長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

2.セクハラ体験レポート

2−1 朝の目覚め

 翌日、朝早くに目を覚ますと紀之さんはもう成田に発ったあと。昨日の出来事はあまりにも突然で自分でも夢を見ているような気分だった。
 携帯を確かめると紀之さんからの電子メールで「おはよう、先に出たから」と簡単なメッセージが入っていた。
 やっぱり昨日の出来事は夢じゃなかったんだと、気持ちがほっと楽になった。私はどう返事を書いていいのか分からなくて「今起きたところなの、眠くて、昨日はどうもありがとう」とひとまず送ってみた。
 不安な気持ちで返事を待っているとしばらくして「昨日はごめん」とまたメッセージが返ってきた。
 私はいったいなにが「ごめん」なのだろうと、また急に不安な気持ちがまた胸に広がった。
「アメリカで頑張ってきてね」と書いてみると「うん、必ず、ノーベル賞とって帰ってくるから待っててくれ」とまたメッセージが返ってきた。
 私はすこし気持ちが落ち着いたけど、やはり昨日の出来事を紀之さんがどう思っているのだろうかと不安な気持ちはなかなか消えまなかった。
「落ち着いたら、私もアメリカに行きましょうか」とまた送ってみると「それがいいかもしれない、英会話の練習しといてね」と返ってきたのでやっと気持ちが落ち着いてきた。
「これから搭乗ゲートに入るからもう携帯は使えない」と送ってきたので「頑張ってね私も頑張るから」と最後のメッセージを送った。
 私はお布団に残っている紀之さんの最後の香りを確かめると、もう一度昨日の体の感触を思い出した。
 まだ腰の奧にすこし痺れるような感触があり、すぐに起きあがる気分には成れなかった。
 午前中の教育法規の時間は昨日の掲示板に休講の貼り紙がしてあったので今日はもう少し寝ていても大丈夫だと思い、半分夢の中のような気分でしばらく布団の中で過ごしていたけど、いつまでも寝てはいられないと思い、重い身体をなんとか布団から持ち上げると朝のコーヒーの支度を始めた。
 今日の最初の時間割にある、教育法規の吉沢先生の授業は時々休講になるので有名。
 理由は色々だけど「三回までは休講にしていいという決まりになっているので適当に理由をつけて授業をさぼるのよ」と先輩の芳恵さんが教えてくれた。
「学生が授業をさぼるのならともかく先生が授業をさぼるのはいったいどうゆうこなの」と聞いてみると「どうせうちみたいな女子大じゃ、先生だってやる気ないのよ」と言う答え。
 確かに熱意のある先生もいることはいるけど、まるで授業をやる気もないという先生も何人かいて、学生の間ではいろいろ噂になっていた。
「それにあの先生セクハラするとかで有名なのよ。出席が足りないからレポートにして下さいって女の子が頼みにいったら、なんて言われたと思う」
「『私にとって純潔とはなにか』というテーマでレポート書きなさいって言われたんだってよ、ばっかじゃないの。絶対セクハラよ、なに考えてんのかしら」とほかの先輩も言っていた。
 他にも「単位が欲しければ何でも言うことを聞くと約束したまえ」とか言われた学生がいるとか「ラブホテルに誘われたんだって、その前に公園でフェラチオだってよ」とかいう噂もあったけど、どこまで本当かは分からない。

2−2 突然の電子メール

 私は朝食代わりのインスタントコーヒーを飲んでからはやっと気力も沸いてきて、気分を切り替えて教育心理学のレポートをノートパソコンで書き始めた。
 教育心理学は先生になるためには必修の授業で、ありま人気のある教科ではなかったけど、去年から先生が代わってからは先生のやる気が生徒にも伝わったせいか人気の講座。
 去年退官になった教育心理学の先生は、教科書をそのまま説明するだけの授業で、試験も教科書を暗記するだけなので人気がなかったと先輩が話していた。
「教育心理学は教員免許を取るためには必修の科目だから、人気がなくても先生には関係ないのよ。だから必修科目はどの授業もつまんないのよ」と先輩に言われて私は確かにそれももっともな話しだと思った。
 どうゆう訳か今年からは教育心理学は近くの短大の先生が受け持つようになって、セクハラや性同一性障害なども話題にしていつも教室は満員。
 先生はテレビにもしょっちゅう出演していて、男性と過激な討論をしたりするので有名なので、学生に人気があるのも当然と言えば当然の話しだ。
 時々教室に見慣れない顔の学生が混じっていたりして、他の大学の女子学生がこっそり授業を聞きに来ているとかの噂もあった。
 「男の子が女装して授業を聞きに来てるそうよ」とかの噂もまことしやかに流れてたけど、もしかして本当かもしれないと思うくらい先生は大人気だった。
 レポートの提出が出席の確認の代わりになっているので、授業を聞いていないとレポートが書けないので欠席する学生はほとんどいない。
 レポートのテーマは授業同様に最近の話題が多くて、今日のレポートも「援助交際」がテーマ。
 先生が取り上げる話題はどれも、将来高校や中学の先生になったとき直面する問題のでなかなかレポートを書くのも大変だ。
 さすがに「援助交際」などというのは経験がなく、高校の時も時々噂も聞いたけど、実際にしてる女の子から詳しく話しを聞いたこともない。
 先生はいつも「テレビでやってる特集とかは信用しないように、全部やらせだから」と授業で言っていた。自分でもしょっちゅうテレビに出ているので、テレビの特集番組が裏でどうやって作られているのかよく分かってるらしくて「あんなデタラメ信じちゃだめよ全部作り話なんだから」といつも授業で言っているので、テレビで見た援助交際の番組を適当にアレンジしてレポートにするのもちょっと拙いかしらとあれこれ考えた。
 うまく書けないで悩んでいると携帯にメールが入った。確かめて見ると見かけない宛先から二通メールが来てる。
 一通は開けてみると「素敵な出会いで一杯」とかの宣伝文句の付いた出会い系サイトの宣伝。
 今まで出会い系サイトからのメールは来たことがなかったので、いったいどうしたのだろうかと思った。
 思い当たるのは、昨日学園祭のホームページに私の携帯のアドレスを載せたことくらいで、ほかには理由は見当たらない。
 もう一通のメールのタイトルに「当選おめでとうございます」と書いてあるのが目に入ったのですぐに電話しみた。
「あのメール頂いたんですが、谷口です谷口有希です」と私が言うと、女性の声で「おめでとうございます、今回特別に谷口様が抽選で特等賞に当選しました」
「つきましては、是非こちらに来て頂いて、今回の特典の説明をさせて頂きたいと思います、来て頂けますね」と早口で言われた。
 どうもなにかの懸賞に当選したらしいのだが、私は応募した覚えもなくてなにかの間違いだと思った。
 しかし「いや、おめでとうございます、谷口有希さんですよね、いやおめでとうございます」と何度も言われて、やっぱり私なのかとも思った。
「素晴らしい特典がもうたくさんあるんですよ、是非今日来て頂きたいんですが、もちろんいらっしゃいますよね、いやこんなすごい賞品があたった人は初めてですよ」とか言われてどうも抽選で懸賞にあたったらしいと分かった。
「それで何の賞なんでしょうか」と何度も聞いてみたけど「いやあ、すごい賞品なんですよ」と繰り返すだけで、要領の悪い返事しか返ってこない。
 なんだかよく分からないままに私は午後の授業のあと池袋のアルフレッドキャリアスクールに行く約束をした。

2−3 朝の公園

 出かける前にお風呂に入ったほうが良いかと思ったけど、昨日の思い出が体に少しでも長く残っているようにと軽くシャワーだけ浴びて着替えを済ませた。
 部屋を出ると身体の芯に痺れるような感触が残っていて、昨日の出来事がまるで夢の様によみがえってきた。
 夢じゃないんだ、本当に夢じゃないんだと私は何度も自分に言い聞かせた。
 今朝の自分は昨日の自分ではないと思うと幸せな気分が胸いっぱいに広がり、これ以上の幸せはないと自分でも感激して嬉しくて涙がこぼれそうになった。
 大学までの道をゆっくりと歩くと、道端に転がっている小石でさえも昨日とは違って輝いて見えた。
 私はいつも通る大通りの道ではなく、昨日通った裏道を歩いてみたい気分になった。 昨夜カップルが変な事をしていた公園のベンチも今日は何もなく明るい日差しを浴びていた。
 なんとなく気になってあたりを見回すと、昨日の夜には気が付かなかった大きなマンションが公園の向かいにあり、大きな陰を公園に落としている。
 ベンチのすぐ横には大きなゴミ箱があり、落ち葉がいっぱいたまっていて、落ち葉の間にピンク色が見えて私はなにかしらと気になった。
 近づいてみるとレースのフリルの入ったピンクのパンティーで、先輩達がよく話していた勝負パンツとかいうスケスケのデザイン。
 やっぱり昨日のカップルはあのあと変なことしたんだと思いを巡らせた。
 女の子の方はパンティー脱いでその後どうしたのかしらとちょっと気になったけどきっと近くのラブホテルにでも連れ込まれたに違いないと思った。

 大学の裏手の西門から中庭に入ると「どうしたの今日は、昨日と違うみたいだけど」と誰かが声をかけて来そうな気持で胸がいっぱい。だけど誰もそんなことに気がつくはずもなくちょっとがっかりした気分。
 昼休みの間にベンチでお弁当を食べている先輩の芳恵さんが私を見つけて声をかけてきた。
「眠そうな顔してるわね、昨日何してたの」と言われて私はどきっとしたけど、芳恵さんはそれ以上は言ってくれなかった。
「昨日の打ち合わせではね、今度の紅葉祭で歌う曲はカルメンから取ることになったんだけどね、東大の男の子達がね、女の子はみんなフラメンコの衣装を着て歌うんだとか言いだしてね」
「そんなのできるわけないじゃないのよね、生地買って衣装作るのどんなに大変だか男の子にはわかんないのよね」
「そんでね、東大のフラメンコ部の女の子に来てもらうことに落ち着いたんだけどね」
「でもフラメンコ部の女の子だって迷惑な話よね」と昨日の打ち合わせを話してくれた。
 やっぱり紀之さんと芳恵さんとは何もなかったようなので私も一安心だった。

2−4 苦手のオーラルイングリッシュ

 午後の最初の授業は私の苦手なオーラルイングリッシュで、教室に入ると親友の礼子さんがいつもの席に座って私を待っていてくれた。
 オーラルイングリッシュの授業では、出席簿の順に毎回数人づつみんなの前でスピーチをすることになっていた。
 私の番はまだ先でしたが私は英作文もうまくできないし発音も下手なので気が重い授業だ。
 今日の最初にスピーチをしたのは、高校のとき交換留学でアメリカに一年行ってきた女の子で発音は完璧にアメリカ人そのまま。
 今までは英語が話せない女の子の下手な発音の英語ばかりだったけど、今回の本場の発音は聞いていて全然わからなくて私はかなりショックだった。
 礼子さんは夏休みに何度かショートスティでアメリカに行ったことがあるので、聞き取るのに不都合はない様子。
 私の高校は田舎の受験校なので英会話クラブで下手くそな発音の英語で英語劇をしても先生に注意されることもなかった。
 これでは紀之さんのいるアメリカに行ってもとても英語で話しができないと、私はまた心配事が増えてしまった。
 私は礼子さんに「どうしたら礼ちゃんみたいに、英語がしゃべれるようになるの」と聞いてみた。
 すると「高校の時、家庭教師の先生に勧められて英会話の教材を親に買ってもらったの、結構高かったんだけどね。それで繰り返し聞きながら音読を毎日二十分くらいづつでいいから毎日するの」
「そうするとね、まあ一年くらい練習すれば結構、ゆっくりしゃべってもらえれば外人の話すのも普通に分かるようになるんだけどね」
「あ、私の家庭教師の先生はほら、あのモルモン教ってあるでしょう。あのモルモン教の外国人の宣教師の人がただで英会話教室やっててそれで勉強したんだって」といろいろ話してくれた。
「でも、モルモン教って宗教なんでしょう」と私が聞いてみると「そうなんだけど、信じてるふりだけしてたんだって、なにしろタダだから」と言われてしまった。
「私も礼ちゃんみたいに、アメリカにショートステイしたほうが良いかしら」とも聞いてみたけど「ちゃんと英会話の勉強してから行かないと、あまり役にはたたないって先輩もいってたし」と言われて私もすっかり考え込んでしまった。
 スピーチは予定より少し早く終わったのであとの時間は、みんなで英語の童謡を合唱して時間を潰した。
 簡単な踊りも歌と一緒にしないといけなくて、授業が終わるまでには結構いい運動になった。

2−5 援助交際のレポート

 私は礼子さんと教室を出て次のパソコン演習の授業を受けるために、パソコン教室に移動した。
 今日はエクセルでグラフを書いてワードの文章に貼り付ける課題がでていた。
 演習の先生をしている助手の広田さんはあまり詳しい手順の説明をしてくれなくて「分からない所はヘルプを見て自分で調べなさいと」言うのが口癖だった。
 学生が分からなくて質問しても広田さんは「将来あなた達が就職したら、もう誰も教えてなんかくれないのよ。どんなことでも自分で調べれば分かるんだから自分で調べる練習をするために、私はわざと教えないの、あなた達の将来の事を考えて言ってるのよ」と言うだけなので、今では広田さんに質問する学生は誰も居ない。
 先輩の芳恵さんも「あの先生、何も教えなくて、それで給料もらってるんだから。教えない先生がどうして金もらえるのよ」と話していた。ほかの先生に教え方を注意されても、「コンピュータの勉強というのは自分でしないと身に付かないのですよ、これがコンピュータ教育なんです」と言い張って聞かないらしい。
 私はクラブの報告書でしょっちゅうエクセルを使っているので、すぐに課題をプリントアウトして提出したけど、他の女の子達はいったいどうしたらいいのか途方に暮れたようすでコンピュータの前で顔を寄せ合って相談していた。
 私は礼子さんが課題を終わるのを待っていたけど、プリンターが混んでいてなかなか順番が回ってこない。
 課題が早く出来た学生はすぐに教室を出て行ったのでパソコンがもうかなり空席になってしまった。
 私は余った時間で教育心理学の残りのレポートをインターネットで調べてみようと思いついた。
「援助交際」のキーワードで検索をかけてみたけど、あまりにたくさん検索にかかるので困り果ててしまった。
 もう時間もないしと思っている内に、いいアイデアが思いついた。今朝携帯にメールがあった出会い系サイトにアクセスすれば、ちょうどいいホームぺージが見つかるに違いないとひらめいたのだ。
 携帯にあったURLを打ち込むと、噂に聞いた出会い系サイトのページが表示された。男の子用の掲示板と、女の子用の掲示板があり、そこで書き込みをするようになってる。
 ページの下を見てみると、掲示板の他にもリンクがいろいろ張ってある。リンクをたどって行くと、女子大生の部屋の隠し撮りと書いてあるページを見つけた。ほかにも投稿写真のページもあり、エッチな写真が投稿してある。下調べもだいたい済んだので私は適当に話しをまとめてレポートを書き上げた。
 最後は「インターネットは便利ではあるが利用の仕方によっては大変危険である」ともっともらしくまとめた。
 できあがったレポートを提出したあとにまた携帯にメールが入った。メールを開いて見ると口になにかを含んでいる女性の顔らしい画像が目に入った。私は最初何の画像か分からなかったけど、何度か見直してようやくフェラチオの写真だと気が付いた。
 誰かが悪戯で送ってきたらしいけど誰が犯人なのかは分からなかった。

2−6 七割引の英会話教材

 大学の帰りに教えられた住所に行ってみると、駅前から入った細い路地に「アルフレッドキャリースクール」の立て看板が置いてあり「インターネット、ワープロ、TOEIC受験」と書いてあった。
 見上げると細いエンピツビルの横にも立てに長い看板があり、他にも個別指導学院とか、ローンの会社の名前も並んでいた。
 インターネットやパソコンなら大学でやっているから必要ないし、私に関係あるとしたらTOEIC位かなと思いながら、私は小さなエレベータに乗って五階まで上がった。
 入り口のドアにはインターホンがあったので「あの私、谷口ですけど、今日来るように言われたんです」と言ってみた。
 するとすぐに返事があり「お待ちしておりました、お入り下さい」と言われて、ドアを開けると事務員らしい女性が出てきて、私は小さな会議室に通された。
「おめでとうございます、これが商品です」と言って渡されたのは小さなボールペンのセット。
 こんなものを渡すためにわざわざ呼び出したのかと思っていると「他にも、すごい特典があるんですよ、海外旅行が三割引で、そのうえ英会話教材もなんと七割引きなんですよ、いやこんなに運のいい人はみたことないですね」と言われて私はいったい何が当たったのか訳が分からなくなった。
「どうです、ヨーロッパにグアム、香港とお得な旅行が三割引きなんですよ、二泊三日五万円からですよ、お友達をさそって海外旅行なんて、リッチでしょう」とパンフレットを見せられた。
 素敵なモデルの女の子が浜辺で寝そべっているグアムのパンフレットを見せられても、学生の身分では、海外旅行など行ってる暇はないので私はあまり興味がもてなかった。
 すると今度は目の前に置いてある大きな箱からCDと英会話の教本を取りだして「海外旅行に行くならその前に英会話の勉強をするのが、通の旅行者ですよ。この教材で勉強すれば半年で、TOEICでも高得点間違いないです」
「今時就職しようと思ったらTOEICで800位は取れないと、もう会社説明会にも行けないんですよ」とまた立て板に水で言われた。
「海外留学したいんですけど、それで勉強すれば、大丈夫ですか」と試しに聞いてみた。
「もちろんですよ、この教材で勉強すれば現地についたその日かはもうペラペラで話せますよ」と言われて私はすっかり嬉しくなってしまった。
「なんと七割引きでこの教材が買えるんですよ、月々たったの八千円なんす。こんのお得な話しは百年待ったって二度ときませんよ」と言われて私はちょうどいいチャンスだから買った方がいいかもしれないと思った。
「少し考えてからにしますから」と言って席を立とうとすると「考えてる暇なんかないんですよ、いますぐ決めなくちゃ、この特典は説明をした今だけ申し込みができるんです」
「考えてたりしたらもう、他の人に特典が回されてもうあなたが申し込むことはできないんですよ」
「待ってる人はたくさんいるんですから、この特典を他の人に取られていいんですか、すぐ決めないとダメなんですよ」と言われて私はすぐに買った方がいいと心を決めた。
「じゃあ、これに書いて下さいね」申し込み用紙を渡された。
 申し込み用紙の宛先はどこかのクレジット会社だけど「内の会社と提携しているクレジット会社なんですよ、安心してご利用していただける方だけに紹介してるんです」と言われてそうゆうものかと納得した。
 一週間ほどして英会話教材が送られてくるとCDが三十枚もあるセットが入っていた。 私は大学の授業もあるしこんなにたくさんのCDの勉強などとてもできないと思ったけど、七割引だからと得をした気分になった。

1.生フェラ狂いの女<< ページトップ >>3.学園祭のデリヘル女

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間