長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

6.恋人交換相互勧賞喫茶

6−1 喫茶店で待ち合わせ

 翌日も女子大から帰ったあと頑張って名簿を見ながら電話を続けては見た物のすぐに迷惑そうに電話を切られてしまい、とても契約など取れそうになかった。
 どうしようかと途方にくれて、私はまた昨日の勇次さんに電話することにした。
「もしもし、谷口有希ですけど昨日はごめんさい」と私からひとまず謝ると勇次さんは「昨日は、どうして帰っちゃったの、せっかく来てくれたのに」といい加減な返事でごまかすだけで、悪いことをしたとは思っていなみたい。
「今度またお話したいんですけど」と言ってみると「じゃまた、来てくれるかな、今度はステーキにしよう、神戸牛の良いところ用意しておくから、近くにいい肉屋があってね」とアパートに誘われた。
「また、料理作ってくれないか」と何度も誘われたけど前回で懲りていたので「喫茶店であいましょう」と押し通した。やがて勇次さんもアパートに誘うのは諦めたのか、喫茶店で待ち合わせすることになった。
「夕方は仕事で遅くなるから、会社の近くまで来てくれないか、その方が話しもゆっくりできるから」と勇次さんに言われて今度は池袋の東口の喫茶店で会うことにした。
 池袋にはコーラス部の合コンのあと二次会で何度か来たことがあるけど、教えられた場所はゲームセンターの裏手で見覚えのある場所。
 一人で立っていると通りすがりの男の人に「暇だったら、カラオケでも行かないか」とか何度も声をかけられた。
 男の人に誘われるのは初めてだったので何か不思議な気がしたけど、池袋ではこれが普通の様で近くで待ち合わせをしている女の子も声を掛けられていた。
 今度はちゃんと契約してくれないと困るんだけどと思っているとだんだん気持ちが不安になり立っているのもつらい気持ちになってきた。
 約束の時間の少し前になってメールが携帯に届いたので開けてみるとまたフェラチオの写真。前に送られた写真は口だけだったけど、今度は顔も半分写っていてウットリと半分夢を見ているような顔だ。私は野口君が芳恵さんにフェラチオをさせようとしたときの事を思い出して、あのとき自分がフェラチオしてたらどんなだったろうと思いながら写真を見ていた。

6−2 螺旋階段

 時間より少し遅れて勇次さんが来ると私達は一緒に喫茶店にはいった。中は三階建てになっていて中央に吹抜けの螺旋階段がある。ちょうど螺旋階段のすぐ脇の席が空いていたので二人で座った。
 なんとかして契約を取ろうと思ってまた「お嬢さんが喜びますよ、アメリカンに留学するんだったら、もう絶対必要です」と英会話の教材を勧めてみた。
 勇次さんはあまり気乗りしない様子で口をつぐんだまま。
「私もこの教材で勉強してるんですが」と話しを続けようとした時に、女子高生が二人店に入ると、階段を上がって行った。スカートは腰のところで丸めてあるらしくて、極端な程短い丈。
 あんなスカートで階段を上がれば下から丸見えなのに、よく平気なのねと私はびっくりしてしまった。
 螺旋階段のせり出した曲がり角を昇るとき、短いスカートの下に体操用の赤いショートパンツを穿いているのが見えた。
 私は女子高生が平気な顔で階段を昇っていく理由は判ったものの、やっぱりとんでもない子達だと思った。
 勇次さんも私の視線に気が付いたのか、女子高生のスカートの下をちらっと見上げたようだけどすぐに私に向き直った。
「なんとかお願いできませんか、お願いします」と私が話しを続けると「俺の言う通りにすれば契約してやってもいいよ」と勇次さんが言いだした。
 これでなんとかなると思って「どんな事ですか」と私が聞き直すと「今すぐパンティーを脱いでこの階段を一番上まで上がって、下まで降りてきたら契約してやる」と勇次さんがとんでもない事を持ち出した。

6−3 きっぱり断る

 私はあまりの話にあきれ果ててしまった。いくらなんでもそんなことできないと思い勇次さんの顔をにらみつけた。
 しかし勇次さんは平気な顔をして「どうなんだ、やるのかやらないのか」と言い続てる。
 私は自分が今すぐパンティーを脱いでこの螺旋階段を上まで昇って降りてくるのを想像して見た。
 この間ビックカメラで芳恵さんがエスカレータに乗った時みたいに、体中から火が吹き出そうなくらい恥ずかしくて、膝が震えてくるのは間違いない。
 私も今すぐ芳恵さんと同じ恥ずかしい思いをしてみたいと身体が熱くなってきた。足元が震え始め、私はもう自分が逃げられないと半分覚悟を決めた。
 そのとき「どうだ、本当はやりたいんだろう、やりたくてたまらないんだろう、真面目な顔しやがって本当はドスケベなんだろう」と勇次さんが私の耳元に囁いてきた。
 私は急に腹が立って「そんなことできるわけないでしょう、馬鹿にしないで下さい」と勇次さんに言い返した。
 勇次さんは私の言葉を聞いても別に動じる様子もなく「俺は別に契約してもしなくてもいいんだ、契約しなくてもいいんなら、それでもいいんだぜ」と相変わらず強気な態度。
 私はもうこれ以上は話しをしてもしょうがないと思い「今日はどうもありがとうございました」と言って席を立った。
 勇次さんは伝票を取ると会計でお茶代を払ってくれた。私は一応は礼を言った方がいいと思って「今日はどうもごちそうさまでした」と言ってみた。
 勇次さんは「いや、いいよ、また今度お返ししてくれれば」とわざと嫌みな返事を返してきた。
 まあお茶代は払ってもらったんだからと私はひとまずは気持を落ち着けた。

6−4 ナンパ待ち

 私は喫茶店の前で勇次さんと別れると池袋の駅まで行こうと歩きはじめた。しかしお金はなんとかしないといけないし今日はこのまま帰る訳にもいかないと思い直した。
 さっき喫茶店の前で男の子に声をかけられたのを思いだして、もう一度さっき喫茶店の前まで戻った。
 どうにかなると思ってしばらく待っていると、さっきはあんなに男の子が声をかけてきたのになかなかそれらしい男の子は近寄ってこない。
 気が付くと私のすぐ側でまだ中学生くらいにしか見えない女の子がやはり待ち合わせをしているらしくてしきりに携帯でメールをしてる。
 赤いタータンチェックのミニスカートに黒のハイソックス姿はいかにも幼い雰囲気で、男の子が私よりもそっちの女の子に声を掛けるのは仕方ない気がした。
 このままでは帰れないと思い、私は思いきってスカートの腰の所を巻き上げてその中学生みたいにスカート丈を短くしてみた。
 するとやっぱりスカートの短い女の子は男の子に狙われやすいみたいでさっそく声をかけられた。
「待ち合わせですか」と聞かれ「ええまあ」と適当に答えると「どう、友達来るまででいいから、いっしょにお茶でも飲まない、立ってても疲れるだけだよ」と誘われた。
 私は誘い方が慣れてるから危ないとは思いったけど、そこをうまく利用すれば裏をかいて契約が取れるかもと思い直した。
「いいですよ」と私が小さい声で答えると男の子はすぐに私の手とって喫茶店の中に引っ張り込んだ。

6−5 同伴席

 男の子は慣れた様子で私を地下のフロアーにつれてきた。
 下の階は照明が暗くてなんだかテーブルの配置も変だ。座席はみんな二人用になっていて背の高いついたてのようなもので区切られていた。
 私は二人並んだ席の奥に押し込められるように座らされた。テーブルがすぐ前にあって一度座ってしまうと身動きもでない。
 目が少し慣れてくると薄暗い照明ランプが垂れ下がっているのが見えた。なんだか変な所に来てしまったような気がしたけど英会話の契約をとるまで帰れないと思った。
 男の子はさっそく「どう、最近遊んでる」と気軽に話しかけてきた。
「どんな遊びしてるの、やっぱりカラオケとかかな」と調子よく話しかけてくるので「そうですね、カラオケもしてますけど、やっぱり英会話の勉強ですね」と無理矢理に、英会話の教材の話を始めた。男の子は「勉強好きなんだね」と言って呆気にとられたようで、黙り込んでしまった。
 コーヒーも飲み終わりどうしようかとおもっていると、私の膝に男の子の手が載せられてきた。これは困ったことになりそうと思ったけど、二人がけの奥の席からは立ち上がることも出来ない。
 指先がゆっくりと私の膝頭をくすぐる様に動き始めた。いったいなにをされるのかしらと思ったけど、むずがゆいようなくすぐったさが、膝から広がり始めた。私は腰から力がしだいに抜けていった。
 指先がスカートの下から腿の間に差入れられてきた。私はびっくりして息を飲みんだけど、席は狭くて身動きできない。ようやくどうしてこんな変な席の配置になっているか気がついた。
 男の子に体を押し付けるように押し当てられ思わず目を閉じて壁ぎわに体をよせると、耳元に唇の感触が触れてきた。私は目眩がしそうな気持ちでため息をついた。

6−6 スミレの園

 腿の内側を何度も男の子の指先がくすぐるように動くと、しっかり閉じていたはずの腿の間に隙間が広がっていった。
 足を閉じなければと必死で思ったけど力をいれようとしても足は勝手に開いてしまう。
 男の子の指先が開いた腿の間に滑るように入り込み、パンティーの上から敏感な所をなぞり始めた。私は腰が奥から震えてきてもう止まらなくなった。
 こんなにされたこと本当に初めだし、どうしていいのかも分からなくなっていた。
 男の子が耳元で「こないだナンパした女も希美女子大って言ってたぜ、希美女子大の女はみんなドスケベ女なんだな」と囁いて来た。
 私は誰か私の知ってる女の子かもしれないと思い「それで、どこでナンパしたんですか」と聞いてみた。
 男の子はすぐに「スミレの園って店なんだ」と教えてくれた。
 私はスミレの園という店の名前は確かに先輩の誰かが話していたような気がした。
「ナンパしたあとは、どうしたんですか」と私は気になって聞いてみた。すると「面白い店なんだこれから行ってみないか。この近くにあるんだその店。いけば分かるから」と男の子が耳元でまた囁いた。
 私はもしかしてナンパされたのは芳恵さんかもと気になって、男の子の言う店に行ってみることにした。
 男の子が先に席を立つと、私は狭い席から腰をずらしてやっとのことで立ち上がった。 男の子はすぐに私の手を取ってまるで逃がさないようにでもするようにすぐ私の腰に手を回してきた。
 階段を上がってレジで支払いを済ませて店から出ると、すぐ裏手の路地に入った。
 私はどこかで見たような景色だと思いよくよくあたりをみると、合コンで何度か来たことのある裏道だ。
 細い道を少し歩くと、ビルの裏手の非常階段が見えた。裏口は開いたままになっている。鉄骨だけでできた非常階段を四階まで上がるとドアから建物の中に入った。
 少し古びたビルの廊下にはドアがいくつか並んでいて、一番奥のドアには小さな看板でスミレの館と書いてあった。
 いったいドアの中はどうなっているのかしらとちょっと不安な気持ちだったけど、どんな店なのか確かめるまでは帰れないと心を決めた。

6−7 ブルーベリーカクテル

 店のドアを開けるとダンス音楽のうるさい音がドアから飛び出すように聞こえてきて中はまっ暗。
 男の子に手を引かれて奧入るとそれほど広くない店内にはテーブルやソファーがあちらこちらに置いてあるけど照明は薄暗い紫色で変な雰囲気。
 店員がテーブルの一つに私たちを案内して「お飲み物はなんにしますか」と聞いてきた。
 男の子が「いつものブルーベリーカクテル」と頼んだので、一応はお酒を出す店かと思ったけどなんだか納得できない気分。
「ここでナンパしたんですか、希美大学の女の子」と聞いてみると「そうそう、彼氏と来ててね、勝負パンツはいてたんだぜ、ピンクのレース模様のすけすけのやつ」と言われて、もしかして芳恵さんの勝負パンツのことかしらと気になった。
 さっきの店員が飲み物をお盆に載せて持って来るとテーブルに載せて奥に戻った。
 私は男の子に勧められて断る訳にもいかないと思いグラスを口に運んだ。
 口の中に変な苦みが残る飲み物で、飲み込んだとたんに胃袋が急に燃えるように熱くなった。
「なんなんですか、このお酒」と聞いてみると、「あ、ただのカクテルだよ、ちょっと強いけど」と言われた。
 目が慣れてくると部屋の様子が段々とわかってきた。横隣のカップルに目をやると大変な光景が目に入った。
 通路側に座った女性が横に座った男の腰に顔を埋めて、お尻をこちらに見えるように突き出しててる。
「ここはね、相互鑑賞喫茶っていうんだ、ああやってお互いに見せ合うんだ」と男の子に言われて私はこんな店があるんだと納得した。

6−8 ワナビー

 その時流れているダンス音楽が変わってスパイスガールズのワナビーの曲が店一杯に響いて来た。
 私はやっぱり芳恵さんが野口君に連れ込まれたのはこの店だと確信した。
「それで、その女子大生はどうしたんですか、その後」と恐る恐る聞いてみると「もっと面白い遊び教えてやるからって言ってやったら、ラブホテルまで付いてきたんだ」
「ダチを呼んで朝まで廻してやったら、まだ足りないって言うからね」
「三日ほどそのラブホテルに監禁して、廻してやったんだ」
 そう言われて私は大学を三日も休めるはずはないと思い「いつの事なんですか、それって」と聞いてみた。
「先週の金曜日にナンパして、土日にラブホテルに監禁したんだ」と答えが返ってきた。
 ちょうど希美女子大の紅葉祭の日程なので芳恵さんであるはずはないしと私はひとまず安心した。
 しかし新入生の百合恵さんが紅葉祭に出てこなかったのを思い出して私はまた心配になった。
「ホントに自分から廻して欲しいなんて言いだしたんですか」と聞いてみると「彼氏にしゃがみ達磨やらされたんだってよ、そんで子宮が痺れて感じっぱなしになって、もう男が欲しくてたまらないんだと」と当たり前のように答えた。
 私が黙り込むと今度は怖い顔で「どうだ口でやりたいんだろう、さっき携帯で何見てたか知ってるんだぜ」と男の子が怒鳴りつけてきた。

6−9 恋人交換

「インターネットの掲示板に写真載せて、フェラチオ大好きです、喫茶店の前で待ってますから声をかけて下さいと、載せたのはお前だろう」と男の子が言い出した。
「相互勧賞希望って書いてあったよな、フェラチオしてるの見られたいんだろうこのドスケベ女」と言うと、いきなり私をソファーに押し倒して両方の足首をつかむと真上に持ち上げてきた。
 私はなんとか手足を暴れさせて身体を起こそうとしたけど、男の子は手慣れた手つきで私をソファーの上に押さえ込んだ。
 男の子は片方の手を私のお尻の後ろに回してパンティーを脱がせにかかった。
 私は暴れようとしたけど、男の子は上手く私の足をつかむ手を持ち替えて手際よく私のパンティーを脱がした。
 私はもう逃げられないと思い目に涙がこみ上げてきた。もう私が抵抗しないと思ったのか男の子は私の身体から手を放すと、私の前に立ち「じゃあ、口でやってもらおうか、大好きなんだろう」と腰を近づけてきた。
 もうやるしかないと思ったとき、急に後ろの女の子が「いやいや、やめて絶対や」と大声で叫んだ。
 男の子が後ろを振り返ると、さっきのカップルの女の子が相手を交換したらしく別の男性が女の子の腰に顔を埋めてる。
 後ろ姿だけしか見えない男は背の低い割にはでっぷりと太っていて頭は禿げ上がってる。

6−10 猿轡

 よくよく見ると女の子の手と足は細い縄で縛られて、ソファーの上に身動きができないように足を開いて座らせられてる。
「誰かタスケテー」と女の子がまた大きな声をだすと男が白い玉に皮の紐のついた道具を取りだして、女の子の口にくわえさせ頭の後ろで縛り付けるのが見えた。
 その道具はちょうど猿轡の役目をするらしくて、女の子はもう声を出せなくなりうめき声だけが部屋に響いた。
 もうどうにもならないと観念した女の子はやっと大人しくなると今度は目から涙を一杯にためて泣き出した。
 猿轡の下から女の子の泣きじゃくる息音が聞こえてくると男の子が私の耳元で「あの女これから廻されるんだぜ、借金が返せないから身体で返すんだ、そのあとはデリヘルに売り飛ばされるってわけだ、裏金融から金をかりるとこうゆう事になるんだぜ」囁いてきた。
「男が欲しくてたまらない身体にされて、あとは男に身体を売るのが止められなくなるんだ、お前もそう成りたいんだろう」と言われた。
「そんなにうまく行くんですか」と試しに聞いてみると「女を淫乱にする薬があるんだ、それを飲まされて廻されたら、もう逆らえないんだぜ、ほらさっきお前も飲んだ薬だ」と言われてやっぱりさっき飲んだ飲み物が変な味だった理由が分かってきた。
「ほら綺麗な身体のまま金で買われると、最初の客のことが忘れられなくなるだろう」
「だから商売を始める前に廻してもらったほうが本人の為にもなるんだぜ、こんな親切な話はないだろう」とまで男の子が言い出した。
 このままじゃ大変なことになると気が付いたけど私の身体は重たくなって身動きができなくなっていた。

6−11 赤のミニスカート

 そのとき急に私の背後で「何なのよいったいこれ」と女の子の大きな声が聞こえた。
 店のドアから二人の男の子に両側を挟まれて入ってきたのはさっき見かけた、赤いタータンチェックのミニスカートを身につけた中学生の女の子。
 女の子の視線は口に猿轡を噛まされて恥ずかしい格好で縛り上げられている女の子に注がれているのが分かった。中学生の女の子は急に怒り出すと一緒に来た男の子はなんとかなだめようとしてる。
 女の子が店を出ようとすると男の子が腕を取って無理やり店の中に引っ張り込んだ。
 半分倒れ込みながら足を引きずられて女の子は私のすぐ目の前に押し倒された。
 女の子が立ち上がろうとして手を伸ばすと私の手を掴んだ。
 私の体は女の子の手に引き寄せられて体が半分ソファーから立ち上がった姿勢になった。
 暗い店の中で見分けが付かなかったのか中学生の女の子を連れてきた男の子が私の髪の毛をつかんで振り回しながら私の頬に平手打ちを食らわせてきた。
 あまりの痛さに急に私の気持ちがはっきりしてくると、重かった身体が急に軽くなった。
 今しかないと思いとっさに私は目の前に立った男の子に体当たりでぶつかった。男の子は予期しない出来事にドスンと音を立てて簡単に床に倒れ込んだ。
 私はそのまま店の出口まで駆け出すと、後ろも見ずにドアから飛び出した。
 ビルの廊下の先にはさっき上がってきた階段が見えた。パンティーを脱がされているので階段を降りるのは恥ずかしくて死にそう。
 男の子が追いかけて来ると思い私は必死で階段を駆け降りた。下を歩くカップルが見上げたような気がして、膝ががくがくに震えてきた。やっと下まで降りると腰が震えて立っていられなくてしゃがみ込みそうになった。
 ともかく駅まで急がなければと思い、私は小走りに駅まで駆けていった。ようやく地下鉄の入り口の階段まで来ると私はほっとして息が収まるの待った。いったいなんでこんなことになるのかしらと腹の立つ思いがこみ上げてきた。


5.身体で売る英会話教材<< ページトップ >>7.逃げられない調教の罠

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間