長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

3.私の生フェラ初体験

 恵美子先生の教育実習も終わり次の日から、教室は普段と変わらない毎日に戻った。
数日たって彩香ちゃんと一緒に学校から帰るとき「ねえ、面白いDVDがあるんだけど見ていかない」と彩香ちゃんが私を誘った。
 彩香ちゃんが面白いと言うのだからきっと「ケロロ軍曹」かなんかだし、それとも怖いホラー映画のDVDかも知れないと思った。
 彩香ちゃんの家に上がるときお母さんに挨拶しようと思って「おじゃまします」と言ってみたが返事は無かった。
「いまお母さんでかけてて留守だから、このところいつも帰りが遅いの、お姉ちゃんも帰りは遅いから誰もいないのよ」と彩香ちゃんが言うので私は勝手に玄関を上がって彩香ちゃんの部屋に付いていった。
 彩香ちゃんの部屋は可愛らしいピンクのカーテンが窓に下げてあって、勉強机は最新式のパソコン机だ。
 彩香ちゃんのお父さんは証券会社の支店長で「子供の頃からコンピュータの勉強をしないと時代に乗り遅れる」とかが口癖で彩香ちゃんはもう小学校の時からパソコンでインターネットを使ってる。
 ママは彩香ちゃんにはバレーとピアノを習わせたかったらしいけど、パパは将来役に立つようにと英会話教室に行かせたとか前聞いたことがあった。
 彩香ちゃんはバレーをやりたかったのにやらせてもらえなかったのでパパは嫌いだとかも聞いた覚えがあった。
 彩香ちゃんがパソコンの電源をいれると、カタカタと音がしてパソコンの画面が出た。
 パソコンも最新式で学校のコンピュータ室に置いてあるパソコンより全然性能がいい。
 彩香ちゃんは「ともかく凄いんだから」といって何も書いていないDVD-ROMを引き出しの奧から取りだすとパソコンに入れた。

 パソコンの画面に映っている画像は一面ピンク色がかった肌色で、最初は何が映っているのかすぐには判らなかった。
だけど、女の人の顔がアップの大写しで画面いっぱいに映っているがすぐ判った。
目は半分開いて、眉がつり上がっている。
そして真っ赤な唇には、大きな紫色の太いものが奧まで入れられている。
女の人の顔が前後に動きながら、そのおっきなものを口の奧に入れたりだしたりしている。
生フェラだこれが生フェラなんだと私はすぐ判った。
この間見せられた生フェラの写真はただ口にくわえるだけの写真で私はそれが生フェラだと思っていた。
だけど本当の生フェラは唇でしゃぶりながらこんなに出したり入れたりするんだ、それも喉の奥まで突き入れてもらうんだと判って私は本当に身震いがしてきた。
女性の苦しそうな顔は、半分は嬉しくて泣き出しそうにも見えた。
これが初めて見る裏生フェラビデオだった。
裏生フェラビデオを初めて見た時は誰でも普通の気持ちではいられないと思う。
私も将来は自分も生フェラをするようになるんだ、このビデオと同じことするんだ、いやしなければいけないんだと思うとなんだか怖くなって身体が震えてきた。
私はなんだか気分が悪くなって「お願いもう止めて、気持ち悪い」と彩香ちゃんに言ってしまった。
彩香ちゃんも初めて私が裏生フェラビデオをみたのが判ったらしくてなにも言わずにビデオを止めてくれた。

 家に帰っても一晩中生フェラの場面が目に焼き付いて眠れなかった。
明け方窓の外がうっすらと明るくなる頃、半分目が覚めてまた生フェラの場面が目に浮かんできた。
私は自分が初めて生フェラするときの事を想像してみた。
あのおっきいのが唇を押し分けて入ってくるんだと自分に思いこませると体中が震え出して止まらなかった。
朝方になってお布団から出ると、私はすぐに学校の制服に着替えた。
彩香ちゃんの家まで一人で歩いていくと、玄関の前にはもう彩香ちゃんが私を待っていた。
昨日のことなど全然気にもしていない様子で、彩香ちゃんはニコニコとして手を振ってくれた。
私はとてもいつものように笑顔を作ることなんかできなかった。
学校についても授業の間中ずっと頭の中は生フェラの事でいっぱいだった。
放課後彩香ちゃんの家まで一緒に帰ると、もう一度裏生フェラのビデオを見せてもらった。
彩香ちゃんもも「一度見たら、何度でも見たくなるでしょう、誰でもそうよね」と言ってDVD−ROMをまたパソコンに入れてくれた。
二度目に見た生フェラ。
それはあっけないほど当たり前の光景で、最初に見たときの感激はなかった。
目の前で繰り返し女性の口の中に押し込まれるおっきいものはなぜかもう不気味な物には見えなかった。
自分もいつかは生フェラしたいなと自然と思えてきて、なぜ最初に見たときあんなにショックを受けたのか自分でも判らないくらいだった。

 彩香ちゃんは何度か私の顔色をうかがいながら、手元のマウスを動かしていた。
私が「もう止めて」と言い出すと思って、すぐビデオを止められる様に用意しているのだと判った。
だけどそれだけではないと私はすぐに気が付いた。
彩香ちゃんは私が裏生フェラDVDを見てどんな反応をするのか、確かめたくて私の様子を伺っているんだ。
はじめて裏生フェラDVDをみたら彩香ちゃんでもとても普通の気持ちではいられるはずはない。
私も彩香ちゃんが裏生フェラDVDを見たときと同じ反応なのか、確かめたくてわざわざ私に裏生フェラDVDを見せてるんだとなんとなく判ってきた。
そう気が付くと私は気持ちに余裕が出てきて裏生フェラDVDを最後まで見てやるんだと思った。
なるほど生フェラするときは女の子が口の中に喉の奥まで入れるんだと言うのはなるほどよく判った。
だけど最後にどうなるのかは、私もまだ知らなかった。
きっと彩香ちゃんはもう見て知ってるんだ、だから見てても全然平気なんだと思うと私は最後まで絶対見るんだと心に決めた。
だけど裏生フェラDVDはいつまでたっても、同じような場面が繰り返されるだけで何も起きなかった。
やっぱりこの裏生フェラDVDには全部は映っていないんだと私が思ったとき急に画面で男の人の腰の動きが早くなった。
早苗ちゃんも、男の人は直前に腰の動きが早くなるんだと自慢げに話していた。
いかにも経験ありそうな口ぶりだったけど、どうせ生フェラDVDかなんか見て得意になってるだけだ。
普通の生フェラDVDでは、モザイクがかかってるから実際にはなにが起きてるのかは判らないはず。
だけど私が見てるのは裏生フェラDVDだ。
早苗ちゃんが見たことのない画像を今私が見てるんだと思うと嬉しくなってきた。
次の瞬間に画面に映ったのは、生フェラで女が一番喜ぶ最後の瞬間だった。
これが生フェラ顔なんだこれが本当の生フェラ顔なんだと私は自分でも不思議なくらいにはっきりと確信した。

「ねえ、よかったらこの裏生フェラDVD持っていってもいいわよ」と彩香ちゃんが急に言いだした。
私の家ではDVDは居間にあるテレビでしか見れない。
とても裏生フェラDVDなど持って帰る訳にはいかない。
私がすぐには返事をしないでいると彩香ちゃんは「このDVD結構長くてね、全部で二時間あって、人妻が八人出てくるの」と言いだした。
私は生フェラをしてるDVDが八人分もあると聞いてすっかりびっくりしてしまった。
彩香ちゃんはきっともう全部見たに違いない。
だけど彩香ちゃんの家で二時間も裏生フェラDVDを見る訳にもいかない。
私は彩香ちゃんがどっからこの裏生フェラDVDを手に入れたのか気になった。
裏生フェラDVDを持っていそうなのはやっぱり彩香ちゃんのパパだ。
パパがこっそり裏生フェラDVDをどこかに隠していてそれを彩香ちゃんが見つけたんだろうか。
いやそんなはずはない、だってパパは裏生フェラDVDなんか見なくても、会社の女の子を家に連れ込んで生フェラさせてるんだ。
裏生フェラDVDは確かに凄いけど、実際に生フェラをさせるほうがもっと凄いにきまってる。
だからパパが裏生フェラDVDを隠してるなんてありそうもない。
だったらママがパパに内緒で、裏生フェラDVDを隠してたんだろうか。
でもママはもう裏生フェラDVDなんか見て凄いと思うような年ではない。
結婚前にさんざん遊んで生フェラなんかいっぱいしたに決まってる。
だったらお姉ちゃんの佐織ちゃんがもってたんだろうか。
それはありそうな気がした。
佐織ちゃんが妹に裏生フェラDVDなんか見せるはずないからやっぱり隠してあったのを彩香ちゃんが見つけたんだろうか。
それとも佐織ちゃんが彩香ちゃんに裏生フェラDVDをわざと見せたんだろうか。
あれこれ考えてはみたもののやっぱり彩香ちゃんに聞いてみないと本当の所は判らないと思った。

 私は彩香ちゃん直接聞いた方が早いと思って「ねえ、この裏生フェラDVD、誰にもらったの」とさりげなく聞いてみた。
彩香ちゃんの話では、家庭教師をしている東大の義信さんが面白いDVDがあるからと置いていったという。
義信さんは、週に三回きて、英語や数学を教えてくれていると前にも聞いた事があった。
いくら何でも家庭教師をしている東大生が、中学生に裏生フェラDVDを見せるなんて飛んでもない話しだ。
私はもしかして彩香ちゃんが嘘をいって誤魔化してるんじゃないかと思って「だけど、どうして彩香ちゃんにそんなDVD渡したの、中身はちゃんと判ってて渡したんでしょう」と追求した。
すると彩香ちゃんは「私が生フェラの事教えて欲しいっていったら、とても説明はできないから、その代わりDVDを見たら判るので、一人でこっそり見るようにってDVDを渡してくれたの」という答えだった。
確かにそれだったらありそうな話しだし、いくらなんでも男の子が女の子に生フェラの説明なんか出来るはずはない。
だけどやっぱりそう簡単に東大生が裏生フェラDVDなんか持ってるはずはないし、やっぱり彩香ちゃんの言い訳もなんだか怪しい気がした。
「それで、お姉ちゃんの佐織ちゃんにはもう、その裏生フェラDVD見せたの」と私はまたもう一押し彩香ちゃんを追求した。
「見せるわけないじゃん、いくらお姉ちゃんでもこんなDVD見せられると思うの」と今度は彩香ちゃんは少し怒って答えた。
「じゃあ、何で私になんか見せたのよ」と私が言い返すと「だって、有紀ちゃんみたいだろうと思って。生フェラって何のことか知りたいって前からいってたじゃないの」と彩香ちゃんが言い出した。
確かに私も生フェラの事は知りたかったし、どうも彩香ちゃんの言うことも嘘ではない気がしてきた。

 だけど家庭教師の義信さんが中学生の彩香ちゃんに生フェラDVD、それも裏生フェラDVDなんかを見せたってことは、なにか下心があってに違いないと私は思った。
彩香ちゃんがママに告げ口したらきっと家庭教師の口は首になるに違いない。
そんな危ないことをしてまで、それでも彩香ちゃんに裏生フェラDVDを見せたってことは、よっぽどの事が裏にあるに違いない。「もしかして義信さんは、彩香ちゃんに生フェラしてほしいんじゃないの」と彩香ちゃんにわざと言ってみた。
彩香ちゃんも思い当たる節があるようで「たぶんそうだと思う、私から生フェラさせてと言い出すのを待ってる見たい」
「生フェラビデオを見せたら、きっと私も生フェラしたくなるから、それでわざと生フェラビデオを私に貸してくれたんだと思うの」と義信さんの事をまんざらでもない言い方だった。
「なんだあ、それだったら、思い切って言っちゃいなさいよ、こんなチャンス今逃したら絶対ないわよ」と私はけしかけてみた。
すると彩香ちゃんは「そうね、このチャンス逃したら今度はいつ生フェラできるか、もしかしたら二度とチャンスはないかもしれないわね」
「ママにもいつも言われてるの、チャンスは二度と無いと思って、チャンスを見つけたら迷わず飛びつきなさいって」と自分に言い聞かせるように言った。
私はママが言ってることはちょっと違うことの事だと思ったが、この際なんでもいいと思って「そうよ、チャンスは今しかないのよ、今逃したら二度とないのよ、今なのよ」とけしかけた。
だけど結局彩香ちゃんは思いきりが悪くて「でも、やっぱり私から言わないといけないの。私からはとても言えない」と諦め顔で下を向いた。
「じゃあ、私から義信さんに、彩香ちゃんが生フェラしたいって言って上げるから、電話番号教えてよ、いますぐかけるから」とわざと彩香ちゃんの部屋の電話の受話器を取り上げた。
彩香ちゃんはさすがに慌てたようすで「だめよ」と小さく叫んだ後「うん、あたしから言うから、お願い電話したりしないで」と私の手から受話器を奪い取った。
「今日、義信さん来るからその時頼んでみる」と彩香ちゃんが言ったので私はヤッターと心の中で思った。

 翌日学校で彩香ちゃんと下駄箱であったとき「昨日どうだった」と聞いてみると「させてもらった」とだけ小声で言うと彩香ちゃんは廊下を駆け出していった。
昼休みのお弁当の後、私は彩香ちゃんを誘って体育館の裏に行った。
冷たいコンクリートの段にスカートのまま二人で座ると「それでどうだったの、生フェラ」とさっそく私は彩香ちゃんに聞いてみた。
「すごかったの、ともかくすごくてもう、何て言っていいのかわかんない」
「ともかく、やってみなきゃ、生フェラのすごいのは分かんないのよ、もう思ってたのと全然違うの、ともかくすごいの」と彩香ちゃんの言う説明はいくら聞いても訳が分からなかった。
私は「だから、どこがどう凄いのよ」と何度も聞いてみたが彩香ちゃんは「やってみなきゃ分かんないの、口でなんか説明できない」と繰り返すだけだった。
私は彩香ちゃんから生フェラの事は聞き出せそうにないと諦めて無言のまま彩香ちゃんの横顔を見つめた。
すると急に「ねえ、今日、うちいらっしゃいよ、いいもの見せて上げる、それを見れば生フェラの凄いのが判るから」と彩香ちゃんが言うので、学校の帰りに彩香ちゃんの家に行くことにした。
教室にもどると、私達は何もなかった顔をして他の女の子達の話しの輪に加わった。
授業が終わった後、二人で地下鉄に乗って帰り道の途中も彩香ちゃんは何も言わなかった。
地下鉄の電車の中で生フェラの話しなんかできるわけないので、私も黙って電車が駅に着くまでまった。
 電車を降りた後、大通りから彩香ちゃんの家に向かう路地に入ると私はやっと「ねえ、何見せてくれるの、教えてくれてもいいでしょう」と彩香ちゃんに囁いた。
彩香ちゃんは「ともかく見れば判るから」と言うだけで何も教えてくれなかった。
坂道を上がって、彩香ちゃんの家に着くと今日も誰もいない様子で彩香ちゃんが家の鍵を開けた。

 彩香ちゃんの部屋にいくと「ねえこれよこれ見て」と言って、写真を渡してくれた。
小さな写真を手にとって見た瞬間私は身震いがするほど驚いた。
それは彩香ちゃんが口を開いて、眉が半分つり上がって、目を細くしている顔だった。
彩香ちゃんの顔は半分夢の中で、体ごと宙に浮いたように幸せそうで嬉しくて泣き出しそうな顔をしている。
生フェラ顔だ、これが生フェラ顔なんだ、彩香ちゃんの生フェラ顔なんだとすぐ判った。
きっと義信さんがデジカメで撮ったに違いない。
やっぱり彩香ちゃんが義信さんに頼んで生フェラさせてもらったのは本当だったんだ。
義信さんが彩香ちゃんに生フェラさせたくて、それで裏生フェラDVDを渡したに違いない。
それでわざと彩香ちゃんに自分から「生フェラさせて」と言い出すのを待っていたのだ。
私は大きく息を吸いこんで何度もため息をついて、繰り返し写真を見つめた。
すると急に私も生フェラしたい、させてせらいたいという気持ちが私の心のなかに沸き上がってきた。
生フェラってきっと凄いんだ、やってみないと判らないくらい凄いんだと私は彩香ちゃんが言っていた言葉を心の中で繰り返した。
でもどんなに凄いのか、実際に体験する前に知るだけのことは知っておきたい。
きっと写真は他にもあるに違いない。
ほかの写真も見れば生フェラの凄さがもっと判るはず。
だけど私から見せてなんてとても言い出せない。
でもそれだったら何で彩香ちゃんは私に初生フェラの写真なんか見せたんだろうと今度は逆に心配な気持ちがこみ上げてきた。
彩香ちゃんが写真を私に見せたって事は、今度は私が義信さんに「生フェラさせて」と言い出させるためなんだろうか。
いやそんなはずはない、たとえ義信さんにそう言われたとしても彩香ちゃんがそんなことをするはずはない。
やっぱり彩香ちゃんは自分の初生フェラを自分の心にだけしまって置くことができなくて私に見せたんだと私は思った。

 だけどこんな所を彩香ちゃんのママに見つかったら大変だとすぐに気が付いて私は「ねえ、ママいつ帰ってくるの」と彩香ちゃんに聞いてみた。
「あ、大丈夫、ママいつも帰りは遅いから」と彩香ちゃんが答えたがなんだか言葉が重かった。
なんだか変だとおもって「それじゃあ、夕ご飯はいつもどうしてるの」と私がまた聞くと「ママがお金を置いてってくれるからコンビニでお弁当買うの」とまた彩香ちゃんが答えた。
「コンビニのお弁当」と聞いて私はびっくりした。
私の家ではコンビニのお弁当など買ったことは一度もない。
お母さんがいるのに夕食がコンビニのお弁当などあるはずない話しだ。
「彩香ちゃんは、毎日コンビニのお弁当食べてるの」とまた聞いてみると「コンビニのお弁当って結構美味しいのよいろいろ種類があって行くたびに違うお弁当がでてるから」とまたびっくりすることを言いだした。
私は彩香ちゃんが本当にそう思って答えているのではないのがすぐ判った。
話す言葉の調子がいつもみたいに明るく元気の良い話し方ではない。
「じゃあ、洗濯はどうしてるの」と私がなおも問いただすと「週に一度、ママがコインランドリーに行って洗ってくるの」とまた飛んでもないことを言いだした。
家族四人で一週間分の洗濯物がコインランドリーで済むわけはない。
私がまだ問い詰めることがあるはずと考えていると彩香ちゃんは都合が悪いと思ったのか急に「ねえ、チーズケーキ食べる。ママが昨日買ってきたの」と言いだした。
私の家ではチーズケーキなど名前も聞いたことがないし食べたこともちろんない。
食べてみないことにはどんなケーキなのかは判らない。
「私チーズケーキ大好きなの」と調子を合わせて私が答えると「私、いまチーズケーキもってくるからね、それに紅茶ももってくるからちょっと待ってて」と言って彩香ちゃんは椅子から立ち上がった。
「私もやるから、一緒に紅茶入れるから」と言って私もついていこうとすると「だめ台所には来ないで、いいから座っていて」と言って彩香ちゃんは慌てて部屋から出て行った。

 私は彩香ちゃんの生フェラ顔の写真を見ながら、この写真はいったいどうやってプリントしたんだろうと思って部屋を見回した。
写真屋さんなんかでこんな写真をプリントしてくれるはずはない。
携帯で撮ってプリンターで印刷したとしか思えない。
だとすれば義信さんがプリンターで印刷した写真を持ってきたのかそれとも彩香ちゃんが自分でプリントしたかのどちらかだ。
私は彩香ちゃんのパソコンの側にある物を一つづつ確かめた。
パソコンのすぐプリンターらしい物が置いてあり、そのプリンターを使って印字したらしいと見当が付いた。
私はもしかしてと思い、プリンターの置いてある引き出しの机をこっそり開けてみた。
やっぱり彩香ちゃんの生フェラ顔の写真が何枚も入っていた。
一枚づつ確かめると、彩香ちゃんの顔ではない写真も混じっていた。
もしかして彩香ちゃんのママの生フェラ顔かしらと思うと急に背筋が寒くなったが、よくよく見るとこの間見せてくれた裏生フェラDVDの画面をプリントした写真だった。
なんだ裏生フェラDVDの画像をプリンターで写真にできるんだと私は気が付いた。
そのとき私はもしかしたらと急に思いついた事があった。
私は引き出しの奧を探してみると、やっぱり彩香ちゃんが見せてくれた裏生フェラビデオのDVDが隠してあった。
だけど一枚だけじゃない、他にもあった。
赤い色のDVD−ROMは何も書いていないように見えたが、私は注意深く斜めにして光を当ててみた。
すると、同じ赤い文字でうっすらと字が書いてあるのが見えた。
一枚は「生フェラ狂いの女、女子高生編」もう一枚は「人妻編」それに「女子高生痴漢通学」と書いてあるDVD−ROMもあった。
私はこっそり「生フェラ狂いの女、女子高生編」と書いてあるDVD−ROMを鞄に隠すと、すぐに彩香ちゃんの部屋を出た。
ちょうど彩香ちゃんがチーズケーキと紅茶を載せたお盆を持って台所から出てくる所だった。
「ご免なさい、急な用事があって」と言って私は慌てて玄関で靴を履いた。

 家に戻ってみるとちょうどお母さんは買い物で家には誰もいない。
居間にあるDVDプレーヤーでDVD−ROMをこっそり見てみると、女子校生が生フェラしている裏生フェラDVDだとすぐ判った。
メニュー画面を確かめると、全部で8人の女子高生だ。
小さいメニューの画面を確かめると、やっぱり内の学校の制服らいし女子高生の顔があった。
私は震える手で、メニューを選んでみた。
最初に映ったのはラブホテルの部屋でベッドに座っている女子高生の女の子の画面だった。
制服はやっぱり内の学校の制服で、顔は彩香ちゃんのお姉さんの佐織ちゃんに似ているが、よくよく見ると恵美子先生だ。
男の人の腰の前に膝をついて顔を埋めている大写しの場面は、あの彩香ちゃんが持っていた生フェラ写真と同じだった。
あのときの生フェラ写真は、誰かが彩香ちゃんを虐めるために鞄にいれたのではなく、彩香ちゃんが自分で家のプリンターで印刷して学校に持って来たのだ。
そしてわざと恵美子先生の生フェラ写真だと知っていて出席簿に挟んで恵美子先生が見るようにし向けたのだ。
それに運動会の写真を生フェラの写真に入れ替えたのもきっと彩香ちゃんだ。
だけどどうして彩香ちゃんがそんな事をしたんだろう。
それにどうして恵美子先生が高校の時のセーラー服を着て、生フェラDVDなんか撮らせたんだろう。
それとも高校の時に撮った生フェラDVDなんだろうか。
私の頭の中はごちゃごちゃになって、何がどうなっているのか全然判らなくなった。
彩香ちゃんが生フェラDVDをプリンターで印刷したのは間違いないし、その生フェラDVDは、家庭教師の義信さんがどっかから持ってきた物だ。
だとすれば義信さんがなにか裏の事情を知ってるに違いない。
そうだ義信さんにこの生フェラDVDを突きつけて、知ってることを白状させればいいんだ、それしかないんだと私は思った。

 翌日の金曜日、義信さんが家庭教師に来る時間に私は彩香ちゃんの家の前で待ち伏せすることにした。
彩香ちゃんの家の玄関から少し離れた角に隠れて私は義信さんが出てくるのを待った。
ちょうど5時を少し過ぎた頃、義信さんらしい背の高い男の人が玄関から出てきた。
私はドキドキする胸を必死で我慢しながら、義信さんの後をつけた。
義信さんは近くの地下鉄の駅まで歩いて行くらしい。
途中で声をかけないといけないと思うとまた胸がドキドキしてきた。
大通りにでる手前で私はやっと精一杯の勇気をだして「すみません、義信さんですね」と声を掛けた。
義信さんは後ろを振り返ると私の方を見て誰か知ってる女の子なのか思い出そうとしている顔つきだった。
「すみません、ちょっと話しがあるんですけど」とまた私は頑張って義信さんに言った。
義信さんは私が誰だか判らない様子で「ええっと」と言いながらすこし困った顔をした。
だけどすぐに「あ、じゃあ、駅前のロッテリアでも行こうか」と言ってくれた。
私が義信さんの横に並んで歩き出すといきなり義信さんが私の手を握ってきた。
軽く握られただけなのに私は身体が飛び上がりそうになるほど心臓がドキドキして宙を浮いてる気分だった。
ロッテリアに入ると義信さんは勝手に「バニラシェーク二つ」と頼んだ。
二人並んでカウンターの席に座ると義信さんは「バニラシェークはよく混ぜたほうがいいんだ」と言いながら私のバニラシェークの蓋をとってストローでよくかき混ぜてくれた。
私は義信さんて思ったより優しいんだと思って今度は急に胸が熱くなった。

 義信さんに勧められて私がバニラシェークを一口飲むと「君名前なんていうの」と聞かれた。
私は「谷口です、谷口有紀です」とまるで先生にでも聞かれたように答えた。
すると「あ、彩香ちゃんの同級生だね、生フェラ大好きなんだってね」といきなり言われた。
私は予想もしていなかった展開に何が何だか判らなくなってしまった。
「違うんですそうじゃなくて、そうじゃないんです」と慌てて答えると「女の子はみんな生フェラ大好きなんだよ、隠さなくて良いんだよ、彩香ちゃんも大好きなんだから」とまた突っ込まれた。
私は心の奥を言い当てられたような気持ちでなんと返事をしていいのか判らなくなった。
これじゃだめだと思い直して私は鞄からあの裏生フェラDVDを取りだすと、義信さんの前に突き出して「このDVDのことなんですけど」と勇気を出して言った。
すると義信さんの手が伸びてきて、いきなり私の膝の上に載せられてきた。
私は思わず背筋を延ばして膝を閉じようとした。
だけど私の身体は思ったようには動かなかった。
急にお腹の底からから体が熱くなると、膝の上に載せられた義信さんの手が重たくて足を動かせなかった。
頭の中まで熱い溶岩が流れ込んだように熱くなり舌が急に乾いてきた。
私がもう一口バニラシェークを飲むと、お腹のそこから溶岩が吹き出したように身体が熱くなった。
舌先に残る軽い苦みはバニラシェークの味ではないと私はぼんやりした頭で気が付いた。
変な薬を飲まされたみたい。
そう気が付いたときはもう遅かった。

「女の子は生フェラは誰でも大好きだからね」と義信さんは繰り返し言いながら、私のラップスカートの下に手を入れて、腿の内側を指先でくすぐってきた。
誕生日に買ってもらったばかりのお気に入りのチェックのラップスカートだ。
私はラップスカートなんか着てくるんじゃなかったと思ったがもうどうにもらなかった。
義信さんの指先が直に私の一番感じる所に届いてきた。
鋭く突き抜ける快感に私の身体は飛び上がりそうになったが、重たい体は身動き一つできなかった。
「僕はね、生フェラを教えるのがとっても上手なんだよ」
「彩香ちゃんにも教えて上げたんだ」
「有紀ちゃんも上手に生フェラできるように成りたいだろう」
「生フェラ上手だったらみんなに自慢できちゃうよ」
「生フェラ大好きな女の子はみんなから大人気だ」
繰り返し耳元で義信さんの囁く声が聞こえてくると、私の頭のなかは生フェラでいっぱいで何も考えられなくなってきた。
「さあ、今すぐ生フェラしたいだろう」
「生フェラしたいときはどこでも生フェラしちゃうんだ」
「公園でも、学校でも、駅のトイレでも」
「どこでもすぐ出来ちゃうんだ、だから女の子はどこでも生フェラしちゃうんだよ」と義信さんが囁くともう私はとても我慢しきなれく成ってきた。

「さあ、今からトイレで生フェラするんだ、いますぐだ、さあいますぐ立つんだ」と義信さんの声が遠くで聞こえたような気がしたとき、私の身体はもう勝手に立ち上がってトイレまで歩き出した。
義信さんがトイレのドアを閉めると、私は急に口の中が乾いてもう我慢できなかった。
これが生フェラなんだこれでみなんなに「私生フェラ得意なの」と自慢できるんだと思うと、体中が嬉しくて爆発しそうだった。
義信さんがやり方を教えてくれたので、私は初めてなのに生フェラが上手にできた。
「どうだい、生フェラのこともっとよく知りたいだろう、続きをさせてあげるから、一緒にいい所に連れてってあげるからね」と義信さんが言ってくれたので、私達はトイレからでて駅の裏手の道を歩いた。
角を曲がると、入り口にビニールのすだれが掛けてある小さな建物の前に出た。
すだれをくぐって入り口に入ると義信さんは「いつもの部屋空いてますか」と窓口で聞いていた。
誰か女性の声が返事をしたあと、私は義信さんに背中を押されて一番奥の部屋に入った。
中は思ったより広くて、部屋の中央にソファーがあり壁には絵が飾ってあった。
絵の両脇には観葉植物が置いてあり、ソファーの前にはテーブルも用意してあった。
床はふかふかの絨毯で素足で歩くと気持ちよかった。
テーブルの向こうに、大きな白い傘が拡げてあり、その脇に三脚みたいなのが置いてあった。
義信さんがどこかのスイッチを入れると傘に明かりが反射して部屋全体が明るくなった。
どうして傘が部屋の中に拡げてあるのか判らなかったけどそんなことはどうでもいいと思った。
義信さんは私に膝をつかせると、また生フェラのやり方を教えてくれた。


2.先生も生フェラが上手<< ページトップ >>4.強制生フェラレイプ

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]