痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

6.深夜映画館痴漢

 合コンの後彼氏に振られたと深酒をする親友の礼子さんを電車に乗せると、自分は終電をのがしてしまう有紀。素人生板ショーにでていたと痴漢に思われてラブホテルに連れ込まれる。

(1)

 秋になって、後期の授業が始まると体育の授業でオリエンテーリングをすると掲示版に掲示がでていました。
地図を見ながら目的地に時間どうりに着くのを競うゲームということは、授業で聞いていたのですが実際に、実習でやるとは思いませんでした。
私はこんな面倒なことに出ないといけないのかしらと思いましたが、教職の必修単位なのでさぼる訳にはいきませんでした。
近くの大学との合同だったので、私と組になったのは初めて会う男の子でした。
見た感じかっこいい男の子だったので私は「ラッキー」と思いました。
私よりは一学年上で洋平さんといって、よくよく話を聞くと私のアパートのすぐ近所でした。
もともと地元の出身で、私の大学の敷地で子供の頃からよく遊んだそうでした。
幼稚園も私の大学の付属の幼稚園だったというので私はとてもびっくりしました。
二人で話しながら歩いていると、ほかの人たちはどんどん先に追い抜いていきました。
私たちはおしゃべりをしながら、地図もみないでほかの学生達のあとからついてあるきました。
ようやく、目的地についたとき私たちは最後の何番目かでした。
先頭の学生はもう何時間も待っていたそうで「なんでこんなに遅いんだ」と文句を言われました。
成績は到着の順につけると聞いて、私はちょっとまずかったかなと思いました。
みんながゴールインしてから、クラスごとに点呼をとって解散になりました。
駅まで歩いてそれから電車に乗ろうとするとさっきの洋平さんが私をさがしていました。
なんだろうと思っていると「帰りにみんなで合コンしませんか」という誘いでした。
クラスのみんなに声をかけると何人かが付き合ってくれることになりました。
帰りが大変だからと、大学近くの駅までみんなでいくことにしました。
電車の中で私たちは男の子達とおしゃべりをしながら過ごしました。
都心に近くなると、電車が混んできて後ろから押されて男の子に体が触れました。
ほかの女の子たちも、男の子たちと押し合うようにしながら話をつづけていました。
大学の近くの駅までくると、私たちは駅の近くの居酒屋に入りました。

(2)

 店はかなり大きくて時間も早いせいかまだかなりすいていました。
係りの人に案内されて奥にはいると女の子だけで固まって座ろうとしました。
すると合コンなんだから、男の子と女の子が交互に座るものだと男の子の一人がいいます。
それで女の子達はばらばらに座り直しました。
男の子達は私たちの顔をぐるりと見回しながら、お目当ての女の子のそばに割り込むように座り始めました。
私は明日授業もあるしお酒はあまり飲みたくなかったのですが、男の子に勧められてしかたなく飲みました。
安い店だったので食べ物はたいしたものは出ませんでしたが、お腹もすいていたのでともかく食べるもの食べました。
男の子達は、お酒を追加しては「イッキイッキ」のかけ声で一息で飲んでいました。
女子大ではイッキ飲みなどする人はいないので、これがあのイッキなのかと感心して見ていました。
お酒がはいるにつれて男の子達はずいぶんもりあがって何を話しているのか分からないような有様でした。
お開きになって、みんなで外に出て会計が済むのを待っていました。
すると男の子の一人が礼子さんに何かいいながら、腰に手を回して引き寄せようとしました。
男の子はそのまま礼子さんに顔を寄せてキスをしようとしました。
礼子さんいやな顔をして、なんとか体をそむけて逃げようとしました。
そのときいきなりほかの男の子が礼子さんの腰に手を回した男の子になぐりかかりました。
あわてて回りの男の子が止めに入りましたが、酒をずいぶんのでいるせいもあって、騒ぎは収まりませでした。
礼子さんは「あなたたち恥ずかしくないの」と大きな声を出しましたが、騒ぎはそのまま続きました。
しばらく騒動が続いてこれはもうしょうがないともう帰ろうと思っていると、友達の礼子さんにどうしても今夜は二人でもっと飲みたいと言われました。
どこでもいいからと私達はひとまず手近な居酒屋に入りました。
席に着くと礼子さんはチューハイを頼んですぐに飲み始めました。
お酒を飲みながら礼子さんが泣き出したのでどうしたのかと聞くと彼氏に振られたといいます。
チァリダーの女の子と取り合いになり、お色気作戦で取られたとの話しでした。
「これからどうしても行きたいところがあるので一緒にきて欲しいの」と礼子さんが言います。
「私決心したんだから、必ず行くの、絶対行くんだから」と何度も繰り返してから。
「一人じゃ行けないから、一緒に来てねお願い」と半分泣きだしました。
私はなんとかなだめて「一緒にいくからだいじょうぶ」と答えました。
礼子さんと一緒に店をでると、案内されて細い路地を歩きました。
何度か角を曲がると、深夜映画館の前にでました。
その隣にはけばけばしい看板が出ていてネオンが光っていました。
踊り子らしいポスターが何枚も乱雑に張り付けてある横に「本日は素人ストリップ大会」と書いてあるのが見えました。
「私これに出るの、今日絶対これに出るの」と礼子さんが言います。
どうやら彼氏の事を忘れるために素人ストリップに出てうっぷんを晴らすという事らしいので私はびっくりしました。
入り口から少し離れた裏手には楽屋への入り口があり、そこには受付らしい張り紙がありました。
「私もう昨日申し込んでおいたから、出るとお金もらえるのよ」と言って礼子さんは楽屋に入ろうとしました。
これは大変と思い礼子さんの手を強引に引っ張って駅まで来ました。
礼子さんは半分めまいで意識がないようなので、私はようやく帰りの電車に乗せました。
私も帰ろうとして地下鉄の駅を探しましたがなかなか地下道に迷ってしまいました。
ようやく地下鉄の駅についたときはもう最終電車はでたあとでした。
私はすっかり途方にくれてしまい駅前を通ると映画館がありました。
何時までやっているのかしらとふとみるとオールナイトとかで朝までのようだでした。
私はどうにかこの映画館で朝まですごそうと思い付きました。
夜遅いせいか客席には人もまばらでした。

(3)

 後ろのほうの席でまん中辺にすわるとすっかり眠くなっていました。
私は上着を脱いで膝にのせてシートにもたれました。
重苦しい気分で目がさめかかると、体がなにか変な感触でした。
腰のあたりに生暖かい感じがします。
私の隣にはいつのまにか男が座っていました。
男の手は私の腿の上に載せられていました。
私が男の顔を確かめると、男は目をそらせたまま私の方を見ようともしませんんでした。
私は男の手をどけようとしましたが男の力には勝てませんでした。
しばらくして男の手が私の膝に伸びると、私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり泉のように溢れだしました。
頭の中まで熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
男は私が手に握りしめた切符を私から奪うと、「いつも見に行ってるのか、今日は素人大会だからステージで踊ったんだろう、生板大好きなんだろう」と呟きながらいやらしい顔でにやりと笑いました。
私の手には小さい紙切れが握られていましたが、よく見るとさっき礼子さんが入ろうとしたストリップ劇場の切符でした。
ストリップの店の切符にははっきりと店の名前が書いてあり、それからかなりいやらし言葉で宣伝文句も書いてありました。
私はようやくどうして私がこんな目に遭わされたのか分かりました。
「生板なんかよりもっと良い思いさせてやるぜ」と男が私の耳元で囁くと、男の指先が私のスカートの奥まで届いてきました。
一番感じる所を探り当てると、指先を小刻みに振るわせながら力を込めたり緩めたりして男は私を責めてきました。
私はもう我慢できなくて自分から足を広げて、男の指先が動きやすいように腰を前にずらしました。

(4)

「これからいい所に連れていってやるからな」と男に言われました。
私はもう逆らえませんでした。
外に出るとしばらく歩いて、小さな小道に入るとラブホテルの前にでました。
「いやなら帰っていいんだぞ」と言われて私は男のあとについて中にはいりました。
中に入ると部屋の真ん中に大きなダブルベッドがおいてありました。
ベッドの上には、薄紫色のレース模様のシーツがかけられていました。
天井にはシャンデリアがあって明かりがキラキラ輝いていました。
男に「今日のステージでいくら稼いだんだ」と聞かれて私は「五万です」と適当に返事をしました。
すると男は「踊るだけで五万になるわけないからな、生板で稼いだんだろう」と言いながら顔を近づけて私の胸を掴んできました。
私は何を言われてるのか判らなくてまた適当に頷いて返事をしました。
「金が欲しいのかそれとも男の身体が欲しいのか、それとも両方欲しいのか」とまた男が訳の分からない事を言い出しました。
私はもうどうでもいいと思って「好きにして下さい」と答えました。
「そんなに遊びたいんなら、たっぷり可愛がってやるぜと」と脅すような口調で男に言われて私は身震いがしてきました。
男が私をベッドに押し倒すと、私の服を一枚ずつ脱がし始めました。
逃げられない時は従うしかないと、子宮が命じる声が私の身体に響いてきました。
浜辺におしよせる波のように、欲望は繰り返し私の体に押し寄せては退いていきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
支配者の許しがなければ、私は涙を流すことさえできなくなりました。
激しい渦の流れに私の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくりました。
時計の針が止まると、永遠の時間が私の体を支配していました。
天高くまで舞い上がった私の身体は、最後の瞬間を望んで宙をさまよい続けました。
男は私の身体を天高く投げ上げると、快楽を味わう間も与えずに奈落の底に突き落としました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]