長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

6.家出先は渋谷センター街

 地下鉄のホームに降りると、もう9時すぎだというのに思ったより混んでる。
だけどもう痴漢はいないと思い、私は彩香ちゃんと入ってきた地下鉄に乗った。
終点の渋谷まで行けばもう家出完了。
いつも学校に行くとき降りる駅に来たとき、彩香ちゃんが私の顔を見た。
もちろん降りる気などない。
電車のドアがしまったとき、私はこれで家出ができるとすっかり嬉しくなった。
私が彩香ちゃんの視線に笑顔で返すと、彩香ちゃんも嬉しくてたまらない顔で微笑んだ。
渋谷の駅を降りると開いたばかりの店を片端から見て歩いた。
昼過ぎになると通りも人通りが多くなってきた。
お昼はセンター街のロッテリアで食べると、カラオケに行って二人で歌いまくった。
夕方またロッテリアで食べた後今度はゲームセンターに行って二人でプリクラを一杯とった。
ゲームセンターで男の子にカラオケに行こうと誘われたので、カラオケはもう飽きるほど歌ったので断った。
するとクラブに行こうと誘われた。
クラブってなんの事かわからなかったけど、なんでもいいと思って一緒に行くことにした。
だけど入り口で断られた。
中学生の制服のままでは入れないらしい。
諦めて男の子と居酒屋に入った。
初めてチューハイを飲んだ。
お酒は飲んだ事がなかったので、調子に乗ってどんどん飲んだら目眩がしてきた。
それでも構わずどんどん飲んだら気分が悪くなった。
最初は楽しそうにしていた彩香ちゃんも、気分が悪いらしくて口数が少なくなってきた。
男の子達はお酒を飲ませて酔わせた後、私達をどうにかするつもりなんだろうとぼんやりとした頭で思った。
だけどどうなってもいい。
男の子達に誘われたらどこにでも行こうと思った。
そろそろ頃合いだと思ったらしく「そろそろ出ようか」と男の子の一人が言った。
いよいよナンパされるんだと私は胸がドキドキしてきた。
だけど店を出たら急にお腹の底からこみ上げてきて、すぐに吐いてしまった。
私が吐くと、彩香ちゃんも我慢しきなれくてすぐに男の子にしがみつきながら吐いた。
男の子のズボンが汚れると、男の子はいやな顔をして彩香ちゃんを突き放した。
彩香ちゃんは男の子が介抱してくれると思っていたので、急に泣き出しそうな顔になった。
すると男の子は世話するのがいらしくてすぐに走り去ってどこかに居なくなってしまった。

 もう夜も遅くなったのでどっか泊まる所を探そうと二人で相談した。
駅の近くに大きなホテルがあったので、そこへ行けばいいと彩香ちゃんが言うのでキャッシュカードでお金をおろした。
入り口を入ると随分と立派で、こんなすごいホテルに泊まるんだと思うと胸がうきうきして修学旅行の時みたいだった。
フロントで申し込みをすればいいと思い、受付係らしい男の子に彩香ちゃんが「今夜泊まりたいんですが」と明るい声で言ってみた。
だけど「今日はご予約で一杯です」と言われて断られた。
大丈夫ホテルは他にもあるとひとまずそのホテルを出て、すぐ近くの別のホテルに行ってみた。
だけどそこでも同じように「今夜はもうご予約で一杯です」と断られた。
なるほど渋谷だけあって、夜はすぐにホテルが一杯になるんだ。
これではいったいどこに泊まればいいんだろうと困ってしまった。
彩香ちゃんが「ねえ、ホテルってさ、ラブホテルでも泊めてくれるわよね」と言うのですぐ近くのラブホテルに行ってみた。
だけどやっぱり「今夜はご予約で一杯です」断られた。
だけどラブホテルなんて予約して泊まる人などいないはず。
ご予約で一杯というのは、客を断る口実だとすぐ判った。
だとすると、今まで断られたホテルで言われたのも客を断る口実で、実際は予約で一杯なんかじゃなかったんだと気が付いた。
どうにも納得が行かなくて受付のおばさんに「どうしてだめなんですか」と聞いてみた。
「ここは男の人と女の人が来るところなのよ、それに中学生の制服じゃあどこでも断られるわよ」と教えてくれた。
「漫画喫茶なら入れるかもしれないから行ってご覧なさい」とラブホテルの受付のおばさんが言うのでそれしかないと思った。

 ゲームセンターの近くに漫画喫茶があったのを思い出して行ってみた。
だけど漫画喫茶も中学生が入れる時間ではないからと断られた。
すると今度は彩香ちゃんがカラオケに行こうと言いだした。
ソファーで寝ればいいと言うので昼間行ったカラオケに行ってみると中学生は今の時間は入れないと言う。
彩香ちゃんがなんとか頼み込んだがだめだったが、ちょうど二人連れのサラリーマンがカラオケに来て一緒にカラオケやろうと声を掛けてきた。
一緒だったら入れるらしいので私達はカラオケ店に入った。
ともかく一休みできるので私はひとまずソファーに座ってジュースを飲んだ。
男達はさっそく曲を選んで歌い始めたが、私も彩香ちゃんも疲れ果ててとても歌う元気などなかった。
夜中すぎにソファーに横になっているといつのまにか歌声は聞こえなくなり、男が彩香ちゃんの横で彩香ちゃんの胸を触り始めた。
彩香ちゃんは半分眠りこけていて、何をされているのかすぐには気が付かない様子だった。
すると男は彩香ちゃんのスカートの下に手を入れようとしてきた。
彩香ちゃんはやっと気が付いて「なにするんですか、やめて」と大声をだした。
すると今度は私の側にいた男が私に抱きついてきた。
私は男の手を振を振りほどこうとしたが、男は体ごと私の上に重なって押さえつけてきた。
このままじゃ大変だと私は必死で男を押しのけて起きあがった。
私が思い切って男を突き飛ばすと男は床に転げてた。
男は酔ったいるせいかすぐには起きあがれなかった。
私はすぐソファーから立ち上がると慌てて廊下に飛び出した。
彩香ちゃんもすぐにソファーから飛び上がると、私の後から廊下に駆け出した。
廊下の突き当たりには非常口の看板が見えて、ドアを開けると下に降りる階段が見えた。
外には夜の街のネオンが輝くのが見えた。
すぐ下を見ると階段の先は裏通りで人通りはあまりなかった。
私と彩香ちゃんは慌てて階段を駆け下りた。
だけど階段の踊り場まで来たとき彩香ちゃんは足が止まった。
「だめ、鞄を取り返さないと」と彩香ちゃんが私に小さく叫んだ。
部屋に鞄を置いたままだ、彩香ちゃんの鞄にはキャッシュカードが入っている。
お金がおろせなくなったら大変だ。
このまま逃げるわけにはいかない。
だけど部屋に戻ったら何をされるかわからない。
そうは言っても、キャッシュカードを取り戻さなければどうにもならない。
ゆっくりと階段を上がって部屋に戻り恐る恐るドアを開けると、男は二人ともまだ部屋にいた。

「ちょっと気分が悪くなってそとの空気吸ってたんです」と言い訳をして部屋に戻ったが鞄は見当たらない。
さっき置いたはずのテーブルの上にはジュースの紙コップが置いてあるだけだった。
私は何度も部屋の中を見回したが、男が鞄をどこかに隠したのに間違いない。
だけど、鞄を返して下さいと言っても返してくれるはずはない。
どうしようかと立ち尽くしていると「さあ、もう一曲歌おうか」と男が声をかけてきた。
いまさら断るわけにもいかない。
彩香ちゃんはマイクを渡されてテレビ画面の前に立つと前奏のメロディーが流れてくるのを聞いて歌い出した。
私も仕方なく彩香ちゃんの横で体を振りながら歌った。
だけど歌を歌うだけで済むはずはない。
このあと一体何をされるのか、怖くて何も考えられなかった。
男達の視線は、私と彩香ちゃんの胸や足に向けられて体目当てなんだということははっきりしていた。
だけどもうどうにもらならかった。
歌い終わると、彩香ちゃんはソファーに座った男にマイクを返そうとした。
すると男は彩香ちゃんの手を取ると、マイクと一緒に彩香ちゃんの体を引き寄せた。
もう逆らえないと思ったのか、彩香ちゃんはされるままに男に体を預けた。
ソファーに半分倒れかかるようにして横になるとすぐに男は彩香ちゃんの胸を手でさぐりながら口を吸い始めた。
もう一人の男が私に手を伸ばして手招きをした。
すぐ目の前で彩香ちゃんが口を吸われる音が聞こえて私は怖くなった。
私はもうどうなってもいいと思って男のいるソファーの前まで行くと、男が手を引っ張って私の両膝を床に着かせた。
口を吸われるよりいいと思って私が大人しくして言いなりになった。
男は立ち上がって私の髪の毛に手を差し入れて頭を引き寄せた。
生フェラさせるつもりなんだとすぐ判った。
男のもう一方の手が私の胸を押し回してきた。
すぐには生フェラさせない気らしい。
もうここまで来ればやることは決まっている。
どうせ男なんてみんな同じなんだ。
「生フェラやらせて下さい、私大好きなんです」と試しに言ってみた。
するとやっぱり男は顔をほころばせて「じゃあ、やってもらおうか」と言いだした。
男は誰だって女に生フェラさせたいんだと思うと気が楽になった。

 私のすぐ横でも彩香ちゃんが膝を床について顔を男の腰に埋めるのが見えた。
もうどうでもいい、彩香ちゃんが生フェラやってるんだから生フェラ私がやったって全然平気だと自分に言い聞かせて、私も生フェラを始めた。
「なかなか上手いじゃないか、いつも商売してるんだろう」
「そうでなければこんなに上手い訳ないからな」と男に言われたけどもう何を言われても平気だった。
私は自分でもいろいろ工夫して、どうすれば男が喜ぶのかを確かめながら生フェラを続けた。
男の顔を見上げると、眉がつり上がって能面のように変な顔をしていた。
これが生フェラ顔なんだ、男の人の生フェラ顔なんだと判って私はなんだか嬉しくなった。
男なんて簡単なんだ、生フェラすれば喜ぶんだというのは私には新しい発見だった。
もう口が疲れるくらい生フェラしたとき、今度は男は体を入れ替えて私を立たせてソファーに両手を付かせた。
やっぱり生フェラだけじゃないんだと判ったけど私はもう楽しめれば何でもいいと思った。
誰か好きな男の子の事を考えたり、義信さんの事を考えたりして、今誰としてるのかは気にしない事にした。
そうすると自然と体から力が抜けて今度は男の動きに合わせて体が震えてきた。
もういいんだ、たっぷり楽しめばいいんだと私は自分に言い聞かせた。
男が下から思い切り突き上げてきたとき頭を仰け反らせて天井を見上げた後、今度は視線を床に向けた。
その時ちょうどソファーの下に鞄が二つ横になっているのが見えた。
なんだ、さっき逃げ出すとき床に置いた鞄を自分で蹴飛ばしただけなんだと気が付いた。
男が座っている下に鞄が転がっていたのでいくら探しても見つからなかったんだ。
もっと早く気が付けばいいと思ったけど、もうそんなことどうでもいい気がした。
私の体が何度も宙を舞うと、体にあふれ出した熱い溶岩が私の体を焼き尽くした。

 翌朝カラオケ店をでるともう疲れて遊んで歩く気力はなくて、代々木公園まで行って昼間の間はずっとベンチに横になった。
昼過ぎにまた公園の近くのウェンディーズでハンバーガーを買って公園で食べた。
夕方になってすこし元気がでてきたので、またセンター街まで行ってみた。
センター街の路上に座り込んでいると、あまり人相のよくない男の人が声をかけてきて、アルバイト紹介してやると言ってきた。
きっと危ないアルバイトだと思って断った。
すると今度は髪の毛を茶色く染めた見た感じもずいぶんとカッコイイ男の子が二人声を掛けてきた。
今度は彩香ちゃんもすっかり機嫌が良く受け答えをした。
これから遊びにいかないかというお誘いだった。
危ない遊びかもしれないと私は心配だったけど、男の子達は全然大丈夫危なくなんかないし中学生もいっぱいきてるしと言ってしつこく誘い続けた。
彩香ちゃんは根負けしたようで「じゃあ、行ってもいいですけど」と曖昧に返事をした。
センター街を少し先に行くと、細い曲がり角から裏道に入った。
小さなビルに入ると裏口から看板の出ていない部屋に通された。
部屋の中は大勢人がいて、騒がしい人の声で部屋中が一杯だった。
大きなテーブルが幾つも置いてあり、真ん中で男の人がトランプを配っていた。
「バカラはやったことある」と男の子が彩香ちゃんに聞いた。
私も彩香ちゃんもトランプなんて七並べかセブンブリッジくらいしかやったことない。
それも修学旅行の時、みんなでやったくらいだ。
だけどなんで大人が、中学生がやるようなトランプなんかで遊んでるんだろう。
私が不思議に思っていると「バカラってなんですか」と彩香ちゃんが男の子に聞き返した。
「簡単な遊びなんだ、お金を賭けてやるんだ」と男の子が言うので私はなるほどと思った。
お金を賭けてやるなら、パチンコと同じようなものだ。
ここはバカラ賭博の店なんだ。

 さっそく受付でチップをもらうと男の子がバカラを始めた。
しばらく見ていると彩香ちゃんもやってみたいと言いだした。
すると男の子がやり方を教えてくた。
ルールは簡単ですぐ覚えたが私はお金を賭けてトランプをやるなんてやっぱり中学生のすることじゃないと思ってやる気はしなかった。
だけど彩香ちゃんは、私はトランプ得意だからとすっかり調子に乗ってゲームを始めた。
彩香ちゃんはつきまくってテーブルの上にはプラスチックの赤や青のチップが山のように積み上げられた。
そろそろ頃合いだと思ったのか男の子がお金に換えられるからと受付に戻った。
チップと引き替えに受付の女の子が渡してくれたのは大変な金額の札束だった。
こんなに簡単に大金が手には入っていいんだろうかと私はびっくりしたが男の子達は別に気にしてる様子もなかった
店を出るとすぐに飲みに行こうと男の子が言いだした。
大通りに出ると、おっきなビルに看板がたくさん並んでいた。
いつも行ってる店だからと男の子が連れて行ったクラブは中学生が入るような店ではない気がした。
だけど男の子が私と彩香ちゃんを連れて席についても何も言われなかった。
すぐに目の前にお酒のグラスが置かれた。
「お酒飲んだことあるの」と男の子に聞かれて彩香ちゃんは「私いつも飲んでます、大好きなんです」と調子に乗って答えた。
だけどお酒を飲んだのは昨日が初めてだ。
男の子はすぐに彩香ちゃんの嘘を見抜いたらしくて「最初は強いお酒は飲めないから、薄めて上げるよ、初めてだとすぐ酔っちゃうからね」とお酒を他のコップに少し移して炭酸で薄めてそれにレモンジュースを入れてくれた。
男の子達がいろいろとおしゃべりの相手をしてくれたので少しずつお酒を飲みながらあっという間に時間が過ぎてしまった。

 もうすっかり夜遅くて閉店に間際になると、店に蛍の光の音楽がなって男の子達もテーブルの上を片付け始めた。
その時になって私はやっとこの店が普通の店でないのに気が付いた。
男の子達はみんな店員で、女の子達が客なのだ。
ホスト倶楽部とかいう所だとやっと気が付いた。
これは大変だホスト倶楽部ってとんでもなくお金がかかるんだとテレビで見たことがある。
男の子が請求書を彩香ちゃんに渡したとき、彩香ちゃんは目を丸くして数字に並んだゼロの数を確かめていた。
彩香ちゃんもここがホスト倶楽部だとようやく気が付いたようで、払わなければどんなことになるのか怖くて何も言わずにお金を払った。
男の子達は彩香ちゃんがお金を払うのを見て、「今日はどうもありがとうございました、また来店をお待ちしております」と急に丁寧な口調でお辞儀をした。
私はこんな店はさっさと出た方がいいと思い、すぐにドアの外にでた。
ドアが閉まったあと彩香ちゃんが男の子の一人にいきなり抱きしめられてキスされているのが薄暗いドアの向こうで見えた。
私は拙いことをしたと思ったがすぐに店に戻るのも都合が悪い気がした。
だけど彩香ちゃんはすぐには店から出てこない様子で、私は少し離れた通りの角で彩香ちゃんが出てくるのを待った。
しばらくたってから彩香ちゃんが他の男の子二人と店を出てきた。
私は彩香ちゃんの顔を見て生フェラ顔だとすぐ判った。
だけど私は彩香ちゃんには何も言えなかった。
「これからね、いい所に連れてってくれるんだって」と彩香ちゃんが酔った口調で言った。
いい所なんていったらラブホテルしかない。
だけど私は昨日からろくに寝ていないし、ラブホテルには男の子と一緒でしか入れないので、今夜寝るためだったら男の子と一緒にラブホテルに行くしかないと思った。

 裏通りに入ると洒落た感じの建物があり、入り口に入るとやっぱりラブホテルだった。
部屋に入ると、男の子がすぐに私と彩香ちゃんをベッドの上に押し倒してきた。
彩香ちゃんの舌に、男の子の舌が絡みつくのが見えた。
キスをするときの舌の使い方はやっぱりプロの男の子は違うんだととすぐに判った。
だけどなんだか変な気がした。
キスをするならぴったりと口を合わせてすればいいのにわざわざ口を開けて舌が絡みつくのが見えるようにしてぴちゃぴちゃと舌の音までさせている。
私のすぐ横に座った男の子が私の膝の上に手を伸ばしながら、私の視線を確かめているのが判った。
わざと私にキスをしてるのを見せてるんだ、彩香ちゃんがうらやましいと私が思うのが判ってるからわざと私に見えるようにキスしてるんだと私は気が付いた。
私も彩香ちゃんみたいにキスされたらいいなと心の奥から沸き上がる気持ちを抑えきれなかった。
私からキスしてと言い出すのを男の子が待ってるに違いない。
私が彩香ちゃんから目をそらして男の子の方に向き直ると、男の子はやさしい笑顔で私を見つめながら、唇の間から舌を見せていた。
私はもう我慢できなくなって、男の子に顔を近づけると男の子の口に自分の舌を入れた。
男の子の舌が私の舌の先に触れた瞬間に私の舌先には電流が流し込まれたように痺れて甘い味が伝わってきた。
翌日になって朝起きたときはもう男の子達はいなかった。
彩香ちゃんがお風呂に入っているらしくてシャワーの水の音がバスルームから聞こえてきた。
私も彩香ちゃんの後からゆっくりとお風呂に入るとやっと体の疲れも取れた。


5.地下鉄痴漢調教<< ページトップ >>7.渋谷生フェラ倶楽部

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]