長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

1.私が生フェラを大好きな理由

 私が生フェラを大好きなのは理由がある。
最初につき合った男の子に無理やりさせられたとかいうのが普通は定番で、誰でも最初はすぐには出来ない。
私もそうだったけど、私の場合はすぐに好きになった。
それは男の子の顔を見上げたときだった。
あの変にゆがんで眉が半分つり上がって、口元がゆるんだ顔つき。
それを一度でもみたら生フェラ好きになるのは当たり前だ。
だけど私が生フェラを大好きなのはそれだけではない。
私はいろいろと工夫してみて、どうすれば最高の生フェラができるか追求するのが楽しいのだ。
舌先の動かし方とか、あとは唇のすぼめ方。
ほかにもいろいろ工夫してみるといい。
すぐに生フェラが楽しくなるのが請け合いだ。
もちろん、すぐに生フェラをさせてなんて言ってはいけない。
そんなことを言えば遊んでると思われちゃうからだ。
だから最初は、そんなことやったことないのに、やれっていうの、あなたって獣ねみたいな口調で断るのがいい。
「でも、どうしてもやらないといけないの、どうしても」とわざと拗ねて見せると大抵の男の子はちょっと引いてしまう。
だけど遊び慣れてる男の子は毅然とした態度で「つべこべ言わずにさっさとやれ」といきり立って命じてくる。
もちろん遊び慣れた男の子など相手にしてはいけない。
そんな男の子は風俗なんかによくいて、女の子がやるのが当たり前だとおもってる。
だけど、ちょっと控えめに「やってもらってもいいかな」なんて言い出す男の子は可愛い。そこで「どうしてもって言うんなら、やってあげてもいいけど、私はじめてだから、いろいろ教えてね」とか言うのが完璧だ。
そこで男の子は得意になって生フェラをさせたんだ俺がやらせたんだと有頂天になる。
もちろんすぐに秘技を繰り出してはいけない。
最初はあくまでも、経験未熟な生フェラを装って「お前下手だな」と一度は言わせないといけない。
「うん、ご免なさい、頑張るから許してね」の一言が最初は肝心だ。
いつまでも未経験を装うと「もういいよ、下手なのは判ったから生フェラなんかしなくていい」と言われてしまう。
そこで少しずつ秘術を繰り出すのだがこのタイミングが難しい。
舌先を震わせるテクニックは生フェラでは初歩の初歩だが、いきなりこの技を繰り出すと男の子は「こいつ、風俗でバイトしてやがる。だから生フェラがこんなに上手いんだ」と思われてしまう。
そこで最初は、軽く舌先を押しつけたりとか、唇でやらかく噛んだりといういかにもシロートぽい生フェラのテクニックを使う。
男の子の表情をそれとなく確かめるのが重要なポイントだが、いきなり見上げたりしてはいけない。
男の子の反応を確かめて十分高まったところで素早く視線を動かす。
眉毛の動きを確かめるのだ。
左右の眉毛が中央に寄って、すこし上にずれるように持ち上がっているはず。
そこですこしずつ生フェラの秘術をくりだす。
もちろん生フェラが好きな女の子どうしで情報を交換しあって、秘術のバリエーションを増やすのが大切だ。
どうして私がこんなに生フェラにこだわるのか、それはまた次回。

 生フェラの裏技については、みなさん関心がおありのことと思う。
具体的な舌の使い方とか、唇の使い方や、その他の生フェラテクニックについては、女性向けの週刊誌に度々特集が組まれていて「主婦の画報」なんかにも図解入りで出ている。
「究極の生フェラ」とか「図解生フェラ辞典」などという題名の本とかも出ているので特に私から紹介するほどのことはないと思う。
究極の裏技「声を掛けられて5分で生フェラ」というのはきっとまだ誰も聞いたことはないと思う。
私の得意技なんだけど、どこがどう得意なのかは説明しないと判らない。
まずは服装だ。
もちろんスカートは当然ミニスカートだ。
だけどタイトスカートはだめだ。
タイトスカートの場合は、ぎりぎりに短いマイクロミニならオッケーだが、中途半端のタイトスカートは厳禁だ。
マイクロミニは理想的だが、よほどスタイルに自信がないとなかなか難しい。
一番いいのは、ちょっと短めのフレアスカートだろう。
男の子が手早くスカートの下に手をいられれるからだ。
薄手の生地はちっょと大胆すぎるので、ほどほどにしたほうがいい。
フレアスカートは、いかにも生フェラ慣れしているという印象を与える場合もあるので要注意だ。
次にお勧めは、ミニのプリーツスカートで、誰でも一枚はもっている。
チェック柄がまあ普通だし、他にも無地の黒とかは結構いい。
他にはすぐには思いつかないだろうがラップスカートは以外と人気だ。
もちろん、前半分がうまくめくれるようになってるラップスカートだ。
ラップスカートは周囲に気づかれずにそれとなく手を入れられるのでこれはちょっと通好みだ。
あとは前ボタンのスカートなんかのボタンをわざと上の方まで外して気が付かないふりなんかしてみるのもいい。
ほとんどパンティーが見えそうなぎりぎりまでボタンを外すのはなかなか勇気がいるが、これも裏技の為には必要だ。
スラックスの場合は、ぴったりした薄い白の生地で、後ろからパンティーの線が透けて見えるのがいい。
間違ってもキュロットなどは失格。

 ブラウスやセーターは、身体の線がくっきり出るぴったりしたデザイン。
胸元が大きく開いてるのがいい。
胸にパッド入れると、大きくは見えるが脱いだときばれるのでお勧めできない。
もちろん派手気味な服装がいいのだが、あまり派手に映らない程度に押さえよう。
ブランド物のバッグは、遊び慣れてるように見られるかそれとも、本当にお嬢さんだと思われるので止めた方がいい。
靴はもちろんハイヒールでエナメルなんかがいい。
パンティーはやるき気十分のスケスケのTバックだ。
レース模様のちょっと高級な外国製を通販で買おう。
安物を買うとまるで風俗嬢みたいに見えてしまうので要注意。
色はやや濃いめの紫色が一番だ。
真っ赤や、黒なんかもまあ許容範囲だ。
間違ってもベージュなどはいけない。
花柄の可愛らしいショーツや、ピンク色のレース地などは、男から見たら単にオシャレな下着を身につけている自己満足な女だと思われる。
すぐには落ちそうにない女を強引に口説き落として、脱がしてみればやるき十分の勝負パンツというのが男にはとてもたまらない快感なのだ。
ほかにもガーターストッキングや編み目模様のストッキングなどは結構有効だ。
お化粧はもちろんちょっと濃いめ。
だけどアイシャドーがきついのは派手すぎてあまり好まれない。
特に気を付けるのはマスカラとアイライン。
真面目そうに見えてそれでいて、誘えば遊べそうに見えるのがマスカラとアイラインだ。
一番大事なのは、口紅。
いかにも生フェラ好きの口紅は、目立つ真っ赤な色でグローの入った色だ。
濃いめに塗って唇が厚そうに見せるのがポイントだ。

 さて服装が決まったところで、次は場所だ。
生フェラの名所はだいたい決まっていて、他で生フェラ待ちをしてもあまり成果はない。
渋谷のセンター街や、109前、原宿付近、あとは、六本木といった所だろうか。
他にも、漫画喫茶とかゲームセンターとかでも生フェラ待ちは多い。
深夜映画館なども生フェラ好きの人には好まれているようだ。
とはいっても無闇にいってもすぐに生フェラ出来るわけではない。
大抵は決まったスポットや、時間帯があるので、インターネットなどで調べておこう。
場所によっては、合図が決まっていて、缶コーヒー持っていたり、造花をもっていたりとかほかにも、腕時計をわざと相手に向けるという合図もあるらしい。
まあ初心者が最初に生フェラを経験しようとしたら基本はやっぱり109前だろうか。
なんとなくぶらぶらと暇そうにしていれば生フェラ待ちだと思われるので、必ず声を掛けられる。
もちろん深夜の時間なら生フェラしたいときは、すぐに生フェラさせてもらえる。
だけどやっぱり深夜の時間帯はもうお互いにやることがきまってるので即生フェラというのもちょっと怖い。
午後の4時すぎから6時くらいなら比較的安心して生フェラ待ちできる時間だ。
とりあえず少し話してみて気に入らなければ、上手く断って逃ればいい。
深夜の時間帯だと一度捕まったら最後、逃げられない事が多いので要注意。

 もちろんただ暇そうに歩いているだけではなかなか生フェラさせてはもらえない。
生フェラ待ちの女を捜しに来ている男の子はあちこちきょろきょろと視線を動かすので、だいたい判る。
だけどプロの人達には気を付けないといけない。
風俗店斡旋の人とか、裏生フェラビデオの出演者探しとか、ホスト倶楽部の勧誘とか。
プロの人は、視線がいかにもきびきびしていて服装もぴったし決まっているので大体わかる。
中には生フェラコマシと言って、ちょっと怖い筋の人もいるので要注意だ。
ねらい目はたまたま遊びに来ていて、ついでに生フェラもしていこうという遊び半分の男の子だ。
服装は適当にだらしなくて、見た感じはちょっとダサイほうがかえっていい。
生フェラをたっぷり楽しみたいならちょっと年上、40代から50代くらいの男性のほうが経験豊富だ。
だがこの年代は、超ドヘンタイ、ドスケベ男しか生フェラスポットには来たりしない。
普通の生フェラに飽きて、ちょっと大胆というか過激な生フェラを経験したいときはぴったしだ。
良さそうな男の子を見つけたら、なんとなく暇そうな足取りで側を行ったり来たりしてみよう。
人を捜している振りをして顔を見てすぐ目をそらすなんて演技もいい。
まあ大抵はすぐ声をかけて来るはずだ。
すぐには声をかけてくれない時は、何度か時計をみて待ち合わせの相手が来ない振りをしたり、わざと大きくため息をついてみたり。
そばに植え込みでもあれば、わざと下着が見える向きに足を広げて腰掛けてみよう。
階段のちょっと上くらいにわざと座り込んだりするのもいい。
それでもだめなら「いま何時ですか、私の時計遅れてる見たい」とか声をかけるのもいいだろう。
ほかにもわざと電話を掛ける振りをして「ええっ、これから家出るの、あと一時間もかかるの、私もう帰るよ」などと渋い顔をして見せて演技するのもいい。

 声を掛けられたあと、誘われるのはすぐ近くのファーストフード店か、カラオケがまあ普通だろう。
いきなり生フェラしようと言われたら、プロの生フェラ女だと思われているのでパスするのが無難だ。
大抵の場合はすぐに手を繋いできたり、腰に手を当てて来たりする。
最初はちょっと抵抗があるかもしれないがそれが生フェラでは普通なんだと納得するしかない。
深夜の場合にはいきなり行き先がラブホの入り口という場合もある。
逃げようと思っても、無理やり引きずってでも中に連れ込まれてしまう。
助けを求めようしても、誰だってラブホの前で騒いでる男と女になんか関わりあいたくない。
だから深夜の時間帯は避けた方が無難だ。
ファーストフード店にはいったら、席を探す振りをしてカウンターの席に並んで座ろう。
対面の席では都合が悪いのだ。
最初は当たり障りのない会話だけど、大抵はすぐに「いま彼氏いるの」とか聞かれて生フェラな話しに誘われる。
もちろんつき合ってる人がいるときでも「今彼氏いないんです」と答えるのは常識だ。
「じゃあ、最近生フェラしてないんだね」と男の子は誰でも聞いてくる。
「ええまあ」と適当に言葉を濁すと「生フェラしてないと、さみしいだろう。我慢できないんじゃないの」とか話しが続くのが普通だ。
男の子が最初に生フェラの話し切り出すきっかけは全部が全部、判を押したように同じだ。
みんなで打ち合わせしてるんだろうと思うくらいみんな同じ誘い方をしてくる。
なんとまあ男の子というのは単純なんだろうとつくづく思う。
ここですぐに「いますぐ生フェラしたいんです」とか答えて絶対はいけない。
少し困った顔をして「そうですね」と目をそらして伏し目がちに軽くため息を吐く。
それから生フェラ好きの顔をしてみせるのがポイントだ。

 生フェラ好きの顔、それは普段生フェラしてる時に自然と顔にでる。
だけど誘われたときに生フェラ好きの顔を作るには普段から練習しておいたほうがいい。
眉を少しよせて、眉頭だけをつり上げてゆがんだ眉を作る。
目を細めにして目元から涙が出そうになるのを堪えるような顔にする。
唇は細めにつぼめて少し前に突き出しながら、唇が開くように口を開ける。
軽く吐息をいつて唇が震えるようにして舌先を唇に絡ませる。
のど元から首筋にかけての筋肉を緊張させて、細い筋肉が目立つようにしながら肩を上下に軽く震わせる。
細かい所まで気を配って、全体のバランスのよく取れた生フェラ顔を作ろう。
最初はなかなか出来ないが、鏡を見ながら何度も練習すれば次第に上手く生フェラ顔ができるようになる。
男の子はこの顔を一目見たらもう生フェラしたくてたまらない顔だと条件反射で反応する。
大抵の場合は、すぐに男の子の手が膝に載せられてくる。
最初は膝頭に軽く載せられてくすぐるように動く。
それから生フェラ顔をしてるのを確かめながら、指先を腿の内側へと移動させる。
ここで反射的に膝をぴったり閉じたりしてはいけない。
逆らえないようなそぶりで生フェラ顔を続けながら、膝を少しわざと開くのが上手な反応だ。
あとは、男の子は話しを続けながら少しずつ手の動きを大胆にしてくる。
適当に返事をしながら、生フェラ顔を続けよう。
「これから、朝までつき合わないか」なんて言葉が男の子の口からでてくるのも時間の問題だ。
ここで裏技のテクニックを使おう。
唇を舌で舐めては何度かため息をついて男の子の視線に訴えるように涙目になりながら、男の子の下半身にちらちらと視線を動かす。
もうそのころには男の子はいつでも生フェラ準備オッケーになってるはずだ。

 男の子があなたの様子に気づいて「今すぐ生フェラやりたいんだろう」と言わせたらもうあなたの勝ちだ。
それとなくトイレの表示を探して、なんどもトイレの方に振り返ろう。
いくら鈍感な男の子でもそこまでされればすぐに気が付くのが普通だ。
「今すぐ生フェラやらせてやるぜ」と言われてもすぐに返事をしてはいけない。
困ったような顔で迷って見せると、男の子は生フェラさせるにはここであと一押しだと思いこむ。
生フェラ慣れした男の子だったら「やらないんなら、もう帰るぜ」といって席を立とうとする。
このパターンは随分と遊び慣れている男の子だ。
生フェラもたっぷり楽しませてもらえるので是非「あ、やるから、行かないで」とすがり付くのが一番だ。
大抵は膝の上に載せた手をさらにスカートの奧に移動させながら「やりたくてたまらないんだろう、生フェラしたいんだろう」としつこく口説いてくる。
もちろん、窓際のカウンター席の場合は外からも丸見えだ。
だけどもそれこそが生フェラの醍醐味なのだ。
わざと外から見えるように足を広げて、何度もため息を吐いて見せよう。
男の子の指先はさらに大胆になってあなたの一番敏感な所を責めてくるはずだ。
微妙に表情に変化をつけて、感じるところを責められている演技をしよう。
男の子はここがチャンスとばかりに反応が一番強いスポットを責め立てて来るはずだ。
そこであなたはさらに生フェラ顔をもう一息高めよう。
誰が見てもそこにいるのは生フェラ狂いの女だ。
もうこれで準備オッケーだと男の子は確信する。
慣れた男の子だったら、少し手をゆるめては繰り返し何度も責めてくる。
繰り返す度にすこしずつ高まっていく生フェラ顔は、生フェラ女が生フェラを欲しがる顔そのものだ。
適当なところでもう我慢しきれないそぶりでトイレに立って、一緒にトイレまでついてきてもらおう。
声を掛けられて5分で生フェラ、究極の裏技はこれで完璧だ。

 生フェラをさせてもらっても、それで生フェラが全部済んだ訳ではない。
そのあとで必ず涙見せるのがポイントだ。
終わったあとニコニコして「ありがとう」なんて言うのはそもそも生フェラ女失格だ。
生フェラの後のニコニコ顔を見て喜ぶ男など一人もいない。
女の子というのはみんな嘘泣きは得意だと思うが、普段から練習しておいたほうがいい。
喘ぐような呼吸の仕方、首筋の筋肉の緊張のさせたか、目尻と目元の引きつった表情、それにゆがんで曲がった眉毛。
それぞれ別にできるくらいによく練習をしておこう。
ここで泣けば男の子が喜ぶというと言う時にいつでも自然と涙がでるようでなければ生フェラ女ではない。
もちろん一口に泣くと言ってもいろんな泣き方がある。
その場その場に応じて泣き方を工夫するのが大切だ。
どうしても涙が出ないときは、こっそりメンソレータムを使うのも裏技だ。
自然とこみ上げてくるすすり泣き、生フェラをした喜びと、いきなり生フェラをさせられた屈辱感の混じり合った表情。
なんでこんな事になったのと自分でも訳が分からないという当惑感を十分に演出しよう。
男にとっては、これが生フェラの醍醐味の一つだ。
「俺が生フェラをやらせたんだ、そしたらこの女泣いてやがる」と男に思わせなければ生フェラではない。
もちろん男の子は軽く肩に手を回して引きつけると慰めるように背中を撫でてくる。
背中全体をなで回されると、不思議なくらい自然と涙がこぼれてくる。
男の子の胸に顔を埋めてすすり泣きを続けるのが上手な生フェラだ。
繰り返し高まってくる感情を吐き出すように、嗚咽を繰り返し肩を震わせて男の子に抱きつけば完璧だ。

 当然のことながら、生フェラのあとは、ラブホだ。
生フェラの名所というのは、たいてい少し裏道に入るとラブホが並んでいる場所が多い。
もちろん自分から道案内などしてはいけない。
どこに連れて行かれるか判らないといった顔をしていよう。
男の子は当然、腰に手を当ててそれとなくお尻にタッチしてくるのが普通だ。
手のひらを腰に当てて、指先を下に向けて軽く触るので、ちょっとためらいがちに歩こう。
わざと膝が震える振りをするのもいい。
膝が震えると腰に振動が伝わるので、男の子の手の動きが微妙に変わって来るはずだ。
普段から膝を震わせる歩き方は練習しておこう。
生フェラ上手になるには、何事も普段からの練習が重要だ。
表情はややうつむき加減で、さっきと同じ生フェラ顔を続けよう。
肩を組んだり、手を繋いだりしてくる男の子はまだ生フェラ初心者だと思った方がいい。
生フェラ慣れしてる男の子だと、手にしているバッグを取り上げて逃げられないようにする時もある。
その時はその時で従うしかない。
ラブホの入り口でも「こんなところに入るの」とちょっと驚いた振りをするのがポイントだ。
間違っても「あ、こないだここ来たことあるわ」なんて笑顔を作ったりしてはいけない。
気の利いた男だったら「いやだったら、帰ってもいいよ」と言うに違いない。
もちろん、本当に帰るなんて思って言ってるわけではない。
場合によっては「いやなら帰れよ」と言いながら先にラブホに入っていく男もいる。
これも結構遊び慣れた証拠だ。
少し遅れて迷った振りをしてから後を追いかけてラブホに入るのが上手な生フェラの誘われ方だ。

 ラブホに入ったあとは、すぐに「お風呂に入りますね」なんて言い出したりしてはいけない。
部屋の中をきょろきょろ見回したりしてもだめ。
まずはどうしていいのか判らないといったそぶりで立ち尽くそう。
「座れよ」と言われたら、ベッドの脇にそっと座る。
このとき、膝が震えて上半身も肩を小刻みに震わせながら目を下に向けよう。
肩から膝をうまく小刻みに震わせるのは、普段から練習しておいた方がいい。
その場ではなかなか出来ない。
いよいよ、二度目の生フェラをさせてもらうときは、「生フェラ初心者」を装うのが大切なポイントだ。
「私はやり方しらないから、教えて下さいね」と生フェラをする前に言っておこう。
もちろん言わなくても判るように生フェラ下手を装うのも手だ。
あくまでも「初めて」なのでやり方は全然知らないから、口に入れるだけしかできない。
すぐに舌を使うなんてことは厳禁だ。
まず口に含んで軽く唇をすぼめ、そのあとは何もしないでおこう。
そうすれば男の子は「こいつ本当にやりかた知らないんだ」と信じ込んで色々と指示をしてくれる。
ここで大事なのは言われた事以外はしないことだ。
勝手に男の子に言われもしないテクニックを繰り出せば、初めてでないとばれてしまう。
もちろん生フェラの最中も膝から肩まで小刻みに震わせて、生フェラに慣れていないことをを強調しないといけない。
男の子が気持ちよくなってきたところで、男の子に見えるように顔を上げて涙を流そう。
なんで自分はこんな事してるんだろう、それも会ったばかりの男の子相手に、どうしてこんなことになっちゃったんだろうという気持ちを精一杯の涙で表現しよう。
涙は何と言っても女の一番の武器だ。
「生フェラをやらせたら、泣き出しやがって」と吹聴するのが男の子には嬉しくてたまらない事なのだ。

 生フェラのあと、すぐに洗面所に駆け込んで口をすすいだりしてはいけない。
男の子にしてみれば興ざめだ。
しばらくの間はすすり泣きを続けよう。
喉の奥からこみ上げてくるように、時たま激しく嗚咽を繰り返し体中を震わせる。
上手に嗚咽ができるよう普段から練習しておきたい。
その後に大事なのは「身の上話」だ。
相手が違うたびに別の身の上話しをする訳にもいかないので普段からストーリーをよく考えておこう。
「パパが不倫して、それでママも腹いせに不倫してて、家では二人とも口きかないの」とかはまあよくある話しだ。
「痴漢に遭うので高校の担任の先生に相談したら、セクハラされてラブホテルに連れ込まれたの。私それが初めてだったの」なんてのもいい。
「さっき彼氏に捨てられたばかりなの、それで初めて声を掛けられた人に付いていこうと思って、109の前で立っていたの」とかもいいが、これはそう何度も使えない。
「親に無理やり結婚させられるの、いやな相手だから結婚前に遊んでおきたくて」とかもよくある話しだ。
他にも「彼氏を生フェラ狂いの女にとられたの、だから私も生フェラ上手になってやろうと決めたの」とかもいい。
 泣きながら身の上話しを続けてその後は「あなたに声かけてもらって本当によかった。話し聞いてくれた人あなたが初めて、だってこんな話し誰にもできないから」とか言うのも忘れてはいけない。
最後に「必ず電話してね待ってるから」と言って電話番号を教えるのも大事だ。
だけど男の子に電話番号を聞いたりはしてはいけない。
男というのは、電話番号を教えるのはちょっとためらうことが多い。
もちろん一度だけの生フェラの場合は嘘の電話番号を教えればいい。

 もちろん誘われるのはラブホとばかりは限らない。
一番多いのがカラオケで、次に多いのが夜の公園だろう。
夜の生フェラ名所になっている公園も多い。
散歩しようとか誘われたら、それとなく生フェラスポットの公園に足を向けよう。
それ以外でもいろいろと生フェラスポットは多い。
最近では漫画喫茶などが生フェラスポットとしては人気だ。
他にもビルの非常階段でとか。
ビルとビルの隙間でというのも刺激が強い。
電話ボックスで生フェラしちゃうカップルもいると聞く。
もっと刺激が欲しかったら、相互勧賞生フェラ喫茶などもいいだろう。
なんと言っても一番刺激が強いのは強制生フェラ。
ラブホに連れ込まれていきなり縛られて強制生フェラさせられて写真まで撮られちゃうこともある。
まあそれはそれで生フェラ待ちをするときは、そうゆうこともあると思って楽しむしかない。
それが大好きで生フェラ待ちが止められないって生フェラ女もいるくらいだ。
それよりももっとすごいのが集団強制生フェラだ。
だけどこれは望んでもそう簡単に機会はない。
その分、集団強制生フェラを経験すれば、生フェラの権威になれる。
中学生でもう集団強制生フェラを経験したなんて自慢する生フェラ女もいるくらいだ。
「あんた、ちょっと生フェラしたくらいでいい気にならないでよ、私なんてもっと凄いこと知ってるんだから」と言うのは生フェラ女がよく口にする言葉だ。

 合コンでも生フェラの話題で盛り上がるのは請け合いだ。
もし生フェラを経験したことのない女の子がいたらその時は、生フェラの喜びをできるだけ伝えてすぐにでも生フェラしたくなるような気分にしてあげよう。
もちろん生フェラの秘術も残らず伝授してあげよう。
そうすればすぐにでも生フェラしたくなるはずだ。
話しが盛り上がったところで酔いが醒めるからと言ってちょっと強いカクテルを勧めよう。
甘いカクテルならどんどん飲めるはずだ。
そのうち、生フェラの話しが楽しくてたまらなくなって、今すぐ生フェラしたいなんて言い出すだろう。
普段ならそんなことを思ったりしない女の子でも、酒を飲ませて脳みそが吹き飛んでしまえばなんとでもなる。
女の子だったら誰でも生フェラ大好きなのよねというのが当たり前のことに思えて来るまでみんなで生フェラの話題で盛り上げよう。
今すぐ生フェラできたら良いのにねと空っぽになった脳みそに思いこませるのだ。
もちろん、女の子に強いお酒を飲ませれば酔って立つこともできなくなる。
帰り道はタクシーで送ってもらうしかない。
タクシーに乗せたら、ついでに男の子も一緒にタクシーに乗せて上げよう。
生フェラを教えるのが上手な遊び慣れた男の子がちょうどいい。
「この娘、いますぐ生フェラしたいんだって」と男の子にこっそり耳打ちするのも大事。
行き先はもちろん近くのラブホ。
アパートまで送っていって部屋に上がり込んで介抱するってのもありだ。
初生フェラはきっと忘れられない経験になるだろう。
そしてまた生フェラ女が一人増えるのだ。

 生フェラの喜びは初生フェラだけではない。
生フェラ調教、これは生フェラの喜びを深めるためにも是非受けたい。
プロの生フェラ調教師に調教を受けると、さすがにもう生フェラの世界に体中が浸かって、もう抜けられなくなる。
だがプロの調教師というのは、あくまでもプロの生フェラ女を養成するのが役目だ。
生フェラ狂いの女にしたあとは、風俗に売り飛ばすか、それとも裏生フェラパーティーにでも出して一晩中生フェラさせられる。
プロの生フェラ調教師にかかれば、女の幸せは生フェラ狂いになることだと身体に染みこむまで叩き込まれる。
プロの生フェラ女になるつもりがないなら止めておこう。
 シロートの生フェラ調教師は俺は生フェラ調教師だと思いこんでる割には、あまり上手ではない場合が多い。
そんな生フェラ調教師に出会ったときも、温かい目で見守ってあげよう。
誰でも最初から思ったように上手に生フェラ調教ができる訳はない。
生フェラ調教が終わればいよいよ、生フェラの新しい世界が見えてくる。
露出生フェラ、交換生フェラ、集団生フェラそれに生フェラパーティーと楽しみは多いい。
生フェラはそれだけ奧が深い世界なのだ。
奥が深い分だけ、生フェラを探求するたびに新しい喜びと出会う。
それがまた生フェラの楽しみだ。

 シロート生フェラ調教師だと思っていたら実はプロの生フェラ調教師だったなんて話しもよくある。
最初にいかにもシロートっぼく誘われるとなかなか見分けは付かない。
だが調教が始まるとやがて普通のシロートではないと気が付くことになる。
プロの調教はさすがに凄くて、こんなに生フェラもあるのと心底思い知らさせる事になる。
逃げられるという時でも、逆らう気持ちが消え失せてとても逃げられない。
それがプロの生フェラ調教だ。
その相手がプロの生フェラ調教師の場合には、裏生フェラビデオを撮られたり、裏生フェラ写真を撮られて、言うことを聞かないと学校に送るとか言われることになるだろう。
それはプロの生フェラ調教師のいつものやり口だ。
一度プロの生フェラ調教師に目付けられたら、もう逃れるすべはない。
その時はその時で素直に言うことを聞くしかない。
出張生フェラで働けと言われたら、自分から進んで出張生フェラ女になりますと言うしかない。
喜んでやらせて頂きますと言えばそれで済むが、それが言えなければどんな仕打ちが待っているのかとても口にはできない。
それはそれで生フェラ女の誰もが一度は通る道なのだ。
毎晩寝る時間もなく生フェラをやり続けるのは、生フェラ女の究極の楽園だ。
一度落ちたらもう二度とはい上がれない蟻地獄としか言いようのない楽園は生フェラ女が最後に行きつく所だ。
それが判っていても一度生フェラを経験したらもう生フェラ女への道は誰にも止められない。
私がどうしてこんなに生フェラが大好きなのか、話すと長くなるけど聞きたい人も多いと思う。
私の大好きな生フェラ、次回をお楽しみに。


ページトップ >>2.先生も生フェラが上手

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]