短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

5.原宿ナンパ遊び

(1)

 春になって、親戚の従姉妹の百合絵さんが家族と一緒にディズニーランドに遊びにきました。
百合絵さんは、私が通ったのと同じ高校に通っていて郷里にいるころとよく一緒にでかけたりしていました。
私も東京に来てからディズニーランドにはまだ行ったことがなかったので、
舞浜の駅で待ち合わせをしました。
百合絵さんは私を見つけるととてもうれしそうな顔をしていました。
着るものがないからと私の高校の制服を着て東京に出てきたと話していました。
東京の女子高生とは違って、田舎の学校なので、スカートは膝のあたりまでの長さでした。
田舎ではダサイ服しか売ってないから、東京で買うのと楽しそうな笑顔をうかべていました。
ディズニーランドで遊んだ後、翌日百合絵さんは原宿で買い物をするからと、
私のアパートに泊まることになりました。

(2)

 翌日原宿に行くと、百合絵さんは目を輝かせて、店を見て歩きました。
東京の女子高生の女の子ともすれ違いましたが、スカートの短さに百合絵さんはびっくりした様子でした。
私は、「あれは腰のところで生地を丸めて短くしてるの」と教えてあげると納得した様子でした。
あちこちブランド品の洋服をみてあるきましたが、高くて買えるはずもありませんでした。
安い服しか買えないというので、私はちょうど見つけたユニクロに入りました。
ユニクロだったら別に原宿でもなくても、どこにでもあるのにと思いましたが、
百合絵さんは、安いからと喜んだようで、いろいろと選んでは試着しました。
試着室をでたとき、百合絵さんの学生服のスカートがとんでもなく短くなっているのでびっくりしました。
店を出て、お茶でも飲もうと思っていると、男の子の二人組に声をかけられました。
「よかったら、お茶を飲んでいこうよ」とか調子よく話しかけられて、百合絵さんはすっかり機嫌よく笑顔で返事をしていました。
近くのロッテリアに入ると、男の子はすぐ百合絵さんの両脇に座って、「すごいかわいいね、歳いくつ」と聞いてきます。
「こんど高3年なんです」と百合絵さんが答えると、「じゃあまだ17なんだ」と言われて、
百合絵さんは、またうれしそうに笑いました。
なんで、百合絵さんばかりがこんなにもてるのかと私は心の中では機嫌が悪くなっていました。

(3)

 百合絵さんが急に黙り込むと、下を向いてしまいました。
私はなにがあったのかと思いましたが、百合絵さんが下を向いたまま、なんども息をつまらせるような声をだしているのに気がつきました。
となりの男の子の手が百合絵さんのスカートの下に入れられているのが見えました。
私もどうしていいのかわからず、言葉を飲み込んで黙ってしまいました。
すると、男の子は百合絵さんを立たせると、奥のトイレに連れて行き、しばらくかえって来ませんでした。
私はいったいどうなってるのともう一人の男の子を見つめました。
しかし、男の子は素知らぬふりをするだけで、私の疑問には答えようとしてはくれませんでした。
しばらくして、男の子と百合絵さんが席に戻ってきました。
男の子は私の怪訝そうな顔をみて「口でやらせた」とそれだけ言いました。
私は、まだ田舎の女の子なのにそんなことさせてとびっくりしましたが、なにも言い返せませんでした。

(4)

 もう、新幹線の時間だからと私と百合絵さんは席を立ちました。
百合絵さんは、さっき見て歩いたブランド品の店に行くと、
ミニスカートを何着も買っていました。
さっきの男の子がお金をくれたに違いありませんでした。
百合絵さんは、駅のトイレで買ったばかりのミニスカートに着替えました。
荷物がいっぱいになったので、学生服はあとで宅急便で送るからと言って、私は原宿の駅で百合絵さんを見送りました。
ついでに私も買い物をしていこうと思い、さっきのユニクロに戻って、スカートを何着か試着して気に入ったのを買いました。
ロッテリアの前を通るとちょうどさっきの男の子が店をでてくるところでした。
男の子がこっちを向くので挨拶をしようとすると、男の子は私のすぐ後ろに歩いていた、
女子校生に声をかけるところでした。
スカートがとんでもなく短く折り上げているのが目に入りました。
私はいったいなんだったのかしらと不思議に思いました。
その瞬間私には思い当たることがありました。
私はロッテリアのトイレにはいると百合絵さんがさっきまで来ていた学生服を着ました。
そして百合絵さんがしていたのと同じようにスカートを腰で折って短くしました。
店の外にでると、風がスカートの下に直に吹き込んできて、足下が震えそうになりました。
さっきの男の子二人組の後ろ姿がすぐ先に見えました。
私は、胸のなかが心配でいっぱいになりながら男の子を後ろから追い抜きました。
すると、すぐに男の子が声をかけてきました。
「あれっさっきの子だよね、帰らなかったの」と言われて私はやっぱりと思いました。
男の子達が見ていたのはスカートだけで、顔などぜんぜん覚えていないらしいと気がつきました。
私のことをさっき百合絵さんだと思いこんでようでした。
「まだしゃぶりたいんだろう」と男の子に言われて、私は体がいっきに熱くなりました。
ロッテリアに入ると私の両脇に男の子が座りました。
男の手が私の膝に伸びると、私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に、私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に、巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり、泉のように溢れだしました。
頭の中まで、熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
まだ満足しきれない指先は、さらに私の敏感なところを直接とらえようと大胆に動いてきました。
直接指先から電流が流れ込むと、その瞬間私の体は激しく震えて止まらなくなりました。
頃合いを見計らって男の子達二人は私を立たせるとロッテリアのトイレに連れ込みました。
私がトイレの便座に座ると男の子二人が私の前に立ちました。
甘い舌触りを楽しむように男の欲望は満足を求めて堅くなりました。
舌先にからみつくように征服する楽しみを男は追い続けました。
緊張から張りつめた気分がやがてなま暖かい感触に変わり、律動が加わりながら激しさが増して行きました。
支配される快感がやがて私の体中を満たして、次の瞬間にあふれ出てきました。
「カラオケ行こう」と誘われて私は、ついて行くしかないと思いました。
しばらく歩いて、カラオケボックスに入ると、男の子達はお酒を頼んで、
歌を歌い始めました。
お酒を無理矢理勧められて私は頭の中が半分めまいでわけがわからなくなってきました。
男の子たちは、カラオケの音量をいっぱいに大きくすると、私の両脇を抱え込むようにして、
押し倒してきました。
欲望の嵐が私をなぎ倒し、強い風が私の体を突き刺すように吹き付けてきました。
時間が止まったまま、征服の杭が私の体をもてあそび続けました。
繰り返される律動は、やがて稲妻にかわり私の体を引き裂きました。
満足する間もなくすぐに次の杭が私に打ち込まれ、また今度も激しい律動が私の体を突き抜けました。
いつ終わるのかわからない儀式は、私にとっては永遠の時のように思えました。

(完)

ナンパアダルトビデオ

ナンパされたエッチな素人女性たち 4時間 ナンパは元気と数で勝負だ!オシャレかわいい原宿ストリートギャル編
12歳!14歳!が初体験!イマドキ女子のエロ事情 ナンパサークルレポートターゲットは女子高生 2010総集編
素人ギャルをナンパして!!中出し!顔射!口内発射!
ガチンコ 中出し!顔出し!人妻ナンパ “都内池袋ブランド買取店編