長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

2.先生も生フェラが上手

 私が初めて生フェラとい言葉を聞いたのは中学二年のときバレー部の部室でだった。
もう先輩達が誰かのうわさ話をしていて「彼氏に生フェラせられらたんだって」とか言うのを聞いてしまった。
どうも生フェラというのは女の子が男の子にするものらしいとは判ったけど、それ以上は想像が付かなかった。
私は彩香ちゃんに「ねえ、生フェラって知ってる」とこっそり聞いてみた。
彩香ちゃんは、小学校の時からずっと仲良しで、二人の間に内緒のことは何もない。
中学の時もずっと同じクラスで、毎日学校へ通う行きも帰りも二人で一緒だ。
「私もわかんなくて、知ってるんでしょう本当は、教えてよ有紀ちゃん」と逆に彩香ちゃんに聞き返されてしまったのでどうも彩香ちゃんも知らないのは間違いなさそうだった。
彩香ちゃんが「ママに聞いてみるわね」と言うので、私は慌てて「駄目よ、ママになんか聞いちゃ」と思いとどまらせようと大声をだした。
彩香ちゃんもママに聞いたら都合が悪いことらしいと何となく気が付いたらしくてあとは黙り込んでしまった。
「だけど、バレー部の先輩はみんな知ってるみたいだし、それに二年生でも知らないのは私達だけみたい」とまた私は余計な事をいってしまった。
彩香ちゃんは少し考えてから「私お姉ちゃんに聞いてみる」と言った。彩香ちゃんのお姉ちゃんの佐織ちゃんは彩香ちゃんより三つ年上で高校生だ。
佐織ちゃんならきっと知ってると私も思ったけど、いくらお姉ちゃんでも聞けることと聞けないことがある。
彩香ちゃんもそう思ったらしく「やっぱり駄目よね」と下を向くと黙り込んでしまった。私はそれからは生フェラの事は話題にしないことにした。

 中学三年の春の修学旅行の時京都の旅館で夜になってお布団に寝ながら誰かが「生フェラって知ってる」とか言いだした。
もちろん知らないから聞いたのではなくて、自分の知識を披露したくて言いだしたのだ。
私はこれがチャンスだと思って、彩香ちゃんの顔を確かめた。
彩香ちゃんも今しか聞くチャンスはないと思ったようで小さく頷いて私の顔を見返した。
私は思いきって「ねえ生フェラってなんのこと」とみんなに聞いてみた。
すると知らないのは私と彩香ちゃんだけだったみたいで、一斉に馬鹿にしたような視線が私に集まった。
みんなは私の質問には知らん顔をしてまた生フェラ談義を始めた。
私は訳も分からずに判った振りをして、みんなの話しを聞いては一緒に笑い転げた。
もう経験したことがあるような調子で講釈を垂れる友達も実際に経験したかどうかは怪しい物だ。
それに「男の子が喜ぶから」とか「やらないと男の子に逃げられるから」とか言うだけで、やるのが当たり前みたいにみんなで言うのはなんとも納得のいかない気がした。
「生フェラ好きの女は、生フェラ顔をしてるからすぐ判るんだって」と早苗ちゃんが大声で言った。
それを聞いた彩香ちゃんは少しでも話しに加わりたいと思ったのか「ねえ、なにその生フェラ顔ってどんな顔なの」と口を挟んだ。
早苗ちゃんは大声で「あんた見たいな顔よ、馬鹿ずらで、いつも半分口があいてて」といった。
彩香ちゃんは急に泣き出すと涙が止まらなくなった。
「あんた、生フェラ顔してるから生フェラ顔だっていったんじゃないの、ねえ彩香ちゃんは生フェラ顔よね」と早苗ちゃんが言うとほかのみんなも「そうよ、生フェラ顔よ、お姉ちゃんと二人そろって生フェラ顔してるわ」と調子を合わせてはやし立てた。
「あんたのお姉ちゃんなんか、この学校じゃ一番生フェラ上手なんだってよ」とまた早苗ちゃんが言った。
 とうとう彩香ちゃんは居たたまれなくなって、トイレに行くと言って部屋から出て行ってしまった。
修学旅行から帰ってきてからは、みんな当たり前のように教室で生フェラの話しをするようになった。
中学生三年生にもなれば女子校ではそれが当たり前みたいだ。
女の子しかいないのだから一度話題がエッチな方に走り出すともう誰も止められない。

 修学旅行のすぐあとに、「教育実習の先生が来るとことになった」と担任の先生がホームルームのときみんなに告げた。
教育実習って最初はなんのことか判らなくて「大学の学生が授業をしに来る」と担任の先生が説明すると教室中がざわめいた。
東大生だというのできっと男の人が来るに違いないと女の子達は期待したようだ。
最初の授業の日には、社会科の時間に教室のドアが開く前は教室中がシーンと静かになった。
どんなカッコイイ大学生の男の子が来るんだろうとみんなそればかり期待していた。
だけど、ドアがあいて担任の先生の後から入ってきたのは大人しそうな女子大生だった。
長瀬恵美子と大きく黒板に自分の名前を書いて、正面を向きながらうつむき加減に下を向き、すこしたって顔を上げると「私がこれから一緒にみなさんと勉強する、長瀬恵美子です」とやっと聞こえそうな小さな声で自己紹介した。
彩香ちゃんはその顔を見て驚きのあまり息を小さく飲み込んだ。
私も驚いて恵美子先生の顔を見つめて目を丸くした。
恵美子先生の顔立ちは彩香ちゃんのお姉さんの佐織ちゃんにそっくりのやや面長の小顔で、口が小さく頬がふっくらとした顔だった。
「あーあ、がっかり」という声が教室に聞こえて、ため息ばかりがそのあと教室中に繰り返し響いた。
女子校の女の子にとっては男の子と知り合うチャンスなど滅多にない。
その最大のチャンスが消えて無くなって、がっかりするのも無理はない話しだった。
しかしまあ、よく考えてみれば女子校の教育実習に男の大学生なんかが来たら、大変なことになるのは判ってる。
来るはずがないのは当たり前の事だった。

 ようやく教室も静かになると、恵美子先生は「私は東大の文学部の4年で、歴史文化学科に所属しています、今日から一緒に社会科の勉強をしますので、みんなも一緒に勉強してくださいね」とあらかじめ用意してきた台詞を読み上げるような口調でたどたどしくみんなに話し掛けた。
「倶楽部は考古学研究会に入っていて、去年は合宿で遺跡の発掘をしたんですよ。ちいさなへらを使ってドロを取っていくのが本当に楽しくて、一日6時間くらい発掘するんです」
「そうすると地面の下から、小さな埴輪の欠片がでてくるんです。でも滅多に出てこないから出てきたときは本当に嬉しくて」とすっかり夢中になって恵美子先生が話しを続けた。
誰も発掘の話しなんか聞きたくもないし、いったい何が面白くてそんなに夢中になって恵美子先生が話しつづけるのか、ただ黙って無言でいるしかなかった。
 恵美子先生も、教室がすっかり静かになっているのに気が付いたらしくやっと発掘の話しは止めてくれた。
「私はこの学校に中学高校の6年間、いま皆さんのいる教室で勉強して、いまは東京大学で勉強しています」という話しを始めると、急に教室がざわめいた。
私立の中学高校一貫校の希美学園でも、東大に合格する生徒は年にそう何人もいない。
一通り恵美子先生の自己紹介が終わると「なにか質問はありますか」と最後に締めくくった。

 女子校の女の子達に「質問はありますか」とか聞いたら、何を聞かれるかはもう当たり前なほど決まり切っている。
「彼氏はいますか」と誰かが大声で手を挙げながら叫んだ。
教室が一瞬ざわつくと先生は「いません」ときっぱり答えた。
どうやら最初から真っ先にその質問が来ると思ってあらかじめ答えを用意していた様子だった。
それから「どんなタイプが好きですか」とかまた他の女の子が聞いた。
恵美子先生は「そうですね、やっぱり優しくてそれでいて男らしい人がいいですね」と当たり障りのない答えをした。
すると「この学校に優しくて男らしい先生いますか」とまた質問が飛んできた。
これにはちょっと困った様子で「それは」と言って口ごもった。
「いるわけないじゃん、そんな男いねーよ」と誰かがいうと、教室中がどっと笑った。
もう質問も終わりかけたとき「生フェラ得意ですか」と彩香ちゃんの隣の席の早苗ちゃんが大声で言った。
恵美子先生はさすがに言葉に詰まって何も言わずに眉を歪めて早苗ちゃんを睨み付けた。
すると早苗ちゃんは「彩香ちゃんが聞けって言ったんです」とまた大声で叫んだ。
今度は教室中の女の子がどっと笑ったので彩香ちゃんは泣き出しそうな顔になった。
恵美子先生は教壇に置いた教科書を手に取ると「じゃあ、138ページを開いて」と言いながら授業を始めようとした。
だが教室中の笑い声はすぐには止まなかった。

 次の授業の時、ちょうど教科書は弥生時代の話しが載っていた。
ページをめくると埴輪の写真が載っていて、口を半分変な風に開けていて、眉毛もなんとなく変な顔だった。
なんだか見た感じは、恵美子先生に似ているので教室中がすこしざわめいた。
「この埴輪なんの顔だか判りますか」と先生が言うと早苗ちゃんがすぐに「先生これは、生フェラ顔です」と大きな声で言った。
恵美子先生は今度も困った顔をしてすぐには言葉が出なかった。
早苗ちゃんが「彩香ちゃんが言えっていったんです」とまた彩香ちゃんのせいにすると、教室中がどっと笑った。
彩香ちゃんはもうとても我慢しきれなくて、泣きながら教室を飛び出していってしまった。
恵美子先生は私に「有紀ちゃん、様子見に行ってくれる、授業はいいから」と言ってくれたので、私は彩香ちゃんのあとを追いかけていった。
彩香ちゃんは、廊下を駆け抜けて、体育館の裏まで行くとコンクリートの床に膝を突いて一気に泣き出した。
私が背中を撫でてあげると、彩香ちゃんは何度も喉をしゃくり上げて涙が止まらなかった。

 翌日の昼休み彩香ちゃんが「ねえ、ちょっと図書館に来て」と言うので私は付いていった。閲覧室の一番奥の角に座ると、ちょうど本棚の陰で他からは誰にも見えない席だった。
「これちょっと見てよ」と彩香ちゃんが鞄から変な写真を取りだした。
「体育の時間にブルマーに着替えてハンカチ取りに戻ってきたら、私の鞄に入ってたの」
「きっと誰かが私の鞄にいれたのよ、間違いないわ」
「それでなんで私の鞄にの写真いれたと思うの」と言いながら彩香ちゃんが見せてくれたのあまりはっきりとは映っていない写真で、誰なのかもよくは判らなかった。
口紅もしてアイシャドーもして、随分と濃いめにお化粧をしている。
長い髪を後ろで縛っているので普段とは違う髪型だけど、恵美子先生に似ている気がした。
だけどなんだか変な写真だった。
その口元に青紫色の筋のはいった褐色の太い棒をくわえている大写しの写真だった。
私はその恵美子先生がなにか大きなお菓子を食べている写真だと最初は思った。
だけど口にしているのはなんだか変な色だし形もどうも変だ。
「ねえ、きっとあれじゃない、きっとあれよ」と彩香ちゃんが真顔で私に問いかけた。
「あれってなんなの」と私は思わず口にしそうになったが、すぐに言葉を飲み込んだ。
「男の人のオチ×チ×よねこれ」と私が言う前に彩香ちゃんが「これが生フェラなのよ、これが生フェラ顔なのよ」とびっくりする位の大きな声で言った。
これが生フェラなんだと私は急になんだか怖くなって改めて写真をよく見た。
だけど恵美子先生が生フェラしてる写真にしては何だか変だった。
着ているて服がこの学校の制服、それもリボンの色は紺で高校だ。
そう言えば彩香ちゃんのお姉ちゃんの佐織ちゃん顔にも似ていると言えば似ている。
でも似ているというだけで、本当にお姉ちゃんの佐織さゃんなのかは写真を見ただけでは見分けは付かなかった。

「誰が犯人なのか突き止めれば、これがお姉ちゃんなのか、それとも恵美子先生なのかはっきりするわ、ええきっとそうよ」と彩香ちゃんが言いだした。
だけど誰が写真を彩香ちゃんの鞄にいれたのか、簡単に白状するはずはない。
彩香ちゃんは良い考えがあるからと、写真をこっそり鞄に隠してまた教室に戻ると教壇の上に置いてある出席簿をこっそり開けた。
昼休みの時間にみんなで校庭に出ているので、教室には誰もいない。
チャイムが鳴ればみんな教室に戻ってくるはずと思ったとき、チャイムの音がちょうど聞こえてきた。
彩香ちゃんは急いでさっきの写真を出席簿の間に挟むと知らん顔をして私と校庭に出た。
ちょうど入れ替わりにチャイムの音を聞いた生徒達が下駄箱から教室に入ってきた。
私と彩香ちゃんはわざと少し遅れて一番あとから教室にもどった。
チャイムが鳴り終わると恵美子先生がドアを開けて教室に入って来た。午後の最初の授業は社会科だ。
恵美子先生が出席簿を開けるとそのまま目が大きく見開いたまま凍り付いた。
無言ののまま何も言えない時間がすぎて、教室の女の子達も先生の様子が変なのに気が付いた。
恵美子先生はやっと口を開いて「出席簿にこれを挟んだ人は誰」と声が震えながら小さな声でみんなに聞いた。
恵美子先生はさっきの写真を裏にしたまま出席簿から上に持ち上げてそのまま目が見開いて凍り付いた。
先生のあまりの形相に、女の子達は声もだせずに教室はシーンと静まり帰った。

「最初に教室に入ったのは誰」と恵美子先生が聞くと「早苗ちゃんが一番最初です」と誰かが答えた。
「そう、じゃあ一番最初に教室に入った人がきっと誰がこの写真を出席簿に挟んだのかきっと見てるはずね」と恵美子先生が言うと早苗ちゃんは「私は見てません」とだけ答えた。
それじゃあ、最後に教室に入ったのは誰かしらと恵美子先生はまたみんなに聞いた。
「彩香ちゃんと、有紀ちゃんが最後に入ってきたんです」とすぐに早苗ちゃんが答えるとみんなもそれに頷いた。
 だけど最初に来た人と、最後に来た人が判っても犯人が分かるはずはない。
「これから持ち物検査します」といきなり恵美子先生が言いだした。
それを聞いて急に教室中が騒がしくなった。
女の子というのは中学生でもちょっと内緒にしなければならない物は大抵もっているものだ。
いきなり持ち物検査なんかされても困る女の子はいっぱいいる。
恵美子先生は「いい、隣の席の女の子の持ち物をお互いに調べるのよ、なにか変な物があったら先生の所に持ってきなさいいいわね」と言うと怒ったような顔でみんなを睨み付けた。
ここで変に逆らってもまた騒ぎが大きくなるだけだ。
みんな諦めて隣の女の子の持ち物を調べる振りを始めた。
中学三年にもなればみんな「コン×ー×」くらいは財布に入れてる。
そんな物を見つけたところでいちいち先生に報告する人などいる訳は無かった。
誰かが「何も見つかりません」と言うと、それに続いて他の女の子達も持ち物を調べるのはいい加減にやめにして「何もありませんでした」と言って席に戻った。
自分の鞄に写真を入れたのは早苗ちゃんに違いないと彩香ちゃんは見当を付けたようで必死になって早苗ちゃんの荷物を調べた。
みんながもう調べるのを止めて席に座った後も最後まで彩香ちゃんは何度も早苗ちゃんの鞄や、机の中を調べ続けた。
だけど何も出てこなかった。
結局なにも見つからないまま犯人探しはそれで終わって、彩香ちゃんの鞄に誰が生フェラ写真を隠したのかは判らなかった。
もちろん生フェラ写真に写っていたのかが誰なのかも謎のままだった。

 教育実習が始まって最後の週になると、春の運動会が間近になった。
ホームルームの時間には、出場する競技を決めるくじ引きをしたり、前の日には応援に使うボンボン作りなどもして大忙しだった。
運動会の当日はよく晴れ渡ったいい天気で、学校のグランドには朝から父兄が詰めかけていた。
運動会は高校と中学が合同で行われて、見物に来るのはあらかじめ入場券を渡された父兄だけだ。
狭いグランドでは、あまりたいした競技はできないのだが、それでも女の子達は運動会を楽しみだった。
クラス対抗の仮装競争では、担任の先生がモデルになって仮装をしてグランドを一周する。
三年百合組では、恵美子先生が担任の先生の代わりに出場した。
男の先生は、毎年セーラー服や、チアリーダーや看護婦の仮装をさせられるので、仮装競争に出るのはみんないやがっているので、担任の先生は逃げたのだ。
もちろん、生徒にとってはいやな先生に仕返しをする年に一度のチャンスなので、先生のいやがる女装をさせるのは楽しみの一つだ。
恵美子先生が走って行ってクジを引くと、当たったのは高校の制服のセーラー服だ。
担任の先生は来賓席で競技をみながら今年はでなくてよかったとホットした表情だった。
女の子達がいっせいに先生の周りを取り囲むと、先生にセーラー服を着せた。
スカートを履かせた後、無理やり下のジャージを脱がそうとみんなでジャージを掴んだ。
先生はジャージまで脱がされるとは思っていなかったようで、あわててジャージを押さえようとしたが、女の子達に取り囲まれてとても抵抗する余裕はなかった。
恵美子先生のジャージが足元にずり降ろされると白い足が太陽の明るい光の中で輝くようにむき出しになった。
女の子が見ても細くてすらっと伸びた足は魅力てきで、ため息のような声があちこちから聞こえた。
最後に生徒の一人が、お弁当に持ってきたらしいアメリカンドッグを先生に渡した。
恵美子先生は訳も分からずに、黄色いマスタードがついたアメリカンドッグを片手に場内を一周した。

 クラス対抗の仮装競争では最後に来賓席前で、一人づつ写真を撮られることになっている。
写真の係は生徒会の役員の早苗ちゃんだ
この写真は卒業アルバムにも載せることになっているのでそれで先生達はみんないやがっているのだ。
チアリーダーの衣装を着せられた理科の先生は「先生ちゃんとポーズ取って下さい、足上げて手を振って」と生徒に注文を付けられていた。
この日ばっかりは生徒の命令には逆らえないので先生は必死になって足を上げようとしたが不格好に転びそうになるだけだった。
テニスウェアの格好をさせられた先生は生徒から一番不人気な国語の男の先生で、ご丁寧にアンダースコートまで穿かされていた。
早苗ちゃんにいろいろとボーズを指示されて、テニスのラケットを持ちながら笑顔を作って写真を撮られていたがその顔は半分泣き出しそうなくらい惨めだった。
恵美子先生の番になると「先生アメリカンドッグを食べて下さい」と早苗ちゃんが注文を付けた。
 マスタードがいっぱい付いたアメリカンドッグをほおばると、よっぽど辛かったのか先生は顔を歪めて吐き出しそうになった。
「もっと奧まで入れて下さい」と早苗ちゃんに言われて、無理をして口いっぱいにアメリカンドッグを押し込んだ。
早苗ちゃんは手早くシャッターを押すと何枚も写真を撮っていた。
最後に仮装した先生全員で集合写真をとってやっと写真撮影は終わった。

 仮装競争も終わると、お昼のお弁当の時間になった。
父兄が来ている女の子達は一緒にお弁当食べに父兄の席に移ったが、彩香ちゃんのお姉ちゃんの佐織ちゃんは運動会だというのに休みでお母さんもお父さんも誰も来ていない。
私も家族は誰も来ていないので、彩香ちゃんと一緒にお弁当を食べることにした。
彩香ちゃんは、お母さんがお弁当を作ってくれなかったとか言って、駅前のコンビニで朝買ってきたおにぎりを取りだした。
私のお弁当の海苔巻きは朝お母さんが作ってくれた手作りだけど、随分と太巻きで彩香ちゃんと二人でもとても全部は食べられそうになかった。
私は恵美子先生にも食べてもらうと思って来賓席の先生を捜した。
だけど恵美子先生は来賓席にはいなかった。
早苗ちゃんが「ちょっと、恵美子先生の彼氏来てるよ」とこっそり教えてくれた。
父兄の席の真ん中辺に、恵美子先生がさっきの制服の仮装のまま座っていて、そばに大学生らしい背の高い男の人が立っていた。
恵美子先生がお弁当を拡げると、男の人は先生に渡されたさっき仮装行列で使ったアメリカンドッグを食べていた。
アメリカンドッグはさっき恵美子先生が、口いっぱいに頬張ったばかりだ。
そのアメリカンドッグをそのまま男の人に渡して食べさせるってことは、二人がもう出来てるって証拠だ。
彩香ちゃんもそれに気が付いて、いやなものでも見るような目つきで恵美子先生の方をちらっと何度ものぞき見した。
早苗ちゃんが「恵美子先生きっと、生フェラしたんだ、生フェラしたに決まってるわよ」と小声でいうと、周りの女の子がくすくすと隠れて笑うのが聞こえた。

 運動会が終わった翌々日、廊下の掲示板に運動会の写真が張り出された。
写真を撮ったのは生徒会の役員の早苗ちゃんだ。
生徒会の備品のデジカメは旧式なので綺麗には映らない。
だけど早苗ちゃんは最新式のカメラを家からもってきていつも使ってる。
それにプリンターも生徒会で使ってる古いプリンターじゃなくて、お父さんが仕事で使ってる超高級なプリンターだ。
写真はどれもとても綺麗に映っていて女の子達は掲示板の前に集まって動こうとしなかった。
みんな自分の映っている写真を一生懸命探しては「よく映ってる」とか「私変な顔」とか口々に大声をだしていた。
自分が映っている写真を欲しい人は、番号を書いてポストに入れることになっている。
仮装競争の時の先生方の写真もたくさんあって、生徒達は面白そうに眺めていた。
だけど女の子達が大勢掲示板の前に集まっていて、遠くからはなかなか写真が見えなかった。
チャイムの音が聞こえると、掲示板の前にいた女の子達が教室に戻りはじめて、やっと私は写真を間近で見ることができた。
チアリーディングの仮装をした先生が不格好に足を上げている写真は卒業アルバムにもきっと載るに違いない。
恵美子先生が高校のセーラー服を着ている仮装競争の写真を探してみたが、どこにも見当たらなかった。
その代わりに恵美子先生が大きな口を開けて、アメリカンドッグを頬張る写真が模造紙に貼り付けてあった。
いかにも生フェラしてるとこらしい写真を見て女の子達はひそひそ声で「やっぱり恵美子先生生フェラ得意なんだ」と噂していた。
仮装競争のとき、恵美子先生がアメリカンドッグを渡されたのは最初からこの写真を撮るのが目的で、そんなことを考えつくのは早苗ちゃんしかいない。
先生にみつかったらきっと大変なことになると思ったが、先生達は恵美子先生のその写真を見ても別になにも思わなかったようだ。

 翌日の朝、掲示板の前は女の子達が集まって大変な騒ぎになっていた。
いったい何が起きているのか、女の子達が大勢で掲示板の前から動かないので何がなんだか判らなかった。
チャイムが鳴って教室に女の子が戻り始めると、私は掲示板を確かめて見たがなんでそん騒ぎになっているのか理由が分からなかった。
もう教室に戻ろうと思って、ふと恵美子先生の写真を見ると私はびっくりして飛び上がりそうになった。
昨日見たアメリカンドッグを口に入れた写真ではなくて、生フェラ写真と入れ替えてあったのだ。
高校のセーラー服を着た恵美子先生の顔は、この間彩香ちゃんの鞄に入れられていたのと同じ写真だった。
私はすぐにでも写真を外した方がいいと思ったが、私が外したら私が写真を入れ替えた犯人だと決めつけられてしまうと思った。
きっと誰か気が付いた人が写真を外すはずだし、私がすることもないと思ってそのまま教室に戻った。
先生達はすぐには気が付かなかった様子で、昼休みになってもまだ写真は貼ってあった。
夕方になってもまだ写真が貼ってあったので女の子達は掲示板の前に集まって大きな声で嬌声を上げては、誰かが何か言うたびにどっと笑い声が廊下に響いた。
「やっぱり恵美子先生生フェラ大好きなんだ」と誰かが言うと他の女の子が「きっと生フェラ得意なのよ、絶対得意なんだから」とまた言い返した。
私はもうとても聞いて要らなくて彩香ちゃんを誘ってすぐに家に帰った。
途中の帰り道で彩香ちゃんが「やっぱり、あの写真恵美子先生だったのね、みんな恵美子先生だって言ってるから、やっぱりそうだったのね」と私に言ったけど私は返事しなかった。

 翌日の朝になって、やっと誰かが先生に報告したらしくて写真はかたづけてあったが丸一日恵美子先生の生フェラ写真が張り出されていたのはもう打ち消しようがなかった。
午後になって、恵美子先生の最後の授業が始まると写真の話しは恵美子先生の耳にも入ったようでまるで凍り付いたような口調で先生は教科書を読み上げた。
恵美子先生の最後の授業が終わると、担任の先生が来てそのままホームルームの時間になった。
簡単なアンケートの紙が配られてみんなが書き終わると、恵美子先生が最後の挨拶をした。
「みなさんと一緒に勉強ができてとっても嬉しかったです」と最後に締めくくると先生は涙を流していた。
だが嬉しいだけの涙ではないことは、誰が見ても判った。
教室の女の子達はどう反応して良いのか判らずに無言のままだった。
ホームルームも終わったとき、担任の先生が彩香ちゃんに「あとで、職員室に来なさい」とこっそり声をかけた。
彩香ちゃんは急に体が震え上がったように凍り付いた。
先生に呼びつけられたら困ることがなにかあるのだと私にもすぐに気が付いた。
「ねえ、有紀ちゃん一緒にきて」と彩香ちゃんが言うので私はいやだったけど職員室に一緒に行った。
彩香ちゃんを待っていたのは恵美子先生で「ちょっと話しがあるから」と言って三人で図書館の準備室に行った。
恵美子先生が準備室のドアを鍵であけると小さな部屋には誰もいなかった。
「ねえ、彩香ちゃん、彩香ちゃんはとっても素直で、よく勉強するいい女の子だと私思うのよ」と恵美子先生が彩香ちゃんに語りかけた。
そんな話しをするためにわざわざ呼び出されたはずもないので、私まで緊張して体が硬くなった。

「ねえ、彩香ちゃん。何か悩み事とかあるんじゃない、困った事があったら何でも先生に話してちょうだい。きっと先生が力になって上げられると思うのよ」と優しい口調で恵美子先生が彩香ちゃんに語りかけた。
彩香ちゃんは、どうして先生がそんなことを言い出すのかすぐには理由が分からない様子で「あの、別にありません」と素っ気なく答えた。
すると恵美子先生は「お父さんはいつも何時ぐらいに帰って来るの」と話しの矛先を変えて彩香ちゃんに聞いた。
彩香ちゃんは今まで私にお父さんの事など話したことはない。
お父さんがいつ帰って来るのなんか私も知らないし、なんで恵美子先生がそんな事を聞くんだろうと思ってると彩香ちゃんは「いつ帰って来るのか判りません。だって夜中遅くにいつも」と言って途中で言葉がとぎれて締まった。
「そう、じゃあ休みの日はいつもなにしてるのかしらお父さん」とまた恵美子先生が優しい口調で彩香ちゃんを問いただした。
「お父さんは朝早く起きて、車でゴルフに行くんです。私が起きる頃にはもう出かけていないので、いつ出かけるのか知りません」と答えた。
「それに帰りはいつも遅いし、早く帰ってきてもお酒飲んでたり、会社の人と一緒だったりして家で麻雀するんです」
「麻雀するときは、夜中すぎまでやってて、うるさくてとても寝られなくて」と一気に彩香ちゃんが言い放つとまた言葉が詰まったように口を閉じた。
「じゃあ、彩香ちゃん、お父さんとはいつお話してるの。学校の事とかお話したいでしょう。運動会の事とかも」と恵美子先生に言われて彩香ちゃんは「お父さんとなんか話したことありません、お父さん私の話なんか聞いてくれないから」と涙ぐんで答えた。

「それじゃあ、お母さんはどう、お母さんはお父さんと仲がいいのかしら」と恵美子先生がはっきりしない言い方で彩香ちゃんに聞いた。
「私知りません、お母さんは『お父さんには何をいってもしょうがないから言うだけ無駄だから何も言わないの』っていつも言ってるから」とだけやっとのことで答えました。
「それで、お母さんがいないとき、会社の女の人とか家に来たりすることあるの、ほら仕事で女子社員の人とかもいるでしょう」と恵美子先生が言うので、私にもだんだん話しの筋書きが判ってきた。
「お母さんが法事で里帰りしたとき、パパが日曜日珍しく家にいて、会社の女の人が仕事の打ち合わせで訪ねてきたことがあったんじゃない」と恵美子先生が問いつめると、彩香ちゃんも「ママがいないときは、確かにパパの部屋で女の人が一緒にいるの見たことあります」と答えた。
「そう、それでその女の人、パパに生フェラしてたって本当なの」と恵美子先生がやっと核心の質問を切り出した。
きっとお姉ちゃんの佐織ちゃんが見てたに違いない、それで恵美子先生の耳にも入って、彩香ちゃんまでが呼び出されたんだと私にも事情が分かってきた。
「その女の人はとっても、生フェラが上手で、パパも生フェラが上手な女の人が大好きなんだって本当なの」と先生が言うと彩香ちゃんは「どうして男の人って生フェラが大好きなんですか、どうしなんですか」と恵美子先生に逆に聞き返した。

「どうしてかしらね」と恵美子先生が曖昧に言葉を濁すと返事に困って下を向いた。
すると今度は彩香ちゃんが「私、生フェラなんて大嫌い、生フェラなんて大嫌い、先生生フェラ好きなんですか」と逆襲した。
恵美子先生は「先生にそんなこと言うもんじゃありません、何言い出すの」と急に怒り出した。
「先生は生フェラなんか知りません、知ってるわけないでしょ」と恵美子先生が大きな声で怒鳴ると「嘘ばっかり、先生生フェラいつもしてるんでしょう。先生も生フェラ大好きなんだ、そうなんでしょう、先生生フェラ大好きなんでしょう」と今度は彩香ちゃんが構わず言い返した。
「みんな言ってます、先生生フェラ大好きなんだって」と彩香ちゃんが言うと恵美子先生が「あなたこそ、生フェラ大好きなんでしょう、生フェラ大好きだってみんな言ってるわよ」とかっとなって怒鳴った。
そう言い終えた後、恵美子先生は、はっとして言っていけない事を言ってしまったという顔をして言葉を飲み込んだ。
「ごめんなさい、彩香ちゃん」と恵美子先生が言いかけると彩香ちゃんは「先生なんかだいっきらい、パパもママもみんな大嫌い」と言って泣き出してしまった。
恵美子先生はあわてて彩香ちゃんをなだめようとしたが、それより早く彩香ちゃんは準備室を飛び出してもう戻っては来なかった。
恵美子先生は困った様子で私に「今日のことは誰にも言わないでね、もちろん生フェラの話しもしちゃだめよ」と言うと何度もため息を吐いた。


1.私が生フェラを大好きな理由<< ページトップ >>3.私の生フェラ初体験

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]