長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

7.渋谷生フェラ倶楽部

 お昼過ぎにラブホテルを出ると、一晩ゆっくりと寝られたので久しぶりに気分が良かった。
公園でしばらく時間を過ごしてから昼過ぎには、またオシャレな店を色々見て歩いた。
夕方になって彩香ちゃんがまた昨日のホスト倶楽部に行こうと言いだした。
「昨日必ず行くって約束したの、もちろんベッドの中でよ」と彩香ちゃんが言うのはどうもうさんくさい気がした。
ホスト倶楽部の男の子なんて、どの女の子にも同じ事いってるだけなのに彩香ちゃんにはそれが判らないらしい。
「だから昨日のトランプでまたお金を稼がなくちゃいけないの」と彩香ちゃんが言い出した。
どうも昨日の夜ホスト倶楽部の男の子にそう言われたらしい。
彩香ちゃんは一度言い出せば人の言うことは聞かない性格なので私は仕方なく一緒に昨日行ったバカラ賭博の店に一緒について行った。
制服のセーラー服のままでは店には入れてくれないと思ってたけど、昨日来たというとすぐに入れてくれた。
彩香ちゃんはひとまずお財布にあるお金を全部チップに替えた。
店の奥に通されると、昨日より大きなテーブルの正面にはカードを配る男の人が手慣れた手つきでゲームを勧めていた。
彩香ちゃんはさっそく見ていてもびっくりするほど気前よく勝負を始めた。
今度も彩香ちゃんはつきまくって昨日と同じくらいの随分な大金を稼いだ。
だけど最後の勝負で大金を掛けたとき、たまたま運が悪かったらしくて一気に負けてしまった。
すぐに取り戻せるはずと、また大金を掛けたらまた負けた。
運の悪いときは続くようであっという間にお金は全部無くなってしまった。

 私はこれでもう彩香ちゃんが勝負をやめると思っていた。
だけど店の人がなにか彩香ちゃんに耳打ちすると、彩香ちゃんの手元にはチップの山が届けられた。
今度こそというすごい勢いで彩香ちゃんはまた勝負にでた。
だけどいくらやっても負け続けてチップはすぐに無くなってしまった。
彩香ちゃんは途方に暮れた様子で店の人となにか話していた。
「全部で150万になります」と言われて私はすぐには事情が飲み込めなかったが、彩香ちゃんが店から150万借りて全部負けてしまったらしいとだんだん判ってきた。
150万なんて大金は払えるわけはない。
だけど彩香ちゃんは「150万だったら、銀行のキャッシュカードでおろせるから今から払います」となんとかその場を切り抜けようとした。
「一緒に行きますから、その場で150万おろしていただけますか」と丁寧な口調で言われたが、言うとおりにしなければどうなるのか考えるのも怖かった。
両脇をいかにも人相の悪い男の人に取り囲まれて私と彩香ちゃんは大通りのキャッシュコーナーに連れて行かれた。
彩香ちゃんがカードを入れてお金をおろそうとしたがなぜか、残金がありませんと表示がでる。
何回やっても同じなので、試しに残高照会をやってみた。
すると残高は253円だけしかなかった。
誰かが200万近くあった彩香ちゃんの預金を全部おろしてしまったのだ。
どうなっているのか判らなかったけど、誰かがキャッシュカードで彩香ちゃんの預金を知らない内に勝手におろしていたんだ。
いったい誰にやられたのか判らない。
ホスト倶楽部でお酒を飲んでいる時に、誰かがこっそりお金を降ろしたんだろうか。
それとも最初にカラオケ店で鞄が見つからなかった時に、もう誰かがお金を降ろしたんだろうか。
あれこれ考えている暇はなかった。

 諦めてキャッシュコーナーを出ると、彩香ちゃんは蚊の鳴くような声で「お金はありません」とだけ言って泣き出してしまった。
だけど泣いて許してもらえるはずは無かった。
「これから一緒に来てもらおうか」と言われて両脇を囲まれたまま小さなビルの二階に連れて行かれた。
事務所みたいな部屋の奥から小柄な男の人が出てきた。
お腹が大きくでていて、服装も髪型もテレビで見たような怖い人だとすぐ判る雰囲気だった。
「いいか、金は借りたらきちんと返さないといけないんだ、それが世の中の決まりだ」
「銀行に行ってもお金がありませんでしたなんて言い訳は、どこでも通用しないんだよ」
「だけど、どうやって返したらいいのか」
「女だったら、体で返すしかない、そうだろう」
「それが金を借りて返せないときの常識だ」
「中学生だってそのくらい判るだろう」と言うと男は握り拳で彩香ちゃんの頭を小突いた。
彩香ちゃんは怖くて体を震わせながら「はいそうです、そうです」と訳も分からずに返事をした。
「お前らは今日から生フェラ倶楽部で働くんだ、それで借金を返すんだ」と男が今度は落ち着いた口調で彩香ちゃんに言った。
「生フェラってなんですか」と彩香ちゃんがわざととぼけて男に聞いた。
すると「なんだ生フェラも知らないのか。おいお前ら生フェラ教えてやれ」と言うと彩香ちゃんに背を向けて奧の部屋に戻って行った。
彩香ちゃんが私の方に振り向いたとき「おい、生フェラ教えてやれ」とまた別の男の子が言うのが聞こえた。
「へい」と数人の男の子達が一斉に返事をすると私と彩香ちゃんの周りを取り囲んだ。
「ビデオもちゃんと撮っておくんだ」とまた声がして一斉に「へいわかりやした」と揃った返事が部屋に響いた。
男の子達は手慣れた手順で私達の体を押さえつけると「おい、さっさと生フェラするんだ」と怒鳴りつけてきた。
私と彩香ちゃんは最初の生フェラ地獄をたっぷり体にたたき込まれた。

 夜中過ぎまで生フェラをさせられたあと部屋にいた男の子達はどこかに言ってしまい代わりにセーラー服を着た女の子が部屋に入ってきた。
「あなた達ね、今日入ったばかりってなのは。私、芳恵っていうんだけどね」
「ともかくお腹空いたでしょうから、なんか食べる」と言ってコンビニで買ってきたらしいおにぎりとウーロン茶を渡してくれた。
私はとても食事などする気分ではなかったけど、芳恵さんが気を悪くするといけないと思って無理して口に押し込むようにして食べた。
「ここで働く女の子は誰でも最初に事務所の男の子に廻されるんだけどね、気にしなくていいからね、みんな一度は経験するんだから」
「ほら、その方が気持ちの思い切りが着くじゃない、彼氏に振られたばかりの女の子なんかさ思い切って廻されほうが、気分が吹っ切れるからいいのよ」
「それに一度経験すれば根性も座って、いやなお客さんの相手をするのなんか何でもなくなるから」
「だから、ここで働こうと思ったらね、まず最初に廻してもらったほうがいいのよ」と何だかもっともらしい話しを聞かされてなんだか判らないけどこれからの事を考えると廻された方がよかったらしいと何となく思えてきた。
「じゃあ、持ち物見せなさいよ、何持ってるの」と言いながら芳恵さんは私と彩香ちゃんの鞄を確かめると、お財布の中から現金とキャッシュカードを取り上げた。
お金はもう銀行口座には残ってないのでキャッシュカードはもう何の役にも立たない。
それから鞄に入っていた携帯を取り上げて、替わりに別の携帯を渡してくれた。
「商売の仕方をまず覚えないといけないからね」
「初対面の客に生フェラするってのは最初は誰でもやっぱ抵抗があるけどね」
「でも一回やってしまえばあとは、何回やっても同じだから」
「そのうち、毎日生フェラするのが楽しくて楽しくて、生フェラするのがもう止められなくなるから」
「ここに居る女の子はみんなもう毎日生フェラしてないともうとても我慢できないの」
「あなたもすぐそう成るから別に心配しなくていいのよ」と言われて、どうもこれから大変な事になるらしいとは薄々判った。

 芳恵さんはいつも新入りの女の子を世話してるらしくて、慣れた口調で話しを続けた。
「ほら、ここはシロートの女子高生が売り物の生フェラ倶楽部だからね、シロートっぼくないといけないんだけどね、だけどホントにシロートじゃ困るのよね」
「いかにもシロートっぼくやるのがプロのテクニックなんだから」
「もちろん毎晩生フェラするんだけど、いつでも今日が初めて生フェラする見たいな顔して、こんなこと初めてさせられるみたいに演技するのね」
「それが出来なかったらこの商売はつとまらないからね」
「だけどまあ、最初っからそんなに上手くは出来ないからさ、ともかく体を震わせる練習をするからね」
「ほら、最初の体験とかだとさ、女の子は体が震えて来たりするじゃない」
「それを練習するのよ、もちろん練習だけじゃだめなんだけどね」そう言われてみれば確かに裏生フェラビデオに映っていた女の子達はみな緊張して震えてる見たいな仕草だったけどあれはみんな演技だったのだと私にも裏生フェラビデオの事情が分かってきた。
「じゃあ試しに体震わせてごらんなさい」と言うと芳恵さんはすぐに私の胸の上に手を当ててきた。
「ほら寒くて震えてる見たいにすればいいのよ」と言われてそれくらいなら出来ると思ってなんとか体を小刻みに震わせると「なかなか上手よその調子」と言いながら芳恵さんの手が私の胸を押し回しながら軽く握ってきた。
思わぬ展開に私は急に体が本当に震えだしてきた。
すると芳恵さんは「なかなか上手いじゃないの、いいわよ、その感じ忘れちゃ駄目よ」と言いながら今度はもう一方の手を私の膝に置いてくすぐり始めた。
私の膝が震え出すと今度は私の唇に顔寄せてきた。
思わず私が横を向くと、芳恵さんの舌が私の耳をずるっと舐めてきた。
なんでこんな事になるのかしらと訳が判らなかったがこれが体を震わせる練習だと思ってなんとか頑張った。
芳恵さんの舌先が感じる所を探り当てると、私の体はもう勝手に震えだして止まらなくなった。

 芳恵さんのてが私の胸を下から持ち上げながら押し回して来たとき、ちょうど部屋に男の子が入ってきた。
男の子は別に驚いた風もなく、芳恵さんの横に立つと芳恵さんが「あとはね、他にもいろいろ生フェラのテクニックとか覚えてもらうんだけどさ、練習台が居るでしょう」と言いだした。
確かに女の子だけで生フェラの練習ができるわけはない。
「さあ、早くしなさいよ」と芳恵さんに促されて男の子は申し訳なさそうにズボンのチャックを開けて、パンツをおろした。
「最初は私がお手本を示すから、私のやった通りにすればいいのよ」と言って芳恵さんは男の子の立ったその前に膝をついた。
「さあ、すぐ横でよく見てるのよ」と芳恵さんが言うので私と彩香ちゃんが芳恵さんの両隣に膝を付た。
すると今度は芳恵さんは片方の手を彩香ちゃんの膝の上に載せ、もう一方の手を私の胸に当てきた。
芳恵さんが何をするんだろうと思ってると「何やってるのよ、二人とも体震わせてるのよ、そのくらい言われなくてもさっさとやりなさいよ」といきなり怒られた。
 慌てて私がさっきみたいに体を震わせると彩香ちゃんも真似して体をガタガタと動かした。
芳恵さんは手の感触で私と彩香ちゃんの体が震えるのを確かめながら男の子に舌を使い始めた。
テクニックは一つ一つ名前があるらしくて芳恵さんがいろいろ説明してくれたけどとても全部は覚え切れなかった。
男の子はもう何度も練習台になっているらしくて大人しく芳恵さんにされるままになっていた。
一通り説明が済むと、彩香ちゃんが芳恵さんに教えられながら実際に男の子を相手に練習をしてその次は私の番だった。
男の子はいつも練習台になってるらしくて半分申し訳なさそうな顔で我慢していた。

 一通り生フェラのテクニックの練習が済むと「判ってると思うけど最初の客は内の倶楽部の店長だからね。いま習ったテクニックをちゃんとやんなさいよ。出来なかったら出来るまで練習させるからね」と芳恵さんが言うと彩香ちゃんはなるほどと言う顔をして頷いた。
男の子が奧の部屋に声をかけると、店長らしい男の人が出てきた。
思ったよりも若くて背も高かったが、なんだか雰囲気がやっぱり危ない感じがした。
店長は一人しかいないからきっと、私と彩香ちゃんの二人が店長の相手をするんだと思っていると、店長の後から背の高い女の子が一人付いてきた。
「おい、百合恵、今度の娘はよさそうじゃないか」と店長らしい男が言うので、どうも百合恵さんという名前らしかった。
私が不思議そうな顔で百合恵さんを見ていると芳恵さんが「この人が店長の田中さんだからね、あと百合恵ちゃんは経理やってるの」と紹介してくれた。
生フェラ倶楽部にも経理の女の子なんかいるのかとびっくりしたが、お金を儲けるようとしたらお金の勘定も欠かせないからやっぱり経理係が居るんだとなんとなく納得した。
店長は私と彩香ちゃんの顔を見比べてから「今日はこっちにしようか」と彩香ちゃんの方を指さした。
てことは私は店長の相手はしなくて済むんだと一安心した。
そのとき百合恵さんが私の顔を見て「そっちの女は、譲治にやらせなよ」とぶっきらぼうに言った。
譲治というのは、さっき実験台になった男の子かしらと思ってこれはよかったと思っていると店長が「おい譲治、ちょうどいい女がいるぜ」と部屋の奥に声を掛けた。
「それは楽しみだぜ」と奧から男の低い声が響いてきた。

 部屋から出てきた男は、ずんぐりと小太りで厚く張り出した胸板はまるでテレビでみたプロレスラーみたいだった。
どうやら生フェラ倶楽部の用心棒かなんかをしている男の人らしかった。
今まで私が生フェラした相手は太っているとはいってもお腹が出ているくらいでこんなに筋肉が体中に着いてる人なんか見たことなかった。
これが本当の男らしい男だと思うとなんだか寒気がしてきた。
私の最初のお客がこの男なんだと思うともういやでいやでたまらなくなって、逃げ出したい気持ちで一杯だった。
だけど逃げられる訳はなかった。
芳恵さんは笑顔で微笑むと「楽しんでらっしゃい」と私に声をかけた。
いったい何を楽しめと言うんだろう、楽しい訳なんかないのにと思ったけど私は黙っていた。
すると今度は譲治さんが「たっぷり可愛がってやるからな」と芳恵さんに答えるように私のお尻を触りながら言った。
私は背筋に冷たい水を浴びせられて飛び上がりそうになった。
「じゃあ行こうか」と店長に言われて彩香ちゃんは諦めきった顔で店長と手を繋いだ。
店長と譲治さんは私と彩香ちゃんの手をひっぱって部屋から連れ出した。
両脇を二人で抱え込まれるようにして廊下にでると、他の女の子達が面白そうなものでも見るような顔で廊下の左右に通路を開けた。
外の通りに出たらなんとか騒いで通りがかりの人に助けを求めればなんとかなるかもしれないと思った。
だけど私達が引っ張って連れて行った先はビルの裏口だった。
裏口の青いドアの上には緑色の非常口の文字が明るく光っていた。
ドアを開けると目の前には狭いビルが並びその間に狭い非常階段があった。
ビルの陰にかくれて非常階段からは通りの人影は見渡せなかった。
これでは助けを呼ぶにも呼びようがなかった。

 非常階段を降りると、そのすぐ裏はラブホテルだった。
生フェラ倶楽部の事務所とラブホテルは外からは判らないけど裏口でつながっていたのだ。
確かにそれなら商売がしやすい。
もうどうにも逃げられないのが判って私は諦めて大人しくラブホテルに入った。
裏口からラブホテルの受付に出ると店長が部屋の鍵を受け取った。
小さなエレベーターで最上階に上がると細い廊下が続いていた。
店長が彩香ちゃんを連れて一番奥の部屋に入ると、すぐ手前の部屋に私は譲治さんに連れ込まれた。
部屋の中央には大きな丸いベッドが置いてあり、そばには大きなプラズマテレビが置いてあった。
譲治さんは冷蔵庫からビールを出すと、自分でコップに注いで飲み始めた。
私もビールを勧められて、譲治さんの機嫌を損ねたら困るとおもって少しだけ飲んだ。
譲治さんは私の顔をしばらく見つめてから視線を私の胸に這わせるとつま先までなめ回すように見た。
私はまるで舌で体中をなめ回されたような気持ち悪さを感じてビールを飲む手が止まった。
譲治さんは何度か大きく息をすったあと、DVDのリモコンをテーブルの上から取り上げた。
「おい、お前、この店で俺に逆らったらどうゆうめに会うのか教えてやるからな」と言うと譲治さんはDVDのスイッチを入れた。
わざと抑揚をつけた口調は今までに他の女の子相手に何度も繰り返し口にした台詞だとすぐ判った。
プラズマビデオに映ったのは今まで見たこともない裏生フェラビデオで、彩香ちゃんに見せてもらったのとはもう迫力が全然違っていた。
演技なんかじゃなく本当に女の子が酷い目に遭わされているのが判って私の体が震えてきた。
譲治さんは私の背中に手を回して抱き寄せながら、DVDを早送りした。
信じられないようなお仕置きの場面を延々と見せられて私は体の震えが止まらなくなった。
「言うことを聞かない女は、俺がたっぷりお仕置きしてやるからな」
「どうだ、こんな目に遭いたいか、それとも何でも言うことを聞くか、どっちがいいんだ」とまた芝居がかった口調で譲治さんに言った。
私はもうここまで来て逆らえる訳がなかった。

 私が諦めて譲治さんの大きな体に胸を押しつけて抱きつくと「おい面白いもの見せてやる」と言って譲治さんが、テレビのリモコンスイッチで画面を切り替えた。
プラズマテレビの画像には膝を付いて立っている男の人の前に女の子が三人いて生フェラしてるのが見えた。
別の裏生フェラビデオだと思ったけどどうも違うみたいだった。
よくよく見ると生フェラをしてるのは彩香ちゃんで、男の人はさっきの店長さんだ。
隣の部屋にテレビカメラがあって、いま隣でやってることがプラズマテレビに映ってるんだとわかったけどどうも変だ。
彩香ちゃんのすぐ両脇に誰か二人裸で立って、彩香ちゃんの胸に両側から手を回しながら彩香ちゃんのすぐ頭の上で二人でキスをしている。
男同士でキスするわけないし、お尻の形は女の子の体型だ。
私が不思議そうな顔でプラズマビデオを見てると「あの二人は芳恵と、百合恵だぜ」と譲治さんが教えてくれた。
「女同士のほうがいいらしいぜあの二人。生フェラは大好きな癖に、女が好きなんて訳が分からないな女ってのは」と言って譲治さんが笑った。
彩香ちゃんの部屋がビデオで見えると言うことは私の部屋もテレビカメラがあって別の誰かがに見られてるというのは間違いなさそうだった。
私はとんでもないラブホテルに来てしまったと思ったが、もう逃げようがなかった。
譲治さんがベッドに腰をかけて、上着を脱ぐとズボンも脱いで裸になった。
自慢げな表情で譲治さんが私に向かって足を広げると、私の視線はその巨大な物に釘付けになった。
芳恵さんが楽しんでらっしゃいといった意味が分かって私は呆然として口が開いたままになった。
だけどいったいどう楽しめばいいんだろう。
たとえどんなに大きくても、嫌な相手は嫌な事に変わりはない。
どんなに嫌でもやるしかないと私は自分に言い聞かせた。
譲治さんに命じられるままに朝まで私は生フェラ奴隷の宿命を受け止めた。

 翌日の朝まで生フェラさせられてやっと終わったと思ったら譲治さんが私に「おいお前、生フェラ倶楽部で働きたいかそれともいやなのかどっちなんだ」と聞いてきた。
なんでそんなことをわざわざ聞くのか理由が分からなくて黙っていると「この店はな、生フェラが大好きで毎日生フェラしたい女が自分から働きたいといって働いているんだ」
「無理矢理働かせられている女なんていないんだ」
「お前はどうなんだ、毎日生フェラしたいのかそれともしたくないのかどっちなんだ」と言い出した。
今更ここまでやっておいてやらなくていいなんて話しが通るわけはない。
「私生フェラ大好きなんです、この店で働きたいんです」と私が渋々いうと譲治さんはようやく納得した様子で私の胸をなで回しながら「どうだまだ生フェラしたいだろう」と言いだした。
ここで嫌ですなんて言えるわけがない。
「はい、まだ生フェラしたいです」と私は仕方なく言った。
すると譲治さんは「おい、そんな言い方で生フェラさせてやるわけにはいかないな」
「もっと丁寧に頼むんだな、そうだそこに土下座して頭を下げてお願いするんだ」と言いだした。
もうこうなったら言うとおりするしかないと覚悟を決めて私は床に這いつくばって頭を床に押しつけて「お願いいたします、是非生フェラやらして下さい、私生フェラ大好きなんです、是非お願いします」と譲治さんが喜びそうな言葉を言った。
すると譲治さんはようやく満足したのか「生フェラはまた今度やらしてやるぜ」と言って立ち上がった。
私はここで精一杯媚びを売っておいた方がいいと思って、譲治さんの大きな胸に顔を埋めて抱きついて「また今度可愛がってね」と甘い声を出した。
譲治さんは私の嘘を本気になって信じ込んだ様子で、私の背中に手を回して抱きしめながら背中を撫でてくれた。
私は体中に寒気がしたが、ここで嫌がってはあとで大変なことになる思い、必死で譲治さんの体に抱きついて胸を押しつけた。
譲治さんは機嫌良く私の体を撫で回すと「お前は可愛い女だぜ」と言ってくれた。
私はそれを聞いてすっかり嬉しくなった。

 ラブホテルの部屋を出て事務所に帰ると男の子がお握りを渡してくれた。
ウーロン茶を飲みながらおにぎりを食べていると、彩香ちゃんが百合恵さんや芳恵さんと一緒に事務所に戻ってきた。
私は昨日彩香ちゃんに何があったのか知っていたので何も言わなかったけど彩香ちゃんは「昨日は大変だったんだってね」と言ってくれた。
「芳恵さんから聞いたんだけど譲治さんて凄いんだってね」とまた余計な事を言われたので私はすこし腹が立ったけど、私が隣の部屋でプラズマテレビで見ていた事は知らない様なので私は黙っていた。
お握りを食べ終わる頃、男の子が女の子達に大きな紙袋を渡しはじめた。
なんだろうと思って見ていると店長が出てきて「お前もやるんだ」と私と彩香ちゃんに紙袋を手渡した。
紙袋は大きい割には軽くて中にはティッシュが一杯入っていた。
他の女の子達と一緒に駅前まで行くと、人通りの多い角に立ってティッシュ配りをやらされた。
早朝の駅前には通勤のサラリーマンが大勢歩いていて、ティッシュを渡しても受け取ってくれる人などいない。
たまに受け取ってくれる人がいるだけなので、なかなかティッシュは減らなかった。
ティッシュを全部配るまでは帰れないので私は必死で「お願いします」と声をかけて配ったがそれでも受け取ってくれる人はいない。
ラッシュの時間が過ぎると、今度は人の波がサラリーマンからお店の従業員風の人が多くなった。
昼近くになって買い物客も増え始めてやっとティッシュを受け取ってくれる人も増えてきた。
だけど紙袋に一杯入ったティッシュはそう簡単には空になる訳もなかった。
私は昨日の夜からぜんぜん寝ていないので立った居るだけで目眩がしそうなくらいつらかったが頑張るしかなかった。

 昼近くになって事務所に戻ると事務所のテーブルにおにぎりやお弁当が用意してあった。さっそく彩香ちゃんが大好物のツナマヨネーズのおにぎりを取ろうとしたらすぐに他の女の子に怒られた。
新入りはそんな上等なおにぎりは食べてはいけないらしい。
もちろん焼き肉弁当なんか食べさせてはもらえない。
他の女の子達がまず先にお弁当を選んで食べ始めると、私と彩香ちゃんに残ったのはおかかのおにぎりが一つづつだけだった。
それでも食べないよりはましだと無理して喉におにぎりを押し込むと、そのあとに奧の部屋で他の女の子達と床に敷いてある布団の上で雑魚寝をした。
新入りはもちろんいい場所なんかには寝かせてもらえないが疲れていたのですぐ寝てしまった。
ほんの三時間くらい寝ただけで、昼過ぎからはもう生フェラ倶楽部の仕事が待っていた。
センター街のロッテリアで時間を潰しながら携帯電話がかかってくるのをまって、待ち合わせの場所に行き、大抵はそのままラブホテル直行というのが手順だ。
客は携帯でインターネットにアクセスして、顔写真を見て女の子を選んでは受付の番号に電話してくる。
そこで受付の男の子が待ち合わせの場所と、なにか目印になる持ち物とか服装を教えてくれて今度は待機中の女の子に携帯で電話してくるのだ。
まだ昼近くの時間はそんなに客はいないので、女の子達にとっては一日の内で一番楽な時間だった。
他の女の子達とロッテリアの窓際の席で一休みしているとさっそく芳恵さんが呼ばれたらしい。
電話の様子では相手はいつもの馴染みの客らしくて芳恵さんは手早くお化粧を直すと機嫌良さそうにロッテリアを出て行った。
私はいつ呼ばれるんだろうと思うと胸がドキドキして落ち着かない気分だった。

 芳恵さんが出て行った後少し経ってから他の女の子が私の座ってる隣に来て「ねえ芳恵ちゃんからなんかされなかった」と聞いてきた。
なんの話しなのかすぐには判らなかったけど「芳恵ちゃんはね、生フェラも大好きなんだけど女の子が好きなのよ、それに百合恵ちゃんと芳恵ちゃんは仲がいいのよ。レズなのよレズ、レズって知ってる」と言われてやっぱりと思ったけど私は黙っていた。
「どうして女の子が好きになるのかあなたどうしてだか判る」
「ほら、男の子に酷い目に遭わされると男の子が怖くなって、それでね女の子が好きになるんだってさ」
「だけど生フェラまた別でね、生フェラは大好きで止められないんだってさ馬鹿みたい」
「男に何されるのか判らなくて、怖くて体が震えながら生フェラするのが良いんだって」
「だからいやな男相手に生フェラさせられるのが大好きなのよ、芳恵ちゃんて」と今度は芳恵さんの悪口を言い出した。
生フェラ倶楽部なんかで働いていると普通の生フェラでは物足りなくなって、刺激が欲しくなるらしいけど、怖いほど気持ちいいというのは私には理解できない世界だった。
私はうっかり話しの相手に成らない方がいいと思って黙って聞いていた。
どうやら百合恵ちゃんと言うのは、店長の彼女で百合恵ちゃんと芳恵ちゃんが仲が良くて、という訳の分からない三角関係らしい。
百合恵ちゃんはこの店では生フェラが一番上手くて、それで店長に気に入られたとかだった。
それも普通の生フェラじゃなくていろいろと秘術があるらしい。
こうゆう所で働いていると男も女も普通の関係じゃあ満足できなくなるらしいとだんだん判ってきた。
それに譲治さんというのは、女の子を虐めるのが好きらしくて用心したほうがいいとも言われた。
時々女の子に難癖を付けてはお仕置きだとか言って酷いことをするので、女の子達は怖くて誰も近寄らないそうだ。
私も譲治さんには今度は何をされるか判らないので、言いがかりを付けられないように気を付けようと思った。

 そのうち彩香ちゃんにも呼び出しの電話がありその後すぐに私も呼び出された。
待ち合わせの場所は109の前の地下鉄駅の階段だった。
目印はファイブミニの小瓶。
いったいどんな客なんだろう、もしかして譲治さんみたいだったらやだなと思いながら地下鉄の階段を降りて行った。
階段の下からは地下鉄の駅から昇ってくる乗客がいっぱいいた。
地下鉄の駅の地下道に降りると階段の近くを見回してみた。
するとまだ大学生らしい男の子がファイブミニの瓶を両手で持って立っていた。
男の子もすぐ私に気が付いて、姿勢が合うと表情がかすかに笑顔になった。
私はそれほど嫌な客でもなかったので安心したけど、それでも初めての客なのですぐには笑顔は出なかった。
男の子は私の手を握ると、階段を登って109の横に出て坂を上る小道に進んだ。
生フェラ倶楽部は何度も利用したことがあるらしい様子だった。
坂道を上りきるとラブホテルがあり、すぐ部屋に入った。
私は芳恵さんに教えられたとおりの技を順に繰り出すと男の子はすぐに気持ちいい顔つきで視線が宙にさまよった。
これなら簡単だと私は次から次へと、秘術を繰り出すとあっけなく男の子は終わってしまった。
だけどそれだけで終わってしまっては商売にならない。
私は男の子ががまた元気になるのを待って、時間いっぱいまで生フェラし続けた。
男の子は十分満足した様子なので「また今度生フェラさせてね」と甘えておねだりしてみた。
すると男の子は「金がないから、また来月きっと」と約束してくれた。
男なんてのは生フェラしてもらいさえすれば気持ちいいんだとわかって、この調子なら随分と楽な仕事だと、私はひとまず一安心した。

 その後はまたロッテリアに戻って呼び出されるのを待っているだけだった。
最初のお客の時はさすがに緊張したけど、一度やれば後は何度やっても同じだった。
中にはいやな感じの客もいるけど、生フェラだけしてる分には別に嫌な思いをするわけでもなかった。
相手が誰であろうと手順通りに淡々と仕事をするだけでその内生フェラを楽しむ余裕もでてきた。
夜になるとさすがに眠くて辛かったけど、なんとか仕事をこなすと明け方に事務所に戻ってすこしだけ寝た。
だけどまた朝早く起こされてティッシュ配りをするとまたすぐロッテリアで客待ちだった。
そのうち商売にも慣れてきて、客扱いも上手になった。
適当に手を抜いて一休みしたりも出来るようになると客と一緒に居るのが楽しくて、つぎはどんな客だろうとロッテリアで待つのも嫌でもなくなってきた。
いろんな男の人とお喋りをしていると、なんだか自分が一人前になった気がしてきて誰とでも話せるようになった。
中にはおしゃべりを楽しみたいなんて客も居て、ちょっとオシャレなコーヒーショップかなんかで学校の話しなどしたりする。
普通に話して手も面白くないので、嘘でもいいから適当にエッチな話しを告白すると客は喜ぶ。
なんで生フェラ倶楽部なんかでバイトしてるのかと聞かれたら、もちろん「生フェラが大好きだから」と答える。
「生フェラ倶楽部なら毎晩、何人でも生フェラ出来るし、会ってすぐ生フェラできるから。もう生フェラしてるのが楽しいの」と言えば客も大喜びだ。
「どうしてそんなに生フェラが大好きなんだ」なんて聞かれたら「最初に付き合った彼氏に教え込まれて大好きになったの」なんて答えればいい。
だけどそれだけではちょっと当たり前で芸がない。
ラクビー部のマネージャーをして合宿で、毎晩集団生フェラさせられたなんて話しは客は大喜びしてくれる。
もちろん客の方だって「俺はテレビ局のプロデューサーやってるんだ」とか「俺は産婦人科の医者だ」とか「大学で心理学教えてるんだ」と大嘘をつく人もいる。
いちいち本気にしてたらこの商売はつとまらない。

 私がまだ中学生だと判ると客がよく聞きたがるのは朝の痴漢の話しだ。
女子中学生は誰でも痴漢に遭うけど、男の人は痴漢したくてもなかなか実際に痴漢を実行する人はいない。
普通のラサリーマンだったら痴漢で捕まって会社を辞める羽目にでもなると困るのでうっかり痴漢などやりたくても出来ないからだ。
だから女の子が痴漢に遭った話しだけでも聞いていると喜ぶ。
毎朝痴漢にあって感じて来ちゃって、大勢で囲まれて痴漢されたときはもう我慢できなくてトイレで生フェラしちゃったとか大嘘をつくと客は喜ぶ。
毎朝学校で今日は誰が痴漢にあったのかとか友達同士でいつも話してるのとかすると女子校ってそうゆう所なんだと客は思いこんでまた喜ぶ。
今日は痴漢に遭うんじゃないかと毎日どきどきして電車に乗ってるのとか言うと男は大喜びだ。
嘘を言えば言うほど客が喜ぶので、その内平気でなんでも言えるようになった。
だけど客の中には無駄な時間など使わずに即生フェラしたがるのも居る。
客の言うことは何でも聞くように言われているので、喫茶店のトイレで生フェラしちゃうのもありだ。
ラブホテル代がもったいないと、公園で生フェラさせられることもあった。
だけど別料金はしっかり頂く。
ちょっと変わった客もいて、女子中学生の名前入りのブルマー穿いてる男もいた。
中には風俗で働かせる女を捜すためにわざわざ客の振りをして女の子を呼ぶ男もいる。
そんな男にラブホテルに連れ込まれたら、一晩中天国に行きっぱなしにさせられてしまう。
そうなったらとても生フェラ倶楽部の商売なんてやってられない。
だから相手がプロの場合だけは逃げてもいいと店長にも言われた。


6.家出先は渋谷センター街<< ページトップ >>8.強制生フェラ調教

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]