長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

1.生フェラ狂いの女

1−1 熊のプーさん

 授業のあとコーラス部の部室に行くと、先輩達が集まって通販のカタログを広げていた。
「やっぱ勝負パンツはピーチジョンよね」と誰かが言うと「セシールじゃやっぱダメよね」という声が聞こえた後「やっぱ、はかないのが一番よ」とエッチな話題が好きな先輩の芳恵さんが大きな声で言うと一斉に笑い声が部室に響いた。
「ねね、こないだね、ほら大学の裏のケンタッキーあるでしょう、あそこの窓際の席でね、ミニスカートで足広げて座ってる女子大生がいてね」
「それがさあ、パンティーはいてないのよ、わざと見えるように足広げてるの」とまた芳恵さんが言い出すとほかの先輩達はまた芳恵さんが作り話を始めたと思ったのか「その女子大生は百合恵ちゃんです」大きな声で叫んだ。
 芳恵さんはちょっと機嫌が悪かったのか「あんた今日もパンティー履いてないでしょう」と言って、ちょうど横にいた新入生の百合恵ちゃんのミニスカートの裾を指でつかんで、まくり上げようとした。
「ちょっと今日は履いてるのね、その勝負パンツ、通販で買ったんでしょう」芳恵さんが言うと急に百合恵さんは泣き出しそうな顔で部室から出ていってしまった。
 先輩はそれほど悪気があって新入生に悪口を言ってる訳でもないのだが、田舎から出てきたばかりの新入生には酷い仕打ちに感じるのも無理はないと思った。
 ようやく先輩達がカタログをかたづけると芳恵さんが私に気が付いて「ねえ今日、学園祭実行委員会の打ち合わせ出てくれないかしら、私ちょっと都合悪くて」と言い出すと「その代わりあなたが欲しがってたクマのプーさんの縫いぐるみ持ってきたからね、お願いね」と小さな熊の縫いぐるみを手提げ鞄から出して私の目の前に起いた。
 熊のプーさんは小学校の時学芸会で劇をして以来私のお気に入りで、中学の入学祝いに買ってもらった縫いぐるみは実家に置いたまま。
 芳恵さんは私が熊のプーさんには弱いのでわざわざどこかから用意してきたようで、熊のプーさんさえあれば私が断れるはずはないと決めつけているみたい。
 今日は学園祭の実行委員会とは別に、東大のコーラス部の男の子達が打ち合わせで部室に来ることになっていた。学園祭のコンサートで歌う曲目の相談をすることになっていたけど、ああでもないこうでもないと時間がかかって夜遅くなるのがいつもの事。
 私が去年たまたま打ち合わせに居合わせたときも、同じ話しを何度も繰り返して聞かされ、また振り出しに戻っては同じ話しを繰り返すという議論が延々と続いた。
 打ち合わせの後の二次会は、打ち合わせが遅くなった方が都合がいいので、みんなわざと打ち合わせを長引かせているとしか思えない。
 私は芳恵さんもきっと東大の男の子がお目当てで、私に実行委員会の打ち合わせを押しつけたに違いないと思い当たった。
 噂ではお目当ては医学部の紀之さんだという事らしいけど、ほかにも工学部の男の子の名前や法学部の男の子の名前も聞いたことがあり結局誰が本命かははっきりしない。
 芳恵さんはいつも後輩に「女子大ではチャンスが少ないから、その少ないチャンスを逃さないようにしないと、彼氏は出来ないからね」
「彼氏のいない大学生活なんてのは、もう悲惨なんだから」とあれこれ言ってるけど肝心の芳恵さんもまだ彼氏がいないので後輩も芳恵さんみたいになったら大変だと裏で噂してる。
 そう言えば芳恵さんが「帰りが遅くなったときは、夜道が危ないからとか言って、男の子に送ってもらうのよ。それで部屋でお茶飲んでいって下さいとか誘ってね、あとは適当に足を崩して横に座ればもう完璧よ」と逆ナンパの手口を後輩に得意そうに話していたのを思い出した。
 しかし未だに彼氏がいない事を考えると芳恵さんの逆ナンパはまだ一度も成功したことはないとしか思えない。
 まあ先輩に恩を売っておいた方がいいと思い、コーラス部の打ち合わせは芳恵さんに譲って実行委員会の打ち合わせに出ることにした。

1−2 前進する希美大生

 実行委員会はいつもの事だけど予定通り始まるのは滅多になくて少し遅れるのが通例。
 私は時間通り行って待たされるのもいやだと思ってわざと遅刻することにした。
 五分ほど遅れて教室のドアを開けてみると、もうクラブの代表が大勢集まってる。
 私はこんなはずではなかったとこっそり教室に入りったけどもう座る場所もない。
「ちょっと、あなた遅刻よ、もう始まってるのよ」と委員長に怒鳴られて私は、まずいこになったやっぱり早めに来てればよかったと後悔した。
 連絡事項はとっくに終わっていて、今年の学園祭のスローガンを決めるということになった。
「誰か意見ありますか」と委員長が言っても誰も言い出す人はいない。
 委員長が何度か「誰かいい提案はありませんか」と声をかけたけど誰も目をそらして言い出そうとはしない。
「ねえちょっとそこの遅れてきた有希ちゃん、なにかいいスローガンない」と委員長がいきなり私を指名した。
「あ、あの、別に」と私があわてて答えると、他の女の子たちが一斉に笑ったので私は恥ずかしくて肩をすくめた。
「まあ、どうせ意見は出ないから、一応私の方から案は作っておいたの」と言いながら委員長は丸めた紙を広げた。
『前進する希美大生』という文字が大きく模造紙に毛筆で書いてあり、副題には「困難を乗り越え新しい体験に挑戦する勇気」と添えてある。
 ずいぶんと達筆だけど、どうもパソコンのプリンターで印刷したみたい。
「これでどうかしら、なにか意見とかありますか」と委員長がまた言った。
 結局の所反対する声はなく、委員長の提案通りすぐに決まってしまった。

 私は思ったより早く打ち合わせが終わってほっとした。
 皆が席をたって帰ろうとすると「ねえ、ちょっと、」実行委員会の先輩に呼び止められた。
「ねえ、早くホームページ作ってよ、まだできてないのコーラス部だけよ、なにやってんのよ」と叱られたけど何のことか分からない。
「芳恵ちゃんから話し聞いてないの、今年の希美女子大紅葉祭では、ホームページで学園祭の宣伝をやることになっていてね、まだ出来てないのはコーラス部だけなんだから」と言われて私は困ってしまった。
「今年の紅葉祭では、正門前にテレビカメラを付けて、インターネットで画面が見えるようにするんだって。恥ずかしい所でも見られたら困るから止めてってみんなで反対したのよ」と芳恵さんが前の打ち合わせのあと話してくれたのを思い出したけど、ホームページの話しは始めて聞く。
「ともかく今日中に作ってね、締め切りは今日なんだから。そうそう、デジカメの写真のせといてね、去年のコンサートのやつでいいから」と先輩が言うと、誰かが「エッチな写真はだめだからね」と冗談で大きな声を上げた。
 私はむっとした気分になったけど何も言わずに教室を出た。

1−3 学園祭のホームページ

 去年の学園祭のコンサートの時撮った写真を取りにコーラス部の部室に戻ると、さっきまで東大の男の子達を待っていたコーラス部の女の子達はもう誰もいなくて、男の子達とどこか喫茶店にでも行った後みたいな様子。
 部室は古い木造の教室をクラブごとに割り当ててあり、机や戸棚も大学でいらなくなった物を譲り受けた古い物ばかり。
 戸棚のあちこちには、先輩が残して行った訳のわからないものがいろいろしまってある。
 まだクラブに入ったばかりのころ引き出しにインスタントコーヒーの瓶があり、サイコロがたくさん入っているのを捨てようとしたら先輩に酷く叱られたのを思い出した。
 あの時はなんだかわからなくて泣きだしてしまったけど、統計学の実習のとき毎年必ずサイコロを振って確率を調べるレポートがあるのでそのために先輩が代々受け継いできたものだと後で知った。
 学生が一斉にサイコロを近所のおもちゃ屋に買いにいくので、サイコロがすぐ売り切れてしまうので、それでまとめて取っておいてあるのだ。
 ほかにもいろいろ訳のわからないものが引き出しには入っていたけど、それぞれ理由があるらしいので私はうっかり片づけないようにしていた。
 しかし今日に限って部屋はきれいに片づけてあり、いつも写真をしまっておく引き出しを探しても去年の学園祭の時の写真を納めたメモリーカードは見つからない。
 東大の男の子達が来るので部屋をきれいにしておいたらしくて、私は困ったことになったとがっかりした。
 あちこち別の引き出しを探してみると、奥の方に去年の日付の入ったメモリーカードを見つけた。私はきっとこれが学園祭の時の写真に違いないと思って、実行委員会の部屋に戻った。
 部屋にはまだ数人の先輩が残っていて、ちょうど帰り支度を始めているところ。
「このパソコン使っていいからね、その代わり早く作ってよホームページ」と言われて私はひとまずパソコンの横の机に芳恵さんからもらった熊のプーさんの縫いぐるみを置いて作業を始めた。
 バッグからメモリーカードを出すと、委員長が「あら、このクマの縫いぐるみ、この間ゲームセンターで取ったやつでしょう」と言い出した。
 私が一瞬答えに詰まっていると「打ち合わせのあとみんなでゲームセンターに行って、そんとき男の子が取ってくれたやつよね、あのとき有希ちゃんいたかしら」と言われて私はちょっとがっかりした気分になった。
 芳恵さんが男の子にもらったクマのプーさんを私に譲っただけの話。
「あのときは、男の子がクレーンゲームで取って女の子にあげようとしたんだけどね、受け取る女の子が誰もいなくてね」と委員長が言うので私は余計にがっかりした。
「ホームページくらい作れるわね、授業でやったんだから」と委員長に言われて、私は「はい、だいじょぶですよ」と気楽に答えた。
「ホームページビルダーは入ってるから、あとは適当にやってね」と言われて、ホームページビルダーを起動しては見た物の、適当にできるはずはない。
 ホームページの作成は一年生の時に大学の情報リテラシーの実習でやって以来なので、すぐには手順を思い出せない。
 まずは部の紹介をしないといけないと思い、あれこれ文章を考えているだけでずいぶんと時間がかかってしまった。いろいろやっているうち他の女の子達はもう帰ってしまって私一人。
 コーラス部の紹介の文章を作ってから去年の学園祭の写真も載せようと思って、パソコンに画像を取り込もうとしてみた。だけどやり方がわからずに、どうやっていいのか途方にくれてしまった。
 実習のときやったはずだし先輩に聞けばすぐ分かるんだけど、先輩達はみな帰ってしまって聞くことはできない。なんとかやっているうちにパソコンに画面が表示された。しかしパソコンに表示された絵はパジャマ姿の女の子達だ。
 メモリーカードに入っていたのは、この間のコーラス部の合宿の時の撮したパジャマパーティーの写真。
 毎年新人の歓迎会をかねた合宿で、夜は女の子だけでパジャマパーティーを開くのが恒例になっていた。
 女の子の中には薄手のパジャマを持ってきた子もいて、パジャマの下のブラジャーが透けて見えていた。
 男の子には見せられないからと誰かが引き出しの奥に隠しておいたのを持ってきてしまったらしいと気がついた。
 こんな写真ホームページに載せる訳にもいかないと、私は写真を載せるのは諦めた。
 連絡用のメールアドレスも載せておいてと言われていたので、私の携帯のアドレスを載せることにした。
 なんとかホームページを完成させてやっと一息ついてから、気になって他のクラブのホームページも見てみた。
 最初にバレーボール部のホームページを見てみると「焼き鳥の模擬店やってます」と書いてあるだけ。
 そんなはずはないと思って今度は写真部のホームページを見てみたけど、やっぱり「写真展やってます」と一行書いてあるだけ。
 なんだ私だけ真面目にホームページ作ってただけなのねと分かると、私は余計な手間を掛けただけで馬鹿らしくなってきた。
 これだったら「コンサートやってます」と一行書いてそれで終わりにしとけよかったんだと思ったけど、気が付くのが今更遅すぎた。

1−4 しゃがみ達磨

 パソコンの後かたづけをしてから時間を確かめるともう夜遅く。正門まで戻るのは大変なので、大学の裏手を通って近道をすることにした。いつも使わない裏門は、鍵がかかっていたけど側の金網の隙間から外に出た。
 細い夜道を通って裏の公園に入ると、トイレ脇のベンチに二人連れが座ってる。しかしなにか様子が変で、横の女性が両膝をついて男性の腰に頭を埋めてる。短いスカートの後ろは半分めくり上がってパンティーのレース模様の裾が見えてる。
 後ろ姿だけ見ると、紺の地味なスカートは先輩の芳恵さんにそっくりな気がした。芳恵さんは「男は紺のスカートには弱いのよ、真面目そうに見えるし制服みたいでしょう、そこが付け目なのよ」とよく自慢していて、合コンの時はきまって紺のスカート。
 今日もリクルート風のスーツに短めの紺のスカート姿で大学に来ていた。女性が芳恵さんなら、相手の男性は芳恵さんのお目当ての紀之さんに違いない。
 紀之さんは東大の医学部四年で東大のコーラス部では、去年まで部長をしていた。今秋アメリカ留学が決まっていて、今日のコーラス部の打ち合わせに挨拶に来るとことになってたはず。
 打ち合わせのあと「アパートまで送って」と頼んで「近道があるから」と公園に誘うのはいかにも芳恵さんがやりそうな手口。
 それに芳恵さんはお酒が入るとよく「私フェラチオ得意なの」と言いってフェラチオのやり方を新入生に得意になって教える癖がある。
 もしかして芳恵さんが紀之さんにフェラチオしてるのではと思い当たったけど、紀之さんがそんなに簡単に誘惑されるのかしらとも思えた。
 しかし「男なんて女の色気には弱いのよ」と他の先輩もよく口にしているので、紀之さんも芳恵さんの色気には勝てなかったのかしらとまた気持ちが傾いた。
 女性の頭が何度もくねくねと動くので私はもう見ていられなくて、足早に公園を通り抜けた。

 裏道から大通りにでて歩道橋を渡るとちょうど芳恵さんがお風呂から帰ってくる所。芳恵さんはいつもの調子で手を振ると、私に近づいて来た。私はさっきの女性が芳恵さんでなかったのでほっとした。
 どうやら芳恵さんは打ち合わせのあとに、お目当ての紀之さんにアパートまで送ってもらえなかった様子。
 私は「ねね、公園で変なことしてるの見ちゃったの」と芳恵さんに報告した。芳恵さんはいかにも興味ありげな調子で「なになに、なに見たの」とすぐ返事をしてきた。
「公園のベンチでねカップルがね、ほらアレしてたの」と私が言うと「あ、あの公園ね、よくやってるのよ」
「夜遅くは行かない方がいいわよ、変なことしてるから、あそこの歩道橋でも変なことしてるのこないだ見たのよ」と芳恵さんが教えてくれた。
 私は気になって「歩道橋で変な事って、どんなことするんですか」と聞き返した。すると「しゃがみ達磨とかって言うらしいんだけどね」となんだか色々知ってる様子。
 私はそのしゃがみ達磨というのを芳恵さんもやったことがあるんじゃないかと思い当たった。
「それで、いったいどうやるんですかそのしゃがみ達磨というの」と私がなおも問いつめると「あ、知らないわよ、知ってるわけないでしょう」と芳恵さんは教えてくれない。
 私はなんとか聞き出そうとしましたが、芳恵さんは「ねね百合恵ちゃんどこいったか知らない」ととぼけて話題を変えてきた。
「ほら、今日の書記は百合恵ちゃんの番だったでしょう勝手に休まれちゃこまるのよね」と芳恵さんは自分が余計な事をいって百合恵さんを泣かせてしまったことは棚に上げて怒っていた。
 歩道橋の脇を通りかかったとき、階段にデリヘルというポスターが貼り付け有り、アルバイト募集とも書いてるのが見えた。
 デリヘルってなんだろうといつも気になっていたけど、どうも風俗関係のことらしくうっかり友達には聞けなかった。
 私は芳恵さんなら知ってると思い「ねえ、先輩、あのデリヘルってなんなんですか」と聞いてみた。
 すると芳恵さんは急にまた怒り出して「あんた知ってわざと聞いてるんでしょう」と言ってすぐには教えてくれない。
 私はさっき芳恵さんが言っていたしゃがみ達磨がデリヘルと関係あるのかしらと気になったけど芳恵さんに聞くのは諦めた。

1−5 愛の告白

 しばらく歩いて大通りの角を曲がると芳恵さんと別れてアパートまでの帰り道を急いだ。アパートの前には人影があり、近づいてみるとあの紀之さんなので私は驚いた。
「この間借りた、CD返そうと思って」と紀之さんに言われて、私はCDなんか貸してないのにと思った。
 しかし紀之さんが私を待つ口実が欲しかったのだと気が付いて私は変に言い返さないほうがいいと思い直した。
「上がってお茶飲んで行きませんか」と誘ってみると紀之さんは「あ、はい、すぐ帰りますけど、ちょっとだけ」と行ってくれたので私はドアを開けて先に部屋に入った。
 私はクマのプーさんをテレビの上に載せてから紀之さんをいつも勉強に使っているテーブルの前に案内した。
 「いまお茶入れますね」と言って紀之さんに背を向けると、私は台所でお茶の支度をしながら紀之さんの様子を横目で伺った。
 何か大事な話があるようなそぶりで、紀之さんは緊張してテーブルの前に座ってる。
 噂では紀之さんは百合恵さんとつき合っていたとかだけど最近百合恵さんが心変わりして別れたという事らしい。
 その話しには尾ひれがついて紀之さんは本当は私がお目当てだという噂も聞いたことがあって、私はもしかしたらと期待で胸がいっぱいになった。
 私はテーブルの上にコーヒーカップを二つ並べて置くと、紀之さんの横に足を崩して座り紅茶とクッキーを勧めた。
 私はわざと足を横に投げ出すようにして広げて紀之さんの視線を伺った。
 紀之さんは緊張した様子で、私のスカートの裾のあたりになんどか目をやった。
「二人の将来を相談したいんだ」と言いながら紀之さんが私の体に手を回してくると、私はヤッターと心の中で思った。
「明日の朝すぐ成田からアメリカに出発するので、どうしても今日中に話しがしたかったんだ」と打ち明けられると私は夢の中にでもいるような気分。
「今度の行く研究室では癌の遺伝子治療という最先端の研究をさせてもらうことになっているんだ」
「僕は子供の頃から癌の治療法を見つけるのが夢でね、ほら野口英世の伝記を読んでね」
「癌の治療法を見つけてノーベル賞を獲るんだと心のなかでずっと決めていたんだ」
「すぐに研究が上手く行くかどうか分からないけど、なんとか頑張って死ぬ気でやり遂げるつもりなんだ」と熱い口調で紀之さんが語り続けるのを聞いて、やっぱり男と女の話ではなかったのかしらとがっかりしてきた。
 しかしどうして私にそんな話をするのかしらとちょっと不思議な気持ちになって「それで私はどうすればいいんですか」と聞いてみた。
 すると「僕の事待っていて欲しいんだ、アメリカで成功して帰って来たとき、待っていてくれる人がいて欲しいんだ、そうすれば研究もやる気がでるから」とようやく遠回しにプロポーズらしき言葉がでてきた。
 私は心の中でうきうきした気分にはなったものの一度は断った方がいいと思って「だめです、私みたいな女は」と言ってみた。すると紀之さんは本気にしたようで黙り込んでしまいその後の話しが続かない。
 男だったらもう一押ししてくれればいいのにと思ったけど、紀之さんにはその勇気がないみたい。
 私がクッキーを勧めると、紀之さんは無言のままクッキーを手に取り紅茶と一緒に飲み込みんだ。

1−6 至福の愛

 お茶を飲み終わると紀之さんはがっかりした様子で立ち上がり帰ろうとした。私はこのままではいけないと思い、紀之さんの目の前でブラウスのボタンに指を近づけた。
 紀之さんの様子を伺いながら、一番上のボタンを外すと次のボタンにも手を掛けて、胸元をすこし広げた。ブラジャーの白いレースが紀之さんに見えるようにブラウスの胸元を広げると次のボタンも外した。思いがけない展開に紀之さんの目が動揺した様子で宙に浮いてる。
 私はブラウスを脱いでブラジャーも外すと白い胸が蛍光灯の明かりに輝き、乳首がはっきりと見えた。紀之さんは息を飲んだように声も出ない様子で、ゆっくりと立ち上がった。
 私は紀之さんのすぐ前に立つとうつむき加減に、スカートを脱いだ。私のすぐ目の前の紀之さんのズボンはもう堅く大きくなったものが突きだしているのがはっきりと分かった。
 紀之さんはようやく私の気持ちが分かったようで、目つきが変わると私を抱きしめようと近づいてきた。私が紀之さんの身体に自分の身体を押しつけるようにして抱きつくと、紀之さんはしっかり私の背中に両腕を回して抱きしめてくれた。
 私はこれで幸せになれると思うと胸が熱くなり嬉しさで涙がこみ上げてきた。
 紀之さんは私を抱きしめたまま何度も背中をなぞるように撫でてくれてるけど、いつまでたってもそれ以上には進まない。
 チャンスは今日しかない、今日中に結ばれないと紀之さんを誰に取られてしまうか分かったものじゃないと心配になって私は紀之さんに胸を押しつけて押し回すように身体をくねらせた。それでも紀之さんは私を抱きしめたまま背中を撫で続けるだけ。
 私は思いきって膝を付くと紀之さんのズボンをゆるめて膝の下まで降ろした。
 ここでフェラチオすればいいのね、そうすれば紀之さんは私のことを可愛い女だと思ってくれるのねと思ったけどどうやればいいのか分からない。
 どうすればいいのね今なにをしたらいいのと胸が壊れそうになった時突然紀之さんが目の前に足を広げて寝そべってしまった。
 このあとどうするんだろう、いったいどうすればいいのと訳が分からなくなって、私は紀之さんに背を向けて紀之さんのお腹の上に馬乗りになってみた。
 どうもこれで良いみたいと思って少し前のめりになって両手を着くと、ゆっくりと腰を降ろした。
 紀之の呻くような声が聞こえて、やっとなんとかなったと私はほっとた。
 目の前のテレビの上にはさっき私が置いた熊のプーさんの縫いぐるみが、私を見守るようにこちらを向いて目が輝いていた。
 紀之さんはいつ終わるのかしらと不安な気持ちがしてきたけど、あともうすこしと思った途端に急に紀之さんが腰をがくんと突きだして大きくため息を吐き出した。
 私はこれが男と女の至福の瞬間なのかしらと訳がわからないまま、自分が情けなくなった。
 とは言うものの紀之さんが終わってくれたので、これで私は紀之さんと結ばれたということに変わりはないんだしと、幸せな気持ちが身体に広がっていった。


ページトップ >>2.セクハラ体験レポート

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間