長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

7.逃げられない調教の罠

7−1 帰りの電車

 帰りの電車の中でもまだ膝のあたりに指の感触がのこっていて、膝ががくがく震えていた。
 私はスカートを元の丈にもどしたほうがいいと思ったけど、電車の中で服装を直すのもみっともないしと迷った。
 すると携帯がかかってきてメールを見ると送られて来たのはまたフェラチオの写真だった。
 さっきの写真と同じようにウットリとした顔の女性の口先に大きなものが見えた。私はなんでこんな時にこんな写真を送ってくるんだろうと腹立たしい気持ちで携帯をしまった。
 まるでそれを合図にでもするように私のスカート後ろから何かが押しつけられる感触があった。
 私はすぐに痴漢だと思って後ろに目をやると後ろの男性の肩に掛けた鞄の角がお尻にぶつかっているだけ。
 私は変だと思ってもう一度振り向いたけど、後ろの男性は気が付かないような様子で立っているだけだ。
 すると今度は反対側のお尻に手の甲が押しつけられてきた。ゆっくりと押し回しながら動く感触は、今度こそ痴漢に間違いないと分かった。
 私はやっぱりスカートの丈をすぐ直せばよかったと思ったけど、もう手遅れ。私はどうしていいのか分からず今度もじっと我慢した。
 スカートの下に指先が伸びると私のお尻に直に触ってくる感触があり、私は背筋が冷たくなった。
 私の前の男が体を押しつけながら手のひらを上に向けて私のスカートの下に入れてきた。
 私は膝の震えが止まらなくなって、しゃがみ込みそうになった。
 ちょうど私が降りる駅に電車が着いたとき、私とは反対側のドアが開いた。
 乗客が数人おりたらしく、電車の中程にいた人が少しドアの方に進んで車内の人混みがすこし楽になった。
 だけど私は痴漢に身体を押されられて一歩も動く事ができなかった。
 ドアが閉まって電車が走り出すと私はいったいこの先どうなってしまうのだろうと気が遠くなりそうになった。
 私の体はまるで時間が止まったように、いつまで続くか分からない屈辱の時を耐え続けた。

7−2 終着駅

 いつのまにか時間が過ぎて、電車はとうとう郊外の終点に着いた。
 乗客がみな降りると男達はやっと指を離してくれた。
 男達に囲まれて電車を降りるとホームには階段を降りようとしている乗客がまだ見えた。
 階段を降りる時に私は先に降りていった乗客が振り返ってこちらを見上げるのが怖くてまた足が震えだした。
 階段の途中の踊り場の横にはトイレがあり、左右に男女のトイレが分かれた中央に身体障害者用のトイレがあった。
 男達は回りに誰もいないのを確かめて私を身体障害者用トイレに連れ込んだ。
 トイレの中は明るい色調の壁に囲まれて、蛍光灯の照明がまぶしいくらいに光っていた。
 両側に大きな手すりの付いた便座に座らせられると「この女フェラチオ狂いなんだぜ」と言いながら男達がズボンの前を開けた。もうすっかり大きくなった鉄柱が私の目の前に並ぶと私は目眩がした。
 頬の両側に鉄柱を押しつけられた顔をデジカメで撮られ「どうだ、逆らったらこの写真インターネットに載せるからな」と脅された。
「しゃぶりたいんだろう、しゃぶらせて下さいと言うんだな、さあ言うんだよ」とまた脅されて私は「しゃぶらせて下さい」と言ってみた。
 すると「ここでしゃぶらせてやろうか、それともどこか連れて行って欲しいのかどうなんだ」と言われて、私は「ラブホテルに連れてってください」と仕方なく答えた。
 男達は満足した様子で「ちゃんとお小遣いもやるから大人しく来るんだ分かったな、お小遣いもらえたほうがいいだろう」と言いながら服装を直すとトイレを出て改札口に進んだ。

7−3 スミレの館

 もう終電車が終わった様子で駅の構内に人気はなく、誰もいない自動改札口を通ると私達は駅の外に出た。
 両側に商店街が並んだ駅前は人通りも少なく、しばらく歩くと商店街もまばらになり暗い夜道が続いた。
 銀杏並木の太い幹には以前私がアパートの近くで見たのと同じようなデリヘルのポスターが貼り付けてあるのが見えた。
 横道に入ると街灯もない細い小道になり、しばらく歩くと近くの電信柱に「調教専門スミレの館」と書いた看板が見えた。ほかにもいろいろと看板があり近所にあるラブホテルの看板らしかった。
 スミレの館と紫色のネオンのついたラブホテルの入り口近くまで来ると、男達は私を大きな銀杏の木の裏に背を付けて立たせた。
「いいか、お前はお小遣いが欲しいんだな、お小遣いが欲しくて一緒にラブホテルに行きたいんだな」と私の回りを取り囲んで怖い顔で言われると私は返事のしようがなかった。
 すぐに男達は私のスカートをめくり上げて指を入れてきました。電車の中と同じように指先が小刻みに震えながら奧までは入ってくると私はまた頭のに血が上ってなにも考えられなった。
「どうなんだ」と言いながら男達の指先がまた巧みに感じる所を攻めてきた。
 私は言うしかないと思って小さい声で「私はお小遣いが欲しいんです、だからラブホテルに連れてって下さいお願いします、何でもします」とやっとの事で返事をした。

7−4 コンビニ

 男達が私の身体から指を離してくれて私はやっと一息ついて銀杏の木にもたれかかった。
 今度は男の一人が「おいお前、お小遣いが欲しいならスカートを短くするんだ腰の所をもっとまるめて巻き込んで、女子高生がしてるみたいにお尻が見えるくらいにしろ」と言い出した。
「スカートが短ければもう駅まで逃げられないだろう、だから自分で短くするんだ」と言われて私は腰のところでスカートをもっと丸め込んで尻が半分でる位に丈を短くした。 する今度は「通りの向こうにコンビニがあるだろう、ほらその先だ、そこでコンドーム買ってこい」と命じられた。
 私はもう危ない遊びが始まっているんだと気が付いて足が震えてきた。
 通りを渡ってコンビニまで行くと外の自動販売機の下に手を入れている男がいた。
 暗くてよく見えなかったけどホームレスの男が自動販売機の下に落ちているお金を拾おうとしているみたい。
 コンビニの入り口の自動ドアが開いたときホームレスの男が寝ころんだ姿勢で私を見上げると顔をゆがませて笑った。
 私は慌ててコンビニに入り、コンドームを探すとレジに並んだ。
 するとさっきのホームレスの男が拾った五百円玉でお弁当を買おうと私のすぐ後ろに並んで来た。
 私がお金を払おうとしたときいきなり男の手が後ろから私のお尻を撫で上げてきた。
 思わず悲鳴を上げそうになったが、必死で堪えてお釣りをもらうと店を出た。
 ホームレスの男はレジに弁当を置いたまま私のあとを追いかけようとしたけど自動ドアがなかなか開かなくてすぐにはコンビニを出てこれない。

7−5 ハンキーパンキーのスリップ

 銀杏の木の下に戻って男達にコンドームを渡すと、銀杏の木に向かってタクシーが走って来てラブホテルの前で止まった。中年の小太りの男の後から降りた女性は犬のような首輪をさせられ両手を縛られていた。
「借りたお金はちゃんと返しますから」と小さな声の後に「利息分は今日払ってもらうから、わかってるだろう」と男が怖い声で怒鳴り返すのが聞こえた。
「お前わざとデリヘルで男に身体を買われたくて借金したんだろう、亭主が証券会社の副店長で金に困るわけないだろ」と男がまた怒鳴ると女性は「この間客には主人にプレゼントされたハンキーパンキーのスリップをビリビリに破かれて本当に私困ったんです」と不平を言い出した。
 二人が言い争いをしている内にさっきのホームレスの男が五百円玉を手に掲げて横断歩道を渡ってくるのが見えた。
「ぐずぐず言うんなら、あのホームレスの男と五百円でやってもらうからな」と男が女に言うと女はふくれっ面をして黙り込んだ。
 男は女の背中を押しながらタクシーから離れるとホテルの中庭に向いて歩き出した。
 二人がちょうど入り口の玄関をくぐるとき男は振り返って後ろを見回した。
 私達が銀杏の木の裏にいるの見つけて、男は軽く頭をさげて挨拶した。それを見て私は痴漢の男達がこのデリヘルの男の仲間に違いないと気が付いた。
 いまラブホテルに連れ込まれたら本当にホームレスの男に五百円でやらされるかもしれない、こうしてはいられないと思った。
 逃げるのは今しかないと心に決めて私は必死で駆け出すとまだ止まっているタクシーに向かって一目散に走り出した。
 私は男達の目をくらませるためにわざとタクシーの手前でラブホテルの通用門から中庭に入った。中庭をぐるっと走るとちょうどタクシーが止まっている門が見えた。
 ちょうど閉まったばかりのタクシーのドアを手で開けると、後ろの席に飛び乗り「すぐ行って下さい、急いでるんです」と声をかけた。
 運転手は私がラブホテルから出てきた所と思ったらしく「どちらまででですか」と聞いてきた。
 私は住所を言っても分からないと思い「希美女子大まで行って下さい」と慌てて答えた。

7−6 タクシー

 タクシーはすぐに動き出すと男達の横を通り過ぎて大通りに出た。
 駅で待ち伏せされるかもしれないのでもう電車には乗れないと思った。
 タクシー代は払えるわけがないけど、このままタクシーで帰るしかしょうがない。
 タクシーの運転手が「お客さん今日はどうでした、楽しめましたか」と声をかけてきた。どうやら私がラブホテルから出た帰りにタクシーを拾ったと思いこんでいるようだ。
 私はどう答えていいのか分からずすぐには返事ができなかった。
「この辺はラブホテルが多くてね、ほら多摩川があるでしょうその土手の裏手にラブホテルがあるんですよ。昔はラブホテルなんか使うのは商売女だけだったんだけどね、いや昔といってもかなり昔の話しですけどね」と運転手は一人で話しを始めた。
「ほら、テレクラとかできたでしょう。それでシロートの女の子が、援助交際とか言うのでね、そうゆうのするようになって」
「最近では、女子大生なんかが当たり前みたいにラブホテルに出入りするようになってね」
「お客さんも今日は、楽しんだんでしょう、いやうらやましいね」と勝手に話しが続いた。
 私は一人でこのまましゃべり続けられても困ると思い「そうですね、友達なんかも、ラブホテルはよく行くみたいですよ、いろいろ遊べるから」と話しをそらそうと思って口を挟んだ。
 すると「最近の女子大生はどんな遊びしてるんですか、なんかいろいろ面白い遊びがあるそうですね」と聞かれたので私は「今日ね、テレクラでナンパされてね、相互勧賞店でフェラチオさせられて、そのあとラブホテルでたっぷり可愛がってもらったんです。私が廻されたいって頼んでね、相手は四人ですよ、もう体が壊れそう」と嘘を付くとなんだか楽しい気分になった。

7−7 姉妹店

「お客さん、あのホテルはいつも行ってるんでしょうこの辺じゃ、SMホテルはあそこしかないから。池袋からタクシーでわざわざ来るお客さんもいるんですよ。ほら池袋にあるスミレのなんとかって店あるでしょう、あそこと姉妹店でね」と運転手が機嫌よさそうに話すのを聞いてだんだん仕掛けが分かってきた。
 私が頷きながら話し聞いていると運転手は「こないだ乗せた女子大生も希美女子大だって言ってましたよ」
「遊び好きな女らしくてね六人相手に三日三晩は廻されたそうですよ」
「アパートまで着いたら金がないとか言いだしたんでね」
「これはわざと誘ってるんだとピンときてね、『払えないなら体で払え』と言ってやると泣き出してね。いや、そんなの嘘泣きだって分かってるからね」
「結局口でやらせましたよ」と言って笑った。
 私はホントに希美女子大の学生がそんなことしたのかしらと不安な気持ちになった。
 しかしタクシーの運転手の話はどうせ半分は口から出まかせで、どこまで本当かは分からないしと自分に言い聞かせた。
 私がしばらく返事をしないでいると運転手は話しの腰を折られた様で、おしゃべりを止めて静かに運転を続けた。
 私はひとまず余計なおしゃべりにつき合わされなくてよくなり疲れで頭の中がぼんやりしてきた。
 私はタクシー代がいったいいくら位になるのか心配な気持ちになった。アパートに着いてもお金がある訳もなく、どうやって払っていいのか見当もつかない。
 私の頭にはさっき運転手が話していた「体で払う」という言葉が浮かび上がってきた。運転手に部屋に上がってもらって、フェラチオする光景を想像してみると私の体の奧は急に熱くなって来た。私はたまらなくなってスカートの下に手を入れて指を使い始めた。

7−8 宅急便のトラック

 運転手の視線が時々ルームミラーから私の方に向けられてくるのを感じて、私はわざと何度も大きくため息をついた。
 車が都心に近づくと道が混んできて信号の度に一時停止するようになった。ふとタクシーの窓から見上げると、すぐ隣に並んだ宅急便のトラックの運転手が運転席から私を見下ろしていた。
 運転手のいやらしい視線がスカートの下に入れられた私の手に向けられているのに気が付いて私は一気にからだが熱くなった。
 私はわざと腿をもっと大きく開いて、トラックの運転手の顔を見上げた。
 いやらしそうな目つきで小さく笑う顔は、私の目に焼き付いて離れなくなった。信号が変わってタクシーが動き出すと、トラックはわざと横に並んで走り始めた。
 次の信号でまた並んで止まったときタクシーの運転手も、隣のトラックがなぜしつこく並んで走るのか理由がわからしくて「お客さん、今夜は随分楽しんだのに、まだ足りないみたいだね」と声を掛けてきた。
 私はわざと返事をせずに目を半分閉じて、大きく何度も息を吸っては吐き出した。
 アパートの前にタクシーが止まると、料金はやっぱりとても払えない金額だった。私はお金がないのが分かっていたけど、お財布を出してお金を探す振りをしてみせた。
 運転手は私がわざとお金を探す振りをしていると分かっているらしくて、平気な顔をして私の様子を見ていた。
「すみません、お金が足りないんですけど」と私が言ってみると「困るんですよ、お客さん、ちゃんと払ってもらわないと」とすこし脅すような声が帰ってきた。
 私が思い切って「体で払います」と言うと、運転手はやっぱりという顔で口元をゆがめて笑った。

7−9 赤ワイン

 私が先に鍵を開けてアパートの部屋に入ると、運転手はすこし遅れて部屋の様子を確かめてから部屋に入ってきた。もしかして、部屋に男でもいるのではと用心しているみたいだ。
 運転手は部屋に誰もいないのを確かめるようにあちこちを見回すと、やっとテーブルの前に腰を降ろした。
 私が「お茶でもいれましょうか」と声をかけると「いや、酒の方がいい」と運転手が言い出した。
 車を運転しているのにお酒なんか飲んで大丈夫なのかしらと思ったけど、言われた通りにしたほうがいいと思い料理用にとっておいた赤ワインをコップに入れて勧めた。
 栓を開けてから少したっているので味が落ちているかもしれないと心配だったけど、運転手は別に気が付いた様子もなく美味しそうに飲み干して大きくため息を吐いた。
 運転手は今度は赤ワインの瓶を取ってコップに注ぐと私に「どうだ、ワインは身体にいいんだよ、ポリフェノールが入ってるから」とか言って私に勧めた。
 断っても気まずくなると思い渡されたコップのワインを少し口にするとすぐに頭がぼんやりとして半分目眩がしてきた。
 運転手がまだ何も始めようとしないので、私はお布団を敷かないといけないのだと気が付いて、押入からお布団をだして運転手の前に敷いて足を投げ出して座ってみた。
 運転手はそろそろ気分が乗ってきたようで、私の後ろに回るとあぐらをかいて座りながら私の胸に手を回してきた。
 強引な手つきで胸を上下に揺すられても私は黙ってされるままになっていた。
 胸をぎゅっと握りしめたまま私を後ろに押し倒すと運転手は満足そうに「よく濡れてるじゃないか」と私の耳元で囁やいた。

7−10 面白い遊び

「どうだ今日は面白い遊びを教えてやるぜ」と言うと運転手は部屋の隅に脱いだままになっていたパンティストッキングを手に取り私の両方の膝を肩につくようにして縛り付けた。恥ずかしい姿勢を取らされて私は体中が一気に熱くなった。
 私はすぐに運転手が体を重ねてくると思った。私は「お願い、早くして」と小さく叫んだけど何の気配もなかった。
 テーブルの上で物音がしたあと「じゃあ、玄関のドアは開けておくからね」と運転手の声がしてから、運転手の足音が遠ざかっていくのが聞こえた。
 タクシーが出発した後、私は一人で部屋に縛られたまま取り残された。
 さっき飲んだワインのせいで頭の中はぼんやりとして、身体にも力がはいらなかった。
 誰か部屋に来るかもしれないと思うと私は眠ることもできずに腰から膝にかけて震えが止まらなかった。
 明け方近くになって半分目が覚めると、部屋に誰か入ってきた気配があった。
 数人の男らしい物音が耳に響いてくると、私の身体は両方の手と足がしっかりと押さえつけられ痛くて身動きができなくなった。
「この女廻されたくて、部屋のドア開けてあるんだ、さっさとやっちまえ」と男の声が聞こえたような気がするとすぐに男達の力強い律動が私を貫いてきた。
 何人もの男が代わる代わるに欲望を吐き出すと「この女毎晩男が欲しくなる身体にして欲しいんだとよ、廻された後はデリヘルに売り飛ばされたいんだと」と耳元で囁いて軽蔑しきった笑いを私の耳に吹き込んだ。
「毎晩違う男とセックスできるからデリヘルがいいんだぜ、毎晩感じっぱなしにされたいんだ、このドスケベ女」と言われて私は心を言い当てられたのが悔しくなった。
 私の身体は汚されてもう元には戻れないと思うと涙がこみ上げて止まらくなった。

7−11 夜明け

 朝方ガタンとドアの音がして私の体は震え上がった。きっと男達がまだ部屋にいるんだと思って身体が震え続けて止まらない。
 しかし部屋の中が次第に明るくなっても何も起きなかった。
 ずっと閉じこめられていた夢の世界からようやく意識が戻ると部屋のなかはシーンとして人の気配はない。
 きつく縛られたと思いこんでいた身体もパンティーストッキングを軽く巻き付けて縛ってあるだけですぐに解くことが出来た。
 すぐ目の前に熊のプーさんの縫いぐるみが置いてあるだけで部屋には誰もいない。
 私はいったい何かあったんだろうと不思議な気がしてどうにも納得が行かなかった。
 お布団から起きあがって玄関のドアが開いているはずだと思って確かめてみると、玄関のドアはきちんと締めてあり、新聞が入っていた。さっきの音は新聞配達の音だと気が付いて急にがっかりした気分になった。
 部屋のテーブルの上には几帳面な字で「お嬢さん、テレクラ遊びはもうやめなさい、なにが起きるか分かりませんよ」と書いたメモが置いてあった。
 私は男達に部屋に上がり込まれて廻されたのはただの夢だったと気が付いて急に身体の力が抜けていった。


6.恋人交換相互勧賞喫茶<< ページトップ >>8.インターネットでチャットセックス

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間