痴漢体験投稿小説

by七度柚希

目次

1.痴漢体験手記(Groper in the movie theater)
2.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
3.学園祭痴漢体験
4.痴漢名所強制体験(Groper in Tokyo Tower)
5.深夜強制痴漢
6.深夜映画館痴漢
7.ダイエットは痴漢の罠
8.痴漢コスプレ喫茶
9.家庭教師は痴漢魔
10.女王様は痴漢の餌食
11.監禁輪姦調教
12.強制拉致監禁レズ調教

9.家庭教師は痴漢魔

 家庭教師のバイトをして女子高生に痴漢に遭ってると相談される。痴漢を捕まえようとして一緒に地下鉄に乗ったら、痴漢の相手は家庭教師の大学生の男の子。痴漢だけじゃなくて女子高生が縛られてハメ撮りされたビデオをまで見せられた。

(1)

 春先になってすこし暖かくなってきたころ、母から手紙がありました。
なんだろうと思ってあけてみると、最近私の家の近くにコンビニが2件できたと書いてありました。
ちょうど私の実家の酒屋の坂の上と下に、店を挟むようしてコンビニが開店したため、店の売り上げは半分近くに減ってしまったそうです。
今までは、なんとか貯金を食いつぶして仕送りをしてきたけれど、とてももう続けられないと言うことでした。
私はもっとはやく言ってくれれば無駄使いしなかったのにと思いました。
いろいろと考えてみましたが、やはりアルバイトをするしかないと思いました。
一応は名門の女子大なので家庭教師をするのが一番だと思いました。
クラブの先輩に相談してみると、先輩が家庭教師をしている学生の友達の家で、家庭教師を捜しているからと教えてくれました。
先輩の評判がよくて、同じ大学の人に来て欲しいと頼まれたそうです。
さっそく電話してみると、会いたいからこれから来て欲しいと言われました。
教えられた住所にいってみると、ずいぶんと立派なお屋敷でした。
なかに入ってお母さまと少し話をしました。
出身地とか、クラブ活動とか、あとは両親のことをいろいろ聞かれました。
話がなかなか終わらないので私はなんだか不安な気持ちになりました。
やっと最後に「じゃあお願いしますね」と言われて、私はやっと気持ちが楽になりました。
次の週になって私はその家に行きました。
私を待っていたのは高校2年生の女の子でした。
名前は真琴さんといって、眼鏡をかけておとなしそうな女の子でした。
体格は小柄で胸の大きさもまだ小さくて子供っぽく見えました。
一見すると真面目そうで成績もよさそうな感じでした。
しかし成績表を見せてもらうと、どうもあまり思わしくありませんでした。
お母様にも話しを聞いてみると、普段から勉強はあまりしていなくて私は不安な気持ちになりました。
しかし実際に教えてみると物覚えも早くて難しい問題でもスラスラと解いて見せるので私はびっくりしてしまいました。
特に勉強がきらいという訳でもなく、何で今まで成績が悪かったのか訳が分からない話しでした。
私が教えるようになってから学校の成績も上がって私は一安心しました。
しばらくしていつもの午後に真琴さんの部屋に行ってみると真琴さんがベッドに俯せになって泣いていました。
私はいったいどうしたらいいのか判らずにしばらく真琴さんのベッドの横に立ったまま動けませんでした。
真琴さんが腰を上下に揺すぶりながら変な動きを繰り返すと息を吐き出しながら喘ぎ声をだしはじめました。
私はびっくりして部屋をでましたが、家庭教師の仕事をサボる訳にもいかないのでしばらくしてもう一度部屋に戻りました。
真琴さんは机に向かって参考書を広げていましたが目には涙の後がはっきりと見えました。
私は真琴さんの心を助けるのも家庭教師の役目だと思って思い切って「何か悩んでる事があったら私が聞いて上げるから、何でも言っていいのよ」と優しい声で話しかけました。
すると真琴さんは「毎朝痴漢に遭って困ってるんです」と今にも泣き出しそうな顔で私に告白してくれました。
「痴漢て女の子なら誰でも経験することだから、そんなに気にしなくてもいいのよ」と私が慰めると「先生も、今でも痴漢に遭ってるんですか」と聞き返されました。
「私もさっき痴漢にあったのよ、痴漢て本当にいやよね」と私は真琴さんを慰めようと作り話をしました。
すると真琴さんに「どんなことされたんですか、お尻触られたんですか」と聞かれました。
「うんそうよ、お尻触られたの」と私が答えると「気持ち良かったんですか」と真琴さんに言われて私は返事に困ってしまいました。
「今まで痴漢にされた一番凄い事ってどんなことですか、一番気持ちよかったのは」とまた真琴さんが言い出すので私は話しの矛先を変えようと思い「お母さんには相談したの」と聞いてみました。
「お母さんには話せないから、ずっと前ちょっとだけ話したら、あなたが悪いんでしょうと言われたから」と俯き加減に打ち明けてくれました。
「学校の先生には相談してみたの」と聞いても真琴さんは頭を振るだけで返事をしませんでした。
「先生、私もう学校に行くのやです、明日の朝は地下鉄の電車に乗りません」と真琴さんに言われて私は困った事になったと気が重くなりました。
私のせいで真琴さんが学校に行かなくなったなんて話しになればせっかくのバイトが駄目になってしまいます。
「大丈夫、明日は私が一緒に地下鉄に乗って上げるから、一緒に学校に行きましょうね」と私がとっさに思いついて真琴さんに言ってみると真琴さんは安心したらしくて微笑みました。
一緒に通学してる同じ学校の生徒だと痴漢に思われた方がいいからと真琴さんが私に学校の制服を一着貸してくれることになりました。
「痴漢を捕まえるには痴漢の現場を捕まえないといけないから、痴漢に警戒されないようにしないといけないから」と真琴さんが言うのでそれももっともだと私は思いました。

(2)

翌朝早くに私が真琴さんの家の前で待っていると真琴さんが玄関から出てきました。
私は真琴さんのスカートの丈を見て本当にびっくりしてしまいました。
もともと短い制服のスカートを腰で丸めて、歩くたびにパンティーが見えてしまいそうなくらい危ない格好でした。
二人で地下鉄の駅まで行くと、他の高校の女子高生達も真琴さんと同じくらいスカートが短くてまたまたびっくりしてしまいました。
一緒に地下鉄に乗るとすぐに他の乗客に押されてドアの角に身体を押しつけられてしまいました。
しばらく電車が走っていると真琴さんが苦しそうな顔で助けを求めてる表情で私の目を見つめてきました。
真琴さんが痴漢に遭ってるに違いないと私はすぐに気が付きました。
私は乗客の間に身体を割り込ませて真琴さんに近づくと真琴さんのお尻を触っている痴漢の手を掴みました。
「この人痴漢です」と大声を出そうと思って痴漢の顔を確かめると見覚えのある顔だとすぐに気が付きました。
私と同じに真琴さんの家庭教師をしている近所の大学の紀之さんでした。
紀之さんが不思議そうな顔で私のセーラー服を見つめているので私ははっとしました。
なんで私がセーラー服を着ているのか、不審に思うのももっともな話しだと自分でも思えてきました。
ちょうど電車のドアが開いたので私は紀之さんの手を引っ張ってホームに降りました。
紀之さんは特に私に逆らう素振りも見せずに私に手を引かれて一緒にホームを歩き始めました。
「いったいどうゆうことなんですか」と私は歩きながら紀之さんに小声で囁きました。
「そっちこそいったいどうゆう事なんだ、女子大生の癖にセーラー服なんか着やがって、女子高生の格好で痴漢に遭いたくて電車に乗ってるって噂はお前だろう」と紀之さんに飛んでもない言い掛かりを付けられてしまいました。
うっかり大学の友達に私が痴漢に遭いたくて女子高生の格好をして地下鉄に乗ってるなんて言いふらされたらそれこそ大変な事になるのは分かり切った事です。
「痴漢はあなたでしょう、あなたが痴漢なのよ」と私が言い返すと「でかい声だすんじゃねえ、痴漢に遭いたいのはお前の方じゃないかそれでセーラー服きてるんだろう、なんでセーラー服のスカートがそんなに短いんだパンティー丸見えだろう」とまた言い返されて何も言えなくなりました。
「いいから一緒にこいよ、面白い物みせてやる、見ればあの真琴がどんな女かすぐ判るぜ」と紀之さんが言うと改札口を出て勝手に先に歩き出しました。
私は紀之さんの手を掴んだまま慌てて紀之さんの後から付いて行きました。
大通りから裏道に入るとすぐ目の前にラブホテルの看板が見えました。
私はさすがに紀之さんと一緒にラブホテルに入るのは不味いと思いましたが「いいから一緒に来いよ、見ればすぐ判るから、それとも痴漢に遭いたくてセーラー服を着て地下鉄に乗ってるって真琴の母親に報告してもいいのか、そうしたら家庭教師なんかすぐに首になるぜ」と紀之さんに脅されて断れませんでした。
「一緒に入っても良いけど、変なことしないで」と私が言うと「面白いビデオがあるんだ、ビデオ見せるだけで何もしないから。変なことなんかしないから大丈夫」と紀之さんが言ってくれました。
それなら大丈夫だと思って私は紀之さんとラブホテルの部屋に入りました。
紀之さんは鞄から小さな携帯のビデオプレーヤを出すとラブホテルの部屋に置いてある大きなプラズマテレビに接続しました。
テレビが見やすいようにと私はベッドの端に紀之さんと一緒に座りました。
すぐに画面一杯にセーラー服を着た女子高生がベッドに寝そべっている姿が映りました。
女の子はやっぱり真琴さんで、ベッドの上にオナニーしてるのを隠し撮りしたビデオらしいと判りました。
大きな声で何度も叫び声を上げると、今度は身体が震わせて泣き出したりして真琴さんのしてる事はとても見ていられませんでした。
「もう止めて下さい」と私が思わず大きな声で口に出していうと「もっと面白い物があるんだぜ」と言って紀之さんはビデオのプレーヤーを操作しました。
今度は真琴さんが丸裸になって赤い縄で縛られているのを真上から撮ったビデオでした。
真琴さんが頭を振って何度も身体を仰け反らせているのを見てこれはあのハメ撮りビデオらしいと私は気が付きました。
ビデオを撮影してるのは紀之さん本人らしくて、紀之さんはにやにやと笑いながら私の背中に手を回してきました。
「放して下さい」と私が紀之さんの手を振り解こうとすると「お前も同じ目に遭わしてやるぜ」と紀之さんが吐き出すように私の耳元で囁いてきました。
私は必死でベッドから立ち上がると、思い切って紀之さんの股間を蹴飛ばしました。
上手く急所に当たったらしくて、紀之さんがベッドの上でのたうち回るのを見て私はラブホテルから逃げ出しました。

(3)

ホテルの玄関をでるとちょうど目の前をタクシーが通りがかったので私はすぐにタクシーを止めました。
ドアが開いたのですぐに私はタクシーに乗り込むと「どこでもいいからすぐ行って下さい」と叫んでいました。
タクシーが動き出すと私はこれで一安心と思って何度も大きく息を吐き出しました。
「所でお客さん、どこに行かれます」と運転手に聞かれて私はひとまずタクシーでアパートまで帰ろうと思いました。
タクシーの運転手にアパートの住所を伝えると、タクシーの運転手は返事もせずにすぐ横の角を曲がりました。
しばらく大通りをタクシーが走っていくと、見慣れたスーパーが見えてきました。
タクシーは細い道に入ると私のアパートの前で止まりました。
私は財布を出そうとして大変なことに気が付きました。
さっきのラブホテルに鞄を置き忘れてしまって、財布はその鞄の中でした。
「お金もってきますから、ちょっと待ってて下さいね」と私がタクシーを降りようとすると運転手も一緒に降りて付いてきました。
「私も一緒に行きますから、いやお金を持ってくるからといって逃げちゃうお客さんがいるんでね。いやお客さんの事を言ってるんじゃないでよ」とタクシーの運転手に言われて断れませんでした。
確かにお金を取りに行ってくるからと言ってタクシーの運転手を騙して無賃乗車する人がいるというのもありそうな話しだと私は納得しました。
運転手と一緒にアパートのドアの前まで来ると、私はアパートの鍵をさっきのラブホテルの鞄の中に財布と一緒に置き忘れたのに気が付きました。
郵便受けに予備の鍵を入れて置いたのを思い出して部屋のドアの鍵を開けると、お金を探しましたがタクシー代には足りませんでした。
私がお金を探すのに手間取っているといつのまにかタクシーの運転手が部屋に上がって、私の背後に立っているのに気が付きました。
運転手が部屋の隅でなにか見つけた様子でしたがお金が落ちてるはずはありませんでした。
変だと思って視線の先をたしかめると、洗濯物が干したままになっていました。
黒のフリルの一杯ついたネグリジェと、おそろいのパンティーを朝干して出かけたのを思い出しました。
「お客さん女子高生の格好してるけど、本当はデリヘル女なんだろう、女子高生がこんな部屋に住んでる訳ないかららね」
「タクシー代は身体で払って貰えばいいから、金が無いときはいつもそうしてるんだろう」と私の耳元で運転手が囁く声が聞こえました。
私は必死で身体を捩って部屋から逃げ出そうとしましたがすぐに運転手押し倒されました。
私の子宮は運転手に乱暴に扱われるのを待ち望んでいるように熱くなりました。
私に抵抗する余裕を与えて、私を征服するのを楽しむかのように、運転手はゆっくりと私の身体を開いてきました。
竜巻のような激しい勢いで吹き抜ける嵐の中では、もう逃げることもできませんでした。
抵抗する気力もないくらいに私の体はもてあそばれました。
征服者が究極の快楽の時を告げるのを待つしかもう希望はなくなりました。
廃墟となって燃え続ける私の身体を、運転手はとどめの一撃きで貫き通しました。

(完)

痴漢アダルトビデオ

極悪中出し電車痴漢3時間 [DVD]
時効成立!!痴漢顔モザ解禁集 ~被害者厳選!隠されていた素顔を初公開~ 240分
ナチュラルハイ痴漢被害者1000人+特別撮り下ろし 豪華版BOX 10枚組38時
完全本物!! 過激すぎて発禁になった痴漢作品全部見せます 240分
痴漢・ザ・ベスト4時間980 [DVD]
痴漢電車4時間 途中下車は許されない… [DVD]
BEST OF 痴漢バス52人8時間2枚組 [DVD]
痴漢OK娘スペシャル 豪華版 絶対NGの超極上娘を連日痴漢でOKさせろ [DVD]
痴漢電車で犯されて 降車不可能! 発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間 アイデアポケット [DVD]