長編官能小説 私の大好きな生フェラ

by七度柚希

目次

1.私が生フェラを大好きな理由

2.先生も生フェラが上手

3.私の生フェラ初体験

4.強制生フェラレイプ

5.地下鉄痴漢調教

6.家出先は渋谷センター街

7.渋谷生フェラ倶楽部

8.強制生フェラ調教

9.姉妹レズ強制調教

10.声を掛けられたら5分で生フェラ

4.強制生フェラレイプ

 私はベッドの中で目を覚ました。
目を開けながら、私はラブホテルのベッドに寝ているはずだと思った。
きっと横には義信さんが寝ているに違いないと思って、天井を見るといつもの蛍光灯が見えた。
横を見ると隣に居るはずの義信さんは見当たらない。
目に入ったのいつもの私の部屋だった。
昨日着ていたはずのラップスカートが椅子に掛けてあり、私の勉強机の上には鞄が置いてあった。
自分の部屋に間違いないと判って私はほっとした。
だけど昨日どうやって、ラブホテルからこの部屋に戻ったのか全然覚えていない。
そうだ夢だったんだ、昨日ラブホテルに行ったのは全部夢だったんだ。だから覚えてないんだ判って急に私は気分が楽になった。
だけど昨日の出来事を思い出してみると彩香ちゃんの家の前で義信さんに声を掛けたのは本当だったはず思い直した。
それは絶対絶対間違いない。
そのあとロッテリアでバニラシェークを飲んでそこでトイレに連れ込まれて生フェラしたんだろうか。
いやそんなはずはない。話しを始めて五分でもう生フェラしてるなんてあるはずない。
じゃあ私はロッテリアでバニラシェークを飲んだあとどうしたんだろうか。
きっと一人で家に帰ったんだ。
だけど全然覚えてないのはどうしてだろうか。
時計を見るともう11時過ぎだった。
土曜日なので学校はないが、もう起きる時間だ。
まだ眠い目を擦りながらベッドから起きると頭が痛くて目眩がした。

 きっと寝過ぎたからだと思い私は部屋の中を見回してみた。
なにも変わった事はない、だから昨日の夜も何もなかったはずだ。
私は昨日学校で親に見せる通知があったのを思い出して机の上の鞄を開けてみた。
昨日義信さんに渡して問いつめるはずだった赤いDVD−ROMはまだ鞄に入ったままだった。
てことは、私は義信さんとロッテリアには行かなかったことになる。
だとすればトイレで生フェラなんかするはずはない。
DVD−ROMはまたこっそり彩香ちゃんの引き出しに返しておこうと思ってしまおうとしたとき私は変な事に気が付いた。
私が彩香ちゃんの家から持ってきたDVD−ROMは一枚だったはずなのに、確かめてみると二枚ある。
一枚には「生フェラ狂いの女、女子高生編」とうっすらと赤い文字で書いてあるのが見えた。
だけどもう一枚には何も書いてない。
そんなはずはない、絶対そんなはずはないと思いながら、私は居間にパジャマ姿のまま行ってみた。
お父さんはいつも土曜日は接待ゴルフで居ない事が多い。
お母さんも買い物か何かで出かけてるみたいだ。
家に誰もいないのを確かめて、私はDVDプレーヤーにDVD−ROMを入れてみた。
最初に出るメニュー画面が、八人の顔写真なら彩香ちゃんの家から持ってきたDVD−ROMだ。
だけど映った画面は違っていた。
いきなりソファーに座った女の子が映った。
白のカットソーに、チェックのラップスカートは昨日私が着ていた服装そのままだった。
正面向いた顔は、眉が半分つり上がって口が半分開いた生フェラ顔だった。
これが生フェラ顔なんだ、私の生フェラ顔なんだと思うと寒気がしてきた。
昨日の出来事は全部本当だったのだ。
それを全部義信さんがビデオにとって私の鞄に入れたんだと判って私は体中が震えてきた。
すぐにDVD−ROMをDVDプレーヤーから取り出すと私は部屋に戻った。
どうしていいのか判らなくて私はすぐにベッドに潜り込んでお布団を被った。
体中が震えて止まらなかった。

 お昼過ぎにお母さんが起こしに来た。
私はお昼御飯を食べずに、椅子に掛けたままになってる昨日の服を着ててロッテリアの前まで行ってみた。
もちろん義信さんがいるはずはない。
誰も座っていない窓際のカウンター席に昨日私は座っていて、そしてラップスカートの下に手を入れられたんだ。
それ通りを歩いている人にずっと見られてたんだ、私が生フェラ顔をしてるのをずっと見られたんだと思うと涙がこみ上げてきた。
家に戻りながら、なんとかしないといけないと何度も繰り返し自分に言い聞かせた。
ラブホテルの部屋にはビデオカメラが置いてあって、私が生フェラしてるのを全部撮影されたんだ。
その時のビデオのテープは義信さんが持っているはず。
DVD−ROMはいくらでもコピーできるから、テープを取り戻さないといけない。
どうしたら返してもらえるんだろう、お金で買えば良いんだろうか。
だけどお金なんかあるはずない。
次の日曜日、私は一日部屋に閉じこもってどうしたらいいのか考えた。
パパには何も言うわけにはいかないママにも言えない。
彩香ちゃんにだってとても相談できない。
いったいどうしたらいいんだろうと一人で悩み抜いてやっとアイデアを思いついた。
そうだ彩香ちゃんのお母さんに告げ口して、アルバイトを止めさせると義信さんに言ってテープを返してもらおう。
彩香ちゃんの家庭教師のアルバイトを止めさせられたら、義信さんは困るはずだ。
だからアルバイトを止めたくなかったら、テープ返しなさいといって義信さんに迫ればいいんだ。

 月曜の午後、私はまた彩香ちゃんの家の前で義信さんを待ち伏せした。
この前と同じくらいの時間に義信さんが出てくると、私はすばやく行く手を遮った。
「この間撮ったビデオ返して下さい、そうしないと彩香ちゃんのママに言いつけて家庭教師やめさせてもらいます」と心の中で何度も練習した言葉をやっとのことで言った。
すると義信さんは慌てた様子で「いや、そんなことされたら大変だ、ビデオは返すから、すぐ返すから」と私に頼み込んだ。
これで上手く行ったと、私は心の中で叫んだ。
「本郷の方にビデオは置いてあるからこれから来てくれないか」と義信さんが言い出した。
「本郷ってなんですか、それまたラブホテルなんですか」と私が聞き返すと「有紀ちゃん大学の事だよ、本郷といえば東大の本郷に決まってるだろう」と半分笑いながら答えてくれた。
そう言えば東大は本郷とかいう場所にあると、恵美子先生も言っていた気がした。
私はすぐに笑って「なんだそうだったってすか」とすっかり楽しい気分になって、義信さんについていった。
地下鉄で三駅ほどいくと、電車を降りて階段を上がった。
狭い通りを少し行くと大通りにでて、ずっと先に木の枝が舗道の上に張り出しているのが見えた。
舗道には東大生らしい学生が大勢歩いていて、もうすぐ初めて行く東大の校舎だと思うと気分がうきうきしてきた。
横断歩道を渡ると目の前に赤く塗った大きな門が見えた。
修学旅行の時見た神社の門みたいな古い木の門だった。
これがあの有名な赤門なんだと私はすぐに気が付いた。
大勢の学生が赤門の下をくぐり抜けて中に入ったり出てきたりしていた。
この人達みんな東大生なんだと思うと胸がどきどきしてきた。

 義信さんと一緒に赤門をくぐると、古い建物が左右に並んで奧まで並木道が続いていた。
これが東大なんだと思いながら建物を見上げながら奧の噴水まで来るとそこを左手に曲がった。
右手には大きな森のように木が茂っていて、左手には古い石造りの校舎がずっと続いている。
しばらく歩くとプレハブの建物が見えてその手前に右手にはいる小道があった。
大きな木が左右に並んだ間をすこし行くと弓道場が見え赤い的が並んでいた。
そのまた少し先に小さな木造の校舎があり、今にも壊れそうな入り口から一番奥の部屋に入った。
部屋は衝立のような仕切で区切ってあって、角にはバケツがたくさん並んでいて、素焼きの粘土細工の欠片がいっぱい山積みに入っていた。
壁にはポスターみたいな貼り紙が一杯してあり、写真も何枚か貼り付けたあった。
こんな所に生フェラビデオが隠してあるのかしらと私は不思議な気持ちで部屋の中を見回した。
部屋の奥で「リーチ一発ツモ」と大きな声が聞こえた。
私はリーチというのは麻雀で使う言葉だと彩香ちゃんに聞いたことがあった。
義信さんが部屋の奥に入ると私も後から付いていった。
衝立の奧には古い畳が敷いてあって、麻雀のテーブルが中央に置いてあり東大生らしい学生が四人テーブルを囲んでその周りで二人の学生が麻雀のテーブルを覗き込んでいた。
「おい連れてきたぞ」と義信さんが言うと男の子達は一斉に私の方を向いた。
彩香ちゃんはいつも「麻雀する人って大嫌い、人相が悪いのよ、麻雀する人ってみんな麻雀するときは人相の悪い麻雀顔になるの」と言っていたのを思い出した。
彩香ちゃんのパパが会社の人を連れてきて月に一度は麻雀をするのをママはとてもいやがっていて、いつも彩香ちゃんに「将来は麻雀するような人と付き合ったらだめよ」と言ってるらしい。
「だけど男の人はみんな麻雀するからそうしたら付き合う相手がいなくなっちゃう」と彩香ちゃんはいつも言っていた。
「生フェラ顔」というのもあるけど「麻雀顔」ってのもあるんだと男の子達の顔つきを見て私はなるほどと納得した。

「この女生フェラしたいんだってよ」と義信さんがぶっきらぼうに言うと男の子達は一斉に麻雀のテーブルを持ち上げた。
いったい何をするんだろうと思って見ていると、テーブルの上に載っている白い麻雀パイを崩さないようにそっとそのまま横の机の上に片づけたのだ。
麻雀のテーブルのあった場所には、小さなコタツのテーブルがそのまま見えた。
男の子達はコタツの周りに置いてあった座布団をコタツの上に放り上げるようにして載せた。
私は男の子達がいったい何をしているのかさっぱり訳が分からなかった。
すると義信さんが私の背中を押した。
私の膝がコタツの角に押しつけられ私はコタツの上に載せられた座布団に腹這いに寝かせられた。
男の子達が私の手足を押さえつけると私はもう身動きができなくなった。
なんでこんなことするのと思ったとき私は前に見た裏生フェラDVDでも同じ場面があったのを思い出した。
自分も同じ事をされるんだと思うと体中が震えて止まらなくなった。
男の子がラジカセの音を大きくして部屋中にうるさいラップが鳴り響いた。
もう逃げられないと思うと急にからだから力が抜けて今度は涙がこみ上げてきた。
もうどうでもいい、どうなってもいいんだと自分に言い聞かせると少しは気分が楽になって涙が止まった。
終わりのない時間が繰り返し私の体を突き抜けて通り過ぎた。
息が苦しくて目眩がしそうな瞬間が繰り返されると、私の体は暗黒の闇に突き落とされた。
生フェラが全部終わった時、私の目にはまた急に涙がいっぱいこみ上げてきて止まらなくなった。
体中が小刻みに震えて、男の子達が私の体から手を離してもすぐには起きあがれなかった。
ようやく息が少し楽になって顔を上げるとすぐ目の前のテーブルに埴輪が置いてあり、その顔はいつか教科書でみた生フェラ顔そのままだった。

 私がやっと体を起こすと、義信さんがすぐに私の体を引き寄せた。
まだ泣き続ける私の体を義信さんは軽く抱きしめながら、背中撫でてくれた。
「生フェラしたかったんだろう、生フェラしたかったからここまで付いてきたんだろう」と耳元で囁かれると確かに私は生フェラしたかったんだという気分になってきた。
「女の子は生フェラ大好きなんだよ」と義信さんが私の耳たぶを舌先で嘗めながら囁いてきた。
私はきっと義信さんが誰にでも同じ言葉を言うんだと思ったけど、私だけはきっと別なんだと思った。
私がやっと泣きやむと「夏になれば合宿があるんだ、お前も合宿にでてこい、いいな」と義信さんが言い出した。
「合宿ってなんの合宿なんですか」と私が聞き返すと「決まってるだろう、ここは歴史考古学研究会なんだ、発掘をやるんだ」
「彩香もいっしょに誘って来るんだ、二人で一緒に合宿にきて、発掘の手伝いをするんだ」
「料理を作ったり、掃除や洗濯したりして部員の世話もするんだ」そう義信さんに言われて私は目の前にどうして埴輪が置いてあるのか理由が分かった。
それに入り口に置いてあるバケツに粘土細工の欠片がいっぱい入れてあったのは発掘で掘り出した土器の欠片だったのだ。
なるほどここは歴史考古学研究会の部室なんだと判ったけど、どうして部室で麻雀してるのかはやっぱり理由が飲み込めなかった。
「だけど彩香には歴史考古学研究会の事も発掘のことも何も言うなよ」
「友達の別荘に誘われたとか言って連れ出すんだ」
「それに姉貴の佐織にも何もいうんじゃないぜ、友達の別荘だと言えば俺が誘ったとは判らないはずだ」と義信さんにしつこく念を押された。
私が黙っていると「おい、わかってるのかお前はもう俺には逆らえないんだぞ。この部屋にはテレビカメラが6台仕掛けてあって、全部ビデオに録画してあるんだ」
「今日の事を誰かにしゃべったりするんじゃないぞ、彩香にも言うんじゃない」
「言ったりしたらどんなことになるのか判ってるのか」と急に義信さんが怖い顔で怒鳴り散らた。
私はさっき生フェラしたのが全部ビデオに撮られたんだと聞いて急に怖くなったが、部屋のどこを見てもテレビカメラなんか見当たらなかった。
私は義信さんが私を脅かすために作り話しをしてるんだと判って、怖がることはないと少しは気が楽になった。

 義信さんはまた私の体を抱き寄せると、背中を擦りながら今度は優しい声で「お前はいい女だぜ、生フェラが上手な女は俺は大好きなんだ」と耳元で囁いてきた。
「俺がもっといい女にしてやるぜ」と義信さんの呟くような声が耳をくすぐると私は義信さんの為にもっといい女になるんだと自分に言い聞かせた。
いい女になれば義信さんもきっと私の事を大事にしてくれるに違いないと信じて私は体を義信さんに押しつけた。
義信さんの片方の手が私の胸の上に押し当てられると、私は目眩がしそうな気分で次第に息が楽になっていきた。
ようやく体の震えが止まると私は「義信さんの言うとおりになんでもしよう、それしかない」と心に決めて今度は自分から義信さんの体に強く抱きついた。
義信さんが私の体を強く引き寄せて抱き返してくれたので私は急に嬉しくなって涙が出てきた。
義信さんが何度も私の体をなで回した後「おい、中村、こいつを送っていってやれ」と言いながら私の体を突き放した。
私はもっと抱きしめていて欲しかったのにと思ったが、私のすぐ横にまだ一年生らしい男の子が近づいてきた。
義信さんとは違ってまだ半分高校生みたいな顔立ちは、なんとなく親しみを感じる雰囲気だった。
この人が中村君なんだ、それで中村君が私を送ってくれるんだと思ったらなんだか嬉しくなった。
中村君は、私の鞄を取ると忘れ物がないか確かめてから出口へと私を案内してくれた。
なんだか以外と気が利くし優しそうな感じだと私はまた嬉しくなった。

 古い木造の校舎の外にでて私はさっき来た方角に戻ろうと弓道場の方に歩きかけた。
すると中村君が「帰り道はこっちだから、こっちから帰るんだ。道が違うよ」と声を掛けてきた。
中村君が指さす先は、細い道で大学の裏手に通じていた。
どうして違う道から帰るのか理由は分からなかったけど私は中村君と並んで歩き始めた。
両側に小高い木立が並ぶ道を少し進んで横に曲がると、広い通りに出た。
古い校舎が両側に並んでいるけど、さっきの赤門から来た道と違って学生の姿は全然なかった。
私にはこっちの道から帰るように指示された理由が分かってきた。
泣いたばかりの顔の女子高生が、人通りの多い大学の校内を歩いて帰るのは都合が悪いのだ。
大学の裏門をでると、また人通りの少ない通りに出た。
道に沿って続く塀の奧には大きな木がたくさん植えられていて何も見えなかった。
私はこんな所を男の人と二人で歩くのは初めてなので何だかドキドキしてきた。
急に抱きしめられてキスされたりしたらどうしようかと思っていたけど、中村君は何も言わずに私の横を歩くだけだった。
しばらく歩いて大通りにでると、ようやく活気のある商店街が見えてきた。
結局何事も起こらずに私はがっかりとした気分になって、大通りの両脇に並んでいる店を眺めた。
しばらく歩くと、小さなビルの横に地下鉄の駅の看板が見えて来た。
きっと中村君は私をこの地下鉄の駅まで送って別れるつもりなんだと私は思った。
だけど私にはまだ中村君から聞きたいことがいっぱいあった。
恵美子先生のことや、佐織ちゃんのこと、それに肝心の合宿のこと。
恵美子先生も去年発掘に言ったことがあると話していた。
もしかして恵美子先生が言っていた発掘っていうのは、さっき義信さんが言っていた発掘の合宿の事なのかもしれない。
でも合宿の事を何で佐織ちゃんに話したらいけないんだろう。
どうして私から彩香ちゃんを誘わないといけないんだろう。
なんとか中村君から聞き出さないと謎は解けるわけはない。
チャンスは今しかないんだと私は心に決めた。

 ちょうど駅の手前の角にロッテリアがあるのが目に入った。
私はともかくロッテリアに中村君を誘うしかないと思い「私、喉乾いちゃった」と精一杯甘えた声で言ってみた。
中村君はロッテリアが目の前にあるのに気が付いて「何か飲んでいく」と私に聞いてきた。
「私、バニラシェーク飲みたいの。もう暑くてたまんないから、ねえおごって」とまた精一杯甘えて中村君の手を両手で掴んで引っ張った。
中村君はやっぱり男の子で中学生の女の子に甘えられてはとても逆らえない様子だった。
私がレジでバニラシェークを頼むと中村君はアイスコーヒーを頼んだ。
窓際のカウンターの席に私が先に座ると中村君は私の横に並んで座った。
「私、恵美子先生とこの店きたことあるんです」と私はとっさに思いついて嘘を付いた。
中村君はべつに驚いた様子もなく「そう言えば恵美子のやつ、出身校の希美学園で教育実習したとか言ってたけど、お前も希美なのか。あそこは女ばっかだろう。エッチな話しばっかいつもしなるんだっな」と納得した顔でアイスコーヒーを口にしながら答えた。
「そうなんです、もうみなん生フェラの話しなんか当たり前で。恵美子先生生フェラ得意なんですってね、それで私先生に生フェラ習ったんです」とまた口からでまかせの大嘘をついた。
「そうなんだ、じゃあお前も生フェラ女なんだ」と中村君が言うので「なんですか、その生フェラ女っていうのは」と私は思わず聞いてしまった。
「生フェラが大好きで、毎日生フェラしてないと我慢できない女を生フェラ女って言うんだ。恵美子は生フェラ女なんだぜ」と中村君がいかにも知ったような口調でいうので、私はだんだんと裏の事情が分かってきました。
やっぱり恵美子先生が言っていた発掘というのは歴史考古学部の合宿のことで、去年はその合宿に恵美子先生も参加したのではと思って「去年の合宿には恵美子先生も来たんですか」と聞いてみると「ああ、そうだよ」とあっけなく中村君が教えてくれた。
私はその合宿というのは発掘だけではなくまだ他にも秘密があると目星をつけた。
「じゃあ、合宿でも生フェラするんですか、発掘したあと」と何気なく気軽な口調で聞いてみると「ああ、去年の合宿じゃあ、恵美子が毎晩生フェラしてたんだぜ」
「だけど、今年は恵美子のやつ就職活動があって、合宿に来られなくて、生フェラしたくても出来ないんだ」
「いくら生フェラ女でも、学生だから就職活動はやらない訳には行かないから」と言うのでなるほど私と彩香ちゃんが合宿に誘われたのはそうゆう訳なんだと判ってきました。

 私はここで上手く話しをもっていけばもっといろいろ聞き出せると思い、今度はどんな嘘を言おうかと考えた。
すぐにはいいアイデアは浮かばないだけど何でもいいから言えば何とかなると思った。
「希美学園てね、ほら地下鉄の駅前にあるでしょう、それでね、あの地下鉄は痴漢が多いんですよ。ほら途中に乗換駅があるでしょう、あそこで狙うんだって」
「そんで急行で途中まで乗ってくる希美学園の女の子が狙われるんだって」
「恵美子先生も、毎日痴漢に狙われてたんだって」と私は口から出任せをいった。
すると中村君は、女子高生のエッチな話しには興味があるようで「どうしてそんなこと知ってるんだ。恵美子がそんなこと話したのか」と体を乗り出して聞き出そうとしてきた。
「ほら、毎日痴漢にあう女の子がいてね、早苗ちゃんていうんだけど、すごい胸がおっきい子でね。恵美子先生に相談にいったら、恵美子先生も痴漢にあってたって話してくれたんだって」とまた勝手に作り話をした。
「痴漢の人は待ち伏せしてるから、時間を変えるようにってアドバイスしてくれたんだって」
「それでね、痴漢にあっても我慢してると、もう毎日やり放題されて、最後にはトイレに連れ込まれて生フェラさせられちゃう女の子もいるんだって」とまた私は上手く話しを繋いだ。
「それでね、きっと恵美子先生トイレで生フェラさせられたんだって私思ってね」
「それで私も恵美子先生に痴漢にあってますって嘘付いて相談に行ったの」
「そしたら、ね」と私はすっかり調子に乗ってしゃべり続けた。
「先生がね、痴漢にあったら生フェラさせられちゃうから気を付けなさいって言うのね」
「それで私が、生フェラってなんですか、って知ってたのにわざと聞いてみたの」
「そしたら先生困っちゃって、だけど女の子だから知らないともう困る年頃だし」とかいって教えてくれたの。
「女の子はみんな生フェラ大好きなのよ」って先生が言うのでね、それで私ね「先生も生フェラ大好きなんですか」って聞いてみたのね。
「そしたら、大好きだって先生私に告白したの」
「そんで、先生が生フェラしてるビデオをこっそり見せてくれたの」と調子よく作り話を続けた。

 中村君は恵美子先生の生フェラビデオを私が見たという話しになったとき急に身を乗り出してきて「お前が見たっていう生フェラビデオはどんなやつだったんだ」と聞いてきた。
やっぱり中村君も恵美子先生の生フェラビデオの事を知ってるんだと思って私は「セーラー服着てるから高校の時のだと思うんだけど」と試しに言ってみた。
「ああ、あれか、あれだったら、去年の合宿の時取った奴だ」
「恵美子のやつ高校の時の制服持ってきたんだ、それに妹まで連れてきたんだぜ」と上手く話しを聞き出せた。
やっぱり去年の合宿では、恵美子先生が生フェラさせられたんだ、それも高校の制服着て、オマケに妹さんまで連れ出して来たんだと思うとようやく謎が解けてきた。
だけどまだ判らないことが一杯ある。
「所で、恵美子が高校の時撮られたビデオも見たんだろう」と中村君が言い出した。
私は他にもまだ恵美子先生が映っているビデオがあると判ってびっくりしたけど、ここはなんとか調子を合わせて話しを聞き出すしかないと思った。
「あ、もちろん見せてもらいました、なんか凄いビデオなんで私びっくりして」と適当に調子を合わせながら「いったいどこで撮ったんですか、あのビデオ」とそれとなくビデオの内容を聞き出そうとした。
すると中村君は話題を変えて「所で朝地下鉄で痴漢にあったりすることあるだろう」と言いだした。
私はまだビデオのことが気になって、なんとか話しをさっきのビデオの話しに戻そうと思って「本当に凄いビデオでびっくりしちゃったんです私」とまたわざと驚いた顔してみせた。
すると中村君は急に私の膝に手を載せながら私の目を見て「お前もビデオみたいにされたいんだろう」と言うと今度は真顔で私の顔を見つめた。

 私はこれはチャンスだと思って「女の子だったら誰でもそうですよ」とうまく調子を合わせた。
「じゃあ、今すぐやってやっても良いんだぜ」というと中村君は私の膝の上に載せた手の指先をくすぐるように動かしてきた。
私はきっと今すぐ生フェラさせたいんだとぴんときた。
今すぐと言えばきっと今すぐトイレで生フェラさせたいんだ。
それなら恵美子先生が映ってる高校の時のビデオというのはトイレで生フェラしてるビデオに違いない。
だけどどうして恵美子先生がそんなビデオ撮らせたんだろうと私はまた疑問がわいてきた。
「私そのビデオまた見たいんですけど」と今度はすこし遠回しに言ってみた。
「ああ、あのビデオだったらすぐ見られるぜ」と中村君が答えたので、私はどうゆうことなのかすぐには判らなかった。
今すぐ私にトイレで生フェラさせたいばっかりに中村君は調子のいい事を言ってるんだろうかと私は半信半疑になった。
中村君の気持ちを確かめには良い方法があると私はとっさに思いついた。
私は中村君の手が載せられている膝を小刻みに震わせてすこしだけ開き加減にした。
膝の震えは中村君の指先にも伝わっているはずだ。
女の体が震えていれば男が思うことはただ一つ「この女、感じてやがる、生フェラしたいんだ」に間違いないのは早苗ちゃんも言っていた。
どうせ早苗ちゃんは誰かに聞いた話の受け売りだろうけど私は違う。
実際にいま中村君が「この女感じてやがるぜ」と思ってるのは間違いない。
私はわざと中村君の顔を見ずに視線を宙に浮かせて、唇を半分開けて、眉をよせてつり上げた。
これが生フェラ顔だと自分でも自信があった。

 中村君は指先を私の腿の内側にそってスカートの奧まで入れてきた。
やっぱり男の子はみんなやりたいことは同じなんだと私は自分が男を上手くあしらっているのが得意な気分になった。
指先をくすぐるように動かすと、今度は手のひらを強く押しつけるようにして私の腿を開かせようとした。
私はわざとすこし嫌がるように足を閉じようにして少し逆らうそぶりをしてから、腿の間を少しづつだけど拡げた。
中村君の指先はまたくすぐる動作を繰り返しながら今度はもっと感じる所に届いてきた。
きっと私の顔色を伺っているはずだ、今だと思って私はもっと目をつり上げて息を荒くした。
中村君が私の耳元に口を寄せて「おい、いますぐやりたいんだろう、トイレに行くんだ」と囁いてきた。
私はこれで上手くいったとすっかり上機嫌になって思わず顔が笑いそうになった。
生フェラをする前にわざと焦らしながら聞き出せば、きっと中村君は何でも喋ってしまうに違いない。
残りのバニラシェークをストローで飲み干した後私が席を立つと、すぐに中村君が私のお尻に手を当ててきた。
中村君に後ろから押されるようにして、トイレに行くと私が先に入ったあとすぐに中村君が入ってきた。
生フェラするには私が座れば良いんだと思って中村君のと向き合う姿勢を取ろうと振り向こうとしたら、中村君が「おい、お前今すぐパンツ脱げ」と私の耳元で小さく呟いた。
パンツを脱ぐってことは生フェラだけじゃないんだと私はすぐに判った。
生フェラだけならトイレでできるけど、それ以上はトイレでさせられるのはやっぱりちょっとためらった。
だけど言われたとおりにするしかない。
私が中村君に背を向けてパンツを脱ぐと中村君は待ちかねたように私の手からパンツを奪った。
私はもう何をされてもいいと覚悟を決めた。
中村君がトイレのドアノブに手をかけたとき、私は急に足が震えてきた。
だけど中村君はそのままドアを開けて外にでていってしまった。
私は呆気にとられて中村君の後からロッテリアを出た。
なんだ中村君は私のパンツが欲しかっただけなんだ、大学生とはいえ去年まではまだ高校生だ。
女の子のパンツが欲しい年頃なんだと思うと中村君の背中を見ながら急に可笑しくなって笑いが止まらなくなった。


3.私の生フェラ初体験<< ページトップ >>5.地下鉄痴漢調教

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]