長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

8.強制生フェラ調教

 最初は大変だったけど何日かたてば生フェラするのも全然苦にならなくなった。
とは言っても場所が渋谷だけあって、夜になっても一晩中客が絶える事はない。
毎晩生フェラの相手をする客の数がともかく多いのだ。
金曜の夜なんかになると、もう休む暇もなく明け方まで生フェラのし続けで、その後にティッシュ配りをやらされると寝る暇もない。
生フェラするのは別になんでもないんだけど、寝る時間がないというのは辛すぎる。
それに食事はコンビニのお弁当か、おにぎりで毎日同じだ。
たまにお客さんと食事をしたりもするけど、お酒を飲まされることもある。
お酒なんか飲んだことないのに、そんなにすぐにお酒が強く成るわけもない。
これではいくらなんでもとても体力も気力も続かない。
最初の内はなんとか頑張ったけど一週間もするともうとても耐えきれなくなった。
朝のティッシュ配りの後、事務所で寝たけどもうとても起きられない。
男の子に無理矢理起こされて事務所を追い出されると客待ちでいつものロッテリアに行った。
眠気覚ましにコーヒーを飲んでいると、隣で彩香ちゃんが「私もう駄目」とこっそり私に囁いた。
もちろんもう生フェラ倶楽部ではとても働けないと言う事だけど、他の女の子も居るのではっきりと逃げ出したいとは口にできない。
「どうしようか、ともかく誰かに連絡して助けに来てもらうしかないけど、どうやって連絡しようか」と私が言うと彩香ちゃんもいいアイデアは浮かばないらしくて黙り込んでしまった。
私は他の女の子に今の話しを盗み聞きされたんじゃないかと心配になって何気ないそぶりで見回してみたが女の子はわざと視線そらした。
もしかして聞かれたのかもしれないと怖くなったが誰もなにも言わなかった。
するとすぐにに携帯が鳴って、二人でラブホテルに呼び出された。
二人そろって呼び出されるってことは相手は二人らしい。
変なことになったら困るなと思いながら私と彩香ちゃんはラブホテルに通じる坂をあがった。

 受付でお客さんの部屋の番号を教えてもらうと、二人で部屋に入った。
だけど部屋に居たのは店の男の子だ。
私はすぐにこれはまずいと思った。
だけど逃げ出したりすれば今度は何をされるか判らない。
私は彩香ちゃんと顔を見合わせて恐る恐る部屋に入った。
すると男の子はいきなり怖い顔で「おい、お前ら二人で逃げ出す相談してただろう」と怒鳴りつけてきた。
さっきロッテリアで話しをしているのう他の女の子に聞かれて密告されたんだとすぐ判った。
隣に座って客待ちをしていたのは、いつもいろいろ噂話しを聞かせてくれる女の子だった。
私は慌てて「そうじゃないんです違うんです」と言おうとした。
だけどその前に彩香ちゃんが「済みません、許して下さい」と大きな声で叫んだ。
これでは自分から逃げ出す相談をしていたのを白状してしまった事になる。
困ったことになったと思ったが白状しなければ何をされるか判らないのでもう開き直るしかなかった。
彩香ちゃんがいきなり床に座り込んで土下座して「済みませんでした、許して下さい、本当にご免なさい」と言って両手を床に着いた。
私も慌てて彩香ちゃんのすぐ横に土下座して同じように頭を床に擦りつけた。
「ご免なさいで済むと思ってるのか」と男の子がまた脅かすような口調で怒鳴りつけると彩香ちゃんは今度は泣き出した。
だけど私は彩香ちゃんの泣き声が嘘泣きだとすぐ判った。
彩香ちゃんは小さい時から嘘泣きが得意で先生もよく騙されていた。
だけど女の子が泣いたくらいで甘やかしていたら生フェラ倶楽部は商売には成らない。
彩香ちゃんの頭を何度も小突くと今度は本当に彩香ちゃんは泣き出した。
だけど男の子はそれ以上は何もせずに、彩香ちゃんが泣いているのを黙って見ているだけだった。

 すこし待つとドアが開いて男の人が一人入ってきた。
黒いズボンに茶色のシャツを着て大きな黒い鞄を大事そうに持っている。
「さっそくですがお願いします、この女です」と男の子は私と彩香ちゃんの座っているソファーに男を案内した。
男は私と彩香ちゃんの顔を交互に何度も見比べてから「そうだな、まず最初はこっちの女から始めようか」と彩香ちゃんの方を向いて顎でしゃくって合図した。
男の子が冷蔵庫から出したビールを渡すと「明日の朝までに終わる」と男はビールを飲みながらつぶやくように言った。
いったい何が明日の朝まで終わるんだろうと私は意味が分からなかったがどう男の顔つきはどうも普段の客とは違う。
普通のサラリーマンではないようだし、かといって怖い筋の人でもないようだ。
近寄りがたい雰囲気でそれでいて几帳面な感じもがする。
黒い鞄は使い古しで端の金具が半分壊れていて、黒い皮にも染みのような汚れが付いていた。
鞄には一体なにが入ってるんだろうと思って見ていると男は私の視線に気が付いたようで鞄を横に足でどけた。
革靴の細い紐が几帳面にしっかり結んであるのを見て、どうやらこの男は女の子達が噂していた生フェラ調教師らしいとなんとなく気が付いた。
「生フェラ調教」それは逃げだそうとした女の子がお仕置きに受ける、この世で一番恐ろしい恐怖の調教だ。
これを受けたらもう脳みそが空っぽになり、二度と生フェラが止められない体にされる。
一日中頭のなかは生フェラで一杯で、生フェラしてるときが最高の幸せだという究極の生フェラ女にさせられるんだ。
女の子達はみな生フェラ調教だけは受けたくない。
だからみんな必死で毎日生フェラさせられても文句も言わずに頑張ってるんだ。
彩香ちゃんの次は私が生フェラ調教を受けるんだと思うと私は急に体が震えだした。
調教師の男は私の様子に気が付いて「そっちの女を先にしようか、生フェラ調教されたくてたまらな顔してるぜ」と半分ふざけた口調で言った。
やっぱり生フェラ調教なんだと判って私は背筋が寒くなり体から血の気が引いた。

 調教師が私と彩香ちゃんに交互に視線を向けて品定めをしているとまたドアが開いて誰かが入ってきた。
大柄な体つきは一目で譲治さんと判った。
調教師は譲治さんに会釈をすると「そっちの女はお任せします」と言って彩香ちゃんを連れて出て行った。
譲治さんは「お前か逃げ出そうとしたのは」と怖い顔で私に怒鳴りつけてきた。
私をお仕置きするのは譲治さんなんだと判ってまた私は背筋が寒くなった。
女の子達が生フェラ調教の次に怖がってるのは譲治さんだ。
譲治さんは女の子を虐めるのが大好きで、それで今まで彼女のいたためしがないと女の子達が噂していた。
このままだったらこの間譲治さんに見せられたDVDみたいに酷い目に遭わされる。
私はとっさに譲治さんに飛びついて必死で譲治さんの大きなお腹に抱きつくと「こうすれば譲治さんにまた会えると思ったの、私譲治さんにまた会いたかったの。だから逃げるなんて言いだしたの」と言いながら体を震わせた。
すると譲治さんは少しとまどった様子で私の体を押しのけようとした。
ここで負けたらもう何をされるか判らない。
「私大好きなの譲治さんのこと大好きなの、だって譲治さん女の子にやさしいから」とまったくの口からの出任せを言って必死で譲治さんに抱きついた。
すると譲治さんは急に「なんだそうだったのか、お前は可愛いやつだな」と言いながら私の背中に手を回して撫で回して来た。
どうも譲治さんというのは思ったより単純な頭らしい。
「そうなの私はもう譲治さんでないとだめなの、譲治さんじゃないと」と精一杯甘えた声をだしてまた私は体ごと譲治さんにしがみついた。
譲治さんは女の子に甘えられた事がないせいか、どうしていいのかも判らずに私の背中を撫で回すだけだった。
私は必死で譲治さんのお腹に自分の胸を押しつけると、胸が潰れるくらいに体を捩っては抱きついた。
すると譲治さんは私の体を大きな手で抱き寄せながら顔を近づけてきた。
ともかくやるしかないと思って私は顔を上げて唇を譲治さんに捧げるように上に向けた。
譲治さんはまだ横に立ったままの男の子が気になるようですぐには唇を重ねては来なかった。
「おい、お前はもういいから帰れ」と譲治さんが男の子に言うと男の子は何も言わずに部屋を出て行った。
こうなったら何が何でも譲治さんに気に入られるしかないと思い私は自分から体を開いて譲治さんに預けた。
譲治さんは女の子を虐めるのは慣れているようだったが、女の子に優しくするのは得意ではないらしくて私がリードしないと上手には女の子の体を扱えなかった。
私は何だか急に譲治さんの事が可愛らしく思えてきた。

 翌日の朝事務所に帰って見ると、朝のお弁当がちゃんと私と彩香ちゃんの分別に取り置いてあって、ツナマヨネーズのおにぎりと、焼き肉弁当がきちんと並べられていた。
焼き肉弁当はいつも他の先輩の女の子達が先に取って今まで一度も食べたこともなかった。
それに朝のティッシュ配りも、もうやらなくていいと百合恵さんに言われた。
どうやら、譲治さんと私が仲がいいということで特別扱いになったらしい。
私はなにはともあれこれで一安心と思ったが、彩香ちゃんがラブホテルから帰って来たときの顔を見てびっくりした。
半分目が虚ろで、口が半分開き加減で、眉がゆがんでいる顔は、一目で生フェラ顔だとすぐ分かった。
生フェラ調教を受けると一日中生フェラ顔をしてるからすぐ分かると女の子達が言ってたけどその通りだった。
彩香ちゃんは半分ろれつが回らない口調で「ねえ、早苗ちゃんの携帯の番号しらない」と私に聞いた。
「早苗ちゃんの番号なんかどうすんの」と私が不安な気持ちで聞き返すと「ほら、早苗ちゃんさ、生フェラ大好きだったじゃないだから、毎日生フェラさせてもらえるバイトを紹介してあげたらきっと喜ぶと思うの」と言いだした。
これは大変だと私は思った。
この分だったら、早苗ちゃんどころかお姉ちゃんの佐織ちゃんまで生フェラ女にさせられてしまう。
すぐになんとかしないといけないと思った。
これは彩香ちゃんのママに連絡して助けに来てもらうしかない。
バカラで負けた分のお金を持ってきてもらえばきっとなんとかなるだろう。
だけど連絡のしようがない。
私の携帯は生フェラ倶楽部に最初に来たとき取り上げられていて手元にはない。
客と待ち合わせをするには携帯を渡されていた、だけどこれは普通の携帯と違ってかかってくるのは受けられるけど、決められた番号にしか掛けられない携帯だ。
これではいくら携帯を持っていてもどこにも電話が掛けられない。
私はどうしたらいいのかすぐには思いつかなかったけどなんとかするしかないと思った。
彩香ちゃんがお弁当を食べ終わると、私と彩香ちゃんは客待ちにいつものロッテリアに行かされた。

 ちょうど携帯の電話が鳴って、客が公園で待ってると連絡が来た。
以前にも指名されたことのある中年のサラリーマンだ。
普通の遊びじゃもう面白くないとかで、公園でわざと見られながら生フェラさせるのが好きだとか言っていた。
前に誘われたときはさすがに公園のベンチで生フェラするのはやだったから公園のトイレで生フェラした。
そう言えばあの公園には公衆電話がどっかにあったような気がした。
待ち合わせのブランコ前に行ってみるともう客の男はブランコの前の柵に座って私を待っていた。
顔が合ったので軽く会釈を返してあたりを見回すと、少し先の街灯の下に公衆電話がある。
これはちょうどいい、なんとか客に言い訳をして電話を掛けようと思いついた。
「今日はどこでやろうか、こないだはあそこのトイレでやったんだよね、覚えてるかな」と客が馴れ馴れしい口調で話し掛けてきた。
「そうですね、今日はちょっと変わった場所で生フェラしたくて私」と言ってみると客は喜んで笑顔を見せた。
「じゃあ、あそこのベンチなんかどうかな、ベンチの前にひざまずいて、スカートめくるなんてどう、ちゃんとお金は払うからさあ。パンティーも脱いでくれるよね」と言うので私は「そうですねえ、それもいいですね、でも料金は追加ですからね」と適当に返事をしてから「ちょっと電話させて下さいね、事務所にかけるんです。料金がいくらになるか事務所に聞いてみますから」と客に言ってみた。
生フェラ倶楽部の女の子は必ず生フェラする前に事務所に携帯で連絡をいれる事になっている。
だから客も私が電話するといっても別に不思議には思わないはずだ。
「ああ、いいけど早くしてね」と客に言われて私は小走りに電話ボックスに駆け込んだ。

 受話器を取ると私はさっそく彩香ちゃんの家の電話番号をダイアルしてみた。
もしかして彩香ちゃんのパパや、お姉ちゃんの佐織ちゃんが電話にでたらどうしようと思ってたけど、電話にでたのは彩香ちゃんのママだったので一安心した。
彩香ちゃんのママは彩香ちゃんが家出してからずっと心配だったらしくて、私が一緒に家出したのが判ると「有紀ちゃんのママには内緒にしておいてあげるから、何があったのか全部話して」と私から彩香ちゃんの様子を聞き出そうとした。
私は二人で家出してからの事を一通り話して、今は生フェラ倶楽部で働かせられていて、逃げだそうとして彩香ちゃんが生フェラ調教をされたと話した。
彩香ちゃんのママは生フェラ調教といってもすぐには何の事か判らなかったけど、生フェラ調教を受けると生フェラのことしか頭になくて、毎日生フェラしたい生フェラ狂いの女になるんだと話すと「どうしてそんな事になっちゃったの、どうして内の彩香が」と絶句して言葉も出なかった。
「私が彩香の代わりに生フェラ倶楽部で働けば、彩香は帰してもらえるかしら」と彩香ちゃんのママが言い出すので私はびっくりして受話器を落としそうになった。
そんなことすれば今度は彩香ちゃんのママが生フェラ調教されるだけだ。
そもそも生フェラ倶楽部で働かされたのは、彩香ちゃんがバカラ倶楽部で借金を作ったのが元々の始まりだ。
それで「借金があるので帰れないんです、お金を持ってきてくれませんか、そうすれば私も彩香ちゃんも帰してもらえるんです」と私が話すと、お金でなんとかなると判ってどうにか一安心したようだった。
「それでいくら持っていけばいいの」と彩香ちゃんのママが聞くので私は「150万だったと思うんですけど」とすぐに答えた。
すると彩香ちゃんのママは「借金というのはね、利子がつくの。だから200万くらい持っていけば大丈夫だと思うんだけど。その位のお金ならなんとかなるから」と言ってくれた。
私はこれでなんとかなると受話器を置こうとした。
すると「おい、いつまで話しをしているんだ」と客の男がいきなり私の後ろから声を掛けてきた。

 私はこれはまずいと思って「済みません、今すぐ生フェラします」と振り返って返事をするとまた電話を続けた。
すると客は私の後ろから私の体を抱きかかえると、両手を私の胸にあてがってきた。
ゆっくりと押し回すように手のひらが動き始めると、私は思わず小さく声を上げた。
「有紀ちゃんどうしたの、大丈夫」と受話器から彩香ちゃんのママの声が聞こえてきたが私はもう頭が半分夢の中をさまよっていた。
「今何をされてるのか電話で言うんだ、ほら、相手は彼氏なんだろう、彼氏に今何をされてるのか言うんだ」そう男に言われても私は相手が彼氏なんかじゃなくて、彩香ちゃんのママだとは言い出せる訳もなかった。
「今何してるの、有紀ちゃんなにしてるの」と不安そうな彩香ちゃんのママの声が受話器から聞こえてきた。
私は客の言う通りにしないとあとで譲治さんにどんなお仕置きを受けるか判らないと観念して「今胸を揉んでもらってるの、とっても気持ちいいの」と彩香ちゃんのママに報告した。
彩香ちゃんのママは相手の男が誰だか確かめたいらしくて「電話かわってちょうだい」と言いだした。
私は返事をすれば男に電話の相手が誰だか判ってしまうと思いすぐには返事が出来なかった。
すると今度は男の舌が私の首筋に押しつけて耳の上まで舐め上げてきた。
私はもうたまらずに声を上げると受話器を半分手から落としそうになった。
すると彩香ちゃんのママが「有紀ちゃんどうしたの、ねえ有紀ちゃんどうしたの」と大きな声で叫ぶ声が受話器から聞こえてきた。

 半分耳からはずれた受話器の声が男にも聞こえたらしくて、男は私から受話器を取り上げると「おい娘がどうなってもいいのか」と脅すような低い声で電話口で話し始めた。
彩香ちゃんのママがなんて返事をしているのか聞こえなかったけど、どうやら男は彩香ちゃんのママを私のママだと勘違いしてるらしかった。
「おい、俺の言ったとおりにするんだ、逆らったら娘がどうなってもしらないからな」とまた男が電話口で言うと、私の胸を握りしめて絞り上げた。
私が痛くて悲鳴を上げると電話口で彩香ちゃんのママが男に何か言ったようで男はすぐに手をゆるめてくれた。
「おい、いまどんな格好してるんだ」と男がまた言った。
「黒のレース模様のパンツか、なかなか色っぽいじゃないか、やられたくてうずうずしてるんだろう」
「パンツの股の所を指で挟むんだ、そして持ち上げるんだ」と男が彩香ちゃんのママに命令していた。
彩香ちゃんのママはすぐには男の言うことには従わなかったようで、男はすぐにまた私の胸を絞り上げてきた。
私はまた痛くて悲鳴を上げるとその口元に男が受話器を押しつけてきた。
だがまたすぐ彩香ちゃんのママが男の言うとおりにしたらしくて男の手は緩んだ。
男は何度も私の胸を絞り上げては私の悲鳴を彩香ちゃんのママに聞かせながら、次々と指示をだしては、彩香ちゃんのママを無理やり従わせ続けた。
「おい、このドスケベ女、生フェラ大好きなんだろう」と男が言い出だした。
いったい何が彩香ちゃんのママに起きているのか私にはさっぱり判らなかったが、どうもとんでもない事になっているようだった。
男が私の胸を包み込むようにして押し回しながら受話器を私の耳に当ててきた。
「お願い、生フェラさせて、いますぐ生フェラさせて」と泣き叫ぶような彩香ちゃんのママの声が聞こえてきて私はびっくりして体ごと倒れそうになった。
「おい、これから出てくるんだ、今すぐだ、今すぐ生フェラさせてやる、いいか言うとおりにしないと娘がどうなっても知らんからな」と男が言うと電話を切った。
男が彩香ちゃんのママを呼び出そうとしているのははっきりしていたけど、本当に彩香ちゃんのママが男の言いなりになって生フェラしたくてたまらないのか、それとも男を油断させるために、わざと言いなりになっている振りをしているのか私には判らなかった。
だけどきっと彩香ちゃんのママの事だからきっとなにか企みがあるに違いないと私は思った。


7.渋谷生フェラ倶楽部<< ページトップ >>9.姉妹レズ強制調教

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]