長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

4.嘘で固めた調教の罠

4−1 電気ポット

 やっと紅葉祭も終わった翌日、私は心理学研究室の技官の中内さんに呼び出された。
「あのね、お宅のコーラス部に電気ポット貸したでしょう、ほら紅葉祭で喫茶店やるからって言うから」
「だけどね、戻ってきた電気ポットが違うのよ、内のはね電動で給水できる最新式なのよ、これ手で押す奴でしょう、ちゃんと返してもらわないと困るんだけどね」ときつい口調で言われて私は困ってしまった。
 まさか別のポットを持ち帰る人がいるわけがないと思い、誰がどのポットを持ってきたかの記録は残っていない。
 芳恵さんとも相談してみたけど内の大学の女の子がそんなことするわけがないので、勝手に新品のポットを持っていったのは東大の男の子に違いないと芳恵さんが言い出した。
 東大から手伝いに来てた男の子で電気ポットを持ってきてくれたのは三人だけなので、その中の一人が犯人に違いないというのが芳恵さんの結論。
 私はあまり気が進まなかったけど東大のコーラス部の部長に連絡を取って確かめてみた。
 折り返し部長から返事があり「三人に確かめて見たけれどもみんな自分の持っていったポットを持って帰ったと言っているんだ」
「だけどそのうち二人はエアーポットで手で押す奴だから、犯人がいるとすれば野口しかいない」
「あいつは二浪しててね、医学部が志望だったんだが、結局入れなくて教育学部に入ってるんだが、郷里には医学部に合格してノーベル賞を目指して頑張ってるとか言ってるらしくてね」
「あいつはいろいろ他にも悪い噂があるので、たぶんそう言う事をするのはあいつしかいないだろうだろう」と打ち明けてくれて犯人が分かりホットした。
 しかしどうやって電気ポットを取り戻したらいいのか私にはあまり気が進まなかった。 私は芳恵さんとも相談してみたけどが良いアイデアも浮かばないので、ともかく野口君のアパートまで行ってみる事にした。

4−2 奪われた唇

 教えられた住所は東大の裏手で、地下鉄で数駅乗れば私のアパートからもすぐ近くの場所。
 不安な気持ちで住所を確かめると、狭い路地に木造の古いアパートが建っていた。
 風呂もない部屋のようでやっぱり電気ポットを盗んだのはこの部屋の野口君に違いないと思えてきた。
 二人で野口君の部屋のドアをノックすると、見覚えのある顔に私はびっくりしてしまった。
 紅葉祭の前日に夜遅くなったとき、百合恵さんにつきまとっていた男の子に間違いない。
 芳恵さんも男の子の顔に見覚えがあるのに気が付いてちょっといやな顔をして私の方を見た。
 私はなんとか電気ポットを返してもらわないと帰れないと思い「もう部長さんから連絡が行っていると思うんですけど」と言ってみた。
「ああ、聞いてる」と野口君が言うので私が代わりの電気ポットを渡そうとすると「おい、お前ら、内にあるポットはもともと俺が持って行ったのを持って帰って来たんだ、間違えたのはお前らなんだ」と言い出した。
「なに言ってんのよ」と芳恵さんが怒鳴りつけると「おいこの写真みてみろ」と大きく引き延ばした写真を取りだしてきた。
 ピンク色のレース模様の下着が映っている写真は、紅葉祭で芳恵さんのフラメンコの衣装が破けた時の写真。
「あのとき、俺が下を歩いてたんだ、ちょうど持ってた携帯で撮したんだ。どうだ俺に逆らえると思ってるのか、この写真をインターネットにでも載せてやろうか」と言い出されて私達は言葉に詰まった。
 これ以上変なことになれば、いったい何をされるか怖くて考えることもできない。しかし芳恵さんはいきなり「なに考えてんのよ、馬鹿なこと言うんじゃないわよ」と怒鳴り返した。
「あんた、親には医学部入ったなんて嘘ついてて、ノーベル賞取るんだなんて言ってるの知ってるのよ」と芳恵さんが言うと野口君は「この女、デリヘルに売り飛ばすぞ」と怒鳴りつけ、いきなり芳恵さんの頬をひっぱたいた。
 芳恵さんが悲鳴をあげると今度は両手をつかんで芳恵さんの頭の上にねじあげて芳恵さんの唇を強引に奪った。
 私はいきなり訳の分からない出来事が目の前で起きてなにがなんだか分からなくなった。
 芳恵さんは顔を左右に振ってなんとか唇を奪われるのを逃げようとしたけど、顎を押さえつけられて防ぎようがない。
 芳恵さんはもがきながら手を伸ばして私の手をしっかりとつかむと、私を引き寄せてきた。
 野口君の舌先が芳恵さんの舌にからみつくねっとりとした音が聞こえ、芳恵さんはもう逆らう事ができなくなってるみたいだ。

4−3 開き直り

 野口君は芳恵さんの顎を押さえていた手を、芳恵さんのスカートの下に入れると指を使い始めた。
「どうだ、しゃがみ達磨してやようか、どうなんだ」
「こないだ見てただろう、あそこの歩道橋で」
「今度は、お前をやってやろうか」と野口君が脅すような調子で芳恵さんを責め始めた。
 私はなんとかしなければいけないと思い「しゃがみ達磨なら私がします」と自分でも訳が分からないまま叫んだ。
「だめよ、有希ちゃんは黙ってて、よけいなこと言わないでよ」と今度は芳恵さんに叱られて私は何も言えなくなった。
「もう、許して、今日はもうこれで帰して」と芳恵さんが野口君にお願いすると「分かってるのか電気ポットを間違えたのはお前らだ」と怒鳴り返された。
 芳恵さんは急に大人しくなると「私達であとは、なんとかしますから今日はこのまま返らせて下さいお願いします」と急に玄関の土間にしゃがみ込んで手をついて土下座をした。
 私はそこまでする事はないのにと思ったけど、野口君はいきなりズボンの前を芳恵さんの頬に押しつけて「いますぐしゃぶれ、しゃぶるんだ、そうすれば許してやる」と言い出した。
 私はあまりの展開に言葉も出ずに、芳恵さんの後ろで立ち尽くしてしまった。
 芳恵さんは私の方に振り返ると「ちょっと有希ちゃん、外に出ててよ、いいから外に出てって」と急に怖い顔で私に言い放った。
 私はどうしていいのか分からずに、芳恵さんを残したまま玄関先から外にでてドアを閉めた。
 ドアに耳を寄せて中の様子を伺って見たけど、野口君がなにか大声で怒鳴りつけ芳恵さんが小声で返事をしているのが聞こえるだけで、何を話しているのかは分からなかった。
 随分と時間がたってから、ドアの開く音がして芳恵さんが泣き顔を拭いたばかりのように化粧の崩れた顔で出てきた。
 どうゆう訳か芳恵さんは、いつもの紺のプリーツスカートを腰で丸めてまるで女子高生のようにスカートを短くしてる。
 さっきまでは長いままだったのでたった今野口君に言われて短くしたらしいけど、私は理由を聞く勇気がなかった。

4−4 ビックカメラのエスカレータ

 二人で野口君のアパートから帰る途中で「電気ポットのことなんだけどさ」と芳恵さんが話しを切り出した。
「あの心理学研究室の中内さんてさ、性格悪いので有名でね、とにかく陰険なのよ」
「それでお見合いしても、断られつづけてさ、そんで、また性格悪くなったらしくてね」
「ともかく、このまま手ぶらじゃ帰れないしさ」と言うので私も困り果ててしまった。
 結局私達は池袋のピックカメラで新品の電気ポットを替わりに買うことにした。
 池袋行きの地下鉄に乗るためにホームへの階段を降りていくと、下から降りてきたばかりの乗客が上を向いて階段を登ってきた。
 ふと男の目が芳恵さんに向けられてすぐにそらすと、芳恵さんは急に膝が震えたような歩き方をして腰からしゃがみ込みそうになりながらやっと駅のホームまで降りた。
 私は何があったのか分からずに、不思議な気持ちがするだけだった。
 ピックカメラの店に着くと案内板を頼りに、エスカレータで三階まで行くことにした。
 エスカレータのステップに乗っていると、またさっきと同じように芳恵さんの膝が震えて手に持ったバッグが小刻みに揺れるのが分かった。
 三階まで登っててから広い店内で電気ポットの売り場を探すと、電気ポットがたくさん並んでいて、どれを買ったらいいのかすぐには分からない。
「控え室で撮った記念の写真があるから見てみるわね」と芳恵さんが言って携帯をだして調べてくれた。
「きっとこれよ」と芳恵さんが指さすと確かに見覚えのありそうなポットがった。店員さんに「このポット下さい」と言ってレジに並ぶと先輩がコーラス部で使ってるポイントカードがあるからと言ってお財布から小さなカードを出した。
 ポイントは結構たまっていて、私と芳恵さんで半分づつ残りを出してもたいした金額ではなかった。
「ほら、クラブで使うときは領収書いるからね、ポイント使わないでいつも溜めてるから」
「こないだの学園祭の時もいろいろ買い物したからポイント結構たまってるのよ」と芳恵さんが言ってくれたけど、勝手にポイントを使って怒られないかしらと私は心配だった。
 野口君の古い汚れた電気ポットはもう見るのもいやなので、店で処分してもらうことにした。

4−5 謎の行動

 レジも済んだあとは、新しく買った電気ポットを二人でぶら下げて店を出た。
 池袋の駅前の広場までくると「有希ちゃんね、私ちょっと用事があるから、あとは大学の研究室まですぐ届けて来てくれない。あそこの研究室だったらいつも夜十時時くらいまでは誰か残ってるから少しくらい遅くなっても大丈夫だから」と芳恵さんが言うので私は地下鉄乗り場に通じる地下道を一人で降り始めた。
 途中まで降りて何気なく上を向くと、ちょうど芳恵さんがくるりと向きを変えて歩き出す所。
 紺のスカートの裾が回りながら広がって、下から見上げるとパンティーを穿いていないのがはっきりと分かった
 私はさっきから芳恵さんの様子が変だった理由がやっと分かって急に胸が悪くなるような感触がこみ上げてきた。
 野口君の命令で下着を穿かずに地下鉄に乗って買い物をさせられたのに間違いない。
 しかしそれだけで済むわけもないし、きっと芳恵さんがこのあと野口君に呼び出されているに違いないと思った。
 私は電気ポットを持ったまま階段を上がって来た道を戻ってみた。
 大通りには大勢の人が歩いていて、もう芳恵さんがどこに行ったのか見当も付かない。
 私はもしやと思いこの間の学園祭の前の日にみんなで行った喫茶店に行ってみる事にした。
 すこし離れて店の前を確かめるとやっぱり芳恵さんが不安そうなそぶりで、携帯を出して誰かと話してる。
 話しが済んだらしく携帯をしまうと芳恵さんは一人で喫茶店の横の細い道を入って行った。
 私は少し遅れて芳恵さんの入っていった道を確かめてみたけど、もう芳恵さんの姿はどこにも見みあたらない。
 うっかり大騒ぎをすれば今度は私が野口君に見つかってまたややっこしいことになっても困ると思い、私は諦めて池袋の駅に戻った。
 地下鉄で大学の裏手の駅まででると、公園に通じる坂道を上がって裏門から部室に戻りった。
 コーラス部室にはまだ学園祭の時の衣装の片付けをしている女の子が数人残っていた。
 副部長には私と芳恵さんが勘違いしてたということにして謝まった。

4−6 心配で電話してみたら

 電気ポットを心理学研究室の中内さんに届けると私は近道をしてまた裏手の公園に通じる小道を通ってアパートに帰った。
 ひとまずコーヒーを入れて一息つくと、もし私が今日野口君の所に一人で行ってたら大変な事になっていたといろいろ思いを巡らせた。
 妄想の中で私が野口君に唇を奪われ、両手をついて土下座した所をフェラチオを強制され、恥ずかしい思いをしてビックカメラのエレベータに乗り、最後に喫茶店に呼び出されるというストーリを想像すると急にからだが熱くなってきた。
 とても我慢ができなくなって私は指をこっそり感じる所に押し当ててゆっくりと震わせながら動かした。
 野口君に喫茶店に連れ込まれたあとは私はなにをされるのかしら、近くの公園にいってわざと回りに見えるようにフェラチオさせられるのかしら、それともあの芳恵さんが言っていた「しゃがみ達磨」かしらと思って指を動かし続けた。
 一人で野口君の所に行けばよかった、絶対そうすればよかったと思い詰めると奧が熱くなり痺れるような感触が体中に広がって、何度も大きな声を上げて喜びを受け止めた。
 ようやく息が楽になったとき、私は芳恵さんの事が急に心配になってきた。
 何かとんでもない事になっているといけないと思い私は思いきって芳恵さんの携帯に掛けてみた。
 呼び出し音が何度が鳴っても芳恵さんがなかなか携帯にでないので私はやっぱり野口君にどこかに連れ込まれたに違いないと不安な気持ちで胸がいっぱいになった。
 携帯を切ろうと思ったとき「もしもし、なによ今頃」と芳恵さんの声が聞こえてきた。
「今何してたんですか、先輩」と私が思いきって聞いてみると「今お風呂屋さんよ、何言ってるのよ」と返事が返ってきたので私はほっとした。
「そんなことより、あなた今なにしてたのよ、息が変よ、変なことしてたんじゃないの」と芳恵さんに言われて私はびっくりして「何もしてないですよ」とやっとの事で答えた。
 私は何を話していいのか一瞬頭が真っ白になり「先輩、ちょっと聞きたいんですけど、百合恵ちゃんがパンティー履かずに大学に来てるって本当ですか」と聞いてしまった。
 私は芳恵さんが今日の事を言われたと怒り出すと思って言わなければよかったと思ったけど「あ、その話ね、百合恵ちゃんね、変な男にひっかかってるらしくてね、脅されてパンティー履かずに大学に行けとか命令されてるらしいのよ」
「そんでね、吉沢先生に相談したらしいんだけど、作り話しをして先生の気を引こうとしてると思われてね」
「逆に吉沢先生にセクハラされたらしくてね、あなたも、変な男に引っかからないようにしたほうが良いわよ」とお説教をされてしまった。
 私は芳恵さんこそ気を付けたほうがいいと思ったけど何も言えなかった。
 電話を切ろうとしたとき、芳恵さんの声の後ろで聞いたことがあるような曲が流れてるのに気が付がついた。
 学園祭のダンスコンテストで女の子達が使っていたスパイスガールズのワナビーという曲だと私は思い出した。
 お風呂屋さんでワナビーなどかける訳はないので私は芳恵さんが嘘をついていると確信した。

4−7 嘘で固めた話し

 私はこのままでは芳恵さんが大変な事になると思い、思い切って野口君の携帯に電話してみた。
 「もしもし私、さっきの谷口有希ですけど」と私が言ってみると「なんだお前か、まだ用があるのか」といきなり怒鳴りつけられた。
 野口君の声の後ろから聞こえてきたのもやっぱりさっきと同じスパイスガールズのワナビー。
 ここで引っ込むわけにはいかないとおもい「いま芳恵さんと一緒なんでしょう、さっき池袋で一緒だったんでしょう」と勇気を出して聞いてみると「あいつだったら、廻されたいって言うから、カラオケに仲間呼んで、さっき廻してやったところだぜ」と大変な事を言われた。
 これは大変だやっぱり芳恵さんはとんでもないな目にあってるんだと思って目に涙がこみ上げてきた時「お前は、男を誘うのが上手いんだってな、お前みたいな女は廻されないと根性が直らないんだぜ、女の身体はどうすれば一番感じるのかお前の身体に教えてやるぜ」と野口君の声が吐き捨てるような口調で私の耳に飛び込んできた。
 私が言い返せないでいると「毎晩でも男が欲しくなる身体にしてやるぜ、それも毎晩別の男が欲しくなるような身体だ、それが女の行き着く天国なんだぜ」とまた酷いことを言われた。
「下着脱がせたんでしょう芳恵さんの、それでそのあとどうしたんですか」と私が必で問いつめると「だから廻してやったっていってるだろう、嘘だと思うなら芳恵に聞いてみな」
「しゃがみ達磨の後廻されたいのか、廻されされた後しゃがみ達磨にするのか、どっちか選べと言ったら、先に廻されたいと言いいやがったんだあの女」と野口君の大きな声が耳に響いた。
 私はとっさ「百合恵ちゃんはどっちが先だったんですか、しゃがみ達磨が先か廻されるのが先かどっちなんですか」と野口君を問いつめた。
 すると「お前の知ったことか、よけいなお世話だ、つべこべ言うとお前も、デリヘルに売り飛ばすぞ」と怒鳴り返されそのすぐ後に電話が切れた。
 私は野口君が言っていることは作り話に違いないと思ったけど、どこまで本当なのか分からなくて頭の中がぐるぐると渦を巻きつづけた。
 なんとか気分を落ち着けて布団の中に入っても、野口君の声が耳に残ってなかなか寝付けなかった。
 明け方近くになってようやく意識が消えると今度は夢のなかで私は野口君のアパートを一人で訪ねていた。
 私は玄関先でフェラチオをやらされてから下着を脱がされ、一緒に池袋まで連れてこられてカラオケボックスのなかで押し倒された。
 野口君が携帯で「廻されたいって女がいるんだ」と話しをつけると数人の男の子が私の身体を押さえつけて「このドスケベ女、やられたくてうずうずしてやがる」と怒鳴りつけてきた。
「どうだ、毎晩別の男が欲しくなる身体にしてやるからな、お前はデリヘル女が似合いだぜ」と耳元で囁く声が聞こえ、私は身体から汗が噴き出して燃え上がるように熱くなった。
 朝が来て目が覚めた時、私はようやく元の自分に戻れた気持ちになって自分の身体をもう一度確かめた。

3.学園祭のデリヘル女<< ページトップ >>5.身体で売る英会話教材

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間