長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

5.地下鉄痴漢調教

 地下鉄の駅の入り口まで来ると、中村君は電車の切符を買ってくれた。
だけど買った切符は二枚で、一枚は私に渡してくれたけど中村君はもう一枚の切符を持って私と一緒に改札口を通ると階段を降りた。
下から風が吹き上げてきてスカートがめくれそうになり、私は必死でスカートの裾を押さえた。
なんとかホームに降りるとすぐに地下鉄の電車が入ってきた。
駅まで送ってくれるだけだと思ってたけど、どうやら一緒に地下鉄に乗るつもりらしい。
私は別に気にすることもないと思って一緒に電車に乗った。
電車はすいていて、私は奧のドアの横に立った。
中村君はすぐ横でドアのガラスに寄りかかって私を見つめた。
じっと見つめられるとなんだか胸がドキドキしてきたが、中村君は私を見つめるだけで何も言わなかった。
次の駅は乗換駅だったので急に乗客がどっさりと乗り込んできた。
私は体ごと、ドアの角に押しつけられた。
電車が動き出しても私は体を押さえつけられたまま身動きできなかった。
電車が走り出してしばらくして私のお尻に押しつけられた手が変にぐりぐりと動くのに気が付いた。
私の後ろから体を押しつけている男の手の甲だとすぐに判った。
すこしづつ場所を変えながら男の手の甲は、私のお尻の上をなで回すように押しつけられてきた。
痴漢に間違いない。
こんなときに痴漢に遭うなんてついてないと私は思った。
だけどついてないどころの話しではなかった。
私は足をずらして体の位置を変えようとした。
だけど男は足元に大きな鞄を置いて私の足首に押しつけてくるので私は動くことができなかった。
男の手は今度は私のスカートの裾をたぐりよせると、スカートの下から直接私のお尻に触ってきた。
私は指の感触がお尻に触った瞬間に膝が震え出し体中が冷たく凍り付いた。
すると今度は私の胸に他の男の手が押しつけられてきた。
痴漢に囲まれたんだとやっと気が付いた。

 痴漢が全部で何人いるかもすぐには判らなかった。
私はもう自分ではどうにもならないと思い、顔を上げて中村君を見つめた。
中村君は少しにやけたようないやらしい視線が、私の視線とぶつかった。
私は声をだすこともできずにどうやって中村君に痴漢の事を伝えようかと膝が震えたまま目で訴えた。
すると中村君は手にした携帯の画面を私のすぐ目の前に突きつけるようにして見せた。
携帯はインターネットにつながっているらしくて、カラーの画面になにか表示してあった。
よくよく見ると画面には私の顔が映っていて、大きな文字で「今すぐ痴漢して下さい」と書いてあった。
なんで私の顔が映ってるんだろうと思ったとき、中村君が下を向くと携帯の画像は私の腰の当たりを映し出した。
その時私は、中村君のメガネのつるが普通のメガネよりかなり太いのに気が付いた。
それも片方のつるだけ太くて、先に小さな穴が付いている。
テレビカメラが付いて居るんだ、それでさっきから私の顔をインターネットで中継してたんだと私はやっと気が付いた。
中村君が携帯を操作すると別の画面を私に見せた。
すぐには何が映っているのか判らなかったが、私のスカートの下からたった今痴漢してる所を撮してる画像だった。
下に置いた鞄にカメラが隠してあるんだ。
私は急に寒気がして体が震えてきた。
すると中村君がまた携帯を操作して別の画面を撮した。
「トイレで生フェラさせて下さい」と大きな文字が見えて私は気が遠くなりそうになった。
このあと、駅のトイレで生フェラさせられるんだ。
きっとそうだ。
だけど私は逆らったら何をされるか判らない。
きっとこの痴漢の画像はビデオに録画してあるんだ。
それにさっきの歴史考古学研究会の部室にもやっぱり義信さんが言っていたようにテレビカメラが仕掛けてあったんだ。
だから私は絶対逆らえないんだ。
生フェラするしかないんだ。
繰り返し頭の中で自分が今どうにもならない立場なんだと自分で納得するしかもう私には何もできなかった。

 電車が私の降りる駅で止まった。
ドアが開いて私が降りようとすると、私の腰に両側から男の手が差し入れられてスカートのベルトに指が入れられた。
男に両側からつり上げられるような格好でホームに降りると、すぐ前にゴミ箱がある。
ゴミ箱のすぐ横にそのまま歩かせられると、後ろでドアがしまって電車は走り去った。
ほかの乗客は何も気が付かない様子で、登りの階段へと急いで歩き始めすぐにホームには誰もいなくなった。
私の両側の男はまだ私のスカートのベルトに指を差し入れているので私は自分からは歩き出せなかった。
ようやく乗客の足音も聞こえなくなると私は両側からつり上げられる格好でホームの階段を上がった。
半分上がった所で階段は横に曲がっていて踊り場にはトイレがある。
きっとこのトイレで生フェラさせられるんだと私は寒気がして体が震え続けた。
トイレは右が女子用で左が男子用、真ん中が身体障害者用だ。
きっと身体障害者用のトイレに連れ込まれるんだ。
そして集団生フェラさせられるのは間違いない。
なんでこんな事になっちゃったんだろうと自分で自分を責めたが、いったいどうしてこんな事になったのか自分でも訳がわからなかった。
ちょうど階段を上がりきったとき、急に女子トイレからセーラー服を着た女の子が出てきた。
トイレの出口でこちらを振り向い顔は早苗ちゃんだった。
私と目があって早苗ちゃんはちょっと不思議そうな顔をした。
だが一目見ただけで、何も言わずに階段を登り始めた。
中村君は何事もなかったように私の背中を後ろから押して、トイレに行かせようとした。
その瞬間に階段を登りながら早苗ちゃんがちらっとこちらを振り返った。
中村君が小声で何か言うとすぐに私のスカートのベルトに挟まれた指が外されて男達は慌てた様子で階段を駆け下りていった。
階段の下のホームにすぐに電車が入ってくるとドアが開く音がした。
私は膝の力が抜けて座り込みそうになった。

 家に戻ると今日一日何があったか思い出すのもいやで夕食のあとすぐベッドに潜り込んだ。
朝起きてみると、携帯にメールが入っていた。
中村君からだった。
「今日はパンツを穿かずに学校に行くんだ」とだけメールに書いてあった。
もちろん言うとおりにしなければどんな目に遭うか判らない。
私は学校に出かける前にパンツを脱いで押入に入れた。
朝の地下鉄は数駅の距離だったが電車はいつもとても混んでる。
電車に体を押し込むようにして乗ると急に周りから体を押しつけられた。
ホームに居たときからもう周りを痴漢に取り囲まれていたんだと気が付いたがもう遅かった。
すぐに指がスカートの下に入れられてきた。
足元にはこの間と同じように鞄が置かれている。
きっとまたインターネットに痴漢して下さいと中村君が書き込んで、その上テレビカメラでインターネットで公開されてるんだと判ったけどどうにもならない。
電車が止まると、またベルトに指が挟まれて動けないようにされた。
ホームで女の子達が階段を上がりきるのを待ってまたトイレの前まで歩かせられた。
もうだめだトイレで生フェラさせられるんだと思ったとき急にトイレのドアがあいて「掃除中」という看板を水色の制服を着た女の人がトイレの前に置いた。
なんとか助かったと思うと急に体の力が抜けていった。
学校から帰った夕方、中村君が私の携帯にかけてきた。
「おい、お前、彩香をもう合宿に誘ったんだろうな」と確認の電話だった。
私はどう答えていいのか判らなくてついうっかり「まだなんです」と答えてしまった。
すると中村君は「お前、俺に逆らえると思ってるのか、おい言うとおりしないとどうなるのか判ってるのか」と脅し文句で怒鳴りつけてきた。
私は怖くて「すぐ、電話します今すぐ電話します」とだけ答えてすぐ携帯を切った。
彩香ちゃんに電話をしなかったらどんな事になるんだろうか。
いったい今度は中村君がなにをしてくるのか私は怖くて考えることもできなかった。
すこし経ってから携帯にメールが入った。
中村君からだった。
メールにはインターネットの掲示板のアドレスが書いてあるだけだった。
私はきっとまた私の名前で中村君が掲示板になにか書き込んだんだと判った。
とてもアドレスを開けて見る気にはなれなかったけど、なんて書いてあるのか確かめないといけないので必死の思いでアドレスを開けた。
掲示板には私の顔の映った写真と、スカートの下から隠し撮りをした写真が載せてあり、見つけたら痴漢して下さいと通学時間が書いてあった。
私が彩香ちゃんを合宿に誘うまで、毎朝痴漢に遭わなければいけないと思うと私は気が遠くなって目眩がしてきた。

 翌朝になると起きる時間にはまだ早いのに目が覚めた。
枕元に置いた携帯を見ると、やっぱり中村君からメールが来ていた。
「パンツを穿かずに学校に行け」という命令だった。
逆らったら大変な事になる、だけど電車に乗る時間までは指示していない。
そうだいつもより早く電車に乗れば良いんだと私は気が付いた。
きっとインターネットの掲示板にはいつも私が電車に乗る時刻がでてるはず。
だったらそれより一時間も前に電車に乗ってしまえば、痴漢に遭わなくて済む。
私は朝ご飯も食べずに、すぐに家を出た。
いつもの時間よりかなり早いので電車はそれほど混んでいないと思った。
だけど実際に駅に着いてみたら、いつもよりすいてるどころか駅のホームからはみ出しそうになるくらい人がたくさんいた。
学校にいく生徒が乗る時間と、通勤のサラリーマンが乗る時間では混む時間が違うのだと判ったけどもう電車に乗るしかない。
電車が入ってきたので、無理やり体を押し込めてやっとの事で乗った。
電車が動き出しても、体を周りから押しつけられてとても身動きできない。
だけど痴漢に遭うよりはましだと思って我慢してると、押しつけられた体に変な感触がある。
昨日の痴漢の時と一緒で、手の平が指先を動かしながら押しつけられて来るのが判った。
だめだせっかく一時間も早く出たのにもう痴漢さんたちはそれより前から待ち伏せしてたんだ。
おかげで痴漢のしやすい一番混雑した時間に電車に乗ってしまった。
痴漢さん達の手が、昨日よりも大胆に私のスカートの下に入ってきた。
体ごとすし詰めにされているのでもう逃げようがなかった。

 スカートがめくり上げられたとき、私は視線を感じて顔を上げた。
すこし離れたドアの近くでこちらを見ていたのは早苗ちゃんだった。
なんで早苗ちゃんがこんな時間に電車に乗ってるのか判らなかったけど、早苗ちゃんは生徒会の役員なので毎日朝の校内放送をしている。
だから放送の準備のために早く来てるんだと、なんとなくだけど判った。
私は慌てて早苗ちゃんの視線から目をそらせたけど、早苗ちゃんはまだ私の事を見てるようだった。
私は顔を横に向けてうつむき加減にして顔を隠した。
電車が止まってホームに降りたとき私はまたスカートのベルトを後ろから掴まれて動けなかった。
まだ時間が早いのでいつもは大勢の女の子達が降りるホームも人はまばらで、少し前に早苗ちゃんが歩いていくのが見えた。
電車がホームから走り去ると、駅のホームは階段を降りてくる乗客が数人いるだけで誰もいなくなった。
後ろから背中を押されるようにして階段を上がると階段の途中のトイレまで歩かされた。
もう私は逃げようが無かった。
生フェラ女の宿命の時間が通り過ぎるのを私は耐え続けた。
私は生フェラ女なんだと自分で自分に言い聞かせると、気持ちが急に楽になり時の過ぎるのがもう苦痛ではなくなった。
生フェラのあと男達は私をトイレに置いたまますぐ出て行った。
私は少し遅れてトイレから出て階段を上がり始めた。
ふと上を見ると、階段の一番上で早苗ちゃんが私の方を見下ろしているのが見えた。
早苗ちゃんは手元にもっていた携帯をしまうと、慌てて鞄に入れた。
私はびっくりして足が止まったが、早苗ちゃんの顔はすぐ見えなくなった。
階段を上がりきってさっき早苗ちゃんが立っていた場所まで来ると、すぐ横に伝言板があった。
伝言板には白いチョークでインターネットのURLが書いてあり「トイレで生フェラしてます」とその下に書いてあった。
立った今トイレで生フェラしてたのを早苗ちゃんが携帯で見てたんだと判った瞬間に私は体がガタガタ震えだした。

 私は立ちすくんだまましばらく動けなかったがようやく体の震えが落ち着いてきたので学校への道を歩き始めた。
まだ少し早めに教室に入ると授業が始まる前に早苗ちゃんの声で校内放送があった。
いつもの連絡事項の放送のあと「朝、痴漢に遭う生徒がいるので、みなさん気を付けましょう」と早苗ちゃんが大きな声で言った。
やっぱり早苗ちゃんは見てたんだ、携帯で私が生フェラしてたのを見てたんだと判って私はまた体が震えだした。
ホームルームが始まる前に私は教室を抜け出して家に戻った。
もう学校には行きたくなかった。
夕方になって私は勇気をだして、中村君がメールで送ってきたURLを携帯で見ることにした。
今朝みた掲示板にはもう他の書き込みがあり、私の写真はもうどこにあるのか見えなくなっていた。
だけど掲示板には他にもページがあり、別の女の子の写真も載っているのに気が付いた。
もしかして知ってる女の子の写真もあるかもしれないと思い、ページをめくっていくと恵美子先生の写真を見つけた。
なんで希美学園の制服を着た恵美子先生の写真が痴漢のページに載っているのかすぐには意味が分からなかった。
恵美子先生はもう大学生で、高校の制服で電車に乗ることなんか無いはずだ。
だけど通学時間がちゃんと書いてあり、痴漢をした男の人の体験談まである。
私は気になって、ページをあちこち探して別の写真を見つけ出した。
どうも恵美子先生の写真とは少し違う。
よくよく見ると彩香ちゃんのお姉ちゃんの佐織ちゃんに髪型が同じだと気が付いた。
電車で痴漢にあってるのは恵美子先生じゃなくてお姉ちゃんの佐織ちゃんなんだ。
きっとそうに違いないと私はやっと判った。

 私はもしやと思ってこの間の裏生フェラDVDをもう一度居間のDVDプレーヤーにかけてみた。
最初のメニューの画面から恵美子先生がセーラー服を着ているのを選んだ。
恵美子先生が生フェラしてる画像はもう何回も見た。
だけど今回は注意深く恵美子先生が生フェラしている場面を見つめた。
するとやっぱり恵美子先生とは髪型が違う女の子が時々画面に映っていた。
髪を縛っているゴムの色も違うし、髪の長さもちょっとだけ違う。
横から見た顔は恵美子先生にそっくりで、佐織ちゃんに間違いない。
恵美子先生が一人で生フェラしている所とばかり思っていたけど、恵美子先生と佐織ちゃんが二人で生フェラしているDVDだったんだ。
そして、このDVDは去年の合宿の時に撮影したと中村君が言っていた。
その時、恵美子先生の妹も来ていたというた。
恵美子先生の妹というのは、実は佐織ちゃんだったんだ。
佐織ちゃんも去年の発掘の合宿に言って、毎日生フェラさせられてたんだ。
だから義信さんは今年の合宿の事は、佐織ちゃんには言うなと私に口止めしてたんだと私はやっと裏の秘密が判ってきた。
だけど私はいったいどうしたらいいんだろう。
彩香ちゃんは、DVDに恵美子先生だけでなく佐織ちゃんも映っているのを気が付いて居るんだろうか。
私には判らなかった。
それに彩香ちゃんが恵美子先生が生フェラしている写真を学校に持ってきた理由もやっぱり謎だ。

 私はもう一度、運動会の恵美子先生の写真を出して恵美子先生の顔とDVDに映っている顔とを比べてみた。
よくよく恵美子先生の顔を確かめてみると、私は大変なことに気が付いた。
恵美子先生の隣にたっている背の高い男の人は、早苗ちゃんが彼氏だといっていたけど、どうも義信さんらしい。
横顔ではっきりとは見えないけど、髪型も服装も義信さんによく似ている。
私はもっと早く気が付けば良かったと、今頃になって後悔した。
義信さんが歴史考古学研究会だってことは、前から恵美子先生とは知り合いだってことだ。
てことは、恵美子先生の彼氏が義信さんて事だ。
きっと彩香ちゃんは二人の仲に嫉妬して、それで恵美子先生に嫌がらせをしたんだ。
だけどまだ判らないことがいっぱいある。
私は頭の仲がごちゃごちゃになって何がなんだか判らなくなった。
いったい何がどうなってるんだろう。
訳が分からなくて頭の中はいくら考えてもこんがらかるだけだった。
そんなとき携帯にまた中村君からメールがあった。
「彩香に電話して、合宿に誘え、いますぐ電話しろ」とメッセージが入っていた。
私は彩香ちゃんを合宿になんか誘えるわけないし、DVDをこっそり持ち出したことも話すわけにも行かないと思った。
それに彩香ちゃんのお姉ちゃんの佐織ちゃんが毎朝痴漢にあっていてビデオまで撮られてることもどう話したらいいんだろうか。
それにもう明日からとても学校には行けない。
早苗ちゃんがきっと学校中に言いふらしてるに違いない。
「有紀ちゃんてね、朝トイレで生フェラしてるの」って学校中の噂になってるに違いない。

 私が携帯をもったままどうしていいのか判らずに落ち込んでいると突然携帯の着メロが聞こえてきた。
着メロはこないだ設定したばかりのモーニング娘の新曲なので彩香ちゃんからだとすぐ判った。
私が携帯にでると「あたし、家出するの、有紀ちゃんも一緒に家出して」と彩香ちゃんが突然言いだした。
「私ねママが義信さんに生フェラしてるの見ちゃったの」
「もうずっと前からみたいなの」
「それにねパパも浮気してるの」
「相手は、恵美子先生なの。私知ってるの」
「恵美子先生がおねえちゃんのセーラー服着て、パパに生フェラしてるの見たことあるの、ホントよ」
「最初はお姉ちゃんがパパに生フェラしてるんだと思ってびっくりしてたんだけど、お姉ちゃんじゃなくて、恵美子先生なのよ」
「恵美子先生がづっと前に、家庭訪問で内にきた時があってね」
「それから、不倫してるの。私全部知ってるの」
「それからね、パパの会社の女子社員の女の子がね、内の近くにアパート借りてるのも見つけたの」
「ママが居ないとき、ちょくちょく来るからどうも変だと思って後をつけたら、家のすぐ裏通りのアパートだったの」
「ママは、洗濯したり掃除したり全然しないから、その女子社員がねママが居ないときパパが携帯で電話するとすぐ飛んできてね、掃除したり、それにコインランドリーに洗濯物もっていったりしてるの、私全部知ってるんだから」
「それにね、ママは毎日六本木で遊んでるんだって」
「私ママとお姉ちゃんが話ししてるの聞いちゃったの」
「暇そうに歩いてると、男の人が声を掛けてくるから、いっしょにお茶を飲んで、すぐトイレで生フェラしちゃうんだって」
「『声をかけられたら五分で生フェラ』ってすごい裏技があって、ママがそれをお姉ちゃんにも教えたんだって」
「私の家はもうめちゃめちゃなの。こんな家に私とてもいられない」と彩香ちゃんが涙声で話し続けた。
私も明日から学校になんか行きたくない。
彩香ちゃんが家出したいって言ってるなら、家出してしまえばもう彩香ちゃんを合宿に誘わなくても済む。
「うん、一緒に家出しよう、私も家出する」と私が言うと彩香ちゃんも「うん、明日の朝すぐ家出するの。学校に行く途中で家出するのよ」
「お金をあるだけ持ってきてね」と言うと電話は切れた。

 私はこれでもういやなことは全部忘れてしまえるんだと思うと胸がすっとした。
明日家出するには何を持って言ったらいいんだろう。
だけど着替えなんかを揃えたりしたら家出するのがばれてしまう。
私はお正月にもらったお年玉の残りを貯金箱からだして定期入れにいれてからベッドに入った。
なんだか胸がドキドキして、修学旅行の前の日のような気持ちだった。
朝起きても私は気分がうきうきしてて嬉しくてしょうがなかった。
携帯のメールを確かめるとまた中村君から「パンツを穿かずに学校に行け」とメッセージが来ていた。
だけどもうそんなこと気にしなくて良いと思うとせいせいした。
家を出て地下鉄の駅前まで行くと、もう彩香ちゃんが駅の階段の入り口で私を待っていた。
普段学校に行くときと同じ格好で、スカートも腰で巻いて短くしている。
いまの時間にホームに降りれば、痴漢さんが待ち伏せしている。
彩香ちゃんと一緒に地下鉄に乗れば、彩香ちゃんまで痴漢に遭ってしまう。
私は「ねえ、電車きっと混んでるから、すこし遅れていったほうがいいと思うんだけど」と彩香ちゃんに言ってみた。
あやかちゃんも「今の時間は、すごい混んでるってお父さんも行ってたから時間遅らした方がいいわね」と言うので私と彩香ちゃんは駅前のロッテリアに入った。
バニラシェークを二つ頼んで席を探すと、彩香ちゃんはすぐに窓際の席に座った。
私が前に義信さんと一緒に来たとき座った席だ。
「ねえ、お金持ってきた」と私が彩香ちゃんに聞くと、バニラシェークを飲みながら彩香ちゃんがキャッシュカードを定期入れから取りだして見せてくれた。
「これがあれば大丈夫、小学校のときから貯めたお年玉が預金してあるの、これでいくらでもおろせるの」と言うので私はこれで一安心と思った。
九時すぎまでロッテリアで時間を潰して、いよいよ家出を実行する時が来た。


4.強制生フェラレイプ<< ページトップ >>6.家出先は渋谷センター街

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]