長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

3.学園祭のデリヘル女

3−1 フラメンコの衣装

 学園祭間近になって結局東大の男の子達から「フラメンコ部の女の子達に相談したけれど、年末公演の練習が忙しいから紅葉祭には出られないという話しになって」と言われた。
 先輩達もどうせそうなると思っていたので余り期待はしてなかったけど、私は学内に張るコーラス部のポスターにフラメンコの衣装をつけた女性のイラストをもう載せてしまっていた。
 もうポスターはカラープリンターでたくさん作ってあるので、いまさらポスターを書き直す訳にもいかない。
 先輩達は困った顔で私の作った学園祭のポスターを囲んでなにやら相談してたが、なかなか話しはまとまらないみたい。
 ようやく話しが済んだらしくて副部長が私の所にくると「ちょっと、なんでもいいから、フラメンコの衣装を一着でもいいからなんとかしてきてよね」ときつく言われて私は困ってしまった。
 困ったときにいつもいろいろ相談にのってもらっている同じクラスの親友の礼子さんに話してみると「今度の日曜日に渋谷でフリーマーケットがあるんだけどね、もしかしたらそこでフラメンコの衣装もあるかもしれないから、探しにいってみよしょうよ」
「こないだいったときもね、結婚式のウェディングドレスの古着とか、あと社交ダンスの衣装とかもあったから、フラメンコもあるかもしれないし」と言ってくれたのでこれでなんとかなるかもしれないと思った。
 学園祭の前の日曜日に渋谷のフリーマーケットに行ってみると、大変な混雑だったけどダンスの衣装をたくさん置いてある店を見つけた。
 試しに店番をしている女の子に聞いてみると「フラメンコの衣装も、どっかにあったと思うけど」と言いながら、箱の中をいろいろ探してくれた。
 あちこち探して何枚か箱から取りだして広げて見せてくれたので私はこれで助かったと安心した。
 礼子さんが衣装身体に合わせて確かめてみると、どの衣装も脇のスリットが腿の上あたりまで入っていてかなり大胆なデザイン。
「縫っちゃえばいいのよ、どうせ踊る訳じゃないし、紅葉祭で一回着るだけだから」と礼子さんが言うので私はそれもそうだと思った。
 礼子さんはフリーマーケットでの買い物に慣れているようで、売り子の女の子と値段の交渉をして結構安く買うことができた。
 帰り際に本をたくさん並べた店があり「ねえ、これよ私が高校の時勉強した英会話のCD」と言って指さした先には英会話の教材がセットで置いてあった。
 店番している女の子が「これセットで三万円でいいですよ」と声を掛けてきた。
「買うと十五万はするんですよ」と言われて、私が七割引で買った値段よりまだ安いと気が付いた。
 私の買った教材の方がCDの枚数はたくさんあるしと計算してみたけど、どう考えても私の買った英会話教材はとんでもなく高い値段の様な気がしてきた。
 帰りは路上のコンサートを見ながら原宿まで歩いて出ると、マクドナルドでコーヒーを飲んだ。
 通路側の窓際に座って竹下通りを通る女の子達を眺めながら一休みしてから店を出ようとすると男の子が二人声を掛けてきた。
「どう、これからカラオケ行かないか」と少し恥ずかしそうな口調で話しかける二人はまだ高校生の様で、私達の事を同じ高校生だと思ってみたい。
 礼子さんはちょっと困った顔をして「今日は疲れているからまた今度ね」と適当に断ろうとしたが「じゃ、携帯の番号教えてくれないか、また今度誘うから」としつこく食い下がられた。
 私は礼子さんが断ってくれるとばかり思ってたけど、礼子さんは平気な顔をして携帯の番号を男の子と交換してる。
 男の子達が立ち去ったあと「ねえ、ちょっと大ジョブなの」と私が聞いてみると「携帯の番号ぐらい大ジョブよ、ぜんぜん、今時当たり前よ」と言うので私はちょっとびっくりしてしまった。

3−2 衣装合わせ

 翌日先輩達にフラメンコの衣装を見せると「これいったいどこで買ってきたの、いくらしたのよ」と問いつめられて「渋谷のフリーマーケットで一着五百円で買ってきたんです」と恐る恐る報告すると「そんなに安かったの」かなり驚いた様子で衣装を手に持って確かめていた。
「ところで領収書もらってきたでしょうね」と副部長に言われて私はびっくりして「そんなのもらってませんけど」と答えると「そんなのって言い方はないでしょう、なによ領収書もらってくるのは当たり前でしょう」と逆に怒鳴り返された。
 他の先輩がなんとか副部長をなだめてくれてなにやら相談したあと、先輩が一人百円づつお金を出して、なんとかみんなで千円集めてくれた。
「こんどからはちゃんと領収書もらってきてね」と副部長に言われたけどフリーマーケットで領収書なんか書いてくれる訳もないのにと納得出来ない気分。
「ところで誰が着るのよこの衣装ちょっとサイズが小さいんじゃない」と今度はまた話がややっこしくなってきて私はうんざり。
「サイズに合う人が着ればいいのよ、それしかないでしょ」と副部長が言うので、先輩達は衣装を身体に合わせてサイズを確かめると次の人に回しては似合う衣装を探し始めまた。
「あんたには、似合わないからサイズが合ってもだめよね」と悪口を言い出す先輩もいて部室の中は大騒ぎ。
 先輩の芳恵さんもすっかり気に入ったらしくて「ちょっと着させてよ」と言って目の前で着替えを始めた。
 部屋には女の子しかいないので、平気な顔でスカートとブラウスを脱ぐと下着だけの姿の上にフラメンコの衣装を着てみんなに見せ始めた。
 しかしちょっと芳恵さんにはサイズがきつくてお尻のあたりの縫い目がいまにも破けそうなので芳恵さんは「やっぱり私には無理みたいね、私みたいなグラマーじゃ」とおどけていうと先輩達もどっと笑った。
 芳恵さんがぐるりと一回りしてみせると、衣装の横のスリットがかなり大胆で、背中は後ろの腰の当たりまで切り込みが入り、胸も大きく開いていてとても学園祭では着れないようなデザイン。
「ちょっとこれ大胆すぎるんじゃないの」と副部長が言うとほかの先輩が「ダンスの衣装なんだからこのぐらい当たり前よ」と言って一歩も後に引かない。
「でも先生から後で注意されたりすると、私やだからね」と副部長が言うので、確かになんとかした方がいいという意見に傾いた。
 結局被服科のミシンを借りて横のスリットを縫うことになって、一件落着になった。
 フラメンコの衣装を着るのは結局、副部長と会計の三年生二人で先輩に花を持たせることでみんなの意見が一致した。

3−3 紅葉祭の前日

 紅葉祭の前日の金曜日は午後から授業がなくて、いっせいに紅葉祭の準備が始まった。
 テントの設営は力仕事なので、大学の事務の職員も手伝ってくれたけどが、東大からも手伝いの男の子達が来てくれて助かった。
 他の大学の学園祭ではレンタルでプロパンガスのボンベを借りるのが普通だけど、内の大学では危ないからということでプロパンガスは禁止になっいた。
 それで家庭用のガスボンベのコンロや、電気プレートなどを工夫して使ってる。
 コーラス部でも毎年「コーラス喫茶」を開店していたけど、いつも電気ポットを使ってお湯を沸かしていた。
 教室の机の配列を並べ直して、喫茶店風にして隣の教室でお湯を沸かしたりケーキを用意したりした。
 喫茶店の準備はかなり大変で、メニューを用意したり、お釣りのお金を用意したり、食券を用意したりとてんてこ舞い。
 ようやく夜六時近くに準備が終わると、手伝いに来ていた東大の男の子達に「ちょっとお茶飲んでいこう、池袋にいつも行っている店があって、食事も出来るから」と誘われた。
 私はもう夜遅いので早く帰りたかったけど、芳恵さんが「こんなチャンス滅多にないんだから、逃しちゃだめよ」と言うので仕方なくみんなで一緒に池袋まで行くことにした。
 東大の男の子達は、しきりに新入生の女の子達に「故郷はどこなの」とか「兄弟は何人」とか話しかけていて、同郷で一人暮らしならちょうどいいと思ってみたいだ。
 芳恵さんも少し不満そうで急に「ねえ紀之さんどうしてるの」と男の子の一人に話しかけ。
「あいつなら、アメリカに留学中だけど」とそっけない返事なので、芳恵さんは「それは、知ってるわよ、紀之さん留学するからって挨拶に来たんだから」
「留学して今どうしてるのって聞いてるんじゃないの」と口を尖らせて言い返した。
 すると「なんだか大変らしいよ、ノーベル賞を何人も出している研究所でね、業績がよければ、すぐに教授にだってなれるし、だめならすぐ帰れと言われるらしくて」
「毎日寝る時間もないくらい忙しいのが普通で、そうやって頑張っても成功するのはほんの一握りの人間だけなんだ」
「ただ、日本と違うのは、偉い教授のコネとか、どこの大学の出身とかは全然関係なくて、実力さえあればすぐ出世できるんだ」
「けどね、あいつのアメリカ留学が決まる前にも、留学の候補に挙がった学生は何人もいて、研究室で足の引っ張り合いをしてね」
「まったく小学校の虐めみたいに、女の子に書いた手紙を教室の黒板に貼り付けておいたりとか研究ノートを隠したりとか、そんな話しは序の口でね」
「まあ留学が決まるまではあいつも色々裏で大変らしかったんだけどね」そう話すと、男の子はまた新入生の女の子に「趣味はなに、映画とかどんなの好きなの」と話しかけていた。
 私は医学部の研究室というのはつくづく大変な所だと思いったけど、どうしてアメリカから紀之さんが電子メールを送ってこないのか理由が分かって一安心した。
 そんなに忙しかったら私がすぐにでもアメリカに行って、身の回りの世話くらいできたらという思いがこみ上げてきた。
 男の子達と新入生の女の子達は話しが盛り上がっている様子で、いつまでたってもお開きになる様子はない。
 私は早く帰りたかったけど、芳恵さんに「新入生の女の子達だけ置いて、私達だけ帰るわけにも行かないでしょう」と言われて、仕方なくビールを飲んだ振りをして暇を潰した。

3−4 お目当ては新入生

 今年の新入生の女の子の一人の百合恵さんが、すこし酔ったらしくて壁に背をもたれて半分目をつぶっているのが見えた。
 百合恵さんは長崎の出身で、芳恵さんが強引にコーラス部に誘った女の子だ。今時珍しく髪も染めていてなくて、いつもぼんやりとしていて見た感じは中学生にしか見えない体つき。
 自分から積極的に話しを始めることもないので先輩達もどう扱って良いか困っているようで、男の子達にはあまり人気のない子だった。
 授業には真面目に出席するらしいのだけれど、ノートをとっては暗記する勉強しかできないので、自分で課題を見つけるようなレポートは苦手らしいと同級生の女の子達が話していた。
 もともとお酒など飲んだこともないので、先輩からも「ああゆう子は、お酒はうっかり飲ませたらだめよ」と注意されていた。
 新入生の女の子のなかには、ビールを半分飲んだだけで起きあがれなく女の子もいるので、先輩達も合コンの時にはいろいろと気を使っていた。
 百合恵さんの前に置いてあるビールのジョッキは半分くらい空になっていて、これは誰かが無理矢理飲ませたに違いないと心配になった。
 男の子の一人が介抱するように横に付き添っていたが、なにか様子が変。私はテーブルの下で、芳恵さんの横腹を突っつくと、芳恵さんも気が付いている様子で、私の腿を叩いて合図を返してきた。
 よくよく百合恵さんを見ると、目が半分うっすらと開いたまま小さく息を飲み込むように肩を震わせ始めた。
 男の子の手がテーブルの下で、見えないように百合恵さんの感じる所を責めているのに違いないと分かってきた。
 もう終電の時間近くになったので、芳恵さんが「ねえ、あなたたち、もう電車がなくなるから、お開きにしたほうがいいんじゃないの」とわざと大げさな口調で男の子達に言ってくれた。
 男の子達も芳恵さんの言葉に言い返すのもまずいと思ったらしく大人しく帰り支度を始めた。
 店を出ようとすると、百合恵さんのすぐ後ろにさっき百合恵さんの横にいた男の子がぴったり寄り添ってる。
 薄暗くて良くは見えないけどが、男の子の手は百合恵さんの後ろからお尻を撫で上げているみたい。
 男の子達は新入生の女の子達を取り囲むようにして、駅に歩き始めた。
 百合恵さんと男の子は私達が離れるのを待ってこっそり裏道に曲がるのが見えた。私はこれは大変だと思ったけどが、百合恵さんにとっては彼氏ができるまたとないチャンスなのかもしれないと思い何も言わずに駅まで帰った。

3−5 紅葉祭のコンサート

 翌日の学園祭の当日の土曜日には、朝早くにコーラス部の合唱の公演が予定だった。
 本当は午後の時間にしたいのだけど、ほかにもミスコンや、オペレッタの出し物があり、コーラス部はいつも隅に追いやられて朝一番の時間しかもらえない。
 時間の割り振りは決めるのが大変なので、毎年同じ時間が割り当てられるのが決まりみたいになっていた。
 控室には三十分前までに集合することになっていたけど、昨日夜遅くまで合コンしたせいもあって、時間ぎりぎりまでなかなか集まらなかった。
 東大の男の子達は近くの駅で待ち合わせをしてから、みんなで一緒に希美女子大まできたらしくて人数も全員そろっているとすぐわかった。
 女の子の方は人数を確かめてみたけど一人足りない。
 誰が来ていないのかすぐには分からなかったけど、一年生の百合恵さんが来ていないといつも一緒に練習にきている女の子が副部長に報告してた。
 百合恵さんは昨日セクハラされていたので無理もないと思ったけど他の先輩たちは事情がわからないせいもあって「合コンでお酒飲んで来れないなんてなにやってんのよ」と機嫌がよくなかった。
 芳恵さんは昨日のことを知っているので「まあ女の子なんだからしょうがないわよ」と珍しく新入生の女の子をかばうので、先輩も一応は納得した。
 おそろいの黒のロングドレスに控え室で着替えるとみんなで幕の下りた舞台に上がった。
 初めてこのドレスを着た時には素敵なドレスだと感激したけど、よくよく聞いてみると生地を問屋にいってまとめて買ってきて、あとは適当に切ってファスナーを付けただけの簡単なドレスで実習で作るパジャマ程度の代物だとわかってがっかりしたものだ。
 今年入った新入生の女の子達は初めてのステージで緊張している様子で、三年生もこれがコーラス部の最後のステージなのでやはり落ち着かない雰囲気。
 男の子の一人が幕間から客席を見てたけど、あまりいい入りではないみたい。
 時間になって幕が開いてみると、広い講堂にはわずか数人の父兄が座っているだけ。
 いつものこととはいえ観客の少なさには呆れる程だったけど、それでもみんなで頑張って歌い始めた。
 フラメンコの衣装を着た副部長のアリアが始まると、やはりフラメンコの衣装をつけた会計の女の子が即興でフラメンコの踊りをして見せた。
 歌が終わると一応は拍手が起きたけど、数人の父兄が手を叩いただけ。
 コーラスが終わったあと最後に記念写真を撮り終わると、三年生の先輩の何人かが涙を浮かべていた。
 四年になると就職活動で忙しくなりコーラス部の活動からは引退するので、いろいろと想うこともある様子。
 講堂は他にも出し物がいっぱい予定されていて、コーラス部の公演は一回三十分だけだった。
 控え室にみんなで戻って着替えを済ませると、みんなやれやれといった表情で落ち着いた雰囲気になった。

3−6 紅葉祭の模擬店

 公演のあとはコーラス喫茶の当番の割り当てが決まっているので、手の空いた女の子達は、男の子を連れて大学の構内を案内したりしていた。
 私の当番はコーラスが終わってすぐなので、コーラス喫茶の教室までほかの女の子達と急いだ。
 支度は全部昨日の内に終わってるはずだったけど、まだテーブルの上に配るはずのメニューがなかったり、部屋の飾りつけのリボンがまだできてなかったりと、すぐには店を開くことができなかった。
 ようやく準備ができてドアを開けては見たものの、誰も来る様子はない。
 窓の外から中庭を眺めて見ると、歩いているのは模擬店の準備をしている希美大学の女の子たちだけで、客らしい人影は一人も見当たらない。
 これでは客が来るはずはないと先輩たちもあきらめきった様子。
 昼近くになってようやく学生の親らしい人影が校内に見える始めたけど、コーラス喫茶に立ち寄る人はいない。
 副部長にも「ちょっとなんとかしなさいよ」言われて、私は芳恵さんと一緒にビラを配りに回ることにした。
 芳恵さんは目立った方がいいからと、控え室でフラメンコの衣装に着替えて得意顔。
 中庭の模擬店で東大のコーラス部の男の子達が焼きそばを頼んでいるのを見つけた。
 芳恵さんはさっそく「ねえ、あなたたち、あとでコーラス喫茶に来てケーキ食べていってね、わかってるの」と言いながら男の子に体を寄せた。
 男の子達はここで変に逆らうと後が怖いと想ったのか愛想よく「あ、これ食べたらすぐ行きます」と言ってくれたので芳恵さんも上機嫌。
 構内を一通り回って食堂脇の階段を上がって戻ろうとしたとき、急にビリッと音がして、芳恵さんが悲鳴を上げた。
 見上げると芳恵さんのフラメンコの衣装の縫い目が破れて、お尻が丸見えになってる。
 下に付けていた下着はピンクの花柄でレース模様が一杯ついた「勝負パンツ」だ。
 ずっと前に部室に置いてあった通販のカタログに出ていたパンツに、誰かが赤丸を付けていたのを思い出した。
 きっと芳恵さんがあの時、通販で買ったのに違いないと分かってきた。
 私は慌てて階段の下を見下ろすと、ちょうど男の子が数人下からこちらを見上げて登って来る所。
 芳恵さんも下から男の子達が見上げているのに気が付いて、あわててパンフレットでお尻を隠して階段を駆け上がった。
 コーラス喫茶の控え室に戻ると、芳恵さんはやっと一息吐いて「黙っててよね、あなたが言わなきゃ誰にも分からないんだから」ときつく言われた。

3−7 打ち上げの合コン

 お昼すぎに私の当番が終わると、私は大学の構内を一回りして模擬店で焼きそばとお好み焼きを買って食事の代わりにした。
 あとは時間があったので展示を一通りみることにした。
 展示といっても、写真部と美術部と、あとは華道部が作品を並べているほかは、コミック部が似顔絵を書いたり、あとは心理研でコンピュータ占いをやってるくらいでたいした出し物はない。
 翌日の日曜日には昼過ぎに大学に行き、講堂でお笑いタレントのライブを見たり、ダンスコンテストを見たりした。
 午後四時くらいにコーラス部の喫茶店に行ってみると、男の子たちが教室の前に大勢集まってる。
 教室の中ではもう後片付けが始まっていて、男の子達も手伝って机の並べ替えなどを始めた。
 一通り会計の締めも済んで後片付けが終わると、みんなで人数を確かめてから打ち上げの合コンのために池袋駅までいく事になった。
 合コンの会場はもう予約してあって、時間も決まっているのでぐずぐずはしていらない。
 三年生の先輩たちは、クラブとしての合コンはこれが最後になるので、彼氏のまだいない女の子にとってはこれが最後のチャンスだ。
 他の下級生もそれがわかっているので、必死で彼氏のいない先輩をもりたてようとはするんだけど、男の子達の関心はもっぱら新入生の女の子のことばかりで、結局は最後のチャンスも空振りになることが多い。
 一次会の店に入りみんなで席に付くと、乾杯のあと新人の簡単な自己紹介もすることになった。
 自己紹介は新歓コンパでもやっているので別に必要もないのだけど、男の子達は新人の女の子に興味があるようで新歓コンパに来ていない人もいるというのでもう一度したいと言い張った。
 新入生の百合恵さんが今日も来ていないので、司会をしている先輩は「百合恵ちゃんはきょうはバイトが忙しいらしくて」となんとかごまかした。男の子達はそれで納得したようで私もなんとか安心した。
 飲み会が始まると最初は普通に話しが進んでいたけど、だんだん酒が入ってくると雰囲気が怪しくなってきた。
 結局のところ男と女の話になり、新入生の一人が「私のアパートの隣の男の人の所に、夜の一時くらいに女の人が訪ねてきて、きまって夜二時には帰るんですよ絶対変ですよね」と言い出した。
 すると男の子達は「それはデリヘルだよ、デリバリーヘルスっていってね、電話で女を呼ぶんだよ」と大声で説明してる。
「なんですか、それって」とまた新入生の女の子が聞き返すと「だから、一晩二万くらいでやらせるんだよ」と男の子が言うので新入生の女の子は急に顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。
 すると男の子達はもっと困らせようと思ったのか「デリヘルの女は一目見ればすぐわかるよ、ほら毎晩四人も五人も相手にしてるから、一日中行きっぱなしの顔してるんだ」
「だから行きっぱなしの顔みたらデリヘル女だ」と言い出した。
 女の子の誰かがまた「なんですかその行きっぱなしの顔というのは」とまたちゃかして聞くと「百合恵みたいな顔だ、あの女いつでも行きっぱなしの顔してやがる」とまた言い返した。
 酔った勢いとは言え何て事を言い出すのかしらと思ってよくよく男の子の顔を確かめると金曜日の夜に百合恵さんを介抱していた男の子だ。
 男の子があの時の百合恵さんの事を言ってるのが分かって芳恵さんもちょっと困った顔をして私の方を見た。
 やっぱり百合恵さんが男の子との間にあの後何かあってそのせいで百合恵さんが昨日と今日休んだのに違いないと分かったけどそんな話しは誰にも言えない。
 そこまで酷いことを言われるとさすがに他の女の子達も黙り込んでもう何も聞き返さなかった。
 急に雰囲気が悪くなったので会話もとぎれがちになり、しばらくしてお開きという事になった。
 あとは二次会に誘われたけど、私は用事があると適当に言い訳をして先に帰ることにした。


2.セクハラ体験レポート<< ページトップ >>4.嘘で固めた調教の罠

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間