長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

10.痴漢男に生フェラ

10−1 ラブホテルの朝

 朝ラブホテルのベッドで目覚めると勇次さんはもう先に出て行ったようで部屋には私一人。体中にゆったりとした疲労感が広がり、私の子宮は痺れたまま腰を動かせなかった。
 大きく息を吸い込んで繰り返し昨日の悦楽の時を思い出すとまた腰が震えてきた。身動きができないまま時間が止まったように過ぎて行った。
 もう九時近くになって私は大変な事に気が付いた。今日の朝の授業はあの教育法規の吉沢先生だ。
 吉沢先生は自分ではしょっちゅう授業を休講にするのに、学生が遅刻したりすると酷く怒って単位をやらないといつも脅かすので有名だ。
 他の先生は欠席が多くても、たいていレポートの提出かなにかで許してもらえるのだけど「吉沢先生は『君は一年留年だね、そうすれば就職だってできないんだよ』と言って学生が泣き出すのを見るのが楽しみでわざと脅かすのよ」
「『学生にはもっと厳しくしないとだめだ、女子大生は、脅すと泣き出すから可愛いね』と教授会で他の先生に言ってたそうよ」と芳恵さんがいろいろ噂話しを聞かせてくれたのを思い出した。
 私は急に気分がはっきりしてくるとベッドから体を起こした。部屋には昨日自分で脱いだスカートやブラウスが枕元にバッグと一緒にまだ置いてあった。
 ブラジャーを着けようとして手に取るとちょうど胸当てのあたりに変なシミがあり、鼻を近づけてみるとやはりあの匂いがした。
 勇次さんがわざと私のブラジャーで拭いたのに違いないと思ったけど怒る気にはなれなかった。
 ブラジャーをいちいち洗って乾かしている時間もあるはずはなく、慌てて胸にあてて後ろのホックを止めた。
 スカートとブラウスを急いで着たけどパンティーは昨日脱がされたあとどこにどうなったのか見つからない。
 鞄をとってラブホテルを出ようとすると、受付で追加料金を請求された。こんなに急いでいるのになんなのかしらと思って、バッグから財布を出すとお金はほとんど残っていなかった。

10−2 朝の痴漢

 どうにか支払いを済ませて、ラブホテルを出ると外は明るくて、昨日歩いた道も別の場所のように普通の街角。慌てて駆け出して大通りにでると通勤客で道はもう混雑してる。
 私は人混みの中を池袋の地下鉄の駅まで必死で走り続けた。
 駅のホームで入ってきたばかりの電車に飛び乗ると時計を確かめて見た。どうやら十分前には教室に入れそうなので私はホットした。
 電車が動き始めて次の駅で乗客が大勢乗り込んでくると私の身体はドアの隅に押し込まれた。
 そのときお尻のあたりに変な感触が触れてきた。ゆっくりとくすぐるように手の裏を使ってなで回す感触は痴漢に間違いない。
 痴漢の手はすぐ私のスカートの下に入ってきた。パンティーを穿いていない私のお尻に男の指が触れてくると私は急に花園が熱くなっていくのが分かった。
 私はそっと手を伸ばすと男のズボンの前に手をあてがい、下から軽く持ち上げるようにして指を使った。
 私は牝豚なんだ男に喜んでもらうのが牝豚の役目なんだと昨日勇次さんに言われた言葉が頭の中を何度もぐるぐると回って止まらなくなった。
 男の指先が大胆に花園の奧まで届いてくると、私は足が震えながらされるままになっていた。
 私の降りる駅で電車のドアが開くと私は男の指をすり抜けるようにしてホームに降りた。

10−3 駅のトイレ

 後ろ向きに痴漢の男を振り返ると男も私を見つめ返してきた。私が目で訴えると男もすぐに気づいて私のあとからホームに降りてきた。
 階段を上がる途中の横にある身体障害者用のトイレに私が入ると男もすぐ私を追って入ってドアを閉めた。
 私は便器に座ると男が私の前に立つのを待った。男がズボンのチャックを下げるともう大きくなった鉄柱がしっかり上を向いていた。
「牝豚はどこででもフェラチオさせていただきます」と勇次さんに言わされた言葉がまた私の頭の中を回りつづけて他にもう何も考える事ができなかった。
 目の前に鉄柱があればフェラチオするのが牝豚なんだと自分に言い聞かせて私は口を使った。
 痴漢の男は欲望を吐き出した後「上手いじゃないか、どこの店なんだ」と私に声をかけてきた。
「私デリヘルでバイトしてるんです」とわざと嘘を付くと「やっぱりデリヘル女か、昨晩はよっぽどよかったみたいだな、まだ行きっぱなしの顔してやがるぜ」と言って財布をだすと私に一万円札を数枚渡してくれた。
 私はそんなつもりじゃなかったのにと思ったけどお金は欲しかったので受け取った。
 男は「今夜呼んでやる、もっと金が欲しいんだろう、今夜ここに電話しろ」と言って携帯の番号を教えてくれた。
 私がうなずいて答えると男は身支度を整え直してトイレをでていった。私は身体が重くてしばらく便器から立ち上がることができなかった。

10−4 教育法規の授業

 しばらく休んだあと時計を確かめるともう授業の時間は過ぎていた。トイレを出て小走り大学正門を駆け抜けて教育法規の教室に行くと三十分も遅刻してしまった。先生は不機嫌な顔で私が教室に入るのを見ていた。
 教室の前の方は真面目にノートを取る女の子達が固まって座っていたけど、広い教室なので中程より後は空席ばかり。私は目立たないようにすこし後ろの席にこっそりと座り、ほっとして息を整えた。
 授業は相変わらず難しくてちゃんと聞いていないとすぐに分からなくなってしまい、私は聞いていても上の空だった。
 私はこっそり携帯をだすと勇次さんからメールが入ってないか確かめた。胸元の汗がブラジャーに染みこんだ勇次さんの香りと混じりあって、私の鼻先をくすぐるように匂ってきた。
 私の体はまだ昨夜教えられた喜びを忘れることができずに、腰の奧あたりが震えて続けていた。
 子宮の奧のしびれるような震えがしだいに体中に広がって行くのを感じて、私はまた体中が熱くなってきた。
 携帯に受信したフェラチオの写真を見ながら「お願いしゃぶらせて下さい」と頭の中で繰り返すのを止められなかった。
 次第に昨日の疲れが体中に広がると、頭が朦朧として自分がどこにいるのかも分からなくなっていた。
 私は携帯を手にしたままいつの間にか気が付かないうちに頭を机に付いたまま眠り込んでいた。

10−5 居眠り

 すぐ耳元で男の人が何かを怒鳴っているような低い声が聞こえてきた。私は半分夢のなかで勇次さんがまた私を責めているのだと思い込んでしまった。
「なんか言ったらどうなんだ」と聞こえたので私はまた昨夜のように「お願い、しゃぶらせて」と半分眠りこけながら寝言でも言うようにつぶやいた。
「有希ちゃん、有希ちゃん」という女の子の声が聞こえて、私ははっと目が覚めると「なんとか言いたまえ、君」と私のすぐ横に立った吉沢先生が私を叱りつけているのが目に入った。
「あとで、研究室に来なさい」と言ったあと先生は不機嫌な足取りで教壇に戻った。授業がすんだあと、先生は私の顔をも見ずに教室を出ていってしまった。
 友達が数人私の所に来ると「早く行った方がいいわよ、これ以上機嫌が悪くなると、なに言われるか分からないから」
「以前、先輩が単位をもらえなくて留年して、それで就職もどこいってもだめだったって話しよ」
「ともかくなんでもいいから、すぐいってなんとか謝ってきたほうが良いわよ」とみんなで私の事を心配してしきりに勧めてくれた。
 私もいろいろと噂は聞いていたのですぐに行った方がいいとは思ったけど、気持ちが重く沈み込むばかりでなかなか腰が上がらない。
 友達が途中まで一緒に行ってあげるからと言ってくれたので、四人で吉沢先生のいる研究室に行くことにした。

10−6 嘘泣き

「失礼します」と言ってドアを開けてみると、部屋の中では助手の女性がワープロを打っている最中で顔だけこちらに向けて何も言葉が返ってこない。
「先生に呼ばれたんですけど」と私が言ってみると「奧にいるから」と素っ気ない返事だけ。
 友達三人をドアの外に残したまま、私は奧のドアまでいってまた「失礼します」と言ってドアを叩いてみた。返事がないのでドアを開けてみると、先生が立ったまま窓の外を見てる。
「さっきは済みませんでした、今後は気を付けます」ととりあえず謝ってみると「昨日はなにをしてたんだね君」
「レポート書くので遅くなった訳じゃないんだろう、それくらい分かってるんだ。なんだね、あの携帯に表示してあった画像は」と問いつめられた。
「すいません、なんでもないんですあの写真、ホントです」と言い訳すると「なにがなんでもないんだ、自分がなに言ってるのか分かってるのかね君は」
「君はこの大学を卒業する気はあるのかね。え、どうなんだ」と今度は厳しい口調で脅された。
 私は泣き出すまで虐められるんだと先輩から話しを聞いていたので泣いてしまった方がいいと思い、嘘泣きをしようと目尻に力をいれて目から絞り出すようにして無理矢理に涙を流した。
 すると先生は私の涙を本当だと思ったらしく「君だって卒業したいんだろう、卒業するためにはどうすればいいのか分かってるんだろう」と今度は少しやさしい口調に変わった。
「分かってます、なんでもします、なんでもさせて下さい」と私が頑張って涙を流しながら言うと「なにをしてくれるのかな、いったい卒業するためになにをしたいんだ」とまた言わた。
 私は先生がセクハラをするという噂は本当だったんだと思い「フェラチオさせて下さい」と言いながら膝を付いて先生の腰の前に顔を近づけた。
 すると先生は急に「何を言ってるんだね、君は、もういいから帰りなさい」と言って慌てて部屋を出て行ってしまった。

10−7 見つからない契約書

 午後の授業も終わってアパートに帰るとさっそくバッグに入れたはずの契約書を探した。しかしいくら探しても勇次さんに渡されたはずの契約書は見つからない。私はこんなはずはないと思い勇次さんに電話してみた。
 勇次さんに「契約書はちゃんと渡したはずだ、あとの事は俺が知ってるわけないだろう、金が欲しいんならデリヘル紹介してやるぜ、一回二万でどうだ、フェラと本番で二万なら結構な稼ぎになるぜ」と言われ私はようやく勇次さんにだまされたことに気が付いた。
「客を取る気になったらまた電話してこい、いい客紹介してやるぜ」と勇次さんに言われて私は返事をせずに電話を切った。
 私はなんて馬鹿なことしたんだろう秘密の写真まで渡してしまってとつくづく後悔したけどもう遅すぎる。悔しい思いがこみ上げてきたけどもうどうにもならない。
 私は大阪に居る勇次さんの奥さんに事情を話して、仕返しをしてやろうと思った。
 そうだ二人のお嬢さんにもみんな話しをしてやろう、それしか方法はないと思い勇次さん会社に電話してみた。
「営業部長の田中勇次さんの、大阪の連絡先教えて欲しいんです」と電話に出た守衛の男の人に丁寧に頼んでみた。
「うちの会社には、営業部長という役職はありませんし、田中勇次という社員もおりません」と冷たい口調が返ってきて、私はやっと勇次さんの話しが全部が全部嘘だったと気が付いた。最初から私をデリヘルに売り飛ばすつもりで私の身体をもて遊んだのだと分かって私はあまりの自分の馬鹿さ加減に自分でも呆れてしまった。

9.螺旋階段で強制露出調教<< ページトップ >>11.デリヘル監禁調教

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間