痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

1.痴漢体験手記

(1)

 夏休みが終わると、体育の授業の時冬のスキー教室の話がありました。
なんで大学でスキー教室なんかやるんだろうと思って聞いていると、
スキー教室に一週間でると、それで何単位かでるので、体育の授業の出席がたりない人は必ず出るようにとの話でした。
体育は必修なので単位を落とすと留年だとか先輩にも言われたのを思い出しました。
今年はクラブの学園祭の準備で忙しいので、体育の授業をさぼって、その分スキー教室に出て単位をもらえばいいと私は思いつきました。
しかし、スキー教室にはお金がかかるので、学園祭で忙しくなる前にアルバイトをすることにしました。
 学生課の掲示板でワープロの仕事をいろいろ探してみました。
ワープロの仕事はありまなかったのですが、何社か募集がありました。
どこにしようかと思いましたが、大学に近い方が便利だと思い、一番近そうな所の電話をメモしました。
大学の公衆電話で電話してみると、履歴書をもって面接に来て下さいと言われました。
翌日に授業が終わってから、地図をたよりに場所をさがすと、
小さなビルの郵便受けに出版社の名前を見つけました。
中に入って見ると、マンションの一室くらいの部屋に、原稿やなにやらた山のように積み上げたテーブルが部屋一杯に並んでいました。
部屋の隅の小さな応接セットに案内されると、責任者らしい男性が私の応対をしました。
男は自分が編集長だと言っていましたが、なにやらうさんくさそうな雰囲気でした。
履歴書をちらっと見ましたが、見たのは履歴書の表だけで裏に書いてある、資格の欄とかは見もしませんでした。
「じゃ、これからやって下さい。」といきなり言われて私はびっくりしました。
パソコンの前に案内され「マニュアル読んでて下さいと言われました。」
しばらく言われた通りにマニュアルに目を通していると、ドアが開いて、
女子大生らしい女の子と、若い男の子が入ってきました。
女の子は地味な服装で、ようやく高校をでたばかり位の歳に見えました。
またアルバイトの女の子かしらと思っていると、部屋の隅の打ち合わせ用の応接セットでなにやら話していました。
耳をそばだてて聞いていると、「初体験はいつ。」とか「いままで何人つき合ったの。」とかの会話が聞こえてきました。
私はいったい何の面接をやっているのかと、気になって耳に神経を集中させました。
やがて面接も終わると、女の子は男の子と一緒に帰っていきました。
すると、さっきの編集長らしい男性が、「これワープロに打ってね。」
「一時間もあればできるから。」と言ってカセットテープを渡しました。
私はテープを聞きながらワープロを打ち始めましたが、さっきの女性はアダルトビデオの女優さんで、
さっきの会話は雑誌に載せる対談でした。
ビデオに出る前は保母さんをやっていたと話していたので私はびっくりしました。
ようやく一時間ほどで、タイプを終わると私は次に何の仕事をしたらいいか聞きに行きました。
しばらくすると読者アンケートを集計してくれと言われて、投稿の手紙の束を渡されました。
読んでみると、痴漢体験の告白投稿でした。
一番過激なのを体験手記として載せるから選んでくれと言われて私は、それらしいのを選びました。
しかし、これじゃ記事にならないから私が記事にできるような痴漢体験を書けと言われました。
私は、しかたなく高校の時の痴漢の出来事を書いてもっていくと、こんなんじゃ記事にならないだろうとしかられました。
私は、そんなすごい痴漢にあってないので体験してないことは書けませんと断りました。
すると、これから一緒に映画館にこいと言われました。

(2)

 入り口には上映中の映画の大きな看板がでていました。
映画館の中にはいると、映画は上映中でスクリーンが明るく見えました。
編集長と並んで席に着くと、私は変な映画だったら困るなと心配になりました。
映画の場面は、戦場のようで普通の映画らしいので安心しました。
銃撃戦の音が響くなかで、私のすぐ近くの通路を女子高生らしい女の子が通りました。
女子校生は席をさがしているようすでしたが、空いている席はいっぱいあるのに、通路を何度か往復していました。
それから通路の一番後ろまで行くと、席の後ろに立って立ち見をする様子でした。
私は席がいっぱい空いているのにどうしてなのかしらと不思議に思いました。
私の様子を見て、「ここは痴漢の名所でね。」と編集長が私の耳元でささやくように言いました。
「後ろで立ち見をすれば必ず痴漢にあうんだ、だから痴漢に会いたい女がああやって後ろに立ち見するってわけさ」と話が続きます。
私はそんな馬鹿な事はあるはずがないと思いました。
しかしもう一度後ろを振り返って見ると、女子高生のすぐ後ろには両脇から中年の男性が寄り添うように近づいて、なにか様子が変でした。
女子高生のスカートが後ろからめくられて、胸にも手が押し当てられているのが見えました。
私はやっぱり本当なんだとびっくりして前を向き直りました。
「映画が終わったら、近くのロッテリアのトイレでフェ××オさせるのがいつものコースなんだぜ。」
と編集長が言います。
私は今度ばかりは私をからかって作り話をしているに違いないと思いました。
映画が終わると、場内が明るくなり私達は席を立ちました。
立ち見をしていた女子高生はもうどこに行ったのか見あたりませんでした。
映画館を出てから「ちょっとお茶飲んで行こう。」と編集長が言いました。
私も、映画館に座っていてすこし疲れたので出版社に帰るまえにお茶くらいはいいと思いました。
角をまがると、すぐにロッテリアがありました。
そういえばさっき編集長がロッテリアでどうのこうのと言っていたのを思い出しました。
入り口を入ろうとすると、すぐ目の前のガラス越しに女子高生がスカートの股を広げて座っているのが目にはいりびっくりしました。
女子高生の両脇には中年の男が座り女子高生の胸や腿のあたりに手を伸ばしていました。
さっきの映画館の女子高生でした。
私達はカウンターでコーヒーを飲むと、奥の席に座りました。
「どうだ言った通りだろう、このあとは、トイレにつれて行かれてフェ××オってわけだ。」
「あの女は、男を漁るためにああやってセーラー服来て映画館に来るんだ。おとなしそうな顔してるが、本当はドスケベ女さ」と聞かされて本当にびっくりしました。
コーヒーを飲み終わって帰ろうとすると、女子高生がトイレに立つのが見えました。
すこし遅れてさっきの中年の男が二人後を付けるようにしてトイレに入っていきました。
私はやっぱり編集長の話は本当なのかしらと思いました。

(3)

 出版社に戻ると編集長に言われてさっきの女子高生の事を体験記事にまとめました。
もっと具体的に何をされたのか書かないとだめだと何度も書き直しをさせられました。
トイレのなかでフェ××オをした場面は見たわけでもないのでどう書いていいのか分かりませんでした。
原稿を書きながらいろいろ想像すると、それだけで体が熱くなってきました。
ようやく「あとは、俺が書き直すからもういいよ。」と編集長が言ってくれたので私は帰ることにしました。
ちょうどさっきのロッテリアの角にきたとき二人組の男性が角を曲がって来るのが見えました。
さっきの痴漢の二人組に間違いありませんでした。
男は映画館に戻る様子でした。
きっとまた別の女を漁りに映画館に戻るのに間違いないと思いました。
その瞬間に、今度は私が映画館で痴漢されたらすごいだろうなと言う思いが頭をかすめました。
そしてロッテリアでトイレに連れ込まれてフェ××オさせられたらもっとすごいだろうと、頭から離れなくなりました。
私は震えそうになる足で男の後から映画館に入りました。
後ろで立ち見をしながら私は心臓がやぶれそうな気持ちで次に起こるはずの出来事を待ちました。
さっきの二人の男が何気ないそぶりで私の両脇に近づいてくるのが分かりました。
なにげなく、ミニスカートの上から軽く触れていたり離れたりしていた手が、今度は私のお尻をくすぐるようになで始めました。
私はどうしようもなくて、じっと我慢していました。
ようやく男の手がお尻から離れたとき私はほっとしました。
映画が終わると、私は男に連れられて外にでました。
連れていかれたのはさっきのロッテリアでした。
女子高生がすわっていた席に座らされると、ガラスの向こうは夜の人通りでした。
男の手が私の膝に伸びると、私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に、私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に、巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり、泉のように溢れだしました。
頭の中まで、熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
私は次はトイレに行かされると分かっていたので自分から「トイレに行かせてください。」
と小さな声で男に頼みました。
席を立つとすこし遅れて男が後から着いてくるのがわかりました。
女子トイレに入ると、ドアを開けたまま、男が入ってくるのを待ちました。
私はさっきの女子高生と同じ目に遭わされると思うと体中ががたがた震えてきました。
男の一人がトイレに座るとその上に私を載せました。
前に立った男はそそりたった欲望を私の口に押し込んできました。
下からも突き上げるように欲望の嵐が私を襲ってきました。
思う存分欲望を満たすと、男達は私の体に最後の一撃を打ち下ろしました。
私は体中がふるえ続けて止まらなくなっていました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]