短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

1.チアガールを汚せ

(1)

 いつもの木曜日の午後の教育史の時間になっても教室には礼子さんの姿がありませんでした。
いつも私と礼子さんが教室の一番前の席に二人並んで座ってノートを取っているので、先生もどうしたのかと気にしている様子でした。
授業のあと、コーラス部の部室にいってみましたが、いつまで立っても礼子さんは来ませんでした。
アパートに帰ってから、夕方電話してみましたが何度かけても礼子さんは出ませんでした。
きっとなにかあったに違いないと夜遅くにもう一度電話しまて見ましたがやはり出ませんでした。
翌日また授業の後に部室にいってみると、先輩たちがなにやら心配そうに話をしていました。
礼子さんが交通事故で怪我をして昨日入院したと今日大学の方に連絡があったそうです。
詳しい事情はわからなかったのですが、ともかく私が病院に様子を見に行くことにしました。
先輩が教えてくれた病院は、地下鉄に乗って数駅の場所でした。
地下鉄に乗っているあいだに、もしかして怪我で一生歩けなくなるではとか、いろいろ心配になりました。
駅前には花屋があったので、お見舞い用の花を買いました。
店の人に病院の場所を聞くと、すこし歩けばすぐ目の前だと言われました。
教えられた通りに、すこし先にいくと、目の前に大きな病院がありました。
門を入ると、大勢の人が待合室で待っていました。
私は、受付で礼子の部屋を聞くと、いそいで部屋をさがしました。
ドアを開けるとき、いったいどんな怪我なのだろうかと気になって一瞬胸がきつく痛みました。
思い切ってドアを開けるとベッドの上で礼子が、手を振ってくれました。
病室には男の子が一人いました。
親戚かそれとも兄弟なのかと思いましたが、礼子さんの彼氏の祐二さんでした。
「祐二さんのバイクに一緒に乗っていて、角を曲がるとき転倒したのと」離してくれました。
足が痛いので急いで救急車を呼んでそのまま入院したそうです。
「レントゲンとって調べてもらったけど軽い捻挫だけで、そんなに大したことはないらしいの」と聞いて安心しました。
私はコーラス部のみんなが心配してるといって、お見舞いの花を渡しました。
「一週間くらいすれば、大学に行けるから留年の心配は全然ないから心配しないで」と礼子は言っていました。

(2)

 礼子が「どうしても有紀ちゃんに頼みたいことがあるの」と私に言います。
「なんでも言ってね」と私が答えると、「今度彼がサッカーの試合にでるんだけれど、その時の応援のチアガールを私頼まれていて、私がいないと人数が足りなくて困るの。」
応援の練習はもうしてあって、一人でも欠けるとフォーメーションを変えなければいけないから、練習をやり直さなければいけないの。」
「私が欠けてみんなに迷惑かけられないから、有紀ちゃん代わりにでて欲しいの。」と頼まれました。
試合の当日私は借り物のチアガールの衣装を着て、応援をしました。
しかし彼氏のチームはかなりの大差で負けてしまいました。
試合が終わったのでもう帰ろうとすると、応援団の男の子に引き留められました。
「これから、反省会やるから、まだ帰るんじゃない。」と乱暴に命令されました。
女の子達も集まって反省会が始まると、応援団長の男の子が、「応援に心がこもってないから負けたんだ、みんな反省しろ、特にお前なんだあの応援はと私が名指しで非難されました。」
チアリーダーの女の子の一人が「有紀ちゃんは代役で練習ができなかったから」とかばってくれました。
しかし「そんなこと理由にならん、おまえらがたるんでるからだ」と怒鳴り返されました。
「お前ら共同責任だから、一時間正座しろ」と応援団長が命令しました。
女の子達は衣装のまま、一斉にグランドに座り始めました。
私はあまりの馬鹿馬鹿しさに「私帰ります」と言って、さっさと帰ろうとしました。
すると応援団長はいきなり私の顔を、平手で殴りつけてきました。
私はその場に倒れ込んで、泣き出しました。
女の子達は正座したまま身動きもせずに、ことの成り行きを自分には関係がないような顔で見守っていました。
私はとても逆らえないと思い、ほかの女の子と一緒にグランドに正座しました。
とても一時間はがまんできそうにないと思って座っていると、私の足はすぐに痛くなってきました。
とても我慢できないと思い、立ち上がろうを思いましたがまた殴られると思い必死で我慢を続けました。
すると、サーカー部の一年生グランドの整備をしていて私たちが座っている場所の近くまでローラーを押してきました。
サーカー部の一人がこちらにやってきて、「グランド整備のじゃまだからどいてくれ。」
と言われ私たちはやっと立ち上がることが許されました。

(3)

 翌日私は大学に行くと、サーカー部のマネージャーをしている先輩に事情を話しました。
すると、「まだそんなことやってるの、あの応援部の連中、私からサーカー部の部長に一言いっとくようにたのんどくから」
と言ってくれました。
私はもうチアガールはやらないつもりでしたが、やっぱり人数がたりないのでなんとか来て欲しいと言われ次の練習に行きました。
練習がすんで帰ろうとすると、女の子の一人にちょっと話があるから来て欲しいと言います。
なんだろうと思ってグランドのすみの建物に案内されると、応援団の男の子達が私を待っていました。
「お前は生意気なんだよ、生意気な女はどうするか教えてやる」と言って私を取り囲みました。
私は両腕をつかまれて四つん這いにされました。
口には汚れたタオルをくわえさせらてました。
応援団がいつも根性棒と呼んでいる、竹刀のような棒をもって私の後ろに男の子が立ちました。
それから、応援団の男の子達が一斉にかけ声をかけながら、私のお尻に根性棒を打ち下ろしてきました。
私は、叫び声をあげようとしましたが、口にくわえたタオルのせいでうめき声しかでませんでした。
根性棒は私の悲鳴には関わりなく、繰り返し私のお尻に打ち下ろされてきました。
私はもう、とても耐えきれなくて涙を流してがんばりました。
もう絶対こんなこと許さないからと思いながら、激しい痛みに耐えつづけました。
気を失いそうにまで打ち下されたころやっと、応援団のかけ声がやみました。
タオルがはずされると、「もう二度と告げ口しないな。いやならもっと痛い目にあわせてやるからな。」と脅されました。
「もう絶対告げ口などしません。」と何度も約束して私はやっと許してもらえました。
建物をでると私はすぐにサッカー部の部室に行き先輩を捜しました。
先輩は試合の打ち合わせで、サッカー部のマネージャー会議がちょうど終わったところでした。
「すぐに来て下さい」と言って私はさっきの建物まで先輩の手を引いて戻りました。
そこにはまだ男の子達が残って掃除をしていました。
私は応援団の部長を見つけると、「ここでさっき酷いことされたんです」と先輩に言いつけました。
「いったい、あなたたちなにをしたのよ。」と先輩が応援団長に詰め寄りました。
すると「お前が一番なまいきなんだ。」と怒鳴り、さっきのかけ声をかけました。
すると一斉に応援団の部員が周りにならんで、同じようなおかしな声を出し始めました。
それから先輩の両手が押さえられ四つん這いにされました。
さっきの根性棒が先輩のお尻に叩きおろされました。
先輩は悲鳴を上げましたが、すぐに先輩の口にはタオルが押し込まれました。
ようやく、叩くのが終わると、先輩は床に倒れ込んで泣きだしました。
しかし、すぐに泣きやむと「あなたたち、応援部は廃部にしてもらいますから、私の友達はここの学部長のお嬢さんなんだから、どうなるかわかってるわね。」
「あなたたち、みんな退学よ。」
するとそれを聞いた応援団長は、「まだ分からないようだな、分かるまで痛い思いしてもらうからな。」
と言ってまた号令をかけました。
するとさっきと同じように男の子達は先輩を押さえつけました。
そして先輩の前に応援団の団長が立つと、ズボンのチャックを降ろしました。
「しゃぶらせて下さいと、お願いしろ。」と団長が先輩に命令口調で言いました。
「なに馬鹿なこと言ってんのよ。」と先輩が言い返すと、その途端に根性棒が打ち下ろされました。
何度も繰り返し打ち下ろされて先輩はとうとう「しゃぶらせて下さい。」と言いました。
「すると声が小さい」と言ってまた、根性棒が打ち下ろされました。
先輩は何度も何度も大きな声で「お願い、しゃぶらせて下さい。」と叫びました。
すると団長はじゃあやってもらおうかと先輩の口元にもう大きくなった熱い鉄柱を押入ました。
先輩の口の中に出すと、団長は「次はお前の番だ」と言って私の前に立ちました。
私にはなにをすればいいのかすぐに気がつきました。
甘い舌触りを楽しむように団長の欲望は満足を求めて堅くなりました。
舌先にからみつくように征服する楽しみを団長は追い続けました。
緊張から張りつめた気分がやがてなま暖かい感触に変わり、律動が加わりながら激しさが増して行きました。
支配される快感がやがて私の体中を満たして、次の瞬間にあふれ出てきました。

(完)

女子高生調教アダルトビデオ

羞恥!運動部女子、放課後肉体調教
女子○○生通学強制露出いじめ
チアガール BeFree 現役女子大生チアガールゆいちゃんの、弾ける肉体
チアガールしか見たくない!4時間 ハジける若さ、躍動する肉体、爆発するパッション、扇情的なコスチューム