長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

 昼過ぎに私が彩香ちゃんと一緒に事務所をでてロッテリアに行こうとしたとき恵美子さんが事務所の奧からでてきた。
恵美子先生は私と彩香ちゃんを呼び止めると「ねえ、近くにケーキの美味しい店ができたから食べに行きましょうよ」と言って誘った。
私と彩香ちゃんはそれを聞いてびっくりした。
うっかりケーキなど食べに行ったら店の男の子に何をされるか判らない。
譲治さんの耳にでも入ればそれこそどんなお仕置きをされるのか考えるのも怖かった。
だけど恵美子先生は「私が誘ったと言えば大丈夫だから」と言って平気な顔だった。
彩香ちゃんのママはまたどっかの裏生フェラパーティーに行かされた様子で店にはいなかった。
私は三人でケーキを食べに言った方が都合がいい事情があるらしいと何となく判った。
恵美子先生に連れて行かれたのはいつも行ってるラブホテルの横に新しくできたケーキ屋だった
恵美子先生と三人で無駄話をしながらケーキを食べて紅茶も飲んでから事務所に戻って来ると店の前には車が何台も止まっていた。
いったい何があったのかすぐには判らなかった。
顔つきの厳しい男の人が、店の荷物を段ボールに入れて運び出している最中で、事務所に居合わせた女の子も両脇を抱えられて連れ出されていた。
事務所の周りにはすこし離れて野次馬が幾重にも輪を作って、事の成り行きを見守っていた。
急にカメラのフラッシュがたかれると、譲治さんが両手に手錠をはめられて店から出てくるのが見えた。
「ねえ、もう店には戻らないほうがいいわよ」と恵美子さんに言われてどうやら警察の手入れがあったらしいと判った。
芳恵さんがちょうど私達を見つけて近寄ってきた。
コンビニにお弁当を買いに行って戻ってきた所らしくて、両手に一杯お弁当の袋を抱えていた。
「誰かがたれ込んだらしいんだけど、もうこの店には戻れないから、どっか他の店行くしかないわね」と小声で言うと、芳恵さんは不安そうな視線で私達を見つめた。
彩香ちゃんはママから連絡があったらしく恵美子先生と一緒にどこかに行ってしまった。
店に戻ろうとして帰ってきた女の子達も、もう店には居られないと判っていつのまにか姿を消してしまった。
「ちょっと有紀ちゃんあなた行くところないんでしょう、私の所来なさいよ」と芳恵さんがお弁当の包みを抱えたまま私の耳元で囁いた。
私は行くところがないので、芳恵さんのアパートに泊めてもらうことにした。

 翌日の新聞には、生フェラ倶楽部摘発のニュースが詳しく出ていた。
彩香ちゃんの家庭教師をしていた東大生の義信さんも警察に捕まったと、新聞に出ていた。
生フェラ倶楽部に女の子を紹介していたんだそうだ。
すぐには事情が分からなかったけど、しばらくしてから彩香ちゃんが恵美子先生から聞いたと言って裏の事情を話してくれた。
警察にたれ込んだのは恵美子先生で、もともとこの店を摘発するために恵美子先生が店に潜り込んだのだということだった。
店の帳簿は全部美恵子さんがパソコンからコピーを取って警察に届けたので隠しようが無かった。
それだけではない、店のお客さんとして私立探偵の人が探りにきていたのだ。
そして恵美子先生は、私立探偵と連絡を取りながら出張生フェラ倶楽部を調べ上げて警察にたれ込んだのだ。
最初からパパが私立探偵に頼んで恵美子さんを送り込んできたというのはいかにもありそうなことだ。
そんなにまでして恵美子先生が、義信さんに仕返しをしたかったのには理由があってのことだと彩香ちゃんが詳しい事情を話してくれた。
恵美子先生は高校生の時、痴漢に狙われてそのとき家庭教師をしていた義信さんに相談したらしい。
そんな好都合な話を義信さんが見逃すはずもなく、痴漢に遭っても我慢して騒がないようにアドバイスしておいて、インターネットには痴漢に遭って感じちゃった体験談を恵美子先生の名前で書き込んだそうだ。
さっそく痴漢が毎日恵美子先生を獲物に狙うようになると、今度は知り合いの痴漢仲間にスカートの下を盗撮したビデオを撮らせて、それで恵美子先生を脅して生フェラさせて生フェラ狂いにさせたんだとか。
もう生フェラが我慢出来ない女にしておいて、知り合いの痴漢に駅のトイレに連れ込ませて生フェラさせてそれをまたビデオに撮ったんだそうだ。
佐織ちゃんは、恵美子先生にそっくりなので、恵美子先生と間違われて痴漢にあってその上盗撮ビデオまで撮られてたんだとか。
佐織ちゃんは高校のクラブの先輩だった恵美子先生に相談したところ、その話が義信さんの耳にも入って、インターネットに痴漢して下さいと書き込まれて佐織ちゃんまで毎日痴漢に遭う羽目になったとか。

 それだけで終わる義信さんではない。
今度は恵美子先生が義信さんと同じ東大学に入ったときにすぐ合宿に来させてまた裏生フェラビデオを撮って、脅したんだそうだ。
次の年の合宿には、佐織ちゃんまで呼び出して、恵美子先生の妹だということにして生フェラビデオを撮ったという。
佐織ちゃんはまだ中学生だったけど、友達を紹介するように義信さんに強要されて仕方なく何人か友達を紹介したとか。
もちろん紹介された友達は裏生フェラビデオを撮られて脅されて生フェラ狂いの女にさせられて生フェラ倶楽部で働かされたんだそうだ。
それ以来恵美子先生は義信さんが絶対ゆるせなくて、なんとか復讐の機会を狙っていたらしい。
恵美子先生に彩香ちゃんのパパとつき合うようにけしかけたのも、義信さんだったそうだ。
彩香ちゃんのパパは証券会社の支店長だったから、なんとか金が巻き上げられると思ったらしい。
それはそうと店は確かに手入れで潰れてしまったけど、写真週刊誌に載った姉妹レズショーの写真はもう隠しようがっなかった。
これでもう彩香ちゃんのパパは絶対絶命のはずだった。
だけど秘密生フェラパーティーの写真が写真週刊誌に載って、辞任したのは商売敵の証券会社の会長だった。
裏生フェラパーティーの件で会長の自宅が家宅捜索を受けて裏帳簿で水増し配当をしていた事までばれてしまったのだ。
結局いろいろとすったもんだのあげくその証券会社は潰れてしまった。
そして彩香ちゃんのパパは出世して社長になった。
彩香ちゃんのママはパパに詫びを入れて家に戻ったけど、家では裸でエプロンするのが条件だったそうだ。
もちろんパンティーは外出するときも穿いてはいけないそうだ。
その上パパの浮気は一切おとがめ無しということで、毎晩の会社の女の子を呼んで泊まらせてるそうだ。
金庫の奧には、秘密生フェラパーティーのビデオがしまってあって、ママがパパに一言でも逆らえば、そのビデオを裁判所に証拠で出して即離婚だそうだ。
だけど彩香ちゃんのママの生フェラ狂いはもう止められなくて、パパが会社に出かけていない昼間、ミニスカート姿で六本木で待ち合わせの振りをして生フェラ待ちをしてるんだとか。

 彩香ちゃんはとても家には戻る気にはなれなくて、そのあと別の店で出張生フェラ女をしていた。
たまたま客にどっかのテレビ局のプロデューサがいて、テレビに出ないかと誘われたそうだ。
もちろん出張生フェラの客なんてのは自分は社長だの、大学の先生だの、医者だのといいかげんな嘘を平気で付く。
だから彩香ちゃんもどうせ嘘だと思ってはいはいと返事をしたらしい。
そしたら本当に赤坂のテレビ局に連れて行かれてびっくりしたという。
今ではお笑い番組に出ていてすっかり人気者だ。
もちろん番組の収録が終わったらお笑いタレントさんと焼き肉屋にでも行ってそのあとはカラオケ店で生フェラするんだそうだ。
なんのことはない、番組専属の生フェラ女って訳だ。
恵美子先生は、彩香ちゃんのパパのコネでテレビ局に就職した。
彩香ちゃんのパパの証券会社が、テレビ番組のスポンサーしている上、テレビ局の大株主だからだ。
テレビの報道番組のアナウンサーをしているので、時々テレビで恵美子先生の顔を見かける。
「この女真面目な顔して本当は生フェラ女なのよ」と言ってやりたい気もするけど私はいつも黙ってる。
私は芳恵さんのアパートに転がり込んでからは、毎晩芳恵さんのテクニックで天国に行かされては喜びのあまり涙が止まらない至福の日々を過ごしている。
もう男なんか懲り懲りだ。
だけどそうは言っても生フェラはまた別だ。
一度足を踏み入れた生フェラの楽園からは逃げ出せるはずもない。
そんな訳で今でも生フェラの味が忘れられなくて、昼間は109の前に立って「声を掛けられたら五分で生フェラ」の裏技を使ってる。

              完

9.姉妹レズ強制調教<< ページトップ

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]