに頭が微かに上下に動いてしまいました。
痴漢の男は私が頭をたて振って返事をしたと思いこんだようでした。
「こんな変態女見たことないぜ」と男が吐き捨てるように呟くと私のすぐ後に立ってズボンを膝まで下げました。
プーンという機械が振動する音が聞こえると、私の一番感じるところにくすぐるような微妙な振動が伝わってきました。
硬く冷たい感触が鈍い音を立てながら押しつけられてくると体中に痺れるような感触が広がっていきました。
大人のオモチャを使ってるんだと判って私は気が遠くなって目の前が真っ暗になりました。
痴漢の男は花園を押し広げながら大人のオモチャを奥まで押し込むと、押し回しながら私を責め続けてきました。
時間が止まって、終わりのない儀式が私の体を楽しみ続けました。
私のア×ルに太くて反り返った感触が触れると、ゆっくりと私のア×ルを押し広げながら入ってきました。
大人のオモチャの振動と男の太いい欲望の感触が私の中で触れ合った瞬間に信じられない快感が爆発して頭まで突き抜けました。
屈辱の時は永遠に続き、私の体は奈落の底に落とされました。
痴漢の男達が私をトイレの便器に結び付けていた縄を解くと、私の口には目の前に大きくそそり立ったものが押しつけられて来ました。
私は必死で舌を絡ませて痴漢の男達の熱い欲望に奉仕し続けました。
喉の奥まで何度も押し込まれて、胃袋が口から飛び出しそうに成る程の強烈な吐き気を必死で我慢しました。
すべての儀式が終わった時、私はトイレの床に座り込んで涙が止まりませんでした。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]