痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

3.学園祭痴漢体験

 学園祭のカラオケコンテストにセーラ服の衣装を来て出場した、有紀と礼子。合コンのあと帰りの電車で居眠りをしていると痴漢の標的に。ラブホテルに連れ込まれそうになって必死で逃げ出すともっと酷い目に。

(1)

 秋の学園祭も終わって学生会の会計報告もすませて部室に戻ってくると、礼子さんが困った顔で他のコーラス部の女の子達と話していました。
急に先輩の芳恵さんのおじいちゃんが亡くなって、広島に帰郷することになりそれで今度のカラオケコンテストに出られなく成ったらしいのです。
カラオケコンテストは学園祭の模擬店を手伝ってくれたお礼に、近くの大学の学園祭の出し物に誘われたとかの話しでした。
他の大学のコーラス部とは以前から交流もあり頼まれたらとこも断れないと礼子さんが言っていました。
セーラー服のコスプレで歌うことになっていて、そのせいで芳恵さんの代わりに出てもらう引き受け手がなかなかいないらしいのです。
結局私が先輩の芳恵さんの代役を引き受けて、セーラー服を着て出場することに話しがまとまりました。
なんでカラオケコンテストでセーラー服なんかを着なければいけないのか、納得できない気持ちでしたが、男の子達の話しでは昨年の優勝チームがやはりセーラー服のコスプレをしたらしくて断れなかったそうでした。
礼子さんの話では男の子達はコーラス部の先輩に今年は絶対に優勝しろときつく言われてるらしいとのことでした。
コンテストの前日に練習をやるというので、近所のカラオケボックスにみんなで集まりました。
礼子さんが用意してきたセーラー服を着てみると、スカートの丈がとんでもなく短くてびっくりしてしまいました。

(2)

 コンテストの当日は着替える場所がないので、セーラー服を着て大学まで着て欲しいと言われました。
私と礼子さんは相談してアパートで最初からセーラー服姿で出かけることにしました。
途中電車に乗っていると、私たち女子高生に見られているのかしらとどきどきしました。
コーラス部の男の子達は私と礼子さんがセーラー服を着てるのを見て、嬉しそうな顔をしていましたが口元がいやらしく歪んで変な顔になっていました。
礼子さんがセーラー服のスカートが時々めくれて下に履いてるピンクのレース模様のパンティー丸見えになってるせいらしいと気が付きましたが私は何も言えませんでした。
舞台の袖で出場の順番を待っていると、私は心臓が締め付けられてドキドキしてきました。
紹介のアナウンスの声を聞いて礼子さんがステージの中央に駆け出すと、スカートがまためくれてパンティーが客席から丸見えになってしまいました。
伴奏の音楽がなり始めると、私は隣の礼子さんを見ながら練習した踊りを必死で踊りつづけました。
コンテストでは練習の通りに歌も踊りもうまくいって、どうゆうわけか私のチームが優勝してしまいました。
男の子達はこれでやっとコーラス部の先輩に顔が立つと喜んでいました。
私と礼子さんはセーラー服のまま打ち上げの合コンにくことにしました。
大学の近くではあちこちのクラブが打ち上げの合コンをするらしくて、飲み屋街は文化祭の後の学生でいっぱいでした。
男の子達は何度も一気飲みをして騒ぎ続けました。
もう終電の時間が近くなっても、男の子達はいっこうにお開きにする様子はありませんでした。
合コンの後は大学の近くの男の子のアパートで雑魚寝をすることになっているとかでした。
これではいつまで立っても終わらないと思い、私と礼子さんは先に帰ることにしました。
男の子達に引き留められましたが、なんとか理由をつけて断って私たちは駅まで急ぎました。

(3)

 ちょうど終電が入るところだったので私たちはあわてて電車に乗りました。
これで一安心と思って、私は座席に座るとお酒のせいですぐに眠くなりました。
電車にゆられて半分寝込んでいる、膝の上にくすぐったいような感触があり半分目が覚めました。
男の手が私の膝に伸びると私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に、巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり泉のように溢れだしました。
頭の中まで熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
私の耳元で息を飲み込むような声が聞こえたので、横を見ると礼子さんのセーラ服のスカートの下にも隣に座った男の手が入っているのが見えました。
セーラ服のスカートの中で男の手が小刻みに震えると、その度に礼子さんは眉を寄せては息を飲み込んでは吐き出していました。
礼子さんの肩が震えながら私の肩に押しつけられて来ると、私は自分がどこにいるのかも判らなくなりました。
電車が止まったき私はすぐには身体を動かす事ができませんでした。
乗客が降りていくと車内には私達だけが取り残されました。
ぼんやりと当たりを見回すと、私は大変なことに気がつきました。
私たちが乗ったのは反対側の電車で、たった今ついたのは八王子の駅でした。
男達は私と礼子さんの腰に手を回して立たせると電車を降りて改札口まで歩かせました。
腰から膝が震えながら私はやっとのことで男に背中を押されながら歩きました。
礼子さんも腰が震えたまま何度もしゃがみ込みそうになりながらやっとのことで歩いていました。
私たちは男に連れられて駅を出ると駅前のトイレの前まで来ました。
トイレの中央の身障者用トイレに連れ込まれると、礼子さんはすぐに男の前に両膝を付いて舌を使い始めました。
どうやら礼子さんは酔ったせいで、男の子達と合コンの後男の子に口説かれていると思いこんでいるようでした。
礼子さんの後から男がセーラー服のスカートを捲りあげるとピンクのパンティーが丸見えになりました。
後から感じる所を責められて礼子さんは舌を使いながら、呻くような喘ぎ声をだして何度身体をよじりました。
他の男がすぐに私の両肩を押さえて膝を付かせてきました。
私はもう諦めて口を大きく開けて男の喜ぶ事をするしか仕方ありませんでした。
口の中で男の物がすぐに大きくなったので私は嬉しくて必死になって舌を使いました。
トイレを出て駅前のコンビニの横に止めた車まで来ると、今度は車の後ろの座席に載せられました。
礼子さんはまだ男の子にナンパされていると思いこんで、後ろの座席に座るとすぐに男の腰に顔を埋めました。
礼子さんの両側に座った男は手を伸ばして、礼子さんの足を左右に開かせるとパンティーの中に指を差し込んで責め続けました。
礼子さんが苦しそうな息をしながら、ぴちゃぴちゃと舌を使う音が私の耳に聞こえてきました。
私は自分が舌を使ってるような気分になって目眩がして気が遠くなりました。
車は中央高速を走り抜けて山道に入ると、小道に入りました。
ラブホテルの前で車が止まった時に礼子さんが顔を上げて窓の外を見ると、急に酔いが醒めた様子で男達を見回しました。
礼子さんはセーラー服のスカートは腰の上まで捲りあげられ足を大きく開いた格好のまま不思議そうな顔で左右に座った男の顔を見つめていました。
男達のズボンの前のチャックが開いて、大きく立派な物がむき出しになっているのを見て礼子さんは何だ判らない顔付きでした。
電車の痴漢にこんな所まで連れてこられたのだと思い出せない様子で、礼子さんは窓からラブホテルを見上げると、左右に座った男の顔を確かめようとしました。
男が車のドアを開けると礼子さんを外に連れ出そうとして礼子さんの手をひっぱりました。
一緒に居るのがカラオケに一緒にでた男の子達ではないと気が付いたらしく、礼子さんはいきなり山道を走り出しました。
私も慌てて助手席のドアを開けると礼子さんを必死で追いかけました。
まだ酔いが覚めないらしくて礼子さんは足がもつれて何度も転んでセーラー服のスカートの下のピンクのパンティーが丸見えになっていました。
後ろからすぐ車が追いかけて来るのが判りましたが、道が細すぎて私達を追い越せないようで私達のすぐ後ろを走ってついてくるだけでした。
ともかく必死で走って少し先の角を曲がると、大きなワゴン車が目の前に近寄って止まりました。
後ろのドアが開くと男の子が手招きするので、車に乗ると車はすぐに動き出しました。
車の中で一安心して男の子達の顔を見ると、男の子達はいやらしい顔つきでいきなり私と礼子さんのセーラー服を脱がせようとしてきました。
男の子達は私と礼子さんがセーラー服を着ているので女子高生だと思いこんだらしく「大人しくしないとぶっ殺すぞ、偉そうにセーラー服なんか着てるんじゃねえ、お前らは雌豚だ」訳の分からない事を大声で怒鳴りつけてきました。
痴漢よりももっと達の悪い男の子に捕まったらしいと気が付いて私は背筋が寒くなり声も出せませんでした。
車の中でパンティーとブラジャーも脱がされて真っ裸にされて寒くて震えていると車は別荘らしい古い建物の後ろの庭に止まりました。
裏口から階段を降りて地下室に入ると、薄暗い部屋の中で汚いマットの上に押し倒されました。
男の子達はすぐに襲いかかってきました。
逆らうこともできずに礼子さんは身体を汚され続けました。
礼子さんが腰を震わせて泣きじゃくりながらとどめの一撃を受け止めると、今度は私が生贄にされる番が回ってきました。
男は私の背後から押し入れてきました。
激しい渦の流れに私の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくりました。
私の体中に、欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始めました。
時計の針が止まると、永遠の時間が私の体を支配していました。
予期しない律動が私の身体を捕らえると、震えながらしっかりと奧まで届いてきました。
心を失って震え続ける私の身体を、男はとどめの一突きで貫きました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]