痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

7.ダイエットは痴漢の罠

 ダイエットで始めたエアロビ。シャワールームで見た人妻のお尻には青いアザが。わざとアザを見せられたと気づいた時にはもう遅い。

(1)

 春先になって、大学の後輩の結婚式に招待されました。
旦那といっしょに結婚式に出かける当日、私はお気に入りのピンクのスーツを押し入れから出しました。
大学の卒業式の謝恩会で着て以来ずっとしまったままにしておいた服でした。
ハンガーから降ろしてスカートを着てみましたが困った事になりました。
スカートのウエストがきつくてどうしてもホックを止められないのです。
他に着ていく服もないし、私はいったいどうしようかと困り果てました。
旦那は私がなかなか支度がすまないので機嫌が悪くなってきました。
私は仕方なく、上着を脱がなければいいと思って、ウェストを安全ピンで留めました。
式場はずいぶんと立派なホテルで、ホテルの中の教会で式が始まりました。
天井が高くて、ステンドグラスも立派で私の時よりもずっと素敵な教会でした。
私はこんな教会で式を挙げたかったと思いましたが、旦那も私の気持ちが分かった様子で、「俺たちの時も、ここにすればよかったな」と言ってくれました。
披露宴はホテルの会場で私達の時の倍くらいはある広い会場で料理も豪華でした。
花嫁さんも何度もお色直しを繰り返して、まるで芸能人の結婚式のようでした。
余興の出し物も終わってようやく式も終わって私はほっとしました。
なんとか結婚式は無事に済んだのですがウエストの安全ピンが気になって料理も食べれませんでした。
翌日私は体重計を買ってきて体重を量ってみました。
大学の時より7キロも増えていて私はどうしようもなく愕然とするだけでした。

(2)

 これではいけないと思い私は体重を落とすためになんとかしようと思いました。
ちょうど近所の幸代さんが駅前のアスレチッククラブに通っているので、一緒に行くことにしました。
受付で入会の手続きをすると、指導員の義則さんを紹介されました。
最初に簡単な体力測定をしたあと、一月に1キロづつ無理なく痩せた方がいいと義則さんはパソコンに向かいました。
なんでパソコンなんか使うのかしらと思っていると、すぐに練習メニューがプリンターから出てきました。
用紙には私の名前も入っていてずいぶんと便利になったのだと感心しました。
さっそく幸代さんと一緒に準備体操をしたあと、自転車に10分乗る事にしました。
普段なら自転車で10分走るのはなんともないのですが、部屋の中で漕ぐ自転車はなんの楽しさもなく、10分間が一時間くらいにも感じました。
練習が終わったあとは、息が苦しくてしばらくは起きあがれませんでした。
しばらく休んだあと、一緒に練習をしていた幸代さんに一緒にサウナに入っていきましょう誘われました。
私は着替え室でジャージを脱いで裸になりました。
タオルを巻いてサウナにはいるとすぐに体中が汗で一杯になりました。
10分ほど汗をかいてから外にでてシャワーを浴びていると私は大変な事を見つけました。
幸代さんのお尻から太股にかけて紫色の打ち傷がまだらに広がってお尻全体が赤くあれ上がっていました。
私はびっくりして言葉も出ませんでした。
すると幸代さん「ああこれ、今つき合っている男がいるんだけどね、ちょっと変わった趣味なの」
私はそれを聞いてあの「SM」とか言うのに違いないと気が付きました。
「あなたも、縛られてぶたれたりとか経験あるんでしょう、経験ある同士ってすぐわかるのよね」と聞かれて私は幸代さんになら話しを聞いてもらえると心を決めました。
「この間ね、親戚のお葬式のあとなんだけど、叔父に帰りを送ってもらったらね、ラブホテルに連れ込まれちゃったの」
「あ、やっぱり、それでどうだったの、縛られたの」と言われて。
「そうなの、なんだか手慣れてて、すぐ両手縛られちゃってね、そのあと両足も縛られて宙につり上げられちゃって」と半分作り話しも交えて幸代さんとに話すと、「やっぱり良かったでしょう、一度経験するとやめられなくなるのよね、女の体ってそうゆうものなのよ。それでその後もつき合ってるんでしょう」と聞かれてました。
私ははっきり返事をせずに「ええまあ、」と答えました。
すると「自分から頼まなきゃだめよつき合って下さいって、奴隷にして下さいって」と言うので「こんどそうして見るわね」と答えました。
シャワーも済んでタオルで体を拭いていると、幸代さんの手にした下着を見て私はびっくりしてしまいました。
ブラジャーは胸を隠す布が小さな三角で、パンティーも小さな三角の布があるだけで、それもスケスケの生地でした。
よく見るとブラジャーは三角の生地の真ん中に細いスリットが入っていて、スリットの間から大きな乳首が半分飛び出して見えました。
パンティーも大胆なTバックでちょうど花園の前にスリットが入っていてまるで風俗店の女性の着るような下着でした。
下着の上に幸代さんが着たのは丈の短い真っ赤なミニスカートに黒のカットソーでお色気たっぷりでした。
黒のカットソーは幸代さんの体にぴったりと張り付いて、ブラジャーの下の乳首が飛び出して見えました。

(3)

帰り際に幸代さんに買い物に行こうと誘われて、私は池袋までの地下鉄に乗りました。
窓際で真っ暗な外を眺めながら二人でおしゃべりをしていると急に幸代さんの言葉がとぎれました。
幸代さんのすぐ後ろに背の低い中年の男が腰を押しつけるようにして立っているのが見えました。
いやがりながら苦しそうに眉をゆがめる幸代さんの表情で私はその男が痴漢に違いないと直感しました。
幸代さんのお色気たっぷりの服装を見たら、痴漢に遭いたくて派手な格好をしてると思われても仕方ない話しです。
地下鉄になんか乗ったら痴漢の餌食になるのも当たり前だと私は思いました。
しばらく様子を見ていると痴漢の男は最初は後から幸代さんのを尻を撫で回しているだけでしたが、だんだん大胆になってスカートの裾を捲りあげてきました。
幸代さんのTバックを着たお尻が、スカートの下から丸見えになると痴漢の男は直にお尻の間に指を差し入れてきました。
指が幸代さんの敏感な所まで届いたらしくて、幸代さんは今にも泣き出しそうな顔で唇を噛みしめていました。
幸代さんが抵抗しないのを確かめると、痴漢の男はもう一方の手を幸代さんのカットソーの下に潜り込ませて、胸を揉み始めました。
カットソーの下で男の手の平が、幸代さんの胸をきつく握りしめるのが見えて私はとても見ていられなくなりました。
私はなんとか幸代さんを助けなければいけないと思いましたが、自分が痴漢に遭ってるわけでもないし、とても大声をだす勇気はありませんでした。
電車が乗り換え駅にで停車すると乗客が一斉に乗り込んできて、私は幸代さんと一緒にドアの角に押し込まれました。
痴漢の男は幸代さんから離れたらしくて、幸代さんは自分でスカートの裾を直していました。
不意に私のお尻に軽く触れて来る感触があり私はドキッとしました。
お尻を撫で回すように動く手つきは偶然に手が触れたのではないとすぐに判りました。
さっきまで幸代さんを触っていた痴漢の男が、今度は私の背後から私を狙っていると気が付いて私は寒気がしてきました。
さっき幸代さんがされたように、私も同じ事をされるのに違いないと思うと胸がドキドキして体が強ばりました。
男の指先は軽くくすぐるように私のお尻を撫で回していると、私のスカートの裾をたぐって、スカートの下に指を差し入れてきました。
パンティーの上から男が私のお尻を手のひらで包み込むようにして押し回してくると、思いがけない感触が私のお尻に伝わってきました。
私は大声を出して「痴漢です」と叫ぼうとしましたが喉の奥が凍り付いたようになって声が出せませんでした。
幸代さんに助けてもらうしかないと思って必死で幸代さんの目を見つめて気持を伝えようとしましたが、幸代さんはわざと私から目をそらせて窓の外を見ているだけでした。
私が抵抗しないのを確かめてから、痴漢の男は指先で私のパンティーの上から、私のお尻の割れ目の間をこするように撫で上げてきました。
くすぐったいような感触が私のアナルに触れて来ると私は怖くなって足ががたがた震えてきました。
不意に痴漢の男の指先がプーンと震えだすと、私のアナルに電流が流し込まれたような衝撃が伝わってきました。
頭のてっぺんまで突き抜けるような感触が私の体を通り過ぎると、私は思わず背筋が反り返って体が飛び上がりそうになりました。
痴漢の男はわざと指先を私のアナルから離すと、しばらく私の体が落ち着いた頃を見計らってまたアナルに触れてきました。
痴漢の男が指先に小さなバイブを取り付けているらしいと気が付いて私は気が遠くなりました。
私のアナルから電流が流し込まれる感触が何度も繰り返されると、体中が震えて止まらなくなり涙がこみ上げてきました。
ようやく駅に着いたとき、私はやっとのことでホームに降りました。
幸代さんの方を見るとその後ろにはさっきの痴漢に男がぴったりと寄り添っていました。
私は思わず声を上げそうになったとき幸代さんが「紹介するわね、今つき合ってる人なの」と明るい声で私に言いました。
それを聞いて私は体中の力が抜けていきました。
なんのことはない不倫相手の彼氏と一緒に痴漢プレーをしていただけなのでした。
いくら何でも地下鉄の電車の中で痴漢にあんなに酷いことをされるなんて、普通だったら絶対にあり得ない事でした。
彼氏と痴漢プレーをするために幸代さんがわざと過激なブラジャーとパンティーを履いていたんだと判って私は腹が立ってきました。
「ねっ、今の携帯で写真とってたのよ」と幸代さんが言うと男が携帯の画面を見せてくれました。
そこには今さっきの幸代さんのスカートの下から撮った写真が表示されていました。
Tバックを履いた幸代さんのお尻には紫色のアザがくっきりと映っていて、男の指先がに小さなバイブが取り付けてあるのも見えました。
私はあまりのバカバカしさに呆れてきましたが、私も同じように携帯で写真を撮られているに違いないと思って余計に腹が立ちました。
お尻だけ映っている写真なら誰が映ってるのかなんて判らないから旦那にばれても違う人だと言い張ればなんとかなると思って私はどうにか気持を落ち着けました。
こんなところで立ち話もできないと男に言われて、私達は駅の階段を上がると外にでました。

(4)

地下鉄の駅を出た後は幸代さんに誘われて、近所の漫画喫茶に行くことにしました。
「面白いビデオがあるの、見たら驚くから」と幸代さんに言われて私はきっと裏物の痴漢ビデオか何かだと思いました。
小さな個室に入ると、部屋の奥には大きな画面のパソコンが置いてあり、ビデオチャット用のヘッドホンも用意してありました。
漫画喫茶のパソコンではインターネットが使い放題になっていて、さっき撮った痴漢プレーの写真を男が掲示板にアップロードしていました。
私の映った写真もありましたが、どうせ誰だか判らないはずだと思って黙って見ていました。
ところで面白い写真があるんだけどと幸代さんが言うので教えられたアイコンをクリックするとサウナの写真がでてきました。
私が裸でタオルを体に巻いている写真は私の顔もはっきりと映っていました。
さっき私が入ったときのサウナの写真に間違いありませんでした。
幸代さんがこっそり隠しカメラをサウナに持ち込んで盗撮していたらしいと判って私はなんだか不安な気持ちになりました。
「こっちをクリックすると動画も見えるのよ」と幸代さんが別のアイコンをクリックすると、さっきの幸代さんと私の会話が画面から聞こえてきました。
「この間ね、親戚のお葬式のあとなんだけど、叔父に帰りを送ってもらったらね、ラブホテルに連れ込まれちゃったの」と私が話してる声がはっきりとスピーカから聞こえてきました。
私が旦那の叔父と浮気をしたなんて事がばれたら、大変なことになると思うと私は怖くて体が震えてきました。
「どう、よく撮れてるでしょうこのビデオ私が撮ったのよ、旦那さんに見せてもいいのよ」と幸代さんが耳元でささやくと私は体の震えが止まらなくなりました。
「さっきの話しね、旦那に聞かれたら困るんじゃないの、離婚されちゃうわよ。これで、あなたも私と同じよ、もうこの男に逆らえないのよ」と言われて私は気が遠くなっていきました。
「何を言われても俺には決して逆らいませんと今すぐ約束してもらおうか」と男が脅かすような低い声で私の耳元で囁いてきました。
「旦那にこのビデオを見られても良いのか、どうするのか今すぐ決めるんだな」と男に言われて私はもうどうにもならないと思って頭を軽く下げて頷くと小さな声で「ハイ」と返事をしました。
「お前は俺の奴隷なんだ。俺の言うことは何でも従う。喜んで従うのが奴隷なんだぜ」と男に念を押さえて私はもう一度「ハイ」と答えました。
「まず、口でやって貰おうか、フェラチオが出来なけりゃ、俺の奴隷は勤まらんからな」と男が言うと、ズボンのチャックを降ろしました。
紫色のトランクスをズボンと一緒に膝まで降ろすとお腹の上まで生え茂った茂みの下で男の物がむき出しになりました。
男の物はまだ下を向いたままなのに、旦那の物より二回りくらいも大きくて私は思わず見とれてしまいしまた。
全体の形も旦那の物とはまるで別物で、根元が太くて先端にかけて次第に細くなり丸みを帯びた先端は縁が大きく張り出していて男の魅力が溢れていました。
「あなた、旦那にフェラチオしたことなんか無いでしょう、このチャンスを逃がしたらもう一生フェラチオする機会なんかないのよ。こんな立派な物見たことないでしょう」と幸代さんに言われて私は確かにその通りだと思いました。
「さっさとやるんだ、判ってるだろう膝をついてしゃがむんだ」と言うと男の物がピクンピクンと何度も震えるのが見えました。
見てる間に大きさを増していく男の物を見て私は思わず口の中に唾が溢れてきました。
私はもう我慢出来なくなって男の股間に膝をついてしゃがみ込むと顔を寄せました。
熱い鉄柱の先端が私の唇に触れたとき、私は体中が一気に熱く燃え上がりました。
男に指図されたとおりに舌を絡ませて喉の奥まで入れると私の体から悦びが溢れでてきました。
男が腰を突き出すたびに、繰り返し喉の奥まで届いてくる感触はまるで夢の中のようでした。
息が苦しくて涙が溢れて来たとき、男は不意に腰を引いて私の口から熱い鉄柱を引き抜きました。
私の目の前で繰り返し反り返る鉄柱は逞しい男らしさでみなぎっていました。
「じゃあ、トイレにきてもらおうか」と男に言われて私は従うしかありませんでした。
トイレのドアがしまると男が私を後から抱きかかえてきました。
私は両手を便器について前屈みの姿勢を取らされました。
男の手が私のスカートを後か捲ると、パンティーを膝まで降ろしました。
軽くくすぐるような指先の動きが私の腿の内側をなぞってきました。
男の指先が私の一番感じる所を探りあてると、こね回すように指先を押しつけてきました。
しびれるような感触が私の身体に広がると私は目眩がして息が苦しくなりました。
男の指先が花芯をつよく押し廻してくる度に背中が震えて仰け反りました。
逃げられない時は従うしかないと、子宮が命じる声が私の身体に響いてきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
逃げることの出来ない、快楽の時が始まったことを、私は思い知らされました。
意志を失った人形の体を、女の宿命が支配し続けました。
このままずっと責め続けられたら、私の体は征服者に屈服するよりないと覚悟しました。
男は私の身体を征服すると最後の望みを打ち砕きました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]