痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

5.深夜強制痴漢

 ハイキングからの帰り、電車で痴漢にあった有紀は、家まで痴漢に追いかけられる。なんとか痴漢を振り切って家にたどり着いて、夜遅く風呂からでると、部屋に人影が。赤い縄で縛られた後は放置プレー。

(1)

 秋になって、地学部の先輩からハイキングに誘われました。
毎年、他の大学のクラブの男の子達と合同のハイキングをしているのですが、今年は1年の女の子が誰もいないのでどうしても人数をそろえたいので私にも来てほしいと言われました。
私は行くだけならとオッケーしましたがハイキングの準備もする人がいないからとハイキングで作るカレーの材料も先輩と一緒に買いにいきました。
料理の本でだいたいの分量をしらべて人数分の材料を買うとかなりの重さでした。
これはとても運べないからと思って大学の地学部の部室まで運んであとは男の子に運んでもらう事にしました。
てっきり車でいくのだとばかり思っていたのですが、地学部の男の子はみんなビンボーだからとあっさりと先輩が言います。
朝大学に集まると男の子達はリュックにカレーの材料を詰めて背負いました。
しかし男の子達のリュックに分けていれるとそれほど重くもないようで、男の子達はいつもと変わらない様子で歩き始めました。
電車で奥多摩まで出るとバスで山の奥のほうまで入ってキャンプ場につきました。
キャンプ場で薪を買うと女の子は料理の支度を始め、男の子達はカマドに火を作り始めました。
私は通販で買ったばかりのデジカメで食事の支度の写真を一杯撮りました。
カレーくらいはすぐできると思っていたのですが、なかなか作業ははかどらずにようやく昼頃になって食事の用意ができました。
食事のあとは後かたづけをしてから近くの山にみんなで登る事になりました。
山を歩きながら私はデジカメで小川の流れる沢の写真や、紅葉の綺麗な森の写真を一杯撮りました。
しばらく歩いて山の頂上につくとしばらく景色を眺めて私のデジカメで記念写真をとったあと帰り道を下りました。
最終のバスにようやく間に合うと、私達は帰り道につきました
帰りはみんなで電車で立川駅まででました。
しかし立川駅までついて中央線に乗ろうとするとなんだかホームの様子が変でした。
事故があって電車が止まっているとのアナウンスが繰り返し流れていました。
他の電車で帰れる人たちはモノレールや南部線を使って帰り道を急いでいました。
私も他の線で帰ったほうがいいかと思いましたが、帰りの切符をもう買ってしまっていたので、事故が復旧するまで待つことにしました。
駅で待っていてもしょうがないと思い、私は残った友達と駅のロッテリアでコーヒーを飲んで時間をつぶしました。
私がさっき撮ったばかりのデジカメの写真をみんなに見せると、男の子達も女の子の写真を見て嬉しそうにしていました。
初めて話しをする男の子も何人か居て、いろいろと話しが盛り上がって時間の経つのも忘れました。
「好きなタイプの男性はどんなタイプですか」と男の子の一人に聞かれて私は答えに困ってしまいました。
他の女の子が「そっちこそ、好きなタイプの女性はどんなタイプなのよ」と聞き返すと、お互いに気があったらしくて即席のカップルがすぐに何組もできました。
もうそろそろいいだろうと思って駅に戻ってみるともう電車は普通に動いていました。
私は友達と一緒に中央線で新宿まで出ました。
さっきカップルになったばかりの男の子や女の子達はいつのまにか手を握ったり肩を組んだりして仲良さそうにしていました。
私も誰かいい男の人はいないかと思ってまだ相手の居ない男の子の側に寄りそうと、手を握られて嬉しくなりました。
男の子は譲治さんと言って、大学に入ってからはまだ彼女がいないという話しでした。
譲治さんは大学のサッカー部の話しをいろいろしてくれましたが、サッカーの事は全然判らないので適当に返事をしていました。
新宿駅で友達と分かれると私は一人で地下鉄に乗り換えました。

(2)

 地下鉄の中は夜もかなり遅いのにずいぶん込んでいました。
私は降りるのに丁度いいように電車の一番前に乗りました。
しばらく電車が走ると、次の乗換駅で乗客が一斉に乗り込んできました。
私は運転席のすぐ後ろの角に押し込まれて、つぶされそうになりました。
私の後ろの男が体を押し付けるようにしてきました。
押し返すこともできずに私は苦しい姿勢でじっと我慢しました。
私のお尻のあたりにもぞもぞと動く感触がありました。
私は以前にも朝地下鉄で痴漢にあった事があるので、今度もすぐ痴漢だと思いました。
なにげなく、タイトスカートの上から軽く触れていたり離れたりしていた手が、今度は私のお尻をくすぐるようになで始めました。
私はどうしようもなくて、じっと我慢していました。
ようやく男の手がお尻から離れたとき私はほっとしました。
帰りの駅に着くと私は男を振り払ってなんとかホームに降りました。
駅の改札を駆け抜けると私はやっとのことで安心した気分になりました。

(3)

 駅の出口ではほかの乗降客も階段を上っていくのが見えました。
私はもう大丈夫と思いアパートへの帰り道を急ぎました。
駅の前の通りはもう夜遅くて商店は本屋も、電気屋もみんな店を閉じていました。
飲み屋の前を通り過ぎると中からカラオケの音が聞こえてきました。
いつも買い物をしているコンビニの角をまがってしばらくはまだ人通りがありました。
アパートへ抜ける裏道にはいるともう誰も見えず暗い夜道が続いていました。
自分の足音だけを聞きながら一人で歩いていて何気なく後ろをみると、すこし後を同じ道を曲がって来る人影がありました。
私はたいして気にもとめずに歩いていきました。
しかし次の角を曲がったとき後ろを見るとやはり同じ角をまがってついてくるのが見えました。
私はすこし心配な気持ちになりました。
人影は少しずつ私に近づいてきました。
私が少し早く歩くと後ろの人影も距離をたもって足早に歩きはじめました。
アパート近くになって街灯の明かりもすくなくなると、人影は急には距離を詰めて私に近づいてきました。
男がすぐ私の後ろまで来るのが見えました。
私は慌てて小走りに駆け出しました。
服がタイトスカートなのでとても足が開けなくて早くは走れませんでしたが私は必死で走りました。
後ろを振り返らずにアパートまで走るとドアの鍵を開けようとしました。
ハンドバッグから鍵を取りだして鍵を開けようとしましたが、手が震えてなかなか鍵が鍵穴に入りませんでした。
もう間に合わないと思うと心臓が壊れそうなほどドキドキしました。
やっとドアを開けて中に入り鍵を閉めてチェーンもかけました。
それでもまだ男がドアを壊して入ってくるのではと思い心臓が壊れそうな思いでした。
戸口で外の物音を聞き耳たててみましたが外は物音一つなくシーンと静まり返ったままでした。
私は勇気をだしてドアスコープから外を見てみました。
しかし誰も人影はありませんでした。
私はやっと安心して部屋の中に入りました。
一息つこうをお茶をいれてテレビを付けてしばらく休みました。
礼子さんに携帯で電話をして今日のハイキングの話をしましたが、痴漢にあったことや夜道を追いかけられた事は話そうと思ってもはなせませんでした。
私がいつもよりよくしゃべるので礼子さんは「今日なにかあったの」と聞いてきました。
「ううん、まあね、男の子と知り合いになったの」と私が言うと「話しをしただけなの、それだけじゃ無いんでしょう」と聞かれたのでしばらく譲治さんの事を話しました。
「他にもなにかあったんじゃないの」と礼子さんに聞かれましたがよけいなことは話さない方がいいと思いました。
しばらく電話でおしゃべりをしているとようやく気持ちが落ち着いてきました。
お腹がすいたので冷蔵庫の残り物を少し食べてからお布団を敷いて、寝る前にお風呂に入ることにしました。
お風呂にお湯を入れて、お湯がたまるまでテレビを見ていました。
ようやくお湯がいっぱいになったので、服を脱いでお布団のそばに畳みました。
お湯につかるとやっと安心した気分になり、今日の地下鉄の男には本当に腹がたってきました。
あんな酷い事をする男は絶対許せないと思いました。
東京の女子校に通っていた同級生の女の子が話していた、電車で女子高生を狙うとんでもなく痴漢というのはきっ今日みたいな痴漢に違いないと思いました。
こんなことまでされるとは思っていなかったので、東京の女の子はずいぶん大変なのねと思いました。
私も東京育ちの女の子と同じ体験ができたので、これで負けてないなとすこし誇らしい気持ちもありました。
それに男に後を付けられたと思ったのは私の思い過ごしで、全然別の人でただ道順が同じだったのだけかもしれないと思いました。
ゆっくりと体を洗って風呂場のドアを開けると目の前に人影がありました。
少しみすぼらしい感じのジャンパーを着た背の低い男性でした。
小柄な割には太っていてお腹が出ている男性の顔に心当たりはありませんでした。
さっきの私を追いかけてきた痴漢の男以外考えようがありませんでした。
私はびっくりして声も出せませんでした。
痴漢の男は私を抱き寄せるように抱え込んで来ました。
私はなんとかもがこうとしましたが男の力にはかないませんでした。
男は私がさっき敷いた布団の上に押し倒しました。
私は男の身体を押しのけて立ち上がろうとしました。
急に携帯の呼び出し音がして男が携帯を取り上げました。
私はきっとさっき話しをした礼子さんが折り返し電話してきたのだと思ってはっとしました。
男はなぜか無言のまま私に携帯を渡しました。
電話の相手は譲治さんでさっき喫茶店でデジカメをみんなで見たとき、私がデジカメを他の人に渡したまま持って帰るのを忘れたと話してくれました。
譲治さんんがデジカメを持っているので、都合の良いときに私のアパートまで届けに来ると言ってくれました。
私はデジカメには学園祭のコーラス部のコンサートの写真も入っていて、次のコンサートのパンフレットの印刷の版下の締め切りが明日だったのを思い出しました。
「お願い、明日の朝デジカメがどうしてもいるから今日もってきて」と私は譲治さんに必死で頼みました。
これから譲治さんが来てくれる事になればこの痴漢の男も諦めて帰ってくれるに違いないと思いました。
譲治さんはすぐアパートがすぐ近くらしくてこれからすぐバイクで来てくれることになりました。
これで痴漢の男も帰ってくれると思って私は携帯を握ったまま痴漢の男を睨みつけました。
しかし痴漢の男は力一杯私を布団の上に押しつけて倒しました。
痴漢の男は私の身体を赤い縄で縛り付けると、そのまま部屋から出て行ってしまいました。
私は自分がいったいこれから何をされるのか判らなくて縛られたまま身体の震えが止まりませんでした。
やがてドアが開くと「今晩は」と男の声が聞こえてきました。
譲治さんがデジカメを届けに来てくれたのだと判って私はこれでやっと助かると急に涙がでてきました。
譲治さんは私が縛られているのを見てしばらくじっとしたまま身動きもせず黙っているだけでした。
「有紀ちゃん、こうゆうのが好きなんだね」と譲治さんが言うと持ってきたデジカメで私の写真を撮り始めました。
私が思わず「だめ、やめて」と言いながら頭を左右にふると譲治さんは今度は自分のズボンを脱いでトランクスを膝まで降ろしました。
私の子宮は譲治さんに乱暴に扱われるのを待ち望んでいるように熱くなりました。
私の期待を裏切るように、ゆっくりとした波が私の感触を楽しむように打ち寄せてきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
許されない喜びの深い淵に私の体は沈み込んで戻ることができなくなりました。
竜巻のような激しい勢いで吹き抜ける嵐の中では、もう逃げることもできませんでした。
私の体中に、欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始めました。
支配者が最後の快楽の時を告げるのを待つしかもう希望はなくなりました。
廃墟となって燃え落ちた私の身体を、譲治さんは最後の一撃きで貫き通しました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]