長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

8.インターネットでチャットセックス

8−1 もう止められない

 私は昨日の出来事がどこまで本当のことだったのかなんとか思い出そうとした。
 スミレの園という店で男の子に変な薬を飲まされたことまでは覚えていたけどその後のことは記憶を辿ろうとしても頭がぼんやりとしてはっきりしない。
 机の上に置いてあるワインの瓶は確かに私が自分でワインを飲んだ証拠だし、机の上に運転手のメモがある以上は確かに私はタクシーに乗ったのは間違いないはずだけど、それ以外のことはなにがなんだかさっぱり思い出せない。
 男の子に声をかけられてついていけばどうなるの分かり切った事だし、私はもうこんな事はやめようと一度は思った。しかし契約は取らないとお金が全然足りないし、クレジットのキャッシングでお金を使い込めばもっと大変なことになるのは目に見えていた。
 膨れあがった借金を払うために毎晩デリヘルで身体を売る羽目になったらとんでもない事になる。
 契約が取ればが身体を売るよりもよっぽど良い金になると思い直し、学校の授業を休んで朝からセールスの電話を続けた。
 昨日からほとんど寝ていないので頭の中はお湯でも注がれたようにぼんやりとして何も考えることができなくなっていた。
 繰り返し電話をしてもすぐに切られるだけで一向に契約は取れそうにない。
 一休みしようと思って散らかったままのテーブルを片づけようとした時さっきの運転手のメモが目に入った。
 もう一度読み直してテレクラという文字が目に入った瞬間に私の頭には素晴らしいアイデアが浮かんだ。
 テレクラに電話して英会話の勧誘すればいいんだ。テレクラだったら必ず話しも聞いてもらえるし、約束すれば必ず会ってもらえる。そのあとの契約は腕次第でなんとでもなる。
 うまくやりさえすればこんなうまい話はないと私はすっかり嬉しい気分になってきた。

8−2 出会い系サイト

 テレクラの電話番号はレディースコミックというエッチな雑誌に載ってるし、コンビニに行けばすぐに買えると先輩が話していたのを思い出して、さっそくコンビニに買いに行こうと思い立った。
 しかし先輩達に「テレクラは危ないから絶対だめ」と何度も注意されているのが気がかりだ。
「彼氏に振られてそのショックでテレクラに電話したら、テレホンセックスさせられて、それで男に呼び出されてラブホテルに行ったら、縛られて写真を撮られて乱暴された」とかで「その後は写真を大学に送りつけるとか、実家に送ってやるとか脅されて、呼び出されては乱暴され、最後には客を取らされて妊娠までした」とかいう話しを芳恵さんに聞かされたことがあった。
 芳恵さんの話しはいつも尾ひれがついて大げさになってるので、どこまで本当の話かは判かならいけど全部が作り話とも思えない。
 やっぱりテレクラはだめねと思い直したけどせっかくのいいアイデアなのになんとか他にやり方はないかとまた考え始めた。
 しばらくあれこれ考えて今度はインターネットの出会い系サイトだったら大丈夫かもしれないとまたひらめいた。
 出会い系サイトもテレクラも似たような物には違いないけど、メールアドレスが分かってるので、その分出会い系サイトの方が身元がしっかりしているはずだと思った。
 それにメール交換でいろいろ話しを聞いて相手の事を確かめてから安心できる人とだけ会えばいいんだ、そう思うと私は急に気持ちが浮き浮きして来てなんて私は頭がいいんだろうと思えて来た。

8−3 メール交換

 さっそく携帯を出してこの間宣伝のメールが来た出会い系サイトのページを開けてみた。
 最初のページには、女性向けの入り口と、男性向けの入り口の表示があった。なるほど女性用の入り口から入れば良いのねと思って、女性専用の掲示板を見ると、男性からの書き込みがいっぱいあり、どれにしていいか困る位だ。
 中には「今から池袋で会える人」とか「三万でお願いします」とかずいぶんとはっきりとしたお誘いの言葉を書いてある人もいた。
 そうゆう危ない書き込みは遠慮するとして、良さそうな書き込みをあれこれ選んで見た。
「暇な女の子、ひとまずメール下さい」とか簡単なメッセージの方がいいと思って、手頃な男性にメールを何通か送ってみた。
 返事はいつ来るのかしらとドキドキしながらコーヒーを入れて一休みしていると、すぐに一人から返事がきた。
「こんにちは、今日は良い天気だね、最近なにか面白いことでもあった」と簡単なメッセージが来たので「ここんとこ、私は暇で暇で退屈してるんです」と返事を送ってみた。するとまたすぐメールがきて「いつもは、何して遊んでるの、カラオケとかかな」と短いメッセージが入った。
「カラオケだったら、私得意なんですよ、一晩でも歌ってます」と送り返してみると「最近の女子大生は元気がいいんだね」とすぐ返事が来た。
 別にエッチな話題でもないので、この人なら大丈夫だと思って、何度もメールのやりとりを続けた。
 話しが盛り上がって携帯の番号をメールで送ってきたのでちょっと不安もあったけど構わないと思って電話してみた。

8−4 携帯に移行

 私はさっそく英会話の紹介をはじめた。いろいろとなんでも話を聞いてくれるので、この間の勇次さんのアパートでの事とか相互勧賞店の事など何から何まで話した。
 心に溜まっていた重荷を吐き出してようやく気分が落ち着いた気がした。大学の裏手にある公園の事も話してみると「ああ、あそこは結構穴場なんだ、一人では行かない方がいいよ」と言ってくれた。
「ほら公園の向かいにマンションがあるだろう、あそこから覗く人がいてね、最近はデジカメでも望遠で暗いところ撮れるからね」
「それをまたインターネットに投稿したりするんだ」
「それが判っててね、わざと覗かれたくてあの公園までわざわざ行くんだよ、刺激が欲しいカップルとかがね」となるほどそうゆう事なのかと私も納得した。
 いろいろと話してみると相手の男性はとても人生に馴れ感じで、いろいろ話を聞いてくれたあと「パンティーを脱いで階段降りるくらいで契約とれるならこんな楽な事はないよ」とも言ってくれた。
「もっと上手にあしらえるようにしないといけないよ、言われるままになったふりして逆に手玉にとるようでなくちゃ」と言われて私はなるほどその通りだと思った。
「お金に困ってるならいいアルバイト紹介しようか。部屋に隠しカメラ付けるんだ。それだけで月々結構な金になる。こっそり友達の部屋にも付ければ大金がはいるんだ」
「縫いぐるみに仕込んだ隠しカメラがあって、携帯の会話も盗聴できるんだ」と勧められた。
「最近のテレビカメラはね高性能だから、煙草のフィルターくらいの大きさでも、普通のテレビカメラと同じくらいの性能があるんだ」と話しを聞かされてなるほど女子大生の部屋の隠し撮りというのはそうゆうことなのかと分かった。

8−5 投稿サイト

「どうしてそんなに詳しいんですか」と気になって聞いてみると「俺も投稿写真のサイト持ってるんだ、簡単に誰でも作れるんだよ」と言うのでやっぱりと思った。
「レンタルの掲示板があるんだ、それを自分のホームページに作りつけてね、あとはエッチなホームページの紹介しているサイトに登録するんだ」
「エッチな投稿記事とか、エッチな投稿写真の宣伝するサイトなんだけどね」
「そうするとね、結構見に来る人がいるんだ、世の中スケベな奴ばかりだからね」と言われて私はそれでエッチ投稿サイトとかが一杯あるんだと分かってきた。
「それで、投稿サイトに実際に投稿する人も一杯いるんですか」と聞いてみると「いや、投稿する奴なんか居るわけないからね、みんなサクラだよ、自分で撮った写真を投稿するんだ、誰かが投稿したような振りしてね」
「掲示板だって誰も書き込みしないから、自分で十人分くらい人格を作って毎日書き込みするんだよ」
「毎日書き込みがないと、ホームページに来る人はすぐ減っちゃうからね」
「そのうち人気サイトになると、ホントに投稿してくるやつもたまにはいるけどね、他に載ってた写真を自分が撮った見たいにして投稿してくるからさ、うっかり信用はできないね」
「痴漢の体験談とか載せる女がいるけど、大抵は男が女の振りして書いてるだけだ」
「実際に痴漢されて、喜んで体験談を載せる女なんか居るわけないからね」
「もっとも、インターネットなんてのはもともと信用するほうが間違ってるんだけどね」と色々裏の話しを聞かせてくれた。

8−6 エッチな話題

「ところで彼氏はいるの、彼氏とのエッチなんかも公開してる女の子いるんだよ」と男は危ない方に話題を向けてきた。
「彼氏ですか、一応いるんですけどね、いまアメリカに留学してるんです」と打ち明けてみると「そう、一応はもうやったんだろうだろうあっちのほうは」と聞かれたので「ええまあ」と適当に答えた。
「それでどうだったの、初体験は今の彼氏だったの」とまた聞かれた。
 私は何を話してもいいと思って「初体験は私遅かったんですよ、大学一年の時で、アルバイト先の上司の男性なんです」とついうっかり打ち明けてしまった。
 すると「じゃあ、年上の不倫なんだね、どう不倫の方が感じるんじゃないの、彼氏とどっちがよかったんだ」とまたしつこく聞かれた。
「やっぱり年上の方が経験豊富で上手だったです、彼氏はなんというかマグロとか言うのあるでしょう」とつい言ってしまうと「あ、男のマグロもあるからね、デリヘルばっか家に呼んでるとさ、女の子が全部やってくれるから、それが当たり前だと思ってしまうんだ、彼氏もきっとデリヘルをしょっちゅう呼んでるんだから気をつけたほうがいいよ」
「タダでやってくれるドスケベ女と思われてるだけかも知れないからね、いやよくあるんだよ」と言われて私はなんだか心配になってきた。
「最近じゃ、インターネットで簡単にデリヘル呼べるからね、女子大生がアルバイトでデリヘルしてたりして写真を見て選べるんだよ」と言われてなるほどと思った。
「でも本当に女子大生なんですか」と試しに聞いてみると「ほら、女子大生はナンパされたりするのが好きだろうでも、ナンパされるには駅前で夜遅く暇そうに待ってないとなかなか声かけてもらえないし、それに誘われてもすぐラブホって訳にもいかないだろう」
「だけどデリヘルなら、もうやること分かってるから呼ばれてすぐもうラブホに直行でさ、時間が無駄にならなくて済むだろう、だから男が欲しいんならデリヘルでバイトしたほうがいっぱい男と遊べるってわけだ、それにお金ももらえるし」と言われてそんな理由でデリヘルでバイトする女の子が本当にいるのかしらと信じられない気持ちだった。

8−7 危ないチャット

「ところで今どんな格好してるの」と男が不意に話題を変えて聞いてきた。
 チャットをしてたら服装なんて聞いても判らないのに何でそんなことを聞くんだろうと思って私は「普通の格好ですけど」とひとまず答えた。
 すると「じゃ、パンティーは何色かな」とまた変なことを聞かれた。
 男の人って女の子の下着の色が気になるのかしらと思って「普通の白のパンティーですけど」とまた答えると「どんなパンティーかな、レース模様かなやっぱり」とまたしつこく聞かれた。
 私は試しに「レース模様のスケスケのパンツです」と答えて見た。
 すると今度は「今日はエッチな気分なんだねと」と言われた。
 私が「まあ、そうですね」と適当に答えると「エッチな気分の時はいつもなにしてるの、一人ですることがあるだろう。今やりたいんじゃないのかな」と言われてどうやらオナニーの話題を聞きたいらしいと判かってきた。
「もう濡れてきてるんじゃないの、指で触ってごらん」と男に言われて私にも筋書きが見えてきた。
 テレホンセックスというのは、電話でお互いにエッチなことをしあうんだと先輩に聞いたことがあるけど、今自分がテレホンセックスに誘われてるのは間違いない。
 このまま言われた通りにしていたらどんな事をさせられるんだろうと半分はワクワクする気持ちだったけど、残りの半分は不安な気持で胸が一杯になった。
「テレクラでは、まずテレホンセックスに誘ってそのあとで、身体が感じて我慢できなくなったところで、待ち合わせに誘うのが手順なんだ」とか男の子が合コンの時得意そうに話していたのを思い出して私はこれは危ない事になりそうだと気がついた。
 そろそろ電話を切ったほうが良さそうだと思い「今日はどうもありがとうございました、また今度電話しますね」と適当に挨拶して返事も聞かずに電話を切った。

8−8 懲りずに電話

 ひとまず電話を置いてしばらく気持ちを落ち着けてよくよく考えてみると、電話で言われたことはいちいちもっともな事だと思えてきた。
 男なんか適当にあしらえるようにならないといけないんだ、そのくらいでないと世の中生きていけないんだと思うと、やっと気分が落ち着いて自信もでてきた。
 なんとか今度はうまくやろうと思い直してまたあの勇次さんに電話することにした。
 勇次さんの声が聞こえてくると私は胸が締め付けられるように痛くなったけど、なんとか頑張って話しを始めた。
「この間はどうもありがとうございます、とっても楽しかったです」と最初は適当に挨拶すると勇次さんも「や、こないだは、ごめんごめん」と返事を返してくれたので少し気分が楽になった。
 また英会話の話をして「お嬢さんの誕生日には是非英会話教材がおすすめですよ」と言ってみたけどあまりいい反応はない。今度は「いまとてもお金に困っていてどうにもならないんです、お願いですから契約してください」と泣き落しで粘ってみた。
 それでもだめなので今度は「テレホンクラブにまで電話したんですよ」となんとか同情を誘ってみた。すると勇次さんは気分が向いてきたらしくて「テレホンクラブで英会話なんか売れたの」と聞いてきた。
 私は「みなさんとても興味がおありで、会って話を聞いていただいて、契約もたくさん取れました」作り話しをしてみた。
「ふうん」と勇次さんが相づちを打つのが聞こえたのでこれは上手くいくかも知れないと思い「それにテレホンクラブだと他にも楽しみもあるんですよ」と私はわざと言ってみた。
「そうか、いつもやってるんだ」と勇次さんが言うので私も調子を合わせて「もう癖になっちゃって私」と思わせぶりに言ってみせた。
 私は勇次さんがきっとテレホンセックスに誘って来ると思ってドキドキしながら勇次さんの返事を待った。
 しかし勇次さんは気乗りしない声で「そんなんだ」と言うだけだった。


8−9 女子大生のマル秘写真

 私は今度は作戦を変えて「女子大生のマル秘の写真があるんですが、よかったら差し上げますよと」言ってみた。
「エッチな写真なんか珍しくないからな、どんな写真なんだ」と聞かれて「合宿に言ったときのパジャマパーティーの写真なんです。女の子だけで撮ったからすごい過激なんですよ、パンティーなんか丸見えで」と売り込んでみた。
 すると急に風向きがかわったようで「それってなんの合宿なんだ、女の子は何人くらいいるんだ」と聞かれた。
「大学のコーラス部の合宿なんですよ、もう女の子だけで三十人はいるし、みんな可愛くてスタイルもよくて、そのうえ新入生は見た目は中学生に見えるくらいですよ」と調子よく売り込んだ。
「そうなんだ、女の子だけでパジャマパーティーしたんだ、合宿の時」と聞かれて「そうなんですよ、女の子だけだから、スケスケのネグリジェの娘までいて、すごい過激なんですよ、もう全部見えちゃって。それ以上の事はちょっと電話では言えないんです、過激すぎて」とわざと大げさに言って見ると「なるほどそれだったら考えてみても良いな」とやっといい手応えの返事が帰ってきた。
「もう必ず大満足していただける写真なんです」ともう一押しすると「じゃあ契約するから、書類もってアパートに来てくれ」とやっと言ってくれた。
 私はアパートに行くのは今度こそ危ないと思い「喫茶店で話をしましょう」と誘ってみた。すると「じゃあこないだの店で契約するから」と言ってくれたので私はこれでうまくやったと思った。

8−10 知ったかぶり

「ところでテレホンクラブにはよく電話したりしてるの」と勇次さんに聞かれて「友達も、結構暇なときかけたりしてるし、女子大生とか結構みんなHな話してますからテレホンクラブくらい何でもないですよと」話を適当に作った。
「それで、どんな遊びしてるんだ」言われて私は一瞬言葉に詰まった。私は話を作らないといけないと思い、昨日のことを思いだした。
「待ち合わせして、そのあと相互勧賞の店に行って、フェラチオしたんです」とあのときの様子を話してみた。
「相手を何人も変わってもらって、しゃぶりまくりました」付け加えるとしきりと感心したそぶり。
「そのあとどうした」と言われてどう話しを作っていいのか分からなくなった。
 一瞬言葉につまっていると「おきまりのコースは歩道橋でしゃがみ達磨だな」と勇次さんに言われた。私は調子を合わせればいいと思い「よくわかりますね」と答えた。
「それどうだったんだ」とまた聞かれたので「いやよ、いやよとか言ったからって、ほんとに止められても困るのね。いやがるところを無理矢理やられるのが感じるんだから」といかにも遊んだふりをしてみせた。
 勇次さんは納得した様子で「そうなんだ、無理矢理されるのが好きなんだ。見かけによらずドスケベなんだな。しゃがみ達磨がすきなら、今度やってやろうか」と言って誘ってきた。
 私は適当に相手をしたほうがいいと思い「そうですね、気が向いたらしてもらってもいいですけど」と答えると「なに偉そうなこと言ってるんだ、しゃがみ達磨をお願いいたします、どうかして下さいとお願いするんだ、そうでなきゃ、やってやらないからな、わかってるのか」と叱られた。
 私はどう答えたらいいのか判らなくなってしまい「お任せしましから、勇次さんの好きなようにして下さい」と言ってみた。
 すると勇次さんは私の答えに満足したようで「じゃ、こんどたっぷり可愛がってやるから楽しみにしておくんだな」と言って電話は切れた。

8−11 アダルト会議室

 受話器を置くと私はこれでうまくやれると自信満満になっていた。男を手玉にとるくらい簡単なのねとすっかり度胸もついてきた。しかし話しに出たしゃがみ達磨のことが判らないで喉にひっかかった。
 芳恵さんから初めてしゃがみ達磨という言葉を聞いたときも、芳恵さんは詳しいことは教えてくれなかった。
 あれこれ考えて私はインターネットのアダルト会議室のチャットで聞いてみることにした。
 インターネットにアクセスしてアダルトチャットの部屋に入ると、大勢の人がもうアクセスしていて、チャットの画面には訳のわからないメッセージがずらずらと流れてきた。
 私が部屋に入ったのが分かったらしくて「有希ちゃんと今晩は」とメッセージがすぐ書き込まれてきた。
 私は「今晩は、よろしくお願いしますね」とひとまず挨拶をしてから「しゃがみ達磨ってなんのことか分かりますか」とメッセージを書き込んでみた。
「なあに、そのしゃがみ達磨っていうの、セックスの体位かなにかかな」と誰かが聞いてきたので「そうらしいんですが、よくわかんなくて、誰か教えてくれませんか」とまた書き込んでみた。
 しばらく待っていると「あ、おしえてやるよと」とURLの載ったメッセージが返ってきた。
 私はやっぱりインターネットならなんでもすぐ判るのねとすっかり嬉しくなった。
 ウィンドーを別に開いてURLを打ち込んでページを開けてみると、写真が一杯載っているページが出てきました。
 サムネールの小さな画像はなにがなんだかよく見えなかったけど、クリックして開けてみると、変な格好で縛られた女子高生らしい写真。ほかの絵も開けて見ると、同じような場面で違う角度から撮った写真だった。よくよく写真を見てみると、両方の膝を肩まで着くような姿勢で縛られていてこの間のタクシーの運転手にされたのと同じ格好。
 達磨返しと説明がついていてなるほど達磨さんがひっくり返った姿勢なのねと納得したけどしゃがみ達磨とは違うような気がした。
 でもしゃがみ達磨はこれときっと似たようなことをされるのだとなんとなく見当は付いた。

8−12 ボイスチャット

 開けた絵をあれこれ見ていると「どう、これが見たかったんだろう」とメッセージが飛んできた。
 私は適当に答えればいいと思い「なんか違うような気もするんですけど」とはっきりしない返事を返した。
「ここはボイスチャットができるようになったから、ボイスでしゃべろう」と言われて、私はちょっと迷ったけどその方が文字で話すよりは楽だと思い、ノートパソコンのマイクで男と話すことにした。
「こんばんは、聞こえますか」と男の声がノートパソコンのスピーカから聞こえて来たので私は「聞こえますよ」と返事をしてみた。
「あ、大丈夫だ聞こえる」と男が言うのでうまく通話ができたのが分かった。
 男の声は勇次さんに似て太く低い声だったので声を聞いてただけで身体が震えそうになってきた。
「この部屋はよく来るの」と聞かれて「たまに暇なときとか来たりしてますけど」と適当に答えると「あ、今暇なんだ」と言われた。
「まあ、そうですね」と答えると「写真みたんだろう、好きなんだろう虐められるのが、こんな事されてみたいんだろう、ホントはドスケベなんだろう」と言われて私は急に膝が震えてきた。
「どうせ彼氏なんかいないんだろう、お前みたいなドスケベ女は」と言われるとなんだかもっと酷いことを言われたい気分になってきた。
「いまどんな気分なんだ」とちょっときつい口調で言われて私が答えに詰まると「エッチな気分なんだろう、エッチなことしたくてたまらないんだろう」と畳みかけるように言われた。
「どうなんだ、もう触ってるんだろう、もう我慢できなくなって自分で触ってるんだろうこのドスケベ女」と言われて私はもうたまらなくなって自分で感じる所に指を押しつけて大きくため息を吐いた。
 するとその息音がボイスで聞こえたらしく「やっぱり一人でやってるんだな、このドスケベの変態女、いつもインターネットでエッチなことしてるんだろう、今すぐパンティー脱ぐんだ命令だぞすぐ脱げ」とさらにきつい口調で言われた。

8−13 誘われて

 私はもうたまらなくなってパンティーを脱ぐと床に落としてマイクに「いま脱ぎました」とやっとの声で答えた。
 すると「じゃあ、足を左右に一杯に広げるんだ、わかってるのか」と言われたので私は少し怖くなったけど言うとおりに足を広げた。
「いい格好してるじゃないか丸見えだぜ」と男に言われてどうして見えてるんだろうと思ったとき、ちょうどパソコンの上に熊のプーさんが置いてあるのに気が付いた。
 もしかしてこの熊のプーさんにテレビカメラが隠してあって、それでインターネットで見えているのかもしれない、熊のプーさんを部屋に持ってきてからの事が全部インターネットで見られてるのかも知れないと急に怖くなった。
 しかしそんなことあるはずがないと思い直し足を閉じてみると男は相変わらず「丸見えだぜ」と言い続けてる。
 私はどうも男が適当に話しを作っているらしいと思い、もう熊のプーさんの事は気にならなくなった。
「指を使うんだ、感じる所を押さえて回すんだ」と命じられて私はもう一度足を左右に広げて言われた通りにした。
 喉の奥から出てくるかすれた声が自分でもわかり、もうどうしていいのか判らなくなった。
 体中の震えが止まらなくなり、喉が痛くなるまで声を上げ続けた。
 ようやく男の声も止み、なんとか息も落ち着いてくると「フェラチオ好きなんだろう、これから希美大学の裏の公園で待ち合わせしようぜ」
「しゃぶらせてやるから、そのあとしゃがみ達磨をしてやる」と言い出した。
 私は余計な事を言い過ぎたと思い「今日はちょっと」と言葉を濁した。
 すると恐い声で「言うこと聞けないのか、このドスケベ女。逆らえると思ってるのか、逆らうとどうなるのか分かってるのか」と怒鳴りつけられた。

8−14 妄想の嵐

 私は急に怖くなって、自分がなんて馬鹿なことをしてしまったのだろうかと後悔した。
 とっさにパソコンの電源を抜いてしまうともう男の声は聞こえなくなった。
 しかし耳元に男の声が残って私の膝は震えが止まらない。
 私は気分を落ち着けようと昨日飲み残したワインを少し口にしてみた。
 薬のような苦みがありちょっと変だなと思ったけど、どうにも気持ちが収まらなくて残りも全部飲み干した。
 お腹がすぐに火がついたように熱くなると、身体全体に熱さが広がっていき頭がぼんやりとしていい気分になってきた。
 すこし落ち着いてからお布団に入ると、さっきの男に呼び出されて大学の裏の公園で会ったりしたらどんな目に遭わされるんだろうと考え出して頭が止まらなくなった。
 口に押し込められる舌触りを想像すると、私の目には思いがけない涙がこみ上げてきた。
 フェラチオの後はしゃがみ達磨をさせられるのと想像を膨らませようとしたが私の心はもうそこから先には進むことができない。
 とても我慢しきれない気持ちになり、私は池袋でナンパされてスミレの園に連れ込まれ、薬を飲まされてフェラチオさせられたあと、手錠をはめられて車でスミレの館に連れ込まれる自分を想像した。
 縛られて廻される様子を頭に浮かべて、私は男が毎晩でも欲しい身体なの、男が誰でもいいから欲しいのと自分に言い聞かせると、体中から熱い汗が噴き出してきた。
 私の妄想はもう止まらなくなって、廻されたあと脅されてデリヘルでバイトさせられる場面を想像すると私の身体はさらに熱く燃え上がった。
 相手がどんな人か分からない、何をされても決して逆らったりできないと思うと私はもう自分がデリヘル嬢になった気分で腰が震えだして止まらなくなった。


7.逃げられない調教の罠<< ページトップ >>9.螺旋階段で強制露出調教

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間