長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

9.螺旋階段で強制露出調教

9−1 二度目の喫茶店

 喫茶店の前で勇次さんを待ちながら、私は今度こそうまくやろうと自分に言い聞かせた。
何を言われてもうまくあしらって適当に相手をして、だまされた振りをして逆に手玉にとってやればいいんだ、そう何度も何度も胸の中で何度も繰り返した。
 しかし勇次さんが約束通りに今日来てくれるかどうかも分からないので、気分は落ち着かないままだった。
 まだかしらと気分がイライラしてきた時にまた携帯にフェラチオの写真が送られてきた。 今度は終わった後の女性の口元の写真。いったい誰がこんな写真送ってくるんだろうと、不思議な気持ちだったけど、何のために送ってくるのか相変わらず理由は分からなかった。
 私はなんだか誰かに見張られているような気分がしたけど、フェラチオの写真を見て自分もこんな風に口に出してもらったらどんなに幸せだろうと思った。
 約束の時間近くになって大通りの先に何度も目をやったけど勇次さんの来る気配はない。
 とうとう約束の時間がすぎても勇次さんは現れなかった。
 やっぱりダメなのかしら約束をすっぽかされたのかしらと思った頃、勇次さんらしい男性がこちらに来るのが目に入った。
 私はやっと来てくれたんだと思うとようやく気分が落ち着いてきた。しかし契約を取るまでは、まだ安心するのは早いと思い直した。
 勇次さんは私を見てすこし嬉しそうに「いや、ひさしぶりだね」と声を掛けてきた。
 私はこれなら今日はなんとかなりそうだと勇気が出てきた。

9−2 パジャマパーティーの写真

「会いたかったんですよ、私、寂しくて」とわざと大げさに言ってみると勇次さんは笑顔を浮かべて「いや、ごめんごめん、忙しかったんだ」と言ってくれた。
 一緒に店に入ると目の前に螺旋階段が見えた。この前と同じ席に座るといやだなと思って、私は勇次さんより先に下の階に降りることにした。勇次さんも何も言わずに私の後から付いてきた。
 階段を降りて見回してみると、二人掛けの席しか見当たらない。私はこれはちょっとまずいかなと思ったけどが、いまさら上の階に戻れないので空いてる席に座った。
 勇次さんは私が奧の席に座ると、機嫌良さそうに私の横に座った。もうこれで勇次さんが席を立たないと私はここから出られないので、絶対契約を取るしかないんだとまた自分に言い聞かせた。
「さっそくですけど」と私が話しを始めようとすると勇次さんが「約束のアレ持ってきてくれたよね」と私の言葉を遮った。
 私はクラブの部室から持ってきておいたデジカメのメモリーカードをバッグから出すと、これで契約は取れたと心の中で万歳をしながら勇次さんに渡した。
 勇次さんは私の目の前で持ってきた黒い鞄からノートパソコンを出して、テーブルの上に載せた。
 パソコンが立ち上がると、メモリーカードを差し込んで、なにやら操作を繰り返してる。
すぐに画面に写真の一覧がでてきたので「これだね、パジャマパーティーの写真」と私にも見せてくれた。
「いや、女子大生のパジャマパーティーの写真なんか滅多に見れないからね」
「インターネットにあるエッチな写真は、たいていがやらせだから面白くもなんともないからね」
「こうゆう写真は、男にはたまらないんだ、こうゆう普通の写真が」と言いながら勇次さんは何枚かの写真を画面一杯に拡大して確かめていた。

9−3 危ない写真

 最初のほうの写真は部屋にパジャマ姿の女の子が並んで座っていて、お菓子を食べているところが写っているだけ。
 新入生がビールを飲まされている写真がでてくると雰囲気がずいぶんと怪しくなってきた。
 後輩の女の子がパジャマ姿で抱き合ってキスしている写真もあって、こんな写真渡してもよかったのかしらと思ったけど契約を取るためには仕方ない。
「なかなかいい写真じゃないかこれ」と言って勇次さんが見せてくれた写真は、女の子が手足を先輩に押さえつけられている場面。
 まるで中学生のような顔つきでミッキーマウスのパジャマを着ているのは百合恵さんだ。
 先輩達が酔った勢いで悪戯をして、百合恵さんのパジャマのズボンを脱がせている所で、白いお尻がはっきりと写っていた。
「まだもっと面白い写真があるぜ」と勇次さんに言われて私は他にもっとすごい写真があるのかもしれないと急に怖くなった。
 勇次さんが見せてくれたのは、百合恵さんが両足を先輩達に押さえ込まれて足を大きく開いている写真。
 恥ずかしい所がはっきりと撮っていて、とても男の人に見せられる写真ではない。
 勇次さんはパソコンを広げたまま、改めて私の方に向き直り「今すぐパンティー脱いでもらおうか」と言い出した。
 私はどうして勇次さんがそんなことを急に言い出すのか訳が分からなくなった。

9−4 アップロード

「そんなことできるわけないでしょう」と私が言い返すと「面白いホームページがあるからいま見せてやる」と勇次さんがノートパソコンをインターネットに接続した。
「投稿サイトていうの知ってるか」と勇次さんに言われて、そういえば見たことがあると思い出した。
「面白い投稿サイトがあるんだ、いま見せてやる、ほら、これなんかどうだ」と言って勇次さんがパソコンの画面をこちらに向けた。
 見せられたページには女の子が痴漢に遭っている所をスカートの下から撮したから写真が載せられて「私はドスケベ女です、見つけたら廻して下さい」と書いてある。
「ここには誰でも投稿できるんだ、投稿写真のホームページだからな。ここにさっきのパジャマパーティーの写真を載せてやる、いますぐ出来るんだぜ」と言いながら勇次さんはノートパソコンの操作を始めた。
 さっきの百合恵さんの写真を載せられたら大変なことになると私はようやく気が付いた。ひとまず勇次さんの言うとおりに従うしかないと私は心を決めた。
「お願い止めて下さい、何でも言うとおりします」と私が言うと勇次さんはノートパソコンをやっと閉じてくれた。
 私はうまくはめられたことにやっと気が付いたけどもう勇次さんには逆らえない。
 私はトイレでパンティーを脱ぐと勇次さんに渡して「脱ぎましたからすぐ契約書にサインして下さい」と迫った。すると「ここでは暗くて書けないから、席を替えよう」と勇次さんが言い出した。確かに地下の席は照明が暗くて、字など書けないと思った。
 勇次さんにせかされて席を立ってトイレの脇まで行くと裏手にエレベータがあった。エレベータに乗せられて上の階に着くと、明るい席にお客さんは他に誰もいなくてほっとした。

9−5 契約

 勇次さんが書類に書き込むのを見てこれでうまくやったと思った。印鑑を押して書き終ると「じゃ約束通りそこの階段降りてもらうからな」と勇次さんが言いながら指さす先に下に降りる階段が見えた。
 私が「そんな約束してませんと」言い返すと「この間だ言っただろう忘れたのか」と勇次さんはいやらしい口元で笑った。
 私はどうしてこんなことになるのかしらと思いうつ向いたまま黙っていた。すると勇次さんは席を立ち契約書を持って歩きだした。その先には下に通じる螺旋階段がある。
 私はその時やっと連れて来られたのが一番上の階だと気がついた。契約書をもらわないといけないと思い私は勇次さんの後を追った。勇次さんはもう階段を降りて途中の踊り場まで降りていた。
「どうだここまで取りに来るんだな」と勇次さんが言うと契約書を踊り場の中央に置いた。
 私はスカートをしっかり押えながら階段を少し降りて踊り場で契約書を拾った。しかしよく見ると私が拾ったのは契約書の表紙一枚だけ。
「欲しいのはこれだろう」と言いながら、契約書を持って勇次さんは下に降りて行った。足下の階段は踊り場から吹き抜けにかけてぐるっと回ってせりだしていて下からは丸見え。
 私は涙をポロポロながして「もう許して下さい」とやっとのことでお願いした。
「どうだ契約書ほしいんだろう。スカートから手を放して降りてくるんだ」と勇次さんはからかうような口調で私を見上げた。

9−6 地下の同伴席

 私はしかたないと思って階段をすこし下に降りると勇次さんはもっと下に降りて行った。階段の一番下までたどりついた時、私は足がガタガタに震えて死にそうだった。
 私は契約書を受け取ろうとしたが、勇次さんはまた地下のフロアーに降りていった。
 勇次さんの後に付いて階段を降りると、二人並んだ奥の席に押し込められた。勇次さんの指先がすぐに、私のスカートの下に差入れられて来た。
 指先が私の敏感なところを丁寧にたどり始めると、勇次さんの指先からは電気が流しこまれるくらい激しい感触が伝わってきた。私はとても我慢できなくなり、目から涙が溢れてきた。
 勇次さんの手が私の腿を左右に一杯に広げると、花園の奧まで指先を沈み込ませてきた。
 女の体を扱い慣れたテクニックで責められて私の体は逆らう事ができなかった。
「どうだ、欲しいだろう、このあとどうされたいんだ。え、どうされたいんだ」と勇次さんに責められて私は「どっか連れてって下さい、ラブホテルでいいです」と答えるしかなかった。
 勇次さんは満足そうに私の感じる所から指を離すと、今度は胸を包み込むようにして揉みながら口を近づけてきた。
 唇がそっと重ねられると、勇次さんの舌が私の歯茎にそってくすぐるように動いてきた。
 体中が溶けてしまいそうな舌の感触で責められて私はもうこのままどうなってもいいから早くして欲しいと願うだけだった。

9−7 エスカレータ

 喫茶店を出て外にでるとパンティーを履いていないお尻の下を風が通りすぎて行った。勇次さんに後ろからお尻を押されて歩き始めると「これからどこに行くかわかっているなと」言われた。私はラブホテルに間違いないとすぐ分かったけど、逃げることもできず黙ってう頷いた。
 しばらく行くと交差点で信号があり正面に東急ハンズが見えた。勇次さんは、私の手を引いて東急ハンズの方に歩き出した。私はきっと途中の角を曲がると、ラブホテルがあるのだと思った。
 しかし勇次さんは交差点を渡って東急ハンズの入り口に進んでいった。私はいったいどうしてだろうと訳が分からなくなった。
 人の波にもまれて、エスカレータの前まで来ると私は勇次さんがどうしてここに連れてたのか理由が分かった。
 私は足がすくんでどうにもならなくなり前に進めない。勇次さんは私のお尻に手をあてがって後ろから押しながら私をエスカレータに乗せた。
「下から丸見えだぜ」と耳元で勇次さんが囁くと私の膝はがたがた震えて止まらなくなった。
 エスカレータで最上階まで着くと、勇次さんは私をエレベータ乗り場まで歩かせた。下りのエレベータは今行ったばかりで乗り場には誰もいない。
 私は下りのエスカレータには乗らなくて済むと思い、すこしだけ気持ちが落ち着いた。
エレベータのドアが開いて、客が降りると入れ替わりに私と勇次さんはエレベータに入った。

9−8 エレベータ

 ほかの客に押されるようにして、一番奥まで入ると私は外のネオンの輝きが目に入ってはっと息を飲んだ。エレベータは三方がガラス張りで外からも丸見えだ。私はスカートの裾を押さえたまま膝が震えてきた。
 エレベータが下にゆっくりと降り始めると、勇次さんが私のスカートの裾を掴んで引き上げた。
 エレベータが地上に着く瞬間に、路上の通行人がこちらを見ているような気がして私は体中がガタガタに震えてた。
 エレベータが止まって客が皆降りても、私は歩くことができなかった。勇次さんは私の手を強引に引っ張ってエレベータから外にでると東急ハンズを出た。
 東急ハンズの前には高速道路が通っていて、その下の大きな通りはネオンの明かりが届かずにまっ暗だった。
 高速道路のすぐ下には歩道橋が見えた。勇次さんは歩道橋を指さすと「どうだしゃがみ達磨がしたいんだろう」と言いだした。
 私はやっとしゃがみ達磨をしてもらえるんだと思ってドキドキしたが、一回は断ったほうがいいと思って「いやです」と言ってみた。
「そうか、何度もやれば飽きるからな、あれも」と言うと勇次さんは気が変わったみたいだ。
 私は言わなければよかったと思ったけど勇次さんはもう先に歩き始めていた。

9−9 ラブホテル

 歩道を渡って小さな公園の脇を通り裏通りに入ると「ご休憩七千円」と紫色に光るネオンが見えてラブホテルだとわかった。
 入り口の受付で部屋を選ぶと私と勇次さんはエレベータで三階にあがって部屋に入った。
 部屋の真ん中には大きなピンク色のベッドがあり壁は大きな鏡になっていた。
 私はラブホテルに入ったら最初にお風呂に入るのだと女性週刊誌で読んだ事があったので「お風呂に入りますね」と勇次さんに声を掛けた。
 勇次さんは「ああ、入りたいなら先に入れよ」と言うと冷蔵後からビールを出し始めた。
 私はシャワーだけにしようと思い、裸になってバスルームに入った。シャワーの水が背中にかかると、さっきエレベータで降りたときの感触が体に戻ってきて、膝が震えはじめた。
 もう今夜はどうなってもいい、何をされてもいいという思いが体中に広がると、涙がこみ上げてきた。
 早く勇次さんに可愛がってもらおうと思ってシャワーを早めに済ませて、バスタオルを体に巻いてベッドに戻った。

9−10 ビデオチャット

 勇次さんはノートパソコンをベッドの枕元に置くとまたインターネットにアクセスしてる。
「なにしてるんですか」と聞いてみると「きまってるだろう、さっきの階段を降りた写真をインターネットに投稿するんだ、そのためにデジカメで撮ったんじゃないか、東急ハンズで取った写真もあるぜ」と言い出した。
 私はこれは大変と「お願いそれだけは止めて下さい、ホントになんでもしますから」と勇次さんにしがみついた。すると勇次さんはパソコンを操作して「じゃビデオチャットやってもらおうか、テレクラと同じなんだ、ほらもう男がでてるぜ」と言い出した。
 パソコンの画面に映ったのはいやらしい顔の中年の男。
 男はインターネットにアップロードされた私の写真をもう見たらしくて「なるほど希美女子大生か、フェラチオが大好きなんだね」と言い出した。
 勇次さんがノートパソコンのマイクに口を近づけると「この女は大変なドスケベ女でね、まだ遊びたりなくて、もっと凄いのさせてとねだられてね」と話しかけた。
「このビデオチャットはね、誰でも見られるんだよ」と勇次さんが私の耳元で言うと、チャットの画面に「見てるぞ、この変態女」と言うメッセージがたくさん流れて表示された。
 私は頭に血が上ると必死で「いやです。いや、もういや」と叫んだ。
 勇次さんの両手が私の胸を後ろから押さえつけてきた。そのまま私を押し倒すとノートパソコンの前に両手をつかせました。パソコンの画面には相手の男性の巨大な鉄柱が画面一杯に写っていた。
「みんなに聞こえるように言うんだ」と命じると勇次さんは私の胸を絞り上げた。私はノートパソコンに向かって「お願いしゃぶらせて」と叫び続けた。
 勇次さんは私の顔をノートパソコンに向かわせたまま、後ろから力強く押し入れてきた。
 すこしづつ角度を変えながら深く奧まで入ってくる感触は紀之さんの時には味わえなかった天国への道だった。
 やっぱり私は紀之さんじゃだめなんだ、勇次さんでないと本当の喜びは味わえないんだと思った瞬間に私は花園の奧が痺れて震えだした。
 こんなことだったら最初から勇次さんにしてもらえばよかった、紀之さんとあんな惨めな思いする位だったら勇次さんの方がよっぽどよかったと身体の隅々まで喜びが広がっていき、私は涙が止まらなくなった。

9−11 ラブホテルのベランダ

 勇次さんが私から身体を離すと私の左手を取って後ろにねじり上げながら「どうだ、俺とつき合いたいのか、それとも今日一晩だけの遊びだけにするのかどっちがいいんだ」と低い声で私を脅かすような口調で耳元で囁いてきた。
「つき合ってください、一度だけじゃやです、もっと可愛がって下さい」と私は言うより他は無かった。
「俺とつき合いたいなら、俺の言うことは何でも聞くと約束してもらおうか」そう言いながら勇次さんは私の腕をわざとまたきつくねじり上げた。
「何でも言うこと聞きます」と私がやっとの事で返事をすると「じゃあ、この部屋のベランダに出てもらおうか」と勇次さんが言い出した。
 私が「ベランダにでてどうするんですか」と聞き直すと「きまってるだろう、ベランダでオナニーするんだ、いつもやってるだろう、毎晩オナニーしてるのは知ってるんだぞ」と怒鳴り返されました。
 私は言うとおりにするしかないと思い裸のままベランダに出た。ベランダの向かいにはゲームセンターがあってそこの階段の踊り場からはこちらが丸見えだ。
 セーラー服を着た女子高生が数人階段の踊り場で煙草を吸い始めると私は身体ががたがた震えてきた。
「言われた通りにするんだ、わかってるのか、俺に捨てられたいのか」と勇次さんに怒鳴りつけられて私はベランダにしゃがみ込んで指をそっと動かし始めた。

9−12 デリヘル女

「このドスケベ女、お前は豚だ、牝豚だ、お前は男が欲しくてたまらない牝豚だ」と勇次さんの声がベランダに響くと、隣の部屋のベランダのドアが開いて、お腹のでっぷりとでた中年の男がでてきた。
 どこかで見たことがあると思ったその顔は、さっきインターネットのビデオチャットに出ていた男。
「お前は牝豚なんだってな」と男が私の耳を引っ張りながら言い放つと私は腰が抜けたように動けなくなった。
 男の出てきた部屋のベッドの上には女子高生の制服を着た女の子が縛られてこちらを見据えていた。
 おびえきった表情で私を見つめる女高生の目には涙がいっぱいにこぼれていた。
 耳を引っ張られたまま部屋に戻されるとこの男は勇次さんとは最初からぐるだったようで「この女かデリヘルで働きたいというのは」と言い出した。
 勇次さんが「この女、借金が払えなくてデリヘルで働かせて欲しいと言いだしてね。ほらお前の最初の客だ、大事なお客さんだ」と隣の部屋から声をかけると、男は何度も頷いてから私をベッドに引きずり上げて身体を重ねてきた。
 男は当たり前な手つきで私の体を弄ぶと私を嵐の中に放り投げた。
 客に喜んでもらうのが牝豚の役目なんだと自分に言い聞かせた途端に、私の身体はいっきに宙に舞い上がり果てしない喜びが溢れてでて止まらなくなった。
 こみ上げてくる涙を抑えきれなくて私が何度も叫び声を上げると、私の身体はさらに高く舞い上がり、気が遠くなるほどの喜びが私の身体を打ちのめした。

8.インターネットでチャットセックス<< ページトップ >>10.痴漢男に生フェラ

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間