長編官能小説女子大生デリヘル調教

by七度柚希

目次

1.生フェラ狂いの女

2.セクハラ体験レポート

3.学園祭のデリヘル女

4.嘘で固めた調教の罠

5.身体で売る英会話教材

6.恋人交換相互勧賞喫茶

7.逃げられない調教の罠

8.インターネットでチャットセックス

9.螺旋階段で強制露出調教

10.痴漢男に生フェラ

11.デリヘル監禁調教

5.身体で売る英会話教材

5−1 ローンの支払い

 紅葉祭も終わって数日たって私はいつものように銀行口座からお金をおろそうとしたけど、あるはずのお金がおろせない。
 何度カードを入れてみても残高がありませんと画面に表示がでるだけ。残高を確かめてみると、千五百円くらいしか余ってなかった。私はアパートに戻ると通帳を持ってきて記帳してみた。
 通帳を確かめてみると英会話教材代で引き落とされていた金額は二万八千円だった。英会話教材を買ったときアルフレッドキャリアスクールの説明で聞いていたのは確か毎月八千円という金額だった。
 どうしてこんなことになるのかローン会社に問い合わせてみると、五年間の分割払いで一月の利息が二万だということでした。そんな馬鹿なはずはないと何度も確たけど金額に間違いはない言われた。
 係の女性が言うには「普通の商品の購入のお支払いですと、金利はもっとお安いのですが、お客様がなさっているのは、ローンですので、その分金利もお高くなっております」との理由。
 私はローン契約した覚えなどないとなんども繰り返し説明したけど、係の女性は「お客様の契約はローン契約に間違いございません」と繰り返すだけ。
 これではいくらローン会社と言い合っても埒が明かないと思い私は電話を切った。
 月二万も余計な出費が出ていけば生活できるはずもないし、抽選で当たったというのが英会話教材を売りつける口実だったのだと私はようやく気がついた。
 私はすぐにアルフレッドキャリアスクールに電話してみた。すると「お客様も納得して、契約なさったのですから、契約書にも解約はできないと書いてありますし、もう商品もお渡ししてありますから」と言い張られてどうにもならない。
 私は「ローン契約などした覚えないんですが」と何度も言ってみたけど「ちゃんと説明してお客様にも納得していただいて契約しております」という返事が返ってくるだけだった。

5−2 英会話教材のセールス

 私はもう一度池袋のアルフレッドキャリアスクールに行って教材を返そうとした。
 しかし「途中解約はできません、契約書にちゃんと書いてあるでしょう、よくお読みになって下さいね」と繰り返すだけでまったく人を馬鹿にした話し。
 それでも「なんとかなりませんか」と繰り返し頭をさげて頼むと「どうしてもお困りでしたらいい方法があります」と私は奧の会議室に通された。
「私どもの教材を、一セット売れば手数料が入ります」
「今はもうインターネットの時代ですので、英会話ができなければ、ほんとに仕事も出来ないんです」
「TOEICのテストで高得点を取って履歴書に書かないと、いい会社に就職もできないんですよ」
「それで我が社の英会話教材は、みなさん大喜びでお買い求めいただいてます」
「そこなんですよ、そこでね私どもは長年の実績で、TOEICに興味をお持ちの方のリストがあるんです」
「これを特別にあなたにも、一部おわけしましてましょう」
「なにしろ、売った分だけいくらでも手数料がはいりますから、こんなお得な話しはありません、あなただけに特別にお教えしするんですよ」と言われ顧客リストを渡された。
 リストには住所氏名や電話番号、TOEICテストの得点などが書いてあり、確かに簡単には手に入らない秘密の資料らしい。
「もう買って頂けるお客さんのリストがあるんですから、あとは電話するだけなんですよ」
「それでお金がばんばん入るんですからこんないい話はないんです、いや、他の人には絶対お教えしないんですよ」と勧められて私はなるほどこれなら出来るし、お金も儲かりそうだと思い直した。
「名簿をお渡しするには一応契約書を書いていただかないといけないんですが、ほらこの大事な名簿をまた他の人に売ったりされると困りますでしょう」と言われて私はなるほどもっともだと思った。
 私はまた契約書らしい書類を渡されたけど、説明はもうよく聞いたのでろくろく読みもせずにサインしてさっそく名簿を鞄に入れてアパートに帰った。

5−3 電話で勧誘

 コンビニで買ってきたお弁当を食べながらこんなうまい話しがあるんだったら、最初っから言ってくれたらよかったのにと思ったけど、私にだけ特別に教えてくれたということは、滅多に人には教えないのかもしれないとも思った。
 お弁当を食べ終わってからインスタントコーヒーの飲みながら一件づつ電話をしてみることにした。
 名簿の一番最初の電話番号を指で押してると胸がドキドキして心臓が止まりそうになったけどなんとか頑張って最後まで番号を押し終えた。
 呼び出し音が何度も聞こえるとまた胸がドキドキしてきた。すぐに電話から男の声で「もしもし上田ですけど」という声が聞こえてきた。
 私は一息飲み込んでから「こんばんは、大変お得な英会話教材のお勧めでお電話差し上げたんですが」と話そうとしたけど、全部言う前にがちゃんと電話が切れてしまった。
 名簿にはまだ名前がいっぱいあるからと思い直してまた次の番号にかけて見ると、やはり同じような結果。
 これではいけない、ともかくたくさん電話しなければと自分に発破をかけて次から次へと電話してみましたが同じ事の繰り返し。
 一時間ほど電話をして、これはそう簡単には契約は取れないと分かってきた。しかし契約が一人でも取れれば二十万はいるので少しくらいは苦労があっても当たり前だと自分に言い聞かせた。
 コーヒーをもう一杯いれて一休みしながら一度リストを改めて見直して私は良いことに気が付いた。
 他にも同じリストを渡された人が他にも居るに違いない。その人達も始めから順に電話を掛けているから、私は一番後ろから逆の順に電話をすればいいんだ。
 そう思いつくとさっそくリストを止めているホチキスを外して、ページを逆順に並べ直してみた。
 リストには職業も書いてあり主婦やサラリーマンや学生やいろいろだ。そうだ、それに職業によっては、夜電話したほうがいい人もいるし、主婦なら昼間の方がいいとまた思いついた。
 私は以前に卒業生がコーラス部の合コンに来たとき「内の旦那ね、英会話が苦手なんだけどね、英会話できないと、係長になれないのよ」
「そんで毎晩十二時に帰って夜中の二時まで英会話の勉強して、起きるのは六時だからもう」とこぼしていたのを思い出した。
 サラリーマンで四十代過ぎていればきっと係長クラスだから英会話ができないと困っている人も多いはずだし、それを狙って電話すればいいと自分の頭の良さにほれぼれしてきた。
 私はリストの会社名を確かめて四十歳近くのサラリーマンに印を付けた。

5−4 深夜の電話

 あとは仕事で帰ってきた八時過ぎにでも電話すればいいんだと私はひとまず吉沢先生の教育法規のレポートを書き始めた。
 他の先生のレポートはワープロで書いて電子メールで提出することになっているんだけど、教育法規の吉沢先生のレポートは手書きで提出しないといけないので書くのがとても大変だ。
「ワープロで書くと、友達の書いたレポートをコピーして出す人がいます。だからワープロを使ったレポートは僕は採点しません」と吉沢先生がいつも言っているので他の先生も困ってる。
「コンピュータを使いこなせるように、レポートは全部ワープロで書いて、電子メールで提出するように」と言うのが学校の方針になっているとか先輩も言ってるんだけど、吉沢先生はいつも自分勝手で自己中心的だと他の先生の間でも有名だ。
 何度か書き直している内、すっかり夜遅くなってしまい、電話をするつもりだった時間をかなり過ぎてしまった。しかしなんとか契約を取らないと自分が困るだけ。
 気をとりなおして受話器を取ると、さっき印をつけた番号を押した。
 呼び出しのベルが鳴ってる間に私は自分に「今度こそ上手くやろう」と言い聞かせた。
「あ、田中ですけど、もしもし」と男の声が聞こえて、私は「今晩は、私谷口有希です」とまず言ってみた。
「あ、谷口さん、誰だっけ、ええっと、一緒にお酒飲んだことあるよね」と男が言うので「初めてお電話差し上げます、じつは折り入ってお願いしたいことがあるんです」と話しを切り出した。
「あ、なんの話しかな、彼氏にでも振られたの」と軽い口調で言うので「英会話に興味がおありですよね、私とても勉強になる英会話の教材を紹介させていただいてるんですが」と話しをすすめると「可愛い声してるね、有希ちゃんて言うんだ、可愛い名前だね、今度一度会ってみたいね、話しはそのときにでもゆっくり聞かせてもらうから」と愛想良く答えてくれた。

5−5 お嬢さんへのプレゼント

 男は勇次さんといって、事務機の商社に勤めているサラリーマンだと話してくれた。私は勇次さんに気に入られたようで、結局電話で一時間くらい無駄話が続いた。
 単身赴任で大阪からこちらに転勤になっていて一人でアパート暮らしだと言っていた。
 勇次さんの会社は大阪に本社があって、東京の支店の業績が悪くて勇次さんが立て直しのために転勤になったとか。
 前任者は経費を削減するために交際費をケチったのでそれがもとでかえって業績が悪くなり、その上責任を追及されると商売敵の外資系会社に転職してしまったそうだ。
「それで俺は全然英語がだめだから、引き抜かれる心配がないので俺に白羽の矢がたったって訳なんだ」と言われて、なるほどそう言う事情もあるのかなと思った。
「嫁さんとは社内結婚でね、俺がまだ係長の時、新入社員で入って来たんだ」
「新入社員歓迎会の帰りにアパートまで送ってそんとき、口説いてね」
「娘が二人いるんだが、上は今女子大で、下は今女子高の三年でね」
「二人とも大阪では結構名門の学校なんだ。嫁さんが教育熱心だからね、いい所に嫁に行くにはいい学校を出ないとだめだと言ってね」
「『私は良い学校を出てないからこんなお父さんみたいな人と結婚したのよ』と娘に言うんだ」
「俺が転勤になると聞いたら、嫁さんも娘二人も、『私達、東京には行きません』とそっけないもんだ」と延々と話しが続いた。
 私は話しを何でも聞いた方がいいと思って適当に相づちをうちながら話しを聞いた。
「上の娘は来年はアメリカに留学したいっていいだしてね、アメリカの大学で経営を勉強して、日本に帰ってきたら外資系会社に就職するんだと」
「まったく勝手なもんだ、ここまで育ててやったのにお父さんみたいな男と結婚したくないから外資系の会社に行くんだそうだ」
「外資系の会社だと、女でも男と同じに仕事させてもらえるから、結婚までの腰掛けみたいに扱われたりしなくて済むとかでね」
「そうそう、こんど娘の誕生日でちょうど二十一歳になるんだ」私はそこまで話しを聞いていて、お嬢さんの話をうまく利用しようと思いついた。
「留学するんでしたら、日本に居る間にしっかり英会話の勉強をしないとだめですよ」
「アメリカに行けばなんとかなると思っていても、基礎がしっかりできていないと、何年アメリカに留学しても全然英語は上達しないんです」
「とってもいい英会話の教材があるんですよ、私もそれで勉強してるんです」
「お誕生日のプレゼントに是非、英会話の教材を買ってあげてください、お値段は結構するんですが、七割引で買えるんです。ブランド物のバッグを買うよりずっとお嬢さんのためになりますよ」と一気にまくし立てた。
「そうだね、娘の誕生日はその英会話教材にしたほうがいいかもしれないね」と勇次さんが言うので、私はやっと契約が取れると有頂天になった。

5−6 待ち合わせ

 翌日の夕方に大学の裏手にあるケンタッキーで勇次さんと会う約束をした。クラブの練習が終わった後、大学の裏門から出て私は一人でケンタッキーに行った。
 外の様子も分かるようにと窓際の席に座って不安な気持ちで待っていると携帯電話がかかってきた。
 勇次さんの声で「いますぐ近くまで来ているから、服装を教えてくれ」と言われた。私は「紺のスカートに、白のポロシャツです、髪はショートです」と目印になる特徴を話すと、すこし離れた席にで携帯を掛けながらこちらの様子を伺っている男性が目に入った。
 見た感じは四十代の後半の顔つきで営業マンらしく髪を短くして、地味な背広を着てる。
 何度かこちらに目をやるので、たぶんこの男の人が勇次さんだと思って見ていると、勇次さんも私に気が付いて手で合図をしてきた。
 さっきからずっと私の様子を見ていたらしくあまり良い気分はしなかった。
 近くまで勇次さんが来ると、頭は半分はげ上がって背の低い割にはお腹が大きく突きだしてる。
 自分のお父さんよりも不格好な男性を目の前にすると、いったい何を話せばいいのだろうかと思ったけど当たってくだけるしかないと自分に言い聞かせた。
 勇次さんは私の席の隣に座り「いや、可愛いね、やっぱ女子大生は、そこの希美女子大生なんだろう、ピチピチだね」と調子よく話しかけてきた。
 残ったコーヒーを飲みながら私は最後の一押しだと思ってまた英会話の話しを切り出した。
「とっても良くできた英会話教材なんですよ、アメリカ留学にはぴったりです。これで半年もしっかり勉強すればもうアメリカに行ってもその日から英会話は不自由しません。私の先輩もアメリカに留学してるんですが、留学前にはこの教材で毎日勉強してたんですよ」と私は調子よく説明を繰り返した。
 次から次へと言葉がでてきて、なんてしゃべるのが上手いのだろうと自分で自分に感心するくらい。
「先輩は、とてもすごい研究室に留学して、ノーベル賞の受賞者が何人もでていて、実力次第では、誰でも出世できるんです、アメリカはそうゆう国なんです」と調子に乗ってしゃべると勇次さんは「その先輩というのは有希ちゃんの彼氏なのかな、それだけ自慢するんだからやっぱり彼氏なんだろう」と逆に突っ込まれた。
 私は余計なことを言ってしまった思い、言葉に詰まってすぐには言い返せませなかった。
「内の娘も来年は留学だし、やっぱり誕生日のプレゼントは役に立つ品物の方がいいよね」と勇次さんが言いだしたので私は「そうですよ、それが一番ですよ」とやっと返事をした。
 私はこれで契約が取れたと一安心して急に気持ちが楽になって体も軽くなった。
「契約書に印を押すのでアパートに一緒にきてくれないか」と言われて、私は勇次さんのアパートまで行くことにした。

5−7 すき焼き

 地下鉄に乗ると希美女子大からもそう遠くはない駅で降りた。
 階段を上がると大通りに出てすぐにスーパーがある。勇次さんは「ちょっと買い物していくから」と言って私を連れてスーパーに入った。
 店は混んでいて近所の主婦らしいおばさんがいっぱい買い物をしていた。勇次さんはお総菜の売り場まで来ると「いつも夕飯はここで弁当買うんだ、なにしろ男一人暮らしだからね」と言って弁当を選び始めた。
「有希ちゃんも食べるなら、好きな物買ってあげるよ」と言うので、ここはうまく売り込むチャンスだと思った。
 目の前に牛肉の特売が目に入ったので「夕ご飯だったら私なにか作りますよ、私料理得意なんです、すき焼き作ります」と言ってみた。
「それはいい、作ってくれるかな、最近うまいもの食ってないんだ」と勇次さんに言われたので私はこれで契約はバッチシだと思った。
 しかし私はすき焼きなど作ったことがないのに気が付いていったいどうしようかと思いった。
 大学生になってからすき焼きを食べたのは、この間のクラブの合宿で作ったときが一度っきり。
 その時も先輩が合気道部から借りてきた大きな鍋に、野菜や肉を適当に放り込んで、後は醤油やなにかで味付けをしただけだ。
 材料も何を揃えたらいいのか分からなくて、ともかく牛肉を買ってあとはネギに白菜に豆腐と目に付いた野菜を買い物籠に入れた。
 スーパーを出て少し先の酒屋の前まで来ると私はすき焼きにはお酒を使うの思い出した。
「お酒買ってい行きましょう」と私が言うと勇次さんはさっそく店に入って缶ビールを二本とカップ酒を一つ買って出てきた。
 勇次さんのアパートは酒屋の角を少し入った奧で、狭い路地の前には小さな公園もあった。
 ドアを開けて中に入ると、狭いワンルームの部屋に台所と風呂とトイレが付いている小さなアパートだけど、お風呂がついている分私の部屋よりは立派だ。
 部屋は散らかっていて男の一人暮らしはやっぱりこうゆうものなのかと思った。
 台所ですき焼きの支度をしようと鍋を探しまたけど、あるのはフライパンだけ。
 肉を炒めてお酒を入れてあとは野菜を適当に刻んで肉の上に載せてみた。味付けはどうしたらいいのか分からないのでお醤油とお砂糖を適当に入れた。

5−8 料理の出来るまで

 あとは野菜が煮えるまで待てばいいと思って火加減を見ていると勇次さんが携帯で電話を始めた。
 通話先は奥さんの様で「明日は接待でゴルフがあるから来るんだったら、次の土曜にしてくれないか」と話しているのが聞こえた。
 電話の相手はお嬢さんに代わったようで「今度の誕生日は、お前も二十一だな、いいプレゼンと用意してあるんだ」と話しが続いた。私はプレゼントというのは英会話教材のことだと分かってしめしめとほくそ笑えんだ。
 勇次さんが電話を続けたまま私の後ろに来る気配して、勇次さんの声が私のすぐ後ろから聞こえてきた。
「お前がとっても喜ぶプレゼントだよ、来年留学するんだろう、そのために役に立つんだ」と言いながら私の脇腹をそっと片手で撫で上げてきた。
 私は一瞬「止めて下さい」と大きな声を上げそうになりましたが、契約を取れるまでの辛抱と思い我慢した。
「お父さんは、お前が留学するのに反対したことなんかないぞ、頑張って勉強してこい」と言いながら今度は胸を下からすくい上げるようにして持ち上げてきた。
 私は足が震えてきたが、どうしていいのか分からずにされるままになっていた。すると今度は後ろから首筋のあたりをなめられて足元がぞくぞくして来た。
 勇次さんは携帯を切って冷蔵庫の上に置くと私の胸を下から持ち上げるように揺さぶりながらスカートが後ろからめくり上げてきた。
 これはいけないと思い「私には将来を約束した人がいるんです、ノーベル賞をとって、アメリカから帰ってきたら結婚する約束なんです」と慌てて言ってしまった。
 すると勇次さんが「ほうノーベル賞か、ノーベル賞よりもっといいもの教えてやるぜ、女の喜びを味わえば、ノーベル賞なんかよりよっぼど幸せになるんだぜ女の体は」と言うので私は気が遠くなった。
「将来のことなんかどうでもいいんだ、女の体は今喜ばしてくれる男が欲しいんだ、女の体はそうできてるんだ」と言いながら勇次さんの指はもう一度私の腰をまさぐった。その時すき焼きの鍋が、ぐつぐつと沸騰して煮こぼれてジューと音がした。
「もうすき焼き出来ましたから」と私が半分泣き出しそうな声で言うと、勇次さんはやっと手を離してくれた。

5−9 ケチャラー

 フライパンをテーブルまで運ぶと、勇次さんは肉を一切れ箸でつかんで味見をした。私は適当に味付けをしたのでもしかして食べられないような味かもしれないと心配になった。
 勇次さんは冷蔵庫からトマトケチャップを持ってくるとすき焼きの上にケチャップを渦の模様に掛けた。私はすき焼きにケチャップを掛けるなんてと、びっくりしてしまった。
 そんなに私の味付けがまずくて食えないのかしらと思い、私も一切れ肉を食べてみたけど、醤油を入れすぎてその上砂糖も多すぎたらしくて、舌が痛くなりそうな味。
「大阪では、すき焼きにケチャップを入れるんですか」と聞いてみると「いやあ、俺はケチャップが好きなんだ、刺身もケチャップで食べるんだ」と勇次さんが言う。
「ほらあるだろう、マヨラーとかいって何にでもマヨネーズかけるのが」
「俺はケチャラーだな」と言って笑顔を見せたけど、顔がゆがんで変な顔にしか見えなかった。
 勇次さんは缶ビールを開けると、コップに注いで飲み始めた。
「お酒を飲むときは女の子はかならず男の子にお酌をするのよ、そうしないと男の子には嫌われるから」と芳恵さんが言っていたのを思い出した。
 私は勇次さんの横に座り直すと缶ビールを持って勇次さんが飲み干したばかりのコップにビールを注いだ。
 勇次さんはお酌をされて気分がいいらしく顔中に笑顔を浮かべた。私はあと一押しで契約がとれると、心の中ではいい気分になっていた。
 いっしょにすき焼きを食べながら、勇次さんに勧められて私もビールを飲まされた。
 そろそろ肉もなくなったころ「ケチャップをもう少し」と言いながら勇次さんの手がすべって、ケチャップが私のスカートにこぼれてしまった。
 私が慌てて洗面所に立つと勇次さんもついてきて「しみになるからすぐ洗わないといけないから、脱ぎなさい」と言いだした。
「さあ早く」と勇次さんは私のスカートのファスナーに手をかけて降ろそうとしてきた。
 私はどうも変だと思い手をふりほどこうとしたけど、今度は勇次さんは私を後ろから抱き締めてきた。
 これはとんでもないと思って「何するんですか」大きな声をだすと、振り返って勇次さんのお腹を思い切り蹴飛ばした。
 その瞬間にタイトスカートのお尻の縫い目がビリッと破れてしまった。勇次さんは、倒れるとき頭を後ろにぶつけたようですぐには起きあがって来ない。
 私は勇次さんのお腹を踏んづけてテーブルの横に置いたバッグを取ると、倒れたままの勇次さんを跨いで部屋をでた。
 私はドアをばたんと閉めると、勇次さんのアパートから逃げだした。スカートの後ろを気にしながら駅まで必死で走ると、階段を駆け下りて走ってきた地下鉄に飛び乗った。
 やっと一息吐くと、回りの人が私を見てるような気がして慌てて破けたスカートの後ろをドアに押しつけて立った。
 もうこんなことやめようと、私はアパートに帰ってつくづく思った。
 しかし契約を取らないとどうにもならといと思い直し、一休みしてからまた電話をかけてみたけど成果はなかった。


4.嘘で固めた調教の罠<< ページトップ >>6.恋人交換相互勧賞喫茶

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間