短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

6.ブルセラ学園祭

(1)

 秋になって、コーラス部の文化祭のコンサートが終わったあと、
礼子さんが、「友達の大学の文化祭の後夜祭に一緒にでてほしいの」が言います。
「男の子ばかりの大学で色気がないから、カラオケ大会に一緒にでてほしいと頼まれたちゃったの」と言葉が続きました。
友達と言うのはどうも礼子さんの彼氏のことのようでした。
私も誰か男の子を紹介してもらえるかもと思い、一緒にカラオケに出ることにしました。
一応曲も決まって、文化祭の前にカラオケ店にみんなで行って練習をしました。
カラオケだけかと思っていたのですが、それだけじゃ優勝できないから踊りもつけないとだめとかで踊りの練習もしました。
衣装はどんなのにしようかと男の子達が相談していました。
「去年2位にはいったチームがセーラー服で踊ったので、今年は俺達もセーラー服でやろう。」とか話がまとまって、礼子さんの高校の時のセーラー服を私の分ももってくることになりました。

(2)

 学園祭の数日前になって、喫茶店で男の子達と待ち合わせて打ち合わせをしました。
すると、去年の優勝チームもやはりセーラー服で出る予定だと情報があると男の子が言います。
それ以外にもテニスウェアと、チアリーダーの衣装も用意しているとの事でした。
それで男の子達は、なんとかもっと目立つような趣向をこらさないと勝てないと、
言い出しました。
今年なんとか上位に入賞しないと、先輩にしかられるからと、男の子はかなり真剣な様子でした。
私は学園祭のカラオケくらいでそんなに真剣にならなくても良いのにと思って聞いていました。
結局のところ衣装を他にも用意して、学園祭の前の日にこないだのカラオケ店でもう一度リハーサルをすることになりました。
私と礼子さんはなんとか友達に頼んで使えそうな衣装を探しました。
実験用の白衣や、テニスウェアや、体操着やブルマーとか、あとは、黒い皮のミニスカートとかも用意しました。

(3)

 衣装を紙袋に色々詰め込んで、みんなでカラオケ店で集まると、
男の子達とあれこれとアイデアを相談しました。
化学の実験に使う白衣は看護婦の白衣みたいだから、看護婦の仮装はと礼子さんが言って見ました。
しかし、男の子の大学ではみんな実験用の白衣はもっているのであまりインパクトがないとすぐ却下されてしまいました。
男の子の一人がセーラ服の下に体操着を着て、踊りながら脱ぐのはどうだと言います。
私はちょっとどうかと思いましたが、男の子は「それくらいはしないと、優勝はできない。ともかく絶対優勝するんだ。」と言い張ります。
それでともかくやってみようと言うことになり、男の子に部屋を出てもらって私と礼子さんは体操着のシャツとブルマーに着替え、その上にセーラー服をきました。
試しにやってみようと言うことで音楽をかけてもらって踊りながら脱いでいくと、
急に男の子達が異様な目つきで礼子さんに視線が集まりました。
私が礼子さんの方をみるとセーラー服のスカートを脱ぐとき、指がひっかかったらしくて、
下のブルマーとパンティーも膝のあたりまでずり落ちていました。
男の子たちはもう止められなくなって、私たちに襲いかかりました。
欲望の嵐が私をなぎ倒し、強い風が私の体を突き刺すように吹き付けてきました。
時間が止まったまま、征服の杭が私の体をもてあそび続けました。
繰り返される律動は、やがて稲妻にかわり私の体を引き裂きました。
満足する間もなくすぐに次の杭が私に打ち込まれ、また今度も激しい律動が私の体を突き抜けました。
いつ終わるのかわからない儀式は、私にとっては永遠の時のように思えました。
礼子さんの泣き叫ぶ声は次第に私の耳から遠ざかり、私の周りは暗黒の世界が支配しつづけました。

(完)

強制調教アダルトビデオ

カラオケBOXでガチ口説き 酔い潰して密室でハメちゃうまで!4時間
女子校の近くに監視カメラ付きのカラオケ屋を開いてみた マイク握らせ強制ファック、漏れる吐息は大音量
実録カラオケ痴漢現場1 密室で繰り広げられる犯罪行為